イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

2017年04月

P1750972
ジョストラ本番はグランデ広場で行われ、、その開始時間は分かるものの、その他の行事の詳細が分かりません。


P1750983
サン・フランチェスコ広場とドゥオーモ広場でジョストラ関連行事が行われることが分かりましたが、その他の行事が全然分かりません。


P1750971
そろそろ昼食時です。


P1750984
何時ものお店で食べました。


P1750977
入店した時は空席がありましたが、直ぐに満席になりました。


P1750974
水代わりのビール。昼食なのでアルコールを控えました。水は無料との基本的な考えがあるので注文しません。


P1750976


P1750980
トスカナ名物の猪料理


P1750979
旅行中の野菜不足を補うために必ず注文します。


P1750985
店から外に出ました。遠くからまだ鼓笛の音が聞こえてきました。


P1750986
所が急に音がピタリと止んで、辺りが静寂に包まれました。


P1750988
どうやら昼休みのようです。


P1750989
重装備で酷暑の中をあれだけ練り歩いたのですから、休憩は必要です。


P1750991
2017年6月にアレッツォに行きますが、ジョストラの4日前のようです。


P1750992
ほろ酔い気分で歩きました。


P1750993
先ほどまでの喧騒とは打って変わって、辺りは静まり返っていました。


P1750994
この先に個人経営の小美術館があります。


P1750996
休館でした。


P1750997
その代わりに、このタベルナコロを暫し鑑賞。


P1750998
「音楽天使」


P1750999
このまま進めばグランデ広場に出ます。


P1760002
外に出ているのは観光客ばかりでした。


P1760004
食事のあとは、トイレが近くなります。トイレ休憩先を探しました。


P1760006
グランデ広場に到着しました。


P1760008


P1760009


P1760012
広場は暑かった!


P1760015


P1760022
午前中よりも準備が進みました。


P1760017


P1760020
馬上槍試合の会場としては、この広場は少し狭いのではないでしょうか?


P1760025
トスカーナは良いよなあ。


P1760026
投光器が用意されました。


P1760028
アレッツォは好いよなあ。


P1760041


P1760034
午前中に拝観できなかったピエーヴェ教会に行くことにしました。


P1760035


P1760038


P1760047
何時もならば、この時間は閉まっていますが、この日は特別なのか開いていました。


P1750664


P1750625


P1750629


P1750665


P1760043
この時間でも拝観できて予想外の収穫でした。


P1760044


P1760045
イタリア通り


P1760050
写真右に必見のタベルナコロがあります。


P1760051
これです。


P1760052
気のせいでしょうか、1年前よりも痛みが激しくなった気がしました。


P1760053
Via Bicchieraia


P1760054
その通りにあるのが劇場です。


P1760055
Teatro Pietro Aretinoです。


P1760058
サン・ピエル・ピッコロ教会の旧修道院だったセルヴィ・ディ・マリア修道院だった建物が劇場になってます。


P1760059
尤も第二次世界大戦で大きな被害を受けたので、殆ど再建を言うべき大修復後の姿となってます。


P1760060
写真右がサン・ピエル・ピッコロ教会です。


P1760065
つづく

P1750551
この日、バスでアレッツォに到着しました。


P1750550
駅舎を横目で見ながら、この日のお宿に向かいました。


P1750553
駅至近の何時ものお宿に荷物を預けてから、早速街歩きに出発しました。この日に合わせるために、旅程を合わせるのにかなり腐心しました。


P1750556
Porta San Spirito


P1750558
グランデ広場を目指しました。


P1750560
普段と違って人出が目立つイタリア通りです。


P1750561
6月20日、ジョストラが行われる日でした。ホテルを予約したのが、この前年の秋、同じホテルに宿泊した時でした。ジョストラ当日のホテル予約はかなり大変で、年を越すと非常に困難と聞いていました。


P1750562
アレッツォの伝統行事Giostra di Saracino (サラセン人の馬上槍試合)は、6月と9月の年2回行われます。その賑わいは6月の方が若干上と聞いてますが、9月のそれは未経験なのでその真偽のほどが分かりません。


P1750563
旗はジョストラに参加する地域によって異なります。要すればパリオです。


P1750567
アレッツォにいることを実感させるのがピエーヴェ教会の鐘楼です。


P1750568
何時もは静かな裏通りもざわついていました。微かに鼓笛の音が聞こえていました。


P1750570


P1750571
ピエーヴェ教会ファサード手前を右折すればグランデ広場に出ることが出来ます。


P1750572


P1750573
ジョストラが行われるグランデ広場です。


P1750574
試合を観戦するための仮設スタンド


P1750575
TVカメラも用意されています。


P1750576
スタンドの切符を買いそびれてしまいました。切符販売のネットサイトがあるのですが、何回見ても販売前の表示、ある日、アクセスしたらすでにネット販売分は売り切れの表示。


P1750577
その後、ホテルに切符の手配を依頼しましたが、依頼するのが遅過ぎたようでダメとの返答がありました。


P1750578
馬が滑らないで走れるように、石畳の上に土が盛られています。


P1750579


P1750581
槍試合が夕方から夜にかけて行われます。


P1750584
微かに鼓笛の音が聞こえていました。


P1750585


P1750586
聞こえてくる鼓笛の音が徐々に大きくなってきました。


P1750595
それと共に辺りの雰囲気も盛り上がった感じがしました。


P1750588
天気が良く、絶好のジョストラ日和になりました。


P1750589
しかし、非常に暑い日で、最高気温は35度は確実に超えていたと思います。


P1750591


P1750593


P1750599
鼓笛の音が大きくなったので、音のする方に目をやりました。


P1750600
中世の衣裳を纏った一団が鼓笛とともに行進してきました。


P1750601


P1750604


P1750605


P1750607
一挙に盛り上がって来ました。


P1750608


P1750609
ピエーヴェ教会を拝観することにしました。


P1750610
先ほどの一団は駅の方に向かって行きました。


P1750611
教会の中は人で溢れるくらいで、潜り込めそうにもありません。


P1750621
今度は先ほどとは別の一団が教会にやって来ました。


P1750622
一行が中に入ってから、観光客が中に入ろうとしたのですが・・・・・


P1750624
彼が警備して中に入ることが出来ません。
これはポーズで、実際は中に入れましたが、中が満員で物理的に中に入るのが難しかったようです。


P1750684
この後、教会内では出陣式が行われたようですが、中に入れなかったので、その様子は見ていません。


P1750687
サン・フランチェスコ聖堂に向かいました。


P1750957
サン・フランチェスコ広場はご覧のような状況でした。


P1750958
広場では、兵士たちの行進が行われていました。


P1750959
酷暑の中、この重装備ですから大変だったと思います。


P1750960
人ごみの後ろから、前の人たちの頭と頭の間から撮りました。


P1750961
聖堂の拝観どころではありません。


P1750962
聖堂に近づくことさえできなかったのです。


P1750963
ジョストラ当日にあちこち見るのは不適と思います。


P1750964
チェントロのあちこちでジョストラの行事などが行われているので、道路が封鎖されているからです。


P1750966
未だ午前11時、本番の槍試合は午後7時過ぎですから、あと8時間もありますが、この盛り上がりです。


P1750967
イタリア通りは逆に空いてました。


P1750968
ドゥオーモに行こうとしたのですが、ドゥオーモはサン・フランチェスコ聖堂よりももっと混雑しているとの事。


P1750970
チェントロ内にある主な教会で出陣式があったようでした。
(つづく)


今回は、後陣に描かれたピエロ・デッラ・フランチェスカの傑作「聖十字架の伝説」で有名なサン・フランチェスコ聖堂を取り上げます。
ルネサンス絵画の中で、最高傑作の一つであるばかりでなく最重要作品とされており、それを見るために毎年アレッツォに通ってます。
P1750689
アレッツォのカヴール通りです。


P1770488
イタリア通りからカヴール通りに入り、少し進めばサン・フランチェスコ広場に出ます。


P1770487
サン・フランチェスコ聖堂です。
聖フランチェスコの死後数年のうちに、アレッツォのフランチェスコ会信者によって建てられた二番目の教会が前身です。その時は城壁外に建設されました。


P1770481
13世紀後半、新しい建物を城壁内に建設することが決まり、フラ・ジョヴァンニ・ダ・ピストイアの設計によって、1290年創建、14世紀に完成したロマネスク・ゴシック様式の二代目の建物が現在の姿となってます。


P1750691
ファサードは未完成のまま現在に至ってます。
1955年、教皇ピオ12世によってBasilica Minoreに格付けされました。と言うことで、「教会」でも構いませんが、「聖堂」とした方が良いと思います。


P1750695
随分前は拝観無料でしたが、ピエロのフレスコ画がある後陣の見学だけ有料の時代が続きました。数年前からは、聖堂内部の拝観も有料となりました。
ここが切符売り場の入り口で、売り場は地下にあります。


P1750696
地元の信者の入り口はここです。現役の教会ですから、信者は無料で聖堂内に入ることが出来ますが、観光客がここから入ろうとすると、中にいる係員から切符売り場に行くようにと言われます。係員は地元の信者と顔見知りですから、観光客が地元の信者に紛れて中に入るのは難しいと思います。


P1760073
聖堂前に立っている像は聖堂とは無関係です。


P1770484
パスクアーレ・ロマネッリ(フィレンツェ、1812‐1887)の「Vittorio Fossombrini像」(1863)


P1770485
Vittorio Fossombrini (アレッツォ、1754‐フィレンツェ、1844)はアレッツォが産んだ19世紀前半に活躍した天才です。


P1750697
広い空間が目立つ単廊式の内部です。


P1750699
左右の側面にニッチが並んでます。


P1750698
ここはフレスコ画など教会美術品の宝庫です。


P1750701
木の桁組みが露出している天井です。


P1750728
主祭壇に少しだけ近づきました。


P1750731


P1750730


P1750846
祭壇と後陣


P1750788
後陣の三面にピエロ・デッラ・フランチェスカの「聖十字架の伝説のフレスコ画」が描かれてます。


P1750799
フレスコ画の全体像を見るならば、主祭壇の前が良いと思います。


P1750800
後陣に入ってしまうと、多くの場面は見上げて見るようになるので、全体像が中々分からなくなります。


P1750792
Maestro di San Francesco の「彩色磔刑像」
この親方はチマブーエと同時代に活動した画家でした。


P1750732
何処から見ていくか迷うところです。


P1750735
この聖堂に来たからには、やはりピエロ・デッラ・フランチェスカの傑作フレスコ画から見ていくのが良いと思います。


P2190429
後陣に入りました。


P2190430
このフレスコ画の鑑賞と理解には、予め「聖十字架の伝説」を知っておくことが欠かせません。


P2190431
「聖十字架の伝説」は、西洋絵画鑑賞の基本と言うべきものです。調べれば直ぐに分かると思いますので、ここでは改めて触れないことにします。
鑑賞は、物語の初めから場面を追っていくのが良いと思います。


P2190460
最初の場面「アダムの死」は、向かって右側壁上部に描かれています。
死んだアダムの口から聖十字架の樹が生えます。


P2190464
シバの女王の聖木礼拝
「アダムの死」の下にあります。


P2190466
ソロモン王とシバの女王の会見
「シバの女王の聖木礼拝」の右横にあります。


P1750863
それらの下にある戦いの場面は次ではないのです。これが困る所です。


P2190458
第3場面「聖木の運搬」は、正面の右中段にあります。
この場面はピエロの弟子の作品説があります。


P2190443
第4場面「受胎告知」は正面壁の左下にあります。


P2190455
第5場面「コンスタンティヌス帝の夢」は、正面壁の右下にあります。


P2190450
第6場面「コンスタンティヌス帝のマクセンティウスに対する勝利」
向かって右側壁下段にあります。


P2190445
第7場面「ユダの拷問」は、正面の壁の左中段にあります。
この場面は、ピエロの作品ではなく、弟子の作品と言うのが定説になってます。


P2190436
第8場面は左右二つからなってます。こちらは「三つの十字架の発見」です。左側壁の中段左にあります。


P2190437
その右横にある「聖十字架の証」(第8場面)


P2190433
第9場面「ヘラクリウス帝のペルシャ王コスロエスに対する勝利」は左側壁下段にあります。
この場面はピエロの作品ではなく、弟子作との有力説があります。


P2190440
最終の第10場面「聖十字架の称賛」は左側壁上段にあります。


P2190434
順番通りに観なくても問題があるとは思えません。


P2190441
後陣天井


P2190448
正面上部


P2190475
正面の壁


P2190468
聖人が描かれてます。


P2190471


P2190472


P1750857


P1750865


P1750882


P1750871


P1750872


P1750873


P1750890
(つづく)




P1030010
アレッツォのサッソヴェルデ通りです。


P1030011
サッソヴェルデ通りの突き当りがサン・ドメニコ広場で、広場に面して建っているのがサン・ドメニコ聖堂です。


P1030012
左右非対称のファサードとファサードにくっついた鐘楼が特徴です。


P2190168



P1030077
1275年創建、14世紀初めに完成したゴシック様式の教会です。


P2190275
1960年、教皇ジョヴァンニ23世によってBasilica Minoreに叙されました。


P1760966
扉上ルネッタ上にフレスコ画があります。


P1030015
調べましたが制作者等、詳しいことが分かりません。


P2190171
柱頭は少し新しく見えます。


P2190172
創建時のものでなく、修復された柱頭と思います。


P2190173
ツバメの巣がありました。


P2190174
ハト除けが役立たないようでハトがいました。


P2190175
単廊式、ゴシック様式の内部です。


P2190176
チマブーエの彩色磔刑像、貴重なフレスコ画など、見どころが沢山あります。


P2190177
サン・フランチェスコ聖堂、ドゥオーモ、ピエーヴェ教会と並んで、アレッツォでは必訪の教会でしょう。


P2190178
天井


P1030074
ゴテゴテ感がしません。


P2190179
朝は、後陣の方から日が差し込むので肝心のチマブーエの作品がよく見えません。


P2190180
後陣にオルガンが置かれてます。


P2190183
これではどうにもならないので、別の日に撮った写真を載せることにしましょう。


P1030073


P1030025


P1030021
チマブーエの「彩色磔刑像」(1268‐71)


P1760917


P1030023


P1030026
礼拝堂のフレスコ画を見ました。


P1030028
スピネッロ・アレティーノの「受胎告知」


P1030029
14世紀のアレッツォの無名画家の「磔刑」


P2190201


P2190184
ラニエーリ・デリ・ウベルティーニの墓です。


P2190185
フレスコ画の「聖母子」はドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ派画家の作品です。


P1760923
保存状態が悪いです。


P2190203
詳細不明


P2190204
祭壇に向かって右の壁です。


P2190206
スピネッロ・アレティーノ派画家の「トリッティコ」


P2190208
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビアとジローラモ・デッラ・ロッビアの「ヴェローナの聖ピエトロ」(1515‐20)


P2190209
詳細不明


P1760930


P1760932



P2190212
ジョヴァンニ・ディ・フランチェスコ・ダ・フィレンツェの「ドラゴンデッリの祭壇」(1368)


P2190213
ドラゴンデッリの祭壇にフレスコ画があります。


P2190215
ルーカ・ディ・トンメの「教会博士との問答」


P1760933


P2190217
詳細不明


P1760936



P2190218


P2190220


P2190226


P2190227
有名なフレスコ画です。


P1760938
パッリ・ディ・スピネッロのフレスコ画です。


P2190229


P2190225
その側壁にも描かれてます。


P2190230
次はサンティ・フィリッポ・エ・ジャコモの祭壇です。


P2190231
スピネッロ・アレティーノのフレスコ画


P2190234
スピネッロ・アレティーノのフレスコ画


P2190235
スピネッロ・アレティーノの作品


P2190226
スピネッロ・アレティーノの作品


P2190238
ジョヴァンニ・ダーニョロ・ディ・バルドゥッチョのフレスコ画


P2190239
ジョヴァンニ・ダーニョロ・ディ・バルドゥッチョの作品


P2190240


P2190243
ジョヴァンニ・ダーニョロ・ディ・バルドゥッチョのフレスコ画


P2190244


P2190246


P2190248
ジョヴァンニ・ダーニョロ・ディ・バルドゥッチョの「受胎告知」


P2190249


P2190253
ジョヴァンニ・ダーニョロ・ディ・バルドゥッチョの「磔刑」


P2190255
詳細不明


P2190258
詳細不明


P2190261
詳細不明


P2190269
ダニエル・エレウテリオ・ヴィルトゥオーゾの「聖母子」


P1030040
ジョヴァンニ・ダーニョロ・ディ・バルドゥッチョのトリッティコ


P1030044
アーニョロ・ディ・ロレンティーノの「玉座の聖母子」


P1760963
祭壇前から見た出入口方向です。


P2190272
外に出ました。


P2190274
良かった! また行きたい!


