イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: パヴィア

P2040412
パヴィア大聖堂、Cattedrale di Santo Stefano e Santa Maria Assuntaです。
ヴァチカンのサン・ピエトロ大寺院、パンテオン、フィレンツェ大聖堂に次いで、イタリアで4番目に大きい聖堂です。


P2040410
この地には、後に司教座教会となる、6‐7世紀に建設されたサント・ステファノとサンタ・マリア・デル・ポポロの双子の教会がありました。


P2040509
建物の老朽化と規模拡大のために、再建されることになり、1488年、クリストフォロ・ロッキの設計によって建設工事が開始されましたが、創建間もない時期にジョヴァンニ・アントニオ・アマーデオとジャン・ジャコモ・ドルチェブオーノに建築家が変更となりました。
1521年に一応の完成を見ましたが、クーポラやファサードは未完成のまま19世紀に至りました。
設計者がブラマンテやレオナルド・ダ・ヴィンチの弟子だったので両者の影響を受けた建物になってます。


P2040405
高さ97mのクーポラは漸く1885年に完成しました。
最終的に工事が終わったのは1930年でした。


P2040507
建設工事が長年に渡ったため、場所によって新旧混在している箇所があります。


P2040506
この場所が問題の箇所です。勿論、遺跡ではありません。崩落した塔がありました。
この場所に、1330年に建てられ、1583年に高さを増した、鐘楼を兼ねた市の塔Torre Civicoがありました。構造上、強度の問題を抱えていましたが、1989年3月17日に大崩落してしまいました。
崩落時に大聖堂の建物に損傷を与えましたが、大聖堂の建物と市の塔が互いの強度上のバランスを保っていたようで、それだけに留まらず大聖堂の構造強度自体にも深刻な影響を与えることが分かり、その使用が危険とされました。
そのため、大聖堂の大規模修復工事が行われるようになり、2012年10月に工事が完成したのです。その間、大聖堂は立ち入り禁止となっていました。


P2040414
聖堂内に入りました。
驚きました!
市の塔崩落以前の聖堂内は、ルネサンス様式の薄暗く堂々とした造りでしたから。


P2040415
明るくて全てが新しいのです。


P2040416
変わらないのは三廊式、ギリシャ十字形の基本構造くらいです。


P2040417
変わらないのは外観だけ?


P2040419
うろ覚えですが、以前のクーポラの方が断然よかった!


P2040420
味気ない主祭壇と後陣


P2040421
左翼廊の礼拝堂でミサが行われていました。


P2040422
後陣の装飾


P2040423
新造されたものでしょうね。


P2040424
オリジナルのものを出来るだけ生かそうとの発想はなかったように思います。


P2040425
説教壇


P2040426
構造上の強度不足だったので、オリジナルのものを使用したくても出来なかった可能性がありそうです。


P2040428
アレッサンドロ・サウリ礼拝堂


P2040432


P2040436


P2040437
このような修復は予想していなかったので戸惑いました。


P2040439


P2040443


P2040446
ロザリオの聖母礼拝堂


P2040450
ベルナルディーノ・ガッディの「ロザリオの聖母」(1532)


P2040453


P2040456


P2040458


P2040465
サンティッシモ・トリニータ礼拝堂


P2040463


P2040467


P2040470


P2040471
サン・ジョヴァンニ・バッティスタ礼拝堂


P2040474


P2040476
サクロ・クオーレ礼拝堂


P2040478


P2040481


P2040482


P2040483
聖家族礼拝堂


P2040486
ジュゼッペ・カルサーナ・ディ・ベルガモの「聖家族」(1887)


P2040488
ダニエーレ・クレスピの作品(17世紀)


P2040493
イル・チェラーノの作品(17世紀)


P2040496
洗礼盤


P2040498


P2040499


P2040502


P2040504
(おわり)

P2040111
サン・テオドーロ聖堂です。


P2040110
752年のパヴィアの記録に、この地にあった教会の存在が初めて記され、それ以降の記録に引き続き載せられています。当初は、聖アグネスを奉献するサンタグネス教会と呼ばれていましたが、1000年頃までに奉献する聖人が聖テオドーロに変更され、教会の名称がサン・テオドーロ教会に改められました。


P2040112
奉献する聖人および教会名称の変更ですが、創建以来、教会の傍を流れるティチーノ川の漁民や川で働く人々の侵攻を次第に集めるようになり、778年に没したパヴィア司教聖テオドーロが漁民たちの守護聖人になったことに基づきます。


P2040109
12世紀半ばに教区教会に昇格することになり、1185年から1220年にかけて建設されたロマネスク様式の二代目の建物が現在の姿の原形となってます。


P2040114
その後、1510年と1692‐1693年の修復を経て現在の姿となりました。


P2040108
後陣


P2040115
ファサードは16世紀に行われた修復後のものです。


P2040116
ルネッタ上にフレスコ画があったとされてます。


P2040117
ファサード側の入り口から聖堂内に入りました。


P2040118
三廊式、ロマネスク様式の内部です。


P2040120
左側廊方向


P2040121
右側廊方向


P2040122
主祭壇下に聖テオドーロの遺体が安置されてます。


P2040123
後陣のフレスコ画はぺリン・デル・ヴァーガによって制作されました。


P2040139


P2040140


P2040142
「聖母子と聖アグネスと聖アガタ」


P2040124


P2040144
制作者不明


P2040125


P2040126
説教壇の装飾


P2040127


P2040128


P2040129
クリプタの入り口


P2040133
クリプタに下りました。


P2040134


P2040137
内陣に戻りました。


P2040138
フレスコ画は、ベルナルディーノ・ランツァーニの「聖テオドーロの生涯」(1514)


P2040195
聖テオドーロの生涯がどのようであったのか知らないので、各場面の意味が分かりません。


P2040196


P2040198


P2040199


P2040200


P2040202


P2040204


P2040205


P2040208


P2040209


P2040145


P2040185
こちらはベルナルディーノ・ランツァーニの「聖アグネスの生涯」(1522)


P2040147


P2040149


P2040151


P2040152


P2040157
ベルナルディーノ・チェチェーリの「獄中の聖アガタに面会する聖ピエトロ」


P2040160
1998年に見つかったモザイク


P2040161
モザイクは初代の建物にあったとされてます。


P2040163


P2040166
カルロ・サッキ(1616‐1701)の「マギの礼拝」


P2040170
パヴィアの街が描かれたフレスコ画はベルナルディーノ・ランツァーニの作品です。


P2040173


P2040174
こちらのフレスコ画もベルナルディーノ・ランツァーニの作品です。


P2040176
聖水盤


P2040178
柱や壁に古いフレスコ画が残されてます。


P2040180
これらは13世紀に描かれたとされてます。


P2040181
制作者は不明です。


P2040187
ぺリン・デル・ヴァーガの作品


P2040213
外に出ました。
(おわり)


