イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: カターニア

P1530696
カターニアの個性が十分感じられる博物館でした。


P1530699
夕方になりましたが、サン・セバスティアーノ教会の扉は閉じられたままでした。


P1530700
次はドゥオーモです。


P1530702
ここに来たからには、ドゥオーモの前にサンタ・マリア・デッリンティリッツォ教会を覗いてみたくなりました。


P1530703
身廊が見えてきました。


P1530704
さて、扉が開いているでしょうか?


P1530707
やはり閉まっていました。


P1530705
信心深いシチリア人が多いと聞いてますが、教会にも思い切り落書きする人がいるようです。
日本人は宗教性が薄いですが、それでも神社仏閣への落書きをあまり見たことがありません。


P1530710


P1530713
次を右折すれば、道の突き当りがドゥオーモです。


P1530715
右折しました。


P1530717
扉が開いていました。


P1530718
Cattedrale metropolitana di Sant'Agataです。カターニア大司教区の大司教座教会です。


P1530422
1078年創建、1093年に完成した初代の建物は、1169年の大地震とその後に起きた火災によって倒壊消失してしまいました。12‐13世紀に再建された二代目の建物は、1693年の大地震によって倒壊してしまいました。現在のバロック様式の建物は、18世紀に完成した三代目のものです。


P1530836
ファサードの「聖ピエトロ」


P1530839
「聖パオロ」


P1530840


P1530838
青銅製の扉


P1530721
三廊式、バロック様式の内部です。


P1530724
内陣中央から左側廊方向を見たところです。


P1530720
左側廊


P1530723
内陣中央から見た右側廊方向です。


P1530727
右側廊


P1530725


P1530735
主祭壇


P1530736
後陣の装飾


P1530737
後陣のフレスコ画は、ジョヴァンニ・バッティスタ・コッラディーニの「聖アガタの戴冠」


P1530740
ジョヴァンニ・バッティスタ・コッラディーニの「父なる神」


P1530743


P1530739
クーポラ
祭壇画を見て回りました。


P1530747
アンドレア・スッパの「聖ベリッロを祝福する聖ピエトロ」


P1530753
フィリッポ・パラディーニの「聖アガタの殉教」(1605)


P1530759
グリエルモ・ボッレマンスの「聖アントニオ・アバーテ」(1740)


P1530767
ジョヴァンニ・トゥッカーリの「グラツィエの聖母と聖ガエターノと聖フィリッポ・ネリ」(1726)


P1530772
ジュゼッペ・グアルナッチャの「パオラの聖フランチェスコ」(18世紀)


P1530782
ジローラモ・ラ・マンナの「竜を退治する聖ジョルジョ」(1624)


P1530796
ジョヴァンニ・トゥッカーリ(1667‐1743)の「キリストの洗礼」


P1530805
グリエルモ・ボッレマンスの「聖ファブロニア」(1735)


P1530811
グリエルモ・ボッレマンスの「聖ロザリア」(1736)


P1530815


P1530818
グリエルモ・ボッレマンスの「パドヴァの聖アントニオ」(1738)


P1530825
ピエトロ・アッバデッサの「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」(1693)


P1530831
エマヌエーレ・ディ・ジョヴァンニの「コッレデントリーチェ」(20世紀初め)


P1530835
フィラデルフォ・フィケーラ作の墓碑


P1530731


P1530733
古いものがありませんが十分に楽しんで鑑賞できました。


P1530726
主祭壇前から見た出入口


P1530844
外に出ました。


P1530841
教会の下にテルメがあります。


P1530842


P1530719
見たいところは大体見たようです。


P1530845


P1530852
ノルマンスタイルの後陣


P1530849
鐘楼


P1530848
身廊側にも出入り口があります。
ホテルに戻ることにしました。


P1530857
1741年に建設されたPalazzo Valle


P1530859
歴史的建造物です。


P1530860
キリがないので、この辺で終わりにしましょう。


P1530862
(おわり)

P1530607
市立博物館の続きです。


P1530608
「乗馬のレリーフ断片」(2世紀)


