P1360060
次はサン・シンプリチャーノ聖堂です。


P1360063
ガリバルディ通りを進みます。


P1360064
この建物は何でしょうか?


P1360065
その答えはこれです。


P1360066
サン・シンプリチャーノ聖堂はもう直ぐです。


P1360068
パレルモ通りとの交差点


P1360069
次を左折すれば聖堂前の道路があります。


P1360073
サン・シンプリチャーノ聖堂です。


P1360165
4世紀第4四半世紀、ミラノ司教聖アンブロージョ(トーリア、339/340-ミラノ、397)によって異教の墓地だった現在地に建設された初期キリスト教会です。
聖アンブロージョは、聖シンプリチャーノ(べヴェラ―テ・ディ・ブリヴィオ、320c-ミラノ、401)をミラノ司教後継者に指名しました。401年、ミラノ大司教となった聖シンプリチャーノが没し、聖遺物となった聖シンプリチャーノの遺体はこの聖堂内に埋葬されましたが、それと共に教会の名称が現称に改称されました。


P1360166
建物は590年から615年にかけて拡大改造されました。
9世紀、ベネデット会の所有教会となり、教会に隣接して大修道院が建設されました。
教会は、11世紀から13世紀に、さらに15世紀に改造され、16世紀に増築されました。


P1360170
ローマ時代後期のアーチに支えられた身廊右側


P1360072
ネオ・ロマネスク様式のファサードは、1870年に再建された、比較的新しいものです。


P1360167


P1360168
修道院の建物


P1360169


P1360074
ファサードの、向かって右扉上ルネッタのモザイク


P1360075
中央扉上ルネッタ


P1360076


P1360077
ファサードの左扉上ルネッタのモザイク


P1360078
聖堂内に入りました。


P1360080
1840年、現在の姿のように改装された内部です。


P1360079
三廊式、ラテン十字形


P1360081
交差ヴォールト


P1360083
右側廊


P1360084
右側廊からの眺め


P1360085
主祭壇


P1360087
詳細不知


P1360089
後陣のフレスコ画が見所です。


P1360090


P1360159
アンブロージョ・ダ・フォッサーノ通称ボルゴニョーネ(フォッサーノ、1453c-ミラノ、1523)の「聖母戴冠」


P1360093
アウレリオ・ルイーニ(ミラノ、1530-1592)の「聖プラチドと聖マウロ司教」(1588)
アウレリオは、ベルナルディーノ・ルイーニの4男です。


P1360096
詳細不知


P1360099
16世紀のロンバルドの逸名画家作「十字架降下」


P1360101
無原罪の礼拝堂(19世紀)


P1360103
アレッサンドロ・ブランビッラの「ユディト」(19世紀)


P1360106
アレッサンドロ・ブランビッラの「デボラ」(19世紀)


P1360108
カミッロ・プロカッチーニ(ボローニャ、1561-ミラノ、1629)の「聖母の結婚」


P1360111


P1360113
左側廊


P1360115
サン・ベネデット礼拝堂


P1360118
エネア・サルメッジャ(ベルガモ、1558-1626)の「子供を蘇生させる聖ベネデット」(1619)


P1360114
サン・ベネデット礼拝堂天井のフレスコ画
(つづく)