P2050541
オルソーラ・マッダレーナ・カッチャの「聖母子と天使」


P2050545
アントニオ・ブスカ(ミラノ、1625‐1684)の「聖トッマーゾの不信」


P2050548
アンドレア・ランツァーニ(ミラノ、1641‐1712)の「幼きキリストとパドヴァの聖アントニオと天使」


P2050551
ルイージ・スカラムッチャ(ペルージャ、1616‐ミラノ、1680)の「受胎告知」


P2050555
ヴィンチェンツォ・アングイニャーノ(ミラノで17世紀に活動)の「聖アグネスの施し」


P2050557
ダニエーレ・クレスピと弟子の「病人を治すキリスト」


P2050562
アントニオ・ザンキ(エステ、1631‐ヴェネツィア、1722)の「二人の兵士」


P2050565
グレゴリオ・ラッザリーニ(ヴェネツィア、1655‐ロヴィーゴ、1730)の「聖セバスティアーノの殉教」


P2050569
フェデリーコ・ビアンキ(ミラノ、1635c‐1719)の「ニオベの子供たちの虐殺」
ニオベの話を知らないと理解が難しい作品です。


P2050573
ローザ・ダ・ティヴォリ(1655‐1706)の「家畜がいる風景」


P2050575
ローザ・ダ・ティヴォリの「家畜がいる風景」


P2050579
フィリッポ・アッビアーティ(ミラノ、1643‐1715)の「十字架を担ぐキリスト」


P2050581
ジラルド・ダ・ローディ(ローディで18世紀前半活動)の「果物の静物画」


P2050585
無名画家の「壮大な建物がある風景」(17世紀末‐18世紀初頭)


P2050588
無名画家の「ローマ時代の風景」


P2050591
アレッサンドロ・マニャースコ(ジェノヴァ、1667‐1749)の「兵士の埋葬」


P2050593
アレッサンドロ・マニャースコの「戦死者の弔い」


P2050597
ニコラ・マリンコニーコ(ナポリ、1663‐1721)の「パリスの判決」


P2050601
ジュゼッペ・バッザーニ(マントヴァ、1690‐1769)の「福音書記者聖ジョヴァンニと聖ピエトロ」


P2050604
ジュゼッペ・バッザーニの「Saul folgorato sulla via di Damasco」


P2050607
ジュゼッペ・アントニオ・ビアンカ(1703‐1757)の「聖家族」


P2050610
ファービオ・チェルーティ(1688‐1761)の「旅人と家畜がいる風景」


P2050613
ゲラルド・ポーリ(フィレンツェ、1676‐ピサ、1739)の「1525年2月24日のパヴィア戦争」


P2050616
マウロ・ピチェナルディ(クレマ、1735‐ベルガモ、1809)の「聖母の誕生」


P2050619


P2050620


P2050622


P2050626


P2050624


P2050627


P2050629
アントニオ・バレストラ(ヴェローナ、1666‐1740)の「聖母子」


P2050632


P2050633


P2050635
ジュゼッペ・アントニオ・ビアンカの「年老いた聖母」


P2050638
ヴェネトの無名画家の「田舎の風景」(18世紀前半)


P2050641
ヴェネトの無名画家の「田舎の風景」(18世紀前半)


P2050643
ジョルジョ・ドゥランティ(ブレーシャ、1683‐1755)の「アヒルと子アヒル」


P2050647
フランチェスコ・ズッカレッリ(ピティリアーノ、1702‐フィレンツェ、1788)の「羊飼いと家畜がいる風景」


P2050650
アンドレア・ウルバーニ(ヴェネツィア、1711‐パドヴァ、1798)の「冬の風景」


P2050654
アンドレア・ウルバーニに帰属する「遺跡がある風景」


P2050656
アンドレア・ウルバーニに帰属する「遺跡がある風景」


P2050660
アンドレア・ウルバーニに帰属する「橋がある風景」


P2050664
ポンぺオ・バトーニ(ルッカ、1708‐ローマ、1787)の「スザンナの水浴」


P2050666
ポンぺオ・バトーニの「ジュゼッペ・ポッツォボネッリ枢機卿の肖像」


P2050671
フランチェスコ・ビアンキ(ミラノ、1635c‐1706)の「受胎告知」


P2050673
ピエトロ・アントニオ・マガッティ(ヴァレーゼ、1691‐1767)の「聖ジローラモの幻視」
おなじみの聖ジローラモではありません。聖ジローラモは二人いました。


P2050677
ピエトロ・アントニオ・マガッティの「聖クィリコと聖ジュリッタの殉教」


P2050680
ロンバルドの無名画家(ジャコモ・パラヴィチーニ?)の「聖アガタの殉教」


P2050682
疲れました。


P2050685
(おわり)



P2050402
広い展示室です。


P2050405
カミッロ・プロカッチーニ(ボローニャ、1551c‐ミラノ、1629)の「寺院への聖母の出現」


P2050408
ヤコポ・キメンティ・ダ・エンポーリ(フィレンツェ、1551‐1640)の「アレッサンドリアの聖カテリーナの殉教と昇天」


P2050412
ジローラモ・キニョーリ(ミラノで17世紀前半活動)の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」


P2050415
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネの「聖マルタとマルシーリアの聖ラッザーロ司教とマグダラのマリアと聖マルチェッラ」


P2050419
ジュリオ・チェーザレ・プロカッチーニ工房の「福音書記者聖ジョヴァンニ」(1524)


P2050422
カミッロ・プロカッチーニの「Ritorno del figliol prodigo」


P2050425
モラッツォーネ(モラッツォーネ、1573‐1626)の「マギの礼拝」


P2050431
17世紀のロンバルドの無名画家の「荊刑のキリストと聖母とマグダラのマリア」


P2050435
アンジェロ・リーギ(1595‐1605活動)の「ベアータ・シビッリーナと天使」(1599c)


P2050438
制作者不詳の「ダニエーレ・クレスピ作『Il rinnegamento di Pietro』の複製画」


P2050442
ダニエーレ・クレスピ(1598c‐1630)に帰属する「聖アンドレア・アポストロ」


P2050444
フランドルの無名画家の「楽園」(17世紀初め)


P2050448
ロンバルドの無名画家の「幼きキリストと聖ジュゼッペ」(17世紀中頃)


P2050451
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ工房の「聖ロザリア」


P2050454
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネの「エジプトへの逃避途中の休息」


P2050457
17世紀中頃の無名画家の「静物画」


P2050471
17世紀中頃の無名画家の「静物画」


P2050459
Ambito di Jan Van Kessel の「静物画」


P2050465
Ambito di Jan Van Kessel の「静物画」


P2050468
Maniera di Jan Bruegel il Vecchio の「天国」


P2050475
カミッロ・プロカッチーニの「マギの礼拝」


P2050478
フランチェスコ・カイロ(ミラノ、1607‐1665)のアルテミジア」


P2050480
フランチェスコ・カイロの「悔悛のマグダラのマリア」


P2050484
フランチェスコ・カイロの「女性」


P2050487
カルロ・コルナーラ(ミラノ、1605c‐1673)の「マグダラのマリア」


P2050491
カルロ・チェレーザ(サン・ジョヴァンニ・ビアンコ、1609‐ベルガモ、1679)の「ご訪問」


P2050495
カルロ・チェレーザの「ご誕生」


P2050499
ミッコ・スパダリーノ(ナポリ、1609c‐1675)の「ディアナとアッテオーネ」


P2050502
ミッコ・スパダリーノの「ヴィーナスとアドーネ」


P2050505
オルソーラ・マッダレーナ・カッチャ(モンカルヴォ、1596‐1676)の「聖母の誕生」


P2050509
オルソーラ・マッダレーナ・カッチャの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2050513
ロンバルドの無名画家の「フェルトーレのベアート・ベルナルディーノの奇跡」(17世紀中頃)


