イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > チェルタルド、アルテ・サクラ美術館

P2290550
プセウド・アンブロージョ・ディ・バルデーゼ(リッポ・ダンドレア?)(15世紀前半活動)の「聖母子」(1420‐30c)


P2290555
16世紀のトスカーナの逸名画家(ラファエッロ・ピチネッリ?)の「玉座の聖母子と聖フランチェスコと聖アントニオ・アバーテと寄進者」(1522)


P2290560
ベルナルディーノ・ポチェッティの追随者作「割礼」(1590‐1600c)


P2290562
作品が光るので別角度から撮りました。


P2290563


P2290564


P2290568
次は第4室です。


P2290569
肖像画が並んでます。


P2290572
詳細不明


P2290573


P2290575
ジュリオ・ピニャッティ(モデナ、1684/1681-1751)の「学者の肖像」(1727)


P2290578
スペインの逸名画家作「紳士の肖像」(16世紀末‐17世紀初め)


P2290581
スペインの逸名画家作「紳士の肖像」(16世紀末‐17世紀初め)


P2290583
スペインの逸名画家作「紳士の肖像」(17世紀末‐18世紀初頭)


P2290585
スペインの逸名画家作「紳士の肖像」(16世紀末‐17世紀初め)


P2290587
スペインの逸名画家作「紳士の肖像」(16世紀末‐17世紀初め)


P2290588
次は第5室です。


P2290589
旧修道院のキオストロ回廊を経由します。


P2290590
回廊の壁にフレスコ画の痕跡が見つかりません。


P2290591


P2290593
第5室は2階(日本の)にあります。


P2290595


P2290596
重要な作品はなさそうです。


P2290598
適当に寄せ集めした?


P2290599
19世紀の古写真です。


P2290600
この辺の展示に付き合うのが苦痛です。


P2290601
ベアータ・ジュリアの着衣


P2290602


P2290603


P2290604


P2290605
フレスコの痕跡?


P2290609
1階の回廊に戻りました。


P2290610
次は地下の展示室です。


P2290612


P2290613


P2290614
修道士が食料保存やワイン製造していたそうです。


P2290616


P2290618


P2290619
見なくても良さそうな場所です。


P2290621
見るべきは1階の2部屋くらいでしょうか。


P2290622
ある意味で忍耐強い人向けの美術館です。


P2290627
(おわり)

P2290484
次の部屋です。


P2290485
第3室になります。


P2290493
銀製の聖具類が展示の中心です。


P2290486
Museo Diocesanoの定番展示ですね。


P2290487
金で出来た部分もあるようです。


P2290488
「10分の1税」の成果?


P2290489


P2290491


P2290496


P2290497


P2290498


P2290499


P2290492
次は絵画部門です。


P2290501
この美術館で最も重要な作品が展示されてます。


P2290502


P2290503
重厚な木製天井


P2290504


P2290507
チェンニ・ディ・フランチェスコ(1369‐1415c活動)の「聖母子」(1405‐10c)


P2290511
チェンニ・ディ・フランチェスコの「聖マルティーノとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2290514
Maestro del Bigallo (フィレンツェで1220‐1250c活動)の「玉座の聖母子と二聖人」


P2290518
ウゴリーノ・ディ・ネーリオ(1310‐1340c活動)の「聖母子と聖人たち」


P2290520
聖母子


P2290521
祈るキリスト


P2290524
聖フランチェスコ


P2290526
マッダレーナ・マリア


P2290528
聖ピエトロ


P2290530
聖ロモーロ


P2290532
裾絵は欠落のようです。


P2290534
メリオーレ(フィレンツェで1260‐1280c活動)の「玉座の聖母子と2天使」(1270‐75c)


P2290537
チェンニ・ディ・フランチェスコの「磔刑と聖ミニアート?とアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1385‐90c)


P2290541
プッチョ・ディ・シモーネ(フィレンツェ、1343/1346-1562c活動)の「聖母子と聖人たちのポリッティコ」(1357?)


P2290542


P2290544


P2290547
(つづく)

P2290623
チェルタルドのアルトにあるサンティ・ヤコポ・エ・フィリッポ教区教会です。


P2290405
教会の横に旧修道院Convento degli Agostinianiの建物がありますが、そこが美術館になってます。


P2290408
入館しました。
ここが第1展示室です。


P2290409
開館は2001年6月でした。チェルタルドとその周辺にある教会や修道院などから集められた祭壇画、彫刻、聖具類などを展示しています。


P2290411
展示室が全部で7室となってますが、展示室番号がない部屋や廊下にも展示されてます。


P2290413
トスカーナの逸名金属加工芸術家作「聖母子」(16世紀末‐17世紀初め)


P2290416
ベルナルディーノ・モナルディ(フィレンツェ、1588‐1614存在確認)の「ロザリオの聖母と聖人たち」


P2290422
17世紀後半のフィレンツェの逸名画家作「三位一体を崇める聖マルティーノとアレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2290425
17世紀後半のフィレンツェの逸名画家作「ロザリオの聖母と聖人たち(洗礼者聖ジョヴァンニ、福音書記者聖ジョヴァンニ、パドヴァの聖アントニオ、聖ドメニコ)」


P2290429
17世紀前半のフィレンツェの逸名画家作「聖母子と聖アントニオ・アバーテと聖フランチェスコ」


P2290433
17世紀前半の逸名画家作「受胎告知」(1620c)


P2290437


P2290439
17世紀前半のシエナの逸名画家作「聖母子と聖人たち」(1630c)


P2290444
トスカーナの逸名彫刻家作「天使」(18世紀第4四半世紀)


P2290445
トスカーナの逸名彫刻家作「天使」(18世紀第4四半世紀)


P2290449
アドリアーノ・ハフナー(フィレンツェ、1713‐1768存在確認)の「磔刑像」(1761)


P2290451
アドリアーノ・ハフナーの「燭台」(1761)


P2290453
アドリアーノ・ハフナーの「燭台」(1761)


P2290456
チーロ・フェッリ(ローマ、1634/1635-1689)の「モーゼ」(1653)


P2290458
17世紀中頃のシエナの逸名彫刻家作「サン・ファコンドの聖ジョヴァンニ」


P2290461
17世紀中頃のシエナの逸名彫刻家作「トレンティーノの聖二コラ」


P2290464
次は第2室です。


P2290470


P2290466
聖職者の衣装などが展示されてます。


P2290467


P2290468


P2290469


P2290471
通路にエッチング作品が展示されます。


P2290472


P2290474


P2290475


P2290477


P2290479


P2290482


P2290483
(つづく)

↑このページのトップヘ