イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

2019年02月

P1880754
ジェノヴァ貴族の邸宅が建ち並ぶジェノヴァのガリバルディ通りです。


P1880758
ストラーダ・ヌオーヴァ美術館はガリバルディ通りにあります。美術館は赤の宮殿、白の宮殿、トゥルシ宮の3つの建物にあります。


P1870442
赤の宮殿 Palazzo Rosso o Palazzo di Ridolfo e Gio Francesco Brignole


P1880762
白の宮殿 Palazzo Bianco o Palazzo di Luca Grimani


P1880688
トゥルシ宮 Palazzo Tursi o Palazzo di Nicolo Grimardi


P1870443
美術館の切符売り場はガリバルディ通りに面したトゥルシ宮にあります。


P1880723
3つの宮殿の展示作品数が多く、ストラーダ・ヌオーヴァ美術館を一括して紹介するよりもパラッツォ毎に取り上げた方が良いと思います。
と言うことで最初に赤の宮殿を取り上げることにします。
赤の宮殿ですが、17世紀後半にジェノヴァ貴族ブリニョーレ・サーレ家が同家邸宅として建設しました。1874年、同家が収集した美術品と共に建物をジェノヴァ市に寄贈しました。その後、美術館として一般公開されるようになりました。


P1870444
赤の宮殿に入館しました。


P1870445
階段踊り場に置かれた彫刻(詳細不明)


P1870446
展示室は1階(日本の2階)です。


P1870473
非常に見易く展示されてます。


P1870448
パリス・ボルドン(トレヴィーゾ、1500‐ヴェネツィア、1571)の「聖家族と聖ジローラモとアレッサンドリアの聖カテリーナと天使」


P1870451
パオロ・カリアーリ通称イル・ヴェロネーゼ(パオロ・ヴェロネーゼ)(ヴェローナ、1528‐ヴェネツィア、1588)の「ユディト」


P1870454
ヤコポ・ダ・ポンテ通称ヤコポ・バッサーノ(バッサーノ・デル・グラッパ、1517‐1592)の「獄中の聖ジローラモ・エミリア―ニ」


P1870457
アレッサンドロ・ボンヴィチーノ通称モレット(ブレーシャ、1498‐1554)の「ピエトロ・アンドレア・マッティオーリの肖像」


P1870460
パッラージョ・ミキエルまたはミケーレ(ヴェネツィアで1547‐1578知らせ)の「女性の肖像」


P1870464
パリス・ボルドン(トレヴィーゾ、1500‐ヴェネツィア、1571)の「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」


P1870467
パリス・ボルドン(トレヴィーゾ、1500‐ヴェネツィア、1571)の「男の肖像」


P1870471
パリス・ボルドン(トレヴィーゾ、1500‐ヴェネツィア、1571)の「高齢の男の肖像」


P1870475
パリス・ボルドン(トレヴィーゾ、1500‐ヴェネツィア、1571)の「若い男の肖像」


P1870477
次の展示室です。


P1870479
フランチェスコ・ブレア(ニッツァ、1512‐1555記録)の「聖マリア・マッダレーナと2聖女」
聖女2人は特定されてません。


P1870482
フランチェスコ・ブレア(ニッツァ、1512‐1555記録)の「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタと聖ザッカリアと聖女」


P1870485
アミーコ・アスペルティーニ(ボローニャ、1474‐1552)に帰属する「男の肖像」


P1870489
べンヴェヌート・ティーズィ通称イル・ガロファロ(フェラーラ、1481‐1559)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノと聖人」


P1870492
プロスペーロ・フォンターナ(ボローニャ、1512‐1597)に帰属する「聖家族と2聖人」


P1870496
ベルナルディーノ・リチーニオ(ヴェネツィア、1485‐1550c)の「フランチェスコ・フィレットの肖像」


P1870499
ヤコポ・ネグレッティ通称パルマ・イル・ヴェッキオ(セリーナ、1480c‐ヴェネツィア、1528)の「聖母子と聖ジョヴァンニ・バッティスタと聖マリア・マッダレーナ」


P1870504
16世紀前半のトスカーナの逸名画家による「アンドレア・デル・サルト作『聖家族と聖アンナと聖ジョヴァンニーノ』の複製画」


P1870508
ミケーレ・ディ・ジョヴァンニ・ボーノ通称ジャンボノ(トレヴィーゾ、?‐ヴェネツィア、1420‐1462知らせ)の「ピサネッロ?の肖像」


P1870511
16世紀初めのトスカーナの逸名画家作「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1870514
ピエトロ・ボナッコルシ通称ぺリン・デル・ヴァーガ(フィレンツェ、1501‐ローマ、1547)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」


P1870518
次の展示室です。


P1870517
第4室


P1870520
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574‐ミラノ、1625)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノと聖エリザベッタ」


P1870525
ルドヴィーコ・カラッチ(ボローニャ、1555‐1619)の「受胎告知」


P1870527
シスト・バダロッキオ(パルマ、1585‐ボローニャ、1647?)の「カルヴァリオへの上り」


P1870532
グイド・レーニ(ボローニャ、1575‐1642)の「聖セバスティアーノ」


P1870537
アレッサンドロ・ティアリーニ(ボローニャ、1577‐1668)の「十字架像の前の3修道士」


P1870540
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574‐ミラノ、1625)の「聖トッマーゾ・アポストロ」


P1870545
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574‐ミラノ、1625)の「聖マッテオ・アポストロ」


P1870547
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574‐ミラノ、1625)の「聖シモーネ・アポストロ」(1621)


P1870551
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574‐ミラノ、1625)の「聖パオロ」(1621)


P1870557
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574‐ミラノ、1625)の「聖母子」
(つづく)

ジェノヴァは、人口578,924人(2018年3月31日現在)のリグーリア州の州都であり、ジェノヴァ県の県都です。
P1890573
ジェノヴァPP駅に到着しました。


191
ジェノヴァPP駅の駅舎


P1880840
先ず、この日のお宿に向かいます。


P1880841
駅前広場に立つコロンブス像
ジェノヴァ出身ながらポルトガル、スペインのために働き、現地人を虐殺、虐待など悪行の限りを尽くしたコロンブスを称えるジェノヴァの人々に合点がいきません。


P1880814
この日のお宿です。
ジェノヴァに来れば、満室でない限り必ずここに泊まります。駅前にあり、何かと便利です。値段も手ごろでしょう。


P1870397
チェックインを済ませて、外に出たら雨模様。傘を取りに自室に戻りました。


P1870398
駅前から続くバルビ通りには、見どころが沢山あります。


P1870399
バルビ通りの左側は高台になってます。


P1870400
高台の入り口サンタ・ブリジーダ門


P1870401
バルビ通りに戻ると、直ぐに王宮が見えてきます。


P1870402
この日はMuseo Palazzo Realeに入館しませんでした。
この建物は、ジェノヴァの大貴族バルビ家の大邸宅でしたが、1830年頃にサヴォイア王室の住居として使用されたので王宮と呼ばれてます。


P1870403
王宮の向かいに教会があります。


P1870404
17世紀に建設されたサンティ・ヴィットーレ・エ・カルロ教会です。
美術的には駄作凡作しかないので、素通りしました。


P1870405
通称大学宮殿と言われている建物です。


P1870406
この日は扉が閉まっていました。


P1870407
この通りも面白いですが、道草は禁物です。


P1870408
最上階のロッジャが目立ちます。


P1870409
教会も併設しています。


P1870410
17世紀に建設されたPalazzo Gio Agostino Balbi


P1870411


P1870413
Palazzo Gio Agostino Balbiの先に教会が見えてきました。


P1870415
サンティッシマ・アンヌンツィアータ・デル・ヴァスタート教会です。


P1870418
美術的には見所が多い教会と言えると思います。


P1870419
拝観を後回しにして先を急ぎました。


P1870416
教会前の広場です。「アンヌンツィアータ広場」と思っていたら、ヌンツィアータ広場なんですね。


P1870417


P1870420
交通が激しい場所です。


P1870421
ナポリの船会社Flotta Lauroが所有していた建物なので、Palazzo Flotta Lauroと呼ばれていました。第二次世界大戦の爆撃によって完全に破壊されてしまい、戦後に元の形を忠実に再現する形で再建されました。
現在、Palazzo Nicolo Lomelliniと呼ばれてます。


P1870422
この日の目的はストラーダ・ヌオーヴァ美術館に入館することでした。


P1870423
パオロ・エミリオ・ベンサ通り


P1870426
雨の中、傘を差しながら写真を撮るのに難儀しました。


P1870427
右折します。


P1870428
Via Cairoli


P1870430
通りの名称が途中で変わりますが、この道を進めば美術館に出ます。


P1870432
ストラーダ・ヌオーヴァ美術館は、赤の宮殿、白の宮殿、トゥルシ宮の3つから成ってます。


P1870413
それら3つを一日で全部見ようとしています。尤も、この日は展示作品の写真を撮るのが目的で、鑑賞はこの日の2日後にやりました。


P1870433
展示作品の写真を撮ることと鑑賞は両立しません。


P1870434
美術館があるガリバルディ通りの入り口にやってきました。


P1870435
1536年から1554年に建設されたPalazzo Gerolamo Grimaldi


P1870436
1671年に建設されたPalazzo Gio Carlo Brignole


P1870437
ガリバルディ通りがジェノヴァ観光の中心でしょう。


P1870438
何度来ても飽きません。


P1870439
白の宮殿


P1870440
切符売り場はここにはありません。


P1870441
赤の宮殿


P1870442
道幅が狭いので、宮殿の全景がうまく撮れません。


P1870443
ストラーダ・ヌオーヴァ美術館の切符売り場
美術館については、後程詳しく触れます。
(つづく)

P1010043
見えているのは、モンタニャーナのドゥオーモです。


P1010230
旧市街の中心であるヴィットリオ・エマヌエーレ2世広場にドゥオーモが建ってます。


P1010097
Parrocchia di Santa Maria Assunta、パドヴァ司教区に属するモンタニャーナの教区教会です。


P1000962
1431年、クリストフォロ・ダ・ボルツァーノの設計によって創建され、後に建築家ロレンツォ・ダ・ボローニャ(ボローニャ、15世紀前半生まれ‐1508?没)に引き継がれて1502年に完成した後期ゴシック・ルネサンス様式の建物です。


P1010236
鐘楼は、ファサードの左右と中央の3か所にあります。独立した建物の鐘楼はありません。


P1010039
身廊外観


P1010131
後陣


P1010132
身廊側にも出入り口があります。


P1010237
ファサードの出入り口から中に入りました。


P1000964
単廊式、ラテン十字形、ルネサンス様式の内部です。


P1000966
左右の側壁に礼拝堂が設けられてます。


P1010065
美術的に見所が多い教会です。


P1010037
天井の装飾が地味です。


P1010239
中央礼拝堂と後陣


P1010240
調べましたが、フレスコ画の制作者が分かりません。教会の方では分かっていると思います。


P1010243
聖歌隊席上部


P1010244
後陣への立ち入りが禁止されてます。


P1010245
詳細不明の磔刑像


P1000998
主祭壇画はパオロ・ヴェロネーゼ(ヴェローナ、1528‐ヴェネツィア、1588)の「キリストの変容」


P1010253
次は、この町に来た目的であるジョルジョーネのフレスコ画を見ます。


P1010254
ファサード裏側出入り口の左右の壁にジョルジョーネの帰属フレスコ画があります。


P1010257
ジョルジョ・バルバレッリ・ダ・カステルフランコ通称ジョルジョーネ(カステルフランコ・ヴェネト、1477/1478-ヴェネツィア、1510)に帰属する「ダヴィデ」


P1010259
ジョルジョーネは、1510年、32-33歳の若さで、恐らく腺ペストで急死したことに加え、修行や作品制作の記録などが殆ど残っておらず、サロンで楽しむために特定のパトロンから直接注文を受けたようで、謎の多い画家とされてます。現存するジョルジョーネの真作は僅か6点とされ、それ以外のジョルジョーネの作品は後年の研究家、美術史家や鑑定人による帰属作品のようです。


P1010255
ジョルジョーネに帰属する「ユディト」


P1010256



P1010030
ジョヴァンニ・ボンコンシーリオ、別名マレスカルコ・ブオンコンシーリオ通称イル・マレスカルコ(モンテッキオ・マッジョーレ、1465c-1535/1537)の「キリストの復活」


P1000972
詳細不明


P1010246
落剝したフレスコ


P1010247
ジョヴァンニ・ボンコンシーリオ、別名マレスカルコ・ブオンコンシーリオ通称イル・マレスカルコの「玉座の聖母子と聖セバスティアーノと聖ロッコ」(1511)


P1000993


P1000995
ジョヴァンニ・ボンコンシーリオ、別名マレスカルコ・ブオンコンシーリオ通称イル・マレスカルコの「聖セバスティアーノの殉教」


P1000987
左翼廊礼拝堂


P1000988
ロレンツォ・ダ・ボローニャのフレスコ装飾


P1010005
サンタントニオ礼拝堂


P1010273
ボナッツァ工房作「パドヴァの聖アントニオ」(17世紀)


P1010006
ヤコポ・ダ・モンタニャーナのフレスコ画(15世紀)


P1010009
ヤコポ・ダ・モンタニャーナのフレスコ画(15世紀)


