イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:トスカーナ州 > エンポリ

P2310847
ジョヴァン・バッティスタ・ヴォルボーニ通称ロ・スカラブリーノ(ピストイア、1489‐1561)に帰属する「天上の聖母と聖ステファノとマグダラのマリアと聖オノフリオと聖バルバラと寄進者」(1530)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310850
トスカーナの無名画家の「聖母被昇天」(1600c)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310855
ヤコポ・キメンティ・ダ・エンポリ(フィレンツェ、1551‐1640)の「聖トッマーゾの不信」(1602c)
ヴィンチのサン・トッマーゾ祈祷所にありました。


P2310859
トスカーナの無名画家の「聖母とキリストの物語」(17世紀?)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。
各画面を見ておきましょう。


P2310861
受胎告知


P2310863
ご訪問


P2310864
ご誕生


P2310867
割礼


P2310869
教会博士たちとの問答


P2310871
園の祈り


P2310873
キリストの鞭打ち


P2310875
嘲笑


P2310877
カルヴァリオへの途


P2310878
磔刑


P2310881
キリストの復活


P2310883
昇天


P2310885
聖体拝領


P2310887
聖母被昇天


P2310888
聖母戴冠


P2310894
次の部屋です。


P2310911
聖セバスティアーノのタベルナコロとボッティチーニ一族の作品があります。


P2310895


P2310896
保護板に覆われている作品が必ずしも傑作とは限りません。


P2310898
クレテーゼ・ヴェネツィアーノのスタイルで描かれた「聖母子」(16世紀)


P2310901
フィレンツェ派無名画家の「バーリの聖二コラと修道女」(16世紀初め)
エンポリのサンタ・クローチェ修道院にありました。


P2310904
トスカーナの無名画家の「ヴェロニカ」(16世紀初め)


P2310906
ラッファエッロ・ボッティチーニ(フィレンツェ、1474‐1520活動記録)の裾絵?(1500‐10c)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310907
井戸のサマリア女


P2310908
寺院からの商人たちの追放


P2310909
キリストのエルサレム入城


P2310913
ラッファエッロ・ボッティチーニ(1446‐1498)に帰属する「洗礼者聖ジョヴァンニ」(1506c)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310915
硝子板に覆われてます。


P2310918
フランチェスコ・ボッティチーニ(1446‐1498)に帰属する「磔刑」
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310921
16世紀初めのフィレンツェ派無名画家の「ディシプリナーティ会」
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310925
フランチェスコ・ボッティチーニに帰属する「音楽天使たち」


P2310928
アントニオ・ロッセッリーノとフランチェスコ・ボッティチーニの「聖セバスティアーノのタベルナコロ」(1475‐80c)
大作です。
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310930
聖セバスティアーノ像


P2310932
二大天使と寄進者


P2310934


P2310937
裾絵は聖セバスティアーノの殉教


P2310939


P2310941


P2310942


P2310945
ラッファエッロ・ボッティチーニ(フィレンツェ、1474‐1520活動記録)の「聖ジローラモ」(1500c)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310948
ラッファエッロ・ボッティチーニに帰属する「聖アンドレア」
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310945


P2310951
ラッファエッロ・ボッティチーニの「聖セバスティアーノ」(1500c)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310954
フランチェスコ・ボッティチーニの「受胎告知」
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310960
展示室から1階(日本の2階)の柱廊に出ました。


P2310985
柱廊の壁に彩釉テラコッタがあります。


P2310958
ベネデット・ブリオーニ(1459/1460-1521)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと二天使」
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310962
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「アディマーリ家の盾」 
エンポリのサンタ・マリア・ア・リーパ教会にあった?


