イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

2018年05月

Sala dell'educazione di Gioveの続きです。
P2590508
カルロ・ドルチ(フィレンツェ、1617‐1686)の「聖アンドレアの殉教」(1646)


P2590509
制作者不明の「グエルチーノ作『スザンナと大人たち』のコピー画」(17世紀)
オリジナルの古いコピー画で、一時期グエルチーノ自身による複製画と考えられたこともあったそうです。


P2590510
制作者不明の「コレッジョ作『この人を見よ』のコピー画」(16世紀)
オリジナルのキリストの顔部分だけを真似たコピー画です。オリジナルが制作されてから、間もなく制作されたと考えられてます。


Correggio_Ecce_Homo
これがオリジナルのコレッジョの「この人を見よ」(1526c)です。
ロンドンのナショナル・ギャラリーにあります。
作品画像は外部サイトから拝借しました。


P2590511
パオロ・ヴェロネーゼ派無名画家作「子供の肖像」(16世紀)


P2590512
パオロ・ヴェロネーゼ派無名画家作「子供の肖像」(16世紀)


P2590513
シピオーネ・プルツォーネ(ガエータ、1544‐ローマ、1598)の「フェルディナンド1世デ・メディチの肖像」(1590)


P2590515
フィリッポ・ナポレターノ(ナポリ?、1589‐ローマ、1629)の「カニ、牡蠣売り」


P2590517
パオロ・ヴェロネーゼ工房の「キリストの復活」(16世紀)


P2590518
Jan Anthonisz van Ravesteyn (1570/1580-1628) の「Daniel Heinsiusの肖像」(1629)
ダニエルはオランダ人の人文主義者です。


P2590519
ジョヴァンニ・ボンコンシーリオ通称イル・マレスカルコ(ヴィチェンツァ、1465c‐ヴェネツィア、1535/1537)の「聖母子と聖ジャコモとアレッサンドリアの聖カテリーナ?」(1515‐20c)
ジョヴァンニ・ベッリーニ工房にいた画家の作品とされていた時期がありました。


P2590520
ティントレット工房の「十字架降下」(16世紀)


P2590522
アントン・ヴァン・ダイク(アンヴェルサ、1599‐ロンドン、1641)の「男の肖像」


P2590523
次はカラヴァッジョ作品が展示されている壁Cです。


P2590524
フランチェスコ・マリア・バッシ通称イル・クレモネーゼ(クレモナ、1642‐ヴェネツィア、1700c)の「男の頭」


P2590525
ジョヴァンニ・ビリヴェルト(フィレンツェ、1584‐1644)の「アレッサンドリアの聖カテリーナ」(1638c)


P2590526
フランチェスコ・サルヴィアーティ(フィレンツェ、1510‐ローマ、1563)?の「ジョヴァンニ・デ・メディチ?の肖像」


P2590528
ブロンズィーノ工房の「ルクレツィア・デ・メディチの肖像」(1560c)


P2590531
アレッサンドロ・マガンツァ(ヴェネツィア、1556‐1630c)の「ヘロデの饗宴」


P2590532
制作者不明の「アントン・ヴァン・ダイク作『イギリスのヘンリエッタ・マリアの肖像』のコピー画」
ヘンリエッタ・マリアは、フランスのアンリ4世とマリア・デ・メディチの娘で、イギリスのチャールズ1世の妻です。


P2590533
ベネデット・カリアーリ(ヴェローナ、1538c‐1598)の「高貴な女性たちに顕現するキリスト」


P2590534
ヴェネツィア派無名画家作「エジプトへの逃避途中の休息」(16世紀)
一時期、ティツィアーノの作品とされていたそうです。


P2590535
既に紹介済のカラヴァッジョの「眠るキューピッド」(1608)


P2590536
パオロ・ヴェロネーゼ派無名画家作「芸術家の肖像」(1550‐55c)


P2590537
ベネデット・カリアーリの「聖母と別離するキリスト」


P2590538
次は壁Dです。


P2590539
バルトロメオ・マンチーニ(フィレンツェで17世紀後半活動)の「バヴィエラの聖エンリコと聖クネゴンダ」(1689)


P2590540
カルロ・ドルチの「聖カルロ・ボッロメオ」(1656‐60)


P2590541
バルトロメオ・マンチーニの「聖フランチェスコ・サヴェーリオ」(1687)


P2590543
次の部屋です。


P2590545
Sala della Stufaです。
この部屋の見所は天井と壁に描かれたフレスコ画です。


P2590544
大きく分けると、1625年から1627年にミケランジェロ・チンガレッリ(セッティニャーノ、1558‐フィレンツェ、1635)、マッテオ・ロッセッリ(フィレンツェ、1578‐1650)、オッタヴィオ・ヴァンニーニ(フィレンツェ、1585‐1643)の3人の画家によって描かれた天井画と、ピエトロ・ダ・コルトーナ(コルトーナ、1596‐ローマ、1669)、17世紀の無名画家たちによって1637年から1641年に描かれた壁のフレスコ画に二分されます。


P2590548
どの部分を誰が描いたのか、全て明らかになってます。


P2590550
しかし、私にはピエトロ・ダ・コルトーナが描いた部分しか分かりません。


P2590551
ピエトロ・ダ・コルトーナのフレスコ画


2
外部サイトから拝借したフレスコ画の写真


P2590552



P2590554
ピエトロ・ダ・コルトーナのフレスコ画


1
外部サイトから拝借した作品画像


P2590555
ピエトロ・ダ・コルトーナのフレスコ画


P2590556
ピエトロ・ダ・コルトーナのフレスコ画


3
外部サイトから拝借した作品画像


P2590549
見上げて天井を見続けると首が痛くなります。


P2590557
次の部屋です。


P2590560
この部屋の見所は1点の彫刻だけでしょう。


P2590558
アントニオ・ロッセッリーノ(セッティニャーノ、1427‐フィレンツェ1479)とベネデット・ダ・マイアーノ(マイアーノ、1442‐フィレンツェ、1497)の「フォンターナ」


P2590559
(つづく)

P2590440
次の壁です。
(Sala di Ulisse の壁Bです)


P2590441
クリストファノ・アローリ(フィレンツェ、1577‐1621)の「砂漠の洗礼者聖ジョヴァンニ」(1612‐15c)


P2590442
ジョヴァン・バッティスタ・モローニ(アルビーノ、1520‐1578)の「シモーネ・ディ・マルコ・モローニの肖像」(1570c)
シモーネは画家モローニの従兄弟だったと思います。


P2590443
ピエトロ・チャッフェーリ通称ロ・スマルジャッソ(ピサで17世紀中頃活動)の「人々に姿を現すキリスト」


P2590444
アゴスティーノ・タッシ(ローマ、1580c‐1644)の「ディアナとアテオーネ」(1640c)
友人が留守中に娘をアゴスティーノに託して旅立ったら、その留守中に友人の娘をレイプしたことでアゴスティーノは後世に名を遺す有名画家となりました。友人がアゴスティーノを訴え、その裁判記録が残っているそうです。
その友人と言うのがオラツィオ・ジェンティレスキ、その娘がアルテミジア・ジェンティレスキです。画家としての腕前はアルテミジアの方が父やアゴスティーノよりも上だったと思います。
オラツィオはカラヴァッジョの友人で、有名なバリオーネ裁判でも主要な役割を果たしました。


P2590445
アンドレア・デル・サルト(フィレンツェ、1486‐1530)の「ガンバッシの祭壇画」または「天上の聖母子と聖人たち(洗礼者聖ジョヴァンニ、聖オノフリオ、聖ロレンツォ、聖ロッコ、聖セバスティアーノ、聖マリア・マッダレーナ)」(1527‐28)


1
外部サイトから作品画像を拝借しました。


P2590446
フィリッピーノ・リッピ(プラート、1457‐フィレンツェ、1504)の「ルクレツィアの死」(1476c)


Filippino,_morte_di_lucrezia
外部サイトから作品画像を拝借しました。


P2590447
制作者不明の「アンニーバレ・カラッチ作『ニンフとサーティロ』のコピー画」(17世紀)


P2590448
オラツィオ・リミナルディ(ピサ、1593‐1630)の「愛の勝利」(1624c)


P2590449
ジョヴァン・バッティスタ・モローニの「女性の肖像」(1560c)


P2590451
アレッサンドロ・アローリ(フィレンツェ、1535‐1607)の「洗礼者聖ジョヴァンニの説教」(1604)


P2590452
壁Cの展示作品に移ります。


P2590453
カルロ・ドルチ派無名画家の「聖ルチア」(17世紀)


P2590455
バルトロメオ・スケドーニ(モデナ、1578‐パルマ、1615)の「聖パオロ」(1610c)


P2590457
ドメニコ・プリーゴ工房の「聖家族」


P2590459
カルロ・ドルチ(フィレンツェ、1617‐1686)の「聖母子」(1680c)


P2590461
フランチェスコ・クッラディ(フィレンツェ、1570‐1661)の「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2590463
クリストファノ・アローリ(フィレンツェ、1577‐1621)の「エマオの晩餐」(1610c)


P2590465
カルロ・ドルチの「この人を見よ」(1670c)


P2590466
ジョヴァン・バッティスタ・モローニの「マルコ・ディ・ジョヴァンニ・モローニの肖像」(1570c)


P2590467
ティントレット(ヴェネツィア、1519‐1594)の「聖母子」(1570c)


P2590468
グレゴリオ・パガーニ(フィレンツェ、1535‐1605)の「男の肖像」(1600c)


P2590469
17世紀のフィレンツェの無名画家作「若い男の肖像」


P2590470
ティントレットの「アンドレア・フリツィエールの肖像」(1575c)


P2590473
16世紀のヴェネツィア?の無名画家作「ジュリアーノ・アルジェンティーノ司教の肖像」(1537‐49c)


P2590475
チゴリ(チゴリ、1559‐ローマ、1613)の「この人を見よ」(1607)
2016年に東京上野で開催されたカラヴァッジョ展に来ていました。


P2590476
Hans von Aachen (ケルン、1551/1552-プラハ、1615)の「自画像」(1585‐95c)
この作品はヴェラスケスの作品とされていた時期が長かったそうです。


P2590477
Frans Pourbus il Giovane (Anversa, 1569- Parigi, 1622)の「男の肖像」


P2590478
アントニオ・デル・チェッライオーロ(フィレンツェ、1520‐1538活動)?の「男の肖像」(1520‐30c)
この作品はアンドレア・デル・サイト作とされていたことがあったそうです。アントニオはアンドレア・デル・サイト工房にいたマイナーな画家だそうです。


P2590481
次は浴室です。


P2590480


P2590482
ナポレオンが作らせ利用していました。


P2590483
「ナポレオン=イタリア美術品泥棒」と思っているので、この部屋は大嫌いです。


P2590479


P2590484
次の部屋です。


P2590516
Sala dell'educazione di Giove


P2590488
ジュピターの教育の間


P2590487
部屋のフレスコ装飾はルイージ・カターニ(プラート、1762‐フィレンツェ,1840)によって1819年に行われました。


P2590501


P2590496
この部屋で最も人気がある作品です。


P2590498


P2590500
カラヴァッジョ(ミラノ、1573‐ポルト・エルコレ、1610)の「眠るキューピッド」(1608)


1024px-Sleeping_Cupid-Caravaggio_(1608)
外部サイトから拝借した作品画像です。


P2590485


P2590502
壁Aに展示されている作品から順番に見ていきます。


P2590503
ジョヴァンニ・ビリヴェルト(フィレンツェ、1584‐1644)?の「聖セバスティアーノ」


P2590504
ユストゥス・サステルマンス(ベルギー、1597‐フィレンツェ、1681)の「ヴィットリア・デッラ・ローヴェレとコジモ3世の聖家族」(1645c)
聖家族として肖像画を描いたものです。画家のしっぽ振り作品です。


P2590505
カルロ・ドルチの「悔悛の聖ドメニコ」(1645‐46)


P2590506
クリストファノ・アローリの「ユディト」(1620c)


P2590507
フランチェスコ・サルヴィアーティ(フィレンツェ、1510‐ローマ、1563)の「死せるキリストへの哀悼」(1545c)
(つづく)

P2590373
ジョルジョ・ヴァザーリ(アレッツォ、1511‐フィレンツェ、1574)とガスパール・ベチェッラ(1520‐1568)の「忍耐の寓意」


P2590374
コジモ・ロッセッリ(フィレンツェ、1439‐1507)の「幼きキリストへの崇拝」(1490c)


P2590375
Maestro della Madonna Naumburg ?の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2590376
16世紀のフェッラーラの無名画家の「聖母子と聖ベネデットと聖アンドレア」


P2590377
フラ・バルトロメオ(フィレンツェ、1473‐1517)の「この人を見よ」


P2590378
ジョヴァンニ・バッティスタ・べルトゥッチ(ファエンツァ、1465‐1516c)の「荊刑のキリスト」(1500‐05)


P2590380
サンドロ・ボッティチェッリ(フィレンツェ、1445‐1510)の「若い男の肖像」(1475‐80c)


P2590381
サンドロ・ボッティチェッリの「若い女性の肖像」(1485c)


P2590382
サンドロ・ボッティチェッリ工房の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1495c)


P2590385
ルーカ・シニョレッリ(コルトーナ、1441‐1523)の「聖家族とアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1490‐1500c)


P2590386
フランチャビージョ(フィレンツェ、1484‐1524)の「アペレス(古代ギリシャの画家)の中傷」(1513c)


P2590387
この部屋は人気が高いと思います。


P2590388
Pseudo Granacci (フィレンツェ、1480c‐1510活動)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと2天使」


P2590389
クリストファノ・アローリ(フィレンツェ、1577‐1621)の「男の肖像」(1600‐05c)


P2590390
ヤコポ・デ・ボアテーリ(ボローニャ、1480c‐1530c活動)の「聖家族」
ヤコポはフランチェスコ・フランチャの追随者でした。


P2590391
ヴァレリオ・マルチェッリ(フィレンツェ、1589‐1620活動)の「天使によって天国に導かれる聖マリア・マッダレーナ」(1615)


P2590393
グイド・レーニ(ボローニャ、1575‐1642)?の「若きバッカス」
作品帰属について様々な意見が出されており、レーニの作品かどうか分からないとされてます。


P2590400
フィリッポ・リッピ(フィレンツェ、1406‐スポレート、1469)の「聖母子と聖母の誕生」(1452c)


800px-Fra_Filippo_Lippi_010
外部サイトから拝借した作品画像


P2590396
ミラベッロ・カヴァローリ(フィレンツェ、1530/1540-1572)の「男の肖像」


P2590397
フランチェスコ・グラナッチ(ヴィッラマーニャ、1469‐フィレンツェ、1543)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」(1520c)


P2590398
アミーコ・アスペルティーニ(ボローニャ、1475‐1552c)?の「マギの礼拝」(1497‐98c)


P2590401
フランチェスコ・ボッティチーニ(フィレンツェ、1446‐1498)の「幼きキリストを崇拝する聖母と聖ジョヴァンニーノと5天使」(1490c)


P2590402
16世紀フランスの無名画家の「女性の肖像」


P2590403
17世紀フィレンツェの無名画家の「女性の肖像」


P2590404
制作者不明の「アンドレア・デル・サルト作『トビアスと大天使』のコピー画」


P2590405
16世紀ヴェネツィアの無名画家の「男(アントニオ・カラッチ?)の肖像」


P2590406
アンドレア・デル・サルト(フィレンツェ、1486‐1530)の「ウミルタの聖母」(1513‐14c)


P2590407
ポントルモ(ポントルモ、1494‐フィレンツェ、1557)の「コジモ1世デ・メディチの肖像」


P2590408
次の壁です。


P2590409
サンドロ・ボッティチェッリの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1505c)
鮮明な外部サイトの作品画像を掲載します。


800px-MadonnaBambinoGiovanninoBotticelli
ボッティチェッリの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2590411
リドルフォ・デル・ギルランダイオ(フィレンツェ、1483‐1561)の「聖ピエトロと聖パオロ」(1503)


P2590412
ヤコポ・デル・セッライオ(フィレンツェ、1441c‐1493)の「幼きキリストを崇拝する聖母と聖ジョヴァンニーノ」(1490c)


P2590413
バルダッサッレ・ペルッツィ(シエナ、1481‐ローマ、1536)の「アポロとミューズ」


P2590414
次の部屋です。


P2590415
Sala di Ulisse


P2590424
19世紀に新古典様式で描かれたフレスコ画です。


P2590425
私には制作者名が分かりません。


P2590426
ティントレット工房の「男の肖像」(16世紀末)


P2590427
フランチェスコ・フリーニ(フィレンツェ、1603‐1646)の「信義」(1633‐40c)


P2590428
アゴスティーノ・カラッチ(ボローニャ、1557‐ローマ、1602)の「水浴する人がいる風景」


P2590429
サルヴァトール・ローザ(ナポリ、1615‐ローマ、1673)の「聖アントニオ・アバーテの誘惑」(1645c)


P2590430
ベルナルディーノ・リチーニオ(ヴェネツィア、1485c‐1550c)の「男の肖像」(1537)


P2590431
カルロ・ドルチ(フィレンツェ、1617‐1686)の「クラウディア・フェリチータの肖像」(1675)


P2590432
クリストファノ・アローリの「男の肖像」(1605c)


P2590434
グイド・レーニ(ボローニャ、1575‐1642)の「慈愛」(1605c)


P2590435
詳細不明の「キリストの復活」
この場所にはラファエッロの有名作品が展示されていましたが、数年前に取り外され、その代わりに展示されたのが、この作品です。展示されたものの、展示室に置いてある展示作品の説明書には、この作品の記述がなく、相変わらずラファエッロの作品の記述がされてます。
なお、ラファエッロ作品が取り外された理由等の表示もありません。


Madonna_Impannata
ラファエッロ・サンツィオ(ウルビーノ、1483‐ローマ、1520)の「窓枠の聖母」(1513‐14c)
取り外されているラファエッロの作品です。(作品画像は外部サイトから拝借しました)


P2590436
Anthonis Mor (Utrecht, 1520- Anversa, 1576/1578)派無名画家の「女性の肖像」(16世紀末)


P2590437
ジュリオ・カンピ(クレモナ、1500c‐1572)の「男の肖像」(1525‐30c)


P2590438
ティントレット(ヴェネツィア、1519‐1594)?の「男の肖像」(1550c)


P2590439
ジョルジョ・ヴァザーリ(アレッツォ、1511‐フィレンツェ、1574)の「誘惑される聖ジローラモ」(1541)
(つづく)

この辺の展示室は、時間がなければ素通りしても良さそうに思えます。
P2590304
次の部屋です。


P2590307
Galleria del Poccettiです。


P2590305
フレスコによる装飾


P2590306
部屋の名称は、ベルナルディーノ・ポチェッティ(フィレンツェ、1548‐1612)によって描かれたフレスコ画から来ていると思います。


P2590312
アンドレア・ポッツォ(トレント、1642‐ローマ、1709)の「ジョヴァン・ピエトロ・モナモンティの肖像」


P2590313
ドメニコ・フェッティ(ローマ、1588/1589- ヴェネツィア、1623)?の「聖ジュリアーナ」


P2590314
ロッソ・フィオレンティーノ(フィレンツェ、1495‐フォンテーヌブロー、1540)の「男の肖像」(1520‐22c)


P2590315
バルトロメオ・カヴァロッツィ(ヴィテルボ、1590c‐ローマ、1625)の「書斎の聖ジローラモ」(1617?)


