イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

2019年10月

今回からマントヴァのフランチェスコ・ゴンザーガ教区美術館 Museo Diocesano "Francesco Gonzaga"です。フランチェスコ・ゴンザーガを題名に含めると長くなるので、単にマントヴァ教区美術館とします。
P2750013
マントヴァの公園のようなヴィルジリアーナ広場です。この場所は城壁外にあります。


P2750003
ヴィルジリアーナ広場に面してサンタグネス修道院だった建物が建ってます。この建物にフランチェスコ・ゴンザーガ教区美術館があります。


P2750004
8世紀、この場所に聖アグネスを奉献する小さな礼拝堂が建てられました。1248年に教会修道院が再建されました。


P2750007
1775年、オーストリアのマリア・テレジア女帝によって宗教活動が抑制され、教会修道院の建物は兵舎として使用されました。1806年、教会だった建物は解体破壊されましたが、修道院だった建物は破壊されずに現存しています。


P2750014
1974年、マントヴァの教会などから集められた絵画や彫刻、数多くの私的収集物などの展示が行われました。その後、一時的な展示会が数度行われ好評だったので、1983年に常設美術館としてオープンしました。
常設美術館オープンの際、フランチェスコ・ゴンザーガに捧げられました。


P2750357
逸名画家作の「フランチェスコ・ゴンザーガの肖像」です。
この美術館で展示されてます。
フランチェスコ・ゴンザーガ(カッツゥオーロ、1546‐マントヴァ、1620)はフランチェスコ会修道士で、チェファル―、パドヴァの司教を歴任した後、1593年にマントヴァ司教に任じられ、没するまでマントヴァ司教の座にありました。


P2750005
旧修道院への入り口


P2750010
旧修道院のキオストロ


P2750009
キオストロを取り囲む回廊の上階が美術館です。


P2750717
回廊を見て回りましたが、フレスコ画の痕跡さえもありません。


P2750011
案内標識に従って美術館に向かいます。


P2750015
美術館に入館しました。


P2750016
階段下に置かれている柱頭は、1806年に破壊されたサンタグネス教会のものです。(13世紀)


P2750017
階段を上って1F(日本の2階)に行きます。


P2750715


P2750714
詳細不明の彫刻


P2750020
1Fの廊下です。写真左がキオストロで、廊下の右に展示室があります。先ず廊下にある作品を見て回ります。


P2750018
廊下の壁にある絵画(詳細不明)


P2750019
廊下の壁にある絵画(詳細不明)


P2750021
コーニス断片(1世紀)


P2750023
Lucio Mestrio Catoneの墓碑(1世紀)


P2750026
Giulio- Claudia家のローマの貴婦人(1世紀)


P2750028
ロンゴバルドの装飾仕切り(8世紀)


P2750030
司教座教会の初代建物にあった説教壇の断片(9世紀)


P2750031


P2750032


P2750033


P2750035
Porta Leonaの印刷物(18世紀)


P2750037
守護ライオン像(11‐12世紀)


P2750039
ジュゼッペ・リヴェッリの「パルミジャニーノ作『カノッサのマティルデの肖像』のコピー画」(19世紀)


P2750040
カノッサのマティルデ(マントヴァ?、1046‐ボンデーノ・ディ・ロンコーレ、1115)は、トスカーナ女辺境伯で、1077年に所領のカノッサ城で「カノッサの屈辱」事件が起きたことで有名です。


P2750042
マントヴァのサン・ピエトロ大聖堂の柱頭(11世紀)


P2750043


P2750045


P2750046


P2750048
受胎告知される聖母(14世紀)


P2750051
Azzone Gonzagaの墓碑(1412)


P2750052
Domus Novaの寄進碑(15世紀)


P2750054
ヨハネ黙示録の天使(15世紀)


P2750057
シエナの聖ベルナルディーノのトリグランマ(15世紀)


P2750060
フィレンツェ派逸名画家作「聖母子」(15世紀)


P2750063
ミケーレ・ダ・フィレンツェ(フィレンツェ、1385‐1455c)の「ピエタのキリスト」(15世紀)


P2750067
(つづく)

P2740922
この礼拝堂の名称が分かりません。


P2740925
詳細不明の「聖フランチェスコ」


P2740926


P2740927
詳細不明の「救世主」


P2740928
制作者情報不明の「聖ジュゼッペと幼きキリスト」


P2740933
14世紀のフレスコ断片


P2740935


P2740937


P2740940
14世紀に描かれた「受胎告知」


P1000388


P1000391
制作者情報不明の「悔悛のマリア・マッダレーナ」


P1000393
詳細不明の「彩色磔刑像」


P1000394
詳細不明の「聖フランチェスコ」


P1000399
14世紀に描かれたフレスコ画


P1000400


P1000401


P1000402


P2740941
右側廊


P2740942


P2740943
マルカのサン・ジャコモ礼拝堂です。


P2740944
この礼拝堂の彫刻が必見です。


P2740945
左右の壁に彫刻が置かれてます。


P2740963
まず左壁の彫刻です。


P2740947
ジュンタ・ピサーノ派逸名彫刻家によって制作されました。


P2740949


P2740950


P2740952


P2740953


P2740954
右の壁の彫刻です。


P2740955
ジュンタ・ピサーノ派の逸名彫刻家による作品です。


P2740956


P2740958


P2740959


P2740960


P2740965


P2740967
次はサン・ベルナルディーノ礼拝堂です。


P2740971
サン・ベルナルディーノ礼拝堂です。フレスコ画断片が残されてますが、ステファノ・ダ・ヴェローナ(ヴェローナ、1379‐1451)によって制作されたものです。


P2740970


P2740974


P2740978


P2740980


P2740976
聖体容器


P2740981
サン・ベルナルディーノ礼拝堂の出入り口

ゴンザーガ家の庇護を受けたサン・フランチェスコ教会には、かって多くの傑作が礼拝堂にありましたが、宗教活動が抑圧されていた時に取り外されてしまいました。現在、それらの作品は世界中の美術館で展示されてます。
6
その中の一つがアンドレア・マンテーニャの「シエナの聖ベルナルディーノ」です。現在、ミラノのブレラ絵画館にあります。


P2740932
主祭壇前から見た出入口


P1000651
(おわり)

P1000374
マントヴァのサン・フランチェスコ修道院教会です。


P1000942
確実な記録がないものの、生前、聖フランチェスコがマントヴァに訪れたとされてます。


P1000416
1232年、サン・フランチェスコ兄弟団にこの地が与えられ、礼拝堂が建てられた記録が残されてます。現在の建物は1304年に建設されました。


P2740878
マントヴァを治めたゴンザーガ家の霊廟が置かれたので、ゴンザーガ家の庇護を受けました。


5
サン・フランチェスコ教会に埋葬されたゴンザーガ家以外の有名人では「黒隊長のジョヴァンニ」が有名です。「黒隊長のジョヴァンニ」は、メディチ家弟脈のジョヴァンニ・イル・ポポラーノとルネサンスの女傑カテリーナ・スフォルツァの息子で、初代トスカーナ大公コジモ1世の父です。


P2740984
1782年、オーストリアによって教会活動が抑圧されました。1811年から兵器庫として使用されるようになりました。


P2740985
第二次世界大戦中の1944年、爆撃によって破壊されてしまい、戦後に修復されました。


P2740880
第二次世界大戦後の修復工事が完了してから、宗教活動が再開されました。


P2740881
2012年の地震によってかなりの被害を受け、修復工事が続けられてます。


P2740882
ファサードのバラ窓


P2740883
入口扉上ルネッタ上にフレスコ画があったと思いますが、全く残ってません。


P2740982
ファサード入口の柱頭


P2740983


P2740986
鐘楼


P1000375
ファサード前に柱廊があります。


P1000413


P1000414
柱廊の壁にある絵画です。


P1000378
ファサード横の扉から教会内に入ります。


P2740884
中に入りました。


P2740886
三廊式、ロマネスク・ゴシック様式の内部です。


P2740887
修復工事中の礼拝堂があります。


P2740888
天井


P2740889
左側廊


P2740890


P2740892
14世紀に描かれたフレスコ画の断片が点在します。


P2740894


P2740896
テラコッタ


P2740898


P2740899


P2740902


P2740903
主祭壇


P2740905
私には詳細が分からない、主祭壇画の「磔刑」


P2740906
詳細不明の「聖母子像」


P2740907
次はCappella del Santissimo Sacramentoです。


P2740918


P2740909
この礼拝堂でミサが行われる場合があります。


P2740910
礼拝堂の祭壇


P2740913
詳細不明の彩色磔刑像


P2740916
詳細不明の「聖キアーラの物語」


P2740917
礼拝堂の天井


P2740938
ゴンザーガ礼拝堂は修復中でした。


P2740921
ゴンザーガ礼拝堂は必見ですが、これではどうにもなりません。


P2740919
祭壇裏のフレスコ画が素晴らしいのですが・・・・・


P2740920
漸く作業が始まったばかりのようです。


P1000395
地震前はこのような状態でした。


P1000396
仕方がないので、セラフィーノ・デ・セラフィーニのフレスコ画は外部サイトから拝借した作品画像を載せておきましょう。


4
セラフィーノ・デ・セラフィーニ(モデナ、1323‐1393)の「教皇ボニファチョ8世から叙聖されるトゥルーズの聖ルイ」


3
セラフィーノ・デ・セラフィーニ(モデナ、1323‐1393)の「トゥルーズの聖ルイの死」
(後編へつづく)

P1000840
Palazzo Sordiです。


P1000841
1470年に建設されたソルディ侯爵の邸宅ですが、17世紀に拡張されて現在の姿になりました。中はフレスコ画とスタッコ彫刻で装飾されているそうですが、個人所有で非公開となっているので一度も見たことがありません。


P1000843
Via Pomponazzo


P1000844
Largo Vigili del Fuocoはもう直ぐです。


P1000845
ドゥカーレ宮殿の端にやってきました。


P1000846
消防国立博物館です。開館日は毎週土曜日・日曜日となってます。平日は事前予約すると入館できます。


P1000847
マントヴァの街を取り囲む湖を監視するために1370年に建設されたTorre di Sant'Aloです。


P1000848
監視塔下の消防国立博物館として使用されている建物は、ゴンザーガ家の厩舎でした。


P1000849
インフェリオーレ湖にやってきました。


P1000850
夕方になって晴れ間が出てきました。


P1000852
鴨の群れ


P1000853
この時間は遊覧船の営業が終わってます。


P1000851
誰もいない湖


P1000854
サンタ・バルバラ教会を除いて、行きたいところは大体行ったようです。


P1000856
ここから見慣れた景色が続きます。


P1000857
サンタ・バルバラ教会の鐘楼


P1000859
ドゥカーレ宮殿


P1000861
回廊のフレスコ画を見ます。


P1000862
以前はもう少し鮮明だったと思います。


P1000863


P1000864


P1000865
サン・ジョルジョ城


P1000868


P1000871


P1000873


P1000876
ソルデッロ広場からカステッロ広場に入り、サンタ・バルバラ教会に向かうことにしました。


P1000877
ソルデッロ広場の端


P1000881
カステッロ広場に入ります。


P1000884


P1000885
カステッロ広場


P1000886


P1000888
カステッロ広場を取り囲む柱廊のフレスコ画を見ます。


P1000889


P1000897


P1000898


P1000896
サンタ・バルバラ教会に向かいます。


P1000899


P1000900
サンタ・バルバラ教会です。


P1000901
サンタ・バルバラ教会は閉まっていました。残念。
これで行きたいところには全部行ったようです。


P1000902
ドゥオーモ


P1000907
ホテルに戻ることにしました。


P1000908


P1000914


P1000915


P1000917


P1000926


P1000942
(おわり)

