イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: スポレート

P1690391
ヴァラディエールの祭壇です。聖堂内に同名の祭壇が幾つもあります。


P1690394
アントニオ・コンチョ―リの「聖アンドレア・アヴェッリーノの死」(1792)


P1690397


P1690398
ヴァラディエールの祭壇です。


P1690403
ジョヴァンニ・アルベルティの「ご訪問」(1597c)


P1690416
クーポラ


P1690417
これもヴァラディエールの祭壇です。


P1690423
ピエトロ・ラブルッツィの「スポレートのベアート・グレゴリオの顕現する天使」(1792)


P1690426
アルベルト・ソティーオの「彩色磔刑像」(1187)
リッピ、ピントゥリッキオのフレスコ画と並んで必見の作品です。


P1690430
詳細不明


P1690434
詳細不明


P1690435
サンティッシマ・イコーネ礼拝堂です。


P1690437
じっくり見たかった礼拝堂ですが、施錠されており、金網の間から写真を撮るのが精一杯でした。


P1690438
フェデリーコ・バルバロッサ所縁の17世紀に作られた礼拝堂です。


P1690456
1542年から1554年に作られたレリクィエ礼拝堂です。


P1690458
フランチェスコ・ナルディーニの「ご誕生」


P1690461
フランチェスコ・ナルディーニの「父なる神」と「受胎告知」


P1690462
天井画もフランチェスコ・ナルディーニの作品です。


P1690483


P1690464
レリクィエ礼拝堂にある祭壇画の詳細が分かりません。


P1690466


P1690470


P1690472


P1690477


P1690480


P1690473
ジョヴァンニ・アンドレア・ディ・セル・モスカートの彫刻


P1690474
ジョヴァンニ・アンドレア・ディ・セル・モスカートの彫刻


P1690475
ジョヴァンニ・アンドレア・ディ・セル・モスカートの彫刻


P1690484
ヴァラディエールの祭壇?


P1690486
詳細不明


P1690488
この祭壇画がお気に入りです。


P1690490
残念ながら詳細が分かりません。


P1690494


P1690495
音楽礼拝堂です。


P1690496
聖職者席に描かれた聖人がこの礼拝堂の見どころです。


P1690498
この礼拝堂で時々小コンサートが行われるようです。


P1690499
派手な装飾が施されている天井です。


P1690500


P1690503


P1690505
この部分のフレスコ画は少し古そうに見えます。


P1690506


P1690510


P1690511


P1690512



P1690514


P1690516


P1690518


P1690520
ヴァラディエールの祭壇です。


P1690524
ピエトロ・ラブルッツィの「大天使ミケーレ」


P1690527
「パドヴァの聖アントニオ」(1232)


P1690529
ヴァラディエールの祭壇です。


P1690532
アントニオ・カヴァッルッチ・ダ・セルモネータの「聖母の寺院への出現」(1790c)


P1690534
ヴァラディエールの祭壇です。(1792)


P1690536
ガエターノ・ガンドルフィまたは18世紀末のローマ派画家の「聖母子と聖アンドレアと聖フランチェスコとパドヴァの聖アントニオ」


P1690546
最後に右翼廊にあるフィリッポ・リッピの墓を見ました。
中央礼拝堂後陣の「聖母の生涯」のフレスコ画制作の途中の1469年10月9日、スポレートで没したフィリッポ・リッピは大聖堂に葬られました。


P1690551
アーニョロ・ポリツィア—ノ(モンテプルチャーノ、1454‐フィレンツェ、1494)によって制作されたリッピの墓です。


P1690554
外に出ました。


P1690556
あと何回ここに来ることが出来るだろう。


P1690566


P1690564
(おわり)

P1680622
スポレート大聖堂、Cattedrale di Santa Maria Assunta です。
スポレートは単独の司教区でしたが、1821年、ノルチャ司教区と一緒になって、スポレート・ノルチャ大司教区となり、以来、大司教座が置かれる大司教座教会となってます。


P1680636
この地に建てられた初期キリスト教会が前身ですが、その建設時期などの詳細は明確になってません。僅かに9世紀に再建された記録が残されているだけですが、現在の建物が建設されるまでの間に幾度となく再建されたと推定されてます。


P1690311
1067年創建、1207年にファサードの完成を以て一応の建設が完了したロマネスク様式の建物が現在の姿の原型とされてます。奉献式は1198年の執り行われました。


P1680619
ロマネスク様式の鐘楼は創建時のものです。


P1690305
ロマネスク様式のファサードの大部分は創建時のものです。


P1690559
ファサード下部のルネサンス様式の柱廊は、後で追加されました。


P1690323
バラ窓が8つあります。


P1690324


P1690306
ファサードのビザンチン様式のモザイクはソルテルノによって1207年に制作されました。


P1690322
キリストと聖母と福音書記者聖ジョヴァンニ


P1690562
現存するモザイクの左右にもモザイクがあったとされてます。


P1690320


P1690321


P1690563


P1690560


069
1491年から1504年にかけて、アントニオ・バロッキの設計と工事監督によって追加された柱廊です。


070


071
柱廊の内部


P1690325


P1690326
聖堂内への出入り口横の柱


P1690327
扉上の彫刻


P1690328
三廊式、ラテン十字形の内部です。構造上はロマネスク様式ですが、17世紀にバロック様式に改装されたので、ややチグハグ感が否めません。


P1690330
床の装飾


P1690331
装飾が控えめな天井です。


P1690539
左側廊


P1690540


P1690543
右側廊


204
中央礼拝堂


P1690545


P1690333
中央礼拝堂後陣のフレスコ画が有名です。


P1690442
1467年から1469年に制作されたフレスコ画はフィリッポ・リッピの遺作となりました。フィリッポの死後、弟子のフラ・ディアマンテや息子のフィリッピーノ・リッピが完成させました。
「聖母の死」


P1690440
「受胎告知」


P1690452
「ご誕生」


P1690445
「聖母戴冠」


P1690447


P1690335
右側廊最初にあるコスタンティーノ・エローリ礼拝堂です。


P1690336
ピントゥリッキオによって1497年に制作されたフレスコ画です。


P1690339
聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖ロレンツォ


P1690349


P1690342
天井のフレスコ画はかなり剥離しています。


P1690343


P1690351


P1690353
次はアッスンタ礼拝堂です。


P1690355
「聖母の昇天」


P1690357
16世紀に作られた礼拝堂です。


P1690360
ジャコモ・サントロ、彼はヤコポ・シクーロとしての方が有名ですが、1524年頃にこの礼拝堂のフレスコ画を制作しました。


P1690361
ヤコポ・シクーロ(ジュリアーナ、1490‐リエーティ、1544)はシチリア出身でしたが、ノルチャからスポレートにかけて活動しました。


P1690363


P1690364


P1690366


P1690368


P1690369


P1690370


P1690372


P1690373


P1690376


P1690378


P1690381


P1690382


P1690383
(つづく)