P2590316
シピオーネ・プルツォーネ工房の「フェルディナンド・デ・メディチ枢機卿の肖像」(1603‐08c)
第3代トスカーナ大公フェルディナンド1世の枢機卿時代の肖像画です。


P2590317
フェデリーコ・バロッチ(ウルビーノ、1535c‐1612)の「フランチェスコ・プロスペーロ・ウルバーニ閣下の肖像」


P2590318
制作者不詳の「ルーベンス作『ジョージ・ヴィッリエルス伯爵の肖像』のコピー画」


P2590319
Galleria del Poccettiの次の壁です。


P2590320
ロレンツォ・リッピ(フィレンツェ、1606‐1664)の「大きな窯に連行される3人のユダヤ人の若者」(1635c)


P2590321
ガスパール・デュケ(ローマ、1615‐1675)の「川の風景」


P2590322
ガスパール・デュケの「ファウヌスとニンフがいる風景」


P2590323
フランチェスコ・フリーニ(フィレンツェ、1603‐1646)の「リアとニンフ」(1630‐33)


P2590324
ドメニコ・フェッティ工房の「悪しき不実な者の寓話」


P2590325
Jacob Pynas (1585c-1650以降没)の「洗礼者聖ジョヴァンニの説教」


P2590326
際立った作品がありませんね。


P2590362
次の部屋です。


P2590328
Sala di Prometeo
この部屋から傑作が出てきます。


P2590343
この部屋のフレスコ画は、ジュゼッペ・コリニョン(シエナ、1863‐フィレンツェ、1863)によって描かれました。


P2590344
ピッティ宮のフレスコ画は新しいものばかりです。


P2590345
16世紀のエミリア?の無名画家の「寓意的シーン」


P2590346
16世紀のフィレンツェの無名画家作「女性の肖像」(1520c)


P2590347
フランチェスコ・サルヴィアーティ(フィレンツェ、1510‐ローマ、1563)の「黒隊長のジョヴァンニの肖像」(1546‐48c)
ジョヴァンニ・イル・ポポラーノ(コジモ・イル・ヴェッキオの弟ロレンツォの孫)とカテリーナ・スフォルツァの子供が黒隊長のジョヴァンニです。ジョヴァンニとマリア・サルヴィアーティ(ロレンツォ・イル・マニーフィコの孫娘)の子供がコジモ1世です。


P2590348
アンドレア・デル・ミンガ(フィレンツェ、1540c‐1596)とバッチョ・バンディネッリ(フィレンツェ、1493‐1560)の「楽園からのアダムとイヴの追放」(1560c)


P2590350
ポントルモ(ポントルモ、1494‐フィレンツェ、1557)の「マギの礼拝」
ボケ写真なので、外部サイトから作品画像を拝借します。


Pontormo,_adorazione_dei_magi
ポントルモの「マギの礼拝」


P2590351
ミケーレ・ディ・リドルフォ・デル・ギルランダイオ(フィレンツェ、1503‐1577)の「女性の肖像」


P2590352
ビアージョ・プピーニ(ボローニャ、1511‐1551)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2590353
ジュゼッペ・デ・リベラ(1591‐1652)の「光悦の聖フランチェスコ」(1643)


P2590354
ジローラモ・シチョランテ・ダ・セルモネータ(セルモネータ、1521‐ローマ、1580)?の「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」


P2590355
ブロンズィーノ工房の「コジモ1世・デ・メディチの肖像」


P2590357
リドルフォ・デル・ギルランダイオ(フィレンツェ、1483‐1561)の「聖母子」(1510‐13)


P2590358
フランチェスコ・サルヴィアーティの「男の肖像」(1550c)


P2590359
アンドレア・デル・ミンガとバッチョ・バンディネッリの「イヴの創造」(1560c)


P2590360
ジャチント・ジミニャーニ(ピストイア、1611‐ローマ、1681)の「井戸のレベッカ」


P2590361
詳細不明


P2590363
Maestro della Lamentazione di Scandicci (フィレンツェで16世紀初期に活動)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1509‐12c)


P2590364
マリオット・アルベルティネッリ(フィレンツェ、1474‐1515)の「幼きキリストを崇拝する聖母と天使」(1498c)


P2590365
バキアッカ(フィレンツェ、1494‐1557)の「聖マリア・マッダレーナ」(1530c)


P2590366
サンティ・ディ・ティート(ボルゴ・サン・セポルクロ、1536‐フィレンツェ、1603)の「ドン・ジョヴァンニ・デ・メディチの肖像」(1590c)


P2590367
”Amico friulano del Dosso" (北イタリアで16世紀前半に活動)の「男の肖像」


P2590368
制作者不詳の「ドメニコ・スケドーニ作『聖母子』のコピー画」
従来、ドメニコの真作と考えられていましたが、最近になってコピー画と断定されました。その理由について、私は全く知りません。


P2590369
ポントルモの「1万人の殉教者」(1529‐30c)
ボケ写真なので、作品画像を拝借して掲載しましょう。


800px-Jacopo_Pontormo_018
ポントルモの「1万人の殉教者」


P2590370
Maestro del tondo Borghese (フィレンツェで15世紀末から16世紀初頭にかけて活動)の「マギの礼拝」


P2590371
ドメニコ・ベッカフーミ(シエナ、1484‐1551)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」(1530c)


P2590372
ピエロ・ディ・コジモ(フィレンツェ、1461/1462-1522)の「女性の肖像」(1500-05)
カテリーナ・スフォルツァ・デ・メディチの肖像画と考えられてますが、彼女の他の肖像画と比べると顔が似ていないとされています。と言うことで「女性の肖像」と言うことに。
(つづく)

この辺はあまり人気がありません。
P2590239
次の部屋です。


P2590242
ベレーニチェの間


P2590262
部屋のフレスコ画はジュゼッペ・ベッツォーリ(フィレンツェ、1784‐1855)によって1820年に制作されました。


P2590263


P2590264


P2590265


P2590252
フランチェスコ・カンビ(フィレンツェで17世紀中頃に活動)の「ステファノ・デッラ・ベッラの肖像」


P2590256
カルロ・ドルチ(フィレンツェ、1616‐1686)の「園の祈り」


P2590258
ルーカ・ジョルダーノ(ナポリ、1634‐1705)の「マギの礼拝」


P2590259
フィリッポ・タルキアーニ(フィレンツェ、1576‐1645)の「Maria porge la veste monacale a una novizia」(1608‐15)


P2590260
ジョヴァンニ・ビリヴェルト(フィレンツェ、1585‐1644)の「アンジェリカとルッジェーロ」(1623‐24c)


P2590261
フランチェスコ・フリーニ(フィレンツェ、1603‐1646)の「アダムとイヴ」(1634‐35c)


P2590261
フィレンツェが衰退していた17‐18世紀の作品ばかりで、ちょっと冴えないなあ、と思いながら見ています。


P2590267
クリストファノ・アローリ(フィレンツェ、1577‐1621)の「悔悛のマグダラのマリア」


P2590268
オラツィオ・リミナルディ(ピサ、1593‐1630)の「聖チェチリアの殉教」(1620‐25c)


P2590269
Livio Mehus (Oudenaade, 1627- Firenze, 1691)の「聖ザノービの奇跡」(1665‐70c)


P2590270
次の壁です。


P2590272
アントン・ドメニコ・ガッビアーニ(フィレンツェ、1652‐1726)の「聖ジュゼッペの死」(1726c)


P2590273
ジョヴァンニ・ビリヴェルトの「ジュゼッペとプティファッレの妻」(1619)


P2590274
フランチェスコ・フリーニの「画家と詩情」(1626)


P2590275
オラツィオ・サマッチーニ(ボローニャ、1532‐1577)の「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」(1560‐65)


P2590278
P2590278
次の壁です。


P2590279
詳細不明


P2590280
詳細不明


P2590281
ジョヴァンニ・ビリヴェルトの「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」(1635)


P2590282
詳細不明


P2590283
詳細不明


P2590284
詳細不明


P2590285
次の部屋です。


P2590287
Sala dell'Arca


P2590286
部屋のフレスコ画はルイージ・アデモッロ(ミラノ、1764‐フィレンツェ、1849)によって1816年に制作されました。


P2590290
ルイージ・アデモッロは、イタリアを代表する新古典様式の画家でした。


P2590291


P2590292


P2590288
フランチェスコ・カッラドーリ(ピストイア、1747‐フィレンツェ、1824)の「ジョーヴァ・セラーピス」(1784‐85)


P2590293
次の部屋と言うよりも礼拝堂です。


P2590296
Cappella delle Reliquie


P2590294
クーポラ


P2590295


P2590297
次の部屋です。


P2590298
静物画、小作品などが展示されてます。


P2590299


P2590300
次の部屋です。


P2590303
Sala della Musica


P2590302
部屋のフレスコ画は、ルイージ・アデモッロによって1814年に描かれました。


P2590301
Pierr-Philippe Thomire (Parigi, 1751-1843)の「テーブル」(1819)
(つづく)

P2590156
次はSala delle Belle Artiです。


P2590157
この部屋の見所はルーベンスとチゴリの作品でしょうか?


P2590158
フェデリーコ・バロッチ(ウルビーノ、1535c‐1612)の「受胎告知される聖母」


P2590159
16世紀のフランドルの無名画家の「男の肖像」(1509‐10c)


P2590160
マーゾ・ダ・サン・フリアーノ(フィレンツェ、1532c‐1571)の「女性の肖像」


P2590163
ピーテル・パウル・ルーベンス(1577‐1640)の「キリストの復活」(1615‐16)


P2590165
カルロ・ドルチ(フィレンツェ、1617‐1686)の「トゥールーズの聖ルイの幻視」(1681‐86c)


P2590167
チゴリ(チゴリ、1559‐ローマ、1613)の「幼きキリストに読み方を教える聖母」(1595)


P2590171
クリストファノ・アローリ(フィレンツェ、1577‐1621)の「マギの礼拝」(1611)


P2590173
チゴリの「祈る聖フランチェスコ」(1600c)


P2590177
チゴリの「聖ステファノの殉教」(1597)


P2590178
ヤコポ・リゴッツィ(ヴェローナ、1547‐フィレンツェ、1627)の「天上の聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナの身体のシナイ山への奇跡的移送」(1617)


P2590179
フェデリーコ・バロッチの「受胎告知する天使」


P2590180
ラヴィーニア・フォンターナ(ボローニャ、1552‐ローマ、1614)?の「女性の肖像」(1600‐05c)


P2590181
ユストゥス・サステルマンス(アンヴェルサ、1597‐フィレンツェ、1681)の「聖マルゲリータに擬したヴィットリア・デッラ・ローヴェレの肖像」(1639c)


P2590182
16世紀のトスカーナの無名画家の「祈る聖母」


P2590186
ヤコポ・キメンティ・ダ・エンポリ(フィレンツェ、1551‐1640)の「救う聖母」(1593)


P2590187
ヤコポ・リゴッツィの「聖フランチェスコに顕現する聖母子」(1618)


P2590190
次の部屋です。


P2590204
Sala di Ercoleです。


P2590192
ピエトロ・ベンヴェヌーティ(アレッツォ、1769‐フィレンツェ、1844)の「ヘラクレスの誕生」(1817‐29)


P2590193
この部屋の装飾や絵画はピエトロ・ベンヴェヌーティが描いたヘラクレスの逸話で統一されてます。


P2590194
ヘラクレスの生涯や逸話に関して私は無知なので、この部屋の装飾が殆ど分かりません。


P2590196
「ヘラクレスとココ」


P2590197


P2590198


P2590199
フランス製時計(18世紀)


P2590201


P2590202


P2590203


P2590205
P2590205
詳細不明


P2590206


P2590207


P2590209


P2590212


P2590213
ジュゼッペ・コルツィ(1796‐1855)とパオロ・サーニ(19世紀前半活動)の「コンソール・テーブル」


P2590215
次の部屋です。


P2590216
Sala dell'Aurora


P2590219


P2590217
新古典様式で書かれた天井フレスコ画(19世紀)


P2590218


P2590220
ユストゥス・サステルマンスの「Ivan Czomodanoffの肖像」(1657)


P2590221
ロレンツォ・リッピ(フィレンツェ、1606‐1664)の「井戸のジャコッベとラキーレ」(1640‐45c)


P2590223
イタリア製「テーブル」(19世紀前半)


P2590224
バルダッサッレ・フランチェスキーニ通称イル・ヴォルテッラーノ(ヴォルテッラ、1611‐フィレンツェ、1689)の「この人を見よ」(1680‐83)


P2590225
ヤコポ・ヴィニャーリ(プラートヴェッキオ、1592‐フィレンツェ、1664)の「キリスト善きサマリア人」(1620c)


P2590226
ヤコポ・キメンティ・ダ・エンポリ(フィレンツェ、1551‐1640)の「未亡人と孤児を守る聖イーヴォ」(1616)


P2590227
ヤコポ・リゴッツィの「マギの礼拝」(1597)


P2590229
イタリア製「テーブル」(19世紀)


P2590231
ロレンツォ・リッピの「ダヴィデの勝利」(1640‐45c)


P2590232
ラヴィーニア・フォンターナの「フランチェスコ・ペニガローラの肖像」(1585)


P2590234
ピエトロ・ダ・コルトーナ(コルトーナ、1597‐ローマ、1669)の「エジプトの聖マリアの死」(1637c)


P2590235
ヤコポ・ヴィニャーリの「聖母子と聖人たち」(1636)


P2590236
ヤコポ・リゴッツィの「の「キリストとサマリア女」(1620c)


P2590237
ヤコポ・キメンティ・ダ・エンポリの「酔っ払ったノエ」(1615‐20c)
(つづく)

P2590061
次はSala del Castagnoliです。


P2590063
「チェーザレ・アウグスト像」(2世紀)


P2590064
「蛮族の囚人像」(トライアヌス帝の時代(98‐117)


P2590066
清朝時代の「中国の陶器」
これを含めて4点の陶器が展示されてます。


P2590072
次の部屋です。


P2590073
Sala delle Allegorieです。この部屋には、アルテミジア・ジェンティレスキの作品を覗いて重要な作品や傑作がありません。(私の主観です)


P2590074
天井のフレスコ画は、バルダッサッレ・フランチェスキーニ通称イル・ヴォルテッラーノ(ヴォルテッラ、1611‐フィレンツェ、1690)によって描かれました。


P2590075
バルダッサッレ・フランチェスキーニ通称イル・ヴォルテッラーノの「Armor venale」(1642c)


P2590077
カラッチのサークル画家の「男の肖像」(1587‐88c)


P2590079
Otto Marseus van Schrieck (1619c-1678 )の「花と花瓶」
この作品を見た記憶がありません。多分最近になって差し替えられたと思います。


P2590080
17世紀の無名画家の「キリストの鞭打ち」
この場所には別の作品があったと思います。


P2590083
17世紀のボローニャ派無名画家の「エジプトへの逃避途中の休息」


P2590085
カルロ・アントニオ・サッコーニ(フィレンツェで18世紀前半活動、ヴェネツィアで1747年頃?没)の「東洋の男の肖像」(1698c)


P2590088
ユストゥス・サステルマンス(アンヴェルサ、1597‐フィレンツェ、1681)の「カテリーナ・プリチャーニの肖像」(1650‐60c)


P2590089
バルダッサッレ・フランチェスキーニ通称イル・ヴォルテッラーノの「儲け用の愛」(1642c)


P2590091
Livio Mehus (1627-1691)の「彫刻の天才」(1650c)


P2590092
ユストゥス・サステルマンスの「フェルディナンド2世デ・メディチに忠誠を誓うフィレンツェ元老院」(1624c)


P2590094
バルダッサッレ・フランチェスキーニ通称イル・ヴォルテッラの「前アルロット首席司祭への冗談」


P2590095
ユストゥス・サステルマンスの「コジモ3世デ・メディチの肖像」(1665c)


P2590096
ユストゥス・サステルマンスの「シニョール・プリチャーニの肖像」(1650‐60c)


P2590097
バルダッサッレ・フランチェスキーニ通称イル・ヴォルテッラの「眠るアモール」(1642c)


P2590100
エミリオ・ゾッキ(フィレンツェ、1835‐1913)の「若きミケランジェロ」(1862c)
興味深い作品です。


P2590103
アルテミジア・ジェンティレスキ(ローマ、1593‐ナポリ、1652/1653c)の「聖母子」(1610‐11c)
作品帰属について色々と議論された作品ですが、最近になって彼女がローマで描いた初期の作品と断定されました。


