イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

2016年12月

2016年の最後の投稿です。
P1730460
サンセポルクロのニッコロ通りです。この先に市立美術館があります。


P1730471
Palazzo della Residenzaです。


P1730979
市立美術館が設けられているパラッツォは工事中でした。


219
工事中でないときの写真を掲載しましょう。


222
この建物は14世紀後半から15世紀前半にボルゴ・サン・セポルクロを支配していたマラテスタ家によって1456年に完成した旧マラテスタ宮です。
市立美術館として使用されるようになったのは1975年からです。


221
このところ少しづつ展示作品が変わっていると思います。


P1730978
ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品が4点展示されています。


P1740047
私が大好きなルーカ・シニョレッリの作品も展示されているので楽しみです。


P1730638
これは非常に興味深い作品です。
アンジェロ・トリッカ(サンセポルクロ、1817‐フィレンツェ、1884)の「ルーカ・パチョーリの幾何学の説明に対して意見を言うピエロ・デッラ・フランチェスカ」
ピエロ・デッラ・フランチェスカは、当時一流の数学者で、数学の専門書を数冊出版しています。ルーカはピエロの数学上の一番弟子です。因みに絵画上の一番弟子はルーカ・シニョレッリです。
二人のルーカがピエロの弟子だったわけです。


P1730641
ジュリアーノ・ダ・ピストイア(ボルゴ・サン・セポルクロ、1480‐1527)の「聖母子と4聖人と2天使」


P1730645
クリストフォロ・ゲラルディと工房の「幼きキリストへの崇拝」(18世紀)


P1730648
ジョヴァンニ・デル・レオーネ(16世紀に活動)?の「Pellegrinaggio della Compagnia del Crocifisso a Loreto in Occasione della peste del 1523」(16世紀前半)


P1730654
フェデリーコ・ゾイ(サンセポルクロで18世紀に活動)の「エジーディオの巡礼」


P1730657
フェデリーコ・ゾイの「アルカーノの巡礼」


P1730661
アンジェロ・トリッカの「ピエロ・デッラ・フランチェスカ」(1875)


P1730675
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「慈悲の聖母の多翼祭壇画」(1445‐1462)
サン・セポルクロのミゼリコルディア教会にありました。
主要部分が3つに分けられて展示されていました。


Polittico%20intero%20scontornato
全体の配置はこうなります。


P1730811
欠落パネルが一つもなく、全パネルが揃っているので、こうして展示して欲しいと思います。


P1730673
中央の「慈悲の聖母」
フォルリで開催された「ピエロ・デッラ・フランチェスカ展」には、このパネルだけが貸し出されていました。


P1730665
「聖セバスティアーノと洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1730669
「福音書記者聖ジョヴァンニとシエナの聖ベルナルディーノ」


P1730700
頭頂部と裾絵が一緒に展示されていました。
違和感がありました。
工事中の一時的な措置なのか、その辺が良く分かりませんが、多翼祭壇画の全体像が分かっていないと、これだけ見せられても困りますね。


P1730681
極め付きはこの展示です。左端と右端だけが一緒に展示されていました。


P1730686
左端部分


P1730689
左端の裾絵


P1730682
右端の「聖人たち」


P1730685
右端の裾絵
次は頭頂部の各パネルです。


P1730702
「磔刑」
上部に切断されたような跡が残されています。切り取られてパネル毎に展示されたことがある?


P1730708
「聖ベネデット」と「受胎告知する大天使ガブリエーレ」
これらも切断された痕跡?があります。


P1730705
「受胎告知される聖母」と「聖フランチェスコ」
次は裾絵です。


P1730712
「我に触れるな」


P1730714
「復活してキリストによって空になった棺」


P1730715
「キリストの埋葬」


P1730718
「キリストの鞭打ち」


P1730719
「ゲッセマネ園での祈り」
これで全パネルになります。


Polittico%20intero%20scontornato
もう一度全体の配置図を見ないと各パネルの位置が分かりませんね。


P1730678
ジョヴァン・バッティスタ・メルカーティ(サンセポルクロ、1610‐1637活動)の「無原罪の御宿り」


P1730692
パッシニャーノ(1559‐1638)の「磔刑」(17世紀初頭)


P1730696
17世紀の無名画家の「最後の晩餐」


P1730722
レアンドロ・バッサーノ(バッサーノ・デル・グラッパ、1557‐ヴェネツィア、1622)の「マギの礼拝」


P1730727
ジョヴァン・バッティスタ・メルカーティに帰属する「悔悛のマグダラのマリア」(17世紀)


P1730730
ジュリアーノ・アマディ?の「ユディト」(15世紀)


P1730734
詳細不明


P1730737
詳細不明


P1730740
14世紀の無名画家の「トレンティーノの聖二コラ」


P1730743
14世紀の無名画家の「聖フランチェスコ」


P1730746
14世紀の無名画家の「受胎告知」


P1730751
14世紀の無名画家の「聖キアーラ」


P1730756
14世紀の無名画家の「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1730753
詳細不明


P1730760
14世紀の無名画家の「聖母子と聖アントニオ・アバーテとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1730765
アントニオ・ダ・アンギアーリに帰属する「聖母子と聖人たち」(15世紀前半)


P1730768
16世紀の無名画家の「聖セバスティアーノ」


P1730774
ニッコロ・ディ・アーニョロ・デル・ファンティーノの「La Giustizia」(1441)


P1730777
14世紀の無名画家の「アレッサンドリアの聖カテリーナの生涯のエピソード」


P1730781
フレスコ画の下絵(シノピエ)


P1730784


P1730788
14世紀の無名画家の「聖アメリアの生涯のエピソード」


P1730792
14世紀の無名画家の「聖母子と2聖人」


P1730796
15世紀の無名画家の「聖母子」


P1730799
15世紀の無名画家の「聖母子と聖アントニオ・アバーテ」
(つづく)

皆様、本年も有難うございました、感謝に堪えません。
9月下旬にこちらのサイトに引っ越しさせて頂きましたが、慣れぬことゆえ、数々の不都合が生じてしまいました。お詫び申し上げます。
来年もどうぞよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください。

P1170218
Museoから外に出たら夕方でした。


P1170219
日帰りの観光客が帰ったようで、広場は地元の人たちがいるだけでした。


P1170221
観光客が立ち去って、ドゥオーモは本来の信仰の場へと変わります。


P1170222


P1170220
静けさが戻った町の表情が大好きです。


P1170225
お気に入りの静けさが戻ったチェントロをあちこち回りました。


P1170227
チステルナ広場も静かでした。


P1170228
冬場は特に地元の人中心になります。


P1170229


P1170230


P1170233
この町で注意すべき点の一つが冬場の夕食です。宿泊客が少なく、地元の人たちだけではペイしないのか、その辺が良く分かりませんが、夜の営業を控えるレストランが意外に多いのです。観光客が多い昼間に営業する所が多いので、昼食をしっかり外で食べて、夜はホテルの自室で簡単に済ませる場合もあります。


P1170231
サン・ピエトロ教会にもう一度挑戦です。


P1170234
ドゥオーモ広場を経由


P1170235
今度行った時に、この門の正式名称を調べるつもりです。


P1170237
ここを通るのは、これで5回目でした。


P1170238
次を右折します。


P1170239
ゴミ箱が満杯


P1170240
この道を進めばサン・ヤコポ門に出ます。


P1170241
現代美術館はこの時間は既に閉館してました。


P1170243
その手前のサンタ・キアーラ教会はこの時間でも閉まっていました。


P1170244
Ex Chiesa ?


P1170245
次はサン・ピエトロ教会です。


P1170246
夕べのミサをやるために開けているでしょうか?


P1170247
残念! 閉まっていました。


P1170248
サンタゴスティーノ教会は開いていました。


P1170249
折角来たので、もう一度ざっと拝観しました。


P1170250
次は城塞です。


P1170251
サン・マッテオ通り


P1170252
右折して細い道に入りました。


P1170253
この道を進めばドゥオーモの横に出ます。


P1170255
14本も塔があるので、道が開けた場所では必ず塔が見えます。


P1170256


P1170257
中世の頃、塔の数が最も多かったのはアスティと言われてます。目的は何処でも同じで、見栄、自慢のためで、実用的ではなかったそうな。


P1170260


P1170262
グロッサの塔ですね。


P1170263
ドゥオーモの横を通り過ぎます。


P1170265


P1170267
城塞はもう直ぐです。


P1170268
写真右は城塞の壁です。


P1170270
見下ろした光景


P1170272
城塞の建物


P1170271
ここにワイン博物館があります。


P1170273
午後6時半まで開いていますが、冬場は休館です。


P1170274
城塞内は公園になってます。


P1170275
強いて言えばトイレがあることくらい。


P1170277
城塞は高い所にあるので、町の絶景ポイントがあります。


P1170278
城壁


P1170279


P1170280


P1170281
絶景ポイントからの眺め


P1170282


P1170283


P1170284


P1170286
階段を下って城塞を後にしました。


P1170288


P1170290
少し寒くなってきました。


P1170292


P1170293
次はワイン醸造所です。シーズンオフなので期待薄ですが。


P1170294
塔が見えるのは相変わらずです。


P1170297
勝手知ったる町なので、何処でも問題なく行けます。


P1170301


P1170303
もう一つのサン・フランチェスコ教会です。


P1170304
機能を停止した旧教会で、現在は鳥類博物館になってます。


P1170305
教会の下に門があります。


P1170306
Porta Quercecchio


P1170310
この付近の城壁は道路建設の際に取り壊され、門だけが残されてます。


P1170307
城壁外からの眺め


P1170309


P1170311
ワイン醸造所兼直売所


P1170317


P1170315
キリがないので、この辺で終わりにしましょう。


P1170331
(おわり)

P1550897
カンパニアの無名画家の「磔刑」(1280‐90c)


P1550899
ジョヴァンニ・ダ・タラント(14世紀初頭に活動)の「聖ドメニコ」(1305c)


P1550901
カンパニアの無名画家の「フルミネの聖母」(1290c)


P1550903
カンパニアの無名画家の「聖母子」(1310c)


P1550905
ニッコロ・ディ・トッマーゾ(14世紀後半に活動)の「聖アントニオ・アバーテと聖人たち」


P1550906
中央パネル


P1550907
向かって左


P1550908
向かって右


P1550910
アンドレア・ヴァンニ(シエナ、1332‐1414)の「聖ジャコモ」(1365c)


P1550912
ロベルト・ドデリシオ(ナポリ、1330‐1382記録)の「ウミルタの聖母」(1341‐43)


P1550914
ロベルト・ドデリシオの「磔刑」(1335c)


P1550916
リッポ・ヴァンニ(シエナ、1341‐1372活動)の「祈る救世主」(1342‐43)


P1550918
Maestro delle Tempere Francescane の「ウミルタの聖母と聖ドメニコ」


P1550921
Nottingham Inghilterra ?の「受難のシーンのポリッティコ」(15世紀後半)
初めて見る作品のように思いました。


P1550924
シモーネ・マルティーニ(シエナ、1284‐アヴィニョン、1344)の「トロサの聖ルドヴィーコの祭壇画」(1317)


P1550926
Maestro della Storie di San Ladislao の「聖アンナ・メッテルツァと聖ピエトロと聖パオロ」(1403以降)


P1550928
ナポリの無名画家の「聖ミケーレと聖ジローラモとマルカの聖ジャコモと2信者」(1490‐1500c)


P1550931
ニッコロ・アントニオ通称コラントニオ(ナポリ、1420c‐1460)の「フランチェスコ会修道士たちに会則を渡す聖フランチェスコ」(1445c)


P1550933
コラントニオの「ライオンの足に刺さったトゲを抜く聖ジローラモ」(1445c)


P1550936
コラントニオの「十字架降下」(1459‐60)


P1550940
コラントニオの「聖ヴィンチェンツォ・フェッレールのポリッティコ」


P1550943
Maestro di San Severioの「聖セヴェリーノと聖人たちのトリッティコ」(1472c)


P1550946
ジュアン・ディ・ボルゴーニャ(1494‐1533記録)の「聖アゴスティーノ」


P1550949
ヴィンチェンツォ・デ・レゴータの「ピエタのキリスト」(1510c)


P1550954
リッカルド・クアルタラーロ(シャッカ、1443‐パレルモ、1506)の「聖母の死」(1492‐94)


P1550957
フランチェスコ・パガーニ(15世紀末—16世紀初頭にナポリで活動)に帰属する「大天使ミケーレと聖人たちと磔刑」(1492c)


P1550960
アレッサンドロ・ブオーノの「聖母の死」


P1550963
クリストフォロ・サッコ・ディ・ヴェローナ(ヴェローナで15世紀末‐16世紀初頭に活動)の「聖母子と聖フランチェスコと洗礼者聖ジョヴァンニ」(1495c)


P1550966
クリストフォロ・サッコ・ディ・ヴェローナの「洗礼者聖ジョヴァンニと聖ベネデット」と「福音書記者聖ジョヴァンニと聖ベルナルド」(1493)


P1550968
クリストフォロ・サッコ・ディ・ヴェローナの「聖母戴冠と聖マルコと聖ジュリアーノ」(1500c)


P1550970
ピエトロ・ベフルコ(ナポリ、1471‐1487存在)の「聖母子と2聖人」(1500c)


P1550972
ピエトロ・ベフルコの「聖母子と聖人たち」(1495c)


P1550975
フランチェスコ・チチーノ・ダ・カイアッツォ(カイアッツォ、1470c‐1520)の「聖母子と2聖人のポリッティコ」(1504c)


P1550978
フランチェスコ・チチーノ・ダ・カイアッツォの「安らぎの聖母と洗礼者聖ジョヴァンニとアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1498c)


P1550980
ピントゥリッキオ(ペルージャ、1452c‐シエナ、1513)と工房の「聖母被昇天」(1508c)


P1550983
クリストフォロ・ファッフェオ(ナポリ、1489‐1497記録)の「聖母子」(1490c)


P1550985
プロタシオ・クリヴェッリの「聖母子と天使たち」(1498)


P1550988
ステファノ・スパラーノ(16世紀初頭に記録)の「グラツィエの聖母と聖セバスティアーノと聖ドメニコのポリッティコ」(1507‐08)


P1550991
マッテオ・ディ・ジョヴァンニの「嬰児虐殺」(1481‐88)


P1550993
ジローラモ・マルケージの「天上の聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖パオロ」


P1550996
ジョヴァンニ・フィリッポ・クリスクオーロ(ガエータ、1495‐1570)の「幼きキリストへの崇拝と聖人たち」(1545)


P1550998
アンドレア・サバティーニ(サレルノ、1480‐ガエータ、1545)の「十字架降下」(1520c)


P1560004
チェーザレ・ダ・セスト(セスト・カレンデ、1477‐ミラノ、1523)の「マギの礼拝」(1516‐19)


P1560006
アンドレア・サバティーニ・ダ・サレルノ「バーリの聖二コラ」(1614‐17)


P1560008
アンドレア・サバティーノ・ダ・サレルノの「聖ベネデットと博士たち」(1529‐30)


P1560010
アゴスティーノ・テサウロ(ナポリ、1541‐1546活動)の「聖母子と聖人たちのポリッティコ」(1521)


P1560013
ペドロ・フェルナンデスの「ご訪問のポリッティコ」(1510c)


P1560016
Bartolome Ordonez ?の「死者の姿」(1515‐17)


P1560018
ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョ(カラヴァッジョ、1499c‐メッシーナ、1543)の「聖マッテオの召命」(1540‐43)


P1560019
ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョの「聖母被昇天」(1540‐43)


P1560021
ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョの「カルヴァリオへの往路」(1530‐40)


P1560023
ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョの「カルヴァリオへの往路」(1530‐40)


P1560025
ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョの「羊飼いの礼拝」(1535c)


P1560027
ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョの「キリストの埋葬」(1527c)


P1560030
ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョの「聖ピエトロと聖パオロと受胎告知」(1527‐28)


P1560032
セヴェーロ・イエラーチェとマルコ・カルディスコの「救出の聖母」(1538‐40)


P1560035
ペドロ・マチューカ(トレド、?-グラナダ、1550)の「聖母被昇天」


P1560040
マルコ・カラディスコ(カラブリア、1486‐ナポリ、1542c)の「聖母の死」(1535‐40)


P1560042
ピエトロ・ネグローニ(1505‐1567)の「聖母子と聖ルチアとパドヴァの聖アントニオ」(1544)


P1560044
ステファノ・ジョルダーの「聖母子と聖アゴスティーノと聖ベルナルド」(1535c)


P1560046
マルコ・カルディスコの「聖母子と聖マルコと聖アンドレア」(1527‐30)


P1560048
詳細不明


P1560049
詳細不明


P1560052
マルコ・カルディスコの「異端者に勝利する聖アゴスティーノ」(1533c)
次の作品はこれの裾絵と思われます。


P1560054
マルコ・カルディスコの「キリストと使徒たち」(1533c)
(つづく)




P1170089
次はドゥオーモの拝観です。ドゥオーモとは教区教会のことを言うようで、教会の格付けとは関係が無いようです。サン・ジミニャーノのドゥオーモは参事会教会、且つ教区教会です。


P1170094
教会内部には優れたフレスコ画が沢山あって、美術好きにとっては至福の時を過ごせます。この時は、写真禁止でした。


P1170100
この時、撮ったのは教会の外から撮れる「受胎告知」だけでした。


P1170087
次はMuseo Civicoです。


P1170088
Museoの切符を買えばグロッサの塔にも上ることが出来ます。


P1170095
Museoは、現在市庁舎になっているポポロ宮の一部に設けられてます。写真は市庁舎の壁の紋章


P1170096
サン・ジミニャーノの紋章


P1170092
話が前後しますが、他の方のブログを拝見していたら、ドゥオーモ内部の写真が何枚も掲載されているのを目にしました。以前は写真撮影を規制する係員が何時も2人くらいいて、かなり厳しくチェックしていました。
その方のブログを見て、ドゥオーモ内部の写真が解禁されたかも知れないと思ったので、出来るだけ早い機会に再訪したいと考えてます。


P1170102
パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂も写真OKとなったそうな・・・・・
レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」は写真OKとなりました。(写真OKとなってから私は行ったことがありませんが、10月に行った友人からの情報です)


P1170103
案内板に従って進みます。


P1170104


P1170105
私が見た限りでは、この町を訪れる観光客の大半が日帰りですが、この町こそ泊まるべきと思います。


P1170107
切符売り場


P1170108
美術館は市庁舎部分から入館するのではなく、ポポロ宮の中庭の方から入ります。


P1170109


P1170110
ポポロ宮の中庭


P1170130
中庭にある14世紀の井戸


P1170131
入館する前にポポロ宮の壁に描かれたフレスコ画や紋章を見学しました。


P1170111


P1170113
グロッサの塔の鐘楼につけられていた鐘


P1170114


P1170115


P1170116


P1170118


P1170119


P1170121


P1170123


P1170125


P1170126


P1170128


P1170129
見ごたえがあります。


P1170132
階段を上って2階に向かいました。


P1170135
階段の壁にも紋章があります。


P1170136
左に進むと廊下があります。


P1170137


P1170138
フレスコ画がたくさんあります。


P1170139
「三位一体」


P1170140
廊下の突当りがMuseoの入り口です。


P1170143
二階廊下からの眺め


P1170144
この時は展示作品全点の写真を撮りませんでした。本来ならば美術館単独で取り上げるところですが、斯様な事情なので、撮った作品だけをここで紹介することにしましょう。


P1170146
タッデオ・ディ・バルトロの「玉座の聖ジミニャーノとその物語」(1401)
この作品は非常に有名です。


P1170148
ロレンツォ・ディ・ニッコロ・ディ・マルティーノの「玉座の聖バルトロメオとその物語」


P1170149
Maestro del !419 の「玉座の聖ジュリアーノと聖アントニオ・アバーテと聖マルティーノのポリッティコ」


P1170150
ロレンツォ・ディ・ニッコロ・ディ・マルティーノの「聖母子」(1402)


P1170152
ニッコロ・ディ・セル・ソッツォの「聖母子と4聖人のポリッティコ」(1340-50c)


P1170153
3階に向かいました。


P1170209
セバスティアーノ・マイナルディ(サン・ジミニャーノ、1466‐フィレンツェ、1513)の「玉座の聖母子と聖ジローラモとシエナの聖ベルナルディーノ」


P1170210
ピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノの「三位一体とキリストの物語」


P1170214
セバスティアーノ・マイナルディの「聖母子と2天使」


P1170212
ネーリ・ディ・ビッチの「聖母子」


P1170211
セバスティアーノ・マイナルディの「聖母子と聖ジョヴァンニーノと天使」


P1170216
バルトロメオ・ネローニ通称イル・リッチョの「聖母子と聖シジスモンドと聖ロッコ」


P1170217
アントニオ・マガーナの「聖家族」(1510‐15)


P1170154
グロッサの塔に上りました。


P1170208
現存する14本の塔のうち、最も高いのがグロッサの塔です。


P1170155
高さが54mあります。


P1170156
途中に鐘楼があります。


P1170158
218段の階段を上り切りました。


P1170160
この町の最高点からの眺めが素晴らしい!