P2190277
(おわり)

P1030500
アレッツォのイタリア通りです。


P1030499
教会の鐘楼が目立ちます。


P1020758
1008年の記録にサンタ・マリア教区教会の存在が記されています。


P1020760
アレッツォの市当局の保護と資金調達によって建物の再建が決定され、12世紀中頃に創建、13世紀に完成したピサ・ロマネスク様式の建物が現在の姿となってます。


P1020803
鐘楼は1330年に完成しました。


P1020752
グランデ広場から見た見事な後陣が有名です。


P1020749


P1750614
ファサードは3層に渡って連なるアーケードで飾られたピサ・ルッカ様式のもので、上部に行くに従って柱の間隔が狭くなってます。


P1750612
ファサードの彫刻が大きな見所です。


P1750615


P1750616


P1750617


P1750618


P1750619


P1750620


P1750626
中に入りました。


P1750628
三廊式、ロマネスク様式の内部です。


P1020790
左側廊


P1750627
17世紀から18世紀にかけて、内部はいったんバロック様式に改修されましたが、19世紀にできるだけ元のロマネスク様式に戻す修復工事が行われ現在に至ってます。


P1020795
右側廊


P1750662
祭壇と後陣


P1020797
階段を上って後陣に行くことができます。


P1020782
傑作美術品がある後陣に向かいました。


P1750653
マルガリート・ディ・アレッツォ(アレッツォ、1240c‐1290 1262から記録)の「彩色磔刑像」


P1750631
ピエトロ・ロレンツェッティの多翼祭壇画(1320)


P1750633
中央パネル


P1750637



P1750639



P1750640
中央上


P1750644
左上


P1750646
右上


P1750651
アンドレア・ディ・ネーリオ(1331‐1369)の「聖フランチェスコと聖ドメニコ」


P1750666
ベネデット・アンテラミーの作品


P1750683
これもベネデット・アンテラミーの作品です。


P1750657
「聖家族と聖アンナと聖ジョヴァンニーノ」


P1750659
誰の作品でしょうか?


P1750661
後陣から内陣を見たところです。


P1750668
詳細不明


P1750670
洗礼盤


P1750671
洗礼盤の彫刻


P1750672


P1750673
彫刻がない部分もあります。


P1750674


P1750676
クリプタ


P1750678
初代の建物の一部がクリプタになってます。


P1750677


P1020786


P1750680
ベアート・カマルドレーゼの墓(16世紀後半)


P1750682
聖水盤


P1020788


P1020787


P1020800
感銘を受けました。また来たいと思いました。


P1020801

P1770249
次の部屋です。


P1770257
ここは台所です。


P1770251
台所なので、他の部屋よりも少し狭い。


P1770252


P1770253


P1770256


P1770258
ヴァザーリの「ブロンズィーノ作『コジモ1世の肖像』の複製画」(1560‐70c)


P1770264
サンティ・ディ・ティートの領域の「バーニョレージョの聖ボナヴェントゥーラ」(16世紀末‐17世紀初め)


P1770267
アレッツォの無名画家の「ジョルジョ・ヴァザーリの肖像画の複製」(1600‐10c)


P1770269


P1770272
フィレンツェの無名画家の「フランチェスコ・アッチャイオーリの肖像」(16世紀末‐17世紀初め)


P1770278
フィレンツェの無名画家の「コジモ1世の肖像」(16世紀末)


P1770281
ヴァザーリの「聖ロッコ」(1540)


P1770286
ヴァザーリの「アレッツォのフラ・グイットーネ」(1550‐60c)


P1770291
エミリアの無名画家の「若者の肖像」(16世紀末)


P1770295
ジョヴァンニ・マリア・ブッテ—リの「イサベッラ・メディチ・オルシーニの肖像」(1560‐70c)


P1770298
サンティ・ディ・ティートとティベリオ・ティーティの領域の「フランス王妃マリア・メディチの肖像」(1590c)


P1770303
ヴィットーレ・カシーニ(フィレンツェ、1567‐1572記録)に帰属する「ルクレツィア・メディチの肖像」(1558‐60)


P1770305
廊下から庭園に出ることが出来ます。


P1770306
庭園です。


P1770312
ヴァザーリの存命中やその子孫が所有していた時、ここは菜園として利用されていました。


P1770307


P1770308


P1770309


P1770310
庭から見たヴァザーリの家です。


P1770311


P1770313
「ケーレス(注:豊穣の女神)の廊下」に戻りました。


P1770315
ヴェネトの無名画家の「羊飼いの礼拝」(16世紀第4四半世紀)


P1770319
Paul Brill (Anversa, 1554- Roma, 1626)の「隠遁の聖パオロ」(1595‐1600)


P1770323
ヤコポ・ズッキに帰属する「猟をするディアナ」(1570‐80c)


P1770326
ベルナルディーノ・ポッチェッティ(フィレンツェ、1548‐1612)の「最後の晩餐」(1590c)


P1770332
マーゾ・ダ・サン・フリアーノの「キリストの復活」(1560‐70c)


P1770334
マーゾ・ダ・サン・フリアーノの「墓地の女性たち」(1560‐70c)


P1770343
マーゾ・ダ・サン・フリアーノの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」(1560‐70c)


P1770355


P1770357
「アブラーモの部屋」


P1770356
天井の装飾


P1770354


P1770358


P1770359


P1770360


P1770361


P1770362


P1770363


P1770364


P1770366


P1770368
ヴァザーリの「キリストの埋葬」(1532)


P1770373
ジョヴァンニ・ストラダーノの「バーリの聖二コラの奇跡」(1585)


P1770377
アウレリオ・ローミ(ピサ、1556‐1622)の「この人を見よ」(1610‐12)


P1770384
ジョヴァン・バッティスタ・モッシ(1591‐1598活動記録)の「キリストの鞭打ち」(1591)


P1770388
ペリン・デル・ヴァーガの「聖パオロの回心」(1530‐40c)


P1770390
ペリン・デル・ヴァーガの「判事と話す聖パオロ」(1530‐40c)


P1770393
次の部屋です。


P1770394
「徳の勝利の部屋」


P1770396


P1770397


P1770398


P1770399


P1770400


P1770401


P1770402


P1770403


P1770404


P1770405


P1770407


P1770408


P1770409


P1770410


P1770411


P1770412
最初の部屋に戻りました。


P1770414
床の文様


P1770415


P1770416
最初の部屋は「芸術と名声の間」と呼ばれてます。


P1770417
外に出ました。


P1770418
フィレンツェにもヴァザーリの家があります。併せて行くのも良いでしょう。しかし、入館は予約必須です。


P1770419
(おわり)


P1770115
アレッツォの9月20日通りです。


P1770116
通りの55番地にあるのがヴァザーリの家です。


P1770122
ジョルジョ・ヴァザーリ(アレッツォ、1511フィレンツェ、1574)がこの建物を買ったのが、30歳だった1541年でした。


P1770121
当時、ヴァザーリはフィレンツェに居を構え、フィレンツェ、ローマを何度も往復して仕事をしていたので、非常に多忙でしたが、生まれ故郷のアレッツォの屋敷を買い、部屋内部の装飾に努めたのです。
暇を見つけては、アレッツォに戻りました。部屋の装飾は1542年に始められ、1568年に終わったとされてます。


P1770118
ヴァザーリの死後、子孫たちがこの屋敷に居住していましたが、1687年子孫が途絶え空家となってしまいました。


P1770119
その後、フラテルニータ・デイ・ライチ(世俗の修道会会員の組織)が買い取り、その活動のために使用されていましたが、1897年にプロッツィ家の屋敷となりました。
写真はヴァザーリの家の入り口です。


P1770123
1911年、建物は市当局の所有となり、同年美術館として一般公開されるようになりました。


P1770124
2015年の入館者は11,443人だったそうです。この数字はチョット意外な感じがします。私が行った時、10人程度の入館者を何時も見かけますから。


P1770125
部屋上部にヴァザーリの描いたフレスコ画があります。その肖像画は彼の友人たちのものです。
また、壁の絵画は彼の作品や彼が収集したものです。


P1770126


P1770127


P1770128
仕事ではなく、ヴァザーリの好みと趣味で描いたそうです。
暇を見つけてはフィレンツェ、ローマからこの屋敷に戻り、フレスコ画や絵画の制作に没頭したそうです。よほど絵を描くのが好きだったのでしょう。


P1770129


P1770131


P1770133
マーゾ・ダ・サン・フリアーノ(フィレンツェ、1531‐1571)の「受胎告知とバーリの聖二コラ」(1560‐70c)


P1770140
ジョヴァンニ・バルドゥッチ通称イル・コスチ(フィレンツェ、1560c‐ナポリ、1631以降没)の「聖アントニオ・アバーテの奇跡」(1580‐90c)


P1770147
ジョヴァンニ・マリア・ブッテ—リ(フィレンツェ、1540c‐1606)の「聖セバスティアーノの殉教」(1570‐80c)


P1770148
ロレンツォ・サバティーニ(ボローニャ、1530c‐ローマ、1577)に帰属する「墓地のマグダラのマリア」(16世紀第3四半世紀)


P1770153
ジョヴァンニ・ストラダーノ(ブルージュ、1523‐フィレンツェ、1605)の「磔刑」(1581)


P1770157
ミラベッロ・カヴァローリ(フィレンツェ、1535‐1572)の「聖バルバラ」(16世紀第3四半世紀)


P1770160
ヤコポ・リゴッツィ(ヴェローナ、1547‐フィレンツェ、1627)の「悔悛の聖ジローラモ」(1580‐90c)


P1770162
アレッサンドロ・アッローリ(フィレンツェ、1535‐1607)の「祈る聖フランチェスコ」)1606)


P1770168
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリ(ヴィアダーナ、1500c‐パルマ。1569)に帰属する「聖ジローラモ」(1540‐50c)


P1770172
フィレンツェの無名画家の「アンドレア・デル・サルト作『洗礼者聖ジョヴァンニ』の複製画」(16世紀後半)


P1770174
フィレンツェの無名画家の「聖エレーナ」(1590‐1600c)


P1770176
フィレンツェの無名画家の「聖ジローラモ」(1590‐1600c)


P1770178
フィレンツェの無名画家の「コルトーナの聖マルゲリータ?」(1590‐1600c)


P1770181
ヴァザーリ自身制作のヴァザーリの家の模型(1572)


P1770184


P1770185
ヴァザーリの「Guida」(1542c)


P1770190
ヴァザーリの「砂漠のエリア」(1563‐64)


P1770192
ヴァザーリの「アベルの犠牲」(1563‐64)


P1770194
ヴァザーリの「最後の晩餐」(1563‐64)


P1770198
アンドレア・サンソヴィーノ(モンテ・サン・サヴィーノ、1470c‐1529)の「ガルバ帝」(1510‐15)


P1770203
次はアポロとミューズの部屋です。


P1770202


P1770204


P1770206


P1770207


P1770209


P1770210


P1770231
この部屋の壁にも絵画が掲げられてます。


P1770212
ヤコポ・ズッキ(フィレンツェ、1541c‐ローマ、1596)の「マルシアの皮を剥ぐアポロ」(1570‐80c)


P1770217
ヤコポ・リゴッツィ(ヴェローナ、1547‐フィレンツェ、1627)の「ミケランジェロ作『フォルトゥーナの寓意』の複製画」(1570‐80c)


P1770221
カルロ・ポルテッリ(1538‐1574活動記録)の「慈愛の寓意」(1555c)


P1770226
ペリン・デル・ヴァーガ(フィレンツェ、1501‐ローマ、1547)の「ノアの洪水」(1530‐40c)


P1770228
ヴァザーリの追随者の「賢明の寓意」(16世紀第3四半世紀)


P1770234
ヤコポ・ズッキの「アドーネの死」(1577以降)


P1770238
イタリアの無名画家の「パリス(注:ギリシャ神話)の判決」(16世紀後半)


P1770241
トスカーナの無名画家の「アポロとダフネ」(16世紀第4四半世紀)


P1770245
詳細不明
(つづく)



P2190285
1043年の文書に、修道院がこの地にあったことが記されてます。現在の教会の建物は、バルトロメオ・アンマナーティの設計によって、1591年創建、1611年に完成した二代目となるものです。


P2190287
1711年に制作された木製の天井です。


P2190289
ジョルジョ・ヴァザーリ・イル・ジョーヴァネの主祭壇(1607)
「ジョルジョ・ヴァザーリ・イル・ジョーヴァネ」と言う名前を初めて知ったのがこの教会でした。


P2190290
後陣の装飾


P2190292
テオフィーロ・トッリの「被昇天の聖母」


P2190300
後陣横のフレスコ画もテオフィーロ・トッリの作品です。


P2190302
彩柚テラコッタがある礼拝堂です。


P2190304
アンドレア・デッラ・ロッビアの協力者の「アンドレア・デッラ・ロッビア作『慈悲の聖母』の複製」


P2190306
この礼拝堂のフレスコ画はサルヴィ・カステッルッチの作品


P2190308
テオフィーロ・トッリのフレスコ画


P2190309


P2190311
アレッサンドロ・ベッティの「マギの礼拝」


P2190315


P2190314
オルガン横のフレスコ画はサルヴィ・カステッルッチの作品


P2190318
ヴィンチェンツォ・ダンディーニによるオルガンの装飾です。


P2190319
ヴィンチェンツォ・ダンディーニの作品


P2190322
ベルナルド・サンティーニの「磔刑と聖ピエトロと聖ベルナルド」


P2190323
サルヴィ・カステッルッチのフレスコ画


P2190325
豪華な礼拝堂です。


P2190327
上部の装飾はウリッセ・ジョッチの作品です。「音楽天使」


P2190330
こちらもウリッセ・ジョッチの作品


P2190332
これもウリッセ・ジョッチの作品


P2190334
その下にあるのは、ベルナルド・サンティーニの「聖母子と二聖人」


P2190337
サルヴィ・カステッルッチの作品


P2190339


P2190341
ヴィンチェンツォ・ダンディーニの作品


P2190343
サルヴィ・カステッルッチの作品


P2190346


P2190349


P2190350


P2190352
サルヴィ・カステッルッチの作品


P2190353
クリプタがありますが、扉が閉まっていました。


P2190354
拝観できて満足しました。


P2190296
これがあるので助かりました。


P2190298


P2190294
主祭壇前から見た出入口です。


P2190355
外に出ました。


P2190356


P2190357
国立美術館は前日に入館したので後回しにしました。


P2190358
サン・フランチェスコ聖堂の拝観が優先です。


P2190359
サンティ・フローラ・エ・ルチッラ教会の拝観も後回し。


P2190360
フォルリのピエロ・デッラ・フランチェスカ展がイマイチだったので、その分余計に彼のフレスコ画が見たいのです。


P2190362
切符売り場は閑散としてました。


P2190363
地元の信者さんと係員しかいませんでした。


P2190395
後日、古寺巡礼で取り上げる予定です。


P2190410
ミサが行われていました。


P2190387
ミサ中でも邪魔をしないように拝観することが出来ます。


P2190430
他の人がいなかったので、傑作を独り占めして鑑賞出来ました。


P2190432


P2190462


P2190441


P2190454


P2190478


P2190491
幸せでした。


P2190490
アレッツォは良いですね。


P2190492
もう昼食時です。


P2190493


P2190494
(つづく)

P2190113
翌朝です。前日と異なり安定した好天の一日となりました。


P2190114
寝覚めが遅いイタリア通りです。


P2190115
この日は、サン・フランチェスコ聖堂などの教会巡り、ヴァザーリの家、最後に国立中世・近代美術館の予定でした。前日の国立美術館は作品の写真を撮ることが中心だったので、鑑賞の方が疎かになりました。もう一度入館して、じっくりと鑑賞するのが目的です。


P2190117
トスカーナでは、フィレンツェ、シエナに次いで見どころが多い街なので、大体2泊以上することにしてます。


P2190119
サン・フランチェスコ聖堂です。


P2190125
教会は開いていましたが、この時間は地元の人たちの信仰のために開けているので、観光客は遠慮して欲しいとの事でした。切符を買って拝観するれば良いのですが、切符売り場窓口が開くのは1時間後なので、それまで他のところに行くことにしました。


P2190120
聖堂前に立っているのは、Vittorio Fossombrini 像です。


P2190122
ヴィットリオ(アレッツォ、1754-フィレンツェ、1844)は、数学者、エンジニア、経済学者でもあり政治家だった、当時の万能の天才でした。アレッツォ市民の誉れということで、目立つ場所に像が立てられました。


P2190126
観光客の出足が鈍いようです。


P2190127
開いている教会は少ないと思いましたが、それでも教会巡りをしました。


P2190128


P2190129
1667年から1686年に建設されたサン・イグナツィオ教会です。


P2190130
既に宗教活動を停止して、現在市当局の所有となっています。催事場や会議室として使用されており、その時に限って拝観できるのです。
この日は扉が閉まっていました。旧教会の場合、その使用頻度はファサード前の地面に積もったハトのフン量によって判定することにしてますが、量が多かったので、近頃は殆ど使用されていないと思いました。


P2190133
見えている鐘楼はサンティ・フローラ・エ・ルチッラ教会のものと思います。


P2190134


P2190135
バッチ広場


P2190136
道を下ったところにサン・ジュゼッペ教会があります。


P2190137
サン・ジュゼッペ教会はまだ現役の教会と思いますが、何時も閉まっているので拝観したことがありません。


P2190139
今度は坂を上りました。


P2190140
旗はジョストラが近いことを示してます。


P2190142
次はサンタ・マリア・イン・グラーディ教会です。


P2190143
サンタ・マリア・イン・グラーディ教会は毎日開くので安心していましたが・・・・


P2190144
写真左先に広場があります。その広場に面して教会が建ってます。


P2190145
うわっー、閉まってる。ガックリです。


P2190146
ここは拝観したかった!


