イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

2017年03月

P2060932
次の部屋です。


P2060935
第15室になります。


P2060936
この作品「理想都市」も有名です。


P2060938
一時期、ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品とされていた時代があり、その後、ルチアーノ・ラウラーナの作品とされていました。


P2060939
現在では、ピエロ作もラウラーナ作の両説は否定されてます。


P2060940
「理想都市」の模型が妙なところにあります。


P2060942
次の部屋です。


P2060944
第16室です。


P2060943
この部屋も有名ですが、他の人たちの鑑賞の邪魔になるので、写真を撮るのは後にしました。


P2060946


P2060950


P2060948
この作品も有名です。


P2060954
第17室です。


P2060951
この部屋はフェデリーコ公の書斎です。


P2060952
見事な寄木細工の扉です。


P2060953


P2060955
グイドゥバルドの礼拝堂


P2060962
礼拝堂のストゥッコ装飾も見どころです。


P2060956


P2060957
ニッコロ・フランジパーネ(フリウリ、1553‐1597記録)の「聖母子」


P2060961
ニッコロ・フランジパーネの「聖フランチェスコ」
向かって右に「大天使ミケーレ」があるのですが、角度的に写真が撮れない位置にあります。


P2060963
書斎の壁面は寄木細工で埋め尽くされてます。


P2060964
これはよく読めません。


P2060965
寄木細工の原画の一部はボッティチェッリによると言われてます。(この部分がそうであるかは不明)


P2060966
当時のモンテフェルトロ家宮廷の文化の高さを伝える寄木細工と思います。


P2060967


P2060968


P2060969
ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品がある部屋、「理想都市」がある部屋、パオロ・ウッチェッロの作品ッがある部屋、それにこの寄木細工がある部屋がウルビーノ観光の白眉でしょう。


P2060970
芸術の質は、その土地の繁栄度に比例します。


P2060971


P2060972


P2060973


P2060974


P2060975


P2060976


P2060977


P2060978


P2060979


P2060980
次の部屋です。


P2060981
第19室です。


P2060982
窓越しの眺め


P2060984


P2060985


P2060988


P2060989


P2060990
次の部屋です。


P2060991
第20室です。


P2060992
ここにも寄木細工の扉があります。


P2060993


P2060994


P2060995


P2060996


P2060997


P2060998
カッソーネ


P2060999
寄木細工で出来てます。


P2070001


P2070002
先ほどは混雑していたので、鑑賞を後回しにした第18室に戻りました。


P2070004
暖炉の上を飾るキューピッドの図柄から別名「天使の間」と言われてます。


P2070005
ドメニコ・ロッセッリの作品です。


P2070006
この彫刻は女性でしょうね。


P2070007
写真上の作品の説明板です。幼き洗礼者聖ジョヴァンニーノとは思えません。


P2070009
バルトロメオ・デッラ・ガッタ(フィレンツェ、1448‐アレッツォ、1502)に帰属する「祈るキリスト」


P2070025
これも有名な作品です。上部の主パネルと裾絵の制作者が異なります。


P2070022


P2070013
裾絵はパオロ・ウッチェッロ(フィレンツェ、1397‐1475)によって描かれました。


P2070014
画題は「オスティアの奇跡」です。


P2070015
縦41㎝×横351㎝の作品です。


P2070017
横長なので、写真を数枚に分割して撮りました。


P2070018


P2070020


P2070021


P2070027
この部屋にも寄木細工の扉があります。


P2070028
Why don't we call it a day?
(To be continued)


P2060773
美術館の展示作品の質は、その美術館がある街の繁栄さに比例すると思います。


P2060775
ジローラモ・ディ・ベンヴェヌート(シエナ、1470‐1524)の「聖母子と聖バルトロメオと聖ビアージョ」


P2060779
ヴィットーレ・クリヴェッリ(ヴェネツィア、1440c‐フェルモ?、1501c)?の「マルカの聖ジャコモ」


P2060781
コーラ・デル・アマトリーチェ(アマトリーチェ、1480c‐アスコリ、1547以降没)の「マルカの聖ジャコモ」


P2060784
次の展示室です。


P2060785
第9室になります。


P2060787
ジョヴァンニ・バロンツィオ(リミニ?、14世紀前半に活動)の「マチェラータのサン・フランチェスコ教会のポリッティコ」(1345)


P2060790
この展示室を素通りする人が多かったのは何故でしょうか?無視しても良さそうな作品ばかりと判断したのであれば、見解の相違と言うよりほか有りません。


P2060793
Maestro di Verucchio (14世紀前半活動)の「彩色磔刑像」


P2060797
Maestro dell'Incoronazione di Bellpuig (14世紀活動)の「聖母子」


P2060801
ピエトロ・ダ・リミニ(リミニ、1324‐1338記録)の「彩色磔刑像」


P2060803
次の部屋です。


P2060804
第10室です。


P2060806
フランチェスコ・ダ・リミニに帰属する「磔刑と受胎告知をされる聖母」(14世紀前半)


P2060808
Maestro dell'Incoronazione di Urbino (14世紀前半活動)の「彩色磔刑像」


P2060812
プッチョ・ディ・シモーネ(フィレンツェ、1343/1346-1362c記録)の「聖母子と四聖人(聖ベネデット、アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖ロムアルド、トロサの聖ルドヴィーコ)」


P2060814
Maestro dell'Incoronazione di Urbino の「聖母戴冠と磔刑と聖キアーラと聖フランチェスコと二殉教聖女」


P2060817
次の部屋です。


P2060818
第11室です。


P2060820
ロレンツォ・サリンベーニ(サン・セヴェリーノ・マルケ、1374‐1416以降没)のチェルキア?の「聖キアーラ」


P2060824
アッレグレット・ヌーツィ(ファブリアーノ、1315c‐1373c)の「玉座の聖母子」


P2060828
ピエトロ・アレマンノ(オーストリア、1475以降生まれ‐アスコリ、1498)の「聖母子と天使たち」


P2060830
ジョヴァンニ・アントニオ・ダ・ペーザロ(ペーザロ、1462‐1511記録)の「玉座の聖母子」
この作品は表裏二面に描かれており、こちらは表です。下の作品が裏面ですが、この美術館ではそれぞれ別に展示されてます。


P2060835
裏面の「磔刑」
これもジョヴァンニ・アントニオ・ダ・ペーザロの作品です。


P2060838
オリヴッチョ・ディ・チッカレッロ・ダ・カメリーノ(アンコーナ、1388‐1439記録)の「受胎告知」(1396c)


P2060843
15世紀初めのマルケの無名画家?の「多翼祭壇画」


P2060845
中央の「授乳の聖母」


P2060846
左右は聖ベネデットの物語の4場面が描かれてます。


P2060849
向かって右


P2060851
裾絵の「割礼」


P2060853
「磔刑」


P2060855
「聖霊降臨」


P2060858
バルトロメオ・ディ・トッマーゾ(フォリーニョ、1408/1411-1454以降没)の「聖母子と四聖人(洗礼者聖ジョヴァンニ、マグダラのマリア、聖クリストフォロ、聖ドメニコ)」


P2060861
バルトロメオ・ディ・トッマーゾの「聖フランチェスコ」


P2060864
アルカンジェロ・ディ・コーラ(カメリーノ、1416‐1429記録)の「聖母子と聖痕を受ける聖フランチェスコと聖アントニオ・アバーテと聖バルトロメオと磔刑と聖クリストフォロ」


P2060866
次の部屋です。


P2060867
第12室


P2060869
ジョヴァンニ・ベッリーニ?の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖アンナ」
これはジョヴァンニ・ベッリーニの作品ではないと思います。


P2060873
ロレンツォ・ダレッサンドロ(サン・セヴェリーノ・マルケ、1440/1445-1503)の「キリストの洗礼」


P2060878
ジローラモ・ディ・サンタクローチェ(サンタクローチェ、1480‐ヴェネツィア、1556)?の「聖母子と聖ジョルジョと聖キアーラと聖ポンテフィーチェと聖フランチェスコ」


P2060882
マルコ・バサイティ(ヴェネツィア?、1470c‐1520c)の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖女」


P2060885
ヴィットーレ・クリヴェッリ?の「ピエタのキリスト」


P2060889
アルヴィーゼ・ヴィヴァリーニ?又はヤコポ・ダ・ヴァレンツァ?の「聖母子」


P2060891
アルヴィーゼ・ヴィヴァリーニ(ヴェネツィア、1446‐1503以降没)の「聖母子と四聖人」


P2060894
中央パネル


P2060896
「聖フランチェスコ」、「聖ピエトロ」


P2060898
「聖パオロ」、「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P2060900
この展示室に来たくてウルビーノに来ます。


P2060901


P2060916
第14室です。


P2060917
混雑しているので、写真を撮るのが大変です。


P2060919


P2060902


P2060906
ピエロ・デッラ・フランチェスカ(ボルゴ・サン・セポルクロ、1415c‐1492)の「セニガッリアの聖母」


P2060905


P2060930
これもあります。


P2060912
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「鞭打ち」
縦58㎝×横81㎝


P2060910
カメリーノの無名彫刻家の「慈悲の聖母」


P2060920
次の部屋です。


P2060922
第13室


P2060921
天井の装飾


P2060923


P2060924
(つづく)



P2060613
次の部屋です。


P2060614
第5室になります。


P2060621
アンドレア・ディ・バルトロ(シエナ、1389‐1428)の「洗礼者聖ジョヴァンニ」と「大天使ミケーレ」


P2060620


P2060617


P2060625
15世紀後半のアブルッツォの無名彫刻家の「受胎告知」


P2060629


P2060626


P2060633
アントニオ・アルベルティ・ダ・フェッラーラ(フェッラーラ、1390/1400-1449c) の「聖母子と四聖人」


P2060636
中央の「聖母子」


P2060639
左の「アレッサンドリアの聖カテリーナと聖ジョルジョ」


P2060635
右の「聖アゴスティーノと聖ジローラモ」


P2060642
フラ・マルティーノ・アンジェリ(サンタ・ヴィットリア・イン・モンテナーロ、1438‐1448記録)の「玉座の聖母子と聖セバスティアーノと聖ビアージョ」


P2060645
次の展示室です。


P2060646
第6室


P2060648
アントニオ・アルベルティ・ダ・フェッラーラの「磔刑」


P2060650


P2060652
15世紀の北欧の無名彫刻家の「聖母子」


P2060657
アントニオ・アルベルティ・ダ・フェッラーラの「磔刑」


P2060661
ジョヴァンニ・アントニオ・ダ・ペーザロ(ペーザロ、1462‐1511記録)の「聖母子と聖人たちのポリッティコ」


P2060669
「玉座の聖母子」


P2060670
左の「聖ジローラモ」と「聖ベネデット」


P2060673
右の「聖ステファノ」と「聖エレーナ」


P2060675
中央上の「永遠の父なる神」と「磔刑」


P2060677
左上の「聖ゲラルド」と「聖ピエトロ」


P2060679
右上の「聖アルベルト」と「聖パオロ」


P2060680
裾絵


P2060683


P2060665
アントニオ・アルベルティ・ダ・フェッラーラの「聖アガタ」


P2060701
アントニオ・アルベルティ・ダ・フェッラーラの「聖母子と聖人たちのポリッティコ」(1439)


P2060697
中央の「聖母子」


P2060691
中央上の「キリストの復活」


P2060686
左下の「聖ピエトロ」、「洗礼者聖ジョヴァンニ」、「聖フランチェスコ」


P2060689
左上の「トローサの聖ルドヴィーコ」、「聖ドメニコ」、「聖キアーラ」


P2060692
右下の「聖ジローラモ」「聖ドナート?」、「聖パオロ」


P2060695
右上の「アレッサンドリアの聖カテリーナ」、「パドヴァの聖アントニオ」、「司教聖人」


P2060702
次の部屋です。


P2060704
表示がありませんが、第7室と思います。


P2060703
他の展示室とは少し趣が違う作品が並んでます。


P2060706
17世紀の無名画家の「聖家族の晩餐」


P2060708
マステッレッタ(ボローニャ、1575‐1655)の「エジプトへの逃避途中の休息」


P2060711
ジョヴァン・フランチェスコ・グエッリエーリ(フォッソンブローネ、1589‐ペーザロ、1657)の「獄中の聖ピエトロ」


P2060713
ジョヴァン・フランチェスコ・グエッリエーリの「クレオパトラ」


P2060717
バルトロメオ・スケドーニ(モデナ、1570‐パルマ、1615)の「ウンゲリアの聖エリザベッタの施し」


P2060722
グエルチーノ(チェント、1591‐ボローニャ、1666)の「聖セバスティアーノ」


P2060724
オラツィオ・ジェンティレスキ(ピサ、1563‐ロンドン、1639)の「ダヴィデ」


P2060728
Jusepe De Ribera (Valencia, 1598- Napoli, 1652) の「哲学者」


P2060731
グイド・レーニ(ボローニャ、1575‐1642)の「ダヴィデ」


P2060735
ピエトロ・リッキ通称ルッケーゼ(ルッカ、1606‐ウーディネ、1675)の「ルクレツィア」


P2060737
ジョヴァンニ・ランフランコ(パルマ、1582‐ローマ、1647)の「アンジェリカを解放するルッジェーロ」


P2060740
バッティステッロ(ナポリ、1578‐1635)の「ロトと娘たち」


P2060743
マッティア・プレティ(カタンツァーロ、1613‐ヴァレッタ、1699)の「イサクの犠牲」


P2060748
サルヴァトーレ・ローザ(ナポリ、1615‐ローマ、1673)の「プラトンのアカデミー」


P2060750


P2060754
ジョヴァンニ・アンジェロ・ダントニオ・ダ・ボロニョーラの「受胎告知」


P2060758
シモーネ・デイ・クローチフィッシ(ボローニャ、1355‐1399活動)の「ウミルタの聖母」


P2060762
バルナーバ・ダ・モデナ(モデナ、1325/30c-1383以降没)の「ピエタのキリスト」


P2060765
ヴィターレ・ダ・ボローニャ(ボローニャ、1345‐1359活動)の領域の「聖母子」


P2060768
14世紀前半のヴェネトの無名画家の「聖母子と天使たちと磔刑」


P2060771
プセウド・ヤコピーノ・ディ・フランチェスコ(ボローニャで14世紀前半に活動)の「授乳の聖母」
(つづく)

971
モンテフェルトロ家の名君フェデリーコ公によって建設されたドゥカーレ宮殿です。


957
城壁に面した部分に建てられたふたつの塔が特徴です。


P1120889
傭兵隊長として武勇の誉れが高かったフェデリーコですが、単に武勇に留まることなく文化や芸術などにも力を入れたことで知られ、ピエロ・デッラ・フランチェスカを筆頭に数多の芸術家がフェデリーコ公を慕ってウルビーノに集まりました。


P1130392
現在、ドゥカーレ宮殿は国立マルケ美術館が置かれ、宮殿内部とフェデリーコ公時代に制作された傑作美術品などを鑑賞できます。


P2060519
展示作品数は多いと言えませんが、作品の質の高さでは定評があります。


P2070413
宮殿の入り口はメルカターレ広場の一角に設けられてます。


P2070412
美術館の入り口


P2060520
展示室は階上にあります。


P2060521
モンテフェルトロ家の紋章


P2060522


P2060523


P2060524
展示室の入り口


P2060528
第1室です。


P2060547


P2060529
第1室の天井


P2060526
15世紀末のマルケの無名芸術家の「聖母子」


P2060531
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(フィレンツェ、1418‐1481以降没)の「聖母の頭」


P2060534
15世紀末のマルケの無名彫刻家の「フェデリーコ・ディ・モンテフェルトロ」


P2060537
フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ(シエナ、1439‐1502)に帰属する「バッティスタ・スフォルツァ」


P2060539
フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニに帰属する「グイドゥバルド1世?」


P2060541
フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニに帰属する「フェデリーコ・ディ・モンテフェルトロとオッタヴィアーノ・ウバルディーニ」


P2060544
暖炉ですね。


P2060545


P2060548
Maestro della Madonne di Marmo (Tommaso Fiamberti ?)の「聖母子」(15世紀末)


P2060550
Maestro della Madonne di Marmo (Tommaso Fiamberti?)の「聖母子」(15世紀末)


P2060551
Maestro della Madonne di Marmo (Tommaso Fiamberti ?)の「聖母子と天使たち」(15世紀末)


P2060553
Maestro della Madonne di Marmo (Tommaso Fiamberti ?) の「聖母子」


P2060556
ルーカ・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1399/1400-1482)の「聖母子と四聖人(聖ドメニコ、聖トッマーゾ、聖アルベルト・マーニョ、聖ピエトロ・マルティ―レ)」


P2060558
これは何でしょうか?


P2060559
その説明版


P2060560
ミケーレ・ディ・ジョヴァンニ・ダ・フィエゾレ通称イル・グレコ(1418-1452以降没)の「聖母子と天使たち」


P2060562
15世紀末のトスカーナ派無名彫刻の「紋章を持つプットたち」


P2060564
ミケーレ・ディ・ジョヴァンニ・ダ・フィエゾレ通称イル・グレコの「紋章を持つプットたち」


P2060546
第2室に向かう入口の装飾


P2060567
第2室


P2060566
部屋の壁にフレスコ画が描かれてます。


P2060568


P2060569


P2060570


P2060571


P2060572


P2060573
第3室です。


P2060574


P2060579
フェデリーコ公の寝室です。


P2060580


P2060582
寝室内部の装飾


P2060576
フラ・カルネヴァーレ(ウルビーノ、1416以前生まれ‐1484c)の「磔刑」


P2060583
第4室です。


P2060584


P2060587
ニコラ・ディ・マエストロ・アントニオ(アンコーナ、1472‐1510記録)の「受胎告知と聖ジョヴァンニ・グアルベルトと聖ベネデット」


P2060591
15世紀後半のマルケの無名芸術家の「彩色磔刑像」


P2060595
ジョヴァンニ・ボッカッティ(カメリーノ、1424c‐1490以降没)の「磔刑」


P2060598
ジョヴァンニ・ボッカッティの「聖サヴィーノの物語」


P2060602
ジローラモ・ディ・ジョヴァンニ・ダ・カメリーノ(カメリーノ、1424c‐1490以降没)の「授乳の聖母」


P2060606
ジョヴァンニ・アンジェロ・ダントニオ・ダ・ボロニョーラ(カメリーノ、1444‐1476記録)の「聖母子と天使たち」


P2060610
ジローラモ・ディ・ジョヴァンニ・ダ・カメリーノの「磔刑と聖母と福音書記者聖ジョヴァンニ」
(つづく)


P2060482
次に来るのは何時になるだろうかと思いながら2つの祈祷所を後にしました。


P2060483
今回(何時もそうですが)、ウルビーノに来た最大の目的である国立美術館に向かいました。


P2060484
マッツィーニ通り


P2060485
この町の中心地なので、何度も行ったり来たりします。


P2060486
写真右はPalazzo del Collegio Raffaello


P2060487
サン・フランチェスコ教会


P2060489
レプッブリカ広場


P2060488
Via Vittorio Veneto


P2060490
この先に国立美術館となっているドゥカーレ宮殿があります。


P2060491
ルネサンスを満喫出来る家並みです。


P2060492
突き当りの建物の名前を失念してしまいましたが、有名です。


P2060493
建物前に大天使ミケーレ像が立ってます。


P1120513
壁の「聖母子」のモザイク


P2060494
ドゥオーモです。


P2060510
ウルビーノに司教座が置かれたのは9世頃と言われてますが、当時は城壁外にあったそうです。


P2060497
この地に司教座教会が建てられたのは1021年のことでした。


P2060496
名君フェデリーコ・モンテフェルトロ公の時代に再建された建物は1789年の大地震によって崩落してしまいました。


P2060498
簡単に拝観しました。
ご覧のように新しく見えます。大地震後に新古典様式で1801年に完成した三代目の建物なので、それは当然です。


P2060500
後でゆっくりと拝観したので、詳細は後で触れることにします。


P2060501


P2060502
古い祭壇画も残されてます。


P2060504
古い教会がそのまま現代まで残るというのは、稀有なことであることがよく分かるドゥオーモです。


P2060505
外に出たら、多少天気が持ち直してきたようです。


P2060506
観光案内所に行って、各見どころの開館時間などを確認しました。


P2060507
ドゥオーモの左横にあるグロッタ祈祷所は閉まっていました。


P2060508
サン・ドメニコ教会


P2060509
広場の中央に立つObelisco Egiziano


P2060513
サン・ドメニコ教会を拝観しました。


P2060514
後ほど詳しく触れることにします。


P2060515


P2060516
ここも新しく見えます。


P2060517


P2060518
次はいよいよ国立美術館です。


P2070413
この日は作品の写真を撮ることにほぼ専念しました。翌日の午前中にも入館しましたが、この時はカメラを持たずに鑑賞に専念しました。


P2070412


P2060703


P2060918
かなり混雑していました。


P2070142


P2070143


P2070414
大満足で外に出ました。


P2070415
国立美術館の展示作品については、別に詳しく触れることにします。


P2070416
日差しが出てきました。


P2070418
残念ながら、Museo Diocesanoは休館中でした。


P2070419
美術館は疲れます。


P2070420
集中して根を詰めるので、体力的に条件が厳しくなる一方です。


P2070421
ブラブラ歩きを続けました。


P2070422


P2070423


P2070424


P2070426
ラッファエッロの家は後回しです。


P2070427


P2070430


P2070428


P1120492
ホテルに戻って一休みしました。
(つづく)