P1170162
ここに上れなくなったらイタリアの旅から卒業します。


P1170165
エレベーターがないので自力で登ります。


P1170169
私一人でした。絶景を独り占め。


P1170170
風が弱かったのが有難かった。


P1170171
季節は早春でしたが、風が弱かったので寒くありませんでした。


P1170172


P1170176


P1170181


P1170185


P1170191


P1170196


P1170198


P1170199


P1170201


P1170205
(つづく)

P1550756
ここから北方ルネサンスの作品となります。
Konrad Witz工房の「聖会話」(1446‐48)


P1550758
Jacob van Oostsaanen (1500-1533記録)の「幼きキリストへの崇拝」(1512)


P1550760
Joos van Cleve (Anversa, 1485c-1540c) の「マギの礼拝の三翼祭壇画」(1515c)


P1550762
Joos van Cleve の「磔刑の三翼祭壇画」(1512‐15)


P1550764
Peter Bruegel detto il Vecchio (Breda, 1527/1530- Bruxelles, 1569) の「人間嫌い」(1568)


P1550767
Peter Bruegel detto il Vecchio の「盲目の寓話」(1568)


P1550770
Joachim Beuckelaer (Anversa, 1535c-1575c )の「広場の青空市」


P1550772
Joachim Beuckelaer の「肉屋」(1568)


P1550774
Joachim Beuckelaerの「異国の動物を売る店」(1566)


P1550777
Joachim Beuckelaerの「田舎の店」(1566)


P1550779
Joachim Beuckelaerの「野禽の店」(1566‐70)


P1550781
Joachim Beuckelaerの「魚屋」(1570)


P1550783
Marten de Vos (Anversa, 1532c-1603) の「幼児とキリスト」(1585)


P1550785
ティブルツィオ・パッセロッティ(ボローニャ、1555c‐1612)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノとベネデット会聖人」(16世紀末)


P1550787
デニス・カルヴァート(アンヴェルサ、1540‐ボローニャ、1619)の「聖家族と聖人たちと天使たち」(1600c)


P1550789
アンニーバレ・カッラッチ(ボローニャ、1560‐ローマ、1609)の「男の肖像」


P1550792
アンニーバレ・カッラッチの「聖エウスタキオの幻視」(1585‐86)


P1550796
アンニーバレ・カッラッチの「オラツィオ・バッサーニ?の肖像」(1585‐86)


P1550798
アンニーバレ・カッラッチの「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」(1585c)


P1550801
アンニーバレ・カッラッチの「音楽家の肖像」(1587c)


P1550804
アンニーバレ・カッラッチの「デモクリトス」(1596c)


P1550806
アンニーバレ・カッラッチの「聖フランチェスコ」(1585‐90)


P1550808
ルドヴィーコ・カッラッチ(ボローニャ、1555‐1619)の「リナルドとアミルダ」(1593)


P1550811
ジョヴァンニ・ランフランコ(パルマ、1582‐ローマ、1647)の「井戸のサマリア女」


P1550814
アゴスティーノ・カッラッチ(ボローニャ、1557‐パルマ、1602)の「聖家族と聖マルゲリータ」(1600c)


P1550816
アゴスティーノ・カッラッチの「聖ジローラモ」(1600c)


P1550818
アンニーバレ・カッラッチの「サテュロス」(1588‐89)


P1550820
アンニーバレ・カッラッチの「リナルドとアルミダ」


P1550822
アンニーバレ・カッラッチの「川の寓意」(1593‐94)


P1550826
アンニーバレ・カッラッチの「ヘラクレスの決断」(1596)


P1550828
シスト・バルダロッキオ(パルマ、1585‐ボローニャ、1647)の「十字架降下」(1618‐20)


P1550830
シスト・バルダロッキオの「キリストの復活」(1620c)


P1550832
アンニーバレ・カッラッチの「天使のグループ」(1600c)


P1550834
ジョヴァンニ・ランフランコの「キリストの注文を受けた天使たち」(1605c)


P1550836
ジョヴァンニ・ランフランコの「マグダラのマリアの昇天」(1605c)


P1550838
照明を落として展示されてます。


P1550839
レオネッロ・スパーダ(ボローニャ、1576‐パルマ、1622)の「キリストの鞭打ち」


P1550842
グイド・レーニ(ボローニャ、1575‐1642)の「四季」


P1550846
Michele Desubleo (Maubeue, 1602- Parma, 1676) の「ユリシーズとナウシカア」(1654以降)


P1550848
アレッサンドロ・ティアリーニ(ボローニャ、1577‐1668)の「聖母子と天使たち」(1625‐30)


P1550850
フランチェスコ・アルバーニ(ボローニャ、1578‐1660)の「天上の聖エリザベッタ」(1603‐04)


P1550852
カルロ・サラチェーニ(ヴェネツィア、1579‐1620)の「聖ロッコ」(1611‐12)


P1550854
チゴリ(カステルヴェッキオ・ディ・チゴリ、1559‐ローマ、1613)の「ピエタ」(1596‐1600)


P1550856
ルーカ・カンビアーソ(モネーリア、1527‐マドリッド、1585)の「アドーネの死」(1585以前)


P1550858
パッシニャーノ(パッシニャーノ、1560c‐フィレンツェ、1638)の「聖セバスティアーノの埋葬」(1602)


P1550861
ルーカ・カンビアーソの「ヴィーナスとアドーネ」(1585以前)


P1550864
ミケーレ・マリエスキ(ヴェネツィア、1710‐1743)の「ヴェネツィアのサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会附近の風景」(1744‐46)


P1550866
ミケーレ・マリエスキの「ヴェネツィアのドゥカーレ宮殿付近の風景」(1744‐46)


P1550868
フランチェスコ・グアルディ(ヴェネツィア、1712‐1792)の「ヴェネツィアのリアルト橋」


P1550870
フランチェスコ・グアルディの「ヴェネツィアのサン・ジョルジョ・マッジョーレ」


P1550872
ベルナルド・ストロッツィ(ジェノヴァ、1581‐ヴェネツィア、1644)の「男の肖像」(1635c)


P1550874
マルカントニオ・パッセッティ(ヴェローナ、1586‐1630)の「天国」(1621以前)


P1550876
セバスティアーノ・リッチ(ベッルーノ、1659‐ヴェネツィア、1734)の「キリストと百人隊長」(1726‐29)


P1550877
セバスティアーノ・リッチの「キリストと姦通女」(1726‐29)


P1550879
セバスティアーノ・リッチの「マグダラのマリアの昇天」(1700c)


P1550881
セバスティアーノ・リッチの「天上の聖母子」(1687‐88)


P1550883
ジュゼッペ・マリア・クレスピ(ボローニャ、1665‐1747)の「聖家族と聖人たち」(1712以降)


P1550885
宮殿内部も見どころが沢山あります。


P1550886


P1550887
宮殿部分の絵画作品紹介は省略させて頂きます。


P1550888


P1550889
天井の装飾


P1550890


P1550891


P1550892


P1550893
イタリア絵画の盗人


P1550896
タペストりー
(つづく)


P1550616
マーゾ・ダ・サン・フリアーノ(フィレンツェ、1532‐1571)の「二人の髭のある男」(1556)


P1550618
Pieter de Wittle 'Bruges,1548c-Monaco,1628) の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1585以前)


P1550620
Pieter de Wittleの「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」(1585以前)


P1550622
ドメニコ・プリーゴ(フィレンツェ、1492‐1527)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1550624
ブレーシアニーノの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1514‐15)


P1550626
フランチェスコ・サルヴィアーティ(フィレンツェ、1510‐ローマ、1563)の「紳士の肖像」(1545c)


P1550629
ロッソ・フィオレンティーノ(フィレンツェ、1494‐パリ、1540)の「若い男の肖像」


P1550631
ブロンズィーノに帰属する「女性の肖像」(1550‐60)


P1550633
ロ・スキアヴォーネ(ザーラ、1520c‐ヴェネツィア、1563)の「エロデ王の前のキリスト」


P1550636
ティツィアーノの「若い女性の肖像」


P1550638
エル・グレコ(1541‐1614)の「ジュリオ・クローヴィオの肖像」(1571‐72)


P1550640
パルマ・イル・ヴェッキオの「聖会話と信者たち」(1525c)


P1550644
セバスティアーノ・デル・ピオンボ?の「フルートを持つ羊飼い」(1508‐10)


P1550646
ティツィアーノの「マグダラのマリア」(1567c)


P1550649
ティツィアーノの「ダナエ」(1544‐46)


P1550652
ポルデノーネ(ポルデノーネ、1484c‐フェッラーラ、1539)の「無原罪の御宿りの議論」(1528c)


P1550654
ドッソ・ドッシ(フェッラーラ、1489‐1542)の「聖家族」(1515‐16c)


P1550656
ガロファロ(フェッラーラ、1481‐1559)の「聖セバスティアーノ」(1520‐25c)


P1550658
ガロファロの「割礼」(1510c)


P1550660
ドッソ・ドッシの「聖会話」(1510c)


P1550662
ガロファロの「聖母子と聖ジローラモ」(1510‐12c)


P1550664
ドッソ・ドッシの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1550666
ドッソ・ドッシの「聖母子と司教聖人」(1535‐40c)


P1550668
コッレッジョ(コッレッジョ、1489‐1534)の「聖アントニオ・アバーテ」


P1550670
コッレッジョの「聖ジュゼッペと信者」(1529)


P1550672
コッレッジョの「聖母子」(1515‐16)


P1550674
コッレッジョの「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」(1517‐18)


P1550676
ミケランジェロ・アンセルミ(ルッカ、1491‐パルマ、1555)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1520‐25)


P1550678
ミケランジェロ・アンセルミの「羊飼いの礼拝」(1526‐28)


P1550680
ミケランジェロ・アンセルミの「ご誕生」(1527c)


P1550682
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリ(ヴィアダーナ、1500c‐パルマ、1569)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノと天使たち」(1530‐35)


P1550684
ガロファロ工房の「マギの礼拝」(1540‐50c)


P1550686
オルトラーノ(フェッラーラ、1485c‐1524以降没)の「十字架降下」(1521)


P1550688
バスティアニーノ(フェッラーラ、1532c‐1602)の「聖母子」(1565‐70)


P1550690
パルミジャニーノ(パルマ、1503‐カザルマッジョーレ、1540)の「ガレアッツォ・サンヴィターレの肖像」(1524)


P1550692
ミケランジェロ・アンセルミの「紳士の肖像」(1530‐40)


P1550696
パルミジャニーノの「アンテア」(1531‐35)
日本に来たことがありますね。


P1550699
パルミジャニーノの「聖家族」(1525‐27c)


P1550701
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリの「聖キアーラ」(1530c)


P1550703
パルミジャニーノの「ルクレツィア」(1535‐40)


P1550707
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリの「仕立て屋の肖像」(1640‐45)


P1550709
ニコロ・デッラバーテ(モデナ、1509c‐フォンテーヌブロー、1571)の「本を手にする若い男の肖像」(1545‐50)


P1550711
ジローラモ・ダ・カルピ(フェッラーラ、1501‐1556)の「黒い服を着た男の肖像」(1535)


P1550713
ソフォニスバ・アングイッソーラ(クレモナ、1531c‐パレルモ、1626)の「自画像」(1554‐55)


P1550716
レーリオ・オルシ(ノヴェッラ—ラ、1511‐1587)の「アブラーモの聖体」(1555以降)


P1550718
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリの「幼きキリストを崇拝する聖人たち」(1533‐37)


P1550721
レーリオ・オルシの「竜を退治する聖ジョルジョ」


P1550723
ミケランジェロ・アンセルミの「聖母子とマグダラのマリアと聖アポッロニア」(1525c)


P1550727
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリの「受胎告知」(1555‐60c)


P1550729
バニャカヴァッロ(バニャカヴァッロ、1521‐1601)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1540‐50)


P1550731
フランチェスコ・マリア・ロンダーニ(パルマ、1490‐1550)の「聖母被昇天」(1530c)


P1550733
フランチェスコ・マリア・ロンダーニの「天上の聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖ピエトロとアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1532‐35c)


P1550735
ジャンピエトリーノ(ミラノ、1508‐1549活動)の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖ジローラモ」(1521以前)


P1550737
ジョヴァンニ・アゴスティーノ・ダ・ローディ(ローディ、1470c‐1519以前没)の「聖母子と信者たち」(1505c)


P1550740
ボッカッチョ・ボッカッチーノ(フェッラーラ、1466以前生まれークレモナ、1525)の「羊飼いの礼拝」


P1550743
カミッロ・プロカッチーニ(ボローニャ、1551‐ミラノ、1629)の「ゲッセマネ園のキリスト」(1610c)


P1550745
カッリスト・ピアッツァ(ローディ、1500‐1562)の「結婚の寓意」(1529c)


P1550747
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574‐ミラノ、1625)の「聖母子と天使」(1610‐12)


P1550749
ベルナルディーノ・ルイーニ(ドゥメンツァ、1480c‐ミラノ、1531)の「聖母子」(1510‐20c)


P1550752
チェーザレ・ダ・セスト(セスト・カレンデ、1477‐ミラノ、1523)の「オルヴィエーロ・カラファとキリスト」(1511c)


P1550754
モレット(ブレーシャ、1498c‐1554)の「荊刑のキリスト」(1550c)
(つづく)

P1550451
ナポリのミアーノ通りの坂を上ります。


P1550452
写真右側にピンク色の門が見えてきます。


P1550454
カポディモンテ宮の門です。


P1550456
広い敷地の中に入りました。


P1550457
美術館が設置されている宮殿に向かいます。


P1550459
広大な庭園


P1550461
この建物ではありません。


P1550460
カポディモンテ宮です。この中に美術館があります。


P1550464
美術館の展示作品はファルネーゼ家の収集物が中心ですが、ファルネーゼ家の本拠地だったピアチェンツァとパルマに同家のお宝収集物があまりなくて、ここナポリにあることに違和感を覚える私です。
だって、この宮殿はブルボン家が建設したのですから。
この辺の話は有名ですね。


P1550465
宮殿の入り口


P1550466
美術館はこの突き当りから入ります。


P1550467
宮殿の中庭


P1550470
展示室は2階からです。


P1550469
階段の踊り場にある彫刻


P1550471
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(ピエーヴェ・ディ・カドーレ、1489‐ヴェネツィア、1576)の「ピエトロ・ベンボ枢機卿の肖像」(1545‐46)


P1550473
ティツィアーノの「アレッサンドロ・ファルネーゼ枢機卿の肖像」(1545‐46)


P1550477
ティツィアーノの「教皇パオロ3世の肖像」(1545‐46)


P1550480
ティツィアーノの「教皇パオロ3世とアレッサンドロ・ファルネーゼとオッタヴィオ・ファルネーゼの肖像」(1545‐46)


P1550484
ティツィアーノの「教皇パオロ3世の肖像」(1543)


P1550488
ティツィアーノの「カルロ5世の肖像」(1549)


P1550490
ティツィアーノの「フィリッポ2世の肖像」(1553‐54)


P1550494
ティツィアーノに帰属する「ピエルルイージ・ファルネーゼの肖像」(1543)


P1550498
ジョルジョ・ヴァザーリ(アレッツォ、1511‐フィレンツェ、1574)の「真実と公正の寓意」(1543)


P1550502
マザッチョ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1401‐ローマ、1428)の「磔刑」(1426)


P1550504
ヤコポ・デ・バㇽバリヴェネツィア、1425‐1516以降没)の「フラ・ルーカ・パチョーリの肖像」(1495)
横に描かれている若い男はパチョーリの弟子です。パチョーリはピエロ・デッラ・フランチェスカの数学上の弟子で、レオナルド・ダ・ヴィンチに遠近法を教授した人です。


P1550508
チェーザレ・マーニ(16世紀前半に活動)の「岩窟の聖母」
レオナルド・ダ・ヴィンチ作品の複製画でしょうか?


P1550510
ペルジーノ(チッタ・ディ・ピエーヴェ、1466-フォンティニャーノ、1523)の「聖母子」(1502c)


P1550512
光るので横から撮ってみました。


P1550514
フランチェスコ・ザガネッリ(コティニョーラ、1475c‐ラヴェンナ、1532)の「十字架を手にするキリスト」(1514)


P1550517
プセウド―グラナッチ(1490‐1525活動)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1550518
画面が光るのは仕方がない?


