イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: コルトーナ

P2170511
この日の予定はこれにて終了です。


P2170512
好みの形の鐘楼です。


P2170513
道を下ってシニョレッリ広場に向かいました。


P2170515
先月の旅の出発の直前に持参予定のPCの調子が悪くなり、急遽非常用のPCを購入して出発しました。これが安かったにも拘らず中々の優れモノで重宝しました。
ローマで暇があったので、PC屋さんを覗いたのですが、イタリアのPCが高価なことに驚嘆しました。デルやアップルの日本で流通しているのと同じモデルが、日本よりも可なり高く売られてます。


P2170516
下りの方が上りよりも膝にかかる負荷が高いそうです。


P2170518


P2170519
道の突き当りの左が広場です。


P2170520
シニョレッリ広場


P2170522
エトルリア・アカデミー博物館が置かれているカザーリ宮


P2170524
夕方になると、観光客の姿が少なくなり地元の人が多くなりますが、宿泊施設が限られているのが理由でしょうか。


P2170529
レプッブリカ広場


P2170530
静かで魅力的な夕方です。


P2170532
昼間に買ったペッタンコ桃を夕食後にホテルの部屋で食べました。


P2170533
ホテルの部屋からの眺めです。


P2170534


P2170537


P2170538
翌朝です。


P2170539
朝の早い時間には晴れていましたが、すぐに霧がかかり、やがて曇ってしまいました。


009
サンタ・マルゲリータ聖堂に向かいました。


013
サン・ドメニコ教会は閉まっていました。


014
濃霧に覆われていましたが、それが切れると道が少し濡れていました。


016
道を上りました。


017
サン・ドメニコ教会の横の道を通ります。


018
かって教会だった建物でしょうね。


019
描かれているのは聖ジローラモ?


020
サンタ・マルゲリータ通り


021
朝の早い時間なので、誰も歩いていませんでした。


023
雲が垂れ込めてきました。


024
聖マルゲリータ(1247‐1293)は、フランチェスコ会修道院に入り、貧しい人たちに人生を捧げた、コルトーナの守護聖人です。
聖マルゲリータの遺体を祀るために建てられたのがサンタ・マルゲリータ聖堂です。別名「聖マルゲリータの墓所」とも言われてます。


025
旧修道院の建物


026
朝まで晴れていたのがウソのように雲が厚くなってきました。


027


028
鐘楼が見えてきました。


061
サンタ・マルゲリータ聖堂です。
街の高い場所にあるので、車で来る人たちが殆どです。


062
11世紀の記録に、この地にロマネスク様式のサン・バジーリオ教会の存在が記載されてます。聖マルゲリータの没後4年の1297年、聖マルゲリータの遺体を祀る教会が創建され、1304年に献堂されました。


065
現在の姿は19世紀に再建された二代目の建物です。
1927年、Basilica Minoreにランクされました。


060
見どころがあまりない外観です。


057
三廊式、ラテン十字形の内部です。


058
中央礼拝堂です。
再建された建物の主祭壇は美術的に冴えませんが、初代の建物の時代には素晴らしい祭壇画が主祭壇を飾っていました。


P2160951
ルーカ・シニョレッリの「死せるキリストへの哀悼」(1502)
この作品が主祭壇を飾っていました。しかし、17世紀中ごろ、ドゥオーモに目ぼしい作品がないことを残念に思っていた、当時のコルトーナ司祭が、この作品をドゥオーモに移動するように命じたのです。


036
現在、この聖堂にある作品を紹介しておきましょう。
ヤコポ・キメンティ・ダ・エンポーリの「聖母被昇天と三聖人」(1610)


039
ピエトロ・ジャッノッティの「嬰児虐殺」(1636)


042
17世紀のトスカーナの無名画家の「コルトーナを守護する聖マルゲリータ」


045
フランチェスコ・ヴァンニの「聖母戴冠と四聖人」(1602)


048
ピエトロ・バロッチの「聖カテリーナの殉教」(1610)


051
詳細不明


066
拝観を終え、坂道を下りました。


069
小さな街なので、同じ道を何度も行き来します。


072
サン・ドメニコ教会が開いていたので、もう一度拝観しました。


077
何回見ても飽きることがありません。


074
キリがないので、この辺で終わりにしましょう。


092
(おわり)

P2170525
13世紀に建設されたカザーリ宮です。


P2170527
カザーリ宮にエトルリア・アカデミー博物館が置かれたのは、約300年前の1727年のことでした。
正式名称は、Museo dell'Accademia Etrusca e della citta di Cortonaと言い、その展示は名称の通り、単にエトルリアに留まらず、他のコムーネにあるMuseo Civicoとほぼ同じの幅広い展示が特徴です。