P2590104
ヴァザーリ派無名画家の「聖母の誕生」(1568)
ジョルジョ・ヴァザーリがバディア・フィオレンティーナ教会の依頼を受けて制作した「聖母被昇天の祭壇画」のプレデッラの一部です。ヴァザーリ工房で働いていた弟子が描いたとされてます。


P2590107
アナスタージョ・フォンテブオーニ(フィレンツェ、1571‐1626)?の「砂漠の聖ジョヴァンニーノ」(17世紀初め)


P2590108
17世紀のフィレンツェ無名画家作「草の上で眠る幼きキリスト」


P2590109
クリストファノ・アローリ(フィレンツェ、1577‐1621)の「聖母子」(1620)


P2590110
ジョヴァンニ・ダ・サン・ジョヴァンニ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1592‐フィレンツェ、1636)の「初夜」(1620‐22c)


P2590112
グレゴリオ・パガーニ(フィレンツェ、1535‐1605)の「トビトの盲目を治すトビアス」(1604)


P2590113
ヴァザーリ派無名画家の「カウント・ウーゴの幻視」(1568)
ヴァザーリの「聖母被昇天の祭壇画」のプレデッラの一部です。


P2590114
ジローラモ・マッキエッティ(フィレンツェ、1535‐1592)の「ヴィーナスとアドニス」(1570‐72c)


P2590121
ユストゥス・サステルマンスの「Arciduca Carlo di Austriaの肖像」(1623-25)


P2590122
クリストファノ・デッラルティッシモ(フィレンツェ、1525c‐1605)の「クラリーチェ・リドルフィ・アルトヴィーティの肖像」


P2590127
ジョヴァンニ・ダ・サン・ジョヴァンニの「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」(1634)


P2590129
ユストゥス・サステルマンスの「マルゲリータ・デ・メディチの肖像」(1646以降)


P2590130
クリストファノ・デッラルティッシモの「イサベッラ・ルイーニ?の肖像」


P2590131
ジョヴァンニ・ダ・サン・ジョヴァンニの「天使たちに給仕されるキリスト」(1623‐24c)


P2590134
ブロンズィーノ工房の「コジモ1世デ・メディチの肖像」


P2590135
チェーザレ・ダンディーニ(フィレンツェ、1596‐1657)の「男の肖像」


P2590140
壁一面に作品が展示されてます。


P2590141
ラヴィーニア・フォンターナ(ボローニャ、1552‐ローマ、1614)の「イサベッラ・ルイーニの肖像」(1593)


P2590142
アレッサンドロ・アローリ工房の「女性の肖像」(1580c)


P2590143
ジョヴァンニ・ダ・サン・ジョヴァンニの「画家」(1634c)


P2590144
16世紀のフィレンツェの無名画家の「マリア・デ・メディチの肖像」(1581‐82c)


P2590145
Frans Pourbus il Giovane (Anversa, 1569- Parigi, 1622)の「フランスのエリザベスの肖像」(1611‐12c)


P2590146
オノフリオ・マリナーリ(フィレンツェ、1627‐1715)?の「ダヴィデとゴリアテ」


P2590147
Livio Mehus (Oudenaarde, 1627- Firenze, 1691)の「悔悛のマグダラのマリア」(1660‐70c)


P2590150
16世紀のフィレンツェの無名画家作「ビアンカ・カペッロの肖像」


P2590151
Frans Pourbus il Giovaneの「フランスのルイ13世の肖像」(1611?)
(つづく)

P2580990
ヴェッキオ橋を渡ってピッティ宮に向かいました。


P2580991
パラティーナ美術館の開館時間に合わせてホテルを出ました。ホテルの朝食は7時半から始まるので、早食いしました。


P2580992
橋からサンタ・トリニータ橋を眺めました。


P2580997
ヴァザーリの回廊


P2590001
回廊で展示されている画家たちの自画像写真を撮りたいと思ってますが、個人でゆっくり鑑賞できる環境ではないので、果たせません。


P2590002
サンタ・フェリチタ教会を通り過ぎました。拝観したいところですが、後の時間配分を考えると道草は禁物です。


P2590003
ウフィツィ美術館、アカデミア美術館と比べると若干人気薄のようですが、展示作品の質と量の点では、アカデミア美術館を凌駕しウフィツィ美術館の次位にあると思います。


P2590004
メディチ家をライバル視していたルーカ・ピッティが15世紀中頃に建設した私邸が前身です。
15世紀後半になるとピッティ家は最早メディチ家に伍していけるだけの存在ではなくなりました。1549年、当時のピッティ家当主だったブオナッコルソ・ピッティはエレオノーラ・ディ・トレド(コジモ1世の妻、ナポリ副王の娘)に私邸を売却したのです。エレオノーラは持参金で買ったと言われてます。
その後、建物は拡大され代々のトスカーナ大公が居住する宮殿となりました。


P2590005
ピッティ広場


P2590006
1859年までトスカーナ大公宮殿でした。


P2590007
イタリア得意のヘンテコなモニュメント


P2590008
この日はフィレンツェ・カードで入館するので、ピッティ宮右端にある切符売り場に行かずに直接宮殿に入りました。


P2590009
中庭です。
美術好きで、フィレンツェで中3日過ごす人には最適のフィレンツェ・カードです。


P2590011
フィレンツェ・カード保持者はブックショップで入館券の発券を受ける必要があります。


P2590012
パラティーナ美術館の2016年の年間入館者は400,626人だったそうです。そのうちの約10%が毎月第1日曜日の無料開館日だったそうで、世知がないなあと思います。
無料開館日は混雑するので、混雑を避けて入館者が少ない博物館、美術館に行くことにしてます。(第1日曜日のバチカンは空いてますよ)


P2590013
美術館として公開されているのは1階(日本の2階)です。


P2590014
2017年10月、モーツアルト演奏会の案内です。


P2590015
セミナー室です。ゆっくりと中を見たいところですが、後のことを考えてパス。


P2590016
パラティーナ美術館のブックショップ


P2590017
「ヘラクレス」(ローマ帝政時代)


P2590019
「ヘラクレス」(ローマ帝政時代)


P2590021
展示室内に入りました。


P2590022
パラティーナ美術館は、この案合図で赤の部分を指します。


P2590023
32室あります。


P2590024
こちらの方も見ることが出来ます。


P2590025


P2590026
ジュゼッペ・ベッリ(ローマ、1743c‐フィレンツェ、1812)の「フェルディナンド3世ハプスブルグ・ロレーナの彫像」(1783)


P2590028
バッチョ・バンディネッリ(フィレンツェ、1493‐1560)の「バッカス」(1549)


P2590030
最初の部屋 Anticamera degli Staffieri です。


P2590031
「Satiro e Pan」(2世紀)


P2590032
「アントニウス・ピウス帝」(2世紀)


P2590033
「ポリュクレイトスの頭像」(ローマ帝政時代)


P2590035
「アスリート」(2世紀)


P2590037
「アントニウス・ピウス帝」(2世紀)


P2590036
「ルキウス・ウェルス帝(130‐169)」(2世紀)


P2590039
「クニドスのアプロディーテ」(1‐2世紀)


P2590041
「アスクレピオス(ギリシャ神話に出てくる王)」(2世紀)


P2590040
17世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「Varginio」


P2590042
「女性の彫像」(2世紀)


P2590044
この部屋で足を止めて彫刻を見る人は少ないようです。


P2590045
「マルクス・アウレリウス・アントニウス帝(第16代ローマ皇帝)」(2世紀)


P2590046
「アスリート」(2世紀)


P2590047
16世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「カラカラ帝」


P2590049
「若い時のマルクス・アウレリウス・アントニウス帝」(2世紀)


P2590050
「Satiro e Pan」(150c)


P2590051
「男の彫像」(130‐140)


P2590053
「男の彫像」(2世紀)


P2590054
「アテーナ―」(2世紀)


P2590055
「オフィディウス(ローマ時代の詩人)の彫像」(ローマ帝政時代)


P2590056
「イゲア」(100‐150)


P2590058
「メルクーリオ」(1世紀)


P2590059
18世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「男の彫像」
(つづく)

P2570471
次の部屋です。


P2570472
Sala degli Arazzi、またはタペストリがあるのでタペストリの間とも呼ばれてます。


P2570473
天井のフレスコ装飾


P2570474


P2570475


P2570476


P2570477


P2570478
トスカーナ大公の肖像画が並んでます。


P2570479
「コジモ2世の肖像」


P2570480
「フランチェスコ・デ・メディチの肖像」


P2570481
「ジャン・ガストーネ・デ・メディチの肖像」


P2570483


P2570485
詳細不明


P2570486
詳細不明


P2570487
次はSala del Caminettoです。


P2570492
フィリッポ・リッピの「聖母子」(1466‐69)


P2570494
ヴァローネ・カシーニ(フィレンツェで17世紀初め活動)の「フェルディナンド1世デ・メディチの肖像」


P2570496
17世紀前半のフィレンツェの無名彫刻家(サンソヴィーノ工房の無名彫刻家)の「聖母子」


P2570498
17世紀の無名彫刻家の「ドナテッロ・スタイルの聖母子」


P2570499
16世紀第4四半世紀のトスカーナの無名画家の「聖母子と聖アントニオ・アバーテと聖人(特定できません)」


P2570502
15世紀のフィレンツェの無名画家の「幼きキリストを崇拝する聖母と聖ジュゼッペ」


P2570503
ロシアのビザンチン様式画家による「聖母子のイコン」


P2570505
16世紀前半のフィレンツェの無名画家の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2570508
制作者情報不明のキリストの復活のフレスコ断片


P2570512
バルダッサッレ・フランチェスキーニ通称イル・ヴォルテッラーノ(ヴォルテッラ、1611‐フィレンツェ、1690)の「コジモ3世デ・メディチの肖像」


P2570513
アナスタシオ・フォルテブオーニの「コジモ1世・デ・メディチの肖像」


P2570514
次がルーカ・ジョルダーノの部屋です。


P2570516
この部屋は1685年に建設されました。


P2570517
部屋の名称はルーカ・ジョルダーノ(ナポリ、1634‐1705)の作品があるからです。


P2570518
1682年に制作が始められましたが、ルーカの個人的理由によってナポリに戻ることになり、1683年に制作が中断されました。1685年に制作が再開されたそうです。


P2570519


P2570520
作品のテーマは「ジュピターとメディチ家の絶頂」です。


P2570521


P2570522


P2570524
次はSala Quattro Stagioniです。


P2570525
セミナー室になってます。


P2570528
パラッツォの各部屋の見学はこれで終わりです。


P2570529


P2570530
庭園を見学しました。


P2570531


P2570532


P2570533


P2570534


P2570535
見所はベノッツォ・ゴッツォリのフレスコ画だけですが、それだけでも十分行く価値があると思います。


P2570538
(おわり)

メディチ・リッカルディ宮を博物館に分類することに躊躇いを覚えますが、Museoとして一般公開されているので、「美術館」カテゴリーに含めることにします。
P2570420
フィレンツェのサン・ロレンツォ広場です。写真右はサン・ロレンツォ聖堂です。


P2570421
広場の先に武骨な外観の建物がメディチ・リッカルディ宮です。


P2580560
1445年、56歳のコジモ・イル・ヴェッキオはフィレンツェの覇権確立の象徴的な存在として旧メディチ家本邸の隣の現在地にメディチ邸を建設するべくブルネッレスキに設計を依頼したそうです。
ヴァザーリに拠れば、ブルネッレスキが模型としてコジモに示した設計原案があまりにも豪華壮大であったので、フィレンツェ市民の反感を恐れたコジモはメディチ家お抱えの建築家ミケロッツォに建築を依頼して、1459年‐1460年頃に完成したのがメディチ宮でした。


P2570428
1670年、メディチ家所有の邸宅はリッカルディ家に買い取られ、拡張や改装が行われました。そのような歴史があるので、メディチ・リカルディ宮と称される由縁です。


P2580559
パラッツォの入り口です。


P2570429
中に入りました。ここは毎週水曜日が休館なので、注意が必要です。


P2570430
先ず中庭に出ます。


P2570433
1810年、パラッツォはリッカルディ家から大公国に売却され、その一部が公開されるようになりました。


P2570431
中庭にあるものですが詳細不明です。


P2570434
中庭にある彫刻は、バッチョ・バンディネッリ(フィレンツェ、1493‐1560)の「オルフェオ」(1519)
この作品はヴェッキオ宮にありました。


P2570432
メディチ・リカルディ宮の最大の見所はマギの礼拝堂です。


P2570435
ここではベノッツォ・ゴッツォリの礼拝堂と書かれてます。


P2570436
礼拝堂は1階(日本の2階)にあります。


P2570437
階段の途中にある彫刻(詳細不明)


P2570439
マギの礼拝堂です。


5
メディチ家のプライベートな礼拝堂で、1459年に建設されました。


P2570448
先ず祭壇画を見ましょう。


P2570449
これは有名な?作品です。
現在、祭壇を飾っているのは本物の複製です。


P2570451
プセウド・ピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノ(フィレンツェで15世紀後半活動)の「フィリッポ・リッピ作『森の聖母』の複製画」(1460c)
プセウド・ピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノはフィリッポ・リッピとぺセッリーノの周辺で活動した画家で、活動した時期と画風が一部似ているピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノ(フィレンツェ、1444 o 1445-1497以降没)と区別するために、20世紀前半にプセウド(偽の、仮の、という意味)が付けられましたが、15世紀後半のフィレンツェの無名画家です。
この複製画ですが、1496年にフィリッポ・リッピの本物作品に代わって礼拝堂祭壇に置かれ、現在に至っているそうです。
この辺の理由が私にはサッパリ分からないのです。
リッピの本物を知らなければ、これは立派な作品として十分通ると思います。


4
フィリッポ・リッピの「森の聖母」(1458‐60)
現在、ベルリンのGemaedegallerieにあります。(蛇足ですが勿論本物です)
(作品画像はWeb Gallery of Artから拝借しました)


P2570456
この祭壇画を見て、何処かで見たことがあると思う方は相当な美術ファンでしょうね。


P2570458
礼拝堂天井の装飾はジュリアーノ・ダ・サンガッロ(フィレンツェ、1445‐1516)によるものです。


P2570457
礼拝堂左側壁の崇拝する天使たち(ベノッツォ・ゴッツォリのフレスコ画)


P2570459
礼拝堂右側壁の崇拝する天使たち(ベノッツォ・ゴッツォリのフレスコ画)


P2570440
ピエロ・イル・ゴットーゾ(痛風病みのピエロ、コジモの長男)が親しいベノッツォ・ゴッツォリ(スカンディッチ、1420c‐ピストイア、1497)に依頼して制作されたマギ(東方三博士)の行列(1459‐61)です。


P2570442
制作者のベノッツォはフレスコ画の中にチャッカリ自画像を描き入れてます。


3
帽子に自分の名前を入れてます。(自画像)


P2570460
ピエロ・イル・ゴットーゾがベノッツォの起用や描かれるフレスコ画の主題や描き方まで深く関与したことが、残されているピエロとベノッツォ間で交わされた手紙から分かるそうです。


P2570461
金を使用した豪華絢爛たる作品は、メディチ家の覇権を世に知らしめようとするピエロの意図に基づくものでしょう。


P2570462
三王の行列の中にメディチ家の人々、ピエロ、ピエロの父コジモ、ピエロの弟ジョヴァンニ、ピエロの2人の息子ロレンツォとジュリアーノの肖像画が描き込まれています。これもピエロの要求に基づくものと考えられてます。
しかし、誰の肖像画かについては諸説があって特定されていないようです。


P2570463


P2570464


P2570465


P2570466


P2570467


P2570468


P2570469


P2570470
(つづく)

P2580430
マリオット・アルベルティネッリのサークル画家の「聖母子と天使」(15世紀末‐16世紀初頭)


P2580431
マリオットの工房にいた画家が描いたと思いますが、上出来ですね。親方(マリオット)よりも上手?