P1000729
サン・クリストフォロ教会です。活動を停止した旧教会です。


P1000731
1410年に創建された教会です。ナポレオンによるキリスト教抑圧政策によって、18世紀末に宗教活動が停止され、兵舎や倉庫として使用されていました。現在、ロンバルディア州政府の所有となっていますが、2012年の地震によって天井の一部が崩落してしまい、中への立ち入りが禁止されてます。


P1000732
中にチェーザレ・ダ・セストの「聖家族」などの作品があるらしいのですが、建物修復断念の話が出ているようで、貴重な作品が心配です。


P1000730
次はサンタ・マリア・デッラ・カリタ教会です。


P1000734
同じ道を何度も行き来してしまいます。


P1000735
旧サン・セバスティアーノ教会に出てしまいました。


P1000738
教会の前を通り過ぎました。


P1000785
サンタ・マリア・デッラ・カリタ教会はフィリッポ・コッリドーニ通りにあるので、地図で現在地を確かめて道順を選びました。


P1000786
Via Principe Amedeo


P1000787
フィレンツェ出身のグイディ・ディ・バーニョ伯爵によって15世紀初めに建設されたPalazzo Bagnoです。現在、ロンバルディア州の事務所が置かれてます。


P1000788
プリンチペ・アメデオ通りを右折しました。


P1000789
フィリッポ・コッリドーニ通りに出ました。この先に教会があります。


P1000830
サンタ・マリア・デッラ・カリタ教会です。


P1000790
目立たない場所に建ってます。


P1000791
984年に創建されましたが、建物が荒廃したので、1613年に再建されました。再建された建物は1752年に現在の姿に改造されました。


P1000792
現在の建物の前に、初代教会の墓地がありましたが、再建の際、新建物の壁にその墓地にあった墓石などが壁に組み込まれるようになりました。


P1000831
鐘楼


P1000793
中に入りました。


P1000798
翼廊がない単廊式、バロック様式の内部です。


P1000799
美術的に見所が多い教会と言えると思います。


P1000794
ジュゼッペ・バッザーニ(マントヴァ、1690‐1769)の作品が11点あります。
ジュゼッペは、パルマ出身の画家ジョヴァンニ・カンティ(パルマ、1653‐マントヴァ、1769)に師事しました。当初、フランチェスコ・マッフェイやルーベンスから強い影響を受け、それらの模倣に終始しましたが、ヴェネツィアを訪れた際、ヴェネツィア派の明るい色彩と構図に感銘を受け、やがてパオロ・ヴェロネーゼ風のロココ様式の独自の画風を確立したのです。


P1000796
ジュゼッペ・バッザーニ(マントヴァ、1690‐1769)の「ダヴィデとメルキゼデク」(1749c)


P1000797
フランチェスコ・マリア・マイネリ(スキヴェノーリア、1676‐マントヴァ、1758)に帰属する「聖ジョヴァンナ・フランチェスカ・ディ・シャンタル」


P1000803
以前は、18世紀のマントヴァの逸名画家の作品とされていました。


P1000800
ジュゼッペ・バッザーニ(マントヴァ、1690‐1769)の「井戸のサマリア女」(1749c)


P1000805
ジョヴァンニ・カンティ(パルマ、1653‐マントヴァ、1716)の「祈る聖母」(1695c)


P1000806
ジョヴァンニ・カンティ(パルマ、1653‐マントヴァ、1716)の「天上の聖母子と聖コズマと聖ダミアーノ」(1697c)


P1000808
主祭壇


P1000809
ジュゼッペ・バッザーニ(マントヴァ、1690‐1769)の「救世主」


P1000810
ジュゼッペ・バッザーニ(マントヴァ、1690‐1769)の「キリストの神殿奉献」


P1000811
ジュゼッペ・バッザーニ(マントヴァ、1690‐1769)の「イサクの犠牲」(1749c)


P1000817
ジョヴァンニ・フランチェスコ・カロート(ヴェローナ、1480c‐1555)の「大天使聖ミケーレと聖コズマと聖ダミアーノ」
カロートの作品があります。


P1000820
17世紀後半のマントヴァの逸名画家作「聖エリージョ」(1680c)


P1000822
ドメニコ・リッチョ(ヴェローナ、1516‐1567)に帰属する「聖ビアージョの殉教」


P1000824
ジュゼッペ・ラツェッティ(マントヴァ、1801‐1888)の「聖リベラータと聖アントニオと聖ルイージ・ゴンザーガと2幼児」(1851)


P1000826
ジュゼッペ・バッザーニ(マントヴァ、1690‐1769)の「エサウの追放」(1749c)


P1000828
詳細不明


P1000829
天井のフレスコ断片


P1000833
外に出ました。


P1000832
次はサン・マルティーノ教会です。


P1000834


P1000835
サン・マルティーノ教会にやってきました。


P1000836
サン・マルティーノ教会は美術作品が多いので拝観したかった、残念です。


P1000837
創建は827年、1127年に再建され、現在の建物は1680年から1693年にかけて建設された3代目のものです。


P1000838
(つづく)

P1000677
Via Giovanni Chiassiです。次はサン・バルナバ教会ですが、教会はこの通りに面して建ってます。


P1000678
アルド・アンドレア―ニ(マントヴァ、1887‐ミラノ、1971)の設計によって1912年に建設されたCasa Via Giovanni Chiassi 71です。


P1000681
サン・バルナバ教会にやってきました。


P1000683
美術的には、まあまあの見所がある教会です。


P1000708
1263年創建ですが、現在の建物は1716年から1736年にかけて再建された二代目のものです。
1546年に没したジュリオ・ロマーノは、この教会に葬られましたが、18世紀初めの再建の際、墓が行方不明となってしまったそうです。


P1000714
後陣とクーポラ


P1000712


P1000679
アントニオ・ルイージ・ガッリ・ダ・ビビエーナ通称アントニオ・ビビエーナ(パルマ、1697‐ミラノ、1774)の設計によって1737年に建設されたファサードです。


P1000709
併設されていた修道院は、20世紀初めに刑務所に改造されました。


P1000682
教会前の広場にあるプットの泉


P1000684
中に入りました。


P1000686
単廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


P1000685
右側壁


P1000699
主祭壇と後陣


P1000701
クーポラ


P1000705
天井


P1000702
次は祭壇画、彫刻を見て行きます。


P1000688
詳細不明


P1000689
詳細不明


P1000693
詳細不明


P1000697
べルナルディーノ・マルピッツィ(マントヴァ、1553‐1623)の「天上の聖母子と聖フィリッポ・ベニッツィ」(1595‐1600)


P1000698
ベルナルディーノ・マルピッツィの代表作です。


P1000696
逸名画家作「ベアータ・エリザベッタ・ピチェナルディ・ディ・マントヴァ」(15世紀末)


P1000694
詳細不明


P1000692
ジローラモ・ボンシニョーリ(ヴェローナ、1472‐マントヴァ、1529)の「聖母子とベアータ・エリザベッタ・ピチェナルディ・ディマントヴァ」


P1000691
テオドーロ・ゲージ(マントヴァ、1536‐1601)の「救世主」


P1000690
ロレンツォ・コスタ・イル・ジョーヴァネ(マントヴァ、1537‐1583)の作品(1582‐83)


P1000703
ジュゼッペ・オリオーリ(マントヴァ、1681‐1750)の作品


P1000706
主祭壇前から見た出入口方向


P1000707
外に出ました。


P1000710
次はジュリオ・ロマーノの家です。


P1000711
サン・バルナバ教会の身廊横の道を進みます。


P1000714


P1000715
サン・バルナバ修道院だった建物で、現在は裁判所として使用されてます。


P1000718
ジュリオ・ロマーノの家です。


P1000725
ジュリオ・ロマーノ自身の設計によって1540年から1544年に建設されました。


P1000722
Via Carlo Poma
ジュリオ・ロマーノの家はサン・バルナバ教会の直ぐ傍にあることが分かります。


P1000721
入口扉上のフランチェスコ・プリマティッチョ通称イル・ボローニャ(ボローニャ、1504‐パリ、1570)の「メルクリオ像」
フランチェスコ・プリマティッチョはジュリオ・ロマーノの弟子です。


P1000719
ファサードは、1800年に建築家パオロ・ポッツォ(ヴェローナ、1741‐マントヴァ、1803)の設計によって現在のものへと改造され、その際、ジュリオ・ロマーノ設計のファサードは取り壊されました。。


P1000724
家の中に、ジュリオ・ロマーノと弟子たちによって描かれた中央ホールや部屋があるそうです。


P1000720
現在、ジュリオ・ロマーノ家は個人所有となっており、非公開となってます。


P1000726
(つづく)

P2730730
2012年の地震前、サン・ジョルジョ城の結婚の間は見学順路の最後の方になっていたと思いますが、現在は入口から結婚の間に行くようになってます。


P2730753
地震によって大きな被害を受けた結婚の間のフレスコ画が修復されて元に戻ったようです。


P2730750
結婚の間も写真OKとなりました。


P2730815
膨大な数の展示です。


P2740132
広いので時間がかかります。


P2740323
多くの芸術家がマントヴァを訪れ、数多くの作品を制作しましたが、そのことが実感できます。


P2740432
ドゥカーレ宮殿博物館については、項を改めて詳しく触れる予定です。


P2740795
ソルデッロ広場に出ました。


P2740796
博物館内に約5時間いたので、外に出たらすっかり日が傾いていました。


P2740851
青空市で撮れなかったドゥオーモのファサードの写真が撮れました。


P2740849


P2740854
Voltone di San Pietroを潜りました。


P2740855
エルベ広場に入りました。


P2740857


P2740856
見慣れた景観です。


P2740858


P2740859
もう夕方なので、ホテルに戻ります。


P2740860
ドゥオーモとドゥカーレ宮殿の2か所しか行きませんでしたが、かなり疲れました。


P2740861


P2740862


P2740863
これで2日目が終了です。


P1000419
この日はどんよりした曇り空の寒い日になりました。


P1000421
路上駐車防止の臨時柵がありません。


P1000427


P1000631
サンタンドレア聖堂です。


P1000639
この日の予定はまだ見ていない教会に行くことです。


P1000641


P1000642
青空市の日ではありませんが、この付近に青空市が出ていました。


P1000643
自転車が多い街です。


P1000644
13‐14世紀に建設されたCasa Torre dei Boateriです。


P1000645
20世紀前半に建設されたPalazzo Andreaniです。


P1000646
次はサン・マウリツィオ教会です。


P1000665
教会はもう直ぐ傍です。


P1000667
サン・マウリツィオ教会です。


P1000670
1609年創建、1616年に奉献されたバロック様式の教会です。


P1000668
残念ながら扉が閉まっていました。
仕方がないので、ファサードの彫刻を見ました。


P1000672
聖ピエトロ


P1000673
聖マウリツィオ


P1000674
聖母子と聖ジョヴァンニーノ


P1000675
聖マルゲリータ
中に傑作が幾つかあるので、観ることが出来なくてガックリです。


margaret
そのうちの一つ、ルドヴィーコ・カラッチ(ボローニャ、1555‐1619)の「聖マルゲリータの殉教」(1616)です。
作品画像はWeb Gallery of Artからの拝借です。


P1000676
(つづく)

朝寝坊をして、10時頃ホテルを出発しました。
P2730600
翌日です。


P2730601
多少雲が出ていたものの、暑くもなく絶好の街歩き日和となりました。


P2730602
前日に拝観したので、オーニッサンティ教会は素通りです。


P2730603
12世紀に建てられたロマネスク様式の鐘楼が際立ってます。


P2730606
Teatro Sociale付近は、路上駐車防止の臨時柵が置かれていました。


P2730607
何時もより人出が多いようです。


P2730608
青空市が立っていました。これで路上駐車防止の臨時柵の意味が分かりました。


P2730609
駐車が難しい車の代わりに、自転車で青空市が来る人が多かった。


P2730610
青空市の日は、建物写真がうまく撮れません。


P2730611
サンタンドレア聖堂のクーポラが見えてます。


P2730612
前日、拝観したのでサンタンドレア聖堂はパスです。


P2730613
マンテーニャ広場


P2730621
ロトンダもパスです。


P2730624


P2730623
未だ修復中とは驚きです。何と歩みが鈍いことか!


