イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > ルッカ、グイニージ邸国立博物館

P1840337
アミーコ・アスペルティーニ(ボローニャ、1474c‐1522)の「天上の聖母子と聖人たち」(1510‐15)


P1840341
フランチェスコ・フランチャ(ボローニャ、1448以前‐1517)の「無原罪の御宿り」(1515?)


P1840343
詳細不明の木組み細工


P1840344


P1840345
ここに来ないのは勿体ない!


P1840347
フランチェスコ・デル・ブリーナ(フィレンツェ、1541c‐1586)の「聖母子と聖ドメニコとシエナの聖カテリーナ」(1563)


P1840350
バルトロメオ・ネローニ通称イル・リッチョ(シエナ、1532‐1571記録)の「聖母の誕生」(1560‐70c)


P1840352
バッティスタ・フランコ通称イル・セモレイ(ヴェネツィア、1510c‐1561)の「嘆き」(1530‐40c)


P1840355
アレッサンドロ・アルデンティ(ファエンツァで1559から記録‐トリノ、1595)の「シビッラ・クマーナの説教」(1576c)


P1840359
ジョルジョ・ヴァザーリ(アレッツォ、1511‐フィレンツェ、1574)の「聖エウスタチョ」(1543)


P1840362
ジョルジョ・ヴァザーリの「無原罪の御宿り」(1543)


P1840365
ジョルジョ・ヴァザーリの「聖ビアージョ」(1543)


P1840368
アレッサンドロ・アルデンティの「キリストの洗礼」(1576c)


P1840371
バッティスタ・フランコ通称イル・セモレイの「ご訪問」(1550‐61c)


P1840374
16世紀中頃のルッカの無名画家の「聖母子と聖アゴスティーノと聖モニカと聖ジローラモ」(1559)


P1840377
ジョヴァンニ・バッティスタ・パッジ(ジェノヴァ、1554‐1627)の「ベテスダの池」(16世紀末)


P1840380
チゴリ(チゴリ、1559‐ローマ、1613)の「マギの礼拝」(1600‐10c)

私がヨーロッパに行くようになった最初の頃は、専ら印象派の作品ばかりを見ていました。印象派の作品がある主な美術館などに足を運んで、熱心に見ていました。何事も熱中する方の人間なので、それこそ暇を惜しんで見ていました。
それに伴い印象派画家たちの生涯や印象派形成の歴史などの本を読んで勉強をしたのですが、そのうちに印象派作品が落選してた時代に自分がいたとすれば、果たしてこれらの作品を熱心に見たであろうか、自分が熱心に見るようになったのは他人の受け売りではないのか、という疑問を持つようになりました。
それまでの本などからの受け売りの一切を排除して、数多くの印象派作品の前に立ち、自分自身の審美眼で作品を見て回りました。そうやっているうちに彼らの作品が落選した理由が理解できるようになったのです。
その結果、パトロンや教会などからの注文に基づかないで、画家自身の芸術的観点や意欲から描かれたものが独善的と思えるようになり、印象派好きから離れるようになりました。
鑑賞は、初めは本などからの受け売りから入るのは仕方がありませんが、数多くの作品の前に立ち、自己の審美眼を磨くことが基本と思います。


P1840383
フェデリーコ・ズッカリ(サンタンジェロ・イン・ヴァード、1540‐アンコーナ、1609)の「聖ピエトロに天国の鍵を渡すキリスト」(1593)

私がヨーロッパに行く前に知っていたイタリアの画家は、ルネサンスの三巨匠だけでした。中学校と高校の美術で習っただけでしたから。カラヴァッジョ、アンニーバレ・カッラッチ、ジョット、シモーネ・マルティーニなどは名前さえも知りませんでした。それに比べると印象派画家たちは明らかに学校で教え過ぎ、印象派偏重と思います。


P1840386
パッシニャーノ(パッシニャーノ、1559‐フィレンツェ、1638)の「身体障碍者を治癒する聖ピエトロ」(1590‐1600c)


