イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > 国立スポレート公国博物館・アルボルノツィアーノ城塞

P1680472
城塞は毎日公開されてますが、博物館の方は毎週月曜日が休館となってます。月曜日に来たことがありませんが、城塞部分と博物館の区分が良く分かりません。何せ一体化していますので。


P1680473


P1680475
天井の紋章


P1680478
Maestro di San Alo の「彩色磔刑像」
この親方に付いて、全くの不知です。


P1680480
Maestro di San Alo の「キリストと聖人たち」


P1680483


P1680486
詳細不明


P1680487
Maestro di San Alo の「磔刑」
裏面にも描かれています。


P1680490
裏面も「磔刑」です。


P1680492
壁一面にフレスコ画が描かれていたようです。


P1680493


P1680494
ウンブリアの無名彫刻家の「聖母子(14世紀初め)


P1680499
スポレートの無名画家の「祭壇前飾り」(14世紀前半)


P1680501


P1680503
ウンブリアの無名彫刻家の「聖母」(14世紀中頃)


P1680506
次の部屋です。


P1680508
ウンブリアの無名画家の「聖母子」(14世紀前半)


P1680511
ウンブリアの無名彫刻家の「馬上の騎士」(13世紀末‐14世紀初め)


P1680512
ウンブリアの無名彫刻家の「馬上の騎士」(13世紀末‐14世紀初め)


P1680514
ウンブリアの無名彫刻家の「聖ポンツィアーノ」(14世紀前半)


P1680516
次の部屋です。


P1680517


P1680519
無名彫刻家の「アーキトレーブ」(1463)
スポレートのドゥオーモにありました。


P1680521
ウンブリアの無名彫刻家の「横臥している男の像」(15世紀前半)


P1680524
ニコロ・アルンノ(フォリーニョ、1454-1502)の「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエのトリッティコ」(1475c)


P1680528


P1680529


P1680531
普通、聖母子は中央パネルになりますが、ここでは違います。


P1680535
ニコラ・ディ・ウリッセ・ダ・シエナに帰属する「サン・エウティツィオのポリッティコ」(1463-77)
残念ながら中央パネルが欠落しています。


P1680537
聖プラチード、聖スペース


P1680539
聖ベネデット、聖フィオレンツィオ


P1680541
4福音書記者


P1680543


P1680545
次の部屋です。


P1680546


P1680547


P1680548


P1680552
アントネッロ・デ・サリバ(メッシーナ、1480‐1495記録)の「モンテサントの祭壇画」(1494)


P1680554 
サリバはアントネッロ・ダ・メッシーナの甥でした。御覧のように腕前は普通でしたが、それでも食べるのに困らないような画家だったと思います。ところが、時々、叔父であるアントネッロ・ダ・メッシーナの名前を騙って作品を制作したのです。更に悪いことには、アントネッロ・ダ・メッシーナ作品の複製画を手掛けたので、作品帰属をめぐって混乱が生じてます。


P1680557


P1680561
ヤコポ・ヴィンチオーリ(スポレート、1444‐1495記録)の作品(15世紀第4四半世紀)です。


P1680562
恐らく多翼祭壇画の一部と思われます。


P1680563
スポレートのサン・シモーネ教会にありました。


P1680565
洗礼者聖ジョヴァンニ、聖ピエトロ


P1680571
ヤコポ・ヴィンチオーリ?の「聖母子と聖人たち」(15世紀第4四半世紀)


P1680575
展示室からロッジャに出ました。


P1680576
すっかり良い天気になりました。


P1680577


P1680579


P1680580
2階ロッジャからの眺め


P1680581


P1680582


P1680583
1階に戻りました。


P1680585
博物館の外に出ました。


P1680598
(おわり)

P1680381
再び2階ロッジャのフレスコ画に戻ります。今度は先ほどと別翼のロッジャです。


P1680382


P1680369


P1680371


P1680372
各紋章がどの家のものか分かりませんが、この城塞に関係した家の紋章です。


P1680373


P1680374


P1680375


P1680377


P1680379


P1680382


P1680383


P1680384


P1680385


P1680386


P1680388


P1680390


P1680391


P1680393


P1680394


P1680395


P1680397


P1680399


P1680400
ロッジャのフレスコ画は以上で終わりです。


P1680402


P1680403


P1680401
博物館の展示に戻ります。


P1680404


P1680405


P1680407
スポレートのサン・ニッコロ・デ・マッルッビア教会にあった碑文(1172)


P1680409
スポレートのバーリ橋にあった碑文(1155)
バーリ橋が何処にあるのか分かりません。


P1680411


P1680412


P1680414
紋章?