P2730622
ラジョーネ宮です。


P2730629
漸く時計塔の修復が終わりました。


P1000513
以前はこんな状態でした。


P2730625


P2730627
エルベ広場


P2730630
地震発生は2012年でしたから、修復に時間がかかり過ぎに思います。


P2730631


P2730632
13世紀創建のVoltone di San Pietroです。16世紀初めに再建された二代目のものが現存しています。


P2730633
ソルデッロ広場にも青空市が立っていました。


P2730635
この日の主な予定はドゥオーモの拝観とドゥカーレ宮殿の見学です。


P2730636
この状態ではドゥオーモのファサードの写真がうまく撮れません。


P2730637
ドゥカーレ宮殿の見学を後回しにして、ドゥオーモを先に見ることにしました。


P2730639
サン・ピエトロ・アポストロ司教座教会です。


P2730641
身廊右側はゴシック様式の名残を感じさせます。


P2730643
14世紀に再建されたロマネスク様式の鐘楼です。


P2730644
聖堂内に入りました。


P2730650
芸術都市マントヴァのドゥオーモとあって見所が豊富です。


P2740813
ドメニコ・フェッティの後陣のフレスコ画


P2730652
ドゥオーモについては、後程項を改めて詳しく触れる予定です。


P2730679


P2730714
外に出ました。


P2740853
ドゥカーレ宮殿とサン・ジョルジョ城の見学に相当な時間がかかりそうなので、少し早かったが昼食を食べました。


P2730713
愈々ドゥカーレ宮殿です。


P2730640
2012年の地震後、見学コースが変わったようです。


P2730715
順路に従って進みます。


P2730716
宮殿の通路から中庭に入ります。


P2730717
通路の壁に描かれたフレスコ画


P2730718
フレスコ画の詳細が分かりません。


P2730719
カステッロ広場です。


P2730720
2012年の地震前はドゥカーレ宮殿から見学するようになっていました。


P2730721
サンタ・バルバラ教会の鐘楼
(つづく)

P2750816
通りの突き当りがテ離宮です。


P2750817
テ離宮に向かう歩道はよく整備されてます。


P2750818
テ離宮の門です。


P2750819
離宮の敷地内に入りました。


P2750820
宮殿の建物前にある庭です。


P2750821
ラファエッロの弟子ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1499‐マントヴァ、1546)の設計によって、1525年から1535年にかけて建設されたゴンザーガ家の別荘です。


P2750822
テ離宮のテは、この地の名称TejetoのTeに由来します。


P2760388
マントヴァ市立テ離宮博物館として一般公開されてます。


P2750836
入館しました。


P2750823
テ離宮の模型


P2750955
宮殿内の装飾はジュリオ・ロマーノと彼の弟子たちによるものです。


P2750862


P2750920
馬の間


P2760050
ジュリオ・ロマーノ芸術の頂点をなす装飾です。


P2760065
テ離宮については、項を改めて詳しく触れる予定です。


P2760089


P2760147


P2760227


P2760334
現代絵画も展示されてます。


P2760378


P2760385
外に出ました。


P2760386
マントヴァに来たならば、テ離宮は必見です。


P2760390
テ離宮の庭園に置かれた蒸気機関車


P1000782


P2760389
流石に疲れましたが、ここでヘコタレル訳にはいきません。


P2760393
テ離宮の門の前に市立博物館がもう一つあるのです。


1
Palazzo San Sebastianoです。


P2760665
サン・セバスティアーノ宮市立博物館です。


P2760394
博物館の入り口


P2760666


P2760395
入館しました。


P2760663
Palazzo San Sebastianoの模型


P2760398
主に彫刻、絵画が展示されてます。


P2760431


P2760493
サン・セバスティアーノ宮市立博物館については、項を改めて詳しく触れることにします。


P2760642


P2760619
マントヴァは見所豊富な街と思います。


P2760561


P2760667
外に出ました。


P2760669
これで、この日の予定は全て終わりました。


P2760670
バスで駅前にあるホテルに戻ろうとしましたが、バスが来ないので已む無く歩いて帰ることにしました。


P2760671
結構距離があるので大変でした。


P2760672


P2760673
サン・フランチェスコ教会の鐘楼が見えてきたのでホッとしました。


P2740864
ホテルに戻りました。


P2740865
(つづく)

P2750791
次はサンタンドレア聖堂です。


P2750790
マントヴァで最大の教会です。


P2750789
美しい格天井


P2730614
拝観しました。


P2730617
見所が豊富です。


P2730620
サンタンドレア聖堂については、項を改めて詳しく触れる予定です。


P2750792
外に出ました。


P2750793
次はテ離宮です。


P2750794
マルティーリ・ディ・ベルフィオーレ広場


P2750796
写真左の建物は郵便局だったと思います。鐘楼は、サン・ドメニコの塔です。


P2750795
マルティーリ・ディ・ベルフィオーレ広場からテ離宮まで1㎞ほどあります。


P2750797
プリンチペ・アマデオ通りを真直ぐ進み、通りの突き当りにテ離宮があります。


P2750799
写真左の建物は県庁だったと思います。


P2750800
サン・セバスティアーノ教会はもう直ぐです。


P2750802
Suzukiはイタリアで健闘しています。


P2750803
マンテーニャの家が見えてきました。


P2750804
マンテーニャの家です。
サン・ジョルジョ城の結婚の間のフレスコ画を完成したアンドレア・マンテーニャ(イーゾラ・マンテーニャ、1431‐マントヴァ、1506)は、1476年、結婚の間の報酬の一部として、ルドヴィーコ・ゴンザーガからこの土地を受け取りました。その土地の上にレオン・バッティスタ・アルベルティ(ジェノヴァ、1404‐ローマ、1472)の設計によって建設されたのがマンテーニャの家です。


P2750815



P2750806
博物館として公開されてます。


P1000768
マンテーニャの家の扉が開きましたが、この時は入館しませんでした。


P2750814
サン・セバスティアーノ教会です。
道路を挟んで、マンテーニャの家の斜め向かいにあります。


P2750811
レオン・バッティスタ・アルベルティの設計によって、1460年創建、1529年に完成したルネサンス様式の教会です。


P2750809
既に宗教活動を停止した旧教会で、現在、建物は戦争博物館として使用されてます。


P1000742
建物の中に入りました。


P1000743
博物館は階段の上階で、教会として見るならば下の部分になります。


P1000744


P1000745
主祭壇


P1000747
古い祭壇画がありますが、劣化していて何が描かれているのか、判然としません。


P1000748
聖母子と聖人たちのフレスコ画の状態も良くありません。


P1000749


P1000750


P1000761


P1000751
レオン・バッティスタ・アルベルティが設計した教会の模型が幾つか置かれていました。


P1000752
フィレンツェのサンティッシマ・アンヌンツィアータ教会の模型です。


P1000753
リミニのマラテスタ寺院


P1000755
フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂


P1000757
マントヴァのサンタンドレア聖堂


P1000759
マントヴァのサン・セバスティアーノ教会


P1000762


P1000763


P1000770
教会の庭


P1000771
庭にあります。


P2750808
外に出ました。


P2750812


P2750813
(つづく)

P2750739
写真のオステリアで昼食を食べましたが、リーズナブルな値段で美味でした。


P2750740
マントヴァの国立考古学博物館はパスしました。


P2750743
サン・ジョルジョ城側の国立考古学博物館です。


P2750741
サン・ジョルジョ城です。城の中に有名な結婚の間があります。


P2750742
城はドゥカーレ宮殿と繋がってます。


P2750744
人造のスーペリオーレ湖です。


P2750746
昼食のワインでやや酩酊気味でしたが、湖からの涼しい風が酔い覚ましになりました。


P2750747
教会の廃墟の上に、1395年から1406年にかけて建設されたサン・ジョルジョ城です。


P2750749
イサベッラ・デステがサン・ジョルジョ城に住んでいました。


P2750750


P2750751
こちらは人造のメッゾ湖です。


P2750752


P2750754


P2750755
堅固な造りを利用して19世紀には刑務所して使用されていました。


P2750757
鐘楼はサンタ・バルバラ教会のものです。


P2750760
メッゾ湖に行ってみます。


607
メッゾ湖の湖岸


591
サンタ・バルバラ教会


P2750763


P2750765
2階の柱廊のフレスコ画が見えました。


P2750766


P2750767
サン・ジョルジョ城の堀


P2750772
堀に魚が泳いでいました。


P2750773
ソルデッロ広場に戻ります。


P2750774
Viale Mincio


P2750775
再びソルデッロ広場です。


P2750776
これからの予定は、ロトンダ、サンタンドレア教会、テ離宮です。


P2750780
2012年地震で被害を受けた建物がまだ修復工事中でした。


P2750782
13世紀に建設されたPalazzo Bonacolsi


P2750783
イタリアの学校は日本よりも校外学習が多いように思います。


P2750784
エルベ広場です。


P2750785
時計塔の修復が漸く終わりました。


P2750786
ロトンダと呼ばれるサン・ロレンツォ教会です。


P1000519
ロトンダも長らく修復工事が行われていました。


P1000605
修復が終わったサン・ロレンツォ教会を拝観することに。


P1000606
中に入りました。


P1000607
1083年創建、11世紀末に完成したロマネスク様式の教会です。


P1000608
詳細不明の聖母子


P1000609
詳細不明の磔刑像


P1000610
円形の天井


P1000611


P1000612
フレスコ画が僅かに残ってます。


P1000613


P1000614


P1000615


P1000616


P1000618


P2750787
(つづく)

P1190427
Via Giovanni Marangoni先にサンフランチェスコ教会が見えてきました。


P1190433
サン・フランチェスコ教会です。


P2740884
拝観しました。


P2740890
美術的に見所が多い教会です。


P2740899
貴重なフレスコ画が残されてます。


P2740958
サン・フランチェスコ教会については、項を改めて詳しく触れる予定です。


P1190430
外に出ました。


P1190439
教会の横をリオ川が流れてます。


P1190442
街角の聖母子


P2740877
サン・フランチェスコ広場


P2740986
次は教区美術館です。


P2740987
1953年にオープンしたAccademia Teatrale Francesco Campogallianiです。古典から現代までの演劇を上演しています。


P2740988
マントヴァ所縁の劇作家、俳優、操り人形師として活躍したユダヤ系イタリア人フランチェスコ・カンポガッリアーニ(オステラート、1870‐マントヴァ、1931)に因んで劇場名が付けられてます。


P2740990
サン・ジョヴァンニ広場です。


P2740992
教区美術館は、湖近くの大きな公園(広場)に面して建ってます。


P2740993
教区美術館に行く前に、少し有名な街角の作品を見ておきます。


P2740994
カヴール通りに出ました。


P2740995
結構有名なフレスコ画です。


P2740996
フェリーチェ・カンピ(マントヴァ、1746‐1817)の「聖母子と聖人(恐らく聖ガエターノ)」(1815)


P2740999
ヴィルジーリオ通りです。


P2750001
道を覚えていたようで、地図を見ることなく来ることが出来ました。


P2750002
ヴィルジーリオ通りの先が公園です。


P2750003
Museoの建物です。


P2750006
Museoの前は大きな公園ですが、その名称はヴィルジリアーナ広場となってます。


P2750004
Museo Diocesano "Francesco Gonzaga" が正式名称です。


P2750005
旧サンタグネス修道院の建物が美術館として使用されてます。


P2750011


P2750020
入館しました。


P2750356
美術館は広く、展示作品が多いので、丹念に観て回ると相当な時間が必要です。


P2750511
教区美術館に付いては、項を改めて詳しく触れる予定です。


P2750532
宗教と無関係の現代作品まであるのはご愛敬?


