イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: チンクエ・テッレ

P1870275
モンテロッソ・アル・マーレは、5つの村の西端にある、人口1,464人のリグーリア州ラ・スぺツィア県にあるコムーネです。


P1870276
ヴェルナッツァ、レヴァントなどの分離集落があります。


P1870277
トンネルを通ってチェントロに向かいました。


P1870279
日差しは一瞬だったようで、黒い雲に空が覆われてきました。


P1870280
風が強くなると共に海が荒れてきました。


P1870281
FSの鉄道橋が海岸とチェントロの間にあります。


P1870282
見えている時計塔は、サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教区教会の鐘楼です。


P1870283
断崖絶壁が多く海水浴に不適な場所ばかりのチンクエ・テッレにあって、この砂浜一帯は海水浴場になってます。


P1870285
Torre Aurora


P1870286


P1870288
鉄道橋を潜りチェントロに入りました。


P1870289
ガリバルディ広場


P1870290
昼食後の昼休みの時間なので、気怠い雰囲気が漂う広場です。


P1870291
友人にDINKSがいますが、若いころから海外旅行にバンバン出かけ、国内に別荘を構えるなど派手な生活しています。子供がいないので、使える金が多いからできる訳です。考えてみれば、子供の養育には随分お金がかかりましたが、その費用がなければ私にもそのような生活ができたわけです。でも、子供がいて良かったとつくづく感じる昨今です。


P1870292
美術ファンにとって、チンクエ・テッレは殆ど見どころがないので、少々退屈でしょうね。


P1870293
私は、美術関係については全く期待していませんでしたが、海が荒れて、期待していた新鮮な魚料理を食べることが出来なかったのが残念でした。


P1870294
広場の中心に立つガリバルディ像


P1870295
次はサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会です。


P1870296


P1870298


P1870299
写真左手前がサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会です。


P1870300
13世紀に創建され、14世紀初めに完成したゴシック様式の教会です。


P1870330
奉献は1304年に行われました。黒と白の大理石を組み合わせたファサードは1307年に完成しました。


P1870302
バラ窓


P1870301
ルネッタ上の「キリストの洗礼」のフレスコ画


P1870287
鐘楼は、17世紀の地震によって倒壊したので、18世紀に再建されたものです。


P1870303
中に入りました。


P1870305
アンバランス!


P1870304
13-14世紀に建設されたにしては調和を欠いてます。


P1870306
17世紀に一旦バロック様式に改装されました。


P1870307
ところが1963年から1964年に行われた改修の際、元のゴシック様式に戻されました。そのため、バロック様式が一部残るネオ・ゴシック様式の内部なので、しっくりしないのです。


P1870308
1743年に制作された主祭壇


P1870311
18世紀の無名彫刻家の「ピエタ」


P1870315
ルーカ・カンビアーソの「ロザリオの聖母」(16世紀)


P1870317
17世紀のジェノヴァ派無名画家の「磔刑」


P1870319


P1870320
ルーカ・カンビアーソ派芸術家の「ロザリオの聖母」(16世紀)