P1690062
古代ローマ時代、交易の中心地だったPiazza del Mercato です。


P1690060
メルカート広場からローマ劇場方面に行くことが出来るVia Arco di Druso です。


P1690073
Arco di Druso e Germanico です。


P1690074
Arco の左先が教会です。


P1690075
Arco を潜れば、写真右が教会です。


041
Arco と教会の間の下方にローマ時代の遺跡が見えます。


1


2
教会はローマ時代の遺跡、ローマ神殿の上に建てられてます。


P1690087
サンタンサーノ教会は傾斜地に建ってます。


P1690091
1900年から1902年に行われた教会付近の発掘調査によって、教会はローマ時代の遺跡の上に建てられたことが分かりましたが、資金不足によって発掘作業が中止になったので、それ以上の詳しいことが分かりませんでした。


P1690081
それから50年以上経った1955年に発掘作業が再開され、1957年までの調査によって、紀元1世紀に建てられたローマ寺院を利用して、6世紀前半に建てられた初期キリスト教会Chiesa di Sant'Isacco e Marziale がこの教会の前身であることが分かりました。


P1690089
また、現在のクリプタは、初期キリスト教会を取り壊して、同じ場所に11世紀から12世紀に建てられたChiesa di Sant'Isacco であることが分かりました。
16世紀に、古い建物をクリプタにして、その上に新築されたのが、Chiesa dei Santissima Ansano e Isacco でした。教会の奉献する聖人に聖アントニオが加わり、教会は聖アンサーノと聖アントニオに、クリプタが聖イサクに変更されました。
現在の建物は、18世紀の終わりにアントニオ・ドッティの設計によって新古典様式で再建されたものです。それと共に奉献する聖人から聖アントニオが外されました。


P1690090
旧修道院の建物は住宅となってます。


P1690088
アントニオ・チムベッリの「聖母子と聖イサクと聖アンサーノ」のファサード彫刻


P1690100
単廊式、新古典様式の内部です。


P1690102
左側壁


P1690101
右側壁


P1690092
天井


P1690103
主祭壇


P1690104
後陣の装飾


P1690108
主祭壇画はアルキータ・リッチ・ダ・ウルビーノの「聖アンサーノの殉教」(17世紀)


P1690110
ピエタ礼拝堂


P1690114
アルカンジェロ・アクィリーニの「ピエタ」


P1690118
17世紀のローカル無名画家の「聖ロレンツォの殉教」


P1690098
ロンバルディ礼拝堂


P1690094
ジョヴァンニ・ディ・ピエトロ通称ロ・スパーニャの「聖母子」のフレスコ画


P1690096
再建前の建物にあったフレスコ画です。


P1690109
ピエトロ・ガリバルディの「無原罪の聖母」(1875)


P1690160


P1690123
クリプタが開いていました。


P1690126
三廊式です。


P1690128


P1690130
クリプタのフレスコ画は、ローマ派の影響を受けたスポレートの無名画家(恐らく複数人)によって11-12世紀に制作されました。


P1690132


P1690136


P1690138


P1690140


P1690143


P1690146


P1690149


P1690153
聖イサクの石棺


P1690154
しかし、ここにあるのは複製品です。


P1690150
本物は国立スポレート公国博物館・アルボルノツィア城塞にあります。


P1690156


P1690158
内陣に戻ります。


P1690122
出入り口


P1690161
もう一度祭壇を見てから外に出ました。


P1690085


P1690084
(おわり)


P1690174
スポレートのリベルタ広場です。


P1690183
広場の西の一角に、1世紀に建てられたローマ劇場があります。


P1690198
ローマ劇場を見下ろすように建っているのがサンタガタ教会修道院です。


P1690245
旧修道院だった建物に国立考古学博物館があります。


P1690191
旧サンタガタ修道院だった建物です。


P1690275
旧サンタガタ教会だった建物です。


P1690274
私が好きなルーカ・シニョレッリが1485年、サンタガタ教会のために祭壇画を制作した記録が残されてますが、現在、その作品は行方不明となっているようです。


P1690190
博物館の入り口です。


P1690193
入館しました。


P1690242
夏の間、古代ローマ劇場は現役のコンサート会場になります。


P1690194
古代ローマ劇場は1世紀に建設されたそうです。


P1690211
博物館の展示室が並んでます。
なお、サンタガタ修道院だった建物は女子刑務所として使用されていました。


P1690199
スポレート及びその近郊にあるエトルリア時代、古代ローマ時代の遺跡からの発掘物が展示の中心です。


P1690200


P1690201
ワインなどを入れた壺


P1690202


P1690203
碑文の説明板


P1690204


P1690205


P1690206


P1690207
説明板にMuseo Civicoと記されてます。
この博物館の名称はMuseo Archeologico Nazionale di Spoleto です。国立博物館ですが、以前は市立博物館でした。


P1690208


P1690209
市立から国立になった例は幾つかあります。例えば、ピサの国立サン・マッテオ美術館は、以前、市立サン・マッテオ美術館でした。


P1690216
壁に描かれたフレスコ画に見入ってしまいました。


P1690214
スポレートの無名画家の「最後の晩餐」(1558)
この部屋は修道院の食堂でした。


P1690220


P1690221


P1690222


P1690223


P1690224


P1690225


P1690226


P1690227


P1690228


P1690229


P1690230


P1690231


P1690232


P1690233
膨大な数の展示物がある部屋


P1690234


P1690235


P1690236


P1690237


P1690238


P1690240


P1690241
一旦、回廊に出ました。


P1690245


P1690246
サクランボが実ってました。


P1690248
甘くて美味しかった!


P1690249


P1690252
別ウイングの展示室です。


P1690253


P1690254


P1690255


P1690256


P1690258


P1690259


P1690260
博物館を代表する作品です。


P1690261


P1690262


P1690263


P1690264
修道院は遺跡の上に建てられてます。


P1690265
下の遺跡が見ることが出来ます。


P1690266


P1690267


P1690268


P1690269


P1690270


P1690272


P1690271
もう一度見てから外に出ました。


P1690273
(おわり)

P1690274
写真右は教会です。


P1690275
11世紀に建設されたサンタガタ教会です。


P1690277
宗教活動を停止した旧教会ですが、時々催事場として使用されてます。


P1690276
古いフレスコ画が一部残されているので、中に入りたいと思ってますが実現したことがありません。


P1690279
坂が多いので、水はけが非常に良い街です。


P1690280
日差しが出てきました。


P1690282
次はドゥオーモです。


P1690283


P1690284
お気の毒に、先ほどの豪雨で商品がずぶ濡れになってしまったようです。


P1690285
雨除けに使用したビニールシートを後片付けする人たちを見かけました。


P1690286
サン・アンサーノ教会を通り過ぎました。


P1690287
芸がありませんが、来た時と同じ道を通ってドゥオーモに向かいました。


P1690288
水たまりが残っているので、車がくるとヒヤヒヤしながら通り過ぎるのを待ちます。何処の国にも妙な人がいるもので、水溜まりにわざわざ車輪を突っ込ませるような走り方をする車を見かけました。


P1690289


P1690290
強い雨が降ってきたので、この店で暫し雨宿りをしました。


P1690291
5分ほどで雨が止んだので、街歩きを再開しました。


P1690292
未だ雷が鳴っていたので油断できません。


P1690293
この日の天気予報は午後から雷雨だったので、予報が見事に当たったというわけです。


P1690295
イタリア語の天気予報なので良く分かりませんが、TV画面だけを見て、アルプスから寒気が下りているので、晴れると直ぐに雷雨になり易いと勝手に解釈しました。