P1550520
ロレンツォ・ディ・クレディ(フィレンツェ、1459‐1536)の「幼きキリストへの崇拝」(1525)


P1550525
マゾリーノ・ダ・パニカーレ(パニカーレ、1383‐フィレンツェ、1440)の「聖母被昇天」(1423‐28)


P1550528
セバスティアーノ・マイナルディ(サン・ジミニャーノ、1460‐フィレンツェ、1440)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと3天使」(1495‐1500)


P1550532
ボッティチェッリ(フィレンツェ、1445‐1510)の「聖母子と2天使」(1468‐69)


P1550534
ラッファエッリーノ・デル・ガルボ(フィレンツェ、1466‐1524)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1500c)


P1550540
ルーカ・シニョレッリ(コルトーナ、1445c‐1523)の「聖家族」(1493‐98)


P1550543
フィリッピーノ・リッピ(プラート、1457‐フィレンツェ、1504)の「受胎告知と洗礼者聖ジョヴァンニと聖アンドレア」(1483)


P1550547
マゾリーノ・ダ・パニカーレの「ローマのサンタ・マリア・マッジョーレ聖堂の祭壇画」(1423‐28)


P1550550
リグーリア―プロヴァンスの無名画家の「磔刑と聖母被昇天と聖人たちのポリッティコ」(16世紀第1四半世紀)


P1550553
ヤコポ・デル・カゼンティーノ(フィレンツェ、1297‐1356)に帰属する「聖母子」


P1550556
タッデオ・ガッディ(フィレンツェ、1290‐1366)の「聖母子と聖人たちの三翼祭壇画」(1336)


P1550559
バルトロメオ・ヴィヴァリーニ(ムラーノ、1432c‐1491以降没)の「玉座の聖母子と聖人たち」(1465)


P1550563
アルヴィーゼ・ヴィヴァリーニ(ムラーノ、1446c‐1505c)の「聖母子と聖フランチェスコとシエナの聖ベルナルディーノ」(1485)


P1550566
アントニオ・ソラーリオ(ヴェネトで16世紀前半に活動)の「聖母子と信者」(1500‐10c)


P1550568
ロレンツォ・ロット(ヴェネツィア、1480c‐ロレート、1556)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖ピエトロ・マルティ―レ」(1503)


P1550572
ロレンツォ・ロットの「トレヴィーゾ司教のベルナルド・デ・ロッシの肖像」(1505)


P1550574
ジョヴァンニ・ベッリーニ(ヴェネツィア、1432c‐1516)の「キリストの変容」(1478‐79)


P1550579
アンドレア・マンテーニャ(イーゾラ・ディ・カルトゥーロ、1431-マントヴァ、1506)の「ルドヴィーコ・ゴンザーガの肖像」(1470c)


P1550582
アンドレア・マンテーニャの「聖エウフェミア」(1454)


P1550584
マルチェッロ・ヴェヌスティ(コモ、1512‐ローマ、1579)の「ミケランジェロの『最後の審判』の縮小複製画」


P1550586
セバスティアーノ・デル・ピオンボ(ヴェネツィア、1485‐ローマ、1547)の「クレメンテ7世の肖像」


P1550588
セバスティアーノ・デル・ピオンボの「ヴェールの聖母」(1530年代)


P1550590
セバスティアーノ・デル・ピオンボの「クレメンテ7世の肖像」(1531c)


P1550592
ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1492-マントヴァ、1546)の「猫の聖母」(1519‐20)


P1550594
ラッファエッロ・サンツィオ(ウルビーノ、1483‐ローマ、1520)と弟子の「神の愛の聖母」(1516)


P1550596
ダニエーレ・ダ・ヴォルテッラ(ヴォルテッラ、1509‐ローマ、1566)の「若い男の肖像」(1540‐60c)


P1550599
ジョヴァンニ・フランチェスコ・ペンニの「ラッファエッロの『聖家族と聖ジョヴァンニーノ』の複製画」(1518‐20)


P1550601
フラ・バルトロメオ(フィレンツェ、1472‐1517)の「聖母被昇天と洗礼者聖ジョヴァンニとアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1516)


P1550606
ブレーシアニーノ(1506‐1525活動)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1550608
ブロンズィーノ(フィレンツェ、1503‐1572)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖アンナ」(1560c)


P1550610
フランチャビージョ(フィレンツェ、1482‐1525)の「聖ブルーノ」(1515c)


P1550612
ポントルモ(エンポーリ、1492‐フィレンツェ、1556)の「生贄のシーン」(1545c)


P1550614
フランチャビージョの「聖バルトロメオ」(1515c)
(つづく)

P1170015
城壁外に出たものの特に見どころはありません。


P1170014


P1170012
主要な門だけは見ておこうと思っただけでした。


P1170016
サンタゴスティーノ教会からサン・マッテオ門に来るときに通ってきた道です。


P1170017
サン・マッテオ通りを進みました。他の道の選択肢がありません。


P1170018
サン・フランチェスコ教会に行きたかったのですが、そろそろ昼食時です。


P1170020
門が見えてきました。


P1170021
現存する塔は14本です。


P1170022


P1170023
この辺は何度も行ったり来たりしました。


P1170024
ドゥオーモ広場はまだ青空市をやっていました。


P1170025
昼食はドゥオーモ広場裏の有名店で食べました。


P1170028
郵便局も昼休みがあるんですね。絵葉書を出そうとしたら閉まっていました。


P1170026


P1170030
青空市が終わったらまた来ます。


P1170031


P1170033
細い道を通り抜けました。


P1170035
私好みの道です。


P1170034
Via Berignano


P1170036
サン・ジョヴァンニ通りに戻りました。


P1170038
サン・フランチェスコ教会です。


P1170059
一応案内板もあります。


P1170061
12世紀に建設されたロマネスク様式の教会です。


P1170062
開いているので拝観したい所ですが・・・・


P1170060
その隣の建物も何やら宗教施設に見えませんか?


P1170063
サン・フランチェスコ修道院だった建物です。現在は土産物屋になってます。


P1170039
実は教会の方もお店になっています。ファサードだけ見て満足するよりありません。


P1170042
街角のタベルナコロ


P1170044
サン・ジョヴァンニ門です。


P1170045
この日のお宿を通り過ぎ、翌朝のバス時刻の確認のため、城壁外へ。


P1170046
この日の朝、到着した時に確認すれば良かったのですが、コロッと忘れていました。


P1170047
門の横に鐘楼があるんですね。


P1170048
雲が出てきました。「グロッサの塔に午前中に上るべきだったか」(独り言)


P1170050
広場にある戦没者慰霊碑


P1170051
こうやって見ると城塞ですね。


P1170053


P1170055
バスの発車時刻と停留所を確認しました。


P1170056
高い城壁です。


P1170057
ホテルに戻って一休みしました。昼休み中なので人出が少なくなりました。


P1170058
再び外出


P1170064


P1170065


P1170066


P1170067


P1170069
バッグ屋さんで購入。


P1170068
そのバッグが意外にも重かった。仕方がないので、バッグを置くためにホテルに戻りました。


P1170070
こういった場合、ホテルに近いのが有難かった!


P1170072
青空市が終わったようです。


P1170071
これは午前中に見ました。


P1170073
後片付け中ですね。


P1170075
青空市のテントがなくなったので、広場に面した建物の写真を撮りました。


P1170074


P1170076


P1170077


P1170078


P1170080


P1170081


P1170083


P1170085
(つづく)

P1700035
ティベリオ・デ・アッシジ(アッシジ、1486‐1524活動)の「聖ロッコと聖アントニオ」(1513c)


P1700039
ティベリオ・デ・アッシジの「聖セバスティアーノ」(1513c)


P1700042
ティベリオ・デ・アッシジの「聖母子」(1513c)


P1700046
ティベリオ・デ・アッシジの「聖ロッコ」(1513c)


P1700049
4作品が纏めて展示されてます。


P1700051
ウンブリアの無名画家の「聖クリストフォロ」(1494)


P1700065
ウンブリアの無名画家の「聖ルチア」(1494)


P1700055
ウンブリアの無名画家の「聖母と天使たち」(16世紀初頭)


P1700061
ウンブリアの無名画家の「聖ルチア」(16世紀初頭)


P1700068
アンドレア・デ・アッシジ(アッシジ、1480‐1520活動)の「聖母子」(15世紀末)


P1700072
アンドレア・デ・アッシジの「聖ルフィーノ」(15世紀末)


P1700076
ニッコロ・ディ・リベラトーレ通称ラルンノ(ニッコロ・アルンノ)(フォリーニョ、1430c‐1502)の「受胎告知と慈悲の聖母」(1462)
この作品は表と裏の両面に描かれてます。


P1700078


P1700082


次は裏面です。
P1700088
ニッコロ・ディ・リベラトーレ通称ラルンノ(ニッコロ・アルンノ)の「磔刑と聖ビアージョの物語」(1462)


P1700091
「磔刑」


P1700094
「玉座の聖ビアージョと聖ルフィーノと聖ヴィットリーノ」


P1700097
「聖ビアージョの殉教と砂漠で隠遁する聖ビアージョ」


P1700085
オッタヴィアーノ・ネッリ(グッビオ、1375c‐1444)の「玉座の聖母と聖ジャコモと聖アントニオ・アバーテ」(1422)


P1700101
オッタヴィアーノ・ネッリの「受胎告知される聖母と聖ジャコモ」(1422)


P1700104
オッタヴィアーノ・ネッリの「聖ルチア」(1422)


P1700109
マッテオ・ダ・グアルド(グアルド・タディーノ、1435‐1507)の「天使」(1468)


P1700113
ウンブリアの無名画家の「ペッレグリーニ病院の多翼祭壇画」(15世紀第1四半世紀)


P1700116
アンドレア・デ・アッシジの「聖母子と2聖人」(15世紀末)


P1700118
「聖母子」


P1700119
「聖ジローラモ」


P1700121
「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1700123
展示作品は前の作品で終わりです。この部屋から天井や壁に描かれたフレスコ画を見ることになります。


P1700124


P1700125


P1700127
各部屋の装飾に関する説明プレートなどがないので、制作者や制作年などが分かりません。


P1700129


P1700131
保存状態が非常に良くて、色鮮やかです。


P1700132


P1700133


P1700134


P1700135


P1700136


P1700137
次の部屋です。


P1700138


P1700139


P1700141
この部屋から1943年から2000年までのアッシジの歴史に関する展示が続きます。


P1700142


P1700143


P1700144
次の部屋です。


P1700145


P1700146


P1700147


P1700148


P1700149


P1700150
キリがないので、各部屋の装飾はこの辺で終わりにしましょう。


P1700153
外に出ました。


P1700156
小品ですがジョットの「聖母子」が良かった!


P1700170
(おわり)

今回は、アッシジ市立絵画館 Pinacateca Comunale di Assisi です。
P1690797
アッシジで最も賑わいを見せるサン・フランチェスコ通りです。このまま進めば、突き当りにサン・フランチェスコ聖堂に出ます。


P1690806
写真右のピンク色?の建物が絵画館です。


P1690808
Palazzo Vallemaniです。


P1690809
絵画館の入り口


P1690813
切符売り場


P1690814
展示室は2階です。


P1690815


P1690818
13世紀第4四半世紀のウンブリアの無名画家の「騎士」(1282以降)
アッシジのPalazzo del Capitano del Popolo にあったフレスコ画です。以下3枚の写真も同じです。


P1690821
前の写真と制作者が同じです。「紋章」(1282以降)


P1690827
「11月の寓意」(1282以降)


P1690830
「紋章」(1282以降)


P1690836
パルメリーノ・ディ・グイド(アッシジ、1299‐1337活動)の「聖母子と天使たち」(1339以前)


P1690839
パルメリーノ・ディ・グイドの「聖フランチェスコ」(1339以前)


P1690842
ジョット・ディ・ボンドーネ(ヴェッキオ・ディ・ムジェッロ、1267c‐フィレンツェ、1337)の「聖母子」(1305以前)


P1690846
13世紀第4四半世紀のウンブリアの無名画家の「10月の寓意」(1282以降)
アッシジのPalazzo del Capitano del Popoloにあったフレスコ画です。


P1690849
次の部屋です。


P1690851
パーチェ・ディ・バルトロ(アッシジ、1344‐1368活動)の「受胎告知する天使」(1341)


P1690856
プッチョ・カパンナ(アッシジ、1341‐1347活動)の「受胎告知される聖母」(1337)


P1690860
プッチョ・カパンナの「受胎告知される聖母」(14世紀第2四半世紀)
サンタ・カテリーナ修道院にあったフレスコ画です。


P1690864
ジョヴァンニ・ディ・ボニーノ(アッシジ、1325‐1347記録)のサークルのフレスコ画(14世紀第2四半世紀)
サンタ・カテリーナ修道院にありました。


P1690867
ジョヴァンニ・ディ・ボニーノのサークルの「聖ステファノの殉教」(14世紀第2四半世紀)


P1690873
ジョヴァンニ・ディ・ボニーノのサークルの「武装した男」(14世紀第2四半世紀)


P1690877
14世紀のウンブリアの無名画家の「デバイデ」


P1690879
14世紀のウンブリアの無名画家の「デバイデ」


P1690884
プッチョ・カパンナの「聖母子と聖フランチェスコ」(1341)


P1690889
パルメリーノ・ディ・グイドの「磔刑像」(1334c)


P1690892
ウンブリアの無名画家の「磔刑と慈悲の聖母とウンゲリアの聖エリザベッタと信者たち」(1300c)


P1690896
ウンブリアの無名画家の「聖ビアージョ」(14世紀第1四半世紀)


P1690900
ウンブリアの無名画家の「聖オノフリオと信者」(14世紀第1四半世紀)


P1690904
ウンブリアの無名画家の「救世主」(14世紀第1四半世紀)


P1690909
パーチェ・ディ・バルトロの「聖女」(14世紀中ごろ)


P1690912
パーチェ・ディ・バルトロの「聖女」(14世紀中ごろ)


P1690916
パーチェ・ディ・バルトロの「聖女」(14世紀中ごろ)


P1690920
パーチェ・ディ・バルトロの「聖母子」(14世紀中ごろ)


P1690923
パーチェ・ディ・バルトロの「ゲッセマネ園での祈り」(14世紀中ごろ)


P1690927
次の部屋に移りました。


P1690929
ティベリオ・デ・アッシジ(アッシジ、1486‐1524活動)の「聖母子と聖フランチェスコとパドヴァの聖アントニオ」(16世紀初頭)


P1690934
ドーノ・ドーニ(アッシジ、1500c‐1575)の「受胎告知」(1565)


P1690938
ドーノ・ドーニの「聖痕を受ける聖フランチェスコ」(1565)


P1690943
ドーノ・ドーニの「磔刑」(16世紀中ごろ)
状態が良くありませんね。


P1690947
ドーノ・ドーニの「磔刑」(16世紀中ごろ)


P1690950
次の部屋です。


P1690951
展示作品はなく、この部屋に元々あった作品を見ることになります。


P1690952
天井に描かれたもの


P1690956
この部屋は書斎でした。


P1690957
マニエリスム画家アントニオ・カステッレッティの原画をもとに、18世紀末にその複製画を描いたものです。


P1690959
制作者は不明です。


P1690962
テーマは「美術の勝利の寓意」です。


P1690965
私には寓意画が分かりません。


P1690966
寓意画は最も苦手な分野です。


P1690967
次の部屋です。


P1690971
ドゥランテ・アルベルティ(ボルゴ・サン・セポルクロ、1538‐ローマ、1613)の「聖母子と聖ジローラモと聖フランチェスコと聖キアーラ」(1599)


P1690977
ジャコモ・ジョルゲッティ(アッシジ、1603‐1679)の「聖母の結婚」


P1690980
ジャコモ・ジョルゲッティの「聖ルフィーノと聖ヴィットリ―ニオ」


P1690986
チェーザレ・セルメイ(チッタ・ディ・ピエーヴェ、1581‐アッシジ、1668)の「アッシジを祝福する聖フランチェスコ」(1626)


P1690989
ジャコモ・ジョルゲッティの「死に瀕した聖キアーラに顕現する聖母」


P1690992
これは何でしょうか?


P1690994
説明プレートがないのでお手上げです。


P1690998
シッラ・ペッチェニーニ(ペルージャ、1585‐1600活動)の「寺院での問答」(16世紀末)


P1700002
ポマランチョ(チッタ・ディ・ピエーヴェ、1570‐ローマ、1630c)の「聖母被昇天」(17世紀初頭)


P1700008
ウンブリアの無名画家の「聖ルチア」(1494)


P1700011
ウンブリアの無名画家の「聖セバスティアーノ」(1494)


P1700014
ウンブリアの無名画家の「聖ウバルド」(1494)


P1700019
ティベリオ・デ・アッシジの「慈悲の聖母」(1503以前)


P1700024
ティベリオ・デ・アッシジの「受胎告知」(1513c)


P1700027
ティベリオ・デ・アッシジの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」(1513c)


P1700029
ティべリオ・デ・アッシジの「聖ロッコ」(1513c)
(つづく)

P1160737
次はサン・ヤコポ門です。


P1160736
Palazzo ○○の表示がありませんが、この辺の建物は歴史的建造物でしょうね。


P1160739
古い建物が大好きなので、左右をキョロキョロ眺めながら歩みを進めました。


P1160738
この道を歩いてみたいと思いましたが、道草は禁物です。


P1160740
見たい所をしっかり見るためには、行き当たりばったりではダメです。(苦い失敗を重ねた末の経験則)


P1160742
やはり予定通りが一番です。


P1160743
だって、その為に予定を組んだのですから。でも、予定表を見ない癖が治りませんね。時間をかけて出発前に予定を組んだにもかかわらず、それを見ないで行くのを忘れたとか、見逃したことが何度もあります。予定は気休めなんですね、予定を作っただけで満足してしまうのです。


P1160744
この道を歩きたい。でも我慢しました。


P1160745
あの建物のタベルナコロは見逃せません。


P1160746
ハト除けの金網が邪魔です。


P1160747
16世紀のシエナの無名彫刻家の「無原罪の聖母」
街角のタベルナコロ彫刻の中で傑作とされてます。


P1160748
左に折れればサンタゴスティーノ教会ですが、じっくり見るべき場所なので後回し。


P1160749
手前が旧サンタ・フィーナ教会で、現在はサンタ・フィーナ薬局です。その先(旗のある建物)は現代美術館です。


P1160751
入館したことがありますが、この町に現代美術は合ませんね。


P1160752
美術館の前は建物が途切れています。ここから塔が良く見えます。


P1160753


P1160754
Via Folgore


P1160755
古い教会があります。


P1160757
サン・ジローラモ教会修道院です。


P1160758
何時も閉まってます。


P1160761
入り口前の地面を見る限り、宗教活動は行っているように思います。ハトの糞が多ければ、大体活動を停止した教会のようです。


P1160759
その先にあるのはサン・ヤコポ門です。


P1160763
門と繋がっているのがサン・ヤコポ教会です。


P1160764
12-13世紀に建設されたロマネスク様式の教会です。


P1160765
門を潜って城壁外に出ました。


P1160767
門は丘の上にあります。


P1160768
この町のパノラマ・ポイントの一つとされてます。


P1160769
快晴でしたが霞んでいました。


P1160770


P1160771


P1160772


P1160773
サン・ヤコポ教会の後陣


P1160776
身廊外観


P1160777


P1160774
門の外から撮った塔


P1160775


P1160778
城壁内に戻りました。


P1160779


P1160780
次はサンタゴスティーノ教会なので、先ほど通った同じ道を戻りました。


P1160781


P1160783
突き当りがサンタゴスティーノ教会です。


P1160784
サンタゴスティーノ教会を拝観する前にもう一つ教会があるので、その教会を拝観することに。


P1160785
残念!開いていません。


P1160788
12-13世紀に建設された、ロマネスク様式のサン・ピエトロ・イン・フォルリアーノ教会です。


P1160789
拝観したかった教会です。


P1160787
2つの教会の位置関係がこの写真でお分かりいただけると思います。


P1160790
広場にある井戸


P1160793


P1160794
1280年から1298年にかけて建設されたロマネスク・ゴシック様式の教会です。


P1160987
この町の観光に於いて必訪の教会とされてます。


P1160991
通常、身廊側の出入り口が開いてます。
この教会については、後日「古寺巡礼」として別に取り上げます。


P1160988
サンタゴスティーノ広場


P1160998


P1160997


P1160994
次はサン・マッテオ門です。


P1160996
Via Cellolese


P1160999
サン・マッテオ通りに出ました。このまま進めばドゥオーモに出ます。


P1170001
振り返ればサン・マッテオ門です。


P1170002
門にある「聖母子」


P1170005
城壁の北の門になります。


P1170006
門を潜って城壁外に出ました。


P1170007
この門も丘上にあります。


P1170008


P1170010
ご覧のような風景が広がってます。


P1170009
(つづく)

P1530093
ドゥオーモ広場に面した市庁舎の横を左折してマンドラリスカ通りに入りました。


P1530097
この通りの先は海岸に出ます。


P1530098
市庁舎から約150m歩けば、左手に白っぽい建物があります。


P1530253
Palazzo Mandraliscaで、博物館になってます。


P1530252
エンリコ・ピライノ・ディ・マンドラリスカ男爵(1809‐1864)のコレクションが展示されてます。


P1530250
博物館の入り口


P1530101
切符売り場


P1530100
チェファルのヴェテラーニ通りのモザイク(紀元前2世紀末‐紀元前1世紀)


P1530104
クレターヴェネツィアの無名画家による「聖母子」


P1530107
16世紀のクレタ―ヴェネツィアの無名画家の「聖母子」


P1530109
18世紀のクレタ―ヴェネツィアの無名画家の「聖コズマと聖ダミアーノ」


P1530113
ジョヴァンニ・モスコ(1680‐1724)の「聖コスタンティーノと聖エレーナ」


P1530115
17世紀のクレターヴェネツィアの無名画家の「施物分配司祭の聖ジョヴァンニ」


P1530118
15世紀後半のシチリアの無名画家の「三位一体」


P1530121
18世紀の無名画家の「ドアに描かれた花と鳥」


P1530124
15世紀のドイツの無名画家の「磔刑」


P1530126
J. De Matta(16世紀前半)に帰属する「最後の晩餐」
この画家は全く知りません。


P1530129
16世紀後半のイタリア南部の無名画家の「崇拝の天使」


P1530132
16世紀前半のヴェネトの無名画家の「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」


