イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:トスカーナ州 > カステルフィオレンティーノ

P2290140
カステルフィオレンティーノのテスタフェッラータ通りです。教会が見えますが、その後ろに美術館があります。


P2290260
この写真では、サン・カルロ・ボッロメオ教会の手前に煉瓦造りの建物が写っていますが、その建物が美術館です。


P2280840
ベノッツォ・ゴッツォリ美術館です。


P2290141
15世紀第4四半世紀にベノッツォは、カステルフィオレンティーナにある2つのタベルナコロにフレスコ画を制作しましたが、そのフレスコ画を展示するために造られた建物です。
タベルナコロとは一般的に壁龕と言う意味ですが、各たる定義がない曖昧語に近くて困ります。
ここではタベルナコロ自体は新しく作られたもので、オリジナルのタベルナコロからフレスコ画を剥離分離して、新造のタベルナコロに貼り付けたものです。


P2290142
入館しました。
1階には、切符売り場と「ご訪問のタベルナコロ」が置かれてます。また、1階の壁に「ご訪問のタベルナコロ」のシノピエ(フレスコ画の下絵)が展示されてます。


P2290155
入館するとベノッツォ・ゴッツォリ像があることに気付きます。


P2290156
このテラコッタ像は、ベノッツォの自画像を基にして作られたものでしょう。


P2570442
ベノッツォの代表作は、フィレンツェのメディチ・リカルディ宮殿に描いた「マギの礼拝」になると思いますが、その画面に自画像を描いたのです。
この写真左に描かれた人々の上から2列目の赤い帽子を被った男がベノッツォの自画像です。


800px-Cappella_dei_magi,_primo_autoritratto_di_benozzo_gozzoli
赤い帽子に自分の名前を描き込んでます。
ベノッツォ・ゴッツォリ(サンティラーリオ・ア・コロンバーノ、1421c‐ピストイア、1497)は、ベアート・アンジェリコの弟子兼協力者でした。


P2290144
背の高いタベルナコロが目立ちますが、これが「ご訪問のタベルナコロ」です。


P2290245
この写真は2階から見た「ご訪問のタベルナコロ」です。背の高いことが分かります。


P2290256
タベルナコロの大きさ(高さも)はこの模型を見ればお分かりになると思います。


Castelfiorentino,Tabernacolo_Visitazione
1491年に制作された「ご訪問のタベルナコロ」は、エルサ川傍にある、この写真の建物にありました。
タベルナコロはかなりの落剝部分がありますが、エルサ川の氾濫によるものと推察されてます。


38053_027
フレスコ画はこのように剝がされて移されました。
では、「ご訪問のタベルナコロ」を紹介しましょう。


P2290178
外壁の裏側です。


P2290180
「聖ジョアッキーノ(ヨアキム)と聖アンナの金門の出会い」


P2290181
その下は落剝してしまって、何が描かれていたのか分かりません。


P2290182
外壁裏側の左


P2290183
外壁裏側の右


P2290152
外壁左側壁の「聖母の誕生」


P2290175
外壁右側壁の「聖ジョアッキーノへの天使のお告げ」
天使が落剝欠損しています。


P2290157
内壁上部の「栄光のキリストと四福音書記者」


P2290159
内壁正面の「神殿から追放される聖ジョアッキーノ」


P2290160
内壁下部は落剝してますが「聖母子と聖人たち」でしょう。


P2290164
内壁のアーチ左は福音書記者と教会博士


P2290161
内壁のアーチ右も福音書記者と教会博士です。


P2290167
正面外壁の左側


P2290165
正面外壁の右側
こうして見ていくと「ご訪問」は落剝して何処にあったのか見ただけでは分かりません。


P2290187
2階に向かいました。


P2290193
2階から「ご訪問のタベルナコロ」を見ました。


P2290195


P2290196


P2290188


P2290191


P2290189
次は「マドンナ・デル・トッセのタベルナコロ」です。こちらのタベルナコロは2階にありますが、「ご訪問のタベルナコロ」よりはかなり小さいです。


Castelfiorentino,_Tabernacolo_Tosse
元々タベルナコロだけがカステルフィオレンティーノからカステル・ヌオーヴォ・デルサに向かう道の途中にぽつんと建っていましたが、後に建て増しされて祈祷所になりました。タベルナコロはこの建物の中にありました。


