イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:ウンブリア州 > モンテファルコ

今回は、モンテファルコのサンタ・ゴスティーノ教会です。
P2390135
マンマに教えられた通り、サンタゴスティーノ教会が開いてました。


P2390136
旧サン・フランチェスコ教会と並んでこの町で必見の教会でしょう。


P2390137
1279年から1285年に建設されたロマネスク様式の教会です。


P2390138
創建以来大がかりな修復や改修工事が行われていません。


P2390139
右側に側廊があるので、珍しい二廊式の内部です。


P2390141
木組みの梁の天井


P2390143
この教会の見どころはフレスコ画です。


P2390146
シエナ派の影響を受けたウンブリアの無名画家の「授乳の聖母」(15世紀初頭)


P2390150
ジョヴァンニ・ディ・カッラドゥッチョ(フォリーニョ、1404‐1437記録)の「慈悲の聖母」(15世紀前半)


P2390154
この礼拝堂のフレスコ画はウンブリアの無名画家によって14世紀後半に描かれました。


P2390156
詳細不明の「受胎告知」


P2390158


P2390160
詳細不明


P2390162


P2390164
アンブロージョ・ロレンツェッティに帰属する「聖母戴冠」(14世紀前半)


P2390167
ジョヴァンニ・バッティスタ・カポラーリに帰属する「聖母子と聖ジャコモと福音書記者聖ジョヴァンニ」(1522)


P2390168


P2390173
ウゴリーノ・ディ・ジスベルト(フォリーニョ、1479‐1500活動)の「聖母子と聖アゴスティーノとベアート・アンジェリコ・ダ・フォリーニョ」(15世紀第4四半世紀)


P2390178
15世紀のウンブリアの無名画家の「磔刑」


P2390176
15世紀のウンブリアの無名画家の「聖母子とアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2390180
詳細不明


P2390181
詳細不明


P2390183
14世紀のウンブリアの無名画家の「聖母子」


P2390185
何が描かれているのか分かりません。


P2390186
主祭壇と後陣


P2390188


P2390187
「磔刑像」(16世紀)


P2390190
15世紀のウンブリアの無名画家によって描かれたフレスコ画


P2390193
15世紀のウンブリアの無名画家によって描かれたフレスコ画


P2390194
サンタグネスの礼拝堂


P2390197
14世紀のウンブリアの無名画家によって描かれたフレスコ画(14世紀末)


P2390199
かなり落剝してます。


P2390201
「受胎告知する大天使」


P2390203
17世紀の無名画家の「聖アグネス」


P2390205
後陣への立ち入りが可能であることが分かりました。


P2390206
聖歌隊席の上に置かれていました。


P2390207
ユニークです。


P2390208


P2390209


P2390211
この礼拝堂のフレスコ画は殆ど落剝してます。


P2390215
「あれっ、何処かで見たような・・・・」
Cappella della Madonna Perpetuo Soccorso


P2390218
直ぐに思い出すことが出来ました。
先ほど、市立美術館のサン・フランチェスコ教会で見たベノッツォ・ゴッツォリのフレスコ画と同じです。


P2390609
これです。
ベノッツォ・ゴッツォーリのフレスコ画の写真を再掲します。


P2390219
サンタゴスティーノ教会のフレスコ画は、多分ヤコポ・ヴィンチオーリ・ダ・スポレートによって描かれたとされてます。また、時代的にこちらの方はベノッツォ・ゴッツォリ作品の複製と考えられてます。


P2390216
複製のフレスコ画が制作した理由は不明のようです。


P2390224
制作者不明


P2390225
この部分はフランチェスコ・メランツィオによって描かれたそうです。


P2390227


P2390228


P2390232
詳細不明の礼拝堂


P2390239
サンタ・キアーラ・ダ・モンテファルコの礼拝堂


P2390241
制作者不明の「聖キアーラ・ダ・モンテファルコ」


P2390243



P2390238
次の礼拝堂です。


P2390247
右側廊


P2390248
フレスコ画が沢山あって十分楽しめました。


P2390251


P2390252
聖水盤


P2390647
そろそろフォリーニョ行きのバスの時間です。


P2390649
サンタゴスティーノ門のフレスコ画をもう一度見ました。


P2390652


P2390653
バスの発車時刻まで2分しかありません。


P2390654
乗り遅れると次のバスは夕方なので焦りました。サンタゴスティーノ教会でゆっくりし過ぎました。


P2390657
所がバスは15分遅れ!


