イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: ブオンコンヴェント

P2270205
ソーレ通りです。


P2270207



P2270208
写真右の建物に聖母子があります。


P2270209
これです。


P2270211
狭いチェントロなので、あちこち歩いただけでは時間が中々つぶれません。


P2270212
ホテルに戻ろうかと思いましたが、レストランの開店まで15分ほどなので、中途半端です。


P2270213


P2270215
先ほど、ガリバルディ広場から潜ってきた門です。


P2270216
この記事がアップされる頃はイタリア旅行中です。


P2270219
実は、イタリアから帰国してまだ5日しか経ってません。


P2270220
このブログサイトの予約機能を使って、せっせせっせと書き貯めしています。


P2270224
道路が濡れてますが雨が降ったわけではありません。先ほど、清掃車が通ったのです。
2017年6月の旅行中は、連日40度前後の快晴でした。


P2270225
グリエルモ・マルコーニ通りです。


P2270228


P2270227
このトンネルから通りの名称が変わります。


P2270230
旗がありますが、この日から10日後に行われる祭り用です。夏至前後の週末は、各コムーネのお祭り集中日です。


P2270231


P2270234
オスクゥーラ広場です。見えているのは城壁です。


P2270236
自製の来年カレンダーに使用予定の写真。


P2270239
午後7時過ぎの日差しです。


P2270240
この門を潜って城壁外に出ました。


P2270241
宗教美術館の入館が目的だったのでチェントロに泊まりましたが、近くのアグリの方が変化に富んだ滞在になります。


P2270243


P2270244
今度はこちらの門を潜りました。


P2270245
直ぐに同じところに出てしまいます。


P2270246


P2270247
門が多い村です。


P2270251
同じ門ではありません。


P2270252
城壁外に出ても特に何もありません。


P2270253


P2270254
城壁内に戻りました。


P2270275
レストランが開く時間になりました。


P2270258


P2270264


P2270263


P2270295
この日は、アルベルゴ・ローマのレストランにしました。


P2270276
外の席の方が人気がありますが、暑いのでクーラーが効いた室内の席に座りました。


P2270279
外はまだ30度以上だったと思います。


P2270277


P2270281


P2270283


P2270288


P2270291
ホテルでもらった10%割引券が役立ちました。


P2270318
外の席はほぼ満席でした。


P2270292
まだ日が照っていました。


P2270294
午前3時起床の朝型人間なので、夏のヨーロッパの夜が遅いのが辛いのです。


P2270297
劇場が開いていて、オーケストラの演奏が聞こえてきました。


P2270300
芸術薫るブオンコンヴェントでした。


P2270298
午後9時前の日差しです。


P2270301


P2270304


P2270308
そろそろ寝る時刻です。


P2270311
教区教会は閉まっていました。


P2270314


P2270315
この時計は動いてます。


P2270316
オラトリオ


P2270317


P2270319


P2270320
この美術館は非常に良かった!


P2270321
扉が少し開いていました。


P2270322


P2270323
中に誰かいたようです。


P2270324
もう一回ここに来るのは無理でしょうね。


P2270325


P2270332


P2270333


P2270337
ホテルに戻りました。


P2270340
(おわり)




P2270030
二階(日本の3階)に向かいました。


P2270032
二階の展示室は一つだけです。


P2270033
第7室に入ります。


P2270037
第7室


P2270036
詳細不明の「受胎告知」
説明プレートがありません。


P2270039


P2270041


P2270044


P2270045


P2270047


P2270049


P2270051


P2270053


P2270054


P2270056


P2270059


P2270060


P2270062


P2270064


P2270066
中央の欠落部分に「聖母子」があった?


P2270067


P2270069


P2270070


P2270072


P2270074


P2270077


P2270078


P2270080


P2270081


P2270084


P2270085


P2270087


P2270089


P2270091
この作品で終わりです。


P2270092


P2270097
展示されている作品の多くがこの教区教会にあったのです。


P2270151
ドゥッチョ、ピエトロ・ロレンツェッティ、サーノ・ディ・ピエトロ、マッテオ・ディ・ジョヴァンニなどの作品に圧倒されました。
(おわり)

P2260943


P2260944


P2260948


P2260949


P2260951


P2260952


P2260953


P2260958


P2260961


P2260962


P2260962


P2260966


P2260969
聖母子の裏面に描かれているものです。


P2260972
このように展示されてます。


P2260973
後ろの方に回りました。


P2260975


P2260978
ピエタの裏面です。


P2260971


P2260980
宗教美術館の定番展示品です。


P2260981


P2260984


P2260985


P2260986


P2260987


P2260989


P2260991


P2260992


P2260993


P2260995
第6室に入ります。


P2260996
第6室です。


P2260997
フレスコ装飾


P2260998


P2260999


P2270002


P2270005
聖具類の展示


P2270006


P2270008


P2270009


P2270011


P2270013


P2270014


P2270016


P2270018


P2270020


P2270021


P2270024


P2270025


P2270026



P2270027


P2270029
(つづく)

