イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > モンテプルチャーノ市立美術館

P2250917
フランチェスコ・ブリーナ工房の「エレオノーラ・カルチャ・ディ・トレードの肖像」(16世紀後半)


P2250920
サンティ・ディ・ティート(ボルゴ・サン・セポルクロ、1536‐フィレンツェ、1603)の「騎士サント・ステファノの肖像」


P2250924
サンティ・ディ・ティートの「ハンカチを持った男の肖像」


P2250926
ジョヴァンニ・マリア・ブッテーリ(フィレンツェ、1536‐1606生存記録)に帰属する「女性と子供の肖像」


P2250928
Franz Pourbus il Giovane (Anversa, 1569- Parigi, 1622)の工房の「マルタ騎士の肖像」


P2250930
アレッサンドロ・アッローリ工房の「子供の肖像」


P2250932
16世紀後半のヴェネトの無名画家の「ティツィアーノ作『教皇ジュリオ2世の肖像』のコピー画」


P2250934
ドメニコ・ベッカフーミ(ソヴィチッレ、1484c‐シエナ、1551)の「聖アゴスティーノ」(1511‐12)
両面に描かれてます。
シエナ国立美術館の所蔵作品です。


P2250935
裏面の「聖ガルガーノ」


P2250937
ドメニコ・ベッカフーミの「ピエタのキリスト」(1511‐12)
両面に描かれてます。
シエナの国立美術館の所蔵作品です。


P2250939
裏面の「聖パオロ」


P2250942
ジョヴァン・バッティスタ・ナルディーニ(フィエゾレ、1537c‐フィレンツェ、1591)の「ベアータ・カテリーナ・デイ・リッチ」


P2250945
モンス・モンターニャの「時化」(17世紀前半)


P2250947
まだ続きます。


P2250949
ドメニコ・ベッカフーミの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1511)
ペルージャの個人蔵の作品です。特別展への貸し出しです。


P2250952
ドメニコ・ベッカフーミの「ヴィーナスと2キューピッド」(1513c)
シエナのモンテ・ディ・パスキ財団の所蔵作品です。特別展への貸し出しです。


P2250955
ドメニコ・ベッカフーミの「聖母子」(1514)
シエナ国立美術館の所蔵作品です。


P2250958
フラ・バルトロメオ(プラート、1472‐フィレンツェ、1517)の「エジプトへの逃避途中の休息」(1505‐06)


P2250961
ジローラモ・ジェンガ(ウルビーノ、1476c‐1551)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」((1513c)
シエナ国立美術館の所蔵作品です。


P2250964
アンドレア・デル・ブレーシャニーノ(シエナ、1506から記録‐フィレンツェ、1525まで記録)の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖ジローラモ」(1510c)
ブオンコンヴェント市立美術館の所蔵作品です。


P2250966
ローマ・スタイルの北欧無名画家の「ローマ遺跡の風景」(16世紀中頃)


P2250969
19世紀中頃のイタリアの無名画家の「湖の風景」(19世紀中頃)


P2250971
モンス・モンターニャの「時化」


P2250973
ナポリの無名画家、またはガスパーレ・ロペス?の「花、壺などの静物画」(17世紀末‐18世紀初め)


P2250975
ロレンツォ・ディ・マリアーノ通称マッリーナ(シエナ、1476‐1534)の「チーロの首とトルニリス」(1510‐15c)
シエナのチーギ・サラチーニ・コレクションの所蔵作品


P2250978
制作者不明の「ジローラモ・ディ・ジョヴァンニ・デル・パッキア作『聖母子と天使たち』のコピー画」


P2250980
フランチェスコ・バッサーノ工房の「富者の饗宴」(16世紀末)



P2250982
クリストフォロ・ムナーリ(レッジョ・エミリア、1667‐ピサ、1720)の「楽器などがある静物画」


P2250985
ローマの無名画家の「悔悛のマグダラのマリア」(17世紀後半)


