イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > チェルタルド市立博物館(プレトーリオ宮)

P1440347
屋外に出ました。


P1440342
そこには小さな日本庭園がありました。


P1440343
庭園の一角に茶室があります。


P1440344
茶室は甘楽庵と名付けられてます。


P1440340
この説明文に拠れば、群馬県甘楽町とチェルタルドは姉妹都市協定を締結していて、協定締結10周年を記念して、1993年に甘楽町がこの茶室を贈呈したそうです。


P1440345


P1440346


P1440341
茶用水を汲むための井戸


P1440348
再び建物の中に入りました。


P1440349


P1440356
今度は1階(日本の2階)の部屋です。


P1440352
階段の横壁の紋章とフレスコ画


P1440353


P1440355


P1440359


P1440360


P1440358
2階の最初の部屋


P1440362
ピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノの「玉座の聖母子」(1495)


P1440364
「古いフレスコ画と現代画のコラボの展示が、中世の部屋の雰囲気に見事にマッチしている」とのお達しです。


P1440368
全然マッチしていない!!!
しかし、イタリアで流行している展示法です。


P1440365
フレスコの痕跡が残る壁


P1440366
何が描かれていたのか判然としません。


P1440369
ヴァカリオ・フランチェスコ・ピッティによって描かれたフレスコ画(1520‐40c)


P1440373
ヴァカリオ・フランチェスコ・ピッティの「マッダレーナ・マリア」(1522)


P1440374
以前、14‐15世紀の板絵が展示されていましたが消えていました。


P1440375


P1440377


P1440378


P1440380
ヴァカリオ・フランチェスコ・ピッティのフレスコ画


P1440381
次の部屋です。


P1440383
古いフレスコ画と現代画が見事にバランスを欠いた雰囲気ぶち壊しの展示法(個人の意見です)


P1440384


P1440385


P1440386


P1440389


P1440391
ヴァカリオ・フランチェスコ・ピッティの「磔刑」(1533)


P1440392
15世紀のトスカーナの逸名画家作「洗礼者聖ジョヴァンニ」(1424)


P1440395


P1440397
トッマーゾ・ダ・ネーリの「玉座の聖母子と聖ジローラモと聖フランチェスコ」(1702)


P1440400
トッマーゾ・ディ・ネーリのフレスコ画?


P1440402


P1440405
これで2階の部屋は終わりです。


P1440406
部屋から2階のロッジャに移りました。


P1440007


P1440407


P1440409


P1440411


P1440412


P1440413


P1440425
15世紀のトスカーナの逸名画家作「死せるキリストを支える二天使」


P1440426


P1440429


P1440431


P2290742
(おわり)

P1440285
次の部屋です。
ここはプレトーリオ宮内の礼拝堂でしょうか?


P1440286
天井のフレスコ


P1440295


P1440296


P1440284
この部分にフレスコの痕跡が認められますが、ピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノによって描かれたそうです。


P1440287
フレスコ技法で描かれた紋章


P1440288


P1440290


P1440291


P1440292


P1440293
祭壇?


P1440297


P1440299
建物の外に出て、壁に掲げられた紋章を見て回りました。


P1440300


P1440301


P1440302


P1440303


P1440304
メディチ家の紋章(彩釉テラコッタ)


P1440307
次の部屋です。


P1440305


P1440306
微かに痕跡が認められるピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノのフレスコ画


P1440308


P1440309
チェルタルドは玉葱の産地?


P1440310
パラッツォの外に出ました。


P1440312
物々しい建物です。


P1440314


P1440316
城壁の下は断崖絶壁です。


P1440313
Palazzo Vicariale


P1440318


P1440317
写真右からパラッツォの中に入りました。


P1440319
この先は牢獄です。


P1440320
独房


P1440322
独房のトイレ


P1440321
同じ造りの別の独房


P1440325
トイレの穴が深い!


P1440326


P1440323
囚人によって壁に刻まれた文字


P1440324


P1440327


P1440328
拷問室。拷問に使用された道具などは撤去されていました。


P1440329


P1440331
下に下りました。


P1440332


P1440335
チェルタルドの大きさと人口を考えると、独房の数が多いと思いました。


P1440334
犯罪者や政治犯が多かった? それも為政者が苛政を布いた?


P1440336
長居をしたくない場所でした。
(つづく)

P2290305
チェルタルド・アルトのメイン通りであるボッカッチョ通りです。


P2290638
ボッカッチョ通りの突き当りに建っているのがプレトーリオ宮です。


P2290642
チェルタルドの貴族アルベルティ家の屋敷がこの地にありましたが、廃墟になっていました。12世紀後半に、廃墟の上に再建されたアルベルティ家の住居がプレトーリオ宮の前身です。


P2290643
13世紀から14世紀前半にかけて、チェルタルド支配の中心とするべく増築整備され、それに伴い建物名称がプレトーリオ宮と改称されました。
その後、チェルタルドはフィレンツェの支配下に置かれるようになり、フィレンツェから派遣された執政官がプレトーリオ宮で政務を執行するようになりました。
プレトーリオ宮には法廷や刑務所も置かれ、中庭で処刑が行われました。


P2290645
ロッジャは1455年に建造されました。


P2290646
外壁に沢山の紋章が、ロッジャにはフレスコの紋章などがあります。


P2290648


P2290653


P2290654


P2290655



P2290657


P2290649


P2290659


P2290650
ロッジャから見たボッカッチョ通り


P2290668


P2290669
入館しました。


P1440242
入口から最初の部屋に入ると、ご覧のように沢山の紋章が迎えてくれます。


P1440241


P1440243


P1440244


P1440245


P1440246


P1440247


P1440248


P1440250
フレスコは紋章だけではありません。


P1440252
一旦、中庭に出ます。


P1440255
数は少なかったそうですが、斬首などの処刑も行われた中庭です。


P1440254
中庭に面した壁にも紋章があります。


P1440253


P1440256


P1440257


P1440259
Sala delle Udienzeです。


P1440260
様々なものが展示されてます。


P1440261


P1440262


P1440263


P1440264
フレスコ画もあります。


P1440258
ピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノ(フィレンツェ、1445/1445-1497以降没)の「ピエタ」(1484)
ピエル・フランチェスコは、フィレンツェの画家バルトロメオ・ディ・ドナートの息子でした。父に画業の手ほどきを受けた後、ベノッツォ・ゴッツォーリに師事して、ベノッツォ工房でベノッツォの協力者となりました。
1483年、ピエル・フランチェスコはチェルタルド当局からプレトーリオ宮のフレスコ装飾を依頼されたのです。


P1440265
ピエル・フランチェスコ・フィオレンティーノの「聖トッマーゾの不信」(1490)
これらのフレスコ画はピエル・フランチェスコの代表作とされてます。
彼の描いたフレスコ画の殆どは落剝してしまい、一部しか残されてません。


P1440267


P1440268


P1440269


P1440270
遺跡からの発掘物


P1440271


P1440272


P1440273


P1440274


P1440275


P1440276


P1440277


P1440278


P1440279


P1440280


P1440281
(つづく)

↑このページのトップヘ