イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: ナポリ

美術館は教会と画廊に分かれており、後編は画廊です。
P1550423
教会と画廊はそれぞれ別の入り口から入ります。


P1550422
画廊は建物の二階(日本の)にあります。その一部は教会の上にあります。


P1550420
画廊の展示はナポリ派画家たちの作品が中心です。


P1550419
画廊展示室の入り口


P1550417
フランチェスコ・マリア・カゼッリ(ヴェローナで1640‐1660活動記録)の「金の子羊への礼拝」


P1550415
チェーザレ・フラカンツァーノ(1605‐1652)の「悪魔に取りつかれた人を救うキリスト」


P1550413
チェーザレ・フラカンツァーノの「ピエタ」


P1550411
フランチェスコ・アントニオ・アルトベッロ(ビトント、1637‐1695c)の「聖ジローラモ」


P1550408
マッティア・プレティーの「我に触れるな」


P1550405
マッティア・プレティーの「キリストから注文を受ける天使」


P1550403
マッティア・プレティーの「キリストを誘惑する悪魔」


P1550401
マッティア・プレティーの「ご訪問」


P1550399
マッティア・プレティーの「幼きキリストとパドヴァの聖アントニオ」


P1550395
ルーカ・ジョルダーノの「聖ピエトロ」


P1550393
マッシモ・スタンツィオーネの「聖アポッロニア」


P1550391
マッシモ・スタンツィオーネの「幼きキリストとパドヴァの聖アントニオ」


P1550388
マッシモ・スタンツィオーネの「聖アグネス」


P1550385
17世紀のナポリ派無名画家の「グイド・レーニ作『聖ルーカ』と『福音書記者聖ジョヴァンニ』の複製画」


P1550383
ミサ中の教会が見えました。


P1550339
ナポリ派画家たちの作品が揃ってます。


P1550291
フランチェスコ・デ・ムーラの「十字架を崇める聖パオロ」


P1550293
フランチェスコ・デ・ムーラの「悔悛のマグダラのマリア」(1760c)


P1550297
フランチェスコ・デ・ムーラの「最後の晩餐」(1750c)


P1550299
フランチェスコ・デ・ムーラの「ご訪問」(1750c)


P1550302
フランチェスコ・デ・ムーラの「エジプトへの逃避途中の休息」(1751)


P1550305
ドメニコ・アントニオ・ヴァッカーロ(ナポリ、1678‐1745)の「天上の聖マルティーレ」


P1550307
フランチェスコ・デ・ムーラの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1750c)


P1550309
フランチェスコ・デ・ムーラの「洗礼者聖ジョヴァンニ」(1765c)


P1550311
フランチェスコ・デ・ムーラの「天上の聖母子と聖ローザと洗礼者聖ジョヴァンニ」(1720c)


P1550313
フランチェスコ・デ・ムーラの「嘆きの聖母」(1760‐70c)


P1550315
フランチェスコ・デ・ムーラの「荊刑のキリスト」(1760c)


P1550340
教会だけに行って画廊に足を運ばない人が結構いますね。


P1550318
ジローラモ・ダ・サレルノ(ナポリ、1514‐1521生存記録)の「マギの礼拝」


P1550320
ジョヴァンニ・バリオーネの「キリストの埋葬」
皮肉なことに、カラヴァッジョの作品があるところにバリオーネの作品を見かけることが多いですね。


P1550324
ファブリツィオ・サンタフェ―デと工房の「聖母子とベネデット会修道士」


P1550326
レオナルド・コッコランテ(ナポリ、1680‐1750)の「遺跡」


P1550329
ファブリツィオ・サンタフェ―デの「聖家族と聖ルチア」


P1550332
テオドーロ・デッリーコ(ナポリ、1574‐1606記録)の「プリタの聖母」


P1550335
アンドレア・ヴァッカーロ(ナポリ、1604‐1670)の「ピエタ」


P1550337
ジュゼッペ・ダ・リベラの「聖アントニオ・アバーテ」


P1550341
フランチェスコ・デ・ムーラの「アガルとイシマエル」(1737‐38)


P1550343
他に聖具類、聖職者の衣装、調度品などが展示されてます。


P1550345
ハープシコード


P1550348
フランチェスコ・デ・ムーラの「受胎告知」(1710c)


P1550351
ブロンズィーノの「エレオノーラ・ディ・トレドの肖像」
エレオノーラが老年になった頃の肖像画です。彼女が更に老いた頃の肖像画がルッカ―にあります。


eleonora
参考までに、エレオノーラが若かりし頃の肖像画がこれです。ブロンズィーノの作品で、フィレンツェのウフィツィ美術館にあります。
エレオノーラはナポリ副王の娘で、トスカーナ大公コジモ1世の妻でした。


P1550354
ファブリツィオ・サンタフェ―デの「武具の男の肖像」


P1550356
Maestro del Giudizio di Salomone (ローマで17世紀前半活動)の「聖ピエトロの拒否」


P1550360
Dirck van Baburen (1595c-1624)の「聖トッマーゾの不信」


P1550364
ポリドーロ・ダ・カラヴァッジョの作品


P1550368
ナポリの無名画家の「マルコ・ピーノ作『聖家族』のコピー画」


P1550371
ナポリの無名画家の「ルーカ・ジョルダーノ作『聖母子と聖ジョヴァンニーノ』のコピー画」


P1550375
ジョヴァン・ベルナルディーノ・アッゾフィーノ(ナポリ、1594‐1645記録)と工房の「羊飼いの礼拝」


P1550379
イル・チェラーノの「聖フランチェスコ」


P1550381
エンリコ・フィアッミンゴ(アムステルダム、1607c‐1684)の「聖ジローラモ」


P1550421
ナポリの画家たちは、ドメニキーノを殺したことから分かるようにかなり嫌なところがあります。


P1550424
(おわり)

P1550223
ピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディアは、教会と画廊から成る美術館です。
前編は、カラヴァッジョの「慈悲の七つの行い」があるピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディア教会です。
カプア―ナ城からダンテ駅へと通じるトリブナーリ通りです。


P1550224
如何にもナポリらしい、バイクや車が疾走する喧噪に満ち、道路上には犬の糞があちこちにある裏通りです。道路上のゴミ、糞に関して言えば、私が行った市町村の中でナポリは最悪で不衛生極まりない街です。ナポリの人たちの頭は相当にイカレテイルと思います。
2,3年前、ゴミ収集従事者のストライキ中にナポリに行ったことがありますが、街角のあちこちのゴミ山にたかる野良猫やネズミを見て、ペストに罹るのではないかと心配になりました。それでもナポリの人たちは平気なようで、ビックリしました。翌日、ゴミ山は更に大きくなり、翌々日はもっともっと高くなりました。ナポリ人、恐るべしです。


