イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > グッビオ市立博物館

P2350119
次の部屋です。


P2350120


P2350121
制作者不詳の「マエスタ」(13世紀末)


P2350124
制作者不詳の「磔刑像」(13世紀)


P2350127
プセウド・パルメルッチの「聖母子」(14世紀)


P2350129
14世紀の無名画家作「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖アントニオ・アバーテのトリッティコ」
家庭用に作られたものでしょう。


P2350133
プッチョ・カパンナの追随者の「行列用十字架」(14世紀中頃)


P2350136
制作者不詳の「聖遺物入れのタベルナコロ」(14世紀前半)


P2350138


P2350140
制作者不詳の「十字架と紋章」(13世紀末‐14世紀初め)


P2350148
Maestro di San Francesco al Prato o Bottega del Maestro Espressionista di Santa Chiaraの「聖母子と聖人たちのポリッティコ」(14世紀第2四半世紀)


P2350150
クスピデの磔刑


P2350152
聖ピエトロ・マルティーレ、マグダラのマリア、聖フランチェスコ


P2350154
司教聖人、聖ディアコーノ、聖アンドレア


P2350156
聖母子


P2350158
洗礼者聖ジョヴァンニ、アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖アントニオ・アバーテ


P2350160
聖バルトロメオ、聖ステファノ、司教聖人


P2350164
メッロ・ダ・グッビオ、またはプセウド・パルメルッチに帰属する「聖母子」(14世紀)


P2350166
ザニーノ・ディ・ピエトロ別称ジョヴァンニ・ダ・フランチャ(ボローニャ、1389から記録‐ヴェネツィア、1448c)の「聖人」
聖人は特定できていないようです。


P2350170
プセウド・パルメルッチ(グッビオ、1280c‐1349c)の「聖母子と聖人たち(聖ウバルド、洗礼者聖ジョヴァンニ、聖マリアーノ、聖ジャコモ)のポリッティコ」(14世紀第2四半世紀)


P2350172
クスピデの磔刑


P2350173
天使、聖アグネス


P2350175
アレッサンドリアの聖カテリーナ、天使


P2350177
玉座の聖母子


P2350180
聖マリアーノ、聖ウバルド


P2350181
洗礼者聖ジョヴァンニ、聖ジャコモ


P2350184
次の部屋です。


P2350185



P2350188
北欧の無名画家作「ピエタ」(15‐16世紀)


P2350191
ヤコポ・べーディ(グッビオ、1435‐1475記録)の「慈悲の聖母」(15世紀中頃)


P2350194
制作者不詳の「ピエタ」(15世紀)


P2350197
メッロ・ダ・グッビオ(グッビオ、1350‐1375c活動)の「聖クリストフォロ」(14世紀中頃)


P2350200
メッロ・ダ・グッビオの「聖母子」(1360‐70c)


P2350203
メッロ・ダ・グッビオの「洗礼者聖ジョヴァンニ」(1360‐70c)


P2350205
カッソーネ(15世紀)


P2350208
2階のロッジャに出ました。ここからの眺めが楽しめます。


P2350209
山の麓の街です。


P2350211
グランデ広場


P2350213
サン・ピエトロ教会が見えます。


P2350217
写真手前の鐘楼はサン・ジョヴァンニ教会のものです。


P2350218
サン・フランチェスコ教会


P2350220


P2350221


P2350224


P2350225


P2350227


P2350235


P2350238
下の方に下りていきました。


P2350239
ローマ時代の武器


P2350240


P2350241


P2350242
イタリア統一戦争時のもの


P2350243


P2350244
見終わりました。


P2350245
作品の帰属叙述法が変だと思いました。


P2350246
(おわり)

P2350028
ヴィルジリオ・ヌッチの「グイドバルド2世・デッラ・ローヴェレ」


P2350030
ヴィルジリオ・ヌッチの「フランチェスコ・マリア・デッラ・ローヴェレ」


P2350026
詳細不明


P2350033
アウグスト・ストッポローニ(サン・セヴェリーノ・マルケ、1855‐ローマ、1936)の「リヴィア・ピッチ―ニ・ストッポローニの肖像」(19世紀)


P2350035
詳細不明の家具


P2350037
17世紀の無名画家作「トロメイの聖ベネデット」


P2350040
18世紀の無名画家作「田舎の風景」


P2350042
16世紀の無名画家作「光悦の聖フランチェスコ」


P2350046
17世紀の無名画家作「光悦の聖フランチェスコ」


P2350048
カラッチ派無名画家作「ディアナの水浴」(17世紀前半)


P2350051
ボローニャ派無名画家作「裸の男」(17世紀)


P2350055
フィレンツェ派無名画家作「La donna adultera」(16世紀)


P2350057
カラッチ派無名画家の「エジプトへの逃避途中の休息」(17世紀)


