P2480287
2017年10月、スクロヴェーニ礼拝堂は修復工事中でした。
ここには毎年行っているので、修復前の写真を載せましょう。


010
1303年創建、1305年に完成した礼拝堂です。建築の経緯についてはガイドブック載っているので、ここでは省略します。


P1950644
ここが有名なのは西洋美術史上最も重要とされているジョット・ディ・ボンドーネのフレスコ画があるからです。


P1950627
長らく礼拝堂内は写真厳禁とされてきましたが、2016年夏ころに写真OKになったことを知りました。
ジョットのフレスコ画の全場面は既に色々なサイトで公開されているので、わざわざ自分で写真を撮ることに然程の意味がないものの、単なる自己満足のためにジョットの傑作鑑賞を二の次にして写真を撮るために礼拝堂に行った次第です。


P2480288
礼拝堂への入口です。拝観は1回25人の定員制で、15‐20分の総入れ替えとなってます。15分になるか、20分になるのかは、当日の混雑状況によります。


P2480289
ここは文化財保護のため、ビデオを見ながら15分ほどここで待機して拝観者の微細塵と温度調整が行われます。


P2480290
内部に入りました。


P2480291
礼拝堂祭壇の彫刻は、ジョヴァンニ・ピサーノの「聖母子と2天使」
エンリコ・デッリ・スクロヴェーニの墓もあります。


P2480292
後陣


P2480293
フレスコ画のテーマは、「聖母の生涯」と「キリストの生涯」です。


P2480294
この日は1回だけの拝観でした。15‐20分では十分に鑑賞できないので、通常2回拝観することにしてましたが、この日は意外に混雑していて都合の良い時間に予約できませんでした。


P2480295
この日の拝観時間は15分だったと思います。


P2480296


P2480297


P2480298


P2480299


P2480300


P2480301


P2480302


P2480304


P2480305


P2480306


P2480308


P2480309
死せるキリストへの哀悼


P2480310
エジプトへの逃避


P2480311
寺院へのキリストの出現


P2480303
ファサード裏


P2480312
最後の審判


P2480313


P2480330


P2480331
徳の寓意


P2480332
悪徳の寓意


P2480314
嬰児虐殺


P2480315
磔刑


P2480316
キリストの洗礼


P2480317
博士たちとの問答


P2480318
カルヴァリオへの途


P2480319
聖母の誕生


P2480320


P2480321


P2480323


P2480324


P2480325


P2480326
キリストを謁見するカイファ


P2480327
キリストの鞭打ち


P2480328
ドーロ門の聖アンナと聖ジョアッキーノの邂逅


P2480329
ジョアッキーノの夢


P2480333
羨望


P2480334
ユダの接吻


P2480335
寺院への出現


P2480336
聖人たち


P2480337


P2480339
ラザロの蘇生


P2480340
我に触れるな


P2480341


P2480342
マギの礼拝
最上段画面の写真を撮るのが難しいですね。


P2480343
弟子の足を洗うキリスト


P2480344


P2480345
聖母の結婚


P2480346
キリストのエルサレム入城


P2480347
キリストの昇天


P2480348


P2480350
神殿清め


P2480351
聖霊降臨


P2480352
浮気


P2480353


P2480355
ご誕生


P2480356
最後の晩餐


P2480357
天井


P2480358
25人の定員制ですが、狭い場所にいるので、聖母の生涯、キリストの生涯に順番通りに写真を撮るのは難しいと思います。


P2480359
どうしても鑑賞してしまうので、一回の拝観で撮れる写真はこの辺が限界でしょうね。


P2480361
ジョアッキーノと羊飼い


P2480363
受胎告知される聖母


P2480369
カナの晩餐


P2480371
外に出されました。
(おわり)