P1010011
後陣右のサン・ロレンツォ礼拝堂


P1010015
詳細不明


P1010016
詳細不明


P1010018
ジャコモ・ジャルディーニの「聖母とキリストの物語」(1658)


P1010268
大作です。


P1010260
アレッサンドリアの聖カテリーナ礼拝堂


P1010021
ジョヴァンニ・ボンコンシーリオ、別名マレスカルコ・ブオンコンシーリオ通称イル・マレスカルコの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1010023
ジョヴァンニ・ボンコンシーリオ、別名マレスカルコ・ブオンコンシーリオ通称イル・マレスカルコの「玉座の聖母子と聖人たち」


P1010026
オノフリオ・ガブリエーリの作品(1699‐1700)


P1000976
ジュリオ・デ・ロッシの「レパントの海戦」(1600‐10c)


P1000975


P1000978
バルトロメオ・チッタデッラの「天上の聖母子と聖人たち」


P1000979
ロザリオ礼拝堂


P1000981


P1000980
ジョヴァンニ・ボンコンシーリオ、別名マレスカルコ・ブオンコンシーリオ通称イル・マレスカルコのフレスコ画


P1000982


P1000984
バルトロメオ・チッタデッラの「ピオッジャの奇跡」(1695)


P1010252
じっくりと鑑賞できました。
(おわり)

P1010177
9月20日門から城壁外に出て、城壁沿いの道に出ました。城壁の向こうに見えているのはサン・フランチェスコ教会です。


P1010178
SR10


P1010179
Via Cesare Battistiへと続く小さな門です。


P1010180
直ぐに教会が見えてきます。


P1010182
モンターニャの最古の教会とされる、12世紀に建設されたサンタントニオ・アバーテ教会です。


P1010183
残念ながら教会の扉が閉まっていました。


P1010184
Via Sant'Antonio


P1010185
城壁沿いの幹線道路SR10に戻りました。


P1010187
西の方角に進みました。


P1010186
Rocca degli Alberi


P1010189
Porta Legnagoに向かいました。


P1010190
小さな町なので、時間があると同じ場所に来てしまいます。


P1010192


P1010193
この道の先にヴェローナがあります。


P1010194
歩道と車道に分かれてます。


P1010197
旧堀をまたぐ橋からの光景


P1010196


P1010195
門を潜ります。


P1010199
Rocca degli Alberiに設けられた門がPorta Legnagoです。


P1010200


P1010198


P1010201
門が二重になっているので、写真では門の構造がよく分からないと思います。


P1010202


P1010205
城壁内に戻りました。


P1010203
門の斜め前にある古い建物です。


P1010204
よく見ると新しい建物です。閉鎖されて久しい映画館の建物です。


P1010206
フィエラの準備が一段と進みました。


P1010207


P1010208
写真右の建物は郵便局です。


P1010209
見えているのはサン・ベネデット教会です。


P1010211
景色に見慣れてきたので、そろそろウンザリ感が・・・・・


P1010210
ジョルジョーネのフレスコ画を見るために1泊するのはどうだったか・・・・・


P1010212
パドヴァから日帰りでエステとモンタニャーナに行くべきだったかも・・・・・


P1010213


P1010214
Via Mura


P1010215
この道も午前中に通りました。


P1010216
バールに行って、同席した客と「EU経済におけるイタリア経済の今後」について議論しても始まりません。


P1010217
芸術論を戦わせたいと思いますが、そのようなイタリア人は町中に滅多にいません。


P1010218
既にオープンした出店がありました。


P1010219


P1010220
2時間前にも、この門に来ました。


P1010221


P1010222
成す術無し


P1010224
サン・フランチェスコ教会に行っても詮無きこと?


P1010226
L'ospedale di Nativita


P1010227
ファサードのルネッタ上の慈悲の聖母の彫刻


P1010229


P1010230
広場に戻りました。


P1010231
ドゥオーモに行って、もう一度ジョルジョーネのフレスコ画を見よう!


P1010232


P1010250
拝観しました。


P1010254
満足でした。


P1010239
この辺で終わりにしましょう。


P1010234
(おわり)

P1010119
城壁内に戻りました。


P1010121
Castel di San Zeno


P1010120
こちらの建物も城の一部だったようです。


P1010122
Via Guglielmo Marconi


P1010128
狭い旧市街なので、直ぐにドゥオーモに戻ってきてしまいます。


P1010129
教会入り口の左右によくある、ライオン像とはこちらの方は違うようです。


P1010130
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世広場に面して建つ、16世紀に建設された建物です。しかし、その名称が分かりません。


P1010131
ドゥオーモの後陣横を通り過ぎました。


P1010133
もう一か所ある筈のMuseo Civicoを地図を頼りに探しました。


P1010135
住所から判断すれば、この建物が市立博物館のようです。


P1010134
この銘板によって確認できました。確かにMuseo Civicoと記されてます。


P1010137
しかし、人気が全くしないし、建物が荒廃しています。


P1010136
どうやら博物館は永久的に閉鎖されたようで、建物を修復して再開館の可能性がないと思いました。


P1010138
立派な鐘楼が残ってます。
旧教会の建物を博物館に転用したわけですが、何という教会だったのか、調べましたが分かりません。


P1010139
北の方角に向かいました。


P1010140
ヴィチェンツァ門の塔が見えてきました。


P1010141
旧市街の北の出入り口ヴィチェンツァ門を潜って城壁外に出ました。


P1010142
城壁と砦が完全な形で残っているのが分かります。


P1010143
少し高い塔は北方面の監視塔です。


P1010144
城壁外にあると言う教会を住所を頼りに探しました。


P1010147
ヴィチェンツァ門から通じる、この道の先にはヴィチェンツァがあります。


P1010148
住所から判断すると、探していたのは、この教会のようです。


P1010151
1504年に建設されたマドンナ・ディ・フオーリ教会です。
女子修道士によって運営されている教会で、修道院が併設されていたそうです。


P1010149
ファサードのピエタの彫刻


P1010150
教会の横を小川が流れてます。


P1010152
教会から少し進むとモンタニャーナのカルチョの建物がありました。


P1010145
城壁外には、これ以上の見所がないと判断して、再び城壁内に戻ることにしました。


P1010146
旧市街はフィエラの準備中でした。


P1010153
城壁内に戻りました。


P1010155
先ほどよりもフィエラの準備がだいぶ進みました。


P1010157


P1010159
16世紀に建てられたPalazzo Comunale


P1010160
現在もMunicipioです。


P1010161
少し早いですが、昼食を食べることに。


P1010163
この通路の先にレストランがあります。


P1010164
この店で食べました。


P1010166
レストランの壁に掲げられた絵画


P1010165
美味でした。


P1010167
ほろ酔い状態でぶらぶら歩きの再開です。


P1010168
午前中で主な見所を大体見てしまいました。


P1010169
写真右の建物に注目です。


P1010170
15世紀に建設された、ヴェネツィア・ゴシック様式のPalazzo Magnavin-Forattiです。


P1010171
(つづく)

P1010062
サン・フランチェスコ教会です。
教会建設の経緯が定かではありませんが、1238年の記録に、この場所に教会の存在記録が残されてます。


P1010086
1380年の記録に、この地にロマネスク様式の教会建設の記録が残されているので、14世紀中頃に再建されたと推定されてます。
現在の建物は、1429年に行われた増築の後の姿とされてます。


P1010084
ゴシック様式の鐘楼は増築に合わせて1429年に完成しました。


P1010063
ファサードのルネッタには何もありませんが、カルレット・カリアーリによって1580年頃に描かれたフレスコ画があったそうです。


P1010064
単廊式、ラテン十字形、ロマネスク様式の内部です。


P1010066
18世紀末のナポレオンの侵攻によって教会活動が停止され、その後のオーストリアの教会建物の接収によって軍の兵舎や倉庫の転用され、建物は荒廃してしまいました。


P1010065
オーストリア軍が撤退しても宗教活動は回復されず、1818年に建物の解体が提案されましたが、地元信者は納得せず、建物が修復され教会活動が再開され、1828年に教会活動再開の奉献式が執り行われました。


P1010080
この教会は傑作美術品が揃っていたことで有名でしたが、ジョルジョーネの作品を含む多くの作品がナポレオン軍とオーストリア軍によって奪われて、そのまま戻ることはありませんでした。
後陣や左右の側壁、天井にフレスコ画がありましたが、殆ど落剝してしまい、修復の際に全て塗り潰されて断片も残ってません。


P1010074
現在、この教会にある祭壇画などは、1828年の再奉献の際に、他の教会や信者個人などから贈呈されたものです。


P1010070
主祭壇


P1010071
主祭壇画はパルマ・イル・ジョーヴァネ(ヴェネツィア、1548‐1628)の「天上の聖母子と聖人たち」


P1010068
パオロ・ヴェロネーゼ(ヴェローナ、1529‐ヴェネツィア、1588)の「聖母子と聖人たち」


P1010077
ガエターノ・カッリード(エステ、1727‐ヴェネツィア、1813)の「パドヴァの聖アントニオ」
ガエターノは有名なオルガン制作者でした。


P1010075
詳細不明


P1010073
詳細不明


P1010087
外に出ました。


P1010088
教会の後は城壁です。


P1010089
Via Cesare Battistiにある塔です。


P1010090
Via Mure Sud


P1010092
Via Cesare Bttistiの突き当りにある門(門の名称はないようです)を潜って城壁外に出ました。


P1010091
城壁外の、今は草地になっている部分は中世の頃は堀になっていて、城壁は堀で囲まれていたそうです。


P1010093
サン・フランチェスコ教会の鐘楼です。


P1010094
城壁内に戻りました。


P1010095
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世広場に再び。


P1010096
ドゥオーモ


P1010098
Palazzo delle Cassa di Risparmio


P1010101
城に向かいました。


P1010102
Via Carrareseの柱廊にあるフレスコ画が見逃せません。


P1010103
モンタニャーナの聖母子


P1010104
何年も前に開催されたジョルジョーネ展の案内がまだ残されています。


P1010105
Castel di San Zeno


P1010107
1242年、当時のパドヴァ領主エッツェリーノ・ダ・ロマーノによって建設された城です。


P1010106
ここに観光案内所があります。


P1010108
城にMuseo Civicoがありますが、考古学の展示なので入館しませんでした。


P1010109
城壁外に出ました。


P1010110
城壁外から見たパドヴァ門


P1010111


P1010112
Villa Pisani


P1010114
この道の先はパドヴァです。


P1010117
城壁の外には見所がなさそうです。


P1010116
パドヴァ門を潜って城壁内に戻ります。


P1010118
(つづく)

モンタニャーナは、人口9,026人(2017年12月31日現在)のヴェネト州パドヴァ県にあるコムーネです。「最も美しい村」の一つですが、人口9千人強の自治体なので村よりも町の方が適当かと思います。
現在に至るまで完全に残されている長方形の城壁に囲まれた町で、中世そのものの佇まいを直に感じることが出来ます。
私がモンタニャーナに足を運ぶ理由は、ジョルジョ・バルバレッリ・ダ・カステルフランコ通称ジョルジョーネ(カステルフランコ・ヴェネト、1477/1478c-ヴェネツィア、1510)のフレスコ画(帰属作品)がドゥオーモにあり、それが見たいがためです。
P1000955
マントヴァ発の列車に乗り、モンタニャーナ駅で下車しました。


P1000956
列車はモンセリーチェに向けて直ぐに去っていきました。


P1010174
駅名が入った写真を載せておきましょう。


P1000957
駅舎と駅前広場


P1000958
駅からスパラート通りを真っすぐ進んで城壁に向かいました。


P1010173
スパラート通りには見所がありません。


P1010175
Porta XX Settembre
FS駅からチェントロに入るために新しく築かれた門です。


P1010176
城壁の向こうに見えているのはサン・フランチェスコ教会です。


P1000959
9月20日門を潜って城壁内に入り、この日のお宿に向かいました。


P1000960
途中の八百屋で道草


P1000961
日本のキノコの売り方とはかなり違います。


P1010122
ホテルの選択肢はあまりありません。


P1010123
この日のお宿です。レストランを併設しています。


P1010124
チェックインを済ませて早速町歩きに出発しました。


P1010126
城壁の全長は延べ2㎞ほどの小さな旧市街なので、時間をかけてゆっくりと見て回るつもりです。


P1010125


P1010127
ホテルから、町の中心の広場まで30mほどの距離です。


P1000962
広場にあるドゥオーモです。


P1000964
開いていたので拝観しました。


P1010254
ファサード裏の左右の壁にジョルジョーネの帰属フレスコ画があります。


P1000970
これを見に来たのです。


P1010034
ドゥオーモについては後程詳しく触れる予定です。


P1010005


P1010038
外に出ました。


P1010043
町の歴史は古く、3000年以上前に遡るとされてます。


P1010042
サン・ベネデット通り


P1010041
見えているのはサン・ベネデット教会の鐘楼です。


P1010044
サン・ベネデット旧教会です。


P1010045
1502年、モンタニャーナを訪れたベネデット会女子修道士たちによって16世紀に建設された教会です。現在の建物は1771年に再建された2代目のものです。