P2250990
次の部屋です。


P2250988
第11室


P2250991
大部分の作品に説明プレートがありません。


P2250987
詳細不明


P2250993
詳細不明


P2250994
ピエトロ・パオロ・ルーベンス工房の「バテシバの水浴」(17世紀)


P2250996
詳細不明


P2250999
常設展示では、ルーカ・シニョレッリ、カラヴァッジョの帰属作品、ソドマの作品が秀逸でした。
特別展では、個人蔵の、初めて見ることが出来た作品に心惹かれました。


P2260001
(おわり)

P2250837
シエナ派画家の特別展が開催されていました。


P2250838
第8室になります。


P2250842
ジョヴァンニ・バルドゥッチ(フィレンツェ、1560‐1631以降没)の「若者の洗礼」


P2250845
17世紀のヴェネトの無名画家の「ラザロの蘇生」(17世紀後半)


P2250840
詳細不明


P2250847
イタリアの無名画家の「カルロ・チニャーニ作『La Carita』の複製画」(17世紀初め)


P2250851
コジモ・ガンベルッチ(フィレンツェ、1560c‐1621)の「聖チェチリア」


P2250854
ヴェネトの無名画家の「盲目の娘の治癒」(17世紀後半)
この辺の展示は特別展と無関係です。


P2250857
フェッラーラの無名画家の「エジプトへの逃避途中の休息」(16世紀後半)


P2250860
フランチェスコ・ボッティ(フィレンツェ、1640‐1710)の「ソフォニスバ」


P2250863
16世紀のフィレンツェの無名画家の「祈るキリスト」(16世紀後半)


P2250866
ドメニコ・ベッカフーミ(ソヴィチッレ、1484c‐シエナ、1551)の「大天使聖ミケーレ」(1503c)
何処かで何度も見た作品だなあ、と思っていたらシエナ国立美術館の所蔵作品でした。この特別展のために貸し出されていたのです。


P2250868
上の作品の裏面です。


P2250871
ジローラモ・ディ・ジョヴァンニ・デル・パッキア(シエナ、1477c‐1530c)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと2天使」(1505‐10)


P2250873
ジローラモ・ディ・ジョヴァンニ・デル・パッキアの「Fortezza」(1505c)
シエナ国立美術館の所蔵作品


P2250876
ジローラモ・ディ・ジョヴァンニ・デル・パッキアの「Carita」(1505c)
シエナ国立美術館の所蔵作品


P2250879
ソドマ(ヴェルチェッリ、1477‐シエナ、1549)の「愛の寓意」(1504c)
シエナのチーギ・サラチーニ・コレクションから貸し出された作品です。


P2250883
ドメニコ・ベッカフーミの「ユディト」(1506‐07)
チーギ・サラチーニ・コレクションの所蔵作品


P2250885
ドメニコ・ベッカフーミの「アルテミジア」(1506‐07)
チーギ・サラチーニ・コレクションの所蔵作品


P2250888
ドメニコ・ベッカフーミの「クレオパトラ」(1506‐07)
チーギ・サラチーニ・コレクションの所蔵作品


P2250889
ドメニコ・ベッカフーミの「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1508c)
フィレンツェの個人蔵
シエナ国立美術館の所蔵作品です。


P2250892
フィレンツェの無名画家,またはリヴィーオ・メフス(1630c‐1691)?の「羊飼いの知らせ」


P2250896
18世紀のイタリアの無名画家の「カルロ・チニャーニ作『ヴィーナスとアモーレ』のコピー画」(18世紀初め)


