イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > キエリカーティ宮市立絵画館

大広間の続きです。
P1940493
ピエトロ・リベリ(パドヴァ、1614‐ヴェネツィア、1687)の「バテシバの水浴」


P1940495
ルーカ・ジョルダーノの「バテシバの水浴」(17世紀後半)


P1940497
ルーカ・ジョルダーノの「女神たちに飾られるヴィーナス」(1665c)


P1940503
ルーカ・ジョルダーノの「カナの結婚」(17世紀後半)


P1940507
ジュリオ・カンピオーニ(ヴェネツィア?、1613c‐ヴィチェンツァ、1678)の「レアンドロの遺体を受けるニンフ」(1676‐77)


P1940570
次の部屋です。


P1940571
第5室


P1940574
アレッサンドロ・トゥルキ通称オルベットの追随者の「アダムとエヴァ」(17世紀前半)


P1940577
パドヴァニーノ(パドヴァ、1588‐ヴェネツィア、1649)の「ローマのルクレツィア」(17世紀前半)


P1940580
カルロ・サラチェーニ(ヴェネツィア、1579‐1620)の「マグダラのマリア」


P1940582
ジュゼッペ・ヴェルミーリオ(アレッサンドリア、1585c‐1635c)の「イサクの犠牲」


P1940586
ジュゼッペ・ヴェルミーリオの「ユディト」(1620c)


P1940590
フランチェスコ・カイロ(ミラノ、1607‐1655)の「ヘロデア」(1634‐35)
ヘロデアはサロメの母です。置かれている首は斬首された洗礼者聖ジョヴァンニのものです。


P1940593


P1940594


P1940595
フラ・センプリーチェ・ダ・ヴェローナ(ヴェローナ、1589c‐1654c)の「天使に支えられる死せるキリスト」(1634)


P1940598
次の部屋です。


P1940599
第6室


P1940600
天井の装飾


P1940601


P1940603
保護板があるのでよく見えません。
Frans Franken II (Anversa, 1589‐1626)の「聖母子」(17世紀初頭)


P1940606
パオロ・フィアッミンゴ(アンヴェルサ、1540‐ヴェネツィア、1596)の「ニンフたちが漁をしている風景」(16世紀末)


P1940611
カルロ・エイスマン・ブリジゲッラ(ヴェネツィア、1679‐ヴェローナ、?)の「水車がある風景」(1700‐10c)


P1940614
Luca Carlevarijs (Udine, 1663-Venezia, 1730)の「凱旋門がある風景」(1710‐14c)


P1940618
マルコ・リッチ(ベッルーノ、1676‐ヴェネツィア、1730)とセバスティアーノ・リッチ(ベッルーノ、1659‐ヴェネツィア、1734)の「遺跡がある風景」(1720‐30c)


P1940622
クレメンテ・スペーラ(ノヴァーラ、1661‐ミラノ、1742)に帰属する「遺跡がある風景」(18世紀前半)


P1940625
フランチェスコ・アヴィアーニ(ヴェネツィア、1662‐ヴィチェンツァ、1715)の「キリストと教会博士たち」(18世紀初め)


P1940629
フランチェスコ・アヴィアーニの「ラザロと金持ちがいる風景」(18世紀初め)


P1940632
次の部屋です。


P1940633
第7室


P1940634
13世紀、14世紀、15世紀頃の作品が全然見当たりません。


P1940635
ローザ・ダ・ティボリ(フランコフォルテ、1655‐ローマ、1706)の「羊飼いがいる風景」(17世紀後半)


P1940638
ローザ・ダ・ティボリの「羊飼いがいる風景」(17世紀後半)


P1940641
Cornelio Dusman (アムステルダム、?‐ヴィチェンツァ、1680c)の「ヴィチェンツァの市場」(17世紀後半)


P1940643
ジャコモ・ダ・カステッロ(アンヴェルサ、1637‐ヴェネツィア、1712)の「静物画」(1680?)