P1010048
1807年、イタリアの侵攻してきたナポレオンによって宗教活動が停止されてしまいました。ナポレオン軍の撤退後の1811年、建物は州立サン・ベネデット女子大学の校舎に転用されるようになりました。


P1010046
女子大学は閉鎖されているようで、人気が全くありません。


P1010047
モンタニャーナのコムーネ所有の建物になっているようですが、建物の荒廃が進んでいると思います。


P1010049
教会は過ぎればすぐに城壁に出ます。


P1010050
全周約2㎞の城壁に全部で24の砦が設けられてます。


P1010051
城壁前から、今通ってきた通りを振り返りました。


P1010052
城壁沿いにRocca degli Alberiに向かいました。


P1010053
Via Liceo


P1010054
Rocca degli Alberiです。


P1010057
パドヴァのシニョーラだったフランチェスコ1世・ダ・カッラーラがFranceschin de' Schiciに命じて建築させたRoccaです。


P1010055
1360年から1362年に建設されました。


P1010061
城壁外に出ませんでした。


P1010058
この日は収穫祭の準備をしていたようです。


P1010060
次はサン・フランチェスコ教会です。


P1010083
(つづく)

P2780643
次の展示室です。


P2780645
第4室です。


P2780647
ジョヴァンニ・アントニオ・デ・サッキス通称イル・ポルデノーネの「聖マリア・マッダレーナ」(1502‐04c)
ポルデノーネのサン・フランチェスコ教会に、イル・ポルデノーネが描いたフレスコ画断片が展示されてます。


P2780649
イル・ポルデノーネのサン・フランチェスコ教会のフレスコ断片(1524c)


P2780651
聖痕を受ける聖フランチェスコ


P2780653
フランチェスコ会聖人


P2780654
聖痕を受けた聖フランチェスコの手


P2780658
嘆きの聖母がこの場所にありません。


P2780660
イル・ポルデノーネの「嘆きの聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ」(1524‐30c)


P2780663
ポルデノーネの領域の作品です。


P2780665
嘆きの聖母(1530‐40c)


P2780667
聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ(1530‐40c)


P2780671
ジローラモ・デル・ゾット(1547‐1584活動)の「祭壇前飾り」(1521c)
ポルデノーネ大聖堂ミゼリコルディア礼拝堂の祭壇前飾りです。


P2780673
次の部屋です。


P2780674
第5室


P2780677
壁のフレスコによる装飾


P2780678


P2780675
ヴェネトの彫刻工房による作品です。(1520‐30c)


P2780680
聖ピエトロ


P2780682
聖ドメニコ


P2780685
ジョヴァンニ・ピエトロ・ディ・ニコロ・アルバネーゼ通称ピエトロ・ダ・サン・ヴィート(1485‐1546)の「聖人たちと三位一体」(1513‐15)


P2780688
ピエトロ・ダ・サン・ヴィートのフレスコ画(1513‐15)


P2780690
ピエトロ・ダ・サン・ヴィートのフレスコ画(1513‐15)


P2780692


P2780694
フレスコ画は詳細不明です。


P2780695


P2780706


P2780697
ヴェネト=フリウリの彫刻工房作「聖セバスティアーノ」(1535c)


P2780701
ヴェネト=フリウリの彫刻工房作「聖ロッコ」(1535)


P2780707
次の展示室です。


P2780709
第6室


P2780712
ジョヴァンニ・フランチェスコ・カロート(ヴェローナ、1480‐1555)の「ベネデット会修道士の肖像」(16世紀前半)


P2780714
保護のガラス板があるので、写真がうまく撮れません。


P2780717
カルロ・ダ・カローナ(ウーディネ、1485‐1555)の「ピエタのキリスト」(1550c)


P2780719
ポンポニオ・アマルテオの追随者の「聖アントニオ・アバーテ」(1550)


P2780721
ポンポニオ・アマルテオの追随者の「聖ジュゼッペ」(1550)


P2780724
部屋のフレスコ


P2780728
フレスコの詳細は不明です。


P2780730


P2780732


P2780734


P2780736
ジョヴァンニ・フロレアーニ?の「聖母子」(16世紀後半)


P2780739
フリウリの逸名彫刻家の作品(16世紀末)


P2780741
バーリの聖二コラ


P2780742
ヴェネト=ロンバルディアの彫刻家作「正義の女神」(15世紀末)
展示はこれで終わりです。
小美術館ですが、ポルデノーネの作品、カロートの肖像画、ジョヴァンニ・ディ・ドメニコ・ダ・トルメッツォの「聖母子と聖人たち、嘆きの装飾彫刻」が秀逸で見逃せない美術館と思います。


P2780757
(おわり)

P2780532
第12展示室は閉鎖されていました。これで2階の展示室が終わりです。


P2780533
3階(日本の)に向かいました。


P2780535
15世紀のヴェネト=フリウリの画家によるフレスコ画


P2780537
3階で最初に入った部屋です。


P2780538
第2室です。


P2780540
フレスコ画が残されてます。


P2780542
Palazzo Ricchieriの所有者だったリッキエーリ家の記録に、これらのフレスコ画に関する記述がないとのことです。


P2780543


P2780545
天井の装飾


P2780548


P2780550


P2780552
ヴェネト・フリウリの彫刻家作「聖母子」(15世紀末‐16世紀初め)


P2780555
ジョヴァンニ・アントニオ・ピラコルテ(スイス・カロナ、1455‐ポルデノーネ、1531)の「受胎告知される聖母」(15世紀末‐16世紀初め)


P2780558
ジョヴァンニ・ディ・フランチャ(メツ、1420?‐コネリアーノ、1473/1485)の「聖母子」(1460c)


P2780561
アンドレア・リツォス・ダ・カンディア(ギリシャ、1421-1492)の「受難の聖母」(15世紀末)
アンドレア・リツォスは有名なギリシャのイコン画家です。


P2780565
アンドレア・ディ・ベルトロット(ベッルーノ、1430c-サン・ヴィート・アル・タリアメント、1494)の「聖母子」(1490-1500)


P2780568
ヴェネト(ヴェローナ?)の逸名彫刻家作「聖母子」(15世紀中頃)


P2780572
次の展示室です。


P2780573
第1室です。


P2780574


P2780577
Maestro della Madonna di Comerzoの「聖母子」(14世紀末)


P2780579
フリウリの逸名彫刻家作「聖母子」(15世紀中頃)


P2780584
Maestro di Sant'Eufemia di Segnaccoの「聖母子」(1330-75c)


P2780588
ヴェネト=フリウリの逸名画家作「聖女」(14世紀末)


P2780592
ヴェネト=フリウリの逸名画家作「玉座の聖母子と聖人たち」(14世紀末)


P2780597
ヴェローナの逸名彫刻家作「聖母子」(1190c)


P2780599
次の展示室です。


P2780600
第3室


P2780601
ジョヴァンニ・ミオーニ通称ジョヴァンニ・ディ・ドメニコ・ダ・トルメッツォの「聖母子と聖人たち、嘆きの木製装飾彫刻」(1509c)
これは傑作です。


P2780607
トスカーナの逸名彫刻家作「磔刑像」(15世紀後半)


P2780610
ジョヴァンニ・ミオーニ通称ジョヴァンニ・ディ・ドメニコ・ダ・トルメッツォの「聖ゴッタルドと聖レオナルド」(1485c)


P2780614
バルトロメオ・ダ・サン・ヴィート通称バルトロメオ・ダッロキオ(サン・ヴィート・アル・タリアメント、1450-ウーディネ、1450)の「司教座のバーリの聖二コラ」(1502-05c)


P2780618
ジャンフランチェスコ・デル・ゾット通称ジャンフランチェスコ・ダ・トルメッツォ(ソッキエーヴェ、1450-1511)の「聖母子と聖人たち」(1507以前)


P2780621
ジョヴァンニ・アントニオ・デ・サッキス通称イル・ポルデノーネ(ポルデノーネ、1483-フェラーラ、1539)の「真の十字架の発見」(1512-15)


P2780625
ポルデノーネの領域の「農村の踊り」(1540-50c)
横長の作品なので3分割して載せます。


P2780626


P2780628


P2780632
ジョヴァンニ・アントニオ・デ・サッキス通称イル・ポルデノーネの「玉座の聖ゴッタルドと聖セバスティアーノと聖ロッコ」(1525-27)


P2780637
ジョヴァンニ・アントニオ・デ・サッキス通称イル・ポルデノーネのポルデノーネ大聖堂洗礼盤の小さな門に描かれたものです。
この場面は聖ジョヴァンニ・バッティスタの誕生


P2780639
聖ジョヴァンニ・バッティスタの説教


P2780640
キリストの洗礼


P2780641
ヘロデの饗宴
(つづく)

P2780437
次の展示室です。


P2780438
第9室


P2780439
暖炉


P2780440
部屋の壁に描かれたフレスコ画


P2780442
ルイージ・スクロサーティ(ミラノ、1814‐1869)の「洪水と雷雨」(19世紀後半)


P2780444
ジュゼッペ・ベルナルディーノ・ビーソン(パルマノーヴァ、1762‐ミラノ、1844)の「ラグーナの島」(1790c)


P2780445
アントニオ・マルスーレ(1807‐1855)の「へーべー(青春の女神)」(1827c)


P2780448
アントニオ・マルスーレの「イアソーン(ギリシャ神話)」(1829c)


P2780450
アントニオ・マルスーレの「プロメーテウス(ギリシャ神話)」


P2780452
部屋の壁に描かれたフレスコ画


P2780453
何が描かれているのか、分かりません。


P2780455
オドリ―コ・ポリーティ(ウーディネ、1785‐ヴェネツィア、1846)の「テーセウスとぺイリトオスとエレーナ」(1830c)
テーセウスの親友がぺイリトオスです。


P2780457
ジュゼッペ・ベルナルディーノ・ビーソンの「ニンフがいる風景」(19世紀前半)


P2780462
次の展示室です。


P2780463
第10室


P2780504
部屋のフレスコ


P2780506


P2780464
ジローラモ・ミケランジェロ・グリゴレッティ(ポルデノーネ、1801‐ヴェネツィア、1870)の「アントニオ・グリゴレッティ卿の肖像」(1829)


P2780467
ジローラモ・ミケランジェロ・グリゴレッティの「両親の肖像」(1829)


P2780469
ジローラモ・ミケランジェロ・グリゴレッティの「兄弟のロレンツォの肖像」


P2780471
ジローラモ・ミケランジェロ・グリゴレッティの「姉妹のメーリの肖像」(1829)


P2780473
ジローラモ・ミケランジェロ・グリゴレッティの「姉妹のエリザベッタの肖像」(1828c)


P2780474
ジローラモ・ミケランジェロ・グリゴレッティの「甥と姪の肖像」(1832)


P2780480
エルネスト・モレッティ・ラレーゼ(ヴェネツィア、1822‐1874)の「ジローラモ・ミケランジェロ・グリゴレッティの肖像」(19世紀中頃)


P2780483
ルイージ・デ・パオロ(コルデノンス、1857‐ポルデノーネ、1947)の「イカロスの墜落」(1890)


P2780485
アントニオ・マルスーレの「ジローラモ・ミケランジェロ・グリゴレッティの胸像」(1835)


P2780489
ジローラモ・ミケランジェロ・グリゴレッティの「高貴な女性の肖像」(1845c)


P2780491
ジローラモ・ミケランジェロ・グリゴレッティの「アンジェリカ・ベアルツィ・ピセンティの肖像」(1845)


P2780492
ジローラモ・ミケランジェロ・グリゴレッティの「貴族ジョヴァンニ・ミラノの肖像」(1839)


P2780494
ジローラモ・ミケランジェロ・グリゴレッティの「ピエトロ・ディ・モンテリアーレ伯爵の肖像」(1839)


P2780496
ジローラモ・ミケランジェロ・グリゴレッティの「ドメニコ・リッツィの肖像」(1840)


P2780499
ジローラモ・ミケランジェロ・グリゴレッティの「アントニオ・ブセット・ペティケ家の肖像」(1845)


P2780507
次の展示室です。


P2780508
第11室


P2780509
部屋のフレスコ


P2780511
ゴシック様式のフレスコ画


P2780512


P2780514


P2780515
木板に描かれたゴシック様式の絵画


P2780518
大変貴重なものとされてます。


P2780516


P2780517
貴重かも知れませんが、小学生でもこのくらいは描けそうです。


P2780519


P2780520


P2780521


P2780523


P2780524


P2780527


P2780529
(つづく)

今回からポルデノーネの市立美術館 Museo Civico d'Arteです。
P2780361
ポルデノーネの街で、現存する最古の建物の一つがPalazzo Ricchieriです。


P2780363
Palazzo Ricchieriのファサード
14世紀頃、ポルデノーネの有力商人で実質的に街を支配していたのがリッキエーリ家でしたが、14世紀後半に神聖ローマ皇帝とヴェネツィア共和国から貴族の称号を受けました。その富と権力を誇示するために建設されたのがPalazzo Ricchieriです。


P2780373
その後、17世紀までに幾度となく拡張を重ねて現在の姿となりました。


P2780761
1949年、それまで邸宅として使用していたリッキエーリ家は。この建物を町の文化発展に寄与させるべく、ポルデノーネの市当局に寄贈したのです。


P2780762
1971年、この建物の一部が市立美術館として使用されることになり、現在に至ってます。


482
美術館の入り口


P2780374
切符売り場前の壁にあるフレスコ画(詳細不明)


