イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: サンセポルクロ

P1730262
ベルタの塔色場の先に鐘楼が見えてますが、ドゥオーモの鐘楼です。


P1740545
写真の右に写っているのがサンセポルクロ大聖堂です。


P1730489
創建以来、教区教会、つまりボルゴ・サン・セポルクロのドゥオーモでしたが、1520年、メディチ家出身の教皇レオ10世によって、ボルゴ・サン・セポルクロは独立した司教区に昇格となり、それと同時に司教座が置かれ司教座教会Cattedraleになりました。
1986年に行われた司教区の統合の際、サンセポルクロはアレッツォ・コルトーナ・サンセポルクロ司教区に組み入れられました。新司教座はアレッツォに置かれることになり、サンセポルクロのドゥオーモはそれに伴ってConcattedraleに格下げとなりました。
それとは別に、1962年、教皇ジョヴァンニ23世によってBasilica Minoreの叙されました。
と言うことで、正式名称はBasilica Concattedrale di San Giovanni Evangelistaです。


P1730488
10世紀、この地に建てられたサン・ベネデット修道院が前身です。11世紀初めに修道院の建物が取り壊され、1012年、1049年に完成したロマネスク・ゴシック様式の建物が現在の姿の原形です。
修道院はドゥオーモ建物に隣接して再建されました。


P1730491
創建時から四福音書記者に奉献されていましたが、1520年、教皇レオ10世によって司教座教会に昇格となり、それと同時に福音書記者聖ジョヴァンニだけに奉献することに改められ、現在に至ってます。


P1730490
17世紀にバロック様式に改修されましたが、1934年から1943年に行われた大修復工事の際、元の中世の姿に戻され現在に至ってます。


P1730492
入口の柱


P1730493
向かって右側の柱


P1730494
柱頭の装飾


P1730495
創建時の柱頭は殆ど残っていません。


P1730497
聖堂内部に入りました。


P1730499
翼廊がない三廊式の内部です。


P1730498
芸術作品が多い聖堂ですが、1807年、サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会からドゥオーモに移され、主祭壇を飾っていたピエロ・デッラ・フランチェスカの「キリストの洗礼」がないのが何とも惜しまれます。


P1730500
木組みの梁の天井


P1730502
主祭壇画は、ニッコロ・ディ・セーニャの「キリストの復活のポリッティコ」(1348c)です。


P1730505
ピエロ・デッラ・フランチェスカが「キリストの復活」を制作するに当たって、この作品を参考にしたと言われてます。


08resur1
これです。確かに似ていますね。


P1730507
「アレッサンドリアの聖カテリーナ」、「福音書記者聖ジョヴァンニ」


P1730509
「聖ベネデット」、「マグダラのマリア」


P1730513
ラッファエッロ・スカミノッシ(ボルゴ・サン・セポルクロ、1529‐没年不明)の「慈悲の聖母」


P1730518
天井の礼拝堂の彫刻(1682)


P1730522
ドゥランテ・アルベルティ(ボルゴ・サン・セポルクロ、1556?-1623?)の「羊飼いの礼拝」


P1730525
バルトロメオ・デッラ・ガッタ(フィレンツェ、1418‐1502)の「磔刑」


P1730532
サンティ・ディ・ティート(ボルゴ・サン・セポルクロ、1536‐フィレンツェ、1603)の「聖トッマーゾの不信」


P1730537
ロマーニャ派の無名画家の「玉座の聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナと聖トッマーゾ・ベケット」(1383)


P1730539
洗礼盤


P1730543
ロマーノ・アルベルティ(ボルゴ・サン・セポルクロで16世紀後半から17世紀前半に活動)の「磔刑」


P1730547
ラッファエッリーノ・デル・コッレの「キリストの復活」


P1730553


P1730554


P1730558
ペルジーノの「キリストの昇天」


P1730561
ルネッタとその下では制作者が異なります。


P1730566
ラッファエッリーノ・デル・コッレの「永遠なる父」


P1730568
パルマ・イル・ジョーヴァネの「聖母被昇天」(1602)


P1730571
アンドレア・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1435‐1528)の「タベルナコロ」


P1730575
14世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「聖母子」


P1730578
詳細不明


P1730510
一旦外に出ます。


P1730808
隣の司教館のロッジアに入ります。


P1730584
司教館と修道院を結ぶ回廊です。


P1730585
回廊の壁にフレスコ画があります。


P1730582
フレスコ画のテーマは聖ベネデットの生涯の物語です。


P1730580
落剝や退色が認められ、保存状態が良いとは言えません。


P1730581


P1730586


P1730587


P1730588


P1730589


P1730592


P1730593
回廊の天井


P1730594


P1730595


P1730597
回廊の途中にあるモナカート礼拝堂です。礼拝堂祭壇の下にピエロ・デッラ・フランチェスカの墓があります。


P1730599
詳細不明


P1730603
礼拝堂祭壇の左右にイコンがあります。


P1730606


P1730608
礼拝堂を出て回廊のフレスコ画に戻りました。


P1730609


P1730610


P1730611


P1730612


P1730613


P1730614


P1730615


P1730616


P1730617


P1730618


P1730619


P1730620


P1730621


P1730622
外に出ました。


P1730624
(おわり)

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今年最初の投稿は、昨年末に引き続きサンセポルクロ市立美術館の後編です。
P1730802
美術館のベランダからの景色です。


P1730803
一休みするには最適な場所です。


P1730806
美術館のこちら側も修復工事が行われていました。


P1730808


P1730809
一休み終了


P1730815
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「聖ジュリアーノ」
と言いたい所ですが・・・・・ 実は違います。


P1730816
ピエロのフレスコ画作品だけを集めたコーナーが建設中でした。


P1730819
「キリストの復活」はありましたが、立ち入りが制限されていて近付いて見ることが出来ません。


P1730820
コーナーの外から見ようとしても、途中の壁が邪魔していました。


P1730818
これではどうしようもない。


P1730821
横から何とか見ることが出来ました。
その他のピエロの2点のフレスコ画は多分、このコーナーの奥の方にあると思うのですが。


Piero_della_francesca,_san_giuliano
仕方がないので、外部サイトから作品画像を拝借します。ピエロ・デッラ・フランチェスカの「聖ジュリアーノ」


Piero_della_Francesca_-_St_Ludovico_-_WGA17634
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「聖ルドヴィーコ」


08resur1
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「キリストの復活」
今頃は工事が終わって、全部見ることが出来るのでしょうね。