P2310964
ロッビア工房の「聖ロッコ」(1510‐20c)
エンポリのサンタ・マリア・ア・フィッビアーナ教会にありました。


P2310968
アンドレア・デッラ・ロッビアの「永遠なる父」
エンポリのサンタンドレア参事会教会サン・セバスティアーノ礼拝堂にありました。


P2310971
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の額縁(16世紀初め)


P2310974
ベネデット・ブリオーニに帰属する「無原罪の御宿リと聖アンセルモと聖アンブロージョ」
エンポリのサンタ・マリア・ア・リーパ教会にありました。


P2310979
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「聖母子」(1518)


P2310982
ベネデット・ブリオーニ工房の「聖アンセルモと聖ロレンツォと聖ジュリアーノとヴィテルボの聖ローザと聖キアーラ」
エンポリのサンタ・マリア・ア・リーパ教会にありました。


P2310976


P2310977
これで終わりです。


P2310987
楽しい美術館でした。


P2310988
(おわり)

P2310719
ニッコロ・ディ・ピエトロ・ジェリーニ(フィレンツェ、1368‐1415活動)とロレンツォ・ディ・マルティーノ(フィレンツェ、1391‐1411記録)の「サンタンドレア参事会教会のポリッティコ」(1401c)
かなり欠落パネルがあります。


P2310717
聖マルタ、聖ステファノ、聖ザノービ


P2310715
聖ジローラモ、聖ルドヴィーコ、聖オルソラ


P2310721
裾絵の最後の晩餐


P2310723
キリストの逮捕


P2310724
キリストの埋葬


P2310727
次の部屋です。


P2310728
目線とほぼ平行の位置に作品が展示されてます。


P2310730
主にルネサンス期の絵画が展示されてます。


P2310729
多くの美術館と同じく、この日も入館者は私一人でした。


P2310731
ビッチ・ディ・ロレンツォ(フィレンツェ、1373‐1452)の「サンタンドレア参事会教会サン・ロレンツォ礼拝堂の祭壇画」(1423)
欠落したパネルがあります。


P2310733
玉座の聖母子と寄進者


P2310736
福音書記者聖ジョヴァンニと聖レオナルド


P2310739
Maestro di Borgo Alla Collina (15世紀前半活動)の「聖イーヴォと聖ラザッロ」(1420c)
エンポリのサンタンドレア参事会教会サン・イーヴォ礼拝堂にありました。
次のパネルも同じで、多翼祭壇画の一部と考えられてます。


P2310742
Maestro di Borgo Alla Collina の「洗礼者聖ジョヴァンニと聖アントニオ・アバーテ」(1420c)


P2310745
ロレンツォ・モナコ(シエナ、1370c‐フィレンツェ、1425)の「ウミルタの聖母と四聖人」(1404c)
エンポリのサン・ドンニーノ教会にありました。


P2310746
ウミルタの聖母


P2310748
聖ドンニーノと洗礼者聖ジョヴァンニ


P2310751
聖ピエトロと聖アントニオ・アバーテ


P2310753
フィリッポ・リッピ(フィレンツェ、1406c‐スポレート、1469)の「玉座の聖母子と大天使ミケーレと聖バルトロメオと聖アルベルト」(1430c)


P2310757


P2310759
ロレンツォ・モナコと工房、およびパオロ・スキアーヴォ(フィレンツェ、1397‐ピサ、1478)の「聖母子と四聖人」(1420c)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310761
玉座の聖母子


P2310763
福音書記者聖ジョヴァンニとアレッサンドリアの聖カテリーナ


P2310765
洗礼者聖ジョヴァンニと聖アゴスティーノ


P2310768
Maestro di Signa (15世紀に活動)の「聖母子と二天使」
エンポリのサンタ・クローチェ修道院にありました。


P2310773
Maestro di Signaの「聖アンサーノと聖アポッロニア」(15世紀前半)
エンポリのサント・ステファノ教会にありました。


P2310775
Maestro di Signa の「大天使ラッファエーレ」(15世紀前半)
エンポリのサント・ステファノ教会にありました。


P2310778
ロッセッロ・ディ・ヤコポ・フランキ工房の「ウミルタの聖母」(1430c)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310784
Maestro di Signa の「聖ロレンツォと聖ドンニーノ」、「聖ピエトロと聖パオロ」(15世紀前半)
エンポリのサン・ドンニーノ教会にありました。