P2390656
バスターミナルから撮った写真
(おわり)

旧サン・フランチェスコ教会の続きです。
P2390629
右側廊です。


P2390636
右側の礼拝堂などを見ていきました。


P2390638
(シエナの)サン・ベルナルディーノの礼拝堂です。


P2390601
フレスコ画は、ヤコポ・ヴィンチオーリ・ダ・スポレートによって1461年に制作されました。
ヤコポはベノッツォ・ゴッツォリの影響を受けた画風でした。


P2390602
聖ジローラモ


P2390603
磔刑


P2390604
シエナの聖ベルナルディーノの物語


P2390605


P2390607


P2390596
シエナの聖ベルナルディーノ


P2390597
アレッサンドリアの聖カテリーナ


P2390598
祈るキリスト


P2390599
聖母子


P2390600
モンテファルコの聖キアーラ


P2390548
詳細不明の「聖母子」


P2390550
この辺は説明プレートがないのでお手上げです。


P2390551


P2390552


P2390553


P2390554


P2390555
次の礼拝堂です。


P2390557
詳細不明


P2390558
詳細不明


P2390561
詳細不明


P2390563
詳細不明


P2390566
詳細不明


P2390568
ジョヴァンニ・コッラドゥッチョと工房の「祈りキリストと4福音書記者」(1420‐30c)


P2390565


P2390567


P2390569


P2390572
私にはこの礼拝堂のことがよく分かりません。勿論、市立美術館の方では分かっていると思います。


P2390573


P2390574


P2390575


P2390577


P2390578


P2390579


P2390580


P2390581


P2390585


P2390587


P2390588


P2390589


P2390590


P2390592
Maestro del Crocifisso di Montefalco の「彩色磔刑像」(13世紀末‐14世紀初頭)


P2390637
次は聖ジローラモの礼拝堂です。


P2390609
ベノッツォ・ゴッツォリが1452年に制作したフレスコ画です。


P2390608


P2390611


P2390612


P2390613




P2390615


P2390614


P2390616


P2390617


P2390618


P2390619


P2390620


P2390621


P2390622


P2390623


P2390624


P2390625


P2390626


P2390627


P2390628


P2390631
小美術館ですがサン・フランチェスコ教会のフレスコ画が秀逸でした。


P2390632
ウンブリアを代表する美術館一つと思います。


P2390633
特筆すべきは月曜日に開館していることです。


P2390639
出口は入口と兼用です。


P2390641
有難いことに避暑にもなりました。


P2390644
外に出ました。
(おわり)

旧サン・フランチェスコ教会の続きです。
P2390461
美術ファンにとって見所豊富な教会と言えるでしょう。


P2390458
中でもフレスコ画が秀逸です。


P2390451
壁龕に描かれたフレスコ画


P2390462
ウンブリアの無名画家のフレスコ画(14世紀末‐15世紀初め)


P2390464


P2390453
こちらの壁龕はペルジーノのフレスコ画(1503)


P2390455
受胎告知、永遠なる父


P2390457
ご誕生


P2390467
聖アンドレアの壁龕のフレスコ画は、ティベリオ・ダッシジの「玉座の聖母子と聖アンドレアとバーニョレージョの聖ボナヴェントゥーラ」(1510)


P2390471
パドヴァの聖アントニオの壁龕のフレスコ画は、ヤコポ・ヴィンチオーリ・ディ・スポレートの「磔刑とパドヴァの聖アントニオの物語」(15世紀中頃)


P2390473
Cappella della Concezione o Bontadosi
この礼拝堂のフレスコ画は、イル・ファンティーノによって16世紀末‐17世紀初めに制作されました。


