イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

2019年05月

第7室の続きです。
P2270543
バルトロメオ・ブルガリーニ(シエナ、1337‐1378記録)の「玉座の聖母子」


P2270545
第7室の窓からの眺め


P2270546


P2270547
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1319‐1348消息)の「贖罪の寓意」


P2270549
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1319‐1348消息)の「聖母子」


P2270551
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1319‐1348知らせ)の「聖パオロ」


P2270552
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1319‐1348知らせ)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P2270554
ピエトロ・ロレンツェッティ(シエナ、1305‐1345知らせ)の「磔刑」


P2270556
アンブロージョ・ロレンツェッティ派逸名画家作「聖アントニオ・アバーテ」、「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ」


P2270560
もっとも広い展示室は第7室でしょうか?


P2270561
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1319‐1348知らせ)の「聖母子と2聖人」


P1410124
聖母子


P1410125
聖マリア・マッダレーナ


P1410126
聖マルタ


P2270562
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1319‐1348知らせ)の「死せるキリストへの哀悼」
上の「聖母子と2聖人」の裾絵です。


P2270564
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1319‐1348知らせ)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P2270568
14世紀前半の逸名彫刻家作「磔刑像」(1320‐30c)


P2270570
バルトロメオ・ブルガリーニ(シエナ、1337‐1378記録)の「聖母子と聖アンサーノと聖ガルガーノ」


P1410140
ピエトロ・ロレンツェッティ(シエナ、1305‐1345知らせ)と協力者の「聖母子」


P2270572
パオロ・ディ・ジョヴァンニ・フェイ(シエナ、1345‐1411)の「聖母子と聖人たちのポリッティコ」


P1410177
聖人たちは、聖ジョヴァンニ・バッティスタ、聖アンドレア、聖フランチェスコ、預言者ダニエーレ


P2270574
ニッコロ・ディ・ボナッコルソ(シエナ、1355‐1388記録)の「新約聖書の物語」


P2270576
ヤコポ・ディ・ミーノ・デル・ペッリッチャイオ(シエナ、1315/1320-1396活動)の「アレッサンドリアの聖カテリーナの戴冠と聖人たち」(1362)


P2270578
パオロ・ディ・ジョヴァンニ・フェイ(シエナ、1345-1411)の「聖母の誕生と聖人たち」


P1410187
聖人たちは、聖ヤコポ、アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖バルトロメオ、ウンゲリアの聖エリザベッタ


P1410188


P2270580
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362-1422知らせ)の「磔刑」


P1410193
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1319-1348知らせ)の「彩色磔刑像」
修復のため、暫く取り外されていました。


P1410182
パオロ・ディ・ジョヴァンニ・フェイ(シエナ、1345-1411)の「聖ヤコポ、聖ジョヴァンニ・バッティスタ、聖ヴィターレ」


P1410191
バルトロメオ・ブルガリーニ(シエナ、1337-1378記録)の「司教聖人」


P1410180
ベルナルド・ダッディ(フィレンツェ、1290c-1355c)の「玉座の聖母子と聖人たちのトリッティコ」


P2270583
次は第8室です。


P2270584
ルーカ・ディ・トンメ(シエナ、1356-1389知らせ)の「聖母子と聖アンナと聖人たち」(1367)


P1410197
聖母子と聖アンナ


P1410198
アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖ジョヴァンニ・バッティスタ


P1410199
聖アントニオ・アバーテ、聖アグネス


P2270586
ピエトロ・ロレンツェッティ(シエナ、1305-1345知らせ)の「シエナ、サン・ジュスト教会のポリッティコ」


P1410206
聖母子


P1410207
クスピデの受胎告知


P1410208
聖ジュリアーナ、聖ピエトロ


P1410209
聖パオロ、聖ジュスト


P1410210


P1410211
(つづく)

P2270496
次は第6室です。


P2270497
第6室に入室しました。


P2270498


P2270499
Maestro della Pieta (Pittore Senese attivo nella seconda meta del Trecento)の「園の祈りと鞭打ち、アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚、磔刑のトリッティコ」


P2270501
バルトロ・ディ・フレディ(シエナ、1353‐1410消息)の「聖母戴冠」


P2270503
アンドレア・ディ・バルトロ(シエナ、1360‐1428)の「磔刑のトリッティコ」


P2270506
バルトロメオ・ブルガリーニ(シエナ、1337‐1378記録)の「聖母被昇天」


P2270509
ルーカ・ディ・トンメ(シエナ、1330c‐1389)の「聖母子と4聖人」


P1410097
聖母子


P1410098
聖ヴィンチェンツォ、聖ピエトロ


P1410100
聖パオロ、聖ロレンツォ


P2270512
ルーカ・ディ・トンメ(シエナ、1330c‐1389)の「トルフェのポリッティコ」


P1410088
聖母子


P1410089
聖グレゴリオ、聖ジョヴァンニ・バッティスタ


P1410090
司教聖人、聖フランチェスコ


P2270516
ニッコロ・ディ・セル・ソッツォ(シエナ、1334‐1363生存確認)とルーカ・ディ・トンメ(シエナ、1330c‐1389)の「聖母子と聖人たち」(1362)


P1410079
聖母子


P1410082
聖ジョヴァンニ・バッティスタ、聖トンマーゾ・アポストロ


P1410083
聖ベネデット、聖ステファノ


P1410116
リッポ・メンミ(シエナ、1317‐1348消息)の「聖母子」


P2270518
次は第7室です。


P2270519
第7室に入室しました。


P2270522
広い展示室です。


P2270520
バルトロメオ・ブルガリーニ(シエナ、1337‐1378記録)の「聖母子と聖アンサーノと聖ガルガーノ」


P2270523
ピエトロ・ロレンツェッティ(シエナ、1305‐1345生存確認)の「聖バルトロメオと聖チェチリアと聖ジョヴァンニ・バッティスタ」(1332)
クスピデは聖アグネス、アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖エリザベッタ(または聖アンナ)


P2270525
バルトロメオ・ブルガリーニ(シエナ、1337‐1378記録)の「司教座の聖ピエトロと聖パオロと聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ」


P1410166
司教座の聖ピエトロ


P1410168
聖パオロ


P1410167
聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ


P2270527
ピエトロ・ロレンツェッティ(シエナ、1305‐1345生存確認)の「カルミネの祭壇画」(1328)
シエナのカルミネ教会にあった多翼祭壇画です。


P2270528
聖アグネス


P2270529
欠落パネルがかなりあります。


P2270530


P2270531
アレッサンドリアの聖カテリーナ


P2270532
玉座の聖母子と聖人たち


P2270533
裾絵


P2270534


P2270535


P1410152
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1319‐1348消息)の「小マエスタ」


P2270539
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1319‐1348消息)の「受胎告知」(1343)


P2270541
アンブロージョ・ロレンツェッティ周囲の逸名画家作「玉座の聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナと聖ジョヴァンニ・バッティスタ」
(つづく)

第4室の続きです。
P2270460
ウゴリーノ・ディ・ネリオ(シエナ、1317‐1327生存確認)の「聖母子と4聖人」


P1410013
聖母子


P1410014
聖キアーラ、聖ステファノ


P1410015
聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ、聖フランチェスコ


P2270462
Maestro di Citta di Castelloの「聖母子と4聖人のポリッティコ」


P1410025
クスピデ;救世主
下;聖母子


P1410026
上;聖アゴスティーノ、聖ピエトロ
下;聖フランチェスコ、聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ


P1410027
上;聖ジョヴァンニ・バッティスタ、聖マリア・マッダレーナ
下;聖ステファノ、聖キアーラ


P2270464
Maestro degli Albertini (Pittore duccesco attivo agli inizi del Trecento)の「玉座の聖母子」


P2270466
セーニャ・ディ・ボナヴェントゥーラ(シエナ、1298‐1327生存確認)の「4聖人」(1315c)


P1410019
聖パオロ、聖母マリア


P1410020
聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ、聖ロムアルド


P2270468
次の部屋に行きます。


P2270469
第5室です。


P2270470
展示作品は以前と全く同じではありません。


P2270471
シモーネ・マルティーニ(シエナ、1284/1290-アヴィニョン、1344)の「聖母子」


P1410044
以前に撮った写真の方が鮮明です。


P2270473
リッポ・メンミ(シエナ、1317-1348生存確認)のシエナのサン・ドメニコ修道院キオストロのフレスコ断片


P2270474
マエスタ


P1410041


P2270475


P2270476


P1410037
ウゴリーノ・ディ・ネリオ(シエナ、1317-1327生存確認)の「悲しみの聖母」


P1410058
リッポ・メンミ(シエナ、1317-1348生存確認)の「2聖人」


P2270478
聖フランチェスコ


P2270480
トローサの聖ルドヴィーコ


P2270482
ナッド・チェッカレッリ(1347記録)の「聖母子と聖人たちのポリッティコ」


P1410049
聖母子


P1410050
聖アントニオ・アバーテ、大天使聖ミケーレ


P1410051
聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ、聖ステファノ


P2270484
シモーネ・マルティーニ(シエナ、1284/1290-アヴィニョン、1344)の「ベアート・アゴスティーノ・ノヴェッロと4つの奇跡」


P2270486
バルトロ・ディ・フレディ(1330/1335c-1410)の「マギの礼拝」


P2270488
Maestro della Madonna di Palazzo Venezia(シモーネ・マルティーニの協力者)の「ベアート・アンドレア・ガッレラーニ」


P2270490
リッポ・メンミ(シエナ、1317-1348知らせ)の「聖母子」


P2270492
Maestro della Madonna di Palazzo Venezia(シモーネ・マルティーニの協力者)の「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」


P2270494
リッポ・メンミ(シエナ、1317-1348知らせ)の「聖母子」


P1410074
ナッド・チェッカリーニ(1347記録)の「聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナと聖ジョヴァンニ・バッティスタ」、「磔刑」
(つづく)

P2270419
次は第3室です。


P2270420
第3室です。


P2270421
展示作品は以前とほぼ同じです。


P2270422
Maestro di Badia a Isola (13世紀末‐14世紀初頭)の「聖母子」


P1400995


P2270424
シモーネ・マルティーニ(シエナ、1284/1290-アヴィニョン、1344)の「聖母子」
以前には展示されていなかった作品です。


P2270426
微妙に展示が変わってます。


P2270427
ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ(シエナ、1255/1257-1318/1319)の「サンタ・マリア・デッラ・スカラ病院のポリッティコ」
パネル毎に見て行きましょう。


P1400978
聖母子


P1400979
聖アグネス、聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ


P1400980
上;天使たち
下;アブラ―モ、イサッコ、ジャコベ、ジェレミア


P1400981
クスピデ;祈るキリスト
下;モーゼ、ダヴィデ


P1400982
上;二天使
下;イザイア、エリア、ダニエーレ、マラキア


P1400983
聖ジョヴァンニ・バッティスタ、聖マリア・マッダレーナ


P2270429
ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ(シエナ、1255/1257-1318/1319)の「聖母子と4聖人のポリッティコ」


P1400950
クスピデ;祈るキリスト
下;聖母子


P1400952
聖アゴスティーノ、聖パオロ


P1400951
聖ピエトロ、聖ドメニコ


P2270431
ニッコロ・ディ・セーニャ(シエナ、1331-1345記録)の「聖人たち」
上;聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ、聖ジャコモ、聖ジョヴァンニ・グアルベルト、聖マリア・マッダレーナ
下;聖バルトロメオ、聖二コラ


P2270435
ニッコロ・ディ・セーニャ(シエナ、1331-1345記録)の「聖人たち」
上;聖ルチア、聖ロレンツォ、聖アンドレア、聖ジョヴァンニ・バッティスタ
下;聖ベネデット、大天使聖ミケーレ


P2270433
Maestro di Citta di Castello(13世紀末-14世紀初め活動)の「聖母子と4聖人」


P1400959
聖母子


P1400960
聖アゴスティーノ、聖パオロ


P1400961
聖ピエトロ、聖アントニオ・アバーテ


P2270437
シモーネ・マルティーニ(シエナ、1284/1290-アヴィニョン、1344)の「慈悲の聖母」


P1400986
セーニャ・ディ・ボナヴェントゥーラ(シエナ、1298-1327)の「彩色磔刑像」


P1400988
ニッコロ・ディ・セーニャ(シエナ、1331-1345記録)の「聖母子」


P2270441
Maestro di Monteolivetoの「磔刑」


P2270443
ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ(シエナ、1255/1257-1318/1319)の「フランチェスカ―ニの聖母」


P1410002
ドゥッチョの追随者(セーニャ・ディ・ボナヴェントゥーラ?)の「聖母子」


P1400967
ニッコロ・ディ・セーニャ(シエナ、1331-1345記録)の「彩色磔刑像」


P1400954
フランチェスコ・ディ・セーニャ(1328-1348記録)?の「彩色磔刑像」


P2270445
次は第4室です。


P2270446
第4室です。


P2270447
少し狭い部屋です。


P2270449
ウゴリーノ・ディ・ネリオ(シエナ、1317-1327記録)の「聖フランチェスコがいる磔刑」


P2270451
ニッコロ・ディ・セーニャ(シエナ、1331-1345記録)の「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2270453


P2270454
Pittore duccesco del secondo decennio del Trecentoの「彩色磔刑像」


P2270456
ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ工房の「聖マリア・マッダレーナ」


P2270458
Maestro degli Albertiniの「聖母子」
(つづく)

P1400386
シエナのサン・ピエトロ通りです。


P1400388
サン・ピエトロ通りに面して建っているのが、15世紀中頃に建設されたPalazzo Bonsignoriです。


P1400389
Palazzo Bonsignoriの隣がサン・ピエトロ教会です。


P1400390
1915年、Palazzo Bonsignoriの所有者ニッコロ・ボンシニョーリは、この建物をシエナ市当局に寄贈しました。1932年、シエナ派絵画の展示を目的にPinacoteca Nazionaleがこの建物にオープンしました。


P2270390
2016年の年間入館者は21,245人でした。一日平均70人強の入館者という訳で、然程人気が高いとは言えないでしょう。


P2270391
国立絵画館は有り難いことに休館日がありません。留意すべきは月曜日と日曜日・祝日が午後休館となることでしょう。


P1400404
切符売り場です。持っている荷物はロッカーに預けねばなりませんが、ロッカーのカギは身分証明書と引き換えとなるので、日本人の多くはパスポートを預けねばなりません。


P1400395
切符売り場を出ると、直ぐに、この聖母子に出会うことになります。
アンドレア・ディ・ニッコロ(シエナ、1462‐1514活動)の「聖母子」


P2270392
パラッツォのキオストロ


P1400399
キオストロにある古井戸


P2270394
ピエタのキリストがあります。


P2270395
ピエタのキリストの制作者等の詳細が分かりません。


P2270396
展示室は、2階(日本の)、3階、4階にあります。


P2270397
階段の途中に肖像画があります。
19世紀のシエナの逸名画家作「ニッコロ・ボンシニョーリの肖像」
1915年、ニッコロ・ボンシニョーリが所有していたPalazzo Bonsignoriをシエナ市当局に寄贈して、絵画館オープンの礎を築いたことから、この肖像画が展示されるようになったと思います。


