イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:教会巡り > フィレンツェ、サンタ・クローチェ聖堂

付属美術館の続きです。
P1830486
ジュゼッペ・ベッツオーリ(フィレンツェ、1784‐1855)の「聖母被昇天」


P1830490
フィレンツェ派画家の「カルヴァリオへの登り」(14世紀末‐15世紀初頭)


P1830493
ゲラルド・スタルニーナ(フィレンツェ、1354c‐1413)に帰属する「ラザロの蘇生」


P1830497
アンドレア・デル・カスターニョのサークルの「聖トッマーゾ・アポストロの殉教」(15世紀前半)


P1830500
ロレンツォ・モナコ(フィレンツェ、1370c‐1425)に帰属する「壺の聖母」(1405‐10)


P1830505
フィレンツェの無名画家の「聖母子と聖人たちと受胎告知のタベルナコロ」(15世紀末)


P1830507


P1830508


P1830510


P1830512
ロレンツォ・モナコ派画家の「洗礼者聖ジョヴァンニ」(14世紀末‐15世紀初頭)


P1830515
フィレンツェ派画家の「聖母子のシノピエ」(15世紀初頭)


P1830519
フィレンツェ派画家の素描(15世紀)


P1830522
アンドレア・デル・カスターニョのサークルの「横たわるアルベルト・デリ・アルベルティ枢機卿」(1445c)


P1830541
礼拝堂ですね。


P1830525
リッポ・ディ・ベニヴィエーニ(フィレンツェ、1296‐1327活動)の「磔刑像」(14世紀初頭)


P1830528
フランチェスコ・ディ・ミケーレ(フィレンツェ、1375‐1400c活動)のフレスコ画(1387)


P1830529
フランチェスコ・ディ・ミケーレのフレスコ画


P1830532
アンドレア・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1435‐1525)に帰属する彩釉テラコッタ(1475c)


P1830533
上のテラコッタに組み入れられた作品です。
トスカーナの無名画家の「ご誕生」(16世紀前半)


P1830538
ベネデット・ブリオーニの「聖母子」(15世紀末)


P1830540
詳細不明


P1830542
アンドレア・デッラ・ロッビアの「ピエタのキリストと2天使」(1480‐90c)


P1830545
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、146901529)の「聖フランチェスコ」(15世紀末)


P1830549
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビアの「本を手にする聖人」(15世紀末)


P1830552
ピエトロ・ネッリ(フィレンツェ、1365‐1419記録)の「聖母子」(1390‐95c)


P1830554
ジョヴァンニ・ディ・ターナ・フェイ(ボルゴ・サン・ロレンツォ。1384‐1419活動)の「聖母子」(1405‐10)


P1830558
ジョットの「悲痛の聖母」(1305‐10)


P1830561
フィレンツェの無名画家の「聖母子と聖人たち」(17世紀末)


P1830565
フィレンツェの無名画家の「聖マッテオと2天使」(16世紀)


P1830568
タッデオ・ガッディの「死せるキリストへの哀悼」(1345c)


P1830572
ヤコポ・リゴッツィの「弟子たちに施しを与える聖フランチェスコ」(1600c)


P1830576
アレッソ・バルドヴィネッティ(フィレンツェ、1425‐1499)に帰属する「聖人教皇」(15世紀末)


P1830578
アレッソ・バルドヴィネッティに帰属する「磔刑」(15世紀末)


P1830583
アレッソ・バルドヴィネッティに帰属する「3聖人」(15世紀末)


P1830585
ジョットに帰属する「3聖人」


P1830588
タッデオ・ガッディの「聖人」(1320‐40c)


P1830592
旧食堂にやって来ました。


P1830593
フレスコ画が目に飛び込んできます。


P1830594
タッデオ・ガッディの代表作であるフレスコ画は1355年頃描かれました。


P1830596
「最後の晩餐」


P1830598
「神聖な物語の木」


P1830601
「聖痕を受ける聖フランチェスコ」と「トローサの聖ルドヴィーコ」


P1830600
「孤独の聖ベネデット」と「ファリサイ人とキリストの晩餐」


P1830602
詳細不明のフレスコ画断片


P1830603
オルカーニャ?