P2390475
無原罪の御宿リと聖フランチェスコとパドヴァの聖アントニオ


P2390477
父なる神と受胎告知


P2390479
バーニョレージョの聖ボナヴェントゥーラ


P2390480
聖母の寺院への出現


P2390481
クーポラ


P2390482
アッシジの聖キアーラ


P2390485
ジョヴァンニ・ディ・コッラドゥッチョ工房の「アンティオキアの聖イグナツィオ」


P2390486
詳細不明


P2390489
ウンブリアの無名画家の「アレッサンドリアの聖カテリーナの殉教」


P2390492
アントニアッツォ・ロマーノ(?、1430‐1435c‐ローマ、1508)の「サラゴッツァの聖ヴィンチェンツォと聖イッルミナータとトレンティーノの聖二コラ」(1488)


P2390494


P2390495


P2390497


P2390499
16世紀初めのペルジーノの追随者の「聖母子とトローサの聖ルドヴィーコと天使」


P2390501
詳細不明


P2390503
ペルジーノの追随者の「聖セバスティアーノ」(16世紀初め)


P2390504
ペルジーノの追随者の「聖ロッコ」


P2390496
次の礼拝堂です。


P2390508
Cappella della Passione


P2390509
この礼拝堂のフレスコ画は、ベノッツォ・ゴッツォリに描かれました。しかし、ジョヴァンニ・コッラドゥッチョによって1415年から1420年に制作されたとの説もあるようです。


P2390510
聖フランチェスコの生涯が描かれてます。


P2390511


P2390512


P2390513


P2390514


P2390517


P2390518


P2390520


P2390522


P2390523


P2390524


P2390526


P2390528


P2390530


P2390531


P2390533


P2390534


P2390536


P2390537


P2390539


P2390540


P2390542


P2390543


P2390544


P2390545


P2390546
(つづく)

P2390363
フランチェスコ・メランツィオの「救助の聖母」(15世紀第4四半世紀)


P2390365
フランチェスコ・メランツィオの「玉座の聖母子と聖人たち(聖セバスティアーノ、聖ピエトロ、聖パオロ、聖ドメニコ?)」(1487)


P2390368
フランチェスコ・メランツィオの「聖母子と4聖人」(1488)


P2390370
玉座の聖母子


P2390372
聖セバスティアーノ、聖フォルトゥナート


P2390374
聖セヴェーロ、モンテファルコの聖キアーラ


P2390378
次の部屋です。


P2390379
17世紀の制作


P2390382
イタリア中部で製造されたピストル(18世紀)


P2390385
トッマーゾ・グラムピーニとクレメンテ・デリ・アッバ―ティの「サラセン兵士像」(1747c)


P2390387
ヨーロッパ東部で製造されたサーベル(19世紀)


P2390389
武具


P2390390
イタリア製の衣服(18世紀)


P2390395
この辺の展示が意味合いが分かりません。


P2390398
詳細不明


P2390400
詳細不明


P2390401


P2390402
次の部屋です。


P2390403


P2390404
イタリアの無名彫刻家の「聖アゴスティーノ」(17世紀後半)


P2390406
聖ピエトロ像が取り外されてます。


P2390409
制作者不明の「磔刑像」(18世紀)


P2390412
制作者不詳の「磔刑像」(15世紀)


P2390415
制作者不明の「磔刑像」(16世紀)


P2390419
エルコーレ・オルフェイ(ファーノ、16後半活動)の「聖体容器」(1569)


P2390422


P2390424


P2390427
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「聖母戴冠」(16世紀前半)


P2390429
ウンブリア産の織布断片(15世紀前半)


P2390431
ウンブリア産テーブルクロス(17世紀)


P2390433
ウンブリア産クッションカヴァー(17世紀)


P2390435
イタリア産婦人靴(18世紀後半)


P2390437
イタリア産針山(16‐17世紀?)