P2270399
更に階段を上ります。


P2270400
ネロッチョ・ディ・バルトロメオ・ランディ(シエナ、1447‐1550)の「オルガンの装飾断片」


P2270402
ネロッチョ・ディ・バルトロメオ・ランディ(シエナ、1447‐1550)の「オルガンの装飾断片」


P2270404
第1室に入ります。


P2270405
第1室はSecond Pianoにあります。


P1400897
アルノルフォ・ディ・カンビオのウンブリアの追随者の「教皇聖クレメンテ?像」(1290‐1300)


P2270408
13世紀末のシエナの逸名画家作「聖母子」


P2270410
シエナ絵画館のシンボル的存在の作品です。


P1400893
ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ(シエナ、1255c-1318/1319)と工房の「聖母子」


P1400890
Maestro di Tressaの「祈る救世主」(1215)


P1400903
14世紀初めのシエナの逸名画家作「祈る救世主」


P1400899
Maestro Seneseの「磔刑像」(13世紀初め)


P2270412
次は第2室です。


P2270413
第2室に入りました。


P2270414
展示されている作品は以前と同じのようです。


P2270415
グイド・ディ・グラツィアーノ(シエナ、1278-1302記録)の「聖フランチェスコとその生涯の物語」


P2270417
Maestro del Paliotto di San Giovanni Battistaの「玉座の聖ジョヴァンニ・バッティスタとその生涯の物語」(1270-80)


P1400907


P1400909


P1400910


P1400928
グイド・ダ・シエナ(シエナ、13世紀後半活動)の「聖母子と4聖人」


P1400917
聖母子


P1400930
聖パオロ、聖ピエトロ


P1400931
聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ、聖アンドレア


P1400934
ディエティサルヴィ・ディ・スペーメ(シエナ、1259-1291記録)の「玉座の聖母子」


P1400938
ジーリオ・ディ・ピエトロ(シエナ、13世紀中頃活動)の「聖母子」


P1400940
ディエティサルヴィ・ディ・スペーメ(シエナ、1259-1291記録)の「聖キアーラのディッティコ」(1280c)


P1400943
グイド・ディ・グラツィアーノ(シエナ、1278-1308記録)の「玉座の聖ピエトロ」


P1400945
受胎告知


P1400946
聖ピエトロの殉教
(つづく)

P1270966
ロンバルドの工芸家作「銀製聖具」(18世紀中頃)


P1270977
次の部屋です。


P1270996
司教座聖堂参事会の間(14世紀)


P1270979
17世紀のピエモンテの逸名画家の作品


P1270981
交唱唱歌集


P1270982
磔刑像が2つ展示されてます。


P1270983
16世紀のアレッサンドリアの逸名彫刻家作「磔刑像」


P1270985
15‐16世紀のアレッサンドリアの逸名彫刻家作「磔刑像」


P1270988
Maestro di Sant'Antonioのフレスコ画(15世紀)
この画家については全く存じ上げません。


P1270989
Maestro di Sant'Antonioのフレスコ画(15世紀)


P1270990
Maestro di Sant'Antonioのフレスコ画(15世紀)


P1270991
16世紀のアレッサンドリアの逸名彫刻家作「聖アントニオ・アバーテ」


P1270993
Maestro di Sant'Antonioのフレスコ画(15世紀)


P1270995
Maestro di Sant'Antonioのフレスコ画(15世紀)


P1270997
詳細不明


P1270998
詳細不明


P1270999
詳細不明


P1280003
教会に戻りました。


P1280004
Maestro di Sant'Antonioのフレスコ画(15世紀)


P1280006
詳細不明


P1280007


P1280008


P1280010
右側廊


P1280012
14世紀のアレッサンドリアの逸名画家のフレスコ画


P1280013
14世紀のアレッサンドリアの逸名画家のフレスコ画


P1280015
左側廊の第1礼拝堂


P1280016
第1礼拝堂天井


P1280018
詳細不明


P1280020
柱に描かれたフレスコ画


P1280021
左側壁第2礼拝堂


P1280022
左第2礼拝堂のスタッコ?


P1280023
左第3礼拝堂


P1280024
左第4礼拝堂


P1280025
左第4礼拝堂の天井  
フレスコ画の痕跡が認められます。


P1280027
右側壁の礼拝堂


P1280028


P1280029


P1280030
左側廊


P1280031
有名な画家や彫刻家の作品がありませんが、十分に鑑賞に値します。


P1280032


P1280033
詳細不明


P1280035
外に出ました。
(おわり)

P1270893
カッシーネのヴィットリオ・ヴェネト広場です。
広場に面して建っているのがサン・フランチェスコ教会です。


P1280038
1232年、フランチェスコ会修道士によって、この場所に小さな祠が建てられましたが、それが教会修道院の前身です。


P1270898
13世紀後半、カッシーネにおけるフランチェスコ会の活動が活発拡大するとともに、祠では手狭となったので、新たに建物を建設することが決められ、1291年創建、1327年に完成した、ロンバルディア・ゴシック様式のサン・フランチェスコ教会修道院です。
建物は現在に至るまでに2回修復されましたが、いずれも小規模なもので、現在の姿はほぼ創建時の姿をとどめています。
奉献式は、1327年に執り行われました。


P1280122
サン・フランチェスコ修道院は、1802年、ナポレオンの修道院抑圧政策によって閉鎖されましたが、1830年に活動が再開されました。一旦閉鎖されたことで多くの修道士が去り、修道院が再開されても散り散りになった修道士の多くが戻らず、その活動は低迷したままでした。
1858年、カッシーネ村が修道院の建物を買い取り、学校の校舎として使用することになりました。
2011年、修道院のキオストロ回廊にカッシーネ村立Museo di San Francesco "Paola Benzo Dapino"が設けられました。
カッシーネ村の他の教会にあった作品は僅か数点にしかすぎず、展示作品の殆どがサン・フランチェスコ教会修道院だったものです。
教会の入り口付近にボランティアの女子高校生が待機していて、入館希望者が現れると美術館入り口を開錠して、館内を点灯してくれます。入館無料です。


P1280039
サン・フランチェスコ教会修道院を取り囲んで、サン・ベルナルディーノ祈祷所、サンティッシマ・トリニータ教会、サンタントニオ・アバーテ祈祷所があります。
写真左はサン・ベルナルディーノ祈祷所で、祈祷所の後に灰色の鐘楼が写ってますが、サンティッシマ・トリニータ教会の鐘楼です。


P1270905
三廊式、ラテン十字形、ゴシック様式の教会内部です。


P1270908
左側廊方向


P1270907
右側廊方向


P1270906
中央ナヴァータ


P1270910
主祭壇


P1270911
後陣の交差ヴォールト


P1270912
教会と美術館は一体化されてます。


P1270914
先ず礼拝堂のフレスコ画を見ます。


P1270916
Maestro del Tomba Fissiragaによって15世紀に制作されたフレスコ画


P1270917
Maestro del Tomba Fissiragaは初めて聞く画家で、調べましたが分かりませんでした。


P1270919
Maestro del Tomba Fissiragaのフレスコ画(14世紀)


P1270920
Maestro del Tomba Fissiragaのフレスコ画(14世紀)


P1270921


P1270922


P1270922
ジョヴァンニ・モネーヴィ(ヴィソーネ、1637‐トリノ、1714)の「聖母子と聖マッテオと聖ボナヴェントゥーラ」(1712‐13)


P1270925
ピエモンテの逸名画家作の、「1532年にピエモンテの逸名画家によって制作された『聖母子と聖マッテオと聖ボナヴェントゥーラ』の複製画」(1713)


P1270927
これは何でしょうか?


P1270928
聖具保管庫?


P1270963
説明板がありません。


P1270929
この作品だけ説明プレートがあります。
ルキーノ・フェラーリ(カステラッツォ・ボルミダ、16世紀前半活動)の「聖母子と聖マッテオと聖ボナヴェントゥーラ」(1532)
聖マッテオは前の写真の右にあります。


P1270932
17世紀のピエモンテの逸名彫刻家作「この人を見よ」


P1270935
ジョルジョ・ソレーリ(ピエモンテ、16世紀後半活動)の「聖母子と聖フランチェスコと聖ビアージョと2信者」(1573c)


P1270937
ピエモンテの逸名画家(複数)たちによって描かれた「使徒」の油彩画(17‐18世紀)
全部で11作品ありますが、一部を除いて描かれた使徒が特定されてません。


P1270938


P1270940
聖バルトロメオ?


P1270941
聖マリア・マッダレーナ?


P1270943
聖パオロ?


P1270944


P1270945
聖ピエトロ


P1270946


P1270947


P1270948
聖アンドレア


P1270949


P1270952
詳細不明


P1270954
ピエトロ・ファンチェッリ(ボローニャ、1764‐ペーザロ、1850)の「カルヴァリオへの上り」(1796)


P1270955


P1270956


P1270957


P1270958


P1270959


P1270960


P1270961
(つづく)

P1280074
サン・ロレンツォ教会はサン・ロレンツォ通りにあると思っていましたが、村を貫く目抜き通りのサン・レアリーノ通りにありました。


P1280075
この村に現存する5つの教会の中で、サン・ロレンツォ教会は最も新しい教会です。


P1280085


P1280078
ネットで調べても、この教会について詳述している記事がありません。


P1280080
村役場で貰った資料によれば、18‐19世紀のフレスコ画と祭壇画があるそうです。


P1280083
併設されていた修道院でワイン醸造が行われていたそうです。18世紀創建の修道院でのワイン醸造はピンときません。


P1280088
修道院だった建物です。


P1280089
旧修道院だった建物はVilla Azzurraと呼ばれてます。イタリア代表チームと関係がある?


P1280097
Villa Azzurraの入り口


P1280091
この辺から建物が途絶えます。


P1280092
今、通ってきた道を振り返ったところです。


P1280094
村外れに出ました。


P1280093
急に視界が開けて田舎の風景になりました。


P1280087
横道に入りました。


P1280086
村外れにある、14世紀創建のサン・ピエトロ教会です。現在の建物は17世紀に再建された二代目のものです。


P1280099
少し戻って別の横道に入りましたが、見どころは何もなさそうです。


P1280096
村の見所は大体こんなところでしょう。


P1280098
更に歩いて一面のブドウ畑を見ても面白くないと判断して、戻ることにしました。


P1280101
爆撃の標的は何もない村です。空爆とは本当に気の毒です。


P1280102
住所表示板


P1280104
Vicolo del Castello


P1280106
城でもあるのか、と思って行ってみたのですが・・・・・


P1280108
新しい作品でしょうね。


P1280110
カステッロは単なる名称だったようで、城が見当たらなかったので、サン・レアリーノ通りに戻りました。


P1280112
忙しくあちこちの街を回る旅の途中に、このように、ノンビリ出来る日があっても良いと思います。


P1280113
サン・ジャコモ教会を通り過ぎました。


P1280114
時間が有り余っているので、ゆっくり進みました。


P1280117
日本人の私が珍しいのか、じろじろと見られることが多かった。


P1280120
観光に力を入れているようで、村役場で貰った案内パンフレットが非常に役立ちました。


P1280122
多分、時間が余るので、村の全容を見終わった後、サン・フランチェスコ教会にもう一度来ることにしました。


P1280123
村役場横のロッジャ


P1280133


P1280126


P1280128
サンタ・カテリーナ教会です。


P1280130
村の5つある教会全てが現役です。維持するのが大変に思えました。


P1280131
日本のような檀家制度みたいなものが教会にもある?


P1280134
夏至が終わったばかりなので、日差しが強烈でした。


P1280136
B&Bがある広場に戻りました。


P1280137
バールで一休みしました。


P1280139
街角の聖母子


P1280151
無原罪の聖母


P1280140


P1280142


P1280143
村の入り口から村外れまで見終わりました。


P1280125
フランチェスコ教会に戻りました。


P1280124
(おわり)

P1270898
1232年に建設されたサン・フランチェスコ教会修道院です。修道院の一部が村立美術館 Museo Civicoになってます。教会と美術館には、ボランティアの女子高校生が常駐しています。
美術館の開館は、午後のみ(午後3時頃から)で、入館無料です。


P1270899
サン・フランチェスコ教会のファサード前に立っている建物です。


P1270900
16世紀に建設されたサン・ベルナルディーノ祈祷所です。


P1270905
サン・フランチェスコ教会に入りました。


P1270922


P1270977
美術館にも入館しました。


P1280016
予想以上の教会・美術館で、わざわざ来た甲斐がありました。


P1280031
サン・フランチェスコ教会と美術館に付いては、項を改めて詳しく触れる予定です。


P1280036
外に出ました。


P1280035
ガイドブックに載っておらず、「美しい村」にもリストアップされていない、ごく普通の村であるカッシーネに、このような教会・美術館があることにイタリアの奥深さを感じます。


P1280039
オラトリオは閉まったままでした。


P1280040
更に村歩きを続けます。


P1280041
広い面積の村で、人口が3千人弱なので、家が点在していると思いましたが、集落が続いていました。


P1280042
この辺は上り坂になってます。


P1280043
この辺は下り坂になってます。


P1280044
上り下りを2回繰り返しました。


P1280046
歴史的建造物です。


P1280048
Palazzo Zoppiです。


P1280047
大広間に15世紀のフレスコ画があるようですが、非公開です。


P1280049
古い建物と新しい建物が混在しています。


P1280050
新しい建物と古い建物が混在していますが、それには悲惨な村の歴史があります。
この村からあまり離れていないアレッサンドリアは軍都でした。第二次世界大戦中、アレッサンドリアは、大戦の初期には連合国の、中期から終戦まではドイツ軍の標的となり、度々爆撃を受けました。
アレッサンドリアの爆撃を終わり、基地に向かった航空機は余った爆弾を途中のカッシーネに落として、帰途についたのです。農村であるカッシーネが爆撃の標的になることは有り得ないのですが、軍都アレッサンドリアに近いことから、度々トバッチリを受けてしまったのです。
新しい建物は第二次世界大戦後に再建されたのです。