P2350061
17世紀の無名画家作「聖家族」


P2350064
フィレンツェ派無名画家作「キリストの説教」(16世紀)


P2350067
制作者不明の「ルーカ・カンビアーソ(モネーリア、1527‐スペイン、1585)作『ラケーレの死』のコピー画」(18世紀)


P2350070
17世紀のエミリアの無名画家作「パリーデの判決」


P2350073
ルティリオ・マネッティ(シエナ、1571‐1639)の「エジプトへの逃避」(1634)


P2350076
シモン・ヴーエに帰属する「聖クレシェンティーノ」(17世紀)


P2350078
制作者不明の「ベルナルディーノ・ルイーニ作『聖母子』のコピー画」(16世紀末‐17世紀初め)


P2350082
カルロ・チニャーニ(ボローニャ、1628‐フォルリ、1719)に帰属する「聖母子」(17世紀後半)


P2350085
ヴェネトの無名画家作「バルダッサッレの饗宴」(16世紀)


P2350087
16世紀の無名画家作「ラザロの蘇生」


P2350091
17世紀のエミリアの無名画家作「弟子の足を洗うキリスト」


P2350097
次の部屋です。


P2350098
時代が古い作品が展示されてます。


P2350100
パルメリーノ・ディ・グイド、またはマリーノ・ディ・エレモシーナに帰属する「聖母子と2天使」(14世紀初め)


P2350103
制作者不明の「聖ヴィンチェンツォ・フェッレール」(15世紀半ば)


P2350105


P2350106


P2350107
制作者情報不明の「聖母戴冠と聖アゴスティーノと聖モニカ」(15世紀後半)


P2350111
ジローラモ・ジェンガ、またはティモテオ・ヴィティーに帰属する「我に触れるな、聖フランチェスコと聖キアーラ」(16世紀前半)


P2350114
無名画家作「彩色磔刑像」(13世紀末‐14世紀初め)


P2350117
マッテオ・バルドゥッチ、またはアミーコ・アスペルティーニに帰属する「バッカス祭」(16世紀前半)
(つづく)

P2340902
絵画部門です。


P2340903
地元グッビオで活動した画家たちの作品が展示の中心です。


P2340905
オルランド・メルリーニ(グッビオ、?‐1510)に帰属する「玉座の聖母子と聖ロッコとグツマンの聖ドメニコ」


P2340908
16世紀の無名画家作「慈悲の聖母」


P2340911
16世紀前半のウンブリアの無名画家の「援助の聖母と聖フランチェスコと聖ドメニコ」(16世紀)


P2340914
16世紀の無名画家作「聖パオロ」


P2340917
16世紀のローマの無名画家作「三人の音楽師」


P2340919
無名画家作「Scena storica」


P2340926
フランチェスコ・シニョレッリ(コルトーナ、1490/1495-1553)の「無原罪の御宿リ」(1527以降)
フランチェスコはルーカ・シニョレッリの甥です。


P2340930
これは何でしょうか?


P2340932
ジョヴァン・バッティスタ・ミケリーニ(フォリーニョ、1604‐1655)の「ピエタと聖クリスピーノと聖ウバルド」(1649‐50)


P2340935
フラミニア・マカリージとガスパーレ・ペッリーノのフレスコ画


P2340937
フラミニオ・マルケージとガスパーレ・ペッリーノのフレスコ画


P2340939
詳細不明の家具


P2340942
フラミニオ・マルケージとガスパーレ・ペッリーノのフレスコ画


P2340944
ルーカントニオ・ブサーティ(パルマ、1470c‐ヴェネツィア、1518 o 1539)の「十字架降下」(16世紀)


P2340946
無名画家作「ご訪問」(16世紀)


P2340949
ヴェネトの無名画家作「聖家族」(16世紀)


P2340953
フラミニオ・マルケージとガスパーレ・ペッリーノのフレスコ画


P2340956
ヴィルジリオ・ヌッチ(グッビオ、1545‐1621)の「ラザロの蘇生」(1580)


P2340958
漸く入館者が現れました。


P2340959
ベネデット・ヌッチ(グッビオ、1515‐1587)の「サント・スプリトの祭壇画」(1563)
グッビオの旧サント・スプリト教会にあった祭壇画です。


P2340963
永遠の父なる神


P2340965
聖霊降臨


P2340966
聖ステファノ


P2340967


P2340968
聖ウバルド


P2340971
洗礼者聖ジョヴァンニ


P2340973
聖ウバルド


P2340975
アレッサンドリアの聖カテリーナ


P2340977
聖ウバルド


P2340980
シニバルド・イービ(ペルージャ、1475c‐1550c)の「慈悲の聖母と聖ウバルドのゴンファローネ」(1503)