今回は、サン・ジョヴァンニ・バッティスタ祈祷所とサン・ジュゼッペ祈祷所です。2つの祈祷所は僅か20mほどしか離れいない場所にあります。
P2060402
サン・ジョヴァンニ・バッティスタ祈祷所の続きです。
写真右の扉が入り口です。拝観は有料です、確か€2だったと思います。


P2060404


P2060470
入った時は、拝観者が少なかったのですが、高校生のグループがやってきました。混雑を避けるために、磔刑の横にある扉から別室に入りました。


P2060408


P2060409
テレンツィオ・テレンツィ通称ロンドリーナ(1575‐1621)は、フェデリーコ・バロッチに師事した後、ルネサンス後期にローマで活動した画家です。ラッファエッロの影響を受けた画風が特徴です。


P2060410
ドメニコ・バルビアーニの「磔刑」(1628)


P2060413
その別室からの眺めが中々のものです。


P2060414
天気がパッとしなかったのが残念でした。


P2060417
マルケのフェデリーコ・バロッチの追随者による「洗礼者聖ジョヴァンニ」(16世紀)


P2060441
グループの一行が立ち去ったので、祈祷所内に戻り、ゆっくりと鑑賞しました。


P2060445
これらのフレスコ画は、(その1)で触れたように、ロレンツォとヤコポのサリンベーニ兄弟によって1416年に制作されたものです。


P2060420
フレスコ画のテーマは、洗礼者聖ジョヴァンニの生涯です。


P2060422


P2060424


P2060426


P2060428


P2060431
剥離落剝した部分の補筆は行われてません。


P2060435


P2060437


P2060440
祭壇


P2060448
ファサードの裏側


P2060450


P2060452


P2060454


P2060457
天井も修復されたと思います。


P2060459
左壁に設けられた礼拝堂です。


P2060460


P2060462
祭壇前飾り


P2060467


P2060464


P1130056


P2060469


P2060471
左側壁


P2060472
右側壁


P2060473
このご夫婦は大変熱心に鑑賞していました。


P2060476
外に出ました。


P2060477
次はサン・ジュゼッペ祈祷所です。


P2060480
1503年創建、1515年に完成したサン・ジュゼッペ祈祷所ですが、主祭壇周辺の湿気が高く、痛みが激しくなったので、1682年から1689年に再建された建物が現在の姿となってます。


P2060479
ここも拝観有料です。


P1130067
このプレセーペが有名です。


P1130069
スタッコで作られてます。


P1130070
製作者は、地元の彫刻家フェデリーコ・ブランダーニ(ウルビーノ、1520-1574)です。


P1130114
プレセーペの前にフェデリーコ・ブランダーニの胸像が置かれてます。


P1130115


P1130071


P1130072


P1130117


P1130118


P1130120


P1130121


P1130122


P1130073
次は聖具室です。


P1130074
写真左のキャビネットが有名です。


P1130075
18世紀前半に制作されました。


P1130084
キャビネットに描かれた風景画は、アレッシス・デ・マルキス(ナポリ、1684-ペルージャ、1752)の作品です。アレッシスは、ローマ、ウルビーノで活動した画家です。


P1130085


P1130086


P1130076
肖像画が4点並んでます。


P1130077


P1130078


P1130079


P1130080


P1130081


P1130082


P1130083


P1130087
ドメニコ・ロセッリの「聖母子の浮彫り
次は堂内です。


P1130088
単廊式、バロック様式の堂内です。


P1130090
左側壁


P1130089
右側壁


P1130091
カルロ・ロンカッリによるフレスコ画


P1130092


P1130093


P1130095


P1130097
聖歌隊席とオルガン


P1130109


P1130098


P1130096
ジュゼッペ・リローニの「聖ジュゼッペ」


P1130100
マウリツイオ・スバラニーニ(ウルビーノ、1706‐1748)の「聖母子」


P1130102
カルロ・ロンカッリの「聖母の結婚」


P1130106
カルロ・ロンカッリの「聖ジュゼッペの死」


P1130110
カルロ・ロンカッリの「エジプトへの逃避」


P1130104
カルロ・ロンカッリの「ご誕生」


P2060481
外に出ました。2つのオラトリオは美術ファンにとっての必訪地でしょうね。
(つづく)

P2060339
ウルビーノは、人口15,014人(2016年6月30日現在)のマルケ州ペーザロ・ウルビーノ県の県都です。
この日(2016年5月末)は、ペーザロからバスでウルビーノに向かいました。


P2070441
FS駅横にあるペーザロのバスターミナル


P2060340
ペーザロからウルビーノまで、バスで1時間ほどかかります。


P2060343
途中殆ど寝てたので、ウルビーノに到着してビックリ。ウルビーノに来たと思わず、間違って別の場所に来たかと思いました。


P2060341
乗ってきたバスがペーザロに戻りますが、念のため、その行き先確認をしました。それによって、ここが新設されたウルビーノのバスターミナルであることが分かりました。
でも、新バスターミナルがウルビーノに何処にあるのか、サッパリ分かりませんでした。


P1120888
ウルビーノはピエロ・デッラ・フランチェスカ所縁の地ですから、大体2年毎に来ているので、地図なしでも歩けると思っていました。
従来のバスターミナルはここ(メルカターレ広場)でした。ここに到着するものと思ってました。


P1120884
ヴァルボーナ門からチェントロに入るのが従来でした。


P1120897
この通りを上って行く。今回も同じと思っていました。


P2060342
ここから城壁まで登れるようです。


P2070435
エレベーターに乗りました。直通エレベーターはないようです。


P2070436
途中階にスーパーがありますが、その階でエレベーターを乗り換えるようになってます。


P2070437
エスカレーターも完備されてます。


P2070438
バスターミナルがゼロ階、城壁の場所が6階(日本の7階)になります。


P2060346
ここに出ました。


P2060345
下を見下ろしました。


P2060344
見たことがある門ですが、門の名前も分からず、その場所も見当が付きません。


P2060347
ホテルまでは地図なしで行けると思っていたので、感が狂いました。


P2060348
サンタ・ルチア門です。新バスターミナルは旧バスターミナルの丁度反対側にあることになります。


P2060350
門を潜って城壁内に入りました。


P2060371
ブラマンテ通りと書いてある標識を見て、初めて自分の居場所が分かりました。やれやれ


P2060349
ブラマンテ通りを真っ直ぐ進めば中心地に行くことが出来ます。


P2060351
ドゥオーモの鐘楼が見えているので安心しました。


P2060352
道は一旦下ってから上ります。


P2060354
ブラマンテ通りなので、この教会がサント・スピリト教会であることが直ぐに分かりました。


P2060355
誰の像でしょうか?


P2060356
大きな荷物がありましたが、扉が開いていたので拝観を強行しました。


P2060359
単廊式の、ごく普通の内部です。


P2060360
翼廊がなく長方形をしています。


P2060361


P2060362


P2060368


P2060364
主祭壇画


P2060366
出入り口


P2060370
外に出たら、小雨が降りだしていました。


P2060372
植物園に未だ入ったことがありません。


P2060373


P2060375
町の中心に出ました。


P2060389
先ずホテルに向かいました。


P2060390
何時も同じホテルに泊まってます。


P2060392
大きな荷物から解放され、身軽になったので、早速町歩きの開始です。


P2060393


P2060391
かなりの坂を下りました。


P2060377
先ず、サン・フランチェスコ教会の拝観です。


P2060378
古くて非常に風格がある教会です。


P2060383
ただ、私としては、最近行われた修復が気になる所です。


P2060385
修復によって、味が薄れたことは否めません。


P2060386
長い年月を経れば劣化するのは当然。だから修復は必至です。


P2060387
白い壁になって明るくなって良かったですね←皮肉です。
全てを塗りつぶす必要があったのですか?


P2060388
外に出ました。


P2060379
レプッブリカ広場


P2060381


P2060380
以前は、この通りの下にバスターミナルがありました。


P2060395
次はサン・ジョヴァンニ・バッティスタ祈祷所とサン・ジュゼッペ祈祷所です。


P2060396
2014年に来た時、二つの祈祷所とも修復工事が行われていました。


P2060397
修復後に来るのは、今回が初めてでした。修復の具合がどのようになっているのか、興味津々です。二つの祈祷所に行くことが、今回の旅の目的の一つでした。


P2060398
サン・ジョヴァンニ・バッティスタ祈祷所が見えてきました。


P2060398
以前とは見違えるようです。


P2060478
その手前にあるサン・ジュゼッペ祈祷所の修復も完全に終わっていました。


P2060400
サン・ジュゼッペ祈祷所の拝観を後回しにして、サン・ジョヴァンニ・バッティスタ祈祷所の拝観です。


P2060401
1365年創建のゴシック様式の建物が新しそうに見えます。


P2060441
内部のフレスコ画の修復も完全に終わっていました。
2014年はどうであったか、ですが、以下に載せましょう。


P1130125
サン・ジュゼッペ祈祷所は修復中でしたが、公開していました。


P1130126
サン・ジョヴァンニ・バッティスタ祈祷所も修復工事の真っ最中でした。


P1130130
中のフレスコ画も修復作業中なので、非公開と言われました。


P1130044
中に入れて欲しいと頼み込んだら、邪魔をしないという条件で入れてくれました。
成程、フレスコ画の修復作業の真っ最中でした。


P1130052
フレスコ画の修復をフレスコ画法でやるのは無理です。


P1130053
修復箇所を直接絵の具で塗って修復するので、どうしても修復後の色調が色鮮やかになるきらいがあります。


P1130061
この辺はほぼ終了のようです。


P1130062
これらのフレスコ画は、ロレンツォとヤコポのサリンベーニ兄弟によって1416年に制作されました。


P1130054


P1130063


P1130064


P1130065


P1130066


P1130058
(つづく)

P2190887
2015年の年間入館者が8,233人だったそうです。
係員が常時いるわけでもなく、無料切符も不要とあって、入館者数をどうやって調べたのか少々不可思議に思えますが、監視カメラがあるので、それに写っている入館者を数えれば簡単に分かります。


P2190888
ここは「暖炉がある部屋」と呼ばれてます。


P2190890
これがその暖炉でしょう。


P2190894
アンドレア・デル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1485?‐フィレンツェ、1545)の「聖母子」


P2190898
バキアッカ(ボルゴ・サン・ロレンツォ、1494‐フィレンツェ、1557)の「トビオーロと大天使ラッファエッロ」


P2190902
アンドレア・ブレーシャニーノの「フランチェスコ会福者」


P2190904
詳細不明の「シエナの聖カテリーナ」


P2190909
15世紀末のフィレンツェ派無名画家(Maestro della Madonna Naumbourg ?) の「幼きキリストへの崇拝」


P2190914
リドルフォ・デル・ギルランダイオの領域の「戦闘の場面」


P2190918
フランチャビージョの枠組みの「聖ロレンツォの殉教」


P2190921
16世紀初めのフィレンツェ派無名画家の「受胎告知と聖人たち(聖ウミルタ、福音書記者聖ジョヴァンニ、聖二コラ、殉教の聖女)」


P2190924
バルトロメオ・ディ・ジョヴァンニ(フィレンツェ、1488‐1501記録)の「悔悛の聖ジローラモ」


P2190929
ラッファエッリーノ・デル・ガルボ(フィレンツェ、1466c‐1524)の「玉座の聖母子と聖フランチェスコと聖ザノービと二信者」


P2190933
16世紀初めのフィレンツェ派無名画家(バキアッカ?)の「ピエロ・ディ・コジモ作『聖母子と二天使』の複製画」


P2190939
洗面台です。


P2190940
コジモ・ガンベルッチ(フィレンツェ、1560c‐1621)の「井戸のサマリア女」
洗面台の制作者はベネデット・ダ・ロヴェッツァーノ(カナパーレ、1474‐ヴァッロングローザ、1554c)です。


P2190947
ジョヴァンニ・アントニオ・ソリアーニ(フィレンツェ、1492‐1544)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2190949
再び食堂に入りました。


P2190950
次は食堂の壁に展示されている作品です。


P2190953


P2190955
どう解釈すべきでしょうか?
無名画家がアンドレア・デル・サルト作品の複製画を制作した? それともアンドレア・デル・サルト自身が自分の作品の複製画を描いた?
この時代、自分の複製画を描くのは珍しくありません。


P2190957
ジョヴァン・バッティスタ・ナルディーニ(フィエゾレ、1537c‐1629)の「アンドレア・デル・サルト作『洗礼者聖ジョヴァンニの逮捕』の複製画」


P2190960
ジョヴァン・バッティスタ・ナルディーニの「アンドレア・デル・サルト作『洗礼する洗礼者聖ジョヴァンニ』の複製画」


P2190964
ジョヴァン・バッティスタ・ナルディーニの「アンドレア・デル・サルト作『ご訪問』の複製画」


P2190969
ジョヴァン・バッティスタ・ナルディーニの「アンドレア・デル・サルト作『洗礼者聖ジョヴァンニの誕生』の複製画」


P2190972
これは何でしょうか。


P2190974
その説明板
panneggio とは「襞を描くこと」の意味です。「襞を描いた断片」?


P2190977
制作者不明のアンドレア・デル・サルト作品の複製画(16世紀)です。


P2190979
制作者不明のアンドレア・デル・サルト作品の複製画(16世紀)です。


P2190985
ポントルモ(ポントルモ、1494フィレンツェ、1556)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2190988
ポントルモの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2190993
マーゾ・ダ・サン・フリアーノ(サン・フレディアーノ、1532c‐フィレンツェ、1571)の「アンドレア・デル・サルト作『聖家族と聖ジョヴァンニーノ』の複製画」


P2190999
マーゾ・ダ・サン・フリアーノ?の「玉座の聖母子と聖ジョヴァンニ・グアルベルトとウベルティの聖ベルナルド」


P2200003
制作者不明のアンドレア・デル・サルト作品の複製画


P2200006
アンドレア・デル・サルトの「受胎告知」


P2200012
フランチャビージョの「羊飼いの礼拝」


P2200015
以下、アンドレア・デル・サルトのデッサンです。全て本物ではなく、本物のファクシミリです。


P2200019


P2200022


P2200025


P2200028


P2200030
「最後の晩餐」の前から撮った食堂です。


P2200031


P2200034


P2200038


P2200041


P2200043


P2200046
ポントルモのフレスコ画


P2200050
これは何でしょうか?


P2200051
上の部分は作品の写真に凹凸が設けられてます。


P2200052
このような同じものを他の美術館でもよく見かけます。


P2200053
目に不自由な人が手に触れて鑑賞出来るようにしてあるもの、と勝手に思ってますが如何でしょうか。


P2200054
フィレンツェの名画です。


P2200056
立ち去る前にもう一度「最後の晩餐」を見ました。


P2200066
外に出ました。


012
ついでにサン・サルヴィ教会の写真を載せておきましょう。


013
この教会には沢山の作品があります。


014
何時も扉が閉まっているので、拝観の機会に恵まれたのは一回だけです。


015


016
拝観の機会に恵まれたならば、じっくりと鑑賞したいものです。


017
何時開くのでしょうか?


018


019


020


021



P2200067
(おわり)

今回は、アンドレア・デル・サルトの最後の晩餐美術館 Museo del Cenacolo di Andrea del Sartoです。
P2190716
美術館は、フィレンツェ郊外にあります。


P2190717
6Aか6Bのバスに乗って、カンポ・デ・マルテ駅を過ぎ、FS線の跨線橋を過ぎた最初の停留所で下車すると簡単に行くことが出来ます。


P2190719
バスが走っている大通りを右折すると直ぐに教会が見えます。


P2190718
サン・サルヴィ教会です。この教会の扉が開いていることは滅多にありません。


P2190720
教会の前にタバッキがありますが、その道を右折すると直ぐに美術館があります。


P2190721
ここが美術館です。


P2190723
美術館の門です。


P2190724
サン・サルヴィ修道院だった建物の1階が美術館になってます。


P2190725
入館無料です。
ここは長らく写真不可でしたが、最近になって漸く解禁されました。


P2200060
旧修道院前の庭


P2200062


P2200064
鐘楼はサン・サルヴィ教会のものです。


P2190745
入館すると、この廊下に出ます。写真右の扉から中に入ります。


P2190726
修道院の食堂だった所です。その向かいの壁に描かれているのが、アンドレア・デル・サルトの「最後の晩餐」です。


P2200056
アンドレア・デル・サルト(フィレンツェ、14861530)の「最後の晩餐」(1527)


P2200057
数ある「最後の晩餐」の中で、この作品が最も完成度が高いと思います。巷間、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品が最高傑作とされてますが、明らかな画法採用の誤りが大きなマイナス材料でしょう。壁にテンペラで描けば、あのようになることは、テンペラで壁に描かれたドメニコ・ギルランダイオの作品を「最後の晩餐」の制作前に見て、十分分かっていたレオナルドが敢えて採用した所に、レオナルドの強烈な自負心を感じさせます。


P2200058


P2190729


P2190730


P2190732


P2190733


P2190736


P2190737


P2190740


P2190741


P2190744
傑作です。


P2190746
廊下に戻って、廊下の両壁に展示されている作品を見ました。


P2190748
ヤコポ・コッピ(ペレトーラ、1523‐フィレンツェ、1591)の「ピエタ」


P2190753
スオル・プラウティッラ・ネッリ(1524‐1588)の「聖母からロザリオを受け取る聖ドメニコ」


P2190757
スオル・プラウティッラ・ネッリの「聖痕を受けるシエナの聖カテリーナ」


P2190761
アントニオ・デル・チェライオーロ(フィレンツェで16世紀第1四半世紀に活動)の「磔刑と聖フランチェスコとマグダラのマリア」


P2190765
アントニオ・デル・チェライオーロの「大天使ミケーレ」


P2190769
ミケーレ・ディ・リドルフォ・デル・ギルランダイオ(フィレンツェ、1503‐1577)の「天上の聖母と聖人たち(聖ヤコポ、聖ロレンツォ、聖フランチェスコ、聖キアーラ)と信者」


P2190773
フランチェスコ・ブリーナ(フィレンツェ、1540?‐1585)の「マギの礼拝」


P2190776
カルロ・ポルテッリの「磔刑」はフィレンツェのアカデミア美術館に貸し出されていました。


P2190780
ジョヴァンニ・バッティスタ・パッジ(ジェノヴァ、1544‐1627)の「聖母子とパドヴァの聖アントニオ、トビオーロと大天使ラッファエッロ」


P2190783
ジョヴァンニ・ビッツェッリ(フィレンツェ、1560c‐1607)の「天上の聖母と聖人たち(聖アガタ、聖オルソラ、洗礼者聖ジョヴァンニ、聖フランチェスコ、聖グレゴリオ、聖ベルナルド」


P2190788
16世紀末のトスカーナ派無名画家の「聖ベネデット」


P2190790
残念なことに、この先が立ち入り禁止になっていました。


P2190792
16世紀末のトスカーナ派無名画家の「聖ピエトロ・イグネーオ」


P2190796
ベルナルディーノ・ポッチェッティの「聖母子と聖人たち」


P2190800
ジョヴァンニ・バルドゥッチ(フィレンツェ、1560c‐ナポリ、1631)の「天上の天使と聖人たち」


P2190805
イル・ポッピ(ポッピ、1544‐フィレンツェ、1597)の「十字架の発見」


P2190809
イル・ポッピの「磔刑」


P2190813


P2190814


P2190817
ミケーレ・ディ・リドルフォ・デル・ギルランダイオの「1万の殉教者」


P2190820
ジョヴァンニ・アントニオ・ソリアーニ(フィレンツェ、1492‐1544)の「三位一体と聖ジャコモとマグダラのマリアとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2190824
コジモ・ロッセッリ(フィレンツェ、1439‐1507)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖ジャコモと聖ピエトロ」


P2190827
ダヴィド・ギルランダイオに帰属する作品です。


P2190830


P2190831
次の部屋です。


P2190832


P2190834
フランチャビージョ(フィレンツェ、1482c‐1525)の「我に触れるな」


P2190837
制作者不明の「プリーゴ作『女性の肖像』の複製画」(16世紀)


