イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > フィレンツェ、アンドレア・デル・サルトの最後の晩餐美術館

P2190887
2015年の年間入館者が8,233人だったそうです。
係員が常時いるわけでもなく、無料切符も不要とあって、入館者数をどうやって調べたのか少々不可思議に思えますが、監視カメラがあるので、それに写っている入館者を数えれば簡単に分かります。


P2190888
ここは「暖炉がある部屋」と呼ばれてます。


P2190890
これがその暖炉でしょう。


P2190894
アンドレア・デル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1485?‐フィレンツェ、1545)の「聖母子」


P2190898
バキアッカ(ボルゴ・サン・ロレンツォ、1494‐フィレンツェ、1557)の「トビオーロと大天使ラッファエッロ」


P2190902
アンドレア・ブレーシャニーノの「フランチェスコ会福者」


P2190904
詳細不明の「シエナの聖カテリーナ」


P2190909
15世紀末のフィレンツェ派無名画家(Maestro della Madonna Naumbourg ?) の「幼きキリストへの崇拝」


P2190914
リドルフォ・デル・ギルランダイオの領域の「戦闘の場面」


P2190918
フランチャビージョの枠組みの「聖ロレンツォの殉教」


P2190921
16世紀初めのフィレンツェ派無名画家の「受胎告知と聖人たち(聖ウミルタ、福音書記者聖ジョヴァンニ、聖二コラ、殉教の聖女)」


P2190924
バルトロメオ・ディ・ジョヴァンニ(フィレンツェ、1488‐1501記録)の「悔悛の聖ジローラモ」


P2190929
ラッファエッリーノ・デル・ガルボ(フィレンツェ、1466c‐1524)の「玉座の聖母子と聖フランチェスコと聖ザノービと二信者」


P2190933
16世紀初めのフィレンツェ派無名画家(バキアッカ?)の「ピエロ・ディ・コジモ作『聖母子と二天使』の複製画」


P2190939
洗面台です。


P2190940
コジモ・ガンベルッチ(フィレンツェ、1560c‐1621)の「井戸のサマリア女」
洗面台の制作者はベネデット・ダ・ロヴェッツァーノ(カナパーレ、1474‐ヴァッロングローザ、1554c)です。


P2190947
ジョヴァンニ・アントニオ・ソリアーニ(フィレンツェ、1492‐1544)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2190949
再び食堂に入りました。


P2190950
次は食堂の壁に展示されている作品です。


P2190953


P2190955
どう解釈すべきでしょうか?
無名画家がアンドレア・デル・サルト作品の複製画を制作した? それともアンドレア・デル・サルト自身が自分の作品の複製画を描いた?
この時代、自分の複製画を描くのは珍しくありません。


P2190957
ジョヴァン・バッティスタ・ナルディーニ(フィエゾレ、1537c‐1629)の「アンドレア・デル・サルト作『洗礼者聖ジョヴァンニの逮捕』の複製画」


P2190960
ジョヴァン・バッティスタ・ナルディーニの「アンドレア・デル・サルト作『洗礼する洗礼者聖ジョヴァンニ』の複製画」


P2190964
ジョヴァン・バッティスタ・ナルディーニの「アンドレア・デル・サルト作『ご訪問』の複製画」


P2190969
ジョヴァン・バッティスタ・ナルディーニの「アンドレア・デル・サルト作『洗礼者聖ジョヴァンニの誕生』の複製画」


P2190972
これは何でしょうか。


P2190974
その説明板
panneggio とは「襞を描くこと」の意味です。「襞を描いた断片」?


