イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: サン・ジミニャーノ


P1160867
中央礼拝堂です。


P1160868
主祭壇画はピエロ・デル・ポッライオーロの「聖母戴冠」(1483)


P1160869
ピエロの傑作です。


P1160870
中央礼拝堂の壁に描かれたフレスコ画が有名です。


P1160871
後陣への立ち入りが時々禁止されています。立ち入りOKの時は必ず入ってフレスコ画を見ないと、この教会に来た目的の一つが果たせないと思います。


P1160940
ベノッツォ・ゴッツォーリの「聖アゴスティーノの生涯」(1464‐65)が描かれてます。


P1160941
天井


P1160942
左の壁から紹介しましょう。


P1160943
保存状態はかなり良い方です。


P1160944


P1160945
私は、聖アゴスティーノの生涯について殆ど知らないので、各場面の意味が分かりません。


P1160946


P1160947
右の壁に移ります。


P1160948
教会で買い求めた本には各場面についての解説があります。


P1160949


P1160950


P1160951


P1160952


P1160953
天井


P1160954


P1160955


P1160956


P1160957


P1160958


P1160959


P1160960


P1160961


P1160962


P1160963
フィレンツェのメディチ・リッカルディ宮殿のマギの礼拝堂のフレスコ画と並んで、ゴッツォーリの傑作であり代表作でしょうね。


P1160964
ストリーは分かりませんが、フレスコ画の迫力に圧倒される思いでした。


P1160877
後陣の左側の礼拝堂です。


P1160878
エウカリスティア礼拝堂と呼ばれてます。


P1160881
祭壇画はマリオット・ディ・クリストファノ・ディ・ナルドの「ピエタ」(15世紀初頭)


P1160873
セバスティアーノ・マイナルディのフレスコ画(1487)です。


P1160874
前の写真の上にあるフレスコ画です。
これらはセバスティアーノ・マイナルディの「フラ・ドメニコ・ストランビの葬儀のモニュメント」です。


P1160886
これは回廊への入り口のところにあります。


P1160887
ティーノ・ダ・カマイーノの「玉座の聖母子」(1317‐18)


P1160889
ティーノのフレスコ画の横です。シノピエ?


P1160891
次は説教壇です。


P1160893
ルネサンス様式の装飾が施された大理石の説教壇(1524)です。


P1160894
説教壇上部のフレスコ画はヴィンチェンツォ・タマーニの作品です。


P1160895
説教壇下部のフレスコ画はマッテオ・エド・イザイアの作品


P1160897
説教壇の隣にフレスコがあります。


P1160901
この写真ならば位置関係が分かると思います。


P1160903
ベノッツォ・ゴッツォーリの「聖セバスティアーノ」(1464)


P1160902
裸体の身体に弓矢が刺さった状態で描かれるのが聖セバスティアーノの定番ですが、服を着た状態で描かれた聖セバスティアーノは非常に珍しいと思います。


P1160904


P1160905
次の礼拝堂です。


P1160906
リドルフォ・デル・ギルランダイオのフレスコ画(1511)


P1160909
リドルフォ・デル・ギルランダイオの「玉座の聖母子と聖ミケーレと聖アゴスティーノと聖モニカと聖ルチアとトレンティーノの聖二コラ」(1511)


P1160912
左側壁の最初の礼拝堂です。


P1160914
ヴィンチェンツォ・タマーニの「磔刑」


P1160920
左右の側壁にも描かれてます。


P1160921



P1160925
ファサードの裏側、祭壇に向かって左の礼拝堂です。


P1160926
フランチェスコ・デル・ブリーナの「ロザリオの聖母」(1586)


P1160931
「ロザリオの聖母」の下にもフレスコ画があります。その制作者はバルトロ・ディ・フレディです。


P1160965
修道院とをつなぐ回廊に出ました。


P1160966
回廊の壁にフレスコ画があったとされてます。


P1160967
しかし、今ではフレスコ画は殆ど残ってません。


P1160968
キオストロ


P1160972


P1160978


P1160970
残されているフレスコ画の状態は悪いです。


P1160971


P1160974
何が描かれているのか、よく分かりません。


P1160975



P1160980
詳細不明


P1160982
教会への出入り口


P1160981
出入り口上ルネッタの「聖母子」の浮彫


P1160983
非常に良かった!


