イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: サン・マリーノ共和国

P2080414
次はグアイタの砦です。


P2080417


P2080419
昼過ぎになって、一段と観光客が増えてきました。
この国の魅力は何処なのでしょうか。エミリア・ロマーニャ州リミニ県とマルケ州ペーザロ・ウルビーノ県との間に小さな独立共和国があるという以外に、さしたる売り物がなさそうに見えます。


P2080422
そろそろ昼食を食べた方が良さそうです。


P2080423
混雑する前に写真右のお店で食べました。
暑いので店内で食べました。


P2410916
ローマでもないのにエスト、エスト、エストがあったので注文。そうなると魚料理になります。山の上のレストランなので、海産物が乏しいと思いましたが、サン・マリーノはアドリア海に近いので魚料理も結構いけます。


P2410918


P2410920


P2410923


P2410926


P2410927


P2410930
消費税がない分、20%ほど安いのではないかと思いましたが、リミニとほぼ同じか、少し高いようなお値段でした。観光客向けの店なので、その辺は仕方がないでしょう。


P2080424
グアイタの砦、通称第1の砦です。
昼食にアルコールを飲み過ぎましたね。店からのサービスの最後のリモンチェッロが効きました。


P2080426
サン・マリーノに3つの砦が現存しますが、第1の砦は11世紀に建設された、3つのうち最古のものだそうです。


P2080432
15世紀前半からリミニのマラテスタ家と抗争を繰り返しましたが、中でも、この砦は1463年の戦いで難攻不落を誇った砦として名を挙げたことで知られてます。


P2080429
攻め落とすのが容易ではなかったことが分かる造りです。


P2080430
山の上に建てられている砦なので、下からの攻めに対しては強力だったことが、この景色から分かります。


P2080427
3つの砦はMuseoとして公開されてます。


P2080433
グアイタの砦の中に入りました。


P2080434
砦の中に小さな礼拝堂があります。


P2080480
拝観しました。


P2080481
芸術作品はありません。


P2080435
マラテスタ家との戦い後、この砦は監獄としての性格が強くなりました。


P2080437
1975年まで、グアイタの砦は刑務所として使用されていました。


P2080442
難攻不落ということは、一面では囚人の脱獄防止に繋がります。


P2080438
砦内の古井戸


P2080441


P2080444
アドリア海が見えました。


P2080447
砦の建物に上りました。


P2080448


P2080450


P2080451


P2080461
Rocca Cestaです。


P2080458
別名第2の砦です。


P2080463


P2080475


P2080487


P2080488
監獄だった部分に入りました。


P2080489


P2080491
囚人が描いたもの


P2080492
独房のベッド


P2080498
独房内の机と椅子


P2080493


P2080497


P2080499


P2080502
昼食のアルコールが効いたので、第2の砦、第3の砦に行くことを断念しました。


P2080503
ぶらぶらと散策です。


P2080505


P2080507
もう特にやることがありません。


P2080510
リミニに戻ることにしました。


P2080515
ゼネストがなければ、絶対に来なかったサン・マリーノです。


P2080517
そうは言っても、一日リミニで無為に過ごすよりも有意義でした。


P2080524


P2080526
サン・フランチェスコ門外に出ました。


P2080529


P2080530
このバスに乗りました。


P2080531
(おわり)

P2080337
山の上の方に向かいました。


P2080338
国家財政を観光収入で賄っているので、観光地化は已む得ない所です。


P2080339
坂道ばかりです。


P2080340
紫の薄布のゲートは何のため?


P2080341
サン・フランチェスコ教会の鐘楼?