P2050516
エルコーレ・プロカッチーニ・イル・ジョーヴァネ(ミラノ、1596‐1676)の「聖パオロの落下」


P2050520
ロンバルドの無名画家の「幼きキリストと聖ジュゼッペ」(17世紀中頃)


P2050523
カルロ・サッキ(パヴィア、1616‐1707)に帰属する「聖ピエトロ」


P2050526
カルロ・サッキに帰属する「司教聖人」


P2050529
ジョヴァン・バッティスタ・カルローネ(ジェノヴァ、1603‐1683)の「アレッサンドリアの聖カテリーナの殉教」


P2050532
アントニオ・マリア・ルッゲーリ(ミラノ、1700‐1728記録)の「宗教の奇跡」


P2050535
アントニオ・マリア・ルッゲーリに帰属する「アジルルフォの洗礼」


P2050537
ドメニコ・ピオラの領域の「マグダラのマリア」
(つづく)

P2050246
ベルナルディーノ・リチーニオ(1489‐1549)の「赤い服を着た女の肖像」(1540)


P2050249
ベルガもの無名画家(フランチェスコ・テルツィ?)「ティロル伯爵フェルディナンド2世の肖像」(16世紀後半)


P2050253
ロンバルドの無名画家の「老人の肖像」(16世紀後半)


P2050257
ジローラモ・デル・サント(パドヴァ、1509‐1561記録)の「ピエトロ・ベンボ枢機卿の肖像」(16世紀前半)


P2050261
制作者不詳の「ジョヴァンニ・ダ・モンテ作『聖パオロの落下』の複製画」(16世紀後半)


P2050265
ヴェネトの無名画家の「男の肖像」(16世紀前半)


P2050269
ヴェネトの無名画家の「貴婦人の肖像」(16世紀前半)


P2050273
ドメニコ・ブルサソルツィ(ヴェローナ、1515c‐1567)の「甲冑の男の肖像」(16世紀後半)


P2050277
ナポリの無名画家の「キリストの鞭打ち」(16世紀末)


P2050281
ラッタンツィオ・ガンバラ(ブレーシャ、1530c‐1574c)の「女の頭」(1560c)


P2050284
エミリアの無名画家の「聖パオロ」(16世紀中頃)


P2050286
ボニファッチョ・ヴェロネーゼ工房の「シピオーネの自制」(16世紀)


P2050291
テオドーロ・ゲーシ(マントヴァ、1536?‐1601)の「羊飼いの礼拝」(1570c)


P2050293
次の部屋です。


P2050296
パオロ・フェリナーティ(ヴェローナ、1524‐1606)の「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」(1603)


P2050300
パオロ・ヴェロネーゼ(ヴェローナ、1528‐ヴェネツィア、1588)の「悔悛の聖ジローラモ」(16世紀後半)


P2050303
パルマ・イル・ジョーヴァネ(ヴェネツィア、1544‐1628)の「聖母と聖フランチェスコと聖キアーラ」(16世紀末‐17世紀初頭)


P2050306
ヴェネトの無名画家の「聖人たちがいる風景」(16世紀後半)


P2050309
ヴェネトの無名画家の「救世主」(16世紀後半)


P2050314
ピエトロ・マローネの領域の「復活したキリストと聖ピエトロと聖パオロ」(1590‐1600c)


P2050318
ピエトロ・マリア・バニャトーレ(オルツィヌオーヴィ、1548c‐ブレーシャ、1627c)の「L'Uomo dei dolori e un angelo con gli strumenti della passione」(1585‐95)


P2050321
ジョヴァンニ・アンブロージョ・フィジーノ(ミラノ、1553‐1608)の「ジュピターとユーノーとイーオー」(1599‐1600)


P2050326
トスカーナの無名画家(ドメニコ・ベッカフーミの領域?)の「La Carita?」(16世紀中頃)


P2050329
ルーカ・カンビアーソ(モネーリア、1527‐マドリッド、1585)に帰属する「聖母子と聖エリザベッタと聖ジョヴァンニーノ」(1550‐60c)


P2050334
イシドーロ・ビアンキ(カンピオーネ、1581‐1662)の「キリストの昇天」(17世紀中頃)


P2050337
クレモナの無名画家の「最後の晩餐」(16世紀第4四半世紀)


P2050343
クレモナの無名画家の「寺院への出現」(16世紀後半)


P2050346
ジョヴァンニ・バッティスタ・トロッティ通称イル・マラッソ(クレモナ、1555‐パルマ、1619)の「園のキリスト」(1585)


P2050350
ドメニコ・カンパニョーラ(ヴェネツィア、1500以前ーパドヴァ、1564)の「ピエタと大天使ミケーレと聖クリストフォロ」(1512‐15c)


P2050355
カミッロ・プロカッチーニの領域の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」(17世紀初頭)


P2050358
制作者不詳の「イル・チェラーノ作『聖フランチェスコ』の複製画」(17世紀初め)


P2050362
制作者不詳の「イル・チェラーノ作『黙示録の騎士』の複製画」


P2050366
ロンバルドの無名画家の「ニコロ・アルベルガーティ枢機卿の肖像」(17世紀前半)


P2050371
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(ミラノ、1609‐1661)の「高貴な女性の肖像」


P2050374
カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネの「聖アポッロニア」


P2050379
パルマ・イル・ジョーヴァネ工房の「受胎告知」


P2050383
クレモナの無名画家の「マギの礼拝」(16世紀第4四半世紀)


P2050386
カミッロ・プロカッチーニの領域の「羊飼いの礼拝」(17世紀中頃)


P2050390
オルテンシオ・クレスピ(ロマニャーノ、1577‐ミラノ、1620)の「聖アガタ」(1616)


P2050394
イル・チェラーノ(ロマニャーノ、1573‐ミラノ、1632)の「聖母子と聖ピエトロと聖ブルーノ」(1631‐33c)


P2050397
逆光ですが、パヴィア大聖堂の模型です。


P2050399
パヴィア大聖堂の模型


P2050400
パヴィア大聖堂の改築提案の模型
(つづく)

P2050080
ベネデット・ルスコーニ通称ディアナ(ヴェネツィア、1460c‐1525)の「聖母子」


P2050084
バルトロメオ・モンターニャ(ヴィチェンツァ、1449c‐1523)の「聖家族」(15世紀末‐16世紀初頭)


P2050087
クレモナの無名画家の「聖ロッコ」(1530‐40c)


P2050091
ロンバルドの無名画家の「聖ジローラモ」(1520‐30c)


P2050094
ガロファロ(フェッラーラ、1481c‐1559)の「聖母の結婚」(1505‐08c)


P2050098
ロレンツォ・コスタと工房に帰属する「死せるキリストへの哀悼」(1505‐06c)


P2050101
ピエトロ・グラッモルセオ(カザーレ・モンフェッラート、1521‐1531記録)の「聖フランチェスコ」(16世紀第2四半世紀)


P2050105
プセウド・ジャンピエトリーノBの「アレッサンドリアの聖カテリーナの殉教」(1545c)
ジャンピエトリーノがいて、プセウド(偽)・ジャンピエトリーノがいて、プセウド・ジャンピエトリーノAがいて、ジャンピエトリーノBがいるのです。


P2050110
ヴェルチェッリの無名画家の「十字架の下にいる幼きキリストを崇める聖人たち」(16世紀前半)


P2050114
ローディの無名画家(ジローラモ・メレグーロ?)の「十字架を担ぐキリスト」(16世紀初め)