P1680416


P1680418


P1680419
上記フレスコ画の説明プレート


P1680420
「福音書記者聖ルーカのシンボル」(13世紀)
スポレートのドゥオーモにあった彫刻


P1680422


P1680423
「ライオン像」(12世紀後半)
スポレートのサン・ニコロ教会にあった彫刻


P1680425
アレッツォの無名彫刻家の「スポレートのサン・ニコロ教会プルターレのルネッタ」(13世紀後半)


P1680427


P1680428


P1680430
Maestro delle Palazze の「キリストの嘲笑」(13世紀末)


P1680433
Maestro delle Palazze の「最後の晩餐」(13世紀末)


P1680435


P1680436
13世紀末の無名彫刻家による「牡鹿に飛びかかるライオン」


P1680439
Maestro delle Palazze の「最後の審判」(13世紀末)


P1680442
Maestro delle Palazze の「磔刑」(13世紀末)


P1680445
Maestro delle Palazze の「聖母子と二聖人」(13世紀末)


P1680448
Maestro delle Palazze の「磔刑」(13世紀末)


P1680451
Maestro di Cesi (1308‐1315記録)の「彩色磔刑像」(14世紀第1四半世紀)


P1680455
ウンブリアの無名画家の「彩色磔刑像」(12世紀末)


P1680458


P1680460


P1680461
無名彫刻家の「聖ビアージョの殉教」(12世紀末‐13世紀初め)


P1680465


P1680467
ウンブリアの無名画家の「彩色磔刑像」(13世紀第3四半世紀)
スポレートのステッラ修道院にありました。


P1680470
ウンブリアの無名彫刻家による「柱頭」(14世紀前半)
(つづく)

P1680259
博物館と城塞の続きです。


P1680258


P1680260
色々なものが展示されてます。


P1680261
スポレートのサンタガタ修道院にあった柱頭(8世紀)


P1680263
スポレートのサンタガタ修道院にあった柱頭(8世紀)


P1680265
柱頭(8世紀末‐9世紀初め)


P1680267
部屋の壁に残されたフレスコ断片


P1680268
何が描かれていたのか判然としません。


P1680269
仮に塗り潰されても然したる影響がありません。


P1680270
聖人たちの彫刻(9世紀)
スポレートのサンティッシマ・アポストリ教会にありました。


P1680272
装飾がある仕切り(9世紀)


P1680274
装飾が施された石板(9世紀前半)


P1680276
「髭がある男の頭像」(9世紀)


P1680278
柱頭(9世紀)


P1680280
装飾が施された石板(9世紀)


P1680282
装飾が施された石板(9世紀)
スポレートのサンティッシマ・アポストリ教会にあったもの


P1680285
二階に向かいました。


P1680286
階段の踊り場にあるフレスコ


P1680287


P1680292
2階のロッジャの壁に描かれたフレスコ画を見ました。


P1680293


P1680289


P1680290


P1680294
これらの制作者が私には分かりません。


P1680296
私が「制作者不明」と書くときは、世間一般的に誰も分からない時を示してます。


P1680298
この博物館関係者は誰が描いたのか知っていて、私だけが知らない場合があります。


P1680301
ここに付いては、私だけが知らないと思います。


P1680303


P1680305


P1680308
ロッジャからの景色が素晴らしい!


P1680309


P1680312


P1680313


P1680316


P1680318


P1680319


P1680320


P1680324
これで二階ロッジャの片方のフレスコ画の紹介を終わります。


P1680327
次はCamera Pintaです。


P1680328
この部屋のフレスコ画は特に有名です。


P1680329


P1680331
この博物館・城塞の最大の見どころはCamera Pintaと言われてます。


P1680334


P1680335


P1680337


P1680352
この部屋のフレスコ画の制作者が記されてます。


P1680338


P1680340



P1680341


P1680342


P1680343


P1680344


P1680345


P1680346


P1680349


P1680350


P1680353


P1680354


P1680355


P1680356


P1680357


P1680358


P1680359


P1680362


P1680363


P1680365


P1680366


P1680367
これでCamera Pintaのフレスコ画の終わりです。


P1680332
(つづく)