P2580434
ベネデット・ブリオーニ(フィレンツェ、1461c‐1521)の「聖母戴冠と聖ドメニコと聖フランチェスコ」(1520)


P2580437
イタリア中部の無名画家作「ラッファエッロ作『聖家族』のコピー画」(16世紀)


P2580440
ヤコピーノ・デル・コンテ(フィレンツェ、15010‐1513‐ローマ、1593)の「幼児の聖母」(1530‐35c)


P2580443
ピエル・フランチェスコ・ディ・ヤコポ・フォスキ(フィレンツェ、1502‐1567)の「聖母子と2天使」(1530c)


P2580446
ポッピ(ポッピ、1544c‐フィレンツェ、1597)またはヴィンチェンツォ・ウリヴィエーリ(フィレンツェ、1565c‐1600c)の「救世主」(1530c)


P2580449
フィレンツェの画家作「アンドレア・デル・サルト作『聖セバスティアーノ』のコピー画」(16世紀後半)


P2580452
ポッピの「玉座の聖母子と天使たち」(1565‐66)


P2580454
ジョヴァン・バッティスタ・ナルディーニ(フィレンツェ、1535‐1591)の「十字架降下と聖人たち」(1566c)


P2580458
フィレンツェの画家作「磔刑と聖母と福音書記者聖ジョヴァンニと祈る幼児たち」(16世紀末‐17世紀初頭)


P2580460
アンドレア・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1435‐1525)の「包帯のプット」(1487)


P2580463
入館者が少なかった。


P2580464
ポッピまたはヴィンチェンツォ・ウリヴィエーリの「磔刑と聖人たち(マリア・マッダレーナ、聖母、福音書記者聖ジョヴァンニ、聖フランチェスコ、バーリの聖二コラ)」(1580‐90)


P2580467
アンドレア・デッラ・ロッビアの「包帯の幼児」


P2580470
ヴィンチェンツォ・ウリヴィエーリの「死せるキリストへの哀悼」(1586)


P2580473
フィリッポ・ラティーニ(フィレンツェ、1604‐1660)の「受胎告知」(1659)


P2580475
ドメニコ・ギルランダイオ(フィレンツェ、144901494)、ダヴィド・ギルランダイオ(フィレンツェ、1451‐1523)、バルトロメオ・ディ・ジョヴァンニ(フィレンツェ、1488‐1501記録)の「マギの礼拝の祭壇画」(1488‐89)
ダヴィドはドメニコの弟で、ドメニコの助手を務めることが多かったようですが、ドメニコの死後、工房を引き継ぎました。バルトロメオはドメニコの弟子で、工房で修業しました。ドメニコの死後、サンドロ・ボッティチェッリの助手を務めるようになりました。
この祭壇画では、ドメニコとダヴィドがマギの礼拝を手懸け、プレデッラはバルトロメオによって描かれました。


P2580477
マギの礼拝


P2580478
プレデッラ:福音書記者聖ジョヴァンニの殉教


P2580480
受胎告知


P2580483
聖母の結婚


P2580485
十字架降下


P2580487
キリストの寺院への出現


P2580489
キリストの洗礼


P2580490
捨て子養育院教会を神に捧げる聖アントニーノ


P2580494
ピエロ・ディ・コジモ(フィレンツェ、1462‐1522)の「玉座の聖母子と聖人たち(聖ピエトロ、福音書記者聖ジョヴァンニ、ウンゲリアの聖エリザベッタ?、アレッサンドリアの聖カテリーナ)と天使たち」(1493)


P2580498
ネーリ・ディ・ビッチ(フィレンツェ、1418‐1492)の「聖母戴冠と聖人たち(聖ルチア、アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖バルトロメオ、聖フィリッポ)」(1460‐61)


P2580500
次はタベルナコロが並んでいる部屋です。


P2580513
無原罪の御宿リのタベルナコロ(19世紀)


P2580518
聖母子のタベルナコロ(18世紀末‐19世紀初頭)


P2580515
この人を見よのタベルナコロ(18世紀末‐19世紀初頭)


P2580519
聖マリオのタベルナコロ(18世紀中頃)


P2580522
カルミネの聖母のタベルナコロ(18世紀末‐19世紀初め)


P2580524
バーリの聖二コラのタベルナコロ(18世紀中頃)


P2580525
プレセーペのタベルナコロ(18世紀末‐19世紀初め)


P2580528
プレセーペのタベルナコロ(19世紀)


P2580530
磔刑のタベルナコロ(18世紀末‐19世紀初め)


P2580531
サンタ・マリア・デリ・インノチェンティ教会にあった捨て子養育院の保母


P2580532


P2580536
次の部屋です。


P2580535
詳細不明


P2580537
捨て子養育院教会の聖具類が展示されてます。


P2580538


P2580539


P2580541
バッチョ・ディ・モンテルーポ(モンテルーポ、1469‐ルッカ、1537c)に帰属する「磔刑」(1490‐1500c)


P2580543
ピエトロ・トッリジャーノ作「救世主」の複製彫刻(15世紀末‐16世紀初め)


P2580544
詳細不明


P2580545
ベネデット・ダ・マイアーノ作「聖母子」の複製(15世紀末‐16世紀初め)


P2580547


P2580548


P2580553
19世紀末ごろの写真


P2580554
中庭に出ました。


P2580555
キオストロ回廊の壁に描かれたメディチ家の紋章


P2580556
充実した展示に一変していたのでよい意味での驚きでした。
(おわり)

P2580351
バッチョ・ダ・モンテルーポ(モンテルーポ、1469c‐フィレンツェ、1537c)に帰属する「捨て子養育院のエンブレム」(1515‐18)
布で巻かれた幼子がエンブレムになってます。


P2580352
フィレンツェの彫刻家作「捨て子養育院のエンブレム」(1557)


P2580353
トスカーナの彫刻家作「捨て子養育院のエンブレム」(16世紀末‐17世紀初め)


P2580354
フィレンツェの彫刻家作「捨て子養育院のエンブレム」(1842)


P2580362
資料室?


P2580363


P2580364


P2580366
養育院の歴史などを説明するコーナーです。


P2580367
色々と考えさせられる展示です。


P2580368
非常に充実したコーナーですが、詳しい紹介は省略させて頂きます。


P2580369
階段を上りました。


P2580370
柱廊で囲まれた中庭に出ました。


P2580371
ここもすっかり綺麗になりました。


P2580372
食堂もあります。食べませんでしたが、一般の人も利用が可能だったと思います。


P2580373
父親、母親が保育園から子供が出てくるのを待っていました。


P2580375
回廊に美術館の入り口があります。


P2580376
美術館は1階(日本の2階)にあります。


P2580377
シモーネ・ディ・フランチェスコ・タレンティ―(フィレンツェ、1357‐1383記録)の「福音書記者聖ジョヴァンニ」(1377)
福音書記者聖ジョヴァンニ(聖ヨハネ)は女性のような感じで彫られたり描かれたりしています。聖書の最後の晩餐のくだりを読むと、キリストと聖ジョヴァンニは同性愛の関係にあり、だからこそ女性ぽく制作されていると思います。ところが年老いた聖ジョヴァンニは髭を生やし男性ぽく制作されるのが普通です。この辺のところが実に興味深いのです。


P2580379
1階(日本の2階)の展示室に入りました。


P2580380
見易い展示になりました。


P2580382
ジョッティーノ(Giotto di Maestro Stefano )(1368‐1369記録)の「年老いた聖人」(1350‐55)
下の写真もジョッティーノの作品です。


P2580383
「若い聖人」(1350‐55)


P2580385
14世紀のフィレンツェの彫刻家作「磔刑像」(1340‐50c)


P2580388
チェンニ・ディ・フランチェスコ・ディ・セル・チェンニ(トスカーナ、1369‐1415c活動)の「授乳の聖母」(1395‐1400c)


P2580390
Maestro della Madonna Straus (アンブロージョ・ディ・バルデーゼ?)(フィレンツェ、14世紀末‐15世紀初め活動)の「聖母戴冠と大天使聖ミケーレと聖マリア・マッダレーナ」(1405c)


P2580395
ジョヴァンニ・ディ・ビオンド(フィレンツェ、1356‐1398記録)の「受胎告知と2聖人」(1372‐76)


P2580396
中央パネル


P2580397
バーリの聖二コラ


P2580398
聖アントニオ・アバーテ


P2580400
ジョヴァンニ・ディ・フランチェスコ・トスカーニ(フィレンツェ、1372‐1430)の「聖母子と2聖人」(1420c)


P2580401
磔刑、受胎告知


P2580402
聖母子


P2580403
聖ジローラモ


P2580404
アレッサンドリアの聖カテリーナ


P2580406
ベネデット・ダ・マイアーノ作「聖母子」のコピー彫刻(1470c)


P2580408
Maestro della Nativita di Castello (フィレンツェ、1445‐1474活動)の「アントニオ・ロッセッリーノ作『聖母子』の複製」(1462‐63c)


P2580410
名のある芸術家であっても傑作の複製作品を制作したようです。


P2580412
ルーカ・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1399/1400-1482)の「聖母子」(1445‐50c)


P2580416
サンドロ・ボッティチェッリ(フィレンツェ、1445‐1510)の「聖母子と天使」(1465c)


P2580418
アーニョロ・ディ・ポーロ(フィレンツェ、1470‐アレッツォ、1528)の「悔悛の聖マリア・マッダレーナ」(16世紀第1四半世紀)


P2580422
ドメニコ・ギルランダイオのサークル画家とMaestro dell'Epifania di Fiesole (フィレンツェ、15世紀第4四半世紀活動)の作品(15世紀第4四半世紀)です。
ドメニコ・ギルランダイオのサークル画家は、ドメニコ・ギルランダイオ工房のダヴィド・デル・ギルランダイオの可能性が高いとされてます。
この作品は、ドメニコ・ギルランダイオのサークル画家は「聖母子と2セラフィーノ(第1位の天使)」だけを描き、残りの「祈るキリスト」、「聖アンドレア」、「聖ディオニージ」はMaestro dell'Epifania di Fiesole によって描かれたそうです。


P2580424
祈るキリスト


P2580426
聖母子と2セラフィーノ
2天使なので、2セラフィーニと書くべき?


P2580427
聖アンドレア


P2580428
聖ディオニージ
(つづく)

P2580313
サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場は催し物の準備が進んでいました。


P2580311
広場に面して建っている捨て子養育院 Spedale degli Innocenti です。


P2580312
この建物はフィリッポ・ブルネッレスキの設計によって1417年から1436年に建設され、1445年にオープンした病院が前身です。


P1780542
病院と言っても”放棄された子供病院”という特殊病院であって、捨て子された子供の避難所、育児、教育、里親、苦労している母親と子供を受け入れる保育園のようなものでした。
また、この建物は現在も保育園として使用されてます。


P1780544
建物に鐘楼が見えてますが、建物の一部が教会となってます。教会は1451年に奉献されました。
この写真は2013年に撮ったものですが、新美術館を建設中との表示が出ています。この建設工事のため、美術館は2012年頃から休館となっていました。


117
美術館として古い歴史がありますが、19世紀に修復改造工事の費用捻出のために、300以上の芸術作品が売却されてしまいました。それらの多くは現在、世界中の美術館が展示されてます。


119
ロッジャの壁上部に青色のメダリオンが並んでます。


120
メダリオンはアンドレア・デッラ・ロッビアの作品です。


118
ロッジャの入口扉上のフレスコ画はジョヴァンニ・ディ・フランチェスコ・デイ・チェルヴェッリエーラ(アレッツォ、1412‐フィレンツェ、1458)の「父なる神と子供たち」(1452)です。


121
ロッジャ天井のフレスコ画は、ベルナルディーノ・ポッチェッティ(フィレンツェ、1548‐1612)の作品(1610‐12)です。


123
ガスパーレ・マルテッリーニの「キリストと幼児たち」(1843)


124
ベルナルディーノ・ポッチェッティの作品です。


1
所謂「赤ちゃんポスト」です。困窮などの理由によって已む無く育児を断念した母親が身分を明かさずに捨て子をした回転扉です。


P2580315
2017年、美術館が新装再オープンしたとの報に接したので、久し振りに来たのです。


P2580314
以前の美術館の入り口は保育園と同じ、ロッジャの中央扉でしたが、新美術館の入り口は建物に向かって右端にあります。


P2580316
入館してビックリしました。全く新しくなりました。


P2580317
最初は捨て子養育院の歴史を記したコーナーです。


P2580318
養育院の設立、運営に寄与した人々やパトロンなどの彫像や肖像画が並んでます。


P2580319
フィレンツェの無名彫刻家作「チョーネ・ディ・ラーポ・ポッリーニの彫像」(16世紀後半)
チョーネは1313年、サンタ・マリア・デッラ・スカラ病院の創設者です。死後200年以上経ってから制作された彫像です。


P2580321
フィレンツェの無名彫刻家作「聖アントニオ・ピエロッツィの彫像」(16世後半‐17世紀初頭)
聖アントニオはサン・マルコ修道院長、フィレンツェ大司教を務めましたが、病人や貧者の救済に尽力して捨て子養育院創設の基本的概念を築いたそうです。


P2580323
以前の美術館は薄暗く伝統的な雰囲気を漂わせていましたが、新装の美術館はそれとは全く違った印象を与えます。


P2580324
紋章


P2580325
上の紋章の説明板


P2580327
ジュゼッペ・ペッツオーリ(フィレンツェ、1784‐1855)の「捨て子養育院の創設を推進するレオナルド・ブレーニ」(1845‐46)


P2580328


P2580329


P2580330


P2580331
19世紀のフィレンツェの無名画家作「ヴィンチェンツォ・ボルギーニの肖像」


P2580333


P2580334
ジョヴァン・バッティスタ・ナルディーニ(フィレンツェ、1535‐1591)の「十字架降下とマッダレーナとニコデモ」(1566c)


P2580336
以前と比べると美術館色が薄まり、博物館的な展示が多くなった気がします。


P2580337
ジョヴァン・バッティスタ・セルメイ(フィエーゾレ、1572‐フィレンツェ、1637以降没)の「聖母」(1605‐06c)


P2580339
グイド・ヴェストーリ(フィレンツェ、1615‐1621記録)の「捨て子養育院の聖遺物箱」(1615)


P2580341
レオポルド・マルテッリーニ(フィレンツェ、1819‐1855)の「ロベルト・アンティノーリの肖像」(1844)
ロベルトは、1601年から1661年の長きに渡り捨て子養育園の運営に尽力したそうです。


P2580344
18世紀後半のフィレンツェの無名画家作「トスカーナ大公ピエトロ・レオポルド(ハプスブルグ・ロレーナ)の肖像」(1765‐90c)
ピエトロは捨て子養育園の運営を政治的に推進し、資金的援助を行ったそうです。


P2580346
ロレンツォ・バルトリーニ(サヴィニャーノ、1777‐フィレンツェ、1850)とクレメンテ・パーピ(フィレンツェ、1805‐1875)の「レオポルド2世ハプスブルグ・ロレーヌの胸像」(1846)
レオポルド2世は捨て子養育院のパトロンでした。


P2580349
コッラード・サッリ(フィレンツェ、1886‐1944)の「カルロ・ミケラニョーリの肖像」(1900)
(つづく)

P2570111
次の部屋です。


P2570115
Terrazza di Saturno、サトゥルヌス(農耕の神)のテラスです。


P2570109
テラスの絵画、フレスコ画は、ジョルジョ・ヴァザーリ(アレッツォ、1511‐フィレンツェ、1574)とジョヴァンニ・ストラダーノ(ベルギー・ブルッヘ、1523‐フィレンツェ、1605)によって描かれました。


P2570110


P2570112
外気に晒される環境にあるので、保存状態が良くないようです。


P2570113


P2570114


P2570117


P2570119
テラスからサンタ・クローチェ聖堂が見えました。


P2570120
サン・ミニアート・アル・モンテ教会が見えました。


P2570122
テラスからの景観が見事ですが、景色を楽しむにはやはり塔の方がお勧めです。


P2570124
次の部屋です。


P2570123
Sala della Cacelleria
この部屋のフレスコ画の制作者が分かりません。


P2570126
サンティ・ディ・ティート(ボルゴ・サン・セポルクロ、1536‐フィレンツェ、1603)の「ニッコロ・マキアヴェッリの肖像」(1575c)
これは本物ではなくリトグラフ?


P2570127
本物は2018年6月3日まで日本各地で出張展示されてます。


P2570128
フィレンツェの無名彫刻家の「ニッコロ・マキアヴェッリの胸像」(16世紀前半)


P2570131
次の部屋です。


P2570132
Sala della Carte Geografiche、地図の間です。
ヨーロッパ各地、世界各地の地図が展示されてます。


P2570133
イギリス


P2570134
スペイン


P2570135
フランス


P2570136
イタリア


P2570137


P2570138
部屋の天井


P2570140
日本は変な形の地図になってます。
この日のヴェッキオ宮博物館の公開部分は以上です。非公開部分の部屋が多かったのが残念でした。


P2570143
塔に上ることにしました。


P2570144


P2570145


P2570146
塔は別料金になります。


P2570147
膝と腰が少し痛かったが頑張りました。


P2570148
高いところが好きなので、塔は大体上ることにしています。


P2570149


P2570150
上り切りました。


P2570174
この日は澄み切った快晴でした。


P2570152
景観を楽しむには絶好の天気でした。


P2570155


P2570157
ドゥオーモのクーポラが良いですが、非常に混雑することがあり、それが難点です。ヴェッキオ宮の塔は、大体空いているので、混雑を避けたい人にはお勧めです。

P2570157


P2570162


P2570164


P2570165


P2570171


P2570178


P2570179


P2570180


P2570182
フィエーゾレが見えました。


P2570183


P2570189


P2570186


P2570190
十分に楽しみました。


P2570192
階段の途中にありました。


P2570193
(おわり)

P2570042
次の部屋です。


P2570041
Sala degli Elementiです。空気、水、火、大地の4要素の間と訳す?