P2050117
はて、どこかで見たような・・・・・
ロンバルドの無名画家の「レオナルド・ダ・ヴィンチ作『岩窟の聖母』の複製画」(1530c)
この作品の裏にマルコ・ドッジョーノ(レオナルド・ダ・ヴィンチの弟子)の署名と1510年と書かれていますが、16世紀後半頃に書き加えられたとしてマルコ作説は否定されてます。


P2050123
ロンバルドの無名画家の「女の肖像」


P2050128
ロンバルドの無名画家の「医者チェーザレ・デ・ミーリオの肖像」(1501)


P2050131
ジャンピエトリーノ工房の「マグダラのマリア」(16世紀前半)


P2050135
プセウド・フランチェスコ・ナポレターノ(ミラノ?で16世紀第1四半世紀活動)の「聖母子」(16世紀第1四半世紀)


P2050138
チェーザレ・マーニ(1511から存在確認‐ミラノ、1534)の「聖母子」(16世紀前半)


P2050141
ベルナルディーノ・ルイーニ(ルイーノ?、1480c‐1532)の「髭の男」


P2050144
ベルナルディーノ・ルイーニの「女性らしい女」(1521‐23)


P2050149
パヴィアの無名画家の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖ジローラモと寄進者」(1515‐20c)


P2050152
ピエモンテの無名画家の「ロレートの聖母と聖人たち」(1530‐40c)


P2050155
次の部屋です。


P2050157
ミラノの無名画家の「園の祈り」(16世紀第4四半世紀)


P2050162
トスカーナの無名画家の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(16世紀初め)


P2050165
パヴィアの無名画家の「聖家族」(16世紀)


P2050169
Maestro di San Miniatoの「聖母子」(15世紀後半)


P2050173
イタリアの無名画家の「アンドレア・デル・サルト作『聖母子と聖ジョヴァンニーノ』の複製画」(15世紀末‐16世紀初頭)


P2050178
ロレンツォ・ディ・クレディ工房の「幼きキリストを崇拝する聖母と聖ジョヴァンニーノ」(15世紀末‐16世紀初頭)


P2050181
ラッファエッリーノ・デル・コッレ派画家の「聖セバスティアーノ」(16世紀前半)


P2050185
Hans Sebald Beham (Norimberga, 1500- Francoforte, 1550) の「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚と聖バルバラ」(1517)


P2050188
オランダの無名画家の「祈る聖母」(16世紀前半)


P2050193
アンヴェルサ流画家(Jan Wellens de Cock?)の「嘆きの聖母」(16世紀第1四半世紀)


P2050195
フランドルの無名画家(Joachim Patinier の領域)の「三聖人(聖ジローラモ、聖ピエトロ、ウンゲリアの聖エリザベッタ)のトリッティコ」


P2050204
Jean Clouet 工房の「フランチェスコ1世・ディ・ヴァロアの肖像」(16世紀第1四半世紀)


P2050207
Frans Pourbus il Giovaneの領域の「アンナ・ボレーナ」(1620‐25)


P2050210
フランドル?の無名画家の「聖母子と聖アンナ」


P2050215
Maestro dell'Adorazione di Anversa の「聖アンブロージョ」(16世紀前半)


P2050217
ライン地方の無名画家の「ユダの接吻」(15世紀後半)、「キリストの埋葬」(15世紀後半)


P2050219
フランドルの無名画家の「荊刑のキリスト」(16世紀前半)


P2050221
フランドルの無名画家の「Rogier van der Weyden 作『聖母子』の複製画」(1570以降)


P2050224
Adam Elsheimer (1578-1610) の「聖母子と聖人たちと信者」(1600‐10c)


P2050227
パオロ・ヴェロネーゼ工房の「四聖人」(1584‐86)


P2050233
ルーカ・モンベッロ(1518c‐1594c)の「聖母子と司教聖人と聖ロッコ」(16世紀中頃)


P2050238
ヴェネトの無名画家の「紳士の肖像」(16世紀中頃)


P2050241
モレット(ブレーシャ、1493c‐1554)の「本を持つ男の肖像」(16世紀前半)
(つづく)

P2040916
パヴィアの無名画家の「聖フラチェスコとシエナの聖ベルナルディーノ」(15世紀末)


P2040920
ロンバルドの無名画家の「聖母子」(1480c)


P2040923
詳細不明(作品の説明プレートが見当たらず)


P2040925
Maestro d'Arco (フラ・バッティスタ・スパニョーリ通称バッティスタ・モントヴァーノ)?の「シエナの聖ベルナルディーノと聖ジローラモ」


P2040929
Maestro d'Arco の「聖パオロとパドヴァの聖アントニオ」


P2040932
ロンバルド?の無名画家の「祈る女性」(15世紀第3四半世紀)


P2040935
ジャコミーノ・ヴィスマーラ(ローディ、1460‐1505記録)の「キリストの埋葬」(15世紀第4四半世紀)


P2040940
アントネッロ・ダ・メッシーナ(メッシーナ、1457から記録、1479没)の「男の肖像」(15世紀中頃)


P2040946
Hugo van der Goes (Grad, 1440c- Audergem, 1482)の「聖母子」(15世紀)


P2040949
ジョヴァンニ・ベッリーニ(ヴェネツィア、1430c‐1516)の「聖母子」(1455c)


P2040954
アルヴィーゼ・ヴィヴァリーニ(ヴェネツィア、1446c‐1504c)の「聖フランチェスコと洗礼者聖ジョヴァンニ」(1478‐80)


P2040959
ガンドルフィーノ・ダ・ロレートの「マギの礼拝」(1508c)


P2040962
フロリアーノ・フェッラモーラ(ブレーシャで1478から記録、1528没)の「幼きキリストへの崇拝」(15世紀末‐16世紀初頭)


P2040965
ベルナルディーノ・ファーゾロ(パヴィア、1482c‐ジェノヴァ、1526以降没)の「幼きキリストへの崇拝」(1521)


P2040969
マンテーニャ派画家の「玉座の聖母子と聖人たち」(15世紀末)


P2040973
デフェンデンテ・フェッラーリ(キヴァッソ、1480c‐トリノ、1539)の「磔刑」(1510‐20c)


P2040978
次の部屋です。


P2040980
ジョヴァンニ・ピエトロ・デ・ドナーティとジョヴァンニ・アンブロージョ・デ・ドナーティの「パヴィアのサン・フランチェスコ教会の扉」(16世紀第1四半世紀)


P2040984
ヴィンチェンツォ・フォッパ(ブレーシャ、1427c‐1515c)の「聖母子と聖人たち」
パヴィアの旧サン・トッマーゾ修道院(現在はパヴィア大学の学舎として使用されてます)にあった作品です。


P2040987
パヴィアの無名彫刻家の「磔刑」(1490‐1500c)


P2040991
アンヴェルサの無名画家の「十字架降下」(1550c)


P2040994
ベルゴニョーネ(ミラノ、1481‐1521記録)の「十字架を担ぐキリストとパヴィア修道院の修道士たち」(1491‐97)
パヴィア修道院にあった作品です。


P2040998
ロンバルドの無名彫刻家の「受胎告知」(15世紀中頃)


P2050004
ジローラモ・モチェット(ムラーノ、1654‐1531)の「アマレチーティの戦い」


P2050007
パヴィアの無名画家の「サン・ラッザーロのトリッティコ」(1491‐1505)
パヴィアのサン・ラッザーロ教会にあった作品です。
この作品の出来から考えると、制作者の名前が残っていそうなものです。


