イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:教会巡り > メディチ家礼拝堂

P2570396
彫刻家としての、そして建築家としてのミケランジェロ・ブオナローティ(カプレーゼ、1475‐ローマ、1564)の最高傑作の一つが新聖具室でしょう。
世界芸術史上、最高の芸術家がミケランジェロでしょう。


P2570349
ヌムール公ジュリアーノ・デ・メディチ(フィレンツェ、1478‐1516)(ロレンツォ・イル・マニーフィコの三男)の墓碑


P2570352
ヌムール公ジュリアーノ・デ・メディチの彫像


P2570354



P2570356



P2570361
ウルビーノ公ロレンツォ・デ・メディチ(フィレンツェ、1492‐カレッジ、1519)(ピエル・イル・ファトゥオの息子)の墓碑
ピエル・イル・ファトゥオ(愚か者のピエロ)は、ロレンツォ・イル・マニーフィコの長男ですからウルビーノ公・ロレンツォ・デ・メディチはロレンツォ・イル・マニーフィコの孫という訳です。


P2570364
ウルビーノ公ロレンツォ・デ・メディチの彫像


P2570366
夕暮


P2570367



P2570371
ロレンツォ・イル・マニーフィコとジュリアーノ・デ・メディチの墓
ジュリアーノは、ロレンツォの弟で、パッツィ家の反乱の際、フィレンツェ・ドゥオーモ内で殺害されました。
新聖具室には、ロレンツォ・イル・マニーフィコとジュリアーノ・デ・メディチの墓碑を含めて4つの墓碑制作が予定されていましたが、ミケランジェロは元々この仕事が大嫌いで、フィレンツェの政治状況(ミケランジェロはフィレンツェ共和制側に立って戦ったが破れ、メディチ家支配が復活しましたが、新聖具室の制作に再び従事することを条件に反旗を翻した罪が許されたのです)が気に染まない上に、ローマから新しい仕事を依頼されたことから、ローマに去ってしまい、ロレンツォ・イル・マニーフィコとジュリアーノ・デ・メディチの墓碑制作は着手されませんでした。


P2570373
ミケランジェロの「メディチの聖母」


P2570374
ジョヴァン・アンジェロ・ダ・モントルソーリの「聖コズマ」


P2570377
ラファエッロ・ダ・モンテルーポの「聖ダミアーノ」


P2570385
詳細不明


P2570387
ミケランジェロの素描


P2570389
ミケランジェロの素描


P2570392


P2570393


P2570394


P2570395


P2570399
君主の礼拝堂に戻りました。


P2570400
かなり新しいクーポラのフレスコ画


P2570407
ピエトロ・ベンヴェヌーティ(アレッツォ、1769‐フィレンツェ、1844)によって1828年から1837年にかけて制作されたクーポラのフレスコ画です。


P2570402
主祭壇


P2570403
君主の礼拝堂に置かれた石棺は、全て中は空です。


P2570404
メディチ家の人々の遺体は聖堂のクリプタに安置されてます。


P2570405


P2570409
アレッサンドロ・アローリ(フィレンツェ、1535‐1607)の「フィレンツェの勝利の寓意」(1588‐89)


P2570412


P2570413


P2570414
フェリーチェ・パルマ(1583‐1625)の「悲しみの聖母」


P2570416
フェリーチェ・パルマの「聖ジョヴァンニ」


P2570418
ミケランジェロの傑作を観ることが出来て幸せでした。


P2570419
(おわり)

P2570422
フィレンツェのサン・ロレンツォ聖堂です。


P2570424
聖堂の後方にメディチ家礼拝堂があります。
メディチ家礼拝堂はサン・ロレンツォ聖堂の一部ですが、両方とも有料で、しかも別料金になっているので、このブログではそれぞれ別に取り上げることにします。


3
これは外部サイトから拝借したサン・ロレンツォ聖堂の構造平面図の写真です。
メディチ家礼拝堂とは、この図の2の新聖具室と3の君主の礼拝堂を合わせたものを指します。


P2580980
君主の礼拝堂です。
メディチ家礼拝堂建設の経緯等については、ここでは触れません。ガイドブックなどの記述にお任せしたいと思います。


P2570324
入口は君主の礼拝堂のここにあります。


P2570325
切符売り場から中に入ると「君主の礼拝堂」の下に出ます。


P2570326
16世紀のフィレンツェ派無名画家作「教皇ピオ5世によって戴冠されるトスカーナ大公コジモ1世」(16世紀末)
1569年3月5日にヴァティカンのシスティーナ礼拝堂で行われた戴冠の様子を描いた作品です。


P2570331
メディチ家系トスカーナ大公の家系図があります。
トスカーナ大公の初代コジモ1世から第7代大公のジャン・ガストーネまでメディチ家の大公が続きましたが、1737年にジャン・ガストーネが没すると、メディチ家は断絶してしまい、ジャン・ガストーネの遺言によってトスカーナ大公国はハプスブルク・ロートリンゲン家に継承されました。


P2570329
アルフォンゾ・ボニンセーニ(1910‐1994)の「アンナ・マリア・ルイーザ・デ・メディチ(1667‐1743)のブロンズ像」(1946)
アンナ・マリア・ルイーザはメディチ家最後の人となりましたが、フランチェスコ1世の娘マリア(マリー・ド・メディシス)がフランス王アンリ4世との間に生まれた娘たちがイギリス王、スペイン王に嫁いだことにより(二人の間に出来た息子がルイ13世)、メディチ家の血は現代のヨーロッパ王家にまで流れていると言われてます。


P2570332
聖具類が展示されてます。


P2570333
金銀で出来た高価なものばかりです。


P2570334
私にとっては重要な展示ではありません。


P2570335
適当に眺めただけで先を急ぎました。


P2570337
ミケランジェロの彫刻がある新聖具室に行くには、君主の礼拝堂を経由する必要があります。


P2570336
階段を上ります。


P2570338
君主の礼拝堂は修復工事中でした。


P2570339
この辺は後でゆっくり見ることにしました。


P2570341
高さ59mのクーポラ


P2570343
新聖具室に向かいました。


P2570344
新聖具室に行く途中にある彫刻は、シルヴィオ・コルシーニ(1495‐1547)の「軍事的トロフィー(未完)」(1534以前)です。
シルヴィオはミケランジェロの弟子です。新聖具室の建設を嫌々引き受けたミケランジェロの指示によって制作されたものですが、1534年ミケランジェロがフィレンツェを発ちローマに向かったことにより、シルヴィオもミケランジェロに従ってローマに赴くことになったので、そのまま未完で放置されました。
未完のトロフィーはもう一つあります。ミケランジェロが構想しながらも制作しなかった彫刻の両端に置かれる予定だったとされてます。


P2570346
シルヴィオ・コルシーニの「軍事的トロフィー(未完)」(1534以前)


P2570398
君主の礼拝堂の模型が置かれてます。


P2570397


P2570348
新聖具室です。


P2570382
説明板


P2570383


P2570380
祭壇です。
向かって右端の彫刻はシルヴィオ・コルシーニの作品、左端は18世紀にジローラモ・ティッチャーティによって制作されたものです。ブロンズの磔刑像はジャンボローニャの帰属作品とされてます。


P2570379
天井


P2570358
今日は時間がないので、この辺で終わることにします。ミケランジェロの彫刻については後編で触れることにします。


P2570360
(つづく)

↑このページのトップヘ