P2780756
展示室の入り口です。


P2780375
展示室は2階と3階(日本の)にあります。



P2780755
階段の踊り場にある彫刻(詳細不明)


P2780751
階段の途中に肖像画が並んでます。


P2780752
これらはリッキエーリ家の最も重要な人物、街の支配者、政治家、商人、聖職者の肖像画です。


P2780754
肖像画の詳細は明らかにされてません。


P2780753
リッキエーリ家の紋章


P2780750
2階の入り口の上にフレスコがあります。


P2780749
詳細不明


P2780381
3階に第1室があるので、3階から見ておくべきだったと思います。しかし、何となく2階から見て行きました。


P2780380
最初は第7室です。


P2780382
セカンテ・セカンティ(ウーディネ?、1571‐1636)の「紳士の肖像」(17世紀初め)


P2780385
ユストゥス・サステルマンス(アンヴェルサ、1597‐フィレンツェ、1681)の追随者画家作「オーストリアのレオポルド大公の肖像」(17世紀中頃)


P2780387
17世紀のヴェネトの逸名画家作「ローマの公証人の肖像」(17世紀後半)


P2780390
ダフィット・りっけ―ル2世(アンヴェルサ、1586‐1642)?の「冬の風景」(17世紀前半)


P2780389


P2780393
ガスパーロ・マルヴェーサ(ポルデノーネ、1558‐スピリンベルゴ、1639)の「天上の三位一体と聖母と同信会の人々」(1611)


P2780397
ピーノ・カサリーニの部屋となってますが、意味不明です。ピーノ・カサリーニは画家です。


P2780395
アントニオ・カルネオ(コンコルディア・サジッターリア、1637‐ポルトグルアーロ、1692)の「豊穣の寓意」(1678以前)


P2780399
アントニオ・ザンキ(エステ、1631‐ヴェネツィア、1670)の「傷ついたヨブ」


P2780406
ピエトロ・ムットーニ通称デッラ・ヴェッキア(ヴェネツィア、1603‐1678)の「ユディト」(1650‐60)


P2780408
フェデリーコ・チェルヴェッリ(ミラノ、1638‐ヴェネツィア、1694以前没)の「神話のシーン」(1665‐78)


P2780409
制作者不詳の「ルーカ・ジョルダーノ作『パリーデの判決』のコピー画」(1684‐86)


P2780413
グレゴリオ・ラッザリーニ(ヴェネツィア、1657‐ヴィッラボーナ・ヴェロネーゼ、1730)の「聖マリア・マッダレーナ」(1680‐90)


P2780416
アレッサンドロ・ヴァロターリ通称イル・パドヴァニーノ(パドヴァ、1588‐ヴェネツィア、1649)の「聖母子とユースティティア(正義の女神)と聖マルコ」(1626)


P2780418
次の部屋です。


P2780419
第8室です。


P2780421
アントニオ・マリネッティ通称キオゾット(キオッジャ、1719‐ヴェネツィア、1796)の「聖ロッコとパオラの聖フランチェスコと聖ルイージ・ゴンザーガ」(18世紀後半)


P2780423
二コラ・グラッシ(フォルメアーゾ、1682‐ヴェネツィア、1748)の「聖母子と司教聖人」(18世紀前半)


P2780425
二コラ・グラッシの領域の「田園の風景」(18世紀中頃)


P2780427
アレッサンドロ・ロンギ(ヴェネツィア、1733‐1813)の「ヤコポ・リヌッシオの肖像」(1763c)


P2780429
ジュゼッペ・ツァイス(カナーレ・ディ・フォルノ、1709‐トレヴィーゾ、1781)の「旅の羊飼いがいる風景」(18世紀後半)


P2780432
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピットーニ(ヴェネツィア、1687‐1767)の「ご誕生」(1735c)
(つづく)

P2780760
この時間ならばドゥオーモは開いている筈ですが・・・・・


P2780763
開いていました。しかし、人が続々と中に入っていきます。これからミサが行わるようです。


437
中に入った途端、ミサが始まりました。
仕方がないので、以前、来た時の写真を載せましょう。
単廊式、新古典様式の内部です。


438
祭壇画やフレスコ画など、見どころが比較的多いドゥオーモです。
1974年の司教区再編に伴い、Concordia-Pordenone司教区のConcattedraleとなりました。


441
ジョヴァンニ・アントニオ・デ・サッキス通称イル・ポルデノーネ(ポルデノーネ、1483‐フェラーラ、1539)の「慈悲の聖母」(1515)


442
Stefano Pievano di Sant'Agneseの「聖人(落剝して特定できません)、司教聖人、聖クリストフォロ、司教聖人」(1382)


451
ポンポニオ・アマルテオ(モンタ・ディ・リヴェンツァ、1505‐サン・ヴィトー・アル・タリアメット、1588)の「エジプトへの逃避」


446
ドメニコ・ティントレット(ヴェネツィア、1560‐1635)の「聖ジローラモ」


445
アントニオ・カヴァジョーニの「十字架降下と聖ヴィンチェンツォ・フェッレーリ」(1738)


450
マルチェッロ・フォゴリーノ(ヴィチェンツァ、1483/1488-1558)の「3聖人」


458
ポルデノーネの「聖ロッコと聖エラズモ」(1512-18)
聖ロッコはポルデノーネの自画像です。この自画像を基にしてPalazzo Comunale横のポルデノーネ像が再現されました。


P2780366
そのポルデノーネ像(写真再掲)


452
モンティーカ礼拝堂のフレスコ画です。


453
礼拝堂の壁一面がフレスコ画で覆われてます。


454
ジョヴァンニ・マリア・ツァッフォーニ通称イル・カルデラ―リ(ポルデノーネ、1500-1570)によって、1554年から1555年に制作されたフレスコ画です。


456
フレスコ画のテーマはキリストと聖母の物語です。


455
聖霊降臨


457
エマオの晩餐


433
外に出ました。


P2780764
高さ72mの鐘楼です。


P2780765


P2780766
ドゥオーモと市立美術館を見終えると、美術的にはポルデノーネの旅はほぼ目的達成と言うべきです。


P2780768
ミサに来る人が続々と・・・・・ 信心深い市民が多い?


P2780767
宗教に頼るほど自分は弱くありません。


P2780769
Corso Vittorio Emanuele IIを戻ります。


P2780770
帰路は通りの歴史的建造物をじっくりと見て行きました。


P2780771
案内板や説明板が完備してます。


P2780772
Palazzo Varmo-Pomo


P2780773


P2780774
この建物の壁に描かれたフレスコ画が面白い。


P2780776
これです。


P2780777
Palazzo Cattaneo


P2780779
写真の小さな字を読めますか?


P2780780


P2780781
Palazzoが続きます。


P2780782


P2780783


P2780785
17世紀中頃に建設されたPalazzo Tinti


P2780787
駅に近付くにつれて建物が新しくなります。


P2780789
17世紀に建設されたPalazzo Pittini


P2780792
柱頭に描かれたフレスコ画


P2780793
コンコルディア劇場


P2780796
ホテルに戻る前に早い夕食を食べました。


P2780803
この時間でも空いている中華料理屋が意外にも良かった。


P2780808


P2780804


P2780806


P2780797
満腹です。


P2780798
(おわり)

P2770823
ポルデノーネ駅に列車が到着して、窓越しに隣のホームを見ると何やら騒然としていました。


P2770826
蒸気機関車が牽引する特別列車のようでした。


P2770827
転車台がないのか、蒸気機関車はバック運転のようです。


P2780336
下車するや否や、特別列車を見ようと向かいのホームに急ぎましたが、生憎地下通路から遠い場所に下車したことに加え、大きな荷物が邪魔して、向かいのホームに行った時には列車が走り去った後でした。残念!


P2780337
ポルデノーネ駅の駅舎


P2780338
駅から街の中心の入り口に伸びるマッジーニ通りです。


P2780339
マッジーニ通りの写真右がこの日のお宿です。


P2780340
駅から近いのと、居心地の良さがあるので、気に入りました。


P2780344
街の中心に向かいます。


P2780343
Corso Vittorio Emanuele II


P2780345
道幅が狭い通りですが、左右の両側に歴史的建造物が建ち並んでます。


P2780346
柱廊が続いてます。


P2780347
歴史的建造物です。


P2780348


P2780349
ドゥオーモの鐘楼が見えてます。


P2780350
建物を見ているだけで楽しくなります。


P2780352
建物をじっくり見るのは、ドゥオーモの拝観と市立美術館の入館後で十分と考え先を急ぎました。


P2780353


P2780354
この辺から道幅が広くなります。


P2780356
ポルデノーネに来たのは画家ポルデノーネ所縁の地だからです。


P2780357
突き当りに見えるのはPalazzo Comunaleです。


P2780358
振り返って、通ってきた道を撮りました。


P2780359
フレスコで装飾された外壁の建物が多い街です。


P2780360
12世紀に創建され、1291年から1395年に増改築されて、ほぼ現在の姿になったと言われる市庁舎です。


P2780362
ファサードの大時計は1542年に設置されました。


P2780759
市庁舎の左手前にある像に注目です。


P2780365
これです。
ジョヴァンニ・アントニオ・デ・サッキス通称イル・ポルデノーネ(ポルデノーネ、1483‐フェラーラ、1539)の像です。


P2780366
この像はドゥオーモ内に描かれたポルデノーネの自画像を基にして作られてます。


P2780361
13世紀に建設されたPalazzo Ricchieriです。


P2780373


P2780363
Palazzo Ricchieriのファサード
この建物に市立美術館があります。


P2780364
Palazzo Ricchieriのすぐ後ろにドゥオーモの鐘楼が立ってます。


P2780367
ポルデノーネのドゥオーモ、サン・マルコ司教座教会です。


P2780368
1291年から1347年に建設された、ゴシック様式の鐘楼は街のシンボルとなっています。地震、落雷、第二次世界大戦の爆撃等によって幾度となく大被害を受けたそうで、現在の姿は1991年に完了した大修復工事後のものです。


P2780369
ドゥオーモの先には、余り見所がなさそうです。


P2780370
ドゥオーモの扉が開いていないので、市立美術館に入館することにしました。


P2780371
鐘楼の後に美術館があります。


P2780372
写真左が市庁舎です。


P2780762
午後だけの開館です。


P2780599
入館しました。


P2780537
市立美術館については、後程詳しく取り上げます。


P2780757
外に出ました。
(つづく)

P1660153
堂内に入りました。


P1660155
三廊式、ラテン十字形の内部です。


P1660990
左側廊


P1660992


P1660154


P1660993
右側廊


P1660995



P1660994
右側廊天井


P1660156
身廊中央の天井


P1660929


P1660157
中央礼拝堂と後陣


P1660933
ボッカッチョ・ボッカッチーノ(フェラーラ、1466以前‐クレモナ、1525)?のフレスコ


P1660935


P1660938
主祭壇画はベルナルディーノ・ガッティ通称イル・ソイアーロ(パヴィア、1495c‐クレモナ、1576)の「聖母被昇天」’1572)


P1660941
説教壇


P1660940
説教壇の彫刻


P1660944
ボッカッチョ・ボッカッチーノの「磔刑」


P1660948


P1660950
詳細不明のフレスコ


P1660952
詳細不明の聖母子


P1660956
詳細不明


P1660959
詳細不明


P1660962
詳細不明


P1660966
サン・ロッコ礼拝堂


P1660970
詳細不明


P1660972
Cappella delle Reliquie(1788)


P1660975
クレモナの金銀細工師のアンブロージョ・ポッツィとアゴスティーノ・サッキによる「銀の十字架」(1470‐78)


P1660977


P1660980
詳細不明


P1660982
聖オモボーノの聖遺物


P1660984


P1660987
詳細不明


P1660988
詳細不明


P1660996
身廊上アーチに描かれたフレスコ画
この部分はボッカッチョ・ボッカッチーノの作品


P1660999
この部分はジローラモ・ディ・ロマーノ通称イル・ロマニーノの作品です。


P1660163
ファサードの裏壁に描かれたフレスコ画を見ます。


P1660164
ポルデノーネの「磔刑」(1520‐21c)


P1660166
ベルナルディーノ・ガッティ通称イル・ソイアーロの「キリストの復活」(1529)


P1660168
ベルナルディーノ・ガッティ通称イル・ソイアーロ?の「嘆き」


P1660171
ポルデノーネの「聖母子と聖フィリッポと聖ジャコモと寄進者」(1522)


P1660176
サン・フェルモ礼拝堂


P1660178
ルーカ・カッタパーネ(16世紀活動)の「磔刑」(1593)


P1660181
ジェルヴァシオ・ガッティの「ご訪問」


P1660185
ジャコモ・ベルテージ(クレモナ、1643‐1710)の「磔刑」(17世紀後半)


P1660189
ジョヴァンニ・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾ(クレモナ、1555‐パルマ、1619)の「受胎告知」(1594)


P1660191
ジョヴァンニ・アンジェロ・ボッローニ(クレモナ、1684‐ミラノ、1772)の「天上の聖ベネデット」(1747)


P1660194
まだまだ沢山ありますが、この辺で終わりにします。


P2710925
(おわり)