P2050009


P2050011


P2050013


P2050016


P2050017
裾絵


P2050018


P2050022
ヴェネトの無名画家の「聖母子とマグダラのマリアとアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1500‐10c)


P2050025
ロンバルドの無名画家(ベルナルディーノ・ベルゴニョーネ?)の「幼きキリストへの崇拝」(1490‐95)


P2050029


P2050032
マッテオ・デッラ・キエーザ(ロサーテ?、1460c‐ローティ、1519)の「幼きキリストへの崇拝」(1500‐10c)


P2050036
ロンバルドとピエモンテで活動した無名画家の「ご誕生」(15世紀末‐16世紀初頭)


P2050040
ジョヴァンニ・マンスエーティ(ヴェネツィア、1485‐1526記録)の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニとアレッサンドリアの聖カテリーナと2信者」(15世紀末‐16世紀初頭)


P2050043
制作者不詳の「ジョヴァンニ・ベッリーニ作『割礼』の複製画」(15世紀末‐16世紀初頭)


P2050046
次の部屋です。


P2050047
私一人で独占でしたが、悲しむべきことです。


P2050050
パルマの無名画家の「天使」(16世紀前半)


P2050054
コッレッジョ(コッレッジョ、1489‐1534)の「聖家族と聖エリザベッタと聖ジョヴァンニーノ」(1510c)
これを見ただけでコッレッジョスタイルの作品と分かります。


P2050058
ヴェネトの無名画家の「田舎の演奏会」(16世紀中頃)


P2050061
チーマ・ダ・コネリアーノ(コネリアーノ、1459c‐1517c)の「福音書記者聖ジョヴァンニ」(15世紀末)


P2050064
ベルナルディーノ・パレンツァーノ(パレンツォ、1450c‐パドヴァ、1500?)の「ローマ時代の戦い」(15世紀後半)


P2050069
ラッザーロ・バスティアーニ工房の「永遠なる父とキリストと聖母」(15世紀)


P2050072
ジョヴァンニ・フランチェスコ・カロート(ヴェローナ、1480c‐1555以降没)の「聖母子」(16世紀前半)


P2050076
ヴェネトの無名画家の「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」(16世紀前半)
(つづく)

P2040795
絵画館に入りました。


P2040797
絵画館になっている部屋の天井


P2040798
広い部屋です。


P2040771
グアリエント・ダルポ(パドヴァ、1338‐1370記録)の「ケルビーノ」(14世紀中頃)


P2040774
グアリエント・ダルポの「キリストの洗礼」(14世紀中頃)


P2040777
ヴェローナの無名画家の「聖マルゲリータ」(14世紀)


P2040780
ヤコポ・デル・カゼンティーノ(フィレンツェ、1297‐1358活動)の「磔刑」(14世紀前半)


P2040783
ヤコポ・デル・カゼンティーノの「聖フィリッポと聖ジャコモ」(14世紀前半)、「聖痕を受ける聖フランチェスコ」(14世紀前半)


P2040786
無名画家の「最後の晩餐」(14世紀初め)


P2040789
スピネッロ・アレティーノ(アレッツォ、1346c‐1410)の「祈る洗礼者聖ジョヴァンニ」(1380‐90c)


P2040792
ジョッテスキ画家の「聖母子」(14世紀中頃)


P2040796


P2040799
部屋の一部


P2040800
ジョヴァンニ・ピエトロ・ダ・ピサの「聖アガタ」は修復中でした。


P2040802
ヴェネツィアの無名画家の「聖母戴冠のトリッティコ」(14世紀)


P2040804


P2040806


P2040808


P2040812
シモーネ・ディ・フィリッポ通称シモーネ・クローチフィッシ(ボローニャ、1355‐1399記録)の「聖母戴冠」


P2040814
Maestro di Montefiore Concaに帰属する「磔刑と聖人たちのトリッティコ」(1330‐40c)


P2040820
ピサの無名画家の「ピエタ」(14世紀後半)


P2040822
この作品は修復中でした。


P2040824
ヴェネトの無名画家の「玉座の聖母子」(18世紀末)


P2040826
19世紀初頭に制作されたイコン


P2040830
ミケリーノ・モリナーリ通称ミケリーノ・ダ・ベソッツォ(1388‐1450記録)?の「死せるキリスト」(14世紀末‐15世紀前半)


P2040834
フィレンツェの無名画家の「最後の晩餐前のキリスト」(15世紀第2四半世紀)


P2040838
ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ(ファブリアーノ、1370c‐ローマ、1427)の「聖母子と聖フランチェスコと聖キアーラ」(14世紀末)


P2040842
ミケーレ・ジャンボノ(ヴェネツィア、1390c‐1462)の「ヴェロニカ」(15世紀中頃)


P2040844
ヤコベッロ・ディ・ボノーモ(ヴェネツィア、1375‐1385活動)の「司教座の聖アゴスティーノの2寄進者」(1340c)


P2040850
Maestro di Andriola de Barrachisの「死せるキリスト」(15世紀第4四半世紀)


P2040853
Maestro di Andriola de Barrachisの「玉座の聖母子と2音楽天使と修道女たち」(15世紀第4四半世紀)


P2040858
トスカーナの無名画家の「玉座の聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナとマグダラのマリア」(15世紀中頃)


P2040862
パドヴァの無名画家の「聖ジャコモ・ミノーレと聖フィリッポ」(1440‐50c)


P2040866
ロンバルドの無名画家の「教会博士たち」(1430‐35c)


P2040870
ロンバルドの無名画家の「嘆きの聖母」(1410‐20c)


P2040874
ベルナルディーノ・ゼナレ(トレヴィーリオ、1460c‐ミラノ、1526)の「聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナとマグダラのマリア」(1490‐1500c)


P2040878
パヴィアの無名画家の「聖母子と聖ルチアと聖アポッロニア」(15世紀末‐16世紀初頭)


P2040881
ジョヴァンニ・アンブロージョ・べヴィラクヮア通称リベラーレ(ミラノ?、1474‐1512記録)の「幼きキリストを崇拝する聖母」(15世紀末‐16世紀初頭)


P2040886
フランチェスコ・ダ・ヴェルツァーテ(ジェノヴァとリグーリアで1465‐1500記録)の「聖ヴィンチェンツォ・フェッレール」(15世紀第4四半世紀)


P2040890
パヴィアの無名画家の「玉座の聖母子」(15世紀後半)


P2040893
ロンバルドの無名画家の「音楽天使、永遠なる父」(15世紀後半)


P2040896
パヴィアの無名画家の「フランチェスコ1世・スフォルツァ」(1490‐1500c)


P2040901
パヴィアの無名画家の「男の肖像のトンド」(1490‐1500c)
以下2点の作品も同じです。


P2040903


P2040906


P2040909
ロンバルドの無名画家の「寺院からの商人たちの追放」(15世紀末)


P2040913
ロンバルドの無名画家の「マギの礼拝」(15世紀末)
(つづく)



P2040713


P2040714


P2040715
次の部屋です。


P2040716


P2040717


P2040718


P2040719


P2040720


P2040721


P2040722
次の部屋です。


P2040723
天井の装飾


P2040729


P2040724


P2040725


P2040726


P2040727


P2040728


P2040730
次の部屋です。


P2040731
アクセサリーなどが展示されてます。


P2040732
小物類


P2040733


P2040734


P2040735


P2040736


P2040737


P2040738
この先は何故か施錠されていて、先に進めませんでした。
この日、入館者は私一人だったので省エネ?


