イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > オルヴィエート、ドゥオーモ付属博物館

今回は、オルヴィエートの旧サンタゴスティーノ教会に設けられたドゥオーモ付属博物館別館を取り上げます。
P2160418
オルヴィエートのサン・ジョヴェナーレ広場です。


P2160610
サン・ジョヴェナーレ広場に面して建つ旧サンタゴスティーノ教会です。


P2160414
12世紀頃、この地に既にサンタ・ルチア教会があった記録がありますが、1264年、サンタ・ルチア教会を取り壊し、その上に新築されたゴシック様式の教会です。


P2160320
14世紀前半、アウグスティヌス修道会によって修道院が併設され、大規模な教会修道院として18世紀末まで存続しました。


P2160420
1481年に完成したファサード


P2160424
18世紀末、ナポレオン軍のイタリア侵攻によって、この教会修道院はナポレオン軍の駐屯地として占拠され、1810年に全ての宗教活動を停止しました。それ以降、一度も教会機能を復活することなく現在に至ってます。


P2160416
ファサードのルネッタ


P2160415
現在、この建物は、主にオルヴィエート大聖堂にあった彫刻を展示するドゥオーモ付属博物館別館として使用されてます。


P2160322
単廊式の内部です。


P2160323
1724年の修復工事の際、バロック様式に改修されました。


P2160324
1980年から1990年に行われた修復の際、殆どの壁が新しく塗り直され殺風景な感じがします。


P2160325
天井装飾なし

1980年、オルヴィエート・トーディ地区の歴史文化建造物の修復事業の一環として、この教会が取り上げられ、修復工事が開始され、1990年に工事完了、現在の姿になりました。


P2160326
16世紀に描かれたフレスコ画が僅かに残されてます。


P2160327
「聖アゴスティーノの生涯」


P2160329
フランチェスコ・モーキ(モンテヴァルキ、1580‐ローマ、1654)の「受胎告知」
大天使の方は1603‐1605年の制作


P2160328
聖母の方は1605‐1608年の制作
ドゥオーモの主祭壇にありました。


P2160332
サンタゴスティーノ教会の剥離フレスコ


P2160333


P2160334


P2160336
ラッファエッロ・シニバルディ・ダ・モンテルーポ(1504‐1566)の「聖ピエトロ」(1557以降)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160340
フランチェスコ・モスキーノ(1523‐1578)の「聖パオロ」(1556)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160345
イッポリート・スカルツァ(オルヴィエート、1532‐1617)の「斬首された洗礼者聖ジョヴァンニ?、又は死せるキリスト?」(1570‐80c)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160347
サンタゴスティーノ教会にあった剥離フレスコ


P2160349
ファビアーノ・ト—ティ(オルヴィエート、?‐1607)の「聖ブリツィオ」(1601)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160354
ファビアーノ・ト—ティとイッポリート・スカルツァの「聖アンドレア」(?‐1599)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160356
サンタゴスティーノ教会の剥離フレスコ


P2160358
イッポリート・スカルツァの「福音書記者聖ジョヴァンニ」(1588‐94)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160360
ジョヴァンニ・バッティスタ・カッチーニ(フィレンツェ、1556‐1612/1613)の「聖ジャコモ・マッジョーレ」(1589‐91)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160364
サンタゴスティーノ教会の剥離フレスコ


P2160366
ファビアーノ・ト—ティの「聖ロッコ」(1593)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160369
イッポリート・スカルツァの「聖トッマーゾ」(1587完成)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160372
サンタゴスティーノ教会の剥離フレスコ


P2160374
フランチェスコ・モスキーノとイッポリート・スカルツァの「聖セバスティアーノ」(1554‐57)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160377
フランチェスコ・モーキの「聖フィリッポ」(1609‐10)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160380
イッポリート・ブーツィ(1562‐1634)の「聖バルトロメオ」(1616‐17)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160383
ピエトロ・フランカヴィッラ(1553c‐1616)の「聖マッテオ」(1595‐1600)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160384