P1840389
アウレリオ・ローミ(ピサ、1556‐1622)の「嘆き」(16世紀末‐17世紀初頭)


P1840392
ヤコポ・リゴッツィ(ヴェローナ、1547c‐フィレンツェ、1627)の「キリストの洗礼」(1594)


P1840395
ピエトロ・ソッリ(シエナ、1556‐1622)の「聖母の浄め式」(1609)


P1840397
ガスパーレ・マンヌッチ(フィレンツェ、1575-1642)の「聖キアーラの奇跡」(17世紀第1四半世紀)


P1840401
カヴァリエール・ボルゲーゼ(ルッカ、1560c-ローマ、1629)の「自由の寓意」(1611)


P1840404
ルティーリオ・マネッティ(シエナ、1571‐1639)の「オルタのベアート・サルヴァトーレの奇跡」(1635)


P1840407
ピエトロ・ソッリの「聖ピエトロの召命」(17世紀第1四半世紀)


P1840409
ガスパーレ・マンヌッチの「天上の聖母子と聖ロレンツォと聖ゲルヴァシオ」(1629)


P1840413
グイド・レーニ(ボローニャ、1575‐1642)の「磔刑とアレッサンドリアの聖カテリーナと聖ジュリオ」(1620‐30c)


P1840416
パオロ・ビアンクッチ(ルッカ、1596‐1651)の「磔刑と聖人たち」


P1840420
ジョヴァンニ・ランフランコ(パルマ、1582‐ローマ、1647)の「聖ロレンツォの殉教」(1635)


P1840424
パオロ・ビアンクッチの「祈りの聖母」(17世紀第2四半世紀)


P1840427
パオロ・ビアンクッチの「天上の聖母」(17世紀第2四半世紀)


P1840429
ピエトロ・パオリーニ(ルッカ、1603‐1681)の「ロザリオの聖母と聖ドメニコとシエナの聖カテリーナ」(1620‐30c)


P1840433
ピエトロ・パオリーニの「玉座の聖母子と聖パオリーノと聖アンドレアと聖カルロ・ボッロメオとアクイタニアの聖グリエルモ」(1630‐40c)


P1840436
ピエトロ・パオリーニの「聖ポンツィアーノの殉教」(1630‐40c)


P1840439
ピエトロ・パオリーニの「聖バルトロメオの殉教」(1630‐40c)


P1840442
ピエトロ・パオリーニの「洗礼者聖ジョヴァンニの誕生」(1636)


P1840445
ジョヴァンニ・マッラッチ(ルッカ、1638‐フィレンツェ、1703)の「煩わしさを解放する聖ウバルド」(17世紀第4四半世紀)


P1840448
アントニオ・フランキ(ルッカ、1638‐フィレンツェ、1709)の「受胎告知」(1672)


P1840451
ジョヴァンニ・マッラッチの「請願に耳を傾ける教皇マルティーノ5世」(17世紀第4四半世紀)


P1840453
ピエトロ・パオリーニの「聖グレゴリオ・マーニョの饗宴」(17世紀中頃)


P1840457
ジローラモ・スカーリア(ルッカ、1620c‐1686)の「聖ピエル・トーマ」(1661)


P1840460
ジローラモ・スカーリアの「マグダラのマリア」(1648)


P1840463
ジローラモ・スカーリアの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」(1648)


P1840465
トスカーナの無名彫刻家の「聖パオロ」(17世紀初め)


P1840468
フィリッポ・ゲラルディ(ルッカ、1643‐1704)の「ヴィッラノーヴァの聖トッマーゾの幻視」(17世紀末)


P1840471
ジョヴァンニ・フランチェスコ・ロマネッリ(ヴィテルボ、1610c‐1662)の「洗礼者聖ジョヴァンニと聖アンドレアと聖ピエトロ」(17世紀第2四半世紀)


P1840474
アントニオ・フランキの「聖テレーザ」(17世紀第4四半世紀)


P1840477
カルロ・ベルターニ(フィデンツァ、1743‐ピアチェンツァ、1801)の「ピエトロ・ダ・コルトーナ作『聖テレーザの光悦』の複製画」(1782)