P1870322
左側廊


P1870321
右側廊


P1870323
残念ながら優れた美術作品がないようです。


P1870324


P1870325


P1870329


P1870318
フレスコ画があったと思いますが、すべて塗りつぶされたようで真に味気ない教会です。


P1870331
外に出たら、小雨が降っていました。


P1870332


P1870333
まだ傘を差すほどではありません。


P1870335
ところが雨が急に強くなったのです。そうやら運が尽きたようです。


P1870334
次はサンタ・クローチェ祈祷所です。


P1870336
見えてきました。


P1870337
15世紀末に創建され、16世紀前半に完成したサンタ・クローチェ祈祷所です。


P1870338


P1870339
17世紀に現在の黒と白の大理石を使った縞模様のファサードが完成したそうです。


P1870340


P1870341
派手な感じがする内部です。


P1870343
左側壁


P1870342
右側壁


P1870349
主祭壇


P1870345
後陣の装飾


P1870350


P1870354


P1870352


P1870355
外に出たら土砂降り


P1870356
あの下で雨宿りをしたのですが、雨が弱まる気配がありません。


P1870357


P1870362
街歩きはもう無理です。


P1870364
この下に一時避難


P1870366
リオマッジョーレに戻ることにしました。


P1870368
濡れたついでに街歩きを再開。


P1870371


P1870372


P1870374


P1870375
小さなチェントロなので、これでほぼ全部見たことになります。


P1870378


P1870380
教会の身廊横を通ってガリバルディ広場に行きました。


P1870382
駅に向かう前にバールで一服しました。


P1870383
この上にサン・フランチェスコ教会がありますがパス。


P1870384


P1870386
雨に濡れずに済むトンネルが有難かった!


P1870387
向こうの半島は雨で煙っていました。


P1870390


P1870391
駅に着きました。


P1870392
(おわり)

1619
ヴェルナッツァの続きです。


P1870187
冬のマルコーニ広場は、観光客がチラホラといるだけですが、夏場は混雑し過ぎのようです。


P1870188
暑さに弱いので、盛夏にイタリアに行ったことがあまりありません。


P1870189
6月初旬にマルコーニ広場に来たことがありますが、ピーク前とは言え、狭い海岸は海水浴客で溢れ、広場はうんざりするほどの大混雑でした。


P1870190
その時、困ったのが食事でした。
全てのレストランが営業していましたが、供給が需要に追い付かない状態で、どの店も行列が出来ていました。2時間待ちはざらで、待つのが大嫌いな私はジェラートを食事の代わりにして飢えを凌ぎました。


P1870191
人気の観光地にしては、宿泊施設や食堂が少ない気がします。冬は休業している所が多く、夏場は混雑し過ぎなので、予め準備しておく必要があろうかと思います。


P1870193
宿泊する場合は予約必須でしょうね。


P1870195
シャッケートラは美味しいですが、高価過ぎます。スーパーなどで買っても€40以上ですから、レストランで頼むと大変なことになります。


P1870084
新鮮な魚料理が名物ですが、何日も海が荒れて出漁できないときに偶然訪れると悲劇です。


P1870196
この時がそうだったのです。酷い店となると、何も言わないで冷凍魚を使った料理を平気で出すと聞いたことがあります。


P1870200
駅にやって来ました。


P1870201
駅を超えて山側に行ってみることに。


P1870207
反対側に出ました。


P1870203
線路の下をくぐっただけですが、その先は随分感じが違います。


P1870204
小さな公園にヘンテコなモニュメントを発見!


P1870208 
これは何でしょうか?
作者が記され、車輪の芸術作品ですと! 参ったなあ。


P1870210
振り返るとTorre di Avvistamento(監視塔)が見えました。


P1870211
上の方に上りヴェルナッツァを眼下に一望したいと思いました。


P1870214
先に進んでも、それほど変化がある景色の場所に辿り着けません。


P1870215


P1870217
斜面の葡萄畑を上るか、高い場所に建っているサン・フランチェスコ教会に行けば何とかなるだろうと思いました。


P1870218
タベルナコロを発見!


P1870222
これですね。


P1870223



P1870220
一目散に監視塔を目指すべきでした。


P1870225


P1870226
この道を上りましたが視界が開けません。


P1870227
ところが途中で雨が落ちてきたのです。


P1870229
サン・フランチェスコ教会に上っても良かったのです。でも後の祭りでした。


P1870230
二兎を追う者は一兎をも得ずになってしまいました。


P1870231
雨が降ってきましたが、傘を差すほどではありません。


P1870234
5つ目の村モンテロッソに行くつもりでしたが、次の列車まで少し時間があったので、駅近くの路地を歩くことにしました。


P1870235


P1870237
この奥の路地は更に狭くなります。


P1870239


P1870243


P1870244
変なモノを売っている店がありました。


P1870246
こういったものを売っていました。こんなものを買う人がいるの?と思っていたら、梱包された重そうなものを下げた観光客が店から出て来たのでビックリしました。どうやら買ったようでした。
チンクエ・テッレで最も印象に残ったのはこのお店でした。


