イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > ローマ、ヴェネツィア宮殿博物館

次は1階(日本の2階)柱廊で展示されている彫刻です。
P2420376
アンドレア・ブレーニョ派彫刻家の「聖母子と聖ピエトロと聖パオロ」(15世紀)


P2420378
16世紀のローマの彫刻家の「スカップッチの紋章」(1503)


P2420380
15世紀末の「聖パオロ」
ローマのサンタ・マリア・デル・ポポロ教会にありました。


P2420382
アンドレア・ブレーニョ工房?の「トレンティーノの聖二コラ」(1470‐80)


P2420384
ローマのルイージ・カッポーニ工房の「カンデラブラム(装飾モチーフの一種)」(15世紀)


P2420386
イザイア・ダ・ピサの追随者の「ジョヴァンニ・ベラルディ枢機卿の墓石」(15世紀)
ローマのサンタ・マリア・デル・ポポロ教会にありました。


P2420388
枠の断片(15世紀?)


P2420390
詳細不明


P2420394
15世紀後半から16世紀初期のもの


P2420396
ルイージ・ガッポーニに帰属する教会装飾断片


P2420398
16世紀の彫刻断片


P2420405
「聖人」(16世紀)


P2420408
「タベルナコロ」(15世紀末)


P2420410
トスカーナの無名彫刻家の「聖母子」(15世紀初め)


P2420412
柱の断片(15世紀)


P2420414
ジョヴァンニ・デ・レットーリの「講師と生徒」(15世紀?)


P2420416
ポルカーリ家の紋章(15世紀)


P2420418


P2420419
「プルーテオ(装飾がある仕切り)」(9世紀前半)


P2420421
「枠の断片」(9世紀)


P2420423
石棺(13世紀?)


P2420425
「聖母子」(1423)


P2420427
「聖パオロ」(14世紀)


P2420429
「聖トッマーゾの不信」


P2420431
ミーノ・ダ・フィエーゾレに帰属する「水槽」(15世紀後半)


P2420433
「ローマのサンタゴスティーノ教会装飾断片」(15世紀末)


P2420437
ローマの彫刻家による「ケルビーニのフォンターナ」(14世紀中頃)
ローマのヌオーヴァ教会広場にありました。


P2420435
プレデッラ(15世紀末)
ローマのサンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会にありました。


P2420439
マルテッリ家の紋章(15‐16世紀)


P2420441
柱断片(15世紀)


P2420443
柱と柱頭(15世紀)


P2420445
墓石断片(14世紀初頭)
ローマ、ヴェネツィア広場のサン・二コラ・デ・モンテ教会にあった墓です。


P2420448
「救世主」(17世紀)


P2420450
サン・マルコ広場の柱(15世紀)


P2420452
「ボナヴェントゥーラ・バドエール枢機卿(パドヴァ、1332‐1385)の墓石」(14世紀)


P2420454
「モンテフェルトロの紋章」(15世紀)


P2420456
「メディチの紋章」(15世紀)


P2420458
柱断片(15世紀)


P2420460
柱断片(15世紀)


P2420462
生贄のシーン(1世紀後半)


P2420464
「ヘラクレス」(2世紀中頃)


P2420466
バッカスの石棺断片(3世紀)


P2420469
石棺断片(2世紀)


P2420471
柱頭(紀元前1世紀末)


P2420473
ローマ、ヴェネツィア広場にあった寺院の断片(2世紀)


P2420475
石棺(2世紀)


P2420477
石棺(3世紀)


P2420479
石棺断片(3世紀)


P2420481
展示はこれで終わりです。


P2420482
陶器類と金工品の展示が秀逸です。


P2420486
(おわり)

P2420307ラツィオの家具工房の「薬局の机」(16世紀中頃)


P2420309
次は金属加工による美術品の展示です。


P2420310
この分野の展示ではイタリア随一かも知れません。


P2420311
ジャンボローニャ、ベルニーニなどの作品が展示されてます。


P2420312
一つ一つ見ていかないと、誰の作品なのかサッパリ分かりません。


P2420313
ランダムに玉石混交で展示されてます。


P2420314
ある程度高名な制作者の作品は、展示方法に関してもう少し工夫があって然るべきと思います。


P2420315
入館した時、今日は入館者が比較的多いと思ったのですが、陶器と金属加工品の展示コーナーでは私一人だけとなっていました。


P2420316
展示作品は膨大な数に上ります。


P2420317


P2420319
人気薄


P2420320



P2420321


P2420322


P2420323


P2420324
暖炉


P2420327
次の部屋です。


P2420329
フランチェスコ・セガーラの「受胎告知」(1573以降)


