イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > ナポリ、ピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディア教会と画廊

美術館は教会と画廊に分かれており、後編は画廊です。
P1550423
教会と画廊はそれぞれ別の入り口から入ります。


P1550422
画廊は建物の二階(日本の)にあります。その一部は教会の上にあります。


P1550420
画廊の展示はナポリ派画家たちの作品が中心です。


P1550419
画廊展示室の入り口


P1550417
フランチェスコ・マリア・カゼッリ(ヴェローナで1640‐1660活動記録)の「金の子羊への礼拝」


P1550415
チェーザレ・フラカンツァーノ(1605‐1652)の「悪魔に取りつかれた人を救うキリスト」


P1550413
チェーザレ・フラカンツァーノの「ピエタ」


P1550411
フランチェスコ・アントニオ・アルトベッロ(ビトント、1637‐1695c)の「聖ジローラモ」


P1550408
マッティア・プレティーの「我に触れるな」


P1550405
マッティア・プレティーの「キリストから注文を受ける天使」


P1550403
マッティア・プレティーの「キリストを誘惑する悪魔」


P1550401
マッティア・プレティーの「ご訪問」


P1550399
マッティア・プレティーの「幼きキリストとパドヴァの聖アントニオ」


P1550395
ルーカ・ジョルダーノの「聖ピエトロ」


P1550393
マッシモ・スタンツィオーネの「聖アポッロニア」


P1550391
マッシモ・スタンツィオーネの「幼きキリストとパドヴァの聖アントニオ」


P1550388
マッシモ・スタンツィオーネの「聖アグネス」


P1550385
17世紀のナポリ派無名画家の「グイド・レーニ作『聖ルーカ』と『福音書記者聖ジョヴァンニ』の複製画」


P1550383
ミサ中の教会が見えました。


P1550339
ナポリ派画家たちの作品が揃ってます。


P1550291
フランチェスコ・デ・ムーラの「十字架を崇める聖パオロ」


P1550293
フランチェスコ・デ・ムーラの「悔悛のマグダラのマリア」(1760c)


P1550297
フランチェスコ・デ・ムーラの「最後の晩餐」(1750c)


P1550299
フランチェスコ・デ・ムーラの「ご訪問」(1750c)


P1550302
フランチェスコ・デ・ムーラの「エジプトへの逃避途中の休息」(1751)


P1550305
ドメニコ・アントニオ・ヴァッカーロ(ナポリ、1678‐1745)の「天上の聖マルティーレ」


P1550307
フランチェスコ・デ・ムーラの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1750c)


P1550309
フランチェスコ・デ・ムーラの「洗礼者聖ジョヴァンニ」(1765c)


P1550311
フランチェスコ・デ・ムーラの「天上の聖母子と聖ローザと洗礼者聖ジョヴァンニ」(1720c)


P1550313
フランチェスコ・デ・ムーラの「嘆きの聖母」(1760‐70c)


P1550315
フランチェスコ・デ・ムーラの「荊刑のキリスト」(1760c)


P1550340
教会だけに行って画廊に足を運ばない人が結構いますね。


P1550318
ジローラモ・ダ・サレルノ(ナポリ、1514‐1521生存記録)の「マギの礼拝」


P1550320
ジョヴァンニ・バリオーネの「キリストの埋葬」
皮肉なことに、カラヴァッジョの作品があるところにバリオーネの作品を見かけることが多いですね。


P1550324
ファブリツィオ・サンタフェ―デと工房の「聖母子とベネデット会修道士」


P1550326
レオナルド・コッコランテ(ナポリ、1680‐1750)の「遺跡」


P1550329
ファブリツィオ・サンタフェ―デの「聖家族と聖ルチア」


P1550332
テオドーロ・デッリーコ(ナポリ、1574‐1606記録)の「プリタの聖母」


P1550335
アンドレア・ヴァッカーロ(ナポリ、1604‐1670)の「ピエタ」


P1550337
ジュゼッペ・ダ・リベラの「聖アントニオ・アバーテ」


P1550341
フランチェスコ・デ・ムーラの「アガルとイシマエル」(1737‐38)


P1550343
他に聖具類、聖職者の衣装、調度品などが展示されてます。


P1550345
ハープシコード


P1550348
フランチェスコ・デ・ムーラの「受胎告知」(1710c)


P1550351
ブロンズィーノの「エレオノーラ・ディ・トレドの肖像」
エレオノーラが老年になった頃の肖像画です。彼女が更に老いた頃の肖像画がルッカ―にあります。


eleonora
参考までに、エレオノーラが若かりし頃の肖像画がこれです。ブロンズィーノの作品で、フィレンツェのウフィツィ美術館にあります。
エレオノーラはナポリ副王の娘で、トスカーナ大公コジモ1世の妻でした。


P1550354
ファブリツィオ・サンタフェ―デの「武具の男の肖像」


P1550356
Maestro del Giudizio di Salomone (ローマで17世紀前半活動)の「聖ピエトロの拒否」


P1550360
Dirck van Baburen (1595c-1624)の「聖トッマーゾの不信」


P1550364
ポリドーロ・ダ・カラヴァッジョの作品


P1550368
ナポリの無名画家の「マルコ・ピーノ作『聖家族』のコピー画」


P1550371
ナポリの無名画家の「ルーカ・ジョルダーノ作『聖母子と聖ジョヴァンニーノ』のコピー画」


P1550375
ジョヴァン・ベルナルディーノ・アッゾフィーノ(ナポリ、1594‐1645記録)と工房の「羊飼いの礼拝」


P1550379
イル・チェラーノの「聖フランチェスコ」


P1550381
エンリコ・フィアッミンゴ(アムステルダム、1607c‐1684)の「聖ジローラモ」


P1550421
ナポリの画家たちは、ドメニキーノを殺したことから分かるようにかなり嫌なところがあります。


P1550424
(おわり)