P1870248


P1870250
駅に戻りました。


P1870253
小雨が降っていました。


P1870256


P1870257
列車が時刻通りに来ました。


P1870393


P1870260
モンテロッソ駅に到着しました。


P1870263
駅舎


1629
海は荒れていました。


1630
雨は降っておらず、薄日が差してました。


P1870262
夏は海水浴で賑わう浜辺です。


P1870264
駅に向かって左はホテルが並んでます。チェントロは向かって右の方にあります。


P1870267
チェントロに向かいました。


P1870268
チェントロは700mほど先になります。


P1870269


P1870272
(つづく)




P1870065
次はヴェルナッツァです。


P1870066
到着しました。プラットホームの大部分がトンネル内にあります。


P1870255


P1870067
5つの村の中で観光客が最も多いかもしれません。


P1870068
ヴェルナッツァは、人口848人(2015年12月31日現在)のリグーリア州ラ・スぺツィア県にあるコムーネです。コルニリアはこのコムーネの分離集落です。


P1870070
海へと続くローマ通りです。


P1870072
タベルナコロを発見!


P1870073
うーん、チョット趣味ではないなあ。


P1870074
少し歩けば、もう海岸です。


P1870075
あの教会は大体開いているので慌てる必要がありません。


P1870076
教会は開いていました。予想通りです。


P1870078
サンタ・マルゲリータ教会です。聖マルゲリータですが、アンティオキアとコルトーナ出身の2人の聖女がいます。ここはアンティオキア出身の聖マルゲリータに奉献されてされているので、区別するためにサンタ・マルゲリータ・ディ・アンティオキアと呼ばれてます。


P1870079
前日よりも海は凪いでいましたが、出漁する船が少ないのは観光客が少なくて需要があまりないからでしょう。


P1870081


P1870082
路地に入り込みました。


P1870088
路地は風情があります。


P1870089


P1870090


P1870083
ローマ通りに戻りました。路地はローマ通りに通じるようになっているようです。


P1870091
観光スポットのマルコーニ広場です。


P1870149
現在地にバジリカ様式の教会が既に11世紀にあったとされています。それが前身です。13世紀に再建され、1318年に完成したロマネスク様式の建物が現在の姿の原型とされてます。


P1870127
教会はその立地上の問題を抱えていました。


P1870092
立地上の問題をモノともせず、16世紀から拡大工事が始められ、18世紀に完了しましたが、その途中の1750年にバロック様式に改造されました。その当時の教会の出入り口は現在の出入り口の反対方向、つまりファサード側にありました。
現在の出入り口はマルコーニ広場に面した後陣側にありますが、19世紀に設けられました。その際、外観も現在のロマネスク様式に戻されて現在に至ってます。


P1870155
高さ40mの鐘楼の横前にも小さな鐘楼があります。


P1870094
入口から階段を上ると右側廊に出ます。


P1870096
三廊式、ロマネスク様式の内部です。


P1870097
簡素な造りです。


P1870098
簡素なのは造りだけではなく、装飾も簡素です。


P1870099
木製の天井です。天井は幾度となく張り替えられ、現在のものは1964年と1970年に交換されたものです。


P1870100
左側廊


P1870101


P1870103
右側廊です。


P1870114
この教会の立地から構造上の問題を孕んでいるのが右側壁なのです。


P1870095
右側壁の所々は素通しになってます。


P1870124
素通しになっていので、教会内からの眺めが良いので観光客には有難いです。
教会は波打ち際に建てられてます。荒天になれば、大波や海しぶきが右側壁に押し寄せます。それを少しでも緩和するために工夫が壁の一部を素通しにすることでした。