059
展示は多岐にわたってます。


060
エトルリア人の住居の模型


061
エトルリア人の墓


062
エトルリア人の骨も展示されてます。


063


064


065


066


067
ローマ時代のモザイク
コルトーナは、紀元前4世紀にローマの支配下に入りました。


068


069
コルトーナ出身の現代画家ジーノ・セヴェリーニの作品が展示されている部屋です。


070


072
ジーノ・セヴェリーニの「受胎告知」


073
ジーノ・セヴェリーニの「授乳の聖母」
次は絵画部門です。


077
フィレンツェ派無名画家の「8聖人」(15世紀)


079
フィレンツェ派無名画家の「聖母子」(15世紀)


081
アントニアッツォ・ロマーノの「聖母子」


082
ニッコロ・ディ・ピエトロ・ジュリーニの「二聖人」


083
ニッコロ・ディ・ピエトロ・ジュリーニの「二聖人」


085
マリオット・ディ・ナルドの「玉座の聖母子と二天使」


088
ビッチ・ディ・ロレンツォの「聖母子と聖人たちのトリッティコ」


090
作者不明のモザイク(15世紀初め)


092
ルーカ・シニョレッリの「聖母子と聖人たちのトンド」(1512)


096
ルーカ・シニョレッリの「羊飼いの礼拝」


098
バルトロメオ・デッラ・ガッタの「聖母子」


100
ピントゥリッキオの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


102
ヤコポ・ディ・ジョヴァンニの「嘆きの聖母」


104
チゴリの「荊刑のキリスト」


106
ヤコポ・ディ・ジョヴァンニの「マグダラのマリア」


108
ミケーレ・ディ・リドルフォ・デル・ギルランダイオの「受胎告知」


110
チゴリの「ご訪問」


112
チゴリの「二人の男の肖像」


114
ヤコポ・キメンティ・ダ・エンポーリの「聖ジュゼッペ」


116
サンティ・ディ・ティート工房の「キリストの復活」


118
ルドヴィーコ・ヴェヌーティ(1785‐1872)の「自画像」


119
Johann Zoffany (1733-1810)の「自画像」(1776)


120
James Northcote (1746-1831)の「自画像」(1778)


122
ルーカ・シニョレッリの追随者の「聖アントニオ」


124
ルーカ・シニョレッリの追随者の「玉座の聖母子と二聖人」


125
ピエトロ・ダ・コルトーナ派無名画家の「聖テレーザの法悦」


127
ピエトロ・ダ・コルトーナ派無名画家の「聖テレーザと聖アゴスティーノ」


129
ピエトロ・ダ・コルトーナ派無名画家の「聖母の結婚」


132
ピエトロ・ダ・コルトーナの戴冠した天才」


134
チーロ・フェッリの「ルツの結婚」


136
ピエトロ・ダ・コルトーナの「聖母子と聖人たち」


137
バッチョ・チャルピ(1574‐1654)の「聖ベネデットの奇跡」


140
ネーリ・ディ・ビッチの「十字架降下と聖人たち」、「ピエタのキリストと聖人たち」


142
ミケーレ・ディ・リドルフォ・デル・ギルランダイオの「聖人たち」


150
ミケーレ・ディ・リドルフォ・デル・ギルランダイオの「プレデッラ」


151
フランチェスコ・シニョレッリの領域の「聖母子と聖人たち」


154
ルーカ・シニョレッリ派無名画家の「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」


156
ルーカ・シニョレッリ派無名画家の「聖母子と聖二コラと聖アントニオ」


158
ルーカ・シニョレッリ派無名画家の「聖母子」


159
ベランダを通って隣の建物に移動しました。


160
シニョレッリ工房があった場所です。


201


161
ベランダから見えた景色


163


165


166
こちらは”市立博物館”でしょう。


167
18世紀にアッカデミアが設された際に、当時の修道院長が保有する絵画、図書、エジプト関係にコレクションを寄贈しました。この辺は寄贈されたものが主に展示されてます。


168
複雑なカザーリ宮の歴史を反映して雑多な展示が特徴です。


169
説明版がありません。


170


171



175


181


183
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピアツェッタの「天上の聖母子と聖人たち」


187
ドメニコ・プリーゴの「祈る寄進者」


188


189


190


196


199
図書室



P2170186
外に出ました。
(おわり)

P2160821
11世紀に、古代ローマ時代の神殿の上に建てられた小さな教会が前身で、12世紀ころに教区教会に昇格しました。13世紀になると、新たに司教座教会を作ろうとの動きが高まり、1262年にニコラ・ピサーノの設計によって、それまであった建物を取り壊し、その上に建てられたのが現在の姿の原型です。
当時、コルトーナはアレッツォ司教区に属していましたが、アレッツォのコムーネと司教の反対によって、コルトーナ新司教区の設置が見送られてしまいました。