P1660133
ソルフェリーノ通りからドゥオーモに行きました。


P1660137
Cattedrale di Santa Maria Assunta
クレモナ司教区の司教座教会です。


P1670005
現在のドゥオーモがある場所に、サント・ステファノ教会とサンタ・マリア教会の存在を記した10世紀の記録が残されてます。
2つの教会を取り壊して、その上に新たな教会を建設することになり、1107年8月26日に最初の土台石が置かれました。
建設途中の1117年1月3日に起きた大地震によって大被害を受けてしまいました。1129年に漸く建設工事が再開され、教会として使用できるようになった1190年に奉献式が執り行われました。


P1660913
その後も翼廊などの拡張工事やファサードの建設が続けられ、1491年に完成しました。


P1670007
先ずファサードの見学です。


P1670011
ファサード上部の4つのニッチは、アルベルト・マッフィオーリ・ダ・カッラーラ(北イタリアで15世紀後半活動)によって1491年に完成しました。


P1660140
ジャコモ・ポッラータ・ダ・コモによって13世紀に造られたバラ窓


P1670012


P1670013
小ポルティコの彫刻はトスカーナの彫刻家による「聖母子と聖イメリオと聖オモボーノ」(1310)


P1670014
正面ファサード入口柱


P1660144
ファサードが3つあるのです。


P1660145


P1660146


P1660147


P1660148


P1660149


P1670007
正面ファサードに向かって左にある塔は、トラッツォと呼ばれる鐘楼です。


P1660914
高さが112m12cmのトラッツォは、754年に創建され、1309年に完成しました。


P1660912
トラッツォの時計は、フランチェスコ・バッティスタ・ディヴィツィオーリとその息子ジョヴァンニの父子によって1583年から1588年に制作されました。


P1670003
正面ファサードの出入り口


P1660141
正面ファサードの出入り口左右にライオン像があります。


P1660142
ジョヴァンニ・ボーノ・ダ・ビッソーニの「ライオン像」(1280)


102


103


120
後陣


122


P1670019
北翼廊のファサード


P1670020


P1670016
北翼廊のファサード


P1670017
北翼廊の出入り口です。その左右にもライオン像があります。


P1670021
後陣の方から南翼廊のファサードの方に向かいました。


P1660197
南翼廊のファサード


P1660196
3つのファサードがあるのはクレモナ繁栄の証左です。


P1660199
写真左端に写っているのは洗礼堂です。


P1660198
洗礼堂のファサードは広場に面してます。


P1660195
洗礼堂の裏側


P1660201
洗礼堂の脇を通って広場に出ました。


P1660135
洗礼堂のファサード


104


126
クレモナですから、ドゥオーモ横にもストラディヴァリ像があります。


127
(つづく)

ヴァイオリンの街クレモナの一番の見所はヴァイオリン博物館です。
P2710786
FSのクレモナ駅で、タクシーでヴァイオリン博物館に行った時、ヴィオリーノと言うべきでしたが、うっかり「ムゼ―オ・ヴァイオリーンまで」と言ってしまい、運転手に笑われてしまいました。


P2710753
マルコーニ広場に博物館があります。


P2710749
Museo del Violinoがグリエルモ・マルコーニ広場のこの場所に新装オープンしたのは確か2013年の秋ごろだったと思います。


P2710957
Museo del Violinoの前身ストラディヴァリアーノ博物館がオープンしたのは1893年でしたが、マルコーニ広場の新しい建物に移転する前は、アラ・ポンツォーネ市立博物館があるPalazzo Affaitatiにありました。


P2710751


P2710746
広場に立つアントニオ・ストラディヴァリ像


P2710750
広場に立つコントラバスのオブジェ


P2710752
Palazzo Comunaleなどにもヴァイオリンの名器が展示されていましたが、2013年秋以降、この博物館で纏めて展示されるようになりました。


P2710791
入館しました。


P2710794
展示室が10室あります。


P2710796


P2710797


P2710798


P2710800


P2710803
製造工房


P2710805
名器が展示されている部屋です。
アントニオ・ストラディヴァリ(クレモナ、1644c‐1737)の「Violoncell "Stauffer- ex Cristiani"」(1700)


P2710808
アンドレア・アマティ(クレモナ、1505c‐1577)の「Violino "Carlo IV"」(1566c)
アンドレア・アマティは、アマティ一族の初代でクレモナのヴァイオリン制作の先駆者的存在になりました。
この後、音楽ホールで行われた演奏会で、このヴァイオリンが使用されました。(後述)


P2710810
ジローラモ・アマティ(クレモナ、1548c‐1630)の「Viola "SWtauffer"」(1615)
ジローラモはアンドレア・アマティの息子で、父の死後、兄アントニオと共に父の工房を受け継ぎました。


P2710813
ニコロ・アマティ(クレモナ、1596‐1684)の「Violino "Hammerie"」(1658c)
ニコロは、ジローラモの息子で、アンドレア・アマティの孫です。アマティ一族のうち、ベストのヴァイオリン制作者と言われてます。


P2710817
見ただけでは名器であるとは分からない私です。


P2710818


P2710820
裏側


P2710823
ジュゼッペ・グアルネリ "del Gesu" (クレモナ、1698‐1744)の「Violino "Stauffer"」(1734)


P2710825
裏側


P2710827
ロレンツォ・ストリオーニ(クレモナ、1744‐1816)のヴァイオリン(1770-80)


P2710829
上写真ヴァイオリンの裏側


P2710830
エンリコ・チェルーティ(クレモナ、1806‐1883)の「Violino "Stauffer"」(1868)


P2710833
裏側


P2710836
アントニオ・ストラディヴァリ(クレモナ、1644c‐1737)の「Violino "Clisbee"」(1669)
アントニオ・ストラディヴァリはニコロ・アマティの弟子でした。


P2710838
裏側


P2710840
アントニオ・ストラディヴァリの「Violino "Vesuvius"」(1727)


P2710843
裏側


P2710846
アントニオ・ストラディヴァリの「Violino "Il Cremonese"」(1715)


P2710848
裏側


P2710851
アントニオ・ストラディヴァリの「Chitarra "sabionari"」(1679)
ギターも制作しました。


P2710854


P2710855
現代に制作されたギター


P2710857


P2710859
アントニオ・ストラディヴァリのマンドリン(1700‐10)


P2710861
アントニオ・ストラディヴァリの「Violoncello "Chigiano"」(1682)


P2710864
ピエロ・ガルバーニのチェロ(1639)


P2710866
アントニオ・ストラディヴァリの「Violino "Hellier"」(1679)


P2710869
1988年にクレモナのマルコ・ノッリによって制作されたCntrabasso


P2710872


P2710873
アントニオ・ストラディヴァリが使用した工具


P2710874


P2710875


P2710876


P2710877


P2710895
名器は実際に演奏された音色を聴かないと分かりません。そのため、博物館に隣接して室内楽のホールが設けられました。
この日は、ヴァイオリン奏者で音楽大学教授のフェデリーコ・グリエルモ氏による演奏が予定されていました。


P2710886
ホールの待合室


P2710893
中に入りました。


P2710891
写真右がフェデリーコ・グリエルモ氏で、手にしているヴァイオリンは名器展示室にあったアンドレア・アマティの”Carlo IX"です。
演奏中の写真はありません。


P2710898
素晴らしい音色の演奏に感動しました。
(おわり)

126
クレモナには、ストラディヴァリ像が幾つあるのでしょうか?


127
これもストラディヴァリ像でしょうね。


128
次はヴィオリーノ(ヴァイオリン)博物館です。


129
クレモナに来たならば、ヴィオリーノ博物館は必訪でしょう。


P2710748
マルコーニ広場です。


P2710751
2010年頃だったと思いますが、クレモナでヴァイオリンの名器を展示していたのは、アラ・ポンツォーネ市立博物館など3か所あったと思います。


P2710747
マルコーニ広場にあるストラディヴァリ像


P2710750
現代アートのオブジェも広場にあります。


P2710752
それまで3か所に分散して展示されていたヴァイオリンなどの名器を纏めて展示するようになった、ヴィオリーノ博物館です。


P2710791
入館しました。


P2710872
ヴィオリーノ博物館については、後程詳しく触れることにします。


P2710808


P2710894
ヴァイオリンの名器は展示だけ見ても名器と分かりません。実際に演奏されないと分からないとの不満解消のために、設けられた演奏会場です。


P2710895
この日はフェデリーコ・グリエルモさんの演奏でした。


P2710891
素晴らしい音色の巧妙な演奏でした。


P2710896
外に出ました。非常に良かった!!


133
ぶらぶら歩きを始めました。


136
ポンキエッリ劇場です。


138
馬蹄形の劇場です。


143
次はサン・ジローラモ教会です。


144
サン・ジローラモ教会です。新しく塗装されたようで新しく見えますが、15世紀に建設されました。


146
中に入りました。


147
クーポラ


148
壁一面がフレスコで覆われてます。


149
華美で派手な教会は苦手です。


150
街角のフレスコ


151
裏通りに一歩踏み入れると、急に静寂さが訪れます。


159
音楽を学んでいると思われる若い日本人をよく見かけます。


201
次はサンタ・マルゲリータ教会です。


202
教会が見えてきました。


203
ジュリオ・カンピ(クレモナ、1502‐1572)に設計によって建設され、1547年に奉献されたChiesa delle Margherita e Pelagiaです。
ジュリオ・カンピは、画家が本業でしたが、建築家である彫刻家でもありました。


205
単廊式、マニエリスム様式の内部です。


206
この教会の見所はジュリオ・カンピによって描かれたフレスコ画です。


207
あまり知られてないようですが、この教会のフレスコ画がジュリオ・カンピの代表作と思います。


208


209


210


211
ジュリオ・カンピ工房にいた弟子たちも制作に参加していたと思います。


212


214
サンタ・マルゲリータ教会を拝観できたのは幸運でした。


215
写真左の建物に注目です。


216
15世紀に建設されたPalazzo Trecchi


217
次はサン・ルーカ教会です。


218
滅多に開かない教会なので、今日はどうか。


219
サン・ルーカ教会は閉まっていました。


220
若しや、すでに旧教会?


P2710783
キリがないので、この辺で終わりにしましょう。


P2710784
(おわり)

P1660716
ジュゼッペ・ディオッティ(カザールマッジョーレ、1779‐1846)の「律修司祭ジョヴァンニ・モスコーニの肖像」


P1660720
詳細不明


P1660722
ルイージ・ベニーニ(クレモナ、1767‐ポンテラゴスクーロ、1801)の「春への捧げもの」


P1660725
ジュゼッペ・ディオッティの「ブロンズの蛇とモーゼ」


P1660729
ジュゼッペ・ディオッティの「聖家族とアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1660733
エンリコ・スクーリ(ベルガモ、1806‐1884)の「祈祷の聖マリア・マッダレーナ」


P2720025
アントニオ・ジャンリージ・イル・ジョーヴァネ(ピアチェンツァ、1677‐クレモナ、1727)の「楽器の静物画」


P2720027
フェリーチェ・ボセッリ(ピアチェンツァ、1650‐パルマ、1732)の「肉屋」


P2720029


P2720030
陶器類の展示


P2720031
ジャコモ・ベルテージ(ソレスィーナ、1643‐クレモナ、1710)の「受胎告知」


P2720033


P1660735


P1660737


P1660738


P1660740
17世紀前半のクレモナの逸名画家作「クレモナへの天の加護の請願」(1620‐40c)


P1660743
17世紀前半のクレモナの逸名画家作「最後の審判」(1620‐40c)


P1660747
ジョヴァンニ・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾ(クレモナ、1556‐パルマ、1619)の「天上の聖母と聖イメリオと聖オモボーノ」


P1660750
ジュリオ・ゴッラ(クレモナ、1832‐ローディ、1870)の「マッジョーレ広場の入り口で凱旋するジョヴァンニ・バルデシオ」


P1660757
17世紀のクレモナの逸名画家作「ジョヴァン・バッティスタ・ボーズィオの請願」(1625)


P1660760
楽器類の展示です。


P1660761


P1660762


P1660763


P1660764


P1660766
詳細不明


P1660767


P1660768


P1660770
部屋のフレスコ装飾


P1660769


P1660771


P1660772


P1660773


P1660774


P1660776


P1660778
詳細不明


P1660779


P1660780


P1660781


P1660782
詳細不明


P1660784
Johan Georg Fockhetzer (クレモナで1758‐1773活動)の「カウッツィ家の紳士の肖像」


P1660787
Johan Georg Fockhetzer の「カウッツィ家の淑女の肖像」


P1660790
ジャコモ・グエッリーニ(クレモナ、1718‐1793)の「淑女の肖像」


P1660792
アンジェロ・マッサッロッティ(クレモナ、1654‐1723)に帰属する「淑女の肖像」


P1660806
2階から1階に下りる階段天井


P1660809
外に出ました。
(おわり)

P1660590
ステファノ・ランブリ(クレモナ、1596‐1658)の「ソリアーノの聖ドメニコと聖母と聖マリア・マッダレーナとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1660593
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574‐ミラノ、1625)の「守護天使」(1622)