P1840480
ジョヴァン・ドメニコ・ロンバルディ(ルッカ、1682‐1751)の「マギの礼拝」(18世紀第1四半世紀)


P1840482
ドメニコ・ブルギエーリ(ルッカ、1678‐1744)の「聖母の寺院への出現」(18世紀第1四半世紀)


P1840486
ジョヴァン・ドメニコ・ロンバルディの「聖二コラオに顕現する聖母」(18世紀第1四半世紀)


P1840489
ポンぺオ・バトーニ(ルッカ、1708‐ローマ、1787)の「聖テレーザの光悦」(1743c)


P1840492
イル・ディ江チミーノ(ルッカ、1709‐1774)の「聖ヴィンチェンツォ・フェッレーリ」(1756)


P1840495
ポンぺオ・バトーニの「聖バルトロメオの殉教」(1749)


P1840498
ポンぺオ・バトーニの「シエナの聖カテリーナの光悦」(1743)


P1830926
これで終わりです。


P1840500
非常に良かった!


P1840503
(おわり)

P1840169
フランチェスコ・アングィッラ(1384‐1444記録)の「聖母子とマグダラのマリアと洗礼者聖ジョヴァンニとバーリの聖二コラと聖ロレンツォ」(1420‐30c)


P1840172
ヤコポ・デッラ・クエルチャ(1374‐1438)の「聖アンサーノ」


P1840175
ゲラルド・スタルニーナ(1387‐1409記録、1413没)の「福音書記者聖ジョヴァンニと聖パオロと聖ピエトロ」(1405c)


P1840179
ゲラルド・スタルニーナの「大天使ミケーレと聖ジャコモ・マッジョーレと洗礼者聖ジョヴァンニ」(1405c)


P1840182
バッティスタ・ディ・ゲーリオ(1414と1418記録)の「聖クイリーコと聖ジュリッタと教皇聖シスト」


P1840187
バッティスタ・ディ・ゲーリオの「聖母子のシノピエ」(15世紀第1四半世紀)


P1840190
バッティスタ・ディ・ゲーリオの「聖母子と二天使」(15世紀第1四半世紀)


P1840192
14‐15世紀のルッカの無名彫刻家の「祈るキリスト」(15世紀初め)


P1840195
Maestro di Montefloscoli(フィレンツェで15世紀前半に活動)の「裾絵の一部」(1440c)


P1840196
Maestro di Montefloscoliの「裾絵の一部」(1440c)


P1840200
Maestro di San Quirico a Guamo(15世紀中頃活動)の「玉座の聖母子とマグダラのマリアと大天使ミケーレ」(1440‐50c)


P1840204
ルッカ?の無名彫刻家の「殉教者たち」


P1840206


P1840207
プリアーモ・デッラ・クエルチャ(1426‐1468記録)の「ピエタのキリスト」(15世紀第2四半世紀)


P1840210
フランチェスコ・ディ・ヴァルダムブリーノ派のルッカの無名彫刻家の「磔刑」(14世紀末)


P1840212
フランチェスコ・ディ・ヴァルダムブリーノ(シエナ、1401から記録、1435c没)の「トレンティーノの聖二コラ」


P1840215
ザノービ・マキアヴェッリ(フィレンツェ、1418c‐1479)の「玉座の聖母子と聖バルトロメオとマグダラのマリアと聖マルティーノとパドヴァの聖アントニオ」(1470‐75c)


P1840219
ボルゲーゼ・ディ・ピエトロ・ボルゲーゼ(1397‐1463記録)の「彩色磔刑像」


P1840221
バルダッサッレ・ディ・ビアージョ(1446‐1484活動)の「三位一体」(15世紀第3四半世紀)


P1840225
ボルゲーゼ・ディ・ピエトロ・ボルゲーゼの「聖ヴィンチェンツォ・フェッレーリ」(1455c)


P1840227
ジュリアーノ・ディ・シモーネとルッカの無名画家の「ご誕生」(14世紀末)