P1690296
ここも通り過ぎました。


P1690297


P1690298
昼食を食べたオステリアです。


P1690299
夕方ですが観光客がいました。


P1690300
サンテウフェーミア聖堂の後陣を目にしながら階段を降りました。


P1690302
ドゥオーモに付いては、別に詳しく取り上げる予定です。


P1690307
見どころが沢山あります。


P1690329


P1690448
有名なフレスコ画


P1690550
フィリッポ・リッピの墓


P1690554
外に出たら雨が止んでいました。


P1690566
これで観たい所は大体見たようです。


P1690569
青空が出て来たので一安心です。


P1690564
今度は徒歩でガリバルディ広場に戻ることにしました。


P1690577
6月なので、未だ明るいですが午後7時近くになってました。


P1690579
腰を下ろしたのは殆ど昼食の時だけだったので、流石に疲れました。


P1690581
あそこを見ている人は珍しい。


P1690582
この建物を見ていたのです。


P1690583
この付近は、ローマ時代のフォロがあった所で、この建物の下に初期キリスト教会があります。この時間は開いてませんが、公開されてます。


P1690585
道を下りました。


P1690586
振り返ったところ


P1690587
降りてきた階段


P1690588
サン・ニコロ教会


P1690591
この時間は閉まっています。


P1690597
スポレートでは比較的新しい教会です。


P1690595
メンターナ広場


P1690593
広場に面して別の教会が建ってますが、名前が分かりません。


P1690600
ここに来たら有名なフレスコ画を見ないのでは帰れません。


P1690601
あの建物にあります。


P1690606
スピネッロ・アレティーノに帰属する「聖母子と二聖人」(1376)


P1690604
維持保存が懸念されます。


P1690603


P1690607
更に道を下ります。


P1690609
水捌けが良いので、道がもう乾きました。


P1690612


P1690615


P1690618


P1690619
教会があります。


P1690623
写真右が教会です。


P1690624
ガリバルディ通りはもう直ぐです。


P1690625
時間があれば、もっと見たい所です。


P1690628


P1690632
ガリバルディ通りに戻りました。


P1690640
また雨が降ってきました。


P1690641


P1690646
広場に戻りました。


P1690647


P1690648
広場の噴水


P1690649
ホテルの部屋のベランダからの眺め


P1690650


P1690652
午前中に利用したエスカレーターが見えました。


P1690653


P1690684
夜が更けてきました。


P1690685


P1690697


P1690699


P1690712
翌朝です。


P1690714


P1690716
(おわり)

P1680776
バルトロメオ・ダ・ミランダに帰属する「サンテウフェーミアのトリッティコ」(15世紀中頃)


P1680778
ヴェネツィアのマルコ・コンドゥルメルが1450年に注文した記録が残されてます。


P1680780
「昇天した聖母」


P1680782
「大司教聖ジョヴァンニ」


P1680784
「聖ルチア」


P1680785
裾絵


P1680788
テーマは「聖ルチアの生涯」


P1680791
制作者不詳の「聖母子」
トレヴィのサント・ステファノ・イン・ピッチーケ教会にありました。
トリッティコの中央パネルと考えられてます。残りの左右のパネルは行方不明です。


P1680795
Maestro di Cesi 派画家に帰属する「サンタ・マリア・ディ・ポンテの祭壇画」(14世紀初め)
チェッレート・ディ・スポレートのサンタ・マリア・ディ・ポンテ教会にありました。


P1680798
ドイツの工房の「磔刑」(15世紀末)


P1680801
Maestro della Madonna Strauss の「聖母子」(14世紀末‐15世紀初め)


P1680803
プレーチのサン・マルティーノ・イン・アベート教会にありました。


P1680807
次の部屋です。


P1680809
天井に描かれたフレスコ画


P1680811
ドメニコ・ベッカフーミの「幼きキリストへの崇拝」
セッラーノのサンタ・マリア・モンテサント教会にありました。


P1680815
ジョヴァンニ・アンドレア・デ・マジストリスの「受胎告知と聖会話」(1543)
セッラーノのサンタ・マリア・イン・モンテサント教会にありました。


P1680818
「聖家族と聖アンナと聖ジョヴァンニーノ」


P1680823
「受胎告知」


P1680825
フィリピーノ・リッピの「聖母子と聖人たち」(1485c)
プレーチのサン・モンターノ教会にありました。


P1680827
「玉座の聖母子と聖モンターノと聖バルトロメオ(右)」


P1680828
裾絵


P1680830


P1680832


P1680839
ネーリ・ディ・ビッチの「雪の聖母と聖セバスティアーノとバーリの聖二コラ」(1464c)
アベートのサン・マルティーノ教会にありました。


P1680842
次の部屋です。


P1680843
天井のフレスコ画


P1680853


P1680854


P1680846
制作者不詳の「彩色磔刑像」(15世紀)
フェレンティッロのサンタ・マリア教会にありました。


P1680851
14世紀前半のウンブリアの芸術家の「磔刑像」
ロッケッタ・イン・チェッレート・ディ・スポレートのサン・ジャコモ教会にありました。


P1680856
制作者不詳の「磔刑」(14世紀前半)
カンピ・ディ・ノルチャのサン・サルヴァトーレ教会にありました。


P1680861
これは少し複雑な作品です。磔刑像とそれを蓋にする構造になっている絵画の制作者が異なります。また、聖人ですが、表と裏の両面に描かれてます。


P1680863
ジョヴァンニ・ジャコモ・トビオーロ・ダ・ウルビーノの「磔刑」(1663)


P1680865
無名画家の「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1680970
裏面の聖ピエトロ


P1680868
聖エミリアーノ


P1680974
裏面の聖パオロ


P1680874
次の部屋です。


P1680876
天井


P1680878
フランチェスコ・トレヴィサーニの「悔悛のマグダラのマリア」(18世紀初め)


P1680882
ジョヴァンニ・カテーナの「天使」(19世紀後半)


P1680886
フランチェスコ・ラグーザの「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」(1618)
スポレートのサンタ・カテリーナ教会にありました。


P1680891


P1680890
16世紀の無名画家の「サンタンドレア・イン・カンピのポリッティコ」
ノルチャのサンタンドレア・イン・カンピ教会にありました。


P1680894
中央の聖母子


P1680896
アレッサンドリアの聖カテリーナ、洗礼者聖ジョヴァンニ


P1680898
聖アンドレア、マグダラのマリア


P1680899
頭頂部の父なる神


P1680901


P1680900


P1680906
セバスティアーノ・コンカの「聖母の誕生」(1735c)


P1680912
16世紀の無名画家の「受胎告知」
ノルチャのサンタンナ教会にありました。


P1680920
アレッサンドロ・アルガルディの「聖フィリッポ・ネリ」(1650c)
スポレートのフィリッポ・ネリ教会にありました。


P1680922
ジャンロレンツォ・ベルニーニの「教皇ウルバーノ8世像」(1640‐44)
スポレートのドゥオーモにありました。


P1680927
スポレートの工房作のタベルナコロ(1625)