P2160814
コルトーナ司教区設置を目的に、1481年から1507年にかけて増築されました。現在の姿はこの増築後の建物です。
1507年、当時の教皇ジュリオ2世の裁定によって、コルトーナに司教座が置かれるようになりました。
1986年、司教座の整理によって、コルトーナは独立した司教区から新たにアレッツォーサンセポルクローコルトーナ司教区に合区されました。その結果、正式名称はConcattedrale di Santa Maria Assuntaとなり、現在に至ってます。
ロマネスク様式のファサードです。


P2160822
コリント式円柱が目立つ三廊式、ルネサンス様式の堂内です。


P2160823
内陣中央から見た左側廊方向


P2160824
右側廊方向


P2160825
天井の装飾


P2160826
中央礼拝堂の祭壇は、コルトーナのフランチェスコ・マッツゥオーリの作品(1664)です。


P2160827
後陣にフレスコ画がありますが、制作者不明です。


P2160830
後陣右の礼拝堂のテラコッタ「ピエタ」(13世紀前半)


P2160834
フランチェスコ・シニョレッリの「聖トッマーゾの不信」


P2160836
クリストファノ・アッローリの「チントラの聖母」


P2160837
ルーカ・シニョレッリの「磔刑」
大聖堂で買い求めた本にはルーカの作品と記載されてますが・・・・・


P2160843
トッマーゾ・ベルナベーイの「聖母を囲む聖人たち」


P2160846
アンドレア・コッモディの「サルヴァトーレ聖堂の献堂式」(1559)


P2160847
チゴリの「ロザリオの聖母」(1597)


P2160851
アンドレア・デル・サルトの「聖母被昇天」
私にはアンドレアの作品に見えません。


P2160853
ジョヴァンニ・グラーディの「聖母子と守護聖人」(17世紀)


P2160856
ジョヴァンニ・マリア・モランディーの「聖母子と聖ガエターノ」


P2160862
ロレンツォ・ベッレッティーニ(コルトーナ、1620‐1672)の「聖ジュゼッペの死」


P2160864


P2160868
16世紀の無名画家の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2160871
ラッファエッロ・ヴァンニの「キリストの変容」


P2160874
右側廊


P2160879


P2160881


P2160883
作者不明の「聖母子(テラコッタ)」(15世紀)


P2160887
ラッザーロ・バルディー(ピストイア、1624‐1730)の「聖セバスティアーノ」


P2160890
左側廊


P2160891


P2160895


P2160893
ピエトロ・ベッレッティーニ(コルトーナ、1597‐1669)の「ご誕生」


P2160898


P2160900
アンドレア・セッラーリ(コルトーナ、1600‐1672)の「磔刑」


P2160904
ロレンツォ・ベッレッティーニの「聖母子と聖人たち」


P2160906


P2160909
サルヴィ・カステッルッチの「聖母と聖人たちの問答」
サルヴィはピエトロ・ベッレッティーニの弟子でした。


P2160912
ミーノ・ダ・フィエゾレまたはウルバーノ・ダ・コルトーナの作品(1491)


P2160916
詳細不明


P2160917
外に出ました。


P2170168
(おわり)

P2170410
次はサン・ニコロ教会です。


P2170411
勾配がある道を一旦上り、平坦な場所に出てから更に坂を下ります。


P2170414
足腰がしっかりしていないと、コルトーナに行けませんね。


P2170413
そうは言っても、この街にはお年寄りが比較的多く住んでいるように思います。


P2170416
さて、この時向かっていたサン・ニコロ教会ですが、ルーカ・シニョレッリの祭壇画があるのです。その祭壇画は表裏両面に描かれています。


P2170417
サン・ニコロ教会が見えてますが、この道を進まず、わざと遠回りをしました。


P2170419
この先に小さな礼拝堂があるので、それを見てからサン・ニコロ教会に向かうことにしました。


P2170420
先ほど上ってきた道を振り返ったところです。


P2170421
この先に小さな公園があります。


P2170422
この周囲に宗教施設が点在しているのですが、その理由がよく分かりません。ここから50m以内に4つあるのですから。宗教施設の供給過剰?


P2170424
写真左の建物は保育園だったと思います。


P2170426
この小さな礼拝堂に寄り道したかったのです。


P2170429
14世紀と16世紀に描かれたフレスコ画があります。


P2170428
16世紀に描かれた「玉座の聖母子」と「受胎告知」


P2170431
14世紀のフレスコ画
こちらの方は痛みがあって画像判別が困難です。


P2170433
小さな礼拝堂は坂に建てられてます。


P2170432
サン・ニコロ教会への案内板がありますが、ここから30mくらいの距離しかありません。


P2170434
それにしても暑かった!