P1530134
16世紀後半のイタリア南部の無名画家の「崇拝の天使」


P1530136
18世紀のシチリアの無名画家の「聖ロザリアと天使たち」


P1530138
紀元前380‐370cの壺


P1530141
フランチェスコ・ベヴェラクゥア(チェファル、1814‐1858)に帰属する「チェファルの風景」


P1530143
フランチェスコ・ベヴェラクゥアに帰属する「チェファルの風景」


P1530145
G. B. Ruoppolo (1629-1685)に帰属する「野菜とキノコ」


P1530148
G. B. Ruoppolo に帰属sる「キノコと野菜と果物」


P1530151
フランチェスコ・デ・マリア(ナポリ、1623‐1690)に帰属する「水差しと生ハムを持つ老女」


P1530153
フランチェスコ・デ・マリアに帰属する「プティプ(注:ナポリの民族打楽器)を手にする演奏者」


P1530155
17世紀のシチリアの無名画家の「聖ルチア」


P1530200
この部屋の青っぽい照明が気になります。


P1530157
17世紀前半のフランドルの無名画家の「聖トッマーゾの不信」


P1530159
18世紀のシチリアの無名画家の「エジプトへの逃避途中の休息」


P1530161
17世紀のボローニャの無名画家の「ユディト」


P1530163
ジョヴァン・ドメニコ・オスナーゴ(チェファルで18世紀前半に活動)の「花」


P1530165
J. De Mattaに帰属する「キリストの審判」


P1530170
17世紀の無名画家の「饗宴」


P1530173
17世紀初頭のジェノヴァの無名画家の「聖セバスティアーノを介抱する婦人たち」


P1530175
バッサーノに帰属する「6月の寓意」


P1530177
18世紀のヴェネトの風景画家の「ヴェネツィアのサン・マルコ広場」


P1530179
18世紀のヴェネトの風景画家の「ヴェネツィアの大運河」


P1530182
ジョヴァン・ドメニコ・オスナーゴの「無原罪の聖母と天使たち」


P1530197
アントネッロ・ダ・メッシーナ(1430‐1479)の「男の肖像」


P1530188
ジョヴァンニ・アントニオ・ソリアーニ(フィレンツェ、1490‐1544)の「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1530194
アンジェロ・カロセッリ(ローマ、1585‐1652)の「ヴァニタス」


P1530199
展示室の床


P1530201
1858年パリ製のフォルテピアノ


P1530203
17世紀後半の無名画家の「マギの礼拝」


P1530205
次の部屋です。


P1530206
このような類の壺は何処の博物館でも見かけます。


P1530207
出土した地域によって異なると思いますが、私には同じように見えます。


P1530208


P1530210
コインなどの展示


P1530211
貝殻


P1530212


P1530213
17世紀のシチリアの無名画家の「嘆きの聖母」


P1530215
18世紀のシチリアの無名画家の「聖母子と聖アンナ」


P1530217
18世紀のシチリアの無名画家の「読書する聖母」


P1530220
絵画が描かれたキャビネット


P1530224
絵画が描かれたキャビネット


P1530222
17世紀のシチリアの無名画家の「受胎告知される聖母」


P1530227
陶器類の展示


P1530228
17世紀末の無名画家の「カルメルの聖母とアヴィーラの聖テレーザと聖ロッコ」


P1530231
17世紀のシチリアの無名画家の「聖母子」


P1530233
鳥類のはく製


P1530234


P1530235
18世紀のシチリアの無名画家の「無原罪のマリア」


P1530237
17世紀のエミリアの無名画家の「死せるキリストを支える天使」


P1530239
17世紀のナポリの無名画家の「聖ジローラモ」


P1530241
17世紀のシチリアの無名画家の「聖フランチェスコ」


P1530243
17世紀のナポリの無名画家の「聖ステファノ」


P1530245
これで終わりです。


P1530246
アントネッロ・ダ・メッシーナの作品が秀逸でした。


P1530331
(おわり)



サン・ジミニャーノ San Gimignano は、人口7,820人(2015年12月31日現在)のトスカーナ州シエナ県にあるコムーネです。
P1170344
バスで到着しました。


P1160661
同じバスに乗っていた人たちです。


P1170345
この光景を見ると、サン・ジミニャーノに来たのだ、と実感します。


P1160662
日帰りの観光客が殆どのようですが、私は例によって泊まります。


P1170343
チェントロの入り口サン・ジョヴァンニ門です。


P1170342
門を潜って城壁内に入りました。


P1160663
大きな荷物があっては町歩きどころではないので、身軽になるために、この日のお宿に向かいます。


P1160664
今回は、写真右のホテルにしました。


P1160665
部屋に入れるのは正午からでしたが、荷物を預かってもらい、身軽になることが出来ました。


P1160666
ベリニャーノ通り


P1160667
以前に泊まったことがあるB&Bですが、その時に生じた問題に懲りました。


P1160668
2月なので少々寒いものの、絶好の天気に恵まれて気分爽快でした。


P1160669
何度も来ているし、狭いチェントロなので私にとっては勝手知ったる町です。


P1160670
地図なしでも十分歩けます。


P1160671
パレストロ通り


P1160672
メインの通りに出ました。


P1160673
塔が見えました。


P1160674
写真左のお店がお気に入りで必ず買うことにしてます。


P1160675
買うのはイノシシのサラミ


P1160676
広場にやって来ました。


P1160677
Arco di Becci


P1160678
日陰は寒そうです。


P1160681
聖母子を発見!


P1160680
ロッビア工房スタイルですね。


P1160679
この町では予定が無いのが予定です。


P1160682
Arcoを潜ったのですが、やはり広場を見るのが順路というものです。


P1160683
広場に戻ることにしました。


P1160684
町角の作品としては秀作でしょうか?


P1160685
チステルナ広場です。


P1160686
青空市が立っていました。


P1160687
澄み切った青空に塔がよく映えます。


P1160689
広場に井戸があります。


P1160690
チステルナとは水槽とか井戸という意味で、広場の名称はこの井戸に由来してます。


P1160693


P1160694



P1160691
井戸広場からドゥオーモ広場に向かいました。まだ朝が早いので観光客の姿をあまり見かけません。


P1160695
ドゥオーモ広場


P1160698
この広場も青空市が立ってました。


P1160696
市庁舎とグロッサの塔


P1160697
高さ54mのグロッサの塔はこの町で最も高い塔です。


P1160699
ここは必見です。


P1160701
「玉座の聖母子と2聖人」のフレスコ画


P1160702
広場を挟んでドゥオーモの対面にあるBucaです。


P1160703
そこから見たドゥオーモ


P1160705
写真を撮るのは青空市が終わってからの方が良さそうです。


P1160706
サン・マッテオ通り


P1160707
門がありますが、サン・マッテオ門ではありません。


P1160708
門の名前はないようです。


P1160730
門を潜った先にサン・バルトロ教会があるので、サン・バルトロ門と呼ぶ人がいるそうです。


P1160709
サン・バルトロ教会です。


P1160729
1173年に建設されました。


P1160711
ロマネスク様式の外観は創建時の姿を今も留めていると言われてます。


P1160712
単廊式の内部です。


P1160728
左側壁


P1160727
右側壁


P1160714
近年修復されたのか、かなり新しく見えました。フレスコ画の痕跡さえもありません。


P1160720
15世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「磔刑像」(木製)


P1160716


P1160715


P1160718
詳細不明


P1160724
詳細不明


P1160722
詳細不明


P1160710
見どころはファサードだけでしょうか?


P1160731
外に出ました。


P1160732
午前中はどうしても教会巡りが中心になります。


P1160733
歴史的建造物でしょうが、説明板がありません。


P1160734


P1160735
(つづく)

P1740465
次はサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会です。


P1740467
色々と考えせられる教会です。


P1740468
その理由について後で詳しく書くつもりです。


P1740469
突き当りを左に曲がれば教会の筈ですが・・・・・


P1740470
持っている地図を見ないで、相変わらず自分の土地勘で動いているので、道に迷ったかと思いました。


P1740466 
土地勘は正しかった! 鐘楼が見えてきたので大丈夫です。


P1740471
着きました。


P1740472
開いている確率は1%以下と思っていましたが、予想通り閉まっていました。


P1740473
1126年の文書に、この教会の存在が記されてます。1381年、現在のファサードの姿に改修されました。


P1740474
旧教会というわけです。市当局の所有になって展示会場に転用されていれば、中に入れるかもしれないと淡い期待を抱いてました。
1381年、アントニオ・ピッコーニが描いた「洗礼者聖ジョヴァンニの説教」のフレスコ画が見たかったのです。


P1740476
レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」のコピーしたステンドグラスも中にあります。そして、ピエロ・デッラ・フランチェスカの「キリストの洗礼」についても触れられてます。


P1740477
この説明板が教会の壁にあります。


P1740478
英語の方が分かり易いでしょうか?
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「キリストの洗礼」ですが、この教会のためにマッテオ・ディ・ジョヴァンニと共同で制作した多翼祭壇画の中央パネルでした。
その多翼祭壇画は、1807年、この教会からサンセポルクロ大聖堂に移され、大聖堂の主祭壇を飾るようになりました。
ところが、1857年、イギリス商人が大聖堂を訪れ、中央パネルのピエロの作品だけを2万3千ポンドで買い上げたのです。ピエロの「キリストの洗礼」は、1861年からロンドンのナショナル・ギャラリーで展示されてます。
事実だけを簡単に書くと以上の通りですが・・・・


02bapti1
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「キリストの洗礼」
その多翼祭壇画ですが、ピエロの中央パネルが欠けた状態で、サンセポルクロ市立美術館で展示されてます。


P1730868
これが、件の多翼祭壇画です。中央パネルが欠けた無残な状態です。中央パネル以外はマッテオ・ディ・ジョヴァンニによって描かれました。


P1730893
中央パネルだけを売った経緯について、知りたいと思いますが、市当局がこの事実を恥と考えているのか、その辺が分かりませんが、奇妙なことに臭いモノに蓋の姿勢があるや、に思います。


P1740479
斯様な事実を知ると、ファサード前に置かれた花が何となく侘しげに見えてしまいます。


P1740481
ルネッタ上の浮彫り
それにしても、何故売ったのでしょうか?その売却は誰の責任で決定したのでしょうか?その売却益の使途は?2万3千ポンドは安過ぎですよね。
こうやってイタリアの国家の宝というべきものが失われるのですね。


P1740482
サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会の先にも別の教会があります。


P1740483
この教会も閉まっていました。


P1740486


P1740488
旧サンタ・マリア・マッダレーナ教会です。


P1740485
ファサードにプレートがあります。


P1740487
タバコ栽培の事務所?


P1740489
人口に比べると教会の数が過剰なので、維持管理が大変ということで機能停止の教会が増えるのは時代の流れでしょうね。


P1740491


P1740492
これでサンセポルクロで見たかったところは大体行ったようです。


P1740493
夏至近くなのでまだ明るいですが、もう夕方です。


P1740494
もう急ぐ必要はありません。ぶらぶらと歩みを進めました。


P1740496
そうだ、この通りを忘れていた。


P1740497
ピエロ・デッラ・フランチェスカ通りです。


P1740498
この通りのどこかにピエロの工房があったようで、その場所は特定されてないのですが、それに因んで通りの名称が変えられたそうです。


P1740500
工房が何処だったのか知りたくて探しましたが見つからず。


P1740501
地元の専門家が見つけられないので、素人の私が工房の痕跡を探すこと自体が無理でした。


P1740499
教会らしき建物です。


P1740504
ピンク色の鐘楼は珍しい。


P1740505
ファサードの方に回りました。


P1740512
この教会の存在を失念していました。


P1740511
1272年に建設されたサンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会です。今の建物は二代目のものです。


P1740514
行くべき場所にリストアップしておきながら、忘れていたのはお粗末でした。残念ながら扉が開いてません。


P1740515
ここに書かれているようにマッテオ・ディ・ジョヴァンニの三翼祭壇画(1491)があるのです。


P1740510
これで3連敗ですが仕方ありません。


P1740513
イタリアの旅はこんなものと諦念を抱いてますから。


P1740507
教会の近くにある歴史的建造物です。


P1740508


P1740517
突き当りの柱廊がある教会は午前中に拝観しました。


P1740518
写真右の建物が面白そう。


P1740519
スグラフィート装飾でしょうか?


P1740520


P1740516
20世紀初めに建設された旧マッソニーコ寺院だそうです。


P1740522
実は未だサンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会の直ぐ傍でした。


P1740523
夕食までかなりの時間があるので、暇つぶし。


P1740524
この日の翌朝は教会巡りの予定でしたが、見たい所は既に見たので、乗車予定よりも早い時間のバスでアンギアーリに行けそうでした。


P1740525
この道は見覚えがあります。午前中に通った道?


P1740527
突き当りを右に折れました。


P1740528
歴史的建造物です。


P1740529


P1740526
ちょっと裏道へ。


P1740531


P1740532
写真右の工房で暫し見学。美術品の修復工房です。15世紀末の聖会話の作品を修復中でした。


P1740534
広場に戻ってきました。


P1740536
地図なしで歩ける、と自信がつきました。


P1740537
夕方も良い雰囲気です。


P1740539


P1740538


P1740540


P1740541
これをやっておくと、後で写真整理をするときに役立ちます。


P1740542
小さい頃は記憶力が良かったのですが、今ではボケ老人の仲間入り。帰国したら、ころっと忘れてしまいますから。


P1740543


P1740544


P1740548
ドゥオーモ


P1740550
メディチ家の紋章


P1740552
歴史的建造物です。


P1740553


P1740554
これはかなり有名な建物です。


P1740555


P1740556
前の建物と繋がっているように見えますが、別の建物です。


P1740557


P1740559
出発した場所に戻ってきました。


P1740560
塔の下部にタベルナコロがあります。


P1740562
これです。


P1740565
迂闊にも、元々乗車予定だったバスの時刻しか確認していませんでした。予定を早めることが出来るので、早い時間のバス時刻を確認に行きました。


P1740567
ドジばっかり!


P1740570


P1740571
この先がバスターミナルです。


P1740574
バスの時刻を確認しました。


P1740573
やれやれ、これで安心。


P1740578
キリがないので、この辺で終わりにしましょう。


P1740582
(おわり)

P1740279
サンタ・マルタ教会です。


P1740280
こじんまりした普通の教会に見えますが、美術好きにとっては魅力溢れる場所です。


P1740346
教会と繋がった建物があります。


P1740281
こちらです。


P1740282
旧カップッチーネ修道院です。この修道院の一部が教会です。つまり修道院付属の教会で、修道院の方が主でした。


P1740278
身廊側の扉が開いていました。


P1740285
17世紀に建設された単廊式、バロック様式の内部です。


P1740287
意外と言っては失礼ですが、鑑賞に値する作品を幾つか保有してます。


P1740286
右側壁


P1740288
スッキリした後陣


P1740289
装飾なしの天井


P1740290
16世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「磔刑像」


P1740296
ジョヴァンニ・バッティスタ・テンぺーり作のノーミ礼拝堂(1622)


P1740298
トスカーナの無名画家による「十字架と聖母と聖フランチェスコと福音書記者聖ジョヴァンニ」(15世紀末―16世紀初頭)


P1740304
これが見たくてここに来た、と言っても過言ではありません。


P1740306
スピネッロ・アレティーノの「玉座のマグダラのマリア」(1395‐1400)


P1740325
その裏面にも描かれてます。
スピネッロ・アレティーノの「キリストの鞭打ち」(1395‐1400)


P1740312
マッテオ・ランチージの「十字架と聖母と福音書記者聖ジョヴァンニ」(1652)


P1740314


P1740319
ピエトロ・ディ・ジョヴァンニ・ダンブロージョ(シエナ、1410‐1449記録)の「アレッサンドリアの聖カテリーナ」(1444)


P1740332
その裏面にも描かれてます。
ピエトロ・ディ・ジョヴァンニ・ダンブロージョの「磔刑」(1444)


P1740339
ジョヴァンニ・バッティスタ・テンぺーリ作のカンタガッリーノ礼拝堂(17世紀前半)


P1740341
16世紀のフィレンツェの無名工芸家の「聖母子と2聖人」(彩色テラコッタ)


P1740343
満足でした。


P1740338
ファサードの裏にも作品があります。


P1740294
詳細が不明ですが新しいものでしょう。


P1740347
外に出ました。


P1740349
サンタ・マルタ教会の直ぐ傍に別の教会があります。


P1740350
これです。扉が開いていたのでホッとしました。


P1740352
サンタントニオ・アバーテ教会です。


P1740358


P1740351
サンセポルクロに来た理由の一つがこの教会に来ることでした。


P1740359
この案内板には肝心なことが抜けてます。


P1740353
ウンブリア・ロマネスク様式の建物です。


P1740360
1345年に建設されましたが、その外観は創建時の姿を今なお留めています。


P1740354
ファサード


P1740355
入口扉上ルネッタの浮彫「祈るキリストと聖アントニオと聖ビアージョ」(1350)


P1740356


P1740365
身廊側扉上のルネッタにフレスコ画があります。


P1740366
「聖アントニオ・アバーテ」(詳細不明)


P1740367
中に入りました。お目当ての作品があったので、一安心です。


P1740370
18世紀に修復が行われたので、創建時の姿とは異なる内部です。


P1740369
単廊式のシンプルな構造です。


P1740372
装飾なしの天井


P1740371
喜び勇んで主祭壇の前に行きました。


P1740442
主祭壇と後陣


P1740443
これが見たかった。でも以前と同じで少々がっかり。


P1740449
ルーカ・シニョレッリの「Stendardo della Crocifission」(1502‐05)


P1740382
stendardo は軍旗や隊旗とか旗という意味ですが、宗教画美術の世界では表と裏の両面に描かれている作品を言います。
つまり、この作品の裏にも描かれているのです。
「少々ガックリ」と書いたのは、裏面を見ることが出来るようになっていなかったからです。


800px-Luca_signorelli,_santi_eligio_e_antonio,_sansepolcro
外部サイトから作品画像を拝借しました。これが裏面に描かれている作品です。
ルーカ・シニョレッリの「聖アントニオと聖エリージョ」(1502‐1505)
ここから脱線します。


P2170436
コルトーナのサン・ニコロ教会です。


P2170438
この教会にルーカ・シニョレッリの作品があります。


P2170469
その主祭壇を飾るのがルーカ・シニョレッリの作品です。


P2170472
実は、この作品もStendardoです。


P2170466
ご覧のように、ここでは表と裏の両面が見られるように、電動で作品が前方に出てくる仕掛けです。


P2170454
これが裏面に描かれたルーカ・シニョレッリの作品です。
作品右下に電動装置が見えます。


P2170456
これと同じ装置をサンタントニオ・アバーテ教会でも期待していたのですが・・・・
コルトーナの方はMuseoなので、この辺の差は仕方がないことかも知れませんが・・・・・
脱線をお詫びします、元に戻ります。


P1740447
ルーカの祭壇画の上のルネッタに描かれているのは、ラッファエッリーノ・デル・コッレの「父なる神と2天使」(16世紀)
次は教会内の他の祭壇画です。


P1740398
18世紀後半の無名画家の「聖フィリッポ・ネーリ」


P1740402
17世紀の無名画家の「聖チェチリアと2聖人」


P1740407
オモニーモ礼拝堂


P1740410
16世紀の無名画家の「カルミネの聖母」


P1740417
17世紀の無名画家の「マグダラのマリア」


P1740423
17世紀の無名画家の「マグダラのマリア」


P1740415
16世紀の無名画家の「アルベーロの聖母」


P1740430
15世紀のフィレンツェの工芸家の「聖アントニオ・アバーテ」(彩色テラコッタ)


P1740432
18世紀の無名画家の「ドゥランテ・アルベルティの『羊飼いの礼拝』の複製画」


P1740373
祭壇前から見たファサード裏側


P1740439
ルーカの作品をもう一度見ました。


P1740453
ルーカの裏面を見ることが出来ませんでしたが、大満足で外に出ました。


P1740457
欲張り過ぎは良くないですからね。


P1740458
さて、あの建物は開いているか?