P2190148
サンタ・マリア・イン・グラーディ広場


P2190149
諦めきれないので、帰り道にもう一度来ることにして、先を急ぎました。


P2190150
次はサンティ・ファビアーノ・エ・セバスティアーノ教会です。


P2190151
ムレッロ広場が見えてきました。


P2190154
広場に面して教会が建ってます。


P2190153
サンティ・ファビアーノ・エ・セバスティアーノ教会です。


P2190158
機能を停止した旧教会で、博物館になっていますが、最近は開館していないと思います。


P2190160
ファサードのフレスコ画


P2190152
次はサン・ドメニコ教会です。


P2190161
サッソヴェルデ通りの突当りにサン・ドメニコ教会があります。


P2190164
サン・ドメニコ教会です。


P2190170
この教会は後日古寺巡礼で改めて取り上げる予定です。


P2190186
傑作美術品の宝庫です。


P2190192


P2190273
外に出ました。


P2190276
次はヴァザーリの家です。


P1770107
ヴァザーリの家は教会のすぐそばにあります。


P1770113
歩いて2,3分といった距離です。


P1770114


P1770115
着きました。


P1770116
ヴァザーリの家


P1770117
2014年頃まではここが入口でした。


P1770120
現在、その隣の、こちらが入口となってます。


P1770123
入館しました。


P1770126
フィレンツェでは多忙でしたが、暇を見つけては、自分が建てた家に戻り、好きなようにフレスコ画を描くなどして装飾しました。


P1770207
ヴァザーリの家は後日改めて取り上げる予定です。


P1770139
ヴァザーリの友人だった画家たちの作品も展示されてます。


P1770307
ヴァザーリの家の庭園です。


P1770310
庭園から見たヴァザーリの家


P1770417
外に出ました。


P2190278
ムレッロ広場に戻りました。


P2190279
ムレッロ通りを下りました。


P2190280
サンタ・マリア・イン・グラーディ教会にもう一度寄ってみることに。


P2190281
開いていました。


P2190282


P2190283
美術作品が多い教会として知られてます。


P2190284
(つづく)



P2180866
次の部屋です。


P2180868
ヴィンチェンツォ・ダンティ(ペルージャ、1530‐1576)の「聖ルーカ」(1570‐71)


P2180872
ジョヴァンニ・バルドゥッチ(フィレンツェ、1560c‐ナポリ、1631以降没)の「天上の聖母子と聖人たち(1580‐90)


P2180876
ヴァザーリの「アブラモ、サラ、アガル、イスマエルの顕現する天使たち」(1573)


P2180880
チゴリ(サン・ミニアート、1559‐ローマ、1613)の「キリストの復活」(1591)


P2180884
ヤコポ・ヴィニャーリ(プラートヴェッキオ、1592‐フィレンツェ、1664)の「アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖フランチェスコなどの聖人に顕現する聖母」(1653)


P2180889
フランチェスコ・ディ・ラッゼーロ・トルニ(フィレンツェ、1492‐ローマ、1562)の「受胎告知」(1542以前)


P2180893
ヴァザーリの「ピエーヴェ・ディ・サンタ・マリアの多翼祭壇画」(1568)
アレッツォのサンタ・マリア・ディ・ピエーヴェ教会にありました。


P2180896
ヴァザーリの「聖ロッコ」(1568)


P2180899
鑑賞しやすい展示です。


P2180900
十分なスペースが採られてます。


P2180900
目線の位置に作品が展示されているのが特徴です。


P2180902
第18室です。


P2180903
ヤコポ・ダル・ポンテ(バッサーノ、1510c‐1592)とフランチェスコ・ダル・ポンテ(バッサーノ、1549c‐ヴェネツィア、1592)の「ノアの洪水」(1573c)


P2180908
ヤコポ・ダル・ポンテとフランチェスコ・ダル・ポンテの「ノアの箱舟」(1573c)


P2180911
ナポリ派無名画家の「聖バルトロメオ」(17世紀)


P2180914
アンジェロ・カロセッリ(ローマ、1585‐1652)の「魔術のシーン」(17世紀前半)


P2180916
アンジェロ・カロセッリの「魔術のシーン」(17世紀前半)


P2180919
カルロ・ドルチ(フィレンツェ、1616‐1686)の「聖霊降臨」(1666)


P2180923
ヤコポ・ズッキ(フィレンツェ?、1542c?、1596)の「マギの礼拝」(16世紀後半)


P2180928
サルヴィ・カステッルッチ(アレッツォ、1608-1672)の「聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナと聖ドメニコ」(1655‐57)


P2180931
サルヴィ・カステッルッチの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2180934
サルヴィ・カステッルッチの「聖母子と聖ロレンツォと聖カテリーナとドメニコ会聖人」(1656c)


P2180938
フィレンツェ派無名画家の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(16世紀末)


P2180942
サルヴィ・カステッルッチの「永遠なる父」(1656c)


P2180945
フィレンツェ派無名画家の「殉教した聖女に描かれた母と娘の肖像」(16世紀末)


P2180949
サンティ・ディ・ティート(ボルゴ・サンセポルクロ、1536-フィレンツェ、1603)の「サン・トッマーゾ・ダクイーノの祭壇画」
アレッツォのアクイーノのサン・トッマーゾ祈祷所にありました。


P2180953
サンティ・ディ・ティートの「キリストの復活」(16世紀後半)


P2180957
ティベリオ・ティーティ(フィレンツェ、1573c‐1627)の「聖母の誕生」


P2180959
次の部屋です。


P2180961
アンドレア・ポッツォ(トレント、1642-ウィーン、1709)の「アントニア・グリッフォーリ・アッリーギの肖像」


P2180964
サルヴァトール・ローザ(ナポリ、1615‐ローマ、1673)の「トンコ(ピエモンテ州)の風景」


P2180966
グレチェット(ジェノヴァ、1610c‐1665?)の「エジプトへの逃避」(17世紀前半)


P2180970
カルロ・マラッタの追随者の「聖母子と聖アンナ」(18世紀)


P2180973
ヴィヴィアーノ・コダッツィ(ベルガモ、1604‐ローマ、1670)の「遺跡があるローマの風景」(1663)


P2180977
Gaspard Dughet detto Poussin (Roma,1615-1675 )の「風景」(17世紀後半)


P2180980
サルヴァトール・ローザの「托鉢僧がいる風景」(1650以降)


P2180983
ベルナルディーノ・サンティーニ(アレッツォ、1593‐1652)の「家族の肖像」(17世紀初め)


P2180986
ピエル・フランチェスコ・モーラ(コルドレリオ、1612‐ローマ、1666)に帰属する「二人の女性」(1645‐55)


P2180989
フランチェスコ・トレヴィサーニ工房の「鞭打ち」(1695‐96)


P2180992
17世紀の無名画家の「戦闘のシーン」


P2180996
フランチェスコ・トレヴィサーニ工房の「マグダラのマリア」(1720‐30)


P2180999
ピエトロ・アンジェレッティ(ローマ、1737‐1798)の「画家アンジェロ・リッチの肖像」(18世紀中ごろ)


P2190003
ラッファエッロ・コンティ(アレッツォ、1847‐フィレンツェ、1910)の「アレッツォのピエーヴェ教会の内部」(1876以降)
当たり前ですが、当時もピエトロ・ロレンツェッティの多翼祭壇画があったことが分かります。


P2190005
ジュゼッペ・モリッチ(フィレンツェ、1806‐1879)の「病み上がりの孤児」(1858)


P2190009
ピオ・リッチ(アレッツォ、1848‐フィレンツェ、1918)の「悲惨な場面」(1880)


P2190011
次の部屋です。


P2190012
トッマーゾ・セバスティアーニ(19世紀前半活動)の「ロレンツォ・イル・マニーフィコの作品を示すミケランジェロ」(19世紀初め)


P2190016
ピオ・リッチの「フラテルニータ・デイ・ライチの施し」(1870)


P2190019


P2190020


P2190022
ピエトロ・ベンヴェヌーティ(アレッツォ、1769‐フィレンツェ、1844)の「肖像画」(1799)


P2190025
ピエトロ・ベンヴェヌーティの「自画像」(1840)


P2190028
アントニオ・プッチネッリ(カステルフランコ・ディ・ソット、1822‐フィレンツェ、1897)の「ガスパーレ・ボンチの肖像」(1860)


P2190031
Jean-Marc Baud (Ginevra, 1827-1907) の「女性の肖像」(1850)


P2190034
ピオ・リッチの「フランチェスコ・トゥリーニの肖像」(1870c)


P2190037
グアルティエーロ・デ・バッチ・ヴェヌーティ(ルッカ、1857‐アレッツォ、1938)の「ジュゼッペ・ヌッチの肖像」(1877‐81)


P2190040
アントニオ・サルヴェッティ〈コッレ・ディ・ヴァル・デルザ、1854‐1931〉の「ドメニコ・フォスカーリの肖像」(1925)


P2190043
アントニオ・サルヴェッティの「男の肖像」


P2190058
2階のロビーに戻りました。


P2190046
ヴァザーリの「エステルとアッスエーロの晩餐」(1549)


P2190050
ジョヴァンニ・チミーカ(1743‐1788)の「ピエトロ・レオポルドの肖像」(1755c)


P2190053
ジョヴァンニ・チミーカの「ルチッラ・アルベルゴッティ・シーリの肖像」(18世紀)


P2190056
ジョヴァンニ・チミーカの「ジャチント・フォッソンブローニの肖像」(18世紀)


P2190059
アレッツォの無名画家の「エレーナ・フォッソンブローニの肖像」(18世紀)


P2190063
アレッツォの無名画家の「アントン・マリーア・フォッソンブローニの肖像」(18世紀)


P2190065
外に出ようとすると激しい雷雨になっていました。


P2190067
以上が2016年6月の展示作品でした。
(つづく)

P2180732
マッテオ・ラッポーリ(アレッツォ、1450‐1504)に帰属する「幼きキリストを崇める聖母」(1487)


P2180736
アンジェロ・ディ・ロレンティーノ(アレッツォ、1465c‐1527)の「キリストの復活」(15世紀末―16世紀初め)


P2180739
ドメニコ・ペコリ(アレッツォ、1480c‐1527)の「福音書記者聖ジョヴァンニ」(1500‐10)


P2180741
アンジェロ・ディ・ロレンティーノの「聖母子と天使」(15世紀末―16世紀初め)


P2180744
アンジェロ・ディ・ロレンティーノの「聖フローラと聖ルッチッラ」(15世紀末‐16世紀初め)


P2180748
ニッコロ・ソッジ(アレッツォ、1479‐1552)に帰属する「嘆き」(15世紀末‐16世紀初め)


P2180752
バルトロメオ・デッラ・ガッタとアンジェロ・ディ・ロレンティーノの「慈悲の聖母」(1490c)


P2180756
アレッツォ派無名画家の「聖母子」(15世紀前半)


P2180759
次の部屋です。


P2180760
彩柚テラコッタなどが展示されてます。


P2180764
ジローラモ・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1488‐パリ、1566)の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」(1505‐12c)


P2180768
ロッビアーナ工房の「聖セバスティアーノ」(15世紀中ごろ)


P2180772
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「聖母子と聖セバスティアーノと聖ジュリアーノ」(1495‐1500c)
プレデッラが付いてます。


P2180775
ロッビアーナ工房の「幼児のトンド」


P2180777
陶器類の展示


P2180778
マヨルカ陶器?


P2180779
これらの展示がこの美術館の特徴とされてます。


P2180780
同じように見えてしまって・・・・・


P2180781


P2180782


P2180783


P2180784
沢山ありますね。


P2180785


P2180786
ロビーに戻りましたが、ロビーの展示作品を見るのを後回しにして、3階に向かいました。


P2180863
早く観たい作品があったからです。


P2180864
シニョレッリの作品が並んでます。


P2180789
ルーカ・シニョレッリ(コルトーナ、1445c‐1523)の「天上の聖母子と天使と聖フランチェスコと聖キアーラとマグダラのマリアと聖マルゲリータ」(1518‐19)


P2180794
ルーカ・シニョレッリと工房の「天上の聖母子と永遠なる父と聖人たち」(1519‐23)


P2180800
ヴァザーリの作品は修復中でした。


P2180811
確かに修復中で、紙のようなものが何か所も貼られた作品が別の場所にありました。


P2180804
Maestro Allegro (フィレンツェで16世紀前半に活動)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(16世紀前半)


P2180808
ピエリーノ・ダ・ヴィンチ(ヴィンチ、1529‐ピサ、1553)の「フォンターナのプット」(1540c)


P2180816
イル・ポッチェッティ(フィレンツェ、1548‐1612)の「カルヴァリオへの途」(1580‐85c)


P2180818
ドメニコ・ペコリ、ニッコロ・ソッジ、アンジェロ・カパンナの「聖会話」(15‐16世紀)


P2180824
ジョルジョ・ヴァザーリの「無原罪の御宿りの寓意」(1541c)


P2180827
ドメニコ・ペコリ、ニッコロ・ソッジ、フェルディナンド・コーカの「慈悲の聖母」(1520c)


P2180831
展示室のフレスコ画


P2180832


P2180835
ヴァザーリの「サン・ロッコの祭壇画」(1536‐37)
アレッツォのサン・ロッコ教会にあったので、そう呼ばれてます。


P2180839
16世紀の無名画家の「磔刑」


P2180842
16世紀の無名画家の「キリストの埋葬」


P2180846
16世紀の無名画家の「ドメニコ会の4聖人」


P2180850
ジョヴァンニ・ディ・ロレンツォ・ラルチャーニ(フィレンツェ、1484‐1527)の「聖母子」(1510‐25c)


P2180852
マーゾ・ダ・サン・フリアーノ(フィレンツェ、1531‐1571)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」


P2180858
ニッコロ・ソッジに帰属する「幼きキリストへの崇拝」


P2180861
作者不詳の「聖体容器」(16世紀)
(つづく)

P2180264
リベルタ広場


P2180265
ドゥオーモ


P2180267
天気が良くなったので、人出が多くなってきました。


P2180268
Palazzo Comunale


P2180271
アレッツォの紋章があります。


P2180269
沢山の見どころがある市庁舎ですが、実際に執務が行われているので、見学するのが憚れます。


P2180276
その一角に観光案内所が設けられてます。


P2180282
この場所は見逃せません。


P2180278
これがお目当てです。
サルヴィ・カステッルッチ(1608‐1672)の「聖母子と聖ドナートと聖ステファノ」


P2180281


P2180275
次はドゥオーモです。


P2180289
見どころが多いドゥオーモです。


P2180295
「古寺巡礼」で別に取り上げる予定です。


P2180305
ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品


P2180395
ドゥオーモ広場


P2180273
Palazzo della Provincia


P2180396



P2180398
いつの間にか雷鳴が聞こえなくなっていました。


P2180399
次は国立中世・近代美術館です。


P2180401
サン・ピエル・ピッコロ教会修道院です。


P2180402
この時間は開いていません。


P2180404
この先に美術館があると思っていましたが・・・・・


P2180406
地図は持っていましたが、例によって見ませんでした。


P2180407
途中で道を間違えて、サン・フランチェスコ教会の前に出てしまいました。


P2180408
教会の前に出て、道を間違えたことに初めて気付くと言うお粗末な自分に呆れました。


P2180410


P2180411
Via del Saracino


P2180413
美術館は入館無料になりましたが、無料入館券を貰う窓口の開く時間が決まっているのです。それに間に合うか微妙な時間になってしまったので、この付近では走っていました。


P2180414
何とか間に合いました。


P2180786
美術館に付いては、現在掲載させて頂いてます。


P2180794
ルーカ・シニョレッリの作品


P2190072
外に出たら雷雨でした。


P2190073
’Canto della Croce '


P2190076
突き当りの店で暫し雨宿りをさせて頂きました。


P2190071
サンティ・ロレンティーノ・エ・ペルジェンティーノ教会


P2190075
小雨になったので、歩き始めました。


P2190077
写真右下に教会があります。


P2190078
サンティッシマ・アンヌンツィアータ教会


P2190079
雨は小康状態ですが、雷鳴が時々聞こえてくるので、何時大雨になるか分からない状態でした。


P2190080
閉館間際まで美術館にいたので、明るいですが午後7時を過ぎています。


P2190081
サンティ・フローラ・エ・ルチッラ教会


P2190084
開いていましたが、扉が閉まるのは時間の問題と考えて、拝観をパス。


P2190085
隣接する彩釉テラコッタは見逃せません。


P2190088
ここにあります。


P2190087
ロッビア工房の作品


P2190089


P2190090
天気が変わり易い一日でした。


P2190092
写真左手前の建物のタベルナコロが見逃せません。


P2190094
17世紀のアレッツォの無名画家の「聖母子」


P2190095
歓声と拍手が聞こえてきました。


P2190096
サン・フランチェスコ広場


P2190097
市民マラソンが行われていました。


P2190098
教会はもう閉まっていました。


P2190099
未だ競技中でした。市内を何度も周回するようです。


P2190102
人々が移動して行きます。


P2190103
教会の横を通り抜けました。


P2190104
ホテルに戻りたかったのですが、コースを横切らないとホテルに行けないので困りました。


P2190105
そのうちに競技が終わるだろうと思いました。


P2190106
サン・ミケーレ教会


P2190107
イタリア通りもコースになっていました。


P2190109
先頭のランナーが走って来ました。


P2190110
滑りやすく走り難い道に見えましたが、それをモノともせずに走り抜けて行きます。


P2190111
ゴールの先に虹がかかっていました。
(つづく)