P1730824
ミニバルド・イービ(ボルゴ・サン・セポルクロ、1475‐1548)の「聖ピエトロ」と「聖パオロ」


P1730826
「聖ピエトロ」


P1730827
「聖パオロ」


P1730836
ジュリアーノ・ダ・ピストイア(ピストイア、1480‐1529)の「救助の聖母」(1502)


P1730841
アンドレア・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1435‐1525)と工房の「聖母子」(1503)


P1730846
ポントルモ(1494‐1556)の「聖クインティーノ」


P1730850
ジョヴァン・バッティスタ・クンギ(サンセポルクロで16世紀に活動)の「受胎告知」(1547)


P1730853
16世紀の無名画家の「4聖人」


P1730855
「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1730856
「聖セバスティアーノ」


P1730859
「十字架を手にするキリスト」


P1730861
「聖バルトロメオ」


P1730864
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「ご誕生」(1485)


P1730870
これは問題の作品です。中央部分が欠けてますね。これを見ると悲しくなります。


P1730893
マッテオ・ディ・ジョヴァンニの「聖ピエトロと聖パオロの多翼祭壇画」です。ここに欠落した中央パネルについて一応書かれていますが、詳細には触れられてません。


02bapti1
欠落した中央パネルはこの作品です。
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「キリストの洗礼」です。現在、ロンドンのナショナル・ギャラリーにあります。多翼祭壇画から外され、何故イギリスに渡ることになったのか、その理由に納得できません。約170年前に起きたことなので、今さら言っても始まりませんが言いたいです。


P1740483
サンセポルクロのサン・フランチェスコ教会です。


P1740477
あの多翼祭壇画はサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会の主祭壇を飾るために注文されました。


P1740474
現在は活動が停止された旧教会になってます。


P1740485
1807年、多翼祭壇画はこの教会から取り外され、ドゥオーモに移されました。そして、1857年、当時の司教がイギリス商人に僅か2万3000ポンドで「キリストの洗礼」だけを売ったのです。
何故売ったのか、その理由は今となっては分かりません。ドゥオーモやサンセポルクロ市当局は、その理由を多分知っているに違いないのですが、恥と思っているのでしょう、触れられたくないようです。


P1730871
「聖ピエトロ」
件の多翼祭壇画に戻します。


P1730878
左端の聖人たち


P1730874
「聖パオロ」
欠落したままで見せられるのは辛いものがあります。ドウセなら、残った全部をナショナル・ギャラリーに売却して、完全な形で観たいものです。


P1730876
右端の聖人たち


P1730880
裾絵です。


P1730882
裾絵のテーマは「洗礼者聖ジョヴァンニの生涯」です。


P1730884


P1730887


P1730889


P1730891


P1730892
この作品の前に立つと「キリストの洗礼」がある姿が中々浮かびません。


P1730896
ジョヴァンニ・デ・ヴェッキ(ボルゴ・サン・セポルクロ、1537‐ローマ、1615)の「聖母の寺院への出現」(1570‐80c)


P1730900
ラッファエッリーノ・デル・コッレの「キリストの寺院への出現」


P1730905
ジョヴァンニ・デ・ヴェッキの「聖母の誕生」(1570‐80c)


P1730910
サンティ・ディ・ティート(ボルゴ・サン・セポルクロ、1536‐1603)の「ビアンカ・カッペロの肖像」


P1730916
アントニオとレミージョのカンタガッリーナ兄弟の「最後の晩餐」


P1730921
サンティ・ディ・ティートの「ピエタのキリストと2天使」


P1730924
サンティ・ディ・ティートの「グラウコとシッラ」(1580‐90c)


P1730930
17世紀の無名画家の「聖フランチェスコ」


P1730935
アゴスティーノ・シャンペッリ(フィレンツェ、1565‐1630)の「偶像の撲滅」(1618)


P1730940
サンティ・ディ・ティートの「受胎告知」


P1730945
アンドレア・ポッツォ(トレント、1642‐ウィーン、1709)の「インドの女王を改宗させる聖フランチェスコ・サヴェーリオ」(1690)


P1730951
サンティ・ディ・ティートの「教皇聖クレメンテ」(1592)


P1730955
サンティ・ディ・ティートの「エジプトへの逃避途中の休息」


P1730960
サンティ・ディ・ティートの「トレンティーノの聖にココラ」(1588)
これで終わりのようです。
しかし、ルーカ・シニョレッリの作品が展示されてません。


800px-Luca_signorelli,_crocifissione_di_san_sepolcro
これもお目当てでした。
ルーカ・シニョレッリの「磔刑」です。


800px-Luca_signorelli,_santi_eligio_e_antonio,_sansepolcro
この作品の裏面にもルーカの作品があるのです。


P1740454
ところがこの日の夕方、この教会に行ったのですが驚きました。


P1740367
何と何と、ルーカの作品が主祭壇にあるではないですか!!!


P1740375
サンセポルクロのサン・アントニオ・アバーテ教会の主祭壇画がルーカ・シニョレッリの「磔刑」だったのです。


P1740382
元々、この教会の主祭壇画でしたが、取り外されて市立美術館で展示されていましたが、何時の間にか元の場所に戻されていました。ビックリです。
流石に裏面を見ることは出来ないようでした。


P1730964
主要作品をもう一度見ました。


P1730969
同じように見えても美術館は行く度毎に違います。


P1730971
どのように変わっているのか、それを知るのも楽しみの一つです。


P1730981
楽しかった!!!!


P1740536
(おわり)

2016年の最後の投稿です。
P1730460
サンセポルクロのニッコロ通りです。この先に市立美術館があります。


P1730471
Palazzo della Residenzaです。


P1730979
市立美術館が設けられているパラッツォは工事中でした。


219
工事中でないときの写真を掲載しましょう。


222
この建物は14世紀後半から15世紀前半にボルゴ・サン・セポルクロを支配していたマラテスタ家によって1456年に完成した旧マラテスタ宮です。
市立美術館として使用されるようになったのは1975年からです。


221
このところ少しづつ展示作品が変わっていると思います。


P1730978
ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品が4点展示されています。


P1740047
私が大好きなルーカ・シニョレッリの作品も展示されているので楽しみです。


P1730638
これは非常に興味深い作品です。
アンジェロ・トリッカ(サンセポルクロ、1817‐フィレンツェ、1884)の「ルーカ・パチョーリの幾何学の説明に対して意見を言うピエロ・デッラ・フランチェスカ」
ピエロ・デッラ・フランチェスカは、当時一流の数学者で、数学の専門書を数冊出版しています。ルーカはピエロの数学上の一番弟子です。因みに絵画上の一番弟子はルーカ・シニョレッリです。
二人のルーカがピエロの弟子だったわけです。