P1830605
オルカーニャの「聖母子」


P1830611
ジョヴァンニ・デル・ビオンドに帰属するフレスコ画


P1830614
アンドレア・ディ・ジュスト(1400c‐1450)に帰属する「十字架を担ぐキリスト」


P1830617
マーゾ・ディ・バンコの「聖母戴冠」(14世紀前半)


P1830620
アンドレア・ディ・ジュストの「磔刑」(15世紀前半)


P1830608
立ち去る前にもう一度見ました。


P1830623
外に出れば、その先にパッツィ家礼拝堂があります。


P1830624
これで終わりです。
と、その時はそう思ったのですが、こうして写真を整理してみると見逃した作品や写真を撮り忘れた作品が意外に多いことが分かりました。


P1830627
バッチョ・バンディネッリの「Dio Padre seduto」


P1830628
この先が出口です。


P1830629
外に出る前にこちらを見学。


P1830630
ここも凄いです。納骨堂です。


P1830632
疲れてしまって、誰の墓なのか未確認のまま見学を止めました。


P1830631
キリがないです。


P1830633
普通の美術館以上の作品を誇る聖堂です。


P1830641
(おわり)

P1830385
左側廊を見ていきます。


P1830383
ヴァザーリの「聖霊降臨」


P1830386
デシデリオ・セッティニャーノの「カルロ・マルスッピーニの墓」


P1830387
このフレスコ画は分かりません。


P1830389
ジョヴァンニ・ストラダーノの「キリストの昇天」


P1830392
ブロンズィーノの「ピエタ」


P1830394
ヴァザーリの「聖トッマーゾの不信」


P1830396
私には分かりません。


P1830398
サンティ・ディ・ティートの「エマオの晩餐」


P1830400
レオナルド・ダ・ヴィンチのモニュメント


P1830403
サンティ・ディ・ティートの「キリストの復活」


P1830405
ガリレオの墓
その背後のフレスコ画はマリオット・ディ・ナルドの作品です。


P1830408
ジョヴァンニ・バッティスタ・ナルディーニの「十字架降下」


P1830410
このフレスコ画が分かりません。


P1830412
見応えがありますね。


P1830415
美術館並み、またはそれ以上の聖堂です。


P1830413
有料なので却って気楽です。無料ならば、信者の邪魔をしてはいけないと思いますから。


P1830414
聖堂の本堂はこのくらいで切り上げることにしました。


P1830416
本堂から外に出ました。


P1830417
回廊


P1830418
フレスコ画の痕跡がありました。


P1830419
殆どが落剝しています。


P1830422
ほぼ完全な形で残されているフレスコ画


P1830423


P1830424


P1830623
次はパッツィ家礼拝堂です。


P1830626
ブルネッレスキの代表作と言われるパッツィ家礼拝堂です。


P1830426
礼拝堂の中に入りました。


P1830427
ルーカ・デッラ・ロッビアの彩釉テラコッタくらいしかありません。


P1830428
ロレンツォとジュリアーノのメディチ家兄弟をフィレンツェ大聖堂内で襲った”パッツィ家の反乱”のため、礼拝堂は建物だけ残されたと言われてます。


P1830429
ガランとしてます。


P1830430
アレッサンドロ・アッローリの作品もあります。


P1830431


P1830432


P1830433
スッキリした祭壇


P1830434
礼拝堂から外に出ました。


P1830435
今度はキオストロ回廊です。


P1830439


P1830436


P1830438


P1830437
付属美術館に向かいました。


P1830441
マッテオ・ロッセッリ(フィレンツェ、1578‐1650)の「花を手にする天使」(1615c)


P1830444
ヤコポ・リゴッツィ(ヴェローナ、1547‐フィレンツェ、1626)の「聖フランチェスコと弟子たちのシノピエ」(1600c)


P1830447
ジョヴァンニ・ダ・サン・ジョヴァンニのサークルの「我に触れるな」(17世紀初頭)


P1830451
マッテオ・ニジェッティのサークルの「聖体」(17世紀)


P1830454
マッテオ・ロッセッリの「花を手にする天使」(1615c)


P1830457
イル・リポーゾ(サン・ジミニャーノ、1603‐フィレンツェ、1660)の「トゥルーズの聖ルイと聖アガタ」(1631‐32)


P1830460
ジーノ・ミケーリ(カステッロ、?-1350c)の「聖母子」(1341)


P1830463
フィレンツェの無名画家の「キリストの復活」(14世紀末‐15世紀初頭)