P1840231
バルダッサッレ・ディ・ビアージョの友人の「聖母子」(1465c)


P1840234
ドナテッロと協力者の「聖母子」(15世紀第1四半世紀)


P1840238
ピエトロ・ダ・タラーダの「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニ」(1463)


P1840241
フランドルの無名画家の「受胎告知」(1490‐1500c)


P1840244
ネロッチョ・ディ・バルトロメオ・ランディ(シエナ、1447‐1500)の「受胎告知される聖母」(1481)


P1840245
ヴェッキエッタ(シエナ、1410‐1480)の「聖母の死」(1481)


P1840249
ベルナルド・パレンツァーノ(パレンツォ、1450c‐パドヴァ、1500?)の「聖セバスティアーノ」、「聖ロッコ」(1490c)


P1840252
詳細不明の組木細工


P1840254
15世紀末のルッカの無名画家の「ご訪問」(1484以降)


P1840257


P1840256
マッテオ・チヴィタ―リと協力者の「受胎告知」(1470c)


P1840260
マッテオ・チヴィタ―リ(ルッカ、1436‐1501)の「聖母子」(1480‐90c)


P1840262
マッテオ・チヴィタ―リの「聖母子」(1470c)


P1840265
マッテオ・チヴィタ―リの「聖母子」(1495c)


P1840267
マッテオ・チヴィタ―リの「VIR DOLORUM」(1487)


P1840270
ヴィンチェンツォ・ディ・アントニオ・フレディアーニ(ルッカ、1476‐1505記録)の「無原罪の聖母と聖人たち」(1502)


P1840273
ヴィンチェンツォ・ディ・アントニオ・フレディアーニの「聖母戴冠と聖人たち」(1495‐1500c)


P1840275
二コラオ・チヴィタ―リ工房の「サンティッシモ・サクラメントのタベルナコロ」(16世紀第1四半世紀)


P1840277
ヴィンチェンツォ・ディ・アントニオ・フレディアーニの「玉座の聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖マッテオと聖フレディアーノと聖ペッレグリーノ」(1487)


P1840281
ミケランジェロ・ディ・ピエトロ・メンブリーニ(ルッカ、1484‐1525記録)の「玉座の聖母子と聖ステファノと聖ジローラモ」(1495‐1500c)


P1840283
ベネデット・ダ・マイアーノ(マイアーノ、1442‐フィレンツェ、1497)の「聖アントニオ・アバーテ」(1482‐83)


P1840286
ミケランジェロ・ディ・ピエトロ・メンブリーニの「玉座の聖母子と聖アゴスティーノと聖モニカとパドヴァの聖アントニオと聖ジローラモ」(1492c)


P1840289
ミケランジェロ・ディ・ピエトロ・メンブリーニの「玉座の聖母子と聖アントニオ・アバーテと聖ピエトロと聖ジャコモと聖パオロ」(1495‐1500c)


P1840292
アンサーノ・ディ・ミケーレ・チャンパンティ(ルッカ、1498‐1532記録)の「磔刑」(1495‐1500c)


P1840295
アンサーノ・ディ・ミケーレ・チャンパンティの「聖バルバラ」(1490‐1500c)


P1840297
アンサーノ・ディ・ミケーレ・チャンパンティの」聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニとアレッサンドリアの聖カテリーナと聖ルチアと聖ジュゼッペ」(1500c)


P1840301
ミケーレ・チャンパンティ(ルッカ、1470‐1521記録)の「聖母戴冠」、「慈悲の聖母」(1490c)


P1840303
マッテオ・チヴィタ―リの「キリスト」(1485‐90c)


P1840306
アンドレア・ディ・ジョヴァンニ・ダ・カッラーラ(ルッカ、15世紀第4四半世紀活動)の「聖シラーオの供養聖櫃」
(1489‐90)


P1840308
マッテオ・チヴィタ―リの「この人を見よ」(1485)


P1840311
16世紀前半のルッカの無名画家の「聖アゴスティーノ?」(16世紀第1四半世紀)