P1550225
通りに面して教会があります。


P1550226
外観が教会らしくないので、うっかりすると見過ごす可能性がありそうです。


P1550232
余談ですが、ナポリでは、大体このホテルに泊まることが多い。ホテル名のカラヴァッジョは、ホテルがカラヴァッジョ作品がある教会前の広場にあることに由来していると思います。

カラヴァッジョの「慈悲の7つの行い」があるピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディア教会が美術館として公開されるようになったのは2005年頃だったと思いますが、それ以前は教会の扉が開いていることが少なくなく、カラヴァッジョ作品を鑑賞できるか否かは正に運次第でした。
ミサの時は開くことが分かり、このホテルに泊まり、扉が開くのを待っていたものでした。それでもナポリ滞在中に拝観できなかったことがありました。


P1550231
美術館になってくれて大歓迎です。


P1550234
ピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディアは、プロテスタントに対抗するために、1601年8月に設立された慈善団体です。
団体の設立後、教会を建てることになり、1602年に創建され、1606年に完成したバロック様式のピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディア教会です。


P1550227
ピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディアのロッジャです。
教会は慈善団体の建物の一部に組み込まれています。


Complesso_del_Pio_Monte_della_Misericordia_svg
建物図の写真右下が教会です。


P1550235
ロッジャの壁に「慈悲の7つの行い」の写真が掲げられてます。


P1550237
ミサ中は教会の中に入ることが出来ません。


P1550238
通りから建物の中に入ります。切符売り場は写真左側にあります。


P1550241
中庭


P1550242


P1550243
中庭の彫刻


P1550239
中庭に出る右手前に教会への入り口があります。


P1550246
入って直ぐのところに「慈悲の聖母」の彫刻があります。


P1550267
中に入りました。


P1550268
八角形の内部です。7つの礼拝堂と主祭壇があります。


P1550269
この教会の存在をあまり知られていないようで、拝観者が多いということは先ずありませんが、時々、カラヴァッジョ作品ツアーのご一行が訪れます。


P1550270
クーポラ


P1550249
主祭壇


P1550251
主祭壇画は、カラヴァッジョの「慈悲の7つの行い」(1607)です。


P1550286
教会は1606年9月に完成しました。
新教会に相応しい主祭壇画の注文先を探していましたが、その翌月の1606年10月、ローマで殺人を犯し偶々ナポリに逃亡してきたカラヴァッジョに祭壇画が注文されました。


P1550290
そうして1607年1月に完成したのが、この「慈悲の7つの行い」でした。同信会が行っていた慈善事業を聖書の記述によって表現した傑作です。
作品制作料は400ドゥカートだったとの記録が残されてます。当時の1ドゥカートは今の約10万円説を採用すれば、画料は約4000万円!ということになります。

7つの礼拝堂には、それぞれ祭壇画が掲げられてます。


P1550273
バッティステッロの代表作です。


P1550275
「獄中からの聖ピエトロの解放」(1615)


P1550277
ルーカ・ジョルダーノの「十字架降下」(1671)


P1550279
ファブリツィオ・サンタフェ―デの「Tibithaを蘇生させる聖ピエトロ」(1611)


P1550282


P1550284
床の中心にある模様


P1550257
ジョヴァン・ヴィンチェンツォ・フォルリの「善きサマリア人」(1607‐08)


P1550260
ファブリツィオ・サンタフェ―デの「マルタとマリアの家のキリスト」(1612)


P1550264
ジョヴァン・ベルナルド・アッゾリーノの「奴隷を開放する聖パオリーノ」(1626‐30)

祭壇画がもう1点ある筈ですが、ありませんでした。


croppedimage530350-Luca-Giordano_Napoli
その作品がこれです。
ルーカ・ジョルダーノの「キリストと姦通女」
これと同じ作品がオークションに出品されていましたが、この教会にあったものでしょうか?
(作品画像は外部サイトから拝借しました)


P1550383
画廊の間越しから見えたカラヴァッジョの作品です。この時、ミサ中でした。


P1550228
(つづく)

P1560226
制作年が確実に分かっているカラヴァッジョ作品の中で、最後の作品とされている「聖ウルスラの殉教」(1610)が展示されているナポリのパラッツォ・セヴァロス・スティアーノ美術館です。


P1560228
ナポリのトレド通りです。
写真左の建物がパラッツォです。


P1560229
現在、この建物はナポリ銀行になってます。


P1560234
この建物に美術館が設けられたのは、2004年頃だったと思います。


P1560232
美術館の入り口です。
ミラノ、ヴィチェンツァにあるGallerie d'Italiaの一つです。


P1560237
最近、展示作品が徐々に多くなってきましたが、2013年頃までは、展示作品はカラヴァッジョの「聖ウルスラの殉教」だけと言っても過言ではありませんでした。それにも拘らずロシアなどに貸し出しをしてました。同作品が貸し出し中の時に入館したことがあり、その時は本当に参りました。
展示作品は恐らくナポリ銀行の所有物と思います。


P1560238
昨年秋から今年1月までミラノの王宮で開催されていた「デントロ・カラヴァッジョ展」にカラヴァッジョの「聖ウルスラの殉教」が貸し出されていました。同展から11月に取り外され、同じミラノのGallerie d'Italiaに移されましたが、2018年4月まで展示されるようです。


P2710636
ミラノのスカラ広場にあるGallerie d'Italiaです。カラヴァッジョの「聖ウルスラの殉教」の幟があります。


P1560240
入館しました。


P1560241
展示室に向かう廊下に彫刻が置かれてます。
ラッファエーレ・ベッリアッツィの「秋の寓意」(1870)


P1560244
展示室は日本の2階です。


P1560245
Maestro degli Annunci Al Pastoli (ナポリで17世紀前半活動)の「マギの礼拝」(1640‐40)


P1560247
Hendrick De Somer (1607-1656) の「父の視覚を治すトビア」(1635c)


P1560249
ボケ写真で申し訳ありません。
ナポリの無名画家の「キリストの服の先に賽子を投げつける兵士」(1635‐40)


P1560251
アンジェロ・カロセッリの「聖家族と聖フランチェスコ」(1610‐20)