P1830465
ルイージ・ファッブルッチ(フィレンツェ、1829‐ロンドン、1893)の「天使」(1861c)


P1830469
マリアーノ・カイフェッシ(セラヴェッツァ、1824‐1862c)の「天使」(1861c)


P1830471
ティーノ・ディ・カマイーノ(シエナ、1280c‐ナポリ、1337)の「ミラノ大司教の墓」(1317)


P1830475
ティーノ・ディ・カマイーノの「受胎告知される聖母」(1318‐19)


P1830477
Hans Reichle (1570c-1642)に帰属する「天使」


P1830480
ジャンボローニャ(1529‐1608)に帰属する「聖ジョアッチーノと聖アンナの邂逅」(16世紀末)


P1830482
ジャンボローニャに帰属する「聖ジョアッチーノの寺院からの追放」(16世紀末)
(つづく)

P1830292
井戸の部屋と洗面台です。


P1830294 
Maestro di San Martino alla Parma(フィレンツェ、1310‐1335活動)に帰属する「聖母子」(14世紀前半)


P1830298
ヤコポ・ディ・チョーネ(フィレンツェ、1325c‐1399c)に帰属する「聖母子」(1360‐65)
ヤコポが描いたのは「聖母子」部分だけで、裾絵はジョヴァンニ・ダ・ミラノ工房によって14世紀に制作されました。


P1830301
Maestro del Polittico della Cappella Medici に帰属する「聖母子」(14世紀前半)


P1830304
チマブーエ(フィレンツェ、1240c‐ピサ、1302)の「磔刑」(1288以前)
傷みが激しいのは1966年の水害の際、水につかってしまったからです。この作品の置かれる場所が時々変わりますが、この時は聖具室にありました。


P1830307
聖具室のフレスコ画です。
「磔刑」はタッデオ・ガっデイの作、「カルヴァリオへの坂」はスピネッロ・アレティーノの作、「キリストの昇天」と「キリストの復活」はニッコロ・ジェリーニの作品です。


P1830310
リヌッチ礼拝堂です。


P1830311
ジョヴァンニ・デル・ビオンドの「聖母子と聖人たちの多翼祭壇画」


P1830312
リヌッチ礼拝堂のフレスコ画は、ジョヴァンニ・ダ・ミラノによって1363年から1366年に制作されました。


P1830314
フレスコ画のテーマは「聖母の物語」と「マグダラのマリアの物語」です。


P1830317
次はヴェッルーティ礼拝堂です。


P1830320
ヴェッルーティ礼拝堂の祭壇を飾るのは、ジョヴァンニ・デル・ビオンドの「聖母子と4聖人」の多翼祭壇画です。ジョヴァンニが描いたのは本体である「聖母子と4聖人」で、裾絵はネーリ・ディ・ビッチによって描かれたものです。


P1830322
ヴェッルーティ礼拝堂のフレスコ画は、14世紀の無名画家によって描かれたものです。


P1830324
礼拝堂の中には入ることが出来ません。


P1830321
天井


P1830326
リッカルディ礼拝堂です。


P1830327
リッカルディ礼拝堂のフレスコ画は、ジョヴァンニ・ダ・サン・ジョヴァンニの作品です。


P1830329
リッカルディ礼拝堂の祭壇画はジョヴァンニ・ビリヴェルトの「聖十字架の発見」


P1830332
横壁のドメニコ・パッシニャーノの「聖ロレンツォの施し」


P1830336
礼拝堂右壁にあるマッテオ・ロセッリの「光悦の聖フランチェスコ」


P1830339
ジュスティ礼拝堂です。


P1830338
ジュスティ礼拝堂の祭壇を飾っている作品が良く分かりません。


P1830341
ペルッツィ礼拝堂です。


P1830340
この礼拝堂は必見です。


P1830342
礼拝堂の祭壇を飾るベルナルド・ダッディの「聖母子と福音書記者聖ジョヴァンニと司教聖人」(1330c)


P1830344
ジョット・ディ・ボンドーネのフレスコ画(真作)