P2310786
ロッセッロ・ディ・ヤコポ・フランキ(フィレンツェ、1377c‐1456)の「聖母子と四聖人」(1420‐30c)
エンポリ郊外のサン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ教区教会にありました。


P2310788
聖母子


P2310789
聖セバスティアーノと洗礼者聖ジョヴァンニ


P2310791
福音書記者聖ジョヴァンニと聖ドミティッラ


P2310792
救世主


P2310793
受胎告知する大天使


P2310795
受胎告知される聖母


P2310798
フランチェスコ・ディ・ヴァルダムブリーノ(1401‐1435活動記録)の「聖ステファノ」
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310800
次の部屋です。


P2310802
15世紀から17世紀の作品が展示されてます。


P2310801


P2310804
ピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノ(フィレンツェ、1474‐1497活動記録)に帰属する「聖母子」(1490c)


P2310807
コジモ・ロッセッリ(フィレンツェ、1439‐1507)に帰属する「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」(1500c)


P2310810
スオール・プラウティッラ・ネッリ(フィレンツェ、1523‐1588)に帰属する「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」(1550c)


P2310814
ピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノの「聖母子と聖マッテオ・アポストロと聖グリエルモ・エレミータと聖バルバラと聖セバスティアーノ」(1474c)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310816
ジョヴァンニ・アントニオ・ソリアーニ(フィレンツェ、1492‐1544)に帰属する「玉座の聖ビアージョ」
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310818



P2310829
ヤコポ・デル・セッラーイオ(フィレンツェ、1442c‐1493)と工房の「聖母子と聖二コラと聖ピエトロ・マルティーレ」(1490c)


P2310832
ヤコポ・デル・セッラーイオに帰属する「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1470c)


P2310835
フランチェスコ・ボッティチーニ(フィレンツェ、1446‐1498)とラッファエッロ・ボッティチーニ(フィレンツェ、1474‐1520活動記録)の「秘跡のタベルナコロ」


P2310836
聖アンドレア


P2310839
洗礼者聖ジョヴァンニ


P2310840
裾絵


P2310843



P2310845
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。
(つづく)

P2310626
次は1階(日本の2階)の展示室です。


P2310627
ジュゼッペ・デル・モーロ(1718‐1781)の「サンタンドレア参事会教会の天井装飾計画」(1763c)


P2310629
トスカーナの彫刻家の「リッチ家紋章」(15世紀)
以下2点も同じです。


P2310631


P2310632


P2310634
ヴィンチェンツォ・ラーミ(1807‐1892)の「聖フィロメーナ」(1835)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310636
次の部屋です。


P2310637
2010年頃と比べると格段に鑑賞し易くなりました。


P2310638
14世紀から15世紀の作品が展示されてます。


P2310639
写真がOKになってから、保護板に覆われている作品が多くなりました。


P2310640
マリオット・ディ・ナルド(1394‐1424記録)の「聖母子」(1393)
パニャーナのサンタ・クリスティーナ教会にありました。


P2310643
チェンニ・ディ・フランチェスコ(1369‐1415c記録)の「アレッサンドリアの聖カテリーナと聖ルチアと聖女」


P2310647
ニッコロ・ディ・トッマーゾ(1343‐1376活動)に帰属する「磔刑」
エンポリのサンタ・クローチェ修道院にありました。


P2310650
14世紀後半のフィレンツェ派無名画家の「磔刑」


P2310653
チェンニ・ディ・フランチェスコの「聖アントニオ・アバーテと殉教聖人と聖オノフリオ」


P2310655
フィレンツェ派無名画家の「聖母と福音書記者聖ジョヴァンニ」(15世紀初め)
エンポリのサンタントニオ教会にありました。


P2310657
ピストイアの無名画家(Maestro del 1366?)の「聖母子と四聖人」(1320‐30c)


