イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: パレルモ

P1520812
16世紀のオランダの無名画家の「嘆きの聖母」


P1520814
制作者不明の「Giovanni Van Scorel 作の『マグダラのマリア』の複製画」


P1520817
16世紀の無名画家の「ユディト」


P1520819
ステファノ・ジョルダーノ(メッシーナ、16世紀)の「玉座の聖母子と大天使ミケーレとバーリの聖二コラとキリストの復活」(1541)


P1520821
16世紀のガロファロの模倣者の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1520825
ポリドーロ・ダ・カラヴァッジョ(カラヴァッジョ、1499c‐1543)の「十字架降下と羊飼いの礼拝」


P1520827
ポリドーロ・ダ・カラヴァッジョの「盲人の治癒」


P1520829
ポリドーロ・ダ・カラヴァッジョの「聖霊降臨」


P1520831
ヴィンチェンツォ・ダ・パヴィア(not. 1518-1557)の「ご誕生」


P1520833
ヴィンチェンツォ・ダ・パヴィアの「エジプトへの逃避」


P1520835
ヴィンチェンツォ・ダ・パヴィアの「聖コッラード」(1548)


P1520838
ヴィンチェンツォ・ダ・パヴィアの「十字架降下」


P1520840
ヴィンチェンツォ・ダ・パヴィアの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1520842
ヴィンチェンツォ・ダ・パヴィアの「聖ジャコモ・サルヴァの物語」


P1520844
マルコ・ピーノ(シエナ、1521‐ナポリ、1583)の「変容」(1574)


P1520846
16世紀前半の無名画家の「聖家族と聖ジョヴァンニーノと天使」


P1520849
ヴィンチェンツォ・ダネーウの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1520851
レオナルド・グラッツィ(ピストイア、1542‐1548記録)の「聖母子」


P1520853
トスカーナの無名画家の「若い男の肖像(または聖ミニアート?)」(1563)


P1520859
次の作品とセットになってます。


P1520858
ジョルジョ・ヴァザーリ(アレッツォ、1511‐フィレンツェ、1574)の「天からの恵みの追放」(1545)


P1520860
マルコ・ピーノ(コスタルピーノ、1521‐ナポリ、1583)の「サウル王の回心」(1574)


P1520864
ジローラモ・ムツィアーノ(ブレーシャ、1532‐ローマ、1592)の「聖アンドレア」


P1520865
バルトロメオ・カヴァロッツィの様式によってソフォニスバ・アングイッソーラに帰属する「聖母子」


P1520867
パルマ・イル・ジョーヴァネ(ヴェネツィア、1544‐1628)の「ピエタ」


P1520870
カヴァリエ―ル・ダルピーノ(アルピーノ、1568‐ローマ、1640)の「ペルセオとアンドロメダ」


P1520873
ヴィンチェンツォ・デリ・アザーニ・ダ・パヴィア(パヴィアからパレルモで1519‐1557記録)の「聖母子と聖ピエトロ・マルティ―レと聖ステファノと聖アガタとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1520876
16世紀後半の南イタリアの無名画家の「聖母子とパオラの聖フランチェスコと聖オリヴァ」


P1520880
Simone De Wobreck (Haarlem- Palermo, not. 1557-1587 )の「聖母の死」


P1520882
Simone De Wobreck の「聖母被昇天」


P1520884
ジュゼッペ・アルヴィーノ(パレルモ、1550以前生まれー1611)の「メダルを持つ人」


P1520886
ジュゼッペ・アルヴィーノの「(ギリシャ神話の)コルヌコーピア」
鬱陶しいギリシャ神話ものです。


P1520888
ジュゼッペ・アルヴィーノの「天上の聖母子と聖アンドレアと聖アルフィーオ、聖フィラデルフィオ、聖チリーノ、パオラの聖フランチェスコ」


P1520891
ピエトロ・ダサーロ(ラカルムート、1579‐1647)の「羊飼い」


P1520893
ガスパーレ・バッザーノ(ガンギ、1565c‐パレルモ、1630)の「割礼」


P1520897
ガスパーレ・バッザーノとレアンドロ・バッザーノ(パレルモ、1589c‐1615)の「オラトリオの集会にベアート・フィリッポ・ネリに託する聖母」(1615以前)


P1520900
ピエトロ・ダサーロの「ご誕生」(1609)


P1520902
ピエトロ・ダサーロの「マギの礼拝」


P1520904
ピエトロ・ノヴェッリ(モンレアーレ、1603‐パレルモ、1646)の「羊飼いの礼拝」


P1520906
ピエトロ・ノヴェッリの「聖母子と聖フランチェスコ」


P1520909
おおっ、これをここで観れるなんて。


P1520910
ブレラの至宝である筈がありません。←美術オタクさんからご指摘頂きました、間違いです。
以下のように訂正させて頂きます。
訂正→ロンドン・ナショナル・ギャラリーにある傑作がここにある筈がありません
美術オタクさん、ご指摘有難うございます。