P2340983
慈悲の聖母


P2340984
ゴンファローネとは旗と言う意味ですが、ここでは表裏両面に描かれていることを意味します。


P2340986
聖ウバルド


P2340990
フェリーチェ・ダミアーニ(グッビオ、1581‐1609活動記録)の「天上のキリストと聖母と聖ウバルドと、聖フランチェスコとグッビオの人々」(16世紀末)


P2340993
グッビオの無名画家作「十字架降下」(16世紀)


P2340996
アントニオ・ゲラルディ(リエーティ、1638‐ローマ、1702)の「芸術の寓意」(1660‐1700c)


P2340998
オラツィオ・ボヴァレッリの「モンテフェルトロとデッラ・ローヴェレの紋章」(1601)


P2350001
16世紀の無名画家作「ご訪問」(1583)


P2350003
額縁に注目です。


P2350004
フェリーチェ・ダミアーニ工房の「三位一体と聖人たち」(16世紀末‐17世紀初め)


P2350009
額縁に注目です。


P2350007
フェリーチェ・ダミアーニ工房の「寺院のキリスト」(16世紀後半)


P2350012
次の部屋です。


P2350013
部屋番号等の表示がありません。


P2350014
詳細不明


P2350016
詳細不明


P2350019
フェデリーコ・ブルノーリ(グッビオ、1566‐1649)の「Il patto di pace tra San Francesco e il Lupo」(1612)


P2350021
ベネデット・ヌッチまたはジョヴァンニ・マリア・バルダッシーニに帰属する「聖母の系統樹」(1570)


P2350023
無名画家作「聖ベネデットと2天使」
(つづく)

322
グッビオの高台にコンソーリ宮(執政官宮殿)です。


058
グッビオの建築家マッテオ・ディ・ジョヴァンニ・ガッタポーニ(グッビオ、1300c‐1383)とオルヴィエートの建築家アンジェロ・ダ・オルヴィエート(オルヴィエート、?‐1352)の設計によって1332年から1349年に建設されたコンソーリ宮です。


P2340836
コンソーリ宮はグランデ広場に面して建ってます。


031
中世の時代、この建物はグッビオ政治の中心でした。


291
この建物に1901年からMuseo Civocoが置かれてます。


292
Museo Civicoの入り口はバルダッスィーニ通りの方にあります。


294
中に入りました。
Museoは、考古学部門、セラミック部門、絵画部門からなってます。


P2340838
中に入ると、先ず、このフレスコ画が目に入ります。


296
グッビオの無名画家の「聖母子と洗礼者聖ジョヴァンニと聖ウバルド」(1350c)


P2340841


P2340840
初めは考古学部門の展示です。


P2340842
グッビオの遺跡からの発掘物が展示されてます。


P2340843


P2340844
考古学部門の展示はどうしても墓関係が中心になってます。


P2340845
ミケランジェロのメディチ家礼拝堂の墓碑を除いて、私は他人の墓にあまり興味がありません。


P2340846
古代の展示は墓が中心になるのは、何処の国でも同じです。日本では天皇陵がその好例です。


P2340847
墓石


P2340848
我家の墓も3000年後に遺跡になったりして・・・・・


P2340850
オルランド・メルリーニの「聖ウバルドと聖アゴスティーノ」(1503c)
殆ど落剝したフレスコ画


P2340851


P2340852


P2340854
グランデ広場の模型


P2340855


P2340856


P2340857


P2340858
墓標


P2340859
石棺でしょうね。


P2340860


P2340861


P2340862


P2340863


P2340864


P2340865


P2340867
この辺からの展示に興味が出てきました。


P2340868
14世紀の無名画家による「聖母子」
グッビオのサン・ベネデット教会にあったフレスコ画です。


P2340873
グイドゥッチョ・パルメルッチまたはメッロ・ダ・グッビオの「コンソーリのマエスタ」(1350c)
コンソーリ宮内の礼拝堂にあったフレスコ画


P2340875
地上階を見下ろしたところです。


P2340876
次は階上の展示室です。


P2340877


P2340878



P2340879
Museo Civicoの定番ともいえる展示です。


P2340880


P2340881
陶器類はどの町でも制作さていたようです。


P2340882


P2340883
日本製陶器も展示されてます。


P2340884


P2340885


P2340886


P2340888
次の部屋に向かいます。


P2340889
入館者は私一人でした。


P2340890
陶器の展示は面白いとは言えないので、入館者がいないのは無理からぬところがあります。


P2340891


P2340892


P2340893


P2340894


P2340896
アルド・アーヨの「アダムとイヴ」(1930c)


P2340898
アルド・アーヨの「人魚」(1930‐40c)


P2340900
現代のセラミック製芸術品


P2340901
2階の展示室に向かいました。
(つづく)

↑このページのトップヘ