P2160385


P2160388
サンタゴスティーノ教会の剥離フレスコ


P2160389
ベルナルディーノ・カメッティ(1669‐1773)の「聖ジャコモ・ミノーレ」(1722)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160391


P2160394
ジャンボローニャ(1529‐1608)の「聖マッテオ(未完)」(1595)
ジャンボローニャに発注された聖マッテオですが、制作の途中で放棄されてしまいました。


P2160396
サンタゴスティーノ教会の剥離フレスコ


P2160397
フランチェスコ・モーキの「聖タッデオ」(1631‐44)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160398


P2160400
サンタゴスティーノ教会の剥離フレスコ


P2160403
ファビアーノ・ト—ティの「聖コスタンツォ」(1593‐98)
オルヴィエート大聖堂にありました。


P2160405
サンタゴスティーノ教会の剥離フレスコ


P2160407
ジョヴァン・バッティスタ・ドナーティの「ドゥオーモの鐘」(1770)


P2160409


P2160412
ベルナルディーノ・カメッティの「聖シモーネ」(1722)


P2160417
外に出ました。


P2160315
ドゥオーモの彫刻をサンタゴスティーノ教会で見るとは、どうもしっくりきません。


P2150546
次の部屋です。


P2150548
ウゴリーノ・ディ・ヴィエーリ(イタリア中部で活躍した彫金師)の「聖体布容れ」(1338)


P2150550
聖具類


P2150551


P2150552
部屋のフレスコ画


P2150553


P2150554


P2150555


P2150559
ラッファエッロ・シニバルディ・ダ・モンテルーポ(モンテルーポ・フィオレンティーノ、1504‐オルヴィエート、1566)の「大天使ミケーレ」(1560)


P2150561
ラッファエッロ・シニバルディ・ダ・モンテルーポの「竜を退治する大天使ミケーレ」


P2150564
ラッファエッロ・シニバルディ・ダ・モンテルーポの「竜を退治する大天使ミケーレ」


P2150568
ヤコポ・ダ・ボローニャ(ボローニャ、1465c‐ローマ、1516c)?の「聖母子と二聖人」(15世紀末‐16世紀初め)


P2150570
祈るキリストと二天使


P2150572
聖母子と聖ジョヴェナーレと聖サヴィーノ


P2150575
裾絵


P2150577


P2150579


P2150582
16世紀のヴェネトの無名画家の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2150584


P2150587
サンティ・ディ・ティート(ボルゴ・サン・セポルクロ、1536‐フィレンツェ、1603)の「砂漠の聖ジローラモ」


P2150591
詳細不明 シノピエ?


P2150593
ベネデット・ブリオーニ工房の「受胎告知する大天使」(16世紀初め)


P2150596


P2150598


P2150601
ルドヴィーコ・マッツァンティーの「聖母被昇天」


P2150604
ルドヴィーコ・マッツァンティーに帰属する「ジローラモ・クルツィオ・クレメンティーニ伯爵の肖像」(1716)


P2150609
18世紀のヴェネト・アドリア海の無名画家の「聖母子」


P2150612
17世紀後半から18世紀初めころのヴェネト・アドリア海の無名画家の「聖母子」


P2150616
詳細不明


P2150620
16世紀後半のヴェネト・クレタの無名画家の「磔刑」(16世紀末)


P2150625
アントニオ・ダ・ヴィテルボ通称イル・パストゥーラ(ヴィテルボ、1450c‐1516以降没)の「聖母子」(15世紀末)


P2150628


P2150631
チェーザレ・ネッビアの「キリストの復活」(1584‐87)


P2150635


P2150637
アミルカ―レ・ガレオッティ(オルヴィエート、1832‐1898以降没)の「自画像」(19世紀末)


P2150640
アミルカ―レ・ガレオッティの「アンドレイーノ・ガレオッティの肖像」(19世紀末)


P2150642


P2150645
ジャコモ・ピエルッチ(オルヴィエートで17世紀第2四半世紀に活動)の「教会への聖母の出現」


P2150648
チェーザレ・フラカッシーニ(1838‐1868)の「オルヴィエートの解放」(1864)