P1160937


P1160985
外に出ました。


P1160988


P1160992
大満足で教会を後にしました。


P1160995
(おわり)

P1160783
突き当りに教会の身廊が見えます。


P1160790
サンタゴスティーノ広場です。


P1160785
広場に2つの教会が建ってますが、こちらはサン・ピエトロ教会です。


P1160787
サン・ピエトロ教会の先にサンタゴスティーノ教会の身廊があります。


P1160792
1280年創建、1298年に完成したロマネスク・ゴシック様式の建物です。


P1160987
奉献は1298年に行われました。その後、修道院が併設されました。


P1160990
創建以来、大掛かりな改修は一度も受けることなく、創建時の姿を今もほぼ留めていると言われてます。


P1160794
地味な感じがする外観です。


P1160795
ファサード側の出入り口が開いていることは稀で、通常は身廊側の出入り口から中に入ります。


P1160796
中に入りました。


P1160798
美術品の宝庫というべき教会です。


P1160797
単廊式で、左右の側壁に礼拝堂が設けられてます。


P1160799
木組みの梁の天井です。


P1160934
主祭壇を含めて、後陣に3つの礼拝堂があります。


P1160938
ファサードの裏にも礼拝堂があります。
ファサード裏の右側(この写真では左)の礼拝堂から右側の壁の礼拝堂を順々に見て回りました。


P1160801
最初はサン・バルトロ礼拝堂です。


P1160802
鉄製のフェンスに囲まれて見えにくいですが、ベネデット・ダ・マイアーノ制作の大理石で出来た祭壇です。


P1160808


P1160807


P1160803
サン・バルトロ礼拝堂のフレスコ画は、セバスティアーノ・マイナルディ(サン・ジミニャーノ、1460‐フィレンツェ、1513)によって描かれました。


P1160805
セバスティアーノ・マイナルディの「聖ジミニャーノと聖ルチアとバーリの聖二コラ」


P1160806
次の礼拝堂に行きましょう。


P1160812
右側の最初の礼拝堂です。


P1160811
ルネッタの「ピエタ」と、その下にある「聖母子と聖人たち」の制作者が違います。


P1160813
ヴィンチェンツォ・タマーニ(サン・ジミニャーノ、1492‐1530)の「ピエタ」


P1160815
ピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノ(フィレンツェ、1444‐1497以降没)の「聖母子と聖人たち」(1494)


P1160817
向かって左


P1160817
向かって右側


P1160818
裾絵です。


P1160819
向かって左側から順々に裾絵を見ました。


P1160820


P1160821


P1160824
バルトロ・ディ・フレディ(シエナ、1330c‐1410)の「ピエタのキリストと聖母と福音書記者聖ジョヴァンニ」(14世紀後半)


P1160826
詳細不明です。


P1160827
右側の2番目の礼拝堂です。


P1160828
リッポ・メンミによって描かれたフレスコ画です。


P1160829
かなり痛みがあります。


P1160830


P1160832
右側の3番目の礼拝堂です。


P1160833
トレンティーノの聖二コラの祭壇です。


P1160834
この礼拝堂のフレスコ画はヴィンチェンツォ・タマーニによって1529年に描かれました。


P1160836
シエナの彫刻家フランチェスコ・ヴァルダムブリーノ(シエナ、1363‐1435)の「聖アントニオ像」


P1160835
トレンティーノの聖二コラ


P1160837
聖ロッコ


P1160838
聖オノフリオ


P1160839
聖パオロ・エレミータ


P1160843
次はバロックの礼拝堂です。


P1160841
左右で制作者が異なります。


P1160842
リッポ・メンミの「マグダラのマリア」(右)
バルトロ・ディ・フレディの「聖人たち」(左)