P2570045
この部屋の絵画、フレスコ画は、1555年から1557年にかけて、ジョルジョ・ヴァザーリ(アレッツォ、1511‐フィレンツェ、1574)、クリストフォロ・ゲラルディ通称イル・ドチェーノ(ボルゴ・サン・セポルクロ、1508‐フィレンツェ、1556)、マルコ・マルケっティ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1528以前生まれ‐1588c)の3人によって描かれました。


P2570046
クリストフォロとマルコは、ヴァザーリの指示によって描く協力者の立場でした。


P2570047


P2570049


P2570050


P2570051
次の部屋です。


P2570052
Sala di Opiと名付けられてます。Opiの意味が分かりません。


P2570055
この部屋の絵画、フレスコ画は、ジョルジョ・ヴァザーリ、クリストフォロ・ゲラルディ通称イル・ドチェーノ、マルコ・マルケッティ・ダ・ファエンツァの3人によって1555‐57年に描かれました。


P2570056


P2570057
次の部屋です。


P2570059
Sale di Cerereと名付けられてます。Cerereとは、ケーレス、豊穣の女神のことです。


P2570063
この部屋の絵画、フレスコ画は、ジョルジョ・ヴァザーリ、クリストフォロ・ゲラルディ通称イル・ドチェーノ、マルコ・マルケッティ・ダ・ファエンツァの3人によって1555年‐57年に描かれました。


P2570064


P2570065


P2570066


P2570067


P2570068
次の部屋です。


P2570073
Sala di Gioveです。ジュピターの間


P2570074
この部屋の絵画、フレスコ画は、ジョルジョ・ヴァザーリ、クリストフォロ・ゲラルディ通称イル・ドチェーノ、マルコ・マルケッティ・ダ・ファエンツァの3人によって、1555年から1556年に制作されました。


P2570075


P2570076


P2570077


P2570078


P2570079


P2570069
大公国立工房制作の家具(17世紀末‐18世紀初頭)


P2570094
次の部屋です。


P2570080
Terrazzo di Giunone


P2570082
ヴェロッキオの「イルカを抱くプット」(1470c)


P2570084
ここにあるのが本物です。


P2570086
この部屋のフレスコ画は、ジョルジョ・ヴァザーリとクリストフォロ・ゲラルディ通称イル・ドチェーノの2人によって1556年から1557年に描かれました。


P2570087


P2570090


P2570091


P2570092


P2570093


P2570094


P2570095


P2570096


P2570097
次の部屋です。


P2570099
ヘラクレスの間と呼ばれてます。


P2570100
この部屋に描かれた絵画、フレスコ画は、ジョルジョ・ヴァザーリとマルコ・マルケッティ・ダ・ファエンツァの2人によって1556年から1557年に制作されました。


P2570101


P2570102


P2570103


P2570105
壁にトンドがあります。


P2570107
Maestro del Tondo Miller の「幼きキリストを崇拝する聖母と聖ジョヴァンニーノ」(15世紀末)
(つづく)

P2560982
次はエステルの間です。


P2560986
部屋のフレスコ画は、ジョルジョ・ヴァザーリ(アレッツォ、1511‐フィレンツェ、1574)とジョヴァンニ・ストラダーノ(ベルギー・ブルッヘ、1523‐フィレンツェ、1605)によって描かれました。


P2560987
金を使用した枠組みなどの装飾はバッティスタ・ボッティチェッリによって施されたものです。


P2560988


P2560985
ジョヴァンニ・ストラダーノの「エステルの戴冠」


P2560989
フィレンツェの無名画家の「レオナルド・ダ・ヴィンチ作『アンギアーリの戦い』のコピー画」(1505‐63?)
レオナルドの作品は五百人広間に描かれていたもので、ヴァザーリの作品の裏に隠れているということで、ヴァザーリの作品に穴をあけて調査が行われましたが、結局レオナルドの作品は見つかりませんでした。


P2560991
トスカーナの無名画家の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(16世紀前半)


P2560994
次はサビーネの間です。


P2560997
部屋のフレスコ画はジョルジョ・ヴァザーリとジョヴァンニ・ストラダーノによって描かれました。


P2560998
金を使用したスタッコなどの装飾はバッティスタ・ボッティチェッリによって施されました。


P2560999


P2570005


P2570006


P2570001
フランチェスコ・クッラディ(フィレンツェ、1570‐1661)?の「聖母子」(1590‐1600c)


P2570003
トスカーナの無名芸術家の「ピエタ」(16世紀)


P2570007
次は緑の間です。この部屋はエレオノーラ・ディ・トレドの書斎として使用されました。


P2570009
緑の間のフレスコはリドルフォ・デル・ギルランダイオ(フィレンツェ、1483‐1561)によって1540年から1542年に描かれました。


P2570012


P2570013


P2570011


P2570015
サンドロ・ボッティチェッリ工房の「聖母子」(1490‐1500c)


P2570016


P2570024
次はエレオノーラ・ディ・トレドの礼拝堂です。


P2570020
礼拝堂のフレスコ画はブロンズィーノ(フィレンツェ、1503‐1572)によって1540年から1565年にかけて描かれました。


P2570019
ブロンズィーノの「ピエタ」(1564)


P2570021


P2570022


P2570023


P2570028
次はエレオノーラの居室です。


P2570029
詳細不明


P2570032
エレオノーラの居室を出ると五百人広間を見渡せる通路に出ました。


P2570037
広間ではパーティーの準備が進められてました。


P2570033
これらの作品を間近で見たかった!!


P2570034
運が悪いなあ。


P2570035
挙式を市庁舎で挙げる人が結構いるそうですから、この辺は仕方がないですね。


P2570036
相当なお金がかかったと思います。


P2570031
天井の装飾


P2570038


P2570039
階段を下りました。


P2570040
階段天井のフレスコ画
(つづく)

P2560913
ピエロ・ディ・コジモ(フィレンツェ、1462c‐1522)の「キリストの受難」


P2560917
ポントルモまたはブロンズィーノのスタイルの画家による「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(16世紀前半)


P2560919
ヴィンチェンツォ・デ・ロッシ(フィエーゾレ、1529‐フィレンツェ、1587)の「コジモ1世・デ・メディチの彫像」


P2560921
ドナテッロのスタイルで彫る彫刻家の「聖母子」(15世紀)


P2560924
詳細不明


P2560923
階段を上りました。


P2560925
順路に従って進みました。


P2560926


P2560929
Sala dei Gigliです。


P2560927
天井の装飾


P2560928
ドナテッロ(フィレンツェ、1386‐1466)の「ユディト」(1453‐57)


P2560932
この部屋に置かれるようになったのは1988年でした。


P2560930
この部屋のフレスコ画は、ドメニコ・ギルランダイオ(フィレンツェ、1448‐1494)によって1482年に描かれました。


P2560931
フレスコ画のテーマはフィレンツェの守護聖人聖ザノービに纏わることです。


P2560933


P2560934
ベネデット・ダ・マイアーノ(マイアーノ、1442‐フィレンツェ、1497)とジュリアーノ・ダ・マイアーノ(マイアーノ、1432‐ナポリ、1490)の「洗礼者聖ジョヴァンニと4プット」


P2560935
次の部屋です。


P2560936
Sala dell'Udienzaはミーティング室になってます。


P2560938
天井の装飾は、ジュリアーノ・ダ・マイアーノによって1470年から1477年に制作されました。


P2560939
この部屋のフレスコ画は、フランチェスコ・サルヴィアーティ(フィレンツェ、1510‐ローマ、1562)によって16世紀中頃に描かれました。


P2560937


P2560941
「Furius Camillusの勝利」
中でも、この場面が有名です。


P2560943


P2560944


P2560945
見ていると圧倒される感じがします。


P2560946


P2560947



P2560948
次はシニョーリア礼拝堂です。


P2560950
礼拝堂の祭壇


P2560951
マリアーノ・グラツィアデイ・ダ・ペッシャの「聖母子と聖エリザベッタと聖ジョヴァンニーノ」(1511‐14?)
マリアーノは、リドルフォ・デル・ギルランダイオの弟子で、ギルランダイオ工房の一員として制作に参加することが多く、私が見たことがあるマリアーノ単独の作品はこれだけです。


P2560953
リドルフォ・デル・ギルランダイオ(フィレンツェ、1483‐1561)の「受胎告知」
礼拝堂のフレスコ画はリドルフォによって描かれました。


P2560954
リドルフォ・デル・ギルランダイオの「三位一体」


P2560955
四福音書記者が描かれてます。


P2560956



P2560957
通路のような部屋です。


P2560959
トゥッリオ・ロンバルド?作の「ダンテのマスク」の複製(16‐17世紀?)


P2560960
次はエレオノーラ・ディ・トレドの居住部分です。
エレオノーラはトスカーナ大公コジモ1世の妻です。


P2560961
グアルドラーダの間


P2560962
天井の装飾


P2560964
この部屋のフレスコ画は、ジョルジョ・ヴァザーリ(アレッツォ、1511‐フィレンツェ、1574)とジョヴァンニ・ストラダーノ(ベルギー・ブルッヘ、1527‐フィレンツェ、1605)によって描かれました。


P2560965
金を使った枠などはバッティスタ・ボッティチェッリによって制作されました。


P2560966


P2560968


P2560969
次はペネローペの間です。


P2560970
この部屋のフレスコ画はジョルジョ・ヴァザーリとジョヴァンニ・ストラダーノによって描かれました。


P2560977
金を使った枠などの装飾はバッティスタ・ボッティチェッリによって施されました。


P2560979


P2560978


P2560981


P2560973
サンドロ・ボッティチェッリ派無名画家の「聖母子と天使」(16世紀初頭)


P2560975
バルトロメオ・ディ・ジョヴァンニ(フィレンツェ、1488‐1511記録)の「聖家族と聖フランチェスコ」
(つづく)

P2540002
ありゃ! あれは何ですか?


P2540007
シニョーリア広場の目立つところに奇怪なモニュメントがありました。イタリア人って、こうゆうの好きですね。


P2570209
ああ、今、フィレンツェにいるんだ。


P2540006
気を取り直してヴェッキオ宮に向かいました。


P2570203
ヴェッキオ宮の建設の経緯や歴史などについては、ガイドブックなどをご参照願うことにして、ここでは省略します。


P2570194
高さ94mの塔


P2540005
ドナテッロ(フィレンツェ、1386c‐1466)の「ユディト」(1457‐64)のコピー彫刻
本物はヴェッキオ宮内部のSala dei Gigliにあります。
本物の置き場所が度々変更された歴史があります。作品の完成後、恐らくヴェッキオ宮内に置かれたとされてますが、1495年、ヴェッキオ宮の正門横のシニョーリア広場に置かれるようになりました。その後、ヴェッキオ宮中庭に移され、さらにランツィのロッジャに移されました。1919年、ロッジャから現在の場所(コピー彫刻があるところ)に移されましたが、1988年にコピー彫刻に交換され、ドナテッロ作の本物はSala dei Gigliに置かれるようになったのです。


P2570199
扉上にある、キリストのモノグラムと二匹のライオン像(1528)
刻まれている文字はラテン語で、「王中の王と貴族中の貴族」という意味です。


P2570197
ミケランジェロの「ダヴィデ」のコピー彫刻
本物はフィレンツェのアカデミア美術館にありますが、完成後の1504年から1873年まで、この場所に置かれていました。1873年にコピー彫刻と交換する形で、アカデミア美術館に移されてそうです。


P2570201
バッチョ・バンディネッり(フィレンツェ、1493‐1560)の「ヘラクレスとカコ」(1534)
これは本物です。
コピー彫刻に置き換えられることなく本物が広場に置かれているのは、制作者と作品の重要性の違いからでしょうね。要すれば格下ということです。


P2560850
現在もフィレンツェ市庁舎です。


P2560851
Museoとして一般公開されているので、博物館の分類(このブログでは博物館も美術館の範疇)に含めました。


P2560852
切符売り場


P2560855
中庭が三つありますが、ここは第一の中庭です。ヴェロッキオの有名なブロンズ像がありますが、コピー作品なので無視。後で本物をじっくりと鑑賞しました。


P2560853
主にヴァザーリによって描かれたフレスコ画


P2560854
五百人広間がもう直ぐ閉まると聞いていたので先を急ぎました。


P2560856
五百人広間がある1階(日本の2階)に向かいました。


P2560857
ところが広間に向かう扉は既に施錠されていました。残念!
後から知ったのですが、この日は開館時から広間は立ち入り禁止だったそうです。
その理由は、この日、結婚披露パーティーが予定されていたからでした。誰の結婚か知りませんが、個人への広間貸し切りが多数の一般入館者よりも優先ということに呆れました。


P2560858
最大の見所と言っても良い五百人広間が見られないのは、気の抜けたラムネのようなものです。


P2560859
順路に従って、第1室から見始めました。


P2560860
Museoとして公開されている部屋以外には立ち入りが原則禁止となってますが、市庁舎なので、フィレンツェ市民は例外です。


P2560861
フィレンツェの芸術家作「授乳の聖母」(15世紀)


P2560863
最初の部屋です。


P2560864
ヤコポ・デル・セッラーイオ(フィレンツェ、1441‐1493)の「幼きキリストを崇拝する聖母と聖ジョヴァンニーノ」
ヤコポはフィリッポ・リッピの弟子でした。


P2560866
Maestro della Crocifissione Griggs の「聖母子」(1480)


P2560869
14世紀のトスカーナの無名画家作「玉座の聖母子と聖人たちと天使たち」


P2560871
Il mezzanino (Collection Loeser )


P2560872
「戴冠した頭」(13世紀前半のロマネスク芸術)


P2560874
アーニョロ・ブロンズィーノ(フィレンツェ、1503‐1572)の「ラウーラ・バッティネッリの肖像」


P2560876
ポントルモ(エンポリ、1494‐フィレンツェ、1557)の「ルドヴィーコ・マルテッリの肖像」


P2560878
「柱頭」(13世紀前半のロマネスク芸術)


P2560879


P2560880
ミケランジェロの追随者の「プット」(16世紀前半)


P2560882
Maestro della Croce di Cortonaの「彩色磔刑像」(1280‐90c)


P2560884
ティーノ・ディ・カマイーノ(シエナ、1280c‐ナポリ、1337)の「天使」(1322c)


P2560886
15世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「フランチェスコ会修道士」


P2560888
ピエトロ・ロレンツェッティ(シエナ、1280‐1348c)の「聖母子」


P2560891
アロンソ・ベルゲテ(スペイン、1485‐1561)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2560893
バッキアッカ(ボルゴ・サン・ロレンツォ、1494‐フィレンツェ、1557)の「聖母子」


P2560897
「モザイク断片」(13世紀のロマネスク芸術)


P2560899
次の部屋です。


P2560900
天井の装飾


P2560901


P2560903
ヴェネツィアの無名画家の「最後の晩餐」(16世紀)


P2560905
アルノルフォ・ディ・カンビオの追随者の「聖母子」(14世紀)


P2560907
シエナの無名彫刻家の「シエナの聖カテリーナ」(15世紀)


P2560909
ミケロッツォのスタイルの無名彫刻家の「聖母子」(15世紀)


P2560911


P2560912
(つづく)

P2560774
次の部屋です。ヴェロッキオの間だったと思いますが、展示室番号等を含めて表示板がありません。


P2560775
アンドレア・デル・ヴェロッキオ(フィレンツェ、1435‐ヴェネツィア、1488)の「キリストの復活」(1478‐80c)
10年くらい前は、ヴェロッキオの「ダヴィデ」はこの部屋にあったと思います。


P2560777
フランチェスコ・ディ・シモーネ・フェッルッチ(フィエーゾレ、1437‐フィレンツェ、1493)の「聖母子」(1475‐80c)


P2560779
ジョヴァン・フランチェスコ・ルスティーチ(フィレンツェ、1474‐フランス・トゥール、1554)の「聖ジョヴァンニーノ」(1510c)


P2560781
フランチェスコ・ディ・シモーネ・フェッルッチの「聖母子」(1480‐90c)


P2560783
アントニオ・ロッセリーノのサークルの彫刻家(15世紀)の「聖母子」(1470‐80c)


P2560785
アントニオ・ロッセリーノ(セッティニャーノ、1427‐フィレンツェ、1479)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと2天使」(1470‐80c)


P2560787
アントニオ・ロッセリーノの「マッテオ・パルミエーリの彫像」(1468c)


P2560789
アントニオ・ロッセリーノ工房の「聖母子」(1465‐75c)


P2560791
アントニオ・ロッセリーノの「幼みキリストを崇拝する聖母と羊飼いへの知らせ」(1475‐77)


P2560793
アントニオ・ロッセリーノの「聖ジョヴァンニーノ」(1460‐65c)


P2560795
デスィデーリオ・ダ・セッティニャーノ(セッティニャーノ、1428c‐フィレンツェ、1464)の「若い音の彫像」(1450‐54c)


P2560797
アントニオ・ロッセリーノの「若い男の彫像」(1455‐60c)


P2560799
アントニオ・ロッセリーノの「聖母子と天使たち」


P2560801
アンドレア・デル・ヴァロッキオとアントニオ・ロッセリーノの「フランチェスコ・サッセッティの彫像」(1454c)


P2560803
ベネデット・ダ・マイアーノ工房(15世紀)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと天使たち」(1455‐60c)


P2560805
デスィデーリオ・ダ・セッティニャーノ工房の「男の彫像」


P2560807
アントニオ・ロッセリーノの「聖ジョヴァンニーノ」(1477c)


P2560809
アンドレア・デル・ヴェロッキオの「花束を持つ女性の彫像」(1475‐80)


P2560811
デスィデーリオ・ダ・セッティニャーノの「淑女の彫像」(1455‐60c)


P2560813
ジャン・クリストフォロ・ロマーノ(ローマ、1456‐ロレート、1512)の「フランチェスコ・スフォルツァの彫像」


P2560815
アンドレア・デル・ヴェロッキオの「磔刑」(1479以前)


P2560817
ジャン・クリストフォロ・ロマーノの「フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの彫像」(1490‐1510c)


P2560819
フランチェスコ・ラウラ―ナ(クロアチア・ダルマチア、1430‐フランス・アヴィニョン、1502)の「バッティスタ・スフォルツァの彫像」(1472‐75)


P2560821
15世紀後半のフィレンツェの無名彫刻家(マッテオ・ポッライオーロ?)の「ジュリアーノ・デ・メディチの彫像」


P2560823
グレゴリオ・ディ・ロレンツォ(トスカーナ、1436c‐フィレンツェ、1504)の「聖母子」(1465‐70c)


P2560825
ベネデット・ダ・マイアーノ(マイアーノ、1442‐フィレンツェ、1497)の「ピエトロ・メッソーニの彫像」(1474c)


P2560827
ミーノ・ダ・フィエーゾレ(ポッピ、1429‐フィレンツェ、1484)の「ピエトロ・デ・メディチの彫像」(1453‐55c)


P2560829
ミーノ・ダ・フィエーゾレのサークルの彫刻家(15世紀)による「タベルナコロ」(1470‐90c)


P2560831
15世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「若い女性の彫像」(1465‐80c)


P2560833
ミーノ・ダ・フィエーゾレの「マルコ・アウレリオの彫像」(1470‐80c)


P2560835
ミーノ・ダ・フィエーゾレの「リナルド・デッラ・ルーナの彫像」(1461c)


P2560837
ミーノ・ダ・フィエーゾレの「聖母子」(1465‐70c)


P2560839
ミーノ・ダ・フィエーゾレの「若い女性の彫像」(1464‐66c)


P2560842
ミーノ・ダ・フィエーゾレの「聖母子」(1464‐65c)


P2560844
ミーノ・ダ・フィエーゾレの「ジョヴァンニ・ディ・コジモ・デ・メディチの彫像」(1454‐55c)