P2250899
バルトロメオ・バルビアーニ(モンテプルチャーノ、1614‐1642活動)の「洗礼者聖ジョヴァンニの斬首」


P2250901
ニコロ・ベッティ―(フィレンツェ、1571‐1617活動)の「聖キアーラ」


P2250906
18世紀のイタリアの無名画家の「コッレッジョ作『ニンフ』のコピー画」


P2250909
フランチェスコ・クッラディ(フィレンツェ、1570‐1661)の「聖フランチェスコ」


P2250912
アゴスティーノ・カッラッチ(ボローニャ、1557‐パルマ、1602)の「淑女の肖像」


P2250914
このコーナーは肖像画が多い。


P2250916
18世紀のイタリアの無名画家の「マグダラのマリア」
(つづく)

P2250739
次の部屋です。


P2250767
第6室になります。


P2250751
部屋の半分は彩釉テラコッタの展示です。


P2250752
アンドレア・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1435‐1525)の「フォンテカステッロの祭壇」


P2250755
父なる神と天使たち


P2250756


P2250757


P2250758
ご誕生


P2250759


P2250760
マギの礼拝


P2250761
アンドレア・デッラ・ロッビアの「受胎告知する大天使」


P2250762
アンドレア・デッラ・ロッビアの「受胎告知される聖母」


P2250769
アンドレア・デッラ・ロッビアの「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P2250772
ジョヴァンニ・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1459‐1529)の「救世主」


P2250775
アンドレア・デッラ・ロッビアの「聖母子と聖シモーネと聖タッデオ」


P2250779
アンドレア・デッラ・ロッビアと工房の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖アンティリア」


P2250782
フィレンツェの無名造形家の「救世主キリスト」(16世紀後半)


P2250786
ジョヴァンニ・アントニオ・ラッポーリ(アレッツォ、1492‐1552)の「鞭打ちされたキリスト」


P2250788
作品がなく額縁だけ


P2250789
詳細不明の磔刑


P2250790
次の展示室と言いたいところですが、ここも第6室です。


P2250811


P2250793
カラヴァッジョ(ミラノ、1571‐ポルト・エルコレ、1610)に帰属する「男の肖像」


P2250799
近年行われた作品の詳細鑑定によってカラヴァッジョの帰属作品とされました。
また、この肖像画は、カラヴァッジョのパトロンだったシピオーネ・カッファレッリ・ボルゲーゼの可能性があるとされてます。


P2250802
この作品の意味が分かりません。


P2250803
上記作品の説明プレートです。


P2250796
ドメニコ・ベッカフーミ(モンテアペルティ、1486‐シエナ、1551)の「聖アグネス・セーニ」(1507)


P2250804
本が展示されてます。


P2250805


P2250806
見れば分かるということで、説明プレートは不要のようです。


P2250807


P2250808
ヨーロッパ人の手書き、筆記体が苦手です。


P2250809
中学1年で習った筆記体は何だったのかと思います。


P2250810
ホテルの受付で貰った、筆記体で書かれたパスワードが分からなくて、再び受付に行ったことが何度もあります。


P2250814
クリスティアーノ・バンティ(サンタ・クローチェ・スッラルノ、1821‐モンテ・ムルーロ、1904)の「ドメニコの才能を発見するロレンツォ・ベッカフーミ」(1848)


P2250817
階上に向かいました。


P2250818
15世紀中頃のフィレンツェの無名彫刻家の「磔刑」


P2250821
ラニエーリ・ロッシ(モンテプルチャーノ、1853‐1881記録)の「少年」


P2250824
ラニエーリ・ロッシの「プラート門」


P2250823
ラニエーリ・ロッシの「エルベ広場」


P2250826
ラニエーリ・ロッシの「サン・ビアージョ寺院の内部」


P2250827
ラニエーリ・ロッシの「サン・ビアージョ寺院の内部」


P2250829
ラニエーリ・ロッシの「サンタ・マリア・デイ・セルヴィ門」


P2250831
イタリアーノ・ゼッキ(トスカーナ?、19世紀後半存在)の「モンテプルチャーノ要塞」


P2250832
ラニエーリ・ロッシの「サン・フランチェスコ教会の内部」


P2250833
ラニエーリ・ロッシの「ベッラルミーノ広場の中庭」


P2250835
ピエトロ・デッラ・ヴァッレ(リヴォルノ、1838‐1876記録)の「モンテプルチャーノ要塞」
(つづく)

