イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: サヴォーナ

P1890561
市立絵画館のほぼ隣にあるのがドゥオーモです。


P1890562
9世紀に創建されたドゥオーモですが、現在の建物は1589年から1605年に再建された二代目のものです。


P1880919
三廊式、バロック様式の内部です。


P1890052
アルベルト・ピアッツァの「玉座の聖母子と聖ピエトロと福音書記者聖ジョヴァンニ」(1517)


P1880922
ドゥオーモについては、「古寺巡礼」で改めて取り上げる予定です。


P1890068
こちらは併設されている旧修道院のキオストロです。


P1890070
キオストロ回廊の壁にフレスコ画が描かれてます。保存状態が悪いのが残念ですが、それでも一部が残されてます。


132
ジョヴァンニ・バリオーネ、ジョヴァンニ・ランフランコなどの作品があるので、美術ファンには嬉しい存在のドゥオーモでしょう。


P1890086
教会と旧修道院からお別れです。


P1890087
この辺が旧市街の中心でしょう。


167
時間が経って、扉が開いたでしょうか?


169
残念ながら閉まったままの扉でした。


170
18世紀のジェノヴァの画家たちの祭壇画が中にあります。


171
サヴォーナのような規模の街で、平日に開いているのはドゥオーモくらいが普通です。美術ファンにとって、教会巡りは然程効率が良い目的地とは言えないと思います。


172
この通りに見所とされている建物があります。


173
この建物です。ごく普通の近代的な建物です。


174
見所とされている理由が分かりません。この標識と確かに合致しています。


175
港の方に行ってみることにしました。


176
第二次世界大戦の爆撃によって破壊され、戦後の新築された建物が多いサヴォーナです。通りの先に塔が見えますが、そこが海岸です。


177
ここでジェラートを食べて一服しました。


178
このフレスコ装飾は新しいと思います。


179
海岸への入り口にあるサンタンドレア・アポストリ教会です。


181
16世紀にイエズス会によって創建されました。


180
現在の建物は18世紀に再建された二代目のものです。


182
出来れば拝観したいと思っていましたが、扉が閉まったままでした。


184
今年になってから教会巡りが億劫になりました。折角訪れても扉が閉まっていることが多く、兎も角効率が悪いのです。


185


186
ポルティコの先が海岸です。


187
サヴォーナ港です。
船の横に見える塔は、14世紀に建築されたTorre Leon Pancaldoです。


188


191
サンティッシマ・アンヌンツィアータ祈祷所です。


192
中に17世紀に描かれたフレスコ画があるようです。


194
1856年に建設されたCasa di Leon Pancaldoです。港にある塔と同じ名前が付けられてます。


195
市庁舎


196
次は要塞です。


198
イタリアの空ですね。


199
日本の空の色とはかなり違います。


202
サン・ピエトロ教会です。


203
1677年に建設されたバロック様式の教会です。


204
中にドメニコ・ピオラの祭壇画などがあります。


205
開いている教会が少ないですね。


207
要塞にやって来ました。


208
1542年から1544年に建設されたFortezza del Priamarです。
教会は閉まっていても要塞は開いていると思いました。中に人がいるのが見えました。扉も開いていました。


210
ところが一般公開はされていませんでした。


211
苔生してます。


212
ローマ時代の遺跡です。


213
ローマ時代の海の監視所兼砦だった場所に建設された要塞です。


215
派手な造りの建物が要塞の前にありました。


216
サヴォーナの見所は大体こんなところです。


217
見所が多いとは言いかねるサヴォーナですが、月曜日に市立絵画館が開館しているので、私にとっては非常に有難い街です。


218
サンティッシモ・ジョヴァンニ・バッティスタ、ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ・エ・ペトロニッラ祈祷所です。


219
16世紀の創建ですが、現在の建物は1888年から1890年に再建されたものです。


222
駅に向かいました。


223
(おわり)






P1890456
次の部屋です。


P1890457


P1890459
ニコロ・バラビーノ(ジェノヴァ、1832‐フィレンツェ、1891)の「慰めの聖母」(1859)


P1890463
ジュゼッペ・フラスケーリ(サヴォーナ、1809‐ジェノヴァ・セストリ、1886)の「トッマーゾ・サルヴィーニの肖像」(1884)


P1890466
ジュゼッペ・フラスケーリの「貧者を救済する聖パオラ・ロマーナ」(1859)


P1890469
ジュゼッペ・フラスケーリの「パオロとフランチェスカ」(1836)