P1730641
ジュリアーノ・ダ・ピストイア(ボルゴ・サン・セポルクロ、1480‐1527)の「聖母子と4聖人と2天使」


P1730645
クリストフォロ・ゲラルディと工房の「幼きキリストへの崇拝」(18世紀)


P1730648
ジョヴァンニ・デル・レオーネ(16世紀に活動)?の「Pellegrinaggio della Compagnia del Crocifisso a Loreto in Occasione della peste del 1523」(16世紀前半)


P1730654
フェデリーコ・ゾイ(サンセポルクロで18世紀に活動)の「エジーディオの巡礼」


P1730657
フェデリーコ・ゾイの「アルカーノの巡礼」


P1730661
アンジェロ・トリッカの「ピエロ・デッラ・フランチェスカ」(1875)


P1730675
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「慈悲の聖母の多翼祭壇画」(1445‐1462)
サン・セポルクロのミゼリコルディア教会にありました。
主要部分が3つに分けられて展示されていました。


Polittico%20intero%20scontornato
全体の配置はこうなります。


P1730811
欠落パネルが一つもなく、全パネルが揃っているので、こうして展示して欲しいと思います。


P1730673
中央の「慈悲の聖母」
フォルリで開催された「ピエロ・デッラ・フランチェスカ展」には、このパネルだけが貸し出されていました。


P1730665
「聖セバスティアーノと洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1730669
「福音書記者聖ジョヴァンニとシエナの聖ベルナルディーノ」


P1730700
頭頂部と裾絵が一緒に展示されていました。
違和感がありました。
工事中の一時的な措置なのか、その辺が良く分かりませんが、多翼祭壇画の全体像が分かっていないと、これだけ見せられても困りますね。


P1730681
極め付きはこの展示です。左端と右端だけが一緒に展示されていました。


P1730686
左端部分


P1730689
左端の裾絵


P1730682
右端の「聖人たち」


P1730685
右端の裾絵
次は頭頂部の各パネルです。


P1730702
「磔刑」
上部に切断されたような跡が残されています。切り取られてパネル毎に展示されたことがある?


P1730708
「聖ベネデット」と「受胎告知する大天使ガブリエーレ」
これらも切断された痕跡?があります。


P1730705
「受胎告知される聖母」と「聖フランチェスコ」
次は裾絵です。


P1730712
「我に触れるな」


P1730714
「復活してキリストによって空になった棺」


P1730715
「キリストの埋葬」


P1730718
「キリストの鞭打ち」


P1730719
「ゲッセマネ園での祈り」
これで全パネルになります。


Polittico%20intero%20scontornato
もう一度全体の配置図を見ないと各パネルの位置が分かりませんね。


P1730678
ジョヴァン・バッティスタ・メルカーティ(サンセポルクロ、1610‐1637活動)の「無原罪の御宿り」


P1730692
パッシニャーノ(1559‐1638)の「磔刑」(17世紀初頭)


P1730696
17世紀の無名画家の「最後の晩餐」


P1730722
レアンドロ・バッサーノ(バッサーノ・デル・グラッパ、1557‐ヴェネツィア、1622)の「マギの礼拝」


P1730727
ジョヴァン・バッティスタ・メルカーティに帰属する「悔悛のマグダラのマリア」(17世紀)


P1730730
ジュリアーノ・アマディ?の「ユディト」(15世紀)


P1730734
詳細不明


P1730737
詳細不明


P1730740
14世紀の無名画家の「トレンティーノの聖二コラ」


P1730743
14世紀の無名画家の「聖フランチェスコ」


P1730746
14世紀の無名画家の「受胎告知」


P1730751
14世紀の無名画家の「聖キアーラ」


P1730756
14世紀の無名画家の「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1730753
詳細不明


P1730760
14世紀の無名画家の「聖母子と聖アントニオ・アバーテとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P1730765
アントニオ・ダ・アンギアーリに帰属する「聖母子と聖人たち」(15世紀前半)


P1730768
16世紀の無名画家の「聖セバスティアーノ」


P1730774
ニッコロ・ディ・アーニョロ・デル・ファンティーノの「La Giustizia」(1441)


P1730777
14世紀の無名画家の「アレッサンドリアの聖カテリーナの生涯のエピソード」


P1730781
フレスコ画の下絵(シノピエ)


P1730784


P1730788
14世紀の無名画家の「聖アメリアの生涯のエピソード」


P1730792
14世紀の無名画家の「聖母子と2聖人」


P1730796
15世紀の無名画家の「聖母子」


P1730799
15世紀の無名画家の「聖母子と聖アントニオ・アバーテ」
(つづく)

皆様、本年も有難うございました、感謝に堪えません。
9月下旬にこちらのサイトに引っ越しさせて頂きましたが、慣れぬことゆえ、数々の不都合が生じてしまいました。お詫び申し上げます。
来年もどうぞよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください。

P1740465
次はサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会です。


P1740467
色々と考えせられる教会です。


P1740468
その理由について後で詳しく書くつもりです。


P1740469
突き当りを左に曲がれば教会の筈ですが・・・・・


P1740470
持っている地図を見ないで、相変わらず自分の土地勘で動いているので、道に迷ったかと思いました。


P1740466 
土地勘は正しかった! 鐘楼が見えてきたので大丈夫です。


P1740471
着きました。


P1740472
開いている確率は1%以下と思っていましたが、予想通り閉まっていました。


P1740473
1126年の文書に、この教会の存在が記されてます。1381年、現在のファサードの姿に改修されました。


P1740474
旧教会というわけです。市当局の所有になって展示会場に転用されていれば、中に入れるかもしれないと淡い期待を抱いてました。
1381年、アントニオ・ピッコーニが描いた「洗礼者聖ジョヴァンニの説教」のフレスコ画が見たかったのです。


P1740476
レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」のコピーしたステンドグラスも中にあります。そして、ピエロ・デッラ・フランチェスカの「キリストの洗礼」についても触れられてます。