P2150650
外に出ました。


P2140983
シモーネ・マルティーニ、ルーカ・シニョレッリ、スピネット・アレティーノなどの傑作に酔いしれました。
次は、旧サンタゴスティーノ教会にある博物館別館です。
(つづく)

P2150384
バルトロメオ・ダ・ミランダの「聖母子と2聖人(15世紀中頃)


P2150389
15世紀末から16世紀初めのペルージャの無名画家の「聖ピエトロ」、「聖パオロ」


P2150391
聖ピエトロ


P2150394
聖パオロ


P2150395
ピントゥリッキオ派無名画家の「聖二コラ」(1495以降)


P2150399
ピエロ・ディ・プッチョの領域の「聖ロムアルド」(14世紀末‐15世紀初め)


P2150402
ルーカ・シニョレッリ(コルトーナ、1450c‐1523)の「マグダラのマリア」(1504)


P2150407
この作品ですが、2012年、2013年頃に修復が行われました。以前と比べて随分感じが違います。


7magdale
修復前の作品です。
以前は写真不可なので、修復前の写真は別サイトから拝借しました。


P2150410
15世紀末の聖水盤


P2150414
ティツィアーノ派無名画家の「ヴィーナスとプシケ」(16世紀後半)


P2150417
ルーカ・シニョレッリの「自画像(左)とニッコロ・ダ―ニョロ・フランキの肖像」(1503?)


P2150420


P2150425
ピエトロ・ディ・二コラ・ダ・オルヴィエートに帰属する「聖母子」(15世紀中頃)


P2150428
法衣(15世紀末‐16世紀初頭)


P2150432
イッポリート・スカルツァ工房の「タベルナコロ」(17世紀初め)


P2150437
チェーザレ・ネッビア(オルヴィエート、1536‐1614)の「聖書の物語」、「予言者たち」(1563‐64)


P2150441


P2150443


P2150446


P2150448


P2150453


P2150455


P2150458


P2150461


P2150464


P2150467


P2150470


P2150477
16世紀末から17世紀初めのオルヴィエートの無名画家の「足を洗うキリスト」


P2150480
16世紀末から17世紀初めのオルヴィエートの無名画家の「キリストと聖母の邂逅」


P2150486
16世紀末から17世紀初めのオルヴィエートの無名画家の「オリーブ園の祈り」


P2150490
チェーザレ・ネッビアの「キリストと使徒たち」(1611‐12)


P2150494
チェーザレ・ネッビアの領域の「最後の晩餐」(16世紀末‐17世紀初め)


P2150502
ジローラモ・ムツィアーノ(ブレーシャ、1532‐ローマ、1582)の「キリストの逮捕」(1584)


P2150506
ジローラモ・ムツィアーノの「鞭打ち」(1575)


P2150511
チェーザレ・ネッビアの「聖母の誕生」(1582)


P2150516
チェーザレ・ネッビアの「荊刑のキリスト」(1557)


P2150525
ロドヴィーコ・マツァンティー(1676‐1775)の「祈る聖母」(1713‐14)


P2150520
ジローラモ・ムツィアーノの「ヴェロニカ」(1557)


P2150527
詳細不明


P2150529
サッソフェッラート?


P2150531
チェーザレ・ネッビアの「磔刑」(1573‐74)


P2150535
チェーザレ・ネッビアの「カナの晩餐」(1569‐72)


P2150540
ポマランチョ(1517/1524c-1597以降没)の「ベテスダの池」(1565)


P2150544
ジローラモ・ムツィアーノの「ラザロの蘇生」(1556)
(つづく)

P2150931オルヴィエート大聖堂の横に建つソリアーノ宮です。


P2150651
13世紀末から14世紀にかけて建設されたソリアーノ宮です。


P2140988
ドゥオーモ付属博物館はソリアーノ宮にあります。
ドゥオーモ関連の展示物が最多を占めてますが、オルヴィエートの他の教会にあった作品も展示されており、その実態は教区教会博物館 Museo Diocesanoであると思います。


P2150244
入館しました。


P2150245
14世紀初めのオルヴィエートの無名画家の「聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナと福音書記者聖ジョヴァンニ」