P1160845
右側の壁にある祭壇画です。


P1160846
アンニーバレ・マッツゥオーリ(シエナ、1658‐ローマ、1743)の「シエナの聖カテリーナの神秘な結婚」(17世紀末)


P1160848
次は後陣の右の礼拝堂です。


P1160851
サン・グリエルモ礼拝堂です。


P1160854
礼拝堂の祭壇画はヴィンチェンツォ・タマーニの「聖母の誕生」(1523)です。


P1160852
礼拝堂の壁はフレスコ画で覆われてます。フレスコ画のテーマは聖母の生涯です。


P1160858
残念ながら落剝箇所があります。


P1160859
「聖母の誕生」


P1160860
「寺院への聖母の出現」


P1160861
「聖母の結婚」


P1160857
「聖母の死」


P1160849
次は主祭壇になりますが、この辺で一息入れましょう。


P1160850
(つづく)

P1170218
Museoから外に出たら夕方でした。


P1170219
日帰りの観光客が帰ったようで、広場は地元の人たちがいるだけでした。


P1170221
観光客が立ち去って、ドゥオーモは本来の信仰の場へと変わります。


P1170222


P1170220
静けさが戻った町の表情が大好きです。


P1170225
お気に入りの静けさが戻ったチェントロをあちこち回りました。


P1170227
チステルナ広場も静かでした。


P1170228
冬場は特に地元の人中心になります。


P1170229


P1170230


P1170233
この町で注意すべき点の一つが冬場の夕食です。宿泊客が少なく、地元の人たちだけではペイしないのか、その辺が良く分かりませんが、夜の営業を控えるレストランが意外に多いのです。観光客が多い昼間に営業する所が多いので、昼食をしっかり外で食べて、夜はホテルの自室で簡単に済ませる場合もあります。


P1170231
サン・ピエトロ教会にもう一度挑戦です。


P1170234
ドゥオーモ広場を経由


P1170235
今度行った時に、この門の正式名称を調べるつもりです。


P1170237
ここを通るのは、これで5回目でした。


P1170238
次を右折します。


P1170239
ゴミ箱が満杯


P1170240
この道を進めばサン・ヤコポ門に出ます。


P1170241
現代美術館はこの時間は既に閉館してました。


P1170243
その手前のサンタ・キアーラ教会はこの時間でも閉まっていました。


P1170244
Ex Chiesa ?


P1170245
次はサン・ピエトロ教会です。


P1170246
夕べのミサをやるために開けているでしょうか?


P1170247
残念! 閉まっていました。


P1170248
サンタゴスティーノ教会は開いていました。


P1170249
折角来たので、もう一度ざっと拝観しました。


P1170250
次は城塞です。


P1170251
サン・マッテオ通り


P1170252
右折して細い道に入りました。


P1170253
この道を進めばドゥオーモの横に出ます。


P1170255
14本も塔があるので、道が開けた場所では必ず塔が見えます。


P1170256


P1170257
中世の頃、塔の数が最も多かったのはアスティと言われてます。目的は何処でも同じで、見栄、自慢のためで、実用的ではなかったそうな。


P1170260


P1170262
グロッサの塔ですね。


P1170263
ドゥオーモの横を通り過ぎます。


P1170265


P1170267
城塞はもう直ぐです。


P1170268
写真右は城塞の壁です。


P1170270
見下ろした光景


P1170272
城塞の建物


P1170271
ここにワイン博物館があります。


P1170273
午後6時半まで開いていますが、冬場は休館です。


P1170274
城塞内は公園になってます。


P1170275
強いて言えばトイレがあることくらい。


P1170277
城塞は高い所にあるので、町の絶景ポイントがあります。


P1170278
城壁


P1170279


P1170280


P1170281
絶景ポイントからの眺め


P1170282


P1170283


P1170284


P1170286
階段を下って城塞を後にしました。


P1170288


P1170290
少し寒くなってきました。


P1170292


P1170293
次はワイン醸造所です。シーズンオフなので期待薄ですが。


P1170294
塔が見えるのは相変わらずです。


P1170297
勝手知ったる町なので、何処でも問題なく行けます。


P1170301


P1170303
もう一つのサン・フランチェスコ教会です。


P1170304
機能を停止した旧教会で、現在は鳥類博物館になってます。


P1170305
教会の下に門があります。


P1170306
Porta Quercecchio


P1170310
この付近の城壁は道路建設の際に取り壊され、門だけが残されてます。


P1170307
城壁外からの眺め


P1170309


P1170311
ワイン醸造所兼直売所


P1170317


P1170315
キリがないので、この辺で終わりにしましょう。


P1170331
(おわり)