P1940648
エリザベッタ・マルキオーニ(ロヴィーゴ、17‐18世紀に活動)の「静物画」(18世紀初頭)


P1940650
エリザベッタ・マルキオーニの「静物画」(18世紀初頭)


P1940652
部屋の天井


P1940654
扉が閉鎖されていました。
この階にはこれ以上の作品が展示されていないようでした。
数年前までは、第1室が13世紀頃の作品が展示されており、年代順に部屋番号が割り振られていて非常に見易かったと思いますが・・・・・


P1940655
階上に向かいました。


P1940656
図書室?


P1940671


P1940672


P1940658
フランチェスコ・マッフェイ(ヴィチェンツァ、1605‐パドヴァ、1660)の「カインとアベル」


P1940661
アンドレア・デル・サルトの領域の「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1940664
ブルサソルツィ(ヴェローナ、1539‐1605)の「十字架降下」


P1940667
ガロファロ(フェッラーラ、1476c-1559)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノと聖アンナ」


P1940674
無名画家の「La Rua」(18世紀末‐19世紀初め)


P1940676


P1940677


P1940679
ジャンドメニコ・ティエポロ(ヴェネツィア、1727‐1804)の「商人」


P1940684
Giovanni Grubacs (ヴェネツィア、1830‐ポーラ、1919)の「ヴェネツィアの風景」


P1940689


P1940690


P1940692
この人が個人収集したものの展示です。


P1940691


P1940695
第7室のようです。


P1940697


P1940700
次の部屋です。


P1940699
第9室のようです。


P1940702
工事中の部屋がありました。第8室?


P1940703
次の部屋です。


P1940705
部屋の表示番号に戸惑いました。


P1940704
天井のフレスコ画を見るための部屋のようで、展示されている作品はありません。


P1940706


P1940707


P1940708


P1940709
次の部屋です。


P1940711
第2室?


P1940710
この部屋の天井です。
展示作品はありません。


P1940713


P1940715
次の部屋です。


P1940714
この部屋の見どころは天井の装飾です。


P1940718


P1940719
これで終わりです。


P1940721
外に出ました。


P1940722
展示されていない作品が非常に多かったのは何故でしょうか?パオロ・ヴェネツィアーノの多翼祭壇画、ティエポロの「無原罪の御宿リ」、ヤコポ・バッサーノの傑作などが見ることができなくて残念でした。
13世紀から15世紀の作品全部、16世紀の作品の殆どがありませんでした。その旨の表示板でもあれば、それなりに納得できましたが、何の表示もありませんでした。
バカヤロー、と心の中で叫んで絵画館を後にしました。


P1940723
(おわり)





P1940344
ジローラモ・キエリカーティ伯爵が建築家アンドレア・パッラーディオに注文して、1550年頃から建設が始まったキエリカーティ宮です。完成したのは1617年でした。
パッラーディオの初期の傑作とされてます。


P1940347
ここに市立絵画館がオープンしたのは1855年のことでした。
2007年から建物の修復工事のため長らく閉鎖されていましたが、2012年に漸く再開館されました。


P1940348
絵画館の入り口です。
なお、切符売り場はここにはありません。他の美術館や博物館の入館の際、ヴィチェンツァ・カードを買うか、または隣にあるオリンピコ劇場の切符売り場で切符(共通券)を買います。


P1940455
展示室は階上にあります。


P1940457
階段を上って中に入ると、先ず大広間に出ます。


P1940459
大広間は第4室となってます。
第4室から始めても混乱の元となるので、順番通り第1室から始めることにします。


P1940556
第1室です。


P1940557
部屋の配置図があります。


P1940558
キエリカーティ伯爵家の名刀です。日本刀と異なり特に名刀には見えませんね。


P1940559
武具


P1940561
ジョヴァンニ・アントニオ・ファーゾロ(マンデッロ・デル・ラーリオ、1530‐ヴィチェンツァ、1572)の「イッポリート・ダ・ポルトの肖像」(16世紀後半)


P1940564
フランチェスコ・バッサーノ(バッサーノ・デル・グラッパ、1549‐ヴェネツィア、1592)の「騎士とその娘の肖像」(1580c)