P1280051
サン・ジャコモ教会です。


P1280054
酷い落書き


P1280057
教会は現役ですが、併設の修道院は既に閉鎖されてます。


P1280053
村役場で貰った案内パンフレットによれば、作品がかなり残っているそうです。


P1280052
扉が閉まっていたので拝観出来ませんでした。


P1280056
こちらの通りは何もなさそうです。


P1280059
サン・レアリーノ通りに戻りました。


P1280060
サン・レアリーノ通りの先にブドウ畑とワイン醸造所があります。


P1280062
横道に入りました。


P1280063
横道の突き当りはブドウ畑です。


P1280064
再度サン・レアリーノ通りに戻りました。


P1280065
16世紀に建設されたパラッツォ・マルティーニです。


P1280066
写真左は16‐18世紀に建設されたパラッツォ・カドゥッチです。


P1280068
この一角は歴史的建造物が多い。


P1280070
カッシーネ村は観光に力を入れているようで、案内板が完備されてます。


P1280069
入口扉の装飾は16世紀のピエモンテの逸名彫刻家の作品です。


P1280073
この建物もパラッツォ・ピエトラサンタの一部です。


P1280072
横道のサン・ロレンツォ通りを進みました。


P1280067
サン・ロレンツォ通りには何もなさそうです。
(つづく)

P1270841
カッシーネ駅に到着しました。


P1270842
カッシーネは、人口2,932人(2017年8月31日現在)のピエモンテ州アレッサンドリア県にあるコムーネです。主要産業は農業で、ワイン醸造が盛んです。


P1270844
駅舎です。無人駅で、切符販売機もありません。
駅付近に切符を販売するバールなどがないので、車掌から直接切符を買うのが良いと思います。駅から10分ほど歩いた所にタバッキがあり、そこで列車の切符が買えますが、旅行者がそれを知るのは難しいと思います。(この日泊まったB&Bで聞いて初めて分かりました)


P1270845
チェントロ・ストーリコにある、この日のお宿に向かいます。


P1270847
ガリバルディ通りです。
馬の散歩道が歩道になっているので歩き難いです。馬がうまく歩けるように未舗装で砂が深くなってます。


P1270848
幹線道路を横切ります。


P1270849
この村に来ようと思った切っ掛けは、トリノの美術館でアレッサンドリアの画家フランチェスコ・サッシ(1912‐1993)が描いたカッシーネの風景画を見たからです。彼の作品に描かれた、中世の佇まいが色濃いカッシーネ村の風景に興味を持ち、村のことを調べたらサン・フランチェスコ教会と教会付属のMuseo Civicoが面白ろそうだったので、一度、是非、訪れたいと思うようになりました。


P1270850
チェントロ・ストーリコの入り口です。


P1270852
ワイン醸造が盛んと言うことで、周囲はブドウ畑と予想していましたが、畑がありません。家並みを外れた場所はブドウ畑が大きく広がっていますが、この時は知りませんでした。


P1270853
スティッカ通りとの交差点です。Google マップのコピーを持ちながらの移動ですが、B&Bへの正しい道を歩いているようです。


P1270854
橋を渡ります。


P1270855
橋の下は川でなく意外でした。


P1270856
初めて訪れるので緊張感がありました。ただ、ぶらぶら歩いても危険は全くありません。


P1270857
B&Bは広場の近くにあります。


P1270858
チェントロ・ストーリコに到着したようです。


P1270859
トロッティ通りを進みます。
カッシーネの宿泊設備はネットの予約サイトに載ってません。どうせ行くのならば、泊まってみたいと思い、ダメ元で村役場にメールしたら、返事が来て民宿みたいなB&Bを紹介されたのです。


P1270860
この道の先にB&Bがあると思っていたら違いました。


P1270861
写真右の建物がこの日のお宿です。完全な民宿で、村に用事で来た人が希望すれば泊まれるようになっているようです。この村では外食の夕食が難しいとの事なので、ハーフボード(1泊2食付き)にしました。


P1270862
大きな荷物を自室に入れ、身軽になって村歩きに出発しました。


P1270863
村役場に行って、カッシーネの地図を貰いたい。


P1270864
適当に歩いていたら行き止まりでした。冴えません。


P1270866
教会が見えてきたので、一安心です。


P1270870
9世紀創建のサンタ・カテリーナ教会です。


P1270872
現在の建物は17世紀に再建された二代目のものです。


P1270874
日曜日のミサの時だけ開くそうです。


P1270875
初代の建物にあった剥離フレスコ画があるらしい。それが楽しみでしたが平日では仕方がありません。


P1270876
教区教会ではないようです。


P1270867
教会前のサンタ・カテリーナ広場です。


P1270877
案内標識が完備されてます。


P1270878
Via Municipio


P1270879
イタリア人の携帯電話の会話が面白い。電話なのに、初めから最後まで途切れることなく喋っている人をよく見かけます。相手の会話を聞いているのでしょうか?相槌を入れずに只管喋っているだけ。


P1270880
道は緩い上り坂になってます。


P1270882
古い建物になってきました。


P1270883
サンタ・カテリーナ教会です。


P1270885
こんな村に来るとは俺は物好きだなあ、と思いながら歩きました。


P1270884
突き当りは村役場の建物です。


P1270886
この時は村役場とは知りませんでした。


P1270889
振り返ると坂を上って来たことが分かりました。


P1270891
サン・フランチェスコ教会です。


P1270890


P1270892
Palazzo del Comune、村役場です。


P1280037
村役場で地図を頂きました。


P1270893
村役場とサン・フランチェスコ教会が面している広場が村の中心でしょう。
(つづく)

P1540514
メッシーナのドゥオーモ、Basilica Cattedrale Metropolitana della Madonna della Letteraです。


P1540437
メッシーナ=リパーリ=サンタ・ルチア・デル・メーラ大司教区の大司教座が置かれている教会です。
1947年、当時の教皇ピオ12世によってBasilica Minoreに昇格しました。


P1540511
紀元前7世初め、この場所にTempio di Nettunoがあった記録があり、後に初期キリスト教会に転用されたとされてます。
教会独自の建物は530年に建設されました。アラブによって支配された約200年間はモスクに転用されました。
その後、地震、火災、落雷などによって幾度となく被害受けた建物は、再建、修復を繰り返した歴史があります。


P1540507
1908年12月28日の夜に起きたメッシーナ地震の最初の大きな揺れによって、完全に崩壊してしまい、震災の後に再建された建物がほぼ現在の姿となってます。
1943年6月13日、連合国の空襲によって大きな被害を受けてしまい、戦後に修復された後の姿を現在見ることが出来るのです。
ファサードは、彫刻や外壁、モザイクなどの殆どは失われたオリジナルの忠実な複製となってます。


P1540439
高さ60mの鐘楼は、1908年の大震災によって倒壊してしまい、その後にオリジナルの形に再建されたものです。
マルティーノ・モンタニーニ・ディ・バルトロメオ通称マルティーノ・ダ・フィレンツェ(フィレンツェ、1505‐1562)によって再建された鐘楼が現在の姿の原形です。
1559年、再建された鐘楼は落雷と落雷による火災によって消失してしまい、1564年に再建されました。
その後、1693年、1783年、1863年の地震によって大きな被害を受け、大修復されました。


P1540676
鐘楼の時計は、1933年、Ungerer di Strasburgoによって作られました。


P1540449
時計は天文時計、からくり時計から成ってます。


P1540677


P1540678


P1540684


P1540685


P1540440
ゴシック様式の入り口横彫刻のオリジナルは、アントニオ・バボッチョ・ダ・ピペルノ(プリヴェルノ、1351‐1435)の作品(1412)です。1908年の大震災後に制作されたオリジナルの忠実な複製です。


P1540441
同断


P1540442
中央扉上ルネッタの彫刻は、ジョヴァン・バッティスタ・マッツォ―ロ(カッラーラ、?‐1550)の「聖母子」(1534)の、1908年の大震災後に制作された複製です。
その背後に描かれたフレスコ画は、レッテリオ・スッバ(メッシーナ、1787‐1868)によって大震災後に制作されました。フレスコ画のオリジナルは、ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョ通称ポリドーロ・ダ・カラヴァッジョ(カラヴァッジョ、1499/1500c-メッシーナ、1543c)によって描かれました。


P1540443
聖母戴冠を含む彫刻のオリジナルは、ピエトロ・ダ・ボニターテ(ロンバルディア、15世紀生まれ‐シチリア、16世紀没)によって1464年から1477年に制作されました。現在のものは、オリジナルの忠実な複製彫刻です。


P1540444


P1540445


P1540446
右扉上ルネッタのオリジナルは、ポリドーロ・ダ・カラヴァッジョによって制作されました。


P1540447


P1540448


P1540450
中に入りました。


P1540452
ごく一部を除いて、1908年の大震災後に、倒壊前の姿を忠実に再現再建された内部です。


P1540451
縦92m、横30.5mの大きさです。


P1540453
内陣の高さは25mあります。


P1540454
1908年の大震災後のモザイク


P1540458
主祭壇


P1540459
中央礼拝堂と後陣
主祭壇の聖母子は14世紀のものです。


P1540456
中央礼拝堂後陣のモザイク「万能のキリスト」は、14世紀制作のオリジナルを忠実に再現したもので、ジュリオ・アリスティーデ・サルトリオ(ローマ、1860-1932)によって1930年に制作されました。


P1540457
説教壇


P1540484
右側廊


P1540464
後陣右にある聖プラチド礼拝堂です。


P1540466
インノチェンツォ・マンガーニ(フィレンツェ、1606-パル三、1678)の「チブレオ」(17世紀)


P1540470


P1540465
復元されたモザイク


P1540468



P1540467
後陣右の礼拝堂は修復工事中でした。


P1540475
復元された柱頭


P1540474
左右の側壁にニッチがあり、それぞれのニッチに彫刻が置かれてます。
全ての彫刻は、1908年の大震災の後に、20世紀前半の彫刻家によってオリジナルの形に復元されたものです。
これは、ニコロ・リケーロの「被昇天の聖母」


P1540476
「聖パオロ」
ニッチの彫刻全てのオリジナルの制作者、複製彫刻の制作者が分かってますが、ここでは省略します。


P1540478
「聖ジャコモ・マッジョーレ」


P1540479
「聖トッマーゾ」


P1540480
「聖ジャコモ・ミノーレ」


P1540481
「聖マッテオ」


P1540482
「聖タッデオ」


P1540483
「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P1540485
以上は右側壁ニッチの彫刻でした。
左側壁ニッチに移ります。


P1540489
左側廊


P1540492
「聖ヴィットリオ・デ・アンジェリカ」
右側壁の他ニッチの彫刻は省略します。


P1540460
外に出ます。


P1540436
(おわり)

P1540588
時間潰しに外出しましたが、特に見るところがありません。


P1540589
ナポリまで列車に乗り続けるので、運動不足になりそうです。運動不足解消を目的にすれば、見どころがなくても困りません。


P1540590
サンタ・カテリーナ・ディ・ヴァルヴェルデ教会が開いていました。
アントネッロ・リッチョの作品を見てみようか、と思いました。


P1540592
入口扉上ルネッタの装飾
前述したように、この場所にローマ時代の異教寺院があり、4世紀頃、その建物を初期キリスト教会に転用したのが、この教会の前身です。


P1540593
鐘楼
1330年に最初の再建が行われ、二回目の再建が1693年だそうで、現在の建物は1926年から1932年に建設された3回目の再建のものであり、4代目の建物になります。


P1540595
3廊式、ラテン十字形、新古典様式の内部です。


P1540597
教会巡りをしましたが、1908年の大震災後、殆どの教会が再建された訳で、その費用捻出を考えると驚嘆せずにはいられません。


P1540635
左側廊


P1540628
右側廊


P1540598
天井


P1540599
クーポラ


P1540600
主祭壇


P1540606
主祭壇前から見た出入口方向


P1540609
詳細不明


P1540612
サルヴァトーレ・ルッソの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」(1933)


P1540619


P1540623
説教壇(18世紀)


P1540629


P1540630
ドメニコ・スパダーロの「聖テレジーナ」(1932)


P1540638
ジョヴァンニ・ディ・ナターレの「聖グレゴリオ・マーニョ」(20世紀前半)


P1540646
アントネッロ・リッチョ(シチリアで16世紀活動)の「聖母子と聖人たち」(16世紀)


P1540655
アントネッロ・リッチョの作品ですが、以前、州立美術館で見たような気がします。


P1540656
外に出ました。


P1540663
時間がまだあります。


P1540667
ドゥオーモにやってきました。


P1540672



P1540687
拝観しました。


P1540707


P1540708
列車に乗るまでの時間配分を考慮して見て回りました。


P1540709
外に出ました。


P1540710
時間がまだ十分ありましたが、ホテルに戻る頃合です。


P1540712
インノチェンツォ・マンガ―ニの「Le Guattro Fontana」(1666)


P1540716
先ほど拝観したサンタ・カテリーナ・ディ・ヴァルヴェルデ教会です。


P1540720
州立美術館が予め開館しているのが分かれば、メッシーナに行きたいと思うのですが、若し休館となれば、完全な無駄足となるので逡巡しています。
職員のストなんて、年に数日に過ぎないと思うのですが・・・・・


P1540722
イタリアは、行ってみないと分からない、行ってみて初めて分かるのです。


P1540723
ホテルに戻りました。


P1540726
部屋のベランダからの眺め


P1540731
メッシーナの災害の歴史をひも解くと、大体150年周期くらいで地震が発生しています。直近では1908年、その前が1783年ですから、その間は125年でした。1908年の125年後は2033年です。そろそろ危ない時期に差し掛かっていると思います。


P1540730


P1540733
チェックアウトを済ませて駅に向かいました。
ここは駅前のバスターミナルです。


P1540736
メッシーナ中央駅です。


P1540737
20分遅れ。又しても時間潰しです。


P1540738
結局、30分遅れで列車が到着しました。


P1540740
30分遅れで到着したシラクーザ始発の車両に乗ったのですが、この後、連結予定のパレルモ始発の列車が中々到着しませんでした。シラクーザ発の列車とパレルモ発の列車がメッシーナ中央駅で一つの列車になって出発するのですが、結局50分遅れで出発したのです。


P1540751
1本の列車となったICは、5分ほどで3分割されて連絡船内に入りました。


P1540752


P1540780
連絡船は楽しいです。


P1540756
階段を上ってデッキに出ます。


P1540759
向かいの桟橋に停泊する連絡船


P1540766
出航しました。運悪く大粒の雨が降ってきました。


P1540769


P1540773
(おわり)

P1540503マドンナ・ディ・モンタルト聖域(Santuario)が見えてます。


P1540505
1286年創建ですが、1908年の大震災で倒壊したので、1928年に再建された新しい建物の教会です。拝観する程ではないと判断して行きませんでした。


P1540518
ドゥオーモを見てしまうと、最早やることがありません。


P1540520
都市計画に基づく整然とした街並みです。


P1540521
教会などを紹介してきましたが、殆どの教会が1908年の大震災で被災して、その後に再建されたものです。


P1540522
真っ直ぐ伸びた道路。


P1540523
朝方の雨模様から、すっかり天気が回復して快晴になりました。


P1540524
カラヴァッジョ、アントネッロ・ダ・メッシーナの作品があるので、美術ファンにとってメッシーナは必訪ですが、それ以外に街の見所が乏しいので旅程作成が難しいと思います。


P1540525
サンタ・カテリーナ・ディ・ヴァルヴェルデ教会です。


P1540526
1908年の大震災によって倒壊したので、1926年から1932年に建て替えられた建物です。


P1540527
この日は拝観しませんでした。


P1540538
ところが、州立美術館が翌日も臨時休館であることが分かり、時間潰しのために結局拝観しました。


P1540528
活気がありません。


P1540529
あの教会に行っても仕方がない、何処に行っても事情は同じですから。


P1540531
シャッター街?