P1740461
ここです。


P1740462
残念ながら閉まってました。


P1740460
全てが期待通りに上手く行くことなんてないですから。


P1740464
(つづく)

壮大なモザイクが見どころのチェファル大聖堂です。
P1530059
ルッジェロ大通りです。


P1530068
ユニークな形をした白い建物は市庁舎です。


P1530075
市庁舎はドゥオーモ広場に面して建ってます。


P1530071
広場を挟んで市庁舎の対面に建っているのがドゥオーモです。


P1530091
チェファルは単独の司教区になっており、司教座が置かれています。また、Basilica Minoreに格付けされてます。従って、正式名称はBasilica Cattedrale della Transfigurazioneです。


P1530256
1091年、シチリアはノルマン人によって征服されましたが、1131年、ノルマン王ルッジェロ2世によって創建され1240年に完成したノルマン・アラブ・ビザンチン様式の建物が現在の姿の原形となってます。奉献式は1267年に執り行われました。


P1530072
ファサードは1240年に完成したもの、また屋根は1263年に完成しました。


P1530073
左右に建つノルマン様式の鐘楼が目立ちますが、15世紀に追加建設されたものです。


P1530081
壮大で重厚さ溢れる鐘楼です。


P1530258
左右の鐘楼は同じように見ますが、よく見ると違うことが分かります。


P1530261
向かって左側の鐘楼


P1530260
右側の鐘楼


P1530082


P1530080
存在感があります。


P1530259
ファサード前のポルティコは1471年に建設されました。


P1530262
入口扉上の装飾


P1530263
柱頭の装飾


P1530264


P1530265


P1530266
木の入口扉


P1530267
中に入りました。金のモザイクが目に飛び込んできます。


P1530270
地震などの災害が多いシチリアにあって、外観だけに留まらず聖堂内部も創建時の姿をほぼ留めている稀有な存在のドゥオーモです。


P1530292
左側廊


P1530293
左側廊から見たところ


P1530269
シチリアの重要な見どころの一つでしょうね。


P1530290
右側廊


P1530291
右側廊から見たところ


P1530271
天井


P1530272
主祭壇


P1530273
後陣


P1530275
後陣のモザイクは1148‐1170年に制作されました。


P1530278
下の方のモザイクの一部は17世紀に追加されました。(私にはどの部分がそうなのか分かりません)


P1530281
感嘆あるのみです。


P1530283
素晴らしい!


P1530285
金のモザイクは艶やかですが、そのほかの部分は重厚さが際立ちます。


P1530286
床のモザイク


P1530287


P1530288


P1530289
詳細不明


P1530294
アントネッロ・ガジーニ(パレルモ、1478‐1536)の「聖母子」(16世紀前半)


P1530295
誰の墓でしょうか?


P1530296
詳細不明


P1530297
柱に描かれたフレスコ画


P1530299
18世紀制作の豪華な祭壇


P1530302


P1530303
もう一度じっくり見ました。


P1530304


P1530305


P1530307
主祭壇の磔刑像


P1530308
立ち去り難い!


P1530309
ローマやラヴェンナで見るモザイクとは少し感じが違います。


P1530280
出口に向かいました。


P1530311
外に出ました。


P1530314
司教館


P1530313
司教館は閉まっていました。


P1530084
(おわり)

P1430248
14世紀のシエナの無名彫刻家の「聖母子」


P1430251
12世紀末の無名彫刻家の「磔刑像」


P1430254
14世紀末の親方の「長持ち」


P1430257
13世紀後半の無名画家の「聖母子と2天使」


P1430259
14世紀初頭のシエナの無名彫刻家の「キリストの洗礼」


P1430262
小品の数々


P1430264
ジャンボローニャ〈ドウアイ、1529‐フィレンツェ、1608)の「磔刑像」


P1430266


P1430267
Museo Diocesanoの定番とも言える展示


P1430268


P1430269


P1430270
これも定番の展示


P1430271


P1430272
当たり前ですが、聖職者の職位によって着るものが違います。


P1430273


P1430274
15世紀末のシエナの無名彫刻家の「祈る天使」


P1430276
16世紀第1四半世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「幼きキリスト」


P1430278
14世紀前半のシエナの無名彫刻家の「モンタルチーノの紋章」


P1430280
壺の数々


P1430281


P1430282
17世紀前半のシエナの無名彫刻家の「聖フィリッポ」


P1430283
17世紀前半のシエナの無名彫刻家の「聖ジャコモ・マッジョーレ」


P1430284
ドメニコ・カファッジ(セッティニャーノ、1530‐シエナ、1608)の「兵士」と「ムーア人」


P1430288
17世紀前半のシエナの無名彫刻家の「聖ジュゼッペ」


P1430289
ドメニコ・カファッジの「聖ジュゼッペ」


P1430310
サンタゴスティーノ教会のステンドグラス


P1430311
これで美術部門は終わりです。博物館部門に移る前のお気に入りの作品をもう一度見て回りました。


P1430292


P1430294


P1430298


P1430300


P1430302


P1430306


P1430308


P1430313
一旦キオストロに戻りました。


P1430314
モンタルチーノの要塞の模型が展示されています。


P1430315
Maestro del 1346のフレスコ画
キオストロ回廊の壁にあります。


P1430316
Maestro del 1346のフレスコ画です。1346年に制作されました。


P1430320
Pittore senese del 1438の「磔刑と聖ピエトロと聖パオロ」(1438)


P1430323


P1430324
博物館部門です。


P1430339
ローマ時代の兵士が出迎えてくれます。


P1430325
モンタルチーノの遺跡からの出土物が主に展示されてます。


P1430327
考古学部門というわけです。


P1430328


P1430329


P1430330


P1430331


P1430332


P1430333


P1430334


P1430335


P1430336


P1430337
これで終わりです。


P1430345
外に出ました。


P1430350
シエナ派画家の作品に良いものが揃ってます。


P1430343
(おわり)

P1430587
サンタゴスティーノ教会から坂道を下り広場に出ます。


P1430590
ガリバルディ広場です。


P1430591
広場に面して建つ教会がChiesa di Sant'Egidioです。


P1420606



P1430598
1325年に完成、1325年に奉献されたゴシック様式の建物です。


P1420604
1462年、教皇ピオ2世によって、モンタルチーノは単独の司教区に昇格されましたが、それまで、この教会が教区教会でした。


P1430449
身廊外観


P1430446
鐘楼


P1430448
鐘楼と後陣


P1420656
ポータル上ルネッタにフレスコ画があったとされてますが、今は何も残されていません。


P1420602
拝観しました。


P1420607
単廊式、ゴシック様式の内部です。翼廊が無い単純な構造をしています。


P1420610
左側壁


P1420609
右側壁


P1420611
天井


P1420647


P1420613
主祭壇と後陣です。
主祭壇はアレッサンドロ・カソラーニ(1552‐1607)の作品です。


P1420624
主祭壇の「磔刑像」および左右の彫刻もアレッサンドロ・カソラーニの作品です。彫刻も含む祭壇すべてがカソラーニによって制作されました。


P1420615
創建時のフレスコ画です。
14世紀のシエナ派無名画家による「聖母子と4聖人(聖クリストフォロ、アレッサンドリアの聖カテリーナ、福音書記者聖ジョヴァンニ?、大天使ミケーレ)」


P1420618
ディオニシオ・モントルセッリの「無原罪の御宿り」(17世紀初頭)


P1420626
詳細不明


P1420649
詳細不明


P1420630
18世紀初頭の無名画家の「聖フィリッポ・ネーリの前に顕現する聖母子」


P1420636
フランチェスコ・コッツァ(1605‐1682)の「聖母子と聖人」(1660‐70c)


P1420639
フランチェスコ・コッツァの「聖母子と聖ジョアッチーノと聖アンナ」


P1420642
詳細不明


P1420645
主祭壇をもう一度見ました。


P1420633
主祭壇から見た入口方向


P1420653
外に出ました。


P1430476
こんなことを言ったら叱られそうですが、拝観して損が無い教会と思います。


P1420605
(おわり)

P1430091
14世紀第2四半世紀のシエナの無名彫刻家の「磔刑像」


P1430095
ベンヴェヌート・ディ・ジョヴァンニの「聖母子と聖人たち」


P1430099
ベンヴェヌート・ディ・ジョヴァンニの「聖シジスモンド」


P1430107
ジローラモ・ディ・ベンヴェヌート(シエナ、1470‐1524)の「聖レオナルド」


P1430110
ジローラモ・ディ・ベンヴェヌートの「パドヴァの聖アントニオ」


P1430114
フランチェスコ・ディ・ヴァルダムブリーノの「磔刑像」


P1430117
ジローラモ・ディ・ベンヴェヌートの「聖家族」


P1430122
ジローラモ・ディ・ベンヴェヌートと協力者の「聖母被昇天と聖フランチェスコとパドヴァの聖アントニオ」(1510c)


P1430126
マルティーノ・ディ・バルトロメオ(シエナ、1389‐1435記録)の「大天使ミケーレ」と「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1430127
光るので角度を変えて撮ったけれど大差なし。


P1430131
ヴェッキエッタ(シエナ、1410‐1480)の「シエナの聖ベルナルディーノ」


P1430133
次の作品とセットになってます。


P1430134
Maestro della Santa Caterina d'Alessandro (15世紀前半シエナで活動)の「受胎告知」


P1430138
サーノ・ディ・ピエトロ(シエナ、1406‐1481)の「ウミルタの聖母」


P1430141
サーノ・ディ・ピエトロの「シエナの聖ベルナルディーノ」


P1430145
ジョヴァンニ・ディ・トゥリーノ(シエナ、1414‐1443記録)の「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1430147
ウルバーノ・ダ・コルトーナ(コルトーナ、1426?-シエナ、1504)の「ルーパ(雌狼)」


P1430150
アンドレア・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1435‐1525)の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖ピエトロと2天使」(1507)


P1430154
ペッレグリーノ・ディ・マリアーナ・ロッシーニ(シエナ、1449‐1492記録)の「聖母子と2天使」


P1430157
ジローラモ・ディ・ドメニコ(シエナ、1479‐1513記録)の「聖母子」


P1430162
ピントゥリッキオのサークルの「聖母子」


P1430165
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1469‐1529)の「花輪」


P1430168
15世紀のフィレンツェの工芸家の「聖母子」


P1430171
アレッサンドロ・カソラーニ(1552‐1607)の「タベルナコロ」


P1430174
ヴィンチェンツォ・タマーニ(サン・ジミニャーノ、1492生まれ、1530まで記録)の「慈悲の聖母」


P1430180
ジョヴァンニ・ディ・ロレンツォ(シエナ、1494?-1551)の「磔刑」


P1430183
ドメニコ・ベッカフーミの模倣者の「聖家族とシエナの聖カテリーナ」


P1430187
16世紀後半のフィレンツェの無名画家の「キリスト」


P1430190
マルコ・ピーノ(シエナ、1521‐ナポリ、1582以降没)の「聖家族と聖フランチェスコ」


P1430193
ドメニコ・カファッジ(セッティニャーノ、1530‐シエナ、1608)の「祈る聖母」


P1430196
次の作品とセットになってます。


P1430195
ドメニコ・カファッジの「受胎告知」


P1430197
展示室天井


P1430199
フランチェスコ・ルスティーチ(シエナ、1592‐1626)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノとベアート・ベルナルド・トロメイと聖オノフリオ」


P1430203
ティベリオ・ビッロ(シエナ、1564‐1587)の「ロザリオの聖母」


P1430209


P1430208


P1430207


P1430206


P1430211
フランチェスコ・バルタリーニ(シエナ、1564‐1587)の「ロザリオの聖母」


P1430216


P1430214


P1430221
16世紀のシエナの無名画家の「磔刑と聖ビアージョと聖フランチェスコ」(1571)


P1430223
ドメニコ・マネッティの「聖アゴスティーノ」


P1430226
フランチェスコ・バルタリーニの「聖痕を受ける聖カテリーナ」


P1430229
ヴィンチェンツォ・タマーニの「聖母子」


P1430232
カルロ・チニャーニの「トッマーゾ・チェルヴィオーニ(1673‐1742)の肖像」


P1430236
16世紀末の無名画家の「フラ・アントニオ・ポージ(1528‐1580)の肖像」


P1430238
アウレリオ・ミラーニの「フオーコ・ディ・フォルリの聖母の奇跡」(1725)


P1430242
アルトゥーロ・ルチア―ニ(モンタルチーノ、1861‐1936)の「シエナの人々への種痘」


P1430244
アルトゥーロ・ルチアーニの「アマゾンへのリオへの宣教師の上陸」
(つづく)

何時もなら古寺巡礼ですが、19世紀に再建されたドゥオーモなので新寺巡礼とタイトルを代えました。
P1420682
チェントロの広場から坂道を上がります。


P1420684
直ぐに教会の建物が見えてきます。


P1420685
モンタルチーノのドゥオーモです。


P1420686
モンタルチーノは、シエナーコッレ・ディ・ヴァル・デルザーモンタルチーノ司教区に属してます。シエナ大聖堂に司教座が置かれているので(実際は大司教座が置かれています)、正式名称はConcattedrale del Santissimo Salvatoreです。


P1420689
11世紀に建てられ、Santissimo Salvatoreに献じられたロマネスク様式の教会が前身です。1462年、教皇ピオ2世によってモンタルチーノは単独の司教区に格上げされ、それと同時にこの教会が司教座教会に昇格しました。


P1430569
11世紀建設のロマネスク様式の建物は、その後の地震や経年劣化によって危険な状態となったので、19世紀初頭に建物の再建が決まりました。


P1430570
シエナ出身の当時の大建築家アゴスティーノ・ファンタスティーチの設計によって、1818年工事着工、1832年完成、1832年に奉献された新古典様式の二代目の建物が現在のドゥオーモの姿となってます。


P1430571
鐘楼は初代の建物のものですが、創建時の鐘楼は落雷によって一部倒壊したので、18世紀に再建された、比較的新しいものです。


P1420692
コリント式を模した列柱と柱廊が特徴です。


P1420694
三廊式、新古典様式の内部です。


P1420714
ギリシャ十字形をしています。


P1420715
美術的な見どころが3点あります。


P1420696
内陣中央から見た左側廊方向です。


P1420739
左側廊


P1420695
内陣中央から見た右側廊方向です。


P1420742
右側廊


P1420697
私の趣味嗜好の観点では味気ないですね。


P1420698
主祭壇と後陣


P1420719


P1420700
後陣の天井


P1420701


P1420702


P1420704


P1420707


P1420709
フランチェスコ・ヴァンニの「無原罪の御宿りと幼きキリスト」


P1420710
初代の建物あった祭壇画です。


P1420716


P1420717


P1420721
フランチェスコ・ヴァンニの「砂漠の洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1420724
洗礼盤


P1420726
この素朴な彫刻に魅かれました。


P1420728


P1420731
「おっ! これがここにあったか」
あるわけがありませんね。残念ながら写真です。


P1420736


P1420738


P1420740


P1420705
主祭壇前から見たファサードの裏側方向です。


P1420706
今も残るロマネスク様式の教会や修道院は貴重な存在であることが良く分かります。


P1420744
外に出ました。


P1420746
ファサード前の広場


P1420748
司教館


P1420688
坂を下りました。
(おわり)

P1420664
ドゥオーモと要塞を結ぶVia Ricasoliです。


P1420663
通りの名称が書かれいます。見えているのはサンタゴスティーノ教会です。


P1420666
サンタゴスティーノ教会です。


P1420954
教会の隣にある建物はサンタゴスティーノ神学校ですが、学校は廃止され、その建物が市立美術館として使用されてます。


P1430343
写真左が旧神学校の建物です。


P1420671
1925年、モンタルチーノの教会などから集められた美術品の特別展が開催され、大成功を収めたので、その展示物を中心に美術館設立の機運が高まり、1953年に市立美術館が発足しました。


P1430342
美術館の入り口です。
1958年に規模が拡大されると共に、整備が進み、現在の美術館となったのは1997年のことでした。
正式名称は、Museo Civico e Diocesano d'Arte Sacraと言います。


P1430340
旧神学校のキオストロ


P1430341
写真右端が切符売り場です。


P1420956
最初の展示室に入ると、先ず大きな多翼祭壇画が目に飛び込んできます。


P1420971
バルトロ・ディ・フレディ(シエナ、1353から記録、1410没)の「聖母戴冠のポリッティコ」(1388)
モンタルチーノのサン・フランチェスコ教会にありました。作品の裏面ににバルトロの署名と制作年が記載されてます。


P1420957
中央パネル


P1420959
頭頂部


P1420961
向かって左


P1420962
向かって右


P1420963
裾絵


P1420964
欠落しています。


P1420965


P1420966


P1420967
裾絵2枚が欠落しています。


P1420968


P1420969
アンジェロ・ディ・ナルドゥッチョ(14世紀後半にシエナで活動)の「受胎告知する天使」(1370)


P1420970
ドメニコ・ディ・アゴスティーノ(シエナ、1343‐1367記録)?の「受胎告知される聖母」(1369)


P1420977
バルトロ・ディ・フレディの「聖母子」


P1420979


P1420982
Maestro di Ponzano (14世後半にシエナで活動)の「聖母子と聖アンサーノと聖ロレンツォ」(1382)


P1420987
ジョヴァンニ・ディ・アゴスティーノ(シエナ、1331‐1347記録)の「磔刑像」


P1420989
フランチェスコ・ディ・セーニャ(シエナ、1328‐1339記録)の「聖母子と4聖人」


P1420991
中央の「聖母子」


P1420995
左は「アレッサンドリアの聖カテリーナ」と「司教聖人」


P1420997
右は「福音書記者聖ジョヴァンニ」と「修道僧聖人」


P1430002
14世紀の無名画家の「聖母子と2聖人と3天使」


P1430004
「聖母子」


P1430005
「聖ニコロ」


P1430006
「聖ドメニコ」


P1430007
向かって右の天使


P1430008
中央の天使


P1430010
向かって左の天使


P1430012
アンジェロ・ディ・ナルドゥッチョ?の「聖母子」


P1430015
バルトロ・ディ・フレディの「ピエタのキリスト」


P1430019


P1430021
バルトロ・ディ・フレディの「十字架降下のポリッティコ」(1383)
モンタルチーノのサン・フランチェスコ教会にありました。バルトロの署名と制作年が記されてます。


P1430024
中央


P1430026
向かって左


P1430027
向かって右


P1430030
バルトロ・ディ・フレディの「4聖人」


P1430033
左は「聖フランチェスコと聖パオロ」


P1430037
右は「聖ピエトロとパドヴァの聖アントニオ」


P1430040
Maestro del Crocifisso dei Disciplinati (シエナで14世紀後半に活動)の「受胎告知」


P1430042
15世紀後半の後期ゴシック様式の無名画家の「磔刑」


P1430046
アンジェロ・ディ・ナルドゥッチョ?の「磔刑像」


P1430050
シモーネ・マルティーニの協力者の「聖母子と2天使」


P1430054
アンブロージョ・ロレンツェッティの弟子の「マエスタ」


P1430059
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1290c‐1346)の「聖ピエトロ」と「聖パオロ」


P1430066
14世紀第4四半世紀のシエナの無名彫刻家の「磔刑像」


P1430068
Maestro del 1346 (シエナで14世紀中ごろに活動)の「聖母子と2聖人」(1346)


P1430071
「聖母子」


P1430073
「聖アゴスティーノ」


P1430076
「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1430079
ルーカ・ディ・トンメ(シエナ、1355‐1389記録)の「聖母子」