P1170089
次はドゥオーモの拝観です。ドゥオーモとは教区教会のことを言うようで、教会の格付けとは関係が無いようです。サン・ジミニャーノのドゥオーモは参事会教会、且つ教区教会です。


P1170094
教会内部には優れたフレスコ画が沢山あって、美術好きにとっては至福の時を過ごせます。この時は、写真禁止でした。


P1170100
この時、撮ったのは教会の外から撮れる「受胎告知」だけでした。


P1170087
次はMuseo Civicoです。


P1170088
Museoの切符を買えばグロッサの塔にも上ることが出来ます。


P1170095
Museoは、現在市庁舎になっているポポロ宮の一部に設けられてます。写真は市庁舎の壁の紋章


P1170096
サン・ジミニャーノの紋章


P1170092
話が前後しますが、他の方のブログを拝見していたら、ドゥオーモ内部の写真が何枚も掲載されているのを目にしました。以前は写真撮影を規制する係員が何時も2人くらいいて、かなり厳しくチェックしていました。
その方のブログを見て、ドゥオーモ内部の写真が解禁されたかも知れないと思ったので、出来るだけ早い機会に再訪したいと考えてます。


P1170102
パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂も写真OKとなったそうな・・・・・
レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」は写真OKとなりました。(写真OKとなってから私は行ったことがありませんが、10月に行った友人からの情報です)


P1170103
案内板に従って進みます。


P1170104


P1170105
私が見た限りでは、この町を訪れる観光客の大半が日帰りですが、この町こそ泊まるべきと思います。


P1170107
切符売り場


P1170108
美術館は市庁舎部分から入館するのではなく、ポポロ宮の中庭の方から入ります。


P1170109


P1170110
ポポロ宮の中庭


P1170130
中庭にある14世紀の井戸


P1170131
入館する前にポポロ宮の壁に描かれたフレスコ画や紋章を見学しました。


P1170111


P1170113
グロッサの塔の鐘楼につけられていた鐘


P1170114


P1170115


P1170116


P1170118


P1170119


P1170121


P1170123


P1170125


P1170126


P1170128


P1170129
見ごたえがあります。


P1170132
階段を上って2階に向かいました。


P1170135
階段の壁にも紋章があります。


P1170136
左に進むと廊下があります。


P1170137


P1170138
フレスコ画がたくさんあります。


P1170139
「三位一体」


P1170140
廊下の突当りがMuseoの入り口です。


P1170143
二階廊下からの眺め


P1170144
この時は展示作品全点の写真を撮りませんでした。本来ならば美術館単独で取り上げるところですが、斯様な事情なので、撮った作品だけをここで紹介することにしましょう。


P1170146
タッデオ・ディ・バルトロの「玉座の聖ジミニャーノとその物語」(1401)
この作品は非常に有名です。


P1170148
ロレンツォ・ディ・ニッコロ・ディ・マルティーノの「玉座の聖バルトロメオとその物語」


P1170149
Maestro del !419 の「玉座の聖ジュリアーノと聖アントニオ・アバーテと聖マルティーノのポリッティコ」


P1170150
ロレンツォ・ディ・ニッコロ・ディ・マルティーノの「聖母子」(1402)


P1170152
ニッコロ・ディ・セル・ソッツォの「聖母子と4聖人のポリッティコ」(1340-50c)


P1170153
3階に向かいました。


P1170209
セバスティアーノ・マイナルディ(サン・ジミニャーノ、1466‐フィレンツェ、1513)の「玉座の聖母子と聖ジローラモとシエナの聖ベルナルディーノ」