P1830347
ジョットによって1310年頃から1320年頃に描かれました。


P1830348
テーマは「洗礼者聖ジョヴァンニの物語」と「福音書記者聖ジョヴァンニ」です。


P1830350
次はバルディ礼拝堂です。


P1830353
この礼拝堂も大変有名で、必見とされてます。


P1830352
バルディ礼拝堂の祭壇を飾るのは、コッポ・ディ・マルコヴァルドの「聖フランチェスコとその生涯」(1245‐50)です。


P1830361
バルディ礼拝堂のフレスコ画


P1830364
ジョットとジョット工房によって1320年頃から1328年頃に描かれました。


P1830365
フレスコ画のテーマは「聖フランチェスコの生涯」です。


P1830367
中央礼拝堂(主祭壇)です。


P1830369
Maestro di Figline の「磔刑」


800px-Florentone_Santa_Croce_high_altar_RB
ニッコロ・ジェリーニの多翼祭壇画が中央礼拝堂を飾ってます。


P1830370
中央礼拝堂のフレスコ画


P1830372
アーニョロ・ガッディによって1380年に制作されたフレスコ画です。


P1830376
フレスコ画のテーマは「聖十字架の物語」です。


P1830377
ここから向かって左側にある礼拝堂で、これはスピネッリ礼拝堂です。


P1830379
これは比較的新しいものと思います。調べましたが、制作者等が分かりません。


P1830380
カッポーニ礼拝堂です。


P1830381
彫刻はリベロ・アンドレオッティの作品(1926)です。


P1830382
まだまだ礼拝堂があります。


p
プルチ礼拝堂です。彩釉テラコッタの祭壇はジョヴァンニ・デッラ・ロッビアの作品です。


puruchi
礼拝堂のフレスコ画はバルナルド・ダッディの「聖ステファノの殉教」です。


vernio
ヴェルニオ・バルディ礼拝堂です。


Cappella_niccolini_02
ニッコリーニ礼拝堂です。


Alessandro_allori,_assunzione_della_vergine,_1590-1600_ca__01
アレッサンドロ・アッローリの「聖母被昇天」(1590‐1600c)


Alessandro_allori,_incoronazione_della_vergine,_1590-1600_ca__02
アレッサンドロ・アッローリの「聖母戴冠」(1590‐1600c)


800px-Crocifisso_di_donatello,_1406-08_01
ドナテッロの「磔刑」
(つづく)

P1830158
次はフレスコ画で埋め尽くされた礼拝堂です。


P1830159
右翼廊のカステッラーニ礼拝堂です。


P1830167
アーニョロ・ガッディが1385年に制作したフレスコ画は、「聖アントニオ・アバーテの物語」、「洗礼者聖ジョヴァンニの物語」、「福音書記者聖ジョヴァンニの物語」、「バーリの聖二コラの物語」からなってます。


P1830168
4人の聖人のエピソードを知らないとチンプンカンプンかも知れませんね。


P1830160
このようなモノが用意されているので、これを見ながらフレスコ画を見ると支障がありません。


P1830169


P1830170


P1830172
タベルナコロは、ミーノ・ディ・フィエゾレの作品です。


P1830174
ニッコロ・ジェリーニの「磔刑像」


P1830175


P1830176


P1830177


P1830179


P1830180
次は右翼廊突き当りにあるバロンチェッリ礼拝堂です。


P1830191
セバスティアーノ・マイナルディの「チントラの聖母」


P1830192
バロンチェッリの墓


P1830193
ヴィンチェンツォ・ダンティの「聖母子」


P1830187
有名な傑作が礼拝堂祭壇を飾ってます。


P1830188
ジョットと彼の工房による「聖母戴冠と聖人たち」(1334c)


P1830194
礼拝堂の壁はフレスコ画で埋め尽くされてます。


P1830196
フレスコ画は、タッデオ・ガッディによって1328年頃から1338年頃に描かれました。


P1830198
フレスコ画のテーマは「聖母の物語」と「キリストの物語」です。


P1830199


P1830200


P1830201


P1830202


P1830205
次はここです。


P1830204
廊下の壁に祭壇画が掲げられてます。


P1830210
聖具室の廊下です。


P1830207
聖具室廊下の作品です。
パオロ・スキアーヴォ(フィレンツェ、1397-ピサ、1478)に帰属する「聖母子と聖ピエトロと聖人(欠落)と聖ヤコポ・マッジョーレと聖フランチェスコ」(1450c)


P1830213
ネーリ・ディ・ビッチ(フィレンツェ、1419‐1492)の「三位一体」(1461)