P2310662
モーゼ、ダヴィデ


P2310664
ソロモン、ジェレミア


P2310666
聖フランチェスコ、洗礼者聖ジョヴァンニ


P2310668
聖アンドレア、聖アントニオ・アバーテ
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310671
ニッコロ・ディ・ピエトロ・ジェリーニ(フィレンツェ、1368‐1415活動)の「聖母子と四聖人」(1385c)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。
各パネルを見てみましょう。


P2310673
聖母子


P2310675
受胎告知する大天使


P2310677
受胎告知される聖母


P2310679
聖アントニオ・アバーテ、洗礼者聖ジョヴァンニ


P2310681
聖グレゴリオ・マーニョ、聖レオナルド


P2310683
裾絵はアレッサンドリアの聖カテリーナ、聖レパラータ


P2310685
ピエタのキリスト


P2310686
聖バルバラ、聖マルゲリータ


P2310689
アーニョロ・ガッディ(フィレンツェ、1369‐1396活動)の「聖母子と四聖人」(1390c)
エンポリのサン・マーマンテ教会にありました。


P2310691
聖母子


P2310693
聖アントニオ・アバーテとアレッサンドリアの聖カテリーナ


P2310694
聖ジローラモと洗礼者聖ジョヴァンニ


P2310697
裾絵の聖ルチア、聖バルバラ


P2310699
聖母、ピエタのキリスト、マグダラのマリア


P2310700
2聖人(特定できません)


P2310704
アンブロージョ・ディ・バルデーゼ(フィレンツェ、1352‐1429)の「授乳の聖母と磔刑」(1380‐85c)
エンポリのサンタ・クローチェ修道院にありました。


P2310707
ロレンツォ・ディ・ビッチ(フィレンツェ、1350c‐1427)の「昇天した聖母からチントラを受け取る聖トッマーゾ」(1395‐1400)
エンポリのサント・ステファノ教会にありました。


P2310710
ロレンツォ・ディ・ビッチの「磔刑」(1399)
エンポリのサント・ステファノ教会にありました。


P2310712
フィレンツェ派無名画家の「十字架の奇跡」(15世紀初め)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。
(つづく)

P2310391
エンポリのサンタンドレア参事会教会です。


P2310381
参事会教会にあった作品が展示の中心ですが、その他にエンポリとその周辺の教会やパラッツォから集められた作品などが展示されてます。


P2310378
美術館の入り口は、教会に向かって右側の奥にあります。


P2310536
入館するとキオストロがあります。


P2310537
キオストロを経由して展示室に向かいます。


P2310539
15世紀のトスカーナの無名彫刻家の「エンポリの紋章」
サンタンドレア参事会教会にありました。


P2310541
15世紀のトスカーナの無名彫刻家の「聖アンドレアの紋章」
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310543
詳細不明


P2310546
Maestro Felice Fiorentino (17世紀前半に活動記録)の「天使」(1623)


P2310547



P2310549
次の部屋は、フレスコ画断片などが展示されてます。


P2310550
この美術館の展示作品の中で、最も有名な作品であるマゾリーノの「ピエタ」は、フィレンツェのストロッツィ宮に貸し出されていました。


P1450128
この美術館に何回も来てます。2014年10月に撮った写真を載せておきましょう。
マゾリーノの「ピエタのキリスト」


P1450130


P1450131


P2310552
18世紀のトスカーナの家具工房の「長椅子」
2017年6月に撮った作品写真を掲載していますが、マゾリーノの「ピエタのキリスト」の写真をアップするために2014年10月に撮った写真を見ていました。
展示作品や作品帰属が微妙に変わったことに気付きました。このような小さな美術館でも変化があることに驚きました。


P2310555
16世紀初めのフィレンツェ派無名画家の「授乳の聖母」
エンポリのサンタ・クローチェ修道院にありました。


P2310558
14世紀のフィレンツェ派無名画家のフレスコ断片


P2310559
14世紀のフィレンツェ派無名画家のフレスコ断片


P2310563
ベルナルド・ロッセッリーノ(セッティニャーノ、1409‐フィレンツェ、1464)の「洗礼盤」(1447)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310567
16世紀のフィレンツェ派無名画家の「2殉教聖人」
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310571
ゲラルド・ディ・ヤコポ通称ロ・スタルニーナ(1387‐1413記録)の「聖アンドレアとシノピエ」(1409)
エンポリのサント・ステファノ教会にありました。