P1170210
ピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノの「三位一体とキリストの物語」


P1170214
セバスティアーノ・マイナルディの「聖母子と2天使」


P1170212
ネーリ・ディ・ビッチの「聖母子」


P1170211
セバスティアーノ・マイナルディの「聖母子と聖ジョヴァンニーノと天使」


P1170216
バルトロメオ・ネローニ通称イル・リッチョの「聖母子と聖シジスモンドと聖ロッコ」


P1170217
アントニオ・マガーナの「聖家族」(1510‐15)


P1170154
グロッサの塔に上りました。


P1170208
現存する14本の塔のうち、最も高いのがグロッサの塔です。


P1170155
高さが54mあります。


P1170156
途中に鐘楼があります。


P1170158
218段の階段を上り切りました。


P1170160
この町の最高点からの眺めが素晴らしい!


P1170162
ここに上れなくなったらイタリアの旅から卒業します。


P1170165
エレベーターがないので自力で登ります。


P1170169
私一人でした。絶景を独り占め。


P1170170
風が弱かったのが有難かった。


P1170171
季節は早春でしたが、風が弱かったので寒くありませんでした。


P1170172


P1170176


P1170181


P1170185


P1170191


P1170196


P1170198


P1170199


P1170201


P1170205
(つづく)

P1170015
城壁外に出たものの特に見どころはありません。


P1170014


P1170012
主要な門だけは見ておこうと思っただけでした。


P1170016
サンタゴスティーノ教会からサン・マッテオ門に来るときに通ってきた道です。


P1170017
サン・マッテオ通りを進みました。他の道の選択肢がありません。


P1170018
サン・フランチェスコ教会に行きたかったのですが、そろそろ昼食時です。


P1170020
門が見えてきました。


P1170021
現存する塔は14本です。


P1170022


P1170023
この辺は何度も行ったり来たりしました。


P1170024
ドゥオーモ広場はまだ青空市をやっていました。


P1170025
昼食はドゥオーモ広場裏の有名店で食べました。


P1170028
郵便局も昼休みがあるんですね。絵葉書を出そうとしたら閉まっていました。


P1170026


P1170030
青空市が終わったらまた来ます。


P1170031


P1170033
細い道を通り抜けました。


P1170035
私好みの道です。


P1170034
Via Berignano


P1170036
サン・ジョヴァンニ通りに戻りました。


P1170038
サン・フランチェスコ教会です。


P1170059
一応案内板もあります。


P1170061
12世紀に建設されたロマネスク様式の教会です。


P1170062
開いているので拝観したい所ですが・・・・


P1170060
その隣の建物も何やら宗教施設に見えませんか?


P1170063
サン・フランチェスコ修道院だった建物です。現在は土産物屋になってます。


P1170039
実は教会の方もお店になっています。ファサードだけ見て満足するよりありません。


P1170042
街角のタベルナコロ


P1170044
サン・ジョヴァンニ門です。


P1170045
この日のお宿を通り過ぎ、翌朝のバス時刻の確認のため、城壁外へ。


P1170046
この日の朝、到着した時に確認すれば良かったのですが、コロッと忘れていました。


P1170047
門の横に鐘楼があるんですね。


P1170048
雲が出てきました。「グロッサの塔に午前中に上るべきだったか」(独り言)


P1170050
広場にある戦没者慰霊碑


P1170051
こうやって見ると城塞ですね。


P1170053


P1170055
バスの発車時刻と停留所を確認しました。


P1170056
高い城壁です。


P1170057
ホテルに戻って一休みしました。昼休み中なので人出が少なくなりました。


P1170058
再び外出


P1170064


P1170065


P1170066


P1170067


P1170069
バッグ屋さんで購入。


P1170068
そのバッグが意外にも重かった。仕方がないので、バッグを置くためにホテルに戻りました。


P1170070
こういった場合、ホテルに近いのが有難かった!