P1530610
次の展示室です。


P1530611
ミケーレ・ダヴィーニアの「新しい日」(2013)


P1530613
「横臥する若い女性」(14世紀末‐15世紀初め)
墓石です。


P1530615
「高貴な男の墓石」(16世紀初め)


P1530618
次の部屋です。


P1530619


P1530620
ニコロ・モラレスの作品(2016)


P1530622
ミケーレ・ラピサルディ(カターニア、1822‐1886)の「シチリア晩鐘戦争」
1282年、フランス・アンジュー家支配に対するシチリア人の反乱を描いた作品です。
外国人支配に対する反乱も当然ありましたが、その一方で外国人支配を歓迎するシチリア人もいたのです。


P1530624
熱心に見ている人がいました。


P1530625
趣味ではないなあ。


P1530626
ルイージ・チタレッリの「子豚」(2012)


P1530629
抽象画も展示されてます。


P1530630
次の部屋です。


P1530631
制作者不明の「祈るキリスト」(14‐15世紀)


P1530633
制作者不明の「小礼拝堂の聖女」(14世紀)
カターニアのサンタ・マリア・ディ・ヌオーヴァルーチェ修道院にありました。


P1530635
制作者不明の「祭壇前飾り」(14世紀)
カターニアのサンタ・マリア・ディ・ヌオーヴァルーチェ修道院にありました。


P1530637
「聖アガタの戴冠」(15世紀)の複製彫刻
カターニア・ドゥオーモにあった彫刻のコピーです。


P1530639
「石棺断片」(14世紀)


P1530641
「グラヴィーナ家の石棺断片」(15世紀)


P1530644
「アラゴン家紋章」(14世紀)
カターニアのサンタ・マリア・ディ・ヌオーヴァルーチェ教会にありました。


P1530646
次の部屋です。


P1530647
「La Carita」(18世紀)
教皇ウルバーノ8世の墓碑です。


P1530649
展示作品数が非常に多い博物館です。


P1530650
カターニア産の陶器


P1530651
現代の絵皿作品


P1530653
イタリア中部の無名画家の「マギの礼拝」(16世紀末‐17世紀初め)


P1530658
Simone de Wobreckの「マギの礼拝」(1585)


P1530668
「洗礼盤」(13世紀後半)
カターニアの教会(どの教会にあったのか、具体的には不明)にありました。


P1530670
この作品にビックリ!!


P1530671
ダニエーレ・フランツェッラの「Pensiero stupendo」(2007)


P1530673
これにもビックリ!!


P1530674
芸術は深遠なり


P1530676


P1530677
アントニオ・カーリの「ビスカーリ皇太子イグナツイオ・パテルノ・カステッロの彫像」(19世紀)


P1530679
自然災害によるカターニアの苦難歴史が垣間見える展示でした。


P1530682
城の中庭


P1530683
彫刻や建造物の柱などは自然災害に遭っても、その断片が残ります。板やキャンバスに描かれた絵画はほとんど残りません。


P1530684
現代や近代の作品が展示の中心になるのは当然です。


P1530685


P1530688
どの家の紋章?


P1530689


P1530690
城外に出ました。


P1530691
(つづく)