P2190843
制作者不明の「アンドレア・デル・サルト作『聖母子と天使と聖ジョヴァンニーノ』の複製画」


P2190849
ジョヴァンニ・アントニオ・ソリアーニの「受胎告知」


P2190853
ドメニコ・プリアーニの「フラ・バルトロメオ作『救世主』の複製画」


P2190857
ジローラモ・デル・パッキア(シエナ、1477‐1533)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2190861
ピエトロ・カンディード(ブルージュ、1548c‐モナコ、1628)に帰属する「聖家族と聖ジョヴァンニーノと聖エリザベッタ」


P2190865
16世紀後半のフィレンツェ派無名画家の「アンドレア・デル・サルト作『聖家族』の複製画」


P2190871
正面から撮ると光ってしまいます。


P2190869
こちらの方は少しマシでしょうか?
アントニオ・ディ・ドンニーノ(フィレンツェ、1497‐1547)の「聖アントニオ・アバーテ、聖セバスティアーノ、聖ロッコ」


P2190873
ピエル・フランチェスコ・フォスキ(フィレンツェ、1502‐1567)の「十字架を手にするキリスト」


P2190880
アントニオ・デル・チェライオーロの「マグダラのマリアの聖体拝領」


P2190885
スオル・プラウティッラ・ネッリの「嘆きの聖母」
(つづく)


P1670856
最近、他の人のブログを滅多に見なくなりました。


P1670857
少し前までは、他の方々のブログを時々拝見させて頂いてました。


P1670858
それらのブログによれば、私のように酷い目に遭った方々が大変少ないように思います。


P1670859
私は多分運がないんでしょうね。


P1670860
タクシーを雇って折角行った辺鄙な山奥の修道院が何故が閉まっていて、相当なお金を無駄にしたことが2回ありました。この種の経験は大変豊富ですね、私は。


P1670861
それらに懲りて、目的がオンリーワンの旅は極力避けようと決心しました。


P1670862
ミラノ、ローマ、フィレンツェ、ヴェローナなどの見どころ豊富な街に行けば、例え一か所が突発的臨時休館だったとしても、他の見どころに行けば良いので、潰しが効きます。


P1670867
アルチェーヴィアに行きたいのはやまやまですが、行ってみたら、例えばルーカ・シニョレッリの作品が修復中で観ることが出来ない、それが十分あり得るので、逡巡している今日この頃です。


P1670870
それよりも体力的なタイムリミットが間近に迫ってきてますね。


P1670869
教会があります。


P1670865
クローチェ教会ですが、平日は開きません。


P1670866
フェデリーコ・バロッチの「キリストの埋葬」があります。


P1670868
写真左の店で軽食を食べました。


P1670772
ビールは水の代わりです。


P1670775


P1670777
アナゴのフリットが珍しかった。


P1670871
この辺がチェントロの中心です。


P1670872
市庁舎
時計が午後3時を示してますが、実際は午後4時。市庁舎の時計くらいは夏時間対応にしても良いのでは。


P1670873
17世紀に建築されたPalazzo Muzio Oddi が市庁舎となってます。


P1670878


P1670879
市庁舎前にある「ネプチューンの噴水」


P1670874
ローマ広場


P1670880
紀元前5世紀頃には既にガッリ人によって町が築かれていたそうです。


P1670881
ローマの勢力拡大によって、ガッリ人の築かれた町は次第に衰退し、紀元前2世紀になるとローマのアドリア海に面した最初の植民地にされてしまいました。


P1670882
現在、この街は白い砂浜の綺麗な海水浴場として特に有名です。


P1670883
Plazzo Madtai Ferretti


P1670884
第255代教皇ピオ9世(在位1846年ー1878年)がこのパラッツォで誕生したそうです。


P1670885
綺麗に区画整理された新しい街並みが特徴です。


P1670889
古い歴史がある街で区画整理された街並みを持つのは珍しいと思います。


P1670890
古い歴史がある街でも、第二次世界大戦で大きな被害を受けたところは区画整理されている所もありますが、この街の戦災は然程ではなかったようです。


P1670891
この先で道が多少カーブしています。


P1670892
突き当りに見えるのがドゥオーモです。


P1670894
ドゥオーモに行く前に寄り道をしました。


P1670895
古い教会ではなさそうです。


P1670896
1935年に再建された教会です。


P1670898
古式ゆかしいファサードです。


P1670900


P1670899
ルネッタ上の「無原罪の聖母」の浮彫


P1670901
こちらの方が正式な名称のようです。


P1670902
寄り道を続けました。


P1670903
見どころがあまりないので、時間潰しが大変です。


P1670905
ドゥオーモです。


P1670906
代わり映えしませんなあ。


P1670907
写真右が18世紀に建築されたPalazzo Gotti


P1670908
サン・ピエトロ大聖堂です。


P1670909
美術的には殆ど見るべきものがない大聖堂です。


P1670912
閉まっていましたが、残念とは全然思いませんでした。


P1670913
ドゥオーモ広場


P1670910
木の後ろにも教会があります。


P1670915
旧サン・ロッコ教会です。


P1670914
現在は市の所有物となっており、各種催事場などとして使用されてます。


P1670916
司教館だったような・・・・・?


P1670917
道の先に門が見えます。その手前に教会があります。


P1670918
城壁は残されていませんが、門が残ってます。


P1670931


P1670932


P1670933
門を潜りました。


P1670935
何もないので元の道に戻りました。


P1670930
サンタ・マリア・マッダレーナ教会です。


P1670926
美術的には、例え開いていても拝観する気になれません。


P1670927


P1670938
チェントロ側は冴えてませんが、夏にでもなれば海側は大混雑です。


P1670940
実は、この年(2015年)の6月、イタリアは連日40度を超えるとか超えないで大騒ぎになっていました。


P1670943
ところが、この日だけはシロッコが影を潜めて、涼しい北風が吹いて一息つけたのです。


P1670944


P1670946
サン・マルティーノ教会です。


P1670947
この教会も美術ファンとしては拝観する気になれません。


P1670948
チェントロの方は大体見たので、海の方に戻ることにしました。


P1670950
セニガッリアのホテルの殆どは海側にあり、その大部分は夏季中心の営業です。


P1670951
この日のお宿も海側にあります。


P1670952
カルミネ教会です。


P1670953
ここは開いていましたがパス。


P1670961
要塞を通り過ぎて駅の反対側に出ます。


P1670962
海岸側に出ました。


P1670963
海岸は直ぐ傍にあります。


P1670964


P1670965
2日前まで猛暑だったので混雑していたそうです。


P1670966
22-23度くらい、しかも風が強い日でした。


P1670967
波が荒かった。


P1670781


P1670969
(おわり)

セニガッリアは、人口44,796人(2016年6月30日現在)のマルケ州アンコーナ県にあるコムーネです。
P2060901
私が初めて「セニガッリア」を知ったのは美術館でした。


P2060907
この有名な作品です。


P2060908
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「セニガッリアの聖母」です。


P2070412
ウルビーノの国立美術館で展示されてます。
「セニガッリアの聖母」の由来ですが、セニガッリアの貴族がピエロ・デッラ・フランチェスカの「聖母子」(2番目の写真)を所持していたからのようです。
「セニガッリア」が何処にあるかについては、知りませんでした。
ところがアンコーナからリミニに向かう途中のFSのRVの車窓からセニガッリア駅前に立派な要塞が見えたのです。その時、急遽途中下車して簡単に街歩きをしたのが初めてのセニガッリア体験でした。


P1670782
セニガッリア駅に到着しました。


P1670783
この時は、セニガッリアで2泊して、その間の中1日はアルチェーヴィアへの日帰り旅行を予定していました。


P1670784
駅を出ると、眼前にあるのが要塞です。要塞と駅の間に広い道路があり、道路の両側にバスの停留所があります。
バスターミナルは別の場所にありますが、バスの殆どは駅前から乗降できるようになってます。


P1670785
駅舎
アルチェーヴィアに向かう公共交通機関はバスしかありません。バスの時刻表を見ていたら、女子高校生と思しき2人が英語で話しかけてきたのです。私の顔にはイタリア語を話さないと書いてあります。話しかけられるのは決まって英語です。
女子高校生「何処に行くの?」
私「アルチェーヴィア」
女子高校生「アルチェーヴィアに行くバスは、今日は夕方に1本あるだけです」
私「乗るのは明日なんだけど」
女子高校生「明日は、朝の早い時間と夕方の2本しかないわ。今日も明日も学校の先生のストライキで、平日だけど学校が休校の時刻で運転されるの」
どひゃー、ビックリです。
女子高校生の言うことは多分正しいと思いましたが、バスターミナルに行って係員に確認したところ、明日もストライキが行われると思うとの事。(この時はブロークンのイタリア語)
困りました。お宿に行って、1泊するけど、もう1泊はキャンセルの了解を取ってからホテルの部屋に入って、PCで翌日以降の旅程変更を行いました。
慌てていたので、この間の写真は一枚も撮ってません。


22
アルチェーヴィアには一度行ったことがあります。(以下5枚の写真は外部サイトから拝借しました)


Palazzo_Comune_Arcevia
市庁舎


640px-Luca_signorelli,_polittico_di_arcevia
一番の目的は、この作品を観ることでした。
ルーカ・シニョレッリの傑作「アルチェーヴィアの多翼祭壇画」


20
要塞も中々のものです。


21
イタリアのバスの位置付けは大体学生が利用するものと思います。観光客が多い路線では、休校日であっても日中の減便は少ないのですが、それ以外の路線では休校日の日中は大幅に減便されるのが普通です。
アルチェーヴィアへの日帰りは、朝7時到着、夕方7時半出発ならば可能でしたが、12時間以上どうやって過ごすか適当な策が見つからなかったので断念した次第です。
公共交通機関のストは、山猫ストはあるものの、事前にある程度知りえますが、先生方のストによるバスの減便なんて予想だにしなかったので堪えました。


P1670786
気を取り直してセニガッリアの街歩きです。


P1670787
Rocca Roveresca


P1670788
要塞の前から見た駅舎です。


P1670789
要塞の周りは公園になってます。


P1670790
セニガッリアは海水浴場として有名です。
要塞がある場所に、3世紀頃、海の見張り台が築かれましたが、それが要塞の始まりです。要塞は代々の支配者によって拡大整備されましたが、現在の姿の要塞は、1474年にセニガッリアの領主となったジョヴァンニ・デッラ・ローヴェレが建築家バンチョ・ボンテッリ(フィレンツェ、1450c‐ウルビーノ、1494c)に注文して1480年に完成した、ルチアーノ・ラウラーナの影響が認められるルネサンス様式のものです。バンチョはウルビーノ公のフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロに仕え、ウルビーノの傑作を残してます。


P1670791
度々抗争の舞台となったセニガッリアなので、それに備えてジョヴァンニ・デッラ・ローヴェレが要塞を築いたとされてます。


P1670792
小競り合いはあったものの、本格的な戦闘の舞台には一度もなったことがない要塞です。


P1670793
1502年、セニガッリアはチェーザレ・ボルジアの支配下に置かれましたが、その年末に反乱が起き、直ぐに鎮圧されましたが、1503年1月3日に反乱首謀者たちの処刑がこの要塞で行われました。


P1670794
現在、要塞は博物館として公開されてますが、それ以前は刑務所でした。


P1670795
要塞が刑務所というのは、イタリアでは定番のようです。


P1670798
博物館に一度入館して懲りてますが、まあ特に他にやることがないので、入館することにしました。


P1670797
橋を渡りました。


P1670808
要塞の入り口


P1670843
写真右端が切符売り場


P1670809
中庭に置かれた大砲


P1670811
中世の頃は石弾が普通ですが、この大砲がこの大きな石弾を発射するのは無理でしょうね。


P1670810
さて、展示の方はどうなっているでしょうか。


P1670812
前回、入館した時は現代の作品ばかりでうんざりしましたが・・・・・


P1670813
やっぱり前回と同じでした。


P1670814
前回も今回も入館者は私一人でした。


P1670816
展示されて作品の数は前回よりも増えていました。


P1670818
現代モノが苦手なので、作品が展示されていない部屋を見たのですが、少し前まで刑務所だったせいなのか、少し不気味な気がしました。


P1670819
ここで貰ったパンフレットの記述が凄いんです。


P1670820
パンフレット曰く「中世の要塞に見事にマッチした現代の彫刻の数々」が売りだそうです。「全然マッチしてないよ」←私の独り言
見解の相違ですね。


P1670821
こんな展示がありました。


P1670822
この要塞に関係した人たちのようです。勿論本物ではありません。


P1670823


P1670824
要塞に付いての説明です。


P1670825
要塞の航空写真


P1670826
中世の絵画や彫刻などが展示されていた時代があったそうです。


P1670827
それらは今何処にあるのでしょうか?


P1670828
この下は要塞の牢獄です。チェーザレ・ボルジアに反乱した首謀者が囚われて拷問された部屋です。


P1670829
階上に向かいました。


P1670830
展示作品が増えました。


P1670831
年間入館者数はどのくらいなんでしょうか?


P1670832
私の予想→年間1万人以下


P1670833
礼拝堂(タベルナコロ)


P1670835
16世紀のもの


P1670837
要塞からの眺め


P1670838
ドゥオーモの鐘楼が見えてます。


P1670840
この場所から写真を撮りました。


P1670839


P1670841
それ程高い場所ではないので、平凡な眺めです。


P1670842



P1670844
要塞の外に出ました。


P1670805
セニガッリアの見どころです。


P1670800
Piazza Palazzo del Duca
建物はパラッツォ・ディ・バヴィエラ


P1670801
Palazzo del Duca


P1670803
「ライオンの噴水」


P1670802
SENAFILとは何ぞや?


P1670806
セニガッリアの最大の見どころはここだそうですから、後は推して知るべしです。


P1670848
広場の横に円形の建物が建ってます。


P1670849
フォロ・アンノナーリオ


P1670850
その横の建物は分かりません。


P1670851
市場です。


P1670852
新古典様式の柱廊が有名です。


P1670853
市場の他に食堂があります。


P1670854
昼休み中


P1670855
(つづく)

P1520812
16世紀のオランダの無名画家の「嘆きの聖母」


P1520814
制作者不明の「Giovanni Van Scorel 作の『マグダラのマリア』の複製画」


P1520817
16世紀の無名画家の「ユディト」


P1520819
ステファノ・ジョルダーノ(メッシーナ、16世紀)の「玉座の聖母子と大天使ミケーレとバーリの聖二コラとキリストの復活」(1541)


P1520821
16世紀のガロファロの模倣者の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1520825
ポリドーロ・ダ・カラヴァッジョ(カラヴァッジョ、1499c‐1543)の「十字架降下と羊飼いの礼拝」


P1520827
ポリドーロ・ダ・カラヴァッジョの「盲人の治癒」


P1520829
ポリドーロ・ダ・カラヴァッジョの「聖霊降臨」


P1520831
ヴィンチェンツォ・ダ・パヴィア(not. 1518-1557)の「ご誕生」


P1520833
ヴィンチェンツォ・ダ・パヴィアの「エジプトへの逃避」


P1520835
ヴィンチェンツォ・ダ・パヴィアの「聖コッラード」(1548)


P1520838
ヴィンチェンツォ・ダ・パヴィアの「十字架降下」


P1520840
ヴィンチェンツォ・ダ・パヴィアの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1520842
ヴィンチェンツォ・ダ・パヴィアの「聖ジャコモ・サルヴァの物語」


P1520844
マルコ・ピーノ(シエナ、1521‐ナポリ、1583)の「変容」(1574)


P1520846
16世紀前半の無名画家の「聖家族と聖ジョヴァンニーノと天使」


P1520849
ヴィンチェンツォ・ダネーウの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1520851
レオナルド・グラッツィ(ピストイア、1542‐1548記録)の「聖母子」


P1520853
トスカーナの無名画家の「若い男の肖像(または聖ミニアート?)」(1563)


P1520859
次の作品とセットになってます。


P1520858
ジョルジョ・ヴァザーリ(アレッツォ、1511‐フィレンツェ、1574)の「天からの恵みの追放」(1545)


P1520860
マルコ・ピーノ(コスタルピーノ、1521‐ナポリ、1583)の「サウル王の回心」(1574)


P1520864
ジローラモ・ムツィアーノ(ブレーシャ、1532‐ローマ、1592)の「聖アンドレア」


P1520865
バルトロメオ・カヴァロッツィの様式によってソフォニスバ・アングイッソーラに帰属する「聖母子」


P1520867
パルマ・イル・ジョーヴァネ(ヴェネツィア、1544‐1628)の「ピエタ」


P1520870
カヴァリエ―ル・ダルピーノ(アルピーノ、1568‐ローマ、1640)の「ペルセオとアンドロメダ」


P1520873
ヴィンチェンツォ・デリ・アザーニ・ダ・パヴィア(パヴィアからパレルモで1519‐1557記録)の「聖母子と聖ピエトロ・マルティ―レと聖ステファノと聖アガタとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1520876
16世紀後半の南イタリアの無名画家の「聖母子とパオラの聖フランチェスコと聖オリヴァ」


P1520880
Simone De Wobreck (Haarlem- Palermo, not. 1557-1587 )の「聖母の死」


P1520882
Simone De Wobreck の「聖母被昇天」


P1520884
ジュゼッペ・アルヴィーノ(パレルモ、1550以前生まれー1611)の「メダルを持つ人」


P1520886
ジュゼッペ・アルヴィーノの「(ギリシャ神話の)コルヌコーピア」
鬱陶しいギリシャ神話ものです。


P1520888
ジュゼッペ・アルヴィーノの「天上の聖母子と聖アンドレアと聖アルフィーオ、聖フィラデルフィオ、聖チリーノ、パオラの聖フランチェスコ」


P1520891
ピエトロ・ダサーロ(ラカルムート、1579‐1647)の「羊飼い」


P1520893
ガスパーレ・バッザーノ(ガンギ、1565c‐パレルモ、1630)の「割礼」


P1520897
ガスパーレ・バッザーノとレアンドロ・バッザーノ(パレルモ、1589c‐1615)の「オラトリオの集会にベアート・フィリッポ・ネリに託する聖母」(1615以前)


P1520900
ピエトロ・ダサーロの「ご誕生」(1609)


P1520902
ピエトロ・ダサーロの「マギの礼拝」


P1520904
ピエトロ・ノヴェッリ(モンレアーレ、1603‐パレルモ、1646)の「羊飼いの礼拝」


P1520906
ピエトロ・ノヴェッリの「聖母子と聖フランチェスコ」


P1520909
おおっ、これをここで観れるなんて。


P1520910
ブレラの至宝である筈がありません。←美術オタクさんからご指摘頂きました、間違いです。
以下のように訂正させて頂きます。
訂正→ロンドン・ナショナル・ギャラリーにある傑作がここにある筈がありません
美術オタクさん、ご指摘有難うございます。

しかし、この作品がここで最も良かった、と思った私です。それにしてもパレルモの画家は呑臭いですね。


P1520911
アントン・ヴァン・ダイク(アンヴェルサ、1599‐ロンドン、1641)に帰属する「聖母子」


P1520913
アントン・ヴァン・ダイクと工房の「死せるキリストへの哀悼」


P1520916
バッティステッロ(ナポリ、1578‐1635)の「眠るアモール」


P1520918
アントン・ヴァン・ダイクに帰属する「聖ロザリア」


P1520920
チェーザレ・フラカンツァーノ(1605‐1652c)の「ティシウスの苦痛」


P1520923
Jusepe De Ribera (1591-1652) の「聖アゴスティーノ」


P1520925
リベラの「聖パオロ・エレミータ」


P1520929
ピエトロ・ノヴェッリの「牢獄から解放される聖ピエトロ」


P1520933
ピエトロ・ノヴェッリの「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖ロザリア」


P1520936
ピエトロ・ノヴェッリの「モーゼ」


P1520938
ピエトロ・ノヴェッリの「ノエの酔い」


P1520941
ピエトロ・ノヴェッリの「モーゼ」


P1520945
アンドレア・ヴァッカーロ(ナポリ、1604‐1670)の「マグダラのマリア」


P1520947
ピエトロ・ノヴェッリの「コロニーデを殺すアポッロ」


P1520952
ピエトロ・ノヴェッリの「Santo Martire」


P1520955
ピエトロ・ノヴェッリの「Santo Martire」


P1520957
ピエトロ・ノヴェッリの「マグダラのマリアの聖体拝領」


P1520959
ピエトロ・ノヴェッリの「聖カシミーロの戴冠」


P1520962
ピエトロ・ノヴェッリの「受胎告知」


P1520964
ゲラルド・アストリーノ(1624‐1665記録)の「聖エウラリアの殉教」(1636)