P2420331
「バルトロメオ・ベッラーノ作『聖母子と天使』の複製」(15世紀)


P2420335
「ベネデット・ダ・マイアーノ作『聖母子』の複製」(1850‐1900)


P2420339
制作者不明の「救世主」(1494‐95c)


P2420341
ヤコポ・ダッティー通称サンソヴィーノの「聖マルコの殉教」(1536)


P2420343
ヤコポ・ダッティー通称サンソヴィーノの「聖マルコの功徳」(1536)


P2420347
南イタリア制作の「祭壇前飾り」(17世紀)


P2420349
保護板が邪魔です。


P2420350
「セネカ像」


P2420351
グイド・レーニは彫刻も制作していました。


P2420352
バッチョ・バンディネッりに帰属する「ヘラクレス」(1530‐40c)


P2420354


P2420355
Gerhard Groninger に帰属する「荊刑のキリスト」(1648以降)


P2420358


P2420359
この辺は非常に見難いと思いました。


P2420361


P2420362
博物館である以上は、作品保存と鑑賞者の見易さの両立が大事と思いますが、この辺の展示は作品保存が優先されていると思いました。


P2420363
劣化しやすいテンペラ画ならば、このような配慮が必要でしょう。しかし、スタッコ、テラコッタ、大理石彫刻などはそれほど風化しないと思います。


P2420364
非公開にして別の部屋で保存に励めばよろしいと思いました。


P2420365
天使がありますが、保護板が二重に設けられてます。


P2420366


P2420367


P2420370
次は1階(日本の2階)の柱廊です。


P2420369
彫刻が並べられてます。


P2420368
日差しが差し込み、雨露に晒される環境の中で、結構良い作品が並んでます。


P2420372


P2420373
ジェズ教会のクーポラが見えます。


P2420374



P2420375
(つづく)

P2420238
次の部屋です。


P2420240
フィレンツェの家具工房の「カッソーネ」(16世紀初頭)


P2420243
フィレンツェの家具工房の「カッソーネ」(15世紀後半)


P2420246
北イタリアの家具工房の「カッソーネ」(16世紀)


P2420248
次は陶器の展示コーナーです。


P2420249
陶器類の展示ではローマ随一を誇ります。


P2420250
ローマに幾つかの国立博物館、美術館がありますが、それぞれで展示の棲み分けを行っているようです。


P2420251


P2420252
世界で有名な陶器が大体揃っています。


P2420253


P2420254


P2420255
日本の陶器類が数多く展示されてます。


P2420256


P2420257
江戸末期から明治初期のもの


P2420261
日本製の物入れ(18‐19世紀)


P2420263
日本製の物入れ(18‐19世紀)


P2420264
日本製の陶器(1875‐1900)


P2420266
日本製のカバン(18‐19世紀)


P2420268


P2420269


P2420270


P2420271


P2420273


P2420274


P2420275


P2420276


P2420277


P2420278
沢山の陶器類の展示でした。


P2420279
別の展示コーナーです。


P2420280


P2420281
ヴェネツィア製キャビネット(17‐18世紀)


P2420283


P2420284
まだまだ展示室が続きます。


P2420285
カスティアリアーノの彫刻家による「妊婦」(1525‐50c)


P2420287
次の部屋です。


P2420288
イスラム芸術の「フォンターナのカゼル」(11‐12世紀)


P2420290
ペルシャ芸術の「鳩」(18世紀末)


P2420292
また陶器類の展示です。


P2420293


P2420294


P2420295


P2420296
詳細不明の浮彫


P2420297


P2420298
またもや陶器類の展示です。


P2420300
フランドルの無名画家の「サビーネ女のレイプ」(16世紀)


P2420302
うんざりする程多い陶器です。


P2420303


P2420304
キャビネット(18世紀)


P2420305
全く人気がない陶器類です。


P2420306
(つづく)