P2180555
次の部屋です。


P2180557
スピネッロ・アレティーノの領域の「聖バルトロメオ」(14世紀後半)


P2180561
スピネッロ・アレティーノの領域の「ピエタのキリスト」(14世紀後半)


P2180562
スピネッロ・アレティーノの領域の「聖ドナート」(14世紀後半)


P2180568
パッリ・ディ・スピネッロ(アレッツォ、1387‐1453)の大天使ガブリエーレ」(1440‐49c)


P2180569
パッリ・ディ・スピネッロの「2音楽天使」(1440‐49c)


P2180571
パッリ・ディ・スピネッロの「大天使ミケーレ」(1440‐49c)


P2180574
パッリ・ディ・スピネッロの「2音楽天使」(1440‐49c)


P2180576
パッリ・ディ・スピネッロの「聖ベルナルド」(1440‐49c)


P2180579
パッリ・ディ・スピネッロに帰属する「戦闘の場面」(1435‐40c)


P2180582
パッリ・ディ・スピネッロの「慈悲の聖母」


P2180584
この作品の後ろにあるフレスコ画が気になります。


P2180585


P2180588
裾絵は「聖ロレンティーノと聖ペルジェンティーノの物語」がテーマです。


P2180589


P2180592


P2180594


P2180598
アレッツォ派無名画家の「玉座の聖母子」(15世紀前半)


P2180603
スピネッロ・アレティーノの領域の「聖母子と聖ドナート」


P2180606
スピネッロ・アレティーノ(アレッツォ、1350c‐1410)とパッリ・ディ・スピネッロの「天使たちの戦い」(15世紀)


P2180609
ジョヴァンニ・ダーニョロ・ディ・バルドゥッチョの「天上のキリストと聖人たち」(15世紀前半)


P2180615
スピネッロ・アレティーノの「三位一体」(1400‐10)


P2180618
修復中とのこと


P2180619
これも修復中


P2180620
ガラス製品類の展示


P2180621
次の部屋です。


P2180622
部屋の壁だけに作品が展示されていて、ゆったりとした感じで鑑賞出来ます。


P2180623
イル・モスカ(セッティニャーノ、1492‐オルヴィエート、1553)の「暖炉」(1533c)


P2180629


P2180625
フィレンツェ派無名画家の「聖アントニオ・アバーテ」(15世紀前半)


P2180632
ネーリ・ディ・ビッチ(フィレンツェ、1419‐1491)の「慈悲の聖母と聖ベルナルディーノとバーリの聖二コラ」(1456)
アレッツォのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ聖域にありました。


P2180635
メインパネル


P2180638
裾絵


P2180640
裾絵のテーマは「サンタ・マリア・デッレ・グラツイエの創設」


P2180642


P2180644


P2180645


P2180650
フェッラーラ派無名画家の「玉座の聖母子と聖フランチェスコと聖キアーラ」(1460‐70c)


P2180652


P2180654
バルトロメオ・ディ・ジョヴァンニ(フィレンツェ、1488‐1501記録)の「磔刑とマグダラのマリア、パドヴァの聖アントニオ、聖ジョルジョ」(15世紀末)


P2180658
ミケーレ・ダ・フィレンツェ(フィレンツェ、1385‐ペーザロ、1457)に帰属する「聖アントニオ・アバーテ」(15世紀前半)


P2180662
ミケーレ・ダ・フィレンツェの「磔刑」(1430‐36c)


P2180666
ベルナルド・ロッセッリーノ(セッティニャーノ、1409‐フィレンツェ、1464)に帰属する「慈悲の聖母」


P2180670
バルトロメオ・デッラ・ガッタ(フィレンツェ、1448‐1502)の「アレッツォにおけるペスト禍からの予防を祈願する聖ロッコ」(1482c)


P2180674
バルトロメオ・デッラ・ガッタの「フラテルニータ・デイ・ライチ館前の聖ロッコ」(1479)


P2180677
詳細不明


P2180680
詳細不明


P2180684
フィレンツェ派無名画家の「聖母子」(15世紀)


P2180689
プセウド・ピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(15世紀後半)


P2180695
ロ・スケッジャ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1406‐1486)の「聖母子と音楽天使たち」


P2180698
ロレンティーノ・ダンドレア(アレッツォ、1463‐1506記録)の「聖母子と聖ガウデンツィオと聖コルマート」


P2180700
メインパネル


P2180703
裾絵


P2180707
裾絵のテーマは「聖人たちの物語」


P2180708



P2180712
次の部屋です。


P2180711


P2180713
剥離フレスコ画が並んでます。


P2180715
マッテオ・ラッポーリ(アレッツォ、1450‐1504)に帰属する「聖母子と2天使」(1475‐80c)


P2180720
アンジェロ・ディ・ロレンティーノ(アレッツォ、1465c‐1527)の「四聖女(聖ルチア、聖フローラ、聖ルチッラ、聖キアーラ)」(16世紀初め)


P2180723
ドメニコ・ペコリ(アレッツォ、1480c‐1527)の「聖ベネデット」(1500‐10)


P2180726
「聖ベルナルドの幻視」はフォルリのピエロ・デッラ・フランチェスカ展に貸し出されていました。


P2180728
聖書台(16世紀) 制作者不詳


P2180729
(つづく)

今回は、アレッツォの国立中世・近代美術館 Museo Statale d'Arte Mediovale e Moderno です。
P2190067
アレッツォのサン・ロレンティーノ通りです。


P2190070
サン・ロレンティーノ通りに面して建つ、15世紀の建設されたブルーニ・チョッキ宮です。


P2190069
ブルーニ・チョッキ宮が国立中世・近代美術館となってます。


P2180414
閑古鳥が鳴いていた美術館でしたが、何と2016年から入館無料としたのです。その効果が出たようで、この日は、入館者を10数人見かけました。


P2190066
入館するには、切符売り場?(正確には切符配布場と言うべきでしょう)に行って、無料入館切符を受け取る必要があります。ここで注意する必要があるのは、無料券を受け取れる時間が決められており、それ以外の時間は美術館が開館していても窓口が閉鎖されていることです。
無料券のチェックが各階で行われている場合があり、その場合、無料券を所持していないと退館させられます。
今までの入館料は僅か€4だったと思いますが、私としては、無料の方が制約が多い(切符配布時間に行かないといけない。HPに掲載されている切符配布時間が正しいのか不安がある。)ので、従来通り有料の方が良いと思いました。


P2190065
入館無料となった国立美術館は、私の知る限り、ここが最初と思います。
何故、無料としたのでしょうか?


P2180415
2016年6月と2015年6月では、展示作品が微妙に変わっています。
先に2016年6月時点の展示作品をアップすることにします。


P2180416
ウンブリア・アレッツォの無名画家の「磔刑」(13世紀末)


P2180419
数点の作品がアスコリ・ピチェーノで開催された「チマブーエからカラヴァッジョの特別展」に貸し出されていました。
ところで、今年イタリアで行われる「カラヴァッジョ展」で大掛かりなものはトリノで開催中で、全部で51点(多分カラヴァッジェスキ画家の作品を含むと思います)の作品が展示されてます。私も行きたいと考えてます。


P2180420
マルガリート・ディ・アレッツォ(1262記録)と協力者の「聖フランチェスコ」(1260‐75c)


P2180424
マルガリート・ディ・アレッツォの「モンテルンゴの聖母」(13世紀後半)


P2180427
ディエティサルヴィ・ディ・スペーメ(1250‐1291記録)の「玉座の聖母子」(1270‐80c)


P2180431
13世紀のトスカーナの親方の「聖母子」
保護板に覆われているので写真写りが悪い。


P2180435
トスカーナの無名彫刻家の「聖母子」(13‐14世紀)


P2180438
Maestro del San Michele (14世紀前半活動)の「大天使ミケーレ」(14世紀初め)


P2180441
Maestro del San Michele の「聖母子」(14世紀前半)


P2180444
無名彫刻家の「聖母子」(14世紀前半‐15世紀初め)


P2180447
Maestro del San Michele の「聖母子」(14世紀?)


P2180450
無名彫刻家の「聖ロッコ」(14世紀末‐15世紀初め?)


P2180453
無名彫刻家の「聖母子」(14世紀)


P2180456
Maestro del San Michele の「聖シジスモンド?」(13世紀末)


P2180459
無名彫刻家の「ドメニコ会の聖人」(14世紀前半)


P2180462
無名彫刻家の「Mensola con grifo」(14世紀)


P2180465
彫刻の断片(13世紀初め)


P2180467
「ライオンの副柱頭」(12世紀末?)


P2180471
以前よりも確かに入館者が多くなりました。


P2180470
彫刻断片の紹介は省略させて頂きます。


P2180472
1階の作品は以上で終わりです。一旦中庭に出て、階上に向かいます。


P2180473


P2180475
ギリシャ、ローマ時代の列柱と柱頭が並んでます。


P2180476


P2180477


P2180474
「聖母子」の浮彫はキオストロ回廊にあります。


P2180478
階段を上りました。


P2180479
1階から2階に向かう途中にある作品です。(詳細不明)


P2180481
2階は絵画の展示です。


P2180482
2階のロビー


P2180484
ロビーのフレスコ装飾


P2180527
先ず第4室です。


P2180489
14世紀の無名画家の「玉座の聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニとバーリの聖二コラ」


P2180493
ジョヴァンニ・ダル・ポンテ(フィレンツェ、1385‐1437)に帰属する「玉座の聖母子とバーリの聖二コラと聖ジュリアーノ」(1410‐20)


P2180497
トスカーナの親方の「聖母子と四聖人」(15世紀)


P2180500
フィレンツェの親方の「聖母子」(14世紀末)


P2180505
無名画家の「ベルナルド・ダッディ作『聖オルソラの物語』の複製画」(1335‐40c)


P2180507
中央の「聖オルソラと聖ロレンツォがいる磔刑」


P2180511
左は「植民地へ到着する聖オルソラ」


P2180513
右は「聖オルソラの殉教」


P2180517
ブオナミーコ・ブッファルマッコ(フィレンツェ、1315‐1340記録)の「大天使ミケーレ」(1420‐30)


P2180521
グアリエント(1338‐1367記録)の「権天使」(1354c)


P2180523
ピエトロ・ロレンツェッティ(シエナ、1306‐1345記録)の「玉座の聖母子と聖アグネスと聖カテリーナ」(1310‐15c)


P2180530
ジョヴァンニ・ダーニョロ・ディ・バルドゥッチョ(アレッツォ、1370‐1452c)の「慈悲の聖母」(1414c)


P2180533
展示作品の質が高いと思います。


P2180532


P2180535
ジョヴァンニ・ダーニョロ・ディ・バルドゥッチョの「玉座の聖母子と聖ロレンツォと聖アントニオ・アバーテ」(1414)


P2180539
ジョヴァンニ・ダーニョロ・ディ・バルドゥッチョの「聖バルバラと聖ヤコポ」(1414c)


P2180543
ニッコロ・ディ・ピエトロ・ジェリーニ(フィレンツェ、1368‐1416記録)の「ピエタのキリスト」(1405‐06c)


P2180547
スピネッロ・アレティーノ(アレッツォ、1350c‐1410)の「ピエタのキリストと聖母と福音書記者聖ジョヴァンニ」(1395c)


P2180552
アレッツォ派無名画家の「玉座の聖母子」(14‐15世紀)
(つづく)



P2170841
時計台にいた時は大雨でしたが、館外に出たら雨は殆ど止んでました。


P2170853
青空が顔を覗かせてきました。


P2170851
次はピエーヴェ教会です。


P2170854
雨がチョット強くなってきました。アルプスから寒気が入ってきたので天気が安定しないのです。


P2170856


P2170857
イタリア通り


P2170858
名の知られた建物ばかりが建ち並んでます。


P2170859
ピエーヴェ教会の中に入りました。たった今、ミサが終わったようです。


P2170862
美術ファンには見逃せない教会です。


P2170898


P2170866
傑作が揃ってます。


P2170867
この教会はいずれ古寺巡礼で取り上げる予定です。


P2170868


P2170869


P2170871


P2170872


P2170873


P2170874
有名な磔刑像


P2170877
ピエトロ・ロレンツェッティの多翼祭壇画(1320)です。


P2170882


P2170884


P2170887


P2170889


P2170890


P2170891


P2170893


P2170902
次は道を挟んで、ピエーヴェ教会の向かいにあるAntiquari a Palazzo です。


P2170901
入館は無料です。あまり有名ではありませんが、幾つかの傑作を有することで知られてます。


P2170904
ここに付いては、美術館巡りで別個に取り上げる予定です。


P2170915
ソドマの作品


P2170912
見応えがありますよ。


P2180192
外に出たら、まだ雨が降り続いていました。


P2170903
Torre della Bigazza


P2180194
お腹が空いて来たので、遅い昼食を何処にしようか。


P2180207
ここで食べました。


P2180208
その隣にある、こちらの方がお気に入りですが生憎と満席でした。この日の夜はここで食べました。


P2180211
食べ終わって店から出たら、天気が回復してました。


P2180214
これで安心して街歩きが出来ます。


P2180217
見どころが豊富なので、時間がいくらあっても足りません。


P2180220
Palazzo Camaiani Albergotti です。この建物の後ろ側が見どころです。


P2180221
Palazzo Camaiani Albergotti のPiazza del Commissario に面した方です。


P2180223
庇の下のフレスコ画が見逃せません。


P2180225
確か数年前に修復が行われ、色鮮やかに蘇りました。


P2180227


P2180229


P2180230


P2180233
これだけ古い建物が残っているのは、地震が少ない上に先の大戦で大きな被害を受けなかったからでしょうか?


P2180234
Plazzo Pretorio


P2180235
沢山ある紋章のうち、メディチ家のものが最大で、建物の中心にあります。


P2180238
プレトリオ宮はイタリア通りとオルト通りが交差する位置にあります。


P2180237


P2180239
次はドゥオーモですが、その前に行きたい所が数か所あります。


P2180240
ドゥオーモの鐘楼と身廊が見えてます。


P2180241


P2180243
雷鳴が聞こえました。怪しい黒い雲。


P2180242
先ずペトラルカの家です。


P2180245
写真左の建物です。


P2180246
ペトラルカ? そうですか、フーン←私


P2180250
それ程興味がある訳ではありません。


P2180249


P2180248
久し振りに入館しました。


P2180255


P2180256


P2180257


P2170966


P2180251
正直なところ退屈でした。


P2180259
間違いなくイタリア人には人気のペトラルカの家です。


P2180253


P2180261
(つづく)

P2200454
詳細不明


P2200456
ニッコロ・バルドゥッチの「ファサードの計画」(1883)
以下、4枚の写真も同じです。


P2200458


P2200459


P2200461


P2200464


P2200467
アリストデモ・コストーリの「アルノルフォ・ディ・カンビオ」(1844)の複製
本物はドゥオーモ内にあります。


P2200470
エミーリオ・デ・ファブリスの「ファサードの計画」(1863‐64)


P2200472
ロト・トレッリの「アダム」(1886)


P2200474
ロト・トレッリの「イヴ」(1886)


P2200477
ジョヴァンニ・バッティスタ・タッサ—ラの「アロン(モーゼの兄)」(1882‐86)


P2200479
ジョヴァンニ・バッティスタ・タッサ—ラの「サムエル」(1882‐83)


P2200483
アモス・カッシオーリの「ファサード・ルネッタの装飾」(1879)


P2200486
ニッコロ・バラビーノの「ファサード・ルネッタの装飾」(1885‐87)


P2200489
切符売り場が見えました。


P2200492
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「神の羊のトンド」(15世紀第4四半世紀)


P2200496
モンテ・ディ・ジョヴァンニの「聖ザノービのモザイク」(1504‐05)


P2200498
ルーカ・デッラ・ロッビアの聖歌隊席


P2200502
ルーカ・デッラ・ロッビアの「聖母子と2天使」(1489)


P2200505
フィレンツェの無名芸術家の「キリストの胸像」(16世紀初め)


P2200508
アンドレア・デッラ・ロッビアと弟子の「祈る父なる神と2天使」(15世紀第3四半世紀)


P2200511
パーニョ・ディ・ラーポ・ポルティジャーニに帰属する「聖母子」(15世紀中頃)


P2200514


P2200515


P2200516
ドナテッロ?の浮彫(15世紀第2四半世紀)


P2200684
ここの彫刻の展示は壮観です。


P2200683


P2200685


P2200521
左のナンニ・ディ・バンコの「予言者」(15世紀初頭)
中央はフランチェスコ・タレンティの「予言者」(14世紀第3四半世紀)
右はフランチェスコ・タレンティの「キリスト」(14世紀第3四半世紀)