P1560253
Louis Finson (ルイス・フィンソン)(ブルージュ、1578‐アムステルダム、1617)の「ユディト」(1607c)
2016年4月、フランス・トゥールーズ近郊の住宅の屋根裏で見つかった「ユディト」がカラヴァッジョ作の本物と言うニュースが流れました。屋根裏で見つかったのは2014年だったそうです。
その「ユディト」の写真を見た時、何処かで見たことがある作品だな、と思いました。記憶を頼りに撮った写真をチェックしたところ、この作品であることが分かりました。
カラヴァッジョが描いた「ユディト」が2作品あることは当時の文書に記載されており、「ユディト」2作品説は確実と思われてきました。
また、この作品を描いたルイス・フィンソンの遺言状に、カラヴァッジョの「ユディト」の複製画を制作したと書かれていたそうです。そのことから、この作品がカラヴァッジョ作品の複製画とされてきました。
屋根裏で見つかった「ユディト」の真贋鑑定のため、この作品は取り外されました。


b82d93e5
屋根裏で見つかったカラヴァッジョ作品かもしれない「ユディト」
作品画像は外部サイトから拝借しました。
屋根裏で見つかった「ユディト」とルイス・フィンソンの複製画は、ブレラ絵画館で2016年11月10日から2017年2月5日まで、2つ並べられて展示されました。
その後、屋根裏部屋で見つかった「ユディト」の真贋の結果がどうなったのか、気になりますが、未だそのニュースはないようです。


P1560255
アルテミジア・ジェンティレスキの「サムソンとデリラ」(1630‐38c)


P1560257
アルテミジア・ジェンティレスキの「水から生還したモーゼ」(1640c)


P1560260
フランチェスコ・グアリーニ(1611‐1652)の「聖ジョルジョ」(1645‐50c)


P1560262
ジョヴァンニ・バッティスタ・ルオッポーロ(ナポリ、1629‐1693)の「食材の静物画」(1665‐70c)


P1560265
フランチェスコ・ソリナーメの「アガルとイシマエル」(1690c)


P1560267
ガスパーレ・トラヴェルシ(ナポリ、1722‐ローマ、1770)の「合奏」(1755‐60c)


P1560269
ジュゼッペ・レッコの「魚介の静物画」(1675‐80c)


P1560270
ガスパーレ・レッコの「パン、ビスケット、花の静物画」(1675‐80c)


P1560273
ガスパーレ・トラヴェルシの「秘密の手紙」(1755‐60c)


P1560275
バルダッサッレ・デ・カーロ(ナポリ、1689‐1750)の「花と花瓶」(1715)


P1560277
バルダッサッレ・デ・カーロの「花と花瓶」(1715)


P1560279
Gaspar Van Wittel の「ナヴォーナ広場の景観」(1688‐1721c)


P1560280
Gaspar Van Wittel の「ナポリのLargo di Palazzoの景観」(18世紀第1四半世紀)


P1560282
ドメニコ・モレッリ(ナポリ、1826‐1901)の「団扇を持つ女性」(1873)


P1560284
パオロ・ヴェトリ(エンナ、1855‐ナポリ、1937)の「博物館」(1875)


P1560287
ヴィンチェンツォ・ミリア―ロ(ナポリ、1858‐1938)の「ファルヴィア」(1887c)


P1560289
サルヴァトーレ・ポスティリオーネ(ナポリ、1861‐1906)の「Per una messa novella」


P1560301
この部屋の展示作品はこれだけです。


P1560302
部屋の照明は極端に落とされ、作品が目立つように工夫されてます。その証明の工夫によって、カラヴァッジョが逃避行の中で到達した晩年様式がよく分かるようになってます。


P1560307
カラヴァッジョの「聖ウルスラの殉教」(1610)
大勢の女性たちと一緒に巡礼していた聖ウルスラは、巡礼途中のケルンで、当時ケルンを占領したフン族のアッティラ王の弓矢を腹に受けて殉教した様子が描かれてます。


P1560299
ジェノヴァの貴族マルカントニオ・ドーリアの注文によって制作されて、1610年5月11日に完成したという記録が残ってます。


P1560295
カラヴァッジョの作品の中で最も暗く描かれ、逃避行中のカラヴァッジョの追い詰められた焦燥感を思わせる粗いタッチと薄塗りが目立ちます。
この美術館は大体空いていて、その上、展示自体が照明などの工夫によって、筆使いや薄塗りなどがじっくりと見ることが出来ます。
また、近年の修復の際、聖ウルスラの両手とアッティラ王の左手の間に「手」が描かれていることが分かりました。


P1560304
カラヴァッジョ作品が展示されている部屋のスタッコ装飾


P1560305
部屋の天井


P1560306


P1560311
ルーカ・ジョルダーノの「無原罪の御宿リ」(1680年代)


P1560313
フランチェスコ・ディ・マリア(ナポリ、1623‐1690)の「キリストの祝福」(1658c)


P1560315
ルーカ・ジョルダーノの「エレーナの強奪」(1665c)


P1560317
フランチェスコ・デ・ムーラ(ナポリ、1696‐1784)の「ピエタの寓意」(1759)


P1560319
フランチェスコ・デ・ムーラの「公衆の安全としてのピエタの寓意」(1759)


P1560321
フランチェスコ・デ・ムーラの「教えとしてのピエタの寓意」(1759)


P1560323
フランチェスコ・デ・ムーラの「調和としてのピエタの寓意」(1759)


P1560326
展示室の展示作品は以上です。


P1560327


P1560328
階段の天井


P1560330
P1560330
壁の装飾


P1560331
パラッツォ内も見学できますが、美術館部分を除けば銀行なので、立ち入りが制限されている箇所が殆どです。


P1560333
アッティリオ・セルヴァの「エヴァ」(1929)


P1560335
詳細不明


P1560338
詳細不明


P1560340
詳細不明


P1560342
カラヴァッジョの作品の他にアルテミジア・ジェンティレスキの2作品が良かったと思います。


P1560343
(おわり)

P1560056
Pedro de Rubiales (1511‐1588)の「受胎告知」(1545c)


P1560059
ジョルジョ・ヴァザーリとラッファエッリーノ・デル・コッレの「キリストの復活」(1543c)


P1560062
ジョルジョ・ヴァザーリの「パリサイ人の家での晩餐」(1545)


P1560065
ジョルジョ・ヴァザーリの「パリサイ人の家での晩餐」(1545)