P2560846
次の部屋です。


P2560847
ブロンズ彫刻・製品が展示されている第15室です。


P2560848
展示作品数が多く、作品自体も小さなものばかりなので、紹介を省略させて頂きます。


P2560849
フィレンツェで活躍した彫刻家の作品が系統立ててみることが出来ます。
(おわり)

P2560706
次の部屋です。


P2560713
武器の間と言われてます。


P2560714
この部屋の次がアンドレア・デッラ・ロッビアの部屋なので、ジョヴァンニ・デッラ・ロッビアの間に挟まれた位置にあります。


P2560715
順番から言えば、武器の間が第14室の筈です。しかし、ジョヴァンニ・デッラ・ロッビアの間が第13室で、アンドレア・デッラ・ロッビアの間が第14室となってます。


P2560716
部屋番号の点では、武器の間は欠番ということになります。


P2560717
武器だけではなく、彫刻や絵画も展示されてます。


P2560718
バルジェッロ宮は警察権力の中心だったことから、この美術館の武器展示が充実していると聞いたことがあります。


P2560721


P2560725


P2560728


P2560729
絵画、彫刻の紹介に移ります。


P2560739
16世紀後半のフランス系フランドル画家による「平和の寓意」


P2560709
ヤン・ホッサ―ルトのサークル画家による「パンドラ」(16世紀中頃)


P2560711
マルケの無名画家による「聖母子」(16世紀前半)


P2560719
Maestro del Bargello (フィレンツェで14世紀後半活動)の「玉座の聖母子と2天使と4聖人(洗礼者聖ジョヴァンニ、聖ピエトロ、聖ザノービ、聖バルバラ)」(1380‐90c)


P2560722


P2560726
ジョヴァン・バッティスタ・カッチーニ(モンテポーリ・イン・ヴァル・ダルノ、1556‐フィレンツェ、1613)の「バッチョ・ヴァローリの彫像」(1584c)


P2560730
アレッサンドロ・ヴィットリアのサークル彫刻家による「ヴェネツィア紳士の彫像」(1580‐90c)


P2560732
セバスティアーノ・マイナルディ(サン・ジミニャーノ、1460‐フィレンツェ、1513)の「ピエタ」(1490c)


P2560735
フランチェスコ・サルヴィアーティ(フィレンツェ、1510‐ローマ、1563)の作品です。


P2560736
画題の意味が分からないので、説明板を載せておきます。
LEXというと、ウィーン警察で活躍するシェパード犬しか思い浮かびません。


P2560737
ピエトロ・タッカ(カッラーラ、1577‐フィレンツェ、1640)の「フェルディナンド1世デイ・メディチのブロンズ像」(1609c)


P2560741
次の部屋です。


P2560742
主にアンドレア・デッラ・ロッビアの作品が展示されている第14室です。


P2560743
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「聖母子」(1490c)


P2560745
アンドレア・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1435‐1525)とジョヴァンニ・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1469-1529/1530)の「クッションの聖母」(1495c)


P2560747
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「受胎告知」(1505‐10c)


P2560749
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「聖体容器」(1505‐10c)


P2560753
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「ユリの聖母」(1490‐95)


P2560760
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「ユリの聖母」(1490‐95)
前の作品との違いは下部の紋章です。


P2560755
アンドレア・デッラ・ロッビアとアンドレア・デッラ・ロッビア工房による「聖母子」(1500c)


P2560757
アンドレア・デッラ・ロッビアの「キリストの鞭打ち」(1495c)


P2560758
アンドレア・デッラ・ロッビアの「キリストの昇天」(1495c)


P2560762
アンドレア・デッラ・ロッビアとルーカ・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1400‐1482)の「受胎告知する大天使」(1490-95c)


P2560763
アンドレア・デッラ・ロッビアとルーカ・デッラ・ロッビアの「受胎告知される聖母」(1490‐95c)


P2560765
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「ウミルタの聖母」(1495c)


P2560767
アンドレア・デッラ・ロッビアとフランチェスコ・ディ・シモーネ・フェッルッチ(1437‐1493)の「聖母子」(1475)
砂岩で出来た下部がフランチェスコの作品で、その上部の聖母子はアンドレアの作品です。


P2560770
アンドレア・デッラ・ロッビアの「少年の彫像」


P2560772
アンドレア・デッラ・ロッビアの「若い高貴な女性の彫像」(1465‐70c)
ロッビア一族の彩釉テラコッタの展示では、この美術館が最も充実していると思います。
(つづく)

P2560627
2階(日本の3階)に向かいました。


P2560628
2階の最初の展示室です。


P2560629
第13室です。ジョヴァンニ・デッラ・ロッビアなどの彩釉テラコッタなどが展示されてます。


P2560634
デッラ・ロッビア一族の系図です。一族による大工房を運営して制作に当たりました。


P2560630
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1469‐1529/1530)の「死せるキリストへの哀悼」(1521c)


P2560632
ベネデット・ブリオーニ工房の「ユリの聖母」(1490‐1500c)


P2560635
メダル類も展示されてます。


P2560636
アンドレア・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1435‐1525)とジョヴァンニ・デッラ・ロッビアの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1495‐1500c)


P2560638
ベネデット・ブリオーニ(フィレンツェ、1459/1460-1521)の「聖母子」(1480-90c)
ベネデットはアンドレア・デッラ・ロッビアに師事してロッビア工房で修業しましたが、やがて独立して自分の工房を構えて、迅速な作品完成と、完成度が低いがその分低価格になるのを売りに次第にロッビア工房の競争者となるに至りました。やがてはロッビア一族の敵対者になりました。


P2560640
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビアの「タベルナコロ」(1515c)


P2560642
マルコ・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1468‐1534)?の「聖母子」(1500c)


P2560644
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビアの「受胎告知」(1521c)


P2560646
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビアの「幼きキリストへの崇拝」(1520c)


P2560648
ベネデット・ブリオーニの「ご誕生」(1500‐10c)


P2560650
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビア工房の「キリストと聖人たち(聖セバスティアーノ、マグダラのマリア、洗礼者聖ジョヴァンニ、聖マッテオ)」(1515‐20c)


P2560652
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビアの「聖ドメニコ」(1505‐10c)


P2560654
サンティ・ブリオーニ(フィレンツェ、1494‐1576)の「聖アゴスティーノ」(1540c)
サンティはベネデット・ブリオーニの甥です。
ルーカ・デッラ・ロッビアがペストが流行しているフィレンツェから逃れてフランスに移住した後、ブリオーニ一族はロッビア家から釉薬技術の秘密を継承したそうです。
ヴァザーリによれば、ロッビア家に通う女性がサンティの女だったそうで、その女性を通して釉薬秘密を盗んだそうです。その罰が当たってサンティは後年盲目となったという文書もあるようですが、どう考えても盲目と秘薬は無関係でしょうね。


P2560656
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビアの「死せるキリストへの哀悼」(1514c)


P2560657
プレデッラ


P2560658
受胎告知


P2560659



P2560661
アンドレア・デッラ・ロッビアの「ピエタ」(テラコッタ)(1505‐10c)


P2560663
サンティ・ブリオーニの「聖ジュゼッペ」(1540c)


P2560665
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビアの「ご誕生」(1521c)


P2560667
サンティ・ブリオーニの「我に触れるな」(1530‐40c)


P2560669
ベネデット・ブリオーニ工房とベネデット・ブリオーニの追随者の「ゴルゴーンとトロフェイの帯状装飾」(1510c)


P2560671
サンティ・ブリオーニの「我に触れるな」(1520‐26)


P2560672
プレデッラ


P2560673


P2560674


P2560676
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビア?の「砂漠の幼きキリストと聖ジョヴァンニーノ」(1510c)


P2560678
ベネデット・ブリオーニ工房の「聖母子」(1510‐15c)


P2560680
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビア工房の「天使たちの栄光」(1510‐15c)


P2560683
ベネデット・ブリオーニ工房の「キリストの昇天」(1510‐20c)


P2560685
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「聖母と2天使」(1515‐20c)


P2560687
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビア工房の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」((1525c)


P2560689
ジローラモ・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1488‐1566)?の「預言者イザヤ」(1510‐20c)


P2560691
ジローラモ・デッラ・ロッビア?の「キリストの復活」(1510c)


P2560693
Maestro del San Giovannino (Jacopo Sansovino ?)の「砂漠の洗礼者聖ジョヴァンニ」(テラコッタ)(1505‐10c)


P2560696
Maestro del San Giovannino (Jacopo Sansovino ?)の「若き聖人」(テラコッタ)(1505‐10c)


P2560698
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビアとジョヴァン・フランチェスコ・ルスティーチ(フィレンツェ、1474‐フランス・トゥール、1554)の「聖アゴスティーノ」(1520c)


P2560700
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビアとジョヴァン・フランチェスコ・ルスティーチの「我に触れるな」(1520c)


P2560702
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビア工房の「聖アポッロニア」(1520‐29c)


P2560704
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビア工房の「バッカス」(1520c)
(つづく)

P2560540
次はロッジャです。


P2560542
第7室です。


P2560541
外気に晒される環境なので、重要な作品があまりなさそうです。


P2560543
ジャンボローニャ(フランス・ドゥエ―、1529‐フィレンツェ、1608)の「魚取りのプット」(ブロンズ)(1561‐62)


P2560545
ヴァレリオ・チョーり(セッティニャーノ、1529?‐フィレンツェ、1599)に帰属、またはエリア・カンディードの「フィアスコを持ったサティーロ」(ブロンズ)「(1561‐62)


P2560549
鳥類のブロンズ像


P2560550


P2560551
これらの作品はジャンボローニャとバルトロメオ・アンマナーティなどの作品です。


P2560552


P2560553
各彫刻の作者はこれで分かりますが・・・・・


P2560554
16世紀後半のフィレンツェ彫刻家作「バッカス」(1560‐80c)


P2560556
16世紀後半のトスカーナ彫刻家作『ハドリアヌス帝』(1554‐64)


P2560563
16世紀後半のトスカーナ彫刻家作「トラヤヌス帝」(1554‐64)


P2560565
ジャンボローニャの「L'Architettura」(1570c)
この題名が理解できません。女神?のような彫刻が「建築」とはね。


P2560567


P2560568
ピエトロ・フランカヴィッラ(フランス・カンブレ―、1548‐パリ、1615)の「ジュノーネ」(1589)


P2560570
ジョヴァンニ・バンディーニ(フィレンツェ、1540‐1599)の「樽に乗ったバッカス」(1560‐80)


P2560572
ピエリーノ・ダ・ヴィンチ(ヴィンチ、1529‐ピサ、1553 o 1554)の「パンとオリンポ」(1550‐60)


P2560574
ロッジャから撮りました。


P2560575


P2560576
次の部屋です。


P2560577
第5室は14世紀の作品が展示の中心です。13世紀、15世紀の作品も一部展示されてます。


P2560578
アルノルフォ・ディ・カンビオ(コッレ・ディ・ヴァル・デルザ、1245c‐フィレンツェ、1302)の「三人の信奉者」(1265‐67)
似たような彫刻が仏像にもありますね。


P2560581
ドゥッチョ・ディ・ブオンニンセーニャの追随者の「玉座の聖母子と聖人たちと天使たち」(1315‐20c)


P2560583
14世紀のヴェネツィア彫刻家作「聖母子」


P2560585
ロレンツォ・ディ・ニッコロ・ジェリーニ(フィレンツェ、1376‐1440)の「大天使聖ミケーレとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2560588
フィレンツェの無名画家の「玉座の幼きキリストを抱く聖アンナと2天使」(14世紀末‐15世紀初頭)


P2560591
ニッコロ・ディ・ピエトロ・ジェリーニ(フィレンツェ、1368‐1415)に帰属する「玉座の聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖ステファノと8天使」


P2560593
マーゾ・ディ・バンコの追随者の「聖母戴冠と6音楽天使」(14世紀中頃)


P2560596
ティーノ・ディ・カマイーノ(シエナ、1285‐ナポリ、1337)の「寓意的女像柱」(1318‐19)


P2560598
ティーノ・ディ・カマイーノの「聖母子」


P2560601
エンリコ・ディ・テディーチェ(13世紀中頃活動)の「玉座の聖母子と2天使と受難の物語」


P2560603
ティーノ・ディ・カマイーノ派(ルーポ・ディ・フランチェスコに帰属する)の「天使と従者」(14世紀初め)


P2560605
ニコラ・ピサーノ工房の「祈る幼きキリスト」(14世紀前半)


P2560607
ジョヴァンニ・ディ・バルドゥッチョ(ピサ、1290‐ミラノ、1339)の「貧者」(14世紀前半)


P2560609
ウンブリアの芸術家作「慈悲の聖母」(15世紀)


P2560611
フィレンツェの彫刻家作「公正」(14世紀)


P2560613
フィレンツェの彫刻家作「正義」(14世紀)


P2560615
次の部屋です。


P2560616
第6室 マヨルカの間


P2560617
15世紀から18世紀に制作されたイタリア陶器が展示されてます。


P2560618


P2560619
彩釉テラコッタの紋章


P2560620


P2560621
作品の説明板がありません。


P2560622
ロッビア一族の作品でしょうか?


P2560623


P2560624


P2560625


P2560626
これで1階(日本の2階)の展示が終わりです。
(つづく)

P2560444
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョ(フィレンツェ、1418c‐ペルージャ、1481c)の「聖母子と天使たち」(1465c)


P2560446
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョの「聖母子と天使たち」(1455‐60)


P2560448
アゴスティーノ・ディ・ドゥッチョの「オーニッサンティ教会のタベルナコロ」


P2560450
デスィデ―リオ・ダ・セッティニャーノ(セッティニャーノ、1430‐フィレンツェ、1464)の「聖母子」


P2560452
15世紀中頃のフィレンツェの工芸家作「カッソーネ」


P2560455
ドナテッロ派彫刻家の「聖母子」(1430c)


P2560457
ヴェッキエッタ(カスティリオーネ・ドルチャ、1412‐シエナ、1480)の「マリアーノ・ソッツィーニ(1401‐1467)の葬儀用彫像」


P2560460
ドナテッロ派彫刻家の「聖母子」(1430c)


P2560463
ルーカ・デッラ・ロッビア工房の「聖母子と2天使」(彩釉テラコッタ)(1475‐80)


P2560465
ルーカ・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1400‐1482)の「バラ園の聖母」(1450‐60)


P2560467
ミケロッツォ・ディ・バルトロメオ(フィレンツェ、1396‐1472)の「聖母子」(1430c)


P2560469
ミケロッツォ・ディ・バルトロメオに帰属する「洗礼者聖ジョヴァンニ」(ブロンズ)(1430c)


P2560471
ミケーレ・ダ・フィレンツェ(フィレンツェ、1417‐1453存在報告)の「聖母子」


P2560473
ミケロッツォ・ディ・バルトロメオの「聖ジョヴァンニーノ」


P2560475
ミケロッツォ・ディ・バルトロメオに帰属する「シビッラ」(1419‐22)


P2560477
ミーノ・ダ・フィエーゾレ(ポッピ、1429‐フィレンツェ、1484)の「Putto alato」


P2560479
ルーカ・デッラ・ロッビアの「聖母子」(1450‐60)


P2560483
ロレンツォ・ギベルティ派芸術家作「聖母子」(15世紀)


P2560485
ミケロッツォ・ディ・バルトロメオの「聖母子」


P2560489
ルーカ・デッラ・ロッビアの「リンゴの聖母」


P2560490


P2560492
ルーカ・デッラ・ロッビア工房の「聖女」(1465‐70)


P2560494
デッロ・デッリ(フィレンツェ、1403c‐1470)の「聖母子と天使たち」


P2560496
ヴェッキエッタの「シエナの聖ベルナルディーノ」


P2560498
アントニオ・ディ・ケッリーノ・ダ・ピサの「聖母子」(15世紀)


P2560500
ルーカ・デッラ・ロッビアの「聖母子と2天使」(1470c)


P2560502
ルーカ・デッラ・ロッビア工房の「聖母子」(15世紀)


P2560504
ルーカ・デッラ・ロッビアとアンドレア・デル・ロッビア(フィレンツェ、1435-1525/1528 )の「幼きキリストを崇拝する聖母」


P2560506
ミケーレ・ディ・フィエーゾレの「聖母子」


P2560508
ドナテッロ工房による「ドナテッロ作『ヴェローナの聖母』のコピー」


P2560510
ドナテッロに帰属する「踊るプット」(ブロンズ)


P2560512
ベルトルド・ディ・ジョヴァンニ(ポッジョ・ア・カイアーノ、1420c‐フィレンツェ、1491)の「磔刑」(ブロンズ)(1475c)


P2560515
二コラ・ダ・グアルディアグルーレの「受胎告知」(14世紀末‐15世紀前半)


P2560517
ベルトルド・ディ・ジョヴァンニの「ロマ―と蛮族との戦い」(ブロンズ)


P2560519
ベルトルド・ディ・ジョヴァンニの「オルフェオ(またはアポッロ)」(ブロンズ)(1475‐80)


P2560521
ドナテッロ派彫刻家の「ローマ皇帝像」(ブロンズ)(15世紀)


P2560528
フィリッポ・ブルネッレスキ(フィレンツェ、1377c‐1446)の「イサクの犠牲」(1401)
有名な大聖堂洗礼堂扉コンペの出展作品です。
大聖堂付属博物館でこの作品を探していた人に出会いました。そこにあるのが自然と思いますが、バルジェッロにあるのです。


P2560526
ロレンツォ・ギベルティ(フィレンツェ、1378‐1455)の「イサクの犠牲」(1401)


P2560529
15世紀のフィレンツェ芸術作品「カッソーネ」


P2560531
ドナテッロの帰属作品


P2560532
上記作品の説明板


P2560535
この作品は貸し出し中でした。


P2560536
ドナテッロの「磔刑」(1455c)


P2560538
デスィデーリオ・ダ・セッティニャーノの「洗礼者聖ジョヴァンニ」(1450‐55)
(つづく)

