388
晴れてきましたが、昨夜から未明にかけての雨で、日が当たらない道路は未だ濡れていました。


389
気温が急に上昇してきました。


390
次はサンティ・アポストリ教会です。この辺は13世紀から14世紀の建物や塔が並んでます。


391
サンティ・アポストリ教会です。
西暦800年に教会の歴史が遡るという記録があるのですが、その記録は後世の捏造との説が有力とされているようです。
現在のロマネスク様式の建物は11世紀末頃に着工されたそうです。


392
屋根付きのファサードが特徴です。
そのファサードは、建築家ベネデット・ダ・ロヴェッツァーノ(ロヴェッツァーノ、1474‐カナペール、1554c)の設計によって16世紀中頃に建設されました。


427
小さな鐘楼は、バルトロメオ・ディ・アーニョロ・バリオーニ通称バッチョ・ダーニョロ(フィレンツェ、1462‐1543)の設計によって16世紀前半に建設されました。


475
ファサードはリンボ広場に面してます。


426
リンボ(辺獄)広場の名称は、洗礼を受ける前に死んだ子供たちの墓地が広場にあったことに由来します。
洗礼を受けないで死ぬと成仏?できないと考えられており、赤ちゃんの死亡率が高かったので、誕生した翌日に洗礼式が執り行われることが屡々ありました。


393
毎日開いているので拝観し易いと思います。


394
教会内に入りました。


429
教会の構造図


430
教会の案内板


395
三廊式、バジリカ形式のロマネスク様式の内部です。


396
コリント式列柱が目立ちます。


424
木組みの梁の天井


397
ヤコポ・ディ・チョーネ(フィレンツェ、1325‐1399)とニッコロ・ディ・ピエトロ・ジェリーニ(フィレンツェ、1368から記録‐1415没)の「玉座の聖母子と4聖人のポリッティコ」(1383)


476
私の写真が不鮮明なので、外部サイトから拝借した鮮明な作品画像を掲載しておきます。


399
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1469‐1529)の「Tabernacolo del sacramento」(1500‐25c)


477
私の写真が不鮮明なので、外部サイトから拝借した鮮明な作品画像を掲載してます。


404
マーゾ・ダ・サン・フリアーノ(フィレンツェ、1536‐1571)の「幼きキリストへの崇拝」


405
「幼きリストへの崇拝」の前のプレセピオ


406


408
アレッサンドロ・フェイ・デル・バルビエーリ(フィレンツェ、1543‐1592)の「大天使聖ミケーレ」


409
詳細不知


478
アントン・ドメニコ・ガッビアーニ(フィレンツェ、1652‐1726)の「サレスの聖フランチェスコの栄光」(1685)


411
上部


410
下部


412
パオロ・スキアーヴォ(ローマ、1397‐ピサ、1478)の「聖母子のシノピア」


413
パオロ・スキアーヴォ(ローマ、1397‐ピサ、1478)の「聖母子」(1400‐10c)


415
詳細不知


416
詳細不知


417
詳細不知


419
ジョルジョ・ヴァザーリ(アレッツォ、1511‐フィレンツェ、1574)の「無原罪の御宿リの寓意」(1541)


421
詳細不知


423
詳細不知


431
外に出ました。


387
日が当たっている道は乾いていました。


359
サント・スピリト教会に向かいます。


362
橋を渡ります。


364


356
残念! サント・スピリト教会は閉まっていました。


354
教会が閉まる時間になったので、ウフィツィ美術館に行くことにしました。


379


378


370
(つづく)