P1870105
主祭壇


P1870106
フレスコ画や祭壇画の類いがないのは、海しぶきによる影響を懸念しているからでしょう。


P1870108
17世紀の磔刑像


P1870109
彫刻が装飾の基本のようです。


P1870112
Anton Maria Maragliano (ジェノヴァ、1664‐1739)の「聖母子」


P1870115
洗礼盤もAnton Mariaの作品です。


P1870117


P1870118


P1870119


P1870104


P1870102


P1870121
夏は涼しい風が吹き込んで心地よいと思いますが、冬の寒い日のミサは大変でしょうね。


P1870122
海が荒れているときは更に大変でしょうね。


P1870125
外に出ました。


P1870126
他の場所に教会を建てても良かったと思うのですが・・・・


P1870132
この写真を見れば、数えきれないほど修復されたことが分かりますね。どんなに強く作った壁でも押し寄せる高い波には無力でしょう。


P1870133
まあ観光客は余計な事を考えないで景色を楽しめばよいのです。


P1870136
教区教会がドゥオーモと呼ばれる場合がかなりありますが、ここでは呼ばれていないようです。


P1870137


P1870139


P1870162


P1870176


P1870181


P1870183
(つづく)

P1860984
広場からVia Renato Birolliに降りました。


P1860982
港に船を係留する場所が十分にないので、道路に船が置かれてます。


P1860986
昼食には少し早い時間でしたが、食べました。冬場なので殆どの店が休業中、それに対して観光客が結構いたので、食事難民に陥る可能性がありました。開店していた店は何処も大繁盛でした。


P1860987
食べ終わって外に出ました。お味は論評に値せずでした。
悪天が続いて漁に出ることが出来なかったようで、新鮮な魚介類がなかったせいです。冷凍ものならあると言われたのですが、ご遠慮申し上げました。


P1860988


P1860989
海に船の姿がありません。


P1860992
これでは魚が無いわけです。


P1860994
開店しているお店が少なく需要が少ないことも、無理して漁に出ない理由でしょう。


P1860995
新鮮な魚介料理を楽しみにしてましたが、当てが外れました。


P1860993
この上に教会がありますが、この時間は閉まっているのでパス


P1860997


P1860998
駅に戻って、鉄道でコルニリアに向かうことにしました。


P1860999
シャケトラ博物館は、昼食で飲んだワインが効いているので、パスしました。


P1870001
ワインを1本飲み干すと堪えるようになりました。


P1870004


P1870005


P1870006
何でしょうか、これ。


P1870007
トンネルを通って駅に向かいました。


P1870008


P1870010
列車は頻発しています。


P1870011


P1870012
コルニリア駅に到着しました。列車はかなり混雑していましたが、ここでも大勢の観光客が下車しました。


P1870013
駅舎


P1870014
駅のホームからマナローラが見えました。


P1870015
コルニリアは、チンクエ・テッレで最も人口が少ない村ですが、行政上はヴェルナッツァのコムーネに属し、同コムーネの分離集落Frazioneです。


P1870016
5つの村で唯一海に面しておらず、かなり高い場所に位置してます。駅から若干距離があり、バスがありますが、この日は徒歩で上ることにしました。


P1870017
酔っぱらっていたので、この上りはキツカッタ!


P1870018
バスを利用すれば良かったと後悔しましたが、後の祭りでした。


P1870019
マナローラがよく見えました。


P1870021
マナローラの向こうに突き出た半島はリオマッジョーレでしょう。


P1870024


P1870022
山の斜面は葡萄畑になってます。


P1870023
振り返ると駅が遠くに見えました。


P1870043
急斜面です。息が上がりました。


P1870044
雲行きが怪しくなってきました。


1588
まだ晴れているところもありました。


1589


1590
苦労して上りましたが、それほど見どころがあるわけでもありません。


1591


1592
サンタ・カテリーナ教会


1593
あちこち歩きました。


1594
有難いことに天気が回復してきました。


1595


1598


1599


1600


1601
丹念に見ても1時間もあれば見尽くせます。


1602
1334年創建のゴシック様式のサン・ピエトロ教会です。教区教会でもあります。


1603


1604


1605
駅に戻ることにしました。


P1870046
今度はバスが通っている道を徒歩で下りました。


P1870048
バスが下ってくるのが見えました。あれに乗れば良かったと後悔。


P1870050
マナローラがよく見えました。


P1870052


P1870053


P1870042


P1870037


P1870035
駅に辿り着きました。


P1870057
ラ・スぺツィア行の列車が到着しました。
(つづく)