しかし、この作品がここで最も良かった、と思った私です。それにしてもパレルモの画家は呑臭いですね。


P1520911
アントン・ヴァン・ダイク(アンヴェルサ、1599‐ロンドン、1641)に帰属する「聖母子」


P1520913
アントン・ヴァン・ダイクと工房の「死せるキリストへの哀悼」


P1520916
バッティステッロ(ナポリ、1578‐1635)の「眠るアモール」


P1520918
アントン・ヴァン・ダイクに帰属する「聖ロザリア」


P1520920
チェーザレ・フラカンツァーノ(1605‐1652c)の「ティシウスの苦痛」


P1520923
Jusepe De Ribera (1591-1652) の「聖アゴスティーノ」


P1520925
リベラの「聖パオロ・エレミータ」


P1520929
ピエトロ・ノヴェッリの「牢獄から解放される聖ピエトロ」


P1520933
ピエトロ・ノヴェッリの「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖ロザリア」


P1520936
ピエトロ・ノヴェッリの「モーゼ」


P1520938
ピエトロ・ノヴェッリの「ノエの酔い」


P1520941
ピエトロ・ノヴェッリの「モーゼ」


P1520945
アンドレア・ヴァッカーロ(ナポリ、1604‐1670)の「マグダラのマリア」


P1520947
ピエトロ・ノヴェッリの「コロニーデを殺すアポッロ」


P1520952
ピエトロ・ノヴェッリの「Santo Martire」


P1520955
ピエトロ・ノヴェッリの「Santo Martire」


P1520957
ピエトロ・ノヴェッリの「マグダラのマリアの聖体拝領」


P1520959
ピエトロ・ノヴェッリの「聖カシミーロの戴冠」


P1520962
ピエトロ・ノヴェッリの「受胎告知」


P1520964
ゲラルド・アストリーノ(1624‐1665記録)の「聖エウラリアの殉教」(1636)


P1520967
詳細不明


P1520968


P1520969


P1520970


P1520971


P1520972


P1520973


P1520974


P1520977
マッティア・プレティの「キリストと姦通女」


P1520979
マッティア・プレティの「キリストとカナン人」


P1520982
マッティア・プレティの「四福音書記者」


P1520985
マッティア・プレティの「キリストと百人隊長」


P1520988
ルーカ・ジョルダーノの「(ギリシャ神話の)ディアニーラの強奪」


P1520992


P1520993


P1520995


P1520996
上の作品の説明プレートです。


P1520998
ところが作品の下にはルーカ・ジョルダーノの作品と書いてあります。


P1520999
これで終わりです。


P1530001
外に出ました。


P1530002
(おわり)

P1520630
15世紀前半のシチリアの無名画家の「聖母子と聖人たちのトリッティコ」


P1520633
14世紀のピサ派無名画家の「ピエタと聖人たち」


P1520635
15世紀前半のシチリアの無名画家の「聖母子」


P1520639
シエナとマルケの影響を受けた無名画家の「聖母子と聖バルバラと聖アガタのトリッティコ」


P1520642
15世紀前半のシチリアの無名画家の「玉座の聖母子と聖キアーラと聖バジーリオ」


P1520644
Maestro di Galatina (15世紀前半)の「玉座の聖母子と受胎告知」


P1520650
Maestro del Polittico di Trapani の「福音書記者聖ジョヴァンニ」(15世紀初め)


P1520653
Maestro del Polittico di Trapani の「聖母戴冠と大天使ミケーレと大天使ラッファエーレ」(15世紀初め)


P1520656
Maestro Toscano (15世紀初め)の「聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナと聖パオロと聖ピエトロと聖ドメニコのポリッティコ」


P1520657
この多翼祭壇画はパレルモのサンタ・カテリーナ修道院にありました。


P1520660
Maestro delle Incoronazioni (15世紀前半)の「受胎告知」


P1520662
Maestro delle Incoronazioniの「聖母戴冠と聖ピエトロと聖パオロ」


P1520665
この祭壇画はパレルモのサン・ピエトロ・イン・バニャーラ教会にありました。


P1520667
次の展示室です。


P1520668
トッマーゾ・デ・ヴィジーリア(パレルモ、1460‐1494記録)の「聖アントニオア・アバーテと聖セバスティアーノ」


P1520670
トッマーゾ・デ・ヴィジーリアの「囚われの王女を解放する聖ジョルジョ」


P1520674
Maestro del Trittico di Monreale (15世紀後半)の「聖母子と聖ヴィト―と聖カステレンセ」
聖カステレンセなんて全然知りません。


P1520675
中央パネル


P1520678
Maestro del Trittico di Alcamo (15世紀後半)の「聖母子と聖ピエトロと福音書記者聖ジョヴァンニ」(1462)


P1520681
15世紀後半の無名画家の「嘆きのマグダラのマリア」


P1520684
トッマーゾ・デ・ヴィジーリアの「玉座の聖母子と聖人たちと天使たち」


P1520686
15世紀前半の無名画家の「彩色磔刑像」
裏面にも描かれてます。


P1520689
こちらがその裏面


P1520691
ピエトロ・ルッツォローネ(パレルモ、1484‐1526)の「彩色十字架」
裏面にも描かれてます。


P1520693
こちらがその裏面です。


P1520694
トッマーゾ・デ・ヴィジーリアの「四聖女(聖アナスタシア、聖アガタ、聖ルチア、聖アポッロニア)」


P1520696
トッマーゾ・デ・ヴィジーリアの「聖アグネスと聖チェチリア」


P1520699
Maestro del Polittico di Corleone (15世紀後半)の「コルレオーネのサルヴァトーレ修道院の多翼祭壇画」


P1520702
トッマーゾ・デ・ヴィジーリアの「アブラーモと3天使」


P1520705
トッマーゾ・デ・ヴィジーリア工房の「福音書記者聖ジョヴァンニ」(1492)


P1520708
トッマーゾ・デ・ヴィジーリアの「バーリの聖二コラ」(1489)


P1520710
アントネッロ・ダ・メッシーナ(メッシーナ、1430c‐1479)の「受胎告知の聖母」(1473)


P1520711
この美術館を代表する傑作ですが、それ以上に西洋美術史に残る傑作です。


P1520713
これは何でしょうか?額縁?