P2560363
フランスとフランドルの芸術家作「聖会話と磔刑」(1386c)


P2560366
15世紀のイタリアの作品が並んでます。重要な作品がないので、紹介を省略させて頂きます。


P2560368
15世紀前半のフランスの彫刻家作「聖母子」


P2560370
ドメニコ・ディ・ニッコロ・ディ・コ―リ(シエナ、15世紀前半活動)の「受胎告知される聖母」


P2560374
ドメニコ・ディ・ニッコロ・ディ・コ―リの「受胎告知する大天使」(15世紀初め)


P2560376
ドイツの芸術家作「大天使ミケーレ」(15世紀)


P2560379
ドゥカート・ディ・ブラバンテの「エピファニーアと磔刑」(1360‐70c)


P2560381
アクセサリーの展示


P2560372
アルベルト・アルノルディ?の「聖母子と寄進者」(14世紀中頃)


P2560383
14世紀のフィレンツェの無名画家の「聖母子」


P2560385
16世紀のイタリア中部の無名画家の「玉座の聖母子と聖人たちと天使たち」


P2560388
制作者不明の「ヨース・ファン・クレーフェ作『ルクレツィア』のコピー画」


P2560390
ヴェネツィアの工芸家作「衣装掛け」(15世紀末‐16世紀初め)


P2560392
16世紀のイタリアの芸術家作「ルチッラ・マッフェイの彫像」(テラコッタ)


P2560394
アントニオ・フェデリーキ(シエナ、1420/1425-1483)の「聖母子」(1445‐50c)


P2560396
ティロルの画家作「アレッサンドリアの聖カテリーナの殉教」(15世紀末)


P2560398
ティロルの画家作「アレッサンドリアの聖カテリーナ」(15世紀末)


P2560399
ティロルの画家作「アレッサンドリアの聖カテリーナの殉教」(15世紀末)


P2560402
Marinus Van Reymerswaele (1490/1495c-1567c)の「両替商夫妻」(1540)
Marinusの代表作というべき作品がバルジェッロにあるのです。知らないと見逃す可能性があります。


P2560405
フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ(シエナ、1439‐1502)の「Scipione l'Africano」(1490c)


P2560408
15世紀のフィレンツェの無名画家の「ジョヴァンナ・アルビッツィ?の肖像」


P2560410
金銀細工品の数々


P2560411
アレッサンドロ・アッローリ(フィレンツェ、1535‐1607)の「愛とジュピターとグロテスクの背もたれ」(1572)


P2560413
16世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「嘆きの聖母」(1525c)


P2560415
次の部屋です。


P2560421
第9室はイスラムの間となってます。


P2560416
イスラムの陶器


P2560417


P2560418
エジプト製の液体差し(1363‐77)


P2560420


P2560422
イスラム兵士の兜など


P2560423
11世紀の碑文


P2560425
次の部屋は代表委員会の間と呼ばれていたと思います。傑作が並んでます。


P2560431
第7室、ドナテッロの間


P2560426
ドナテッロ(フィレンツェ、1386‐1466)の「ダヴィデ」(ブロンズ)(1440c)


P2560429
アンドレア・デル・ヴェッロッキオ(フィレンツェ、1436‐ヴェネツィア、1488)の「ダヴィデ」(ブロンズ)(1466‐69c)
ダヴィデのモデルは美男だった弟子のレオナルド・ダ・ヴィンチと言われてます。


P2560432
ドナテッロの「Amore/ Attis」(ブロンズ)(1440c)


P2560434
ドナテッロとデシデリオ・ダ・サンガッロ(セッティニャーノ、1430‐フィレンツェ、1455)の「洗礼者聖ジョヴァンニ」(1450‐55)


P2560436
フランチェスコ・ダ・サンガッロ(フィレンツェ、1494‐1576)の「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P2560438
ドナテッロの「マルゾッコ」(1420)
ベネデット・ダ・マイアーノ(マイアーノ、1442‐フィレンツェ、1497)の「台座」(1483)


P2560440
ドナテッロの「ダヴィデ」(1408c)
ドナテッロの「ダヴィデ」はブロンズ製よりも大理石彫刻の方が好きです。


P2560442
ドナテッロに帰属する「男の頭」(ブロンズ)
(つづく)

P2560274
次は1階(日本の2階)です。


P2560275
最初に入った部屋です。


P2560294
第4室、象牙の間です。象牙細工が展示しているので、象牙の間と言われているようです。


P2560276
フィレンツェの無名彫刻家の「祈る聖母」(15世紀第4四半世紀)


P2560279
こちらの壁に展示されている7点の絵画は、1991年にAnna Maria Ruggiero Petreniさんから寄贈されたそうです。


P2560282
Maestro di Sant'Ivoの「聖母子と4聖人」(1400‐10)


P2560284
Venrura di Moro o Ambrogio di Baldese の「聖母子と4天使」(1420‐30)


P2560286
チェンニ・ディ・フランチェスコ・ディ・セル・チェンニ(フィレンツェ、1369‐1415c記録)の「ピエタのキリスト」(1385‐90)


P2560288
Cerchia di Giovanni Boccati ?の「受胎告知する大天使」(1430c)


P2560289
Cerchia di Giovanni di Francesco? の「祈るキリストと2天使」(1450c)


P2560292
Pseudo Ambrogio di Baldese の「聖母子と2聖人」(1400‐25)


P2560293
トスカーナ又はウンブリアの無名画家の「聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナと聖マルゲリータ」(1390‐1410)


P2560296
ドイツ・ゾーストの無名画家(ヴェストファーレン、1250‐1280c活動)の「玉座の聖母子」(13世紀後半)


P2560298
象牙細工だけの展示ではありません。


P2560300
ヴァレリオ・ズッカート(1530‐1577c)の「ピエトロ・ベンボ枢機卿の肖像」(1542)


P2560302
マーゾ・ダ・サン・フリアーノ(フィレンツェ、1531‐1571)の「ピエタのキリストとストロッツィ家の紋章と同家の人々の裾絵」


P2560304
フランチェスコ・ボンシニョーリ(ヴェローナ、1460c‐カルディエーロ、1519)の「十字架を担ぐキリスト」


P2560307
象牙細工


P2560308
象牙細工


P2560309
14世紀末のウンブリア芸術「玉座の聖母子」


P2560312
14世紀にウンブリアとシエナで活動した芸術家作「司教聖人」


P2560314
シエナ?の工芸家作「聖体容器」(16世紀後半)


P2560317
イタリア中部の無名画家作「聖母子と聖人たちと天使たち」(15世紀)


P2560319
象牙細工の数々


P2560320


P2560321
フランチェスコ・ディ・ヴァルダンブリーノ(シエナ、1375c‐1435)の「聖バルバラ」(1400‐10)


P2560323
象牙細工


P2560324
天井の装飾


P2560325


P2560327
ピエトロ・ネッリ(1375‐1419記録)の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖ジローラモ」(1380‐85c)


P2560331
フィリッポ・リッピ工房(Pseudo Pier Francesco Fiorentino?)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと父なる神」(15世紀後半)


P2560333
マリアーノ・ダーニョロ・ロマネッリ(1376‐1391活動)の「乳母」(1390c)


P2560336
Maestro di Giudizio di Paride(フィレンツェで15世紀活動)の「パリデの判決」(1430‐35)


P2560338
フランスの芸術家作「聖母子と聖アンナ」(14世紀)


P2560341
ビザンチン様式画家の「祈るキリストのイコン」(12世紀中頃)


P2560343
次の部屋です。


P2560346
第10室 Sala Carrand


P2560345
以前はSala del Duca d'Ateneと呼ばれていたそうです。
この部屋の展示物の多くは、寄贈されたLouis Carrandのコレクションなので、Sala Carrandと呼ばれるようになったそうです。


P2560348
15世紀のフィレンツェ芸術家作「聖母子」


P2560350
15世紀のフィレンツェ芸術家作「聖母子」


P2560353
Maestro della Leggenda di Santa Caterina (1460/1470-1500c活動)の「寺院への出現と受胎告知のディッティコ」(1470c)
裏面にも描かれてます。


P2560355
裏面の「聖母子と福音書記者聖ジョヴァンニのディッティコ」(1470c)


P2560357
天井の装飾


P2560358
15世紀のオランダ画家の作品


P2560361
詳細不明のフレスコ画
(つづく)

P2560181
ヴィンチェンツォ・ダンティ(ペルージャ、1530‐1576)に帰属する「虚偽に対する名誉の勝利」(テラコッタ)


P2560183
ジャンボローニャ(フランス・ドゥエ―、1529c‐フィレンツェ、1608)の「アペニン」(テラコッタ)(1578‐79)


P2560185
ニッコロ・ペリコーリ通称イル・トリボーロ(フィレンツェ、1457c‐1550)の「川」(粘土)
どうして川なのか、サッパリ分かりません。


P2560187
ピエトロ・フランカヴィッラ(フランス・カンブレ―、1548‐パリ、1615)の「Aronna」(テラコッタ)(1580c)


P2560189
ニッコロ・ペリコーリ通称イル・トリボーロの「川」(粘土)
何処が川なんでしょうか?


P2560191
ピエリーノ・ダ・ヴィンチ(ヴィンチ、1530c‐ピサ、1553)に帰属する「サムソンとペリシテ人」(ブロンズ)
ミケランジェロの研究に基づく作品です。
レオナルド・ダ・ヴィンチのことをダ・ヴィンチと略称するのは止めて欲しいと思います。天邪鬼の私なんぞは、ダ・ヴィンチというのを聞いて、彫刻家のピエリーノのことですね、と答えてあげました。


P2560193
16世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「川」(ブロンズ)
ミケランジェロの研究に基づく作品です。


P2560195
ダニエーレ・ダ・ヴォルテッラ(ヴォルテッラ、1509‐ローマ、1566)の「降下」(テラコッタ)(1550c)
これを見ると、アントニオ猪木の得意技コブラツイストを連想してしまう私です。


P2560197
16世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「川」(ブロンズ)
ミケランジェロの研究に基づく作品です。


P2560199
16世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「サムソンとペリシテ人」(ブロンズ)
ミケランジェロの研究に基づく作品です。


P2560202
ピエトロ・フランカヴィッラの「モーゼ」(テラコッタ)(1580c)


P2560204
ニッコロ・ペリコーリ通称イル・トリボーロの「フィエゾレの寓意」(1545c)


P2560206
バルトロメオ・アンマナーティ(セッティニャーノ、1511‐フィレンツェ、1592)の「マリオ・ナーリへの葬儀モニュメント」(大理石)(1540‐42)


P2560209
バッチョ・バンディネッリ(フィレンツェ、1493‐1560)の「アダムとイヴ」(大理石)(1551)


P2560211
バルトロメオ・アンマナーティに帰属する「ガニメダ」は取り外されていました。


P2560213
ミケランジェロ・ブオナロッティ(カプレーゼ、1475‐ローマ、1564)の「ブルータス」(1539)


P2560216
バッチョ・バンディネッリの「コジモ1世」(1544c)


P2560218
べンヴェヌート・チェッリーニ(フィレンツェ、1500‐1571)の「ナルキッソス」(1548‐65)


P2560220
バルトロメオ・アンマナーティに帰属する「モーゼ」(1540‐55c)


P2560222
バルトロメオ・アンマナーティの「レダと白鳥」(1536c)


P2560224
1‐2世紀のローマ時代の彫刻(多分「バッカス」)の欠損した腕、頭、足などをべンヴェヌート・チェッリーニが付け足して完成させた「ゲニメダ」(1548‐50)


P2560227
ダニエーレ・ダ・ヴォルテッラの「ミケランジェロの胸像」(1564c)


P2560229
ヤコポ・タッティー通称イル・サンソヴィーノ(フィレンツェ、1486‐ヴェネツィア、1570)の「バッカス」(1511‐12)


P2560231
べンヴェヌート・チェッリーニの「ペルセウス像のベース」(1553c)(大理石とブロンズ)


P2560232


P2560234
ヴィンチェンツォ・ダンティの「虚偽に対する名誉の勝利」(1561)


P2560240


P2560236
べンヴェヌート・チェッリーニの「アンドロメダを救出するペルセウス」(1554)


P2560238
バッチョ・バンディネッリの「酔ったノア」


P2560244
ヤコポ・タッティ通称イル・サンソヴィーノの「聖母子」


P2560246
ヴィンチェンツォ・ダンティの「モーゼと青銅の蛇」(1559)(ブロンズ)


P2560249
ジャンボローニャとピエトロ・フランカヴィッラの「ピサに対するフィレンツェの勝利」(1575‐80)


P2560251
べンヴェヌート・チェッリーニの「ペルセウス」(ワックス)


P2560253
べンヴェヌート・チェッリーニの「ペルセウス」(ブロンズ)


P2560256
ミケランジェロの「バッカス」(1496‐97)


P2560258
ミケランジェロの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1505c)


P2560261
ジョッテスキ画家の「玉座の聖母子」(フレスコ)(1340c)


P2560264
マッテオ・フェッルッチ・デル・タッダ(フィエゾレ、1570‐フィレンツェ、1651)の「死に行くアレキサンダー」(17世紀)
ウフィツィ美術館所蔵のギリシャ彫刻のコピー彫刻です。


P2560266
ジャンボローニャの「バッカス」(ブロンズ)(1560c)


P2560269
ジャンボローニャの「飛ぶメルクリオ」(ブロンズ)


P2560271
詳細不明


P2560272
一旦中庭に出ました。


P2560273
(つづく)

P2560110
ルネサンス期彫刻の傑作が並ぶバルジェッロ国立美術館 Museo Nazionale del Bargelloです。


P2560111
13世紀中頃に建設されたバルジェッロ宮です。この建物に美術館がオープンしたのは1865年で、美術館として150年以上の歴史があります。2016年の年間入館者は213,598人でした。傑作を数多く展示してますが、その割には若干人気がないように思います。


P2560112
展示作品の変更はあまり行われていないと思いますが、今回掲載する作品写真は2017年10月に撮ったものです。


P2560115
バルジェッロという言葉は「城」とか「要塞の塔」の他に街の治安維持を担う司法長官という意味だそうですが、その名の通り、1859年までフィレンツェの警察本部がこの建物に置かれ、その一部は監獄として使用されてきました。


P2560116
この中庭で罪人の処刑が行われていたそうです。


P2560114
中庭を囲んでロッジャが設けられてます。


P2560117
ロッジャに彫刻が展示されてます。


P2560118
レオナルド・リッコマンニ・ダ・サルザーナ(15世紀に活動)の「ジェノヴァの紳士像」(1460c)


P2560121
ロッジャの壁面は様々な紋章や名板などで飾られてます。


P2560122
ベネデット・ダ・マイアーノ(ミラノ、1442‐フィレンツェ、1497)の「アラゴーナのフェルディナンド1世の戴冠と6人の音楽師」(1490c)


P2560123
6人の音楽師の一部である3人の彫刻です。


P2560125
ニッコロ・ディ・ピエトロ・ランベルティ(フィレンツェ、1370c‐1425c)の「福音書記者聖ルーカ」(1403‐06)


P2560127
ドメニコ・ピエラッティ(フィレンツェ、1600‐ローマ、1656)の「洗礼者聖ジョヴァンニ」(1620c)


P2560129
詳細不明


P2560131
バルトロメオ・アンマナーティ(セッティニャーノ、1511‐フィレンツェ、1592)の「ジュノーネとクジャク2匹」(1556‐61)


P2560133
ロッジャに置かれていても駄作凡作ではありません。


P2560134
風格があります。


P2560137
バルトロメオ・アンマナーティの「大広間のフォンターナ」(1556‐61)


P2560138
乳首から水が出てくるのはフォンターナの定番です。


P2560139


P2560135
詳細不明


P2560140
詳細不明


P2560141
ヴィンチェンツォ・ダンティ(ペルージャ、1530‐1576)の「Apollo Pitio」(1560c)


P2560143


P2560144
ジャンボローニャ(フランス・ドゥエ―、1529c‐フィレンツェ、1608)の「オーケアノス」(1572‐76)


P2560146
絵画は作品を一目見ただけで制作者が分かる画家がかなりいますが、彫刻は一目見ただけで制作者が分かる作品が殆どありません。


P2560147
ヴィンチェンツォ・ジェーミト(ナポリ、1852‐1929)の「漁師の少年」(ブロンズ)(1874‐76)


P2560149
フランチェスコ・カミッリアーニ(フィレンツェ、1530‐1576)の「川の神たち」(1560c)


P2560151
ドメニコ・ポッジーニ(フィレンツェ、1520‐ローマ、1590)の「Legge Nuova」(1579)


P2560153
ヴィンチェンツォ・ダンティの「コジモ・ディ・メディチ」


P2560154
コジモにはとても見えませんが・・・・・


P2560155
詳細不明


P2560156
詳細不明


P2560157
0階(日本の1階)の展示室内に入りました。


P2560158
私の記憶違いかも知れませんが、昔は入館予約制だった気がします。


P2560159
ジョヴァン・フランチェスコ・ルスティチ(フィレンツェ、1474‐フランス・トゥール、1554)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1509)


P2560162
ヤコポ・タッティー通称イル・サンソヴィーノ(フィレンツェ、1486‐ヴェネツィア、1570)の「バッカス」(1511‐12)


P2560164
アンドレア・サンソヴィーノ(モンテ・サン・サヴィーノ、1467c‐1529)の「聖母子」(テラコッタ)(16世紀初め)


P2560166
ジョヴァン・フランチェスコ・ルスティチの「戦車に乗るネプチューン」(ブロンズ)(1510c)


P2560168
ジョヴァン・フランチェスコ・ルスティチの「騎兵たちの白兵戦」(1505c)
レオナルド・ダ・ヴィンチの「アンギアーリの戦い」から制作されたそうです。


P2560170
必見のミケランジェロの作品です。


P2560171


P2560172
惜しいことに未完です。


P2560173
イル・サンソヴィーノの作品


P2560174


P2560175
ニッコロ・ペリコーリ通称イル・トリボーロ(フィレンツェ、1457c‐1550)の「Il Giorno」(テラコッタ)(1534‐37)


P2560177
ニッコロ・ペリコーリ通称イル・トリボーロの「Il Crepuscolo」(テラコッタ)(1534‐37)


P2560179
ニッコロ・ペリコーリ通称イル・トリボーロの「L'Aurona」(テラコッタ)(1534‐37)
(つづく)

先ほど、自分のブログを見たら今日の更新がないので、ビックリしました。手違いがあって、5月4日分を飛ばしたようです。
P2190499
駅舎です。


P2190501
セスト・フィオレンティーノは、人口49,025人(2017年2月28日現在)のトスカーナ州フィレンツェ県にあるコムーネです。今から9000年以上前に人が住んでいたとされており、紀元前7世紀にエトルリア人の村があったと言われる古い歴史ある街です。


P2190503
城壁は全く残されていません。


P2190505
この辺は区画整理された新しい地区のようです。


P2190502
新しい家ばかりです。


P2190504
チェントロに向かいました。


P2190507
この街に来たのは二つの教会に行くためです。


P2190509
伝統的に社会主義政党が強い街として知られてます。


P2190510
その理由は定かではありませんが、この街の陶器産業の発展と関係しているのではないか、と私は思うのですが・・・・・


P2190511
1735年、カルロ・ジノーリ(1702‐1757)がヨーロッパで最初の”Porcellana Ginori"工場をセストに建て、所謂”Manifattura di Doccia"として大成功を収めました。


P2190512
19世紀後半になると、セストの多業種の職人や他の街から移住してきた労働者がRichard-Ginoriに就職し、技術を会得した労働者の多くが独立して自分の工房を構えるようになったそうです。


P2190513
そのような産業の発展によって、住民が社会主義に徐々に傾倒するようになったと思います。


P2190515
チェントロが見つからない。


P2190516
地図を見ましたが、自分がいる場所が分かりません。


P2190517
6月の暑い日だったので汗が吹き出しました。


P2190519
教会が見つかりません。


P2190520
参ったなあ、地図に、このどぶ川(小川?)が載っていない!