P2040739
考古学部門はこれで終わりでした。


P2040740
何処の博物館だった忘れましたが、切符売り場で「何処を見たいのか」と聞かれ、○○と○○と答えると、その場所だけ扉を開けて点灯してくれました。
全部を見たいわけではなかったので、非常に良いシステムと感心しました。


P2040752
全体の案内図が目立たない場所にひっそりとありました。博物館の入り口に置かれていると親切でよいと思いましたが、この場所ではね。


P2040741
Sezione Romanica e Rinascimentaleが閉まっていました。
ここは見たかったので残念でした。


P2040746
最近、閉まっていることが多いのは何故でしょうか?
省エネ?
それにしても入館者が少な過ぎます。


P2040748
ルネッタのシノピエ


P2040749


P2040750
フレスコ断片


P2040751


P2040753
一階はこれで終わりのようです。


P2040754
二階のPinacotecaに向かいました。


P2040755


P2040756


P2040758
二階の柱廊です。


P2040760


P2040759
Museo del Risorgimentoも閉まっていました。


P2040761
二階からの眺め


P2040764
二階で開いていたのはPinacotecaだけでした。


P2040762
写真二階の左奥にPinacotecaの入り口があります。


P2040766
写真の突き当りの手前が絵画館の入り口になります。


P2040767
切符売り場に係員がいただけで、それ以外の場所で係員の姿を見ることはありませんでした。


P2040769


P2040768
次回から絵画館の展示になります。
(つづく)

P2040657
一回の次の展示室に向かいました。


P2040659
カステッロの回廊天井にフレスコ画の痕跡がありました。


P2040660
次は考古学博物館、ロンゴバルド・セッションです。


P2040661


P2040662
上に掲載した写真の展示物の説明板です。(以下同じ)


P2040663


P2040664


P2040665


P2040666


P2040667


P2040669


P2040670


P2040671


P2040672


P2040674
僅かに残っているフレスコ画


P2040675
入館者を見かけることは滅多にありません。


P2040676


P2040677


P2040678


P2040679


P2040680


P2040681


P2040682


P2040683


P2040684


P2040685


P2040686
次の展示室です。


P2040687
展示室天井の装飾


P2040688


P2040689


P2040690


P2040691


P2040692


P2040693


P2040694
展示室天井の装飾


P2040695


P2040696


P2040697


P2040698


P2040699


P2040700
次の展示室です。


P2040701
展示室天井の装飾


P2040702


P2040703


P2040704


P2040705


P2040706


P2040707


P2040708


P2040709


P2040710


P2040711


P2040712
(つづく)

P2040530
パヴィア修道院へと繋がる広大なヴェルナヴォーラ狩猟公園の南端に当たるこの地に、ミラノの名族ヴィスコンティ家の専制僭主ガレアッツォ2世・ヴィスコンティの命によって、1360年から1366年に建設された城です。


P2040533
建築家ベルナルド・ダ・ヴェネツィアが設計したとの説があります。


P2040534
1525年、有名なパヴィアの戦いで狩猟公園は戦場となり、1527年のフランス軍の砲撃によって、城は大きな被害を受けてしまいました。


P2040536
その後、破壊された城は放置されていましたが、1920年代から1930年代に復元され、パヴィア市の所有になりました。しかし、破壊の程度が大きかった北の部分は復元されませんでした。
第二次世界大戦後、城は市立博物館として整備公開されるようになり、現在に至ってます。


P2040537
城の内部や中庭で展示会やコンサートなどが行われています。


P2040539
切符売り場は写真右側にあります。


P2040540
博物館は、Pinacoteca、Museo Archelogico e Sala Logobarda、Sezioni dei Medioevale e Rinascimentaleなど全部で6つの部門からなってます。


P2040541
ざっと見るだけなら半日で十分ですが、じっくり見ようとすると一日はかかります。自分の興味に合わせて効率よく見て回るのがお勧めです。


P2040543
こちらの入り口は図書館と事務室用です。


P2040544
建設された当時の城は中庭を囲んでほぼ正方形でしたが、北側の部分がパヴィア戦争によって大きく破壊されてしまい、その後も復元されなかったので、現在はコの字形となってます。


P2050683
1527年のフランス軍の砲撃によって大きく破壊され、その後、復元されずに残された城の北側部分です。


P2050684
城自体も見る価値があります。


P2040545


P2040546


P2040547
無造作に遺跡からの発掘物が置かれてます。


P2040548
絵画と彫刻を中心に展示作品の紹介を行っていきましょう。


P2040550
先ずSala Mostreです。


P2040554
ジャンピエトリーノ(ミラノで1515‐1540活動)の「この人を見よと聖母」


P2040557
アンブロージョ・べヴィラクヮア(ミラノ、1481‐1512記録)の「カルヴァリオへの途」


P2040560
マルコ・ドッジョーノ(オッジョーノ、1470c‐ミラノ、1524)の「聖家族」(1505c)


P2040565
フランチェスコ・ナポレターノ(ナポリ、1470c‐ヴェネツィア、1501)の「聖母子」(1500c)


P2040569
プセウド・フランチェスコ・ナポレターノ(ミラノで16世紀初めに活動)の「聖母子」
プセウドとは偽という意味です。フランチェスコ・ナポレターノと非常に画風が似ていて、二人の作品帰属に混乱が生じていましたが、その後、いろいろな事由によって、二人の作品の帰属が明確になった場合、プセウドをつけて区別するのです。プセウド・フランチェスコ・ナポレターノとは、フランチェスコ・ナポレターノに似た画風の無名画家と捉えても良いでしょうね。


P2040572
ジャコモ・ライボリーニ(1484c‐1557c)の「聖母子」


P2040575
イル・フランチャまたはジャコモ・フランチャと呼ばれることがあります。


P2040579
フランチェスコ・フランチャ派無名画家の「砂漠の聖ジローラモ」


P2040584
フランチェスコ・フランチャ派無名画家の「聖母子と聖セバスティアーノ」


P2040589
ジュリオ・カンピ(1507‐1573)の「荊刑のキリスト」


P2040592
ジョルジョ・ヴァザーリ工房の「十字架を担ぐキリスト」


P2040596
ジュゼッペ・ダネーディ通称イル・モンタルト(1618‐1688)の「善き天使と悪天使」


P2040601
ヴィットーレ・ゲスランディ通称フラ・ガルガーリオ(1655‐1743)の「若き芸術家」


P2040605
ヴィットーレ・ゲスランディ通称フラ・ガルガーリオの「若き画家」


P2040608
ベルナルド・ストロッツィ(1581c‐1644)の「キリストの逮捕」


P2040613
ジョヴァンニ・パオロ・パニーニの「エジプトへの逃避途中の休息」


P2040617
クレモナの無名画家の「ジョヴァンニ・バッティスタ・フルガの肖像」(16世紀末)