P2170435
サン・ニコロ教会です。


P2170437
宗教活動を数年前に終了し、現在は博物館になってます。


P2170470
主祭壇です。
主祭壇画はルーカ・シニョレッリの作品です。表裏両面に描かれていますが、現役の教会だった時には、裏面の画面を見ることができませんでした。


P2170440
表に描かれたルーカ・シニョレッリの「十字架降下」(1510)


P2170466
祭壇画の横にモーターがつけられ、それによって裏面が見えるように祭壇画が動くのです。博物館に転身する以前には、この仕掛けがありませんでした。


P2170444
裏面に描かれたルーカ・シニョレッリの「玉座の聖母子と聖ピエトロと聖パオロ」(1510)


P2170448
教会の天井
他にフレスコ画、祭壇画がありますが、ルーカ・シニョレッリの作品以外、それらは詳細不明です。おそらく博物館側は製作者等を把握していると思います。博物館になったからには、各作品の説明プレートがあってもよいと思います。


P2170450
詳細不明


P2170451
詳細不明


P2170461
詳細不明


P2170459
詳細不明


P2170464
詳細不明


P2170467


P2170475


P2170477


P2170478


P2170479
裏面が見えるようになって本当に良かったと思います。


P2170480
現役の教会だった時代、この扉が開いていることは滅多にありませんでした。


P2170481
次はサンタ・キアーラ教会です。


P2170483
サン・二コラ教会から20mほど坂を下れば、サンタ・キアーラ教会があります。


P2170484
先に、こちらの方を拝観しました。


P2170485


P2170487
中には、これだけしかありませんでした。
彩色磔刑像、聖フランチェスコ、聖キアーラ


P2170488
サンタ・キアーラ教会の拝観です。


P2170489
祭壇の後ろが見所ですが、扉が閉まっていました。


P2170491
詳細不明


P2170494
詳細不明


P2170496
詳細不明


P2170498
外に出ました。


P2170501


P2170502
山上にあるサンタ・マルゲリータ教会に行きたいと思いましたが、暑いので(35度くらいあったと思います)無理をしないことにしました。


P2170503
それに折角上ってみても教会の扉が開いているのか、その辺がよく分からないのです。


P2170504
(つづく)

P2170301
次はサン・フランチェスコ教会です。


P2170302
サン・ドメニコ教会からサン・フランチェスコ教会に行くには、旧市街の中心を経由して行くのが最も近道になります。


P2170304
ナツィオナーレ通り


P2170307
レプッブリカ広場を通り過ぎました。


P2170309
広場から教会までは坂道となってます。


P2170310
広場から約100mほど進めば教会です。


P2170311
ここのタベルナコロは見逃せません。


P2170313
「磔刑」は地元コルトーナの画家によって描かれました。


P2170314
行った先々の街の繁栄度は、その街の教会やMuseo Civicoなどの展示作品を見れば大体分かります。


P2170316
有名な画家や彫刻家の作品が幾つもあれば、その街は繁栄していたのです。芸術はパトロンがいないと成り立ちません。裕福なパトロンがいることが、芸術の質を左右することになります。


P2170318
もう教会です。


P2170319
サン・フランチェスコ教会のファサードが見えてきました。


P2170320
1245年に完成したゴシック様式の教会です。


P2170322
再建されずに現在に至ってます。


P2170325
しかし、現在の姿は1245年当時のものとはかなり違うそうです。それは17世紀前半に大幅な修復工事が行われたからとされてます。


P2170324
ポータル、ルネッタ並びにその周辺は創建時の姿とされてます。


P2170326
単廊式、ゴシック様式の内部です。


P2170327
左側壁


P2170328
右側壁


P2170329
木組み梁の天井


P2170330
後陣


P2170332
中央礼拝堂


P2170333
後陣右の礼拝堂


P2170349
14世紀の無名画家の「グラツィエの聖母」


P2170341
アンジェロ・ディ・ピエトロとフランチェスコ・ディ・ピエトロ兄弟の「ラニエーリ・ウンベルティーニの墓」(1360)
ラニエーリ・ウンベルティーニは、コルトーナの初代司教で、1348年にコルトーナで没しました。


P2170345
チーロ・フェッリの「天上の聖母と聖ルイージと聖ルドヴィーコと聖二コラと聖フランチェスコとコルトーナの聖マルゲリータ」(1625)


P2170357


P2170358
ジローラモ・ピアモンティーニの「磔刑」
フランチェスコ・ファッブルッチの「聖フランチェスコ」、「コルトーナの聖マルゲリータ」(17世紀)