P1430082
フランチェスコ・ディ・ヴァルダムブリーノ(シエナ、1401‐1435記録)の「聖ピエトロ」


P1430087
ベンヴェヌート・ディ・ジョヴァンニ(シエナ、1436‐1518?)の「十字架を手にするキリストと大天使ミケーレと聖エジーディオ」
(つづく)









P1740165
サン・フランチェスコ教会の周囲を散策しました。


P1740166
この付近は、道路を作るために城壁が一部取り除かれてます。


P1740167


P1740168
城壁が取り壊されているのは、一部だけで大部分は残されてます。


P1740169
この付近は駐車場になってます。昼食を自宅で食べる人が多いようで、車がありません。


P1740170
この付近の城壁は16世紀中ごろにコジモ1世の命によって整備されたそうです。


P1740173
一周しましたが、特に見どころは無さそうです。


P1740174
観光客の便を考えてのことでしょう、普通教会が閉まる昼下がりでもサンセポルクロでは教会が開いてます。


P1740175
次はサン・ロッコ教会です。


P1740172
サン・ロッコ教会は、サン・フランチェスコ教会から僅か200mほどしか離れてません。


P1740177
身廊に面した通りを進みます。


P1740178
サン・フランチェスコ教会の鐘楼


P1740182


P1740183
午後の気怠い雰囲気が漂ってます。


P1740186
この建物に注目です。


P1740187


P1740189
車の先に見えているのがサン・ロッコ教会です。


P1740190
1554年に建設されました。


P1740193
見ておくべき作品が3点あります。


P1740191
こちらの方にも入り口があります。


P1740192
左右非対称の外観です。


P1740195
単廊式のこじんまりした内部です。


P1740240
左側壁


P1740239
右側壁


P1740241
後陣にフレスコ画の残骸みたいなものがあったと思いましたが・・・・


P1740202
主祭壇は13世紀に制作された磔刑像(制作者不明)


P1740204
磔刑像は扉によって格納されるようになってます。扉に描かれた天使


P1740206


P1740208


P1740211



P1740213


P1740215
レオナルド・クンジ(サンセポルクロ、?-ローマ、1569)の「聖セバスティアーノ」


P1740220
詳細不明のタベルナコロ


P1740222


P1740223
16世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「聖ロッコ」


P1740228
18世紀の無名画家の「聖ジャコモ・マッジョーレ、聖ジャコモ・ミノーレ、聖トッマーゾ」


P1740233
ラッファエッリーノ・ダル・コッレの「キリストの復活」(1524‐25)


P1740238
フレスコ画はどこにも見当たらず。


P1740201
祭壇前から見た出入口


P1740242
外に出ました。


P1740243
次は要塞です。


P1740244
ニッコロ通りの先に要塞があります。


P1740246


P1740247
道の突き当りに要塞が見えてます。


P1740248
メディチ要塞です。


P1740250
要塞の前に教会があります。


P1740251
現在は催事場になっている旧サンタ・マリア・デッラ・ミゼリコルディア教会です。


P1740252


P1740253
同じ道ばかりを歩いても詰まらないで、少し遠回りになりますが、要塞の壁に沿った道に入りました。


P1740254
違う道を歩いたものの、すぐにニッコロ通りに戻ってきました。


P1740255
要塞の壁


P1740258
ここには観光客が来ません。


P1740259
要塞の入り口です。


P1740257
要塞は非公開となってます。


P1740260
サンタ・マルタ教会が見えてますが、拝観を後回しにして要塞を見ることにしました。


P1740261
1500年にメディチ家の注文によってジュリアーノ・ダ・サンガッロが設計し、ジュリアーノの工事監督によって1502年から1503年に建設された要塞です。


P1740262
更に、1557年、トスカーナ公国のコジモ1世の命によって、要塞の拡張整備が行われ1560年に完成しました。


P1740263
現在の要塞の横に国道がありますが、その国道敷設の際、要塞の一部が取り壊されました。


P1740265
現在、要塞は個人所有の邸宅になってます。


P1740266
個人所有なので、一般には非公開というわけです。


P1740267
どのような経緯で個人所有になったのか、興味があります。


P1740268
どんな人が所有しているんでしょうね。


P1740269
要塞の周りを一周しましたが、面白いところは無し!


P1740273
要塞内に住むのは安全でしょうね。


P1740272
元に戻ってきました。


P1740271
要塞は刑務所に転用されるようですが、ここも整備すれば刑務所になれそうです。


P1740277
次はサンタ・マルタ教会です。


P1740276


P1740275
(つづく)

P1970356
この美術館で最も人気がある作品です。先ほどまで混雑していましたが、漸く人波が一段落したところです。


P1970293
ジョルジョーネの「嵐」


P1970296
その解釈が難しいことで知られてます。


P1970300
ジョヴァンニ・カリアーニ(サン・ジョヴァンニ・ビアンコ、1485‐ヴェネツィア、1547)の「聖会話」


P1970303
ベネデット・ディアナ(ヴェネツィア、1482‐1525活動)の「聖母子と聖ジローラモと聖フランチェスコ」


P1970308
ジョヴァンニ・ベッリーニの「キリスト」
次の作品とセットで描かれました。


P1970310
ジョヴァンニ・ベッリーニの「渦巻き模様」
この前の作品とセットで、キリストの変容を表しているとされてます。


P1970314
ジョヴァンニ・ベッリーニの「若い木の聖母」


P1970317
ジョヴァンニ・ベッリーニの「幼きキリストを崇める聖母」


P1970320
ヴェネツィア・パドヴァの無名画家の「磔刑」(1460)


P1970323
アンドレア・マンテーニャ(パドヴァ、1431-マントヴァ、1506)の「聖ジョルジョ」


P1970325
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「聖ジローラモ」は、フォルリで開催されていた「ピエロ・デッラ・フランチェスカ展」に貸し出されていました。
2016年6月、フォルリでこの作品を見ました。


P1970328
ヤコポ・モランツォーネ(1430‐1469活動)の「聖母被昇天と4聖人」


P1970331
中央の「聖母被昇天」


P1970333
向かって左の「聖エレーナ」と「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1970334
向かって右は「聖ベネデット」と「聖エリザベッタ」


P1970338
マルコ・バサイ—ティの「男の肖像」


P1970340
ジョヴァンニ・ベッリーニとアンドレア・プレヴィターリの「5つの寓意画」


P1970342
寓意画は難しくて良く分かりません。


P1970344


P1970346


P1970347


P1970349


P1970357


P1970358


P1970359


P1970360
次の部屋です。


P1970361
第24室です。大作が並んでます。


P1970368
この展示室はサンタ・マリア・デッラ・カリタ教会だったところです。最終展示室になります。


P1970363
アントニオ・ヴィヴァリーニとジョヴァンニ・ダレマーニャの「玉座の聖母子と聖人たち(聖アゴスティーノ、聖アンブロージョ、聖ジローラモ、聖グレゴリオ)」(1446)


P1970366
ティツィアーノの「寺院への聖母の出現」(1534‐38)
この作品は教会に置かれた状態のままで展示されてます。


P1970370
ジャンピエトロ・シルヴィオとドメニコ・ティントレットの「聖母の結婚」(1538‐43)


P1970372
ジローラモ・ディ・ティツィアーノとドメニコ・ティントレットの「受胎告知をされる聖母」(1557‐58)


P1970377
これで終わりです。


P1970378
見逃した作品が無いかチェックしました。


P1970355
もう一度見ました。


P1970379
見逃した作品は無さそうです。


P1970380
展示室に向かう階段


P1970381
切符売り場


P1970382
館内入口にある彫刻


P1970383
外に出ました。


P1970386
カノーヴァの彫刻展示が充実したのは大変良かったと思いました。


P1970387
閉鎖されていた展示室が多くて参りました。


P1970388
見ることが出来なかった作品もかなりの数に上りました。


P1970389


P1970390


P1970391


P1970392
ざっと思いつくだけでもカルパッチョの「聖ウルスラの物語」や「聖遺物の奇跡」、ジェンティーレ・ベッリーニの「聖十字架の奇跡」などの大作が見ることが出来ませんでした。


P1970394
2017年は2月に行く予定です。


P1970395
その時、どうなっているのか、それが楽しみです。


P1970397
(おわり)

P1740007
お腹一杯、美味しくいただいた昼食でした。


P1740015
少々疲れ気味なのでホテルに戻って昼寝。一人旅だったので、この部屋だけと思われるでしょう。


P1740016
ところがこの部屋もそうなんです。


P1740014
この部屋も私の部屋。そうなんです、どうしたのか分かりませんが1人で5人用の部屋でした。


P1740017
居間が付いていたので、全部で4部屋、ベッドルームが3つ。翌朝の朝食の宿泊客の少なさから判断すると、混雑していたから、この部屋になったのではないようでした。


P1740024
20分程微睡んでから、外に出ました。


P1740023
酔いが程よく冷めて快適でした。


P1740025
2年前は、ワイン1本、水代わりのビールを飲んでも酔いを感じたことは稀でしたが、ここ1年はめっきり弱くなりました。


P1740026
と言うことで、ワインは量よりも質にしてますが、油断していると高価なものを持ってこられます。


P1740029
昼下がりなので人出が少ない。


P1740030
拝観を後回しにした、Museo Civico近くの2つの教会に行くことにしました。同じ道を通るのは味気ないので、遠回りしました。


P1740031
歴史的建造物です。


P1740032


P1740033
写真右の古そうな建物には説明板がありません。


P1740034
夏至が2日後でしたが、日陰では涼しい風が通り、肌に心地よかったことを覚えてます。


P1740035


P1740036
観光案内所で貰ったパンフレットによれば、この先に歴史的建造物があります。


P1740037
この建物です。


P1740038
17世紀では、それ程古い物ではありませんね。


P1740039
行った先々で、観光案内所に立ち寄って地図や各種パンフレットを頂戴してます。


P1740040
頂いた資料などで、その街の観光客に対する姿勢などが大体分かります。その点では、この街はベストの一つでしょうね。


P1740041
この先にMuseo Civicoがあります。


P1740042
この建物は午前中に見ました。


P1740043


P1740044
ここに来たら、ピエロの作品をもう一度見たくなりました。


P1740047
切符を買おうとしたら、係員が私の顔を覚えていたのです。午前中に見終らずに昼休みが来たので、午後に再入場の扱いを受けて無料で入館できました。


P1740049
ピエロの2作品を中心に見て、直ぐに退館しました。


P1740050
プレトリオ宮の裏側です。


P1740051
サン・フランチェスコ教会です。


P1740052
こちらはサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。2つとも開いていました。


P1740053
2つの教会の間に広場があります。


P1740054
広場に立つのは、数学者のフラ・ルーカ・パチョーリ像です。ルーカはピエロ・デッラ・フランチェスカの数学上に一番弟子で、レオナルド・ダ・ヴィンチに遠近法を教授したことで有名です。また、「複式簿記の父」と呼ばれてます。ただ、ルーカが師匠ピエロの未刊行の数学の著述を自分の著作物として出版して世に出た事実があるのです。


P1740056
著述の一部の盗作ではなくて、著述全部を自分の著作物として出版したのですから、彼の品性がどうだったのか、疑問があります。


P1740060
こちらから拝観することにしました。


P1740065
1258年創建、1321年に完成したゴシック様式の教会です。


P1740061
サンセポルクロは地震の多い土地で、建物は何度も崩壊しました。現在の姿は崩壊した石材を拾い集めて忠実に元の姿に組み直して出来たものです。


P1740063
入口扉上の浮彫


P1740066
中に入りました。


P1740068
1948年の地震によって大きな被害を受けたので、その後、大改修が行われました。新しく見えるのは、そのためです。


P1740067
単廊式の内部です。


P1740069
天井


P1740070
主祭壇


P1740071
装飾が殆ど施されていない後陣です。


P1740072
クリプタは施錠されていました。


P1740079
フランチェスコ・クッラディ(1570‐1661)の「無原罪の御宿りと天使たち」


P1740082
「パドヴァの聖アントニオ」


P1740083
ジョヴァンニ・デ・ヴェッキ(1537‐1615)の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」


P1740086


P1740092
ラッファエッロ・スカミノッシ(1529‐?)の「ベアート・ラニエーリ」


P1740095
アントニオ・ディ・パドヴァの「ロザリオの聖母」(彩色テラコッタ)


P1740097
詳細不明


P1740100
ラッファエッロ・スカミノッシの「天上の聖母子と聖カルロ・ボッロメオとベアート・ラニエーリ」


P1740106
詳細不明


P1740108
17世紀の無名画家の「教会博士との問答」


P1740116
17世紀の無名画家の「永遠なる父と聖人たち」


P1740122
祭壇前から見た出入口です。


P1740128
旧修道院です。


P1740131
修道院はパス


P1740130
こちらの方は学校だったと思います。


P1740058
次はサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。


P1740132
1518年創建のルネサンス様式の建物です。


P1740133


P1740135
ロッジア


P1740137
中に入りました。


P1740139
天井


P1740141
1694年の地震によって大きな被害を受け、暫く放置されましたが1899年から本格的な修復が行われたので新しく見えます。


P1740140


P1740143
傑作とされている主祭壇画


P1740148
ラッファエッリーノ・デル・コッレの「グラツィエの聖母」(1555)


P1740152
詳細不明の「磔刑像」


P1740154


P1740156
17世紀のフィレンツェの無名画家に拠る作品


P1740159
教会の構造図


P1740151
祭壇前から見た出入口


P1740136
(つづく)

P1970148
コズメ・トゥーラ(フェッラーラ、1430‐1495)の「聖母子」


P1970150
アルヴィーゼ・ヴィヴァリーニの作品がありませんでした。


P1970152
バルトロメオ・ヴィヴァリーニ(ヴェネツィア、1430c‐1491)の「祈る聖アンブロージョと信者たちと4聖人(聖シジスモンド?、聖ピエトロ、聖パオロ、聖セバスティアーノ)」


P1970155
ジェンティーレ・ベッリーニ(ヴェネツィア、1429?-1507)の「ベアート・ロレンツォ・ジュスティアーニ」


P1970157
アンドレア・ダ・ムラーノ(1462‐1502記録)の「サン・ピエトロ・マルティ―レ教会の祭壇画」


P1970158
「慈悲の聖母と4聖人」


P1970159
「聖ヴィンチェンツォ・フェッレールと聖ロッコ」


P1970160
「聖セバスティアーノ」


P1970161
「聖ピエトロ・マルティ―レ」


P1970167
バルトロメオ・ヴィヴァリーニの「マグダラのマリアと聖バルバラ」


P1970165


P1970164


P1970170
アルヴィーゼ・ヴィヴァリーニ(ムラーノ、1442‐1504)の「殉教の聖女と聖キアーラ」


P1970175
パルス・ボルドン(トレヴィーゾ、1500‐ヴェネツィア、1571)の「ドージェの指輪の受け渡し」


P1970178
ジョヴァンニ・マンスエ—ティ(1485‐1526記録)の「聖マルコの生涯のエピソード」


P1970181
パルマ・イル・ヴェッキオとパリス・ボルドンの「海の時化」


P1970184
チーマ・ダ・コネリアーノ(コネリアーノ、1459c‐1517)の「有翼の獅子と4聖人(洗礼者聖ジョヴァンニ、福音書記者聖ジョヴァンニ、マグダラのマリア、聖ジローラモ)」


P1970187
ジョヴァンニ・マンスエ—ティの「San Marco risana Aniano」


P1970192
ジョヴァンニ・ベッリーニとヴィットーレ・ベッリニアーノ(1507‐1529活動)の「聖マルコの殉教」
作品が大き過ぎて、1枚の写真では入りきれません。


P1970193


P1970194


P1970197
ジャコモとドメニコのカブリーニ工房とフランチェスコ・デル・コッサの「玉座の聖母子と聖人たち」
かなりの部分が欠落しています。


P1970199
ラザーロ・バスティアーニ(ヴェネツィア、1425‐1512)の「聖ジローラモの聖体拝領」


P1970200
光るので横から撮ってみました。少しはマシ?


P1970206
ラザーロ・バスティアーニの「聖ジローラモの葬儀」


P1970211
ジローラモ・ダ・トレヴィーゾ・イル・ヴェッキオの「玉座の聖母子と聖人たち」


P1970212
以前と比べると展示が変わりました。


P1970214
アルヴィーゼ・ヴィヴァリーニの「玉座の聖母子と6聖人(聖アンナ、聖ジョアッチーノ、トロサの聖ルドヴィーコ、パドヴァの聖アントニオ、聖フランチェスコ、シエナの聖ベルナルディーノ)」


P1970217
ラザーロ・バスティアーニの「ご誕生」


P1970221
Maestro della Madonna del Parto(1375-1410活動)の「出産の聖母と2信者」


P1970224
ニコロ・ディ・ピエトロ(ヴェネツィア、1394‐1430記録)の「聖母子と聖マルタとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1970226
ニコロ・ディ・ピエトロの「マギの到着」


P1970229
モランツォーネ工房(14世紀第4四半世紀‐15世紀前半に存在)の「磔刑像」


P1970233
ヤコポ、ジェンティーレ、ジョヴァンニのベッリーニ家3人の「聖母子と聖ジローラモと司教聖人とピエタのキリスト」


P1970235
以前とは随分違いますね。


P1970236
ヤコポ、ジェンティーレ、ジョヴァンニのベッリーニ3人の「聖セバスティアーノと洗礼者聖ジョヴァンニと聖アントニオ・アバーテと永遠なる父と受胎告知」


P1970238


P1970240
ヤコポ、ジェンティーレ、ジョヴァンニのベッリーニ3人の「聖ロレンツォと洗礼者聖ジョヴァンニとパドヴァの聖アントニオと聖母子と天使たち」


P1970241


P1970243
ヤコポ、ジェンティーレ、ジョヴァンニのベッリーニ3人の「ご誕生と聖フランチェスコと聖ヴィットーレ?と三位一体と聖アゴスティーノと聖ドメニコ」


P1970246
バルトロメオ・ヴィヴァリーニと工房の「バーリのコンヴェルサーノ・ドゥオーモのポリッティコ」
大多翼祭壇画です。


P1970249
「ピエタのキリストと2天使」


P1970251
中央の「ご誕生」


P1970253
向かって左の「聖フランチェスコ」、「聖アンドレア」、「洗礼者聖ジョヴァンニ」、「聖ピエトロ」


P1970254
向かって右の「聖パオロ」、「聖ジローラモ」、「聖ドメニコ」、「聖テオドーロ」


P1970256
裾絵


P1970258


P1970259


P1970262


P1970264


P1970267
ヤコポ・ベッリーニ(1424‐1470記録)の「聖母子」


P1970270
ヤコポ・ベッリーニの「聖母子」


P1970274
バルトロメオ・ジョルフィーノ(ヴェローナ、1406c‐1486)の「玉座の聖母子と聖人たち」
彫刻の多翼祭壇です。


P1970275


P1970279
カルロ・クリヴェッリ(ヴェネツィア、1430c‐マルケ、1495c)の「4聖人」


P1970280
「聖セバスティアーノ」


P1970281
「聖ロッコ」


P1970282
「ベアート・ジャコモ・デッラ・マルカ」


P1970283
「聖エミ―ディオ」


P1970286
アルヴィーゼ・ヴィヴァリーニの「洗礼者聖ジョヴァンニ」と「聖マッテオ」


P1970290
ジョヴァンニ・ベッリーニの「コンタリーニの聖母」
(つづく)

P1730433
さてサンタゴスティーノ教会です。
1203年建設されたサンタ・マリア・アッスンタ教区教会が全身です。1555年、教会の名称が現在のサンタゴスティーノ教会に変更されました。


P1730434
現在の建物は、1771年から1785年に再建された二代目のものです。


P1730437
単廊式、バロック様式の内部です。


P1730436
左右の側壁に礼拝堂が設けられてます。


P1730435
天井
この教会の見どころは二点の祭壇画でしょう。


P1730440
ジョヴァンニ・チミーカ(1743‐1788)の「天上の聖母と聖人たち」


P1730444
アンニーバレ・ランチージの「受胎告知」(1762)


P1730447
ヴィンチェンツォ・キアッリ(1787‐1840)作のサンタ・リータ礼拝堂


P1730421
外に出ました。


P1730449
フィオレンティーナ門を潜って城壁外に出ました。


P1730450
この日の翌日にアレッツォ行のバスに乗るので、念のためバス発車時刻の確認をしました。


P1730452
フィオレンティーナ門近くのここがバスターミナルです。


P1730453
バスを待つ人々


P1730454
レプッブリカ広場


P1730455
城壁外は見どころが無いので、城壁の中に戻りました。この辺が城壁が撤去されてます。


P1730456


P1730458
この道の先にMuseo Civicoがある筈です。


P1730460
歴史的建造物が立ち並ぶ通りです。


P1730461
この建物がそうです。


P1730462


P1730463
歴史的建造物です。


P1730464
この建物が歴史的建造物です。


P1730465
スグラフィート装飾


P1730466
16世紀に建設されたPalazzo Muglioniです。屋根の下はフレスコ装飾でしょうか?