P1520967
詳細不明


P1520968


P1520969


P1520970


P1520971


P1520972


P1520973


P1520974


P1520977
マッティア・プレティの「キリストと姦通女」


P1520979
マッティア・プレティの「キリストとカナン人」


P1520982
マッティア・プレティの「四福音書記者」


P1520985
マッティア・プレティの「キリストと百人隊長」


P1520988
ルーカ・ジョルダーノの「(ギリシャ神話の)ディアニーラの強奪」


P1520992


P1520993


P1520995


P1520996
上の作品の説明プレートです。


P1520998
ところが作品の下にはルーカ・ジョルダーノの作品と書いてあります。


P1520999
これで終わりです。


P1530001
外に出ました。


P1530002
(おわり)

P1520630
15世紀前半のシチリアの無名画家の「聖母子と聖人たちのトリッティコ」


P1520633
14世紀のピサ派無名画家の「ピエタと聖人たち」


P1520635
15世紀前半のシチリアの無名画家の「聖母子」


P1520639
シエナとマルケの影響を受けた無名画家の「聖母子と聖バルバラと聖アガタのトリッティコ」


P1520642
15世紀前半のシチリアの無名画家の「玉座の聖母子と聖キアーラと聖バジーリオ」


P1520644
Maestro di Galatina (15世紀前半)の「玉座の聖母子と受胎告知」


P1520650
Maestro del Polittico di Trapani の「福音書記者聖ジョヴァンニ」(15世紀初め)


P1520653
Maestro del Polittico di Trapani の「聖母戴冠と大天使ミケーレと大天使ラッファエーレ」(15世紀初め)


P1520656
Maestro Toscano (15世紀初め)の「聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナと聖パオロと聖ピエトロと聖ドメニコのポリッティコ」


P1520657
この多翼祭壇画はパレルモのサンタ・カテリーナ修道院にありました。


P1520660
Maestro delle Incoronazioni (15世紀前半)の「受胎告知」


P1520662
Maestro delle Incoronazioniの「聖母戴冠と聖ピエトロと聖パオロ」


P1520665
この祭壇画はパレルモのサン・ピエトロ・イン・バニャーラ教会にありました。


P1520667
次の展示室です。


P1520668
トッマーゾ・デ・ヴィジーリア(パレルモ、1460‐1494記録)の「聖アントニオア・アバーテと聖セバスティアーノ」


P1520670
トッマーゾ・デ・ヴィジーリアの「囚われの王女を解放する聖ジョルジョ」


P1520674
Maestro del Trittico di Monreale (15世紀後半)の「聖母子と聖ヴィト―と聖カステレンセ」
聖カステレンセなんて全然知りません。


P1520675
中央パネル


P1520678
Maestro del Trittico di Alcamo (15世紀後半)の「聖母子と聖ピエトロと福音書記者聖ジョヴァンニ」(1462)


P1520681
15世紀後半の無名画家の「嘆きのマグダラのマリア」


P1520684
トッマーゾ・デ・ヴィジーリアの「玉座の聖母子と聖人たちと天使たち」


P1520686
15世紀前半の無名画家の「彩色磔刑像」
裏面にも描かれてます。


P1520689
こちらがその裏面


P1520691
ピエトロ・ルッツォローネ(パレルモ、1484‐1526)の「彩色十字架」
裏面にも描かれてます。


P1520693
こちらがその裏面です。


P1520694
トッマーゾ・デ・ヴィジーリアの「四聖女(聖アナスタシア、聖アガタ、聖ルチア、聖アポッロニア)」


P1520696
トッマーゾ・デ・ヴィジーリアの「聖アグネスと聖チェチリア」


P1520699
Maestro del Polittico di Corleone (15世紀後半)の「コルレオーネのサルヴァトーレ修道院の多翼祭壇画」


P1520702
トッマーゾ・デ・ヴィジーリアの「アブラーモと3天使」


P1520705
トッマーゾ・デ・ヴィジーリア工房の「福音書記者聖ジョヴァンニ」(1492)


P1520708
トッマーゾ・デ・ヴィジーリアの「バーリの聖二コラ」(1489)


P1520710
アントネッロ・ダ・メッシーナ(メッシーナ、1430c‐1479)の「受胎告知の聖母」(1473)


P1520711
この美術館を代表する傑作ですが、それ以上に西洋美術史に残る傑作です。


P1520713
これは何でしょうか?額縁?


P1520714
その説明板


P1520716
アントネッロ・ダ・メッシーナの「聖グレゴリオ」


P1520717
アントネッロ・ダ・メッシーナの「聖ジローラモ」


P1520720
マルコ・バサイティ(ヴェネツィア、1470‐1530記録)の「幼きリストを崇拝する聖母」


P1520722
次の展示室です。


P1520725
フランチェスコ・ランチッロット(フィレンツェ、1513‐1514記録)の「三位一体と受胎告知」
珍しいフランチェスコの作品がどうしてここにあるのか不思議です。


P1520730
Seguace del Maestro della Croce di Piazza Amerina の「十字架降下と聖ピエトロと聖パオロ」


P1520735
リッカルド・クアルタラーロ(シャッカ、1443‐1506)の「聖母戴冠」


P1520739
リッカルド・クアルタラーロの追随者の「彩色磔刑像」


P1520742
リッカルド・クアルタラーロの「聖母子のタベルナコロを崇める聖ロザリア」


P1520745
上の作品


P1520747
下の作品


P1520746
その説明板


P1520749
リッカルド・クアルタラーロの「聖ピエトロと聖パオロ」(1494)


P1520751
ニッコロ・ダ・ペッティネオ(ペッティネオ、1494‐1514記録)の「聖母子と音楽天使たち」(1498)


P1520755
Maestro della Pentecoste の「聖霊降臨」


P1520758
16世紀前半のシチリアの無名画家の「玉座の聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖トッマーゾ・アポストロ」


P1520762
アントネッロ・クレスチェンツィオに帰属する「聖母被昇天」(16世紀初頭)


P1520766
Maestro della Pentecoste の「ピエタ」(16世紀初め)


P1520768
アントネッロ・クレスチェンツィオの「聖母の昇天」


P1520772
アンドレア・サバティーニ・ダ・サレルノ?の「洗礼者聖ジョヴァンニ」、「福音書記者聖ジョヴァンニ」


P1520775
Maestro della Pentecoste の「聖ザッカリアと聖ジュゼッペとご訪問」


P1520779
アントネッロ・クレスチェンツィオの「ラッファエッロ作『カルヴァリオへの途』のコピー画」(1538)


P1520782
マリオ・ディ・ラウリート(ナポリ、1501‐1536記録)?の「聖トッマーゾの説教」


P1520785
マリオ・ディ・ラウリート?の「司教座の聖ドメニコ」


P1520788
アンヴェルサ派無名画家の「マギの礼拝」(16世紀初め)


P1520792
ドイツ・フランドル派無名画家の「受胎告知」(15世紀)


P1520795
16世紀初めのアンヴェルサ派無名画家の「十字架降下とマグダラのマリアとアリマテアの聖ジュゼッペ」


P1520798
16世紀初めのアンヴェルサ派無名画家の「マギの礼拝」


P1520801
16世紀初めのアンヴェルサ派無名画家の「マギの礼拝と聖パオロ・と聖ジャコモ・マッジョーレ」


P1520803
Adriano Isembrandt (Bruges, not. 1510-1551)の「聖母子」


P1520805
Maestro di Santo Sangue (Bruges, sec. 16 principio)の「聖母子と天使たち」


P1520808


P1520809
上の作品の説明板


P1520810


P1520811
上の作品の説明板
(つづく)

P1520478
展示の質と数において、シチリア最高の美術館がパレルモのシチリア州立美術館です。


P1520479
アバテッリス宮殿です。1


P1520481
宮殿の建物が美術館になってます。


P1520482
一般入館者は多くありませんが、小中学生の団体が比較的多いのが目立ちます。


P1520483
15世紀後半にフランチェスコ・アバテッリスが自宅として建築した宮殿です。


P1520484
美術館は1866年に開設されました。


P1520485
宮殿の入り口


P1520486
切符売り場


P1520487
入館しました。


P1520488
切符売場の前のロビーにある彫刻です。
15世紀後半の無名彫刻家の「聖母子」
パレルモのサン・フランチェスコ教会にありました。


P1520490
一旦、宮殿の中庭に出てから展示室に向かいます。


P1520491
美術館は1階と2階からなってます。


P1520493
1階が主に彫刻の展示で、2階が絵画の展示となってます。


P1520492
順番通りに1階から見ていきました。


P1520494
先ず彫刻の展示です。


P1520495
オッフィチーナ・パレルミターナ(15世紀後半)の「天使」
オッフィチーナとは、工場とか製作所、工房という意味ですが、他の美術館や博物館で見たことがありません。


P1520498
Maestro del Trionfo della Morte(15世紀) と弟子の「死(死神)の凱旋」


P1520499
この美術を代表する傑作と言われてます。


P1520501
オッフィチーナ・パレルミターナの「十字架」
パレルモのサン・フランチェスコ教会にあったそうです。


P1520503
オッフィチーナ・ディ・マラガ(13世紀末ー14世紀前半)の「壺」


P1520506
オッフィチーナ・パレルミターナ(15世紀末)の「ご誕生」


P1520509
ドメニコ・ガジーニ(ビッソーネ、1430c‐1492)の「授乳の聖母」


P1520511
フランチェスコ・ラウラーナ(ラウラーナ、1458‐1502記録)の「アラゴン家のエレオノーラの胸像」(1471c)
この作品も有名です。エレオノーラの胸像となってますが、アラゴン家のジャン・ガレアッツォ・スフォルツァの妻イサベッラの胸像と言われてます。エレオノーラ=イサベッラ?でしょうか。この辺がサッパリ分かりません。


P1520514
アントネッロ・ガジーニ(パレルモ、1478‐1536)の「受胎告知」


P1520517
アントネッロ・ガジーニ工房の「雪の聖母」(1516)


P1520520
アントネッロ・ガジーニの「アンザローニの祭壇」(1528)
パレルモのサンタ・マリア・デッロ・スパーシモ教会アンザローニ礼拝堂の祭壇です。


P1520523
アントネッロ・ガジーニの「聖母子」


P1520525
アントネッロ・ガジーニの「聖母子」


P1520529
アントネッロ・ガジーニの「聖母子」


P1520531
アントネッロ・ガジーニの「大天使ミケーレ」


P1520534
16世紀のロンバルドの無名彫刻家の「司教聖人」


P1520537
16世紀のロンバルディアの無名彫刻家の「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1520541
16世紀前半の無名彫刻家の「パドヴァの聖アントニオ」


P1520544
Maestro delle Storie di Santa Cristina (15世紀後半活動)の「聖ジローラモ」


P1520546
次の展示室です。


P1520547
これらが何なのかサッパリ分かりません。


P1520549
最下段のもの


P1520550
その説明板です。


P1520552
アントネッロ・ガジーニと工房の「タベルナコロの石板」


P1520554
ドメニコ・ガジーニと工房の「柱頭装飾」
パレルモのサンティッシマ・アンヌンツィアータ教会にあったそうです。


P1520557
アントネッロ・ガジーニの「聖母子」


P1520559
絵画が展示されている2階に向かいました。


P1520560
13世紀のシチリアの無名画家の「大天使」


P1520564
14世紀のシチリアの無名画家の「授乳の聖母」


P1520567
14世紀の無名画家の「磔刑」


P1520569
パラッツォ2階からの眺め


P1520570



P1520572
14世紀後半の無名画家の「三位一体と受胎告知と四音楽天使」


P1520575
ヤコポ・ディ・ミケーレ(ピサ、1371‐1391記録)の「聖ジョルジョ」、「聖アガタ」


P1520579
ジョヴァンニ・ディ・二コラ(ピサ、1358‐1360記録)の「授乳の聖母」


P1520581
リッポ・メンミ(1317‐1347記録)の「聖ピエトロ」


P1520584
リッポ・メンミの「聖パオロ」


P1520588
ニッコロ・ディ・マージョ(シエナ、1399‐1430)の「玉座の聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1520591
Maestro del Polittico di Trapani (15世紀初頭に活動)の「花の聖母」


P1520594
トゥリーノ・ヴァンニ(ピサ、1348‐1438記録)の「聖母子と聖人たちと天使たち」
保護ガラス板に対面のものが写ってしまうので、横から撮りました。


P1520596
14世紀後半の無名画家の「聖母子」


P1520600
14世紀後半のピサ派無名画家の「司教座の聖二コラ」


P1520603
14世紀後半の無名画家の「ピエタ」


P1520606
Maestro della Croce di Castelfiorentino (13世後半に活動)の「磔刑像」


P1520608
14世紀のヴェネトの無名画家の「聖母子と二聖人」


P1520611
ヴェネトの無名画家(13世紀末—14世紀初頭に活動)の「ラザロの蘇生」


P1520615
ヴェネトの無名画家(13世紀末—14世紀初頭に活動)の「キリストの復活」


P1520618
14世紀初頭のビザンチンの無名画家の「聖母子」


P1520621
バルトロメオ・ペッレラーノ(カモ―リ、1339‐1348記録)の「ウミルタの聖母」(1346)


P1520624
アントニオ・ヴェネツィアーノ(1370‐1388記録)の「聖母子」


P1520626
ジャコモ・セッラ(バルチェッローナ、1360‐1389記録)の「最後の晩餐」


P1520627
(つづく)

2016年6月時点における展示作品を紹介しています。
P2030842
ジョヴァンニ・アゴスティーノ・ダ・ローディ(ローディ、1470c‐1519)の「聖母子」


P2030845
ベルナルディーノ・フェッラーリの「跪く2信者」


P2030849
マルコ・ドッジョーノの「聖母子」


P2030852
ジョヴァンニ・アゴスティーノ・ダ・ローディの「聖ピエトロと福音書記者聖ジョヴァンニ」


P2030854
マルコ・ドッジョーノとジョヴァンニ・アゴスティーノ・ダ・ローディの「キリストの洗礼」


P2030858
マルコ・ドッジョーノの「聖パオロ」


P2030862
マルコ・ドッジョーノとジョヴァンニ・アゴスティーノ・ダ・ローディの「マギの礼拝」


P2030865
シモーネ・ぺテルツァーノ(ヴェネツィア、1540‐ミラノ、1596)の「ヴィーナスと天使と2サティーロ」
シモーネはカラヴァッジョの師匠です。


P2030869
ここで修復作業が行われます。


P2030881
ブラマンテとマンテーニャの有名な作品が修復中でした。


P2030871
ソフォニスバ・アングイッソーラ(クレモナ、1532‐33-パレルモ、1625)の「自画像」


P2030874
ソフォニスバ・アングイッソーラの「ピエタ」


P2030878
ジュリオ・カンピ(クレモナ、1508‐1573)の「聖母子とパドヴァの聖アントニオとベアート・アルベルト・ダ・ヴィッラ・ドーニャと寄進者」


P2030883
ヴィンチェンツォ・カンピ(クレモナ、1530‐30c‐1591)の「果物売り」(1578‐81)


P2030886
ボッカッチョ・ボッカッチーニ(フェッラーラで1493年から記録、クレモナで1525年没)の「聖母子」


P2030889
カルロ・クリヴェッリの作品です。


P2030891
団体さんが2組、カルロ・クリヴェッリの作品の前に来たので、他の作品を先に見ることにしました。


P2030907
2016年3月17日から2016年6月27日まで、ペルジーノとラッファエッロの師弟による「聖母の結婚」が対比するべく並べて展示されていました。2つの作品の構図は殆ど同じです。


P2030893
ラッファエッロの「聖母の結婚」(1504)
チッタ・ディ・カステッロのサン・フランチェスコ教会のために描かれた作品で、現在はブレラ絵画館で常設展示されてます。


P2030900
ペルジーノ(チッタ・デッラ・ピエーヴェ、1446-フォンティニャーノ、1523)の「聖母の結婚」(1501‐04)
フランスのカン美術館にある作品で、200年振りにイタリアに里帰りしたのです。
実は同じ部屋にもう1点の「聖母の結婚」が展示されていました。


P2030897
Jean-Baptiste Wicar (1762-1834) の「聖母の結婚」


P2030366
同じ展示室にピエロ・デッラ・フランチェスカの作品も展示されていました。


P2030909
このように空いているときもありました。


P2030905
ピエロ・デッラ・フランチェスカ(ボルゴ・サン・セポルクロ、1415c‐1492)の「サン・ベルナルディーノの祭壇画」(1465‐70)
ウルビーノのサン・ベルナルディーノ教会にあった作品です。


P2030911
カリスト・ピアッツァ(ローディ、1521‐1562)の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖ジローラモ」


P2030917
シモーネ・カンタリーニ(ペーザロ、1612‐ヴェローナ、1648)の「エジプトへの逃避途中の休息」


P2030920
ロンバルディアの無名画家の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖パオロと音楽天使」


P2030924
ヴィンチェンツォ・パガーニ(フェルモ、1490c‐1567)の「聖母戴冠」


P2030928
カルロ・クリヴェッリ(ヴェネツィア、1430c‐マルケ、1494‐95)の「磔刑」


P2030932
カルロ・クリヴェッリの「聖母戴冠」(1493)


P2030936
カルロ・クリヴェッリの「蝋燭の聖母と4聖人(聖ピエトロ、聖パオロ、聖アゴスティーノ、聖ジローラモ」(1488‐90)


P2030939
ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ(ファブリアーノ、1370c‐ローマ、1427)の「ヴァッレ・ロミータの多翼祭壇画」(1408)


P2030941
バルトロメオ・ディ・トッマーゾ(フォリーニョ、1408c‐ローマ1454以前没)の「幼きキリストを崇拝する聖母」(1427‐30c)


P2030946
ジョヴァンニ・アンジェロ・ダントニオ・ダ・ボローニャ(1443‐1476記録)の「グアルド・タディーノの多翼祭壇画」(1462‐65c)


P2030950
ニッコロ・ディ・リベラトーレ通称ニッコロ・アルンノ(ふぉりーにゃ、1430c‐1502)の「カーイの多翼祭壇画」(1461)
カーイ(マルケ州)のサン・フランチェスコ教会にあった作品です。


P2030952
カルロ・クリヴェッリの「サン・ドメニコのトリッティコ」(1482)
カメリーノ(マルケ州)のサン・ドメニコ教会にあった作品です。


P2030954
中央パネル


P2030956
左パネルの聖ピエトロと聖ドメニコ


P2030957
右パネルの聖ヴィナンツィオと聖ピエトロ・マルティ―レ


P2030959
裾絵左は、聖アントニオ・アバーテ、聖ジローラモ、聖アンドレア


P2030962
裾絵右は、聖ジャコモ、シエナの聖ベルナルディーノ、ベアート・ウゴリーノ・マガロッティ・ダ・フィエーニ


P2030965
ミケランジェロ・アンセルミ(ルッカ?、1491‐92‐パルマ、1554‐56)の「聖ジローラモとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2030968
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリ(ヴィアダーナ、1500c‐パルマ、1569)の「アクイーノの聖トッマーゾの扮装をした修道士の肖像」


P2030971
コッレッジョ(コッレッジョ、1489c‐1534)の「マギの礼拝」(1515‐18c)


P2030974
コッレッジョの「ご誕生」(1512‐13c)


P2030977
ロレンツォ・レオンブルーノ(マントヴァ、1477‐1537)の「運命の寓意」(1523c)


P2030980
エルコーレ・デ・ロベルティ(フェッラーラ、1450c‐1496)の「玉座の聖母子と聖アンナと聖エリザベッタ、聖アゴスティーノ、ベアート・ピエトロ・デリ・オネスティ」(1479‐81)


P2030984
ルドヴィーコ・マッツォリーノ(フェッラーラ、1480c‐1528c)の「ラザロの蘇生」(1527)


P2030988
フランチェスコ・フランチャ(ボローニャ、1450c‐1517)の「受胎告知」(1505)


P2030991
ニッコロ・ピサーノ(ピサ、1470‐1538)の「聖母子とガリツィアの聖ジャコモと聖エレーナ」(1512‐14)


P2030995
ドッソ・ドッシ(サン・ジョヴァンニ・デレ・ドッソ、1474‐フェッラーラ、1542)の「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P2030998
ドッソ・ドッシの「聖ジョルジョ」


P2030999
ガロファロ(フェッラーラ、1476c‐1559)の「嘆き」(1527)


P2040003
オルトラーノ(フェッラーラ、1487c‐1527以降没)の「磔刑」(1520)


P2040006
ドッソ・ドッシの「聖セバスティアーノ」(1526‐27)


P2040010
ボッカッチョ・ボッカッチーニの「聖母子」


P2040013
ニッコロ・ピサーノの「聖母子」


P2040016
コズメ・トゥーラの「磔刑のキリスト」


P2040019
フランチェスコ・ザガネッリ(コティニョーラ、1460‐70‐1532)の「十字架を担ぐキリスト」


P2040022
ジョヴァン・フランチェスコ・マイネーリ(1489‐1506記録)の「斬首された洗礼者聖ジョヴァンニの首」


P2040025
ジェミニアーノ・ベンツォーニ(1489‐1513記録)の「聖パオロ」(1500‐10)