P2170361
チゴリの「パドヴァの聖アントニオの奇跡」(1597)


P2170369
ピエトロ・ダ・コルトーナの「受胎告知」(1669)


P2170372
アンドレア・コッモディの「無原罪の御宿りと聖クリストフォロと聖ルドヴィーコと聖チェチリアとアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1609)


P2170377
ジョヴァンニ・カミッロ・サグレスター二(1660‐1731)の「聖ルチアの奇跡」


P2170381
ヤコポ・ディ・ミーノ・デル・ポッリチャーイオの「聖母戴冠」(フレスコ、14世紀)


P2170384
オラツィオ・フィダーニの「聖ジョアッキーノと聖アンナの邂逅」(1845)


P2170388


P2170390
ラッファエッロ・ヴァンニの「ご誕生」(17世紀)


P2170394
ニッコロ・モンティ・ディ・ピストイアの「スルタンと面会する聖フランチェスコ」(1842)


P2170397
これが見たかったのです。


P2170398
1523年10月16日、ルーカ・シニョレッリはコルトーナで没しました。


P2170399


P2170400
詳細不明のフレスコ画


P2170402


P2170404


P2170405
中庭に出てルーカ・シニョレッリの墓を探しました。


P2170406
ルーカの墓はサン・フランチェスコ教会にあります。


P2170407
ルーカの墓を見つけることができませんでした。


P2170408


P2170409
外に出ました。


P2170321


P2170323
(つづく)

P2170186
シニョレッリ劇場です。


P2170184
シニョレッリ劇場の隣に建っているプレトーリオ宮です。


P2170185
プレトーリオ宮はエトルリア・アカデミー博物館になってます。入館しました。
この博物館については、後程、項を改めて詳しく取り上げる予定です。


P2170179
博物館から外に出ました。


P2170182
シニョレッリ劇場に一度も入ったことがありません。


P2170183
6月となると、一挙に人出が多くなるコルトーナです。


P2170187
写真左に見えるのが小さなスーパーマーケットです。
開くのを待って、大好物のペッタンコ桃を買いました。


P2170191
強烈な日差し。暑かった!


P2170195
午後3時半を過ぎたばかりです。


P2170196
買い求めた桃が意外に重かったので、一旦ホテルに戻り、部屋の冷蔵庫に入れました。これが出来るというのが、旧市街の中心にあるホテル・イタリアのメリットです。


P2170197
街歩きの再開です。次はサン・ドメニコ教会です。


P2170198
ナツィオナーレ通り


P2170199
2週間後に予定されている祭りのために旗が掲げられています。
夏至前後の週末に、祭りが開催されるコムーネが非常に多いようです。


P2170202
通りの突き当りがガリバルディ広場です。


P2170203


P2170204
ガリバルディ広場から見たサン・ドメニコ教会です。


P2170205
広場は絶景ポイントの一つです。


P2170207
見えているのはトラズィメーノ湖で、コルトーナはトラズィメーノ湖の北にあります。


P2170208


P2170210
現在地に、1230年に建設が開始された小さな教会と修道院がサン・ドメニコ教会の前身です。


P2170213
今日、見ることができる教会の建物は1438‐1557年に建てられた二代目のものです。


P2170214
美術的に優れた教会が多いコルトーナにあって、サン・ドメニコ教会は傑作が多い、或いは多かった教会として特筆すべき存在です。


P2170215
美術好きは勿論のこと、例え美術があまりお好きではない方にも、この教会だけは拝観する価値があると思います。


P2170216
何故かレオナルド・ダ・ヴィンチのこれがサン・ドメニコ教会の横にあります。


P2170219
今回は少々ショックでした。
入口扉上ルネッタの硝子板が外され、ルネッタ上に描かれたフレスコ画の痕跡すらも分からなくなっていました。
10年くらい前は、退色剥離したフレスコ画が微かに認められました。7,8年前に保護のガラス板によってフレスコ画が覆われるようになりました。
ルネッタ上には、ベアート・アンジェリコのフレスコ画(1439‐40)があったのです。そのフレスコ画のシノピエ(フレスコ画の下絵)が教区美術館で展示されてます。


P2170155
これが、そのシノピエです。


P2170225
単廊式、ゴシック様式の内部です。


P2170226
左側壁


P2170227
右側壁


P2170296
天井


P2170229
中央礼拝堂(主祭壇)と後陣


P2170231
主祭壇画は、ロレンツォ・ディ・ニッコロ・ジェリーニの多翼祭壇画です。
フィレンツェの国父と言われたコジモ・ディ・メディチが1440年に注文した祭壇画です。