P1730469
これも歴史的建造物です。


P1730470


P1730471
あの建物に見覚えがあります。


P1730472
Museoの建物は工事中でした。


P1730473
でも開館していたので安心しました。


P1730474
Museoの入館を後回しにして、午前中は教会巡りを優先しました。


P1730475
Arcoです。


P1730476


P1730477
この辺が観光の中心地でしょう。


P1730478
ドゥオーモです。


P1730488
拝観しました。


P1730500
ドゥオーモは「古寺巡礼」で別途取り上げます。


P1730481
この建物の中に観光案内所があります。


P1730483


P1730482
塔のある建物が有名です。


P1730484
この建物です。


P1730485


P1730486
塔のある建物がもう一つあります。


P1730487


P1730623
この辺は見どころが沢山あります。


P1730622
Piazza Torre di Berta


P1730624
次は壁に沢山の紋章がある建物です。


P1730625
重厚な建物です。


P1730630


P1730629


P1730627


P1730626


P1730631
強い日差しでしたが、湿度が低いので快適でした。


P1730632
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会


P1730633
サン・フランチェスコ教会


P1730978
2つの教会の拝観を後回しにして、頃は良し、とばかりにMuseo Civicoに入館しました。


P1730971
Museo Civicoについては改めて触れることにします。


P1730968
非常に良かった!!


P1730980
ホテルに戻ることにしました。


P1730981
小さな美術館と侮って作品の写真を撮ることと鑑賞を同時にやったので、流石に疲れました。


P1730982
大きな美術館の場合、作品の写真を撮る日と鑑賞する日を分けてます。つまり2日にかけて2回入館します。


P1730983
ホテルで一休みしてから、隣の食堂で昼食の予定です。


P1730984


P1730988
(つづく)

P1970022
次の部屋です。ここは、恐らく美術学校の移転によって開いたので、新たに展示室として拡充された部分と思います。


P1970024
ジャンバッティスタ・ピットーニ(ヴェネツィア、1687‐1767)の「エルサレムの寺院での略奪」(1743‐44)


P1970027
ヤコポ・アミゴーニ(ナポリ?、1682‐マドリッド、1752)の「ヴィーナスとアドニス」


P1970030
セバスティアーノ・リッチ(ベッルーノ、1659‐ヴェネツィア、1734)の「ディアナとカッリスト」(1712‐16)


P1970033
セバスティアーノ・リッチの「パーンの誉れのバッカス祭」(1716c)


P1970036
セバスティアーノ・リッチの「アスクレーピオスの夢」


P1970038
肖像画は省略します。


P1970039
フランチェスコ・グアルディ(ヴェネツィア、1712‐1793)の「アンコネータ島」


P1970040
フランチェスコ・グアルディの「サン・マルクエーラのオイル倉庫の火災」(1789)


P1970042
フランチェスコ・グアルディの「サン・ジョルジョ島の聖マルコの祭り」(1774)


P1970044
カナレット(ヴェネツィア、1697‐1768)と工房の「遺跡での戯れ」


P1970047
カナレットと工房の「遺跡での戯れ」


P1970049
ミケーレ・マリエスキ(ヴェネツィア、1710‐1743)の「階段があるパラッツォの中庭」


P1970050
ベルナルド・ベッロット(ヴェネツィア、1722‐ヴァルサヴィア、1780)の「風景」(1740c)


P1970052
ミケーレ・マリエスキの「遺跡での戯れ」


P1970054
ミケーレ・マリエスキの「海岸での戯れ」


P1970057
ジャンバッティスタ・ティエポロの「ディアナの祭りにおけるアンツィアとアブロコムの邂逅」(1743‐44)


P1970059
マルコ・リッチ(ベッルーノ、1676‐ヴェネツィア、1730)ん「ヴィッラの庭園」


P1970060
マルコ・リッチの「樵がいる風景」


P1970083
この廊下はアントニオ・カノーヴァの彫刻が展示されてます。拡充部分の目玉というべき展示室でしょう。


P1970077
アントニオ・カノーヴァの「ライオン」(1783‐92)


P1970079
2頭で1セット


P1970062
アントニオ・カノーヴァの「ジョヴァンニ・ヴォルパートの葬儀の石碑」(1804)


P1970064
アントニオ・カノーヴァの「ウィレム・ジョージ・ドランジェの葬儀の石碑」(1606‐08)


P1970065
同じような石碑が並んでます。


P1970066


P1970068
アントニオ・カノーヴァの「イサクの犠牲」(1821‐22)


P1970069
アントニオ・カノーヴァの「寺院へのキリストの出現」(1821‐22)


P1970071
アントニオ・カノーヴァの「アベルの殺害」(1821‐22)


P1970072
アントニオ・カノーヴァの「ご訪問」(1821‐22)


P1970074
アントニオ・カノーヴァの「男性の創造」(1821‐22)


P1970075
アントニオ・カノーヴァの「受胎告知」(1821‐22)


P1970080
アントニオ・カノーヴァの「プリアーモの死」(1793‐94)


P1970082
アントニオ・カノーヴァの「ソクラテスの家族との別れ」(1793‐94)
第11室(ローマ数字の)に戻ります。


P1970084
ルーカ・ジョルダーノ(ナポリ、1634‐1705)の「聖ピエトロの逆さ磔」


P1970088
ジャンバッティスタ・ティエポロの「Devoti affacciati ad una loggia」


P1970089
ヤコポ・ティントレットの「寺院へのキリストの出現」


P1970093
展示の作品が変更されてます。


P1970095
ヤコポ・ティントレットの「十字架降下」


P1970097
横長の作品です。1枚の写真では到底入りきれません。


P1970098
3枚の写真に分けます。


P1970099
ジャンバッティスタ・ティエポロの「迷惑の罰」


P1970105
これは詳細不明です。


P1970106


P1970107


P1970108
廊下を歩いて別区画の展示室に移動です。


P1970109
廊下の壁や扉などに装飾が施されてます。


P1970110
扉の先に展示室があったような・・・・


P1970111


P1970112
これまで見てきた作品を考えると、展示されていない作品がかなりの数に上った気がします。


P1970113
10年前に購入した「全作品リスト」を参照しないと具体的には出てきませんが・・・・


P1970114


P1970115
工事中の部屋の区切り


P1970116
移動のために梱包された作品


P1970120
次の部屋です。


P1970119
第18室(ローマ数字の)になります。ということは、ローマ数字の12室から17室が閉鎖でしょうか?


P1970117
マルコ・リッチのサークルの「滝」


P1970121
フランチェスコ・ズッカレッリの「バッカス祭」


P1970123
フランチェスコ・ズッカレッリの「エウロパの強奪」


P1970126
ポンぺオ・バトーニ(ルッカ、1708‐1787)の「玉座の聖母子と聖人たち」


P1970129
マルコ・リッチのサークルの「旅人がいる風景」


P1970131
ジュゼッペ・ツァイス(1709‐1781)の「ヴィッラでの楽しみ)


P1970133


P1970134


P1970135


P1970136


P1970137
マルコ・リッチの「洗濯する人々がいる風景」


P1970139
マルコ・リッチの「奔放に生きる人々がいる風景」


P1970141
イッポリート・カッフィー(1809‐1866)の「霧のサン・マルコ広場」


P1970144
Theodore Lancelot Turpin de Crisse (Parigi, 1782-1859)の「海岸の崖」
(つづく)

P1730342
サンタ・マリア・デリ・セルヴィ教会の拝観です。


P1730283
単廊式、バロック様式の内部です。


P1730285
1255年に別の場所に建設された同じ名称の教会がありましたが、現在の建物は現在地に1294年に創建され、1382年に奉献されたものです。


P1730284
1717年ー1727年に内部は全面的に改修され、現在のバロック様式となりました。


P1730286
天井


P1730287
主祭壇


P1730290
クーポラ


P1730296
マッテオ・ジョヴァンニの「聖母被昇天」(1491)
酷い状態の作品です。


P1730300
マッテオ・ジョヴァンニの作品


P1730303
マッテオ・ジョヴァンニの作品


P1730312
マッテオ・ジョヴァンニの3つの作品はこのように別々に掲げられてます。しかし、元は「聖母被昇天と4聖人のポリッティコ」だったと考えられてます。多翼祭壇画の枠が破損したので別々のパネルで展示されているのでしょう。


P1730309


P1730315
詳細不明


P1730319
グイド・レーニの原画をもとにシモーネ・カンタリーニが制作した作品です。複製画とは違います。


P1730322
ポマランチョの「天上の聖母子と聖人たち」


P1730327
17世紀のフィレンツェの無名画家の「天上の聖母と聖カルロ・ボッロメオとベアート・ピッコロミーニ・デイ・セルヴィ」


P1730330


P1730332
モナンノ・モナンニ・ダ・モンテルキの「聖フィリッポ・べニッツィに顕現する聖母」(17世紀)


P1730337
制作者不詳の「磔刑」(17世紀)


P1730339
マッテオ・ジョヴァンニの作品が良かった!


P1730288


P1730343
外に出ました。


P1730341
次はサン・ロレンツォ教会です。


P1730345
教会はこのアーチの向こうにあります。写真右はサンタ・キアーラ修道院の建物です。


P1730346
鐘楼がある建物です。


P1730347
振り返れば、セルヴィ教会が直ぐ傍にあることが分かります。


P1730348
サン・ロレンツォ教会です。


P1730352


P1730351
1350年の創建ですが、現在の建物は1554年に建てられ、1556年に奉献された二代目のものです。


P1730350
柱廊付きのファサードが特徴です。


P1730354
単廊式、ルネサンス様式の内部です。


P1730379
ここは主祭壇画が有名です。


P1730380
主祭壇


P1730389
主祭壇画はロッソ・フィオレンティーノの「十字架降下」(1528)


Rosso_fiorentino,_deposizione_di_sansepolcro,_1528,_01
私の写真では不鮮明なので、作品画像を外部サイトから拝借しました。


P1730382
ラッファエッリーノ・デル・コッレの「永遠なる父」


P1730356
不思議なことに主祭壇画の複製画が礼拝堂祭壇を飾ってます。


P1730369
ヴィンチェンツォ・キアッリの「磔刑」


P1730372


P1730394


P1730400


P1730406
外に出ました。写真右の壁は城壁です。


P1730407
ロッソ・フィオレンティーノの傑作が見ることが出来て大満足でした。


P1730404
名残惜しいので、もう一度中に入って観ました。


P1730409


P1730410
旧サンタ・キアーラ教会です。


P1730412
教会の建物は催事場など市の多目的会場として使用されてます。


P1730413
この建物は少し新しい。


P1730414


P1730415
こちらの建物はどうでしょうか。


P1730416


P1730417
この日のお宿が見えます。


P1730419
教会巡りを続けます。


P1730420
次はサンタゴスティーノ教会です。


P1730422
違った道を歩かないといけません。


P1730424
教会は突き当りの門の手前にあります。


P1730425
鐘楼が見えました。


P1730426
サンタゴスティーノ教会の後陣


P1730428


P1730429
フィオレンティーナ門です。


P1730430


P1730431
サンタゴスティーノ教会のファサード
(つづく)

P1960906
第10室を後にする前にお気に入りの作品をもう一度鑑賞しました。


P1960907


P1960908


P1960909
次の部屋に移動しました。


P1960910
第11室です。


P1960913
レアンドロ・バッサーノ(バッサーノ・デル・グラッパ、1557‐1622)の「ラザロの蘇生」


P1960916
ジャンバッティスタ・ティエポロ(ヴェネツィア、1696‐マドリッド、1770)の「Devoti affacciati ad una loggia」


P1960926
ジャンバッティスタ・ティエポロの「Devoti affaccianti ad una loggia」
私にとっては訳の分からない作品です。


P1960919
ベルナルド・ストロッツィ(ジェノヴァ、1581‐ヴェネツィア、1664)の「ジョヴァンニ・グリマーニ枢機卿の肖像」


P1960922
ベルナルド・ストロッツィの「シメオーネ邸の饗宴」


P1960929
ボニファチョ・デ・ピターリの「大金持ち」


P1960933
ポルデノーネ(ポルデノーネ、1483‐フェッラーラ、1539)の「ベアート・ロレンツォ・ジュスティニアーニと聖人たち」


P1960938
ヤコポ・ティントレットの「磔刑」


P1960941
ヤコポ・ティントレットの「聖母子と聖セバスティアーノと聖マルコと聖テオドーロと3枢機卿」


P1960943
次の部屋は彫刻の展示です。


P1960944
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「Creugante」(1796‐1801)


P1960946
アントニオ・カノーヴァの「パリ」(1807‐12)


P1960948
アントニオ・カノーヴァの「Madama Letizia Bonaparte」(1804‐07)


P1960950
アントニオ・カノーヴァの「ナポレオン」


P1960952
アントニオ・カノーヴァの「Leopoldo Cicognara」(1821‐22)


P1960954
ルイージ・ボッロ(ヴィットリオ・ヴェネト、1826‐ヴェネツィア、1886)の「ジョヴァンニ・ベッリーニ」(1853)


P1960956
ロレンツォ・モレッティ・ラレーゼ(ヴェネツィア、1809‐1885)の「セバスティアーノ・デル・ピオンボ」(1872)


P1960958
ルイージ・ボッロの「憑りつかれた人の解放」(1850)


P1960960
リナルド・リナルディ(パドヴァ、1793‐ローマ、1873)の「ティツィアーノ」(1815‐16)


P1960962
バルトロメオ・フェッラーラ(マロースティカ、1780‐ヴェネツィア、1844)の「アントニオ・カノーヴァ作『ピエタ』の複製彫刻」(1830)


P1960966
絵画の展示室です。


P1960967
第11室です。先ほど11室を見たばかりです。


P1960910
参ったなあ!
11室が2つあるのです。ローマ数字とアラビア数字で区別しているようですが、混乱の元ですね。改善した方が良いと思います。


P1960968
Giovanni De Min ( Belluno,1786- Tarzo,1859) の「Aiace」


P1960970
フランチェスコ・アイエツ(ヴェネツィア、1791‐ミラノ、1882)の「アリスティデス(注:アテネの政治家・軍人)」(1812)


P1960974
フランチェスコ・アイエツの「ソロン(注:アテネの政治家)」


P1960977
ヴィンチェンツォ・ジャコメッリ(グリッツィオ、1816-ヴェネツィア、1890)の「ディオメデス(注:ギリシャ神話)」
 


P1960980
フランチェスコ・アイエツの「リナルドとアルミダ」(1813)


P1960982
Giovanni De Minの「ヘラクレスの決断」(1812)


P1960984
次の部屋です。


P1960985
アラビア数字の第10室です。紛らわしい!


P1960986
アントニオ・カノーヴァの「ティツィア—ノへのモニュメント」(1795)
題名が理解不能です。アントニオ・猪木の「コブラツイスト」に見えました。


P1960988
3つの作品ともにアントニオ・カノーヴァ作です。


P1960990
次の部屋に移りました。


P1960991
アラビア数字の第9室です。


P1960993
ジャンドメニコ・ティエポロの「聖体拝領の制度」(1778)


P1960996
アントニオ・マリア・ヴィセンティーニ(ヴェネツィア、1688‐1782)の「建築のファンタジー」(1771‐77)


P1960998
ミケランジェロ・モルライテール(ヴェネツィア、1729‐1806)の「芸術賞を授与されるヴェネツィア」(1756)


P1960999
ピエラントニオ・ノヴェッリ(ヴェネツィア、1729‐1806)の「デッサン、色彩、創作」(1768‐69)


P1970003
フランチェスコ・バッタリオーリ(モデナ、1720c‐1797)の「建築の遠近法」(1772‐77)


P1970005
アントニオ・カナールの「遠近法」


P1970008
ジュゼッペ・モレッティ(18世紀後半にヴェネツィアで活動)の「遠近法」


P1970010
アントニオ・ジョーリ(モデナ、1700c‐ナポリ、1777)の「古代テルメの遠近法」


P1970012
ジャンバッティスタ・ピットーニ(ヴェネツィア、1687‐1767)の「受胎告知」(1757)


P1970015
フランチェスコ・ズッカレッリ(ピティリアーノ、1702‐フィレンツェ、1788c)の「洗礼者聖ジョヴァンニがいる風景」(1763)


P1970018
ドメニコ・フェデーリ(ヴェネツィア、1713‐1794)の「美術学校の寓意」(1762‐63c)


P1970020
フランチェスコ・マッジョット(ヴェネツィア、1738‐1805)の「画家の寓意」(1768‐69)
(つづく)

サンセポルクロ Sansepolcro は、人口15,884人(2015年12月31日現在)のトスカーナ州アレッツォ県にあるコムーネで、初期ルネサンスの巨匠ピエロ・デッラ・フランチェスカ所縁地として有名です。この街を訪れる大部分の観光客の目的はピエロ関連と言っても過言ではないと思います。
P1730223
駅に到着しました。FSではなくFCU(ウンブリア中央鉄道)の駅です。


P1730224
鄙びた感じの駅舎と駅前広場です。


P1730225
駅から1ブロック行けば城壁です。つまり、チェントロの直ぐ近くに駅があります。


P1730226
大きな荷物を引っ張っていては何もできないので、荷物をホテルに預けて身軽にならねばなりません。


P1730227
門が撤去されてありませんが、ポンテ門と呼ばれている場所です。ここからがチェントロになります。


P1730228
直ぐに教会の建物があります。


P1730230
サンタ・キアーラ修道院です。


P1730229
大きな荷物があっては拝観どころではありません。パス


P1730231
サン・グレゴリオ通りを北に向かって進みました。


P1730232
以前泊まったことがあるホテルがこの日のお宿です。


P1730233
ホテルへの道順は大体覚えていました。


P1730234
この建物に見覚えがありました。旧サンタ・キアーラ教会です。


P1730235
見覚えがある建物です。


P1730236
この先に16世紀に建てられた旧病院がある筈です。


P1730237
この日のお宿はここです。迷わずに来ることが出来ました。「俺はまだボケてない」


P1730238
ホテル併設のレストランです。お値段はお高くない、お味は普通以上でしょう。


P1730239
チェックインを済ませ、自室に荷物を置き身軽になったので、早速散歩に出発しました。


P1730240
ホテルの直ぐ傍に見どころが幾つあるのです。


P1730243
その一つがこれ。


P1730242
主祭壇画の「ピエタ」が傑作です。


P1730241
残念ながら、この日も閉まっていました。一体全体、何時開くのでしょうか?