P2190977
制作者不明のアンドレア・デル・サルト作品の複製画(16世紀)です。


P2190979
制作者不明のアンドレア・デル・サルト作品の複製画(16世紀)です。


P2190985
ポントルモ(ポントルモ、1494フィレンツェ、1556)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2190988
ポントルモの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2190993
マーゾ・ダ・サン・フリアーノ(サン・フレディアーノ、1532c‐フィレンツェ、1571)の「アンドレア・デル・サルト作『聖家族と聖ジョヴァンニーノ』の複製画」


P2190999
マーゾ・ダ・サン・フリアーノ?の「玉座の聖母子と聖ジョヴァンニ・グアルベルトとウベルティの聖ベルナルド」


P2200003
制作者不明のアンドレア・デル・サルト作品の複製画


P2200006
アンドレア・デル・サルトの「受胎告知」


P2200012
フランチャビージョの「羊飼いの礼拝」


P2200015
以下、アンドレア・デル・サルトのデッサンです。全て本物ではなく、本物のファクシミリです。


P2200019


P2200022


P2200025


P2200028


P2200030
「最後の晩餐」の前から撮った食堂です。


P2200031


P2200034


P2200038


P2200041


P2200043


P2200046
ポントルモのフレスコ画


P2200050
これは何でしょうか?


P2200051
上の部分は作品の写真に凹凸が設けられてます。


P2200052
このような同じものを他の美術館でもよく見かけます。


P2200053
目に不自由な人が手に触れて鑑賞出来るようにしてあるもの、と勝手に思ってますが如何でしょうか。


P2200054
フィレンツェの名画です。


P2200056
立ち去る前にもう一度「最後の晩餐」を見ました。


P2200066
外に出ました。


012
ついでにサン・サルヴィ教会の写真を載せておきましょう。


013
この教会には沢山の作品があります。


014
何時も扉が閉まっているので、拝観の機会に恵まれたのは一回だけです。


015


016
拝観の機会に恵まれたならば、じっくりと鑑賞したいものです。


017
何時開くのでしょうか?


018


019


020


021



P2200067
(おわり)

今回は、アンドレア・デル・サルトの最後の晩餐美術館 Museo del Cenacolo di Andrea del Sartoです。
P2190716
美術館は、フィレンツェ郊外にあります。


P2190717
6Aか6Bのバスに乗って、カンポ・デ・マルテ駅を過ぎ、FS線の跨線橋を過ぎた最初の停留所で下車すると簡単に行くことが出来ます。


P2190719
バスが走っている大通りを右折すると直ぐに教会が見えます。


P2190718
サン・サルヴィ教会です。この教会の扉が開いていることは滅多にありません。


P2190720
教会の前にタバッキがありますが、その道を右折すると直ぐに美術館があります。


P2190721
ここが美術館です。


P2190723
美術館の門です。


P2190724
サン・サルヴィ修道院だった建物の1階が美術館になってます。


P2190725
入館無料です。
ここは長らく写真不可でしたが、最近になって漸く解禁されました。


P2200060
旧修道院前の庭


P2200062


P2200064
鐘楼はサン・サルヴィ教会のものです。


P2190745
入館すると、この廊下に出ます。写真右の扉から中に入ります。


P2190726
修道院の食堂だった所です。その向かいの壁に描かれているのが、アンドレア・デル・サルトの「最後の晩餐」です。


P2200056
アンドレア・デル・サルト(フィレンツェ、14861530)の「最後の晩餐」(1527)


P2200057
数ある「最後の晩餐」の中で、この作品が最も完成度が高いと思います。巷間、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品が最高傑作とされてますが、明らかな画法採用の誤りが大きなマイナス材料でしょう。壁にテンペラで描けば、あのようになることは、テンペラで壁に描かれたドメニコ・ギルランダイオの作品を「最後の晩餐」の制作前に見て、十分分かっていたレオナルドが敢えて採用した所に、レオナルドの強烈な自負心を感じさせます。


P2200058


P2190729


P2190730


P2190732


P2190733


P2190736


P2190737


P2190740


P2190741


P2190744
傑作です。


P2190746
廊下に戻って、廊下の両壁に展示されている作品を見ました。


P2190748
ヤコポ・コッピ(ペレトーラ、1523‐フィレンツェ、1591)の「ピエタ」


P2190753
スオル・プラウティッラ・ネッリ(1524‐1588)の「聖母からロザリオを受け取る聖ドメニコ」


P2190757
スオル・プラウティッラ・ネッリの「聖痕を受けるシエナの聖カテリーナ」


P2190761
アントニオ・デル・チェライオーロ(フィレンツェで16世紀第1四半世紀に活動)の「磔刑と聖フランチェスコとマグダラのマリア」


P2190765
アントニオ・デル・チェライオーロの「大天使ミケーレ」


P2190769
ミケーレ・ディ・リドルフォ・デル・ギルランダイオ(フィレンツェ、1503‐1577)の「天上の聖母と聖人たち(聖ヤコポ、聖ロレンツォ、聖フランチェスコ、聖キアーラ)と信者」