P1520714
その説明板


P1520716
アントネッロ・ダ・メッシーナの「聖グレゴリオ」


P1520717
アントネッロ・ダ・メッシーナの「聖ジローラモ」


P1520720
マルコ・バサイティ(ヴェネツィア、1470‐1530記録)の「幼きリストを崇拝する聖母」


P1520722
次の展示室です。


P1520725
フランチェスコ・ランチッロット(フィレンツェ、1513‐1514記録)の「三位一体と受胎告知」
珍しいフランチェスコの作品がどうしてここにあるのか不思議です。


P1520730
Seguace del Maestro della Croce di Piazza Amerina の「十字架降下と聖ピエトロと聖パオロ」


P1520735
リッカルド・クアルタラーロ(シャッカ、1443‐1506)の「聖母戴冠」


P1520739
リッカルド・クアルタラーロの追随者の「彩色磔刑像」


P1520742
リッカルド・クアルタラーロの「聖母子のタベルナコロを崇める聖ロザリア」


P1520745
上の作品


P1520747
下の作品


P1520746
その説明板


P1520749
リッカルド・クアルタラーロの「聖ピエトロと聖パオロ」(1494)


P1520751
ニッコロ・ダ・ペッティネオ(ペッティネオ、1494‐1514記録)の「聖母子と音楽天使たち」(1498)


P1520755
Maestro della Pentecoste の「聖霊降臨」


P1520758
16世紀前半のシチリアの無名画家の「玉座の聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖トッマーゾ・アポストロ」


P1520762
アントネッロ・クレスチェンツィオに帰属する「聖母被昇天」(16世紀初頭)


P1520766
Maestro della Pentecoste の「ピエタ」(16世紀初め)


P1520768
アントネッロ・クレスチェンツィオの「聖母の昇天」


P1520772
アンドレア・サバティーニ・ダ・サレルノ?の「洗礼者聖ジョヴァンニ」、「福音書記者聖ジョヴァンニ」


P1520775
Maestro della Pentecoste の「聖ザッカリアと聖ジュゼッペとご訪問」


P1520779
アントネッロ・クレスチェンツィオの「ラッファエッロ作『カルヴァリオへの途』のコピー画」(1538)


P1520782
マリオ・ディ・ラウリート(ナポリ、1501‐1536記録)?の「聖トッマーゾの説教」


P1520785
マリオ・ディ・ラウリート?の「司教座の聖ドメニコ」


P1520788
アンヴェルサ派無名画家の「マギの礼拝」(16世紀初め)


P1520792
ドイツ・フランドル派無名画家の「受胎告知」(15世紀)


P1520795
16世紀初めのアンヴェルサ派無名画家の「十字架降下とマグダラのマリアとアリマテアの聖ジュゼッペ」


P1520798
16世紀初めのアンヴェルサ派無名画家の「マギの礼拝」


P1520801
16世紀初めのアンヴェルサ派無名画家の「マギの礼拝と聖パオロ・と聖ジャコモ・マッジョーレ」


P1520803
Adriano Isembrandt (Bruges, not. 1510-1551)の「聖母子」


P1520805
Maestro di Santo Sangue (Bruges, sec. 16 principio)の「聖母子と天使たち」


P1520808


P1520809
上の作品の説明板


P1520810


P1520811
上の作品の説明板
(つづく)

P1520478
展示の質と数において、シチリア最高の美術館がパレルモのシチリア州立美術館です。


P1520479
アバテッリス宮殿です。1


P1520481
宮殿の建物が美術館になってます。


P1520482
一般入館者は多くありませんが、小中学生の団体が比較的多いのが目立ちます。


P1520483
15世紀後半にフランチェスコ・アバテッリスが自宅として建築した宮殿です。


P1520484
美術館は1866年に開設されました。


P1520485
宮殿の入り口


P1520486
切符売り場


P1520487
入館しました。


P1520488
切符売場の前のロビーにある彫刻です。
15世紀後半の無名彫刻家の「聖母子」
パレルモのサン・フランチェスコ教会にありました。


P1520490
一旦、宮殿の中庭に出てから展示室に向かいます。


P1520491
美術館は1階と2階からなってます。


P1520493
1階が主に彫刻の展示で、2階が絵画の展示となってます。


P1520492
順番通りに1階から見ていきました。


P1520494
先ず彫刻の展示です。


P1520495
オッフィチーナ・パレルミターナ(15世紀後半)の「天使」
オッフィチーナとは、工場とか製作所、工房という意味ですが、他の美術館や博物館で見たことがありません。


P1520498
Maestro del Trionfo della Morte(15世紀) と弟子の「死(死神)の凱旋」


P1520499
この美術を代表する傑作と言われてます。


P1520501
オッフィチーナ・パレルミターナの「十字架」
パレルモのサン・フランチェスコ教会にあったそうです。


P1520503
オッフィチーナ・ディ・マラガ(13世紀末ー14世紀前半)の「壺」


P1520506
オッフィチーナ・パレルミターナ(15世紀末)の「ご誕生」


P1520509
ドメニコ・ガジーニ(ビッソーネ、1430c‐1492)の「授乳の聖母」


P1520511
フランチェスコ・ラウラーナ(ラウラーナ、1458‐1502記録)の「アラゴン家のエレオノーラの胸像」(1471c)
この作品も有名です。エレオノーラの胸像となってますが、アラゴン家のジャン・ガレアッツォ・スフォルツァの妻イサベッラの胸像と言われてます。エレオノーラ=イサベッラ?でしょうか。この辺がサッパリ分かりません。