P2390439
イタリア産洗礼帯(16世紀第3四半世紀)


P2390441
次はサン・フランチェスコ教会です。


P2390442
1335年‐1338年に建設されました。


P2390443
左側壁


P2390444
右側に側廊が設けられてます。


P2390445
天井


P2390446
(つづく)

P2390257モンテファルコは小さな町ですが、それにも拘らず市立美術館は質の高い作品を展示しています。


P2390057
写っている教会はサン・フランチェスコ教会です。


P2390058
既に宗教活動を停止した旧教会です。


P2390064
教会は市立美術館に組み込まれ、旧サン・フランチェスコ教会に描かれたフレスコ画、モンテファルコの各教会から集められた祭壇画やフレスコ画が展示されてます。


P2390258
教会の手前の建物も美術館です。


P2390009
入館しました。


P2390263
最初の展示室です。


P2390264
展示室番号の表記はなかったと思います。


P2390265
17世紀のウンブリアの無名彫刻家の「対の天使」(木彫り彩色像)


P2390267
この部屋には目ぼしい作品がなかったような・・・・・


P2390271


P2390274
18世紀の無名画家の「受胎告知」


P2390277
クレメンテ・デリ・アッバ―ティの「聖母の誕生」(1779)


P2390280
ミケランジェロ・チェッレーティの「マグダラのマリアの昇天」


P2390283
アントン・マリア・ガルビの「聖母被昇天」(18世紀後半)


P2390285
次の部屋です。


P2390287
シメオーネ・チブッリの「聖母子と聖ジョヴァンニーノとバーリの聖二コラと聖フランチェスコ」(1605)


P2390291
ピエトロ・ランカネッリの「天上の聖母子と聖ロッコと聖クレメンテと聖フランチェスコと聖キアーラ」(1602)


P2390293
16世紀中頃の無名画家の「四福音書記者」(16世紀中頃)


P2390296
18世紀の無名画家の「聖母子」


P2390289


P2390298
16世紀前半のウンブリアの無名画家の「磔刑のキリストと聖母と福音書記者聖ジョヴァンニとマグダラのマリア」(16世紀初め)


P2390302
ウンブリア?の無名画家の「聖母子」(14世紀初め)


P2390304
15世紀前半のローカル無名画家の「聖人たち」


P2390308
14世紀末のウンブリアの無名画家の「獄中の聖マルゲリータ」


P2390310
次の展示コーナーです。


P2390313
ニッコロ・ラルンノ工房の「聖母戴冠と洗礼者聖ジョヴァンニと聖セヴェーロ」(15世紀第3四半世紀)


P2390316
ヤコポ・ヴィンチョーリの「磔刑像」(1461c)


P2390319
ニッコロ・ラルンノのサークルの「聖フランチェスコがいる磔刑」(15世紀第3四半世紀)


P2390322
16世紀のウンブリアの無名画家の「磔刑」


P2390324
15世紀のフォリーニョの無名画家の「キリストの物語」(1450‐60c)


P2390325
受胎告知


P2390326
ご誕生


P2390327
マギの礼拝


P2390328
割礼


P2390329
キリストの逮捕


P2390330
キリストへの嘲笑


P2390331
カルヴァリオへの途


P2390332
磔刑、授乳の聖母
磔刑の隣が授乳の聖母は時系列的に理解できません。


P2390335
メロッツォ・ダ・フォルリ工房の「聖母子」(1470c)


P2390337
スポレートの無名画家の「彩色磔刑像」(1280‐90)


P2390341
ウンブリアの無名画家の「ピエタ」(1330c)


P2390343


P2390344


P2390345
16世紀初めのウンブリア無名画家の「聖母戴冠とパドヴァの聖アントニオとフェルトレの聖バルナルディーの」(16世紀初め)


P2390348
フランチェスコ・メランツィオの「聖母子と2音楽天使」(1510)


P2390352
フランチェスコ・メランツィオの「玉座の聖母子と聖人たち(パドヴァの聖アントニオ、シエナの聖ベルナルディーノ、聖フランチェスコ、聖フォルトゥナート、トローサの聖ルドヴィーコ、聖セヴェーロ)」(1498)


P2390354
フランチェスコ・メランツィオの「受胎告知」、「幼きキリストを崇拝する聖母」(15世紀末‐16世紀初め)