P1680928


P1680929


P1680930


P1680931


P1680933


P1680934


P1680938
次の部屋です。


P1680940
16世紀の無名画家の「マギの礼拝」


P1680943
詳細不明


P1680945
詳細不明


P1680946
14世紀に制作された十字架


P1680950
14世紀のもの


P1680953
15世紀のもの


P1680955
17世紀制作


P1680957
17世紀のもの


P1680959
16世紀末‐17世紀初頭に制作されたモノ


P1680961
15世紀の制作


P1680963
15世紀の制作


P1680967
十字架降下
サンテウフェーミア聖堂に入りました。


214
美術館の方から入ります。


215
三廊式、ロマネスク様式の内部です。


216
修復のため新しく見えます。


218
主祭壇


P1680976
サンテウフェーミア聖堂は修復され過ぎのように思いました。


P1680978


P1680980
外に出ました。
(おわり)

P1690573
スポレート名物の有名な芸術作品です。私にはグロテスクなファッツ像、Fatsにしか見えません。英語でfatと言う単語がありますが、これにsを付けて複数形にすると fats、物凄く太った人になります。


P1680634
写真右の建物が大司教館です。


P1680638
大司教館の建物内にMuseo Diocesano 、教区美術館があります。


P1680647
大司教館の出入り口です。


P1680640


P1680641


P1680639
大司教館の出入り口上の壁に描かれたフレスコ画


211
ここから中に入りますが、その天井にもフレスコ画があります。


P1680650
これです。


P1680651
中に入ると大司教館の中庭に出ます。


P1680654
中庭に面して建っているのが、サンテウフェーミア教会です。この時、修復工事が行われていました。


221
以前に撮ったファサードの写真です。
12世紀に建設されたロマネスク様式の教会ですが、現在は教区教会の一部に組み入れられ、宗教活動は停止中です。


P1690301
ついでに教会の後陣の写真を載せておきましょう。


P1690555
後陣はドゥオーモ広場からよく見ることが出来ます。


P1680975


P1680655
この突き当りが美術館の入り口です。


P1680658


P1680659
入館しました。


P1680665
部屋の天井のフレスコ画


P1680662
無名画家の「彩色磔刑像」(12世紀末‐13世紀初め)
ヴァッロ・ディ・ネ—ラのサンタ・マリア教会にありました。


P1680667
Primo Maestro di Santa Chiara da Montefalco の「聖母子」(1315)
ヴァッロ・ディ・ネ—ラのサンタ・マリア教会にありました。


P1680672
14世紀のウンブリアの無名彫刻家の「聖クリスティーナ」
ガーゾのサンタ・クリスティーナ教会にありました。


P1680676
無名画家の「彩色磔刑像」(13世紀初頭)
ロッカタンブーロのサン・サルヴァトーレ教会にありました。


P1680680
15世紀のウンブリアの無名彫刻家の「聖アンドレア」
ノルチャのサンタンドレア・イン・カンピ教会にありました。


P1680682
この作品は展示されていませんでした。


P1680684
13世紀後半のウンブリア、恐らくスポレート出身の無名画家の「聖母子とキリストと聖マルティーノの生涯」


P1680689
13世紀のウンブリアの無名画家の「彩色磔刑像」(1241)
カンピ・ディ・ノルチャのサン・ビアージョ教会にありました。


P1680694
会議室でしょうか?


P1680695


P1680696


P1680698
アゴスティーノ・マルティ(1520‐1526記録)の「聖会話」(16世紀後半)
セッラーノのサンタ・マリア・イン・モンテサント教会にありました。


P1680703
ベルナルディーノ・ガリアルディの「割礼」(17世紀中頃)
トレヴィのマドンナ・デッレ・ラークリメ教会にありました。


P1680707
ヴィンチェンツォ・マネンティ(オルヴィ―ニオ、1600‐1674)の「ロザリオの聖母と聖ドメニコとシエナの聖カテリーナと教皇聖ピオ5世」(17世紀中頃)
ノルチャのサン・ベネデット教会にありました。


P1680713
カヴァリエ―ル・ダルピーノ(1568‐1640)の「キリストと洗礼者聖ジョヴァンニと聖ジュゼッペと大天使ミケーレ」
ノルチャのサン・二コラ教会にありました。


P1680719
17世紀後半の無名画家の「マギの礼拝」
スポレートのサン・フィリッポ・ネリ教会にありました。


P1680726
シモーネ・デ・マジストリス・ダ・カルダローラに帰属する「十字架降下」(16世紀末)
セッラーノのサンタ・マリア・イン・モンテサント教会にありました。


P1680735
次の部屋です。


P1680736


P1680737
天井のフレスコ装飾


P1680738


P1680739


P1680741
ジョヴァンニ・スパラパーネとバルトロメオ・ディ・トッマーゾの「サンタンドレア・イン・カンピの多翼祭壇画」(15世紀後半)


P1680743
バルトロメオ・トッマーゾの「聖母子」
この多翼祭壇画はジョヴァンニ・スパラパーネが全てのパネルを描いたと考えられてます。後に、ジョヴァンニの描いた中央パネルの「聖母子」が取り外され、バルトロメオの彫刻に置き換えられたそうです。


P1680745
洗礼者聖ジョヴァンニ、聖ピエトロ


P1680747
聖アンドレア、聖ベネデット


P1680749
父なる神


P1680750
4福音書記者


P1680753


P1680755
Maestro di Gaglianvecchio に帰属する「モンテサントのサンタ・マリアのトリッティコ」(15世紀中頃)


P1680759
中央の「磔刑」


P1680761
洗礼者聖ジョヴァンニ


P1680763
聖ルチア


P1680765


P1680766
バルトロメオ・ダ・ミランダに帰属する「サンタ・マリア・イン・ルビーノのトリッティコ」(15世紀中頃)
アクアスパルタのサンタ・マリア・イン・ルビーノ教会にありました。


P1680772
聖母子


P1680770
聖セバスティアーノ


P1680774
アレッサンドリアの聖カテリーナ
(つづく)