P2250632
ここから絵画館の展示です。


P2250634
トッマーゾ・ガッツァッリーニ(リヴォルノ、1790‐フィレンツェ、1853)の「タッキナルディの子供の死」
タッキナルディの意味が分かりません。


P2250636
ヴィンチェンツォ・ルチーニ(ミラノ?、19世紀前半活動)の「テノール歌手ナポレオーネ・モリアーニの肖像」(1839)


P2250638


P2250640
アントニオ・チゼーリ(ロンコ、1821‐フィレンツェ、1891)の「悲しみの聖母」


P2250642


P2250644
19世紀のイタリアの無名画家の「祈る女性」


P2250646
19世紀のトスカーナの無名画家の作品です。


P2250648
画題の意味が分かりません。


P2250650
トッマーゾ・ガッツァッリーニの「変容の研究」


P2250652
トッマーゾ・ガッツァッリーニの「素晴らしい夜」


P2250655
この辺から古い作品の展示になります。


P2250658
Maestro di Badia a Isola (シエナ、13世紀末‐14世紀初め活動)に帰属する「聖母子と2天使」


P2250661
マルガリート・ダレッツォ(アレッツォ、13世紀に活動)の「聖フランチェスコ」


P2250665
14世紀前半のシエナの木工工房の「手箱」


P2250667
サンタゴスティーノ教会の楽譜(14世紀第2四半世紀)


P2250669
サンタゴスティーノ教会の楽譜(14世紀第2四半世紀)


P2250671
見易い展示です。


P2250674
ルーカ・ディ・トンメ(シエナ、1336‐1389記録)の「磔刑」(1389)


P2250677
14世紀のピサの無名画家の「聖フランチェスコ」(14世紀前半)


P2250680
ヤコポ・ディ・ミーノ・デル・ペッリッチャイオ(シエナ、1342‐1389記録)の「聖母戴冠と音楽天使たち」


P2250684
14世紀末のシエナ派無名画家(クリストフォロ・ディ・ビンドッチョ?)の「聖母子と3聖人」


P2250687
15世紀初めのトスカーナの無名画家の「聖母子と聖フランチェスコと司教聖人」


P2250691
ビッチ・ディ・ロレンツォ(フィレンツェ、1373‐1452)の「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚と聖フランチェスコと洗礼者聖ジョヴァンニと聖ドメニコ」


P2250694
サーノ・ディ・ピエトロ(シエナ、1406‐1481)の「聖母子」


P2250697
マエストロ・ディ・ピオⅡ(15世紀後半活動)の「玉座の聖母子と天使たち(大理石)」(1462c)


P2250700
べンヴェヌート・ディ・ジョヴァンニ(シエナ、1436‐1518?)に帰属する「羊飼いの礼拝」


P2250704
ロ・スパダリーノ(ローマ、1585‐1653)の「悔悛のマグダラのマリア」


P2250708
ルーカ・シニョレッリ(コルトーナ、1450c‐1523)の「聖母子」(1493‐95)


P2250711
14世紀前半のフィレンツェの細密画家の「グラドゥアーレ」


P2250713
14世紀前半のフィレンツェの細密画家の「交唱聖歌集」


P2250716
フィリッポ・リッピ工房とフランチェスコ・ボッティチーニ(フィレンツェ、1446‐1497)に帰属する「磔刑」


P2250718
観光客がかなりいたと思いますが、美術館に入館する人は殆どいなかったと思います。


P2250727


P2250720
ラッファエッリーノ・デル・ガルボ工房の「聖母子」(15世紀初め)