P2040027
ロレンツォ・コスタ・イル・ヴェッキオ(フェッラーラ、1460c‐マントヴァ、1535)の「マギの礼拝」(1499)


P2040030
フィリッポ・マッツォーラ(パルマ、1460c‐1505)の「男の肖像」


P2040033
閉館時間間近なので空いていました。


P2040035
混雑していて撮れなかったアイエツの「接吻」を帰りに撮ることが出来ました。


P2040038
ペッリッツァ・ダ・ヴォルペード(ヴォルペード、1867‐1907)の「大勢の人」(1895‐96)


P2040040
外に出ました。


P2040043
もう直ぐ午後7時を迎えます。


P2040041
修復中のため閉鎖されていた展示室が多かったのが残念ですが、それでも十分満足できました。


P2040046
少しづつ展示作品が変わっていることが分かりました。


P2040055
(おわり)


2016年6月時点での展示作品を紹介しています。
P2030624
パオロ・ヴェロネーゼ(ヴェローナ、1528‐ヴェネツィア、1588)の「ゲッセマネ園の苦悩」


P2030629
ティントレット(ヴェネツィア、1519c‐1594)の「ピエタ」(1563c)


P2030633
パオロ・ヴェロネーゼの「聖コルネリオと聖チプリアーノと聖アントニオ・アバーテ」


P2030637
パルマ・イル・ジョーヴァネ(ヴェネツィア、1548c‐1628)の「老人の頭」


P2030641
パルマ・イル・ジョーヴァネの「自画像」


P2030645
パオロ・ヴェロネーゼの「シモーネ邸での晩餐」(1570c)


P2030648
ヤコポ・バッサーノ(バッサーノ、1510c‐1592)の「ペスト罹患者と聖ロッコ」


P2030652
ティツィアーノ(ピエーヴェ・ディ・カドーレ、1488c‐ヴェネツィア、1576)の「アントニオ・ディ・ポルチャ伯爵の肖像」


P2030657
ティントレットの「若い男の肖像」


P2030660
ティントレットの「品行を抑制する訓練」


P2030668
ロレンツォ・ロットの「ピエタ」(1545)


P2030672
ティツィアーノの「聖ジローラモ」(1555c)


P2030676
パオロ・ヴェロネーゼの「最後の晩餐」(1581以降)


P2030679
広い展示室です。


P2030680
パオロ・ヴェロネーゼの「キリストの洗礼と誘惑」(1582)


P2030685
ティントレットの「聖マルコの遺体の発見」


P2030689
パドヴァニーノ(パドヴァ、1588‐ヴェネツィア、1649)の「ノルマンに対する勝利」


P2030692
バルトロメオ・モンターニャ(オルツィヌオーヴィ、1450c‐ヴェネツィア、1523)の「玉座の聖母子と聖人たちと音楽天使たち」(1499)


P2030698
バルトロメオ・モンターニャの「玉座の聖母子と聖フランチェスコとシエナの聖ベルナルディーノ」(1490‐91)


P2030700
この部屋は大作が並んでます。


P2030702
パルマ・イル・ヴェッキオの「聖エレーナと聖コスタンティーノ、聖ロッコ、聖セバスティアーノ」(1520‐22)


P2030705
あらら、急に立ち上がらないでよ。


P2030717
ミケーレ・ダ・ヴェローナ(ヴェローナ、1470c‐1536c)の「磔刑」(1501)


P2030708
ジェンティーレ・ベッリーニ(ヴェネツィア、1432c‐1507)とジョヴァンニ・ベッリーニ(1430c‐1516)の「アレッサンドロ・デジット広場での聖マルコの説教」(1507以降)


P2030712
チーマ・ダ・コネリアーノ(コネリアーノ、1459c‐1517c)の「聖二コラと聖ベネデットと聖ピエトロ・マルティ―レ」


P2030714
アルヴィーゼ・ヴィヴァリーニの作品はコネリアーノへ貸し出し中でした。


P2030719
フランチェスコ・モローネ(ヴェローナ、1471‐1529)の「玉座の聖母子と聖ゼーノと聖ニコロ」


P2030725
アンドレア・マンテーニャと弟子の「シエナの聖ベルナルディーノ」(1469)


P2030728
マルチェッロ・フォゴリーノ(ヴィチェンツァ、1488c‐トレント、1558以降没)の「玉座の聖母子と聖ジョッベと聖ゴッタルド」


P2030732
フランチェスコ・ボンシニョーリ(ヴェローナ、1460c‐カルディエロ、1519)の「キリストのモノグラッマを持つ聖ルドヴィーコと聖フランチェスコ」


P2030736
チーマ・ダ・コネリアーノの「玉座の聖母子と聖セバスティアーノと洗礼者聖ジョヴァンニとマグダラのマリアと聖ロッコと信心会メンバー」


P2030741
ジョヴァンニ・マンスエ—ティ(ヴェネツィア、1465c‐1526c)の「アニアーノを洗礼する聖マルコ」(1518c)


P2030744
アルヴィーゼ・ヴィヴァリーニ(ヴェネツィア、1450c‐1505)の「聖母被昇天」(1478)


P2030748
ガウデンツィオ・フェッラーリ(ヴァルドゥッジャ、1475c‐ミラノ、1546)の「聖母の誕生」(1541‐43)


P2030751
ガウデンツィオ・フェッラーリの「ミラノのサンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会のポリッティコ」


P2030755
マルコ・ドッジョーノ(オッジョーノ、1470‐75‐ミラノ、1524)の「三大天使」


P2030762
ベルナルド・ゼナーレの「受胎告知」


P2030766
ベルゴニョーネの「聖母被昇天と聖母戴冠」


P2030771
ピエトロ・グイド(ランツァ、1490‐1542記録)の「聖母子と聖人たちの多翼祭壇画」


P2030774
Maestro della Pala Sforzesca の「スフォルツェスカの祭壇画」


P2030779
ヴィンチェンツォ・フォッパ(バーニョロ・メッラ、1430c‐ブレーシャ、1515‐16)の作品です。


P2030782
裾絵


P2030780
中央パネル


P2030789
中央上


P2030788



P2030790



P2030785
裾絵


P2030787
裾絵


P2030794
ベルナルディーノ・ブティノーネ(トレヴィーリオで1473から記録、トレヴィーリオで1510年没)の「聖母子と聖レオナルドとシエナの聖ベルナルディーノ」


P2030798
ブラマンティ—ノ(ミラノ、1465c‐1530)の「聖母子」


P2030801
ブラマンティ—ノの「聖母子と二天使」


P2030804
ヴィンチェンツォ・フォッパの「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと福音書記者聖ジョヴァンニ」(1485)


P2030808
ブラマンティ—ノの「磔刑」


P2030812
ヴィンチェンツォ・フォッパの「聖セバスティアーノの殉教」


P2030817
ガウデンツィオ・フェッラーリの「聖母子」


P2030820
ガウデンツィオ・フェッラーリの「ミラノのサンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会のポリッティコ」(1545)


P2030822
ポリッティコの「マギの礼拝」部分


P2030827
ジョヴァンニ・ベルナルディーノとジョヴァンニ・ステファノ・スコッティの「磔刑と聖人たち」


P2030831
他の場所から移設した礼拝堂でしょう。


P2030832
礼拝堂の中には入れません。


P2030833
ミラノのサンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会のサン・ジュゼッペ礼拝堂に描かれたベルナルディーノ・ルイーニのフレスコ画です。


P2030839


P2030835


P2030836


P2030837


P2030838
(つづく)

2016年6月時点の展示作品を紹介しています。
P2030375
チーマ・ダ・コネリアーノ(コネリアーノ、1459c‐1518c)の「洗礼者聖ジョヴァンニと聖パオロと聖ピエトロ」


P2030379
フランチェスコ・ビッソーロ(ヴェネツィア、1492‐1554記録)の「聖アゴスティーノとトレンティーノの聖二コラと聖ステファノ」


P2030382
アンドレア・マンテーニャ(イーゾラ・ディ・カルトゥーロ、1430c‐マントヴァ、1506)の「サン・ルーカのポリッティコ」


P2030386
アンドレア・マンテーニャの「聖母子とケルビーニ」


P2030387


P2030390
ジョヴァンニ・ベッリーニ(ヴェネツィア、1430c‐1516)の「聖母子」


P2030392


P2030394
観ることが出来なかった作品がどのくらいの数に上ったのか、今となっては分かりません。


P2030395
ジョヴァンニ・ベッリーニの「聖母子」


P2030397


P2030400
アンドレア・プレヴィターリ(ベルガモ、1470c‐1528)の「変容」


P2030405
ジョヴァンニ・マルティーニ・ダ・ウーディネ(ウーディネ、1470c‐1535)の「聖オルソーラと信者たち」


P2030408
ヴィットーレ・カルパッチョ(ヴェネツィア、1460c‐1525c)の「聖母の結婚」


P2030412
ヴィットーレ・カルパッチョの「聖母の寺院への出現」


P2030416
ヴィットーレ・カルパッチョの「聖ステファノの説教」


P2030420
ヴィンチェンツォ・フォッパ(バーニョロ・メッラ、1430c‐ブレーシャ、1515c)の「キリストの寺院への出現」(1470c)


P2030424
Maestro della Pala Sforzesca の「福音書記者聖ジョヴァンニ」


P2030429
ジャンピエトリーノ(ロンバルディアで1520‐1540存在確認)の「聖母子」


P2030433
フランチェスコ・ナポレターノ(ナポリとミラノで15世紀後半に活動、1501年ヴェネツィアで没)の「聖母子」


P2030436
ベルナルディーノ・ゼナーレ(トレヴィーリオで1481から記録、1523年ミラノで没)の「聖母子と二音楽天使」(1500‐02)


P2030441
ベルナルディーノ・ルイーニ(ヴァレーゼ、1485c‐ミラノ、1532)の「ハムの嘲笑」(1515‐17)


P2030446
バルトロメオ・ヴェネト(1502‐1530存在確認)の「リュート弾き」(1520)


P2030450
ベルナルディーノ・ゼナーレの「聖母子」


P2030454
ベルナルディーノ・ゼナーレの領域の「聖家族」


P2030457
ジョヴァンニ・アントニオ・ボルトラッフィーオ(ミラノ、1467‐1516)の「詩人ジローラモ・カシーオの肖像」


P2030460
ジョヴァンニ・アントニオ・ボルトラッフィーオの「若い男の肖像」


P2030465
ソドマ(ヴェルチェッリ、1477‐シエナ、1547)の「キリストの嘲笑」


P2030469
レオナルド・ダ・ヴィンチの追随者の「聖母子」


P2030474
ベルナルディーノ・ルイーニの「薔薇園の聖母」


P2030478
チェーザレ・ダ・セスト(セスト・カレンデ?、1477‐ミラノ、1523)の「木の聖母」


P2030482
アンドレア・ソラーリオ(ミラノ、1465c‐1524)の「撫子の聖母」


P2030486
アンドレア・ソラーリオの「若い男の肖像」


P2030490
ベルナルディーノ・ゼナーレの「玉座の聖母子と聖ジャコモと聖フィリッポとグスティ家の人々」(1515)


P2030494
アンドレア・ソラーリオの「聖母子と聖ジュゼッペと聖シモーネ」


P2030498
ベルゴニョーネ(フォッサーノとミラノで1472から記録、1525年ミラノで没)の「ヴェールの聖母」


P2030501
ベルナルディーノ・ブティノーネ(トレヴィーリオで1473から記録、1540年トレヴィーリオで没)の「聖母子」


P2030505
ドナート・デ・バルディ(パヴィア生まれ、ジェノヴァで1426‐1451記録)の「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P2030508
ベルゴニョーネの「聖母子とシエナの聖カテリーナと修道士」


P2030510


P2030514
パリス・ボルドン(トレヴィーゾ、1500‐ヴェネツィア、1571)の「あなたの愛人」


P2030517
パリス・ボルドンの「聖家族と聖アンブロージョと寄進者」


P2030521
パルマ・イル・ヴェッキオ(セリーナ、1480c‐ヴェネツィア、1528)の「マギの礼拝と聖エレーナ」


P2030522
ルネサンス絵画は意外にも人気薄のようです。


P2030523


P2030527
パリス・ボルドンの「聖霊降臨」(1526‐27)


P2030533
ポルデノーネ(ポルデノーネ、1483‐フェッラーラ、1539)の「変容」


P2030536
ロレンツォ・ロット(ヴェネツィア、1480c‐ロレート、1556)の「聖母被昇天」(1512c)


P2030540
モレット(ブレーシャ、1497‐1552)の「聖母子と天使」(1540)


P2030544
ロマニーノ(ブレーシャ、1484‐1560)の「聖母子」(1516‐17)


P2030549
モレットの「聖母被昇天と聖人たち」


P2030553
モレットの「天上の聖母子と聖ジローラモと聖フランチェスコと聖アントニオ・アバーテ」(1543)


P2030557
ロマニーノの「キリストの寺院への出現」


P2030561
ジョヴァンニ・ジローラモ・サヴォルド(ブレーシャ、1480c‐ヴェネツィア、1548)の「天上の聖母子と聖ピエトロと聖ドメニコと聖パオロと聖ジローラモ」(1524‐26)


P2030566
ジョヴァン・バッティスタ・モローニ(ベルガモ、1520‐1578)の「男の肖像」


P2030569
カリアーニ(ベルガモ、1480c‐ヴェネツィア、1547)の「男の肖像」


P2030573
ジョヴァン・バッティスタ・モローニの「アントニオ・ナヴァゲーロの肖像」


P2030576
ジョヴァン・バッティスタ・モローニの「聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナと聖フランチェスコと信者」(1550c)


P2030579
ジョヴァン・バッティスタ・モローニの「聖母被昇天」(1570)


P2030584
カリアーニの「聖母子と聖人たち」


P2030587
カリアーニの「キリストの復活」(1520)


P2030590
ボニファチョ・ヴェロネーゼ(ボニファチョ・デ・ピターティ)(ヴェローナ、1487‐ヴェネツィア、1553)の「モーゼの発見」


P2030594
ボニファチョ・ヴェロネーゼの「キリストと姦通女」


P2030598
ロレンツォ・ロットの「リベラーレ・ダ・ピネデルの肖像」


P2030601
Lambert Sustris (1515c-1584) の「カルヴァリオへの途」(1540‐42)


P2030603
ロレンツォ・ロットの作品は貸し出し中でした。


P2030605
パリス・ボルドンの「キリストの洗礼」


P2030609
ロレンツォ・ロットの「フェーボ・ダ・ブレーシャの肖像」


P2030612
ロレンツォ・ロットの「男の肖像」


P2030617
パリス・ボルドンの「キリストの復活を幻視する聖母と聖ドメニコ」


P2030621
ティントレットの「十字架を崇める聖エレーナと聖バルバラと聖アンドレアと聖マルカリオ」
(つづく)

P2030133
シモン・ヴーエ(パリ、1590‐1649)の「若い女の肖像」


P2030136
ピエトロ・ダ・コルトーナ(コルトーナ、1596‐ローマ、1669)の「聖母子と聖人たし」(1629c)


P2030140
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574‐ミラノ、1625)の「変容」(1605‐07c)


P2030144
Joachim Von Sandrart (1606-1688) の「善きサマリア人」(1632)


P2030149
オラツィオ・デ・フェッラーリ(ヴァルトーリ、1606‐ジェノヴァ、1657)の「この人を見よ」


P2030152
ルーカ・ジョルダーノの「聖家族とパドヴァの聖アントニオ(1664‐65)


P2030156
アントン・ヴァン・ダイク(1599‐1641)の「聖母子とパドヴァの聖アントニオ」(1630‐32)


P2030160
Pieter Paul Rubens (1577-1640) の「最後の晩餐」


P2030164
Jacob Jordaens (Anversa,1593-1678) の「イサクの犠牲」


P2030168
ジョアッキーノ・アッセレート(ジェノヴァ、1600‐1644)の「寺院への出現」


P2030171
この辺になると空いてきました。


P2030174
Maestro di Anversa del 1518 の「マギの礼拝」


P2030177
16世紀のアンヴェルサ派無名画家の「聖母子を描く聖ルーカ」


P2030182
エル・グレコ(1541‐1614)の「聖フランチェスコ」


P2030185
Jan De Beer (1504-1515 存在記録)の「ご誕生、マギの礼拝、エジプトへの逃避のトリッティコ」


P2030189
Herman Rode の「男の肖像」(1628)


P2030194
Maestro delle Mezze Figure (15‐16世紀)の「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2030198
アントン・ヴァン・ダイクの「アメリア・ディ・ソルムズの肖像」


P2030202
Dirck Van Santvoort (1610-1681)の「男の肖像」


P2030205
Pieter Paul Rubens の「パンから逃げるシューリンクス」


P2030209
Nicola Knupfer ? の「利己的な金持ちの例え」


P2030213
Gian Filippo Van Thielen の「花」


P2030217
モラッツォーネ、チェラーノ、ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニの「聖ルフィーナと聖セコンダの殉教」


P2030221
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1570c‐ミラノ、1625)の「聖ジローラモ」


P2030226
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニの「悔悛のマグダラのマリア」


P2030230
フランチェスコ・カイロ(ミラノ、1607‐1665)の「ルイージ・サクラムッチャの肖像」


P2030233
ダニエーレ・クレスピ(1600c‐1630)の「彫刻家の肖像」


P2030237
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニの「聖チェチリア」


P2030241
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニの「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」(1616‐20)


P2030246
タンツィオ・ダ・ヴァラッロ(アラーニャ、1574c‐ヴァラッロ、1635)の「高貴な女性の肖像」


P2030249
モラッツォーネ(モラッツォーネ、1573‐ピアチェンツァ、1626)の「聖フランチェスコ」


P2030253
ダニエーレ・クレスピの「最後の晩餐」


P2030257
タンツィオ・ダ・ヴァラッロの「長崎でのフランチェスコ会修道士の殉教」は東京上野で開催されたカラヴァッジョ展に貸し出されていました。


P2030260
タンツィオ・ダ・ヴァラッロの「男の肖像」


P2030264
フランチェスコ・カイロの「ゲッセマネ園のキリスト」(1633)


P2030267
ジョヴァン・バッティスタ・クレスピ(チェラーノ、1576‐ミラノ、1633)の「ロザリオの聖母」


P2030271
カラヴァッジョの「エマオの晩餐」は貸し出されていました。それにしてもよく貸し出しを許可したものだと思います。


P2030296
この場所にカラヴァッジョの「エマオの晩餐」があります。「エマオの晩餐」の代わりに別の作品が展示されていました。


P2030282
それが、この「エジプトへの逃避途中の休息」です。


P2030283
この作品を観るのはこの時が初めてでしたが、カラヴァッジェスキの無名画家の作品としては非常に出来が良いと思います。


P2030274
バッティステッロ(ナポリ、?-1637)の「井戸のサマリア女」


P2030278
オラツィオ・ジェンティレスキ(ピサ、1565c‐ロンドン、1638?)の「三殉教者(聖ヴァレリアーノ、聖ティブルツィオ、聖チェチリア)」


P2030286
ジュゼッペ・デ・リベラ(ロ・スパーニャレット)(1590‐1652)の「聖ジローラモ」


P2030290
ルーカ・ジョルダーノの「化学者の肖像」


P2030293
マッティア・プレティ(タヴェルナ、1613‐ヴァレッタ、1699)の「救世主」


P2030298
マッティア・プレティの「税を払う聖ピエトロ」


P2030302
ベルナルド・カヴァッリーノ(ナポリ、1622‐1650)の「嬰児虐殺」


P2030308
ベルナルド・カヴァッリーノの「無原罪の聖母」


P2030312
Johann Heinrich Schoenfeld の「サビーネ女の強奪」


P2030315
出口から入館したので、何時もと逆に新しい時代の作品から古い時代への作品を見ていったので、戸惑いました。


P2030317
フランチェスコ・ゲッシ(ボローニャ、1588‐1649)の「聖母子と聖人たち」


P2030322
アンニーバレ・カッラッチ(ボローニャ、1560‐ローマ、1609)の「キリストとサマリア女」(1594‐95)


P2030326
アンティヴェドゥート・グラマティカ(シエナ、1571‐ローマ、1626)の「聖ティブルツィオ、聖ヴァレリアーノ、聖チェチリア」


P2030331
ルドヴィーコ・カッラッチ(ボローニャ、1555‐1619)の「キリストとカナンの女」(1594‐95)


P2030335
アンティヴェドゥート・グラマティカの「聖ネレーオ、聖アキソレオ、聖ドミティッラ」


P2030339
フランチェスコ・アルバーニ(ボローニャ、1578‐1660)の「プットたちのダンス」


P2030343
ルドヴィーコ・カッラッチの「修道士たちへの聖アントニオ・アバーテの説教」(1615)