P2080342
中学校です。


P2080344


P2080345
現代の彫刻家ヴァレンティーナ・パッツィーニの作品です。


P2080346
1712の意味が分かりません。


P2080348
この建物は不明です。


P2080349
ティターノ山にいることを実感させる景色です。


P2080351
先に進んでも特に見所がないので、戻ります。


P2080353
次にリベルタ広場に向かいました。


P2080354
町の中心がリベルタ広場になります。


P2080355
リベルタ広場


P2080356
政庁舎、Palazzo Pubblicoです。自由の女神像が広場に立ってます。


P2080364
1884年から1894年に建設された比較的新しい建物です。


P2080359


P2080361
時計台のモザイクは、左から聖レオ、聖マリーノ(中央)、聖アガタ


P2080365
バールで一休みしました。


P2080366
次はドゥオーモです。


P2080367
サン・マリーノ大聖堂、Basilica minore concattedrale di San Marinoです。サン・マリーノはサン・マリーノ=モンテフェルトロ司教区に属しており、司教座はサン・レオの大聖堂に置かれているので、Concattedraleとなってます。


P2080370
4世紀頃、この地に初期キリスト教会がありましたが、それが前身です。530年の文書にこの教会の存在が記されいるそうです。9世紀頃、教区教会になりました。
18世紀末になると、建物の老朽化が進み危険となったので、1807年に破壊され、その土地の上に、1826年創建、1838年に完成した新古典様式の建物が現在の姿となってます。
新教会の奉献式は1855年に執り行われました。


P2080371
隣にも教会があります。


P2080372
新しすぎるので好みではありませんが、来たからには拝観することにしました。


P2080373
三廊式、コリント式列柱が左右に並ぶ新古典様式の内部です。


P2080375
天井


P2080377
左側廊方向


P2080378
右側廊方向


P2080376
礼拝堂の祭壇画を見て回りました。


P2080381
エリザベッタ・シラーニ(1638‐1665)の「聖母に顕現する復活したキリスト」


P2080383



P2080387
制作者不明の「セバスティアーノ・コンカ作『慈悲の聖母』のコピー画」


P2080389


P2080391
オレステ・モナチェッリの「共和国に顕現する聖アガタ」(1897)


P2080394
主祭壇


P2080395
後陣の装飾


P2080396


P2080398


P2080402
バルトロメオ・ジェンナーリ(1594‐1661)の「ロレートの聖母」


P2080405
レオナルド・ルッキの「復活したキリスト(ブロンズ)」(2011)


P2080407


P2080410
ティツィアーノの模倣者の「聖セバスティアーノの殉教」


P2080397
主祭壇前から見た出入口方向です。


P2080413
外に出ました。


P2080368
エリザベッタ・シラーニとバルトロメオ・ジェンナーリの2点の作品が見所でしょう。


P2080369
(つづく)

P2080204
マルケ?の無名画家の「聖キアーラ」(17世紀末‐18世紀初め)
サン・マリーノのサンタ・キアーラ修道院にありました。


P2080208
アンジェロ・ジュゼッペ・ナーリ(1643‐1697記録)?の「聖ドメニコに顕現する聖母子」(17世紀)
サン・マリーノのサンタ・キアーラ修道院にありました。


P2080211
マルケ?の無名画家の「聖カテリーナ」(17世紀末‐18世紀初め)
サン・マリーノのサンタ・キアーラ修道院にありました。


P2080214
窓越しの景色


P2080216


P2080217
17世紀のエミリアの無名画家の「マグダラのマリア」
サン・マリーノのサンタ・キアーラ修道院にありました。


P2080221
18世紀のマルケの無名画家の「マグダラのマリア」
サン・マリーノのサンタ・キアーラ修道院にありました。


P2080223
マルカントニオ・フォスキ(1586‐1647c)?の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」
サン・マリーノのサンタ・キアーラ修道院にありました。


P2080225
ステファノ・モンタナーリ(1776‐1850)の「聖ルイージ・ゴンザーガ」


P2080229
エミリオ・レトロージ(1858‐1911)の「共和国の国民に顕現する聖マリーノ」(1894)


P2080232
ベルナルディーノ・メイ(1612‐1676)の「La Giustizia」


P2080235
マッテオ・ロヴェス(1625‐1662活動記録)の「音楽の寓意」(1635c)