P1740477
この説明板が教会の壁にあります。


P1740478
英語の方が分かり易いでしょうか?
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「キリストの洗礼」ですが、この教会のためにマッテオ・ディ・ジョヴァンニと共同で制作した多翼祭壇画の中央パネルでした。
その多翼祭壇画は、1807年、この教会からサンセポルクロ大聖堂に移され、大聖堂の主祭壇を飾るようになりました。
ところが、1857年、イギリス商人が大聖堂を訪れ、中央パネルのピエロの作品だけを2万3千ポンドで買い上げたのです。ピエロの「キリストの洗礼」は、1861年からロンドンのナショナル・ギャラリーで展示されてます。
事実だけを簡単に書くと以上の通りですが・・・・


02bapti1
ピエロ・デッラ・フランチェスカの「キリストの洗礼」
その多翼祭壇画ですが、ピエロの中央パネルが欠けた状態で、サンセポルクロ市立美術館で展示されてます。


P1730868
これが、件の多翼祭壇画です。中央パネルが欠けた無残な状態です。中央パネル以外はマッテオ・ディ・ジョヴァンニによって描かれました。


P1730893
中央パネルだけを売った経緯について、知りたいと思いますが、市当局がこの事実を恥と考えているのか、その辺が分かりませんが、奇妙なことに臭いモノに蓋の姿勢があるや、に思います。


P1740479
斯様な事実を知ると、ファサード前に置かれた花が何となく侘しげに見えてしまいます。


P1740481
ルネッタ上の浮彫り
それにしても、何故売ったのでしょうか?その売却は誰の責任で決定したのでしょうか?その売却益の使途は?2万3千ポンドは安過ぎですよね。
こうやってイタリアの国家の宝というべきものが失われるのですね。


P1740482
サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会の先にも別の教会があります。


P1740483
この教会も閉まっていました。


P1740486


P1740488
旧サンタ・マリア・マッダレーナ教会です。


P1740485
ファサードにプレートがあります。


P1740487
タバコ栽培の事務所?


P1740489
人口に比べると教会の数が過剰なので、維持管理が大変ということで機能停止の教会が増えるのは時代の流れでしょうね。


P1740491


P1740492
これでサンセポルクロで見たかったところは大体行ったようです。


P1740493
夏至近くなのでまだ明るいですが、もう夕方です。


P1740494
もう急ぐ必要はありません。ぶらぶらと歩みを進めました。


P1740496
そうだ、この通りを忘れていた。


P1740497
ピエロ・デッラ・フランチェスカ通りです。


P1740498
この通りのどこかにピエロの工房があったようで、その場所は特定されてないのですが、それに因んで通りの名称が変えられたそうです。


P1740500
工房が何処だったのか知りたくて探しましたが見つからず。


P1740501
地元の専門家が見つけられないので、素人の私が工房の痕跡を探すこと自体が無理でした。


P1740499
教会らしき建物です。


P1740504
ピンク色の鐘楼は珍しい。


P1740505
ファサードの方に回りました。


P1740512
この教会の存在を失念していました。


P1740511
1272年に建設されたサンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会です。今の建物は二代目のものです。


P1740514
行くべき場所にリストアップしておきながら、忘れていたのはお粗末でした。残念ながら扉が開いてません。


P1740515
ここに書かれているようにマッテオ・ディ・ジョヴァンニの三翼祭壇画(1491)があるのです。


P1740510
これで3連敗ですが仕方ありません。


P1740513
イタリアの旅はこんなものと諦念を抱いてますから。


P1740507
教会の近くにある歴史的建造物です。


P1740508


P1740517
突き当りの柱廊がある教会は午前中に拝観しました。


P1740518
写真右の建物が面白そう。


P1740519
スグラフィート装飾でしょうか?


P1740520


P1740516
20世紀初めに建設された旧マッソニーコ寺院だそうです。


P1740522
実は未だサンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会の直ぐ傍でした。


P1740523
夕食までかなりの時間があるので、暇つぶし。


P1740524
この日の翌朝は教会巡りの予定でしたが、見たい所は既に見たので、乗車予定よりも早い時間のバスでアンギアーリに行けそうでした。


P1740525
この道は見覚えがあります。午前中に通った道?


P1740527
突き当りを右に折れました。


P1740528
歴史的建造物です。


P1740529


P1740526
ちょっと裏道へ。


P1740531


P1740532
写真右の工房で暫し見学。美術品の修復工房です。15世紀末の聖会話の作品を修復中でした。


P1740534
広場に戻ってきました。


P1740536
地図なしで歩ける、と自信がつきました。


P1740537
夕方も良い雰囲気です。


P1740539


P1740538


P1740540


P1740541
これをやっておくと、後で写真整理をするときに役立ちます。


P1740542
小さい頃は記憶力が良かったのですが、今ではボケ老人の仲間入り。帰国したら、ころっと忘れてしまいますから。


P1740543


P1740544


P1740548
ドゥオーモ


P1740550
メディチ家の紋章


P1740552
歴史的建造物です。


P1740553


P1740554
これはかなり有名な建物です。


P1740555


P1740556
前の建物と繋がっているように見えますが、別の建物です。


P1740557


P1740559
出発した場所に戻ってきました。


P1740560
塔の下部にタベルナコロがあります。


P1740562
これです。


P1740565
迂闊にも、元々乗車予定だったバスの時刻しか確認していませんでした。予定を早めることが出来るので、早い時間のバス時刻を確認に行きました。


P1740567
ドジばっかり!


P1740570


P1740571
この先がバスターミナルです。


P1740574
バスの時刻を確認しました。


P1740573
やれやれ、これで安心。


P1740578
キリがないので、この辺で終わりにしましょう。


P1740582
(おわり)

P1740279
サンタ・マルタ教会です。


P1740280
こじんまりした普通の教会に見えますが、美術好きにとっては魅力溢れる場所です。


P1740346
教会と繋がった建物があります。


P1740281
こちらです。


P1740282
旧カップッチーネ修道院です。この修道院の一部が教会です。つまり修道院付属の教会で、修道院の方が主でした。


P1740278
身廊側の扉が開いていました。


P1740285
17世紀に建設された単廊式、バロック様式の内部です。


P1740287
意外と言っては失礼ですが、鑑賞に値する作品を幾つか保有してます。


P1740286
右側壁


P1740288
スッキリした後陣


P1740289
装飾なしの天井


P1740290
16世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「磔刑像」


P1740296
ジョヴァンニ・バッティスタ・テンぺーり作のノーミ礼拝堂(1622)


P1740298
トスカーナの無名画家による「十字架と聖母と聖フランチェスコと福音書記者聖ジョヴァンニ」(15世紀末―16世紀初頭)


P1740304
これが見たくてここに来た、と言っても過言ではありません。


P1740306
スピネッロ・アレティーノの「玉座のマグダラのマリア」(1395‐1400)