P2390355


P2390356


P2390358


P2390360
フランチェスコ・メランツィオの「聖フランチェスコ」(15世紀末‐16世紀初め)
(つづく)

P2390058
市立美術館の開館時間になりました。


P2390289
市立美術館については、4回に分けて詳しく触れる予定です。


P2390636
特によかったのが旧サン・フランチェスコ教会のフレスコ画でした。


P2390608
月曜日の行き先としてモンテファルコは有り難い存在であると実感しました。


P2390039
フォリーニョ行きのバスの時間まで1時間半もあるので、町歩きを再開しました。
タクシーも考えましたが、観光案内所で聞いたら、ベヴァーニャにタクシーが行ったのでフォリーニョから呼ぶということでした。


P2390040
サンタゴスティーノ教会のフレスコ画が素晴らしいので、それを見るためには1時間半は無駄になりません。


P2390043


P2390045
フェデリーコ2世門


P2390046
サン・バルトロメオ教会の入り口はファサード側にあります。


P2390048
大回りしないとファサード側には行けません。


P2390049
サン・バルトロメオ教会の鐘楼


P2390050
閉まっていることが多い教会なので、大回りしてファサード側に行く気がしません。


P2390052


P2390055
町一番の通りに出てしまいました。


P2390065
狭いチェントロなので、同じところに何度も来てしまいます。


P2390066
次はサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。


P2390069


P2390067
この道を3,4分歩けばグラツィエ教会に出ます。


P2390071
鐘楼が見えてきました。


P2390073
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。


P2390076
シエナ派の無名画家によるフレスコ画があるようですが、拝観したことがありません。


P2390075
この日も扉が固く閉まっていました。入口下に鳥のフンがないので、現役の教会と思いました。活動を停止した教会の扉下には鳩のフンが多いのが普通です。


P2390077
美術館になっているサン・フランチェスコ教会を除けば、この町で拝観すべき教会はサンタゴスティーノに尽きます。


P2390079
人口比教会数としては、モンテファルコは教会当たりの人口はかなり低い、つまり教会が多いと思います。


P2390081
Vicolo Valenti


P2390083
市立美術館に入館する前に通った道です。


P2390085
Corso Goffredo Mameli


P2390086
サンタゴスティーノ教会です。


P2390087
日中は開いていると思っていたので、扉が閉まっていたのは予想外でした。ところが、親切なマンマがあと5分もすれば開くよ、と教えてくれました。人のことをよく見てますね、マンマ恐るべしです。


P2390091
Via Melanzio


P2390095
開いていないだろうと思いながら、サン・バルトロメオ教会ファサードに向かいました。


P2390096
予想通り閉まっていました。


P2390098


P2390099
Largo San Bartolomeo


P2390106


P2390100
ダンテ広場


P2390103
ダンテ広場からサンタ・キアーラ教会が見えました。


P2390109
城壁沿いのVia de Cuppisです。


P2390110
右折してVia Piceniに出ました。


P2390114
この通りの突き当りがサンタゴスティーノ教会です。


P2390117


P2390130
聖フランチェスコ


P2390132
(つづく)

P2380962
イタリアの空は青いですね。


P2380959
Largo della Castellina


P2380961
徐々に暑くなってきましたが、町歩きにはまだ最適でした。


P2380965
城壁外は丘の上で見所がないので、フェデリーコ2世門を潜って城壁内に戻りました。


P2380964
次はサンタ・ルチア教会です。


P2380966
物音一つ聞こえてきません。


P2380969
この通りは、画家のあのヴァザーリと関係があるのでしょうか?
それともvasaio(壺職人、壺売り)?