P2420136
カルロ・マラッタ(アンコーナ、1635‐ローマ、1713)の「クレオパトラ」


P2420140
オラツィオ・ボルジャンニ(ローマ、1578‐1616)の「死せるキリストへの哀悼」(1615c)
マンテーニャの構図に似てますね。


P2420143
グエルチーノ(チェント、1591‐ボローニャ、1666)の「聖ピエトロ」(1639)


P2420146
アレッサンドロ・アルガルディの「聖コスタンツァに顕現する聖アグネス」(1652‐53)


P2420149
フランチェスコ・デ・ムーラ(ナポリ、1696‐1782)の「羊飼いの礼拝」(18世紀)


P2420151
フィレンツェの家具工房の「食器棚」(16世紀)


P2420154
フランチェスコ・ソリメーナ(カナーレ・ディ・セリーノ、1657‐バッラ、1747)の「カナの結婚」(18世紀前半)


P2420157
アレッサンドロ・アルガルディの「教皇インノチェンツォ10世パンフィーリの胸像」(1650‐53c)


P2420158
天井


P2420160
壁のフレスコ画


P2420162
次の部屋です。


P2420179
Sala Altoviti


P2420163
この部屋のフレスコ画はジョルジョ・ヴァザーリによって1553年に制作されたものです。


P2420164


P2420165


P2420166


P2420169
詳細不明


P2420171
ローマ時代の彫刻「女性の頭」(紀元後140)


P2420175
詳細不明


P2420177
ジョルジョ・ヴァザーリのサークルの「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」(1550c)


P2420180
詳細不明


P2420182
次の部屋です。


P2420183
肖像画が並んでます。


P2420184
19世紀の無名画家の「女性の肖像」


P2420185
Dmitry Levitzky に帰属する「女性の肖像」(1775c)


P2420188
フランスの無名画家の「女性の肖像」(1760c)


P2420190
Marianne Loir の追随者の「女性の肖像」(1760c)


P2420192
フランスの無名画家の「女性の肖像」(1765c)


P2420195
Johann Lorenz Kreul (1765-1836)の「女性と子供の肖像」(1810‐15)


P2420198
ジョヴァン・バッティスタ・ランピ(1751‐1836)に帰属する「女性の肖像」(1781‐83c)


P2420201
ロシアの無名画家の「女性の肖像」(1790‐92c)


P2420204
Francois Boucher スタイルの画家の「女性の肖像」(19世紀)


P2420206
ヴェネトの無名画家の「女性の肖像」(1730c)


P2420209
フランスの無名画家の「女性の肖像」(1770c)


P2420211
Jean- Etienne Liotard スタイルの画家の「女性と子供の肖像」(1770c)


P2420213
Francois Dumont スタイルの無名画家の「女性の肖像」(1780c)


P2420216
John Rusell (1745-1806) の「Richard Kinchant の肖像」(1778‐95c)


P2420218
ナポリの工芸家とジャチント・ディアーノ(1731‐1804)の絵画による「輿」(18世紀後半)


P2420221
Louis- Michel Van Loo (1707-1771)に帰属する「女性の肖像」(1766c)


P2420222
オーストリアの無名画家の「ジュゼッペ2世ハプスブルグの肖像」(1760c)


P2420226
フランスの無名画家の「新婚カップルの肖像」(1752c)


P2420229
Francois- Hubert Drouais (Parigi, 1727-1775)に帰属する「女性の肖像」(1763)


P2420231
フランスの無名画家の「ルイ18世の肖像」(1748‐68c)


P2420234
Francois- Hubert Drouais に帰属する「若い女性の肖像」(1770c)


P2420236
フランスの無名画家の「Maria Leszczynskaの肖像」(1748‐68c)
(つづく)

P2420018
次の部屋です。


P2420020


P2420021


P2420023
ローマの彫刻家の「聖母子」(12世紀末‐13世紀初頭)


P2420025
二体の聖母子像が並んでます。


P2420027
二コラ・ディ・ヌート(1288?‐1348記録)に帰属する「玉座の聖母子」(1330‐40c)


P2420030
アブルッツォの彫刻家の「聖母子」(1390‐1410c)


P2420032
次の部屋です。


P2420033
天井


P2420035
Michael Wolgemuth に帰属する「聖母の死」(1480‐1520c)


P2420038
ジローラモ・ダ・サンタクローチェ(サンタ・クローチェ・イン・ヴァル・グレンバナ、1480/1485-ヴェネツィア、1556)の「大天使聖ミケーレ」(1510‐20c)