P2190521
どうしても見つかりません。


3
行きたかったのは、この教会です。(写真は外部サイトから拝借)
サンタ・マリア・ア・クリント教会です。中に2点の傑作があります。


1
スピネッロ・アレティーノのトリッティコ


2
Maestro di Madonna Strausの「受胎告知」


P2190523
この辺で地図上の自分の位置が漸く分かりました。


P2190525
教区教会のすぐ近くにいたのです。


P2190528
道をかなり間違えていたことが分かりました。


P2190530
鐘楼が見えました。


P2190531
セスト・フィオレンティーノのドゥオーモ、サン・マルティーノ教区教会です。


P2190534
868年奉献ですが、現在のロマネスク様式の建物は13世紀に再建された二代目のものです。


P2190532
ファサード前の柱廊は16世紀に付け加えられたそうです。鐘楼は数度建て替えられたそうです。


P2190536
デッラ・ロッビア風の「聖母子」は、19世紀にジノーリ工場で制作されました。


P2190537
三廊式、ロマネスク様式の内部です。


P2190538
左側廊方向


P2190539
右側廊方向


P2190540
木組みの梁の天井


P2190541
中央祭壇
素晴らしい磔刑像が見ものです。


P2190544
アーニョロ・ガッディ(フィレンツェ、1350c‐1396)の「彩色磔刑像」


P2190548
ジノーリ工場作?


P2190550
フレスコ画が残されてます。


P2190552
制作者不明のようです。


P2190554


P2190556
詳細不明


P2190560
ジノーリ工場作のデッラ・ロッビア風「受胎告知」(19世紀)


P2190563
比較的大きな礼拝堂


P2190565


P2190567
先程とは描かれた時代が異なるフレスコ画でしょう。


P2190570


P2190569
木製の彩色聖母子像


P2190580


P2190587
ジノーリ工場作のデッラ・ロッビア風の3聖人(19世紀)


P2190589
ジノーリ工場作のデッラ・ロッビア風聖母子(19世紀)


P2190595


P2190598


P2190601
アレサンドロ・アローリ?の「受胎告知」


P2190602


P2190603


P2190605
ギルランダイオ工房作?


P2190610
ギルランダイオ工房作


P2190547
来た甲斐がありました。


P2190614
外に出ました。


P2190616
傑作ですね。


P2190617


P2190618
戻ってサンタ・マリア・ア・クィント教会に行く気がしません。


P2190620
駅に行って、フィレンツェに戻ることにしました。


P2190626
ホームで列車を待っていると、蒸気機関車が走る音が聞こえました。


P2190627


P2190628
列車はかなりのスピードでフィレンツェの方に去っていきました。


P2190630
フィレンツェSMN駅で先ほど見かけた機関車がいました。


P2190634
夏の間、シエナ~アシャーノ間を走る特別列車の試運転だったようです。


P2190636
先頭は時代物の電気機関車が牽引するようです。


P2190640
かなり古そうな客車
(おわり)

P2580223
これは少し複雑な作品です。
ニッコロ・ディ・ピエトロ・ジェリーニ(フィレンツェ、1368‐1414活動)とヤコポ・ディ・チョーネ工房、並びにアーニョロ・ディ・ドンニーノ・デル・マッツィエーリ(フィレンツェ、1466‐1513)の「サンタ・マリア・ヌオーヴァ病院の祭壇画」(1380‐1385)及び(1508‐1509)
下の部分「磔刑と聖人たちのトリッティコ」はニッコロ・ディ・ピエトロ・ジェリーニとヤコポ・ディ・チョーネ工房によって1380年から1385年にかけて制作されました。
後にトリッティコの形に合わせて4福音書記者が描かれることになり、アーニョロによって1508年から1509年に制作されたのです。


P1610254
磔刑


P1610256
聖バルトロメオとアレッサンドリアの聖カテリーナと聖ピエトロ・マルティーレ


P1610259
聖パオロと聖母?と福音書記者聖ルーカ


P1610264
4福音書記者


P1610263


P2580227
ロレンツォ・モナコの「聖母子と聖人たちのトリッティコ」(1420‐30)
この作品を見るのは久し振りです。


P2580228
Maestro di Sant'Ivo (フィレンツェ、1390c‐1425c活動)の「公正を管理する聖イーヴォ」(1405‐10)


P2580230
Maestro dei 1416の「聖母子と聖アントニオ・アバーテと聖ピエトロと聖ジュリアーノと洗礼者聖ジョヴァンニ」(1416)


P2580233
ロゼッロ・ディ・ヤコポ・フランキ(フィレンツェ、1377‐1456)の「聖母子と聖人たち」(1400‐50)


P2580236
磔刑


P2580237
玉座の聖母子と2天使


P2580238
洗礼者聖ジョヴァンニと聖フランチェスコ


P2580239
聖マッダレーナと聖マッテオ


P2580241
ジョヴァンニ・ディ・フランチェスコ・トスカーニ(フィレンツェ、1372c‐1430)の「磔刑」


P2580243
多翼祭壇画の一部であることが分かります。


P2580242
ジョヴァンニ・ディ・フランチェスコ・トスカーニの「聖痕を受ける聖フランチェスコ」


P2580245
ジョヴァンニ・ディ・フランチェスコ・トスカーニの「聖母子」(1425c)


P2580248
リッポ・ダンドレア(フィレンツェ、1377‐1457c)の「コンセルヴァトーリオ・ディ・サンタ・マリア・デリ・アンジョリーニのポリッティコ」(1430‐40)


P2580252
玉座の聖母子と4天使


P2580253
アレッサンドリアの聖カテリーナと聖フランチェスコ


P2580250
聖ザノービと聖マッダレーナ


P2580254
裾絵」障碍者を治すキリスト


P2580255
アレッサンドリアの聖カテリーナの殉教


P2580256
聖痕を受ける聖フランチェスコ


P2580257
ご誕生


P2580258
聖ザノービの葬儀


P2580259
マグダラのマリアの聖体拝領


P2580260
障碍者を治すキリスト


P2580262
アンドレア・ディ・ジュスト・マンツィーニ(フィレンツェ、1420‐1450活動)の「聖母子とピエタのキリスト」(1435c)


P2580265
アンドレア・ディ・ジュスト・マンツィーニの「聖母子」(1435c)


P2580267
ジョヴァンニ・ディ・フランチェスコ・トスカーニの「聖トッマーゾの不信」(1419‐20)


P2580269
ビッチ・ディ・ロレンツォ(フィレンツェ、1373‐アレッツォ、1452)の「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚と聖人たち」(1423‐25)


P2580271
ジョヴァンニ・ダル・ポンテ(フィレンツェ、1385-1437/1438)の「玉座の聖母子」(1425c)


P2580273
ビッチ・ディ・ロレンツォの「聖ロレンツォ」(1425‐30)


P2580276
マリオット・ディ・クリストファノ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1393‐フィレンツェ、1457)の「聖母の物語」(1455)


P2580277
聖母の昇天


P2580278
キリストと博士たち


P2580280
聖母の死


P2580285
ご誕生


P2580282
エジプトへの逃避


P2580283
キリストの寺院への出現


P2580284


P2580290
ジョヴァンニ・ダル・ポンテの「聖母戴冠と聖人たち」(1430c)


P2580291
クスピーディのリンボへの降下


P2580292
受胎告知する大天使


P2580294
受胎告知される聖母


P2580297
聖母戴冠と音楽天使たち


P2580298
聖フランチェスコと洗礼者聖ジョヴァンニ


P2580295
聖イーヴォと聖ドメニコ


P2580302
以上で2017年10月時点の展示作品が終わりです。


P2580303
ミケランジェロの彫刻に加えて、1430年頃までの絵画部門の展示が充実しています。非常に良かった。


P2580304
詳細不明


P2580305
出口


P2580306
(おわり)

P2580163
スピネッロ・アレティーノ(アレッツォ、1350c‐フィレンツェ、1411)とニッコロ・ディ・ピエトロ・ジェリーニ(フィレンツェ、1368‐1414活動)とロレンツォ・ディ・ニッコロ・ディ・マルティーノ(フィレンツェ、1392‐1412活動)の「フィレンツェのサンタ・フェリチータ教会のポリッティコ」(1401)
3人の画家によって描かれましたが、それぞれの担当したパネルに関する情報などは不明のようです。


P2580165
聖母戴冠


P2580166
聖フェリチータと聖アンドレア、洗礼者聖ジョヴァンニと聖マッテオ


P2580168
福音書記者聖ジョヴァンニと聖ピエトロ、聖ジャコモ・マッジョーレと聖ベネデット


P2580169
聖ジローラモと聖シモーネ、福音書記者聖ルーカと聖タッデオ


P2580170
聖ジャコモ・ミノーレと聖フィリッポ、聖シモーネと聖バルトロメオ


P2580171
聖トッマーゾと聖パオロ、教皇聖グレゴリオと聖ロレンツォ


P2580176
0階のダヴィデを別格とすれば、この美術館の良い点は1階の展示にあると思います。


P2580177
Maestro della Madonna Straus (フィレンツェ、1380‐1415活動)の「受胎告知」(1395‐1400)


P2580180
スタルニーナ(フィレンツェ、1387‐1413c活動)の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖二コラと天使たち」(1400‐10)


P2580182
Maestro della Madonna Straus の「ピエタのキリストと受難のシンボル」(1400c)


P2580185
Maestro della Madonna Straus の「アレッサンドリアの聖カテリーナ」、「聖フランチェスコ」(1400‐10)


P2580188
スコライオ・ディ・ジョヴァンニ(フィレンツェ、1400‐1430活動)の「聖母子と4聖人(聖アントニオ・アバーテ、洗礼者聖ジョヴァンニ、聖ロレンツォ、聖ピエトロ)」(1420c)


P2580190
ロッゼッロ・ディ・ヤコポ・フランキ(フィレンツェ、1376c‐1456)の「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P2580191
ロッゼッロ・ディ・ヤコポ・フランキの「聖フランチェスコ」


P2580194
ビッチ・ディ・ロレンツォ(フィレンツェ、1373‐1452)の「聖アンドレアと大天使聖ミケーレ」


P2580195
ビッチ・ディ・ロレンツォの「聖ジローラモと聖ロレンツォ」


P2580197
ロレンツォ・モナコ(フィレンツェ、1370c‐1425)の「彩色磔刑像」(1405‐10)


P2580199
ヤコポ・ディ・カンビオ(フィレンツェ、1300c‐1367以前没)の「聖母戴冠と聖人たち」(1336)
これは祭壇前に使用された金糸、銀糸を使用した絹織物です。横長なので写真を分けてアップします。


P2580200


P2580201


P2580202


P2580204
バルトロメオ・ディ・フルオシーノ(フィレンツェ、1366/1369-1444)の「彩色磔刑像」(1411)


P2580210
ロレンツォ・モナコの「聖人たち」(1398‐1400)


P2580208
フィレンツェのサンタ・マリア・デル・カルミネ聖堂にあった多翼祭壇画の一部です。


P2580206
聖ジローラモ、洗礼者聖ジョヴァンニ


P2580207
聖ピエトロ、聖パオロ


P2580218
Maestro della Predella Sherman (フィレンツェ、1400‐1450c活動)の「磔刑」(1415‐30)


P2580220
マリオット・ディ・ナルド(フィレンツェ、1385‐1424活動)の「ウミルタの聖母と聖ステファノと聖レパラータ」(1395‐1400)


P2580211
ここを見ないのは勿体ない!


P2580212
Maestro della Predella Sherman 、ロレンツォ・モナコ、15世紀後半のフィレンツェの無名画家の3人による「フィレンツェのコンセルヴァトーリオ・ディ・サン・ピエトロ・マルティーレの祭壇画」(15世紀後半)最も早く描かれたのがロレンツォ・モナコの中央パネルです。それから30‐40年後にMaestro della Predella Shermanによって左右両端の受胎告知などのパネルと、先に描かれたロレンツォ・モナコ作品を組み合わせて、15世紀後半にフィレンツェの無名画家によって祭壇画として整えられたそうです。
3人が一緒に描いた作品ではありません。


P1610282
ロレンツォ・モナコの「ウミルタの聖母と聖ピエトロと洗礼者聖ジョヴァンニと女性聖人と聖ステファノ」(1385‐90)


P1610273
Maestro della Predella Sherman の「受胎告知する大天使、磔刑」(1425c)


P1610277
Maestro della Predella Sherman の「受胎告知される聖母、聖パオロと教皇聖グレゴリオと聖ドメニコ」(1425c)
(つづく)

P2580097
1370年から1430年までの作品展示の続きです。


P2580095
ロレンツォ・モナコの傑作秀作が並んでます。


P2580099
ロレンツォ・モナコ(フィレンツェ、1370c‐1425)の「園のキリストの祈り」(1400c)
プレデッラ付きです。


P2580100
キリストの逮捕


P2580102
服を脱がされるキリスト


P2580106
ロレンツォ・モナコの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」、「教皇聖カイオ」(1388‐90)


P2580109
分解された多翼祭壇画の両端にあったパネルです。
中央のメインパネルが所在不明です。


P2580110
ロレンツォ・モナコの「磔刑」、「悲痛の聖母」、「福音書記者聖ジョヴァンニ」(1405‐10)
これらの小パネル3点は多翼祭壇画の一部だった可能性があります。


P2580112
ロレンツォ・モナコの「モンテオリヴェートのサン・バルトロメオ修道院のポリッティコ」(1410) 


P2580113
祈るキリスト


P2580114
上:受胎告知する大天使  下:預言者イザヤ


P2580115
上:受胎告知される聖母  下:預言者マラキア


P2580116
聖母子


P2580117
聖バルトロメオ、洗礼者聖ジョヴァンニ


P2580118
聖タッデオ、聖ベネデット


P2580120
ロレンツォ・モナコの「救世主」(1407‐09)
この作品も分解されたポリッティコの1パネルと考えられます。


P2580121
世界中の美術館にパネルが分散しています。


P2580123
ロレンツォ・モナコの「聖母子と4聖人(アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖マルゲリータ、洗礼者聖ジョヴァンニ、聖ピエトロ)」(1408)


P2580125
ロレンツォ・モナコの「受胎告知と4聖人」(1410‐15)


P2580126
受胎告知


P2580128
アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖アントニオ・アバーテ


P2580129
聖プロコーロ、聖フランチェスコ


P2580132
ロレンツォ・モナコの「ピエタのキリストと聖母と福音書記者聖ジョヴァンニと受難のシンボル」(1404)


P2580135
”FRANCESCO"(トスカーナ、1380‐1400c活動)の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖二コラと2天使」(1391)


P2580138
マリオット・ディ・ナルド(フィレンツェ、1388‐1429活動)の「玉座の聖母子と天使たちと聖人たち」(1391c)


P2580139
磔刑


P2580142
受胎告知する大天使


P2580145
受胎告知される聖母


P2580146
玉座の聖母子


P2580147
聖ロレンツォ、福音書記者(特定できないようです)


P2580148
聖ジャコモ・マッジョーレ、聖セバスティアーノ


P2580149
裾絵:聖ジョアッキーノへの知らせ


P2580150
聖母の誕生


P2580151
聖母の死


P2580152
聖母の寺院への出現


P2580153
聖母の結婚


P2580155
ニッコロ・ディ・ピエトロ・ジェリーニ(フィレンツェ、1368‐1414活動)の「ピエタのキリスト」(1405c)


P2580158
ニッコロ・ディ・ピエトロ・ジェリーニの「玉座の聖母子と2天使と聖人たち」(1404)


P2580159
玉座の聖母子と2天使


P2580160
上:聖ピエトロ  下:聖アントニオ・アバーテ、洗礼者聖ジョヴァンニ


P2580161
上:聖パオロ  下:聖ロレンツォ、聖ジュリアーノ
(つづく)

↑このページのトップヘ