P1860960
サン・ロレンツォ教会の拝観です。


P1860887
1338年創建、ゴシック様式の建物です。創建以来、外観が変わるような修復が行われなかったので、今なお創建時の姿を留めているそうです。


P1860952
創建以来、聖ロレンツォに捧げられた教会ですが、Chiesa della Nativa di Maria Vergine とも呼称されてます。


P1860883
地元産の砂岩で出来たファサードです。


P1860884
教会は教皇インノチェンツォ4世広場に面して建ってます。生家は残されていませんが、教皇インノチェンツォ4世はマナローラのこの地で生まれたとされており、広場の名称はそれに因んで名付けられてます。


P1860888
バラ窓


P1860889
フレスコ画があったと思われるルネッタ


P1860881
古代の遺跡の上に建てられた鐘楼です。鐘楼からの眺望が見事ですが、今は一般の人が登れないようです。


P1860944
鐘楼の後ろは眺望が開けているので、鐘楼に上れなくても絶景を十分楽しむことが出来ます。


P1860890
三廊式の内部です。


P1860892
ゴシック様式ですが、17世紀の改修の際、一部バロック様式に変更されました。


P1860924
左側廊


P1860891
マナローラの見所とされる教会ですが、観光客の姿を見かけることは滅多にありません。


P1860925
右側廊


P1860893
天井


P1860894
天井に描かれた「聖ロレンツォのフレスコ画」(15世紀)


P1860895


P1860897
主祭壇


P1860905
小型の「彩色磔刑像」(15世紀後半)


P1860903
14世紀の主祭壇画


P1860911
後陣左の礼拝堂


P1860923


P1860912
後陣右の礼拝堂


P1860913
Maestro delle Cinque Terre の「聖ロレンツォと聖アントニオ・アバーテと聖ベルナルディーノ」(15世紀)


P1860917


P1860920
詳細不明


P1860926


P1860928


P1860930
詳細不明


P1860935
詳細不明


P1860937
創建時の柱


P1860938
質の高い祭壇画があるので、美術的に楽しめる教会です。


P1860941
床は新しそうに見えました。


P1860910
ファサード裏にオルガンが設置されてます。


P1860909
私が外に出るまで地元の人は誰も訪れませんでした。


P1860882
広場に面して教会らしい建物があります。調べましたが良く分かりません。


P1860955
広場の建物


P1860956


P1860959


P1860951
鐘楼の後ろからの景色を楽しみました。


P1860947


P1860958
山の方に向かいました。


P1860971


P1870048
ブドウ畑が続くだけでした。


P1860948
海岸のほうに下りて行って食事をすることに。


P1860962
上ってきた時と同じ道を歩いてはつまらないので、下りは路地を通りました。


P1860963
車の進入が難しそうな細い道です。


P1860964


P1860965
何のことはない、すぐに上ってきた道、Via Antonio Discovolo に戻ってしまいます。


P1860966
検討したけれど宿泊しなかったB&Bの横に出ました。


P1860969


P1860972
海岸に向かうには、結局この道しかありませんでした。


P1860973
FSの線路を超えます。


P1860975


P1860976


P1860977
ホテルです。


P1860978
階段の上の広場


P1860979
Via Renato Birolli


P1860980


P1860981
(つづく)


P1860825
愛の小道の”柵”まで行ってみることに。


P1860829
2012年に歩行中の観光客が地滑りのため負傷したのですが、その後の大雨によって道路が不通となったのを機に全面通行止めとなった愛の小道です。
2015年にほんの一部だけ開通したそうです。
最新情報が分かりませんが、全面開通の可能性はかなり低いと思います。


P1860830
「一部開通部分」とは、ここのことでしょうか?