P1540532
お腹が空いたけどセルフサービスではね。


P1540534
山の方から黒い雲が出てきました。天気が安定していないようです。


P1540536
レストランがありません。


P1540539
やることがないので、思い切り飲んで食べて、あとは寝るだけと考えていましたが、肝心の食べるところが見つかりません。


P1540540
ドゥオーモ付近に戻れば、魚介料理の店があるのですが、ドゥオーモの方に戻る気がしません。


P1540542
閉まっている店ばっかり。


P1540543
仕方がありません。ホテルに戻って、併設のレストランで食べることにしました。


P1540533
駅近くに美味しい店がなさそうです。


002


139


004


P1540545
食事を終えて、自室のベランダで酔い覚ましです。


P1540547
先ほどの快晴は何処へやら、雨が降ってきました。


P1540549
昼寝をしてからベランダに出たら、日が差していました。


P1540548


P1540552


P1540555
翌朝です。


P1540556
天気が冴えないようです。


P1540560
気になるのは、州立美術館が果たして開館しているかどうかでした。


P1540572
若し休館ならば、お手上げです。やることがありませんから。


P1540574
もう一日、メッシーナで過ごすのは耐えられません。


P1540580
明るくなってきました。


P1540582
冴えないベランダ。
この後、州立美術館が休館の場合、どうするかを考えました。
開館しているならば、美術館でゆっくり過ごして、このホテルで予定通り、もう1泊する。
休館の場合は、ナポリに予定通り一日早く入ることにしました。
ナポリのホテルの予約状況や列車の予定などをPCでチェックしました。
朝食前にフロントで、州立美術館はこの日も臨時休館と伝えられたのです。バカヤロー
フロントと交渉して、ペナルティなしのこの日のチェックアウトを取り付けました。


P1540732
駅に行って、切符の予約変更をしました。


P1540583
変更した列車は10時過ぎのローマ・テルミニ駅のICでした。それまで時間があるので、時間潰しの街歩きをしました。
メッシーナのトラムです。


P1540584
トラムの終点はMuseo、州立美術館ですが、この日も休館だったので、終点まで乗ることはありませんでした。


P1540587
(つづく)

P1540395
サンタゴスティーノ通りの坂を上っていきました。


P1540397
サンタゴスティーノ通りに面して建つサン・フランチェスコ・ディ・メルカンティ教会です。


P1540398
この教会も1908年の大地震とその直後に襲った大津波によって倒壊したので、1930年に新築再建されました。


P1540399
通りは坂になってますが、大津波は坂を上って来た訳です。


P1540400
カルロ・ファルコニエーリの「ファルコニエーリのフォンターナ」(1842‐43)


P1540408
このフォンターナは別の広場にありましたが、1908年の大震災で若干の被害を受け、解体されて1957年まで州立美術館で展示されていましたが、同年、現在のこの広場 Piazza Basicoに移設されたそうです。


P1540401
Piazza Basicoを見下ろす建物です。


P1540402
階段を上ってクリスト・レ教会に向かいました。


P1540403
更に坂を上りました。


P1540404
大津波は、この場所まで駆け上がって来たそうです。


P1540406
1937年創建、バロック様式のクリスト・レ教会です。


P1540407
この場所にメッシーナ防衛のための堅固なモンタグリオーネ城がありました。


P1540410
美術的には見所がない教会なので、拝観しませんでした。


P1540411
坂を下りました。


P1540412
1930年に建設されたNuovo Oratorio della Paceです。


P1540413
この場所には、1608年に建設されたサン・ドメニコ教会がありましたが、1908年の大震災で完全に破壊されてしまいました。


P1540415
大震災後に築かれた通りと建物です。


P1540416
海抜何メートルならば、大津波に対して安全なのか、考えておかねばならないと思いながら、この辺を歩きました。


P1540417
ヴィットリオ・エマヌエーレ3世のガッレリーアです。


P1540418
ファサードの方に行かないと、ガッレリーアとは分からないと思います。


P1540419
アントネッロ広場に面したヴィットリオ・エマヌエーレ3世のガッレリーアです。


P1540422
メッシーナ出身の建築家カミッロ・プグリシ・アレグラ(メッシーナ、1884‐ローマ、1961)の設計によって、1924年から1929年に建設されたヴィットリオ・エマヌエーレ3世のガッレリーアです。


P1540423
アントネッロ広場に面して建っている建物です。


P1540420
アントネッロ広場に面して建つ建物は大震災の復興の象徴として建てられたそうです。


P1540424


P1540425
Palazzo dei Leoni


P1540428


P1540429
ドゥオーモの鐘楼です。


P1540430
ドゥオーモ広場にやってきました。


P1540431
18世紀のメッシーナの彫刻家ジュゼッペ・ブチューティの「無原罪の御宿リ」(1758)
別の場所に置かれていましたが、1908年の大震災によって被害を受け、別の場所で保管されていましたが、1979年に復元されて、ドゥオーモ広場に置かれるようになりました。


P1540432
鐘楼は修復工事中でした。


P1540433
ドゥオーモ広場に面して建っている建物です。


P1540434
ドゥオーモ広場に面して建っている建物です。


P1540435
ジョヴァンニ・アンジェロ・モントルソーリ(フィレンツェ、1507‐1563)の「Fontana di Orione」(1553)
モントルソーリはミケランジェロの弟子です。


P1540436
ジョヴァンニ・アンジェロ・モントルソーリは、甥で弟子のマルティーノ・モンタニーニ・ディ・バルトロメオ通称マルティーノ・ダ・フィレンツェ(フィレンツェ、1505‐1562)と共にメッシーナを訪れ、地元の彫刻家の協力を得て短期間で完成したと言われてます。


P1540437
メッシーナのドゥオーモです。


P1540439
紀元前7世紀初めに、この場所にあった寺院が前身とされてます。それが初期キリスト教会として転用されたそうです。


P1540442
メッシーナがアラブによって占領された期間、モスクに転用されたそうです。


P1540450
拝観しました。


P1540458
ドゥオーモについては、項を改めて詳しく触れる予定です。


P1540465
メッシーナを襲った数々の地震や雷雨によって被害を受け続けていましたが、1908年に起きた最初の地震によって建物は完全に倒壊してしまいました。


P1540514
その後の長い修復を経て蘇ったのも束の間、今度は1943年6月13日、連合国の爆撃によって、被害を受けてしまいました。
現在の姿は1947年の修復後のものです。


P1540517
(つづく)

P1540337数少ない歴史的建造物を見ます。


P1540338
Porta Grazia di Antica Cittadella


P1540342
17世紀に建設されたスペイン要塞の入り口として16世紀末に建設された門で、その名称は要塞を築くために破壊された教会の名称に由来します。


P1540344
グロテスクな3つの大理石像がありますが、それ以外は石灰岩で出来てます。


P1540343
スペイン要塞は地震や戦争による爆撃によって殆ど残されていません。要塞はこの場所にはありません。
1961年、門は解体されて、現在の場所であるPiazza Casa Pia del Proveriに移され再構築されました。


P1540345
門は、サン・ルーカ・エヴァンジェリスタ教会から近い場所にあります。


P1540346
たらればの話になりますが、地震、津波、爆撃がなければ、シチリアで最も見所が多い街だったに違いありません。


P1540347
残念ながら、何の変哲もない都会の郊外といった雰囲気の所ばかりです。


P1540349
本来ならば、1128年創建のサン・ジュリアーノ教会はシチリアでも必見の教会だったに違いありません。


P1540350
1573年、ルネサンス様式で再建されましたが、初代の建物にあったフレスコ画や彫刻が残されていたそうです。


P1540352
1908年の大地震とその直後に襲った大津波によって、二代目の建物は完全に破壊してしまいました。
現在の建物は、1925年から1927年にかけて建設された3代目のものです。
残念ながら、美術的には拝観しても仕方がなさそうです。


P1540353
一見古そうに見えますが、20世紀前半の建造物です。


P1540354
海に近い、この辺は1908年の大津波によって廃墟と化したそうです。


P1540355
1915年に再建されたPalazzo del Governoです。


P1540357
ネプチューンの彫刻は、本来、海側から見ないといけません。しかし、道路を渡って海側に出てもねえ。


P1540358
ジョヴァンニ・アンジェロ・モルトリソーリ(フィレンツェ、1507‐1563)の「ネプチューンの泉」(1557)


P1540359
こちらは修道院だった建物です。


P1540361
535年創建、1588年に再建されたサン・ジョヴァンニ・ディ・マルタ教会です。


P1540363
サン・ジョヴァンニ・ディ・マルタ教会のファサード


P1540362


P1540364
拝観したかった教会でしたが、扉が閉まっていました。


P1540365
1908年の大地震と大津波の凄さを想像しながら、この辺を歩きました。


P1540366
車は走っていないし、人通りも殆どありません。


P1540369
活気がありません。


P1540371
カヴール通り


P1540372
20世紀前半に流行した建築様式の建物


P1540373
一休みしたいと思いましたが、開いているバールがありません。


P1540374
街歩きしても楽しさを感じることがありません。


P1540375
現代自動車に技術指導に行った時、英語でやっていたら、技術者全員が日本語が分かるので日本語でやって欲しいと言われて驚きました。当時、三菱自動車の技術者が現代自動車に常駐していました。


P1540376
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世劇場


P1540378
要修復といった感じの劇場でした。


P1540377
丘上に建つクリスト・レ教会です。


P1540379
丘を上っていくか、迷いました。


P1540381
サンタ・エウストキア教会です。


P1540384
開いていましたが、美術的には見所がないと思います。


P1540383
隣接するのは、旧モンテヴェルジネ修道院です。


P1540382
拝観しないで素通りしました。


P1540387
この建物は学校だったと思います。


P1540388
次はPalazzo del Monte di Pietaです。


P1540391
16世紀後半から17世紀前半にメッシーナで活躍した建築家ナターレ・サスッチョ(メッシーナ、1561/1568-1619)によって1616年に建設されたPalazzo del Monte di Pietaです。


P1540390
1908年に大地震と大津波によって大きな被害を受けましたが、そのまま放置され、1979年に漸く復元されたそうです。
現在、文化的催事場として使用されてます。


P1540392
中庭があります。


P1540393
Palazzo del Monte di Pietaの中庭はコンサート会場などに使用されてます。


P1540394
(つづく)

メッシーナは、人口233,715人(2018年3月31日現在)のシチリア州メッシーナ県の県都です。
P1540295
シラクーザからメッシーナに向かいました。がら明きの車内でした。


P1540299
メッシーナ中央駅に到着しました。


P1540300
久し振り、凡そ4年振りのメッシーナです。


P1540305
シラクーザからの車中は雨天でしたが、メッシーナ駅に到着すると急に晴れてきました。


P1540304
先ず、お宿に向かいました。


P1540303
駅前は閑散としていました。


P1540301
駅近くのこのホテルに2泊の予定です。
メッシーナに来た目的はただ一つ、州立美術館に行くことでした。この日とその翌日、二回入館して傑作を十二分に楽しむ目論見です。
傑作に出会える喜びで心が弾み、一刻でも早く出会いたいとの思いで、ホテルからタクシーで美術館に向かいました。
タクシーを降り、美術館に通じる小さな坂を上りました。


P1540308
あれっ、扉が閉まってる!


P1540307
ガーン、本日休館!!!!!
建物の修復工事で休館はありますが、手書きですから、予定されていた休館ではなく、多分突発的な事由による休館だったのでしょう。


P1540309
この日は勿論開館日でした。
ショックでした。シチリアに来た主目的は、ここに入館することでしたから。
実は、この日のショックはそれ程でもなかったのです。翌日も入館する予定でしたから、「明日があるさ」と少し楽観してました。
結論を言えば、翌日も休館でした。理由は職員のストライキ?らしい。


P1540306
これがあるから、イタリアは行ってみるまで分からない、行ってみて初めて分かるのです。
わざわざ州立美術館に足を運んでも見ることが出来なかった傑作をここで触れておきましょう。


2
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ通称イル・カラヴァッジョ(ミラノ、1571‐ポルト・エルコレ、1610)の「ラザロの蘇生」


6
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ通称イル・カラヴァッジョ(ミラノ、1571‐ポルト・エルコレ、1610)の「羊飼いの礼拝」


1
アントネッロ・ダ・メッシーナ(メッシーナ、1430‐1479)の「サン・グレゴリオのポリッティコ」
メッシーナのサン・グレゴリオ教会にあった多翼祭壇画です。


4
アントネッロ・ダ・メッシーナ(メッシーナ、1430‐1479)の「聖母子」(1465‐70c)


5
マリオ・ミンニティ(シラクーザ、1577‐1640)の「ナイムの後家の奇跡」
これは傑作ではありません。マリオはローマ時代のカラヴァッジョの舎弟格でしたが、凡庸な画家でした。自分の才能の見切りをつけたのか、ローマでの活躍を諦めシチリアに戻り、シチリアではかなりの成功を収めました。シチリアの逃亡してきたカラヴァッジョの面倒をよく見て仕事の斡旋をしたのです。マリオの作品が4点ほど展示されてます。


3
マッティア・プレティ(タヴェルナ、1613‐マルタ、ヴァレッタ、1699)の「手紙の聖母」


7
アントネッロ・ガジーニ(パレルモ、1478‐1536)の「聖母子」


8
フランチェスコ・ラウラ―ナ(ヴィラナ、1430‐アヴィニョン、1502)の「聖母子」
こんなところでしょうか。


P1540311
返す返すも残念でした。


P1540312
振り返って美術館の方を恨めしい思いで見ました。


P1540313
メッシーナと言う街は、美術ファンにとって、魅力あるのは州立美術館だけと言っても過言ではないと思います。


P1540314
古代ギリシャの植民地時代、ポエニ戦争の舞台、ローマ時代、中世と古い歴史ある街で本来ならば見所が豊富である筈のメッシーナですが、美術的には全く退屈なのです。


P1540315
ジェズ・エ・マリア、アル・リンゴ教会


P1540317
16世紀創建の教会ですが、拝観する程の教会ではありません。


P1540318
メッシーナには不幸な歴史があって、20世紀に再建された街なのです。
1783年の大地震によって、大きな被害を受け、この時、カラヴァッジョの作品が数点失われたそうです。
また、1908年の大地震と津波によって、メッシーナで6万人の犠牲者を出し、多くの建物が倒壊したのです。さらに第二次世界大戦では、連合国の爆撃によって大被害を受けたのです。