P1740325
その裏面にも描かれてます。
スピネッロ・アレティーノの「キリストの鞭打ち」(1395‐1400)


P1740312
マッテオ・ランチージの「十字架と聖母と福音書記者聖ジョヴァンニ」(1652)


P1740314


P1740319
ピエトロ・ディ・ジョヴァンニ・ダンブロージョ(シエナ、1410‐1449記録)の「アレッサンドリアの聖カテリーナ」(1444)


P1740332
その裏面にも描かれてます。
ピエトロ・ディ・ジョヴァンニ・ダンブロージョの「磔刑」(1444)


P1740339
ジョヴァンニ・バッティスタ・テンぺーリ作のカンタガッリーノ礼拝堂(17世紀前半)


P1740341
16世紀のフィレンツェの無名工芸家の「聖母子と2聖人」(彩色テラコッタ)


P1740343
満足でした。


P1740338
ファサードの裏にも作品があります。


P1740294
詳細が不明ですが新しいものでしょう。


P1740347
外に出ました。


P1740349
サンタ・マルタ教会の直ぐ傍に別の教会があります。


P1740350
これです。扉が開いていたのでホッとしました。


P1740352
サンタントニオ・アバーテ教会です。


P1740358


P1740351
サンセポルクロに来た理由の一つがこの教会に来ることでした。


P1740359
この案内板には肝心なことが抜けてます。


P1740353
ウンブリア・ロマネスク様式の建物です。


P1740360
1345年に建設されましたが、その外観は創建時の姿を今なお留めています。


P1740354
ファサード


P1740355
入口扉上ルネッタの浮彫「祈るキリストと聖アントニオと聖ビアージョ」(1350)


P1740356


P1740365
身廊側扉上のルネッタにフレスコ画があります。


P1740366
「聖アントニオ・アバーテ」(詳細不明)


P1740367
中に入りました。お目当ての作品があったので、一安心です。


P1740370
18世紀に修復が行われたので、創建時の姿とは異なる内部です。


P1740369
単廊式のシンプルな構造です。


P1740372
装飾なしの天井


P1740371
喜び勇んで主祭壇の前に行きました。


P1740442
主祭壇と後陣


P1740443
これが見たかった。でも以前と同じで少々がっかり。


P1740449
ルーカ・シニョレッリの「Stendardo della Crocifission」(1502‐05)


P1740382
stendardo は軍旗や隊旗とか旗という意味ですが、宗教画美術の世界では表と裏の両面に描かれている作品を言います。
つまり、この作品の裏にも描かれているのです。
「少々ガックリ」と書いたのは、裏面を見ることが出来るようになっていなかったからです。


800px-Luca_signorelli,_santi_eligio_e_antonio,_sansepolcro
外部サイトから作品画像を拝借しました。これが裏面に描かれている作品です。
ルーカ・シニョレッリの「聖アントニオと聖エリージョ」(1502‐1505)
ここから脱線します。


P2170436
コルトーナのサン・ニコロ教会です。


P2170438
この教会にルーカ・シニョレッリの作品があります。


P2170469
その主祭壇を飾るのがルーカ・シニョレッリの作品です。


P2170472
実は、この作品もStendardoです。


P2170466
ご覧のように、ここでは表と裏の両面が見られるように、電動で作品が前方に出てくる仕掛けです。


P2170454
これが裏面に描かれたルーカ・シニョレッリの作品です。
作品右下に電動装置が見えます。


P2170456
これと同じ装置をサンタントニオ・アバーテ教会でも期待していたのですが・・・・
コルトーナの方はMuseoなので、この辺の差は仕方がないことかも知れませんが・・・・・
脱線をお詫びします、元に戻ります。


P1740447
ルーカの祭壇画の上のルネッタに描かれているのは、ラッファエッリーノ・デル・コッレの「父なる神と2天使」(16世紀)
次は教会内の他の祭壇画です。


P1740398
18世紀後半の無名画家の「聖フィリッポ・ネーリ」


P1740402
17世紀の無名画家の「聖チェチリアと2聖人」


P1740407
オモニーモ礼拝堂


P1740410
16世紀の無名画家の「カルミネの聖母」


P1740417
17世紀の無名画家の「マグダラのマリア」


P1740423
17世紀の無名画家の「マグダラのマリア」


P1740415
16世紀の無名画家の「アルベーロの聖母」


P1740430
15世紀のフィレンツェの工芸家の「聖アントニオ・アバーテ」(彩色テラコッタ)


P1740432
18世紀の無名画家の「ドゥランテ・アルベルティの『羊飼いの礼拝』の複製画」


P1740373
祭壇前から見たファサード裏側


P1740439
ルーカの作品をもう一度見ました。


P1740453
ルーカの裏面を見ることが出来ませんでしたが、大満足で外に出ました。


P1740457
欲張り過ぎは良くないですからね。


P1740458
さて、あの建物は開いているか?


P1740461
ここです。


P1740462
残念ながら閉まってました。


P1740460
全てが期待通りに上手く行くことなんてないですから。


P1740464
(つづく)

P1740165
サン・フランチェスコ教会の周囲を散策しました。


P1740166
この付近は、道路を作るために城壁が一部取り除かれてます。


P1740167


P1740168
城壁が取り壊されているのは、一部だけで大部分は残されてます。


P1740169
この付近は駐車場になってます。昼食を自宅で食べる人が多いようで、車がありません。


P1740170
この付近の城壁は16世紀中ごろにコジモ1世の命によって整備されたそうです。


P1740173
一周しましたが、特に見どころは無さそうです。


P1740174
観光客の便を考えてのことでしょう、普通教会が閉まる昼下がりでもサンセポルクロでは教会が開いてます。


P1740175
次はサン・ロッコ教会です。


P1740172
サン・ロッコ教会は、サン・フランチェスコ教会から僅か200mほどしか離れてません。


P1740177
身廊に面した通りを進みます。


P1740178
サン・フランチェスコ教会の鐘楼


P1740182


P1740183
午後の気怠い雰囲気が漂ってます。


P1740186
この建物に注目です。


P1740187


P1740189
車の先に見えているのがサン・ロッコ教会です。


P1740190
1554年に建設されました。


P1740193
見ておくべき作品が3点あります。


P1740191
こちらの方にも入り口があります。


P1740192
左右非対称の外観です。


P1740195
単廊式のこじんまりした内部です。


P1740240
左側壁


P1740239
右側壁


P1740241
後陣にフレスコ画の残骸みたいなものがあったと思いましたが・・・・


P1740202
主祭壇は13世紀に制作された磔刑像(制作者不明)