P2170255
頭頂部の三位一体、受胎告知


P2170258
中央


P2170260
向かって左


P2170262
向かって右


P2170264
裾絵


P2170266


P2170270


P2170236
後陣左の礼拝堂です。


P2170234
後陣左の礼拝堂の祭壇画はルーカ・シニョレッリの作品です。


P2170242
ピエトロ・コロンバーティの「祈りの聖母」(18世紀)


P2170246
パルマ・イル・ジョーヴァネの「聖母被昇天」


P2170248
中央パネルが欠落しています。
ヴィンチェンツォ・コンティの「天上の聖母と聖人たち」(1708)
ヴィンチェンツォはカルロ・マラッタの弟子でした。


P2170273
取り外されてますが、ここにパッシニャーノの「磔刑」がありました。


P2170275
教会の床にありました。


P2170279
アンドレア・コッモディ(フィレンツェ、1560‐1638)の「アレッサンドリアの聖カテリーナの論争」(1603)


P2170282
バルトロメオ・デッラ・ガッタの「聖ロッコ」


P2170287
バッチョ・ボネッティ(フィレンツェ、1557‐コルトーナ、1645)の「十字架降下」


P2170293
バルトロメオ・デッラ・ガッタのフレスコ画


P2170298
ラッファエッリーノ・デル・コッレの「聖アウグストゥス」
サン・ドメニコ教会にあった作品で、現在は司教区美術館で展示されている作品が凄いです。
以下3点の作品がそうです。


P2170013
ベアート・アンジェリコの「受胎告知」


P2170034
ベアート・アンジェリコの多翼祭壇画


P2160990
サッセッタの多翼祭壇画


P2170271
祭壇前から見た出入口方向です。


P2170300
外に出ました。


P2170211
非常に良かった! 大満足。


P2170220
多くの傑作があったことから、この教会の重要性が垣間見えます。


P2170222
(つづく)






P2170029ピエトロ・ロレンツェッティ(シエナ、1280c‐1348)の「彩色磔刑像」(1320‐34c)
コルトーナのサン・マルコ教会にありました。


P2170034
ベアート・アンジェリコの「聖母子と聖人たちのポリッティコ」(1438)
コルトーナのサン・ドメニコ教会にありました。


P2170036
中央パネル


P2170039
聖マッテオ、洗礼者聖ジョヴァンニ


P2170041
福音書記者聖ジョヴァンニ、マグダラのマリア


P2170043
裾絵は聖ドメニコの物語


P2170044


P2170047


P2170049


P2170051


P2170052


P2170056
教会の楽譜は四線譜です。


P2170058
次は聖具室です。


P2170060
13世紀末のシエナ派無名画家の「コルトーナの聖マルゲリータの生涯」(13世k末)
コルトーナのサンタ・マルゲリータ修道院にありました。


P2170063
ガーノ・ディ・ファツィア(シエナ、1302‐1318以前記録)の「聖母子」(1310‐18c)
サンタ・マルゲリータ聖域にありました。


P2170066
ピエトロ・ロレンツェッティの「カルヴァリオへの途」(1330‐40c)
コルトーナのサンタ・マルゲリータ聖域にありました。


P2170070
14世紀初頭のシエナ派無名彫刻家の「聖母子」(1310‐20c)
コルトーナのサンタ・マルゲリータ聖域にありました。


P2170073
詳細不明


P2170075
詳細不明


P2170077
詳細不明


P2170077
詳細不明


P2170079
詳細不明


P2170081
詳細不明


P2170084
ニッコロ・ディ・セーニャ(シエナ、1331‐1335記録)の「聖母子」(1336c)
コルトーナのサンタ・マルゲリータ聖域にありました。


P2170088
ピエトロ・ロレンツェッティの「玉座の聖母子と四天使」(1330‐40c)


P2170091
チュッチョ・ディ・ヌッチョ?の「洗礼盤」(1474)
コルトーナのドゥオーモにありました。


P2170107


P2170108
上の作品額縁の下にあったものです。


P2170109


P2170110


P2170111
詳細不明


P2170115
ピエトロ・ロレンツェッティの「磔刑」(1325?)