P1560067
ジョルジョ・ヴァザーリの「寺院への出現」(1545)


P1560069
レオナルド・ダ・ピストイアの「寺院への出現」(1544c)


P1560072
ソドマ(ヴェルチェッリ、1477‐シエナ、1549)の「キリストの復活」(1534)


P1560074
マルコ・ピーノ(シエナ、1517‐ナポリ、1579以降没)の「マギの礼拝」


P1560076
マルコ・ピーノの「洗礼者聖ジョヴァンニの斬首」(1564c)


P1560079
マルコ・ピーノの「羊飼いの礼拝」(1568c)


P1560081
Dirk Hendrickaz Centen (Amsterdam, 1544c-1618) の「磔刑」(1591c)


P1560085
シルヴェストロ・ブオーノ(ナポリ、1551‐1598記録)の「ピエタ」(1570c)


P1560087
Dirk Hendricksz Centen の「最後の晩餐」


P1560089
Dirk Hendricksz Centen の「最後の晩餐」(1585c)


P1560093
Dirk Hendricksz Centen の「ロザリオの聖母」(1578)


P1560096
ジローラモ・インパラート(1573から記録‐ナポリ、1607没)の「割礼」(1606c)


P1560099
Aert Mytens (ブリュッセル、1556‐ローマ、1602)の「ロザリオの聖母」(1582‐84)


P1560103
フランチェスコ・クーリア(?、1538‐ナポリ、1608)の「受胎告知」(1596)


P1560107
ティツィアーノの「受胎告知」(1560‐65)


P1560109
カヴァリエ―ル・ダルピーノの「大天使ミケーレ」「ゲッセマネ園での祈り」「天使たち」(1620‐25)


P1560112
ジョヴァンニ・バルドゥッチ(フィレンツェ、1560c‐ローマ、1631)の「寺院への出現」(1590‐1602)


P1560114
上はカヴァリエ―ル・ダルピーノの「天上の聖ベネデット」(1621)
下の2つはベルナルディーノ・パラゾーレ(?-ローマ、1650)の「天上の天使たち」(1623)


P1560118
Luigi Rodriguez (メッシーナ、1578‐1648)の「三位一体と洗礼者聖ジョヴァンニと聖フランチェスコ」(1605c)


P1560121
イッポリート・ボルゲーゼ(1568‐1627)の「ピエタ」(1603c)


P1560124
シピオーネ・プルツォーネ(ガエータ、1550‐ローマ、1598)の「受胎告知」(1587)


P1560129
イッポリート・ボルゲーゼの「ピエタ」(1603c)


P1560134
カラヴァッジョの「キリストの鞭打ち」


P1560138
ファブリツィオ・サンタフェーデ(ナポリ、1560‐1624以降没)の「羊飼いの礼拝」(1613c)


P1560141
Louis Finson の「受胎告知」(1612)


P1560143
バッティステッロ(ナポリ、1578‐1635)の「荊刑のキリスト」


P1560145
バッティステッロの「この人を見よ」(1610c)


P1560147
フィリッポ・ヴィターレの「イサクの犠牲」


P1560150
バッティステッロの「磔刑」(1610c)


P1560152
バッティステッロの「死せるアベルへの哀悼」


P1560154
カルロ・セッリット(ナポリ、1581‐1614)の「聖チェチリア」(1613)


P1560160
Bartolome Ordonez (1490c-1520) の「聖母子」(1515‐17)


P1560163
タペストリー


P1560164


P1560165
13世紀前半の無名画家の「磔刑像」
これで終わりでした。


P1560167
外に出ました。


P1560169
小学生の団体が来ていました。小学生から名画を見ることを出来るなんて幸せですね、羨ましい。


P1560170
傑作、秀作に痺れました。


P1560171
写真を整理していて、見ることが出来なかった作品が沢山あることが分かりました。


P1560173
閉鎖されていた展示室も幾つかあったようです。


P1560174
次は何時行こうかと思いながら美術館を後にしました。
(おわり)

P1550897
カンパニアの無名画家の「磔刑」(1280‐90c)


P1550899
ジョヴァンニ・ダ・タラント(14世紀初頭に活動)の「聖ドメニコ」(1305c)


P1550901
カンパニアの無名画家の「フルミネの聖母」(1290c)


P1550903
カンパニアの無名画家の「聖母子」(1310c)


P1550905
ニッコロ・ディ・トッマーゾ(14世紀後半に活動)の「聖アントニオ・アバーテと聖人たち」


P1550906
中央パネル


P1550907
向かって左


P1550908
向かって右


P1550910
アンドレア・ヴァンニ(シエナ、1332‐1414)の「聖ジャコモ」(1365c)


P1550912
ロベルト・ドデリシオ(ナポリ、1330‐1382記録)の「ウミルタの聖母」(1341‐43)


P1550914
ロベルト・ドデリシオの「磔刑」(1335c)


P1550916
リッポ・ヴァンニ(シエナ、1341‐1372活動)の「祈る救世主」(1342‐43)


P1550918
Maestro delle Tempere Francescane の「ウミルタの聖母と聖ドメニコ」


P1550921
Nottingham Inghilterra ?の「受難のシーンのポリッティコ」(15世紀後半)
初めて見る作品のように思いました。


P1550924
シモーネ・マルティーニ(シエナ、1284‐アヴィニョン、1344)の「トロサの聖ルドヴィーコの祭壇画」(1317)


P1550926
Maestro della Storie di San Ladislao の「聖アンナ・メッテルツァと聖ピエトロと聖パオロ」(1403以降)


P1550928
ナポリの無名画家の「聖ミケーレと聖ジローラモとマルカの聖ジャコモと2信者」(1490‐1500c)


P1550931
ニッコロ・アントニオ通称コラントニオ(ナポリ、1420c‐1460)の「フランチェスコ会修道士たちに会則を渡す聖フランチェスコ」(1445c)


P1550933
コラントニオの「ライオンの足に刺さったトゲを抜く聖ジローラモ」(1445c)


P1550936
コラントニオの「十字架降下」(1459‐60)


P1550940
コラントニオの「聖ヴィンチェンツォ・フェッレールのポリッティコ」


P1550943
Maestro di San Severioの「聖セヴェリーノと聖人たちのトリッティコ」(1472c)


P1550946
ジュアン・ディ・ボルゴーニャ(1494‐1533記録)の「聖アゴスティーノ」


P1550949
ヴィンチェンツォ・デ・レゴータの「ピエタのキリスト」(1510c)