P1690034
市庁舎


P1690036


P1690043
雷鳴が近くなってきました。


P1690037
雲行きが怪しい。


P1690040
とうとう雨が降ってきました。


P1690045


P1690047
次はメルカート広場です。広場は直ぐ近くにあります。


P1690054
メルカート広場です。


P1690049
教会のようなファサードの建物です。


P1690058
Fontana di Piazza del Mercato


P1690051
フォンターナのフレスコ画


P1690057
13世紀の記録に、この地にフォンターナがあったことが記されています。現在のものは、1433年に再建された二代目です。


P1690061
この広場はローマ時代の交易の中心地でした。


P1690055
広場に面して建つ建物の壁に描かれたフレスコ画です。


P1690056


P1690059
雨が小降りになりました。
実は、この後、雨が止み、日が差して来たのですが、更に30分経つと大雷雨になったのです。


P1690068


P1690062
雷雲が来て、10分ほど経つと雷雲が去り、晴れてくる、それを3回繰り返して、その後に来た雷雨は本当に凄いものでした。


P1690063
日が差してきました。


P1690066


P1690069
急に強い雨が降ったので、テントの中の商品が濡れていました。


P1690060
次はモンテローネ門です。


P1690073
これはモンテローネ門ではありません。


P1690074
23年に建設されたArco di Druso e Germanico です。


P1690075
以前、偶然見かけたブログで、これをモンテローネ門と間違えていました。


P1690076
この出店のテントは、3回目までの雷雨では大丈夫でしたが、最後の大雷雨の風雨で吹き飛ばされてしまったのです。


P1690078
モンテローネ門はこちらです。


P1690079


P1690080
紀元前241年に建てられた、古代スポレートの城壁の門です。


P1690082
Arco di Druso e Germanico の方が見場が良いので、間違えるのも無理からぬものがあります。


P1690084


P1690085


P1690077
次はサンタンサーノ教会です。


P1690081
教会は観光客に人気でした。


P1690089
この教会については、別に詳しく触れることにします。


P1690100


P1690126


P1690122


P1690167
外に出ました。


P1690168
次はリベルタ広場です。


P1690169
このアーチを潜れば広場に出ます。


P1690170
リベルタ広場です。


P1690171
市庁舎からリベルタ広場、ローマ劇場までの一帯がスポレートで最も古いと言われてます。


P1690173
Palazzo Ancajani


P1690179


P1690180
この銘板ではPalazzo Ancaiani と記されてます。どちらも正しい。


P1690172


P1690184


P1690176
時計がある建物はPalazetto Ancajani


P1690177


P1690181
次は考古学博物館です。


P1690183
博物館はローマ劇場のところにあります。


P1690182


P1690185
考古学博物館の入り口は裏通りの広場前にあります。


P1690186
青い旗のある所が博物館の入り口です。


P1690188


P1690191
ここです。


P1690189
博物館の前にある広場です。


P1690193
入館しました。


P1690197
博物館に付いては、後で詳しく触れることにします。


P1690198


P1690235


P1690251
外に出ようとしたら、大雷雨。30分ほど雨宿りを余儀なくされました。


P1690273
(つづく)










P1680472
城塞は毎日公開されてますが、博物館の方は毎週月曜日が休館となってます。月曜日に来たことがありませんが、城塞部分と博物館の区分が良く分かりません。何せ一体化していますので。


P1680473


P1680475
天井の紋章


P1680478
Maestro di San Alo の「彩色磔刑像」
この親方に付いて、全くの不知です。


P1680480
Maestro di San Alo の「キリストと聖人たち」


P1680483


P1680486
詳細不明


P1680487
Maestro di San Alo の「磔刑」
裏面にも描かれています。


P1680490
裏面も「磔刑」です。


P1680492
壁一面にフレスコ画が描かれていたようです。


P1680493


P1680494
ウンブリアの無名彫刻家の「聖母子(14世紀初め)


P1680499
スポレートの無名画家の「祭壇前飾り」(14世紀前半)


P1680501


P1680503
ウンブリアの無名彫刻家の「聖母」(14世紀中頃)


P1680506
次の部屋です。


P1680508
ウンブリアの無名画家の「聖母子」(14世紀前半)


P1680511
ウンブリアの無名彫刻家の「馬上の騎士」(13世紀末‐14世紀初め)


P1680512
ウンブリアの無名彫刻家の「馬上の騎士」(13世紀末‐14世紀初め)


P1680514
ウンブリアの無名彫刻家の「聖ポンツィアーノ」(14世紀前半)


P1680516
次の部屋です。


P1680517


P1680519
無名彫刻家の「アーキトレーブ」(1463)
スポレートのドゥオーモにありました。


P1680521
ウンブリアの無名彫刻家の「横臥している男の像」(15世紀前半)


P1680524
ニコロ・アルンノ(フォリーニョ、1454-1502)の「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエのトリッティコ」(1475c)


P1680528


P1680529


P1680531
普通、聖母子は中央パネルになりますが、ここでは違います。


P1680535
ニコラ・ディ・ウリッセ・ダ・シエナに帰属する「サン・エウティツィオのポリッティコ」(1463-77)
残念ながら中央パネルが欠落しています。


P1680537
聖プラチード、聖スペース


P1680539
聖ベネデット、聖フィオレンツィオ


P1680541
4福音書記者


P1680543


P1680545
次の部屋です。


P1680546


P1680547


P1680548


P1680552
アントネッロ・デ・サリバ(メッシーナ、1480‐1495記録)の「モンテサントの祭壇画」(1494)


P1680554 
サリバはアントネッロ・ダ・メッシーナの甥でした。御覧のように腕前は普通でしたが、それでも食べるのに困らないような画家だったと思います。ところが、時々、叔父であるアントネッロ・ダ・メッシーナの名前を騙って作品を制作したのです。更に悪いことには、アントネッロ・ダ・メッシーナ作品の複製画を手掛けたので、作品帰属をめぐって混乱が生じてます。


P1680557


P1680561
ヤコポ・ヴィンチオーリ(スポレート、1444‐1495記録)の作品(15世紀第4四半世紀)です。


P1680562
恐らく多翼祭壇画の一部と思われます。


P1680563
スポレートのサン・シモーネ教会にありました。


P1680565
洗礼者聖ジョヴァンニ、聖ピエトロ


P1680571
ヤコポ・ヴィンチオーリ?の「聖母子と聖人たち」(15世紀第4四半世紀)


P1680575
展示室からロッジャに出ました。


P1680576
すっかり良い天気になりました。


P1680577


P1680579


P1680580
2階ロッジャからの眺め


P1680581


P1680582


P1680583
1階に戻りました。


P1680585
博物館の外に出ました。


P1680598
(おわり)

P1680381
再び2階ロッジャのフレスコ画に戻ります。今度は先ほどと別翼のロッジャです。


P1680382


P1680369


P1680371


P1680372
各紋章がどの家のものか分かりませんが、この城塞に関係した家の紋章です。


P1680373


P1680374


P1680375


P1680377


P1680379


P1680382


P1680383


P1680384


P1680385


P1680386


P1680388


P1680390


P1680391


P1680393


P1680394


P1680395


P1680397


P1680399


P1680400
ロッジャのフレスコ画は以上で終わりです。


P1680402


P1680403


P1680401
博物館の展示に戻ります。


P1680404


P1680405


P1680407
スポレートのサン・ニッコロ・デ・マッルッビア教会にあった碑文(1172)


P1680409
スポレートのバーリ橋にあった碑文(1155)
バーリ橋が何処にあるのか分かりません。


P1680411


P1680412


P1680414
紋章?