P2750537


P2750651
旧修道院のキオストロ


P2750717
キオストロ回廊を見て回りましたが、フレスコ画の痕跡さえも見つからず。


P2750718
外に出ました。


P2750719
マントヴァ観光の中心地に向かいます。


P2750720
カミッロ・ベンソ・カヴール通りです。


P2750721
街角のフレスコ画があります。


P2750722
聖母子です。


P2750724
2012年の地震の被害を受けた建物の修復工事のようです。


P2750725
マントヴァ観光の中心ソルデッロ広場はすぐ傍です。


P2750727
ソルデッロ広場です。


P2750728
写真正面はドゥオーモです。


P2750730
ドゥカーレ宮殿


P2750732
ドゥカーレ宮殿の入館は翌日にすることに。


P2750731
お腹が空いたので、広場に面した観光客向けの店で昼食を食べました。


P2750734
Palazzo Vescovile(司教館)


P2750736
司教館入口の彫刻


P2750737
ドゥオーモの鐘楼


P2750738
(つづく)

P1190377
サントルソラ教会です。
フェッラーラのアルフォンゾ2世デステ(フェッラーラ、1533‐1597)に嫁いだマルゲリータ・ゴンザーガ(マントヴァ、1564‐1618)は、1597年に夫と死別したのを機に、未亡人生活を生まれ故郷で送るべくマントヴァに帰郷しました。


P1190379
未亡人となったマルゲリータ・ゴンザーガの生活拠点として、教会修道院が建設されることになり、ゴンザーガ家のお抱え建築家・画家のアントニオ・マリア・ヴィアーニ(クレモナ、1550c‐マントヴァ、1635c)の設計によって、1608年から1612年にかけて建設されたサントルソラ教会修道院です。


P1190380
八角形のバロック様式の建物です。


P1190382
入口扉上の彫刻


P1190385
中に入りました。美術ファンにとっては、見所が幾つかあるので、拝観する価値が十分にあると思います。


P1190384
パイプオルガンとトランペット2重奏の練習中で、素晴らしい音色が教会内に響き渡っていました。パイプオルガンとトランペットの2重奏は大変珍しいと思います。


P1190387
左側壁


P1190386
右側壁


P1190388
主祭壇


P1190389
主祭壇画は、ルドヴィーコ・カラッチ(ボローニャ、1555‐1619)の「聖オルソラ」


P1190390
2重奏の練習が終わりました。


P1190396
詳細不明の磔刑像


P1190398
八角形の天井


P1190399


P1190400


P1190391
アントニオ・マリア・ヴィアーニ(クレモナ、1550c‐マントヴァ、1635c)の「天上のキリストと聖人たち」


P1190392
アントニオ・マリア・ヴィアーニ(クレモナ、1550c‐マントヴァ、1635c)の「無原罪の聖母」


P1190393
カルロ・ボノーニ(フェッラーラ、1569?‐1632)の「聖グアルベルトの奇跡」


P1190394
カルロ・ボノーニ(フェッラーラ、1569?‐1632)の「聖キアーラ」


P1190395
ドメニコ・フェッティ(ローマ、1589‐ヴェネツィア、1623)とルクリーナ・フェッティ(ローマ、1600c‐マントヴァ、1651)の作品
ルクリーナはドメニコの妹で、ドメニコがゴンザーガ家から招聘を受けた時、ドメニコに同行してマントヴァに赴き、ドメニコがマントヴァを離れた後もマントヴァに留まりました。


P1190397
主祭壇をもう一度見ました。


P1190402
外に出ました。


P1190403
教会の向かいの建物の壁にあるモザイクです。


P1190404
ジョヴァンニ・ベッリーニの「聖母子」のコピーモザイクでしょう。


P2790385
モザイクの原画はこれでしょうね。
ヴェネツィアのアカデミア美術館所蔵のジョヴァンニ・ベッリーニの作品です。


P1190405
面白そうな建物がありますが、詳細不明です。


P1190407
次はサン・フランチェスコ教会です。


P1190408
日差しは強烈でしたが、涼しい風が吹き抜けて気持ち良かった。


P1190409


P1190411
カヴァッロッティ広場


P1190412
三方を湖に囲まれているせいか、真夏でも猛暑にならないマントヴァです。


P1190413
グロムは開店前でした。


P1190415
古都の面影残る柱廊です。


P1190416
ちょいと道草を。


P1190417


P1190418
サンタンドレア聖堂のクーポラが見えてます。


P1190419
人出が多くなってきました。


P1190420


P1190421


P1190422
元の道に戻りました。


P1190423
コリント式の列柱


P1190424
柱頭


P1190425



P1190426
(つづく)

マントヴァは、人口49,409人(2017年12月31日現在)のロンバルディア州マントヴァ県の県都です。
中世の頃、ゴンザーガ家の支配下に置かれたマントヴァは、ルネサンス文化が花開いた芸術の町として見所が沢山あります。
隣国フェッラーラからフランチェスコ2世ゴンザーガに嫁いだイサベッラ・デステの時代が至宝です。
isabella-deste
レオナルド・ダ・ヴィンチの「イサベッラ・デステの肖像デッサン」


P2730593
ミラノ中央駅からマントヴァ行き普通列車でマントヴァに向かいました。


P2730592
2時間半ほどの乗車になるので、1等車に乗りました。


P2730594
1等車の座席が狭くて、どうも2等車と同じではないかと思ったので、2等車に行ってみました。
1等車と2等車の違いは、座席の色だけで、座席の幅、前の座席との間隔などはすべて同じでした。こんな列車もあるのだなあ、と変に感心してしまいました。
流石にイタリアの鉄道は違います。日本でグリーン車が普通車と同じだったら、グリーン車に乗るのが馬鹿馬鹿しくなります。


P2740867
高い運賃を払ってマントヴァ駅に到着しました。


P2730599
マントヴァ駅の駅舎


P2740868
この日のお宿は駅前のここです。


P2730596
私の部屋は旧修道院のキオストロに面してます。


P2730597
私の部屋


P1190329
部屋で一休みしてから街歩きに出発しました。


P1190330
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世通りに面して教会が建ってます。


P1190331
オーニッサンティ・エ・サン・バルナバ教会です。


P1190333
教会の歴史は古いのですが、創建について2説あるようです。
サン・ベネデット・ポーのポリローネ修道院の修道士によって1080年頃に建設されたという説と、教皇アドリアーノ4世の命と資金援助によってベネデット会修道士によって1159年に建設されたという説の二つです。
現在のバロック様式の建物は、1752年から1755年に再建された二代目のものです。


P1190336
扉が開いていたので拝観しました。


P1190367
単廊式、バロック様式で翼廊がありません。


P1190366
右側壁


P1190337
明るい感じがするのが特徴です。


P1190338
天井のフレスコ画は、ジュゼッペ・バッザーニ(マントヴァ、1690‐1769)によって1760年頃描かれました。


P1190365


P1190341
後陣円蓋のフレスコ画もジュゼッペ・バッザーニの作品です。


P1190339
主祭壇


P1190344
詳細不明の磔刑像


P1190347
主祭壇画は、イッポリート・アンドレアージ(マントヴァ、1548‐1608)の「聖ベネデットと聖スコラスティカ」


P1190345
マントヴァの逸名画家作「アレッサンドリアの聖カテリーナ」(16世紀)


P1190350
マントヴァの逸名画家作「ピエタのキリスト」(16世紀)


P1190351
受胎告知する大天使のステンドグラス


P1190352
受胎告知される聖母のステンドグラス


P1190354
Cappella dei Morti


P1190356
ニコロ・ソリマーニ・ダ・ヴェローナ(ヴェローナ、1420/1425-15世紀末)の「聖母子と聖人たち」(1463)


P1190357
詳細不明の無原罪の聖母


P1190358
ジュゼッペ・バッザーニ(マントヴァ、1690-1769)の「聖母子と聖人たち」


P1190361
ジョヴァンニ・カディオーリ(マントヴァ、1710c-1767)の「病人を治す聖マウロ」(1756)


P1190363
イッポリート・アンドレアージ(マントヴァ、1548-1608)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタの説教」


P1190369
祈るキリストのイコン


P1190353
主祭壇前から見た出入口


P1190371
外に出ました。


P1190372
テ宮殿に行く道ですが道草は禁物、明日にしました。


P1190373
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世通り


P1190374
銀行に立ち寄ってお金を引き出しました。


P1190375
ロンバルディア州のマントヴァ事務所


P1190376
次はこの教会です。
(つづく)

037
中央礼拝堂後陣のフレスコ画を見ます。


020
Maestro di Sant'Abbondioと称するジョッテスキ逸名画家によって描かれた「キリストの受難の物語」(1325c)です。


021
コモに於ける美術関係の最大の見所とされているフレスコ画です。


022
観光客のグループがよく訪れてきます。


P2720236
場面毎に見て行きましょう。


P2720235
天井


P2720237
左から聖ピエトロ、聖マリア・マッダレーナ、祈るキリスト、聖ジョヴァンニ・バッティスタ、聖パオロ


P2720239
向かって左側


P2720241
受胎告知


P2720243
羊飼いの礼拝


P2720245
マギの礼拝


P2720246
キリストの鞭打ち、誘惑


P2720248
マギの夢


P2720250
キリストの洗礼


P2720252
エルサレム入城


P2720254
カルヴァリオへの上り


P2720256
磔刑


P2720257
中央部分


P2720259
羊飼いへの知らせ、神殿奉献(下)


P2720263
向かって右側


P2720264
エジプトへの逃避


P2720267
ヘロデ王の魔術


029
ユダの接吻


P2720271
十字架降下


P2720274
エジプトへの旅


P2720275
ヘロデ王の饗宴


P2720278
嬰児虐殺


P2720280
キリストの埋葬


P2720281


P2720283


P2720296
後陣右の第1礼拝堂


P2720297
詳細不明


P2720298
後陣右の第2礼拝堂


P2720300
聖母子(14世紀)