P1890472
ジュゼッペ・フラスケーリの「ジャンチオットに驚くパオロとフランチェスカ」


P1890474
ジュゼッペ・フラスケーリの作品です。


P1890475
pappaとは、女衒とか売春婦のヒモと言う意味です。


P1890477
ジョヴァンニ・アゴスティーノ・ラッティー(サヴォーナ、1699‐ジェノヴァ、1775)の「サレスの聖フランチェスコに顕現する聖母」(1754)


P1890478
ジョヴァンニ・アゴスティーノ・ラッティーの「自画像」


P1890481
カルロ・ジュゼッペ・ラッティー(サヴォーナ、1737‐ジェノヴァ、1795)の「聖ピエトロの磔刑」


P1890483
パオロ・ジローラモ・ブルスコ(サヴォーナ、1742‐1820)の「自画像」(1810‐20c)


P1890485
パオロ・ジローラモ・ブルスコの『黄金時代』(1776)


P1890487
パオロ・ジローラモ・ブルスコの「ベアート・オッタヴィアーノと聖人たちと聖母子」(1770)


P1890489
パオロ・ジローラモ・ブルスコの「アレッサンドリアの聖カテリーナの遺骸の移送」(1790年代)


P1890491
カルロ・ジュゼッペ・ラッティーの「アレッサンドリアの聖カテリーナの殉教」


P1890493
カルロ・ジュゼッペ・ラッティーの「ユダの接吻」


P1890496
カルロ・ジュゼッペ・ラッティーの「聖カテリーナの論争」


P1890499
カルロ・ジュゼッペ・ラッティーの「主よ、何処へ行かれるのですか?」


P1890501
抽象画の展示室


P1890502


P1890503
ルーチョ・フォンターナ(ロザリオ・ディ・サンタ・ふぇ、1899‐ヴァレーゼ、1968)の作品(1937)


P1890505


P1890506


P1890507


P1890508


P1890509
展示室床の文様


P1890510
天井のフレスコ画


P1890512


P1890513


P1890515
ユニークですね。


P1890517
次はセラミック博物館の展示です。


P1890518
天井のフレスコ画


P1890519


P1890520
フレスコ画の詳細は不明です。


P1890521


P1890522


P1890524


P1890525


P1890526


P1890527


P1890528


P1890529


P1890531
傷みがありますが、中々の作品です。


P1890532
詳細不明です。


P1890535


P1890536


P1890537


P1890538


P1890539


P1890543


P1890544


P1890545


P1890547


P1890548


P1890546


P1890549


P1890550


P1890551


P1890552


P1890553


P1890554


P1890557


P1890558
これで展示は終わりです。


P1890559
外に出ました。
(おわり)



P1890400
P1890340次の部屋です。


P1890341
ここではイコンが展示されてます。
イコンとは、通常正教会で用いられる聖書関連の板絵などを指すことが多いと思います。


P1890343
13世紀から17世紀のイコンが主に展示されています。


P1890345
作品の詳細は明らかにされてません。


P1890346


P1890349
聖母子のイコンばかりです。


P1890351


P1890352


P1890355
私が行った美術館の中で、イコンの展示が最も揃っているのはヴィチェンツァにあるイコン美術館です。


P1890357


P1890359


P1890361


P1890363


P1890365
沢山ありますね。


P1890367


P1890368


P1890371


P1890373


P1890375


P1890377


P1890378


P1890382


P1890384


P1890386


P1890388


P1890389
小型のイコン


P1890390


P1890392


P1890394


P1890396
金属と絵画を組み合わせたイコン
銀製でしょうか?


P1890398


P1890400
宝石を組み合わせたイコン


P1890402


P1890403


P1890406


P1890407


P1890409
イコンの紹介はこのくらいにしておきましょう。


P1890410
次の展示室です。


P1890411


P1890413
ジョヴァンニ・バッティスタ・メラーノ(ジェノヴァ、1632‐ピアチェンツァ、1698)の「エジプトへの逃避」


P1890417
エミリアの無名画家の「聖ジュゼッペの夢」(17世紀末)


P1890420
エミリアの無名画家の「聖母子」(17世紀末)