P2040621
ケルビーノ・コルニエンティ(1816‐1860)の「ヴィンチェンツォ・フルガの肖像」


P2040625
レオナルド・バッザーロ(1853‐1937)の「若い女性」


P2040630
ルイージ・コンコーニ(1852‐1917)の「若い女性」


P2040634
ダニエーレ・ランツォーニ(1843‐1899)の「画家アキッーレ・トッミネッティの肖像」


P2040638
ジョヴァンニ・セガンティーニ(1858‐1899)の「果物」


P2040642
トランクィッロ・クレモナ(1837‐1878)の「ピルジョルジョ・カルティの肖像」


P2040646
フェデリーコ・ファルッフィーニ(1833‐1869)の「自画像」


P2040650
ジョヴァンニ・カルノヴァーリ通称イル・ピッチョ(1804‐1873)の「サラマーチェとエルマクロディト」
この部屋の展示はこれで終わりです。


P2040654
(つづく)

P2040508
昼食が終わり、いよいよ市立美術館です。


P2040509
外観の印象とあまりにもかけ離れた聖堂内部に対して、驚きを通り越して呆れてしまいました。元の姿を尊重して、それにできる限り近い形で修復するのが最近のやり方と思っていましたが・・・・・


P2040510
北に向かって真っすぐに約7,8分歩けば、市立美術館が置かれているカステッロに出ます。


P2040511
ヴィチェンツァのイコンの美術館を思い出させるインテーザ・サンパオロ銀行支店でした。


P2040512
イタリアの美術品で「個人所有」とされている中で、最も多いのが銀行所有だそうです。


P2040513
ヴィットリア広場


P2040514


P2040515


P2040517


P2040518
中心部から少し外れただけで、辺りは落ち着いた雰囲気に変わります。


P2040520


P2040522
ここもパヴィア大学です。


P2040523
サン・マッテオ病院だった建物が学舎として使用されてます。


P2040524
旧病院の会議室にガウデンツィオ・フェッラーリのフレスコ画があるらしい。


P2040525
病院内に設けられた礼拝堂にロンバルディアの画家たちによる作品があるようです。


P2040526
見ないで通り過ぎました。これから行く市立美術館の展示作品の多さは半端ではないので、ガツガツする必要がないのです。


P2040527
Museo Civicoに行けば、その街の繁栄度が大体分かるというものです。


P2040528
カステッロがある交差点に着きました。


P2040530
カステッロの周囲は公園になってます。


P2040532
ガレアッツォ・ヴィスコンティ2世によって、1360年から1366年にかけて建設されたカステッロです。


P2040535
現在、ここはパヴィア市立美術館として公開されてます。


P2040540
入館しました。


P2040542
この美術館を見るのは大変です。


P2040544
城そのものの見学に始まって、考古学部門、絵画部門、個人収集家が集めた絵画等の展示など、その範囲が多岐にわたる上に、展示作品数がとても多いのです。


P2040550
市立美術館については、項を改めて詳しく触れることにします。


P2040565
写真撮影が解禁されてから初めての入館でした。


P2040586


P2040706
1階の考古学部門の展示


P2040716


P2040762
2階に上りました。


P2040769


P2040795


P2050293
一回目は写真を撮ることに専念しました。


P2050145


P2050095
写真を撮ることと鑑賞は両立しません。


P2040682
全ての展示室にもう一度行って、今度はカメラをカバンの中に入れて鑑賞に専念しました。


P2040689
これらの写真は鑑賞専念時のものではありません。


P2050685
全てが終わった時、日がすっかり傾いていました。


P2050687
参ったなあ、すっかり疲れたよ。


P2050689
約6時間、美術館にいました。


P2050690
こんなことは何時までも出来ません。


P2050693
(おわり)






P2040290
次はクリプタです。


P2040291
三人の聖人の遺体が安置されてます。


P2040292
クリプタの歴史は9‐12世紀に遡ると言われてます。


P2040293
中世以前、聖遺物が祭壇の下になければ聖体拝領が出来ないことになっていました。キリスト教の宗教活動の基本中の基本が聖体拝領ですから、各教会は聖遺物を必死で求めたのです。換言すれば、聖遺物がなければ教会自体が存在出来なったのです。
そのような事情から、聖遺物には妙なものや、現実にはありえないもの、果てはでっち上げたものなどが存在したのです。
キリストが十字架に架けられた時に使用された釘が、聖遺物として20本以上あるなんて有り得ない話ですが、それがまかり通るのが宗教なのでしょうね。


P2040294
聖人の遺体は聖遺物の最たるものです。それが三体もあるのですから、それだけでこの聖堂の重みを感じることが出来るというわけです。



P2040295
9世紀のフレスコ画


P2040296


P2040297


P2040299
内陣に戻りました。


P2040300
13世紀のフレスコ画


P2040304


P2040305


P2040307
12世紀のフレスコ画


P2040306
バルディーノ・ダ・スルソの「聖家族」(1476)


P2040309



P2040311
パヴィアの無名画家の「聖母子と聖シーロ司教」


P2040314


P2040316


P2040317
アントニオ・マリア・モローゾの「ロザリオの聖母」(1714)


P2040320


P2040321
ジョヴァンニ・サンティの「ピエタ」


P2040322
礼拝堂のフレスコ画はパヴィアの画家パオロ・バルボッティによって19世紀に描かれました。


P2040326


P2040327



P2040330
グリエルモ・カッチャ通称イル・モンカルヴォの「聖母子と聖セバスティアーノと聖ロッコ」(1605)


P2040331



P2040332


P2040335
ベルナルディーノ・カーニのフレスコ画(16世紀)


P2040336


P2040338
右側廊


P2040339


P2040340


P2040341
左側廊


P2040342


P2040343


P2040344


P2040347
ピエトリ・ダ・プレマの「聖母子と聖アンナ」(17世紀)


P2040350


P2040352


P2040354
グリエルモ・カッチャの「聖ルチアの殉教」(16世紀)


P2040358
詳細不明


P2040360
「磔刑」(12世紀)


P2040364


P2040362


P2040366
ベルナルディーノ・チチェーリ(1650‐1718)の「磔刑」


P2040368
パヴィアで必見に教会を一つ挙げるとすれば、ここでしょうね。


P2040370


P2040375
(おわり)


P2040250
サン・ミケーレ・マッジョーレ聖堂です。
7世紀のロンゴバルド王国の記録に、この教会の存在が記されていることから、6世紀頃には既に存在していたと推定されてます。
ロンゴバルド王の戴冠式が行われたことでも有名です。


P2040251
1004年、最初の建物は火災によって消失してしまいました。
現在の建物は、11世紀に再建され、1117年の地震による大きな被害を受けた箇所をさらに再建して、1155年に完成したロマネスク様式の建物が原型となってます。


057
砂岩を使った重厚なファサード


059
長い間の風化によって劣化したので、19世紀に大掛かりな修復が行われました。


063
19世紀の修復はオリジナルな形を損なわないように工事が行われました。


P2040252
中央扉上の装飾


P2040253


P2040254
写真手前のものがオリジナルです。


P2040255


P2040257
向かって左の扉上の装飾


P2040258


P2040259


P2040260


P2040261


P2040262
向かって右の扉が通常開けられます。


P2040263
右扉上の装飾は19世紀に修復された箇所です。


P2040264


P2040265


P2040266


P2040267
聖堂内部に入りました。


P2040269
三廊式、ラテン十字形、ロマネスク様式の内部です。


P2040270
19世紀に行われた修復の結果、新しくなった箇所がかなり認められます。


P2040272
後陣への立ち入りが禁止されてます。


P2040273


P2040275
中央礼拝堂


P2040277
15世紀に描かれた後陣のフレスコ画「聖母戴冠」


P2040278
祭壇


P2040279
祭壇前飾りの箇所に描かれたフレスコ画


P2040281
クリプタが見えます。


P2040283


P2040282
レーニョ・ディ・ジャコモとジョヴァンニ・アンジェロ・デル・マイーのの作品(15世紀)


