イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > アシャーノ市立美術館

P2280529次は第16室です。


P2280536
ここから考古学博物館と教会美術館になります。


P2280531


P2280532


P2280534
ルイージ・モーギ(アシャーノ、1804‐フィレンツェ、1871)の「ジャンヌ・ダルク」


P2280561
紀元前4世紀の壺


P2280561
アシャーノの模型(紀元前4世紀頃)


P2280566


P2280537
次は第17室です。


P2280538
この美術館を代表する作品があります。


P2280540
Maestro dell'Osservanza の「聖母の誕生」(1437‐39)
サンタガタ教区教会にありました。


P2280542
聖母子


P2280544
聖母の死


P2280546
聖母の遺体の移送


P2280549
聖母の誕生


P2280550


P2280551


P2280552


P2280557
部屋のフレスコ画の痕跡


P2280567
次は第19室です。


P2280568
考古学関係の展示に戻ります。


P2280569
金属製道具の展示


P2280570
王侯の墓


P2280573
次は第20室です。


P2280574


P2280575


P2280577
墓石(紀元前4世紀末)


P2280579


P2280582
石像の一部(紀元前7世紀末‐紀元前6世紀初め)


P2280584
次は第21室です。


P2280585


P2280587
古墳の模型


P2280589
説明板


P2280591
次は第22室です。


P2280592
モザイクの説明板があるだけです。


P2280593
階上に向かいました。


P2280594
次は第23室です。


P2280595
土器


P2280596



P2280597


P2280598



P2280599
全部、墓です。


P2280600


P2280601
次は第24室です。


P2280602
墓と土器


P2280603


P2280604


P2280605


P2280606


P2280607
次は第25室です。


P2280608


P2280609


P2280613
この部屋にも墓があります。


P2280614
次は第26室です。


P2280615


P2280616


P2280618


P2280620


P2280622


P2280623


P2280628


P2280625


P2280630
次は第28室です。


P2280655
フランチェスコ・ナシーニ(1611‐1695)の「司教聖人の死と救世主」
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。


P2280658
フランチェスコ・ナシーニの「司教聖人の殉教」
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。


P2280660
フランチェスコ・ナシーニの「聖ピエトロとペトロニッラ」
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。


P2280663
フランチェスコ・ナシーニの「アガルと天使」
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。
これで終わりです。


P2280689
満足一杯で外に出ました。
(おわり)




P2280404
次は第9室です。


P2280405
部屋の境に描かれたフレスコ


P2280406


P2280407


P2280408
第9室です。


P2280409
第9室の天井


P2280411
詳細不明


P2280413
ジョヴァンニ・ピサーノ(ピサ、1245c‐シエナ、1314)の「磔刑像」
アシャーノのサンタゴスティーノ教会にありました。


P2280415
Famiglia Memmi の「聖母子と寄進者」(1310‐20c)
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。


P2280419
セーニャ・ディ・ボナヴェントゥーラ(1298‐1327記録)の「聖母子」
アシャーノのサンタガタ参事会教会にありました。


P2280422
ジョヴァンニ・ディ・パオロとマッテオ・ディ・ジョヴァンニの「聖母被昇天」
アシャーノのサンタゴスティーノ教会にありました。


P2280424
中央


P2280428
聖アゴスティーノ


P2280431
大天使ミケーレ


P2280433
次は第10室です。


P2280434


P2280435


P2280437
定番の楽譜展示


P2280439


P2280441


P2280444
ピエトロ・ルッフォーロの「聖セバスティアーノ」(1450年代前半)
アシャーノのサンタ・クローチェ祈祷所にありました。


P2280446


P2280447
部屋の境の壁に描かれたフレスコ画


P2280448
次は第11室です。


P2280450
陶器類の展示


P2280453
第11室の天井


P2280454


P2280455
3階(イタリアの2階)に向かいました。


P2280456
次は第14室になります。


P2280457


P2280458


P2280460
聖具類などの展示


P2280462


P2280461


P2280464
18世紀のシエナの無名彫刻家の「聖アガタ」
アシャーノのサンタガタ参事会教会にありました。


P2280467
シエナの無名工芸家の「聖体入れ」(1741)


P2280469
18世紀のシエナの工芸家の「聖体入れ」


P2280471
19世紀のシエナの工芸家の「聖体入れ」


P2280473
次は第15室です。


P2280475
講演室? セミナー室?