P1540320
貴重な歴史的建造物が失われ、都市計画に基づいて復興された街なので、新しい建物ばかりなので、見どころに欠けるのです。


P1540319
ジュゼッペ・ガリバルディ通り


P1540322
他にやることがないので困りました。


P1540323
気を取り直して教会巡りをやることにしました。


P1540324
晴れてきたのが救いです。


P1540325
カヴール通り


P1540327
教会がありましたが、拝観する気が起きません。


P1540328
整然と区画整理されてます。


P1540329
味気ないです。


P1540330
時間がつぶれません。


P1540331
イタリアに行って最も退屈だったのが、この日でした。


P1540333
第二次世界大戦後に復興された一角です。


P1540334
サン・ルーカ・エヴァンジェリスタ教会


P1540335
あの教会は美術的には何もないので、素通りしました。


P1540336
(つづく)

P1090518昼食を食べ終わって外に出たら、午後4時近くになっていました。


P1090528
通りの向こうにピロッタ宮殿が見えました。


P1090523
旧サン・パオロ教会


P1090524
ストゥアルド絵画館に入館しました。


P1090529
旧サン・パオロ修道院に向かいました。尤もストゥアルド絵画館の展示室は旧サン・パオロ修道院の建物です。


P1090531
Museoになってます。


P1090536
中に入りました。


P1090535
この時、パルミジャニーノの特別展が開催されていました。他からの作品を展示していたので、写真禁止で写真がありません。


P1090538
読書と会話のクラブ


P1090560
一旦ホテルに戻ってトイレ休憩。


P1090561
ホテルで一休みしてから、サンティッシマ・トリニータ教会に向かいました。


P1090562
一旦・ガリバルディ通りに出てから、直ぐに右折します。


P1090569
右折すると、突き当りにサンティッシマ・トリニータ教会の鐘楼が見えます。


P1090571
サンティッシマ・トリニータ教会の扉が開いていました。


P1090572
1230年のパルマの記録に、この場所にドメニコ会教会の存在が記されており、12世紀末から13世紀初め頃に建設されたと推察されてます。


P1090605
1401年、巡礼者と貧困者のための巡礼宿と病院が増設されました。
現在の建物は、1743年に拡張増設工事着工、1813年に完成したバロック様式の二代目のものです。


P1090604
ファサードに向かって右の建物は旧病院で、そのルネッタにはインチェンツォ・マルティーニ(パルマ、1551‐1623)のフレスコ画があります。


P1090573
中に入りました。


P1090575
三廊式の小さな教会です。


P1090590
左側廊


P1090574
翼廊がありません。


P1090591
右側廊


P1090576
主祭壇と後陣


P1090577
主祭壇の銀製の6聖人


P1090580
主祭壇に置かれた「祈るキリスト」のイコン


P1090579
主祭壇画はジュゼッペ・バルドリーギ(ストラデッラ、1722‐パルマ、1803)の「天上の聖母子と聖人たち」


P1090581
詳細不明の磔刑像


P1090583
詳細不明


P1090584
インノチェンツォ・マルティーニ(パルマ、1551‐1623)のフレスコ画


P1090586
詳細不明


P1090587
マルカントニオ・フランチェスキーニ(ボローニャ、1648‐1729)の「ピエタ」


P1090588


P1090589


P1090592
ジョヴァンニ・バッティスタ・ボルゲージ(パルマ、1790‐1846)の「聖家族」


P1090594
詳細不明


P1090597
詳細不明


P1090599
詳細不明


P1090600
何処かで見たような気がしました。


P1090601
詳細不明


P1090582
祭壇前から見た出入口方向


P1090606
次はサン・フランチェスコ・デル・プラート教会です。


P1090607
古そうな民家です。


P1090612
通りの先にサン・フランチェスコ・デル・プラート教会があります。


P1090615
1222年創建、13世紀半ばに完成したゴシック様式のサン・フランチェスコ・デル・プラート教会です。


P1090625
ご覧のように扉が閉まっていました。
ナポレオンのイタリア侵攻によって、宗教活動の停止が命令され、その後、一度も宗教活動が再開されることなく現在に至ってます。


P1090635
堅固な造りから、ナポレオン時代から監獄に転用され、1993年まで刑務所となっていました。重罪犯用で、多くの死刑執行が行われた刑務所として、犯罪者から恐れられたそうです。


P1090626
中はフレスコ画の宝庫となっていて、2000年台前半に美術館として整備されることに決まりましたが、経済状態悪化のため、その実現は今のところ夢物語になりそうです。


P1090618
こちらはオペラ博物館です。


P1090619


P1090630
この建物も旧サン・フランチェスコ・デル・プラート教会の一部でした。


P1090620
キオストロ


P1090622
キオストロの壁に描かれたフレスコ画


P1090624



P1090638


P1090639
パルマの街歩きはこんなところでしょう。


P1090641
(おわり)

P1090355
サンタ・ルチア教会を後にしました。


P1090353
パルマの教会は大体開いているので、教会巡りに絶好です。


P1090354
次は愈々サンタ・マリア・デッラ・ステッカータ聖堂です。


P1090352
1392年までに、この場所にステッカータ教会が建てられ、受胎告知される聖母同信会が置かれるようになりました。教会は巡礼地となって、主祭壇に置かれた「授乳の聖母」(現在も聖堂の主祭壇にあります)が信仰の象徴となりました。


P1090307
1521年、受胎告知される聖母同信会は、当時の建物を取り壊し、その上に規模の大きな建物の再建を決定しました。そうして、1521年に創建され、1539年に完成したルネサンス様式の建物が現在の姿のほぼ原形となってます。1539年に奉献式が執り行われました。
クーポラは、1525年から1527年にかけて建設されました。
17世紀に一部バロック様式に改修され、現在のルネサンス・バロック様式の建物になりました。


P1090308
扉が開いていました。
中に入ると、ミサ、洗礼式、結婚式、葬儀などが行われておらず、ゆっくりと拝観出来そうでした。


P1090309
単廊式、ギリシャ十字形、ルネサンス様式の内部です。


P1090312
左翼廊方向


P1090311
右翼廊方向


P1090310
主祭壇を見ます。


P1090314
主祭壇画は、14世紀の「Madonna allattante(授乳の聖母)」
巡礼者の信仰を集めた作品です。


P1090313
後陣ヴォルタのフレスコ画は、ジローラモ・フランチェスコ・マリア・マッツォーラ通称イル・パルミジャニーノ(パルマ、1503‐カザールマッジョーレ、1540)の「3人の賢明な処女と3人の愚かな処女」(1531‐39)


P1090317
マルカントニオ・フランチェスキーニ(ボローニャ、1648‐1729)の「天上の聖家族と聖ジョルジョ」(1718)


P1090346
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリ(ヴィアダーナ、1500c‐パルマ、1569)の「救世主とパドヴァの聖アントニオと聖マリア・マッダレーナ」


P1090349
トッマーゾ・バンディーニ(フェリーノ、1807‐パルマ、1849)の「ピエタ」


P1090332
クーポラのフレスコ画は、ベルナルディーノ・ガッディ(パヴィア、1495/1496-クレモナ、1576)の「聖母被昇天」


P1090328
ジャンベッティ―ノ・チニャローリ(ヴェローナ、1706-1770)の「三位一体と聖人たち」


P1090318
17世紀のエミリアの逸名画家の「天上の聖母子と聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタとバーリの聖二コラ」


P1090319
私には制作者等が分かりません。


P1090320
ミケランジェロ・アンセルミ(ルッカ、1492c-パルマ、1556)の「マギの礼拝」(1541)


P1090329
ヤン・ソーンス(オランダ、スヘルトーヘンボス、1547-パルマ、1611)の「聖家族」


P1090330


P1090331


P1090333
アウレリオ・バリーリ(パルマ、16世紀後半活動)の作品です。


P1090335
フランチェスコ・ライボリーニ通称イル・フランチャ(ボローニャ、1477-1517)の「玉座の聖母子と2聖人と3音楽天使」


P1090337
私には制作者等が分かりません。聖堂側は勿論分かっていると思います。


P1090339


P1090340
詳細不明


P1090341


P1090343
私には制作者等が分かりません。


P1090344


P1090345
詳細不明


P1090347
漆喰彫刻


P1090348
私には制作者等が分かりません。


P1090351
私には制作者等が分かりません。


P1090324
パルミジャニーノのフレスコ画をもう一度見ました。


P1090350
主祭壇をもう一見ました。


P1090386
外に出ました。


P1090492
ドゥオーモ広場に来ました。


P1090498
ドゥオーモのライオン像にご挨拶


P1090502
司教館


P1090503


P1090489
キオストロに行ってみます。


P1090506
この下にMuseo Diocesanoがあります。


P1090509
キオストロにある井戸


P1090491
お腹が空きました。


P1090500
ここで食べました。
(つづく)

P1090260
イエズス会のサン・ロッコ教会です。
1528年創建、1598年に完成した教会と書いてあるのを目にしたことがありますが、正しくもあり、正しくないとは言えないものの正確ではないと言えそうです。


P1090262
ファサード前の道路が狭いので、ファサード全体の写真が撮れません。
現在のバロック様式の建物は、1737年に創建され、1754年に完成した二代目のものです。


P1090263
最初の建物の完成後、僅か140年足らずにして再建されるようになったのか、不思議に思い、あちこち調べましたが、その理由がまだ分かりません。


P1090298
1747年から1754年に建設された高さ50m超の鐘楼です。


P1090264
単廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


P1090265
左右の側壁と翼廊に礼拝堂が設けられてます。


P1090266
比較的新しい祭壇画ばかりですが、現在まで名前が知られている画家たちの作品があるので、美術ファンにとって楽しい教会と言えるでしょう。


P1090297
天井の白いところは地震によって生じた亀裂の修復箇所です。


P1090279
主祭壇


P1090280
イエズス会の教会にしては稍々地味な感じがします。


P1090281
後陣とクーポラ


P1090283
主祭壇画は、フランチェスコ・スカラムッツァ(シッサ、1803‐パルマ、1886)の「ペストを治癒する聖ロッコに顕現する天上の聖母子」
聖ロッコはペストに対する守護聖人とされていて、ペスト禍に度々見舞われた中世において人々の崇敬の対象になっていました。


P1090284
1754年に制作されたパイプオルガン。当時のオルガン名工によって制作されたもので、今でも有名なオルガンとされてます。オルガンは私の好きな美術対象から外れるので、このオルガンについての詳しいことは省略です。


P1090285


P1090286
詳細不明


P1090288
ジャチント・ブランディ(ローマ、1621‐1691)の「割礼」


P1090290
リオネッロ・スパーダ(ボローニャ、1576‐パルマ、1622)の「聖イグナツィオと十字架を手にするキリスト」


P1090291
ジョヴァンニ・バッティスタ・ボルゲージ(パルマ、1790‐1846)の「聖母子と聖人たち」


P1090292
ピエトロ・ロターリ(ヴェローナ、1707‐サンクトペテルブルク、1762)の「聖イグナツィオ」


P1090293
ピエトロ・ロターリ(ヴェローナ、1707‐サンクトペテルブルク、1762)の「聖フランチェスコ・サヴェーリオ」


P1090294
詳細不明


P1090270
ジャチント・ブランディ(ローマ、1621‐1691)の「磔刑」


P1090271
詳細不明


P1090272
詳細不明


P1090273
詳細不明


P1090275
ジョヴァンニ・バッティスタ・ボルゲージ(パルマ、1790‐1846)の「聖ルイージ・ゴンザーガと聖スタニシャオ」


P1090276
詳細不明


P1090277
17世紀のパルマの逸名画家の作品


P1090289
詳細不明


P1090278
主祭壇前から見た出入口方向


P1090299
外に出ました。
サン・ロッコ教会から至近にある旧教会に行きました。


P1090301
1177年の文書に教会の存在が記されているサンタンドレア教会です。


P1090300
1939年、教会としての活動をした停止した旧教会です。現在、美術展などの会場として使用されてます。この日は現代抽象画の特別展だったので、直ぐに出てきました。


P1090303
写真左が旧サンタンドレア旧教会で、鐘楼はサン・ロッコ教会のものです。


P1090304
街の中心の広場に戻ってきました。


P1090305
ガリバルディ広場に置かれていた彫刻です。如何にも現代のイタリア人が好きそうな彫刻です。
フェルナンド・ボテロの「Donna Distesa(横たわる女)」(2013)


P1090306
次はサンタ・マリア・デッラ・ステッカータ聖堂に行くつもりでした。


P1090357
サンタ・マリア・デッラ・ステッカータ聖堂に行く途中、サンタ・ルチア教会が開いていました。


P1090361
拝観することにしました。


P1090358
サンタ・ルチア教会については、(その4)で詳しく触れました。


P1090366
パルマの教会は何処でも外れがありません。美術的にですが。


P1090367


P1090368


P1090369


P1090373


P1090383


P1090375
(つづく)

P1090200
サンティッシマ・アンヌンツィアータ教会です。


P1090203
この場所に12世紀頃に建設されたサン・フランチェスコ修道院がありましたが、1546年、初代パルマ公爵ピエル・ルイージ・ファルネーゼは、修道院を取り壊し、その上に軍事施設の建設を決め、修道院は取り壊されました。


P1090202
ピエル・ルイージの息子で第二代パルマ公爵オッタヴィオ・ファルネーゼは、教会修道院の再建を決め、1566年創建、17世紀に完成したバロック様式の建物が現在の教会です。
修道院を取り壊して、再建に至る背景には、フランス、スペイン、教皇庁などがパルマの領有を巡って政治的軍事的に介入した歴史がありますが、その辺をここで触れることは止めて先を急ぎます。


P1090201
ファサード入口扉上の、ジョヴァンニ・バッティスタ・バルビエーリ(ヴァル・ディンテルヴィ、1625/1626-1691)による漆喰彫刻が有名です。


P1090201
外壁が丸くなった箇所がありますが、そこに礼拝堂が設けられてます。


P1090245
教会の中に入れば、この部分の訳が理解できるでしょう。


P1090244
入口扉の装飾


P1090204
バロック様式の内部です。


P1090207
天井の形の通りで楕円形の教会です。


P1090206
主祭壇に向かって左側です。


P1090205
主祭壇に向かって右側です。


P1090208
主祭壇


P1090217
後陣のクーポラ


P1090211
主祭壇画は、フランチェスコ・ザガネッリ・ダ・コティニョーラ通称フランチェスコ・ダ・コティニョーラ(コティニョーラ、1475-ラヴェンナ、1532)の「聖母子と4聖人(聖ジョヴァンニ・バッティスタ、聖ルチア、聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ、アッシジの聖フランチェスコ)」