P1680416


P1680418


P1680419
上記フレスコ画の説明プレート


P1680420
「福音書記者聖ルーカのシンボル」(13世紀)
スポレートのドゥオーモにあった彫刻


P1680422


P1680423
「ライオン像」(12世紀後半)
スポレートのサン・ニコロ教会にあった彫刻


P1680425
アレッツォの無名彫刻家の「スポレートのサン・ニコロ教会プルターレのルネッタ」(13世紀後半)


P1680427


P1680428


P1680430
Maestro delle Palazze の「キリストの嘲笑」(13世紀末)


P1680433
Maestro delle Palazze の「最後の晩餐」(13世紀末)


P1680435


P1680436
13世紀末の無名彫刻家による「牡鹿に飛びかかるライオン」


P1680439
Maestro delle Palazze の「最後の審判」(13世紀末)


P1680442
Maestro delle Palazze の「磔刑」(13世紀末)


P1680445
Maestro delle Palazze の「聖母子と二聖人」(13世紀末)


P1680448
Maestro delle Palazze の「磔刑」(13世紀末)


P1680451
Maestro di Cesi (1308‐1315記録)の「彩色磔刑像」(14世紀第1四半世紀)


P1680455
ウンブリアの無名画家の「彩色磔刑像」(12世紀末)


P1680458


P1680460


P1680461
無名彫刻家の「聖ビアージョの殉教」(12世紀末‐13世紀初め)


P1680465


P1680467
ウンブリアの無名画家の「彩色磔刑像」(13世紀第3四半世紀)
スポレートのステッラ修道院にありました。


P1680470
ウンブリアの無名彫刻家による「柱頭」(14世紀前半)
(つづく)

P1680259
博物館と城塞の続きです。


P1680258


P1680260
色々なものが展示されてます。


P1680261
スポレートのサンタガタ修道院にあった柱頭(8世紀)


P1680263
スポレートのサンタガタ修道院にあった柱頭(8世紀)


P1680265
柱頭(8世紀末‐9世紀初め)


P1680267
部屋の壁に残されたフレスコ断片


P1680268
何が描かれていたのか判然としません。


P1680269
仮に塗り潰されても然したる影響がありません。


P1680270
聖人たちの彫刻(9世紀)
スポレートのサンティッシマ・アポストリ教会にありました。


P1680272
装飾がある仕切り(9世紀)


P1680274
装飾が施された石板(9世紀前半)


P1680276
「髭がある男の頭像」(9世紀)


P1680278
柱頭(9世紀)


P1680280
装飾が施された石板(9世紀)


P1680282
装飾が施された石板(9世紀)
スポレートのサンティッシマ・アポストリ教会にあったもの


P1680285
二階に向かいました。


P1680286
階段の踊り場にあるフレスコ


P1680287


P1680292
2階のロッジャの壁に描かれたフレスコ画を見ました。


P1680293


P1680289


P1680290


P1680294
これらの制作者が私には分かりません。


P1680296
私が「制作者不明」と書くときは、世間一般的に誰も分からない時を示してます。


P1680298
この博物館関係者は誰が描いたのか知っていて、私だけが知らない場合があります。


P1680301
ここに付いては、私だけが知らないと思います。


P1680303


P1680305


P1680308
ロッジャからの景色が素晴らしい!


P1680309


P1680312


P1680313


P1680316


P1680318


P1680319


P1680320


P1680324
これで二階ロッジャの片方のフレスコ画の紹介を終わります。


P1680327
次はCamera Pintaです。


P1680328
この部屋のフレスコ画は特に有名です。


P1680329


P1680331
この博物館・城塞の最大の見どころはCamera Pintaと言われてます。


P1680334


P1680335


P1680337


P1680352
この部屋のフレスコ画の制作者が記されてます。


P1680338


P1680340



P1680341


P1680342


P1680343


P1680344


P1680345


P1680346


P1680349


P1680350


P1680353


P1680354


P1680355


P1680356


P1680357


P1680358


P1680359


P1680362


P1680363


P1680365


P1680366


P1680367
これでCamera Pintaのフレスコ画の終わりです。


P1680332
(つづく)

P1680621
昼食時です。


P1680623
ドゥオーモを見下ろす、ここで食べることにしました。正午過ぎなので、まだ席が埋まっていませんが、大体満席になります。


P1680622
下を見下ろせば、このような光景です。この景色を見ながら食べることが出来ます。


P1680624
午後の予定を考えて、水代わりのビールだけにしました。酒類の味を評価できるという点では以前と全く同じですが、量を飲むという点ではもうダメになりました。数年前まで750mlのワイン1本を毎食楽しんだものですが、今では昼食か夕食に375ml瓶1本が適量となりました。


P1680626
昼食なので軽く食べました。


P1680628


P1680630


P1680631
シメのドルチェは殆ど食べたことがありません。
小さい頃、祖母から男の子は女子供が食べるような甘いお菓子を食べてはいけない、と教育されたので、それが何となく今でも引きずっているからです。
祖母の母は、藩主家に繋がる家老の娘でした。そのため、祖母は非常に気位が高く、車は馬車の代わりで、車を運転するのは馬丁の使用人の仕事で、使用人の仕事を奪うことになるので私には車の運転はしてはいけない、と言ってました。


P1680633
ここに来ると、何時も気になります。


P1680637
これです。(写真左端)
頭と足がない太った人間像です。現代彫刻の傑作?とされてます。←激しく不同意します。


P1680635
この時間は閉まっているドゥオーモの拝観を後回しにするのが自然です。


P1680636


P1680638
次はMuseo Diocesanoです。


P1680643
写真左がMuseoです。


P1680647
ここです。


P1680648
入口扉上の壁に描かれたフレスコ


P1680642


P1680641


213
旧サンテウフェーミア聖堂です。ここはMuseoの一部になっています。


212
入館しました。


P1680735
Museoについては、後ほど詳しく触れることにします。


215
旧聖堂の内部


P1680842
非常に見応えがあります。


P1680645
外に出ました。


P1680981


P1680646
水飲み場で給水しました。


P1680980
遠雷が聞こえてきました。


P1680984
次はローマ時代の家です。


P1690025
遠来の音がしきりに聞こえていましたが、空の半分はまだ青空でした。ローマ時代の家は市庁舎の下にあります。


P1690024
カリグラ帝治世の1世紀ころに建設された家です。


P1690023
無料で公開されてます。


P1690022
入口


P1680985
中に入りました。


P1680986
15世紀、ブランカレオーニ家の邸宅(現市庁舎)を建てるときに、この家の存在は知られていたそうですが、発掘作業が行われないまま建設工事が行われ、途中邸宅の火災などもあって、ローマ時代の家の存在自体が忘れられてしまったそうです。


P1680987
床のモザイク


P1680988
1885年から1886年にかけて、考古学者がこの家を再発見しました。


P1680989
発掘作業がすぐに始められましたが、資金難のため作業は何度も中断され、1914年になって、ようやくその全貌が明らかにされました。


P1680991
土砂に埋もれていましたが、家は建設当時の姿を損ねることなく、ほぼ完全な姿を留めているそうです。


P1680992


P1680993


P1680994
この時代の住居は日本には全く残ってません。


P1680997


P1680998


P1680999


P1690002


P1690004


P1690006


P1690007


P1690009


P1690010


P1690011
この時代、我々のご先祖様は縦穴式住居に住んでいました。何たる違いでしょう。


P1690012


P1690013


P1690014


P1690015


P1690016


P1690018
発掘物


P1690019


P1690020


P1690026
このようなものを見るために私はイタリアに行くのです。


P1690027
市庁舎


P1690029
フレスコ装飾が壁に施されます。


P1690031


P1690030
このモニュメントも苦手だなあ。


P1690033


P1690032
(つづく)

P1690694
スポレートのサンテリオ丘に建つアルボルノツィア—ナ要塞です。


P1690674
教皇庁がアヴィニョンにあった頃の教皇インノチェンツォ4世(1282‐1362)が、当時教皇領の重要な拠点だったスポレートの防御を図ったことがこの城塞を築く切っ掛けとなりました。