P2260827
第3室です。


P2260832
マッテオ・ディ・ジョヴァンニの作品があります。


P2260830


P2260831


P2260834
グイドゥッチョ・コッツァレッリ(シエナ、1450‐1516)の「聖母子と二天使」
グイドゥッチョは、マッテオ・ジョヴァンニの弟子で協力者でした。彼の代表作がピティリアーノのドゥオーモにあります。


P2260840


P2260841


P2260842


P2260843


P2260847


P2260850


P2260852


P2260854


P2260855


P2260856


P2260858


P2260861


P2260862


P2260863
この部屋は不可思議極まりない。


P2260864
フレスコ装飾がなされてます。


P2260865


P2260866


P2260869
第1室に向かうことが出来ます。


P2260870
浴槽が置かれてます。


P2260871
トイレはありません。


P2260872
第4室に入ります。


P2260873
第4室です。


P2260875


P2260876
この作品は貸し出されていました。


P2260878


P2260879


P2260881


P2260883


P2260887


P2260889


P2260890


P2260893


P2260895


P2260898


P2260900


P2260902


P2260905


P2260907


P2260910


P2260913


P2260914


P2260884


P2260885


P2260916
第5室に入ります。


P2260917
第5室です。


P2260918


P2260919


P2260920


P2260921


P2260924


P2260926


P2260927
タベルナコロ


P2260928


P2260930


P2260933


P2260935


P2260939


P2260940
作品がありません。


P2260941
この作品がありません。
(つづく)


ブオンコンヴェント村にある小美術館ですが、その作品の質は一級です。
P2260748
ブオンコンヴェントのローマ通りです。この通りに見どころが集中しています。


P2260752
時計塔の先に旗がある建物がありますが、そこが美術館です。


P2260753
Palazzo Ricci Sociniです。


P2260756
1926年、この建物に美術館が置かれました。


P2270095
ブオンコンヴェントの教会から集められた作品が展示されてます。場所柄もあってシエナ派画家たちの作品が主体ですが、それらの質は第一級のもので、そのことから、この村の繁栄振りが分かります。


P2270094
切符売り場


P2260757
美術館の名称は、Museo d'Arte Sacra della Val d'Arbiaです。アルビア川渓谷の宗教美術館という意味です。ブオンコンヴェント村はアルビア川渓谷にあります。


P2260758
第1室です。


P2260760


P2260761
今回は、展示作品の説明プレートの写真をそのままアップすることにします。
イヤーホーンガイドもありますが、私はしたことがありません。イヤーホーンガイドの説明ぐらいは知っているので、邪魔になるだけです。


P2260763


P2260764


P2260766


P2260767
勿論、真作です。
この建物の隣にある教区教会にありました。


P2260768
第1室のフレスコ画


P2260769


P2260772


P2260773


P2260775


P2260776
このようなものをピエトロ・ロレンツェッティが作っていたのですね。


P2260778


P2260780


P2260782
次は第2室です。


P2260783
第2室


P2260785


P2260787


P2260793


P2260794


P2260796


P2260799


P2260801


P2260805


P2260806


P2260808


P2260810


P2260813


P2260816


P2260818


P2260819


P2260821


P2260823


P2260824
良い作品ばかりですね。


P2260825


P2260826
(つづく)

P2270152
Porta Seneseです。シエナ門というわけです。


P2270153
門を潜って城壁外に出ました。


P1420533


P1420520
村の全景です。


P2270157


P2270159


P2270160
南側の城壁の一部が取り除かれていましたが、それ以外の城壁は残されてます。


P2270163
城壁外を流れるオンブローネ川です。


P2270164
ブオンコンヴェントは、アルビア川渓谷にある村です。


P2270165
糸杉は遠くから見ると風情がありますが、近くで見ると意外に冴えません。


P2270166


P2270168
トスカーナですね。


P2270169
チェントロに戻ります。


P2270172
ここは劇場です。


P2270154


P2270173
見えて居る鐘楼は教区教会のものです。


P2270182
ガリバルディ広場です。


P2270175
広場の半分は駐車場になってます。


P2270178


P2270179
この辺も劇場です。小さな村でもかなりの規模の劇場があることに感嘆します。


P2270181


P2270184


P2270188
もう夕方です。


P2270189
レストランが開く時間までぶらぶら歩きをしながら時間つぶしです。


P2270180


P2270191


P2270190
この門から城壁内に戻りました。


P2270192
空き地のベンチで夕涼みをしている方々が10数人いましたが、カメラを向けるのを控えました。


P2270194
日が沈むと急に涼しくなるイタリアですが、夏至近くで日没が遅いので涼しくなりません。


P2270195
この時間でも30度は超えていたと思います。


P2270197


P2270198
外階段の建物は風情があります。


P2270200


P2270202


P2270203
(つづく)