P2420041
ニッコロ・デ・バルバリ(ヴェネツィアで1516記録)の「キリストと姦通女」(16世紀初頭)


P2420044
ガロファロ(フェッラーラ、1481‐1559)の「砂漠の聖ジローラモ」(1520c)


P2420046
南ドイツの彫刻家の「ドイツ人傭兵」


P2420047


P2420048


P2420051
レーリオ・オルシ(ノヴェッラーラ・エミリア、1508c‐1587)の「死せるキリストへの哀悼」(1550‐75c)


P2420054
ロレンツォ・サッバティーニ(ボローニャ、1530c‐ローマ、1576)の「マギの礼拝」(1550‐75c)


P2420057
ジローラモ・ダ・サンタクローチェの「エウロパのレイプ」(16世紀前半)


P2420061
バッキアッカ(フィレンツェ、1494‐1557)の「キアラヴァッレの聖ベルナルドの幻視」(1525‐50c)


P2420063


P2420064
Jorg Syrlyn il Giovane (1455-1524) の「嘆きの聖母」(1495c)


P2420068
ピエトロ・アラマンノ(15世紀後半)の「受胎告知される聖母?」(1460‐80c)


P2420070
次の部屋です。


P2420072
ミカエル・パケール(1435c‐1498)に帰属する「悪魔を退治する聖ミケーレ」(1485c)


P2420075
フィリッポ・リッピとぺセッリーノの「キリスト誕生とロレンツォ・イル・マニーフィコ」(15世紀後半)


P2420079
ネーリ・ディ・ビッチ(フィレンツェ、1419‐1492)の「聖母子」(15世紀後半)


P2420082
ベルナルディーノ・ザガネッリ(コティニョーラ、1460/1470-ラヴェンナ、1509?)の「十字架を担ぐキリスト」(15世紀末‐16世紀初頭)


P2420085
ジョヴァンニ・アントニオ・ベッリンツォーニ・ダ・ペーザロ(ペーザロ、1415c‐1477c)の「聖母子と聖ルチアとアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1460‐70c)


P2420088
4点の浮彫が並んでます。


P2420091
ミーノ・ダ・フィエーゾレ(パピアーノ?、1429‐フィレンツェ、1484)の「聖ジローラモの生涯のエピソード」(1462‐63)


P2420093


P2420095


P2420097


P2420100
次の部屋です。


P2420101
時代が下って17世紀、18世紀の作品が展示されてます。


P2420102
天井


P2420104
チーロ・フェッリ(ローマ、1634‐1689)の「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚」(1686)


P2420107
ジュゼッペ・マリア・クレスピ(ボローニャ、1665‐1747)の「ダヴィデとアビゲイル」(1721‐27)


P2420111
ジュゼッペ・マリア・クレスピの「モーゼの発見」(1721‐27)


P2420114
ジュリオ・カルピオーニ(ヴェネツィア、1613‐1678)の「イーリデ」(1665c)


P2420118
ジュリオ・カルピオーニの「酔ったシーレーノス(森の神)とバッカス」(1665c)


P2420122
ドナート・クレティー(クレモナ、1671‐ボローニャ、1749)の「ニンフたちの踊り」(1725)


P2420125
制作者不明の「フランチャビージョ作『聖母子と聖ジョヴァンニーノ』のコピー画」(1520‐25c)


P2420128
Jacob Gerritsz Cuyp (1594-1652)の「夫婦の肖像」(1643)


P2420129
夫の方です。


P2420134
ピエトロ・ノヴェッリ(モンレアーレ、1603‐パレルモ、1647)の「老女の肖像」(1620‐47c)
(つづく)

P2410934
ローマ旧市街のほぼ中心にあるヴェネツィア広場です。


P2410935
広場の西、写真右端に写っているのがヴェネツィア宮殿です。


P2410933
この場所にサン・マルコ教会がありましたが、教会に任命された枢機卿の小規模な住居が存在してました。
1451年、ヴェネツィア出身のピエトロ・バルボ枢機卿がこの教会に任じられ、建物を大規模に拡張・改築することにしました。伝統的にヴェネツィア出身の枢機卿が任じられてきました。
レオン・バッティスタ・アルベルティまたはフランチェスコ・デル・ボルゴの設計・監督によって、1455年から1467年に建設されたのがルネサンス様式のヴェネツィア宮殿です。