P2720301
右側壁にある祭壇画


P2720304
詳細不明


P2720308
身廊側壁上部


P2720310
フレスコ画の痕跡が認められます。


P2720311


P2720312


P2720313


P2720225
中央礼拝堂前から見たファサード側出入口


P2720317
外に出ました。


P2720319
夏至近くの強烈な日差しが眩しかったのを覚えてます。


P2720322
(おわり)

P2720188
FS線下を走るレジーナ・テオドリンダ通りに面して聖堂があります。


P2720189
サンタッボンディオ聖堂です。


P2720191
コモの3代目司教聖アマンツィオ(イギリス・カンタベリー、4世紀後半‐コモ、450)は、ローマに旅を行い、聖ピエトロと聖パオロの聖遺物をコモに持ち帰り、その聖遺物を奉る教会、サンティ・ピエトロ・エ・パオロ教会をコモ城壁外の現在地に448年に建設しました。その教会が前身です。
死を前にした聖アマンツィオは、コモ司教の後継者として聖アッボンディオ(テッサロニキ、5世紀初め‐コモ、469c)を指名して、聖アッボンディオがコモの4代目司教になりました。


P2720197
818年、司教座が置かれるとともに、教会は聖アッボンディオに捧げられることになり、名称がサンタッボンディオ聖堂に改称されました。
10世紀後半、城壁内に新司教座教会が建設されることになり、現在のドゥオーモの一応の完成を見た1013年、司教座はサンタッボンディオ聖堂から新ドゥオーモに移されました。
その後、聖堂はベネデット会の所有となりました。


P2720194
ベネデット会は、従来の建物を取り壊し、その上に新しい建物の建設を決め、1050年創建、1095年に完成したロマネスク様式の建物が現在の姿の原形です。その後、何度も修復されましたが、元の姿をほぼ留めていると言われてます。


P2720314
また、ベネデット会によって大修道院が併設されましたが、1783年に修道院としての活動が停止されたまま、、神学校の学舎に転用され、現在はインスブリア大学法学部となってます。


007
鐘楼が二本あるのが特徴となってます。


P2720321
後陣


P2720316
身廊はサンタッボンディオ通りに面してます。


P2720315
身廊側にも出入り口があります。


P2720192
取り壊された以前の建物の見所は、コモ市立のPinacotecaで見ることが出来ます。


P2720195
ファサードの扉上ルネッタのフレスコ画は失われています。


P2720198
ロマネスク様式の柱頭


P2720199


P2720200


P2720201


P2720202
聖堂内に入ります。


P2720203
翼廊がない、ロマネスク様式の内部です。


P2720204
左右に二本づつの側廊が設けられてます。


P2720206
つまり5廊式になってます。


P2720208
天井


P2720209
2本の左側廊


P2720210


P2720292
2本の右側廊


P2720293


P2720305
ファサード裏に聖歌隊席があります。


P2720307
聖歌隊席側壁に描かれたフレスコ画「聖母子と聖人たち」(14世紀)


P2720294
聖水盤


P2720295
聖水盤下の彫刻


P2720211
左側壁の祭壇画から見て行きます。


P2720213
ジョヴァンニ・バッティスタ・レッキ(コモ、1600c‐1648)の「聖アッボンディオの奇跡」(1620‐30c)


P2720214
フレスコの断片が残されてます。


P2720216
14世紀の逸名画家によって描かれたフレスコ画


P2720217


P2720218
後陣左のサンティッシモ・サクラメント礼拝堂です。


P2720222
コモ司教の聖エウビリオの遺体


P2720224
後陣左の第2礼拝堂です。


P2720228
中央礼拝堂


P2720230
主祭壇下の安置されている聖アッボンディオの遺体


P2720231
中央礼拝堂横に置かれた彫刻


P2720232
トンマーゾ・ロダーリ(マロッジャ、1460‐コモ、1525)の「聖アッボンディオ像」(1490)
(つづく)

P2720662
次はローマ時代の展示です。


P2720663
ローマ時代の最初の部屋です。


P2720664
第17室です。


P2720666
先史時代の展示物によく似ています。


P2720665
展示物が少ない部屋です。


P2720668
次の部屋です。


P2720667
第18室です。


P2720672


P2720670
石碑(紀元前6‐5世紀)


P2720673


P2720674
次の部屋です。


P2720677
この部屋から展示室番号の表示がありません。


P2720675
カーテンもフレスコ画です。


P2720676
天井


P2720679
制作者等のフレスコ画の詳細が分かりません。


P2720680


P2720681


P2720683


P2720685


P2720687


P2720688
式福の粘土像(1世紀前半)


P2720690
「Trulla in vetro」(1‐2世紀)
trullaは、屁、おならの意味? 「ガラスの屁」では意味が通らないと思うのですが・・・・・


P2720692
この部屋からアルフォンゾ・カロヴァ―リオの収集物の展示です。


P2720693


P2720694
肖像画の詳細は不明です。


P2720695


P2720696


P2720697
次の部屋です。


P2720698
天井のフレスコ画


P2720699


P2720700


P2720701
次の部屋です。


P2720702


P2720703


P2720704


P2720705
天井の装飾


P2720706


P2720707
詳細不明


P2720708
詳細不明


P2720709


P2720710
胸像が並んでます。


P2720711


P2720712
次の部屋です。


P2720713


P2720714


P2720715


P2720716


P2720717


P2720718
再びローマ時代の展示室です。


P2720719


P2720720


P2720722
次の部屋です。


P2720723
絵画の詳細は不明です。


P2720724


P2720725


P2720726
石棺や墓石が展示されてます。


P2720727


P2720728


P2720729


P2720730
これで終わりです。


P2720731
外に出ました。
(おわり)

P2720603
次の部屋です。


P2720602
第12室です。


P2720604
壁の殆どにフレスコ画が描かれてます。


P2720605
制作者等、フレスコ画の詳細が分かりません。


P2720608


P2720609


P2720611


P2720612
美術好きの方にとっては楽しい部屋でしょう。


P2720610


P2720613


P2720614


P2720617
次の部屋です。


P2720615
第13室です。


P2720616
天井の装飾


P2720619


P2720620
彫刻があります。


P2720622
一見に値します。


P2720624
残念ながら彫刻の制作者等の詳細が分かりません。


P2720625


P2720627


P2720629


P2720631


P2720633


P2720635
考古学的な展示がありません。


P2720636
次の部屋です。


P2720640
第14室です。


P2720637


P2720638


P2720639
部屋の装飾


P2720641


P2720642
次の部屋です。


P2720645
第15室です。


P2720644


P2720646


P2720643


P2720647
次の部屋です。


P2720652
第16室です。


P2720654


P2720648


P2720649


P2720650


P2720651


P2720653


P2720655


P2720656


P2720657


P2720658


P2720659


P2720660


P2720661
先史時代の展示はこれで終わりです。
(つづく)

P2720552
次の部屋です。


P2720551
第6室です。


P2720553


P2720554


P2720555


P2720557
次の部屋です。


P2720556
第7室です。


P2720558


P2720559


P2720560


P2720561


P2720563
次の部屋です。


P2720562
第8室です。


P2720567


P2720564


P2720565



P2720569
次の部屋です。


P2720568
第9室です。


P2720571


P2720572


P2720573


P2720574


P2720575


P2720577
次の部屋です。


P2720576
第10室です。


P2720581


P2720578


P2720579


P2720580


P2720582


P2720584


P2720586
次の部屋です。


P2720585
第11室です。


P2720601


P2720592
第11室のフレスコ画


P2720593
フレスコ画の詳細が不明です。


P2720594


P2720595


P2720587


P2720588


P2720589


P2720590


P2720591


P2720596


P2720597


P2720598


P2720599


P2720600
(つづく)

P2720504
コモのPiazza Medaglie d'Oroです。


P2720506
ジョヴィオ伯爵家の邸宅として建てられたPalazzo Giovio(またはPalazzo Luciniとも呼ばれてます)です。この建物にコモ市立パオロ・ジョヴィオ考古学博物館が置かれてます。


P2720505
19世紀末、当時のジョヴィオ家の当主パオロ・ジョヴィオ伯爵が建物をコモ市に寄贈しましたが、博物館の名称はそれに因んでます。考古学博物館は1897年に開館しました。


P2720507
入館しました。


P2720508
博物館は、先史時代、ローマ時代、アルフォンゾ・ガラヴァ―リオの収集物(古代エジプトなど)、中世の4部門から成ってます。


P2720512
階段に沿って中世部門が展示されてます。


P2720509


P2720510


P2720511


P2720513
展示室がある1階(日本の2階)から見て行きました。


P2720514
展示室内に入りました。


P2720518
第1室です。


P2720516
人類の出現に繋がった進化の過程を示してます。


P2720515


P2720517


P2720519
次の部屋です。


P2720520
第2室


P2720527


P2720521


P2720522


P2720523


P2720524


P2720525


P2720526


P2720529
次の部屋です。


P2720528
第3室です。


P2720534


P2720531


P2720530


P2720533


P2720535
次の部屋です。


P2720536
第4室です。


P2720542


P2720537


P2720538


P2720539


P2720541


P2720540


P2720543


P2720544


P2720545
次の部屋です。


P2720546
第5室です。


P2720548


P2720549
壁に描かれたフレスコ画


P2720550


P2720547
(つづく)

引き続き2.5室です。
P2730474
マンリオ・ホーの「Composizione 6」(1935‐74)


P2730478
マンリオ・ホーの「Composizione 」(1935‐74)


P2730480
マンリオ・ホーの「Composizione 4」(1935‐74)


P2730482
次の部屋です。


P2730483
2.6室です。


P2730486
2.6室の天井


P2730487
アンジェロ・テンキオの「Sentinella (番兵、見張りと言う意味)2」(1980)


P2730489
アルド・ガッリの「Officina (工場、製作所、工房の意味)1」(1969)


P2730491
アルド・ガッリの「Desegno per Officina 1」(1969)


P2730493
アルフォンゾ・サイタルディの「Composizione 」(1976)


P2730495
アルヴァ―ロ・モルテーニの「Vibrazioni (振動、響き、調子の意味)」(1932)


P2730497
アルヴァ―ロ・モルテーニの「Composizione」(1943)


P2730499
アルヴァ―ロ・モルテーニの「Composizione n.3」(1941)


P2730502
マリオ・アスナーゴの「2人の男」(1952)


P2730505
マリオ・アスナーゴの「Vetro (ガラス)」(1965)


P2730508
マリオ・アスナーゴの「Passe n.114」(1976)


P2730510
次の部屋です。


P2730511
2.7室です。


P2730513
多数の作品が展示されてます。


P2730514
この部屋の作品紹介は省略させて頂きます。


P2730515


P2730517
次の部屋です。


P2730518
2.8室です。


P2730519
ジュリアーノ・コッリーナ「Spiaggia (海岸、川岸、浜辺、砂浜の意味)」(1968)


P2730521
ヴェルジリオ・ヴァイロの「Trabucco(小型天秤の意味)」(2005)


P2730524
バルダッサッレ・ロンゴーニの「コモ湖」(1930)


P2730527
バルダッサッレ・ロンゴーニの「虹」(1928)


P2730530
ヴィンチェンツォ・スキアヴィオの「Loghi di montagna (山のロゴ?)」(1950)


