イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > ナルニ市立博物館

P2400572
次の部屋です。


P2400575
バルトロメオ・トッレサーニ(ヴェローナ、15世紀末‐ナルニ?、1567c)の「聖母子と聖ヴィンチェンツォ・フェッレールと聖ジュゼッペ」


P2400577
ジャコモ・エ・ラッファエーレ・ダ・カンポリアーレの「シエナの聖ベルナルディーノ」(16世紀前半)


P2400578
リヴィーオ・アグレスティ(フォルリ、1508c‐ローマ、1579)の「受胎告知」


P2400581
次の部屋です。


P2400583
詳細不明


P2400585
詳細不明


P2400586
三聖人


P2400590
16世紀前半のウンブリアの無名画家の「マルカの聖ジャコモ」


P2400592
ピエル・マッテオ・ダメリアの追随者の「フェルトレの聖ベルナルディーノ」


P2400593
ピエル・マッテオ・ダメリアの追随者の「パドヴァの聖アントニオ」


P2400596
次の部屋です。


P2400599
17世紀の無名画家の「詩心」


P2400602
マルカントニオ・アクイーリ(リエーティで16世紀前半に活動)の「キリストの復活」


P2400604
次の部屋です。


P2400606
ジャチント・ボッカネーラ(レオネッサ、1666‐ペルージャ、1746)の「十字架の道行きの留(りゅう)」


P2400608


P2400610


P2400612


P2400614


P2400616


P2400617


P2400623
次の部屋です。


P2400624
セミナー室のようですが、作品が展示されてます。


P2400626
アゴスティーノ・マヌッチ(ローマ、1690‐1768)の「聖ベネデットの物語」


P2400628
聖ベネデットの物語は4点あります。


P2400630


P2400632


P2400634
これで終わりですが、戻ってドメニコ・ギルランダイオとベノッツォ・ゴッツォーリの傑作をもう一度見てから立ち去ることにしました。


P2400637


P2400639


P2400642


P2400644


P2400646


P2400648


P2400649


P2400652


P2400658


P2400659


P2400662


P2400664


P2400635
下に下りました。


P2400678
満足感一杯で外に出ました。確かにその通りでしたが、この時、軽度の熱中症に罹ったような気がしました。この後、ホテルに戻り、昼飯抜きでそのまま翌日朝まで臥せっていました。
(おわり)

P2400527
2階の絵画館です。階段にあった、この作品は詳細不明です。


P2400528
最初の展示室です。


P2400530
14世紀前半のウンブリアの無名彫刻家の「聖母子」(高さ98cm)


P2400532
Maestro del 1409 (ウンブリア南部で14世紀末から15世紀初めに活動)の「聖母の死と聖母戴冠」
この作品は表裏両面に描かれてます。


P2400534
裏面に描かれたMaestro del 1409 の「玉座の聖母子と二天使」


P2400537
Maestro della Dormitio di Terni (ウンブリア南部で14世紀末から15世紀初めに活動)の「天使のフレスコ断片」


P2400538
次の部屋です。展示されている作品は1点だけです。


P2400540
ピエラントニオ・メッザストリス(フォリーニョ、1430c‐1506)の「聖母子と聖フランチェスコと聖ジローラモと二天使」


P2400542


P2400544
次の部屋です。


P2400545
この部屋で、次の部屋で展示されているドメニコ・ギルランダイオとベノッツォ・ゴッツォーリの2つの傑作について事前学習をします。


P2400546


P2400566
次の部屋です。暗い部屋の中で、作品だけに照明が当たるようになってます。


P2400639
ドメニコ・ギルランダイオ(フィレンツェ、1449‐1494)の「聖母戴冠」
縦360cm、横290cmの大きな作品です。


P2400555
これだけの傑作でありながら、ギルランダイオの作品リストに掲載されていないことが多いと思います。その理由は、ナル二という比較的知られていない町にあるので、多くの美術関係者が訪問しないからと思います。
この作品の存在すら知らない人が多すぎます。


P2400550


P2400552


P2400557
端の聖人たち


P2400559


P2400561
聖痕を受ける聖フランチェスコ(裾絵)


P2400563
ピエタのキリスト


P2400565
砂漠の聖ジローラモ


P2400653
各場面の解説があります。


P2400654


P2400655


P2400571
ベノッツォ・ゴッツォーリ(フィレンツェ、1421‐ピストイア、1497)の「受胎告知」(1449‐1452)
ベアート・アンジェリコの影響が色濃く出ていると思います。ベノッツォは、ベアート・アンジェリコの弟子で、協力者でもあったので、その影響を受けるのは当然です。
(つづく)

P2400422
写真右側の建物が博物館です。


P2390980
ナルニの貴族の邸宅として17世紀から18世紀にかけて建設されたPalazzo Eroliです。


P2390982
20世紀後半までエローリ家が居住していましたが、1984年にテルニ県によって買い取られました。


P2390981
現在は、Museo della Citta di Narni,in Palazzo Eroliになってます。また、図書館が同じ建物に併設されてます。


P2400470
展示作品は少ないですが、ドメニコ・ギルランダイオの代表作「聖母戴冠」があることで美術ファンに知られてます。私もその作品を見たくてナルニに足を運んだ次第です。


P2400471
Palazzo Eroliの入り口です。


P2390988
切符売り場の入り口です。


P2400472
考古学部門が1階(日本の2階)、絵画部門が2階となってます。


P2400473
先ず考古学部門から見て回りました。


P2400474
階段を上るとセミナー室に出ます。


P2400475
サン・ドメニコ教会の柱頭


P2400476
石棺の彫刻(2世紀)


P2400477
2‐3世紀


P2400479
次の部屋です。


P2400480
エジプトの木製棺


P2400481
ここにある理由が分かりませんが、エローリ家の収集物だった可能性がありそうです。


P2400482
中に入っていたミイラ


P2400484


P2400485
古代象の象牙


P2400487


P2400488


P2400490
次の部屋です。


P2400491
ローマ皇帝時代のトルソ


P2400492
ローマ皇帝時代のアポロ?断片


P2400493
1世紀のもの


P2400494
1世紀のもの


P2400495
1世紀のもの


P2400497
次の部屋です。


P2400498
断片でも記録が残っているので、史実が明らかになります。


P2400499


P2400500


P2400501
考古学部門の展示は月並みです。


P2400503
次の部屋です。


P2400504


P2400506


P2400509


P2400511


P2400512


P2400513


P2400525
ガッタメラータの部屋です。
エラーズモ・ディ・ナルニ通称ガッタメラータ(ナルニ、1370‐パドヴァ、1443)は、教皇庁、フィレンツェ、ヴェネツィアのために戦った傭兵隊長です。ナルニのパン屋に生まれました。


P2400673
ナルニに住んでいたのは小さいころだけだったようです。


P2400522
おっ、ジョルジョーネの作品がある、と一瞬思いましたが、そんな筈がありません。
制作者不明の「ジョルジョーネ作『戦士と従者の肖像』のコピー画」
戦士がガッタメラータとの説があります。


P2400667
ジャネット・ラッリーの「ガッタメラータの騎馬像」


P2400665
制作者不明の「ドナテッロ作『ガッタメラータの騎馬像』からのコピー彫刻」


P2400670
制作者不明


P2400671
ピエトロ・コムッチ・ディ・スカルペリアの「エラーズモ・ガッタメラータ」


P2400526
2階に向かいました。
(つづく)

↑このページのトップヘ