P1890423
ジョヴァンニ・ステファノ・ロバット(サヴォーナ、1652‐1733)の「聖セバスティアーノの殉教」


P1890427
ステファノ・マリアレニャーニ通称イル・レニャニーノ(ミラノ、1660‐1715)の「天上の寓意」


P1890429
ステファノ・マリアレニャーニ通称イル・レニャニーノの「聖フィリッポ・ネーリに顕現する聖母」


P1890433
バルトロメオ・グイドボーノ(サヴォーナ、1654‐トリノ、1709)の「春の寓意」


P1890436
バルトロメオ・グイドボーノの「受胎告知」


P1890438
バルトロメオ・ビスカイーノ(ジェノヴァ、1629‐1657)の「パリーデの判決」


P1890444
ジョヴァンニ・バッティスタ・カルローネ(ジェノヴァ、1603‐1684)の「バッカスとアリアドネとヴィーナス」


P1890447
ジョヴァンニ・バッティスタ・カルローネの「ヴィーナスとマルスとウルカヌス」


P1890450
次の部屋です。


P1890452


P1890453


P1890454
近代・現代の作品が展示されてます。


P1890455
近代・現代の作品紹介は省略させて頂きます。
(つづく)




P1890203
ジョヴァンニ・マツォーネ工房の「サン・ジャコモの多翼祭壇画」(1493)
サヴォーナのサン・ジャコモ教会にありました。
作品は修復中でした。画面の所々に白い紙が貼られてますが、修復箇所を示しているのでしょう。


P1890206
受胎告知


P1890207
磔刑


P1890209
シエナの聖ベルナルディーノ


P1890212
聖ドメニコ


P1890214
聖アンブロージョ


P1890216
聖ジローラモ


P1890217
裾絵の聖人たち


P1890220


P1890222


P1890228
ロレンツォ・ファーゾロの「幼きキリストへの崇拝」(16世紀初め)


P1890230
次の展示室です。


P1890233
フラ・ジローラモ・ダ・ブレーシャ(1490‐1529記録)の「ご誕生と聖バルトロメオと聖フランチェスコと寄進者」(1519)


P1890237
ロレンツォ・ファーゾロの領域の「スポトルノのサンティッシマ・アンヌンツィアータの多翼祭壇画」(1500‐10c)
スポトルノ(リグーリア州サヴォーナ県にあるコムーネ)のサンティッシマ・アンヌンツィアータ教会にありました。


P1890239
聖母子と聖アンナ


P1890241
ピエタのキリスト


P1890244
アレッサンドリアの聖カテリーナ


P1890243
聖ベルナルド


P1890247
聖マルゲリータ


P1890249
聖ルチア


P1890252
イタリア・フランドルの無名画家の「この人を見よ」(16世紀)
イタリアとフランドルで活動した無名画家と言う意味でしょう。


P1890257
Maestro Olandese(オランダの無名画家) の「授乳の聖母」(16世紀)


P1890261
リグーリアの無名画家の祭壇画(1530‐1550)


P1890262
聖母子と聖ピエトロと福音書記者聖ジョヴァンニ


P1890265
永遠なる父


P1890268
パオロ・ジローラモ・マルキアーノ(サヴォーナ、1535‐1628)の「マギの礼拝」(16世紀初頭)


P1890271
リグーリアの無名画家の「無原罪の御宿りと聖人たち」(16世紀)


P1890277
ロンバルドの無名画家の「マギの礼拝」(16世紀初め)


P1890279
ロンバルドの無名画家の「教会への出現」


P1890284
リグーリアの無名画家の「キリストの変容と聖人たち」(16世紀初め)


P1890287
ロンバルドの無名画家の「ピエタ」(15世紀末‐16世紀初め)


P1890290


P1890293


P1890294
次の部屋です。


P1890297
オラツィオ・デ・フェッラーリ(ヴォルトーリ、1606‐ジェノヴァ、1657)の「荊刑のキリスト」


P1890299
オラツィオ・デ・フェッラーリの「イサクの犠牲」


P1890304
ルチアーノ・ボルツォーネ(ジェノヴァ、1590‐1645)の「羊飼いの礼拝」


P1890309
Maestro diP1890309
Monticelli di Ongina の「聖アントニオの奇跡」(17世紀中頃)


P1890313
ジョアッキーノ・アッセレート(ジェノヴァ、1600c‐1649)の「ジャコッベにチュニックを見せるジュゼッペ」


P1890317
エミリアの無名画家の「聖ピエトロ」(17世紀前半)


P1890321
エミリアの無名画家の「聖パオロ」(17世紀前半)


P1890325
ドメニコ・ピオラ(ジェノヴァ、1627‐1703)の「クローチェの聖ジョヴァンニに顕現するキリスト」(1675)


P1890329
ヴァレーリオ・カステッロ(ジェノヴァ、1624‐1659)の「ピエタ」


P1890333
ジョヴァンニ・アントニオ・デ・フェッラーリ(ジェノヴァ、1598以前‐1669)の作品


P1890334


P1890335
これは何でしょうか?