P2030346
グエルチーノ(チェント、1591‐ボローニャ、1666)の「アガルトイスマエルに縁を切るアブラーモ」


P2030350
グイド・カニャッチ(サンタンジェロ・ディ・ロマーニャ、1601‐ウィーン、1663)の「クレオパトラ」


P2030355
グイド・レーニ(ボローニャ、1575‐1642)の「聖ピエトロと聖パオロ」


P2030359
フェデリーコ・バロッチ(ウルビーノ、1535‐1612)の「聖ヴィターレの殉教」(1583)


P2030364
ルドヴィーコ・カッラッチの「マギの礼拝」(1616)


P2030366
ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品がある展示室です。


P2030367
この時は、ペルジーノとラッファエッロの師弟による「聖母の結婚」が展示されていました。


P2030368
修復工事のため、立ち入り禁止の展示室が多く残念でした。


P2030370
リベラ―レ・ダ・ヴェローナ(ヴェローナ、1445‐1527)の「聖セバスティアーノ」


P2030372
廊下の先も立ち入りが禁止されていました。
(つづく)

P2020895
2016年5月17日です。


P2020896
正午過ぎに到着しました。「聖母の結婚」が壁にあるのは、ペルジーノとラッファエッロ師弟の「聖母の結婚」の特別展が開催されていたからです。


P2020897
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「ブレラの祭壇画」が壁にあるのは、絵画館を代表する作品と見做されているからでしょう。


P2020898
毎年、2,3回来ています。


P2020901
ナポレオン像


P2020907
ナポレオン像については、以前書いたように、ローマの金工家フランチェスコ・リゲッティとフランチェスコの息子ルイージの父子によって制作された「アントニオ・カノーヴァ作品」の複製です。


P2020902
名画に再会できるとあって、胸が高まります。


P2020904
ガーン!!
「こんなのって、ありなの?」
参りました。折角来たのに、スタッフ・ミーティングのため、12:45から15:15まで臨時休館!!!
午前中に入館した人たちがぞろぞろと出口から出てきました。
文句を言いに窓口に行ったら、ミーティングの終了は15:15の予定だが、延長される可能性があり、延長された場合、それだけ開館が遅れるとの事。
日本だったら絶対に有り得る筈がないことですが、ここはイタリアです。「お客様は神様」ではなく、「お客様はスタッフの奴隷?」かも知れません。スタッフの都合の方が優先なのです。
仕方がないので、後日改めて再訪することに。


P2020899
翌月、つまり2016年6月に行った時の事を以下に書きます。


P2020908
ブレラの切符売り場で並んだことは多分なかったと思いますが、この日は何故か行列がありました。写真正面の扉が開いてますが、この扉は通常ならば出口となっています。しかし、この日は入り口兼出口となっていました。


P2020910
その理由は、通常の入り口からの展示室がご覧のように修復工事中で、閉鎖されていたからです。


P2030034
展示作品数が多いブレラ絵画館なので、通常ならば皆さんが疲れてしまって、足を止めて観ることが少ない出口近くの19世紀頃の展示室が、この日は入り口に近い展示室となったからなのか、何故が人気が高く、混雑していました。
何時もは混雑しているカルロ・クリヴェッリなどの展示室が超人気薄でした。


P2020911
チェーザレ・タッローネ(サヴォーナ、1853‐ミラノ、1919)の「エットーレ・バルディーニの肖像」


P2020914
フランチェスコ・フィリッピーニ(ブレーシャ、1853‐ミラノ、1895)の「Il Maglio」(1889)


P2020917
フランチェスコ・フィリッピーニの「Strigtura della canapa」(1890c)


P2020921
エウジェニオ・ジニョウス(ミラノ、1850‐ストレーザ、1906)の「キオストロの花」


P2020925
グリエルモ・チャルディ(ヴェネツィア、1842‐1917)の「マッツォルボのラグーナ」


P2020928
ジョヴァンニ・ファット—リ(リヴォルノ、1825‐フィレンツェ、1908)の「赤いワゴン」(1887)


P2020931
シルヴェストロ・レーガ(モディリアーナ、1826‐フィレンツェ、1895)の「日陰棚」(1868)
好きでたまらないシルヴェストロの作品です。


P2020935
ジョヴァンニ・ファット—リの「アマデオ・サヴォイ皇太子の負傷」(1870)


P2020938
ルイージ・アントニオ・アクィスティ(フォルリ、1744‐ボローニャ、1823)の「Atalanta」


P2020940
ジローラモ・インドゥーノ(ミラノ、1827‐1890)の「Triste presentimento」


P2020945
アンドレア・アッピアーニ(ミラノ、1754‐1817)の「マルテが行くのを止めるヴィーナス」


P2020948
アンドレア・アッピアーニの「ヴィーナスの化粧」


P2020951
アンドレア・アッピアーニの「極楽」


P2020954
ジュゼッペ・ボッシ(1777‐1815)の「墓掘り」


P2020957
アンドレア・アッピアーニの「ヴィーナスとマルテの気晴らし」


P2020959
アンドレア・アッピアーニの「アドーネの死」


P2020963
アイエツの作品が並んでます。鑑賞者が絶えない「接吻」などの作品の写真を撮るのは後にしました。


P2020964
アッボンディオ・サンジョルジョ(ミラノ、1778‐1879)の「ヴィンチェンツォ・モンティの彫像」


P2020967
ジュゼッペ・ボッシの「フェリーチェ・ベッロッティとガエターノ・カッタネオとカルロ・ポルタと自画像」(1809)


P2020971
フランチェスコ・アイエツ(ヴェネツィア、1791‐ミラノ、1882)の「ピエトロ・ロッシ」


P2020973
フランチェスコ・アイエツの「マリンコニア」(1841‐42)


P2020979
フランチェスコ・アイエツの「ボッリ・スタンパの家族の肖像」(1822‐23)


P2020981
何時もは閑散としている37室ですが、この日は混雑していました。なお、写真の作品は傑作です。


P2020983
ベルナルド・べッロット(ヴェネツィア、1721‐ヴァルサヴィア、1780)の「ガッツァーダのヴィッラ・メルツィの景観」(1744)


P2020986
カナレット(ヴェネツィア、1697‐1768)の「大運河の光景」


P2020990
フランチェスコ・グアルディ(ヴェネツィア、1712‐1793)の「大運河の光景」


P2020993
フランチェスコ・ズーニョ(ヴェネツィア、1706‐1797)の「若い歌手の肖像」


P2020996
フランチェスコ・グアルディの「大運河の光景」


P2030001
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ(ヴェネツィア、1696‐マドリッド、1770)の「聖アントニオ・アバーテの誘惑」(1724‐25)


P2030005
ジャン・ドメニコ・ティエポロ(ヴェネツィア、1727‐1804)の「ブレーシャ防衛戦に現れた聖ファウスティーノと聖ジョヴィータ」(1754‐55)


P2030008
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピアツェッタ(ヴェネツィア、1683‐1754)の「井戸のレベッカ」


P2030010
ジャン・ドメニコ・ティエポロの「聖ルイージ・ゴンザーガの肖像」(1760)


P2030015
カナレットの「サン・マルコの光景」


P2030020
ベルナルド・ベッロットの「ガッツァーダの光景」


P2030023
ピエトロ・ロンギ(ヴェネツィア、1702‐1785)の「家族演奏会」(1750‐55)


P2030027
ジョヴァン・バッティスタ・ピットーニ(ヴェネツィア、1687‐1767)の「ヘラクレス」


P2030031
ピエトロ・ロンギの「歯医者」


P2030035


P2030036
出口から入館すると人気がある展示室が変わります。非常に不思議な現象です。この部屋には傑作が殆ど無いのですが・・・・


P2030039
Martin Knoller (1725-1804) の「聖母被昇天」


P2030041
ジュゼッペ・ボッターニ(1717‐1784)の「聖地に向けて出立する聖パオーラ」(1745)


P2030046
二コラ・マリンコニーコ(ナポリ、1663‐1721)の「聖なる箱の運搬」(1693‐97)


P2030050
フランチェスコ・ソリナーメ(カナーレ・ディ・セリーノ、1657‐バッラ、1747)の「ランゴバルド王と教皇ザッカリアの邂逅」(1701‐05)


P2030052
ルーカ・ジョルダーノ(ナポリ、1634‐1705)の「この人を見よ」(1659‐60)


P2030057
フランチェスコ・ソリナーメの「教皇グレゴリオ3世に請願する聖ヴィッリバルド」(1701‐05)


P2030061
二コラ・マリンコニーコの「太陽を止めるヨシュア」(1693‐97)


P2030065
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロの「カルメルの聖母と聖人たちと預言者」(1721‐27)


P2030068
カルロ・インノチェンツォ・カルローニ(スカーリア・ディンテルヴィ、1686‐1775)の「フェーデの勝利」


P2030072
ポンぺオ・バトーニ(ルッカ、1708‐1787)の「聖母子と聖人たち」(1737‐40)


P2030076
Pierre Subleyras (1699-1749) の「聖ジローラモ」(1739)


P2030080
ウバルド・ガンドルフィ(サン・マッテオ・デッラ・デチーマ、1728‐ラヴェンナ、1781)の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」(1768)


P2030084
セバスティアーノ・リッチ(ベッルーノ、1659‐ヴェネツィア、1734)の「聖エラーズモの殉教」(1694‐97)


P2030087
Pierre Subleyras の「磔刑」(1744)


P2030096
セバスティアーノ・リッチの「死に行く者を慰める聖ガエターノ」(1704)


P2030101
スパーニャレット(ボローニャ、1665‐1747)の「磔刑」(1729)


P2030109
エヴァリスト・バスケニス(ベルガモ、1617‐1677)の「楽器」
エヴァリストは楽器ばかり描いた画家として有名です。


P2030113
フェリーチェ・ボセッリ(ピアチェンツァ、1650‐1732)の「Natura Morta」


P2030118
ベルナルド・ストロッツィ(ジェノヴァ、1581‐ヴェネツィア、1644)の「マルタ騎士の肖像」


P2030121
フェリーチェ・ボセッリの「Natura Morta」


P2030124
エヴァリスト・バスケニスの「Natura Morta」


P2030129
ベルナルド・ストロッツィの「聖ジョヴァンニーノ」
(つづく)

P1520443
サン・フランチェスコ広場にある面白い建物です。騙し絵が描かれています。


P1520442
サン・フランチェスコ聖堂の隣に教会のような建物があります。


P1520445
17世紀に建てられたOratorio dell'Immacolatella です。


P1520446
その隣にある建物、そうは言っても実際は続いてますが、それがサン・ロレンツォ礼拝堂(祈祷所)です。


P1520447
1569年、フランチェスコ会によって建設された礼拝堂です。


P1520448
この前を何度も通ったことがありますが、拝観するのは、この日が初めてでした。
1609年、メッシーナで数点の作品を仕上げたカラヴァッジョは、マルタ騎士からの復讐の危険を察知したのか、メッシーナからパレルモに逃亡したと言われてます。
パレルモで制作したのが、カラヴァッジョのシチリアにおける最高傑作とされる「ご誕生」です。「ご誕生」は、サン・ロレンツォ礼拝堂の祭壇を飾っていましたが、1969年10月16日の夜遅くにマフィアによって盗まれてしまいました。作品は現在も行方不明です。
現在、「ご誕生」があった祭壇には、作品のカラー写真が置かれています。
カラヴァッジョ・ファンの一人として、カラヴァッジョ所縁の地と言うことで、ここに来た次第です。


P1520450
ユニークな形をした鐘楼
この礼拝堂の見どころは、サン・フランチェスコ聖堂にも作品が7点あったジャコモ・セルポッタが1699年から1710年に制作したストゥッコ彫刻です。


P1520449
ジャコモはシチリアが産んだ後期バロック期の天才彫刻家です。この礼拝堂にある彼の作品が最高傑作と言われてます。


P1520452
毎日10時から18時までオープンしています。宗教活動は行われているようで、美術館としての扱いがされています。(拝観有料)


P1520451
10時を過ぎましたが、扉が開く気配がありません。


P1520453
イタリアではよくあることなので、驚きません。気長に待つことにしました。


P1520459
仕方がないので、暫し時間潰し。


P1520460
騙し絵がある建物の後ろにサン・ロレンツォ礼拝堂があります。


P1520454
未だ開きません。


P1520461
周囲をぶらぶら歩いて更に時間つぶし。


P1520466
遅れること30分強、漸く扉が開きました。


P1520462
臨時休館ではなくホッとしました。


P1520463
礼拝堂のキオストロ


P1520464
キオストロにおかれたジャコモ・セルポッタの胸像


P1520465
礼拝堂の入り口です。
中は写真不可でした。祭壇のカラヴァッジョ作品のカラー写真を撮るのも厳禁だそうです。カラー写真の写真撮影厳禁は納得できないと詰め寄りましたが、ダメなものダメということで、諦めました。
ということで、以下4点の写真は外部サイトから拝借したものです。(この写真は撮影OKだったから存在するわけです。日本人とみて侮られた?)


30


28
カラヴァッジョの「ご誕生」(1609c)


31
ジャコモ・セルポッタのストゥッコ彫刻


29
ジャコモ・セルポッタの作品


P1520468
後味が悪いサン・ロレンツォ礼拝堂の拝観でした。


P1520469
次は州立美術館です。


P1520470
2時間前に通り過ぎた教会です。


P1520471
次の交差点を右折しました。


P1520472
歴史的建造物です。


P1520476


P1520474


P1520475
公開はされていないようです。


P1520473
大分昔になりますが、一度見学したと思います。


P1520477


P1520478
突き当りを左折すれば美術館の入り口に出ます。


P1520479
美術館の建物が見えてます。


P1520481
Palazzo Abatellis


P1520483


P1520482
ここは小中学生などの団体で大体混雑しています。しかし、一般の入館者は殆どいません。


P1520484
州立美術館に付いては、別に取り上げる予定です。


P1520711
アントネッロ・ダ・メッシーナの「受胎告知を受ける聖母」
この美術館を代表する作品です。


P1520546


P1530001
外に出ました。シチリア美術の質はそれほど高くありませんが、この美術館は鑑賞に値する作品が数多くあるので、美術ファンにとっては必訪と思います。


P1530002
正午過ぎなので、教会の拝観は終わりです。


P1530003
突き当りに教会があります。


P1530004
何という教会でしょうか?


P1530005
中央駅近くの店で昼食を食べることにしました。


P1530006


P1530008
歴史的建造物?


P1530007
普通の建物でした。


P1530009


P1530010
この先に公園があり、その端に大きな教会があります。


P1530011
修道院の建物です。


P1530012
大回りしないとファサード側に出ることが出来ません。


P1530013


P1530014
近いように見えましたが、大回りをしたので1㎞以上歩いたと思います。


P1530015
サンティッシマ・トリニータ教会修道院です。


P1530016
入り口の門が閉まっていました。


P1530017


P1530018


P1530019


P1530021
パレルモで行きたい所は大体行きました。


P1530020
拝観できなかった教会が若干多かったけど、それは仕方がありません。


P1530023
昼食後、更に街歩きをしましたが、キリがないのでこの辺で終わりましょう。


P1530024


P1530025


P1530026
(おわり)

P1520343
サン・ロレンツォ祈祷所に行く前にサン・フランチェスコ聖堂に拝観するコニしました。先ほど来た道を戻ります。


P1520344
サンタ・マリア・ディ・ポルトサルヴィ教会を通り過ぎました。


P1520346
次の交差点を左折します。


P1520347
Via Paternostro


P1520348
この先に図書館があります。


P1520350
サン・ロレンツォ祈祷所に作品を残したカラヴァッジョですが、カラヴァッジョが逃亡の途中でパレルモに来たかどうかは、記録などが一つもなく定かではありません。


P1520351
サン・ロレンツォ祈祷所を通り過ぎて直ぐの所に聖堂があります。


P1520352
1235年創建、1255年に完成したゴシック様式のサン・フランチェスコ聖堂です。


P1520354


P1520355
創建以来、幾度となく地震に見舞われ、その度に修復を繰り返しました。1823年の地震によって大きな被害を受け、殆ど再建に近い大修復が行われました。また、第二次世界大戦でも大被害を受けました。
一見すると古そうなゴシック様式の建物ですが、よく見ると新しいことが分かります。


P1520439
ファサードのフレスコ画


P1520441


P1520458
1924年、教皇ピオ11世によってBasilica Minore に昇格しました。


P1520438
三廊式です。建築様式は創建以来、幾度なく修復を繰り返したので、ゴシック様式、バロック様式、新古典様式が垣間見える折衷様式となってます。


P1520358
左側


P1520357
右側


P1520359
天井は新しそうに見えます。


P1520360
主祭壇


P1520362
後陣の「磔刑像」(アンドレア・チャンチ作)


P1520363
右後陣の無原罪の御宿り礼拝堂です。
この聖堂の見どころの一つです。


P1520366
ヴィト―・ダンナの「無原罪の御宿り」(1772)


P1520367
精緻な装飾です。


P1520368
これらは、彫刻家ジョヴァンニ・バッティスタ・ラグーザ(生年不明―パレルモ、1727)の代表作(18世紀)です。


P1520369
天井は、アントニオ・グラーノ(パレルモ、1660c‐1718)の「聖母戴冠」


P1520370
新しそうな柱頭


P1520371
エッケ・ホモ(この人を見よ)礼拝堂


P1520372
イグナツィオ・マラビッティ(パレルモ、1719‐1797)の「鞭打ち」


P1520373
イグナツィオ・マラビッティの「カルヴァリオへの途」


P1520374
ジャコモ・セルポッタ(パレルモ、1656‐1732)の「La Fede」(1723)
ジャコモはシチリアを代表する彫刻家です。この聖堂に8点のジャコモの作品がありますが、彼の代表作と言われてます。


P1520377
礼拝堂の天井


P1520378


P1520380
ジャコモ・セルポッタの「La Mansuetudine」(1723)


P1520382
調べれば制作者等の詳細が分かると思いますが、調べる気が起きません。


P1520383


P1520384


P1520387


P1520388


P1520389
礼拝堂の床


P1520390


P1520391
右側廊


P1520393


P1520394
ジャコモ・セルポッタの「La Giustizia」(1723)


P1520396
ジャコモ・セルポッタの「La Verita」(1723)


P1520399


P1520400
ジャコモ・セルポッタの「La Carita」(1723)


P1520402
ジャコモ・セルポッタの「La Teologia」(1723)


P1520404
マドンナ・デッラ・ネ—ヴェ礼拝堂です。


P1520405
ドメニコ・ガジーニ(1420c‐1492)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1520406
Sepolcro Alliata


P1520408
左側廊


P1520409
パドヴァの聖アントニオ礼拝堂


P1520410


P1520412


P1520416


P1520419


P1520420


P1520422


P1520423


P1520424
サン・フランチェスコ礼拝堂


P1520426


P1520428
ジャコモ・セルポッタの「L'Umilta」(1723)


P1520432
ジャコモ・セルポッタの「La Modestia」(1723)


P1520435


P1520437


P1520431


P1520457
外に出ました。


P1520455
(つづく)


P1520260
さて、2日目のパレルモです。


P1520261
朝食後、直ぐに街歩きに出発しました。この日の主な予定は、サン・ロレンツォ祈祷所と州立美術館に二か所に行くことでした。


P1520262
天気予報は一日中晴れ。予報通りの雲一つない快晴でした。


P1520263
先ずはサンタンナ教会(聖アンナ教会)です。


P1520264
綺麗な一角です。


P1520265
サンタンナ教会です。その隣の白い建物は旧サンタンナ修道院で、現在は現代美術館となってます。


P1520266
1606年に創建され、1632年に完成したバロック様式のChiesa di Sant'Anna la Misericordiaです。1639年に奉献されました。
1726年の地震によってファサードが崩壊、その後も度々地震に見舞われ、再建、修復を繰り返したファサードです。


P1520267
ファサードの彫刻がこの教会の見どころの一つとされてます。
ロレンツォ・マラビッティの「ピエタ」


P1520268
聖人たちの彫刻は、ロココ期の彫刻家ジャコモ・セルポッタ(1652‐1732)のデザインに基づき、ジャコモ・ペンニーノとロレンツォ・マラビッティによって制作されました。
これは「聖アンナ」です。


P1520269
「聖ジュゼッペ」


P1520271
「聖エリザベッタ」


P1520272
「聖ジャコモ」


P1520270


P1520273
幸いにも開いていたので拝観しました。


P1520274
三廊式、エジプト十字形、バロック様式の内部です。


P1520277
シチリアでは名前が知られた画家たちの作品が幾つかあります。


P1520276


P1520278
身廊天井の装飾はありません。


P1520279
主祭壇


P1520280
後陣の左右に翼廊があります。


P1520281
クーポラ


P1520283
カルロ・マラッタの弟子フィリッポ・タンクレディ(メッシーナ、1655‐パレルモ、1722)の「聖ディエゴの顕現する聖母子」(1704)