P1550954
リッカルド・クアルタラーロ(シャッカ、1443‐パレルモ、1506)の「聖母の死」(1492‐94)


P1550957
フランチェスコ・パガーニ(15世紀末—16世紀初頭にナポリで活動)に帰属する「大天使ミケーレと聖人たちと磔刑」(1492c)


P1550960
アレッサンドロ・ブオーノの「聖母の死」


P1550963
クリストフォロ・サッコ・ディ・ヴェローナ(ヴェローナで15世紀末‐16世紀初頭に活動)の「聖母子と聖フランチェスコと洗礼者聖ジョヴァンニ」(1495c)


P1550966
クリストフォロ・サッコ・ディ・ヴェローナの「洗礼者聖ジョヴァンニと聖ベネデット」と「福音書記者聖ジョヴァンニと聖ベルナルド」(1493)


P1550968
クリストフォロ・サッコ・ディ・ヴェローナの「聖母戴冠と聖マルコと聖ジュリアーノ」(1500c)


P1550970
ピエトロ・ベフルコ(ナポリ、1471‐1487存在)の「聖母子と2聖人」(1500c)


P1550972
ピエトロ・ベフルコの「聖母子と聖人たち」(1495c)


P1550975
フランチェスコ・チチーノ・ダ・カイアッツォ(カイアッツォ、1470c‐1520)の「聖母子と2聖人のポリッティコ」(1504c)


P1550978
フランチェスコ・チチーノ・ダ・カイアッツォの「安らぎの聖母と洗礼者聖ジョヴァンニとアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1498c)


P1550980
ピントゥリッキオ(ペルージャ、1452c‐シエナ、1513)と工房の「聖母被昇天」(1508c)


P1550983
クリストフォロ・ファッフェオ(ナポリ、1489‐1497記録)の「聖母子」(1490c)


P1550985
プロタシオ・クリヴェッリの「聖母子と天使たち」(1498)


P1550988
ステファノ・スパラーノ(16世紀初頭に記録)の「グラツィエの聖母と聖セバスティアーノと聖ドメニコのポリッティコ」(1507‐08)


P1550991
マッテオ・ディ・ジョヴァンニの「嬰児虐殺」(1481‐88)


P1550993
ジローラモ・マルケージの「天上の聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖パオロ」


P1550996
ジョヴァンニ・フィリッポ・クリスクオーロ(ガエータ、1495‐1570)の「幼きキリストへの崇拝と聖人たち」(1545)


P1550998
アンドレア・サバティーニ(サレルノ、1480‐ガエータ、1545)の「十字架降下」(1520c)


P1560004
チェーザレ・ダ・セスト(セスト・カレンデ、1477‐ミラノ、1523)の「マギの礼拝」(1516‐19)


P1560006
アンドレア・サバティーニ・ダ・サレルノ「バーリの聖二コラ」(1614‐17)


P1560008
アンドレア・サバティーノ・ダ・サレルノの「聖ベネデットと博士たち」(1529‐30)


P1560010
アゴスティーノ・テサウロ(ナポリ、1541‐1546活動)の「聖母子と聖人たちのポリッティコ」(1521)


P1560013
ペドロ・フェルナンデスの「ご訪問のポリッティコ」(1510c)


P1560016
Bartolome Ordonez ?の「死者の姿」(1515‐17)


P1560018
ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョ(カラヴァッジョ、1499c‐メッシーナ、1543)の「聖マッテオの召命」(1540‐43)


P1560019
ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョの「聖母被昇天」(1540‐43)


P1560021
ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョの「カルヴァリオへの往路」(1530‐40)


P1560023
ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョの「カルヴァリオへの往路」(1530‐40)


P1560025
ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョの「羊飼いの礼拝」(1535c)


P1560027
ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョの「キリストの埋葬」(1527c)


P1560030
ポリドーロ・カルダーラ・ダ・カラヴァッジョの「聖ピエトロと聖パオロと受胎告知」(1527‐28)


P1560032
セヴェーロ・イエラーチェとマルコ・カルディスコの「救出の聖母」(1538‐40)


P1560035
ペドロ・マチューカ(トレド、?-グラナダ、1550)の「聖母被昇天」


P1560040
マルコ・カラディスコ(カラブリア、1486‐ナポリ、1542c)の「聖母の死」(1535‐40)


P1560042
ピエトロ・ネグローニ(1505‐1567)の「聖母子と聖ルチアとパドヴァの聖アントニオ」(1544)


P1560044
ステファノ・ジョルダーの「聖母子と聖アゴスティーノと聖ベルナルド」(1535c)


P1560046
マルコ・カルディスコの「聖母子と聖マルコと聖アンドレア」(1527‐30)


P1560048
詳細不明


P1560049
詳細不明


P1560052
マルコ・カルディスコの「異端者に勝利する聖アゴスティーノ」(1533c)
次の作品はこれの裾絵と思われます。


P1560054
マルコ・カルディスコの「キリストと使徒たち」(1533c)
(つづく)



P1550756
ここから北方ルネサンスの作品となります。
Konrad Witz工房の「聖会話」(1446‐48)


P1550758
Jacob van Oostsaanen (1500-1533記録)の「幼きキリストへの崇拝」(1512)


P1550760
Joos van Cleve (Anversa, 1485c-1540c) の「マギの礼拝の三翼祭壇画」(1515c)


P1550762
Joos van Cleve の「磔刑の三翼祭壇画」(1512‐15)


P1550764
Peter Bruegel detto il Vecchio (Breda, 1527/1530- Bruxelles, 1569) の「人間嫌い」(1568)


P1550767
Peter Bruegel detto il Vecchio の「盲目の寓話」(1568)


P1550770
Joachim Beuckelaer (Anversa, 1535c-1575c )の「広場の青空市」


P1550772
Joachim Beuckelaer の「肉屋」(1568)


P1550774
Joachim Beuckelaerの「異国の動物を売る店」(1566)


P1550777
Joachim Beuckelaerの「田舎の店」(1566)


P1550779
Joachim Beuckelaerの「野禽の店」(1566‐70)


P1550781
Joachim Beuckelaerの「魚屋」(1570)


P1550783
Marten de Vos (Anversa, 1532c-1603) の「幼児とキリスト」(1585)


P1550785
ティブルツィオ・パッセロッティ(ボローニャ、1555c‐1612)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノとベネデット会聖人」(16世紀末)


P1550787
デニス・カルヴァート(アンヴェルサ、1540‐ボローニャ、1619)の「聖家族と聖人たちと天使たち」(1600c)