P2150249
15世紀の無名画家の「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P2150252
15世紀初めにウンブリア、シエナで活動した無名画家の「オリーブの聖母」


P2150255
14世紀第4四半世紀のオルヴィエートの無名画家の「マギの礼拝」


P2150258
ウゴリーノ・ディ・プレーテ・イラーリオ(オルヴィエート、1356‐1384記録)の「聖コロナータ」


P2150260
ウゴリーノ・ディ・プレーテ・イラーリオの「聖人」
聖人は特定されていません。


P2150263
アンドレア・ディ・ジョヴァンニ(オルヴィエート、1378‐1420記録)の「教会へのキリストの出現」


P2150266
アンドレア・ディ・ジョヴァンニの「ご誕生、マギの礼拝、三位一体」(15世紀初め)


P2150272


P2150273


P2150269
アンドレア・ディ・ジョヴァンニのフレスコ断片


P2150270


P2150275
オルヴィエートの無名画家の「受胎告知(15世紀初め)


P2150277


P2150279


P2150282
オルヴィエートのサンティ・アンドレア・エ。バルトロメオ参事会教会の床


P2150285
「プレーテオ(注:装飾のある仕切り)」(9世紀中頃)


P2150288
ピエトロ・ディ・二コラ・バローニ(オルヴィエート、1447‐1484記録)の「ピエタのキリストと聖ピエトロ・パレンツォと聖ファウスティーナ」(1468)


P2150291
15世紀初めのオルヴィエートの無名画家の「聖エレミータ」


P2150294
ピエトロ・ディ・二コラ・バローニの「聖母子」(15世紀後半)


P2150297
オルヴィエートの無名画家の「聖ジュリアーノ」(15世紀第2四半世紀)


P2150299
2階の展示室に向かいました。


P2150300
2階は傑作の宝庫です。


P2150301
ウンブリア・シエナの無名彫刻家とロレンツォ・マイターニの「聖母子と天使たち」(1325)


P2150346
傑作が目白押し


P2150347


P2150305
アッレグレット・ヌーツィ(ファブリアーノ、1320c‐1376)に帰属する「聖バルトロメオ」(14世紀中頃)


P2150308
ウゴリーノ・ディ・ヴィエーリとヴィ—ヴァ・ディ・ランドの「聖サヴィーノの頭蓋骨箱(聖遺物箱)」(1340‐45)
オルヴィエートのサン・ジョヴェナーレ教会にあったものです。


P2150311
リッポ・ヴァンニの作品の可能性がある「聖母子と聖アグネスと聖パオロと聖ピエトロと聖ルチア」(14世紀中頃)
オルヴィエートのサン・フランチェスコ教会にありました。


P2150314
シモーネ・マルティーニ(シエナ、1284/1290-アヴィニョン、1344)の「聖母子と天使」(1322‐24c)
オルヴィエートのサン・フランチェスコ教会にありました。


P2150320
Terzo Maestro di Orvieto の「受胎告知」(1300‐1320c)


P2150322


P2150325
Maestri Ebanisti Senesi の「Leggio e frammenti del coro del Duomo」(1330‐1370c)


P2150326


P2150328


P2150331


P2150333


P2150334


P2150335


P2150336


P2150337


P2150339


P2150340


P2150341


P2150342


P2150349
ピエトロ・ディ・プッチョに帰属する「洗礼者聖ジョヴァンニ」(1390‐1400c)


P2150352
ピエロ・ディ・プッチョの「聖ジローラモ」(1388)


P2150357
ピエロ・ディプッチョの「聖アンブロージョ」


P2150355



P2150360
スピネッロ・アレティーノ(1346‐1410)の「磔刑」(1390‐1400)


P2150366
シモーネ・マルティーニの「聖母子と4聖人」(1320‐21)
オルヴィエートのサン・ドメニコ教会にありました。


P2150368
マグダラのマリア


P2150371
聖ドメニコ


P2150372
聖ピエトロ


P2150377
聖母子


P2150381
聖パオロ
(つづく)


↑このページのトップヘ