P1860831
柵のある所までは数百メートルの距離しかありません。


P1860832
対岸に、先ほど通ってきた、村役場から駅へと通じる道が見えました。


P1860833
波が荒い。


P1860836
柵の所に来ました。


P1860834
愛の小道です。
修復が難しい崩落個所がある上に、崩落、落石の危険性があるそうです。


P1860839
ここまでしか来ることが出来ません。


P1860842
愛の絆の鍵?


P1860843
戻るよりありません。


P1860844
リオマッジョーレ~マナローラ間を、愛の小道を歩いて行き来したことが2回あります。
その時の写真を載せましょう。


1545
2012年2月です。観光客4人負傷したのは、この年の9月24日でした。


1548
この時も波が荒かった。


1549


1551


1552


1556
2月だったので、観光客が殆どいませんでした。


1557
落石防止のためでしょうか、トンネルが設けられてます。


1558
歩いていて危険を感じことがありません。


1559
愛の小道のシンボルです。


1560


1561


1562
休憩所が途中にありました。


1563


1564


1566
こんな所でしょうね。
話を元に戻します。


P1860845
何が描かれているのでしょうか?
愛の小道の道路敷設工事の様子でしょうか?


P1860846
駅に戻りました。


P1860826
鉄道でマナローラに向かうことにしました。


P1860827
プラットホームの一部がトンネル内にあります。


P1860828
列車を待つ人は少なかったのですが・・・・


P1860847
所が急に人が多くなったのです。チンクエ・テッレは人気があります。


P1860851
僅か数分の乗車でマナローラ駅に到着しました。


P1860854
駅舎です。(無人駅)


P1860853
正午前なので、教会の拝観を優先しました。


P1860855
教会は高い場所にあるので、歩道トンネルを通って山側に出ます。


P1860857
マナローラは、東端のリオマッジョーレから西へ1駅の所にあり、5つの村の中でコルにリアに次いで小さな村と言われてます。
行政上は、リオマッジョーレのコムーネに属する分離集落Frazione です。Frazioneの概念としては、「村」が適当でしょうか。


P1860860
Via Antonio Discovolo


P1860861
鐘楼は、これから行こうとしていたサン・ロレンツォ教会のものです。


P1860863
坂道を上ります。


P1860865
振り返って撮った写真です。


P1860864
マナローラの山側は少々面白味に欠けます。


P1860866


P1860867
ここにいると足腰が鍛えられます。


P1860869
山の斜面の葡萄畑


P1860870
通りのあちこちにB&Bがあります。


P1860871
この時の旅で泊まろうかと検討したB&Bです。


P1860873
夏場だけ営業するB&Bが殆どですが、ここは通年営業しています。


P1860874
選択しなかった理由は、マナローラで夜オープンしているレストランがなかったからでした。


P1860875
教会は右上にあります。


P1860877
サン・ロレンツォ教会です。


P1860880
教区教会、Parrocchia ですが、ドゥオーモと呼ばれていないようです。


P1860885
ファサード前は全景ポイントです。


P1860953
ファサード前に寝そべっていたニャーゴ


P1860961


P1860948
(つづく)

P1860728
ジェノヴァ共和国が1260年から築き始め16世紀に完成したカステッロです。


P1860729
夏場は中に入ることが出来ます。


P1860727
カステッロの横にサン・ロッコ祈祷所が建ってます。1480年に建設されたそうです。


P1860731
主祭壇画のトリッティコが見どころですが、この日は扉が閉まったままでした。


P1860732


P1860733


P1860734
カステッロの周りは公園になってます。カステッロはチェントロの最高点にあるので、この公園は絶景ポイントの一つとして知られてます。


P1860736
公園は断崖の上にあるので、雨天の日は特に足元にご注意を!