P1520514
アントネッロ・ガジーニ(パレルモ、1478‐1536)の「受胎告知」


P1520517
アントネッロ・ガジーニ工房の「雪の聖母」(1516)


P1520520
アントネッロ・ガジーニの「アンザローニの祭壇」(1528)
パレルモのサンタ・マリア・デッロ・スパーシモ教会アンザローニ礼拝堂の祭壇です。


P1520523
アントネッロ・ガジーニの「聖母子」


P1520525
アントネッロ・ガジーニの「聖母子」


P1520529
アントネッロ・ガジーニの「聖母子」


P1520531
アントネッロ・ガジーニの「大天使ミケーレ」


P1520534
16世紀のロンバルドの無名彫刻家の「司教聖人」


P1520537
16世紀のロンバルディアの無名彫刻家の「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1520541
16世紀前半の無名彫刻家の「パドヴァの聖アントニオ」


P1520544
Maestro delle Storie di Santa Cristina (15世紀後半活動)の「聖ジローラモ」


P1520546
次の展示室です。


P1520547
これらが何なのかサッパリ分かりません。


P1520549
最下段のもの


P1520550
その説明板です。


P1520552
アントネッロ・ガジーニと工房の「タベルナコロの石板」


P1520554
ドメニコ・ガジーニと工房の「柱頭装飾」
パレルモのサンティッシマ・アンヌンツィアータ教会にあったそうです。


P1520557
アントネッロ・ガジーニの「聖母子」


P1520559
絵画が展示されている2階に向かいました。


P1520560
13世紀のシチリアの無名画家の「大天使」


P1520564
14世紀のシチリアの無名画家の「授乳の聖母」


P1520567
14世紀の無名画家の「磔刑」


P1520569
パラッツォ2階からの眺め


P1520570



P1520572
14世紀後半の無名画家の「三位一体と受胎告知と四音楽天使」


P1520575
ヤコポ・ディ・ミケーレ(ピサ、1371‐1391記録)の「聖ジョルジョ」、「聖アガタ」


P1520579
ジョヴァンニ・ディ・二コラ(ピサ、1358‐1360記録)の「授乳の聖母」


P1520581
リッポ・メンミ(1317‐1347記録)の「聖ピエトロ」


P1520584
リッポ・メンミの「聖パオロ」


P1520588
ニッコロ・ディ・マージョ(シエナ、1399‐1430)の「玉座の聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1520591
Maestro del Polittico di Trapani (15世紀初頭に活動)の「花の聖母」


P1520594
トゥリーノ・ヴァンニ(ピサ、1348‐1438記録)の「聖母子と聖人たちと天使たち」
保護ガラス板に対面のものが写ってしまうので、横から撮りました。


P1520596
14世紀後半の無名画家の「聖母子」


P1520600
14世紀後半のピサ派無名画家の「司教座の聖二コラ」


P1520603
14世紀後半の無名画家の「ピエタ」


P1520606
Maestro della Croce di Castelfiorentino (13世後半に活動)の「磔刑像」


P1520608
14世紀のヴェネトの無名画家の「聖母子と二聖人」


P1520611
ヴェネトの無名画家(13世紀末—14世紀初頭に活動)の「ラザロの蘇生」


P1520615
ヴェネトの無名画家(13世紀末—14世紀初頭に活動)の「キリストの復活」


P1520618
14世紀初頭のビザンチンの無名画家の「聖母子」


P1520621
バルトロメオ・ペッレラーノ(カモ―リ、1339‐1348記録)の「ウミルタの聖母」(1346)


P1520624
アントニオ・ヴェネツィアーノ(1370‐1388記録)の「聖母子」


P1520626
ジャコモ・セッラ(バルチェッローナ、1360‐1389記録)の「最後の晩餐」


P1520627
(つづく)

P1520443
サン・フランチェスコ広場にある面白い建物です。騙し絵が描かれています。


P1520442
サン・フランチェスコ聖堂の隣に教会のような建物があります。


P1520445
17世紀に建てられたOratorio dell'Immacolatella です。


P1520446
その隣にある建物、そうは言っても実際は続いてますが、それがサン・ロレンツォ礼拝堂(祈祷所)です。


P1520447
1569年、フランチェスコ会によって建設された礼拝堂です。


P1520448
この前を何度も通ったことがありますが、拝観するのは、この日が初めてでした。
1609年、メッシーナで数点の作品を仕上げたカラヴァッジョは、マルタ騎士からの復讐の危険を察知したのか、メッシーナからパレルモに逃亡したと言われてます。
パレルモで制作したのが、カラヴァッジョのシチリアにおける最高傑作とされる「ご誕生」です。「ご誕生」は、サン・ロレンツォ礼拝堂の祭壇を飾っていましたが、1969年10月16日の夜遅くにマフィアによって盗まれてしまいました。作品は現在も行方不明です。
現在、「ご誕生」があった祭壇には、作品のカラー写真が置かれています。
カラヴァッジョ・ファンの一人として、カラヴァッジョ所縁の地と言うことで、ここに来た次第です。