P2170149
次は、現在司教区美術館になっている建物の地下に設けられたジェズ祈祷所です。


P2170148
地下祈祷所の壁にフレスコ画が描かれてます。


P2170150


P2170120
祈祷所のフレスコ画は、ヴァザーリ派画家のクリストファノ・ゲラルディ通称イル・ドチェーノ(ボルゴ・サンセポルクロ、1508‐1556)によって、16世紀中ごろに制作されました。


P2170121
天井のフレスコ画


P2170125
側壁


P2170126


P2170127


P2170128


P2170139


P2170140




P2170142


P2170144


P2170146


P2170147
P2170141



P2170124
主祭壇のテラコッタは、ベルナルディーノ・コヴァッティ(コルトーナ、1519から記録)?の「死せるキリストへの哀悼」(16世紀前半)


P2170129
クリストファノ・ゲラルディの「最後の晩餐」


P2170134
クリストファノ・ゲラルディの「ゲッセマネ園の祈り」


P2170136
ヴィンチェンツォ・ディ・ピエトロ・パオロ・ダ・コルトーナ(コルトーナ、1450‐1517)の「聖職者席」


P2170137


P2170153
14世紀末のトスカーナの無名彫刻家の「天使」(14世紀末)


P2170155
ベアート・アンジェリコのシノピエ
コルトーナのサン・ドメニコ教会にありました。


P2170159
ローマ時代の石棺(2世紀)


P2170161


P2170162


P2170163


P2170164
聖具類


P2170165


P2170166


P2170151
素晴らしい展示でした。


P2170168
外に出ました。
(おわり)

コルトーナに行ったならば、ベアート・アンジェリコ、ルーカ・シニョレッリの傑作が展示されている司教区美術館 Museo Diocesano は必訪です。
P2170172
コルトーナのドゥオーモ広場です。


P2160917
司教区美術館の建物です。


P2170173
司教区美術館の隣にあるのは旧ジェズ教会です。旧ジェズ教会の建物の一部が司教区美術館として使用されてます。
美術館は1945年にオープンしました。


P2160970
入館すると、先ずルーカ・シニョレッリの作品が展示されている部屋が出迎えてくれます。


P2160921
ルーカ・シニョレッリ(コルトーナ、1450c‐1523)と工房の「聖母の昇天」(1519‐20)
向かいのドゥオーモにありました。


P2160923
ルーカ・シニョレッリと協力者の「無原罪の御宿りの寓意」(1521‐23)
ジェズ教会にあった祭壇画です。


P2160928
ルーカ・シニョレッリの「キリストから聖体拝領する使徒たち」(1512)
ジェズ教会の主祭壇を飾っていました。


P2160933
ルーカ・シニョレッリ工房の「キリストの教会への出現」(1521c)
工房制作の作品であっても手抜きすることなく親方ルーカが筆を入れたと言われてます。


P2160938
ルーカ・シニョレッリと弟子たちによる裾絵「聖ベネデットの物語」(1515‐16c)
何処にあったか、置かれていた場所が不明です。


P2160942
ルーカ・シニョレッリ工房の「聖母子と聖人たち(大天使ミケーレ、パドヴァの聖アントニオ、シエナの聖ベルナルディーノ、バーリの聖二コラ)」(1515c)


P2160946
ルーカ・シニョレッリ工房の「羊飼いの礼拝」(1521‐24)
工房で仕事をしていたフランチェスコ・シニョレッリ(ルーカの息子)とアントニオ・ディ・ドッニーノ・デル・マッツィエーリが描いたと言われてます。


P2160948
ルーカ・シニョレッリの「死せるキリストへの哀悼」(1501‐02)


P2160950
コルトーナのサンタ・マルゲリータ教会にありましたが、18世紀中ごろにドゥオーモに移され、1945年に美術館オープンの際にここで展示されるようになった作品です。
ヴァザーリに拠れば、キリストの遺体の描写は、1502年にペストで没したルーカの息子の遺骸を参考にしたとされてます。


P2160953
裾絵の「ゲッセマネ園の苦悩」


P2160955
「最後の晩餐」


P2160957
「キリストの逮捕」


P2160959
「キリストの鞭打ち」


P2160962
ルーカ・シニョレッリと弟子たちによる「玉座の聖母子と聖フランチェスコとトローザの聖ルドヴィーコと聖ボナヴェントゥーラとパドヴァの聖アントニオ」(1510‐15c)
オリジナルの設置場所が不明の祭壇画です。


P2160967
ルーカ・シニョレッリ工房の「羊飼いの礼拝」(1522c)
コルトーナのサン・フランチェスコ教会にあった祭壇画です。


P2160969
いいですねえ。


P2160985
次の部屋に移りました。
写真ダメの表示がありますが、2015年頃から写真OKとなりました。(但しノーフラッシュで)


P2160971
小さなタベルナコロ


P2160972
絵画は取り外されています。


P2160975
詳細不明(説明プレートがありません)


P2160979
ジュゼッペ・マリーア・クレスピ(ボローニャ、1665‐1747)の「コルトーナの聖マルゲリータの光悦」(1701)
コルトーナのサンタ・マリア・ヌオーヴァ教会にありました。