P2080238
フランチェスコ・メンゾッキ(1502‐1574)に帰属する「格天井」(1535c)


P2080242
Peeter Tetar di Elven の「ルイージ・チブラリオの肖像」(1864)


P2080245
17世紀のロンバルド?の無名画家の「マグダラのマリア」


P2080247
次の部屋です。


P2080249
15世紀のロンバルドの無名彫刻家の「プレセピオのタベルナコロ」


P2080252
15世紀のロンバルドの無名画家の「武装した男」


P2080255
家具(17‐18世紀)


P2080257
ミケーレ・ジャンボノ(?‐1462)派無名画家の「聖ピエトロ」、「聖ステファノ」(15世紀)


P2080260
ベルナルド・ストロッツィ(1581‐1644)の「洗礼者聖ジョヴァンニ」(17世紀)


P2080264
制作者不明の「グリエルモ・デッラ・ポルタ(1500c‐1577)作『十字架降下』のコピー彫刻」(1550c)


P2080266
15世紀のロンバルドの無名彫刻家の「聖人」


P2080268
バッチョ・バンディネッリ(1493‐1560?)の「十字架降下」(1529)


P2080271
定番の陶器類の展示


P2080273
制作者名が分かるイコンは極めて稀と思います。
「聖母子」(16世紀)


P2080276
「聖母子」(16世紀末‐17世紀初め)


P2080280
「聖母子」(17世紀)


P2080282
「聖母子」(17世紀)


P2080286
「聖母子と聖アンドレアと聖ジローラモ」(18世紀)


P2080290
「聖家族とフランチェスコ会聖人?」(18世紀)


P2080293
M. Gilbert の「聖家族と聖アンナと聖ジョヴァンニーノ」(1676)
この画家は全く知りません。


P2080295
17世紀の無名画家の「マルカントニオ・フランチェスキーニ作『ロトの娘たち』のコピー画」


P2080299
16世紀のトスカーナの無名画家の「聖母子と二天使」


P2080301
ジュゼッペ・リベラ?の「聖セバスティアーノを治療する二信者」


P2080304
次の部屋です。


P2080306
16世紀のウンブリアの無名画家の「受胎告知」


P2080308
16世紀のドイツの無名画家の「聖母子と聖アンナ」


P2080311


P2080312
次の展示コーナーです。


P2080316
Pittore dell'America Latina の「聖母戴冠」(18世紀)


P2080313
18世紀の無名画家の「父なる神と聖家族」


P2080320
17世紀の無名画家の「ピエタのキリスト」


P2080323
17世紀の無名画家の「十字架を担ぐキリスト」


P2080325


P2080326


P2080327
博物館や美術館の展示作品の質と量は、そこに繁栄度に比例します。ここもその例外ではありません。


P2080328
南イタリアのコムーネのMuseo Civicoに辛うじて比肩できる程度でしょうか。


P2080329


P2080330


P2080331


P2080332


P2080333
墓石断片(3‐4世紀)


P2080335
小さな国の博物館ですが、それなりの見どころがあります。


P2080336
(おわり)

P2080082
国立博物館が置かれているPalazzo Pergami Belluzziです。
サン・マリーノ国立博物館は、1899年にオープンしましたが、当時はPalazzo Valloniにありました。2001年に現在地に移動され、再オープンしたのです。


P2080083
博物館は4フロアーからなり、考古学部門と絵画・彫刻部門があります。


P2080084
最初は考古学部門の展示です。


P2080085
共和国国土の遺跡から出土したものが展示されてます。


P2080086
四方八方をイタリアに囲まれた山手線内とほぼ同じの面積の国土から出土したものなので、遺跡物はイタリアの博物館で見るものと全く同じと言ってよいと思います。


P2080087
博物館の窓越しから見える風景


P2080088


P2080089
人口約3万人規模のイタリアのコムーネにあるMuseo Civicoと同じですね。


P2080090


P2080091


P2080093
教区教会にあった祭壇前飾り(16‐17世紀)