P1840313
ロッビア工房の「モノグランマ」(15世紀初め)


P1840316
ザッキア・ダ・ヴェッツァーノ(ルッカ、1510‐1561記録)の「聖母被昇天」(1527)


P1840319
ザッキア・ダ・ヴェッツァーノの「聖母子と聖セバスティアーノと聖ロッコ」(1530c)


P1840322
フラ・バルトロメオ(サヴィニャーノ、1472‐フィレンツェ、1517)の「永遠なる父とマグダラのマリアとシエナの聖カテリーナ」(1509)


P1840325
フラ・バルトロメオの「聖母子と聖ステファノと洗礼者聖ジョヴァンニ」(1510c)


P1840328
フラ・バルトロメオの「フラ・バルトロメオの作品を見るドメニコ会修道士たち」


P1840330
フラ・バルトロメオの「慈悲の聖母」(1515)


P1840333
フラ・パオリーノ(ピストイア、1488‐1547)の「聖母子と聖人たち」(1534)


P1840334
チヴィタ―リ派無名彫刻家の「聖フレディアーノ・マルティ―レ」(16世紀初め)
(つづく)

P1840016


P1840017
上記作品の説明プレート


P1840018
ルッカのサン・ミケーレ・イン・フォロ教会にあったものです。


P1840019
ファサードにあったものです。


P1840020


P1840021


P1840024
13世紀前半のルッカの無名画家の「聖母子」


P1840027
ルッカの無名画家の「彩色磔刑像」(12世紀末‐13世紀初頭)


P1840030
ベルリンギエーロ・ベルリンギエーリ(1225‐1235記録)の「彩色磔刑像」(13世紀前半)


P1840036
フランチェスコ・トライーニ(1321‐1345記録)の「大天使ミケーレ」(14世紀)


P1840039
ウゴリーノ・ディ・ネーリオ(1317c‐1327記録)の「磔刑と聖人たち」(1320c)


P1840041
左から聖アグネス、マグダラのマリア


P1840043
聖二コラ、聖ステファノ


P1840044
聖ルドヴィーコ、磔刑


P1840046
大天使ミケーレ


P1840051
バルトロメオ・ブルガリーニ(1337‐1378記録)の「聖母子」(14世紀中頃)


P1840054
バルトロメオ・ブルガリーニの「福音書記者聖ジョヴァンニ」(14世紀中頃)


P1840057
14世紀中頃のルッカの無名画家の「教皇聖人」


P1840060
ジロルド・ディ・ヤコポ・ダ・コモ(1226‐1284記録)の「受胎告知」


P1840064
ジロルド・ディ・ヤコポ・ダ・コモの「聖ファウスタ」


P1840067
ティーノ・ディ・カマイーノ(1285c‐1337c)の「聖母子」(14世紀前半)


P1840071
デオダート・オルランディ(1284‐1332記録)の「聖母子」(1300c)


P1840075
デオダート・オルランディの「彩色磔刑像」(1288)


P1840077
パオロ・ダ・シエナ(1320‐1375記録)の「彩色磔刑像」(1320?)


P1840082
アンジェロ・プッチネッリ(1350‐1399記録)の「聖母子」(1390‐95c)


P1840087
アンジェロ・プッチネッリの「聖母子」(1395c)


P1840091
14世紀中頃のルッカの無名画家の「聖女たち(バルバラ、アガタ、アグネス、アポッロニア、マルゲリータ)」


P1840093
アンドレア・ピサーノの「聖母子」(14世紀第2四半世紀)


P1840097
アンジェロ・プッチネッリの「トリッティコ」(1385c)


P1840101
「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」


P1840103
「聖ピエトロと洗礼者聖ジョヴァンニ」


P1840104
「聖ゲルヴァシオと聖プロタシオ」


P1840108
ジュリアーノ・ディ・シモーネ(1383‐1399記録)の「トリッティコ」(1392‐95)


P1840111
「聖母子と二音楽天使」


P1840113
「聖アゴスティーノ、聖ステファノ」


P1840114
「トレンティーノの聖二コラ、聖ルーカ」


P1840117
ニーノ・ピサーノの「受胎告知される聖母」(14世紀中頃)


P1840121
スピネッロ・アレティーノ(1373‐1411記録)の「磔刑と聖人たち」(1395‐1400c)


P1840124
中央パネル


P1840126
教皇聖シスト、アレッサンドリアの聖カテリーナ


P1840128
聖マルゲリータ、教皇聖ステファノ


P1840130
私一人で独占!