P1520450
ユニークな形をした鐘楼
この礼拝堂の見どころは、サン・フランチェスコ聖堂にも作品が7点あったジャコモ・セルポッタが1699年から1710年に制作したストゥッコ彫刻です。


P1520449
ジャコモはシチリアが産んだ後期バロック期の天才彫刻家です。この礼拝堂にある彼の作品が最高傑作と言われてます。


P1520452
毎日10時から18時までオープンしています。宗教活動は行われているようで、美術館としての扱いがされています。(拝観有料)


P1520451
10時を過ぎましたが、扉が開く気配がありません。


P1520453
イタリアではよくあることなので、驚きません。気長に待つことにしました。


P1520459
仕方がないので、暫し時間潰し。


P1520460
騙し絵がある建物の後ろにサン・ロレンツォ礼拝堂があります。


P1520454
未だ開きません。


P1520461
周囲をぶらぶら歩いて更に時間つぶし。


P1520466
遅れること30分強、漸く扉が開きました。


P1520462
臨時休館ではなくホッとしました。


P1520463
礼拝堂のキオストロ


P1520464
キオストロにおかれたジャコモ・セルポッタの胸像


P1520465
礼拝堂の入り口です。
中は写真不可でした。祭壇のカラヴァッジョ作品のカラー写真を撮るのも厳禁だそうです。カラー写真の写真撮影厳禁は納得できないと詰め寄りましたが、ダメなものダメということで、諦めました。
ということで、以下4点の写真は外部サイトから拝借したものです。(この写真は撮影OKだったから存在するわけです。日本人とみて侮られた?)


30


28
カラヴァッジョの「ご誕生」(1609c)


31
ジャコモ・セルポッタのストゥッコ彫刻


29
ジャコモ・セルポッタの作品


P1520468
後味が悪いサン・ロレンツォ礼拝堂の拝観でした。


P1520469
次は州立美術館です。


P1520470
2時間前に通り過ぎた教会です。


P1520471
次の交差点を右折しました。


P1520472
歴史的建造物です。


P1520476


P1520474


P1520475
公開はされていないようです。


P1520473
大分昔になりますが、一度見学したと思います。


P1520477


P1520478
突き当りを左折すれば美術館の入り口に出ます。


P1520479
美術館の建物が見えてます。


P1520481
Palazzo Abatellis


P1520483


P1520482
ここは小中学生などの団体で大体混雑しています。しかし、一般の入館者は殆どいません。


P1520484
州立美術館に付いては、別に取り上げる予定です。


P1520711
アントネッロ・ダ・メッシーナの「受胎告知を受ける聖母」
この美術館を代表する作品です。


P1520546


P1530001
外に出ました。シチリア美術の質はそれほど高くありませんが、この美術館は鑑賞に値する作品が数多くあるので、美術ファンにとっては必訪と思います。


P1530002
正午過ぎなので、教会の拝観は終わりです。


P1530003
突き当りに教会があります。


P1530004
何という教会でしょうか?


P1530005
中央駅近くの店で昼食を食べることにしました。


P1530006


P1530008
歴史的建造物?


P1530007
普通の建物でした。


P1530009


P1530010
この先に公園があり、その端に大きな教会があります。


P1530011
修道院の建物です。


P1530012
大回りしないとファサード側に出ることが出来ません。


P1530013


P1530014
近いように見えましたが、大回りをしたので1㎞以上歩いたと思います。


P1530015
サンティッシマ・トリニータ教会修道院です。


P1530016
入り口の門が閉まっていました。


P1530017


P1530018


P1530019


P1530021
パレルモで行きたい所は大体行きました。


P1530020
拝観できなかった教会が若干多かったけど、それは仕方がありません。


P1530023
昼食後、更に街歩きをしましたが、キリがないのでこの辺で終わりましょう。


P1530024


P1530025


P1530026
(おわり)

P1520343
サン・ロレンツォ祈祷所に行く前にサン・フランチェスコ聖堂に拝観するコニしました。先ほど来た道を戻ります。


P1520344
サンタ・マリア・ディ・ポルトサルヴィ教会を通り過ぎました。


P1520346
次の交差点を左折します。


P1520347
Via Paternostro


P1520348
この先に図書館があります。


P1520350
サン・ロレンツォ祈祷所に作品を残したカラヴァッジョですが、カラヴァッジョが逃亡の途中でパレルモに来たかどうかは、記録などが一つもなく定かではありません。


P1520351
サン・ロレンツォ祈祷所を通り過ぎて直ぐの所に聖堂があります。


P1520352
1235年創建、1255年に完成したゴシック様式のサン・フランチェスコ聖堂です。


P1520354


P1520355
創建以来、幾度となく地震に見舞われ、その度に修復を繰り返しました。1823年の地震によって大きな被害を受け、殆ど再建に近い大修復が行われました。また、第二次世界大戦でも大被害を受けました。
一見すると古そうなゴシック様式の建物ですが、よく見ると新しいことが分かります。


P1520439
ファサードのフレスコ画


P1520441


P1520458
1924年、教皇ピオ11世によってBasilica Minore に昇格しました。


P1520438
三廊式です。建築様式は創建以来、幾度なく修復を繰り返したので、ゴシック様式、バロック様式、新古典様式が垣間見える折衷様式となってます。


P1520358
左側


P1520357
右側


P1520359
天井は新しそうに見えます。


P1520360
主祭壇


P1520362
後陣の「磔刑像」(アンドレア・チャンチ作)