38050_008_300
Museo BEGOのHPから写真を拝借したので、鮮明な写真ではありません。


P2290197
模型です。


P2290251
外壁にフレスコ画はありません。


P2290198
1484年に描かれましたが、祈祷所内にある礼拝堂の感じがするタベルナコロです。


P2290201
正面の「玉座の聖母子と4聖人」


P2290202
その上部は「キリストと四福音書記者」


P2290200


P2290204
左側壁の「聖母の死」


P2290205
右側壁の「聖母被昇天」


P2290207
開口部アーチの聖人たちのメダイオン


P2290210


P2290211


P2290209


P2290216
次は3階です。


P2290219
ベノッツォ・ゴッツォリ関連などの現代作品が展示されてます。


P2290220


P2290222
3階で2つのタベルナコロに関するビデオを見ることが出来ます。


P2290223


P2290229
1階に戻り、最後に展示されているシノピエ(フレスコ画の下絵)を見ました。


P2290145


P2290143


P2290148


P2290150


P2290151


P2290146
代表作とは言いかねるフレスコ画ですが、弟子を引き連れて、このような小さな町にある路傍のタベルナコロを制作したわけで、そのこと自体が非常に興味深く、律儀で真面目だったゴッツォリの性格が垣間見えて非常に微笑ましく覚えました。


P2290258
外に出ました。
(おわり)

P2280988
Maestro di Sant'Jacopo a Mucciana の「聖母子」(15世紀初め)


P2280992
次の展示コーナーです。


P2280993
逆光です。


P2280998
マリアーノ・ダントニオ・ロマネッリ(シエナで14世紀に活動)に帰属する「受胎告知する大天使」


P2280994
マリアーノ・ダントニオ・ロマネッリの「受胎告知される聖母」


P2290002
Maestro della Nativita Johnson (ドメニコ・ディ・ザノービ?)の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖クイリーコ」(1470‐80c)


P2290005
15世紀から16世紀のフィレンツェの無名画家の「十字架降下」(16世紀第1四半世紀)


P2290008
アレッソ・ディ・ベノッツォ(フィレンツェ、1473‐1528)の「ご訪問と聖ヤコポと聖ステファノ」(16世紀初め)


P2290011
これは不思議な作品です。一見、普通の多翼祭壇画です。


P1450587
フランチェスコ・グラナッチ(フィレンツェ、1469‐1543)の「玉座の聖母子と聖フランチェスコと聖セバスティアーノ」(1510‐20c)


P2290013
裾絵は、アンニーバレ・ガッティ(フォルリ、1827‐フィレンツェ、1909)によって1850年代末に制作されたものです。上と下では全然時代が異なります。
聖セバスティアーノの殉教


P2290015
受胎告知


P2290017
聖フランチェスコ


P2290021
フィレンツェの無名画家の「聖母子と聖ヴェルディアーナと聖マルティーノ?」(16世紀?)
こうして見ていくと聖ヴェルディアーナのアトリビュートは蛇のようです。


P2290023
16世紀のフィレンツェの無名画家の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(16世紀中頃)


P2290026
16世紀のフィレンツェの無名画家の「磔刑」(1533)


P2290030
ジュリアーノ・カステッラーニ通称イル・ソッラツィーノ(フィレンツェ、1470c‐ピサ、1543)の「聖マカーリオと聖セバスティアーノ」(1510‐20c)


P2290033
トスカーナの無名画家(ラッファエッロ・ピッチネッリ?)の「聖母子と聖ジローラモと聖ヴェルディアーナ」(16世紀第1四半世紀)


P2290035
次の部屋です。


P2290036


P2290037


P2290038
興味がない展示です。


P2290039
フィレンツェで17世紀に生産された織物


P2290041



P2290043
詳細不明


P2290045


P2290049
階段の下で鐘が展示されてます。


P2290050
トスカーナの職人作(1692)


P2290052
トスカーナの職人作(1648)


P2290054
トスカーナの職人作(14世紀)


P2290056
トスカーナの職人作(15世紀)


P2290058
次は2階の展示です。


P2290059
聖具類と絵画が展示されてます。


P2290060
宝石、金銀が使用されてます。


P2290061
この種の展示は正直退屈です。


P2290062
高価そうですね、イクラデスカ?