P1530535
次は市立博物館です。


P1530536
Museo Civicoはウルシーノ城にあります。


P1530537
城は、チェントロの南西方向、サン・フランチェスコ教会から約400m離れてます。


P1530539
大した距離でもなく、急ぐ必要がないので、のんびりと歩きました。


P1530541
柱廊付きの建物が並んでます。


P1530544
突き当り右に行けば城に出ます。


P1530547
カターニアでは19世紀の建物も歴史的建造物になるようです。日本と同じですね。


P1530548
他のコムーネでは19世紀の建物なんぞ、歴史的建造物にして貰えません。


P1530549
着きました。


P1530552
ホーエンシュタウフェン家のフリードリッヒ2世の命によって、1239年から1250年にかけて建設されたウルシーノ城です。


P1530551
城の内部は市立博物館になってます。


P1530550
城前の広場、Piazza Federico di Sveviaに面して建つ教会は、18世紀に再建されたサン・セバスティアーノ教会です。


P1530554
南国らしい佇まいの公園です。


P1530555
博物館は午後3時に再度開館されます。


P1530557
度重なる自然災害にも拘らず原形を保つ堅固な造りの城です。


P1530558
午後3時を待って中に入りました。


P1530559
入館無料だったと思います。


P1530560
近代から現代までの作品が展示の中心です。


P1530561


P1530562


P1530563


P1530564


P1530565
彫刻には古いものがありますが、絵画には古いものがあまりありません。これは明らかに自然災害による影響でしょう。


P1530566


P1530567


P1530568


P1530569
カルメロ・コメスの「無題」(1938c)


P1530571
トパーツィア・アッリアータの「自画像」(1932c)


P1530573
彫刻は古いものが主体です。


P1530574
「アポロ(頭部欠落)」(1世紀)


P1530576
「トルソ」(1世紀)


P1530578
「ヘラクレス」(2世紀)


P1530580
天井


P1530581
この辺の作品紹介は省略です。


P1530583
次の部屋です。


P1530584
入館無料が入館者像に繋がっていないようです。時が経つのを待つならば教会よりも、ここの方が良いと思います。


P1530585
ツボですね。


P1530586


P1530587
「石棺」(1世紀末‐2世紀初め)


P1530589
「壺」(紀元前430‐420)


P1530591
「壺」(紀元前4世紀)


P1530593
古い壺と対照的な現代画


P1530594


P1530595
「頭像」(紀元前5世紀初め)


P1530597
城の暖炉


P1530598


P1530599
「アフリカの寓意のモザイク」(2世紀)


P1530600


P1530602
部屋の天井


P1530603


P1530604
この穴は何のため?


P1530605


P1530606
(つづく)

P1530454
ドゥオーモ広場に戻りました。


P1530456
シチリア・バロックの典型的な光景です。
バロック様式は、宗教改革に対してカトリックの優位性を示すためにローマで興り、1600年の聖年に向けて大きく発展しました。しかし、宗教改革の動きがカトリック優位の場所に及ばないことが分かりと次第に廃れていきました。
煌びやかなバロック様式は、絶対王政が確立したフランス、オーストリア、スペインなどで、王権の優位性を民衆などに知らしめる手段として、形を変えて継承され、さらに発展したのです。
シチリア・バロック様式は、バロック様式の本家であるローマ、カトリックの流れを組むものではなく、シチリアの宗主国だった絶対王政国家から影響を大きく受けたものです。


P1530455
サンタガタ・バディア教会のクーポラです。


P1530458
この時間は扉が閉まっていますが、教会に行ってみました。


P1530464


P1530460
16世紀初めに再建工事が開始され、1620年に完成した建物は1693年の大地震によって併設されて修道院もろとも完全に崩落してしまいました。その廃墟の上に、再度再建された建物が現在の姿となってます。


P1530459
美術的には、私は見る価値がない教会と思います。
虚仮脅し感が否めない、シチリア・バロック様式のゴテゴテが好きになれません。


P1530462
この道を真っすぐ進めば駅の方に出ます。


P1530465
シチリア貴族たちの邸宅が並んでます。


P1530468
観光案内所で地図を頂戴しました。


P1530469
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世通りです。


P1530471
見えてきた教会はサン・プラチド教会です。


P1530472
1693年に大地震によって破壊され、再建された建物です。


P1530474


P1530475
この付近は海に近く地盤が弱かったので、1693年の大地震では特に被害が大きかったのです。


P1530477
歴史的建造物にしては保存が良くない。


P1530479
大地震後、再建された建物です。


P1530478
手を加えた方が良いと思いました。


P1530481
Via Mazza


P1530484
18世紀に再建された建物が並んでます。


P1530485
大学広場、ドゥオーモ広場に近く、中心地の筈ですが・・・・・


P1530486
夜、一人で歩くにはご遠慮申し上げたい通りですね。


P1530487
サンタ・オルソラ教会が見えてきました。


P1530491
面白い形の鐘楼です。


P1530495
宗教活動は行われているようです。


P1530498
歴史的建造物です。


P1530499


P1530500
この付近は教会が集まってます。


P1530503
シチリア経済停滞の一因が教会の多さでしょうね。


P1530501
宗教活動は非生産の最たるものですから、それに傾倒、熱中しては経済が成り立ちません。
宗教活動はGNP計算の対象でしょうか?