P1520363
右後陣の無原罪の御宿り礼拝堂です。
この聖堂の見どころの一つです。


P1520366
ヴィト―・ダンナの「無原罪の御宿り」(1772)


P1520367
精緻な装飾です。


P1520368
これらは、彫刻家ジョヴァンニ・バッティスタ・ラグーザ(生年不明―パレルモ、1727)の代表作(18世紀)です。


P1520369
天井は、アントニオ・グラーノ(パレルモ、1660c‐1718)の「聖母戴冠」


P1520370
新しそうな柱頭


P1520371
エッケ・ホモ(この人を見よ)礼拝堂


P1520372
イグナツィオ・マラビッティ(パレルモ、1719‐1797)の「鞭打ち」


P1520373
イグナツィオ・マラビッティの「カルヴァリオへの途」


P1520374
ジャコモ・セルポッタ(パレルモ、1656‐1732)の「La Fede」(1723)
ジャコモはシチリアを代表する彫刻家です。この聖堂に8点のジャコモの作品がありますが、彼の代表作と言われてます。


P1520377
礼拝堂の天井


P1520378


P1520380
ジャコモ・セルポッタの「La Mansuetudine」(1723)


P1520382
調べれば制作者等の詳細が分かると思いますが、調べる気が起きません。


P1520383


P1520384


P1520387


P1520388


P1520389
礼拝堂の床


P1520390


P1520391
右側廊


P1520393


P1520394
ジャコモ・セルポッタの「La Giustizia」(1723)


P1520396
ジャコモ・セルポッタの「La Verita」(1723)


P1520399


P1520400
ジャコモ・セルポッタの「La Carita」(1723)


P1520402
ジャコモ・セルポッタの「La Teologia」(1723)


P1520404
マドンナ・デッラ・ネ—ヴェ礼拝堂です。


P1520405
ドメニコ・ガジーニ(1420c‐1492)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P1520406
Sepolcro Alliata


P1520408
左側廊


P1520409
パドヴァの聖アントニオ礼拝堂


P1520410


P1520412


P1520416


P1520419


P1520420


P1520422


P1520423


P1520424
サン・フランチェスコ礼拝堂


P1520426


P1520428
ジャコモ・セルポッタの「L'Umilta」(1723)


P1520432
ジャコモ・セルポッタの「La Modestia」(1723)


P1520435


P1520437


P1520431


P1520457
外に出ました。


P1520455
(つづく)


P1520260
さて、2日目のパレルモです。


P1520261
朝食後、直ぐに街歩きに出発しました。この日の主な予定は、サン・ロレンツォ祈祷所と州立美術館に二か所に行くことでした。


P1520262
天気予報は一日中晴れ。予報通りの雲一つない快晴でした。


P1520263
先ずはサンタンナ教会(聖アンナ教会)です。


P1520264
綺麗な一角です。


P1520265
サンタンナ教会です。その隣の白い建物は旧サンタンナ修道院で、現在は現代美術館となってます。


P1520266
1606年に創建され、1632年に完成したバロック様式のChiesa di Sant'Anna la Misericordiaです。1639年に奉献されました。
1726年の地震によってファサードが崩壊、その後も度々地震に見舞われ、再建、修復を繰り返したファサードです。


P1520267
ファサードの彫刻がこの教会の見どころの一つとされてます。
ロレンツォ・マラビッティの「ピエタ」


P1520268
聖人たちの彫刻は、ロココ期の彫刻家ジャコモ・セルポッタ(1652‐1732)のデザインに基づき、ジャコモ・ペンニーノとロレンツォ・マラビッティによって制作されました。
これは「聖アンナ」です。


P1520269
「聖ジュゼッペ」


P1520271
「聖エリザベッタ」


P1520272
「聖ジャコモ」


P1520270


P1520273
幸いにも開いていたので拝観しました。


P1520274
三廊式、エジプト十字形、バロック様式の内部です。


P1520277
シチリアでは名前が知られた画家たちの作品が幾つかあります。


P1520276


P1520278
身廊天井の装飾はありません。


P1520279
主祭壇


P1520280
後陣の左右に翼廊があります。


P1520281
クーポラ


P1520283
カルロ・マラッタの弟子フィリッポ・タンクレディ(メッシーナ、1655‐パレルモ、1722)の「聖ディエゴの顕現する聖母子」(1704)


P1520284
礼拝堂天井のフレスコ画は、Guilliam Walsgart の「聖母の昇天」です。


P1520289
次の礼拝堂です。


P1520286
Guilliam Walsgaet の「無原罪の御宿り」(1631)


P1520290
ヴィンチェンツォ・ラ・バルベーラの「パレルモの町を祈願する聖ロザリア」(1627c)


P1520293
メルキオッレ・バッレージの「聖家族と聖アンナと聖ジョアッキーノ」(1596)


P1520296
右側廊


P1520299
磔刑の礼拝堂


P1520300
幾つかの作品があります。


P1520302
トッマーゾ・デ・ヴィジリアの「ピエタ」(1470)
1606年創建の教会に1470年制作のフレスコ画がある筈がないので、何処かにあったフレスコ画を移したものでしょう。