P2280474


P2280477
16世紀のシエナの工芸職人の「聖書台」(1565)


P2280480
18世紀のボローニャの無名画家の「聖ロレンツォの奇跡」(1723)
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。


P2280484
フランチェスコ・ナシーニ(1611‐1695)の「磔刑」
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。


P2280490
アントニオ・モッラー(1592‐1632)の「ウンゲリアの聖エリザベッタ」
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。


P2280493
アントニオ・モッラーの「聖キアーラ」
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。


P2280497
ベルナルディーノ・メイ(シエナ、1610c‐ローマ、1676)の「磔刑」


P2280501
ルティリオ・マネッティ(シエナ、1571‐1639)の「カンタリーチェの聖フェリーチェの幻視」
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。


P2280504
シエナの無名彫刻家の「パドヴァの聖アントニオ」(16世紀末‐17世紀初め)
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。


P2280508
17世紀の無名画家の「マギの礼拝」
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。


P2280512
セバスティアーノ・フォッリ(シエナ、1569‐1620)の「キリストの復活」


P2280516
17世紀初頭の無名画家の「ロザリオの聖母」
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。
周囲にキリストの物語が描かれてます。


P2280518
ロザリオの聖母の周囲に描かれているものです。


P2280519
割礼


P2280520
ご誕生


P2280521
ご訪問


P2280522
受胎告知


P2280523
聖母戴冠


P2280524
園の祈り


P2280525
キリストの鞭打ち


P2280526
荊刑のキリスト


P2280527
カルヴァリオへの途


P2280528
磔刑
(つづく)

P2280287
次の部屋です。


P2280289
部屋の壁はフレスコ画で装飾されてます。


P2280290
この部屋に展示室番号がありません。


P2280292
この部屋に展示室番号がないのは、常設展示用ではないからでしょう。


P2280293
この部屋は特別展示用に使用されていると思います。


P2280294
2017年5月6日から2017年8月11日まで、他から貸し出しされた作品の展示を行っていました。


P2280296


P2280304
他からの出張展示作品を紹介しましょう。


P2280298
ルーカ・デッラ・ロッビア(とアンドレア・デッラ・ロッビア?)の「聖母子」(1460c)
アレッツォのフラテルニータ祈祷所から貸し出された作品です。


P2280301
ドメニコ・ディ・バルトロの「ウミルタの聖母」
シエナ国立絵画館の所有作品です。


P2280306
ドメニコ・ディ・バルトロの「被昇天の聖母」(1433)
シエナのリウニーティ財団の所有です。
この作品を見るのは初めてでした。


P2280309
ヤコポ・デッラ・クエルチャの「聖母子」
カステルヌオーヴァ・べラルデンガのサンタ・マリア教区教会から貸し出された作品です。


P2280311
思いがけず傑作をここで見ようとは!
幸運でした。ここに来るまで、この作品があることを知りませんでした。


P2280295
貸し出されたものではありません。


P2280313
シエナの無名彫刻家の「ベンシ家の紋章」
このパラッツォにあったものです。


P2280315
次は第7室です。


P2280316
常設展示に戻ります。


P2280318
天井


P2280321
マルティーノ・ディ・バルトロメオ(1389‐1434記録)の「受胎告知」
アシャーノのサンタガタ参事会教会にありました。


P2280324
15世紀前半のシエナの無名画家の「聖アントニオ・アバーテ」
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。


P2280327
パオロ・ディ・ジョヴァンニ・フェイ(シエナ、1344c‐1411)とタッデオ・ディ・バルトロ(シエナ、1362c‐1422)の「サンタガタのポリッティコ」
アシャーノのサンタガタ参事会教会にあった多翼祭壇画です。額縁は失われたようです。
この多翼祭壇画のうち、タッデオが描いたのは中央パネルの「聖母子と二天使」のみで、残りのパネルはパオロの作品です。


P2280330
タッデオ・ディ・バルトロの「聖母子と二天使」


P2280332
「四福音書記者」


P2280334


P2280336
聖パオロ、洗礼者聖ジョヴァンニ


P2280339
聖アガタ、聖ピエトロ


P2280340
次は第8室です。


P2280342
入館者は週平均で10名ほどだそうです。


P2280343
天井


P2280344
フレスコの痕跡が残ってます。


P2280354


P2280345
ピエトロ・ディ・ジョヴァンニ・ダンブロージョ(シエナ、1409/1410-1448)の「羊飼いの礼拝と二聖人」
アシャーノのサンタガタ参事会教会にありました。