P2290064


P2290065


P2290067
16世紀のフィレンツェの無名画家の「聖イッポリートの殉教」(16世紀末)


P2290069


P2290071
フランチェスコ・ボルドリーニ(トスカーナで17世紀前半活動)の「復活したキリストを崇める聖人たち」(17世紀前半)


P2290074
コジモ・ガンベルッチ(フィレンツェ、1580‐1621記録)の「聖バルトロメオの殉教」(16世紀末)


P2290078
16世紀のフィレンツェの無名画家の「聖ビアージョ」(16世紀末)


P2290081
アゴスティーノ・ヴェラチーニ(フィレンツェ、1689‐1762)の「父なる神」(1710‐30c)


P2290084
アゴスティーノ・ヴェラチーニの「受胎告知と聖プロスペロとアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1710‐30c)


P2290087
受胎告知


P2290089


P2290090


P2290093


P2290095
アゴスティーノ・ヴェラチーニの「マグダラのマリアと聖アントニオ・アバーテとアルカンターラの聖ピエトロ」(1710‐30c)


P2290098


P2290100
トスカーナの無名画家の「荊刑のキリスト」(16世紀末‐17世紀初め)


P2290102


P2290103
トスカーナの職人作「書見台」(19世紀前半)
本は関係ありません。


P2290106
トスカーナの無名画家の「聖イラーリオ司教」(16世紀末‐17世紀初め)


P2290109
これで終わりです。
チマブーエ作とされる「聖母子」、タッデオ・ガッディの「聖母子と聖人たち」が良かったと思いました。


P2290111
外に出ました。
(おわり)

P2280903
カステルフィオレンティーノにあるサンタ・ヴェルディアーナ聖域です。


P1450697
ファサードの柱廊の向かって右に美術館があります。


P2280910
入館しました。


P2280908
第1室になります。


P2280940
切符売り場です。
カステルフィオレンティーノの教会などから集められた作品が展示の中心なので、美術館の実態はMuseo Diocesanoと考えても良いと思います。


P2280911
14世紀のシエナ派画家による「聖ヴェルディアーナ」
画面の両端に描かれた蛇が気になりますが、聖ヴェルディアーノのアトリビュート?


P2280914
コルソ・ディ・ブオーノ(フィレンツェ、1270‐1300c存在)の「彩色磔刑像」(13世紀末‐14世紀初め)


P2280916
これらの写真は以前には無かったような・・・・・


P2280917
フィレンツェの工房の「交唱聖歌集」(14世紀後半)


P2280919
Miniatore della Scuola degli Angeli の「交唱聖歌集」(14世紀後半)


P2280922
Maestro delle Effigi Domenicaneに帰属する「聖母子」(1330‐40c)


P2280925
ヤコポ・デル・カゼンティーノとMaestro delle Effigi Domenicaneに帰属する「交唱聖歌集」(14世紀前半)


P2280930
ヤコポ・デル・カゼンティーノとMaestro delle Effigi Domenicaneに帰属する「交唱聖歌集」(14世紀前半)


P2280936
チマブーエの「聖母子」(1285c)


P2280935
この作品の帰属について、ドゥッチョを筆頭に他の画家たちの作品説など色々な議論が行われましたが、現在ではチマブーエ作品説が有力とされているそうです。
ここでは帰属作品ではなく真作として展示されてます。


P2280938
パチーノ・ディ・ブオナグイダ工房の「交唱聖歌集」(14世紀前半)


P2280942
フィレンツェの工房の「交唱聖歌集」(14世紀前半)