P2730532
ドナート・フリーシャの「小さな町の風景」(1937)


P2730535
ウーゴ・ベルナスコーニの「ロベッタの庭」(1950)


P2730538
ベット・ロッティ―の「市場の馬」(1941)


P2730545
ヴィンチェンツォ・スキアヴィオの「孤立した家」(1950c)


P2730547
セルジオ・タリアブエの「軒先」(1983)


P2730550
ジュリアーノ・コッリーナの「花」(1973)


P2730556
最終展示室の2.9室です。


P2730558
椅子が展示されてます。


P2730559
これで終わりです。


P2730560
1階に戻りました。


P2730562
地上階に下りました。


P2730566
外に出ました。


P2730567
(おわり)

P2730368
次の部屋です。


P2730369
1階(日本の2階)の第10室です。


P2730371
フランチェスコ・カピアーギ(コモ、1831‐1898)の「ヴィッラ・アルベーゼのブリアンツァ地方の風景」(1861c)


P2730374
チェーザレ・マッシーニ(ベルリン、1804‐フィレンツェ、1871)の「イメルダ・デイ・ランベルタッツィとボニファチョ・デイ・ジェレメイ」(1854)


P2730377
逸名画家作「フラミニオ・デ・オーキの肖像」


P2730380
逸名画家作「フェリーチャ・ジョーヴィオの肖像」


P2730382
シジスモンド・ナッピ(ミラノ、1804‐1832)の「ガレアッツォ・カッタネオの肖像」


P2730386
シジスモンド・ナッピ(ミラノ、1804‐1832)の「エウジェニア・カッタネオの肖像」


P2730387
2階(日本の3階)に向かいました。


P2730388
2階は1900年代の作品が展示されてます。


P2730389
2階の最初の展示室です。


P2730390
2.1室です。


P2730393
理解するのが大変な作品ばかりです。


P2730394
2.2室と2.3室です。


P2730396


P2730397


P2730398
詳細不明


P2730400


P2730401
次の部屋です。


P2730402
2.4室です。


P2730403
部屋の天井


P2730405
アルド・ガッリの「Composizione(構成、創作、成分などの意味)」(1951)


P2730407
カルラ・プリーナの「Studio per Composizione」(1948c)


P2730411
カルラ・プリーナの「Composizione astratta」(2002)


P2730414
アルド・ガッリの「Disegno(デッサン、模様、パターンなどの意味)」(1963)


P2730419
カリア・バディア―リの「Composizione 43」(1943)


P2730422
カリア・バディア―リの「Composizione n.3」(1936)


P2730424
マンリオ・ホーの「Composizione」(1939)


P2730428
ブルーノ・ムナーリの「Scultura da viaggio」(1950‐1996)


P2730431
マンリオ・ホーの「Composizione 50/218」(1950)


P2730434
マリオ・ラディーチェの「Composizione C.F. 123B」(1936‐38)
題名の意味が分かりません。


P2730437
マリオ・ラディーチェの「Composizione C.F.T. 66」(1935‐37)


P2730441
マリオ・ラディーチェの「Composizione G.R.U. 35/8」(1937)


P2730443
次の部屋です。


P2730444
2.5室です。


P2730445
部屋のフレスコ装飾


P2730446


P2730447


P2730449
アルド・ガッリの「Composizione astratta」(1942)


P2730451
アルド・ガッリの「Composizione astratta」((1938)


P2730453
アルド・ガッリの「Composizione astratta」(1943)


P2730455
アルド・ガッリの「Disegno per rilievo」(1953)


P2730458
アルド・ガッリの「Disegno per rilievo」(1953)


P2730461
アルド・ガッリの「Relievo(レリーフ、浮彫、観測などの意味)」(1953)


P2730463
アルド・ガッリの「Relievo」(1953)


P2730466
マリオ・ラディーチェの「Composizione R.S. 202」(1961)


P2730469
カルラ・バディア―リの「Circolo della Vela」(1933)


P2730471
貸し出し中の作品


P2730472
カルラ・バディア―リの「Studi per Composizione n.40」(1936‐37)
(つづく)

P2730251
次の部屋です。


P2730252
1.5室です。


P2730255
北イタリアの逸名画家作「オルジナーリ家の人々の”Sinite parvulos"」(1710‐20c)


P2730258
17世紀前半のロンバルドの逸名画家作「真の十字架の発見」(17世紀前半)


P2730261
17世紀末から18世紀初めのロンバルドの逸名画家作「聖ジョヴァンニ・バッティスタの誕生」(1700‐10c)


P2730264
次の部屋です。


P2730265
1.6室です。


P2730267
フランチェスコ・カイロ(ミラノ、1607‐1665)の「井戸のサマリア女」(1650c)


P2730270
フィリッポ・ラウーリ(ローマ、1623‐1694)の「園のキリスト」


P2730272
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1609‐1661)の「ゲッセマネ園のキリスト」


P2730276
アントニオ・マリア・クレスピ通称イル・ブスティーノ(ブスト・アルシーツィオ、1580‐1630)の「悔悛の聖マリア・マッダレーナ」


P2730279
ジュゼッペ・ピナッチ(シエナ、1642‐1718)に帰属する「光悦の聖フランチェスコ」


P2730282
アゴスティーノ・サンタゴスティーノ(ミラノ、1635c‐マンデッロ・デル・ラリオ、1706)の「罪人への励まし」(1662c)


P2730285
17世紀後半のロンバルドの逸名画家作「斬首されたものへの授福」(1660‐70c)


P2730287
次の部屋です。


P2730288
1.7室です。


P2730289
肖像画が並んでます。


P2730291
ベルナルディーノ・カンピ(レッジョ・エミリア、1522‐1591)の作品かも知れない「ヴェスパシアーノ・ゴンザーガの肖像」(1559)


P2730295
ミラノの逸名画家作「武装した男の肖像」(1590c)


P2730298
ミラノの逸名画家作「手袋を手にする男の肖像」(1625‐30c)


P2730301
ミラノの逸名画家作「騎士の正装をした男の肖像」(1650‐60c)


P2730304
ミラノの逸名画家作「カリドニア・ジョーヴィオ・デッラ・ポルタと息子二コラオの肖像」(1640‐50c)


P2730307
ミラノ?の逸名画家作「紳士の肖像」(1640‐50c)


P2730309
ジュゼッペ・ヌヴォローネ(サン・ジミニャーノ、1619‐1703)の「紳士の肖像」(1640‐50c)


P2730312
逸名画家作「アントニオ・マリア・エルバ(教皇インノチェンツォ11世の甥)の肖像」(17世紀後半)


P2730315
次の部屋です。


P2730316
1.8室です。


P2730317
マリオ・ヌーツィ通称マリオ・デイ・フィオーリ(ローマ、1603‐1673)の「花瓶の花」(1650‐60c)


P2730321
ロンバルディアの逸名画家作「狩りの戦利品」(1660‐80c)


P2730324
マリオ・ヌーツィ通称マリオ・デイ・フィオーリ(ローマ、1603‐1673)の「花瓶の花」(1650‐60c)


P2730327
エリザベッタ・マルキオンニ(ロヴィーゴ、17世紀後半活動)の「花の静物画」


P2730330
逸名画家による「イル・チェラーノ作『鳥類』のコピー画」(17世紀後半)


P2730333
アントニオ・コルツァ(ヴェローナ、1653‐1725)の「戦闘」(1700‐10c)


P2730337
アントニオ・コルツァ(ヴェローナ、1653‐1725)の「戦闘」(1700‐10c)


P2730341
次の部屋です。


P2730342
1.9室です。


P2730343


P2730345
ポンぺオ・バトーニ(ルッカ、1708‐ローマ、1787)の「ウルカヌス」(1750)


P2730348
ピエトロ・リガーリ(アルデンノ、1686‐ソンドリオ、1752)の「守護天使」


P2730351
逸名彫刻家作「ユディトとホロフェルネス」


P2730354
貸し出し中


P2730356
逸名彫刻家作「ダヴィデ」


P2730360
イラリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)に帰属する「ミラノ城包囲戦」


P2730362
アレッサンドロ・マニャースコ通称リッサンドリーノ(ジェノヴァ、1667‐1749)の「淑女の肖像」(18世紀初め)


P2730366
アントニオ・ルチーニ(コモ、1702から活動)の「アントニオ・マリア・パッラヴィチーノの肖像」(1742)
(つづく)

P2730163
引き続き0.12室です。


P2730165
逸名画家作「受胎告知、ご誕生、マギの礼拝が描かれたカッソーネ側面」(15世紀第4四半世紀)


P2730167
コモのサンティ・コズマ・エ・ダミアーノ教会のフレスコ画


P2730175


P2730176


P2730170
Maestro dei Santi Cosma e Damianoの「聖母子と聖コズマと聖ダミアーノ」(16世紀第1四半世紀)


P2730173
逸名画家作「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」(16世紀初め)


P2730177
逸名画家作「死せるキリストへの哀悼」(1525‐30c)


P2730180
ジョヴァンニ・アンドレア・デ・マジストリス(コモ、1460c‐1532c)の「幼きキリストへの崇拝」(15世紀末‐16世紀初め)
マルケで活動した同名の画家ジョヴァンニ・アンドレア・デ・マジストリス(カルダローラ、1510‐1573)がいるので、時々混同されてます。


P2730183
彫刻も展示されてます。


P2730184
柱頭(15世紀末‐16世紀初め)


P2730185
柱頭(15世紀末‐16世紀初め)


P2730189
「聖女またはシビッラ」(15世紀末)


P2730191
「聖ジローラモ」(15世紀末‐16世紀初め)


P2720764
一旦切符売り場の方に戻り、階段を上って1階に向かいました。


P2730193
Quadreria Storica


P2730195
逸名画家作「ヴォルピ伯爵家の家系樹」


P2730198
逸名画家作「ジョヴァンニ・アントニオ・ヴォルピ(コモ、1513‐1588)の肖像」
ジョヴァンニ・アントニオ・ヴォルピは、長らくコモ司教を務めました。


P2730201
1階の最初の部屋です。


P2730202
1.1室です。


P2730204
17世紀のロンバルドの逸名画家作「春の寓意」(1615‐30c)


P2730206
詳細不明


P2730209
詳細不明


P2730210
次の部屋です。


P2730211
1.2室です。


P2730212
ジョヴァンニ・パオロ・ギアンダ(コモ、1597c‐1637)の「若者を治す聖ピエトロ・マルティーレ」


P2730216
逸名画家作「聖ピエトロ・マルティーレの殉教」(16世紀末)


P2730218
クリストフォロ・カレザーナ(コモ、1601cから記録‐1629)の「聖別の奇跡」


P2730221
次の部屋です。


P2730222
1.3室です。


P2730226


P2730224
ジョヴァンニ・ピエトロ・ニョッキ(ミラノ、1553c‐1609)の「エステルとアハシュエロス」


P2730228
ジョヴァンニ・ピエトロ・ニョッキ(ミラノ、1553c‐1609)の「ユディト」


P2730230
ベルナルディーノ・カンピ(レッジョ・エミリア、1522‐1591)と工房の「ロレートの聖母と聖ドメニコと聖ピエトロ・マルティーレと寄進者」


P2730234
ジョヴァンニ・ピエトロ・ニョッキ(ミラノ、1553c‐1609)の「天上の聖母子と司教聖人と聖ドメニコと聖マルゲリータと聖ファウスティーナと聖リベラータ」


