P1950332
Palazzo Thieneをちょっとだけ見学することにしました。


P1950333
1542年、マルカントニオ・ティエーネとアドリアーノ・ティエーネがジュリオ・ロマーノに設計を依頼したのですが、1544年になって、ジュリオ・ロマーノの原設計に対してアンドレア・パッラーディオが一部の設計変更を行い、建設されました。


P1950334
ジュリオ・ロマーノの原設計のまま建設されなかった理由が不明です。


P1950335
Palazzo Thieneは、現在、Banca Popolare di Vicenzaの所有となっており、同銀行の本社が置かれてます。


P1950337
この記事を書いたのは、5月22日でしたが、先月(6月)、同銀行についてニュースが伝えられたので、7月初め(現在ですが)、記事を一部修正しました。


P1950336
欧州中央銀行(ECB)は、6月23日、Banca Popolare di Vicenzaを破綻しつつある、或いは破綻の可能性が高いと判断を示し、イタリアの破産関連法に基づいて清算することになるとの見通しを示しました。
このニュースを聞いて、私が気になるのは、プラートのパラッツォ・デリ・アルベルティ美術館です。ここは同銀行の所有であり、支店が置かれているのですが、その2階の副社長室に50点ほどの絵画があります。。カラヴァッジョの「荊刑のキリスト」、ジョヴァンニ・ベッリーニの「磔刑」、フィリッポ・リッピの「聖母子」があるのです。電話予約すれば見ることが出来たのですが、2016年7月に休館となり、その後、開館の話を聞いたことがありません。
破綻となれば、所有美術品は売却され美術館どころではないでしょう。


P1950338
次はMuseo Diocesanoです。


P1950339
夕方を迎えたCorso Palladioです。


P1950341
パッラーディオが設計した建物です。


P1950342
午前中に外観だけ見ました。


P1950343
ゆっくり見学したいところですが時間がありません。


P1950344
歩くのが楽しくなる街です。


P1950347


P1950350
高さ82mのTorre Bissareに上るのは難しそうです。


P1950349
バジリカの見学も出来ませんでした。


P1950353
Loggia del Capitaniato


P1950356
シニョーリ広場


P1950358
Museo Diocesanoはドゥオーモの前にあります。


P1950359
ドゥオーモを通り過ぎました。


P1950360
ドゥオーモ広場


P1950361
司教館にMuseo Diocesanoが置かれてます。


P1950363
司教館の前に立つのはヴィットリオ・エマヌエーレ2世の像です。


P1950364
以前は土日だけの開館だったので、一度しか入館したことがありません。当時は写真厳禁だったので、どのような作品が展示されていたのか殆ど覚えていません。


P1950365
Museoの入り口です。


P1950366
残念なことに、重要な作品はあまりありません。


P1950473
展示作品の質と量は普通です。


P1950524
空間を十分にとった、ゆったりとした展示なので非常に鑑賞し易い。


P1950542
Museoについては、日を改めて詳しく触れることにします。


P1950548
外に出ました。


P1950549


P1950559
ドゥオーモ近くにあるお店です。


P1950561
カステッロ広場


P1950564
広場の一部はバスターミナルになってます。


P1950565
パッラーディオが設計した建物です。


P1950568
壁に日が当たっている方は普通の建物に見えます。


P1950566
Palazzo Porto


P1950571
一日中、時間に追われてゆっくり出来ませんでした。


P1950563
流石に疲れました。


P1950567
一旦、ホテルに戻って一休みすることにしました。


P1950570
Palazzo Piovini


P1950573


P1950574


P1950577
カステッロ門


P1950581


P1950580
門を潜って城壁の外に出ました。


P1950584
有意義な一日でした。


P1950583
歩いた距離は大したことがありませんが、クイック・バイトの昼食を除いて殆ど立ったままでした。


P1950588
駅に向かう人々。


P1950592
カステッロ門を潜った下にスーパーがあります。ここで果物を買いました。


P1950591


P1950594
主なところ全部を一日で見ようとするのは、やはり無理でした。


P1950596
もう無理はできない体であることを忘れていました。


P1950599
この日は、これで終わりです。(夕食の外出時にカメラを持っていくのを忘れたので写真がありません)


P1950603
さて、翌朝です。


P1950604
この日も快晴でした。


P1950606
ホテルの朝食を開始の7時から食べて、急いで駅に来ました。


P1950608
午前7時半でした。


P1950607
列車に乗り、パドヴァ経由でカステルフランコ・ヴェネトに向かいました。


P1950651
(おわり)