P1660595
ジュゼッペ・ヌヴォローネ(ミラノ、1619‐1703)の「ベアート・ロランド・ダ・クレモナ」


P1660599
ジュゼッペ・ヌヴォローネの「ベアート・モネタ・ダ・クレモナ」


P1660605
ヤコポ・フェラーリ(クレモナ、1649‐1664知らせ)の「天の恵みの収穫」(1649)


P1660608
パンフィーロ・ヌヴォローネ(クレモナ、1580/1581-ミラノ、1651)の「聖母への死のお告げ」(1614)
大天使が棕櫚を持っているので、死のお告げになります。大天使がユリを持っていれば、受胎告知になります。
死のお告げをする大天使はミケーレで、受胎告知をする大天使はガブリエーレです。


P1660614
ジョヴァンニ・バッティスタ・クレスピ通称イル・チェラーノ(チェラーノ、1565/1570-ミラノ、1632)の「アルビ派の虐殺」(1628-32)


P1660619
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574-ミラノ、1625)の「聖母のトランスィト」(1616)


P1660624
ジョヴァンニ・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾ(クレモナ、1556-パルマ、1619)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタの斬首」(1590)


P1660630
バルトロメオ・マンフレディ(オスティアーノ、1582-ローマ、1622)の「聖母の前に現れたキリスト」


P1660632
カラヴァッジョ作品の展示室


P1660639
ミケランジェロ・メリージ通称イル・カラヴァッジョ(ミラノ、1571-ポルト・エルコレ、1610)の「瞑想の聖フランチェスコ」


P2720009


P2720010


P2720011


P2720013


P2710997
エルコーレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1520-ミラノ、1595)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2710999
メルキオッレ・カルッツィ(1596から記録)の「受胎告知」


P2720022
フランチェスコ・モンテメッツァーノ(ヴェローナ、1555-ヴェネツィア、1602以降没)の「我に触れるな」


P1660641
廊下?の展示室


P1660643
ジェルヴァシオ・ガッティ通称イル・ソイアーロ(クレモナ、1550c-1630)の「マルタ騎士の肖像」


P1660646
バルトロメ・ゴンザレス(バリャドリッド、1564-マドリッド、1627)の「イサベッラ・ディ・ボルボ―ネの肖像」


P1660649
ジョヴァンニ・バッティスタ・トルティオーリ(クレモナ、1601-1651)に帰属する「オリンピア・マルティネンゴ・ポンツォーニ?の肖像」


P1660652
ガブリエーレ・ゾッキ(クレモナ、17世紀中頃活動)の「ピエトロ・マルティーレ・ポンツォーニ・イル・ヴェッキオ?の肖像」


P1660655
ルイージ・ミラドーリ通称イル・ジェノヴェスィーノ(ジェノヴァ、1605/1610-クレモナ、1656)の「シジスモンド・ポンツォーニの肖像」


P1660658
ガブリエーレ・ゾッキの「6歳時のラウーラ・カミッラ・ポンツィオ―ニの肖像」(1651)


P1660661
ガブリエーレ・ゾッキの「6歳時のピエトロ・マルティーレ・ポンツォーニの肖像」(1651)


P1660675
フェーデ・ガリツィア(ミラノ、1574-1630)の「果物の静物画」


P1660670
フェーデ・ガリツィアの「果物の静物画」


P1660678
ピエトロ・マルティーレ・アルベルティ(クレモナ、17世紀前半活動)の「手桶」


P1660681
ピエトロ・マルティーレ・アルベルティの「白ブドウ」


P1660686
ピエトロ・マルティーレ・アルベルティの「カブの束、アザミ、根菜、ニンニク」


P1660690
ヤン・ブリューゲル・イル・ヴェッキオ(ブリュッセル、1568-アンヴェルサ、1625)の「花瓶の花」


P1660693
ジョヴァンニ・アンジェロ・ボッローニ(クレモナ、1684-ミラノ、1772)の「幼少時のジローラモ・ヴァラーリの肖像」(1775)


P1660698
イグナツィオ・ステルン(マリアヒルフ、1680-ローマ、1748)の「ドメニコ会修道士の肖像」


P1660700
Giovanni Kupetzki (1667-1740)の「Michele Radzyvileの肖像」


P1660704
フランチェスコ・ボッカッチーノ(クレモナ、1660-1740)の「聖家族」


P1660707
マウロ・ピチェナルディ(クレマ、1735-ベルガモ、1809)の「スザンナと大人たち」


P1660711
18世紀末のローマの逸名画家作「神話のシーン」


P1660714
ロザルバ・カッリエーラ(ヴェネツィア、1673-1757)の「アルチント伯爵の肖像」
ロザルバはパステルによる肖像画によって彼女独自の画風を確立しました。
(つづく)

P2710983ラヴィーニア・フォンターナ(ボローニャ、1552‐ローマ、1614)の「紳士と息子の肖像」


P2710986
ベルナルディーノ・ガッティ通称イル・ソイアーロ(パヴィア、1495c‐クレモナ、1576)の「玉座の聖母子と聖セバスティアーノと聖ロッコ」


P2710989
ジュゼッペ・アルチンボルド(ミラノ、1530‐1593)の「野菜売り」
鏡が置かれて、それに写ると野菜売りに見えるという仕掛けです。


P1660438
フランチェスコ・プラータ(カラヴァッジョ、1513‐1527知らせ)の「聖女の頭」


P1660441
フランチェスコ・プラータの「聖女の頭」


P1660444
フランチェスコ・プラータの「聖人の頭」


P1660446
フランチェスコ・プラータの「聖女の頭」


P1660450
フランチェスコ・プラータの「聖女の頭」


P1660452
カミッロ・ボッカッチーノ(クレモナ、1504/1505-1546)の「永遠なる父とケルビーニ」


P1660457
アングイッソーラの枠組みの「子供の肖像」(16世紀後半)


P1660460
アングイッソーラの枠組みの「淑女の肖像」(16世紀後半)


P1660468
ルドヴィーコ・マッツォリーノ(フェラーラ、1480c-1528)の「玉座の聖母子と聖アンドレアと聖ピエトロ」


P1660476
ベルナルディーノ・カンピ(レッジョ・エミリア、1522-1591)の「玉座の聖母子と聖フランチェスコと聖ベネデットと聖ジュゼッペ」(1548)


P1660479
カミッロ・ボッカッチーノ(クレモナ、1504/1505-1546)の「聖母子と大天使聖ミケーレとベアート・アンブロージョ・サンセドーニ」


P1660483
クリストフォロ・マニャーニ(ピッツィゲットーネ、1550c-クレモナ、1582)の「マギの礼拝」(1578)


P1660487
ベルナルディーノ・カンピ(レッジョ・エミリア、1522‐1591)の「聖母被昇天」(1568)


P1660491
アンナ・マリア・アングイッソーラ(クレモナ、1558c‐1611)の「聖家族と聖フランチェスコ」


P1660496
16世紀後半のクレモナの逸名画家(ベルナルディーノ・カンピ?)の「ピエトロ・ボノーミの肖像」


P1660500
ベルナルディーノ・カンピ(レッジョ・エミリア、1522‐1591)の「聖ジョヴァンニーノ」


P1660505
ジェルヴァーシオ・ガッティ通称イル・ソイアーロ(クレモナ、1550c‐1630)の「受胎告知」(1580)


P1660508
ヴィンチェンツォ・カンピ(クレモナ、1563‐1591知らせ)の「聖トッマーゾの不信」


P1660515
ヴィンチェンツォ・カンピの「引っ越し」


P1660518
アンドレア・スクテッラーリ通称アンドレア・ダ・ヴィアダーナ(ヴィアダーナ、?‐クレモナで16世紀活動)の「羊飼いの礼拝」


P1660523
アントニオ・カンピ(クレモナ、1523‐1587)の「ご訪問」(1567)


P1660528
アントニオ・カンピの「聖母の誕生」


P1660531
ジュリオ・カンピ(クレモナ、1508‐1573)の「マルコ・クルツィオの犠牲」


P1660535
ヴィンチェンツォ・カンピ(クレモナ、1563‐1591知らせ)の「嘆き」


P1660540
ジョヴァンニ・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾ(クレモナ、1556‐パルマ、1619)の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」


P1660544
ジュリオ・カルヴィ通称イル・コロナ―ロ(クレモナ、1555‐1591)の「エジプトへの逃避途中の休息」


P1660547
ガレアッツォ・ギドーニ(クレモナ、1582‐1601知らせ)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタの説教」(1598)


P1660554
ジョヴァンニ・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾの「聖ジャチントの奇跡」(1596)


P1660556
詳細不明


P1660557
詳細不明


P1660558
次の部屋です。


P1660560
ジョヴァンニ・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾの「天上の聖母子と聖ヴィンチェンツォ・フェレールと聖イメリオと聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P1660565
ジョヴァンニ・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾの「十字架降下」(1619)


P1660569
ジョヴァンニ・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾの「ヴェローナの聖ピエトロの殉教」


P1660575
アンドレア・マイナルディ通称イル・キアヴェギーノ(クレモナ、1550c‐1617)の「聖母子と聖フランチェスコと聖ジュゼッペと聖ルチア」(1609)


P1660579
クリストフォロ・アゴスタ(カザールマッジョーレ、1570‐1597)の「シエナの聖カテリーナの神秘な結婚」(1597)


P1660583
ジョヴァンニ・バッティスタ・トルティローリ(クレモナ、1601‐1651)の「嬰児虐殺」
(つづく)

P1660338
チェントロからFS駅へと続くVia Palestroです。駅から博物館に直接行く場合、FS駅から、この道を真っすぐチェントロに向かいます。


P1660340
右折してVia Ugolani Datiに入ると、直ぐに市立博物館がある建物が見えます。


P2710957
16世紀に建設された、ルネサンス様式のPalazzo Affaitaniに市立博物館があります。


P2710958
昆虫学者で美術収集家でもあったジュゼッペ・シジスモンド・アラ・ポンツォーネ(クレモナ、1761‐1842)がクレモナ市に遺贈した、この建物と彼の収集物を基に、1928年に博物館として一般公開されるようになりました。


P1660346
2012年頃までは、この同じ建物内にストラディヴァリアーノ博物館がありましたが、マルコーニ広場のヴィオリーノ博物館の方にヴァイオリンの名器などの展示物は移されました。


P1660804
博物館は建物の2階(日本の)にあります。


P1660805
博物館の入り口


P2710961
アラ・ポンツォーネ市立博物館は、Pinacoteca、Le Stanze la Musica、Museo Civico di Storia Naturale, Museo Civico Archeologico San Lorenzoの4部門から成ってます。


P1660348
アルチェロ・ドッセーナ(クレモナ、1878‐ローマ、1937)の「聖アグネス」(大理石、高さ184cm)


P1660350
アルチェロ・ドッセーナの「聖カテリーナ」(大理石、高さ184cm)


P1660800
これは驚きでした。


P1660355
左にある筈の聖ジョヴァンニ・バッティスタ、右にある筈の聖バルトロメオが取り外されていました。


P1660354
残っていた中央パネル
フィリッポ・マッツォーラ(パルマ、1460c‐1505)の「玉座の聖母子」


P1660356
16席前半の逸名彫刻家作「Cavaspino」


P1660360
ヤン・プロヴォスト(ベルギー・モンス、1465c‐ブルージュ、1529)の「聖母子」


P1660362
第1室に入室しました。
この写真は2016年6月に撮りましたが、2018年3月には展示が変わっていることが分かります。


P2710962
2018年3月に第1室に入室した時の写真です。


P1660363
ボッカッチョ・ボッカッチーノ(フェラーラ、1466c‐クレモナ、1525)の「聖人の頭」
クレモナのサン・レオナルド教会にあった聖人、天使の剥離フレスコ画が展示されてます。保護のガラス板に覆われてます。


P1660366
ボッカッチョ・ボッカッチーノの「天使の頭」


P1660367
ボッカッチョ・ボッカッチーノの「聖人の頭」


P1660370
ボッカッチョ・ボッカッチーノの「聖人の頭」


P1660373
ボッカッチョ・ボッカッチーノの「天使の頭」


P1660376
ボッカッチョ・ボッカッチーノの「聖人の頭」


P1660380
ボッカッチョ・ボッカッチーノの「聖人の頭」


P1660383
ペドロ・フェルナンデス(イタリアで1510‐20c活動)の「救世主、聖ジャコモ、幼きキリストへの崇拝、聖フィリッポ」
カステッレオーネのサンタ・マリア・ブレッサノーロ教会にありました。


P1660387
トッマーゾ・アレーニ通称イル・ファディーノ(クレモナ、1500‐1526生存確認)の「祈るキリスト」


P1660391
ニコロ・デ・バルバーリ(15世紀末‐16世紀第1四半世紀活動)の「カルヴァリオへの上り」


P1660394
ピーテル・クック・ファン・アールスト(ベルギー・アールスト、1502‐ブリュッセル、1550)工房の「聖母子」


P1660398
16世紀初め頃のフランドルの逸名画家作「ヨブの苦悩」


P1660403
マルケの逸名画家、フランチェスコ・ダ・トレンティーノ?の「十字架を担ぐキリスト」(1510‐20c)


P1660406
アレアッツォ・カンピ(クレモナ、1477‐1536)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖クリストフォロとシエナの聖カテリーナ」