P1530505
大学広場に戻ってきたようです。


P1530506


P1530508
この先はドゥオーモ広場です。


P1530509
この建物も18世紀に再建されました。


P1530510


P1530513
そろそろベッリーニ博物館が開く時間です。


P1530511
教会の建物ですね。


P1530512
地図に載っていないので、活動を停止した旧教会と思います。


P1530513
ヴィンチェンツォ・ベッリーニは1801年11月3日にカターニアで生まれました。


P1530514
ベッリーニのオペラではノルマが断然好きです。


P1530515
1835年、パリで死去してパリに埋葬されましたが、1876年、その遺体がカターニアに移送されドゥオーモに再埋葬されました。


P1530516
このPalazzoはベッリーニと関係ありません。


P1530517
ベッリーニ市立博物館に着きました。


P1530519
この建物で生まれ、16歳になるまで過ごした建物が博物館になってます。


P1530521
入館しました。


P1530522
中は写真不可でした。


P1530530
シチリアはいまだに写真不可のところがかなりあります。何故でしょうか?


P1530520
広場に立つDusmet枢機卿像


P1530523
その後ろにある建物が有名です。


P1530525


P1530524


P1530526
サン・フランチェスコ教会


P1530528
この教会も1693年の大地震によって破壊され、18世紀に再建されたシチリア・バロック様式の建物が現在の姿です。


P1530531
セバスティアーノ・コンカなどの作品があります。


P1530533
(つづく)


P1530390
記憶を頼りに美味しかった魚料理の店を探しました。


P1530391
ドゥオーモ近くにあったことは覚えてます。


P1530392
企業ではありませんが、イタリアで最大のビジネスはマフィアを筆頭とする非合法ビジネスだそうです。


P1530393
私にとってのカターニアはベッリーニです。


P1530394
ベッリーニの「ノルマ」をカターニアで見たいものです。Casta Divaが聴きたいのです。


P1530395
Casta Divaは難曲中の難曲です。レコードで聴き慣れたマリア・カラスと比べては気の毒と思いながらも、ついつい比較してしまいます。
マリア・カラスとは世代が違うので、彼女の舞台を見たことが一度もありません。


P1530396
参事会聖堂(Basilica della Collegiata)です。Basilica di Santa Maria dell'Elemosinaとも呼ばれてます。


P1530397
1396年創建ですが、1693年に大地震によって崩落してしまったので、震災後に再建が始められ1768年に完成したシチリア・バロック様式の二代目の建物です。


P1530398
学生が沢山います。


P1530401
大学があるので、広場の名称は大学広場となってます。


P1530399
学舎として使用されているPalazzo di San Giuliano


P1530400
Palazzo dell'Universita


P1530402
店が見つかりました。


P1530414
ここです。


P1530404
昼食なので、軽く一杯にしました。


P1530406


P1530409


P1530411


P1530412


P1530413
満腹で外に出ました。


P1530416
ドゥオーモ広場に向かいました。


P1530417
ドゥオーモ広場


P1530419
カターニアは教会が多い街です。


P1530422
この時間は、ドゥオーモは閉まっています。


P1530420
Palazzo del Seminario dei Chierici


P1530427
この建物はプリンチペ・ホテルになってます。非常に高価な5つ星ホテルです。


P1530425
広場の中心に象のオベリスクがあります。


P1530426
ローマにも象のオベリスクがありますね。


P1530418
雲が出てきました。


P1530423
Chiesa della Badia di Sant'Agataです。


P1530428
司教館


P1530434
Museo Diocesanoがあります。


P1530435
開館日時を確認したところ、この日は開きません。イタリアのHPはあてに出来ません。


P1530438
Porta Uzedaを潜り、広場の外に出ました。


P1530439
カルディナーレ・ドゥスメト通り


P1530442
両サンタガタ教会のクーポラが見えます。


P1530444


P1530445
写真右側にFSが走ってます。


P1530450
FSの線路の先は公園になってます。


P1530447


P1530448
公園にあるのは、ローマ時代の皇帝像でしょう。でも具体的に誰でしょうか?