P1550789
アンニーバレ・カッラッチ(ボローニャ、1560‐ローマ、1609)の「男の肖像」


P1550792
アンニーバレ・カッラッチの「聖エウスタキオの幻視」(1585‐86)


P1550796
アンニーバレ・カッラッチの「オラツィオ・バッサーニ?の肖像」(1585‐86)


P1550798
アンニーバレ・カッラッチの「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」(1585c)


P1550801
アンニーバレ・カッラッチの「音楽家の肖像」(1587c)


P1550804
アンニーバレ・カッラッチの「デモクリトス」(1596c)


P1550806
アンニーバレ・カッラッチの「聖フランチェスコ」(1585‐90)


P1550808
ルドヴィーコ・カッラッチ(ボローニャ、1555‐1619)の「リナルドとアミルダ」(1593)


P1550811
ジョヴァンニ・ランフランコ(パルマ、1582‐ローマ、1647)の「井戸のサマリア女」


P1550814
アゴスティーノ・カッラッチ(ボローニャ、1557‐パルマ、1602)の「聖家族と聖マルゲリータ」(1600c)


P1550816
アゴスティーノ・カッラッチの「聖ジローラモ」(1600c)


P1550818
アンニーバレ・カッラッチの「サテュロス」(1588‐89)


P1550820
アンニーバレ・カッラッチの「リナルドとアルミダ」


P1550822
アンニーバレ・カッラッチの「川の寓意」(1593‐94)


P1550826
アンニーバレ・カッラッチの「ヘラクレスの決断」(1596)


P1550828
シスト・バルダロッキオ(パルマ、1585‐ボローニャ、1647)の「十字架降下」(1618‐20)


P1550830
シスト・バルダロッキオの「キリストの復活」(1620c)


P1550832
アンニーバレ・カッラッチの「天使のグループ」(1600c)


P1550834
ジョヴァンニ・ランフランコの「キリストの注文を受けた天使たち」(1605c)


P1550836
ジョヴァンニ・ランフランコの「マグダラのマリアの昇天」(1605c)


P1550838
照明を落として展示されてます。


P1550839
レオネッロ・スパーダ(ボローニャ、1576‐パルマ、1622)の「キリストの鞭打ち」


P1550842
グイド・レーニ(ボローニャ、1575‐1642)の「四季」


P1550846
Michele Desubleo (Maubeue, 1602- Parma, 1676) の「ユリシーズとナウシカア」(1654以降)


P1550848
アレッサンドロ・ティアリーニ(ボローニャ、1577‐1668)の「聖母子と天使たち」(1625‐30)


P1550850
フランチェスコ・アルバーニ(ボローニャ、1578‐1660)の「天上の聖エリザベッタ」(1603‐04)


P1550852
カルロ・サラチェーニ(ヴェネツィア、1579‐1620)の「聖ロッコ」(1611‐12)


P1550854
チゴリ(カステルヴェッキオ・ディ・チゴリ、1559‐ローマ、1613)の「ピエタ」(1596‐1600)


P1550856
ルーカ・カンビアーソ(モネーリア、1527‐マドリッド、1585)の「アドーネの死」(1585以前)


P1550858
パッシニャーノ(パッシニャーノ、1560c‐フィレンツェ、1638)の「聖セバスティアーノの埋葬」(1602)


P1550861
ルーカ・カンビアーソの「ヴィーナスとアドーネ」(1585以前)


P1550864
ミケーレ・マリエスキ(ヴェネツィア、1710‐1743)の「ヴェネツィアのサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会附近の風景」(1744‐46)


P1550866
ミケーレ・マリエスキの「ヴェネツィアのドゥカーレ宮殿付近の風景」(1744‐46)


P1550868
フランチェスコ・グアルディ(ヴェネツィア、1712‐1792)の「ヴェネツィアのリアルト橋」


P1550870
フランチェスコ・グアルディの「ヴェネツィアのサン・ジョルジョ・マッジョーレ」


P1550872
ベルナルド・ストロッツィ(ジェノヴァ、1581‐ヴェネツィア、1644)の「男の肖像」(1635c)


P1550874
マルカントニオ・パッセッティ(ヴェローナ、1586‐1630)の「天国」(1621以前)


P1550876
セバスティアーノ・リッチ(ベッルーノ、1659‐ヴェネツィア、1734)の「キリストと百人隊長」(1726‐29)


P1550877
セバスティアーノ・リッチの「キリストと姦通女」(1726‐29)


P1550879
セバスティアーノ・リッチの「マグダラのマリアの昇天」(1700c)


P1550881
セバスティアーノ・リッチの「天上の聖母子」(1687‐88)


P1550883
ジュゼッペ・マリア・クレスピ(ボローニャ、1665‐1747)の「聖家族と聖人たち」(1712以降)


P1550885
宮殿内部も見どころが沢山あります。


P1550886


P1550887
宮殿部分の絵画作品紹介は省略させて頂きます。


P1550888


P1550889
天井の装飾


P1550890


P1550891


P1550892


P1550893
イタリア絵画の盗人


P1550896
タペストりー
(つづく)


P1550616
マーゾ・ダ・サン・フリアーノ(フィレンツェ、1532‐1571)の「二人の髭のある男」(1556)


P1550618
Pieter de Wittle 'Bruges,1548c-Monaco,1628) の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1585以前)


P1550620
Pieter de Wittleの「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」(1585以前)


P1550622
ドメニコ・プリーゴ(フィレンツェ、1492‐1527)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1550624
ブレーシアニーノの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1514‐15)


P1550626
フランチェスコ・サルヴィアーティ(フィレンツェ、1510‐ローマ、1563)の「紳士の肖像」(1545c)


P1550629
ロッソ・フィオレンティーノ(フィレンツェ、1494‐パリ、1540)の「若い男の肖像」


P1550631
ブロンズィーノに帰属する「女性の肖像」(1550‐60)


P1550633
ロ・スキアヴォーネ(ザーラ、1520c‐ヴェネツィア、1563)の「エロデ王の前のキリスト」


P1550636
ティツィアーノの「若い女性の肖像」


P1550638
エル・グレコ(1541‐1614)の「ジュリオ・クローヴィオの肖像」(1571‐72)


P1550640
パルマ・イル・ヴェッキオの「聖会話と信者たち」(1525c)


P1550644
セバスティアーノ・デル・ピオンボ?の「フルートを持つ羊飼い」(1508‐10)