P1090209
ジョヴァンニ・バッティスタ・バルベリーニ(ヴァル・ディンテルヴィ、1625/1626-1691)の「コレッジョ作『受胎告知』のコピー画」(1681)
コレッジョの「受胎告知」のフレスコ画は、取り壊された教会修道院にありました。その剥離フレスコ画がパルマの国立美術館で展示されています。その作品画像を載せておきましょう。


P2620579
アントニオ・アッレグリ通称イル・コレッジョ(コレッジョ、1489c-1534)の「受胎告知」(1524-25c)
パルマ国立美術館所蔵


P1090210
詳細不明


P1090213
アンドレア・スクテッラーリ(ヴィアダーナ、1578-1598記録)の「聖ジローラモ」


P1090214
アンドレア・スクテッラーリ(ヴィアダーナ、1578-1598記録)の「聖パオロと天使」


P1090216
詳細不明


P1090218
セバスティアーノ・ガレオッティ(フィレンツェ、1675-モンドヴィ、1746)の「聖母子と聖ボナヴェントゥーラ」


P1090221
プレセーペ礼拝堂


P1090222


P1090222


P1090223
P1090223
教会の周囲の景色が再現されてます。


P1090247
この場所でしょうね。


P1090226
ジローラモ・フランチェスコ・マリア・マッツォーラ通称イル・パルミジャニーノ(パルマ、1503-カザールマッジョーレ、1540)の「フェルトレのベアート・ベルナルディーノ」


P1090227
サクロ・クオーレ礼拝堂


P1090228
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティンティ(パルマ、1558-1604)に拠る礼拝堂の装飾


P1090230
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティンティ(パルマ、1558-1604)のフレスコ画


P1090231
パドヴァの聖アントニオ礼拝堂


P1090233
詳細不明


P1090235
アルカンターラのサン・ピエトロ礼拝堂


P1090236
イラリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657-ピアチェンツァ、1734)の「アルカンターラの聖ピエトロ」


P1090239
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティンティ(パルマ、1558-1604)のフレスコ画


P1090243
詳細不明


P1090241
サン・フランチェスコ礼拝堂


P1090242
外に出る前に、もう一度祭壇を見ました。


P1090248
外に出ました。


P1090250
メッツォ橋を渡ってチェントロ・ストーリコに戻ります。


P1090255
この教会の名称が分かりません。


P1090256
次はサン・ロッコ教会です。


P1090257
この日は精力的に教会巡りをしました。


P1090258
突き当りを左折すればサン・ロッコ教会に出ます。


P1090259
サン・ロッコ教会です。
(つづく)

P1090153次はサン・バルトロメオ教会です。


P1090186
カルドゥッチ通りには青空市が立っていました。


P1090185
カルドゥッチ通りに面して建つサン・バルトロメオ教会です。


P1090158
830年頃のパルマの文書に、この場所に存在していた教会の記録が残されており、830年以前に建てられたとされてますが、恐らく7世紀頃には存在していたと推察されてます。
1180年、教会の横を流れるパルマ川の洪水によって大きな被害を受けてしまいました。その後、教会は、Chiesa di San Bertolomeo de Glareaと称されたように、修復されずに長い間放置されたままになっていました。glareaとは砂利と言う意味で、その名の通り、教会の建物は洪水の際の砂利と瓦礫に埋まっていたのでしょう。


P1090160
17世紀になると、教会の再興が決定され、1633年に再建工事が着工されました。1785年に一応の完成の運びとなりましたが、19世紀に改修が行われ、現在の姿になったのは全ての改修工事が完了した1851年にことでした。


P1090154
鐘楼と後陣
初代の建物の姿を模して設計されたので、後期ゴシック様式に似た格好の建物です。
鐘楼の一部に、7世紀頃の初代の建物の石が使用されているそうです。


P1090155
青空市のテントが邪魔して教会全体の写真が撮れません。


P1090161
ファサード左右の壁龕の彫刻は、アレッサンドロ・ボットーニとアウレリオ・ボットーニの兄弟による作品です。
こちらは「聖サビーナ像」


P1090162
聖バルトロメオ像


P1090163
扉が開いていたので拝観しました。


P1090164
単廊式、バロック様式の内部です。


P1090166
左右の側壁に礼拝堂が設けられてます。


P1090165
右側壁


P1090167
装飾が殆ど施されていない地味な天井です。


P1090176
主祭壇


P1090184
主祭壇画は、ジュゼッペ・ペローニ(パルマ、1710‐1776)の「聖バルトロメオの殉教」


P1090169
ジャコモ・スピチョッティ通称スピリト・ジェンティーレ(パルマ、1520‐1602)の「聖母子と聖人たち」
他の教会にあったものを、ここに移設したのでしょう。


P1090170
18世紀のパルマの逸名画家作「キリストの洗礼」


P1090171
詳細不明


P1090172
詳細不明


P1090173
詳細不明


P1090175
ジローラモ・マニャーニ(ボルゴ・サン・ドンニーノ、1815‐パルマ、1889)の「天上の聖母子と聖人たち」


P1090179
18世紀のエミリアの逸名画家作「聖母被昇天」


P1090180
詳細不明


P1090181
詳細不明


P1090182
詳細不明


P1090177
祭壇前から見た出入口方向


P1090187
外に出ました。


P1090188
パルマ川の方に進みました。


P1090189
メッツォ橋下の広場にも青空市が立ってました。


P1090190
パルマ川に架かるメッツォ橋です。


P1090191
橋の先にある教会を目指します。


P1090193
Torrenta Parma


P1090194
単純にパルマ川と思っていたら、わざわざTorrentaとなっていました。torrentaとは急流とか渓流という意味ですが、見た目、急流とか渓流ではないような感じです。


P1090251
どちらが上流でしょうか?


P1090252
川岸に建つ家々


P1090254



P1090195
橋を渡って対岸に行きました。


P1090197
フィリッポ・コッリドーニ広場


P1090249
広場に立つのは、オッド・アリヴェンティ(1898‐1975)の「フィリッポ・コッリドーニのモニュメント」
フィリッポ・コッリドーニ(コッリドーニア、1887‐サン・マルティーノ・デル・カルソ、1915)は労働組合指導者、政治家、ジャーナリストでした。


P1090247
広場の横に教会があります。


P1090198
サンティッシマ・アンヌンツィアータ教会です。


P1090199
(つづく)

(その8)はパルマのサン・ヴィターレ教会です。
P1090080
Palazzo Comunaleの隣にあるサン・ヴィターレ教会です。


P1090141
11世紀、現在のガリバルディ広場にサン・ヴィターレ教会が建設されました。


P1090138
1644年、サン・ヴィターレ教会は現在の場所に移転再建することが決められ、1651年に創建され1669年に完成したバロック様式の建物となりました。


P1090081
クーポラと鐘楼


P1090142
ファサードの左右に絵画が置かれてます。


P1090143
向かって右は聖ジョルジョ


P1090140
扉が開いていたので拝観しました。


P1090083
単廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


P1090085
左右の側壁に礼拝堂が設けられてます。


P1090084
右側壁


P1090086
バロック様式の教会にしては、地味な方の天井装飾です。


P1090110
クーポラ


P1090116
主祭壇


P1090113
主祭壇に置かれた磔刑像(詳細不明)


P1090111
主祭壇画は、セバスティアーノ・リッチ(ベッルーノ、1659‐ヴェネツィア、1734)の「聖ヴィターレと聖グレゴリオ・マーニョ」


P1090114
ジュゼッペ・ペローニ(パルマ、1710‐1776)によって描かれた後陣のフレスコ画


P1090118
ルーカ・レーティ(ライーノ、1598‐パルマ、1668)とドメニコ・レーティ(17世紀パルマで活動)の兄弟によって制作された漆喰彫刻


P1090119
グレゴリオ・マーニョ?


P1090120
ガエターノ・カッラーニ(パルマ、1736‐1809)の「聖母子と聖ヴィターレと聖パオロ」


P1090121
ルーカとドメニコのレーティ兄弟による漆喰彫刻


P1090122


P1090090
ドメニコ・ポッツィ(スイス、ブルゼッラ、1745‐ミラノ、1796)の「聖母子と2聖人」


P1090089
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1609‐1662)の「聖母子と聖ロッコと聖セバスティアーノ」


P1090092
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1609‐1662)の「受胎告知」


P1090094
詳細不明


P1090096
詳細不明


P1090097
ジョヴァンニ・バッティスタ・カッチオーリ(ブドリオ、1623‐ボローニャ、1685)の「聖母子と聖人たち」


P1090099
詳細不明


P1090100
詳細不明


P1090101
ルティーノ・バリッリ(パルマ、1883‐1961)の「祈る聖母」


P1090102
詳細不明


P1090104
ドンニーノ・ポッツィ(フォンタネッラート、1894‐パルマ、1946)の「キリストの復活」


P1090103
ドンニーノ・ポッツィ(フォンタネッラート、1894‐パルマ、1946)の「ピエタ」


P1090105


P1090106


P1090107


P1090108


P1090109
詳細不明


P1090112
詳細不明


P1090125
クレメンテ・ルータ(パルマ、1685‐1767)の作品


P1090128
詳細不明


P1090129
詳細不明


P1090130
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1609‐1662)の「聖母子と聖人たち」


P1090131
詳細不明


P1090132
詳細不明


P1090133
詳細不明


P1090134
詳細不明


P1090135
詳細不明


P1090136
詳細不明


P1090123
祭壇前から見た出入口方向


P1090124
ガエターノ・カッラーニ(パルマ、1736‐1806)の作品


P1090137
これで終わりです。


P1090139
外に出ました。


P1090144
(つづく)

P1080974
街歩きの起点は、この日もガリバルディ通りです。


P1080978
サンタ・テレーザ教区教会を素通りするのは気が引けます。


P1080983
一寸だけ拝観しました。


P1090013
パルマには、現役の教会が多いと思います。


P1090014
この付近を往復したのは、もう30回以上にもなります。


P1090015
朝靄の中のピロッタ宮殿


P1090016
前夜、ここでシモン・ボッカネグラを楽しみました。


P1090017
兵士のブロンズ像


P1090021
ホテルに戻ったのが午前1時過ぎ。ベッドに入ると、頭の中でアリアが流れて寝付けません。寝不足の朝を迎えました。終演を午後11時半を見込んで開演時間が決まるので、夕食をどうするかが頭を悩ませるところです。この劇場周辺のレストランは、オペラ開演の夜はオペラがはねた後でも営業しています。久し振りの真夜中の夕食は、胃がびっくりしたみたいで、朝飯を食べるどころではありませんでした。


P1090150



P1090149
ブッセートのオペラはパルマ歌劇場の出張公演のようです。


P1090025
劇場の隣にある、1527年創建、1624年に完成したサンタレッサンドロ教会です。


P1090027
残念ながら扉が閉まっていました。


P1090026
鐘楼


P1090028
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリ、アレッサンドロ・ティアリーニ、セバスティアーノ・リッチなどの作品があるので、拝観したかったけれど、扉が閉まっていては仕方がありません。


P1090029
サンタレッサンドロ教会の向かいにあるサンタ・マリア・デッラ・ステッカータ聖堂に期待しました。


P1090030
聖堂は開いていました。


P1090032
中に入ったらミサ中でした。ミサを暫く見ていましたが、始まったばかりのようです。
聖体拝領してから信者同士で握手してミサが終わるのが普通ですが、それまでは時間がかかりそうでした。


P1090036
外に出たら、信者が続々と中に入って行くのを目にしました。


P1090033
パルミジャニーノ、ベルナルディーノ・ガッティなどのフレスコ画を見たかったけれど・・・・・


P1090031
この聖堂はミサの多いことで知られてます。


P1090034
ステッカータ広場


P1090037
広場に立つのは、パルミジャニーノのモニュメント


P1090038


P1090040
この辺で、前日夜のオペラで歌った歌手を見かけました。


P1090041
街角の聖母子


P1090042
この辺の雰囲気が実に良いと思います。


P1090045
ガリバルディ広場


P1090046
Palazzo del Governatore


P1090147
これを撮っておくと後で役立ちます。


P1090048
ジュゼッペ・ガリバルディのモニュメント


P1090075
市庁舎前に立つコレッジョのモニュメント


P1090077
市庁舎のロッジャ


P1090078


P1090079
市庁舎前にあるヘラクレスとアンテオのモニュメント
今日は時間がないので、この辺で終わりにさせてください。
(つづく)

P1090666
私には制作者等が分かりません。
引き続きサン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ教会修道院です。


P1090668
私には制作者等が分かりません。


P1090673
私には制作者等が分かりません。


P1090674
私には制作者等が分かりません。


P1090675
私には制作者等が分かりません。


P1090677
私には制作者等が分かりません。


P1090679
私には制作者等が分かりません。


P1090680
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499‐1565)の「聖フェリチータと聖ヴィターレ(息子)」


P1090681
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499‐1565)の「聖ベネデット」


P1090683
詳細不明


P1090685
ジョヴァンニ・バッティスタ・メラーノ(ジェノヴァ1632‐ピアチェンツァ、1698)の「聖イラーリオとバーリの聖二コラに顕現する聖母子」


P1090688
主祭壇と後陣


P1090690
主祭壇画は、エミリオ・タルッフィ(1633‐1696)の「キリストの昇天」(1674)


P1090708
ルネッタのフレスコ画は、アレッサンドロ・アッレグリ通称イル・コレッジョ(コレッジョ、1498c‐1534)の「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ」


P1090715
後陣のフレスコ画は、チェーザレ・アレトゥージ(モデナ、1549‐パルマ、1612)の「コレッジョ作『聖母戴冠』のコピー画」です。
これをコレッジョのフレスコ画と間違える方がいらっしゃいますが、チェーザレが描いたコピー画です。
本物はピロッタ宮殿の国立美術館にあります。


P2620601
アレッサンドロ・アッレグリ通称イル・コレッジョ(コレッジョ、1489c‐1534)の「聖母戴冠」(1522c)
パルマ国立美術館にあるコレッジョの作品です。


P1090706
クーポラのフレスコ画は、アレッサンドロ・アッレグリ通称イル・コレッジョ(コレッジョ、1489c‐1534)の「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタの死」(1520)


P1090695
私には制作者等が分かりません。


P1090694
私には制作者等が分かりません。


P1090693
私には制作者等が分かりません。


P1090697
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリ(ヴィアダーナ、1500c‐パルマ、1569)の「聖母子と聖ジャコモ」(1543‐45)


P1090698
私には制作者等が分かりません。


P1090699
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499‐1565)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1090700
アントニオ・ベガレッリ(モデナ、1499‐1565)の「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ」


P1090701
私には、この作品の詳細が分かりません。


P1090710
私には、この作品の詳細が分かりません。


P1090711
私には、この作品の詳細が分かりません。


P1090720
私には、この作品の詳細が分かりません。


P1090723


P1090725
私には、この作品の詳細が分かりません。


P1090687
主祭壇前から見た出入口方向


P1090729
ファサード裏にある作品です。


P1090731
外に出ました。


P1230856
次はサンティッシマ・トリニータ教会です。


P1230861
駅の方に向かいます。


P1230862
ガリバルディ通りに出ました。


P1230864
見慣れた風景です。


P1230878
右折すると教会の鐘楼が見えました。


P1230880
残念、サンティッシマ・トリニータ教会は閉まっていました。


P1230883
写真右の建物のルネッタを見て我慢します。


P1230882
インノチェンツォ・マルティーニ(パルマ、1551‐1623)のフレスコ画


P1230885
この日の予定はこれで終わりです。


P1230886
(つづく)

P1230309
次はサン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ修道院です。


P1230311
サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ修道院は、ドゥオーモの後にあります。


P1230314
突き当りの建物の浮彫は一見の価値があります。


P1230315
浮彫


P1230316
13世紀に建設された歴史的建造物ですが、現在はホテルになってます。ドゥオーモ広場から見ると、この建物はお馴染みでしょう。


P1230318
洗礼堂を経由します。


P1230320
洗礼堂は旧市街の中心であるので、どうしても一度の旅で何度も来てしまいます。


P1230321
傑作です。


P1230322
登録して、デポジットを払えば旅行者も使用可能でしょうか?