P1840131
係員の姿もありません。


P1840132
聖歌隊席と墓


P1840134
ヤコポ・デッラ・クエルチャ工房の「アンテルミネッリのカテリーナの墓」(1422c)


P1840137
ヤコポ・デッラ・クエルチャ(1374‐1438)の「アンテルミネッリのバルドゥッチョ・パルギーアの墓」(1423?)


P1840139
レオナルド・マルティの「合唱隊席」(1452‐57)


P1840140
ルッカのドゥオーモにあった合唱隊席です。


P1840143
プリアーモ・デッラ・クエルチャ(シエナ、1426‐1468記録)の「多翼祭壇」(1430c)


P1840145


P1840147


P1840149


P1840151


P1840154


P1840155


P1840157


P1840160


P1840161


P1840163


P1840166
(つづく)

P1830920
サン・フランチェスコ教会の身廊の横を通り過ぎれば、直ぐに国立博物館が見えます。


P1830921
Museo Nazionale di Villa Guinigiです。
2015年の年間入館者が5,365人でした。この数字は小中学生や高校生などの団体客を含んだ人数ですから、色々と考えさせられます。
照明費、冷暖房費などの諸経費、それに見合う筈のない入館者の少なさを思えば、文化財の維持という高邁なところから、合理化、その果てにある休館さらには閉館という事態に陥っても少しも不思議ではないのです。
また、5,365人のうち、日本人の方の割合がどの程度になるか分かりませんが、このように人気薄の美術館ばかりを取り上げている私は何と馬鹿馬鹿しいことを続けていることか、と自嘲の思いに駆られることが良くあります。まあ、ブログなんてものは、自己満足、自己顕示欲の一環とされているようで、私もそう思いながらも馬鹿馬鹿しいことを続けているわけです。

このブログに来ていただき、感謝に堪えません。
実は、人気薄の美術館や教会などを取り上げているせいなのか、私のブログは人気薄です。ライヴドアのブログサイトの良い点は、アクセス解析です。それによれば一日当たりのPCとモバイルによるアクセス数は平均50台くらいですね。
それだけにアクセス頂いている方々は貴重なんです。


P1830922
博物館の入り口です。
大雨だった時を除いて、ルッカに来れば必ず入館することにしてます。


P1830923
ヴィッラ・グイニージは、13-15世紀にルッカを支配していた有力貴族の一つであるグイニージ家のパオロ・グイニージによって1430年に建設されました。
当時、この地は城壁外でした。


P1830924
15世紀第2四半世紀になると、ルッカは、それまでのグイニージ家などによる専制政治から自治権が取り戻され共和制に移行しました。
それに伴い、1430年、このヴィッラはルッカ共和国に没収されてしまいました。


P1830927
その後、ヴィッラは共和国の孤児院として使用されることになりましたが、その間、建物は幾度となく改造改修が行われました。


P1830928
ヴィッラの庭園
孤児院は20世初頭に閉鎖され、1924年、この建物にMuseo Civicoがオープンしました。これが現在の博物館の前身です。


P1830929
第二次世界大戦の爆撃によって大被害を受けましたが、資金難のためMuseo Civicoはそのまま休館が続きました。1960年代になって、国の資金によって漸く修復工事が開始され、建物は元の姿に戻され、1968年に国立博物館として再発足して現在に至ってます。


P1830931
ロッジャからサン・フランチェスコ教会が見えます。


P1830925
この扉から展示室に入ります。


P1830932
入館して直ぐに目に飛び込んでくるのがこの彫刻です。
16世紀のトスカーナの無名彫刻家の「パオロ・グイニージ像」(16世紀末)
前述したように、ヴィッラ・グイニージは、1413年にパオロ・グイニージによって建設されました。