P1940567
アレッサンドロ・マガンツァ(ヴィチェンツァ、1548‐1632)の「騎士の肖像」(1580c)


P1940528
次の部屋です。


P1940529
第2室


P1940540
部屋の壁に描かれたフレスコ画


P1940541
寓意画でしょうね。


P1940542


P1940543


P1940532
アレッサンドロ・マガンツァの「ルドヴィーコ・キエリカーティの肖像」(1607c)


P1940535
アレッサンドロ・マガンツァの「若かりし頃のベルナルディーノ・ロスキの肖像」(16世紀末)


P1940537
ジョヴァンニ・アントニオ・ファーゾロの「ヴァルマラーナ家の人々の肖像」(1553‐54)


P1940545
アレッサンドロ・マガンツァの「マッダレーナ・カンピーリアの肖像」(1580年代末ー1590年代初頭)


P1940548
ジョヴァンニ・アントニオ・ファーゾロの「ジュゼッペ・グアルドと二人の息子の肖像」(1566‐67)


P1940550
ジョヴァンニ・アントニオ・ファーゾロの「パオラ・ボナノーメ・グアルドと二人の娘の肖像」(1566‐67)
パオラはジュゼッペの妻です。夫婦と4人の子供と一緒の肖像画でも良かったと思うのですが、男性と女性を分けて描かせたのです。


P1940553
ジローラモ・フォルニ(ヴィチェンツァで1558年から記録、ヴィチェンツァで1610年没)の「イサベッラ・ティエーネ・ヴァルマラーナの肖像」(1594c)


P1940509
次の部屋です。


P1940510
第3室


P1940517
この部屋にもフレスコ画があります。


P1940526


P1940527


P1940512
制作者不明の「パオロ・ヴェロネーゼ作『彫刻家の肖像』の複製画」(16世紀末)


P1940515
これは不思議で、面白い作品です。
首がない彫像はローマ時代の”Piccola Ercolanese"と呼ばれている彫像です。16世紀のヴェネトの無名彫刻家がその首の彫像を新たに創造したものです。


P1940518
アレッサンドロ・ヴィットリア(トレント、1525‐ヴェネツィア、1608)の「ヴィンチェンツォ・ペッレグリーニの胸像」(1561‐66)


P1940520
アレッサンドロ・ヴィットリアに帰属する「ボニファチョ・ポイアーナの胸像」(16世紀後半)


P1940522


P1940524
ヴェネト?の無名画家の「彫刻家の肖像」(17世紀前半)


P1940458
第4室は大広間です。


P1940460
グレゴリオ・ラッザリーニ(ヴェネツィア、1655‐ロヴィーゴ、1730)の「パリーデの裁決」(17世紀末)


P1940464
ルーカ・ジョルダーノ(ナポリ、1634‐1705)の「エネアとヴィーナス」(17世紀後半)


P1940467
ルーカ・ジョルダーノの「パリーデの裁決」(17世紀後半)


P1940470
アントニオ・ペッルッチ(ヴェネツィア、1654‐ソリーゴ、1726)の「シピオーネの自制」(1690c)


P1940471
アントニオ・ペッルッチの「アレキサンダー大王の前のダリオ家の人々」(1680c)


P1940476
ピエトロ・バルトロメオ・チッタデッラ(ヴィチェンツァ、1636‐1704)の「魔法から森に逃げるリナルド」(17世紀末)


P1940478
アントニオ・バレストラ(ヴェローナ、1666‐1740)の「無知から知識を守る徳」(17世紀末)


P1940481
大広間のフレスコ画です。


P1940482
フレスコ画は、ジュリオ・カンピオーニ(ヴェネツィア?、1613c‐ヴィチェンツァ、1678)によって17世紀後半に制作されました。


P1940483
フレスコ画のテーマは「栄誉の寓意」です。


P1940485


P1940486


P1940487
Henricus Hondius (アムステルダム、1597‐1651)の「地球儀」(1640)


P1940489
ヴィンチェンツォ・コロネッリ(ヴェネツィア、1650‐1718)の「地球儀」


P1940490
(つづく)

↑このページのトップヘ