P1170072
青空市が終わったようです。


P1170071
これは午前中に見ました。


P1170073
後片付け中ですね。


P1170075
青空市のテントがなくなったので、広場に面した建物の写真を撮りました。


P1170074


P1170076


P1170077


P1170078


P1170080


P1170081


P1170083


P1170085
(つづく)

P1160737
次はサン・ヤコポ門です。


P1160736
Palazzo ○○の表示がありませんが、この辺の建物は歴史的建造物でしょうね。


P1160739
古い建物が大好きなので、左右をキョロキョロ眺めながら歩みを進めました。


P1160738
この道を歩いてみたいと思いましたが、道草は禁物です。


P1160740
見たい所をしっかり見るためには、行き当たりばったりではダメです。(苦い失敗を重ねた末の経験則)


P1160742
やはり予定通りが一番です。


P1160743
だって、その為に予定を組んだのですから。でも、予定表を見ない癖が治りませんね。時間をかけて出発前に予定を組んだにもかかわらず、それを見ないで行くのを忘れたとか、見逃したことが何度もあります。予定は気休めなんですね、予定を作っただけで満足してしまうのです。


P1160744
この道を歩きたい。でも我慢しました。


P1160745
あの建物のタベルナコロは見逃せません。


P1160746
ハト除けの金網が邪魔です。


P1160747
16世紀のシエナの無名彫刻家の「無原罪の聖母」
街角のタベルナコロ彫刻の中で傑作とされてます。


P1160748
左に折れればサンタゴスティーノ教会ですが、じっくり見るべき場所なので後回し。


P1160749
手前が旧サンタ・フィーナ教会で、現在はサンタ・フィーナ薬局です。その先(旗のある建物)は現代美術館です。


P1160751
入館したことがありますが、この町に現代美術は合ませんね。


P1160752
美術館の前は建物が途切れています。ここから塔が良く見えます。


P1160753


P1160754
Via Folgore


P1160755
古い教会があります。


P1160757
サン・ジローラモ教会修道院です。


P1160758
何時も閉まってます。


P1160761
入り口前の地面を見る限り、宗教活動は行っているように思います。ハトの糞が多ければ、大体活動を停止した教会のようです。


P1160759
その先にあるのはサン・ヤコポ門です。


P1160763
門と繋がっているのがサン・ヤコポ教会です。


P1160764
12-13世紀に建設されたロマネスク様式の教会です。


P1160765
門を潜って城壁外に出ました。


P1160767
門は丘の上にあります。


P1160768
この町のパノラマ・ポイントの一つとされてます。


P1160769
快晴でしたが霞んでいました。


P1160770


P1160771


P1160772


P1160773
サン・ヤコポ教会の後陣


P1160776
身廊外観


P1160777


P1160774
門の外から撮った塔


P1160775


P1160778
城壁内に戻りました。


P1160779


P1160780
次はサンタゴスティーノ教会なので、先ほど通った同じ道を戻りました。


P1160781


P1160783
突き当りがサンタゴスティーノ教会です。


P1160784
サンタゴスティーノ教会を拝観する前にもう一つ教会があるので、その教会を拝観することに。


P1160785
残念!開いていません。


P1160788
12-13世紀に建設された、ロマネスク様式のサン・ピエトロ・イン・フォルリアーノ教会です。


P1160789
拝観したかった教会です。


P1160787
2つの教会の位置関係がこの写真でお分かりいただけると思います。


P1160790
広場にある井戸


P1160793


P1160794
1280年から1298年にかけて建設されたロマネスク・ゴシック様式の教会です。


P1160987
この町の観光に於いて必訪の教会とされてます。


P1160991
通常、身廊側の出入り口が開いてます。
この教会については、後日「古寺巡礼」として別に取り上げます。


P1160988
サンタゴスティーノ広場


P1160998


P1160997


P1160994
次はサン・マッテオ門です。


P1160996
Via Cellolese


P1160999
サン・マッテオ通りに出ました。このまま進めばドゥオーモに出ます。


P1170001
振り返ればサン・マッテオ門です。


P1170002
門にある「聖母子」


P1170005
城壁の北の門になります。


P1170006
門を潜って城壁外に出ました。


P1170007
この門も丘上にあります。


P1170008


P1170010
ご覧のような風景が広がってます。


P1170009
(つづく)