P2200524
アンドレア・ピサーノの「祈るキリスト」(14世紀第2四半世紀)


P2200527
アンドレア・ピサーノの協力者の「モーゼ」(1337‐1341)


P2200530
ニーノ・ピサーノの「予言者」(1337‐1341)


P2200533
アンドレア・ピサーノの協力者の「予言者」(14世紀中頃)


P2200536
アンドレア・ピサーノの協力者の「予言者」(1337‐1341)


P2200539
ドナテッロの「髭の無い預言者」(1416‐18)
予言者なるものは胡散臭いと思います。


P2200544
ドナテッロとナンニ・ディ・バルトロの「イサクの犠牲」(1421)


P2200548
ドナテッロの「考え深い預言者」(1418‐20)


P2200551
ナンニ・ディ・バルトロの「予言者または洗礼者聖ジョヴァンニ」(1425)
彫刻自体は全て違いますが、何となくすべて同じように見えてしまいます。


P2200555
ドナテッロの「ハバクク」(1434‐36)


P2200558
ドナテッロの「エレミア」(1427‐36)


P2200561
ナンニ・ディ・バルトロの「オバデア」(1422)


P2200563
ニーノ・ピサーノの「シビッラ・ティブルティーナ」(1337‐41)


P2200567
アンドレア・ピサーノの「ダヴィデ」(1337‐41)


P2200569
アンドレア・ピサーノの「ソロモン王」(1337‐41)


P2200572
ニーノ・ピサーノの「シビッラ・エリトレア」(1337‐41)
次はこれらの彫刻の向かいに展示されている作品です。これらも同類項で、よく眺めてもその違いが殆ど分かりません。


P2200575
アンドレア・ピサーノ工房の「サートゥルヌス」(1334‐43)


P2200576
アンドレア・ピサーノの「アダムを作る神」(1334‐43)


P2200579
アンドレア・ピサーノ工房の「ジュピター」(1334‐43)


P2200580
アンドレア・ピサーノの「イヴを作る神」(1334‐43)


P2200582
アンドレア・ピサーノ工房の「マルス」(1334‐43)


P2200584
アンドレア・ピサーノの「アダムとイヴ」(1334‐43)


P2200586
アンドレア・ピサーノ工房の「アポロ」(1334‐43)


P2200588
アンドレア・ピサーノの作品ですが、私には意味が分かりません。


P2200590
アンドレア・ピサーノの「ヴィーナス」(1334‐43)


P2200593
アンドレア・ピサーノの「Jubal 」(1334‐43)


P2200596
アンドレア・ピサーノ工房の「水星の擬人化」(1334‐43)


P2200597
アンドレア・ピサーノの「Tubalcain 」(1334‐43)


P2200599
アンドレア・ピサーノ工房の「月の擬人化」(1334‐43)


P2200600
アンドレア・ピサーノと弟子の「ノエの酩酊」(1343‐48)


P2200603
アンドレア・ピサーノ工房の「フェーデ」(1343‐60)


P2200604
アンドレア・ピサーノと弟子の「ジョニトゥス」(1343‐48)


P2200606
アンドレア・ピサーノ工房の「Carita 」(1343‐60)


P2200607
アンドレア・ピサーノと弟子の「建築の芸」(1343‐48)


P2200609
実は、これらの写真をあと50枚アップしても終わりません。


P2200610
キリがないので、この辺で終わるのが潮時です。


P2200687
詳細不明


P2200689
詳細不明


P2200690
詳細不明


P2200691
詳細不明


P2200692
詳細不明


P2200693
詳細不明


P2200694
外に出ました。


P2200695
現在、洗礼堂にある”天国の門”はレプリカですが、それで満足できれば、この美術館は不要かもしれません。


P2200697
(おわり)

今回は、Palazzo della Fraternita dei Laici (世俗の修道会会員のための館)の美術館の続きです。
P2170662
17世紀の無名画家の「アレッツォの司教と聖職者たち」


P2170665
修道会の文書が展示されています。


P2170667
フェデーレ・アッチャーイの「マリア・ルイ―ザ・ボルボーネと息子カルロの肖像」(1806)


P2170669
修道会の会則を記した文書


P2170674
会員の服装を定めた文書の一部


P2170677
廊下を通って次の部屋に向かいました。


P2170679
廊下の天井


P2170680


P2170684
17世紀の無名画家の「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚


P2170689
次の部屋です。


P2170688
天井のフレスコ画


P2170687
窓から広場が見えます。


P2170690
雨が強く降っていました。


P2170691
雨宿りのために入館したのは正解でした。


P2170693
勿論、入館する価値が十分にあります。


P2170699
ジャン・ドメニコ・マッティの「聖ロレンティーノ」(17世紀前半)


P2170704
ボローニャの無名画家の「時化の港の風景」(1767)


P2170706
ジャン・ドメニコ・マッティの「聖ペルジェンティーノ」(17世紀前半)


P2170709
18世紀の無名画家の「川のある風景」


P2170713
ジョヴァンニ・ダーニョロ・ディ・バルドゥッチョの「玉座の聖母子と聖ドナートと聖ステファノ」(15世紀前半)


P2170715
ドナート・モーリの「皇帝の鷲」(19世紀前半)


P2170718
16-17世紀の無名画家の「ラッファエッロ作『アンティオキアの聖マルゲリータ』の複製画」


P2170720
ヤコポ・マルティーニの「J. L. David 作『ナポレオンの肖像』の複製画」(1813)


P2170724
ピエトロ・エルミーニの「ジョルジョ・ヴァザーリ」(1797)


P2170726
光ってダメ?


P2170728
ピエトロ・エルミーニの「アンジェロ・ガンビリオーニの肖像」(1797)


P2170730
18世紀の無名画家の「滝のある風景」


P2170732
次の部屋です。


P2170733
この部屋の窓からも広場を見下ろすことが出来ます。


P2170734


P2170735


P2170740
ラッファエッロ・マルティーニの「ドメニキーノ作『悔悛のマグダラのマリア』の複製画」(1849)


P2170742
ルイージ・ゾッピの「ヴィットリオ・フォッソングローニの肖像」(1845c)


P2170743
ラニエーリ・バルトリーニの「トスカーナ大公フェルディナンド3世の頭像」(1822)


P2170745
ライモンド・ザバッリの「海岸の風景」(1839)


P2170747
制作者不明の「ヴィットリオ・エマヌエーレ3世の胸像」


P2170750
詳細不明


P2170751
19世紀の無名画家の「アポロ」


P2170754
詳細不明


P2170758
19世紀の無名画家の「パルミジャニーノ作『聖母子』の複製画」


P2170760
ピエル・ダンディーニの「フランチェスコ・レーディの肖像」(1695)


P2170761
修道会の会旗


P2170764


P2170766
詳細不明の「聖ピエトロ」


P2170768
詳細不明の「祈るキリスト」


P2170770
修道会幹部の肖像画が並んでます。


P2170773


P2170775


P2170778
詳細不明の「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P2170780
雨が激しく降っていたので、時計塔の方は後回しにして絵画の展示を見ることにしました。


P2170781
現代画のようです。


P2170782
これらの展示ですが、以前は無かったような・・・・・


P2170783
説明プレートがありません。


P2170784
修道会と無関係の絵画と思いきや、宗教画も数多く展示されてます。


P2170785


P2170786
20世紀の作品?


P2170789
説明板がないのでお手上げです。


P2170790
同じ画家の作品?


P2170792


P2170793


P2170794


P2170796
明らかにアレッツォの風景を描いたものでしょうね。


P2170797


P2170799


P2170801


P2170802
キリがないので、絵画部門の紹介はこのくらいで終わりにしましょう。


P2170805
絵画ギャラリーの窓越しの広場です。


P2170804


P2170807
階段を上って時計塔に向かいました。


P2170809
時計があります。


P2170838
雨が降り続いていましたが、傘を差して時計塔に出ました。


P2170844
鐘楼の真下に出たのです。


P2170814
天気が良ければなあ!


P2170816
アレッツォの絶景ポイントです。


P2170817


P2170819


P2170820


P2170823


P2170825
アレッツォの写真を撮りたい方にはお勧めです。


P2170827
ただ美術館としては上級者向けでしょうね。


P2170831
修道会の知識があるとより理解が深まると思います。


P2170839
(つづく)

アレッツォは、人口99,587人(2016年3月31日現在)のトスカーナ州アレッツォ県の県都です。
P2170542
サンセポルクロ、シエナ、コルトーナなどからバスで来ることが多いのですが、この日は、鉄道でアレッツォに到着しました。


P2170543
駅舎


P2170544
バスターミナル


P2170545
先ずホテルに向かいました。


P1030316
この時はホテルの写真を撮るのを忘れてしまいました。駅前のホテルに泊まります。


P2170546
荷物をホテルに置いて身軽になったので、早速街歩きに出発しました。


P2170547
Bastioni di Santo Spirito


P2170548
イタリア通り


P2170549
夏ですが、アルプスからの寒気が入って雨模様の肌寒い日でした。


P2170550
この辺に来ると、アレッツォに来たことを実感します。


P2170551
右折してサンタゴスティーノ教会に向かいました。


P2170552
サンタゴスティーノ教会


P2170554
開いていましたが、ミサ中でした。


P2170553
この教会は何度も拝観しているので、無理をする必要がありません。


P2170556
アレッツォに来たのは、フォルリの開催されたピエロ・デッラ・フランチェスカ展のピエロ作品が少なく、内容的にも不満だったので、アレッツォに来てピエロの作品を堪能したくなったからです。もう一つの理由は、鉄道ストのためリミニで足止めされたので、旅程変更を余儀なくされたからです。


P2170557
雨が降り始めました。


P2170558
毎年のように来ているので、何処に何があるか、殆ど覚えてます。


P2170560
覚えているものの一つ、「聖母子」です。


P2170561
イタリア通りに戻り、その先の右に教会があります。


P2170562
サン・ミケーレ教会です。


P2170564
閉まっていましたが、有名なファサードのモザイクを見ることが出来たので満足です。


P2170565
これを見なくては!


P2170568
街角の聖母子のタベルナコロ


P2170569


P2170570
サン・フランチェスコ聖堂の拝観は後回し。


P2170573
雨脚が強くなってきました。


P2170575
ピエーヴェ・ディ・サンタ・マリア教会


P2170576
アレッツォに来たならば、この教会は必訪です。


P2170577
ピサ・ロマネスク様式のファサード


P2170578
中に入ってビックリ!! ミサではありません。グループ観光客で一杯。


P2170579
無理をして拝観する必要がないので、直ぐに外に出ました。


P2170580
教会の横を通って広場に向かいました。


P2170581


P2170583
グランデ広場


P2170584
この一年前、ジョストラを見ました。


P2170585
雨が一段と強くなってきました。


P2170586


P2170590
一休みするには早過ぎましたが、雨宿りのため、ここで一服。


P2170587
フラテルニタ・デイ・ライチ館


P2170588
ピエーヴェ教会の後陣


P2170593
教会の素晴らしい後陣です。


P2170596
悪天にも拘らず観光客が多かった。


P2170600
雨の中を歩きたくなかったので、久し振りのフラテルニタ・デイ・ライチ館に入館することにしました。


P2170602
ここはMuseoになっています。


P2170605
パラッツォのファサードの浮彫は、ベルナルド・ロッセッリーニの「慈悲の聖母」(1435)


P2170607
ルネッタのフレスコ画は、スピネッロ・アレティーノの「ピエタのキリスト」
入館しました。


P2170610
アンジェロ・リッチ(1749‐1827)の「パラス・アテーネー(ギリシャ神話)」(1781-82)


P2170615
扉?


P2170622
全然分かりません。


P2170624
同断


P2170616
ルネッタ上の「慈悲の聖母」?


P2170619


P2170626
詳細不明
ここの場合、Museo側は全部分かっていると思います。分からないのは私の調査不足でしょう。


P2170628
詳細不明


P2170631
アレッサンドロ・フォルツォーリの「天上の聖母子と聖人たち」(1568)


P2170634
詳細不明


P2170636
クリストフォロ・ディ・ドナート・コンティに帰属する「グランデ広場」(1780‐90)


P2170640
トスカーナの無名画家の「聖母被昇天」(16世紀後半)


P2170643
ラニエーリ・バルトリーニに帰属する「トスカーナ大公ロレーナのフェルディナンド2世」(1822)


P2170646
詳細不明


P2170649
詳細不明


P2170651
詳細不明


P2170654
ベネデット・モーリ(アレッツォ、1807‐1845以降没)の「マドンナ・ラウーラの胸像」(1830)


P2170657
詳細不明


P2170658
(つづく)

P2200299
次の展示室です。


P2200303
フィレンツェの無名画家の「聖レパラータとその生涯の物語」(15世紀初め)


P2200305
アンドレア・ピサーノの「聖レパラータ」(14世紀第2四半世紀)


P2200308
ベルナルド・ダッディに帰属する「アレッサンドリアの聖カテリーナ」(14世紀中ごろ)


P2200310


P2200314
ジョヴァンニ・デル・ビオンドの「アレッサンドリアの聖カテリーナとその生涯の物語」(14世紀末‐15世紀初頭)


P2200319
フィレンツェの無名画家の「三聖人(左から聖ザノービ、洗礼者聖ジョヴァンニ、聖レパラータ)の三翼祭壇画」(15世紀前半)


P2200323
ドナテッロの「悔悛のマグダラのマリア」(15世紀中ごろ)


P2200325
ベネデット・ブリオーネの「悔悛のマグダラのマリアのルネッタ」(15世紀末―16世紀初頭)


P2200328
ジョヴァンニ・バンディーニの「マグダラのマリアの胸像」(16世紀後半)


P2200333
ジョヴァンニ・ディ・バルドゥッチョに帰属する「洗礼堂の磔刑像」(14世紀前半)


P2200338
ヤコポ・ディ・チョーネの「聖ザノービと受胎告知と寄進者」(14世紀末)


P2200342
ミケランジェロの「ピエタ」


P2200344
次の部屋です。


P2200345
聖具類が展示されてますが、興味があまりないので省略します。


P2200348
アントニオ・ヴェネツィアーノに帰属する「洗礼者聖ジョヴァンニの斬首」(15世紀第1四半世紀)


P2200350
ここから階上の展示室になります。


P2200352
ニッコロ・バラビーノの「玉座のキリストとフィレンツェの聖人たち」(1882‐83)
19世紀の作品展示は珍しい。


P2200358
法衣や浮彫などが展示されてます。


P2200359
バッチョ・バンディネッリと協力者の「合唱隊席の浮彫」(1547‐1572)


P2200360
6体の浮彫がワンセットになってます。


P2200362


P2200363
6体の4セット、全部で24の浮彫があります。


P2200366


P2200367


P2200369


P2200370


P2200372
これはよく分かりません。


P2200373


P2200374
アントニオ・ポッライオーロとベット・ディ・フランチェスコ・ベッティの「銀の十字架」(15世紀第3四半世紀)


P2200377
「洗礼者製ジョヴァンニの銀製祭壇」(1367‐1483)
この祭壇の製作者として名前が残っている芸術家が凄いです。ドット・ディ・ジェーリ、ロレンツォ・ディ・セル・ジョヴァンニ、トッマーゾ・ディ・ロレンツォ、ロレンツォ・ギベルティ、マッテオ・ディ・ジョヴァンニ、ミケロッツォ・ディ・バルトロメオ、ベルナルド・チェンニーニ、アントニオ・ディ・サルヴィ、フランチェスコ・ディ・ジョヴァンニ、アントニオ・デル・ポッライオーロ、アンドレア・デル・ヴェロッキオですからね。


P2200379


P2200380


P2200381
アンニーバレ・カッラッチの作品です。


P2200383


P2200384
次の部屋です。


P2200385


P2200386
ベルナルド・ダッディの「聖母とアレッサンドリアの聖カテリーナと聖ザノービと寄進者」(14世紀第2四半世紀)


P2200391
ビガッロの親方に帰属する「聖ザノービの祭壇画」(13世紀第2四半世紀)


P2200394
ジョヴァンニ・デル・ビオンドに帰属する「聖セバスティアーノのトリッティコ」(14世紀第3四半世紀)


P2200396


P2200398


P2200402


P2200406


P2200409
上と下はそれぞれ別の画家の作品です。


P2200412
リッポ・ディ・アンドレア?の「聖ピエトロ?、聖アンドレア?」(1436‐1440)


P2200413
ビッチ・ディ・ロレンツォ?の「聖ジュダ・タッデオ」(1439‐1440)


P2200416
フィレンツェの無名画家の「授乳の聖母と洗礼者聖ジョヴァンニと聖ビアージョ」(14世紀中ごろ)


P2200422
ベルナルド・ディ・ステファノ・ロッセッリ?の「聖イーヴォと嘆願者」


P2200425
この作品は表と裏の両面に描かれてます。
サンタガタの親方とヤコポ・デル・カゼンティーノの「聖アガタのStendardo」(13世紀末)
stendardoとは、旗の意味ですが、絵画の場合、両面に描かれたものを言います。