P1740204
磔刑像は扉によって格納されるようになってます。扉に描かれた天使


P1740206


P1740208


P1740211



P1740213


P1740215
レオナルド・クンジ(サンセポルクロ、?-ローマ、1569)の「聖セバスティアーノ」


P1740220
詳細不明のタベルナコロ


P1740222


P1740223
16世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「聖ロッコ」


P1740228
18世紀の無名画家の「聖ジャコモ・マッジョーレ、聖ジャコモ・ミノーレ、聖トッマーゾ」


P1740233
ラッファエッリーノ・ダル・コッレの「キリストの復活」(1524‐25)


P1740238
フレスコ画はどこにも見当たらず。


P1740201
祭壇前から見た出入口


P1740242
外に出ました。


P1740243
次は要塞です。


P1740244
ニッコロ通りの先に要塞があります。


P1740246


P1740247
道の突き当りに要塞が見えてます。


P1740248
メディチ要塞です。


P1740250
要塞の前に教会があります。


P1740251
現在は催事場になっている旧サンタ・マリア・デッラ・ミゼリコルディア教会です。


P1740252


P1740253
同じ道ばかりを歩いても詰まらないで、少し遠回りになりますが、要塞の壁に沿った道に入りました。


P1740254
違う道を歩いたものの、すぐにニッコロ通りに戻ってきました。


P1740255
要塞の壁


P1740258
ここには観光客が来ません。


P1740259
要塞の入り口です。


P1740257
要塞は非公開となってます。


P1740260
サンタ・マルタ教会が見えてますが、拝観を後回しにして要塞を見ることにしました。


P1740261
1500年にメディチ家の注文によってジュリアーノ・ダ・サンガッロが設計し、ジュリアーノの工事監督によって1502年から1503年に建設された要塞です。


P1740262
更に、1557年、トスカーナ公国のコジモ1世の命によって、要塞の拡張整備が行われ1560年に完成しました。


P1740263
現在の要塞の横に国道がありますが、その国道敷設の際、要塞の一部が取り壊されました。


P1740265
現在、要塞は個人所有の邸宅になってます。


P1740266
個人所有なので、一般には非公開というわけです。


P1740267
どのような経緯で個人所有になったのか、興味があります。


P1740268
どんな人が所有しているんでしょうね。


P1740269
要塞の周りを一周しましたが、面白いところは無し!


P1740273
要塞内に住むのは安全でしょうね。


P1740272
元に戻ってきました。


P1740271
要塞は刑務所に転用されるようですが、ここも整備すれば刑務所になれそうです。


P1740277
次はサンタ・マルタ教会です。


P1740276


P1740275
(つづく)

P1740007
お腹一杯、美味しくいただいた昼食でした。


P1740015
少々疲れ気味なのでホテルに戻って昼寝。一人旅だったので、この部屋だけと思われるでしょう。


P1740016
ところがこの部屋もそうなんです。


P1740014
この部屋も私の部屋。そうなんです、どうしたのか分かりませんが1人で5人用の部屋でした。


P1740017
居間が付いていたので、全部で4部屋、ベッドルームが3つ。翌朝の朝食の宿泊客の少なさから判断すると、混雑していたから、この部屋になったのではないようでした。


P1740024
20分程微睡んでから、外に出ました。


P1740023
酔いが程よく冷めて快適でした。


P1740025
2年前は、ワイン1本、水代わりのビールを飲んでも酔いを感じたことは稀でしたが、ここ1年はめっきり弱くなりました。


P1740026
と言うことで、ワインは量よりも質にしてますが、油断していると高価なものを持ってこられます。


P1740029
昼下がりなので人出が少ない。


P1740030
拝観を後回しにした、Museo Civico近くの2つの教会に行くことにしました。同じ道を通るのは味気ないので、遠回りしました。


P1740031
歴史的建造物です。


P1740032


P1740033
写真右の古そうな建物には説明板がありません。


P1740034
夏至が2日後でしたが、日陰では涼しい風が通り、肌に心地よかったことを覚えてます。


P1740035


P1740036
観光案内所で貰ったパンフレットによれば、この先に歴史的建造物があります。


P1740037
この建物です。


P1740038
17世紀では、それ程古い物ではありませんね。


P1740039
行った先々で、観光案内所に立ち寄って地図や各種パンフレットを頂戴してます。


P1740040
頂いた資料などで、その街の観光客に対する姿勢などが大体分かります。その点では、この街はベストの一つでしょうね。


P1740041
この先にMuseo Civicoがあります。


P1740042
この建物は午前中に見ました。


P1740043


P1740044
ここに来たら、ピエロの作品をもう一度見たくなりました。


P1740047
切符を買おうとしたら、係員が私の顔を覚えていたのです。午前中に見終らずに昼休みが来たので、午後に再入場の扱いを受けて無料で入館できました。


P1740049
ピエロの2作品を中心に見て、直ぐに退館しました。


P1740050
プレトリオ宮の裏側です。


P1740051
サン・フランチェスコ教会です。


P1740052
こちらはサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。2つとも開いていました。


P1740053
2つの教会の間に広場があります。


P1740054
広場に立つのは、数学者のフラ・ルーカ・パチョーリ像です。ルーカはピエロ・デッラ・フランチェスカの数学上に一番弟子で、レオナルド・ダ・ヴィンチに遠近法を教授したことで有名です。また、「複式簿記の父」と呼ばれてます。ただ、ルーカが師匠ピエロの未刊行の数学の著述を自分の著作物として出版して世に出た事実があるのです。


P1740056
著述の一部の盗作ではなくて、著述全部を自分の著作物として出版したのですから、彼の品性がどうだったのか、疑問があります。


P1740060
こちらから拝観することにしました。


P1740065
1258年創建、1321年に完成したゴシック様式の教会です。


P1740061
サンセポルクロは地震の多い土地で、建物は何度も崩壊しました。現在の姿は崩壊した石材を拾い集めて忠実に元の姿に組み直して出来たものです。


P1740063
入口扉上の浮彫


P1740066
中に入りました。


P1740068
1948年の地震によって大きな被害を受けたので、その後、大改修が行われました。新しく見えるのは、そのためです。


P1740067
単廊式の内部です。


P1740069
天井


P1740070
主祭壇


P1740071
装飾が殆ど施されていない後陣です。


P1740072
クリプタは施錠されていました。


P1740079
フランチェスコ・クッラディ(1570‐1661)の「無原罪の御宿りと天使たち」


P1740082
「パドヴァの聖アントニオ」


P1740083
ジョヴァンニ・デ・ヴェッキ(1537‐1615)の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」