P1830217
ロレンツォ・ディ・ニッコロ(フィレンツェ、1392‐1411活動)に帰属する「玉座の聖母子と聖人たち」(15世紀初頭)


P1830221
中央の「玉座の聖母子とトローサの聖ルドヴィーコと福音書記者聖ジョヴァンニ」


P1830223
向かって左は右から「洗礼者聖ジョヴァンニ、聖アンドレア、聖アントニオ・アバーテ、聖ロレンツォ」


P1830225
向かって右は、左から「聖ピエトロ、聖バルトロメオ、聖クリストフォロ、聖フランチェスコ」


P1830227
ロレンツォ・バルトリーニのモニュメント


P1830229
フランチェスコ・ディ・ミケーレ(フィレンツェ、1375‐1400c活動)に帰属する「洗礼者聖ジョヴァンニ」(1375‐80)


P1830233
ロレンツォ・ディ・ニッコロの「聖母戴冠と聖人たち」(15世紀初頭)


P1830236
中央の「聖母戴冠」


P1830238
向かって左は「マグダラのマリアと福音書記者聖ジョヴァンニ」


P1830240
向かって右は「聖ピエトロと聖ステファノ」


P1830244
ロレンツォ・ディ・ニッコロの「聖母子」(1409)


P1830248
サルヴィアーティ(フィレンツェ、1510‐ローマ、1563)の「十字架降下」(1547‐48)


P1830251
アレッサンドロ・アッローリ(フィレンツェ、1533‐1607)の「十字架降下」(1563‐67)


P1830254
次はメディチ家礼拝堂です。


800px-Cappella_del_noviziato_di_s__croce_01
ミケロッツォの制作の礼拝堂です。


Cappella_del_noviziato_di_s__croce_02
左右の壁に祭壇画があります。


P1830255
礼拝堂祭壇を飾るアンドレア・デッラ・ロッビアの彩釉テラコッタ「聖母子と聖人たち」


P1830259
ジョルジョ・ヴァザーリ派画家の「受胎告知」(16世紀後半)


P1830263
チゴリ(ピサ、1559‐ローマ、1613)の「三位一体」(1592)


P1830266
小礼拝堂


P1830268
ブロンズィーノ(フィレンツェ、1503‐1572)の「リンボのキリスト降下」(1552)


P1830272
ロレンツォ・モナコ(フィレンツェ、1370c‐1425c)の「聖ヤコポ・マッジョーレ」(1408)


P1830275
ドメニコ・ディ・ミケリーノ(フィレンツェ、1417‐1491)に帰属する「聖ボナヴェントゥーラと2天使」(15世紀末)


P1830278
ロッセッロ・ディ・ヤコポ・フランキ(フィレンツェ、1376‐1450)に帰属する「シエナの聖ベルナルディーノと2天使」(1450c)


P1830281
ナルド・ディ・チオーネ(フィレンツェ、1346‐1376活動)の「聖母子と2聖人」(1365)


P1830282
中央の「玉座の聖母子」


P1830283
「聖グレゴリオ」


P1830284
「聖ジョッベ」


P1830285
裾絵


P1830286
テーマは「聖ジョッベの物語」です。


P1830287


P1830290
ジョヴァンニ・デル・ビオンドの「聖ジョヴァンニ・グアルベルトと彼の物語」(1370c)
フィレンツェのサン・サルヴィ修道院にありました。
(つづく)

839
今回は、サンタ・クローチェ聖堂 Basilica Minore di Santa Croceです。


P1830083
広場はもう直ぐです。


P1830090
サンタ・クローチェ広場にやって来ました。


P1830089
土産物屋が広場に面して軒を連ねてます。サヴォナローラの神権政治中、この広場は異端者の処刑場でした。主の犬と蔑まれ、恐れもされていたドメニコ会は異端審問を主導したことで知られてますが、フィレンツェでも同様で、異端者追求に最も熱心だったのがドメニコ会のサン・マルコ修道院でした。異端者処刑をサン・マルコ広場で行うなら可愛いものですが、サン・フランチェスコ修道会の牙城であるサンタ・クローチェ聖堂の広場で行うあたりに、その勢力誇示と運命の皮肉を感じます。サヴォナローラは、サン・フランチェスコ修道会からの火の試練の挑戦に対して、その対応に失敗して処刑されたのですから。