P2200428
こちらは裏面です。14世紀初めに制作されたそうです。


P2200432
ジョヴァンニ・ダンブロージョ?の「受胎告知」(14世紀末‐15世紀初め)
聖母と大天使に見えないのですが・・・・・


P2200434
マリオット・ディ・ナルドの「祈るキリスト」(1402‐04)


P2200436
マリオット・ディ・ナルドの「司教聖人、聖アンブロージョ?」(1402‐04)


P2200439
マリオット・ディ・ナルドの「司教聖人、聖アゴスティーノ?」(1402‐04)


P2200441
ヤコポ・ディ・ピエトロ・グイディとウルバーノ・ダ・コルトーナ?の「聖水盤の天使の彫刻」(14‐15世紀)


P2200444
ロレンツォ・ディ・ビッチの「福音書記者聖ジョヴァンニ」(14世紀末‐15世紀初頭)


P2200446
ロレンツォ・ディ・ビッチの「聖マッテオ」(14世紀末‐15世紀初頭)


P2200448
ロレンツォ・ディ・ビッチの「聖マルコ」(14世紀末‐15世紀初頭)


P2200451


P2200452
(つづく)




P2200727
フィレンツェのドゥオーモ
フレスコ画や彫刻などは聖堂内部にありますが、ファサードの彫刻を筆頭に聖堂外部を飾る芸術品の多くは付属美術館に移され、展示されています。


P2200175
ファサードの彫刻の多くは複製品となっていますが、その殆どがこの工房で作られています。


P2200177
ドゥオーモ付属美術館は、ドゥオーモ後陣の向かいにあります。(茶色の建物)


P1460432
長らく修復工事のため、休館や部分開館でした。


P2200178
後陣はまだ修復工事中ですが、付属美術館の修復工事が終わりました。


P2200180
新装再オープンとなったのは、2016年だったと思います。


P2200182
美術館の入り口


P2200190
切符売り場


P2200181
切符売り場にある彫刻です。
これらは、ジローラモ・ティッチャティー(フィレンツェ、1676‐1744)の作品で、1732年から洗礼堂に置かれていました。
ジローラモは、ローマ、フィレンツェ、ウィーンなどで活動した彫刻家です。1708年、ウィーンに移り、ハプスブルグ家の宮廷芸術家を務めました。


P2200183
「洗礼者聖ジョヴァンニの昇天」


P2200184
「天使」


P2200185
「天使」


P2200186
ジローラモ・ティッチャティーの「ヘロデの饗宴」


P2200187
ジローラモ・ティッチャティーの「鷹」(左側)


P2200188
右側の「鷹」


P2200196
フランチェスコ・ネーリ・ウバルディなどのフィレンツェの親方制作の聖人たちの彫刻(14‐15世紀)


P2200196
フランチェスコ・ネーリ・ウバルディなどのフィレンツェの親方によって制作された聖人たちの彫刻(14‐15世紀)です。


P2200200
フィレンツェの無名彫刻家(ジョヴァンニ・ディ・バルドゥッチョ?)の「受胎告知される聖母」(14世紀後半)


P2200202
フィレンツェの無名彫刻家(ヤコポ・ディ・グイディ?)の「受胎告知する大天使」(14世紀第4四半世紀)


P2200206
ドゥオーモの扉


P2200208
フィレンツェの芸術家(ドナテッロ?)の「予言者」(15世紀前半)


P2200211
ティーノ・ディ・カマイーノの「ラッパを吹く天使(14世紀前半)


P2200214
フィレンツェの芸術家の「洗礼者聖ジョヴァンニの頭像」(14世紀前半)


P2200216
ティーノ・ディ・カマイーノの「祈るキリスト」(1320‐24)


P2200219
ティーノ・ディ・カマイーノの「洗礼者聖ジョヴァンニの頭像」(1320‐24?)


P2200223
ティーノ・ディ・カマイーノの「慈悲の女神(断片)」(1320‐24?)


P2200225
ティーノ・ディ・カマイーノの「信義の女神」(1320‐24)


P2200227
ティーノ・ディ・カマイーノの「希望の頭像」(1320‐24)


P2200229
ドナテッロの「予言者」(1404‐09?)


P2200233
ナンニ・ディ・バンコの「予言者」(1404‐09?)


P2200236
これはチョット複雑です。
上からドナテッロの「ピエタのキリスト」(1404‐09)
フィレンツェの芸術家(ニッコロ・ディ・ピエトロ・ランベルティ?)の「プットの浮彫」(1404‐09)
フィレンツェの芸術家(ニッコロ・ディ・ピエトロ・ランベルティ?)の「天使の浮彫」(1404‐09)
ナンニ・ディ・バンコの「ヘラクレスの浮彫」(1404‐09)
フィレンツェの芸術家(ニッコロ・ディ・ピエトロ・ランベルティ?)の「天使の浮彫」(1404‐09)


P2200239
地下が見えます。


P2200241
ロレンツォ・ギベルティの「洗礼堂北側の扉」(1403‐24)
テーマはキリストの物語となってます。


P2200244
「マギの礼拝」


P2200246
「受胎告知」


P2200247
「キリストの洗礼」


P2200259
扉の上に彫刻があります。


P2200261
ジョヴァン・フランチェスコ・リスティーチの「洗礼者聖ジョヴァンニの説教」


P2200250
ロレンツォ・ギベルティの「天国の門」(1425‐52)
テーマは旧約聖書からとなってます。


P2200252


P2200253


P2200262
その上に彫刻があります。


P2200263
アンドレア・サンソヴィーノの「キリストの洗礼」(1502‐05)


P2200257
アンドレア・ピサーノの「洗礼堂南側の扉」(1330‐36)
テーマは洗礼者聖ジョヴァンニの物語です。


P2200265
その扉の上に彫刻が展示されてます。


P2200266
ヴィンチェンツォ・ダンティの「洗礼者聖ジョヴァンニの斬首」(1569‐71)


P2200267
アンノルフォ・ディ・カンビオと協力者の「教皇ボニファチョ8世」(1296‐1300)(中央)、「予言者」(1300‐10)(左)、「予言者(首なし)」(1300‐10)(右)


P2200268
ローマ時代の石棺(2世紀)


P2200270
上は、アルノルフォ・ディ・カンビオの「天使たち」(1296‐1302)


P2200271
下は、アルノルフォ・ディ・カンビオの「聖母の誕生」(1296‐1300)


P2200274
アルノルフォ・ディ・カンビオの「羊と牛」(1296‐1300)


P2200276
アルノルフォ・ディ・カンビオの「聖人たち」(1300‐10c)


P2200278
アルノルフォ・ディ・カンビオの「マエスタ」(1300‐05)


P2200284
アルノルフォ・ディ・カンビオの「聖人たち」


P2200285
左からピエトロ・ディ・ジョヴァンニ・テデスコの「教会博士」(1395‐1401)
ピエトロ・ディ・ジョヴァンニ・テデスコの「教会博士」(1395‐1401)
ニッコロ・ディ・ピエトロ・ランベルティの「教会博士」(1395‐1400)
ニッコロ・ディ・ピエトロ・ランベルティの「教会博士」(1395‐1401)


P2200286
ローマ時代の石棺(2世紀)


P2200288
アルノルフォ・ディ・カンビオと工房の「大理石彫刻の断片」(14世紀初頭)


P2200291
アルノルフォ・ディ・カンビオの「ドゥオーモのメイン扉の装飾」(13世紀末—14世紀初頭)


P2200293


P2200294


P2200295


P2200296


P2200297
(つづく)



P1130042
ウルビーノはイタリア中世そのままの宝石の様な町です。


P1130043
その美しさはイタリア有数でしょうね。


P1130133


P1130136
ローマ広場に行ってみるか。


P1130140
広場にラッファエッロ像があります。


P1130141
サン・ジョヴァンニ・バッティスタとサン・ジュゼッペの祈祷所が閉鎖されていたので、その分だけ時間が余り気味でした。


P1130142
小さな町なので、丸2日の滞在は少し長く感じます。


P1130143
ラッファエッロ通りを上りました。


P1130144
車の下で日向ぼっこのニャーゴ


P1130146
旧ミゼリコルディア病院


P1130147
細い道を道草


P1130148
ティモテオ・ヴィティー(ウルビーノ、1469‐1523)は、盛期ルネサンスにウルビーノで活動した画家です。
ボローニャでフランチェスコ・フランチャに師事した後、ウルビーノに戻り、1494年にジョヴァンニ・サンティが没して空席となっていたウルビーノ公の宮廷画家に1495年に就任したのですが、ジョヴァンニの死後、困っていたジョヴァンニ・サンティ工房を助けると共に、ラッファエッロの面倒を見たのです。


P1130152
ティモテオの生家、工房などティモテオ所縁の建物が通りにあると思ったのですが、見つかりませんでした。
ティモテオはラファエッロの才能を見抜き、援助を惜しみませんでした。それどころか、その画風はラッファエッロの強い影響を受けたものに変わったのです。


P1130150
裁判所はラッファエッロ通りに面してます。


P1130151
建物が途切れているのが見えますが、そこが広場です。


P1130160
ローマ広場


P1130153
広場の中心に立つラッファエッロのモニュメント


P1130156
広場の見どころはこれだけです。


P1130161
通りを下りました。


P1130162
かなりの急坂です。


P1130165
この後、「ラファエロの生家」美術館に入館しました。


P1130170
美術館に付いては、既に詳しく触れました。


P1130167


P1130265
一旦ホテルに戻り、自室で一休み。自室から撮った写真です。


P1130266
30分ほど休憩して、町歩きを再開しました。


P1130264


P1130268
見慣れた写真ばかりが続きます。見慣れた光景、作品などを見るためにイタリアに行くのですから、これで良いのです。


P1130269


P1130272
ドゥオーモ


P1130274


P1130279


P1130280
サン・ドメニコ教会


P1130283


P1130284


P1130292



P1130297
次はサンタ・キアーラ教会です。


P1130300
サンタ・キアーラはサン・ドメニコの裏手にあります。


P1130301
サンタ・キアーラ教会です。


P1130324
幸運にも開いていました。


P1130303
見どころはフレスコ画です。


P1130305


P1130306
これらのフレスコ画は、ピエトロ・ダ・コルトーナとチーロ・フェッリによって1668年に制作されました。


P1130309


P1130311


P1130314
観ることが出来て良かった!


P1130328
ここでは、宗教活動は行われていません。


P1130330


P1130331
外に出ました。


P1130332
次は何処に行こうか?


P1130333
そうだ、サン・ガエターノ祈祷所に行かなくては!


P1130335
危うくサン・ガエターノ祈祷所を忘れる所でした。
ここはサン・ドメニコ教会の後陣です。


P1130345
後陣の隅に小さな礼拝堂が設けられてます。


P1130346
これがサン・ガエターノ祈祷所です。


P1130337
保護のガラスが邪魔して写真写りが悪いですが、中にフレスコ画があります。


P1130342
素晴らしいフレスコ画です。


P1130339
ウルビーノに行ったら、この作品を見逃さないでください。


P1130343
物覚えが悪くなって困ります。


P1130344
そうは言っても、スーパーに行けば、レジに行く前に自分が買ったものの総支払額が末尾の円まで間違えずに分かります。消費税課税前の総額に8%をかける前の金額でも大丈夫です。


P1130347
この通りの名称が分かりません。


P1130348


P1130349


P1130350
次はサン・バルトロ教会です。


P1130351
この下を潜ります。


P1130352
この教会の前に出ます。


P1130354
この教会は全然分かりません。


P1130357
教会の建物にこの標識があるので、この教会がサン・バルトロ教会と思っていた時がありますが、違います。ご存知の方、教えて頂ければ幸いです。
私が行った時、開いていたことがありません。


P1130358
通りを下ります。


P1130359
サン・バルトロ教会の鐘楼が見えます。


P1130363
サン・バルトロ教会です。


P1130360
残念乍ら閉まっていました。


P1130370
ここまで来たからには門に行ってみましょう。


P1130371
サン・バルトロ門です。


P1130372
車の通行は難しそうです。


P1130378
門を潜って城壁外に出ました。


P1130377
遠くにサン・ベルナルディーノ教会が見えました。


P1130373
くっきりと見えました。


P1130376


P1130381
教会まで相当に遠そうに見えたので、行かなくて良かったと思いました。


P1130379


P1130380
城壁外から見たサン・バルトロ門です。


P1130383
門を潜って城壁内に戻りました。


P1130386
次はFortezzaです。


P1130390
サン・バルトロ門からFortezzaまで、町を縦断する格好になります。


P1130391
坂を上りました。


P1130402
Fortezza Albornozです。


P1130401
中に入ったことがありません。


P1130403
ウルビーノで最も高い所にあるので、ここからの眺めを目当てで来る人が殆どです。


P1130399


P1130410


P1130392


P1130398


P1130400
サン・ベルナルディーノ教会が見えます。


P1130404


P1130409


P1130414
キリがないので、この辺で終わりにしましょう。


P1130420
(おわり)






P1120960
18世紀に建てられた建物は、ルネサンス期の建物と調和することを全体に建てられたウルビーノです。


P1120961
そのため、全ての建造物が良く調和して、城壁内はルネサンス期そのままが残されている感じがします。


P1120962
こういった雰囲気が大好きです。


P1120963
素朴な街角の聖母子


P1120964
マッツォーニ通りに面して建つサン・フランチェスコ・ディ・パオラ教会を拝観する予定でした。


P1120965
果たして開いているか?


P1120967
前夜に引き続き閉まっていました。


P1120969
教会のHPでOrariを調べますが、その情報が当てにならないことが多いのです。


P1120968
地元の信者さんがミサの時間が分かれば良いのであって、わざわざHPでOrariを調べる信者さんは多分いないと思われるので、例え違った情報をHP上に掲載しても実害がないのでしょう。


P1120966
仕方がありません、次の機会に期待しましょう。


P1120970
スタッラッチェ通りを上りました。


P1120972
道路を挟んで向かいに建つ二つの建物を結ぶ通路?それとも部屋?


P1120971
この先を進めばドゥカーレ宮殿の下に出ます。


P1120973


P1120974
視界が急に開けます。


P1120975
ガリバルディ通りの柱廊


P1120977
見上げるとドゥカーレ宮殿が聳えてます。


P1120976
ガリバルディ通りから見下ろすと、下にあるのがBorgo Mercataleです。


P1120980


P1120978
Fortezza Albornoz


P1120979


P1120981
この辺りでは、通りの名称がマッテオッティ通りに変わります。


P1120982
清々しい朝の空気が実の心地よかったことを覚えてます。


P1120984
城壁沿いの道を歩きました。


P1120985
この時点では、サン・ベルナルディーノ教会に行くつもりでした。


P1120986


P1120987
サンタゴスティーノ修道院でしょうか?


P1120988
サッフィ通りです。そのまま真っ直ぐ進めばドゥカーレ宮殿、ドゥオーモに出ます。


P1120989


P1120993
サンタ・キアーラ修道院


P1120991
修道院は廃止されて、その建物は図書館として使用されてます。


P1120995
図書館は開館していましたが、教会への扉は施錠されていました。


P1120997
聖キアーラの生涯を描いたフレスコ画がある筈です。


P1120999
修道院はかなり広いのです。


P1120996


P1120998
Via delle Mura


P1130001
サン・ベルナルディーノ教会に行くべきか、随分迷いました。


P1130002
朝もやの中に霞んでいるサン・ベルナルディーノ教会です。


P1130004
モンテフェルトロ家代々の墓があるサン・ベルナルディーノ教会ですが、城壁から直線距離で2.5㎞あります。


P1130006
折角教会に行っても、空いているかどうかは不明です。


P1130007
城壁から下の道へと下り、更に坂を上る必要があります。行ってみて閉まっていることもあるので、結局、行くのを断念しました。


P1130008
Via delle Muraを進みました。


P1130010


P1130012
絶好の街歩き日和でした。


P1130013
次はサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会です。


P1130014
フィアンカーレ通り?