P1520303
詳細不明


P1520304


P1520305


P1520306
ヴィトー・ダンナ(パレルモ、1718‐1769)の作品です。
ヴィト―はシチリアで最も重要なロココ画家でした。


P1520307
ヴィト―・ダンナの「キリストの昇天」


P1520310
18世紀のシチリアの無名画家の「我に触れるな」


P1520311
パドヴァの聖アントニオ礼拝堂です。


P1520312
詳細不明


P1520314
詳細不明


P1520316
詳細不明


P1520317
修復中の礼拝堂が2つありました。


P1520318


P1520319
左側廊


P1520298
主祭壇前から見た出入口です。


P1520322
外に出ました。


P1520323
結構楽しめた教会でした。


P1520324
教会がある同じ広場にあるホテルです。


P1520326
チェントロに泊まるとすれば、このホテルはお勧めです。


P1520325
次はサン・ロレンツォ祈祷所です。


P1520327
マルタ島から逃亡してきたカラヴァッジョが制作した『ご誕生」がかってサン・ロレンツォ祈祷所の祭壇を飾っていました。


P1520328
1969年10月、カラヴァッジョの作品はマフィアによって盗まれてしまいました。作品はその後行方不明になっています。


P1520329
カラヴァッジョ所縁の祈祷所に一度行ってみようと思いました。実は、祈祷所に行くのは、これが初めてでした。


P1520330
祈祷所が開くのは午前10時なので、それまで少し時間潰し。


P1520331
ヴィットリオ・エマヌエーレ大通り


P1520332
雲がかなり出てきました。


P1520333


P1520334
広場です。


P1520335
マリーナ広場です。


P1520336
教会があります。


P1520345
サンタ・マリア・ディ・ポルトサルヴォ教会です。


P1520337
残念ながら閉まっていました。


P1520338


P1520339
この先は海に出ます。


P1520340
サンタ・マリア・デッラ・カテーナ教会です。


P1520341
この教会だけは拝観したいと思っていましたが・・・・・


P1520342
(つづく)

P1520179
噴水の向こうは、サン・ジュゼッペ・デイ・テアティーニ教会です。


P1520180
特徴あるクーポラです。


P1520181
シチリアの教会建築様式を見慣れてないので斬新な感じがします。


P1520182
クアットロ・カンティにやってきました。


P1520183
植民地時代の名残であるスペイン風バロック様式ですね。


P1520185


P1520187
一段目は噴水です。


P1520188
噴水は春夏秋冬を表してます。


P1520191
でも、私には各噴水の季節がサッパリ分かりません。


P1520193
二段目は歴代のスペイン総督像になってます。
イタリア統一に最後まで抵抗したシチリアですが、外国人支配時代の方を懐かしがっているのは何故なんでしょうか?パレルモにはスペイン総督像が沢山残ってます。


P1520192
三段目は、シチリアの守護聖人像となってます。


P1520190



P1520189
私の眼にはみんな同じように見えます。


P1520186
しつこく勧められましたが乗りませんでした。


P1520184
四面の統一性は非常に良いと思いますが、各面の個性に欠ける嫌いがあります。


P1520195
サン・ジュゼッペ・デイ・テアティーニ教会です。


P1520196


P1520194
ヴィットリオ・エマヌエーレ大通り


P1520197
次はPiazza Bologniです。


P1520198
広場はクアットロ・カンティの直ぐ傍にあります。


P1520199
Piazza Bologni です。
広場の入り口に立つのは、カルロ5世(1500‐1558)像です。
北イタリアの広場に立っている像と言えば、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世像、カヴール像、ガリバルディ像などイタリア統一の英雄が定番です。スペイン関係の立像を残して、イタリア統一の英雄像を立てない所に、北イタリアの友人は小面憎いと言ってました。


P1520202
Palazzo Alliata di Villafranca


P1520204
この日は開くことになってますが、閉まっていました。


P1520200


P1520203


P1520205
ヴィットリオ・エマヌエーレ大通り


P1520206
サンティッシモ・サルヴァトーレ教会です。


P1520207
開いているように見えますが、閉まっていました。


P1520208
創建は1072年でした。現在の建物は二代目となります。


P1520209


P1520210
道の右側に教会があります。


P1520211
旧サンタ・マリア・デッラ・グロッタ教会です。


P1520212
旧教会の建物は図書館として使用されてます。


P1520213
ドゥオーモにやってきました。


P1520214
でも何やら様子が変でした。


P1520215
警笛音を鳴らした消防車が到着しました。


P1520218
パトカーも到着しました。早速ロープが張られ立ち入り禁止に。


P1520216
修復工事中にボヤが出たようです。


P1520217
折角来たのに、参ったなあ。
でも仕方がありません。


P1520220
燃えないで良かった!


P1520219
外観を見て終わり。


P1520221


P1520222
大司教館


P1520223
ヴィットリア広場


P1520224


P1520225
ヌオーヴァ門が見えてます。


P1520226
ノルマン王宮


P1520227
様々な異民族に支配されたシチリアは、異文化が混じり合う独特な文化がシチリアの魅力ですが、ギリシャ、アラブ、ノルマン、スペインなどの異文化が苦手な私としては、イマイチです。


P1520228
苦手と言うよりもハッキリ嫌いです。


P1520229
門に行っても何もないのは分かっていますが、ドゥオーモの拝観が出来なくて時間が余ったので、暇つぶしに行きました。


P1520230
修復工事中でした。


P1520231
何か冴えませんなあ。
シエナの方が良いなあ。


P1520232
門を潜って、向こう側に出ました。


P1520233


P1520234


P1520235
ここまで来たならば、パラティーナ礼拝堂は必訪です。


P1520236


P1520238


P1520239


P1520240


26
拝観する価値があります。


27
モザイクだらけの内部です。


25
傑作、秀作の宝庫です。


P1520241
外に出ました。


P1520237


P1520242


P1520243
小雨が降ってきました。


P1520244
この時は、パレルモに2泊したのですが、オペラの公演はありませんでした。


P1520245
市場を経由してホテルに戻ることにしました。


P1520246
旧教会の建物はリストランテになってます。


P1520247


P1520251
市場にやって来ました。


P1520252
夕方なので大半の店が閉まっていました。


P1520253


P1520254
カルミネ教会でしょうか?