P1550646
ティツィアーノの「マグダラのマリア」(1567c)


P1550649
ティツィアーノの「ダナエ」(1544‐46)


P1550652
ポルデノーネ(ポルデノーネ、1484c‐フェッラーラ、1539)の「無原罪の御宿りの議論」(1528c)


P1550654
ドッソ・ドッシ(フェッラーラ、1489‐1542)の「聖家族」(1515‐16c)


P1550656
ガロファロ(フェッラーラ、1481‐1559)の「聖セバスティアーノ」(1520‐25c)


P1550658
ガロファロの「割礼」(1510c)


P1550660
ドッソ・ドッシの「聖会話」(1510c)


P1550662
ガロファロの「聖母子と聖ジローラモ」(1510‐12c)


P1550664
ドッソ・ドッシの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1550666
ドッソ・ドッシの「聖母子と司教聖人」(1535‐40c)


P1550668
コッレッジョ(コッレッジョ、1489‐1534)の「聖アントニオ・アバーテ」


P1550670
コッレッジョの「聖ジュゼッペと信者」(1529)


P1550672
コッレッジョの「聖母子」(1515‐16)


P1550674
コッレッジョの「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」(1517‐18)


P1550676
ミケランジェロ・アンセルミ(ルッカ、1491‐パルマ、1555)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1520‐25)


P1550678
ミケランジェロ・アンセルミの「羊飼いの礼拝」(1526‐28)


P1550680
ミケランジェロ・アンセルミの「ご誕生」(1527c)


P1550682
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリ(ヴィアダーナ、1500c‐パルマ、1569)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノと天使たち」(1530‐35)


P1550684
ガロファロ工房の「マギの礼拝」(1540‐50c)


P1550686
オルトラーノ(フェッラーラ、1485c‐1524以降没)の「十字架降下」(1521)


P1550688
バスティアニーノ(フェッラーラ、1532c‐1602)の「聖母子」(1565‐70)


P1550690
パルミジャニーノ(パルマ、1503‐カザルマッジョーレ、1540)の「ガレアッツォ・サンヴィターレの肖像」(1524)


P1550692
ミケランジェロ・アンセルミの「紳士の肖像」(1530‐40)


P1550696
パルミジャニーノの「アンテア」(1531‐35)
日本に来たことがありますね。


P1550699
パルミジャニーノの「聖家族」(1525‐27c)


P1550701
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリの「聖キアーラ」(1530c)


P1550703
パルミジャニーノの「ルクレツィア」(1535‐40)


P1550707
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリの「仕立て屋の肖像」(1640‐45)


P1550709
ニコロ・デッラバーテ(モデナ、1509c‐フォンテーヌブロー、1571)の「本を手にする若い男の肖像」(1545‐50)


P1550711
ジローラモ・ダ・カルピ(フェッラーラ、1501‐1556)の「黒い服を着た男の肖像」(1535)


P1550713
ソフォニスバ・アングイッソーラ(クレモナ、1531c‐パレルモ、1626)の「自画像」(1554‐55)


P1550716
レーリオ・オルシ(ノヴェッラ—ラ、1511‐1587)の「アブラーモの聖体」(1555以降)


P1550718
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリの「幼きキリストを崇拝する聖人たち」(1533‐37)


P1550721
レーリオ・オルシの「竜を退治する聖ジョルジョ」


P1550723
ミケランジェロ・アンセルミの「聖母子とマグダラのマリアと聖アポッロニア」(1525c)


P1550727
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリの「受胎告知」(1555‐60c)


P1550729
バニャカヴァッロ(バニャカヴァッロ、1521‐1601)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1540‐50)


P1550731
フランチェスコ・マリア・ロンダーニ(パルマ、1490‐1550)の「聖母被昇天」(1530c)


P1550733
フランチェスコ・マリア・ロンダーニの「天上の聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖ピエトロとアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1532‐35c)


P1550735
ジャンピエトリーノ(ミラノ、1508‐1549活動)の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖ジローラモ」(1521以前)


P1550737
ジョヴァンニ・アゴスティーノ・ダ・ローディ(ローディ、1470c‐1519以前没)の「聖母子と信者たち」(1505c)


P1550740
ボッカッチョ・ボッカッチーノ(フェッラーラ、1466以前生まれークレモナ、1525)の「羊飼いの礼拝」


P1550743
カミッロ・プロカッチーニ(ボローニャ、1551‐ミラノ、1629)の「ゲッセマネ園のキリスト」(1610c)


P1550745
カッリスト・ピアッツァ(ローディ、1500‐1562)の「結婚の寓意」(1529c)


P1550747
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ(ボローニャ、1574‐ミラノ、1625)の「聖母子と天使」(1610‐12)


P1550749
ベルナルディーノ・ルイーニ(ドゥメンツァ、1480c‐ミラノ、1531)の「聖母子」(1510‐20c)


P1550752
チェーザレ・ダ・セスト(セスト・カレンデ、1477‐ミラノ、1523)の「オルヴィエーロ・カラファとキリスト」(1511c)


P1550754
モレット(ブレーシャ、1498c‐1554)の「荊刑のキリスト」(1550c)
(つづく)

P1550451
ナポリのミアーノ通りの坂を上ります。


P1550452
写真右側にピンク色の門が見えてきます。


P1550454
カポディモンテ宮の門です。


P1550456
広い敷地の中に入りました。


P1550457
美術館が設置されている宮殿に向かいます。


P1550459
広大な庭園


P1550461
この建物ではありません。


P1550460
カポディモンテ宮です。この中に美術館があります。


P1550464
美術館の展示作品はファルネーゼ家の収集物が中心ですが、ファルネーゼ家の本拠地だったピアチェンツァとパルマに同家のお宝収集物があまりなくて、ここナポリにあることに違和感を覚える私です。
だって、この宮殿はブルボン家が建設したのですから。
この辺の話は有名ですね。


P1550465
宮殿の入り口


P1550466
美術館はこの突き当りから入ります。


P1550467
宮殿の中庭


P1550470
展示室は2階からです。


P1550469
階段の踊り場にある彫刻


P1550471
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(ピエーヴェ・ディ・カドーレ、1489‐ヴェネツィア、1576)の「ピエトロ・ベンボ枢機卿の肖像」(1545‐46)


P1550473
ティツィアーノの「アレッサンドロ・ファルネーゼ枢機卿の肖像」(1545‐46)


P1550477
ティツィアーノの「教皇パオロ3世の肖像」(1545‐46)