P1740086


P1740092
ラッファエッロ・スカミノッシ(1529‐?)の「ベアート・ラニエーリ」


P1740095
アントニオ・ディ・パドヴァの「ロザリオの聖母」(彩色テラコッタ)


P1740097
詳細不明


P1740100
ラッファエッロ・スカミノッシの「天上の聖母子と聖カルロ・ボッロメオとベアート・ラニエーリ」


P1740106
詳細不明


P1740108
17世紀の無名画家の「教会博士との問答」


P1740116
17世紀の無名画家の「永遠なる父と聖人たち」


P1740122
祭壇前から見た出入口です。


P1740128
旧修道院です。


P1740131
修道院はパス


P1740130
こちらの方は学校だったと思います。


P1740058
次はサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。


P1740132
1518年創建のルネサンス様式の建物です。


P1740133


P1740135
ロッジア


P1740137
中に入りました。


P1740139
天井


P1740141
1694年の地震によって大きな被害を受け、暫く放置されましたが1899年から本格的な修復が行われたので新しく見えます。


P1740140


P1740143
傑作とされている主祭壇画


P1740148
ラッファエッリーノ・デル・コッレの「グラツィエの聖母」(1555)


P1740152
詳細不明の「磔刑像」


P1740154


P1740156
17世紀のフィレンツェの無名画家に拠る作品


P1740159
教会の構造図


P1740151
祭壇前から見た出入口


P1740136
(つづく)

P1730433
さてサンタゴスティーノ教会です。
1203年建設されたサンタ・マリア・アッスンタ教区教会が全身です。1555年、教会の名称が現在のサンタゴスティーノ教会に変更されました。


P1730434
現在の建物は、1771年から1785年に再建された二代目のものです。


P1730437
単廊式、バロック様式の内部です。


P1730436
左右の側壁に礼拝堂が設けられてます。


P1730435
天井
この教会の見どころは二点の祭壇画でしょう。


P1730440
ジョヴァンニ・チミーカ(1743‐1788)の「天上の聖母と聖人たち」


P1730444
アンニーバレ・ランチージの「受胎告知」(1762)


P1730447
ヴィンチェンツォ・キアッリ(1787‐1840)作のサンタ・リータ礼拝堂


P1730421
外に出ました。


P1730449
フィオレンティーナ門を潜って城壁外に出ました。


P1730450
この日の翌日にアレッツォ行のバスに乗るので、念のためバス発車時刻の確認をしました。


P1730452
フィオレンティーナ門近くのここがバスターミナルです。


P1730453
バスを待つ人々


P1730454
レプッブリカ広場


P1730455
城壁外は見どころが無いので、城壁の中に戻りました。この辺が城壁が撤去されてます。


P1730456


P1730458
この道の先にMuseo Civicoがある筈です。


P1730460
歴史的建造物が立ち並ぶ通りです。


P1730461
この建物がそうです。


P1730462


P1730463
歴史的建造物です。


P1730464
この建物が歴史的建造物です。


P1730465
スグラフィート装飾


P1730466
16世紀に建設されたPalazzo Muglioniです。屋根の下はフレスコ装飾でしょうか?


P1730469
これも歴史的建造物です。


P1730470


P1730471
あの建物に見覚えがあります。


P1730472
Museoの建物は工事中でした。


P1730473
でも開館していたので安心しました。


P1730474
Museoの入館を後回しにして、午前中は教会巡りを優先しました。


P1730475
Arcoです。


P1730476


P1730477
この辺が観光の中心地でしょう。


P1730478
ドゥオーモです。


P1730488
拝観しました。


P1730500
ドゥオーモは「古寺巡礼」で別途取り上げます。


P1730481
この建物の中に観光案内所があります。


P1730483


P1730482
塔のある建物が有名です。


P1730484
この建物です。


P1730485


P1730486
塔のある建物がもう一つあります。


P1730487


P1730623
この辺は見どころが沢山あります。


P1730622
Piazza Torre di Berta


P1730624
次は壁に沢山の紋章がある建物です。


P1730625
重厚な建物です。


P1730630


P1730629


P1730627


P1730626


P1730631
強い日差しでしたが、湿度が低いので快適でした。


P1730632
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会


P1730633
サン・フランチェスコ教会


P1730978
2つの教会の拝観を後回しにして、頃は良し、とばかりにMuseo Civicoに入館しました。


P1730971
Museo Civicoについては改めて触れることにします。


P1730968
非常に良かった!!


P1730980
ホテルに戻ることにしました。


P1730981
小さな美術館と侮って作品の写真を撮ることと鑑賞を同時にやったので、流石に疲れました。


P1730982
大きな美術館の場合、作品の写真を撮る日と鑑賞する日を分けてます。つまり2日にかけて2回入館します。


P1730983
ホテルで一休みしてから、隣の食堂で昼食の予定です。


P1730984


P1730988
(つづく)

P1730342
サンタ・マリア・デリ・セルヴィ教会の拝観です。


P1730283
単廊式、バロック様式の内部です。


P1730285
1255年に別の場所に建設された同じ名称の教会がありましたが、現在の建物は現在地に1294年に創建され、1382年に奉献されたものです。


P1730284
1717年ー1727年に内部は全面的に改修され、現在のバロック様式となりました。


P1730286
天井


P1730287
主祭壇


P1730290
クーポラ


P1730296
マッテオ・ジョヴァンニの「聖母被昇天」(1491)
酷い状態の作品です。


P1730300
マッテオ・ジョヴァンニの作品


P1730303
マッテオ・ジョヴァンニの作品


P1730312
マッテオ・ジョヴァンニの3つの作品はこのように別々に掲げられてます。しかし、元は「聖母被昇天と4聖人のポリッティコ」だったと考えられてます。多翼祭壇画の枠が破損したので別々のパネルで展示されているのでしょう。


P1730309


P1730315
詳細不明


P1730319
グイド・レーニの原画をもとにシモーネ・カンタリーニが制作した作品です。複製画とは違います。


P1730322
ポマランチョの「天上の聖母子と聖人たち」


P1730327
17世紀のフィレンツェの無名画家の「天上の聖母と聖カルロ・ボッロメオとベアート・ピッコロミーニ・デイ・セルヴィ」


P1730330


P1730332
モナンノ・モナンニ・ダ・モンテルキの「聖フィリッポ・べニッツィに顕現する聖母」(17世紀)


P1730337
制作者不詳の「磔刑」(17世紀)


P1730339
マッテオ・ジョヴァンニの作品が良かった!