P1690315
教皇はスペイン出身のエジーディオ・アルボルノツォ枢機卿にスポレート要塞の建築を命じました。その名に基づき、グッビオの建築家マッテオ・ガッタポーニの設計と工事監督により、1363年から1367年に建築されたのがアルボルノツィアーナ城塞です。


172
高い城壁で囲まれた城塞には6本の防御塔があります。


178
16世紀になると、城塞としての重要性が失われ、18世紀には公的な建築物となりました。
1812年から1982年まで、城塞は刑務所として使用されました。


P1680598
20世紀末に、建物は博物館として転用されることになり、国立スポレート公国博物館は2007年にオープンしたのです。


P1680182
スポレート周辺の遺跡からの発掘物、教会や修道院から運ばれた彫刻や祭壇画など864,190点の厖大な展示物が、総面積1,241平方メートルの展示室に展示されてます。
また、城塞内の部屋や回廊に施されたフレスコ画などの装飾が大きな見どころとなってます。


P1680184
博物館の入り口です。
尚、2015年の年間入館者は36,309人でした。


P1680185
切符を購入して中に入ると、この中庭Corte d'onore に出ます。


P1680186


P1680187
中庭を囲む回廊の2階に描かれたフレスコ画が見どころですが、それを見るのは後回しにして1階部分を先に見ました。


P1680190
教皇グレゴリオ13世の紋章


P1680191


P1680196
Corte d'onore を囲む回廊は、建築家ベルナルディーノ・ロッセッリーノ(セッティニャーノ、1409‐フィレンツェ、1464)の設計と工事監督によって15世紀中頃に建設されました。


P1680195
この向こうにも中庭にあるのですが、中庭と中庭を結ぶ通路の壁に描かれたフレスコ画が見どころです。


P1680197
壁一面にフレスコ画が描かれてます。


P1680198


P1680199


P1680201


P1680202


P1680203


P1680204


P1680205


P1680206


P1680207


P1680208


P1680210


P1680212


P1680214
中庭は2つあり、こちらの方は城塞に詰める兵士たちが利用しました。


P1680215
兵士たちの中庭は装飾などが全くない実用的なものでした。


P1680216
Corte d'onore に面した展示室に入りました。


P1680217
「石棺」(5世紀末‐6世紀初め)
スポレートのサンティッシマ・アポストり教会にありました。


P1680219
「ルーチェ・バエビーオ・サビーノの石棺」(4世紀末‐5世紀初め)


P1680221
「ブオン・パストーレの石棺」(4世紀後半)


P1680223
「テラコッタ製の棺」(6世紀)
スポレートのサン・ピエトロ教会にありました。


P1680225
「テラコッタ製棺」(6世紀)
スポレートのサン・ピエトロ教会にありました。


P1680227
「テラコッタ製棺」(6世紀)
スポレートのサン・ピエトロ教会にありました。


P1680229
遺跡からの発掘物


P1680230
石碑の数々


P1680231
「墓碑」(4世紀末‐5世紀初め)
スポレートのサンティッシマ・アポストリ教会にありました。


P1680233
「スペース司教の墓碑」(5世紀後半)
スポレートのサンティッシマ・アポストリ教会にありました。


P1680235
展示室のフレスコ画


P1680236


P1680237
スポレートのサン・マルコ教会のモザイク(6世紀前半)


P1680238
スポレートのサン・マルコ教会のモザイク(6世紀前半)


P1680239
スポレートのサン・マルコ教会のモザイク(6世紀前半)


P1680242
監視員が厳しく仕事をしてました。


P1680243
13世紀の無名彫刻家の「聖イサクの石棺」
モンテルーコ・ディ・スポレートのサン・ジュリアーノ教会にありました。


P1680245


P1680246
15世紀の無名彫刻家の「ベアート・グレゴリオの石棺」(15世紀第4四半世紀)


P1680247
スポレートのドゥオーモにありました。


P1680249
次の部屋


P1680251


P1680252


P1680254
フラミニア街道の敷石


P1680255
遺跡からの発掘物


P1680256


P1680257
(つづく)

P1680594
P1680163
エスカレーターに乗りました。


P1680166
次のエスカレーターまで、このような通路が設けられてます。


P1680164
エスカレーターと次のエスカレーターの間から見る景色が素晴らしいのです。見えているのはサン・ポンツィアーノ教会です。


P1680165


P1680167
サン・ポンツィアーノ教会の向こうにサン・サルヴァトーレ教会が見えました。


P1680168
更に上りました。


P1680169


P1680170


P1680171
FS駅が見えました。


P1680172
エスカレーターの途中でドゥオーモに出ることが出来ますが、エスカレーターの終点まで一挙に上りました。


P1680173
エスカレーターの終点はアルボルノツィア—ノ城塞です。


P1680174
この後、徐々に晴れてきましたが、この時は未だ靄がかかっていました。


P1680175
城塞は高い所にあるので、ここからの眺めが最高です。


P1680176
ここまで歩て上ってくるのはかなり大変です。


P1680177
エスカレーター利用がお勧めです。勿論無料です。


P1680178
塔の橋が見えました。


P1680179
橋の向こうは何もありませんが、一応後で渡ることにしていました。


P1680180
先ずはアルボルノツィア—ノ要塞の見学です。


P1680181
要塞は国立スポレート公国博物館になってます。


P1680184
美術ファンにとって、この博物館がスポレートの最大の見どころでしょう。


P1680186


P1680523
博物館に付いては、後で別個に詳しく取り上げます。


P1680585
博物館の外に出ました。


P1680586
依然として城塞の敷地内です。


P1680587
城塞には6つの塔があります。


P1680588
見えているのはサン・ピエトロ聖堂です。


P1680590
遠いので行く気になれません。


P1680593
次は塔の橋を渡ることです。


P1680595
城塞の門を潜って橋に向かうので遠回りになります。


P1680596


P1680597


P1680599
門まで下ります。


P1680601
門を潜りました。


P1680603
門の向こう側に出ました。


P1680602
こちらは城壁の門です。


P1680604


P1680605
更に下りました。


P1680606
城塞の城壁です。


P1680607
この先の門を潜らないと城塞外に出られません。


P1680608


P1680609
城塞の外に出ました。


P1680610


P1680611
奇妙な形をしたモニュメント


153
大回りをして城塞の下に来ました。


167
いよいよ塔の橋を渡ります。


163
橋の向こうにある建物


169


170
ここから渡ります。


173


174


175
渡りましたが、何もありません。


176
橋の向こうから見た城塞


177
中に入ることが出来ません。


179
何のために橋を渡ったの?  自問しました。


180
泉がありました。


181
直ぐに戻ることにしました。


P1680612
サン・シモーネ教会です。


P1680614
久し振りに拝観したかった。


P1680613
扉の前のトリノ糞の堆積量が多かったので、旧教会になった可能性があるかも知れません。


P1680615
チョットだけ有名な泉があります。


P1680616
これです。


P1680618
モービル・オイル・イタリアがこの泉の修復費用を負担したそうです。


P1680617


P1680619
この下にドゥオーモがあります。


P1680620
(つづく)