P1520255
「チントラの聖母」


P1520256
果物を買いました。日本の果物は高過ぎです。


P1520257
教会ですね。


P1520258
サンタ・クローチェ教会?
(つづく)


P1520092
この日は、ミラノ・リナーテ空港からパレルモに飛びました。


P1520093
搭乗口は前と後ろの2箇所でした。


P1520095
私は前方から搭乗しました。


P1520097
バスではなくて鉄道利用で中央駅に向かいました。


P1520098
パレルモ空港から鉄道に乗るのは初めてでした。定時運行でも時間がかかり過ぎ、その上、遅れもあるのでお勧めしません。


P1520099
車内はガラ空きでした。


P1520100
1時間20分ほどで漸く中央駅に到着しました。


P1520101
このような感じの建物が多いですね。


P1520102
ホテルに向かう前に、気になるバスの時刻を確認することにしました。鉄道よりも圧倒的にバスの方が便利なシチリアですが、バスで2度痛い目に遭っているので油断禁物です。


P1520104
新しいバスターミナルです。
日本と比べて、いい加減度が高いイタリですが、いい加減度が最も低い街はヴェネツィアでしょうね。ヴェネツィア共和国時代の精神が今でも生きていると思います。


P1520103
バス時刻が確認できたので、ホテルに向かいました。


P1520105
パレルモ中央駅の駅舎


P1520107
誰の騎馬像?


P1520108
ホテルはローマ通りに面してます。


despalmes
このホテルです。
イタリアのホテルの星の数は当てにはなりませんが、滞在中の快適さを優先して、このところ4つ星以上のホテルに泊まることを原則にしてます。多少費用は掛かりますが、あの世に金を持って行くことが出来ませんから節約しても無意味です。(そうは言っても100歳以上長生きしたらどうしよう)


P1520109
チェックインを済ませてから、街歩きの開始です。


P1520110
裏通りの足を踏み入れました。


P1520111
この通りは未だマシな方でしょう。シチリアに来ると、人々の貧しさを垣間見ることが屡ですが、わざわざ観光に来てまでもそれを見たくないという思いがあります。


P1520112
裏店を見ても仕方がないので、表通りに戻りました。


P1520113
通称”自転車通り”


P1520114


P1520115


P1520116
教会でしょうか?


P1520117
県庁舎だったような・・・・・


P1520119
Palazzo della Provinciaと書いてあります。


P1520118


P1520120
サントルソーラ教会です。


P1520121
ピエトロ・ノヴェッリ、アントニオ・マンノなどの18世紀の作品があるので、開いていたら拝観の予定でした。


P1520122
1662年の創建


P1520123
シチリア式?の鐘楼


P1520124
Via Maquedaです。この先にクアットロ・カンティがあります。


P1520126


P1520127
修道院の一部は修復工事中でした。


P1520129
市立歴史古文書館です。


P1520128
旧トレンティーノの聖二コラ修道院でした。


P1520130
16世紀に建設された旧修道院です。


P1520131
隣接する教会の方は未だ現役です。


P1520132
トレンティーノの聖二コラ教会です。


P1520134


P1520133
閉まっていましたが、元々碌な美術作品しかないのでパスするつもりでした。


P1520135
Via Maquedaを更に進みました。


P1520136
サン・カタルド教会です。


P1520137
大学の建物だったと思います。


P1520138
観光案内所


P1520141
聖カタルドと言う聖人は知りません。シチリアの教会はあまり聞きなれない聖人に奉献していることがあります。


P1520142
ベッリーニ広場


P1520143
マルトラーナ教会です。


P1520147
こちらの方が正式名称です。


P1520146


P1520148
サン・カタルド教会の後陣


P1520149
マルトラーナ教会の鐘楼の見学です。


P1520150
この柱頭は新しい?


P1520151


P1520152
この辺は古そう?


P1520155


P1520154


P1520156
もう一つ教会があります。


P1520160
1566年から1596年に建設されたサンタ・カテリーナ教会です。


P1520157
ベッリーニ広場の名称の由来となったベッリーニ劇場です。


P1520159
劇場は1726‐1742年に建設されました。


P1520158


P1520162
教会が開くのを待ちました。


P1520145
扉が開けられる筈の午後3時半をかなり過ぎても開く気配がありません。


P1520165
仕方がないので、拝観を諦めて隣のプレトーリオ広場に行きました。


P1520166
この広場近くに教会が三つあります。


P1520167
プレトーリアの噴水


P1520168
サン・ジュゼッペ・ディ・テアティーニ教会


P1520175


P1520169
天気が悪くなってきました。


P1520170
写真右は大学の建物でしょうか?


P1520171
この教会は?サンタンナ?


P1520172
廃ビル?


P1520176


P1520177
(つづく)

↑このページのトップヘ