P2730236
次の部屋です。


P2730237
1.4室です。


P2730238
天井の装飾


P2730240
逸名画家作「十字架降下とフランチェスコ会聖人たち」(17世紀)


P2730243
逸名画家作「磔刑」(17世紀)


P2730246
ジョヴァンニ・バッティスタ・レッキ(コモ、1587‐1668c)とジョヴァンニ・パオロ・レッキ(コモ、1606‐1686)の「聖マルコの殉教」


P2730249
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574‐ミラノ、1625)の「聖母被昇天と聖ロッコとアレッサンドリアの聖カテリーナと聖アグネス」(17世紀)
(つづく)

引き続き0.10室です。
P2730052
ボニファチョ・ダ・モデナの紋章(1317)


P2730055
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「聖母戴冠」(1330‐40c)


P2730057
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「信者たち」(1330‐40c)


P2730062
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「2司教聖人」(1330‐40c)


P2730064
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「聖アンブロージョ」(1330‐40c)


P2730065
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「ドメニコ会聖人」(1330‐40c)


P2730067
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「天使と聖女」(1330‐40c)


P2730069
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ」(1330‐40c)


P2730070
Secondo Maestro di Santa Margheritaの「聖人とPalazzo Merlato」(1330‐40c)


P2730076
次の部屋です。


P2730077
0.11室です。


P2730079
Maestro di Anna Sforza (ロンバルディア、1490‐1500活動)の「祈祷書」(15世紀中頃)


P2730081
ミラノのタペストリ工房作「聖母の誕生」(1530‐35c)


P2730086
アントネッロ・ダ・メッシーナ(メッシーナ、1430‐1479)に帰属する「Virgo Advocata」(1452c)
この作品は、アントネッロ・ダ・メッシーナの帰属作品として有名ですが、コモ市立絵画館ではスペイン出身でフランドルの画風だったJacomart Baco (1410c-1461) の作品としています。


P2730089
アンブロシウス・ベンソン(ロンバルディア、1495c‐ブルージュ、1550)の「田舎の合奏」(1440‐50c)


P2730092
ジュリオ・カンピ(クレモナ、1505‐1572)に帰属する「リュート奏者(フランチェスコ・ダ・ミラノ?)の肖像」(1527c)


P2730094
次の部屋です。


P2730095
0.12室です。


P2730113


P2730098
ジャン・ドメニコ・カレサーナ(1580‐1619活動)に帰属する「ヴィッラの風景」(1618)


P2730100
16世紀第1四半世紀のトスカーナの逸名画家作「ダンテ・アリギエーリの肖像」(1521以前)


P2730105
16世紀前半のヴェネトの逸名画家作「エルモラオ・バルバーロの肖像」(16世紀前半)


P2730107
リドルフォ・デル・ギルランダイオ(フィレンツェ、1483‐1561)の「ミケーレ・マルッロの肖像」(1521以前)


P2730111
アーニョロ・ディ・コジモ通称ブロンズィーノ(フィレンツェ、1502‐1572)に帰属する「メディチ家?の男の肖像」(16世紀中頃)


P2730115
16世紀第2四半世紀のフランスの逸名画家作「ギョーム・ブードの肖像」(1541‐46)


P2730118
アミーコ・アスペルティーニ(ボローニャ、1474/1475-1552)の「アルベルト・マーニョとジョヴァンニ・ドゥンス・スコートの肖像」(1520c)


P2730120
ジョヴァンニ・ルテーリ通称ドッソ・ドッシ(フェッラーラ、1489-1542)に帰属する「ニッコロ・レオニチェーノの肖像」(1521以前)


P2730123
フランチェスコ・サルヴィアーティ(フィレンツェ、1510-ローマ、1563)の「トーティラ(東ゴート王)の肖像」(1540-50c)


P2730127
16世紀第1四半世紀のトスカーナの逸名画家作「ジローラモ・サヴォナローラの肖像」(1521以前)


P2730130
アンドレア・デル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1485-1525)の枠組みの「マルシリオ・フィチーノの肖像」(1519-21)


P2730134
ベルナルディーノ・カンピ(クレモナ、1522-1591)に帰属する「バルダッサル・カスティリオーネの肖像」(1540-46)


P2730137
逸名画家作「Aiax Agaの肖像」(1540‐52c)


P2730140
16世紀第2四半世紀のヴェネトの逸名画家作『ジャン・ジョルジョ・トリッシーノの肖像」(16世紀第2四半世紀)


P2730143
16世紀前半のヴェネトの逸名画家作「ドミツィオ・カルデリーノの肖像」(16世紀前半)


P2730146
16世紀中頃のブレーシャの逸名画家作「フランチェスコ・フランキーニの肖像」(1545‐50)


P2730149
逸名画家作「クリストフォロ・コロンボの肖像」(1510‐20c)


P2730152
グリエルモ・デッラ・ポルタ(ポルレッツァ、1515‐ローマ、1577)の「祈る永遠なる父」(1487‐88)
制作された年と制作者の生年・没年の辻褄が合いません。
何かが間違っていると思います。


P2730155
ドメニコ・カッザノーレ工房作「玉座の聖母子」(1510‐15)


P2730158
ドメニコ・カッザノーレの「受胎告知する大天使」(1498‐1500)


P2730160
ドメニコ・カッザノーレの「受胎告知される聖母」(1498‐1500)
(つづく)

P2730037
P2720970
次の部屋です。


P2720971
0.8室です。


P2720973
騎馬の石板(13世紀初め)


P2720976
サムソンとライオンの石板(13世紀中頃)


P2720978
ブロレットのフレスコ(15世紀中頃)


P2720981
Primo Maestro di Santa Margheritaの追随者の「若者と死神」(1318‐20)


P2720984
コモの彫刻家親方作「聖母子」(14世紀第1四半世紀)


P2720987
Primo Maestro di Santa Margheritaの追随者の「玉座の聖母子」(1318‐20)


P2720991


P2720992


P2720993
擬人の頭のメンソラ(棚)(13世紀)


P2720995
擬人の頭のメンソラ(棚)(13世紀)


P2720997
擬人の頭のメンソラ(棚)(13世紀)


P2720999
擬人の頭のメンソラ(棚)(13世紀)


P2730002
擬人の頭のメンソラ(棚)(13‐14世紀)


P2730004
柱頭(12‐13世紀)


P2730006


P2730007
柱頭(12世紀後半)


P2730009
柱頭(13世紀)


P2730011
柱頭(13世紀後半)


P2730013
次の部屋です。


P2730014
0.9室です。


P2730015


P2730016


P2730017
コモのサン・ジョルジョ・イン・ボルゴヴィーコ教会のフレスコ(13世紀)


P2730018


P2730019


P2730020


P2730021


P2730022


P2730024


P2730025


P2730026
コモのサン・ジョルジョ・イン・ボルゴヴィーコ教会のフレスコ画(13世紀)


P2730028


P2730030


P2730032


P2730034


P2730035
次の部屋です。


P2730036
0.10室です。


P2730039
制作者情報不詳の「4聖人」(12世紀)
コモのサン・ナザロ教会にありました。


P2730041


P2730043
聖ジョルジョとマギの礼拝の石板(13世紀)


P2730045
司教像(13‐14世紀)


P2730049
コモのサン・ジローラモ教会の石板(13‐14世紀)
(つづく)

P2720904
次の部屋です。


P2720905
0.6室です。


P2720906


P2720907


P2720908


P2720909


P2720911
コモのサンタッボンディオ聖堂の開口部のコーニス(枠)(11‐12世紀)


P2720190
ご参考までに現在のサンタッボンディオ聖堂の写真を載せておきます。


P2720913


P2720914


P2720915


P2720916


P2720917
サンタッボンディオ聖堂のメンソラ(棚)断片(12世紀第4四半世紀)


P2720919
サンタッボンディオ聖堂のメンソラ(棚)断片(12世紀前半)


P2720921
サンタッボンディオ聖堂の柱頭(12世紀前半)


P2720923
サンタッボンディオ聖堂の柱頭(12世紀)


P2720925
サンタッボンディオ聖堂の開口部断片(11‐12世紀)


P2720927


P2720928
柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720930
柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720932
柱頭(11世紀後半)


P2720934
柱頭(11世紀後半)


P2720936
次の部屋です。


P2720937
0.7室です。


P2720938


P2720939


P2720940


P2720941


P2720943
サンタッボンディオ聖堂の説教壇正面(12世紀第1四半世紀)


P2720945


P2720946
柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720947
柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720948
柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720949
柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720950
聖水盤(12世紀第1四半世紀)


P2720951
レンノ(コモ)のアクゥアフレッダ修道院の日時計(1193)


P2720953
コモのサン・フェデーレ教会の寓意像(12世紀第1四半世紀)


P2720955
コモのサン・フェデーレ教会の寓意像(12世紀第1四半世紀)


P2720957


P2720958
サンタッボンディオ聖堂の柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720960
サンタッボンディオ聖堂の柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720963
サンタッボンディオ聖堂の柱頭(12世紀第1四半世紀)


P2720965
石板断片(12世紀第1四半世紀)


P2720967
サンタッボンディオ聖堂の聖人彫刻(12世紀)


P2720968
(つづく)

P2720835
次の部屋です。


P2720836
0.3室です。
Pinacotecaにしては、博物館の色彩色濃い展示ですが、前身が博物館なので一部残したかも知れません。


P2720837


P2720838
柱頭(6世紀第4四半世紀)


P2720840
柱(710‐20c)


P2720841
貸し出し中の作品


P2720843
プルーテオ(装飾のある仕切り)の数々


P2720844
プルーテオ(9世紀)


P2720846
プルーテオ(9世紀)


P2720848
プルーテオ(9世紀)


P2720850
プルーテオ(9世紀)


P2720852
祭壇の円柱(7世紀末)


P2720854
柱断片の展示です。


P2720855
柱断片(8世紀後半)
後の柱断片展示の紹介を省略させて頂きます。


P2720857
次の部屋です。


P2720858
0.4室です。


P2720859
コモの旧サン・ジョルジョ・イン・ボルゴヴィーコ教会にあったフレスコ画が展示されてます。


P2720860


P2720861
フレスコ画修復過程の説明板


P2720862


P2720863


P2720865


P2720867


P2720869


P2720870


P2720871


P2720872
ここで展示されている旧サン・ジョルジョ・イン・ボルゴヴィーコ教会のフレスコ画があった場所を示す説明板


P2720873


P2720875


P2720877


P2720878
次の部屋です。


P2720879
0.5室です。


P2720880
サンタッボンディオ聖堂の現在の建物の前にあった取り壊された建物にあったものが展示されてます。


P2720882
十字架断片(6世紀末)


P2720885
柱断片(710‐20c)


P2720887
プルーテオ


P2720888
プルーテオ


P2720890


P2720892
プルーテオ


P2720894
プルーテオ


P2720897
プルーテオ(9世紀)


P2720899
石板(7‐9世紀)


P2720901
プルーテオ(9世紀)
(つづく)