P1230327
ドゥオーモ広場


P1230328
13世紀に建設され、18世紀に改修されたPalazzo della Rosa Pratiは、現在ホテルになってます。この建物の裏側に浮彫があります。


P1230834
この辺のパルマが特に気に入ってます。


P1230853
サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ修道院が見えてきました。


P1090731



P1230831
見たところが多いので、ついつい道草してしまいます。


P1230836
ドゥオーモの後陣


P1230838
サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ修道院です。
960年、ベネデット会修道士によって、この場所に建設されたサン・コロンバーノ祈祷所が前身です。後に修道院が併設されるとともに祈祷所だった建物は増築されて教会となって、パルマでは大組織の教会修道院になりました。


P1230850
教会修道院は、1477年に発生した火災によって大きな被害を受けたので再建されることになりました。


P1090647
15世紀後半、当時、パルマで実績がある建築家Bernardino Zaccagni(パルマ、1455‐1531)の設計と工事監督によって、1490年に創建、1519年に完成した盛期ルネサンス様式の二代目の建物が現在の姿となってます。
また、再建を機に奉献する聖人が聖コロンバーノから聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタに変更され、教会修道院の名称が現在の名前になりました。


P1090653
後期マニエリスム様式(初期バロック様式に近似)のファサードは、彫刻家・建築家シモーネ・モスキーノ(オルヴィエート、1553‐パルマ、1610)の設計によって、1604年から1607年に建設されました。
それで15世紀から17世紀に建設されたと記されているのです。


P1230842


P1090737
写真正面は修道院のファサード、左はドゥオーモの後陣です。


P1230841
高さ75mの、パルマで最も高い鐘楼は、パルマの建築家ジョヴァンニ・バッティスタ・マニャーニ(パルマ、1571‐1653)の設計によって1613年に建設されました。


P1230843
ファサードの壁龕に彫刻があります。


P1230844
無原罪の聖母


P1230845
聖プラチド


P1230846
聖スコラスティカ


P1230847
聖フェリチータと聖ヴィターレ


P1230849


P1090652
聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ


P1090654
三廊式、ラテン十字形、ルネサンス様式の内部です。


P1090656
左側廊方向


P1090727
左側廊


P1090655
右側廊方向


P1090730
右側廊


P1090657
身廊天井
祭壇画、フレスコ画を見て行きます。


P1090658
ヤン・ソーンス(オランダ、スヘルトーヘンボス、1547‐パルマ、1611)の「聖母子と2聖人」


P1090659
ミケランジェロ・アンセルミ(ルッカ、1491/1492-パルマ、1556)の「聖ジローラモ」


P1090661
ジャコモ・ライボリーニ通称ジャコモ・フランチャ(ボローニャ、1484-1557)とジュリオ・ライボリーニ通称ジュリオ・フランチャ(ボローニャ、1487-1540)の「ご誕生」(1519)


P1090663
詳細不明


P1090665
クリストフォロ・カセッリ(パルマ、1460-1521)の「マギの礼拝」
(つづく)

P1230243
見えているのは、サンタ・マリア・デッラ・ステッカータ聖堂と歌劇場です。


P1230245
ステッカータ広場にやってきました、道路の向こうは広場の名称が変わってガリバルディ広場になります。


P1230247
広場に立つジュゼッペ・ガリバルディのモニュメント像


P1230248
時計塔がある建物はPalazzo del Governatore


P1090076
サン・ピエトロ教会に行ってみることに。


P1090071
955年の記録にサン・ピエトロ教会がこの地にあったことが記されているそうです。初代の建物を取り壊し、その上に新しいゴシック様式の建物が1418年から1492年にかけて再建されました。


P1090072
現在の新古典様式の建物は、1707年から1762年に建て替えられた三代目のものです。


P1090070
ファサードのスタッコはべニーニョ・ボッシ(アルチザーテ、1727‐パルマ、1800)の作品です。


P1090055
単廊式、新古典様式の内部です。翼廊がありません。


P1090056
左側壁


P1090057
右側壁


P1090058
クレメンテ・ルータ(パルマ、1685‐1767)の作品です。


P1090059
「聖ジュゼッペの死」


P1090061
べニーニョ・ボッシの作品です。


P1090063
べニーニョ・ボッシによるスタッコ装飾


P1090064
クーポラのフレスコ装飾はジョヴァンニ・アントニオ・ヴェッツァーニ(パルマで18世紀前半活動)によるものです。


P1090065
詳細不明の磔刑像です。


P1090066
主祭壇画


P1090067
アレッサンドロ・マッツォーラ(パルマ、1533‐1608)の「聖母子と2聖人」


P1090062
主祭壇前から見た出入口方向


P1090068
祭壇をもう一度見てから外に出ました。


P1090073
観光案内所でバスの時刻と発着場を確認しました。パルマ新駅のオープンによって、バスの発着場が変わりました。


P1230251
レプッブリカ通りです。見えているのはサン・ヴィターレ教会ですが、教会の扉が閉まっていました。


P1230257
次はサンタ・ルチア教会です。


P1230262
カヴール通りに戻りました。


P1230263
カヴール通りに面して建っているサンタ・アルチア教会です。


P1230264
サンタ・ルチア教会です。
1223年創建、1294年に奉献式が執り行われたサン・ミケーレ教会がこの場所にありましたが、そのサン・ミケーレ教会が現在のサンタ・ルチア教会の前身です。


P1230266
16世紀後半、サン・ミケーレ教会の建物は老朽化のため荒廃してしまったので、それを取り壊し、その上に新しい建物が再建されることになりました。
そうして、1615年に創建され、17世紀後半に建物が完成しました。1697年に再建されたバロック様式の建物の奉献式が執り行われました、それを機に捧げる聖人が大天使ミケーレから聖ルチアに変更され、教会の名称がサンタ・ルチア教会と改称されました。


P1230265
ファサードはマウロ・オッディの設計です。ファサード・ニッチの彫像「聖ビアージョ」と「聖ルチア」はジャコモ・バルビエーリの作品です。


P1230268
単廊式、バロック様式のこじんまりした内部です。


P1230269
壁の殆どがフレスコ画で覆われてます。


P1230287
フィリッポ・マリア・ガレッティ(フィレンツェ、1638‐1714)によるフレスコ画


P1230270


P1230280
クーポラのフレスコ画もフィリッポ・マリア・ガレッティ(フィレンツェ、1638‐1714)によって描かれました。


P1230278
聖母被昇天


P1230301


P1230274
主祭壇


P1230281
主祭壇画は、セバスティアーノ・リッチ(ベッルーノ、1659‐ヴェネツィア、1734)の「聖ビアージョから聖体拝領する聖ルチア」(1730)


P1230299
この作品はセバスティアーノ・リッチの代表作とされてます。


P1230283
アントニオ・リゴーリの「聖霊降臨」


P1230284
オルガン


P1230286
アントニオ・リゴーリの「天上の聖母子と聖パオロと聖フランチェスコ」


P1230289
セバスティアーノ・リッチ(ベッルーノ、1659‐ヴェネツィア、1734)の「聖セバスティアーノと聖ロッコ」


P1230292
ジュリオ・チェーザレ・アミダーノ(パルマ、1572‐1629)の「聖母子と聖ルチアとシチリアの聖アガタ」


P1230295
詳細不明


P1230297
説教壇


P1230303
詳細不明


P1230305
ファサードの裏側の壁にもフレスコ画が描かれてます。


P1230306
外に出ます。


P1230308
(つづく)

P1230208
旧市街の中心部へと続くガリバルディ通りです。


P1230209
ガリバルディ通りに面して建つサンタ・テレーザ教会が開いていたので、拝観することにしました。


P1080977
Chiesa di Santa Teresa del Banbino Gesuが正式名称です。
1548年、現在の教会がある土地に建設されたOratorio del Rossiが前身です。1584年、Oratorioはサンティッシマ・トリニータ教会に組み入れられ、Chiesa della Trinita Nuovaと改称しました。
1647年、教会は増築されることになり、建築家ジローラモ・ライナルディ(ローマ、1570‐1665)の設計によってバロック様式で、ほぼ現在の規模の建物になりました。
更にクーポラが増設されることになり、ボローニャの建築家ステファノ・ロッリ(ボローニャ、1665c‐1714以降没)の設計によって、1685年から1693年にかけてクーポラが建設されました。
ファサードは、エルメスと・ピアッツァとドメニコ・レーティの設計によって、1862年から1864年にかけて建設されました。ファサードが完成した1864年の姿が現在のものです。


P1230210
入口扉上ルネッタの浮彫
20世紀後半までトリニータ・ヌオーヴァ教会と称していましたが、1973年、現在の名称に改称されました。
今でもトリニータ・ヌオーヴァと呼ぶ地元の人が多いようです。一部では、その前の名称であるOratorio del Rossiと呼ぶ人もいるそうです。


P1080980
単廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


P1080982
左右の側壁に礼拝堂が設けられてます。


P1080981
1548年に創建されたので、古い祭壇画などがありませんが、名前が知られた画家たちの作品があるので、美術ファンにとっては拝観する価値があると思います。


P1080984
バロック様式の教会にしては、若干控えめな装飾と言えるでしょう。


P1080985
クーポラ


P1080989
17世紀にドメニコ・レーティによって制作されたスタッコ装飾


P1080990
創建時のオルガンが残されてます。


P1080987
主祭壇画は、ジョヴァンニ・バッティスタ・ボルゲージ(パルマ、1790‐1846)の「三位一体」(1822c)


P1080988
左側壁第3礼拝堂にある「ロレートの聖なる家」
制作者情報等不祥


P1080997
ジュリオ・チェーザレ・アミダ―ニ(パルマ、1566‐1630)の「聖母子と聖人たち」


P1080994
アレッサンドロ・ティアリーニ(ボローニャ、1577‐1668)の「聖母子と聖ピエトロとパドヴァの聖アントニオ」


P1080996
ヴィンチェンツォ・カンピ(クレモナ、1536‐1591)の「磔刑」


P1080995


P1080999
16世紀の磔刑像


P1090002
バルトロメオ・チェージ(ボローニャ、1556‐1629)の「聖母子と聖人たち」


P1090006
詳細不明


P1090008
詳細不明


P1090009
ドメニコ・レーティのスタッコ装飾


P1090010
制作者不明の「聖テレーザ」


P1090011


P1090007
作者不明の「聖テレーザ」


P1080992
アンドレア・シラーニ(ボローニャ、1610‐1670)の「マギの礼拝」


P1080991
主祭壇前から見た出入口方向です。


P1230212
外に出ました。


P1230216
ピロッタ宮殿を横に見ながら南に進みました。


P1230217
この日も入館しました。


P1230223
作品の写真を撮ることと作品鑑賞は両立しないので、主な美術館には一回の旅で2回入館することにしてます。


P1230226
Piazzale della Pace


P1230227
広場に立つ兵士のブロンズ像


P1230230
ガリバルディ通り


P1230228
王立歌劇場


P1230234
サンタ・マリア・デッラ・ステッカータ聖堂の拝観は後回しです。


P1230235
カヴール通りに行くことに。


P1230236
Borgo Angelo Mazzo


P1230237
オペラを見るためには絶好な場所にあるホテルで、特に台所がある部屋が勧めです。ただ、オペラ公演日の宿泊代が高く設定されているので、商魂逞しいオーナーが気になる人にはお勧めしません。


P1230239
カヴール通り


P1230240
ステッカータ広場の観光案内所に向かいました。


P1230241
(つづく)

P2630340
ローマ時代の碑文


P2630341


P2630342


P2630343


P2630344


P2630346
次の部屋です。


P2630347
制作者情報不詳の「プラクシテレス(紀元前4世紀頃のアッティカの彫刻家)作『エロース(恋愛の神)』の複製彫刻」
ファルネーゼ・コレクションです。


P2630349
青年の彫像


P2630351
サテュロス像


P2630353
玄武岩のトルソ(ヘレニズム末期)


P2630356
ゼウス・セラーピス
ゴンザーガ・コレクションです。


P2630358
オーケアノスの仮面(2世紀末‐3世紀初頭)


P2630361
古代陶器が展示されてます。


P2630362
黒地に赤や白で画像を描いたもので、古代ギリシャで流行しました。また赤地に黒で画像を描いたものも当時流行してました。


P2630363
古代ギリシャで流行した古代陶器を模倣してローマ時代にも多くの陶器が制作されました。


P2630364
取っ手が左右についているアンフォラと呼ばれる陶器


P2630365
紀元前6世紀の古代ギリシャの陶器


P2630366
紀元前6世紀の古代ギリシャ陶器


P2630368
白地に赤で描かれたアンフォラ


P2630369
古代陶器は考古学博物館の定番ともいえる展示物です。


P2630370
紀元前6世紀の古代ギリシャ陶器


P2630371
黒地に赤で描かれた陶器


P2630372



P2630373
沢山あります。


P2630376


P2630379
香油壺?


