http://www.beach.jp/circle/ae30240/  「独断と偏見で楽しむイタリア芸術」のシニョレッリです。

ブログの引っ越しを検討中です。そのテストとして書いてます。
P2210881
国立絵画館は、ボローニャ大学の北Via Belle Arti, 56にあります。
P2200810
旧サンタ・マリア・マッダレーナ教会修道院の建物が絵画館になってます。
P2210875
建物のキオストロを見れば修道院だったことが分かります。
P2200811
絵画館の入り口です。
開館時間は、現在のところ(時々変更されます)、火曜日と水曜日が9:00‐13:30、木曜日から日曜日が14:00-19:00で毎週月曜日が休館です。曜日によって開館時間が変わるので、注意が必要です。
P2200813
階段の踊り場にあるガエターノ・ガンドルフィ(サン・マッテオ・デッラ・デチーマ、1734‐ボローニャ、1802)の「カナの結婚」(1775)
ボローニャのサン・サルヴァトーレ修道院にあったもので、縦530㎝、横679㎝の大作です。
P2200820
展示室内に入りました。入館者は何時もそれほど多くはありません。ゆっくりと鑑賞出来ます。
P2200814
Maestro dei Crocefissi Fracescani(ウンブリアとエミリア・ロマーニャで13世紀に活動)とヤコポ・ディ・パオロ(ボローニャで1378‐1426記録)の「磔刑」(1254c) c=circaです。1254cは1254年頃の意味です。
所蔵する作品が非常に多い美術館に時々行くと、展示されている作品が変わっていることに気付きます。今まで、この事について気付いていませんでしたが、イタリアの国立美術館で写真が解禁となった2014年から作品の写真を撮るようになって、展示作品の変更が分かるようになりました。
P2200816
ヴィターレ・ダ・ボローニャ(ボローニャで1330年から活動記録 1361年以前に没)の「王女を解放する聖ジョルジョ」(1330/1335c)
1959年にアムステルダムから購入しました。この作品は美術館を代表する一つで有名です。
P2200818
上記作品のレリーフです。
P2200821
ヴィターレ・ダ・ボローニャの「聖アントニオ・アバーテの物語の4場面」(1340/45c)
ボローニャのサント・ステファノ修道院にありました。4場面ですから、以下の3写真も同じ作品です。
P2200822
P2200823
P2200824
P2200826
ヴィターレ・ダ・ボローニャの「ピエタのキリストと聖アントニオ・アバーテと聖クリストフォロ」(1355c)
P2200828
プセウド・ヤコピーノ(ボローニャで14世紀前半に活動)の「Polittico(多翼祭壇画)」(1340c)
プセウド Pseudoとは、ニセと言う意味です。ニセがいるならば、本物もいるだろうと思いますよね。いるんです。でも腕前の方は、どう見てもニセの方が上手ですから困ります。画風が似ていたり、作品の帰属を巡って二人の画家が混同したりする場合、片方をプセウドとして区別するのです。
P2200831
作品の保護のためのガラス板があるので、写真がうまく写せません。
ジョヴァンニ・バロンツィオ(マルケとロマーニャで1343‐1345記録)の「キリストの物語と聖人たち」(1330c)
P2200834
Maestro di San Nicolo degli albari(ボローニャで14世紀前半に活動)の「キリストの物語」(1320c)
中世の頃、文字が読めない人のために、聖書の内容が分かるように描かれた作品です。
P2200836
プセウド・ヤコピーノの「天使と2聖人」(1329)
P2200838
プセウド・ヤコピーノの「聖母戴冠」(1320/25c)
P2200841
プセウド・ヤコピーノの「聖ロムアルドの幻視」(1329)
これらの作品の写真は2016年6月初旬に撮りました。
P2200843
プセウド・ヤコピーノの「聖クリスティーナの殉教」(1329)
P2200845
プセウド・ヤコピーノの「書斎の聖グレゴリオ」(1329)
P2200847
プセウド・ヤコピーノの「聖母の死」(1329)
P2200849
プセウド・ヤコピーノの「天使と聖ルチアと聖パオロ」(1329)
P2200851
プセウド・ヤコピーノの「サンタ・マリア・ヌオーヴァ修道院の多翼祭壇画」(1330/35c)
P2200854
プセウド・ヤコピーノの「サンタ・マリア・ヌオーヴァ修道院の多翼祭壇画」(1330/35c)
P2200856
14世紀中ごろのエミリアの逸名画家による「聖母子と大天使ガブリエル」(1350/60c)
P2200861
"ダルマシオ"(ボローニャで14世紀前半に活動)の「磔刑」(1335-40c)
P2200858
アンドレア・デ・バルト—リ?(ボローニャ、1359‐1368記録)の「聖母子と天使たち」(1360c)
P2200864
リッポ・ディ・ダルマシオ(ボローニャとピストイアで1377‐1410記録)の「ゲッセマネ園の祈りと聖アンブロージョと聖ペトロニオ」(1380/1390c)
P2200867
トマーゾ・ダ・モデナ(1345‐1375モデナで活動)の「Anconetta」(1345c)
P2200869
シモーネ・ディ・クローチェフィッシ(ボローニャで1355年から存在を確認、1399年没)の「キリストの磔刑」(1370c)
P2200872
シモーネ・ディ・クローチェフィッシの「Anconetta」(1390/95c)
P2200876
シモーネ・ディ・クローチェフィッシの「聖母子と天使たちと寄進者」(1378/80c)
P2200878
シモーネ・ディ・クローチェフィッシの「聖母の生涯の7場面」(1396/98c)
P2200880
「聖母の誕生」
P2200881
「聖母の教会への出現」
P2200883
「聖母の結婚」
P2200886
「キリストの割礼」
P2200888
「聖母の死」
P2200890
「聖母の葬儀」
P2200891
「聖母の昇天」
(つづく)