P1890337
ドナート・ディ・バルディ(パヴィア、1405‐1451記録)の「磔刑」
(つづく)

サヴォーナは、リグーリア州サヴォーナ県の県都ですが、芸術文化活動が活発な街として知られてます。サヴォーナ絵画館は、多くの美術館や博物館が休館となる毎週月曜日でも開館しているので、美術ファンにとっては有難い存在です。
P1890088
サヴォーナのチェントロにある、1570年から1580年に建設されたPalazzo Gavotti です。


P1880904
Palazzo Gavottiに市立博物館が置かれてます。


P1880903
正式名称はMuseo d'Arte di Palazzo Gavotti といいます。


P1880909
博物館は、市立絵画館、Collezione Milani/Cardazzo、セラミック博物館の3部門から成ってます。


P1880906
今回は市立絵画館の展示作品を中心に紹介することにします。


P1880908
サヴォーナの紋章


P1890089
切符売り場


P1890090
展示室は1階(日本の2階)です。


P1890091
左の方に進みました。


P1890094
最初はCollezione Milani/ Cardazzo です。


P1890092
ここは現代作品の展示となってます。


P1890095
現代作品は私の好みではないので、足早に見て立ち去りました。


P1890093


P1890096
ここからが市立絵画館の展示となります。


P1890097
デッラ・ローヴェレ家の家系図が最初に掲示されている理由がお分かりでしょうか。
ルネサンス期の名家とされるデッラ・ローヴェレ家は、サヴォーナ郊外に住んでいた貧しい一家でした。ヴァティカンのシスティーナ礼拝堂を建設した教皇シスト4世、旧名フランチェスコ・デッラ・ローヴェレ(1444‐1484)ですが、サヴォーナ郊外のチェッレ・リーグレの貧しい家に生まれ、やがて栄達して教皇になったのです。


800px-Melozzo_da_Forlì_001
ヴァティカン絵画館にある、メロッツォ・ダ・フォルリの有名なフレスコ画をご参考までに載せておきましょう。
サヴォーナ絵画館に傑作があるのは、教皇シスト4世がサヴォーナ郊外の出身であることと無関係ではありません。


P1890098
制作者不明の「磔刑と聖ブリジーダと聖オノフリオ」(14世紀)
サヴォーナのサン・ブリジーダ教会にありました。


P1890100
目の不自由な人のために、手で触れて分かるようにした作品の複製?


P1890101
Maestro di Santa Maria di Castello Crocifisso の領域の「彩色磔刑像」(14世紀前半)


P1890107
タッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362/1363-1422)の「聖母子と4天使と寄進者」(1390‐1400c)


P1890109
ニコロ・ダ・ヴォルトーリの領域の「聖母子」(14世紀後半)


P1890114
15世紀前半の無名彫刻家の「磔刑像」(15世紀前半)
サヴォーナのサンタゴスティーノ教会にありました。


P1890119
リグーリア・ピエモンテの無名画家の「聖ロレンツォ」(1430‐40)


P1890122
Maestro del Martirio di Sant'Agata (15世紀第2四半世紀活動)の「トビアス」


P1890124
Maestro del Martirio di Sant'Agata の「ゲッセマネ園の使徒」


P1890127
Maestro del Martirio di Sant'Agata の「聖アガタの殉教」


P1890132
ヴィンチェンツォ・フォッパ(ブレーシャ、1456‐1516記録)の「聖母子と聖人たちの多翼祭壇画」


P1890155
詳しく書くと、本体部分だけがヴィンチェンツォ・フォッパの作品です。


P1890134


P1890139
ピエタのキリスト


P1890136
洗礼者聖ジョヴァンニ


P1890138
聖ジローラモ


P1890142


P1890144


P1890158
裾絵の聖人たちはリグーリア・ロンバルディアの無名画家の作品(1490‐95c)です。


P1890146


P1890148


P1890150


P1890152


P1890162
ルーカ・バウド(ノヴァーラ、1481‐1510記録)の「幼きキリストを崇拝する聖母と天使」(1499)


P1890164
サヴォーナの見どころを記したもの


P1890165
非常に見易い展示です。


P1890166
問題は入館者が極端に少ないことでしょうか?