P2280944
パチーノ・ディ・ブオナグイダ工房の「交唱聖歌集」(14世紀前半)


P2280946
フィレンツェの工房の「交唱聖歌集」(14世紀前半)


P2280948
フィレンツェの工房の「交唱聖歌集」(14世紀前半)


P2280950
ヤコポ・デル・カゼンティーノ(フィレンツェ、1369‐プラートヴェッキオ、1358)の「三聖人」(14世紀中頃)


P2280951
聖ヤコポ


P2280952
アレッサンドリアの聖カテリーナ


P2280953
福音書記者聖ジョヴァンニ


P2280955
チェンニ・ディ・フランチェスコ(フィレンツェ、1369‐1415活動)の「三位一体」(1400‐10c)


P2280957
タッデオ・ガッディ(フィレンツェ、1290c‐1366)の「玉座の聖母子と四聖人」(1330‐40c)


P2280958
玉座の聖母子


P2280959
福音書記者聖ジョヴァンニ、洗礼者聖ジョヴァンニ


P2280960
聖ザノービ、聖ヤコポ


P2280963
次の部屋です。


P2280965
部屋番号の表記はありません。


P2280964


P2280967
詳細不明


P2280968


P2280969


P2280971
Don Maurizio Volpiの「グラツィエの聖ヴェルディアーナ」(2015)
この作品にも二匹の蛇が描かれてます。


P2280973
16世紀のフィレンツェの無名彫刻家の「聖母子」(1520‐30c)


P2280975
トスカーナの無名彫刻家の「ベネデット・ダ・マイアーノ作『聖母子』の複製彫刻」


P2280977
15世紀のトスカーナの無名画家の「聖母子と聖人たち(聖アントニオ・アバーテ、聖ロレンツォ?、聖ピエトロ、聖バルトロメオ)」(1430‐40c)


P2280980
ロゼッロ・ディ・ヤコポ・フランキ(フィレンツェ、1377‐1456)の「聖母子」(1430年代末)


P2280983
Maestro della Madonna del 1399(ジョヴァンニ・ディ・ターノ・フェイ?)に帰属する「授乳の聖母」(1390c)


P2280985
ベルナルド・ディ・ステファノ・ロッセリ(フィレンツェ、1450‐1526)の「アレッサンドリアの聖カテリーナ」(1499以前)
(つづく)

P2280883
美術館があるサンタ・ヴェルディアーナ聖域に向かいました。


P2280884
Santuarioは道を下った城壁外にあります。


P2280887
サン・マルティーノ通り


P2280889
ポンぺオ・ネーリ通りに入りました。突き当りに小さな教会があります。


P2280891
サンタ・クローチェ祈祷所の前を右折しました。


P2280892
道を下った先が目的地です。


P2280893
見えてきた鐘楼はこれから行く聖域のものです。


P2280894
城壁です。カステルフィオレンティーナの城壁はその殆どが既に撤去されてます。


P2280895
聖域の建物が見えてきました。


P2280897
18世紀初めに建設された、バロック様式のSantuario di Santa Verdianaです。


P2280899
聖域の前は公園になってます。


P2280902
ファサード


P2280898
1805年に建設された鐘楼


P2280900
この地にあった家で最晩年を過ごしていた聖ヴェルディアーナは、1242年に没しました。


P2280904
ファサードの右側にMuseoが設けられてます。


P2280905
美術館の入り口


P2280906
土曜日の夕方と日曜日の午前中と夕方に開館してます。


P2280907
入館しました。
この美術館については、項を改めて触れる予定です。


P2290111
満足感一杯で外に出ました。


P2290112
活動を停止した?