P2310573
ゲラルド・ディ・ヤコポ通称ロ・スタルニーナの「洗礼者聖ジョヴァンニと聖ピエトロ」(1409)
エンポリのサント・ステファノ教会にありました。


P2310576
フラ・パオリーノ・ダ・ピストイア(ピストイア、1488‐1547)の「聖母子」(1530c)
エンポリのCasa Santini にありました。


P2310578
次の部屋です。


P2310578
以前と比べると展示場所が変わっている作品が数点ありました。


P2310581
バッティスタ・ディ・ドナート(1536‐1557活動記録)の「聖水盤」(1557)


P2310585
トスカーナの無名彫刻家の「聖水盤」(1492‐1502)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310592


P2310587
ジョヴァンニ・バンディーニ(フィレンツェ、1540c‐1599)の「聖女」(1580c)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310590
ジュゼッペ・カンティーニ・ダ・ビッビエーナ通称イル・クオーコ(18世紀中頃活動)の「聖ロッコ」(1757)
エンポリのサン・ロッコ祈祷所にありました。


P2310595
フィレンツェ派無名彫刻家の「預言者」(17世紀前半)
エンポリのサンタンドレア参事会教会の洗礼堂にありました。


P2310597
フィレンツェ派無名彫刻家の「預言者」(17世紀前半)
エンポリのサンタンドレア参事会教会洗礼堂にありました。


P2310600
ベネデット・バリオーネ工房の「玉座の聖母子と四聖人(聖アンセルモ、聖フランチェスコ、聖ドメニコ、マグダラのマリア)」(1500‐10c)(テラコッタ)
エンポリのサンタ・マリア・ア・リーパ教会修道院にありました。


P2310603
ジョヴァンニ・ピサーノ(ピサ、1248c‐シエナ、1319c)の「聖母子」(1280c)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310605
ドイツの彫刻家の「磔刑像」(16世紀)


P2310606


P2310609
フィレンツェ派無名テラコッタ工芸家の「聖母子」(15世紀前半)
エンポリのサンタ・マリア・ア・ルーパ教会修道院にありました。


P2310612
トスカーナの家具工房の「物入れ」(17世紀初頭)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310615
ミーノ・ディ・フィエゾレ(フィエゾレ、1429‐1484)の「聖母子」(1470c)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310618
イギリス製の聖書台(1520)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。


P2310621
ドン・ロムアルド・ダ・カンデーリ(15世紀中頃活動記録)とネーリ・ディ・ビッチ(フィレンツェ、1419‐1492)の「マグダラのマリア」(1455)
ヴィンチ村のサンタ・クローチェ教会にありました。


P2310624
フィレンツェ派の「聖母子と天使」(15世紀後半)
エンポリのサンタンドレア参事会教会にありました。
(つづく)

エンポリのサンタンドレア参事会教会の続きです。
P2310475
右翼廊の先にある礼拝堂に行きました。


P2310476
この礼拝堂です。


P2310480
有名な浮彫ですが、詳しいことを失念。


P2310482



P2310484
フェルディナンド・フォスキのフレスコ画


P2310488
エジスト・フェローニの「チゴリ作『最後の晩餐』のコピー画」


P2310491
詳細不明


P2310494


P2310497
詳細不明


P2310498
内陣に戻りました。


P2310499
右側第4礼拝堂


P2310502
右第3礼拝堂


P2310505
詳細不明


P2310506
右第2礼拝堂


P2310508
天井のスタッコ装飾


P2310510
詳細不明


P2310512
Maestro Francescoに帰属する「聖アガタの殉教」


P2310514
右第1礼拝堂


P2310515
ドメニコ・デル・ポデスタによる天井フレスコ画


P2310517
詳細不明


P2310518
ドメニコ・デル・ポデスタの作品(1798)


P2310526
ドメニコ・デル・ポデスタの「アーモンドの奇跡」(1806)