P2380970
画家のヴァザーリがモンテファルコで仕事をしたという話は聞いたことがありません。


P2380973
観光客がいません。


P2380974
鐘楼が見えてますが、サンタ・ルチア教会のものではありません。


P2380975
サンタ・ルチア教会は普通の民家よりも小さな建物です。


P2380981
残念! 扉が閉まっていました。


P2380977
一度拝観したことがありますが、この近所の人たちが大切している素朴な信仰の場であることが分かりました。


P2380982
稚拙と言った方が良さそうな落剝して辛うじて聖母子の痕跡とわかるフレスコ画があります。


P2380983
この付近は非常に綺麗で、道にはごみ一つ落ちていません。


P2380984
教会付近の家々も綺麗です。


P2380978


P2380979


P2380988
次はカミアーノ門です。


P2380990
写真右奥の道を下れば門に出ます。


P2380992
カミアーノ門です。


P2380993


P2380994
門を潜って城壁外に出ました。


P2380996
Viale Matteotti


P2380999
遠くに見えているのはフォリーニョ?


P2380997
城壁外には見所がありません。


P2380991
城壁内に戻りました。


P2390003
この道を上れば直ぐにコムーネ広場に出ます。


P2390004


P2390005
広場が写ってます。


P2390007
同じところを歩いてはつまらないので、Vicolo del Monteに入りました。


P2390008
この突き当りに市立美術館があります。


P2390259
Palazzo de Cuppis


P2390010
開館時間まで30分ほどありました。更に時間つぶしが必要です。


P2390011
Vicolo Valenti


P2390014


P2390015
小さな町なので、あちこち歩いても中々時間がつぶれません。


P2390017
この辺の道はコムーネ広場に出るようになってます。


P2390019
広場に戻って一休みすることに。


P2390030


P2390036
コムーネ広場に戻りました。


P2390038


P2390037
気の利いた店で開いていたのはエノテカだけでした。


P2390032
こんな朝早くから開店して、一杯やる客がいるんだろうかと疑問に思っていたら、なんと私がその客に。


P2390033
(つづく)

P2380881ピンク色の自転車のオブジェ


P2380882
サンタゴスティーノ門


P2380883
時計が3時10分を指してますが、午前9時過ぎでした。


P2380886
門に描かれたフレスコ画


P2380887
門を潜って城壁外に出ました。


P2380888
城壁外の時計もダメですね。


P2380889
モンテファルコの城壁


P2380894
Torre del Veriziere


P2380890


P2380893
城壁外には見所がなさそうでした。


P2380895
Borgo Garibaldi


P2380898
ここにもピンクに塗られた車輪がありました。


P2380900
次はサンタ・キアーラ教会です。


P2380903
この道を下ればバスターミナルに出ます。


P2380908
この辺で通りの名称がカヴール通りに変わります。


P2380909
サンタ・キアーラ教会修道院です。


P2380911
ファサードにある聖キアーラ像です。


P2380912
こちらの像は頭部が崩落しているので、誰の像なのか、分かりません。


P2380913
扉が開いていたので拝観しました。


P2380914
三廊式の内部です。


P2380915
聖キアーラと言うとアッシジの聖キアーラが有名です。しかし、この教会はモンテファルコの聖キアーラ(モンテファルコ、1268‐1308)を祀ってます。
サンタ・キアーラ・ダ・アッシジは、1194年に生まれ1253年に没しました。
二人は全くの別人ですから、混同してはいけません。


P2380916
1261年、聖キアーラの姉ジョヴァンナがこの地に修道院を建てましたが、それがこの教会に前身です。
現在の建物は1430年に建設されたもので、クリプタに聖キアーラの遺体が埋葬されてます。


P2380917
16世紀に造られた祭壇


P2380919
右翼廊の礼拝堂


P2380926
詳細不明


P2380931
左側廊


P2380932


P2380929
右側廊


P2380930


P2380934
詳細不明


P2380918
出入口


P2380936
特に見所がない田舎の教会でした。


P2380937


P2380940
次はサン・バルトロメオ教会です。


P2380941
城壁沿いの道を上りました。


P2380943
フェデリーコ2世通り


P2380944
サン・バルトロメオ協会は城壁内にあります。


P2380945
城壁が続いてます。城壁内に入る門はこの先です。


P2380947
通ってきた道を振り返りました。


P2380948


P2380950


P2380956
下の方に視界が開けてきました。


P2380955


P2380953
Porta Federico II


P2380957
サンタ・キアーラ教会の全景が良く見えました。


P2380958
(つづく)