P2080096
フランチェスコ・メンツォッキ(1502‐1574)の「聖家族の多翼祭壇画」(1535c)
各パネルを見ておきましょう。


P2080099
教会博士たちとの問答


P2080100
聖家族


P2080104
聖マリーノ


P2080105
マグダラのマリア


P2080108
羊飼いの礼拝


P2080111
割礼


P2080114
裾絵中央の「キリストの埋葬」


P2080117
裾絵の受胎告知


P2080119


P2080122
次の部屋です。


P2080143
部屋のスタッコ彫刻


P2080123
ジョヴァンニ・バッティスタ・ウルビネッリ(1641‐1664活動記録)の「天上の聖母と聖マリーノとパドヴァの聖アントニオと聖フランチェスコと聖キアーラ」(1640c)


P2080125
サン・マリーノのサンタ・キアーラ修道院にありました。


P2080127
19世紀?の無名彫刻家の「聖アガタ」


P2080129
17世紀の無名画家の「聖アガタの殉教」


P2080132
制作者不明の「磔刑像」(16世紀末‐17世紀初め)


P2080135
18世紀の無名画家の「聖マリーノと天使たちとサン・マリーノ共和国」


P2080138
ジャン・アンドレア・ラッザリーニ(1710‐1801)の追随者の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖マリーノ」(18世紀)


P2080141
16世紀のトスカーナの無名画家の「聖マリーノ」


P2080145
グエルチーノ派無名画家の「ジャイエーレとシザーラ」(17世紀)


P2080147
収納箱兼長椅子(17世紀)


P2080150
エリザベッタ・シラーニ(1638‐1665)の「バラの聖母」(1661)


P2080152
ステファノ・ガッレッティ(1832‐1905)の「自由の女神」(1876‐86)


P2080155
ジョヴァンニ・ラウレンティーノ通称ラッリゴーニ(1550c‐1633)の「砂漠の聖ジローラモと聖ビアージョ」(1613)


P2080158


P2080159


P2080161
ポンぺオ・バトーニ(1708‐1787)の「共和国を再上昇させる聖マリーノ」


P2080164
チェーザレ・ジェンナーリ(1637‐1688)の「ベアート・ベルナルド・トロメイ」(1680c)


P2080167
グエルチーノ(1591‐1666)の「聖フィリッポ・ネリ」(1656)


P2080169
共和国の模型


P2080171
ベネデット・ジェンナーリ(1633‐1715)の「幼きキリストとパドヴァの聖アントニオ」


P2080174
16世紀のトスカーナの無名画家の「磔刑」


P2080176
ルイージ・リッチの鐘(1865)


P2080177
ルイージ・リッチの乳鉢(19世紀)


P2080184
17世紀のエミリアの無名画家の「受胎告知」


P2080187
17世紀のマルケの無名画家の「聖家族と聖アンナと聖ジョヴァンニーノ」


P2080190
アスカニオ・フォスキ(1586‐1647c)の「聖母子と聖キアーラ」(1630c)


P2080192
制作者不詳の「ステファノ・モンタナーリ作『サンタ・フィロメーナの聖母の顕現」(19世紀)


P2080195
詳細不明


P2080202
16世紀末から17世初めのロマーニャの無名画家の「ご誕生」(1616)
サン・マリーノのサンタ・キアーラ修道院にありました。
(つづく)


P2070925
サン・マリーノ共和国で、現存する教会で最古のサン・フランチェスコ教会です。
柱廊左端に美術館の入り口があります。


P2080070
サン・フランチェスコ美術館の入り口です。


P2070927
展示の中心はサン・フランチェスコ教会修道院にあったものですが、共和国政府が買い求めた作品や地元の出身の画家や写真家などの作品もあり、14世紀から20世紀の作品が展示されてます。