P1550480
ティツィアーノの「教皇パオロ3世とアレッサンドロ・ファルネーゼとオッタヴィオ・ファルネーゼの肖像」(1545‐46)


P1550484
ティツィアーノの「教皇パオロ3世の肖像」(1543)


P1550488
ティツィアーノの「カルロ5世の肖像」(1549)


P1550490
ティツィアーノの「フィリッポ2世の肖像」(1553‐54)


P1550494
ティツィアーノに帰属する「ピエルルイージ・ファルネーゼの肖像」(1543)


P1550498
ジョルジョ・ヴァザーリ(アレッツォ、1511‐フィレンツェ、1574)の「真実と公正の寓意」(1543)


P1550502
マザッチョ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1401‐ローマ、1428)の「磔刑」(1426)


P1550504
ヤコポ・デ・バㇽバリヴェネツィア、1425‐1516以降没)の「フラ・ルーカ・パチョーリの肖像」(1495)
横に描かれている若い男はパチョーリの弟子です。パチョーリはピエロ・デッラ・フランチェスカの数学上の弟子で、レオナルド・ダ・ヴィンチに遠近法を教授した人です。


P1550508
チェーザレ・マーニ(16世紀前半に活動)の「岩窟の聖母」
レオナルド・ダ・ヴィンチ作品の複製画でしょうか?


P1550510
ペルジーノ(チッタ・ディ・ピエーヴェ、1466-フォンティニャーノ、1523)の「聖母子」(1502c)


P1550512
光るので横から撮ってみました。


P1550514
フランチェスコ・ザガネッリ(コティニョーラ、1475c‐ラヴェンナ、1532)の「十字架を手にするキリスト」(1514)


P1550517
プセウド―グラナッチ(1490‐1525活動)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1550518
画面が光るのは仕方がない?


P1550520
ロレンツォ・ディ・クレディ(フィレンツェ、1459‐1536)の「幼きキリストへの崇拝」(1525)


P1550525
マゾリーノ・ダ・パニカーレ(パニカーレ、1383‐フィレンツェ、1440)の「聖母被昇天」(1423‐28)


P1550528
セバスティアーノ・マイナルディ(サン・ジミニャーノ、1460‐フィレンツェ、1440)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと3天使」(1495‐1500)


P1550532
ボッティチェッリ(フィレンツェ、1445‐1510)の「聖母子と2天使」(1468‐69)


P1550534
ラッファエッリーノ・デル・ガルボ(フィレンツェ、1466‐1524)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1500c)


P1550540
ルーカ・シニョレッリ(コルトーナ、1445c‐1523)の「聖家族」(1493‐98)


P1550543
フィリッピーノ・リッピ(プラート、1457‐フィレンツェ、1504)の「受胎告知と洗礼者聖ジョヴァンニと聖アンドレア」(1483)


P1550547
マゾリーノ・ダ・パニカーレの「ローマのサンタ・マリア・マッジョーレ聖堂の祭壇画」(1423‐28)


P1550550
リグーリア―プロヴァンスの無名画家の「磔刑と聖母被昇天と聖人たちのポリッティコ」(16世紀第1四半世紀)


P1550553
ヤコポ・デル・カゼンティーノ(フィレンツェ、1297‐1356)に帰属する「聖母子」


P1550556
タッデオ・ガッディ(フィレンツェ、1290‐1366)の「聖母子と聖人たちの三翼祭壇画」(1336)


P1550559
バルトロメオ・ヴィヴァリーニ(ムラーノ、1432c‐1491以降没)の「玉座の聖母子と聖人たち」(1465)


P1550563
アルヴィーゼ・ヴィヴァリーニ(ムラーノ、1446c‐1505c)の「聖母子と聖フランチェスコとシエナの聖ベルナルディーノ」(1485)


P1550566
アントニオ・ソラーリオ(ヴェネトで16世紀前半に活動)の「聖母子と信者」(1500‐10c)


P1550568
ロレンツォ・ロット(ヴェネツィア、1480c‐ロレート、1556)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖ピエトロ・マルティ―レ」(1503)


P1550572
ロレンツォ・ロットの「トレヴィーゾ司教のベルナルド・デ・ロッシの肖像」(1505)


P1550574
ジョヴァンニ・ベッリーニ(ヴェネツィア、1432c‐1516)の「キリストの変容」(1478‐79)


P1550579
アンドレア・マンテーニャ(イーゾラ・ディ・カルトゥーロ、1431-マントヴァ、1506)の「ルドヴィーコ・ゴンザーガの肖像」(1470c)


P1550582
アンドレア・マンテーニャの「聖エウフェミア」(1454)


P1550584
マルチェッロ・ヴェヌスティ(コモ、1512‐ローマ、1579)の「ミケランジェロの『最後の審判』の縮小複製画」


P1550586
セバスティアーノ・デル・ピオンボ(ヴェネツィア、1485‐ローマ、1547)の「クレメンテ7世の肖像」


P1550588
セバスティアーノ・デル・ピオンボの「ヴェールの聖母」(1530年代)


P1550590
セバスティアーノ・デル・ピオンボの「クレメンテ7世の肖像」(1531c)


P1550592
ジュリオ・ロマーノ(ローマ、1492-マントヴァ、1546)の「猫の聖母」(1519‐20)


P1550594
ラッファエッロ・サンツィオ(ウルビーノ、1483‐ローマ、1520)と弟子の「神の愛の聖母」(1516)


P1550596
ダニエーレ・ダ・ヴォルテッラ(ヴォルテッラ、1509‐ローマ、1566)の「若い男の肖像」(1540‐60c)


P1550599
ジョヴァンニ・フランチェスコ・ペンニの「ラッファエッロの『聖家族と聖ジョヴァンニーノ』の複製画」(1518‐20)


P1550601
フラ・バルトロメオ(フィレンツェ、1472‐1517)の「聖母被昇天と洗礼者聖ジョヴァンニとアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1516)


P1550606
ブレーシアニーノ(1506‐1525活動)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1550608
ブロンズィーノ(フィレンツェ、1503‐1572)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖アンナ」(1560c)


P1550610
フランチャビージョ(フィレンツェ、1482‐1525)の「聖ブルーノ」(1515c)


P1550612
ポントルモ(エンポーリ、1492‐フィレンツェ、1556)の「生贄のシーン」(1545c)


P1550614
フランチャビージョの「聖バルトロメオ」(1515c)
(つづく)

↑このページのトップヘ