モンテファルコは、人口5,626人(2017年1月1日現在)のウンブリア州ペルージャ県にあるコムーネで、ルネサンス期にはウンブリア派画家たちの拠点として芸術面で大いに発展しました。
P2380807
フォリーニョ駅前です。


P2380816
この日は2017年6月の月曜日でした。フォリーニョからバスでモンテファルコに向かいました。
多くの美術館や博物館が休館となる月曜日の過ごし方については、美術ファンの私としては腐心するところです。モンテファルコ市立美術館が月曜開館とされているので、モンテファルコ行きを決めたのです。


P2380817
モンテファルコのバスターミナルに到着しました。


P2380819
先ず市立美術館が本当に開館しているのか、確認に向かいました。


P2380820
チェントロを縦貫するCorso Goffredo Mameriです。
所々に飾り付けがあって、通常とは違って華やいで見えました。そうは言っても、足繫く通っているわけではなく、これで4回目のモンテファルコです。


P2380821
道路にあったものです。お祭りの後でしょうか?


P2380822
市立美術館にやってきました。


P2380825
市立美術館に組み込まれている旧サン・フランチェスコ教会です。


P2380826
確認できました、この日は開館します。
モンテファルコのような小さな自治体の美術館ですが、開館日時が記載されているHPの記述はあてにならないことが良くあります。


P2380827
開館時間まで2時間ほどありました。それまで町歩きです。
Palazzo de Cuppis


P2380823
ここにもありました。


P2380824
この時は分かりませんでしたが、町の飾りつけはGiro d’Italia 2017のものでした。
Giro d'Italiaの第10ステージがフォリーニョからモンテファルコまで行われたのです。


P2380829
中世の佇まいを見せる町並みです。


P2380830
アントニオ・マルティーニ広場


P2380831
町の中心であるコムーネ広場に向かいました。旧サン・フランチェスコ教会から広場まで30‐40mくらいの僅かな距離です。


P2380832
広場の入り口にありました。


P2380833
この広場が第10ステージのゴールだったようです。


P2380834
コムーネ広場


P2380836
Palazzo del Comune


P2380835
朝方はそうでもありませんでしたが、この日も猛暑日になりました。


P2380840
劇場です。


P2380846
ピンク色はモンテファルコのシンボルカラーのようです。


P2380841
朝の早い時間にモンテファルコに来たのは、フォリーニョからの午前中のバスが午前7時台しかなかったからです。タクシーを利用したことがありますが、€25ほどでモンテファルコに行くことが出来ます。しかし、駅前のタクシーが常駐するのは大体午前10時からなので、バス利用に決めました。


P2380842


P2380843
市立美術館の開館確認を優先したので、バスターミナルからの道はほとんど見ていませんでした。


P2380848
チェントロの入り口である門まで戻って、町歩きをやり直すことにしました。


P2380849
Corso Goffredo Mameli


P2380851


P2380852
この時はピンク色の飾りつけが何のためなのか、全く分かりませんでした。


P2380853
ピンク色に塗装された自転車がありました。


P2380855
夏至前後の日曜日に祭りをするコムーネが多いので、この時は、前日の日曜日がお祭りだったと思っていました。


P2380856
レストランやワインショップなどにピンク色の飾りつけが多かったと思います。


P2380857
昼食をしたレストランで聞いて、初めてGiro d'Italiaのことが分かったのです。


P2380858


P2380859


P2380860


P2380864
自転車ロードレースはヨーロッパで非常に人気があるスポーツです。


P2380865
中野浩一選手が世界選手権で5連覇か6連覇した時、レストランで食事をしていたら、中野選手の偉業について話しかけられたのを覚えてます。


P2380866
日本では、自転車競技と言うと、競輪、ギャンブルという印象が強いせいなのか、中野選手の偉業に対する評価がイマイチのようだったと思います。


P2380867


P2380868


P2380871


P2380870


P2380872


P2380873
サンタゴスティーノ教会


P2380875


P2380876
Porta Sant'Agostino


P2380878
(つづく)

↑このページのトップヘ