P2250724
15世紀末のフィレンツェの無名画家の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2250729
16世紀後半のフィレンツェの無名画家の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖エリザベッタ」


P2250732
ジョヴァンニ・アントニオ・ラッポーリ(アレッツォ、1492‐1552)の「無原罪の御宿リの寓意と聖人たち(聖二コラ、聖フランチェスコ、聖エリザベッタ、聖ジローラモ、洗礼者聖ジョヴァンニ)」(1545)


P2250737
ジョヴァンニ・アントニオ・ソリアーニ工房の「玉座の聖母子と2天使と聖ジョヴァンニーノ」(16世紀初め)


P2250743
ポリドーロ・ダ・ランチャーノ(ランチャーノ、1514‐ヴェネツィア、1585)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」


P2250746
フィレンツェの無名画家の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(16世紀末‐17世紀初め)
アンドレア・デル・サルトの模倣画でしょう。


P2250749
ロ・スキアヴォーネ(ザーラ、1510/1515c-ヴェネツィア、1563)の「楽園追放」
(つづく)

P2260647
グランデ広場から延びるリッチ通り沿いに市立美術館があります。


P2260648
14世紀に建設されたパラッツォ・ネーリ・オルセッリに市立美術館が置かれてます。


P2250558
この建物に市立美術館がオープンしたのは1957年でした。


P2250560
内部は考古学部門と絵画部門の2つに分かれてます。


P2250559
初めは考古学部門の展示です。


P2250561
モンテプルチャーノとその周辺で発掘されたものや、教会などの柱頭などが展示されてます。



P2250562
墓石(紀元前9世紀頃)


P2250563
Museo Civicoの定番と言うべき展示品です。


P2250564
発掘された地方によって壺などは違うのでしょうが、何処のものでも同じに見えてしまいます。


P2250565
何処のものでもほぼ同じ、同類項で括ることが出来ますね。


P2250566
本音を言わせていただくならば興味なしです。


P2250567
如何にも得意げに展示している所が微笑ましく感じます。


P2250580
このコーナーは骨壺の展示です。


P2250568
紀元前3世紀末の骨壺


P2250570
紀元前2世紀初めの骨壺


P2250572
紀元前2世紀のテラコッタ製骨壺


P2250574
テラコッタ製骨壺(紀元前2世紀)


P2250576
テラコッタ製骨壺(紀元前2世紀初め)


P2250578
テラコッタ製骨壺(紀元前2世紀)


P2250582
下の階に下りました。


P2250583
次の展示コーナーです。


P2250584
第2室


P2250585
詳細不明の紋章


P2250586
教皇マルチェッロ2世チェルビーニの胸像(1555)


P2250588


P2250589


P2250590


P2250591
石棺
骨壺と石棺の違いがよく分かりません。


P2250592
P2250592
碑文(1277)


P2250594
碑文断片(1648)


P2250596


P2250598


P2250600
紋章(16世紀)


P2250602
紋章(16世紀)


P2250604
紋章(15‐16世紀)


P2250606
紋章(17世紀)


P2250608
フランチェスキ家の紋章(17世紀)


P2250610
フランチェスキ家の紋章(17世紀)


P2250612
紋章(14‐15世紀)


P2250614


P2250615
金属加工品の展示


P2250616
第4室


P2250617
柱頭(13世紀)


P2250618
柱頭(14世紀)


P2250619
鐘(1331)


P2250621
鐘(1556)


P2250623
柱頭(14世紀)


P2250625
聖ルーカと聖マッテオのシンボル断片(12‐13世紀)


P2250627
柱頭(16世紀)


P2250629
カンディード・ソルビーニ(モンテプルチャーノ、19世紀後半活動)の「プリミチェリオ・フランチェスコの肖像」(1869)
全く唐突にこの肖像画が展示されてます。その意味合いが理解不能でした。


P2250631
順路に従って階上に戻ります。
(つづく)

↑このページのトップヘ