P2630380


P2630382
黒地に赤で描かれたアンフォラ


P2630383
紀元前6世紀の古代ギリシャ陶器


P2630388
香油壺


P2630390
日が差し込んでいました。


P2630391


P2630394
赤地に黒で描かれた古代ギリシャ陶器


P2630409
陶器のかけら


P2630443
テラコッタ製の奉納用の頭部(紀元前3‐2世紀)


P2630446
紀元前7世紀頃の陶器


P2630450
ブロンズ製副葬品


P2630451
コリント形式の兜(4世紀)


P2630454
大体見たようです。


P2630459
展示室の天井装飾


P2630462
出入口に向かいました。


P2630464


P2630471


P2630486
外に出ました。
(おわり)

P2630485
国立考古学博物館はピロッタ宮殿にあります。


P2630483
1760年、パルマ公爵フィリッポ・ディ・ボルボ―ネ(ブルボン)によって開館した博物館です。
2015年の年間入館者は20,169人でした。


P2630266
入館しました。


P2630268
ローマ時代のモザイク


P2630269
「女の胸像」(2世紀末)


P2630271
「男の胸像」(Eta Antoniana)


P2630273
「ルチオ・ヴェロ(ローマ、130‐169)の胸像」(2世紀)


P2630275
「女の胸像」(2世紀末)


P2630277
「少年の胸像」


P2630279
エジプトの棺
マリア・ルイージ女公爵はエジプト関連の考古学遺跡物の収集に熱心でした。


P2630281
26王朝の骨壺


P2630283
「Sacrofago di Shepsespath」


P2630285
エジプト遺跡からの発掘物


P2630287
「Sacrofago di Osoroeris」


P2630289
次の部屋です。


P2630290


P2630291


P2630292


P2630293
「皇帝アントニウス・ピウス(138‐161)の頭像」


P2630295


P2630296


P2630298
少女の肖像


P2630300
ローマ時代の彫像が並んでます。


P2630301
部屋の天井装飾


P2630302


P2630303
ローマ時代のモザイク


P2630304
小ドルスス(紀元前13‐23)
小ドルススはティベリウスの息子です。


P2630306
ルキウス・カルプルニウス・ピソ・カエソニヌス(紀元前48‐32)


P2630308
カリグラ(12‐41)


P2630311
エリア・ドルシッラ(17‐38)
アウグストゥスの孫がエリア・ドルシッラで、エリア・ドルシッラの兄がカリグラです。


P2630313
小アグリッピナ(15‐59)
ネロの母が小アグリッピナです。ネロの近衛兵によって小アグリッピナは殺されました。


P2630315
ネロ(37‐68)


P2630317
大アグリッピナ(紀元前14‐33)
大アグリッピナはアグリッパの娘で、小アグリッピナの母です。


P2630320
大ドルスス(紀元前38‐紀元前9)


P2630323
ゲルマニクス・ユリウス・カエサル(紀元前15‐19)
ゲルマニクス・ユリウス・カエサルの妻が大アグリッピーナです。


P2630326
頭がありませんが、アウグストゥス?


P2630329
系図があると便利です。


P2630330
次の部屋です。


P2630331


P2630333


P2630336


P2630337


P2630339
(つづく)

P2630128
次の展示コーナーです。


P2630130
フィリッポ・マッツォーラ(パルマ、1460c‐1505)の「玉座の聖母子と聖ジョヴァンニ・バッティスタとアッシジの聖フランチェスコ」(1491)


P2630132
ミケーレ・マッツォーラ(パルマ、1503‐1529記録)とピエル・イラリオ・マッツォーラ(パルマ、1476c‐1545最終記録)の「玉座の聖母子と聖ウルダリコと聖ジョヴァンニ・バッティスタと聖ジュゼッペ」(1510‐20c)


P2630135
フィリッポ・マッツォーラ(パルマ、1460c‐1505)の「玉座の聖母子と聖ジョヴァンニ・バッティスタと聖ジローラモ」(1490‐1500c)


P2630139
フィリッポ・マッツォーラ(パルマ、1460c‐1505)の「十字架を担ぐキリスト」(1490‐1500c)


P2630141
フィリッポ・マッツォーラ(パルマ、1460c‐1505)の「聖パオロの回心」(1490‐1500c)


P2630147
ベルナルド・ゼナーレ(トレヴィーリオ、1460c‐ミラノ、1526)の「玉座の聖母子」(1505‐10c)


P2630149
次の展示コーナーです。


P2630151
ヨザファト・アラルディ(モンテキアルゴロとパルマで1519‐1520記録)の「聖セバスティアーノ」


P2630154
べンヴェヌート・ティーシ通称イル・ガロファロ(フェラーラ、1476‐1559)の「受胎告知」(1530‐50c)


P2630157
べンヴェヌート・ティーシ通称イル・ガロファロ(フェラーラ、1476‐1559)の「天上の聖母子」(1510‐20c)


P2630160
べンヴェヌート・ティーシ通称イル・ガロファロ(フェラーラ、1476‐1559)の「羊飼いの礼拝」(1510‐20c)


P2630163
べンヴェヌート・ティーシ通称イル・ガロファロ(フェラーラ、1476‐1559)の「マギの礼拝」(1510‐30c)


P2630166
パルマの逸名画家作「聖母子」(15世紀末‐16世紀初頭)


P2630168
バルトロメオ・ラメンギ通称イル・バニャカヴァッロ・イル・ヴェッキオ(バニャカヴァッロ、1484‐ボローニャ、1542)の「聖家族と聖ジローラモ」(1510‐30c)


P2630172
ジョヴァンニ・ルテーリ通称ドッソ・ドッシ(サン・ジョヴァンニ・デル・ドッソ、1486c‐フェラーラ、1542)とバッティスタ・ドッシ(フェラーラ、1490‐1548)の「悪魔と戦う大天使聖ミケーレと昇天した聖母」(1533‐34)


P2630174
ジョヴァンニ・ルテーリ通称ドッソ・ドッシ(サン・ジョヴァンニ・デル・ドッソ、1486c‐フェラーラ、1542)の「エジプトへの逃避途中の休息」(1510‐20c)


P2630177
16世紀のフェラーラの逸名画家作「マギの礼拝」(1530‐40c)


P2630181
ジュゼッペ・マッツォーリ通称イル・バスタローロ(フェラーラ、1535c‐1589)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」(1560‐80c)


P2630184
アレッサンドロ・アラルディ(パルマ、1460c‐1528)の「受胎告知とアレッサンドリアの聖カテリーナと聖セバスティアーノ」(16世紀第1四半世紀)


P2630187
クリストフォロ・カセッリ通称クリストフォロ・デイ・テンペレッリ(パルマ、1460c‐1521)の「聖母子」(15世紀末‐16世紀初頭)


P2630190
アレッサンドロ・アラルディ(パルマ、1460c‐1528)の「受胎告知」(1514)


P2630193
ジョヴァンニ・マルティーニ・ダ・ウーディネ(ウーディネ、1470/1475-1535)の「祈る救世主」(16世紀初頭)


P2630195
階上に向かいます。


P2630196
階上の展示は多くありません。


P2630198
ミケランジェロ・アンセルミ(ルッカ、1491-パルマ、1554)の「聖母子と天使たちと聖セバスティアーノと聖ロッコ」


P2630201
ミケランジェロ・アンセルミ(ルッカ、1491-パルマ、1554)の「聖ピエトロ・マルティーレ」(1530-32)


P2630204
16世紀のパルマの逸名画家作「ミケランジェロ・アンセルミ作『聖母子』の複製画」


P2630207
16世紀のエミリアの逸名画家作「アレッサンドリアの聖カテリーナの殉教」


P2630210
フランチェスコ・マリア・ロンダ―ニ(パルマ、1490-1550)の「羊飼いの知らせ」(1530c)


P2630213
セバスティアーノ・ルチア―ニ通称セバスティアーノ・デル・ピオンボの領域(Ambito)の「オーストリアの聖マルゲリータ」(1545c)


P2630216
フランチェスコ・マリア・ロンダ―ニ(パルマ、1490-1550)の「授乳の聖母」(1520-30c)


P2630219
ポンポニオ・アッレグリ(コレッジョ、1521-パルマ、1593)の「聖母子と聖人たち(聖オルソラ、聖ルチア、聖ロッコ、聖クイリーノ)」(16世紀中頃)


P2630223
アンドレア・スクテッラーリ(ヴィアダーナ、1578-1598記録)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1586)


P2630227
ジャコモ・スピチョッティ通称スピリト・ジェンティーレ(パルマ、1520-1602)の「玉座の聖母子と聖フランチェスコと聖マカーリオと天使たち」(1554)


P2630230
ジュリオ・ピッピ通称ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499-マントヴァ、1546)の「天上のキリストと聖パオロとアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1520c)


P2630233
ハンス・ホルバイン・イル・ジョーヴァネ工房の「エラズモ・ダ・ロッテルダム(人文主義者)の肖像」(1530)


P2630236
セバスティアーノ・ルチア―ニ通称セバスティアーノ・デル・ピオンボ(ヴェネツィア、1485c-ローマ、1547)の「教皇パオロ3世ファルネーゼと従者の肖像」(1534-40)


P2630241
ジローラモ・シチョランテ・ダ・セルモネータ(セルモネータ、1521-ローマ、1575)の「聖母子と大天使聖ミケーレと聖ジュゼッペと聖ジョヴァンニーノ」((1565-75)


P2630245
ジョルジョ・ガンディーニ・デル・グラーノ(パルマ、15世紀末生まれ-1538)の「授乳の聖母と聖ジョヴァンニーノと聖マリア・マッダレーナと聖エリザベッタ」(1530c)


P2630247
アーニョロ・ブロンズィーノ工房の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1572c)


P2630251
ルドヴィーコ・マルミッタ(パルマ、1503-1561以前没)の「カルヴァリオへの上り」(1525)


P2630253
フランチェスコ・マッツォーラ通称イル・パルミジャニーノ(パルマ、1503-カザールマッジョーレ、1540)に帰属する「男の肖像」(1515-30)


P2630257
16世紀中頃のポー川流域の逸名画家作「男の肖像」(16世紀中頃)


P1240199
パルマのサン・パオロ修道院の床です。


P1240200
1471年から1482年に制作されたものです。


P1240201
国立美術館で展示されている作品の大部分がファルネーゼコレクションと思っていましたが、ファルネーゼコレクションは意外に少ないようです。


P1240202


P1240203


P1240205


P1240206
(おわり)

P2630037
1450年から1500年にかけてのパルマの絵画が展示されているコーナーです。


P1240084
Maestro della Madonna 57 di Parma の「聖母子と聖ジョヴァン・バッティスタと天使」(15世紀)


P1240129
ヤコポ・ロスキ(パルマ、1425‐カルピ、1504c)の「玉座の聖母子と聖ジローラモと聖ジョヴァン・バッティスタ」(1480‐90c)


P1240132
ヤコポ・ロスキ(パルマ、1425‐カルピ、1504c)の「玉座の聖母子と聖セバスティアーノと聖ロッコ」(1480‐90c)


P2630020
次の展示コーナーです。


P2630030
15世紀のパルマの逸名画家作「慈悲の行い」(15世紀中頃)


P2630033
15世紀のパルマの逸名画家作「慈悲の行い」(15世紀中頃)


P2630035
15世紀のパルマの逸名画家作「慈悲の行い」(15世紀中頃)


P2630036
15世紀のパルマの逸名画家作「慈悲の行い」(15世紀中頃)


P2630045
アーニョロ・デリ・エッリ(モデナ、1457‐1497記録)とバルトロメオ・デリ・エッリ(モデナ、1460‐1479記録)の「聖ピエトロ・マルティーレの生涯のエピソードのポリッティコ」(15世紀後半)
モデナのサン・ドメニコ教会にありました。


P2630046
聖ピエトロ・マルティーレ


P2630049
左上


P2630051
左中


P2630053
左下


P2630054
中央
欠落パネルが1枚あるようです。


P2630057
右上


P2630059
右中


P2630061
右下


P2630063
次の展示コーナーです。


P2630065
フランチェスコ・ライボリーニ通称イル・フランチャ(ボローニャ、1450‐1517)の「玉座の聖母子と5聖人(聖ベネデット、聖ジュスティーナ、聖スコラスティカ、聖プラチド、聖ジョヴァンニーノ)」(1515)


P1240150


P1240147
フランチェスコ・ライボリーニ通称イル・フランチャ(ボローニャ、1450‐1517)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1510‐20c)


P2630071
フランチェスコ・ライボリーニ通称イル・フランチャ(ボローニャ、1450‐1517)の「死せるキリストへの哀悼」(1510‐15c)


P2630074
ジョヴァンニ・バッティスタ・チーマ通称チーマ・ダ・コネリアーノ(コネリアーノ、1459/1460‐1517/1518)の「聖母子と聖ミケーレと聖アンドレア」(1498-1500)
背景はコネリアーノの風景です。


P1240165


P1240167


P1240170
ジョヴァンニ・バッティスタ・チーマ通称チーマ・ダ・コネリアーノ(コネリアーノ、1459/1460-1517/1518)の「玉座の聖母子と音楽天使と聖人たち(聖ジョヴァン・バッティスタ、聖コズマ、聖ダミアーノ、聖アポッロニア、アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ?)」(1507)


P1240159
ジョヴァンニ・バッティスタ・チーマ通称チーマ・ダ・コネリアーノ(コネリアーノ、1459/1460-1517/1518)の「眠るエンデュミオーン」(1505-10)


P1240162
ジョヴァンニ・バッティスタ・チーマ通称チーマ・ダ・コネリアーノ(コネリアーノ、1459/1460-1517/1518)の「ミーダスの判断」(1505-10)


P2630098
ジョヴァンニ・アントニオ・アマデオの領域(Ambito di)の「マギの礼拝」(15世紀第4四半世紀)


P2630100
ジョヴァンニ・アントニオ・アマデオの領域(Ambito di)の「エジプトへの逃避」(15世紀第4四半世紀)


P2630096


P2630085
レオナルド・ダ・ヴィンチ(ヴィンチ、1452-アンブローズ、1519)の「若い女性の頭」(1500-10c)


P1240198


P2630089
ベルナルディーノ・ブティノーネ(トレヴィーリオ、1453以前-1510)の「聖ジローラモ」


P2630091


P2630095
詳細不明


P2630104
次の展示コーナーです。


P2630106
クリストフォロ・カセッリ通称クリストフォロ・デイ・テンペレッリ(パルマ、1460c‐1521)の「玉座の聖母子と聖イラーリオと聖ジョヴァン・バッティスタと音楽天使たちと永遠なる父と信者たち」(1499)


P2630109
クリストフォロ・カセッリ通称クリストフォロ・デイ・テンペレッリ(パルマ、1460c‐1521)の「戴冠の聖母」(1500‐10c)


P2630112
クリストフォロ・カセッリ通称クリストフォロ・デイ・テンペレッリ(パルマ、1460c‐1521)の「2音楽プット」(1500‐10c)


P2630115
クリストフォロ・カセッリ通称クリストフォロ・デイ・テンペレッリ(パルマ、1460c‐1521)の「2音楽プット」(1500‐10c)


P2630117
フランチェスコ・ダ・コティニョーラ通称ザガネッリ(コティニョーラ、1475c‐1532)の「ロランド・ポラヴィンチーノ一家の肖像」(1510‐20c)


P2630119
ロランド・ポラヴィンチーノと娘バルバラの肖像


P2630121
妻ドミティッロ・ガンバラの肖像


P2630123
ヴェネトの逸名画家作「男の肖像」(1500‐20c)
(つづく)

↑このページのトップヘ