P1550223
ピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディアは、教会と画廊から成る美術館です。
前編は、カラヴァッジョの「慈悲の七つの行い」があるピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディア教会です。
カプア―ナ城からダンテ駅へと通じるトリブナーリ通りです。


P1550224
如何にもナポリらしい、バイクや車が疾走する喧噪に満ち、道路上には犬の糞があちこちにある裏通りです。道路上のゴミ、糞に関して言えば、私が行った市町村の中でナポリは最悪で不衛生極まりない街です。ナポリの人たちの頭は相当にイカレテイルと思います。
2,3年前、ゴミ収集従事者のストライキ中にナポリに行ったことがありますが、街角のあちこちのゴミ山にたかる野良猫やネズミを見て、ペストに罹るのではないかと心配になりました。それでもナポリの人たちは平気なようで、ビックリしました。翌日、ゴミ山は更に大きくなり、翌々日はもっともっと高くなりました。ナポリ人、恐るべしです。


P1550225
通りに面して教会があります。


P1550226
外観が教会らしくないので、うっかりすると見過ごす可能性がありそうです。


P1550232
余談ですが、ナポリでは、大体このホテルに泊まることが多い。ホテル名のカラヴァッジョは、ホテルがカラヴァッジョ作品がある教会前の広場にあることに由来していると思います。

カラヴァッジョの「慈悲の7つの行い」があるピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディア教会が美術館として公開されるようになったのは2005年頃だったと思いますが、それ以前は教会の扉が開いていることが少なくなく、カラヴァッジョ作品を鑑賞できるか否かは正に運次第でした。
ミサの時は開くことが分かり、このホテルに泊まり、扉が開くのを待っていたものでした。それでもナポリ滞在中に拝観できなかったことがありました。


P1550231
美術館になってくれて大歓迎です。


P1550234
ピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディアは、プロテスタントに対抗するために、1601年8月に設立された慈善団体です。
団体の設立後、教会を建てることになり、1602年に創建され、1606年に完成したバロック様式のピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディア教会です。


P1550227
ピオ・モンテ・デッラ・ミゼリコルディアのロッジャです。
教会は慈善団体の建物の一部に組み込まれています。


Complesso_del_Pio_Monte_della_Misericordia_svg
建物図の写真右下が教会です。


P1550235
ロッジャの壁に「慈悲の7つの行い」の写真が掲げられてます。


P1550237
ミサ中は教会の中に入ることが出来ません。


P1550238
通りから建物の中に入ります。切符売り場は写真左側にあります。


P1550241
中庭


P1550242


P1550243
中庭の彫刻


P1550239
中庭に出る右手前に教会への入り口があります。


P1550246
入って直ぐのところに「慈悲の聖母」の彫刻があります。


P1550267
中に入りました。


P1550268
八角形の内部です。7つの礼拝堂と主祭壇があります。


P1550269
この教会の存在をあまり知られていないようで、拝観者が多いということは先ずありませんが、時々、カラヴァッジョ作品ツアーのご一行が訪れます。


P1550270
クーポラ


P1550249
主祭壇


P1550251
主祭壇画は、カラヴァッジョの「慈悲の7つの行い」(1607)です。


P1550286
教会は1606年9月に完成しました。
新教会に相応しい主祭壇画の注文先を探していましたが、その翌月の1606年10月、ローマで殺人を犯し偶々ナポリに逃亡してきたカラヴァッジョに祭壇画が注文されました。


P1550290
そうして1607年1月に完成したのが、この「慈悲の7つの行い」でした。同信会が行っていた慈善事業を聖書の記述によって表現した傑作です。
作品制作料は400ドゥカートだったとの記録が残されてます。当時の1ドゥカートは今の約10万円説を採用すれば、画料は約4000万円!ということになります。

7つの礼拝堂には、それぞれ祭壇画が掲げられてます。


P1550273
バッティステッロの代表作です。


P1550275
「獄中からの聖ピエトロの解放」(1615)


P1550277
ルーカ・ジョルダーノの「十字架降下」(1671)


P1550279
ファブリツィオ・サンタフェ―デの「Tibithaを蘇生させる聖ピエトロ」(1611)


P1550282


P1550284
床の中心にある模様


P1550257
ジョヴァン・ヴィンチェンツォ・フォルリの「善きサマリア人」(1607‐08)


P1550260
ファブリツィオ・サンタフェ―デの「マルタとマリアの家のキリスト」(1612)


P1550264
ジョヴァン・ベルナルド・アッゾリーノの「奴隷を開放する聖パオリーノ」(1626‐30)

祭壇画がもう1点ある筈ですが、ありませんでした。


croppedimage530350-Luca-Giordano_Napoli
その作品がこれです。
ルーカ・ジョルダーノの「キリストと姦通女」
これと同じ作品がオークションに出品されていましたが、この教会にあったものでしょうか?
(作品画像は外部サイトから拝借しました)


P1550383
画廊の間越しから見えたカラヴァッジョの作品です。この時、ミサ中でした。


P1550228
(つづく)

↑このページのトップヘ