P1730288


P1730343
外に出ました。


P1730341
次はサン・ロレンツォ教会です。


P1730345
教会はこのアーチの向こうにあります。写真右はサンタ・キアーラ修道院の建物です。


P1730346
鐘楼がある建物です。


P1730347
振り返れば、セルヴィ教会が直ぐ傍にあることが分かります。


P1730348
サン・ロレンツォ教会です。


P1730352


P1730351
1350年の創建ですが、現在の建物は1554年に建てられ、1556年に奉献された二代目のものです。


P1730350
柱廊付きのファサードが特徴です。


P1730354
単廊式、ルネサンス様式の内部です。


P1730379
ここは主祭壇画が有名です。


P1730380
主祭壇


P1730389
主祭壇画はロッソ・フィオレンティーノの「十字架降下」(1528)


Rosso_fiorentino,_deposizione_di_sansepolcro,_1528,_01
私の写真では不鮮明なので、作品画像を外部サイトから拝借しました。


P1730382
ラッファエッリーノ・デル・コッレの「永遠なる父」


P1730356
不思議なことに主祭壇画の複製画が礼拝堂祭壇を飾ってます。


P1730369
ヴィンチェンツォ・キアッリの「磔刑」


P1730372


P1730394


P1730400


P1730406
外に出ました。写真右の壁は城壁です。


P1730407
ロッソ・フィオレンティーノの傑作が見ることが出来て大満足でした。


P1730404
名残惜しいので、もう一度中に入って観ました。


P1730409


P1730410
旧サンタ・キアーラ教会です。


P1730412
教会の建物は催事場など市の多目的会場として使用されてます。


P1730413
この建物は少し新しい。


P1730414


P1730415
こちらの建物はどうでしょうか。


P1730416


P1730417
この日のお宿が見えます。


P1730419
教会巡りを続けます。


P1730420
次はサンタゴスティーノ教会です。


P1730422
違った道を歩かないといけません。


P1730424
教会は突き当りの門の手前にあります。


P1730425
鐘楼が見えました。


P1730426
サンタゴスティーノ教会の後陣


P1730428


P1730429
フィオレンティーナ門です。


P1730430


P1730431
サンタゴスティーノ教会のファサード
(つづく)

サンセポルクロ Sansepolcro は、人口15,884人(2015年12月31日現在)のトスカーナ州アレッツォ県にあるコムーネで、初期ルネサンスの巨匠ピエロ・デッラ・フランチェスカ所縁地として有名です。この街を訪れる大部分の観光客の目的はピエロ関連と言っても過言ではないと思います。
P1730223
駅に到着しました。FSではなくFCU(ウンブリア中央鉄道)の駅です。


P1730224
鄙びた感じの駅舎と駅前広場です。


P1730225
駅から1ブロック行けば城壁です。つまり、チェントロの直ぐ近くに駅があります。


P1730226
大きな荷物を引っ張っていては何もできないので、荷物をホテルに預けて身軽にならねばなりません。


P1730227
門が撤去されてありませんが、ポンテ門と呼ばれている場所です。ここからがチェントロになります。


P1730228
直ぐに教会の建物があります。


P1730230
サンタ・キアーラ修道院です。


P1730229
大きな荷物があっては拝観どころではありません。パス


P1730231
サン・グレゴリオ通りを北に向かって進みました。


P1730232
以前泊まったことがあるホテルがこの日のお宿です。


P1730233
ホテルへの道順は大体覚えていました。


P1730234
この建物に見覚えがありました。旧サンタ・キアーラ教会です。


P1730235
見覚えがある建物です。


P1730236
この先に16世紀に建てられた旧病院がある筈です。


P1730237
この日のお宿はここです。迷わずに来ることが出来ました。「俺はまだボケてない」


P1730238
ホテル併設のレストランです。お値段はお高くない、お味は普通以上でしょう。


P1730239
チェックインを済ませ、自室に荷物を置き身軽になったので、早速散歩に出発しました。


P1730240
ホテルの直ぐ傍に見どころが幾つあるのです。


P1730243
その一つがこれ。


P1730242
主祭壇画の「ピエタ」が傑作です。


P1730241
残念ながら、この日も閉まっていました。一体全体、何時開くのでしょうか?


P1730244
塔があります。


P1730245


P1730246
通りを挟んで、その向かいにも塔があります。


P1730247
この写真ならば、二本の塔があることがお分かりになるでしょう。


P1730249
塔が我が家という人がいるんですね。


P1730250
塔がある建物です。


P1730251
これを撮っておくと、後で写真整理の際、役立ちます。


P1730253


P1730252
広場に向かいます。大した距離ではありません、僅か200mほどです。


P1730254
通りの突き当りが広場です。


P1730255
この日は快晴でした。


P1730256
広場にやって来ました。


P1730259
ベルタの塔広場


P1730257
「ベルタの塔」です。


P1730260
塔がある建物はPalazzo della Pagiolaです。


P1730262
この広場に来ると、今サンセポルクロにいるのだ、と実感します。


P1730261
ドゥオーモなどがあるマッテオッティ通りの方は後にして、教会巡りを優先しました。


P1730263
教会美術の点では、この街は相当なものがあります。


P1730264
写真左の建物は歴史的建造物です。


P1730265
14世紀に建てられた旧孤児養育院です。


P1730266
通りの突き当りが行きたい教会ですが、その前に歴史的建造物があるので、それを見ておくことに。中には入れません。外観だけです。


P1730267
先ず写真左の建物です。


P1730268
この建物です。


P1730269
この街の有力貴族だったガッリ家の邸宅で、この街で現存する最古の建物の一つです。現在は賃貸アパートになってます。


P1730271
その向かいの建物も歴史的建造物です。


P1730272
こちらの方もガッリ家の邸宅でした。


P1730273
通りの先端、写真左先の建物も歴史的建造物です。


P1730274
この通りは14-15世紀の建物が立ち並んでます。


P1730275
サンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会です。扉が開いてます、安心しました。


P1730276


P1730278
簡素なファサード


P1730281


P1730280
シエナ派の巨匠マッテオ・ディ・ジョヴァンニのポリッティコがあります。


P1730279
(つづく)

↑このページのトップヘ