ブオンコンヴェントは、人口3,173人(2015年12月31日現在)のトスカーナ州シエナ県にあるコムーネで、「イタリアで最も美しい村」の一つになってます。
P2260737
モンテプルチャーノのバスターミナルです。
この日は2017年6月9日で、猛暑日でした。


P2260738
モンテプルチャーノ13:45発ブオンコンヴェント行きのバスに乗車しました。


P2270272
終点のFS駅前でバスを降りました。


P2270270
FSのシエナ~グロッセート支線に駅があります。


P2270271
翌朝、鉄道でシエナに向かうので、駅の自販機で切符を買いました。


P2260739
先ず、この日のお宿に向かいました。


P2260740
ブオンコンヴェントに来た目的は美術館に行くことなので、駅近くのホテルを選びました。


P2260741
この日のお宿です。


P2260742
チェックインを済ませて、早速外に出ました。


P2260745
今年の6月は連日猛暑日が続き、午後の早い時間に外出するのは控えた方が良いと言われてました。美術館ならば大丈夫だろうと思って、道草せずに直接美術館に向かいました。


P2260746
城壁と一体化された建物です。小さなながらも城壁に囲まれた村です。


P2260747
チェントロを貫くローマ通りです。


P2260749
40度近い中を歩いている観光客がいました。(私も観光客ですが)


P2260750
写真左側のお店はまあまあのお味です。


P2260751
市庁舎(村役場?)


P2260754
壁に紋章がある建物はPalazzo Pretorioです。


P2260755
Torre del Palazzo Pretorio


P2260753
旗がある建物が美術館です。


P2260756
開いていたので安心しました。


P2270095
夏場の金土日に開館しています。


P2260757
Museo d'Arte Sacra della Val d'Arbiaです。
メールで開館日時を確認したら、珍しく返事が来たので、この開館日時に合わせて旅程を組みました。


P2260783
ここの展示は秀逸です。
展示作品数は多いと言えませんが、どの作品も鑑賞に値するものばかりです。


P2260884
この美術館については、後程、詳しく取り上げます。


P2260766
トスカーナの小美術館、恐るべしです。


P2270096
傑作の数々を堪能して外に出ました。
写真右側奥に教会があります。


P2270097
サンティ・ピエトロ・エ・パオロ教区教会です。


P1420199
1103年創建の古い教会ですが、現在の建物は1703年に建設された三代目のものです。


P1420553
1723年に完成した鐘楼です。


P2270098
拝観しました。


P2270101
三廊式、バロック様式の内部です。


P2270102
左側廊方向


P2270142
左側廊


P2270143


P2270103
右側廊方向


P2270146
右側廊


P2270147


P2270104


P2270105
主祭壇


P2270106
後陣のステンドグラス


P2270108
ステファノ・ヴォルピ(シエナ、1594‐1630)の「ロザリオの奇跡と聖ドメニコとシエナの聖カテリーナ」
中央の欠落部分は聖母子だった可能性が高いと思います。


P2270113
シエナ派無名画家の「天上の聖母子と聖人たち」


P2270115
小礼拝堂


P2270118
シエナ派無名画家の「ピエタのキリスト」


P2270122
シエナ派無名画家の「最後の晩餐」


P2270126
ピエトロ・ディ・フランチェスコ・オリオーリ(シエナ、1458‐1496)の「玉座の聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖ピエトロと聖パオロと聖セバスティアーノ」


P2270129
前回とは違った形で展示されてます。


P2270132
マッテオ・ディ・ジョヴァンニ(ボルゴ・サン・セポルクロ、1430c‐シエナ、1497)の「玉座の聖母子と二天使」(1450c)


P2270134
二代目の建物にあったフレスコ画


P2270138
サーノ・ディ・ピエトロの「聖母戴冠」


P2270140
詳細不明


P2270145
祭壇前から見た出入口方向です。


P2270148
外に出ました。


P2270150
(つづく)


↑このページのトップヘ