P1830084
広場に面して建つのがサンタ・クローチェ聖堂です。サン・フランチェスコ会の最大の教会です。


P1830086
1211年、城壁外のアルノ川の湿地帯だったこの地に、聖フランチェスコ自身によって建てられた教会と言われてます。


P1460937
13世紀後半、規模を拡大することになり、当時の富裕層数家の資金負担によって、アルノルフォ・ディ・カンピオの設計で1294年創建、1385年にゴシック様式の建物が完成しました。


P1460944
奉献は、教皇エウジェニオ4世によって1443年に執り行われました。


P1460895
ところがファサードは未完成のまま、何百年も放置されたままでした。15世紀後半に当時の建築家イル・クロナーカによってファサードの設計が行われましたが、工事着工に至らず、結局、現在のサン・ロレンツォ聖堂に見られる粗レンガ積みのファサードだったと言われてます。


P1830634
現在のファサードは、15世紀後半のイル・クロナーカの設計を元に、建築家Niccolo Matasの設計によって、1853年から1863年にかけて築かれた比較的新しいものです。


P1830087
完成後150年以上経ってます。


P1830088
イタリア統一の昂揚感が影響したファサードと言われてます。


P1830091
比較的新しいものと知ってから、ドゥオーモと違ってやや有難味が薄れる私です。


P1830092


P1460909


P1460906


P1830093


P1830094


P1830096


P1460907


P1460911


P1460914


P1460923
ついつい見てしまうファサードです。


1171
ポルティコ・ラテラーレが特徴です。


P1830097
ポルティコは聖堂身廊の両側にあります。


P1460915
修道院の建物です。


P1830095
ファサードの前に立っているのは、エンリコ・パッツィ制作の「ダンテ像」です。


P1830098
ダンテの生誕600年を記念して建てられました。


1172
鐘楼は78.45mあります。


654
ゴシック様式の壮大な鐘楼は19世紀前半に落雷によって損傷を受けてしまいました。


P1830623
現在の鐘楼は、ガエターノ・バッカーニの設計によって1840年から1865年に建設されたものです。
では、聖堂内部の拝観に移ります。


P1830106
三廊式の非常に広い空間の聖堂内部です。


P1830107
聖堂の構造図


P1830109
礼拝堂が全部で16あります。


P1830110
これを一応頭の中に入れて拝観しました。


P1830103
付属美術館もありますが、聖堂自体も実質的に美術館と言っても過言ではありません。


P1830104
大変な数の傑作や秀作があるので、目移りしてしまって、何処から見始めようかと迷います。


P1830105
創設時は石のヴォルートでしたが、荷重を考えて木製のトラスに切り替えられました。


P1830099
縦115m


P1830100
右側廊の礼拝堂の紹介から始めることにします。


P1830114
ピオ・フェーデ作の「ジョヴァンニ・バッティスタ・ニッコリーニのモニュメント」


P1830117
サンティ・ディ・ティートの「磔刑」(1568)


P1830121
ミケランジェロの墓


P1830119
有名な墓ですが、芸術作品として見るには少々抵抗感がある私です。


P1830123
アントニオ・ロッセッリ—ノの「アントニオとフランチェスコのノ—リ兄弟へのモニュメント」(1478c)


P1830127
ヴァザーリの「カルヴァリオへの道」


P1830128
右側廊


P1830129
ダンテのモニュメント
ダンテの墓として作られたようです。ラヴェンナで客死したダンテですが、ラヴェンナのサン・フランチェスコ教会近くに小さな霊廟があります。ダンテの遺体の引き取りをラヴェンナに申し入れたフィレンツェですが、拒否されてしまいました。


P1830132
ヤコポ・コッピ・ダル・メーリオの「この人を見よ」


P1830133
説教壇


P1830136


P1830137


P1830135
アルフィエーリの墓


P1830138


P1830141
アレッサンドロ・フェイの「キリストの鞭打ち」


P1830144
マキャベッリの墓


P1830147
アンドレア・デル・ミンガの「ゲッセマネ園の祈り」


P1830150
ドナテッロの「受胎告知」


P1830152
レオナルド・ブルーニの墓


P1830154
ロッシーニの墓


P1830156
チゴリの「キリストのエルサレム入城」(1603‐04)
(つづく)

↑このページのトップヘ