P2310455
出入口の上にオルガンがあります。


P2310532
外に出ました。


P2310533
次は参事会教会付属美術館です。


P2310534
入館しました。


P2310535
キオストロを経由して展示室に向かいます。


P2310615
美術館については、後程詳しく取り上げます。


P2310641
傑作が数点あります。


P2310550
マゾリーノの作品はフィレンツェのストロッツィ宮に貸し出し中でした。


P2310988
次はマドンナ・デル・ポッツォ聖域です。


P2310989
Santuarioはローマ通りの外れにあります。


P2310991
美術館で鑑賞するうちに気温が上がって、この日も猛暑日になりました。


P2310993
マドンナ・デル・ポッツォ聖域です。


P2310994
この地は、城門の先の城壁外でしたが、12世紀の記録に教会の存在が記されています。その教会は1523年の火災によって消失しましたが、焼け跡のまま放置され荒地となってしまいました。
17世紀初めに、教会の再建が決まり、1621年、ブラマンテ様式を踏襲した建築家アンドレア・ボニタッリの設計によって再建された建物が現在の姿です。


P2310999
ファサードの前の柱廊が特徴です。


P1440733


P1440735
単廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


P1440737
美術的な見どころは、2点の祭壇画です。


P1440736


P1440747
主祭壇画は、制作者不明の「聖母子と聖ヤコポと聖アントニオ・アバーテ」(15世紀)


P1440745
消失した建物で、奇跡的に辛うじて残っていたのが、この祭壇画です。


P1440749


P1440750


P1440754
制作者不明の「聖母の教育」(18世紀)


P1440757


P1440758


P2310997
エンポリで見るべきものは大体見ました。


P2320003
酷暑と言うべき日だったので、早々に退散することにしました。


P2320007
駅に戻りました。


P2320009
シエナに戻ります。


P2320010
(おわり)

P2310397
サンタンドレア参事会教会です。
エンポリが単独司教区ならば、司教座教会になって当然ですが、エンポリはフィレンツェ大司教区に属してます。



P2310400
教会が5世紀半ばに設立された記録が残されてます。
1117年に創建され、1443年頃に完成したフィレンツェ式ロマネスク様式の建物が現在の姿の原形です。


P2310403
プラート産緑色大理石とカッラーラ産白色大理石を組み合わせたファサードが特徴です。


P2310401
1531年に参事会教会に昇格しました。


P2310402
1730年代、建物は風化が進み危険となったので、18世紀後半に大掛かりな修復工事が行われました。そのため、創建時のロマネスク様式の部分はファサードのごく一部に留まります。


P2310405
聖アンドレア


P2310406
洗礼者聖ジョヴァンニ


P2310407
入口扉の装飾


P2310408


P2310404
拝観しました。


P2310410
単廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


P2310411
左右の側壁にそれぞれ5つの礼拝堂があります。


P2310412
右側壁


P2310414
天井


P2310415


P2310416
聖水盤


P2310417


P2310419
ラッファエッロ・ボッティチーニ(1477‐1520)の「救世主」


P2310421
左側最初の礼拝堂


P2310423
左側の2番目の礼拝堂


P2310424
左側第3礼拝堂


P2310426
左第4礼拝堂


P2310428
詳細不明


P2310429
左側の第5礼拝堂


P2310431
詳細不明


P2310432


P2310433


P2310435
後陣左側の礼拝堂


P2310438


P2310441
ヤコポ・キメンティ・ダ・エンポリの「聖アンドレア」(1551‐60)


P2310443
ヤコポ・キメンティ・ダ・エンポリの「聖ジュゼッペ」


P2310445
次の礼拝堂です。


P2310448
ジュゼッペ・ロメイの「聖ジュゼッペの死」(1767)