サン・ジミニャーノ San Gimignano は、人口7,820人(2015年12月31日現在)のトスカーナ州シエナ県にあるコムーネです。
P1170344
バスで到着しました。


P1160661
同じバスに乗っていた人たちです。


P1170345
この光景を見ると、サン・ジミニャーノに来たのだ、と実感します。


P1160662
日帰りの観光客が殆どのようですが、私は例によって泊まります。


P1170343
チェントロの入り口サン・ジョヴァンニ門です。


P1170342
門を潜って城壁内に入りました。


P1160663
大きな荷物があっては町歩きどころではないので、身軽になるために、この日のお宿に向かいます。


P1160664
今回は、写真右のホテルにしました。


P1160665
部屋に入れるのは正午からでしたが、荷物を預かってもらい、身軽になることが出来ました。


P1160666
ベリニャーノ通り


P1160667
以前に泊まったことがあるB&Bですが、その時に生じた問題に懲りました。


P1160668
2月なので少々寒いものの、絶好の天気に恵まれて気分爽快でした。


P1160669
何度も来ているし、狭いチェントロなので私にとっては勝手知ったる町です。


P1160670
地図なしでも十分歩けます。


P1160671
パレストロ通り


P1160672
メインの通りに出ました。


P1160673
塔が見えました。


P1160674
写真左のお店がお気に入りで必ず買うことにしてます。


P1160675
買うのはイノシシのサラミ


P1160676
広場にやって来ました。


P1160677
Arco di Becci


P1160678
日陰は寒そうです。


P1160681
聖母子を発見!


P1160680
ロッビア工房スタイルですね。


P1160679
この町では予定が無いのが予定です。


P1160682
Arcoを潜ったのですが、やはり広場を見るのが順路というものです。


P1160683
広場に戻ることにしました。


P1160684
町角の作品としては秀作でしょうか?


P1160685
チステルナ広場です。


P1160686
青空市が立っていました。


P1160687
澄み切った青空に塔がよく映えます。


P1160689
広場に井戸があります。


P1160690
チステルナとは水槽とか井戸という意味で、広場の名称はこの井戸に由来してます。


P1160693


P1160694



P1160691
井戸広場からドゥオーモ広場に向かいました。まだ朝が早いので観光客の姿をあまり見かけません。


P1160695
ドゥオーモ広場


P1160698
この広場も青空市が立ってました。


P1160696
市庁舎とグロッサの塔


P1160697
高さ54mのグロッサの塔はこの町で最も高い塔です。


P1160699
ここは必見です。


P1160701
「玉座の聖母子と2聖人」のフレスコ画


P1160702
広場を挟んでドゥオーモの対面にあるBucaです。


P1160703
そこから見たドゥオーモ


P1160705
写真を撮るのは青空市が終わってからの方が良さそうです。


P1160706
サン・マッテオ通り


P1160707
門がありますが、サン・マッテオ門ではありません。


P1160708
門の名前はないようです。


P1160730
門を潜った先にサン・バルトロ教会があるので、サン・バルトロ門と呼ぶ人がいるそうです。


P1160709
サン・バルトロ教会です。


P1160729
1173年に建設されました。


P1160711
ロマネスク様式の外観は創建時の姿を今も留めていると言われてます。


P1160712
単廊式の内部です。


P1160728
左側壁


P1160727
右側壁


P1160714
近年修復されたのか、かなり新しく見えました。フレスコ画の痕跡さえもありません。


P1160720
15世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「磔刑像」(木製)


P1160716


P1160715


P1160718
詳細不明


P1160724
詳細不明


P1160722
詳細不明


P1160710
見どころはファサードだけでしょうか?


P1160731
外に出ました。


P1160732
午前中はどうしても教会巡りが中心になります。


P1160733
歴史的建造物でしょうが、説明板がありません。


P1160734


P1160735
(つづく)

↑このページのトップヘ