P2070943
修道院の廊下です。


P2070944
この辺の展示はサン・フランチェスコ教会関連のものが殆どです。


P2070945


P2070946
聖具類


P2070947
廊下の突き当りにあるフレスコ画


P2070949
ビティーノ・ダ・ファエンツァ(ファエンツァ、1375‐1427)の「マギの礼拝」(15世紀前半)
サン・フランチェスコ教会にありました。


P2070963
階段のところに作品が展示されているので見難いです。


P2070951
17世紀の無名画家の「フェデリーコ・バロッチ作『サン・シモーネのマドンナ』のコピー画」


P2070954
スカルセッリーノの追随者の「磔刑」(17世紀)


P2070958
17世紀のマルケの無名画家の「マグダラのマリア」


P2070960
17世紀のエミリアの無名画家の「ピエタ」


P2070964
次の廊下です。


P2070966
1777年に使用されたStendardo(旗)


P2070969
ステファノ・チェレスティの「エジーディオ・マルテッリ・ジャンギの肖像」
サン・フランチェスコ修道院にあったそうです。


P2070971
18世紀のナポリの無名画家の「磔刑」


P2070974
整理箪笥(17世紀)


P2070977
17世紀のナポリの無名画家の「アイソーポス(紀元前6世紀頃の古代ギリシャの寓話作家)」


P2070981
18世紀の無名画家の「教皇クレメンテ14世の肖像」


P2070984
17世紀のトスカーナ?の無名画家の「聖フランチェスコ」


P2070987
18世紀の無名画家の「セバスティアーノ・コンカ作『祈る聖母』のコピー画」


P2070990
マッテオ・ロヴェス(1625から活動記録‐1662以降没)の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」(1646)


P2070995
18世紀のローマ?の無名画家の「花の無原罪の御宿リ」
アンコーナのサン・フランチェスコ修道院にあったそうです。


P2070998
17世紀のマルケの無名画家の「フェデリーコ・バロッチ作『割礼』のコピー画」


P2080002
17世紀の無名画家の「グエルチーノ作『聖ジュゼッペ』のコピー画」


P2080005
18世紀のマルケ?の無名画家の「四福音書記者」


P2080008
17世紀初めの無名画家の「聖フランチェスコ」


P2080011
ニッコロ・ラルンノ(フォリーニョ、1430c‐1502)の「教皇ニコロ4世と聖フランチェスコ」、「聖ボナヴェントゥーラとパドヴァの聖アントニオ」


P2080014
17世紀初めの無名画家の「パドヴァの聖アントニオ」


P2080017
フランチェスコ・ティフェルナーテ?の「玉座の聖アントニオ・アバーテとパドヴァの聖アントニオと聖アガタ」(16世紀初頭)


P2080020
16世紀のヴェネトの無名画家の「聖母子と聖人たち」


P2080025
ジローラモ・マルケージ・ダ・コティニョーラ(1472c‐1540)の「父なる神と聖母と聖アゴスティーノと聖アンセルモ」(1512)


P2080030
ジローラモ・マルケージ・ダ・コティニョーラの「玉座の聖母子と四聖人(洗礼者聖ジョヴァンニ、聖フランチェスコ、聖マリーノ、アレッサンドリアの聖カテリーナ)」(16世紀第1四半世紀)


P2080033
次の部屋です。20世紀の作品が並んでます。


P2080035
ジルダ・アンブロンの「農民」(1936)


P2080037
エミリオ・アンブロンの「髪をとかす女」(1976)


P2080040
エミリオ・アンブロンの「入浴する女」(1950)


P2080042
バルトロメオ・マリア・バッチの「ロトの娘たち」(1929)


P2080046
エミリオ・アンブロンの「海の静物画」(1948)


P2080048
次の部屋です。


P2080050
アメリア・アンブロンの「幼き女児」(1915)


P2080052
エミリオ・アンブロンの「少女」


P2080054
アメリア・アンブロンの「女児の肖像」(1912)


P2080057
エミリオ・アンブロンの「サビーネ女の強奪」(1970)