P1520284
礼拝堂天井のフレスコ画は、Guilliam Walsgart の「聖母の昇天」です。


P1520289
次の礼拝堂です。


P1520286
Guilliam Walsgaet の「無原罪の御宿り」(1631)


P1520290
ヴィンチェンツォ・ラ・バルベーラの「パレルモの町を祈願する聖ロザリア」(1627c)


P1520293
メルキオッレ・バッレージの「聖家族と聖アンナと聖ジョアッキーノ」(1596)


P1520296
右側廊


P1520299
磔刑の礼拝堂


P1520300
幾つかの作品があります。


P1520302
トッマーゾ・デ・ヴィジリアの「ピエタ」(1470)
1606年創建の教会に1470年制作のフレスコ画がある筈がないので、何処かにあったフレスコ画を移したものでしょう。


P1520303
詳細不明


P1520304


P1520305


P1520306
ヴィトー・ダンナ(パレルモ、1718‐1769)の作品です。
ヴィト―はシチリアで最も重要なロココ画家でした。


P1520307
ヴィト―・ダンナの「キリストの昇天」


P1520310
18世紀のシチリアの無名画家の「我に触れるな」


P1520311
パドヴァの聖アントニオ礼拝堂です。


P1520312
詳細不明


P1520314
詳細不明


P1520316
詳細不明


P1520317
修復中の礼拝堂が2つありました。


P1520318


P1520319
左側廊


P1520298
主祭壇前から見た出入口です。


P1520322
外に出ました。


P1520323
結構楽しめた教会でした。


P1520324
教会がある同じ広場にあるホテルです。


P1520326
チェントロに泊まるとすれば、このホテルはお勧めです。


P1520325
次はサン・ロレンツォ祈祷所です。


P1520327
マルタ島から逃亡してきたカラヴァッジョが制作した『ご誕生」がかってサン・ロレンツォ祈祷所の祭壇を飾っていました。


P1520328
1969年10月、カラヴァッジョの作品はマフィアによって盗まれてしまいました。作品はその後行方不明になっています。


P1520329
カラヴァッジョ所縁の祈祷所に一度行ってみようと思いました。実は、祈祷所に行くのは、これが初めてでした。


P1520330
祈祷所が開くのは午前10時なので、それまで少し時間潰し。


P1520331
ヴィットリオ・エマヌエーレ大通り


P1520332
雲がかなり出てきました。


P1520333


P1520334
広場です。


P1520335
マリーナ広場です。


P1520336
教会があります。


P1520345
サンタ・マリア・ディ・ポルトサルヴォ教会です。


P1520337
残念ながら閉まっていました。


P1520338


P1520339
この先は海に出ます。


P1520340
サンタ・マリア・デッラ・カテーナ教会です。


P1520341
この教会だけは拝観したいと思っていましたが・・・・・


P1520342
(つづく)

P1520179
噴水の向こうは、サン・ジュゼッペ・デイ・テアティーニ教会です。


P1520180
特徴あるクーポラです。


P1520181
シチリアの教会建築様式を見慣れてないので斬新な感じがします。


P1520182
クアットロ・カンティにやってきました。


P1520183
植民地時代の名残であるスペイン風バロック様式ですね。


P1520185


P1520187
一段目は噴水です。


P1520188
噴水は春夏秋冬を表してます。


P1520191
でも、私には各噴水の季節がサッパリ分かりません。


P1520193
二段目は歴代のスペイン総督像になってます。
イタリア統一に最後まで抵抗したシチリアですが、外国人支配時代の方を懐かしがっているのは何故なんでしょうか?パレルモにはスペイン総督像が沢山残ってます。


P1520192
三段目は、シチリアの守護聖人像となってます。


P1520190



P1520189
私の眼にはみんな同じように見えます。


P1520186
しつこく勧められましたが乗りませんでした。


P1520184
四面の統一性は非常に良いと思いますが、各面の個性に欠ける嫌いがあります。


P1520195
サン・ジュゼッペ・デイ・テアティーニ教会です。


P1520196


P1520194
ヴィットリオ・エマヌエーレ大通り


P1520197
次はPiazza Bologniです。


P1520198
広場はクアットロ・カンティの直ぐ傍にあります。


P1520199
Piazza Bologni です。
広場の入り口に立つのは、カルロ5世(1500‐1558)像です。
北イタリアの広場に立っている像と言えば、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世像、カヴール像、ガリバルディ像などイタリア統一の英雄が定番です。スペイン関係の立像を残して、イタリア統一の英雄像を立てない所に、北イタリアの友人は小面憎いと言ってました。


P1520202
Palazzo Alliata di Villafranca


P1520204
この日は開くことになってますが、閉まっていました。


P1520200


P1520203


P1520205
ヴィットリオ・エマヌエーレ大通り


P1520206
サンティッシモ・サルヴァトーレ教会です。


P1520207
開いているように見えますが、閉まっていました。


P1520208
創建は1072年でした。現在の建物は二代目となります。


P1520209


P1520210
道の右側に教会があります。


P1520211
旧サンタ・マリア・デッラ・グロッタ教会です。


P1520212
旧教会の建物は図書館として使用されてます。


P1520213
ドゥオーモにやってきました。


P1520214
でも何やら様子が変でした。


P1520215
警笛音を鳴らした消防車が到着しました。


P1520218
パトカーも到着しました。早速ロープが張られ立ち入り禁止に。


P1520216
修復工事中にボヤが出たようです。


P1520217
折角来たのに、参ったなあ。
でも仕方がありません。


P1520220
燃えないで良かった!


P1520219
外観を見て終わり。


P1520221


P1520222
大司教館


P1520223
ヴィットリア広場


P1520224


P1520225
ヌオーヴァ門が見えてます。


P1520226
ノルマン王宮


P1520227
様々な異民族に支配されたシチリアは、異文化が混じり合う独特な文化がシチリアの魅力ですが、ギリシャ、アラブ、ノルマン、スペインなどの異文化が苦手な私としては、イマイチです。


P1520228
苦手と言うよりもハッキリ嫌いです。


P1520229
門に行っても何もないのは分かっていますが、ドゥオーモの拝観が出来なくて時間が余ったので、暇つぶしに行きました。


P1520230
修復工事中でした。


P1520231
何か冴えませんなあ。
シエナの方が良いなあ。


P1520232
門を潜って、向こう側に出ました。


P1520233


P1520234


P1520235
ここまで来たならば、パラティーナ礼拝堂は必訪です。


P1520236


P1520238


P1520239


P1520240


26
拝観する価値があります。


27
モザイクだらけの内部です。


25
傑作、秀作の宝庫です。


P1520241
外に出ました。


P1520237


P1520242


P1520243
小雨が降ってきました。


P1520244
この時は、パレルモに2泊したのですが、オペラの公演はありませんでした。


P1520245
市場を経由してホテルに戻ることにしました。


P1520246
旧教会の建物はリストランテになってます。


P1520247


P1520251
市場にやって来ました。


P1520252
夕方なので大半の店が閉まっていました。


P1520253


P1520254
カルミネ教会でしょうか?


P1520255
「チントラの聖母」


P1520256
果物を買いました。日本の果物は高過ぎです。


P1520257
教会ですね。


P1520258
サンタ・クローチェ教会?
(つづく)


P1520092
この日は、ミラノ・リナーテ空港からパレルモに飛びました。


P1520093
搭乗口は前と後ろの2箇所でした。


P1520095
私は前方から搭乗しました。


P1520097
バスではなくて鉄道利用で中央駅に向かいました。


P1520098
パレルモ空港から鉄道に乗るのは初めてでした。定時運行でも時間がかかり過ぎ、その上、遅れもあるのでお勧めしません。


P1520099
車内はガラ空きでした。


P1520100
1時間20分ほどで漸く中央駅に到着しました。


P1520101
このような感じの建物が多いですね。


P1520102
ホテルに向かう前に、気になるバスの時刻を確認することにしました。鉄道よりも圧倒的にバスの方が便利なシチリアですが、バスで2度痛い目に遭っているので油断禁物です。


P1520104
新しいバスターミナルです。
日本と比べて、いい加減度が高いイタリですが、いい加減度が最も低い街はヴェネツィアでしょうね。ヴェネツィア共和国時代の精神が今でも生きていると思います。


P1520103
バス時刻が確認できたので、ホテルに向かいました。


P1520105
パレルモ中央駅の駅舎


P1520107
誰の騎馬像?


P1520108
ホテルはローマ通りに面してます。


despalmes
このホテルです。
イタリアのホテルの星の数は当てにはなりませんが、滞在中の快適さを優先して、このところ4つ星以上のホテルに泊まることを原則にしてます。多少費用は掛かりますが、あの世に金を持って行くことが出来ませんから節約しても無意味です。(そうは言っても100歳以上長生きしたらどうしよう)


P1520109
チェックインを済ませてから、街歩きの開始です。


P1520110
裏通りの足を踏み入れました。


P1520111
この通りは未だマシな方でしょう。シチリアに来ると、人々の貧しさを垣間見ることが屡ですが、わざわざ観光に来てまでもそれを見たくないという思いがあります。


P1520112
裏店を見ても仕方がないので、表通りに戻りました。


P1520113
通称”自転車通り”


P1520114


P1520115


P1520116
教会でしょうか?


P1520117
県庁舎だったような・・・・・


P1520119
Palazzo della Provinciaと書いてあります。


P1520118


P1520120
サントルソーラ教会です。


P1520121
ピエトロ・ノヴェッリ、アントニオ・マンノなどの18世紀の作品があるので、開いていたら拝観の予定でした。


P1520122
1662年の創建


P1520123
シチリア式?の鐘楼


P1520124
Via Maquedaです。この先にクアットロ・カンティがあります。


P1520126


P1520127
修道院の一部は修復工事中でした。


P1520129
市立歴史古文書館です。


P1520128
旧トレンティーノの聖二コラ修道院でした。


P1520130
16世紀に建設された旧修道院です。


P1520131
隣接する教会の方は未だ現役です。


P1520132
トレンティーノの聖二コラ教会です。


P1520134


P1520133
閉まっていましたが、元々碌な美術作品しかないのでパスするつもりでした。


P1520135
Via Maquedaを更に進みました。


P1520136
サン・カタルド教会です。


P1520137
大学の建物だったと思います。


P1520138
観光案内所


P1520141
聖カタルドと言う聖人は知りません。シチリアの教会はあまり聞きなれない聖人に奉献していることがあります。


P1520142
ベッリーニ広場


P1520143
マルトラーナ教会です。


P1520147
こちらの方が正式名称です。


P1520146


P1520148
サン・カタルド教会の後陣


P1520149
マルトラーナ教会の鐘楼の見学です。


P1520150
この柱頭は新しい?


P1520151


P1520152
この辺は古そう?


P1520155


P1520154


P1520156
もう一つ教会があります。


P1520160
1566年から1596年に建設されたサンタ・カテリーナ教会です。


P1520157
ベッリーニ広場の名称の由来となったベッリーニ劇場です。


P1520159
劇場は1726‐1742年に建設されました。


P1520158


P1520162
教会が開くのを待ちました。


P1520145
扉が開けられる筈の午後3時半をかなり過ぎても開く気配がありません。


P1520165
仕方がないので、拝観を諦めて隣のプレトーリオ広場に行きました。


P1520166
この広場近くに教会が三つあります。


P1520167
プレトーリアの噴水


P1520168
サン・ジュゼッペ・ディ・テアティーニ教会


P1520175


P1520169
天気が悪くなってきました。


P1520170
写真右は大学の建物でしょうか?


P1520171
この教会は?サンタンナ?


P1520172
廃ビル?


P1520176


P1520177
(つづく)

P2080976
次の展示室です。


P2080978
マルコ・サッマンティーノ(17世紀)の「コスタンティヌス帝の洗礼」


P2080981
グイド・カニャッチ(1601‐1663)の「若い修道士の肖像」


P2080987
グイド・カニャッチの「聖アントニオ・アバーテと二聖人」


P2080990
17世紀の無名画家の「死せるキリストと天使」


P2080993
グイド・カニャッチの「クレオパトラ」


P2080995
グイド・カニャッチの「聖マッテオの召命」


P2080999
グイド・カニャッチの「聖ピエトロ」


P2090003
グイド・カニャッチの「聖フランチェスコ」


P2090005
アルフォンゾ・アッリゴーニの「受胎告知」


P2090009
イル・チェンティーノ(ジョヴァン・フランチェスコ・ナーリ、1600c‐1675)の「聖書のシーン」


P2090012
ジョヴァンニ・フランチェスコ・グエッリエーリ(1589‐1657)の「司教聖人(聖アゴスティーノ?)」


P2090015
イル・チェンティーノの「福音書記者聖ジョヴァンニ」


P2090021
イル・チェンティーノの「聖ウルバーノ」


P2090024
イル・チェンティーノの「ダヴィデとゴリアテ」


P2090028
イル・チェンティーノの「モーゼ」


P2090031
Monsu Bernardo (1624-1687)の「過越祭」


P2090034
Monsu Bernardo の「ダヴィデ」


P2090037
制作者不明の「ベネデット・ジェンナーリ作『キリストとサマリア女』の複製画」


P2090039
グエルチーノと工房の「サロメ」(1650)


P2090044
ベネデット・ジェンナーリの「キリストの洗礼」(1650)


P2090047
グエルチーノの「聖ジローラモ」(1641)


P2090052
17世紀の無名画家の「ピエタ」


P2090055
グエルチーノの「パドヴァの聖アントニオ」(1659)


P2090058
イル・マステッレッタ(1575‐1655)の「最後の晩餐」


P2090062
Claude Vignon (1593-1670) ?の「福音書記者」


P2090065
17世紀の無名画家の「瞑想の聖フランチェスコ」


P2090068
シモーネ・カンタリーニ(1612‐1648)の「天上の聖ジャコモ」


P2090071
グイド・レーニ(1575‐1642)の「聖ジュゼッペと幼きキリスト」


P2090075
次の展示室です。


P2090077
17世紀の無名画家の「楽器がある静物画」


P2090081
17世紀の無名画家の「動物と果実の静物画」


P2090084
Jacob Van De Kerckoven (1640c-1715)の「中庭の光景」


P2090087
二コラ・レヴォ—リ?の「田舎者」


P2090090
ジョヴァンニ・リヴァルタ(1756‐1832)の「台所の食材の静物画」(1803)


P2090093
Jacob Van De Kerckhovenの「食材の静物画」


P2090095
Jacob Van De Kerckhovenの「静物画」


P2090098
二コラ・レヴォーリ(1728‐1801)の「食事のテーブルの静物画」


P2090099
二コラ・レヴォーリの「静物画」


P2090103
二コラ・レヴォーリの「食材の静物画」


P2090106
二コラ・レヴォーリの「静物画」


P2090108
二コラ・レヴォーリの作品


P2090110
二コラ・レヴォーリの作品


P2090114
二コラ・レヴォーリの作品


P2090116
「パーチ家の紋章」(1631)


P2090118
グリエルモ・ビランチョーニ(1836‐1907)の「保養施設」


P2090120
フランチェスコ・グアルティエーリの「静物画」(2000)


P2090122
フランチェスコ・グアルティエーリの「白ブドウ」(1977)


P2090124
フランチェスコ・グアルティエーリの「アーティストの肖像)(1958)


P2090127
ジョヴァン・バッティスタ・コスタ(1697‐1767)?の「聖母子」


P2090130
マルカントニオ・フランチェスキーニ派画家の「聖母子」


P2090130
フェリーチェ・アンドレア・ボンディ(1670‐1733)の「ご誕生」


P2090136
ヴィットリオ・マリア・ビガーリ(1692‐1776)の「天使」


P2090138
ヴィットリオ・マリア・ビガーリの「天使」


P2090142
ジャンバッティスタ・ピットーニ(1687‐1767)の「聖ジローラモ」


P2090144
アントニオ・クレスピ(1712‐1781)の「ピエタ」


P2090147
ジローラモ・ドンニーニ(1681‐1743)の「ピエタと聖人たち」


P2090151
ジャコモ・トリーガ(?-1746)の「セルヴィ・ディ・マリア会設立を許認する聖母」


P2090154
ジュゼッペ・アントニオ・ペトリーニ(1677‐1759c)の「聖アンドレア」


P2090157
ジョヴァン・バッティスタ・コスタの「聖ゲルトルーデ」


P2090161
ジュゼッペ・パッセーリ(1654‐1714)?の「聖母被昇天」


P2090164
ピエトロ・トージ(1720‐1754)の「無原罪の聖母」(1720)


P2090166
フラ・アタナシロ・ダ・コリアーノ(1749‐1843)の「無原罪の御宿り」


P2090170
ジュゼッペ・ソレーリ・ブランカレオーニ(1750‐1806)の「アガルとイスマエーレを追い出すアブラーモ」


P2090172
展示室の様子


P2090174
ジュゼッペ・ソレーリ・ブランカレオーニの「この人を見よ」


P2090177
ドン・ステファノ・モンタナーリ(1776‐1850)の「聖フランチェスコの光悦」


P2090179
廊下にも展示されてます。


P2090180
ジョヴァン・バッティスタ・ホロニーニの「聖ガエターノと聖アンドレア・アヴェッリーノ」(1650)


P2090183
鑑賞が終わりました。


P2090185
出口に向かいました。


P2090187
市立としては非常に充実した博物館です。


P2090190
(おわり)

P1620732
ソロモン・アドレールの「東洋風の衣裳の自画像」(17世紀末)


P1620736
ミラベッロ・カヴァローリの「若い男の肖像」(1560‐70c)


P1620738
フィレンツェの無名画家の「犬を手にする紳士の肖像」(16世紀後半)


P1620742
ジョヴァン・パオロ・カヴァ—ニャの「マルタ騎士の肖像」(1600)


P1620746
ヴェネツィア派無名画家の「紳士の肖像」(16世紀後半)


P1620749
ソロモン・アドレールの「人物画」


P1620753


P1620754


P1620755


P1620757
クリストフォロ・ムラ—リの「静物画」(1706以降)


P1620760
クリストフォロ・ムラ—リの「静物画」(1706以降)


P1620762
Jacques Courtois の「戦闘」(1648以降)


P1620766
パオロ・ヴェロネーゼの「聖エレーナ」(1576以降)


P1620769
ドメニコ・ティントレットの「聖クリスティーナの殉教」(1590c)


P1620772
マッティア・プレティ―の「バッカス祭」(1640c)


P1620776
ルーカ・ジョルダーノの「マルシアの皮を剥ぐアポッロ」(1678c)


P1620781
ジョヴァンニ・ディ・サン・ジョヴァンニの「アウロラとプットがいる夜」(1635c)


P1620785


P1620786


P1620787


P1620789


P1620792


P1620795
17世紀制作のピサ・ドゥオーモの洗礼堂の模型です。


P1620797


P1620798


P1620799


P1620800


P1620802
何処かで見たような・・・・


P1620804


P1620803


P1620805


P1620807


P1620808


P1620809


P1620810


P1620811


P1620812


P1620813


P1620815


P1620817


P1620818


P1620819


P1620820
石棺?


P1620822
楯?


P1620823


P1620824


P1620825
石棺?


P1620826


P1620827


P1620828


P1620829


P1620832


P1620833


P1620835


P1620837
楯?


P1620838


P1620840
楯?