P1660414
トッマーゾ・アレーニ通称イル・ファディーノ(クレモナ、1500‐1526知らせ)の「幼きリストを崇拝する聖母と音楽天使と聖ジョヴァンニ・バッティスタと聖アントニオ・アバーテ」(1515)


P1660418
16世紀前半のクレモナの逸名画家作「聖女」
聖人は特定できないようです。


P1660420
16世紀前半のクレモナの逸名画家作「大天使聖ミケーレ」


P1660424
ロレンツォ・デ・ベーチ(クレモナ、1517‐1541活動)の「聖母子」


P1660428
ボッカッチョ・ボッカッチーノ(フェラーラ、1466c‐クレモナ、1525)の「玉座の聖母子と聖ヴィンチェンツォとパドヴァの聖アントニオ」(1518)


P1660432
16世紀初め頃のフランドルの逸名画家作「ヨブの物語」


P1660434
ベルナルディーノ・カンピ(レッジョ・エミリア、1521‐1591)の「カテッラーノ・コッタの肖像」


P2710963
アントニオ・デッラ・コルナ(クレモナとソンチーノで1481‐1498記録)の「幼きキリストを崇拝する聖母」


P2710965
アントニオ・デッラ・コルナの「トビオーロと大天使」


P2710967
ベネデット・ルスコーニ通称ディアナ(ヴェネツィア、1460‐1525)の「玉座の聖母子と聖人たちのポリッティコ」


P2710978
バルバラ・ロンギ(ラヴェンナ、1552‐1638)の「授乳の聖母」


P2710979
16世紀前半のミラノの逸名画家作「聖マリア・マッダレーナ」
(つづく)

サンタゴスティーノ教会の続きです。
P1660278
主祭壇と後陣


P1660279


P1660281
後陣のフレスコ画はボニファチョ・ベンボ(ブレーシャ、1447‐ミラノ、1477)の作品です。


P1660283
主祭壇画はアンドレア・マイナルディ通称キアヴェギーノ(クレモナ、1590‐1613活動)の作品です。


P1660284


P1660288
詳細不明の「聖母子」


P1660289


P1660291
アントニオ・カンピ(クレモナ、1522‐1587)?の「マギの礼拝」


P1660297
ペルジーノ(チッタ・デッラ・ピエーヴェ、1446‐フォンティニャーノ、1523)の「聖母子と2聖人」(1494)


P1660299
制作者不明の「受胎告知」


P1660301


P1660302


P1660303


P1660304


P1660305


P1660307
ジョヴァンニ・バッティスタ・バルベリーニの「磔刑」(1666)


P1660308
右側廊


P1660309


P1660311
「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」


P1660313
ジュリオ・カンピ?の「キリストの洗礼」


P1660315
カンピ工房作「キリストの洗礼」


P1660317
カンピ工房の「天上の聖母子と聖人たち」


P1660320
ベルナルディーノ・カンピ?の「聖ジョアッキーノと聖アンナの邂逅」


P1660322
カンピ工房の「復活したキリスト」


P1660324
カンピ工房の「ご誕生」


P1660325


P1660330
詳細不明の「聖母子」


P1660328
詳細不明の「ピエタ」


P1660330
ボニファチョ・ベンボの「聖母子」


P1660332
ベルナルディーノ・カンピ?の「聖霊降臨」


P1660333
詳細不明


P1660335
外に出ました。


P1660825
そろそろ昼食時です。


P1660826
この店で食べました。


P1660827
午後は市立美術館に行くので、ワインは控えました。


P1660828


P1660831


P1660834
腹八分目、適量の昼食でした。


P1660337
アラ・ポンツォーネ市立博物館に向かいました。


P1660338
駅の方に少し戻ります。


P1660340
写真左の建物が市立博物館です。


P1660344


P2710961
入館しました。


P2710962
市立博物館については、後程詳しく取り上げます。


P2720007
カラヴァッジョの作品


P2720029


P1660807
外に出ました。
(つづく)

P1660217
次はサンティ・マルチェッリ―ノ・エ・ピエトロ教会です。


P1660218
教会はアミリカーレ・ポンキエッリ通りにあります。


P1660219
美術鑑賞の上では、教会巡りは非常に効率が悪いのです。


P1660220
扉が閉まっていて中に入れなければ、どうにもなりません。開いていても、ミサ、葬儀、結婚式などで拝観を遠慮する場合が結構あります。


P1660221
夏場に設けられているワンちゃんの水飲み場。


P1660222
写真左は校舎です。
イエズス会によって、サンティ・マルチェッリ・エ・ピエトロ教会と一緒に建設された大学の建物です。


P1660223
サンティ・マルチェッリ・エ・ピエトロ教会のファサード


P1660224
1602年に創建されたバロック様式の建物です。1607年に奉献式が執り行われました。


P1660227


P1660225
建築家フランチェスコ・ビガッロの設計で建設された建物とのことですが、フランチェスコのことを調べても殆ど分かりませんでした。


P1660228
身廊側の扉から中に入りました。


P1660230
単廊式、バロック様式の内部です。


P1660232
左右に短い翼廊があります。


P1660231
右側壁


P1660233
ファサード方向


P1660234
主祭壇


P1660237
後陣の装飾


P1660243
主祭壇画はジェルヴァーシオ・ガッティ(クレモナ、1550‐1631)の作品です。


P1660245
詳細不明


P1660248
詳細不明


P1660250
アンジェロ・マッサロッティの「幼きキリストと聖ジュゼッペ」


P1660251


P1660254
詳細不明


P1660257
詳細不明


P1660259


P1660260
外に出ました。


P1660261
次はサンタゴスティーノ教会ですが、もう同教会の鐘楼が見えてます。


P1660262
後陣


P1660263
美術的に見所が幾つかある教会です。


P1660265
サンタゴスティーノ広場


P1660264
1200年頃、この地にサン・トッマーゾ教会とサン・ジャコモ教会が隣接して建っていたそうです。その2つの教会を統合して新しい教会を建設することになり、2つの教会を取り壊し、その上に建てることになりました。そうして、1339年に創建され、1345年に完成した建物はサンタゴスティーノ教会となって、1345年に奉献式が執り行われました。


P1660266
教会が面している広場が狭いので、大きなファサードを正面から撮るのは難しい。


P1660269
ロンバルド・ゴシック様式のファサード


P1660271


P1660270
扉が開いていました。


P1660272
三廊式の内部です。ゴシック様式の構造ですが、17‐18世紀に行われた改修を経てバロック様式に一部改められました。


P1660275
左側廊方向


P1660274
右側廊方向


P1660276
天井


P1660277
出入口方向
途中ですが、今日は時間がないので、この辺で一旦切ることにします。
(つづく)

P1660153
ドゥオーモの堂内に入りました。


P1660155
三廊式、ラテン十字形の内部です。


P1660154
右方向


P1660156
天井の装飾


P1660157
中央礼拝堂


P1660159
ボッカッチョ・ボッカッチーノ(フェラーラ、1467‐クレモナ、1525)の「天上のキリストと4聖人」(1506‐07)


P1660161
主祭壇画の「聖母被昇天」


P1660163
ファサードの裏にある作品から見て行きます。


P1660164
ポルデノーネ(ポルデノーネ、1483‐フェラーラ、1539)の「磔刑」(1520‐21c)


P1660166
ベルナルディーノ・ガッティ通称イル・ソイアーロ(パヴィア、1495‐クレモナ、1576)の「キリストの復活」(1529)


P1660168
ベルナルディーノ・ガッティ通称イル・ソイアーロ?の「嘆き」


P1660170
ポルデノーネの「聖母子と聖フィリッポと聖ジャコモと寄進者」(1522)


P1660174
聖オモボーノの聖遺物


P1660176
サン・フェルモ礼拝堂


P1660178
ルーカ・カッタパーネ(16世紀に活動)の「磔刑」(1593)


P1660181
ジェルヴァージオ・ガッティ(クレモナ、1643‐1710)の「ご訪問」(16世紀末)


P1660185
ジャコモ・ベルテージ(クレモナ、1643‐1710)の「磔刑」(17世紀後半)


P1660187
ジョヴァンニ・バッティスタ・トロッティ通称イル・マロッゾ(クレモナ、1555‐パルマ、1619)の「受胎告知」(1594)


P1660192
ジョヴァンニ・アンジェロ・ボッローニ(クレモナ、1684‐ミラノ、1772)の「天上の聖ベネデット」(1747)


P1660194


085
左右の柱の上


086
テーマは聖母の物語のようです。


090


093
ボッカッチョ・ボッカッチーノの「磔刑」


094


095
ジュリオ・カンピ(クレモナ、1502‐1572)の「キリストの洗礼」


097
詳細不明の「聖母子」


098


P1660205
外に出ました。


P1660204
市庁舎のロッジャにあるモニュメント


P1660202
ヴァイオリン工房


P1660206
午前中のうちに出来るだけ教会巡りをやっておきたいと考えていました。


P1660207
Largo Boccaccino?


P1660208
Piazza Pace?


P1660209
Via Beltrami


P1660210


P1660211
Piazza Stradivari


P1660212


P1660213
有名なブロンズ像


P1660214
クレモナに来たことを実感させる広場です。


P1660215


P1660216
(つづく)

クレモナは、人口72,077人(2017年12月31日現在)のロンバルディア州クレモナ県の県都です。
005
クレモナ駅に到着しました。


007
駅舎


006
駅前広場のガリバルディ像


009
駅からチェントロまで1㎞弱あります。


011
チェントロに向かってVia Palestroを徒歩で進みました。


012
12世紀に建設されたサンティ・ジャコモ・エ・ヴィンチェンツォ教会です。


013
案内板には単にサン・ヴィンチェンツォ教会と記されていました。珍しく開いていたので拝観しました。



014
三廊式、ロマネスク・バロック様式の内部です。17世紀の行われた修復の際、バロック様式に改修されました。


016
右側廊


018
詳細不明


020
左側廊


015
ゲルヴァシオ・ガッティの「受胎告知」


019
フランチェスコ・ボッカッチーノの「聖ヴィンチェンツォに顕現する聖母子」


022
教会の左側にある建物です。


023
クレモナの女流画家ソフォニスバ・アングイッソーラの名前が記されてます。


021
教会の向かいにあるPalazzo Stanga Trecco


025
ちょっとだけ道草しました。


028
Palazzo Stanga Treccoの入り口


026
中に入りましたが、キオストロ回廊を見ただけで退散しました。


024
大きな荷物があっては身動きできません。


029
この日のお宿に向かいました。


P1660130
ローマ広場近くの裏通りに入りました。


P1660131
写真右の小さなホテルにチェックインしました。


P1660132
先ず、ドゥオーモに向かいました。ホテルからドゥオーモまでは200m足らずです。


P1660133
ドゥオーモのファサードが見えてます。


P1660136
Piazza del Comune


104
ドゥオーモの洗礼堂


P1660134
Palazzo Comune


P1660151
この広場がクレモナの中心です。


P1660150


P1660137
サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂です。
ドゥオーモについては、後程詳しく取り上げる予定です。


P1660138
1107年創建、1491年に完成しました。1190年に奉献式が執り行われました。


P1660139
トスカーナの彫刻家作「聖母子と聖イメリオと聖オモボーノ」(1310)


P1660140
バラ窓


P1660141
ジョヴァンニ・ボーノ(?、?‐1442)の「ライオン像」


P1660142
ジョヴァンニ・ボーノの「ライオン像」


P1660143
ロマネスクの彫刻


P1660144


P1660145


P1660146
最近、このような彫刻に対して稚拙感を抱くようになりました。


P1660147


P1660148


P1660149


P1660152


P1660195


P1660196


P1660197
Transetto nord


P1660199


P1660203
高さ111mのトラッツォ


P1660200


P1660201
(つづく)

P2660027
ジュゼッペ・ヴォーロ通称ヴィチェンツィーノ(ミラノ、1662‐1700以降没)の「花の静物画」(1690?)


P2660028
ジュゼッペ・ヴォーロ通称ヴィチェンツィーノの「花の静物画」


P2660032
アンジェロ・マリア・クリヴェッリ通称クリヴェッローネ(ミラノ、?‐1730c)の「鳥とキツネと猫」(17世紀末)


P2660035
アンジェロ・マリア・クリヴェッリ通称クリヴェッローネの「農園の鳥」(17世紀末)


P2660037
フィリッポ・アッビアーティ(ミラノ、1643‐1715)の「静物画」(1690c)
この作品の写実描写には驚嘆します。


P2660039
フランチェスコ・ロンドニオ(ミラノ、1723‐1783)の「羊とロバと羊飼い」(1763)


P2660043
フランチェスコ・ロンドニオの「牛と老いた農民」(1775?)


P2660045
フランチェスコ・ロンドニオ(ミラノ、1723‐1783)の「家畜と羊飼い」(1762?)


P2660049
フランチェスコ・ロンドニオ(ミラノ、1723‐1783)の家畜の傍で休憩する農民」(1765?)


P2660052
フランチェスコ・ロンドニオ(ミラノ、1723‐1783)の「田園の風景」(1762?)