P2190773
フランチェスコ・ブリーナ(フィレンツェ、1540?‐1585)の「マギの礼拝」


P2190776
カルロ・ポルテッリの「磔刑」はフィレンツェのアカデミア美術館に貸し出されていました。


P2190780
ジョヴァンニ・バッティスタ・パッジ(ジェノヴァ、1544‐1627)の「聖母子とパドヴァの聖アントニオ、トビオーロと大天使ラッファエッロ」


P2190783
ジョヴァンニ・ビッツェッリ(フィレンツェ、1560c‐1607)の「天上の聖母と聖人たち(聖アガタ、聖オルソラ、洗礼者聖ジョヴァンニ、聖フランチェスコ、聖グレゴリオ、聖ベルナルド」


P2190788
16世紀末のトスカーナ派無名画家の「聖ベネデット」


P2190790
残念なことに、この先が立ち入り禁止になっていました。


P2190792
16世紀末のトスカーナ派無名画家の「聖ピエトロ・イグネーオ」


P2190796
ベルナルディーノ・ポッチェッティの「聖母子と聖人たち」


P2190800
ジョヴァンニ・バルドゥッチ(フィレンツェ、1560c‐ナポリ、1631)の「天上の天使と聖人たち」


P2190805
イル・ポッピ(ポッピ、1544‐フィレンツェ、1597)の「十字架の発見」


P2190809
イル・ポッピの「磔刑」


P2190813


P2190814


P2190817
ミケーレ・ディ・リドルフォ・デル・ギルランダイオの「1万の殉教者」


P2190820
ジョヴァンニ・アントニオ・ソリアーニ(フィレンツェ、1492‐1544)の「三位一体と聖ジャコモとマグダラのマリアとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2190824
コジモ・ロッセッリ(フィレンツェ、1439‐1507)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖ジャコモと聖ピエトロ」


P2190827
ダヴィド・ギルランダイオに帰属する作品です。


P2190830


P2190831
次の部屋です。


P2190832


P2190834
フランチャビージョ(フィレンツェ、1482c‐1525)の「我に触れるな」


P2190837
制作者不明の「プリーゴ作『女性の肖像』の複製画」(16世紀)


P2190843
制作者不明の「アンドレア・デル・サルト作『聖母子と天使と聖ジョヴァンニーノ』の複製画」


P2190849
ジョヴァンニ・アントニオ・ソリアーニの「受胎告知」


P2190853
ドメニコ・プリアーニの「フラ・バルトロメオ作『救世主』の複製画」


P2190857
ジローラモ・デル・パッキア(シエナ、1477‐1533)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2190861
ピエトロ・カンディード(ブルージュ、1548c‐モナコ、1628)に帰属する「聖家族と聖ジョヴァンニーノと聖エリザベッタ」


P2190865
16世紀後半のフィレンツェ派無名画家の「アンドレア・デル・サルト作『聖家族』の複製画」


P2190871
正面から撮ると光ってしまいます。


P2190869
こちらの方は少しマシでしょうか?
アントニオ・ディ・ドンニーノ(フィレンツェ、1497‐1547)の「聖アントニオ・アバーテ、聖セバスティアーノ、聖ロッコ」


P2190873
ピエル・フランチェスコ・フォスキ(フィレンツェ、1502‐1567)の「十字架を手にするキリスト」


P2190880
アントニオ・デル・チェライオーロの「マグダラのマリアの聖体拝領」


P2190885
スオル・プラウティッラ・ネッリの「嘆きの聖母」
(つづく)


↑このページのトップヘ