P2040285


P2040287
床のモザイク


P2040289
(つづく)



P2040250
サン・ミケーレ・マッジョーレ聖堂です。


P2040252
ロンゴバルド王の戴冠式が行われた歴史ある教会です。


P2040259
見どころが多い教会です。


P2040369
この聖堂については、後程、古寺巡礼で詳しく取り上げる予定です。


P2040291

クリプタ


P2040283


P2040372
Casa della Canonica


P2040373


P2040374
次はドゥオーモです。


P2040376
パヴィアに来たからには、ドゥオーモの前にサン・トッマーゾ教会に寄り道しないといけません。


P2040377
サン・トッマーゾ教会修道院は、すでに宗教活動を停止しています。サン・ミケーレ・マッジョーレ聖堂のすぐ近くにあります。


P2040378
この道の突き当りが教会です。


P2040379
修道院だった建物です。


P2040380


P2040381
旧サン・トッマーゾ教会の後陣


P2040382
ファサード側に回ります。


P2040383
旧サン・トッマーゾ教会修道院はパヴィア大学の学舎として使用されてます。


P2040386
ヴィンチェンツォ・フォッパの作品がサン・トッマーゾ教会の祭壇を飾っていましたが、現在はカステッロのMuseo Civicoで展示されてます。


P2040385
教会修道院だった建物を使用しているイタリアの大学が多いですね。


P2040388
学生がいました。当然ですね。


P2040392
大学とともに発展したパヴィアです。


P2040389
パヴィア大学の偏差値は?


P2040390
こちらも修道院だった建物です。


P2040393
MITと比べて上? 下?


P2040395
ドゥオーモに向かいました。


P2040396
2012年、修復工事によって長らく閉鎖されていたドゥオーモが漸く工事終了したとの報道を知り、パヴィアに来たのですが、工事終了したものの奉献式前には一般非公開だったのです。


P2040398
工事終了後のドゥオーモを拝観するのは、この日が初めてでした。


P2040399
ドゥオーモのクーポラ


P2040401
ヴィットリア広場


P2040402
12世紀に建設されたブロレット


P2040404
ここで一休みしました。


P2040406


P2040408
ファサード側に回ります。


P2040412
重厚なファサード


P2040414
中に入ってびっくり仰天!!


P2040481
何かも新しくなって、明るい堂内です。


P2040490
修復前と同じなのは祭壇を飾る祭壇画くらい?


P2040421
ドゥオーモについては、後で古寺巡礼で詳しく取り上げます。


P2040498
外観と全然合わない内部と思います。


P2040504
青空市が開催されていたドゥオーモ広場


P2040506
Museo Civicoで相当時間がかかりそうだったので、少し早かったけれど昼食を食べることにしました。


P2040505


P2040507
(つづく)



パヴィアは、人口72,636人(2016年11月30日現在)のロンバルディア州パヴィア県の県都です。
P2040079
この日、ミラノ中央駅発アレッサンドリア行きの普通列車でパヴィアに向かいました。


P2040081
乗車約30分でパヴィア駅に到着しました。


P2040082
ミラノから近いので、ミラノからの日帰り遠足で十分ですが、見どころが多いのでじっくり見るためには泊まった方が良いと思います。


P2040083
ミラノ・コレクション開催期間中のミラノのホテル料金が馬鹿高くなるので、それを避ける意味もあってパヴィアに泊まることにしたのです。


P2040084
この日のお宿は駅から100mくらいのここです。
午前9時とチェックインには早過ぎる時間でしたが、前夜に空室があったようで、部屋に入室可能と言われました。しかし、荷物を預けただけで先を急ぎました。
市立美術館の展示作品の多さに対応する必要があるからです。


P2040085
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世通り


P2040086
ミネルヴァ広場


P2040087
広場の中心に立つミネルヴァ像


P2040088
ミネルヴァ広場がチェントロの入り口です。


P2040089
学校だったと思います。


P2040091
ティチーノ川方向に向かいました。
大体の予定は、サン・テオドーロ教会、コぺルト橋、サン・ミケーレ教会、ドゥオーモ、昼食、カステッロ(市立美術館)、サン・ピエトロ教会を巡ることでした。修道院はパス


P2040093
先ず、サン・テオドーロ教会に行きました。


P2040094
サンタゴスティーノ教会です。
この教会は何時も閉まっているので拝観したことがありません。
大きな教会は別として、中小の教会では専任の聖職者がいることは稀です。一人の聖職者がいくつかの教会を兼任していることが多く、普段開かない教会が多くなるそうです。


P2040095
川に向かっているので、道は緩やかな下り坂になってます。


P2040097
ベルナルディーノ通りから左折してサンタ・マリゲリータ通りに入ります。


P2040098
サンタ・マルゲリータ通り


P2040099
4年振りのパヴィアなので、道を覚えているのか少々不安でしたが、全く大丈夫でした。


P2040100
あのフレスコ画も覚えていました。


P2040102
今のところ、認知症とは全く無縁です。これから、どうなるか分かりませんが。


P2040103
建物下をくぐると、Via Porta Pertusiと通りの名称が変わります。


P2040104
この建物の左手に進むとサン・テオドーロ教会があります。


P2040105


P2040106


P2040107
感だけを頼りにここまで来ましたが、間違っていませんでした。


P2040108
サン・テオドーロ教会の後陣です。


P2040111
古い歴史があるロマネスク様式の教会です。


P2040109
創建時は聖アグネスに奉献する教会でしたが、ティチーノ川で漁をする人々や船で生活する人々から信仰を集めたので、漁業の守護聖人である聖テオドーロに献ずる教会に改められ、それと同時に教会の名称も変更されたそうです。


P2040118
この教会については、古寺巡礼で改めて詳しく触れる予定です。


P2040185
美術ファンにとっては見逃せません。


P2040129
見どころが沢山あります。


P2040213


P2040210
17世紀に建設されたCasa Sfondriniです。


P2040211
中庭を囲む柱廊の壁に描かれたフレスコ画が見たかったのですが、中庭に出る扉が施錠されていました。


P2040217
川に向かいました。


P2040219
川は教会のすぐ傍にあります。


P2040218
少し遠回りしてコぺルト橋に直接行くことにしました。


P2040220
右に進み、次の交差点を左に折れると橋に出ます。


P2040221
左手正面が橋です。


P2040222
コぺルト橋です。


P2040226
橋を渡りました。


P2040225
橋の上から見た上流方向


P2040227
下流方向


P2040232
橋の写真を撮るために川沿いの遊歩道を歩きました。


P2040233
この場所に最初に橋を架けられたのはアウグストクス帝時代のことでした。


P2040235
屋根付きの橋となったのは14世紀でした。


P2040238
14世紀の橋は、途中何度か修復されたものの、20世紀まで健在でしたが、1944年9月の連合国の爆撃によって崩落してしまいました。
現在の橋は、14世紀のオリジナルの設計図を基に戦後の1449年から1951年に再建されたものです。


P2040243


P2040239


P2040244
橋の見学は終わりです。


P2040245
Corso Strada Nuova


P2040246
この道を真っすぐ進むとCastello Visconteoに出ます。


P2040247
次はサン・ミケーレ教会です。


P2040248


P2040249
(つづく)

↑このページのトップヘ