P1690694
スポレートのサンテリオ丘に建つアルボルノツィア—ナ要塞です。


P1690674
教皇庁がアヴィニョンにあった頃の教皇インノチェンツォ4世(1282‐1362)が、当時教皇領の重要な拠点だったスポレートの防御を図ったことがこの城塞を築く切っ掛けとなりました。


P1690315
教皇はスペイン出身のエジーディオ・アルボルノツォ枢機卿にスポレート要塞の建築を命じました。その名に基づき、グッビオの建築家マッテオ・ガッタポーニの設計と工事監督により、1363年から1367年に建築されたのがアルボルノツィアーナ城塞です。


172
高い城壁で囲まれた城塞には6本の防御塔があります。


178
16世紀になると、城塞としての重要性が失われ、18世紀には公的な建築物となりました。
1812年から1982年まで、城塞は刑務所として使用されました。


P1680598
20世紀末に、建物は博物館として転用されることになり、国立スポレート公国博物館は2007年にオープンしたのです。


P1680182
スポレート周辺の遺跡からの発掘物、教会や修道院から運ばれた彫刻や祭壇画など864,190点の厖大な展示物が、総面積1,241平方メートルの展示室に展示されてます。
また、城塞内の部屋や回廊に施されたフレスコ画などの装飾が大きな見どころとなってます。


P1680184
博物館の入り口です。
尚、2015年の年間入館者は36,309人でした。


P1680185
切符を購入して中に入ると、この中庭Corte d'onore に出ます。


P1680186


P1680187
中庭を囲む回廊の2階に描かれたフレスコ画が見どころですが、それを見るのは後回しにして1階部分を先に見ました。


P1680190
教皇グレゴリオ13世の紋章


P1680191


P1680196
Corte d'onore を囲む回廊は、建築家ベルナルディーノ・ロッセッリーノ(セッティニャーノ、1409‐フィレンツェ、1464)の設計と工事監督によって15世紀中頃に建設されました。


P1680195
この向こうにも中庭にあるのですが、中庭と中庭を結ぶ通路の壁に描かれたフレスコ画が見どころです。


P1680197
壁一面にフレスコ画が描かれてます。


P1680198


P1680199


P1680201


P1680202


P1680203


P1680204


P1680205


P1680206


P1680207


P1680208


P1680210


P1680212


P1680214
中庭は2つあり、こちらの方は城塞に詰める兵士たちが利用しました。


P1680215
兵士たちの中庭は装飾などが全くない実用的なものでした。


P1680216
Corte d'onore に面した展示室に入りました。


P1680217
「石棺」(5世紀末‐6世紀初め)
スポレートのサンティッシマ・アポストり教会にありました。


P1680219
「ルーチェ・バエビーオ・サビーノの石棺」(4世紀末‐5世紀初め)


P1680221
「ブオン・パストーレの石棺」(4世紀後半)


P1680223
「テラコッタ製の棺」(6世紀)
スポレートのサン・ピエトロ教会にありました。


P1680225
「テラコッタ製棺」(6世紀)
スポレートのサン・ピエトロ教会にありました。


P1680227
「テラコッタ製棺」(6世紀)
スポレートのサン・ピエトロ教会にありました。


P1680229
遺跡からの発掘物


P1680230
石碑の数々


P1680231
「墓碑」(4世紀末‐5世紀初め)
スポレートのサンティッシマ・アポストリ教会にありました。


P1680233
「スペース司教の墓碑」(5世紀後半)
スポレートのサンティッシマ・アポストリ教会にありました。


P1680235
展示室のフレスコ画


P1680236


P1680237
スポレートのサン・マルコ教会のモザイク(6世紀前半)


P1680238
スポレートのサン・マルコ教会のモザイク(6世紀前半)


P1680239
スポレートのサン・マルコ教会のモザイク(6世紀前半)


P1680242
監視員が厳しく仕事をしてました。


P1680243
13世紀の無名彫刻家の「聖イサクの石棺」
モンテルーコ・ディ・スポレートのサン・ジュリアーノ教会にありました。


P1680245


P1680246
15世紀の無名彫刻家の「ベアート・グレゴリオの石棺」(15世紀第4四半世紀)


P1680247
スポレートのドゥオーモにありました。


P1680249
次の部屋


P1680251


P1680252


P1680254
フラミニア街道の敷石


P1680255
遺跡からの発掘物


P1680256


P1680257
(つづく)

↑このページのトップヘ