P2160983
フェデリーコ・ズッカリ(サンタンジェロ・イン・ヴァード、1540/1541-アンコーナ、1609)に帰属する「聖母被昇天と洗礼者聖ジョヴァンニとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2160986
フランチェスコ・カッペッラ(ヴェネツィア、1711-ベルガモ、1774)の「パオラの聖フランチェスコの奇蹟」(1750)


P2160990
サッセッタ(コルトーナ?、14世紀末‐シエナ、1450c?)の「聖母子と四聖人」(1436)
コルトーナのサン・ドメニコ教会にありました。


P2160994
中央パネル


P2160996
バーリの聖二コラ、大天使ミケーレ


P2160998
洗礼者聖ジョヴァンニ、ウンゲリアの聖マルゲリータ


P2170003
ドメニコ・ディ・ミケリーノ(フィレンツェ、1417‐1491)の「聖フランチェスコとシエナの聖ベルナルディーノとパドヴァの聖アントニオ」(1450‐60c)
コルトーナのサン・フランチェスコ教会にありました。


P2170006
次の部屋に移動しました。


P2170105
この部屋が最も人気があると思います。


P2170010
マルティーノ・ディ・バルトロメオ(シエナ、1389‐1434記録)の「聖母被昇天」(1400-10c)


P2170013
ベアート・アンジェリコ(ヴェッキオ・ディ・ムジェッロ、1395c‐ローマ、1457)の「受胎告知」(1434-36)


P2170015
非常に名高い作品です。


P2170095
裾絵の聖母の誕生、聖母の結婚


P2170098
ご訪問


P2170021
マギの礼拝


P2170102
この部分の画題が私には分かりません。


P2170103
聖母の死


P2170093
傑作ですね。


P2170094
(つづく)

コルトーナは、人口22,450人(2015年12月31日現在)のトスカーナ州アレッツォ県にあるコムーネです。
P2160781
この日は鉄道でカムーチャ駅に到着しました。


P2160778
タクシーはおらず、バスは40分後。


P2160782
旧市街は丘上にあり、丘上に行くにはタクシーで10分、バスで15分かかります。


P2160779
電話を架けてタクシーを呼びました。


P2160780
直ぐに行くとの事でしたが、タクシーが中々来ません。漸く来たと思ったら、客を駅前で降ろしてから、私の方にタクシーが来たのです。往復ともに客がいて運転手さんはご機嫌でした。


P2160784
旧市街の中心にあるホテル(写真右)にチェクイン後、直ぐに外に出ました。


P2160787
旧市街の中心レップブリカ広場です。


P2160786
市庁舎


P2160788
市庁舎横のアーチの先に、この日のお宿があります。コルトーナに来れば必ず泊まってます。


P2160790
お昼を過ぎ、お腹が空いたので先ず昼食です。


P2160791
シニョレッリ広場は青空市が開催されていました。


P2160792
シニョレッリ劇場


P2160793
ここに来たら、ワンちゃんにご挨拶を忘れてはいけません。


P2160794
1年前は歓待してくれましたが、「お前なんか知らないよ」と全く無視されてしまいました。目を背けて合わそうとしません。


P2160795
コルトーナに来れば、大体ここで食べてます。


P2160806
この店です。


P2160796
午後は大好きなシニョレッリ作品の鑑賞です。そのためには素面が良いのです。断腸の思いでアルコールなしで我慢、我慢。


P2160799
ワインにぴったりの前菜を注文。


P2160802


P2160803


P2160805


P2160807
ドルチェとエスプレッソの写真を撮り忘れました。


P2160808
お腹一杯になり、シニョレッリ作品鑑賞の準備が整いました。


P2160810
教区博物館の建物がもう見えてます。


P2160811
ドゥオーモ広場


P2160812
教区博物館


P2160813
広場を挟んで、博物館の対面に建っているドゥオーモです。


P2160815
ドゥオーモの横は断崖絶壁となってます。写真左端からの景観が見事です。


P2160816
見事な景観


P2160818


P2160820


P2160822
午後2時過ぎでしたが、ドゥオーモが開いていました。何時扉が閉められるかわからないので、教区博物館に入館する前にドゥオーモの拝観をすることにしました。


P2160848
見るべき美術品が10点ほどあります。


P2160891
ドゥオーモについては、「古寺巡礼」で別に取り上げる予定です。


P2170173
いよいよ教区博物館です。


P2170094
展示作品が少ないですが、傑作揃いの博物館です。


P2160924
シニョレッリの作品


P2170124
教区博物館については、後程項を改めて詳しく取り上げます。


P2160949
生きているうちにあと何回来ることが出来るだろう。


P2170169
この日の翌日の午前にもう一度教区博物館に入館しました。


P2170174
(つづく)

↑このページのトップヘ