P1860749


P1860740
閉鎖中の愛の小道が見えました。


P1860747


P1860738


P1860743


P1860746


P1860742


P1860745
十二分に絶景を楽しむことができました。雨が上がって本当に幸運でした。


P1860750
次はMunicipioです。


P1860751
先ほどと同じ道を下りました。


P1860752
レモンの木


P1860753


P1860754
ドゥオーモの鐘楼が見えました。


P1860758
この下に村役場があります。


P1860759
ある程度若くないとチョンクエ・テッレを歩き回るのは難しいと思うようになりました。


P1860760
教区教会広場手前の右の道を下れば村役場に出ます。


P1860761
この時が区教会の見納めとなりました。


P1860762


P1860763
カステッロに向かう道の一本下の道を進みました。


P1860764
村役場に向かって左側は視界が開けてます。


P1860765
車が辛うじて進入できる細い道です。


P1860767
村役場の分庁舎


P1860768


P1860769
本庁舎はこの先の建物です。


P1860770
Municipio


P1860771
ムラーレスが描かれてます。


P1860772
趣味ではないなあ。


P1860773
やり過ぎ?


P1860774


P1860775


P1860779
階段を上り、Municipio の入り口扉から撮りました。


P1860766


P1860776


P1860777
海岸近くの村人がここまで登って来るのは大変でしょうね。


P1860780


P1860781
村役場と駅を結ぶ道路です。この道からの眺めが素晴らしいことでよく知られてます。


P1860783
愛の小道はまだ閉鎖中でしょうか?そうであるならば、その間、その代替えに十分なりえる道と思います。


P1860784
観光客が殆ど通らない道のようです。


P1860785


P1860786
愛の小道です。


P1860789
柵が設けられ その先に進めないようになっているようです。


P1860790


P1860791
駅が見えてきました。


P1860795


P1860796


P1860799


P1860807


P1860810
駅の上に来ました。


P1860811
エレベーターは運転休止でした。


P1860813


P1860816
駅舎


P1860818
坂道を一気に下りました。


P1860819


P1860820


P1860821
駅はこの先です。


P1860824
(つづく)

リオマッジョーレの続きですが、今回はドゥオーモが中心です。
P1860659
リオマッジョーレは、ラ・スぺツィア‐サルザーナ‐ブルニャート司教区に所属しています。(司教座教会はラ・スぺツィアにあります)


P1860710
正式名称は、Parrocchiale di San Giovanni Battista 、教区教会、ドゥオーモです。


P1860663
リオマッジョーレのチェントロの高い場所に建ってます。


P1860662
1340年創建、14世紀後半に完成したロマネスクとゴシックの折衷様式の建物が原型ですが、現在に至るまで数度の改修改造が行われましたが、1870年から1871年に行われたネオ・ゴシック様式へと改修された後の建物が現在の姿となってます。


P1860650
鐘楼


P1860664


P1860665
創建時の姿を留めるバラ窓


P1860666


P1860668


P1860670


P1860672


P1860673
ルネッタに描かれたフレスコ画は傷みが激しく、何が描かれていたのかさえも分かりません。


P1860674
19世紀後半のもの?