P2080059
写真の展示室です。


P2080060


P2080061


P2080062


P2080063
沢山の写真が展示されます。


P2080064


P2080066


P2080068


P2080073
ニッコロ・ラルンノ、コティニョーラの2点、都合3点が良かったと思います。ラッファエッロとグエルチーノの作品があったそうですが、どこに消えたのでしょうか?
美術好きの暇つぶし向きの美術館ですね。
(おわり)

P2070903
この日、イタリアはゼネストが決行されていました。山猫ストや普通のスト(?)、そしてゼネストでリミニで閉じ込まれた恰好でした。リミニを全部見るには一日あれば十分過ぎるほどです。


P2070904
サン・マリーノ共和国は、GDPの半分以上を観光産業が占めているので、観光の足となるバスは、イタリア国内がゼネスト決行日であっても平常運行されるのです。


P2070905
サン・マリーノは観光地化されており、その上、傑作美術品が殆どないので、私の好みではありませんが、スト決行日の暇つぶしを目的に日帰り遠足をすることに。


P2070906
山の上に築かれたサン・マリーノが見えてきました。


P2070908
乗車50分ほどでバスターミナルに到着しました。


P2070909
旧市街の入り口であるサン・フランチェスコ門に向かいました。


P2070910
サン・マリーノ共和国は、人口33,191人(2016年11月30日現在)、約61㎢ほどの小さな共和国ですが、1700年もの間、独立国家として続いてます。


P2070911
道路から見下ろすと絶景が広がってます。


P2070912
この日は快晴でした。


P2070913
年間300万人以上の観光客が訪れるそうです。


P2070915
観光客が多いですね。私もその中の一人ですが・・・・・


P2070916
門が見えてます。


P2070918
サン・フランチェスコ門です。


P2070921
門を潜って城壁内に入りました。


P2070922
城壁内から見たサン・フランチェスコ門です。


P2070923
厚着の人がいるので驚きました。


P2070924
観光地化されてますね。


P2070926
サン・フランチェスコ教会です。工事の足場が組まれていたので、嫌な予感がしました。


P2070928
嫌な予感が当たりました。


P2070930
木組みの梁の天井が全く見えません。


P2070932
ビニールシートに覆われてます。


P2070931
拝観どころではありません。


P2070933
辛うじて主祭壇画は見ることが出来ました。
ベルナルディーノ・ディ・マリオット・ダ・ペルージャ(1478c‐1566)の「ピエタのキリストとヴェロニカと聖フランチェスコと聖アポッロニア」


P2070940
次は教会に隣接しているMuseoです。


P2070941
Museoの入り口です。


P2070927
Museoについては、改めて詳しく触れる予定です。


P2080031
ラッファエッロとグエルチーノの作品がある筈ですが、見当たりませんでした。


P2080092


P2080073
外に出ました。


P2080071
次は国立博物館です。


P2080074
ここの良いところは観光客に優しいことです。
ただ、消費税がないのは良いのですが、それでイタリアよりも安いと思うのは早計です。ブランドショップに入店したことがありませんが、イタリアよりも高いと聞いたことがあります。
ワインショップは経験がありますが、イタリアよりも安く売られているワインは少ないと思いました。本来は消費税がない分、安い筈ですが・・・・・


P2080075
美術館や教会などは昼間の時間は開いてます。


P2080080
ティターノ広場


P2080076
以前、1泊したことがあります。


P2080078
坂道を上ります。


P2080079


P2080081
国立博物館が置かれているPalazzo Pergami Belluzziです。


P2080082
博物館は4フロアーに分かれてます。


P2080083
国立博物館については、改めて詳しく触れる予定です。


P2080261
秀作はこの1点だけと思いました。


P2080123
人口3万3千人のコムーネのMuseo Civicoとほぼ同じです。


P2080329


P2080336
土産物屋と食堂ばかりです。


P2080337
(つづく)


↑このページのトップヘ