P1670995
ガリバルディ広場の端に聖堂があります。


P1680119
スポレートの司祭を務めていた聖グレゴリオは、棄教を迫る拷問を受けたものの屈せず、304年12月24日に殉教しましたが、その墓の上の現在地に建てられた初期キリスト教会が前身です。


P1680110
聖グレゴリオを奉るサン・グレゴリ教会がスポレートに2つあるので、区別するためにマッジョーレの名称が加えられてます。


P1680111
現在の建物の原型は、1079年創建、12世紀前半に完成した二代目のものです。奉献式は1146年に執り行われました。
また、柱廊付きのファサードは、1342年に建設されました。


P1680117
修復工事によって、外観が何度か変更されましたが、1907年の修復の際、それまでのバロック様式から元の姿であるロンバルディア・ロマネスク様式に戻されました。
しかし、第二次世界大戦の爆撃によって大きな被害を受けたので、戦後に15世紀頃の姿に再度変更されたものが現在の外観となってます。
なお、小バジリカの教区教会です。


P1680112
ファサードの壁龕にある聖グレゴリオ像


P1680113
ファサードのフレスコ画


P1680114
誰の聖人像でしょうか?


P1680115
判別が難しいフレスコ画


P1680108
鉄扉からファサード下の柱廊に入りました。


P1680102
Cappella degli Innocenti


P1680104
セバスティアーノ・コンカによるフレスコ画(1744)


P1680105
「嬰児虐殺」


P1680107


P1680006
三廊式、ロマネスク様式の聖堂内部です。


P1680008
左右の側廊に礼拝堂が設けられてます。


P1680007
所々に剥離フレスコ画が残されてます。


P1680009


P1680010
主祭壇


P1680012
詳細不明の「彩色磔刑像」


P1680015
後陣の壁に描かれた聖人たちのフレスコ画(12世紀)


P1680018
後陣側壁のフレスコ画


P1680021
壁の殆どと柱にフレスコ画があったと推定されてます。


P1680023


P1680026
フレスコ画の下の碑文に注目です。


21
奉献式に付いての記述です。


P1680029
柱に描かれた「玉座の聖母子」


P1680032
フレスコ画の制作者は不明です。


P1680033


P1680034


P1680037


P1680038


P1680040


P1680042


P1680044


P1680046


P1680047


P1680048


P1680051
その下にある碑文が重要です。


22
創建の記述です。


P1680055
左側廊


P1680056


P1680060


P1680061


P1680062
右側廊


P1680064


P1680063
聖水盤


P1680065


P1680066


P1680068


P1680069


P1680073


P1680076


P1680077


P1680079


P1680082


P1680086


P1680088
次はクリプタです。


P1680089


P1680094


P1680092


P1680097


P1680098
聖グレゴリオの墓がある筈ですが、分かりませんでした。


P1680100
クリプタから内陣に戻りました。


P1680028


P1680109
外に出ました。

(おわり)

スポレートは、人口38,218人(2015年12月31日現在)のウンブリア州ペルージャ県にあるコムーネです。
P1670977
この日は、アンコーナから列車でスポレートに向かいました。


P1670978
列車はローマ行の一番列車だったからでしょうか、非常に空いてました。


P1670979
列車は定時にスポレート駅に到着しました。


P1670980
駅舎


P1670981
チェントロに向かうバスがありますが、この日は徒歩で向かいました。


P1670982
駅からチェントロまで約1㎞、徒歩15分くらいの距離です。


P1670984
列車内で座り続けていたので、歩くのが楽しみでした。


P1670985
ベンチが置かれている歩道を進みました。


P1670986
先ず、この日のお宿に向かいました。


P1670987
青銅器時代から続く古い歴史を持つ街です。


P1670988
カステッロが段々近づいてきました。


P1670989
フラミニア街道に入りました。


P1670992
今も昔も通りの名前が変わっていません。


P1670990
テッスィーノ川に架かるローマ橋を渡りました。


P1670991
チェントロの入り口ガリバルディ門です。


P1670993
第二次世界大戦の爆撃によって古い門が破壊されたので、1947年に新たに建設された門です。


P1670994
門を潜り、ガリバルディ広場に入りました。


P1670996
サン・グレゴリオ・マッジョーレ聖堂の鐘楼が見えました。


P1670997
広場にある、この日のお宿です。
このホテルに泊まるのは初めてです。スポレートに来れば、必ず泊まっていたホテルがどうしても予約できなかったので、已む無くここにしました。


P1670998
荷物をホテルに預け、身軽になったので、街歩きに出発しました。


P1670999
見どころが豊富なので、効率良く見て回るには時間配分が大切です。


P1680001
気になっていた予約できなかったホテルの状況確認をすることに。


P1690638
そのホテルはガリバルディ通りにあります。


P1690636
この四つ星ホテルです。扉が閉まっていました。休業中のようです。


P1690637
現在は予約可能なので、この時は工事が行われていたのでしょう。この時は、経営状態が悪くなったので、閉鎖に追い込まれたのだろうと思っていました。(失礼)


P1680002
広場に戻りました。


P1680003
この後、サン・グレゴリオ・マッジョーレ聖堂を拝観しました。


P1680057
この聖堂に付いては、古寺巡礼で別に取り上げる予定です。


P1680116
拝観が終わりました。次はカステッロの方に向かうことにしました。


P1680118
この通りを上って行けば、ドゥオーモやカステッロに向かうエスカレーターに出ることが出来ます。


P1680120
通りの左側の建物の裏にローマ劇場の遺跡があります。


P1680121
マドンナ・デッラ・ステッラ教会です。


P1680122


P1680124
古い歴史ある教会ですが、再建された建物内には魅力ある芸術作品が無いので、閉まっていても気になりません。


P1680125
時間が厳しいので道草はダメです。


P1680126


P1680127
クラクションを鳴らしながら走ってくる車がありました。


P1680128
クラシックカーの車列です。


P1680129
次から次へと車がきます。


P1680130
何の大会なのか分かりません。


P1680132
100台くらいは通ったと思います。


P1680133
よく見ると同じモデルの車のようです。


P1680134
車列の終わりのようです。


P1680135
全車通過しました。後から分かったのですが、ドゥオーモ広場に全車集結したそうです。


P1680131


P1680136


P1680137
写真左は旧マドンナ・デッラ・ステッラ修道院だった建物です。


P1680138
施錠されて中に入ることが出来ませんでした。キオストロ回廊の壁に描かれた素晴らしいフレスコ画があります。


P1680140


P1680141
暫くしても一般の車が全然来ないことに気付きました。交通規制が行われたようです。


P1680143
教会が見えてきました。


P1680144
扉が開いているように見えたので、近づきましたが閉まっていました。


P1680148


P1680147
出来れば拝観したかった教会です。


P1680146
教会の拝観は運次第ですから、出来なくても仕方がありません。


P1680149
道は上り坂になってます。


P1680150


P1680151


P1680152


P1680153
エスカレータ―は直ぐ傍にあります。


P1680158
多分、機能を停止した旧教会でしょう。


P1680160
城壁外に出ました。


P1680162
(つづく)

↑このページのトップヘ