イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ: エミリア・ロマーニャ州

P2520699
バールで一息入れてから街歩きを再開しました。


P2520700
サヴォナローラ広場


P2520706
広場に立つ怪僧ジローラモ・サヴォナローラ(フェラーラ、1452‐フィレンツェ、1498)像
火渡りが出来る、なんて言わない方が良かった。


P2520703
フェラーラ大学を卒業した?
イタリアでは、大学に入学するのは易しく、卒業するのは難しいようです。


P2520705
午後2時40分


P2520708
予定が立て込んでいたので、もう少し急ぐべきです。


P2520710
ドゥオーモのファサードが・・・・・


P2520711
修復工事の真っ最中
この日は立ち入り禁止でした。


P2520712
Palazzo Municipale


P2520714
自転車の街です。


P2520716
Torre dell'Orologioの先は翌日に持ち越しです。


P2520717
修復工事はファサードと堂内だけのようでした。


P2520718


P2520720
トレント・トリエステ広場ですが、この広場の名称の由来が分かりません。


P2520722
広場に建つサン・ロマーナ教会です。その機能を停止した旧教会ですが、現在はカテドラーレ美術館になってます。


P2520723
カテドラーレ美術館は夕方に入館することにして、先を急ぎました。


P2520725


P2520724


P2520726
Via Giuseppe Mazzini


P2520727
スキファノイア宮殿に向かいました。


P2520728


P2520729
見所が多いので、効率よく回っても1泊では時間が足りないかも知れません。


P2520730
スキファノイア宮殿は少し町外れにあります。


P2520731
フェラーラ来たのは、多分10回ほどになりますが、その度に新鮮な感動があります。


P2520732
14世紀に建設されたサンタントニオ・アバーテ教会は立ち入り禁止になっていました。この教会はChiesa sussidiaria(補助教会とでも訳すのでしょうか?)なので、何時も閉まってます。


P2520734
西の方に進んでます。


P2520736
エステンセ城からスキファノイア宮殿まで、約1㎞の距離と思いますが、あちこち見ながら歩くので時間がかなりかかってしまいます。


P2520738
この近くにサン・フランチェスコ教会、ロメイの家、コルプス・ドミーニ修道院などがありますが、先を急ぎました。


P2520739
脇道を進みました。


P2520740


P2520741
サンティッシマ・アンヌンツィアータ祈祷所です。


P2520742
バスティアニーノなどの作品があるので、扉が開いていれば拝観するつもりでした。


P2520744
祈祷所身廊横を進めば、宮殿はもう直ぐです。


P2520745
宮殿の建物が見えてきました。


P2520746



P2520747
スキファノイア宮殿は市立ラピダリオ美術館として公開されてます。


P2520752
以前は写真厳禁でしたが、現在はノーフラッシュならば写真OKとなってます。


P2520755
一見の価値があるフレスコ画です。


P2520756
スキファノイア宮殿については、項を改めて詳しく触れる予定です。


P2520831
当たり前ですが、ここに来ないとみることが出来ないフレスコ画です。


P2520911


P2520913
(つづく)

P2510782
フェラーラは、人口132,284人(2018年5月31日現在)のエミリア・ロマーニャ州フェラーラ県の県都です。


P2510783
Trenitaliaのフェラーラ駅に到着しました。
フェラーラは、ボローニャ~パドヴァ~ヴェネツィア・サンタ・ルチアの幹線上にあるので、鉄道利用が便利ですが、停車しない高速列車が多いので、RVやRの利用が無難と思います。


P2510785
駅舎


P2510786
旧市街まで1㎞以上あるので、バス乗車が普通ですが、敢えて徒歩にしました。


P2510787
先ず、この日のお宿に向かいました。


P2510788
この日のお宿はエステンセ城の先にあります。


P2510789
フェラーラは14世紀にエステ家によって整備拡充されましたが、その居城がエステンセ城です。


P2510790
エステンセ城にやってきました。


P2510791
イザベッラ・デステ、ベアトリーチェ・デステ姉妹が生まれた城です。


P2520695
この日のお宿です。
幾つかのホテルに泊まりましたが、何れもイマイチだったので、ホテルを変えてみました。初めて泊まります。
16世紀に建設された建物を19世紀にホテルに改装した、1849年創業の歴史あるホテルです。


P2520691
大通りを挟んでホテルの向かいにあるサンタ・マリア・デッラ・ピエタ教会通称テアティーニ教会です。2012年の地震によって建物が損傷を受け、開かずの教会となってます。教会の活動は、別の教会の建物が行われているようですが、具体的な場所については知りません。


P2520692
大きな荷物をフロントに預け、身軽になったので早速街歩きに出発しました。


P2510794
数回入ったことがある、お城はこの日は素通り。


P2510797
一応、写真だけは撮りました。


P2510793
先ず国立絵画館に向かいました。


P2510795
コルソ・デッラ・ジョヴェッカ


P2510798
Via Borgo del Leoni


P2510799
地図無しでも歩ける勝手知ったる所です。


P2510800
コルソ・エルコーレ1世デステに出ました。


P2510801
この通りを真っすぐ進めば国立絵画館に行くことが出来ます。


P2510802


P2510803
ディアマンティ宮殿は修復中のようです。一瞬、臨時休館かと思いました。


P2510804
開館しているようで安心しました。


P2510805
四角錘の大理石で出来た見事なファサードが布で覆われて台無しです。


P1800691
以前に撮ったディアマンティ宮殿の外壁です。


P1800693
キラキラと輝きダイヤモンドのようだと言われてます。


P1800695


P1800696
元に戻ります。


P2510806
カルロ・ボノーニの特別展が行われていましたがスキップしました。


P2510807
中の方も修復工事が行われていました。


P2510808
中庭


P2510809
国立絵画館の入館者は殆どいませんでしたが、カルロ・ボノーニ特別展の方はかなり賑わっていました。


P2510811
工事の音が大きく響いて鑑賞には不適な環境でした。


P2510815
絵画館については項を改めて詳しく触れる予定です。


P2520336
ユニークなフェラーラ派画家たちの殿堂です。


P2520451
常設展示の方は何処でも閑古鳥が鳴いてます。


P2520684
外に出ました。


P2520685
来た時と同じ道を通りました。


P2520686
昼食時間でしたが、レストランに入ると午後の予定が厳しくなります。


P2520687
切りピザの立ち食いで時間を捻出しました。


P2520688
1570年創建のジェズ教会です。


P2520689
昼下がりなので、教会の扉は当然閉まっていました。


P2520690
カルロ・ボノーニ展の案内がありました。それ程有名な画家ではありません。


P2520696
サン・カルロ教会


P2520697


P2520698
(つづく)

↑このページのトップヘ