P1830934
次に部屋に向かう扉の上に紋章があります。


P1830935
これはグイニージ家の紋章です。
ルッカに行けば、この紋章を散見します。


P1830936
エトルリア時代の遺跡からの出土品


P1830937
展示は、エトルリア時代からローマ時代の遺跡からの出土品を展示する考古学部門、彫刻と絵画を展示するアート部門、それにルッカの科学関連の発達を展示するサイエンス部門の3部門構成となってます。
この日は、サイエンス部門の展示室は閉鎖されていました。
実は、切符を買うときに係員から「サイエンス部門を見るか」と変な質問を受けて、「多分、見ないと思う」と答えたので、サイエンス部門の展示室が施錠されたままになっていたと思います。
私の入館中に他の入館者の姿を見かけなかったので、多分、その日の午後の入館者は私一人でした。、それでそのような措置が取られたのでしょう。


P1830938
1892年にルッカの遺跡から出土した、紀元前470年頃のもの


P1830940
紀元前5世紀頃のもの


P1830943
紀元前4世紀頃のもの


P1830945
エトルリア墳墓の埋葬品や墓が展示されてます。


P1830946
トスカーナのカンポルジャーノから出土した墓(紀元前3世紀)


P1830948
エトルリア人の墓(紀元前3世紀)


P1830950
エトルリア人の墓(紀元前3世紀)


P1830952
墓の埋葬品(紀元前170‐130c)


P1830954
ローマ時代の公共のモニュメント断片(1世紀)


P1830955
ローマ時代の公共のモニュメント断片(1世紀)


P1830957


P1830959
石柱断片(1世紀前半)


P1830961


P1830962


P1830963
ローマ時代のモザイク(2世紀)


P1830968
元々ヴィッラのあった作品です。(詳細不明)


P1830969
この紋章は分かりません。


P1830970
二階に向かいました。


P1830971
二階の展示は、ローマ時代のものが一部含まれますが、主に彫刻と絵画です。


P1830972
ローマ時代の3世紀頃に制作されたものですが、ルッカのサンティ・ジョヴァンニ・エ・レパラータ教会に移され、近年まで同教会にありました。


P1830974


P1830975


P1830976


P1830977
ルッカのサンティ・ジョヴァンニ・エ・レパラータ教会にあった、ロンゴバルド文化を示す彫刻です。(8世紀前半)


P1830979
図柄が違いますが、前の作品と同じです。


P1830981
ターリア・ディ・ライトゥス(11世紀後半に活動)の「柱頭装飾」(11世紀末‐12世紀初頭)
ブランコーリのサン・ジョルジョ教区教会にあった柱頭です。


P1830984
Maestranza del terzo pilastro dei sottoportico della Cattedrale di San Martino の「聖マルティーノ」(12世紀末)


P1830986
ルッカの無名画家のフレスコ画断片(9世紀)
ルッカのサンティ・ジョヴァンニ・エ・レパラータ教会にありました。


P1830989
ターリア・ディ・ライトゥスの柱頭装飾(12世紀初め)
ブランコーリのサン・ジョルジョ教区教会にありました。


P1830991
11世紀前半の作品


P1830993


P1830994


P1830996


P1830998


P1830999
Maestro di caltura pisano lucchese (12世紀第4四半世紀に活動)の「玉座の聖ヤコポ・マッジョーレ」


P1840002
Maestro di caltura pisano lucchese の「玉座の聖ピエトロ」


P1840004
12世紀後半のルッカの無名画家の「彩色磔刑像」(12世紀後半)


P1840008
ビドゥイーノ(12世紀第4四半世紀にピサとルッカで活動)の「聖母子」


P1840011
Maestro Enrico (12世紀後半に活動)の「ザッカリアの告知と聖エリザベッタ」(12世紀第4四半世紀)


P1840015
(つづく)

↑このページのトップヘ