P2290113
次はサン・フランチェスコ教会です。


P2290116
サン・フランチェスコ教会は公園の向こうにあります。


P2290117
1278年に完成したサン・フランチェスコ教会です。


P2290121
ロマネスク・ゴシック様式の外観です。


P2290119
教会内部は18世紀に行われた修復の際、バロック様式に改築されました。


P2290125
中に入ったらミサ中でした。


P2290123
ミサを邪魔するわけにはいきません。


P2290124
ファサードの紋章を見ただけで退散することにしました。


P2290127
日曜日の午前中にミサを行う教会が非常に多いと思います。


P2290129


P2290126
次はMuseo BEGOです。


P2290128
サン・フランチェスコ教会の拝観がなくなったので、少々時間が余りました。


P2290130
ここで一服しました。


P2290131
次の交差点を右折します。


P2290132
カヴール広場


P2290134


P2290137
ガリバルディ通りを少し進みます。


P2290138
次の道を左折します。


P2290139
マッテオッティ大通り


P2290140
戻ってきました。


P2290141
入館しました。


P2290228
この美術館については項を改めて触れる予定です。


P2290261
こうして4時間弱のカステルフィオレンティ―ノ遠足が終わりました。


P2290264
列車でチェルタルドに戻りました。
(おわり)

カステルフィオレンティーノは、人口17,337人(2017年6月30日現在)トスカーナ州フィレンツェ県にあるコムーネです。
P2280832
駅に到着しました。


P2280834
駅舎です。


P2280833
この日、2017年6月11日(日)はチェルタルドからの日帰り遠足でした。


P2280835
カステルフィオレンティーノはチェルタルドの隣駅で、乗車わずか6分ほどの短い旅です。


P2280836
この日の目的は、サンタ・ヴェルディアーナ美術館とベノッツォ・ゴッツォーリ美術館の2つに行くことでした。


P2280837
日曜日に来たのは、サンタ・ヴェルディアーナ美術館が週末しか開館しないからです。
ここは日曜日でも運行されるFSが通っているので、週末だけ開館の美術館などに比較的行き易いですが、これが公共交通機関がバスだけの町にある美術館となると非常に行き難くなります。土曜日のうちに日帰りするか、泊まるとなれば土日の2泊するか、その2者択一になるからです。小さな町で土日2泊は、時間が余り過ぎて辛いものがあります。


P2280838
Museo BEGOとはベノッツォ・ゴッツォーリ美術館のことです。
Benozzo Gozzoli だから、姓名の最初の2文字を取り、略してBEGOと言うわけです。私の好きなルーカ・シニョレッリならば、LUSIですか?
このように略すのはイタリアでは普通でしょうか? 
ラッファエッロ・サンツィオ=RASA、ミケランジェロ・メリージ(カラヴァッジョ)=MIME、ピンときませんが・・・・・


P2280839
Via Testaferrata


P2290260


P2280840
斬新な建物がベゴ美術館です。開館まであと30分ほどありました。


P2280841
美術館の後ろにある、1885年に再建されたOratorio di San Carlo Borromeo です。


P2280844
日曜朝なので、人通りが少なかった。


P2280845
コルソ・マッテオッティ
Corsoですが、大通りにはとても見えません。


P2280846
モッツァ通り


P2280851
旧市街の中心に行ってみることにしました。


P2280849
中世の時代、カステルフィオレンティーナは城塞都市でしたが、その城塞の出入り口の一つであるポルタ・フィオレンティーナです。


P2280853
時計が故障してました。


P2280854
門を潜って旧市街に入りました。


P2280857
突き当りに教会があります。


P2280858
日曜日朝にも拘らず扉が閉まっていました。日曜朝のミサがないようです。


P2280863
Chiesaと書かれてますがCollegiataです。つまり、この町のドゥオーモです。


P2280861
鐘楼


P2280868
ファサード、ルネッタ上のフレスコ画


P2280859
市庁舎です。ここの時計も狂ってます。


P2280870
ポポロ広場


P2280869
この広場が旧市街の中心です。


P2280871
これは何でしょうか?


P2280872


P2280866


P2280873


P2280875


P2280877
アッタヴァンティ通り


P2280878
この先にサンティ・イッポリート・エ・ビアージョ教会がありますが、出来れば午前中に2つの美術館を見ておきたいので、道草は禁物です。


P2280880
だまし絵の窓


P2280881
(つづく)

↑このページのトップヘ