P2410936
ピエトロ・バルボ枢機卿は、1464年に教皇パオロ2世となりましたが、引き続きこの宮殿を住居として定めたことから、その後約1世紀の間、代々の教皇がここで暮らしたのです。
1564年、法王庁は宮殿をヴェネツィア共和国に譲渡し、以来宮殿は1797年までヴェネツィア共和国大使館として使用されました。
18世紀末、イタリアに侵略したナポレオンによってヴェネツィア共和国は滅びましたが、ナポレオンがオーストリアと結んだカンポ・フォルミア条約によって、ヴェネツィアはオーストリア領となりました。それに伴い、宮殿もオーストリア所有となり、駐バチカンのオーストリア大使館となりました。


P2410937
第1次世界大戦中の1916年、イタリア王国は宮殿を接収したのですが、大戦後のサン・ジェルマン条約によって宮殿は正式にイタリア王国の所有となりました。
ムッソリーニの時代、彼の執務室が宮殿内に設けられ、宮殿のバルコニーから演説が行われたことでも有名です。


P2410941
修復などによって、公開される部屋が変わることが多く、行く度に見ることが出来る作品が変わります。
今回、ご紹介するのは2017年6月時点のものです。


P2410942
宮殿の中庭から見えるクーポラは隣接するジェズ教会のものです。


P2410943
中庭は夏のコンサート用に変身中でした。


P2410944
サン・マルコ教会の方に行こうとしましたが、立ち入りが制限されていたので断念。


P2410945
展示の中心は、初期キリスト教時代からルネサンス初期にかけての絵画・彫刻、陶器、聖具、タペストリーなどの美術品です。


P2410946
切符売り場


P2410947
現在、公開されているのは階上です。


P2410948
詳細不明


P2410949
宮殿を作る石材はコロッセオから取り外されたものです。
ということは、15世紀頃は文化財保護保存という考え方はなかったとみるべきでしょう。


P2410950
個人的には、この宮殿を取り壊して、その石材をコロッセオ修復に使用した方が良いと思います。文化財としての価値は、ヴェネツィア宮殿よりもコロッセオの方が断然勝ると思うからです。


P2410951
展示室に入りました。


P2410955
ビザンチン・アートのトリッティコ(10世紀前半)


P2410958
北イタリアの「聖ベネデットの十字架」(12世紀)


P2410962
「テッラチーナの箱」(10‐11世紀)
アダムとイヴ、善き者と悪者の戦いの彫刻です。


P2410965
南イタリアの「Cristo Pantokrator」(13世紀)


P2410967
祭壇(1215c)


P2410979
次の部屋です。


P2410980
天井の装飾


P2410981


P2410982
テンペラ画、フレスコ画、彫刻が展示されてます。


P2410970
詳細不明


P2410971
アンドレア・グアルディ(1420‐1478記録)の「三位一体」(1445c)


P2410973
Maestro di Pio IIの「聖母子」(1460‐70)


P2410976
マリオット・ディ・クリストファノ(サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ、1395?‐1457c)の「聖母子と聖人たち(洗礼者聖ジョヴァンニ、聖ピエトロ、聖パオロ、聖アントニオ・アバーテ、聖ミケーレ、聖バルトロメオ、聖オノフリオ、聖ロレンツォ)」(1420‐30)


P2410984
ヴェローナの無名画家の「玉座の聖母子」(15世紀前半)


P2410987
ベアート・アンジェリコ(ヴィッキオ・フィレンツェ、1395‐ローマ、1455)の「キリストの頭」(15世紀中頃)


P2410990
ピサネッロ(ピサ、1395?‐1455)の「女の頭」(1427以降)


P2410992
次の部屋です。


P2410993


P2410994
部屋の天井


P2410996
Maestro Espressionista di Santa Chiara の「磔刑」(14世紀前半)


P2410999
ローマの無名画家の「彩色磔刑像」(13世紀末)


P2420003


P2420004


P2420006


P2420008


P2420009


P2420011


P2420013
パオロ・ヴェネツィアーノ(1333から記録‐1362)の「音楽天使たち」(14世紀中頃)


P2420016
Maestro Toscanaの「聖ジャコモ・マッジョーレと聖アントニオ・アバーテ、受胎告知される聖母」(15世紀初め)
多翼祭壇画の一部でしょう。
(つづく)

↑このページのトップヘ