P1130015


P1130016
ヌオーヴァ通りでしょうね。


P1130018
サン・フランチェスコ教会が見えてます。


P1130019
ウルビーノは案内板が充実しています。それを見れば、地図なしでも自由に歩くことが出来ます。


P1130020
バッティスティ通りに出ました。


P1130021
調べましたが、これが何なのか、分かりませんでした。


P1130022


P1130024
通りの先に門がありますが、門の隣に目指す教会があります。


P1130025
ラヴァジーネ門


P1130026
サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会です。


P1130028
予感通り閉まっていました。


P1130029
街の中心の教会しか開いていないようです。


P1130030
門の外は駐車場になってます。


P1130031
次はサンタンドレア・アポストロ教会です。


P1130032
ドウセ閉まっているんだろう←私の独り言


P1130033
写真右の教会です。


P1130041
サンタンドレア・アポストロ教会です。


P1130035
予想通り閉まっていました。


P1130038
この様子では、既に教会機能を停止した可能性がありそうです。


P1130039
老朽化が進んでいます。最近、扉が開けられた形跡がありません。


P1130040
住民の数に比べて、教会の数が多過ぎるように思えます。機能停止の教会が増えてくるのは仕方がないと思います。


P1130036


P1130037
(つづく)

P1120869
日が沈みました。


P1120873
ウルビーノの黄昏時です。


P1120874
マッツィーニ通りを下り、広場に行ってみることにしました。


P1120876
サン・フランチェスコ・ディ・パオラ教会が開いていれば拝観するつもりでした。


P1120878
教会は閉まっていました。


P1120879
スタッラッチェ通りです。通りの突き当りがドゥカーレ宮殿になります。


P1120881
ヴァルボーナ門


P1120882
門を潜って広場に出ました。


P1120883
Borgo Mercatale


P1120885
城壁が続いてます。


P1120886
中世がそっくりそのまま残ってます。


P1120887
ドゥカーレ宮殿とドゥオーモ


P1120889
単に広場に来ただけで、他にやることが特にありません。


P1120891
街並みを楽しむ、それだけで良いのです。


P1120884
城壁外から見た門です。


P1120896
門を潜って再び城壁内に入りました。


P1120897


P1120898
この道を上るのはシンドイです。


P1120899
夕飯を何処で食べるか、適当な店を物色しながら歩きました。お気に入りの店がありますが、生憎この日は定休日でした。


P1120900


P1120901
ウルビーノに来ると落ち着きます。外国に支配された影響が残る南イタリア、シチリアに行くと何となく違和感を感じてしまいます。


P1120902


P1120904
足の向くままにドゥオーモの方に行ってみることに。


P1120905


P1120908
ドゥオーモはまだ開いていました。


P1120562
チョットだけ拝観しました。


P1120909


P1120907
国立美術館は閉館しました。


P1120912
サン・ドメニコ教会から明かりが漏れてません。


P1120913


P1120915
サン・ドメニコ教会も開いていました。


P1120921
中に入ってビックリ!


P1120922
明かりが点いていたのは数か所だけ。


P1120923


P1120924


P1120925
暗い中で、ここだけが幻想的で目立ちました。


P1120926
周りが暗いと映えます。


P1120919
外に出ました。


P1120920


P1120928
先ほどよりも暗さが増してきました。


P1120929
午後6時を過ぎばかりでした。


P1120931
まだ夕食には早過ぎます、未だ店が開く時間ではありません。


P1120933
仕方がないので、一旦ホテルに戻って一休みすることにしました。


P1120935
このような時に、この日のお宿はあり難い場所にあります。


P1120936
ここから100mほどですから。


P1120937
サン・フランチェスコ教会の扉が閉じられました。


P1120938


P1120871
ホテルに戻りました。この日の、この後は省略します。


P1120939
私の部屋にありました。


P1120943
翌朝です。


P1120941
朝食前の散歩です。


P1120944


P1120945
天気が良さそうなので安心しました。


P1120946


P1120947
行楽地のホテルの朝食は8時からが普通ですが、これが困ります。早寝早起き型人間なので。


P1120949
前夜、ここで夕食を食べました。


P1120950


P1120951
8時になったので、漸く飯にありつけそうです。ホテルに戻りました。


P1120952
朝食後、直ぐに行ったのは、気になっていた2つの祈祷所でした。
サン・ジョヴァンニ祈祷所は修復工事中でした。


P1120953
サン・ジュゼッペ祈祷所も修復工事中でした。


P1120954


P1120956
この日は両祈祷所とも閉鎖されていました。


P1120957
2つとも同時に工事をすることもないと思いましたが、仕方がありません。


P1120958
次の機会を楽しみしました。


P1120959
(つづく)


P1120752
時間が余ったので、国立マルケ美術館に行くことにしました。


P1120753
傑作の前に立つと、何度見ても飽きることがないばかりか、多くの場合、新しい発見があるのです。


P1120754
もう夕方ですが、閉館まで2時間強の時間があります。


P1120755



P1120756
この辺の所はコメントや説明は不要でしょう。


P1120757
胸がわくわくします。


P1120767
美術館の入り口


P1120768



P1120759
考古学部門が少しあります。


P1120760


P1120761


P1120762


P1120764


P1120765


P1120766
美術館に付いては、別個に詳しく書いたので、このくらいで止めておきましょう。


P1120770
外に出たら、快晴でした。


P1120771
入館前は空一面が黒い雲に覆われていたのが嘘のようでした。


P1120772
この時のドゥカーレ宮殿はあちこちで修復工事が行われていました。


P1120773
この先、何年経っても、この光景は変わらないと思います。


P1120774
次はサン・フランチェスコ教会の拝観です。


P1120775
写真右はPalazzo Comunaleです。


P1120777
市庁舎北側のファサード


P1120776
その前に立っているのが、サン・クレスチェンティーノのモニュメントです。


P1120779


P1120780


P1120863
サン・フランチェスコ教会です。


P1120866
存命中の聖フランチェスコ(1182‐1226)がウルビーノを訪れたのを機に、フランチェスコ会の活動が盛んになったとされてます。その死の2年後の1228年、現在、サント・スプリト教会がある地にフランチェスコ会修道院が建てられましたが、それが前身とされてます。
13世紀後半になると、現在地に移転することになり、13世紀後半に創建され、14世紀初頭に完成したロマネスク・ゴシック様式の建物が現在の姿の原型です。


P1120864
当時の修道院と教会は菜園を有する広大な敷地と大規模な建物から成っていましたが、19世紀初めのナポレオン侵攻によって修道院活動が停止され、兵舎として使用されたり、ウルビーノがイタリア王国に併合された際、駐屯地として使用されたことに伴い、宗教活動が縮小され、1868年に建物の多くはウルビーノの市当局の所有となりました。市当局所有部分は現在、住宅、郵便局、美術学校の校舎になってます。


P1120865
柱廊が特徴です。


P1120859
三廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


P1120858
1723年から1751年にかけて内装の大規模な改修工事が行われ、バロック様式の内部になりました。1751年に改めて献堂式が執り行われたそうです。


P1120861


P1120856
左側廊


P1120860


P1120857
右側廊


P1120781
外観と隔たりを感じさせる内部です。


P1120805
主祭壇


P1120806


P1120807
主祭壇画は、フェデリーコ・バロッチ(1535‐1612)の「アッシジの許し」(1571‐81)


P1120811
左翼廊の礼拝堂


P1120812


P1120813
ジュゼッペ・パッセーリの「聖プロセッソと聖マルティニアーノを洗礼する聖ピエトロ」


P1120818


P1120819
詳細不明の「ピエタ」


P1120820
ヤコポとロレンツォのサリンベーニ兄弟によるフレスコ画断片が残されてます。


P1120822


P1120823


P1120821
制作者不詳の「磔刑像」(16世紀)


P1120827
「ロレートの聖母」


P1120831
アンブロージョ・ケルミ・ダ・ヴェネツィアの「マギの礼拝」(1759)


P1120833
アレッサンドロ・リエーラの「エマオの晩餐」(18世紀)


P1120836
この「聖母子」は大事されてます。


P1120838
オッタヴィアーノ・ネッリ・ダ・グッビオ(1370‐1444)の「聖母子」(15世紀前半)


P1120845


P1120847
ヤコポ・サリンベーニとロレンツォ・サリンベーニの「磔刑」(15世紀)


P1120849


P1120850
制作者不明の「無原罪の聖母」(18世紀)


P1120854
チェーザレ・マッジェーリの「三位一体と聖人たち」(1611)


P1120786


P1120788
ジュゼッペ・ラッティー・ダ・サヴォーナの「San Giuseppe da Copertino」(1777)


P1120797
詳細不明


P1120799


P1120800


P1120802
アンドレア・プロカッチーニの「百人隊長のコルネリオを洗礼する聖ピエトロ」


P1120804
外に出ることにしました。


P1120867
(つづく)

P1120496
ウルビーノのVia Raffaello です。


P1120499
この通りにあるのがラファエロの生家で、内部は美術館になっていて見学できるようになってます。


P1120498
ラファエロの父ジョヴァンニ・サンティはウルビーノ公に仕える宮廷画家でしたが、1460年に、この建物に住むようになり、1483年4月6日に息子ラファエロがこの建物で誕生しました。


P1120497
随分前に最初に入館した時よりも展示作品が増えて、美術館としての機能が増したように思います。
Raffaello はラッファエッロと表記したいのですが、「ラファエロの生家」としているガイドブックが多いようなので、それに従いました。


P1130171
ラッファエッロの「聖母子」(1498)


P1130172
ラッファエッリーノ・デル・コッレの「聖家族と聖アンナと聖ジョヴァンニーノ」


P1130175
ティモテオ・ヴィティー?の「ピエタのキリスト」


P1130177
トスカーナの無名芸術家の「聖母子」(テラコッタ)


P1130179
レオポルド・コストーリの「ラッファエッロのブロンズ胸像」(1877c)


P1130181
ジョヴァンニ・サンティの「大天使ラッファエーレとトビアス」


P1130183
ジョヴァンニ・サンティの「聖ロッコ」


P1130185
ジュリオ・ロマーノ?の「聖家族と聖アンナと聖ジョヴァンニーノ」


P1130187
ジョヴァンニ・サンティの「聖セバスティアーノの殉教」


P1130188
ラッファエッロの「エゼキエーレの幻視」
これは真作でしょうか? それとも画家本人による複製画でしょうか?美術館サイドではコピーとは記されていません。
フィレンツェのパラティーナ美術館にある作品が真作であることは間違いないと思います。


P1130190
ジョヴァンニ・サンティの「聖ピエトロに聖体を授けるキリスト」


P1130193
ジョヴァン・フランチェスコ・ダ・リミニの「聖ヴィンチェンツォ・フェッレーリ」


P1130195
フランドルの無名画家の「聖ピエトロと聖パオロ」


P1130197
オルランド・メルリーニの「聖母戴冠と聖人たち」


P1130199
ブラマンテの素描


P1130200
ブラマンテの素描


P1130201
ラッファエッロの素描


P1130202
ラッファエッロの「聖母子」


P1130205
無名画家の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと天使」


P1130206
陶器類が展示されてます。


P1130207


P1130208


P1130209
一家の部屋


P1130210
一家が居住していた部屋の暖炉


P1130211


P1130213
ブラマンテ?の「聖母子」


P1130215
無名画家の「ラッファエッロ作『聖母子と聖ジョヴァンニーノ』の複製画」


P1130217
無名画家の「ラッファエッロ作『聖母子と聖人たち』の複製画」


P1130218
階上に向かいました。


P1130220
ラッファエッロの「自画像」ですが・・・・・
複製画とは記されていません。でも、私は真作ではないと思います。


P1130222
ジョヴァンニ・ビアンキーニの「ラッファエッロ作『聖母子と聖アンナと聖ジョヴァンニーノ』の複製画」


P1130223
無名画家の「ウルビーノの聖職者たち」


P1130226
無名画家の「慈悲の聖母」


P1130227
肖像画が並んでますが、作品の説明表示がありません。


P1130228


P1130230
木組み細工


P1130232
無名彫刻家の「ラッファエッロ像」


P1130235
ラッファエッロの「自画像」
複製画の場合、コピーと明記されています。「コピー」の表示がないので真作でしょう。


P1130237
ラッファエッロの「自画像」


P1130240
クラウディオ・リドルフォの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1130242
アントニオ・ヴィヴァリーニの「紳士の肖像」


P1130243
ウルビーノの無名画家の「貴婦人の肖像」


P1130245
無名彫刻家の「フェデリーコ3世・ダ・モンテフェルトロの胸像」


P1130246
無名彫刻家の「ラッファエッロの胸像」


P1130248
エミリアの無名画家の「聖ジローラモ」


P1130250
ヤコポ・バッサーノの「羊飼いの礼拝」


P1130251
ウルビーノの無名画家の「聖母子と聖フランチェスカ・ロマーナ」


P1130254
コッレッジョの「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」


P1130256
アントニオ・ヴィヴァリーニの「ご訪問」


P1130258
クリストフォロ・ビアンキの「キリストの変容」(1878)


P1130260
クレスチェンティーノ・グリフォーニの「男の肖像」(1832c)


P1130261
その他に様々な展示物があります。


P1130263
近代画もあります。


P1130264
外に出ました。


P1130169
ラッファエッロの生家前にいたニャーゴ
(おわり)

P2070312
次の部屋です。


P2070313
上階の第5室です。


P2070315
クラウディオ・リドルフォ(ヴェローナ、1570‐コリナルド、1644)の「聖母の寺院への出現」


P2070318
クラウディオ・リドルフォとジローラモ・チャルディエーリ(ウルビーノ、1593‐1680)の「聖母子」


P2070321
タッデオ・ズッカリ(サンタンジェロ・イン・ヴァード、1529‐ローマ、1566)の「死せるキリスト」


P2070324
フェデリーコ・ズッカリ(サンタンジェロ・イン・ヴァード、1539‐アンコーナ、1609)の「Porta Virtutis」


P2070327
クラウディオ・リドルフォの「洗礼者聖ジョヴァンニの誕生」


P2070330
クラウディオ・リドルフォの「天上の聖母子と聖フランチェスコと聖ルチアと聖キアーラ」


P2070332
次の部屋です。


P2070333
上階の第6室です。


P2070334
フェデリーコ・バロッチ派画家の「フランチェスコ・マリア・デッラ・ローヴェレ2世の肖像」(17世紀?)


P2070337
フェデリーコ・バロッチ派画家の「リヴィア・フェルトリア・デッラ・ローヴェレ?の肖像」(17世紀?)


P2070340
クラウディオ・リドルフォの「フェリーチェ・チオーリの肖像」


P2070343


P2070344
オランダの画家は私の検討対象外です。


P2070346
フェデリーコ・バロッチ派画家の「紳士の肖像」(17世紀?)


P2070349
フェデリーコ・バロッチ工房の「フェデリーコ・バロッチの肖像」(17世紀)


P2070352
フェデリーコ・バロッチ派画家の「ルクレツィア・デステ?の肖像」(17世紀?)


P2070355
クラウディオ・リドルフォに帰属する「紳士の肖像」


P2070357
階上の第7室です。


P2070359
ガエターノ・ラピス(カーリ、1706‐ローマ、1773)の「クロリンダの洗礼」


P2070361
ガエターノ・ラピスの「心中を試みるアルミダ」


P2070365
ガエターノ・ラピスの「リナルドをもてなすアルミダ」


P2070367
ガエターノ・ラピスの「タンクレディの夢」


P2070371
ガエターノ・ラピスの「リナルドを殺すアルミダ」


P2070373
次の部屋です。


P2070374
階上の第8室です。


P2070376
ドメニキーノ(ボローニャ、1581‐ナポリ、1641)のフレスコ画の下絵


P2070379
アンニーバレ・カッラッチ(ボローニャ、1560‐ローマ、1609)の「バッカスの勝利のフレスコ画カルトーネ」(1597‐1600)


P2070382
次の部屋です。


P2070381
階上の第9室です。


P2070383
陶器類が展示されてます。


P2070386


P2070387


P2070388
次の部屋です。


P2070389
階上の第10室です。


P2070390
クラウディオ・リドルフォの「コンコルディア(注:ギリシャ神話の女神)」


P2070393
クラウディオ・リドルフォの「ウェスタの巫女」


P2070397
クラウディオ・リドルフォの「知性の寓意」


P2070400
クラウディオ・リドルフォの「フェデリーコ・ウバルド」


P2070403
クラウディオ・リドルフォの「愛の寓意」


P2070406
クラウディオ・リドルフォの「フェデリーコ・ウバルドの洗礼」


P2070408


P2070409


P2070410
階上の展示はこれで終わりです。
美術館を後にする前にもう一度傑作を見ました。


P2070144


P2060928


P2060926


P2060937


P2070411
以前はルーカ・シニョレッリの作品が展示されていたと思いましたが、今回はありませんでした。


P2070414
(おわり)

P1120715
広場の名称と雰囲気がこれほど合致している所は珍しいと思います。


P1120723
Piazza del Rinascimento、つまりルネサンス広場という訳です。


P1120713
広場を挟んで、ドゥカーレ宮殿のほぼ向かいに建っているのがサン・ドメニコ教会です。


P1120707
1362年創建、1365年に完成したゴシック様式の教会です。奉献式は1365年に執り行われました。


P1120708
ゴシック様式と簡単に書きましたが、正確には箇所によってゴシック様式、ルネサンス様式で建設された部分アあるので、両様式の折衷された建物というのが正しいと思います。
何故なら、ファサードとファサード前の階段は、ルネサンス様式で1449年から1454年にかけて建設されたからです。


P1120700
入り口柱下部の装飾


P1120701
向かって右の柱


P1120702
一見の価値があるファサードです。


P1120703


P1120704


P1120705


P1120709
ルネッタは、ルーカ・デッラ・ロッビアの彩釉テラコッタ「聖母子と聖ドメニコとアクイーノの聖トッマーゾと聖アルベルト・マーニョと聖ピエトロ・マルティ―レ」(1451)です。


P1120710
現在、ルネッタ上にあるものは複製です。


P2060556
本物の写真です。
教会向かいの国立マルケ美術館で展示されてます。


P1120711
「永遠の父」


P1120699
この教会は大体開いてます。


P1120647
単廊式の内部です。


P1120652
非常に新しく且つ明るく見えますが、それには二つの理由があります。


P1120689
外観をそのままに、1729年から1732年にかけて、内部だけフィリッポ・バリジョーニの設計、工事監督によってバロック様式に改築されたのが第一の理由です。


P1120688
第二の理由は、1950年から1960年にかけて行われた修復工事の際、古いフレスコ画は塗り潰されと共に、内部全面が白く塗装されたからです。
と言うことで、中に入った途端、味気ないが第一感となります。しかし、それでも美術的には見る価値があるのです。


P1120667
主祭壇


P1120661
主祭壇画は、ジョヴァンニ・コンカの「聖母子と聖ドメニコとシエナの聖カテリーナと聖ローザ」


P1120670
誰の彩色磔刑像でしょうか?
修復のされ過ぎ感が否めませんが、傑作でしょう。


P1120694
これが面白い!