P1530451
門を潜ってドゥオーモ広場に戻ります。


P1530453
(つづく)

P1530352
パレルモ・バスターミナルの切符売り場です。
この日、バスでパレルモからカターニアに向かいました。


P1530353
カターニアは、人口312,895人(2017年2月28日現在)のシチリア州カターニア県の県都です。
シチリアが楽しいと書かれている方々が大変多いと感じますが、見たくないものを見てしまうシチリアなので、シチリアに行くのを最小限度に留めてます。
シチリアは兎も角、貧しいのです。旅先でそれを見るのは正直、気が重くなります。
数字で表すと、EU域内の一人当たりの平均GDPを100とした場合、イタリア全土平均が104.2、ロンバルディアが133.8、エミリア・ロマーニャが129.1、シチリアは68.1です。
私の旅は、芸術作品を見て回ることです。芸術作品の質と量は、それらが置かれている、或いは制作された場所の過去と現在の富の蓄積に大体比例します。
シチリアは、長らく外国の植民地だったので、外国に搾取されていました。だから過去の富の蓄積も少なかったのです。
シチリアで見たい作品がそれ程多くはないが必見の作品が少なからずある、だから行くのです。


P1530355
カターニアのバスターミナルに定時に到着しました。


P1530354
中央駅近くのホテルにチェックインしました。(ホテルの写真を撮り忘れ)


P1530356
街歩きに出発しました。
カターニアは、1689年のエトナ山の大噴火、1693年の大地震によって壊滅的な被害を受け、19世紀になって本格的な再建が行われました。
17世紀第4四半世紀の二大災害後に建てられた建物が多く、ロマネスクからルネサンス期までという、私の好みから外れます。


P1530357
いかにもシチリアらしい教会の建物です。


P1530359
ファサード側に回りました。
19世紀に再建されたParrocchia del Santissimo Crocifisso della Buona Morteです。


P1530360
シチリア名物?の薄汚い建物


P1530361
チェントロに向かってます。


P1530362
外壁塗装をやった方が良さそうな建物が続きます。


P1530363


P1530364
住んでいる人がいるの?


P1530365
廃墟でしょうね。


P1530366
教会の建物です。


P1530367
ファサード横四階の建物は何でしょうか?


P1530368
この教会もParrocchiale、教区教会です。


P1530369
前の教区教会から400mしか離れていない場所に教区教会があるとは、少々驚きました。


P1530370
教区教会前の広場


P1530371
教会の数が多過ぎですね。


P1530372
建物の壁が黒ずんでいるのは火山の噴火による影響でしょうか?


P1530373
お腹が空きましたが、マックを食べるわけにはいきません。


P1530374
Piazza Stesicoroが街の中心でしょうか。


P1530381
1709年に創建されたPalazzo Tezzanoは、注文主に資金難のため、未完成のまま市に寄贈され、1720年から1727年にかけて病院に改造されました。


P1530382
快晴になりました。


P1530393


P1530383
広場はあちこちで工事中でした。


P1530393
正午を過ぎたので、開いている教会がありません。


P1530385
ローマ時代の遺跡


P1530387
ローマ劇場跡です。


P1530386


P1530388
昼食を食べる場所を探しました。


P1530375
Via Eterna


P1530376
サン・ミケーレ・アルカンジェロ教会


P1530379


P1530378
見たい作品が一つもありません。


P1530377


P1530380
面白味がありませんね。


P1530389
(つづく)


↑このページのトップヘ