P1890169
15世紀の無名彫刻家の「聖母子」


P1890172
ジョヴァンニ・マツォーネ(アレッサンドリア、1453‐1510記録)の「磔刑」(1489)


P1890176
ジョヴァンニ・マツォーネの「磔刑」


P1890180
ジョヴァンニ・マツォーネの「サン・ジャコモの多翼祭壇画」(1473‐75c)
サヴォーナのサン・ジャコモ教会にありました。


P1890182
「ご誕生」


P1890185
「シエナの聖ベルナルディーノ」


P1890187
「パドヴァの聖アントニオ」


P1890189
「磔刑」


P1890192
「聖フランチェスコ」


P1890194
「聖ドメニコ」


P1890198
ロレンツォ・ファーゾロ(パヴィア、1463‐1516記録)の「聖ジョルジョ」


P1890200
サヴォーナのシスティーナ礼拝堂の20分の1の模型です。


P1890082
システィーナ礼拝堂は、ドゥオーモの修道院回廊にあります。


P1890083
システィーナ礼拝堂の入り口です。


P1890084
拝観は有料です。サヴォーナに来るのは大体月曜日、毎週月曜日はここは休館というわけです。


P1890079
(つづく)


サヴォーナは、人口61,345人(2016年1月1日現在)のリグーリア州サヴォーナ県の県都です。
P1880843
この日のサヴォーナは、ジェノヴァからの日帰り遠足でした。


P1880844
ジェノヴァPP駅からRVでサヴォーナ駅に向かいました。


P1880845
この日は月曜日でした。


P1880846
乗車した下り列車は空いてました。


P1880847
サヴォーナ駅に到着しました。


P1880848
サヴォーナの駅舎


P1880849
私の旅の目的は教会巡りと美術館・博物館に行くことです。大概の美術館や博物館が休館となる月曜日の過ごし方については、何時も腐心するところです。


P1880850
私が行きたいジェノヴァの美術館、博物館の全てが毎週月曜休館ですが、サヴォーナ市立美術館は月曜でも開館する、私にとっては非常に有難い存在なのです。


P1880851
5,6年前までは殆どの美術館・博物館は月曜休館でしたが、観光客の利便性を考えてくれたのか、近頃では月曜開館の所も出て来て、私としては嬉しい限りです。


P1880852
FS駅から街の中心まで約1㎞あります。その間、近代的な建物ばかりが目立ちます。


P1880854
教会があります。


P1880856
閉まっていました。


P1880857
一度だけ拝観したことがあります。


P1880858
芸術作品はなかったような・・・・・


P1880860
レティンブロ川です。


P1880861
川の水を見ることは滅多にありません。殆ど涸れ川です?海岸まで500mといったところでしょうか。


P1880863
近代的な建物が多い!


P1880864
イタリアでは裕福なコムーネとして知られてます。


P1880866
この辺から中心地になります。


P1880868
来る度に街が新しくなる気がします。


P1880870
ジェノヴァの裏道では基調を強いられることがありますが、サヴォーナは何処でも安心して歩くことが出来ます。


P1880872
この建物も漸く取り壊されることになりました。


125
取り壊された建物は旧県庁舎でした。(2012年頃に撮った写真です)


P1880873
古い建物がありません。


P1880874
最も賑わいを見せるイタリア通りです。


P1880876
ドゥオーモが見えてきました。


P1880877
この辺が街の中心です。


P1880878


P1880881
シスト広場


P1880884
広場に面して建つ市庁舎です。


P1880882



P1880886
集合住宅と教会です。


P1880887
ビックリするほど近代的な教会です。閉まっていましたが、開いていたとしても拝観するつもりはありません。一度拝観したことがありますが、信仰の機能に特化していて芸術的に見る価値はゼロです。


P1880888
何はともあれ、市立博物館に向かいました。


P1880890


P1880891
写真右の建物は学校だったと思います。


P1880892
博物館の開館は10時です。少し時間があるので、道草をすることにしました。


P1880893
右折すると教会があります。


P1880894


P1880895
1ブロック先が教会です。


P1880896
サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会


P1880897
開いていました。中に入ったらミサ中でした。


P1880898
旧教会の建物


P1880899
10時5分前になったので博物館に向かいました。


P1880900
到着しました。


P1880901
博物館です。


P1880903
入館しました。


P1880904
あまり知られてませんが、ここのPinacoteca の展示が非常に良いのです。


P1880909
博物館は3部門から成ってます。


P1890107
タッデオ・ディ・バルトロの作品


P1890131
ヴィンチェンツォ・フォッパの作品


P1890202
博物館に付いては、稿を改めて詳しく触れることにします。


P1890230


P1890340


P1890557
(つづく)

↑このページのトップヘ