P1120696


P1120656
この教会の祭壇画に対する考え方がユニークです。
ジャン・ドメニコの「チゴリ作『障碍者を治癒する聖ピエトロ』の複製画」(1718)


P1120659
ジュゼッペ・ナシーニの「チェーザレ・クレスタ作『聖ピエトロの逆さ磔』の複製画」(1716)


P1120680
ルイージ・ヴァンヴィレッリの「ドメニキーノ作『聖セバスティアーノの殉教』の複製画」(1726)


P1120685
ルイージ・ヴァンヴィレッリの「ドメニキーノ作『聖ジローラモの最後の聖体拝領』の複製画」(1728)
私が不思議に思うのは、今日まで名前が残る画家に対して、有名画家作品の複製画制作を態々依頼したのか、と言う点です。


P1120673
フランチェスコ・ヴァンニの「天使」
これは複製画ではありません。


P1120677
フランチェスコ・ヴァンニの「天使」


P1120691
詳細不明


P1120692


P1120678
出入口方向


P1120697
外に出ました。


P1120714
教会の前の広場に立つオベリスクは、古代エジプト第26王朝、558‐568B.C.のものです。1737年、教皇クレメンテ11世がウルビーノに訪れた記念に立てられたそうです。


P1120717
粗削りな感じがするドゥカーレ宮殿の壁です。


P1120721


P1120716
リナシメント広場の先にあるサッフィ通りを歩きました。


P1120724


P1120725
サッフィ通りを進めば城壁に出ます。


P1120726
下り坂になってます。


P1120727
サンタ・カテリーナ教会でしょうか?


P1120729


P1120730
城壁はもう直ぐです。


P1120731
城壁から視界が開けます。


P1120732
城壁からの眺め


P1120733


P1120736
サン・ベルナルディーノ教会が遠くに見えました。ここから約2.5㎞離れてます。この日の翌日、行ってみようと考えていました。


P1120738
サッフィ通りを戻りました。


P1120739
細い道が魅力です。


P1120740


P1120742
ウルビーノの大学生の多くが居住している場所です。


P1120743
Via del Soccorso


P1120744


P1120745
この先にサン・ジローラモ教会がありますがパス。


P1120746


P1120747
どの道を歩いてもルネサンスの香りがします。


P1120748


P1120749
同じところを何度も行き来しました。


P1120750


P1120751
(つづく)

P2070179
次の部屋です。


P2070180
第28室です。


P2070181
一見の価値がある天井装飾です。


P2070183
フェデリーコ・ブランダーニ(ウルビーノ、1522‐1575)の「聖ロレンツォ」
衣裳の細かい彫刻が精緻極まりない。


P2070186
フェデリーコ・ブランダーニの「キアーラの聖母」


P2070188
ジョヴァン・バッティスタ・デッラ・ポルタ(ポルレッツァ、1542‐1597)?の「モーゼ」


P2070191
ピエトロ・トッリジャーノ(フィレンツェ、1472‐?、1528)の「聖母子」


P2070194
ジローラモ・ジェンガ(ウルビーノ、1476‐1551)の「聖アンブロージョの説教を聞く聖アゴスティーノ」


P2070197
ジローラモ・ジェンガの「聖ドメニコと聖フランチェスコの邂逅」


P2070199
1階の展示は以上で終わりです。


P2070200
展示は更に階上で続きます。


P2070201
上階の第1室です。


P2070202
16世紀後半の無名彫刻家の「傭兵隊長の胸像」


P2070204
16世紀後半の無名彫刻家の「トルクアート・タッソの胸像」


P2070206
次の部屋です。ここにはフェデリーコ・バロッチの作品のみが展示されてます。


P2070207
上階の第2室です。
入館者の多くは1階の作品を見て終わりのようでした。私が2階にいたとき、他の入館者の姿を見かけることがありませんでした。


P2070209
フェデリーコ・バロッチ(ウルビーノ、1535‐1612)の「聖母子と福音書記者聖ジョヴァンニ」


P2070212
フェデリーコ・バロッチの「聖母子と聖シモーネと聖タッデオと寄進者」


P2070215
フェデリーコ・バロッチの「無原罪の御宿り」


P2070218
フェデリーコ・バロッチの「磔刑」


P2070222
フェデリーコ・バロッチの「キリストの埋葬」


P2070225
フェデリーコ・バロッチの「アッシジの許し」


P2070228
フェデリーコ・バロッチの「聖ロレンツォ」


P2070232
フェデリーコ・バロッチの「聖痕を受ける聖フランチェスコ」


P2070235
フェデリーコ・バロッチの「紳士の肖像」


P2070238
フェデリーコ・バロッチの「ご訪問」


P2070241
フェデリーコ・バロッチの「永遠の父と二天使」


P2070243
次の部屋です。


P2070244
上階の第3室です。


P2070246
アンドレア・リッリ(アンコーナ、1570c‐ローマ?、1631)の「聖ロッコ」


P2070249
アンドレア・リッリの「聖フランチェスコとマルカの聖ジャコモ」


P2070252
アンドレア・リッリの「聖フランチェスコと聖ボナヴェントゥーラとパドヴァの聖アントニオとベアート・レオーネ」


P2070255
シモーネ・デ・マジストリスとソレンツィオ・デ・マジストリスの「天上の聖母子と聖フランチェスコと洗礼者聖ジョヴァンニと寄進者」


P2070259
17世紀のウルビーノの無名画家の「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2070262
17世紀のバロック様式無名画家の「受胎告知」


P2070265
アレッサンドロ・ヴィターリ’ウルビーノ、1590‐1630)?の「獄中の聖アガタ」


P2070268
ベネデット・マリーニ(ウルビーノ、1590‐1627)の「ピエタ」


P2070271
アンドレア・ボスコーリ(フィレンツェ、1560c‐1607)の「最後の晩餐」


P2070273
次の部屋です。


P2070274
上階の第4室です。


P2070276
サッソフェッラート(サッソフェッラート、1609‐ローマ、1685)の「磔刑」


P2070279
オラツィオ・ジェンティレスキ(ピサ、1563‐ロンドン、1637)の「聖母子と聖フランチェスカ・ロマーナ」


P2070283
サッソフェッラートの「聖母子」


P2070285
サッソフェッラートの裾絵
どの祭壇画の裾絵なのか、その辺の表示がありません。


P2070287
「受胎告知」


P2070289
「マギの礼拝」


P2070292
「寺院への出現(割礼?)」


P2070296
サッソフェッラートの「ロザリオの聖母」


P2070299
ポマランチョ(ポマランチェ、1551‐ローマ、1626)の「聖母子」


P2070302
ジョヴァン・フランチェスコ・グエッリエーリ(フォッソンブローネ、1589‐ペーザロ、1657)の「聖ヴィットーレ」


P2070305
シモーネ・カンタリーニ(ペーザロ、1612‐ヴェローナ、1648)の「守護天使」


P2070307


P2070308


P2070310
17世紀のジェノヴァ派無名画家(オラツィオ・デ・フェッラーリの作品?)の「ヤコブ」
(つづく)

P1120488
Borgo Mercataleのバスターミナルに到着しました。


P1120489
ウルビーノに来たのだ、と実感させる街並みです。


P1120490
マッツィーニ通りを上ってホテルに向かいました。


P1120491
写真では中々分かりませんが、かなりの坂です。


P1120492
何時ものように、このホテルに泊まりました。


P1120493
荷物をホテルに置いて身軽になったので、早速外出しました。


P1120494
サンタ・マルゲリータ通り


P1120495
ラッファエッロ通りに出ました。


P1120497
ラッファエッロの家の見学は後回しにしました。


P1120499
美術ファンには必見でしょう。


P1120498
レプッブリカ広場に向かいました。


P1120496


P1120500


P1120501
教皇ベネデット13世の噴水


P1120502
ルネサンスの香りが漂う家並みです。


P1120503
通りを歩くだけでも地元の人たちの家並みの保存に対する愛着が感じられます。


P1120504
サン・フランチェスコ広場


P1120505
サン・フランチェスコ教会


P1120507
レプッブリカ広場


P1120506
Palazzo del Legato Alba


P1120509
この広場がチェントロの中心でしょう。


P1120511
Via Vittorio Veneto


P1120512
突き当りの建物は市庁舎です。


P1120513
市庁舎の壁にある「聖母子」


P1120514
少し前まではガリバルディ通りと呼ばれていたと思います。


P1120515
ちょっと寄り道をしました。


P1120516
Via Valerio


P1120517
Museo della Cittaは空振り、開いていませんでした。


P1120639
Museo Diocesanoはどうでしょうか。


P1120640
Museo Diocesanoも空振り、開いていませんでした。


P1120518
最近、入館したことがありません。


P1120643
ドゥオーモ


P1120636
ウルビーノ―ウルバニア―サンタンジェロ・イン・ヴァ—ド大司教区の大司教座が置かれており、正式名はCattedrale Metropolitana di Santa Maria Assuntaといいます。


P1120633
ウルビーノに司教座が置かれるようになった時、司教座教会は城壁外にありましたが、1021年、この地に教会が建設され司教座が置かれるようになりました。
15世紀、フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ公がパトロンになって、建物が再建され、1604年に完成しました。


P1120632
1789年1月12日、ウルビーノを襲った大地震によって、クーポラが崩落、その他の建物も大被害を受けたので、直ぐに再建工事が開始され、1801年に完成した、三代目となる新古典様式の建物が現在のドゥオーモの姿となってます。


P1120630
残念ながら、見るべき価値があるとは言えない外観です。


P1120519
三廊式、ラテン十字形、新古典様式の内部です。


P1120521


P1120626
左側廊


P1120520


P1120625
右側廊


P1120622
天井


P1120523
クラウディオ・リドルフォ通称イル・ヴェロネーゼ(ヴェローナ、1570c‐コリナルド、1644)の「聖なる家の引っ越しと聖アンドレア」(1630‐40)


P1120526
フェデリーコ・バロッチ(ウルビーノ、1535‐1612)の「聖セバスティアーノの殉教」(1557‐58)


P1120533
フェデリーコ・バロッチの「五聖人(聖チェチリア、福音書記者聖ジョヴァンニ、マグダラのマリア、聖パオロ、アレッサンドリアの聖カテリーナ)」


P1120537
ルドヴィーコ・ヴィヴァリーニ(?‐1649)の「磔刑」(1610‐20)


P1120542
ルドヴィーコ・ヴィヴァリーニの「聖母子と聖ジローラモと聖エウセビオと聖キアーラ」(17世紀前半)


P1120544
詳細不明


P1120560
主祭壇


P1120561
後陣の装飾


P1120563
主祭壇画はChristopher Unterberger (1732-1798) の「天上の聖母と聖クレスチェンティーノとベアート・マイナルド司教」


P1120564
クーポラ


P1120565
クーポラの四隅のフレスコ画は、ドメニコ・コルヴィとジュゼッペ・カデスの2人による四福音書記者です。
 


P1120567


P1120570
ジャン・バッティスタ・ウルビネッリの「マギの礼拝」


P1120573
フェデリーコ・バロッチの「最後の晩餐」


P1120580
左翼廊


P1120581


P1120585
ポンぺオ・バトーニの「聖母子」


P1120588
カルロ・フィネッリ(カッラーラ、1785‐ローマ、1853)の「ラッファエッロ・サンツィオ」(1847)


P1120592
アゴスティーノ・コルナッキーニ(ペーシャ、1685‐ローマ、1780)の「教皇クレメンテ11世」(1710)


P1120597
ラッファエッロ・モッタ・ダ・レッジョ(1550‐1578記録)の「受胎告知」(1550)


P1120601
クラウディオ・リドルフォ通称イル・ヴェロネーゼの「聖カルロ・ボッロメーオ」(1636‐39)


P1120604
パルマ・イル・ジョーヴァネ(ヴェネツィア、1548‐1628)の「十字架を担ぐエラクリオ皇帝」(1619)


P1120611
アントニオ・ヴィヴァリーニ(ウルビーノ、1560‐1620)の「ご訪問」


P1120614
アントニオ・トレンタノ—ヴェ(リミニ、1742c‐カッラーラ、1812)の「キリストの洗礼」


P1120552
詳細不明


P1120548


P1120549


P1120627
17世紀前半の無名彫刻家の「聖ピエトロ」(1623‐35)


P1120559


P1120637
外に出ました。


P1120641
(つづく)

P2070029
次の部屋です。


P2070034
タペストリーの部屋って、変な臭いがしませんか? 饐えたような臭いが苦手です。


P2070030
第22室になります。


P2070032


P2070033


P2070037


P2070038


P2070040


P2070041


P2070043


P2070044


P2070045
有翼のライオン


P2070048


P2070049


P2070051


P2070052


P2070054


P2070055


P2070056
次の部屋です。


P2070057
第23室になります。


P2070059
ジョヴァンニ・サンティ(コルボルドーロ、1439以前生まれ‐ウルビーノ、1494)の「受胎告知」(1485)


P2070063
ジョヴァンニ・サンティの「ピエタ」


P2070066
ジョヴァンニ・サンティの「死せるキリスト」
ジョヴァンニはラッファエッロの父です。


P2070070
ジョヴァンニ・サンティの「聖レジーナ」


P2070073
ジョヴァンニ・サンティの「聖母子と聖人たちとブッフィ家の人々」


P2070078
ジョヴァンニ・サンティの「ピエタのキリストを支える二天使」


P2070080
15世紀後半のウルビーノの無名画家(Maestro dello Stendardo di San Giovanni )の「洗礼者聖ジョヴァンニの説教」


P2070083
15世紀後半のウルビーノの無名画家(Maestro dello Stendardo di San Giovanni)の「キリストの洗礼」


P2070086
ジョヴァンニ・サンティの「六聖人(聖ジャコモ、聖グイダ・タッデオ、聖フィリッポ、福音書記者聖ジョヴァンニ、聖マッテオ、聖パオロ)」


P2070088
次の部屋です。


P2070089
第24室です。


P2070092
ティモテオ・ヴィティー(ウルビーノ、1470‐1523)の「聖母子」(1518‐20)


P2070095
15世紀第3四半世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「ローマ皇帝の頭像」


P2070099


P2070100


P2070101
次の部屋です。


P2070102
第25室です。


P2070104
ロレンツォ・ロット(ヴェネツィア、1480‐ロレート、1556)の「聖ロッコ」(1549)


P2070108
ベルト・ディ・ジョヴァンニ(ペルージャ、1488‐1529記録)の「聖母の物語の裾絵」


P2070109
「聖母の誕生」


P2070115
「チントラの聖母と聖トッマーゾ」


P2070117
「聖母の結婚」


P2070112
ティツィアーノの「キリストの復活」


P2070122
ティモテオ・ヴィティーの「マグダラのマリア」


P2070127
ティツィアーノの「最後の晩餐」


P2070130
ティモテオ・ヴィティーの「聖トッマーゾ・ベケットと聖マルティーノとジョヴァン・ピエトロ・アッリヴァベーネ司教とグイドゥバルド公」


P2070134
ヴィンチェンツォ・パガーニ(モンテルッビアーノ、1490c‐1568)の「受胎告知」


P2070139
ヴィンチェンツォ・パガーニの「天上の聖母子と聖マルティーノと大天使ミケーレと聖ジョルジョ」


P2070141
第26室はラッファエッロの部屋です。


P2070142
人が絶えることがありません。


P2070146
ラッファエッロ・サンツィオ(ウルビーノ、1483‐ローマ、1526)の「貴婦人の肖像」(1505‐09)


P2070148
これは何のため?


P2070143


P2070152
ラッファエッロの「聖カテリーナ」


P2070155
その裏面ですが、何が描かれているのか、サッパリ分かりません。


P2070156
次の部屋です。


P2070157
第27室になります。


P2070159
ペッレグリーノ・ティバルディ(プーリア・ディ・ヴァルソルダ、1527‐ミラノ、1597)の「ご訪問」


P2070162


P2070163


P2070165
ラッファエッリーノ・デル・コッレ(ボルゴ・サン・セポルクロ、1495c‐1566)の「聖母子」


P2070170
エルコーレ・ロマッツァーニ(アルチェーヴィア、1535c‐1598)の「十字架降下」


P2070172


P2070174


P2070177
ラッファエッリーノ・デル・コッレの「救援の聖母と洗礼者聖ジョヴァンニと聖クリストフォロ」
Let's call it a day.
(To be continued)

↑このページのトップヘ