P2280348
羊飼いの礼拝


P2280350
聖アゴスティーノ


P2280352
聖ガルガーノ


P2280357
フランチェスコ・ディ・ヴァルダムブリーノ(シエナ、1401‐1435記録)の「受胎告知」
アシャーノのサン・ロレンツォ教会にありました。


P2280358


P2280361


P2280366
ペッレグリーノ・ディ・マリアーノ・ロッシーニ(1449‐1492記録、主にシエナで活動)の「聖母子と天使たち」


P2280369
聖ベルナルディーノ?とシエナの無名画家の「Nome di Gesu」


P2280372
マッテオ・ディ・ジョヴァンニ(ぼルゴ・サン・セポルクロ、1430c‐シエナ、1497)の「サンタゴスティーノのポリッティコ」
アシャーノのサンタゴスティーノ教会にありました。


P2280375
各パネルの紹介です。


P2280378


P2280380


P2280382


P2280386
聖ジャコモ、聖アゴスティーノ


P2280388
聖ベルナルディーノ、聖マルゲリータ


P2280391
裾絵


P2280393


P2280397


P2280399


P2280401
(つづく)


P2280222
シエナの貴族バンディネッり家が住居として13世紀に建設したアシャーノのPalazzo Corboliです。


P2280223
20世紀後半までバンディネッり家が居住していましたが、アシャーノ市の所有となって市立美術館が置かれるようになりました。当初は、考古学博物館は別の場所にありましたが、現在はこの建物に移されて、美術館と一体化して展示されてます。
また、この建物内に観光案内所も設けられてます。
この女性は美術館の学芸員兼観光案内所係員です。


P2280685
美術館の入り口


P2280686


P2280666
展示室は3フロアーに分かれており、全部で16室あります。
第1室は切符売り場になっていて、特筆すべき展示物がありません。
1階(イタリアの0階)の展示は実質的に第2室から始まり、Palazzo Corboliとバンディネッり家に関するものです。
そのような説明がされていますが、アシャーノの教会にあったフレスコ画も展示されていて、少々戸惑います。


P2280668
剥離フレスコ断片


P2280669


P2280671


P2280672
コルボーリ宮にあったもの


P2280673


P2280674


P2280675
コルボーリ宮に関する説明


P2280676


P2280677


P2280678
コルボーリ宮の模型


P2280680
1階壁龕のフレスコ


P2280681


P2280682
見ただけではサッパリ分かりません。


P2280683


P2280679
1階の展示は分かり難いと思いました。


P2280225
2階に向かいました。


P2280227
第4室です。


P2280228
16世紀のシエナの金工職人の「教会の鐘」(1595)
アシャーノのサンタ・クローチェ祈祷所にありました。


P2280229
16世紀第4四半世紀のシエナの無名彫刻家の「メディチ家の紋章」


P2280231
ウルバーノ・ダ・コルトーナ(コルトーナ、1426?‐シエナ、1504)の「狼」


P2280233
14世紀後半のシエナの金工職人の「十字架」
アシャーノのサンタゴスティーノ教会にありました。


P2280235
15世紀末のシエナの金工家の「十字架」


P2280237
陶器類の展示


P2280238
アントニオ・ギーニ(15世紀後半にシエナで活動)の「アシャーノのサン・ロレンツォ協会の聖水盤」(1482)


P2280240
フラ・ラッファエーレ・ダ・ブレーシャ(ブレーシャ、1479‐ローマ、1539)の「タベルナコロ」


P2280241


P2280243
第4室のフレスコ断片


P2280244


P2280245


P2280246
次は第13室です。第5室から第12室はあるのですが、第4室の隣が第13室となっています。


P2280247
部屋に描かれたフレスコ画


P2280248


P2280249


P2280250
第13室はミーティングルームになってます。


P2280251


P2280253


P2280254


P2280255


P2280256


P2280258


P2280259


P2280261
16世紀前半のシエナの無名彫刻家の「ゴルゴーン(ギリシャ神話に出てくる、見るものを石に変えてしまう怪物)」


P2280263
ガルガ家の紋章
Palazzo Corboliにありました。


P2280265
次は第5室です。


P2280266
奇妙な展示物です。
多翼祭壇画の額縁だけで、中身の絵画がありません。


P2280267
説明プレートがありました。
多翼祭壇画の額縁の制作者がフラ・ラッファエーレ・ダ・ブレーシャであることが分かりました。
部屋を見渡すと中身の絵画がありました。


P2280274
これがその中身です。
アンブロージョ・ロレンツェッティ(シエナ、1319‐1348記録)の多翼祭壇画
各パネルを見てみましょう。


P2280276
中央頭頂部の聖母子


P2280278
中央パネルの竜を退治する大天使ミケーレ


P2280280
聖バルトロメオ


P2280282
聖ベネデット


P2280284
福音書記者聖ジョヴァンニ


P2280286
トローサの聖ルドヴィーコ


P2280272
第5室の天井


P2280271
フレスコ装飾
(つづく)

↑このページのトップヘ