P1620841


P1620843


P1620844


P1620845


P1620846
入館者が若干多いのが月曜日で、それ以外の開館日は大体空いてます。


P1620850
グラツィエ橋


P1620849
(おわり)

P2080838
15世紀のヴェネトの無名彫刻家の「聖母子」


P2080840
Maestro dell'Annunciazione Dreicerの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」(1410c)


P2080844
ジョヴァンニ・テウトニーコ?の「磔刑」(1470c)


P2080847
展示室の様子


P2080848
ジョヴァンニ・ベッリーニの「ピエタ」はフォルリのサン・ドメニコ市立美術館で開催中のピエロ・デッラ・フランチェスカ展へ貸し出されていました。
私は、その特別展で本作品を見ました。


P2080850
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(1418‐1481)の「寓意」


P2080855
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョの「音楽天使」(1450c)


P2080859
ビティーノ・ダ・ファエンツァ(リミニ、1398‐1415記録)の「磔刑」


P2080863
リミニの無名画家の「磔刑(1350‐90c)


P2080868
アンドレア・ダ・ボローニャに帰属する「磔刑」(1370c)


P2080870
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョの「聖女」


P2080873
見ただけでは分からなかったので、説明プレートの写真をそのまま載せましょう。


P2080875


P2080876
リミニの無名彫刻家の「受胎告知」(1377c)
リミニのサン・フランチェスコ修道院教会のキオストロにあったそうです。


P2080878
次の展示室です。


P2080879


P2080881
ジョヴァンニ・バロンツィオ(14世紀前半)の「キリストの受難」


P2080883
そのうちの一場面「最後の晩餐」


P2080886
リミニの無名画家の「ポリッティコ」(1350‐60c)


P2080887
中央の「磔刑」


P2080889
「聖コズマ」、「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2080892
「聖バルバラ」、「聖ダミアーノ」


P2080896
ジョヴァンニ・ダ・リミニ(1292‐1338存在確認)の「磔刑」


P2080898
14世紀の無名画家の「聖母戴冠と聖人たちの多翼祭壇画」


P2080901
中央上


P2080902
左上


P2080904
右上


P2080907
中央


P2080909



P2080912



P2080914
館内ホールの壁に描かれたフレスコ画


P2080915
詳細不明です。


P2080917
剥離フレスコの断片


P2080916
次は彫刻の小展示室です。


P2080918
制作者不明の「ピエタのキリスト」(1350c)


P2080920
制作者不詳の「聖母子」(14世紀)


P2080922
詳細不明


P2080923
遺跡から発掘された石碑の数々


P2080924
展示の様子


P2080925


P2080926
階上に向かいます。


P2080927
展示作品が多い。


P2080928
17世紀のエミリアの無名画家の「戦闘」


P2080930
17世紀の無名画家の「フェデリーコ・バロッチ作『聖痕を受ける聖フランチェスコ』の複製画」


P2080932
ジョヴァンニ・ラウレンティーノ通称ラッリゴーニの「天国の鍵を聖ピエトロに渡すキリスト」


P2080934
ジュリオ・ピストーニ(1653‐1665存在確認)の「聖母子」


P2080936
カルロ・レオーニ(?-1700)の「聖母子と聖人たち」(1686)


P2080939
Maestro degli Annunci の「羊飼いの礼拝」(17世紀)


P2080942
制作者不詳の「セバスティアーノ・リッチ作『大天使ラッファエーレとトビアス』の複製画」


P2080945
詳細不明


P2080948
ベルナルド・ストロッツィ(1581‐1620)の「瞑想の聖フランチェスコ」


P2080950
マルコ・ベネフィアル(1684‐1764)の「聖母の受難」


P2080953
クリストフォロ・サヴォリーニ(チェゼーナ、1639‐1677)の「聖イグナツィオ」


P2080956
制作者不詳の「ジュリオ・カンピオーニ?作『バッカスとプットたち』の複製画」(17世紀)


P2080959
ヴェローナの無名画家(またはアレッサンドロ・トゥルキ?)の「ご誕生」(1600c)


P2080961
ヴェローナの無名画家(またはアレッサンドロ・トゥルキ?)の「聖母被昇天」(1600c)


P2080965
フランチェスコ・マッフェイ(1600c‐1660)の「煉獄の天使」


P2080968
フランチェスコ・マッフェイの「ヨハネ黙示録の騎士」


P2080971
ジョヴァン・バッティスタ・ランゲッティ(1625‐1676)の「哲学者の誘惑」


P2080974
ピエトロ・ムットーニ(1603‐1678)?の「聖セバスティアーノ」
(つづく)










P1620614
グラツィエ橋を渡った先に美術館があります。


P1620609



P1620615
Museo Stefano Bardiniです。Museoを博物館と美術館にするかは、展示の内容によって決めてますが、ここの場合は美術館にしました。


P1620847
古書、古美術品などの売買で成功を収めたステファノ・バルディーニ(フィレンツェ、1836‐1922)が個人収集した作品が展示されてます。


P1620848
美術館の建物は、ステファノ・バルディーニの邸宅で、彼の死後、邸宅と収取物がフィレンツェ市に寄贈されました。
ここは確か修復工事のため10年以上閉鎖されていましたが、2010年頃に漸く再開館となったと思います。


P1620617
昔から月曜日が開館なので、行きどころに困る月曜日の行先として貴重な存在です。


P1620619
説明プレートがない展示作品については、写真だけを掲載することにします。


P1620620
美術館で買い求めた展示作品の本を見れば、勿論分かりますが、本を探すだけでも大変なので・・・・・


P1620621
ティーノ・ディ・カマイーノの「La Carita」


P1620623
説教壇?


P1620624


P1620625


P1620626


P1620627


P1620628


P1620629


P1620630


P1620631
ボケ写真、ご容赦を!


P1620632


P1620633


P1620634


P1620635


P1620636


P1620637


P1620638


P1620639


P1620640


P1620642
ドナテッロの「聖母子と天使」(1443)


P1620645
ドナテッロの「リンゴの聖母」(1420‐22)


P1620649
ピエトロ・ネッリ(フィレンツェ、1375‐1419記録)の「聖母子」


P1620651
13世紀のトスカーナの無名画家の「彩色磔刑像」(1250‐75c)


P1620655
アーニョロ・ガッディ(フィレンツェ、1369‐1396記録)工房の「ウミルタの聖母と二天使」


P1620661
ウンブリアの親方の「聖母子」(13世紀末—14世紀初頭)


P1620664
トスカーナの無名画家(チェンニ・ディ・フランチェスコ・ディ・セル・チェンニ?)の「磔刑」(14世紀末)


P1620667
ルーカ・ディ・トンメの「洗礼者聖ジョヴァンニ」(1370‐80c)


P1620671
プセウド・ピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノの「幼きキリストを崇拝する聖母と聖ジョヴァンニーノ」(1460‐70)


P1620675
バルトロメオ・パッサロッティの「紳士の肖像」(1579)


P1620678
バルダッサッレ・フランチェスキーニ通称イル・ヴォルテッラーノの「ヴィーナスとキューピッド」(17世紀中ごろ)


P1620681
カルロ・ドルチの「ダヴィデ」(17世紀中ごろ)


P1620685
バルダッサッレ・フランチェスキーニ通称イル・ヴォルテッラーノの「Ila con il vaso d'oro」(17世紀中ごろ)


P1620688
ジャン・パオロ・パーチェの「紳士の肖像」(16世紀末)


P1620691
ミケーレ・ジャンボノの「洗礼者聖ジョヴァンニ」(1425‐50)


P1620693
15世紀後半のシエナの無名彫刻家の「Maestro della Madonna Piccolominiの『聖母子』の複製彫刻」


P1620696


P1620698
ポッライオーロ工房?の「サン・ミケーレ」(15世紀後半)


P1620700


P1620701
バルトロメオ・ベッラ—ノに帰属する「聖母子」(15世紀後半)


P1620705


P1620707


P1620709
ピサの無名彫刻家の「受胎告知を受ける聖母」(14世紀末‐15世紀初頭)


P1620712
ベルナルド・ダッディの「彩色磔刑像」(1340年代)


P1620717
ベンヴェヌート・ディ・ジョヴァンニの「天上の聖ベネデットと二聖人と天使たち」(15世紀末)


P1620721
ジョヴァンニ・アンジェロ・ダントニオの「聖ピエトロと聖ビアージョ」(1460‐65)


P1620724
Hans Clemerの「聖母子」(15世紀末―16世紀初頭)


P1620727
ジョヴァンニ・ダ・サン・ジョヴァンニの「ティトーネとアウロラ」(1635c)


P1620729
ジャン・クリストフォロ・ロマーノの「ジローラモ・アンドレア―ジ像」(16世紀初頭)
(つづく)









P2080686
次は絵画、彫刻の展示部門です。


P2080687
最初の展示室です。


P2080689
17世紀のボローニャの無名画家の「聖家族」


P2080692
エルコーレ・バンチ(1518‐1531記録)?の「フランチェスコ・フランチャ作『聖母子』の複製画」


P2080695
エルコーレ・バンチの「フランチェスコ・フランチャ作の『聖ジョヴァンニーノ』の複製画」


P2080697
見易い展示が特徴です。


P2080699
ベネデット・コーダ(1492‐1533存在確認)の「聖母子と二聖人と音楽天使たち」(1513)


P2080703
アドリアの無名画家の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」(17世紀)


P2080706
ベネデット・コーダの「聖母の結婚」(1515)


P2080708
次の展示コーナーです。


P2080712
ニコロ・フランジパーネ(1563‐1597存在確認)の「カルヴァリオへの登り」


P2080714
ポンポニオ・アマルテオ(1505‐1588)?の「十字架降下」


P2080718
ビアージョ・プピーニの「聖母子と聖ジュゼッペとマグダラのマリア」(16世紀)


P2080722
16世紀のロマーニャの無名画家の「聖家族と聖アンナと聖ジョヴァンニーノ」


P2080724
次の展示室です。


P2080726
フランチェスコ・ロンギまたはベネデット・コーダ工房?の「聖母子と聖アンナ」(16世紀)


P2080728
16世紀のロマーニャの無名画家の「受胎告知」


P2080731
16世紀のロマーニャの無名画家の「二聖人」


P2080732
聖人が誰なのか特定されてません。


P2080733
「司教聖人」


P2080737
Jan Baegert (not. 1490-1530)の「ピラトの前のキリスト」


P2080738
Jan Baegert の「受胎告知」


P2080742
ジョヴァンニ・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾ(1556‐1619)の「薔薇の聖母」


P2080746
フランチェスコ・ザガネッリ(1475c‐1532)の「ラ・ヴェロニカ」


P2080748
次の展示室です。


P2080751
ラッタンツィオ・ダ・リミニ(1485‐1527存在確認)の「聖会話」


P2080755
ラッタンツィオ・ダ・リミニの「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P2080758
ジローラモ・マルケージ・ダ・コティニョーラ(1480c‐1531以降没)の「司教聖人」


P2080762
ジョヴァンニ・フランチェスコ・ダ・リミニ(1441‐1470存在確認)の「聖母」、「福音書記者聖ジョヴァンニ」


P2080764
壁の左右に「最後の晩餐」のフレスコ画とシノピエがあります。


P2080766
バルトロメオ・コーダ(1516‐1565存在確認)の?作品とされてます。


P2080767
幅が狭い展示室(恐らく廊下)の上に作品が細長いので、作品全体の写真を撮る事は困難です。


P2080769


P2080772


P2080773


P2080774


P2080775


P2080776


P2080777


P2080778


P2080779


P2080781
ティツィアーニ工房の「聖家族と寄進者」


P2080783
次の展示室です。


P2080784


P2080786
ベネデット・コーダの「十字架を担ぐキリスト」


P2080788


P2080790
ベネデット・コーダの「キリストの埋葬」


P2080794
ベネデット・コーダの「嘆き」


P2080797
ベネデット・コーダの「キリストの終油」


P2080801
ベネデット・コーダの聖人たちの小作品


P2080803
「パドヴァの聖アントニオ」


P2080804
「聖マウロ」


P2080807
「聖ボナヴェントゥーラ」


P2080809
「聖ピエトロと聖パオロ」


P2080811
「聖ドメニコと聖フランチェスコ」


P2080813
「聖ガウデンツィオと聖ジュリアーノ」


P2080815
次の展示室です。


P2080816
シエナの聖ベルナルディーノが手にしている、例のモノ?


P2080817


P2080818
机の上に置かれたモノは何でしょうか?


P2080819
考古学部門の展示が絵画部門で行われています。


P2080821
ドメニコ・ギルランダイオと工房の「聖ヴィンチェンツォ・フェッレーリの祭壇画」


P2080824


P2080828


P2080830
裾絵


P2080832


P2080835
(つづく)

P1410604
サーノ・ディ・ピエトロの「被昇天の聖母のポリッティコ」(1475)


P1410605
中央


P1410606
「アレッサンドリアの聖カテリーナ」、「大天使ミケーレ」


P1410607
「聖ジローラモ」、「聖ペトロニッラ?」


P1040795
裾絵


P1040796


P1040797


P1040798


P1040799


P1040800


P1040801


P1410619
サーノ・ディ・ピエトロの「聖母子と聖人たち」


P1410620


P1410621


P1410626
サーノ・ディ・ピエトロの「ゴシキヒワの聖母」


P1410630
ジョヴァンニ・ディ・トゥリーノ(シエナ、1414‐1455存在確認)の「聖母子」


P1410632
サーノ・ディ・ピエトロの「シエナの聖ベルナルディーノと二天使」


P1410636
サーノ・ディ・ピエトロの「聖母子と聖ジローラモとシエナの聖ベルナルディーノと四天使」


P1410639
ヤコポ・デッラ・クエルチャ(シエナ、1371‐74c‐1438)の「受胎告知する大天使」


P1040816
ヤコポ・デッラ・クエルチャの「受胎告知を受ける聖母」


P1410643
サーノ・ディ・ピエトロの「聖パオロ」


P1410646
サーノ・ディ・ピエトロの「聖バルトロメオ」


P1410650
ジローラモ・ディ・ベンヴェヌート(シエナ、1470‐1524)の「ピエタ」


P1410654
ヴェッキエッタ(シエナ、1400‐1480)の「玉座の聖母子と聖ピエトロと聖ロレンツォと聖パオロと聖フランチェスコと2ケルビーノ」


P1410658
ヴェッキエッタの「シエナ・ドゥオーモのブロンズ製タベルナコロの原型」


P1410662
フランチェスコ・ディ・ジョルジョ(シエナ、1439‐1501)の「聖母戴冠」


P1410667
フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニの協力者とソドマ近くの無名画家の「カルヴァリオで衣服を脱がされるキリスト」(1505)


P1410670
ヴェッキエッタの「聖ロレンツォ」


P1410673
フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ(シエナ、1439‐1502)と協力者の「聖母子と聖レジーナと聖ルチアと二天使」(1470)


P1410676
ジローラモ・ディ・ベンヴェヌートの「シエナのサン・ドメニコ聖堂ソッツィーニ礼拝堂の祭壇画」(1508)


P1410677


P1410679


P1410683
ベンヴェヌート・ディ・ジョヴァンニ(シエナ、1436‐1518)と協力者の「パドヴァの聖アントニオ」


P1410684
ベンヴェヌート・ディ・ジョヴァンニと協力者の「シエナの聖ベルナルディーノ」


P1410688
ベンヴェヌート・ディ・ジョヴァンニの「キリストの昇天」(1491)


P1410691
ジローラモ・ディ・ベンヴェヌートの「二天使に支えられるピエタのキリスト」


P1410698
ヴェッキエッタの「Arliquiera」


P1410702
詳細不明


P1410704
フェリーチェ・デ・フィオーリの「花」


P1410706
Waltere Damery (Liegi, 1614-1678) の「四プット」


P1410787
マルチェッロ・ヴェヌスティ(1512‐1579)の「井戸のサマリア女」


P1410711
アルブレヒト・デューラー(1471‐1528)の「聖ジローラモ」


P1410714
ロレンツォ・ロット(ヴェネツィア、1480‐ロレート、1556)の「ご誕生」


P1410716
ジローラモ・ロマニーノ(ブレーシャ、1484‐1566)の「聖母子と二信者」


P1410720
ソドマの「シエナの聖カテリーナ」


P1410723
インノチェンツォ・ダ・イーモラ(イーモラ、1490‐94‐ボローニャ、1547‐50)の「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」


P1410726
ベルネルディーノ・チェーザリ(ローマ、1571‐1622)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」


P1410729
カヴァリエ―ル・ダルピーノ(ローマ、1568‐1640)の「スザンナの水浴」


P1410733
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリ(パルマ、1500‐1569)の「若い男の肖像」


P1410735
フランチェスコ・カイーロ(ミラノ、1607‐1665)の「Madonna della pappa」


P1410740
ジョヴァンニ・バッティスタ・モローニ(ベルガモ、1529‐1578)の「髭の男の肖像」


P1410744
アントン・マリア・ヴィアーニ通称イル・ヴィアニーノ(クレモナ、1555-マントヴァ、1629)の「受胎告知」


P1410746
ピエトロ・カンディード(1548‐1628)の「聖家族と聖アンナと聖シメオーネと聖ジョヴァンニーノ」


P1410748
アンドレア・ソラーリオの領域の「サロメ」


P1410751
パリス・ボルドン(トレヴィーゾ、1500‐1571)の「聖会話」


P1410753
レアンドロ・バッサーノ(バッサーノ、1557‐ヴェネツィア、1622)?の「羊飼いの礼拝」


P1410756
パオロ・ファリナーティ(ヴェローナ、1524‐1606)の「トロイアからのエネアの脱出」


P1410758
パオロ・ファリナーティの「十字架を担ぐキリスト」(1592)


P1410762
ジュリオ・カルピオーニ(ヴェネツィア、1613‐ヴェローナ、1679)の「ギウカリオーン」


P1410764
パドヴァニーノ(パドヴァ、1588‐ヴェネツィア、1648)の「エウロパの強奪」


P1410767
パルマ・イル・ジョーヴァネ(ヴェネツィア、1544‐1628)の「Il serpente di bronzo」


P1410769
バルトロメオ・モンターニャ(ブレーシャ、1450‐ヴィチェンツァ、1523)の「嘆きの聖母」


P1410770
バルトロメオ・モンターニャの「荊刑のキリスト」


P1410772
パリス・ボルドンの「受胎告知」


P1410776
ベルナルド・ストロッツィ(ジェノヴァ、1581‐ヴェネツィア、1644)の「聖フランチェスコ」


P1410779
ジョヴァンニ・バッティスタ・モローニの「若い男の肖像」


P1410782
ソフォニスバ・アングイッソーラ(クレモナ、1527‐パレルモ、1625)の「ソフォニスバ・アングイッソーラの肖像画を描くベルナルディーノ・カンピ」


P1410784
ジョヴァンニ・バッティスタ・モローニの「髭の男の肖像」


P1410789
バルトロメオ・ディ・ダヴィド(シエナ、1482‐1545)の「スパッノッキ家の紋章」


P1410792
フランチェスコ・マッフェイ(ヴィチェンツァ、1600‐パドヴァ、1660)の「寓意」
これで終わりです。


P1410795
外に出たら、すっかり夕方になっていました。


P1410797
非常に充実した展示です。


P1410796
(おわり)

P2090186
建築家ドメニコ・トリフォーリの設計によって1718年から1735年に建設されたサン・フランチェスコ・サヴォ―リオ教会です。


P2080603
教会に隣接する建物がリミニ市立博物館です。


P2080600
教会の隣の建物は旧Convento dei Padri Gesuitiでしたが、その後、市立病院に転用されました。第二次世界大戦の爆撃によって、大きな被害を受けましたが、戦後に修復され現在の姿になりました。


P2080604
Museo della Citta di Luigi Toniniが正式名称です。
ルイージ・トニーニ(リミニ、1807‐1874)は歴史家ですが、リミニ史を本格的に研究した初めて人で、リミニの文化発展に寄与したことに因んで博物館の名称に付け加えられてます。


P2080605


P2080601
入口扉上ルネッタ上にイエズス会の紋章がありますが、過っては同会の修道院だったことを示してます。


P2080602
博物館のオープンは1981年でした。


P2080606
入館しました。


P2080607
初めに修道院の中庭を見学しました。


P2080608
リミニの遺跡からの発掘物が無造作に置かれてます。


P2080610
博物館は、考古学部門、絵画・彫刻部門(現代のものを除く)、モダンアート部門の3部門構成です。


P2080611
モダンアートは趣味ではないと言うよりも、ハッキリ嫌いなので作品紹介を省略させて頂きます。


P2080612
考古学部門です。


P2080613
考古学部門の展示は地下一階です。


P2080614
リミニから発掘された、ネアンデルタール人と同時代の頭蓋骨(レプリカ)


P2080616


P2080617
分かり易い展示になってます。


P2080618


P2080619


P2080620
夥しい数の展示で溢れてます。


P2080621


P2080622


P2080623
フムフムと感心しながら観るだけです。


P2080624


P2080625


P2080626


P2080627
リミニにもギリシャ人が来ていたんですね。


P2080629


P2080631


P2080632


P2080633



P2080634
ローマ時代のフラミニア街道の敷石


P2080636


P2080644
フラミニア街道


P2080638


P2080635


P2080639


P2080640


P2080641


P2080642


P2080643


P2080645
次の展示になります。


P2080646


P2080647


P2080648


P2080649


P2080650


P2080651


P2080652


P2080653
次の展示です。


P2080654


P2080655


P2080656


P2080657


P2080658


P2080659


P2080660
次の展示です。


P2080661
頭像


P2080662


P2080663


P2080664
次の展示です。


P2080665
ティベリオ橋の模型


P2080667
誰の頭像なのか分かりません。


P2080669


P2080668


P2080670
ここからモザイクの展示になります。


P2080671


P2080673


P2080672


P2080674


P2080675


P2080676


P2080677


P2080678


P2080679


P2080680


P2080682


P2080684


P2080685
アウグスト門の模型
考古学部門の紹介はこのくらいで終わりにしましょう。
(つづく)

↑このページのトップヘ