P2310450
詳細不明


P2310453
詳細不明


P2310457
主祭壇


P2310459
主祭壇画は、ロレンツォ・ディ・ビッチ(1350‐1427)とビッチ・ディ・ロレンツォ(1373‐1452)の「トリッティコ」


P2310460
玉座の聖母子


P2310463
聖マルティーノと聖アンドレア


P2310467
聖アガタと洗礼者聖ジョヴァンニ


P2310469
裾絵


P2310470
中央の裾絵が欠落しています。


P2310472


P2310474
後陣の木製磔刑像(14世紀)
(つづく)

エンポリ Empoli は、人口48,438人(2016年11月30日現在)のトスカーナ州フィレンツェ県にあるコムーネです。古代ローマ時代からフィレンツェとピサを繋ぐアルノ川の交易河港として栄え、8世紀頃に自治都市となりましたが、12世紀頃にはフィレンツェの支配下に置かれた歴史があります。
P2310339
この日(2017年6月)は、シエナからエンポリへの日帰り遠足です。


P2310340
シエナ発フィレンツェ行きの列車でエンポリ駅に到着しました。


P2310342
駅舎の時計が狂ってます。日本では考えられませんが、イタリアの駅の時計は信用できません。年間を通じて夏時間のままという駅も幾つかありますが、この駅よりもまだ増しというものです。


P2310343
駅前に立つのは。フェッルッチョ・ブゾーニ(エンポリ、1866‐ベルリン、1924)像です。大音楽家ブゾーニをご存知ではない方はいらっしゃらないと思いますが、エンポリが生んだ大作曲家で、天才ピアニストとして有名です。


P2310344
ブゾーニ像が駅の正面にあることが分かります。駅前広場やその街の中心広場に立っている胸像などに注目すると、その町が生んだ有名人や歴史が分かります。


P2310345
駅前から延びるローマ通り


P2310347
この日も暑くなりそう!


P2310348
左折してチェントロに向かいました。


P2310350
中世に築かれた城壁や城門は殆ど残っていません。


P2310351
エンポリの観光スポットは、サンタンドレア参事会教会と教会に付属する美術館ですが、私の日帰り遠足の目的もその2つに行くことです。


P2310352
ごく普通の家が立ち並んでます。


P2310353
レオナルド・ダ・ヴィンチの生地ヴィンチ村へのバスがエンポリから出ているので、観光客に意外に知られているそうです。


P2310354
セリエA、セリエBを行ったり来たりしているエンポリFCの本拠地でもあります。


P2310356
市役所を経由しました。


P2310357
Piazza del Popolo


P2310359
市庁舎


P2310361
1529年から1530年に建設されたPalazzo Pretorio del Podestaが市庁舎として使用されてます。


P2310360
広場に面した建物は16世紀に建設されたそうですが、新しく見えます。


P2310362


P2310363
この辺から町の中心が始まります。


P2310364


P2310365
最も賑わう通りです。


P2310366


P2310368
写真左の建物は有名だったと思いますが失念しました。


P2310369
この建物にあった碑文


P2310371
開いていれば拝観したいサントステファノ教会ですが、この日も閉まっていました。旧教会になったようで、催事場やコンサート会場などに使用される時以外は開かないようです。


P2310374
入口扉上ルネッタに描かれたフレスコ画


P2310375
サントステファノ教会にある、カラヴァッジョ作品の比較的出来の良いコピー画があることで美術ファンに知られていますが、2年前のポスターが相変わらずありました。


P2310376
美術館に着きました。


P2310377
参事会教会の鐘楼


P2310378
美術館の入り口が開いていましたが、開館時間まで30分ほどあったので広場の見学と教会の拝観をすることにしました。


P2310383
こちらの入り口から教会内に入れますが、広場側から入ることにしました。


P2310382
ファリナータ広場


P2310396
正式名称が長いので、地元では単にファリナータ広場と呼ばれているようです。


P2310384
この広場がエンポリの中心です。


P2310394
サンタンドレア参事会教会


P2310391
Fontana delle Naiadi


P2310390
彫刻家Luigi Pampaloni通称Naiadiによって1828年に制作されたFontanaです。


P2310387


P2310388
Museo Civicoは長期間閉鎖されたままのようです。


P2310395
(つづく)

↑このページのトップヘ