P2720756
コモのVia Diazです。この通りの先に市立絵画館があります。


P2730570
市立絵画館の建物として使用されているPalazzo Volpiです。


P2720758
絵画館の前にサン・ドンニーノ教会があります。


P2730569
写真右がPalazzo Volpiです。
コモ出身のキエーティ大司教ヴォルピアーノ・ヴォルピ(コモ、1559‐ローマ、1629)は、ローマに住んでいましたが 生まれ故郷のコモに邸宅建設を思い立ち、1622年に創建され、1633年に完成したPalazzo Volpiです。
また、ヴィルピアーノ・ヴォルピは、1629年、ローマで没しましたが、Palazzo Volpi向かいのサン・ドンニーノ教会に葬られました。


P2730566
18世紀半ばまで、ヴォルピ家の住居になっていましたが、所有者が変わり、1839年、さらに建物は政府に売却され、1855年から1968年まで、裁判所と刑務所として使用されました。
1970年台にコモ市が政府から購入し、修復を経て1989年にコモ市立博物館がオープンしました。しかし、展示作品が膨大なため、博物館から絵画部門を独立させて博物館と絵画館の2館体制にすることになり、この建物にコモ市立絵画館を独立オープンさせ、新市立博物館を別の場所(現在地)に移すことが決められ、2003年に実行されました。


P2720761
コモ市立絵画館の入り口です。


P2720763
切符売り場です。


P2720762
絵画館は4部門構成で、順路通りに最初に中世のコレクションから見て行きます。


P2720768
0.1室です。


P2720765


P2720766


P2720767


P2720769
コモのサンタ・マリア・アンティクゥア教会のサンタ・マルゲリータ門の断片


P2720789


P2720771
Primo Maestro di Santa Margheritaの「聖リベラータと聖ファウスティーナの召命」(1310‐20c)


P2720775
Primo Maestro di Santa Margheritaの「聖リベラータと聖ファウスティーナの旅」(1310‐20c)


P2720778
Primo Maestro di Santa Margheritaの「聖リベラータと聖ファウスティーナのコモ到着」(1310‐20c)


P2720781
Primo Maestro di Santa Margheritaの「聖リベラータと聖ファウスティーナを歓待する修道院の人々」(1310‐20c)


P2720784
Primo Maestro di Santa Margheritaの「聖リベラータと聖ファウスティーナを歓待した修道院教会」(1310‐20c)


P2720786


P2720787


P2720790
次の部屋です。


P2720791
0.2室です。


P2720792
サンタッボンディオ聖堂など、コモの古い教会から集められた彫刻断片です。


P2720793
コーニス(9世紀)


P2720795
装飾がある仕切り断片(9世紀)


P2720798
柱断片(9世紀)


P2720801
コーニス(9世紀)


P2720804
柱断片(9世紀)


P2720806
装飾のある仕切り(9世紀)


P2720809
柱断片(9世紀)


P2720812
装飾がある仕切り(9世紀)


P2720815
装飾のある仕切り断片(9世紀)


P2720817
装飾のある仕切り(9世紀)


P2720819


P2720821
装飾のある仕切り(9世紀)


P2720823
装飾のある仕切り(9世紀)


P2720825
装飾のある仕切り(9世紀)


P2720827
装飾のある仕切り(9世紀)


P2720829
柱断片(9世紀)


P2720831


P2720832
サンタッボンディオ聖堂の後陣


P2720833
墓石(11世紀)
(つづく)

P2720732
サン・フェデーレ聖堂に戻ってきました。


P2720733
午後の気怠さが漂うサン・フェデーレ広場でした。


P2720735
広場に戻ったのは、この建物のフレスコ画を見るためです。


P2720736
聖家族と聖アンナと聖ジョヴァンニーノ


P2720738
次は市立絵画館です。


P2720741
市立美術館に何度も行ったにも拘らず中々見つかりません。


P2720749
勘を頼りに歩いているので、絵画館が見つからないのは当然です。


P2720750
教会に来ました。


P2720752
教会の名前が分かったので、持参の地図を参照しました。簡単に現在地が分かりました。


P2720751
11世紀創建ですが、現在の建物は19世紀に再建されたので、美術的には見所がありません。


P2720753
もう迷うことはありません。


P2720754
絵画館に至近の場所にいたのです。


P2720755


P2720756
この道を真直ぐ進めば絵画館に出ます。


P2720757
旗のある建物が市立絵画館です。


P2720759
コモ市立絵画館に漸く辿り着くことが出来ました。


P2720758
絵画館の前に教会がありますが、教会が目印になります。


P2720762
絵画館に入館しました。


P2720774
中小都市の市立美術館としては質、量の両面で充実していると思います。


P2730181
絵画館については、項を改めて詳しく取り上げる予定です。


P2730556
中世から現代まで、年代順に全29展示室あります。


P2730563
流石に疲れました。


P2730569
外に出たら、すっかり夕方の風情でした。


P2730564
サン・ドンニーノ教会は相変わらず扉が閉まったままでした。


P2730567
このままホテルに戻りました。


P2730573
さて翌朝です。
サンタ・マリア・ディ・ロレート教会です。平日は多分閉まったままでしょう。


P2730575
このオブジェには参りました。イタリア人って、この種のものが大好きですね。


045
次はサンティッシマ・アンヌンツィアータ聖堂です。


047
聖堂はViale Vareseに面して建ってます。


075
教会の名称が3つあります。


078
現在地に1236年に建てられた小さな礼拝堂がありましたが、13世紀後半になると正式な教会にしたいとの願いが信者間に広まりました。小さな礼拝堂を取り壊し、その上に教会の建設工事が1274年に開始され、1278年にロマネスク様式の教会が完成しました。


079
ところが、ロマネスク様式の建物は15世紀取り壊され、16世紀前半に二代目の建物が再建されました。初代の建物が取り壊された理由は不明です。二代目の建物の奉献式が1574年に行われました。


077
18世紀に入ると、信者の増加によって二代目の建物は手狭になったので、18世紀半ばに大拡張工事が行われ、現在の姿にほぼ近いバロック様式の建物に拡張改修されたのです。1754年改めて奉献式が執り行われました。
19世紀に大掛かりな改修工事が行われ、現在の姿になりました。


049
ファサードに向かって右側横の入り口扉が開いてます。


051
聖堂内に入りました。


053
単廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


052
17世紀以降の作品があります。


054
マドンナの礼拝堂


066
主祭壇と後陣


067
後陣のフレスコ画は、パンフィーロ・ヌヴォローネ(クレモナ、1581‐ミラノ、1651)とパンフィーロの息子カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1609‐1662)によって制作されました。


065
クーポラ


063
ジョヴァン・パオロ・ブッツィの「受胎告知」(1649)


064
パンフィーロ・ヌヴォローネ(クレモナ、1581‐ミラノ、1651)の「ご訪問」


072
その他の作品帰属が分かりません。


080
コモの見所は大体見終わりました。


083
(おわり)

169
次はサン・ジャコモ教会です。ブロレットの裏、ドゥオーモの左身廊横にあります。


170
サン・ジャコモ教会です。


P2720464
1084年創建説がありますが、1084年前後の記録が失われて残ってません。また、教会の歴史は1144年に遡るという説もありますが、1144年の司教区やコモの文書にも記載がないようです。
しかし、伝統的に11世紀に建設された教会とされてます。


P2720458
鐘楼は17世紀に再建され、18世紀に改修されたものが現在の姿となってます。


P2720459
現在のファサードは、16世紀に再建された二代目となるものです。


P2720465
中に入りました。


P2720466
左後陣の礼拝堂でミサが行われていました。


P2720467
三廊式、ギリシャ十字形の内部です。


P2720468
天井


P2720470
右側廊


P2720472
慈愛の祭壇(18世紀)


P2720473
ロヴェッリ家の紋章


P2720474
左翼廊のロザリオの礼拝堂(18世紀)


P2720475
磔刑の祭壇


P2720477
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピットーニ(ヴェネツィア、1687‐1762)の「磔刑」(1740c)


P2720478
外に出ました。


P2720484
折角コモ湖に来たからには、コモ湖を少し見ることにしました。


P2720485


P2720486
お腹が空いたし、時間がもったいないので遊覧船利用は考えませんでした。


179


P2720490


186


P2720488


P2720491
ホテルに戻ってチェックインの手続をしました。


P2720493
次は市立博物館ですが、その前に昼食を食べることにしました。


P2730582
最近は、昼にはあまり飲まないことにしています。


P2730585


P2730589


P2730590
何時も同じものを食べてます。


P2720494
お腹一杯、やや酩酊気味でした。


P2720495
近頃、すっかり酒に弱くなりました。


P2720497
午後になって観光客が増えてきました。


P2720498
博物館などは人気がないようで、街外れにある博物館に向かう道は空いていました。


P2720499
突き当り正面がMuseo Garibaldi、写真左がMuseo Civicoです。


P2720500
ガリバルディ博物館はパス


P2720506
市立博物館の建物です。


P2720507
市立博物館に入館しました。


P2720544
市立博物館については項を改めて詳しく触れる予定です。


P2720584
展示が充実しています。


P2720707


P2720726
見て回るのが大変です。


P2720501
外に出ました。写真右はガリバルディ博物館の建物です。


P2720502
両博物館の先に行きましたが、見所がなさそうだったので引き返すことにしました。


P2720503
次は絵画館です。


P2720731
(つづく)

P2720429
コモ市庁舎です。


P2720427
市庁舎の中庭に入ってみたけれど、ロッジャなどにフレスコ画がありませんでした。


P2720426
次はドゥオーモです。


P2720431
道の突き当りが湖畔です。その途中にドゥオーモがあります。


P2720432
ドゥオーモ


P2720436
ドゥオーモ広場


150
ドゥオーモを見る前に、観光案内所で絵画館、博物館などの開館時間を確認しました。


P2720434
コモ司教区のサンタ・マリア・アッスンタ司教座教会です。


P2720437
1396年創建、1498年に一応の完成を見た後期ゴシック様式、ルネサンス様式の建物ですが、18世紀に追加されたバロック様式のクーポラがあります。


140
ブロレットがファサードの隣にあります。


P2720435


138
1447年から1498年にかけて建設されたファサードです。


P2720438
中央扉上ルネッタのマギの礼拝の彫刻


P2720439
聖母子と4聖人


P2720440
バラ窓


P2720442
向かって右扉上ルネッタの彫刻


P2720444


P2720445


P2720446


P2720447


P2720448


P2720449
向かって左扉上ルネッタの彫刻


134
右側壁


135


147
建築家フィリッポ・ジュバッラ(メッシーナ、1678‐マドリッド、1736)の設計によるバロック様式の後陣


149
クーポラ


P2720433
通常、ファサード側の扉は開いてません。


P2720454
ブロレットの先にある、向かって左側の身廊側に回ります。


P2720461
こちら側の扉から中に入るのが普通です。


P2720455
観光客用の出入り口


P2720456
聖堂内に入りました。


P2720457
少額ですが拝観有料となりました。


152
三廊式、ラテン十字形の内部です。


153
聖水盤


155
洗礼盤


157
アンドレア・デッパッセリ(トルノ、1487‐1517記録)の「グラツィエの聖母」(1501)


158
聖母被昇天のタペストリ


159
聖アンブロージョの祭壇(1482)


160
受難の祭壇(1492)


161
聖クリストフォロ


162
聖セバスティアーノ


163


164
ガウデンツィオ・フェッラーリ(ヴァルドゥッジャ、1475/1480-ミラノ、1546)の「エジプトへの逃避」(1523-26c)


166
見所が沢山あります。


167
外に出ました。
(つづく)

↑このページのトップヘ