P2660055
フランチェスコ・ロンドニオ(ミラノ、1723‐1783)の「羊飼いがいる田園の風景」(1770)


P2660058
フランチェスコ・ロンドニオ(ミラノ、1723‐1783)の「自画像」(1770c)


P2660061
セバスティアーノ・リッチ(ベッルーノ、1659‐ヴェネツィア、1734)の「聖アントニオの誘惑」(1694‐96)


P2660063
セバスティアーノ・リッチの「聖セバスティアーノの神格化」(1694以降)


P2660068
カルロ・インノチェンツォ・カルローニ(スカリア・ディンテルヴィ、1686/1687‐1775)の「伯爵ルドヴィーコ・エベラルド・ヴェルテンベルクの至福」(1730‐33)


P2660071
カルロ・マリア・ジュディチ(ヴィッジュ、1723‐ミラノ、1804)の「天上のパオラの聖フランチェスコ」(1750‐60)


P2660074
ジャンバッティスタ・ティエポロ(ヴェネツィア、1696‐マドリッド、1770)の「聖母子とフランチェスコ会聖人たち」(1716c)


P2660077
ジャンバッティスタ・ティエポロの「聖ルチアの聖体拝領」(1748c)


P2660080
フランチェスコ・デ・ムーラ(ナポリ、1696‐1782)の「アレキサンダーの相続」(1758以降)


P2660083
フランチェスコ・デ・ムーラの「ルキアの出発」(1760c)


P2660086
ジャン・マルク・ナティエ(パリ、1685‐1766)の「バルバラ・ルイジャ・タッダの肖像」(1747)


P2660090
カルロ・アマルフィ(ソレント、1707‐ナポリ、1787)の領域の「音楽一家」(1760c)


P2660093
アレッサンドロ・マニャースコ通称リッサンドリーノ(ジェノヴァ、1667‐1749)と協力者の「市場」(1733c)


P2660096
アレッサンドロ・マニャースコ通称リッサンドリーノとアントニオ・フランチェスコ・ペルッツィーニ(アンコーナ、1646c‐ミラノ、1724)の「橋と塔がある嵐の風景」(1700以前)


P2660100
ベルナルド・ベッロット(ヴェネツィア、1721/1722-ワルシャワ、1780)の「ミラノのブロレットとパラッツォ・デイ・ジュレコンスルティ」(1744)


P2660103
アレッサンドロ・マニャースコ通称リッサンドリーノとアントニオ・フランチェスコ・ペルッツィーニの「時化の風景」(1700以前?)


P2660106
レオナルド・コッコランテ(ナポリ、1680-1750)の「月光の中の穏やかな海」(1730-40c?)


P2660109
レオナルド・コッコランテの「時化の海」(1730-40c?)


P2660112
ジョヴァンニ・アントニオ・カナル通称カナレット(ヴェネツィア、1697-1768)の「ヴェネツィアの風景」(1742以前)


P2660115
ジョヴァンニ・アントニオ・カナル通称カナレットの「ヴェネツィアの風景」(1742以前)


P2660118
フランチェスコ・グアルディ(ヴェネツィア、1712-1793)の「嵐」(18世紀末)


P2660121
フランチェスコ・グアルディの「ピラミッドと遺跡がある風景」(1775c)


P2660122
フランチェスコ・グアルディの「ローマ遺跡とラグーナ」(1775c)


P2660294
疲れたので、この他の部門には行けませんでした。


P2660318
(おわり)

P2650902
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1609‐1662)の「無原罪の御宿リ」(1636‐40)


P2650906
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1609‐1662)の「幼きキリストを抱く聖ジュゼッペ」(1638c)


P2650908
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1609‐1662)の「パドヴァの聖アントニオ」(1643c)


P2650912
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1609‐1662)の「聖職者の肖像」(1650‐60)


P2650914
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1609‐1662)の「Cefalo e Procri」(1645‐50)


P2650918
ジョヴァンニ・ステファノ・ドネーダ(またはダネーディ)通称モンタルト(トレヴィーリオ、1612‐ミラノ、1690)の「聖母子と聖エリージオとコイン製造に従事する労働者たち」(1640c)


P2650921
ヴァレリオ・カステッロ(ジェノヴァ、1624‐1659)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタの斬首」(1645c)


P2650925
シモーネ・ディ・ティントーレ(ルッカ、1630‐1708)の「野菜、花、果物と花籠の静物画」(1650c)


P2650928
シモーネ・ディ・ティントーレの「果物、野菜、藁籠の静物画」(1650c)


P2650930


P2650932
17世紀に活動した北ヨーロッパの画家(Daniel van den Dijch?)の「帽子を手にする少女の肖像」(1633)


P2650935
アレッサンドロ・トゥルキ通称オルベット(ヴェローナ、1578‐ローマ、1644)の「死せるキリストへの哀悼」(1617c)


P2650937
カルロ・チェレーザ(サン・ジョヴァンニ・ビアンコ、1609‐ベルガモ、1679)の「高貴な女性、アンジェリカ・デ・アレッサンドリの肖像」(1643)


P2650941
ジローラモ・フォラボスコ(ヴェネツィア、1605‐1679)の「聖母子」(1660以前)


P2650944
ジャチント・ジミニャーニ(ピストイア、1606‐ローマ、1681)の「ウーラニアー(天文の女神)」(1652c)


P2650947
ルイージ・アミダ―ニ(パルマ、1591‐1629以降没)の「アポロとマルシア」(1630c)


P2650950
ジョヴァンニ・ステファノ・ドネーダ(またはダネーディ)通称モンタルト(トレヴィーリオ、1612‐ミラノ、1690)の「ヘロデ王に聖ジョヴァンニ・バッティスタの首を渡すヘロデア」(1635)


P2650954
ジョヴァンニ・ステファノ・ドネーダ(またはダネーディ)通称モンタルトの「アポロとマルシア」(1665c)


P2650959
ジョヴァンニ・ステファノ・ドネーダ(またはダネーディ)通称モンタルトの「捨てられたディードー」(1640c)


P2650961
17世紀に活動したPittore lombardoの「カリオ・ヴェツォーリの肖像」(1654)


P2650965
ジョヴァンニ・ステファノ・ドネーダ(またはダネーディ)通称モンタルト(トレヴィーリオ、1612‐ミラノ、1690)の「ヴィーナスとアドーネ」(1656c)


P2650968
ジュゼペ・デ・リベラ(スペイン、1591‐ナポリ、1652)に帰属する「聖エレミータ」(1650c)


P2650971
ヤコブ・フェルディナンド・ヴ―エ(アンヴェルサ、1639‐パリ、1689)に帰属する「オルテンシア・マンチーニの肖像」(1676‐80)


P2650974
17世紀に活動したPittore lombardoの「スピネッタ歌手」(1650c)


P2650976
ピエトロ・べッロッティ(ヴォルチャーノ・ディ・サロ、1625‐ガルニャーノ、1700)の「年老いた呑兵衛」(1674c)


P2650979


P2650981
ジャコモ・チェルーティ通称ピトッケット(ミラノ、1697‐1767)の「紡織女と籠を背負う農民」(1765c)


P2650983
パオロ・パガーニ(カステッロ・ヴァルソルダ、1655‐ミラノ、1716)の「聖家族とパドヴァの聖アントニオ」(1714c)


P2650987
カルロ・プレーダ(ミラノ、1651/1652-1729)の「哲学者の火刑」(1694以降)


P2650989
カルロ・プレーダの「ファウスティーナ皇后の訪問を受ける獄中の聖カテリーナ」(1694以降)


P2650993
ヴィットーレ・ギスランディ通称フラ・ガルガーノ(ベルガモ、1655-1743)の「自画像」(1732)


P2650996
ヴィットーレ・ギスランディ通称フラ・ガルガーノの「修道士の肖像」(1732c)


P2650999
ヴィットーレ・ギスランディ通称フラ・ガルガーノの「若き芸術家の肖像」(1730c)


P2660002
ヴィットーレ・ギスランディ通称フラ・ガルガーノの「彫刻家に扮した若者の肖像」(1730c)


P2660005
カルロ・プレーダ(ミラノ、1651/1652-1729)の「書斎の聖カテリーナ」(1694)


P2660012
アントニオ・ルチーニ(ミラノ、1702-1741生存確認)の「クラウディオ・アントニオ・ストラーダの肖像」(1722-24)


P2660015
ジャコモ・チェルーティ通称ピトッケット(ミラノ、1697-1767)の「紳士の肖像」(1767?)


P2660018
ジャコモ・チェルーティ通称ピトッケットと工房の「若者の肖像」(1750c)


P2660021
ジャコモ・チェルーティ通称ピトッケットの「聖職者の肖像」(1750c)


P2660024
ジャコモ・チェルーティ通称ピトッケットと工房の「紳士の肖像」(1750c)
(つづく)

P2650796
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(ピエーヴェ・ディ・カドーレ、1488/1489-ヴェネツィア、1576)の「大使ガブリエル・デ・ルエツ・ドラモンの肖像」(1541-42)


P2650798
レアンドロ・ダ・ポンテ通称バッサーノ(バッサーノ、1557-ヴェネツィア、1622)の「男の肖像」(1600-10)


P2650802
カルロ・カリアーリ(ヴェネツィア、1570-1596)の「聖ジュリアーナの殉教」(1595)


P2650805
フランチェスコ・ダ・ポンテ通称バッサーノ(バッサーノ、1549-ヴェネツィア、1592)工房の「荊刑のキリスト」(1583)


P2650807
フランチェスコ・ダ・ポンテ通称バッサーノ工房の「キリストの鞭打ち」(1583)


P2650810


P2650812
詳細不明


P2650813
次の展示室です。


P2650817
第26展示室


P2650814
エネア・サルメッジャ(ベルガモ、1558-1626)の「天上の聖母子と聖アンブロージョと聖カルロ・ボッロメオ」(1603)


P2650818
エネア・サルメッジャの「天上の聖母子と聖ロッコと聖フランチェスコと聖セバスティアーノ」(1604)


P2650821


P2650823
ハンス・ロッテンハンマー(ミュンヘン、1564-アウグスブルク、1625)の「悪魔を退治する大天使ミケーレと聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1606以前)


P2650825
ジョヴァンニ・バッティスタ・クレスピ通称イル・チェラーノ(ロマニャーノ・セシア、1573-ミラノ、1632)の「大天使聖ミケーレ」(1605-10)


P2650828
ジョヴァンニ・バッティスタ・クレスピ通称イル・チェラーノの「死に行く人に顕現する聖フランチェスコ」と「病人を癒す聖フランチェスコ」(1610-20)


P2650832
ダニエーレ・クレスピ(ミラノ?、1597c‐ミラノ、1630)の「外科医エネア・フィオラヴァンティの肖像」(1625以降)


P2650835
ダニエーレ・クレスピの「羊飼いの礼拝」(1623‐25)


P2650837
ジュゼッペ・ヴェルミーリオ(ミラノ?、1587-?、1635以降没)の「イサクの犠牲」(1621以降)


P2650841
ダニエーレ・クレスピ(ミラノ?、1597c‐ミラノ、1630)の「聖ステファノの殉教」(1622以降)


P2650844
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574‐ミラノ、1625)の「マギの礼拝」(1625)


P2650847
ジュゼッペ・ヴェルミーリオ(ミラノ?、1587‐?、1635以降没)の「聖セバスティアーノ」(1621c)


P2650850
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574-ミラノ、1625)の「ユディト」(1620c)


P2650853
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニの「聖家族」(1615-19)


P2650856
グリエルモ・カッチャ通称モンカルヴォ(モンタボーネ、1568?-モンカルヴォ、1625)の「聖母子」(1615c)


P2650859
ピエル・フランチェスコ・マッツゥッケッリ通称イル・モラッツォーネ(モラッツォーネ、1573-1626)の「天使」(1614以降)


P2650861
ピエル・フランチェスコ・マッツゥッケッリ通称イル・モラッツォーネの「ウルカヌスの鍛冶工場」(1599以降)


P2650864


P2650866
パオロ・カミッロ・ランドリアーニ通称トゥキーノ(ポンテ・イン・ヴァルテッリーナ、1562c-ミラノ、1618)の「聖アンブロージョと蜂の奇跡」(1600-10)


P2650869
ルイージ・アミダ―ニ(パルマ、1591-1629以降没)の「聖カルロ・ボッロメオ」(1630c)


P2650871
ピエル・フランチェスコ・マッツゥッケッリ通称イル・モラッツォーネ(モラッツォーネ、1573-1626)の「聖ロッコ」(1608c)


P2650874
グリエルモ・カッチャ通称モンカルヴォ(モンタボーネ、1568?-モンカルヴォ、1625)の「聖ジローラモと天使」(1610-20)


P2650878
ジョヴァンニ・バッティスタ・クレスピ通称チェラーノ(ロマニャーノ・セシア、1573-ミラノ、1632)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」(1605以降)


P2650881
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574-ミラノ、1625)の「受難のツールを受け取るコスタンティーノ帝」(1620)


P2650884
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニの「聖セバスティアーノ」(1610-20)


P2650886
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニの「聖バルナーバ」(1606c)


P2650889


P2650891
フランチェスコ・カイロ(ミラノ、1607-1665)の「聖クリスティーナ」(1638以降)


P2650894
フランチェスコ・カイロの「法悦の聖フランチェスコ」(1633-35)


P2650897
フランチェスコ・カイロの「詩人の肖像」(1645c)


P2650900
フランチェスコ・カイロの「園の祈り」(1633-35)
(つづく)

↑このページのトップヘ