P1730244
塔があります。


P1730245


P1730246
通りを挟んで、その向かいにも塔があります。


P1730247
この写真ならば、二本の塔があることがお分かりになるでしょう。


P1730249
塔が我が家という人がいるんですね。


P1730250
塔がある建物です。


P1730251
これを撮っておくと、後で写真整理の際、役立ちます。


P1730253


P1730252
広場に向かいます。大した距離ではありません、僅か200mほどです。


P1730254
通りの突き当りが広場です。


P1730255
この日は快晴でした。


P1730256
広場にやって来ました。


P1730259
ベルタの塔広場


P1730257
「ベルタの塔」です。


P1730260
塔がある建物はPalazzo della Pagiolaです。


P1730262
この広場に来ると、今サンセポルクロにいるのだ、と実感します。


P1730261
ドゥオーモなどがあるマッテオッティ通りの方は後にして、教会巡りを優先しました。


P1730263
教会美術の点では、この街は相当なものがあります。


P1730264
写真左の建物は歴史的建造物です。


P1730265
14世紀に建てられた旧孤児養育院です。


P1730266
通りの突き当りが行きたい教会ですが、その前に歴史的建造物があるので、それを見ておくことに。中には入れません。外観だけです。


P1730267
先ず写真左の建物です。


P1730268
この建物です。


P1730269
この街の有力貴族だったガッリ家の邸宅で、この街で現存する最古の建物の一つです。現在は賃貸アパートになってます。


P1730271
その向かいの建物も歴史的建造物です。


P1730272
こちらの方もガッリ家の邸宅でした。


P1730273
通りの先端、写真左先の建物も歴史的建造物です。


P1730274
この通りは14-15世紀の建物が立ち並んでます。


P1730275
サンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会です。扉が開いてます、安心しました。


P1730276


P1730278
簡素なファサード


P1730281


P1730280
シエナ派の巨匠マッテオ・ディ・ジョヴァンニのポリッティコがあります。


P1730279
(つづく)

P1960715
2016年2月に行った時の展示作品を載せてます。


P1960718
最近、美術館の模様変更の動きが多いと思います。ここの他に、直ぐに思いつくだけでもブレラ絵画館、ウフィツィ美術館、バルベリーニ宮のローマ国立古典絵画館などがそうです。


P1960717
第6室です。


P1960720
ヤコポ・ティントレット(ヴェネツィア、1519‐1594)の「聖ルイージと聖ジョルジョと王女」


P1960722
ヤコポ・ティントレットの「聖ジローラモと聖アンドレア」


P1960726
ヤコポ・ティントレットの「キリストの復活」


P1960729
ヤコポ・ティントレットの「動物の創造」


P1960731
ヤコポ・ティントレットの「アダムとイヴ」


P1960739
パオロ・ヴェロネーゼの「聖母被昇天」


P1960742
パオロ・ヴェロネーゼの「悔悛の聖ジローラモ」


P1960747
パオロ・ヴェロネーゼの「聖母戴冠」


P1960747
パオロ・ヴェロネーゼの「聖母被昇天」


P1960754
パオロ・ヴェロネーゼの「聖痕を受ける聖フランチェスコ」


P1960759
ドメニコ・ティントレット(ヴェネツィア、1560‐1635)の「商業学校信心会の会員の肖像」
ドメニコはヤコポの息子ですが、彼の技量は父よりも劣りました。


P1960761
パオロ・ヴェロネーゼの「聖ニコロ」


P1960766
第7室です。


P1960765
この時期にしては珍しく混んできました。


P1960768
ベルナルディーノ・リチーニオ(ポスカンテ、1490c‐ヴェネツィア、1565c)の「女性の肖像」


P1960772
ベルナルディーノ・リチーニオの「女性の肖像」


P1960777
モレット(ブレーシャ、1498‐1554)の「聖ピエトロ」と「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1960782
ロレンツォ・ロット(ヴェネツィア、1480c‐ロレート、1556)の「若い男の肖像」
ヴェネツィア派画家の中では、本流から外れたカルロ・クリヴェッリとロレンツォ・ロットが大好きです。


P1960787
カッリスト・ピアッツァ・ダ・ローディ(1514‐1561存在確認)の「洗礼者聖ジョヴァンニの斬首」


P1960790
ジョヴァンニ・ジローラモ・サヴォルド(オルツィヌオーヴィ?、1480‐1550c)の「聖アントニオ・アバーテと聖パオロ・エレミータ」


P1960794
カリアーニ(ヴェネツィア、1485‐1547)の「男の肖像」


P1960796
次の部屋に移動しました。


P1960797
第8室です。


P1960799
ティツィアーノと工房の「福音書記者聖ジョヴァンニの象徴」


P1960803
ティツィアーノと工房の「聖マルコの象徴」


P1960806
イル・ロマニーノ(ブレーシャ、1484‐1556c)の「十字架降下」


P1960809
ティツィアーノに帰属する「大天使ラッファエーレとトビオーロ」


P1960812
パルマ・イル・ヴェッキオ(セリーナ、1480‐ヴェネツィア、1528)の「聖家族と洗礼者聖ジョヴァンニとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1960814


P1960819
パルマ・イル・ヴェッキオの「聖母被昇天」


P1960823
16世紀のヴェネツィア派無名画家の「ご訪問」


P1960826
ティツィアーノと工房の「聖マルコの象徴」


P1960830
ボニファチオ・デ・ピターリ(ヴェローナ、1487‐ヴェネツィア、1553)の「嬰児虐殺」


P1960833
ティツィアーノと工房の「聖マッテオの象徴」


P1960835
次の部屋に移動しました。


P1960836
第9室です。


P1960838
アンドレア・プレヴィターリ(ベルベンノ、1480c‐ベルガモ、1528)の「ご誕生と羊飼いへの知らせ」


P1960842
モレットの「カルメロの聖母」


P1960847
モレットの「ご誕生」


P1960850
ジョヴァンニ・ジローラモ・サヴォルドの「受胎告知」


P1960855
アンドレア・プレヴィターリの「磔刑」


P1960857
次の展示室です。


P1960858
第10室です。


P1960861
ヤコポ・ティントレットの「天上の聖母子と聖人たち」(1580‐86c)


P1960864
ヤコポ・ティントレットと工房の「聖マルコの夢」(1585)


P1960869
ヤコポ・ティントレットの「サラセン人を救出する聖マルコ」(1562‐66)


P1960872
ヤコポ・ティントレットの「奴隷を解放する聖マルコ」(1547‐48)


P1960876
ヤコポ・ティントレットの「聖マルコの遺体を盗む人々」(1562‐66)


P1960879
パオロ・ヴェロネーゼの「レヴィ家の饗宴」(1573)
作品が大き過ぎて写真に入り切れません。ヴェネツィアは潟の上に築かれたので、湿気が高くフレスコ画に最適な環境ではありません。その代わりに描かれたのが大画面のキャンバス画でした。


P1960883
ティツィアーノの「聖母子」


P1960884
このような措置は大歓迎ですが、他の作品は見ることが出来ませんでした。


P1960887
パオロ・ヴェロネーゼの「聖母子と聖人たち」(1564c)


P1960892
パオロ・ヴェロネーゼの「磔刑」(1582c)


P1960895
ティツィアーノの「ピエタ」(1576)


P1960900
パオロ・ヴェロネーゼの「受胎告知」(1578)


P1960904
パオロ・ヴェロネーゼの「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」(1575c)
(つづく)


P1700643
ロッカ・マッジョーレに入りました。


P1700644
ローマ時代に築かれ、神聖ローマ帝国の支配下にあった時に拡張され、同帝国から派遣された代官によって監視塔の役目を果たしていました。アッシジが自治都市になったのを機に、一旦は取り壊されました。
14世紀、アッシジが教皇庁の支配を受けるようになると、要塞は再建されました。1460年に中央に塔が建てられた姿が現在まで残されてます。


P1700645
大要塞は博物館として公開されてます。(入館有料)
博物館の入り口です。


P1700646
かなり面白いものが展示されてます。


P1700648


P1700649


P1700650
貞操帯が展示されてます。女性用は前に見たことがありますが、男性用貞操帯の実物を見るのは初めて。


P1700651
金属製の道具類の展示が多かった。


P1700652
ただ、この博物館における展示のコンセプトが良く分かりません。


P1700654
庶民用の道具、武具、拷問用器具類とか、金属製ならばなんでもござれの展示。


P1700655


P1700656


P1700657


P1700658
歯医者用に器具がありましたがゾッとしますね。(これではありません) 見ただけで歯が痛くなりました。


P1700659


P1700661


P1700662


P1700663


P1700664
日本の弓とは比較にならないくらいの破壊力がある石弓です。


P1700665
アッシジのお祭りの写真が展示されてます。


P1700666


P1700667
ゴチャゴチャ言わないで、展示物を単純に眺めるのが良いと思います。


P1700668
塔に向かいます。


P1700669
ここから通路に入ります。


P1700670
要塞の高い塔は2つありますが、その2つを結ぶ通路です。ここを通るのも一興でお勧めです。


P1700671
2つのうち、高い方の塔に上ります。


P1700673
塔の上に出ました。


P1700674
塔の上からのパノラマが素晴らしい!


P1700675
低い方の塔にも上ることが出来ます。


P1700677
サンタ・キアーラ聖堂


P1700678
サント・ステファノ教会?


P1700679
マアマアの天気に恵まれた。


P1700680
2つの塔を結ぶ通路の上です。


P1700681
博物館の展示はオマケのようなもので、パノラマを楽しむ博物館と思った方が無難でしょう。


P1700682


P1700683
アッシジの最高地点はここだと実感できます。


P1700684


P1700685


P1700686
サン・フランチェスコ聖堂


P1700687


P1700688


P1700690
ヌオーヴァ門が写ってます。


P1700694
サンタ・マリア・デリ・アンジェリ聖堂が見えます。


P1700696
再び通路を通って低い方の塔に向かいました。


P1700697
低い方の塔からの景観は高い方とほぼ同じなので、写真掲載を省略します。


P1700698
塔から要塞内に出ました。


P1700699
パノラマを十分楽しみました。


P1700700
天気が良い日ならば、ここは必訪でしょうね。


P1700701
要塞から下る途中に見えるドゥオーモ


P1700702
サンタ・キアーラ聖堂


P1700703
上から見下ろすと街の位置関係が良く分かります。


P1700705
日本ならば、送電線や鉄塔が見えたりして?


P1700707



P1700709
小要塞がよく見えました。


P1700710
上ってきた道を今度は下ります。


P1700712
アッシジ散歩には体力が必要と痛感。


P1700713


P1700716
平坦な道に、実はそう見えるだけで坂道、戻りました。


P1700717
一旦、ホテルに戻ります。


P1700718


P1700720
門が見えてきましたが、門の手前にホテルがあります。


P1700722
ホテルに戻りました。


P1700731
シャワーを浴び、一休みしてから再び外出しました。


P1700732
夏至近くなので、午後8時過ぎでも十分明るいのです。


P1700733
小さな祈祷所


P1700735
この壁に少しは知られたフレスコ画があります。


P1700736
これです。


P1700737
残念ながらかなり修復されてます。


P1700738
地元アッシジの画家ジャコモ・マリネッリ(1595‐1676以降没)の「聖母子」


P1700739
この辺に来たのは訳があります。


P1700741
家並みが何となく湾曲しているようです。


P1700752
ローマ劇場の跡の上に建てられた家々です。


P1700751
ドローンを使って上空から写真を撮れば劇場の楕円形が分かると思います。


P1700754
昔、初めてアッシジに来た時、地図にローマ劇場と記されていたので、この辺に来たのですが、劇場の遺跡らしきものが見当たらず道を間違えたと思ったのです。


P1700756


P1700744
そろそろ夕食の時間です。


P1700757
「晩食」は午後9時からでした。


P1700758
夕食付のホテルです。


P1700762
翌朝です。


P1700760
自室のベランダから。
(おわり)

P1960530
14世紀末のヴェネトの無名画家の「Altarolo Portatile」


P1960532
中央


P1960534
向かって左


P1960536
向かって右


P1960543
ニッコロ・ディ・ピエトロ(ヴェネツィア、1394‐1427記録)の「聖ロレンツォ」


P1960546
ニッコロ・ディ・ピエトロの「玉座の聖母子と音楽天使たちと注文主」


P1960549
ロレンツォ・ヴェネツィアーノの「受胎告知のポリッティコ」
聖人が何人描かれているのか、驚くばかりです。


P1960550
中央パネル


P1960552
向かって右
柱状の区切り部分にも聖人が描き込められてます。


P1960554
右上


P1960559
向かって左


P1960556
左上


P1960562
裾絵


P1960563


P1960564


P1960565


P1960566
ボケ写真


P1960569
カタリーノの「聖母戴冠と2聖人(聖ルチア、トレンティーノの聖二コラ)」


P1960571
Stefano "Plebanus" di Sant'Agnese (1369-1385活動)の「聖母戴冠」


P1960575
14世紀前半のリミニ派画家の「キリストの受難の物語と最後の審判」


P1960528
私が第1室に入ってから第2室に向かうまで、この作品を見つめ続ける人がいました。


P1960577
第2室です。豊かな色彩の作品が並んでます。


P1960579
ジョヴァンニ・ベッリーニ(ヴェネツィア、1434‐1516)と弟子の「死せるキリストへの哀悼」


P1960582
チーマ・ダ・コネリアーノ(コネリアーノ、1459c‐1516)の「聖トッマーゾの不信」


P1960584
チーマが大好きなので、彼の作品を追い求めて旅をしたことがあります。


P1960586
チーマ・ダ・コネリアーノの「玉座の聖母子と聖人たち」


P1960589


P1960592
チーマ・ダ・コネリアーノの「聖母子と2聖人(聖ジローラモ、トロサの聖ルドヴィーコ」


P1960595


P1960597
ヴィットーレ・カルパッチョ(1460c‐1526)の「キリストの寺院への出現」


P1960599


P1960602
ジョヴァンニ・ベッリーニの「サン・ジョッベの祭壇画」


P1960617


P1960604
マルコ・バサイ—ティ(ヴェネツィア、1470‐1530以降没)の「ゲッセマネ園のキリストの祈りと聖人たち」


P1960609
ヴィットーレ・カルパッチョの「処刑場」


P1960613
マルコ・バサイ—ティの「聖ゼべデオの子供の召命」


P1960620
次は第3室です。


P1960622
チーマ・ダ・コネリアーノの「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖パオロ」


P1960626
ジョヴァンニ・ベッリーニの「聖母子と2聖人」


P1960630
チーマ・ダ・コネリアーノの「大天使ラッファエーレとトビアスと聖ニコロと聖ジャコモ・マッジョーレ」


P1960635
チーマ・ダ・コネリアーノの「ピエタ」


P1960637
ヴィットーレ・カルパッチョの「聖ジョアッチーノと聖アンナの邂逅と聖ルイ9世と聖リベラ」


P1960642
セバスティアーノ・デル・ピオンボ(ヴェネツィア、1485‐ローマ、1547)の「聖バルトロメオと聖セバスティアーノ」


P1960644
セバスティアーノ・デル・ピオンボの「トロサの聖ルドヴィーコ」


P1960646
セバスティアーノ・デル・ピオンボの「聖シニバルド」


P1960650
ベネデット・ルスコーニ・デット・ディアナ(ヴェネツィア、1482‐1525)の「玉座の聖母子と4聖人(聖ジローラモ、聖ベネデット、マグダラのマリア、聖ジュスティーナ)」


P1960653
セバスティアーノ・デル・ピオンボに帰属する「聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナと洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1960659
ジョヴァンニ・ベッリーニと弟子の「聖ピエトロ」


P1960662
ジョヴァンニ・ベッリーニと弟子の「受胎告知」


P1960665
次は第4室です。


P1960669
ジョヴァンニ・ベッリーニの「赤いケルビーニの聖母」


P1960672
ハンス・メムリンクの「若い男の肖像」


P1960675
ジョヴァンニ・ベッリーニの「聖母子とマグダラのマリアとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1960680
ジョヴァンニ・ベッリーニの「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖女(特定できない)」


P1960685
ジョルジョーネ(カステルフランコ・ヴェネト、1478c‐ヴェネツィア、1510)の「老女」
有名な作品です。


P1960690
ジョヴァンニ・ベッリーニの「ピエタ」


P1960693
ピエトロ・ロンギの作品のみが展示されている第5室です。第5室はジョヴァンニ・ベッリーニやジョルジョーネの作品が並んでいた筈なので、戸惑いました。


P1960695
「仕立て屋」


P1960698
「女性の化粧室」


P1960701
{Pitogola Filosofo」


P1960704
「ダンスのレッスン」


P1960707
「合奏」


P1960710
「占い師」


P1960713
「薬屋」
(つづく)

P1700551
サン・ルフィーノ司教座教会です。アッシジにはカトリック教会の最高にランクされるBasilica Papali(ヴァティカンのサン・ピエトロ大寺院などを含めて全部で6つある)のサン・フランチェスコ聖堂とサンタ・マリア・デリ・アンジェリ聖堂があるので、やや影が薄い大聖堂です。


P1700552
この地にローマ時代に築かれた神殿あったとされてます。
8世紀頃に建設されたサン・ルフィーノ教会が前身です。それを取り壊し、1036年に創建されたのが二代目の建物ですが、1140年から拡張工事が始められ、1228年に完成したロマネスク様式の建物が現在の姿です。1253年に奉献されました。


P1700554
ファサードのバラ窓


P1700555
バラ窓の下にある”Telamons"と呼ばれる彫刻


P1700553
中央ベゼル


P1700556
ライオン像


P1700557
向かって左のライオン像


P1700559
柱の装飾
修復されてます。


P1700560


P1700711
鐘楼は拡張前の建物のもので、11世紀に建設されました。


P1700561
外観はロマネスクですが、中は16世紀後半の改修の際、バロック様式に変更されました。中もロマネスクという教会は本当に少数派に属します。


P1700563
三廊式です。


P1700603
左側廊


P1700562
観光客がチラホラ


P1700565
装飾なしの天井


P1700567
ローマ神殿跡が見ることができます。


P1700568
主祭壇


P1700570
クーポラ


P1700572
祭壇画などを見て回ります。


P1700575
ドーノ・ドーニの「十字架降下」(1562)


P1700580
ドーノ・ドーニの「磔刑」


P1700583
「ピエタ」


P1700584


P1700589
フランチェスコ・アッピアーニの「天井の聖母子とフランチェスコ会聖人」(1752)


P1700592
「磔刑像」


P1700594


P1700598
18世紀のウンブリアの無名画家の「天井の聖母子と聖人たち」


P1700602
詳細不明


P1700604
ジョヴァンニ・デュプレの「聖フランチェスコ」(1882)


P1700605
アマーリア・デュプレの「聖キアーラ」(1888)


P1700606


P1700608


P1700609


P1700610


P1700613
ドーノ・ドーニの「天上のキリストと聖人たち」


P1700586
主祭壇前から見た出入口方向です。


P1700615
外に出ました。大要塞が見えてます。


P1700618
山上にある大要塞に行くことにしました。


P1700619
ペットボトルに水を補給して坂登に備えました。


P1700620
エノテカでの2杯が効いてます。


P1700622
足腰を鍛えておかなきゃね。


P1700623
写真では急坂に見えないでしょうが、勾配がきつい坂でした。


P1700624
振り返ると上ってきたことがより分かる。


P1700625
坂はまだ続きます。


P1700626


P1700627
足を止めて暫し鑑賞。それは口実で、本当のところは休憩でした。


P1700629
地元の人でも坂はきついようで、ベンチに座り込みました。


P1700631
アッシジの最高地点は大要塞です。


P1700630


P1700632
大要塞を見上げる地点まで登ってきました。


P1700633
小要塞が見えました。


P1700634
汗ばんだ体に冷たい風が心地よかった。


P1700637
大要塞はMuseoとして公開されてます。


P1700636
この辺から更に急勾配になります。


P1700638


P1700639
サンタ・キアーラ聖堂


P1700640
ドゥオーモ


P1700641



P1700642
Museoの入り口です。
(つづく)






↑このページのトップヘ