P1860675
創建時のロマネスク・ゴシック様式の構造を維持している内部です。


P1860676
三廊式で、左側廊の中央付近に翼廊があります。


P1860677
しかし、右側には翼廊がありません。


P1860678
左側廊


P1860679
右側廊


P1860708
天井


P1860680
1530年に制作された説教壇


P1860681


12


P1860694


P1860682
主祭壇


P1860685
後陣に掲げられた「聖母被昇天」


P1860688
後陣右側の礼拝堂


P1860693
詳細不明


P1860692
詳細不明


P1860697
ベネデット・アンテラミに帰属する彫刻


P1860698
後陣左側の礼拝堂


P1860700
詳細不明


P1860702
ドメニコ・フィアセッラの「洗礼者聖ジョヴァンニの説教」


13
Maestro delle Cinque Terre 工房の「聖母子と聖ロッコと聖セバスティアーノ」


P1860704


P1860705


P1860706


P1860695


P1860709
オルガンがファサードの裏側に設置されてます。


P1860707
祭壇前から見た出入口


P1860712
外に出ると海が見えました。


P1860653
明け方まで降った雨でテラスが濡れてます。


P1860654


P1860655


P1860661
山の方


P1860657
次はカステッロです。


P1860713
崖に寄り添って建っている集合住宅


P1860717


P1860714


P1860716
見張り台の役目もしていたカステッロなので、高い場所にあります。


P1860719
細い道を上りました。


P1860720


P1860721


P1860722


P1860723
時計が見えてますが、カステッロです。


P1860724
時計の時刻は狂ってました。(動いていました)


P1860725
(つづく)


P1860575
前泊地はラ・スぺツィアでした。


P1860577
この日はリオマッジョーレで泊まります。


P1860578
鉄道で移動しました。


P1860579
リオマッジョーレは、人口1,576人(2015年12月31日現在)のリグーリア州ラ・スぺツィア県にあるコムーネです。5つの村から成るチンクエ・テッレですが、隣のマナローラはリオマッジョーレのコムーネにあります。


P1860581
駅の一部はトンネル内にあります。


P1860583
駅の下の海は大荒れでした。


P1860580
先ず、この日のお宿に向かいました。


P1860584
愛の小道は相変わらず閉鎖されていました。


P1860586


P1860588
駅舎


P1860587
観光案内所で地図を頂戴しました。


P1860589
リオマッジョーレのチェントロはトンネルの先にあります。


P1860590


P1860591
トンネルを潜り抜ければチェントロです。


P1860594
コロンボ通り


P1860596
通りを上りました。


P1860598
写真では坂の勾配が分かりませんが、かなりきつい傾斜です。


P1860600


P1860603
意外に距離があるので驚きました。数年前に泊まった時は、坂とか距離なんて全く気にならなかったので、今回は気になったのはそれだけ歳を取ったのでしょう。


P1860606
振り返って写真を撮りました。


P1860608
2月なので観光客が殆どいませんでした。


P1860610
鐘楼が見えたので、この日のお宿は直ぐ傍にあります。


P1860613
教会を通り過ぎれば、この日のお宿です。


P1860638
到着しました。冬場は休業中のホテルやB&Bが多いチンクエ・テッレですが、ここは通年営業しています。


P1860639
荷物をフロントに預けました。朝早くなので、部屋は未だ用意出来ていませんでした。


P1860595
坂の下まで戻って村歩きを再開しました。


P1860597
今度は坂が全然気にならず。


P1860609


P1860612
今度はゆっくり拝観できます。


P1860637
トラックが邪魔です。しかし、救急車は何時もこの場所に駐車しています。


P1860614
16世紀に建設されたサンタ・マリア・アッスンタ祈祷所です。


P1860634
この祈祷所の詳細ですが、調べても分かりません。


P1860635
ファサードにある彫刻


P1860642
鐘楼


P1860636


P1860615
単廊式の簡素な内部です。


P1860617
左側壁


P1860616
右側壁


P1860618
主祭壇のトリッティコが知られてますが、詳細不明のようです。


P1860620
「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニとグツマンの聖ドメニコのトリッティコ」


P1860623


P1860631


P1860628


P1860630


P1860621
素朴な信仰空間でした。


P1860633
外に出ました。


P1860640
この日のお宿を通り過ぎ、ドゥオーモに向かいました。


P1860641
前日の雨が、この日の明け方まで残っていました。


P1860643


P1860644
ドゥオーモへの近道です。


P1860645
ドゥオーモは更に高い場所に建ってます。


P1860646
ここから上り坂になります。


P1860647
突き当りが広場です。


P1860648
写真右がドゥオーモの身廊です。


P1860649
ファサード側に行きました。


P1860651
つづく

↑このページのトップヘ