イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > フェラーラ大聖堂博物館

P2530185
Maestro dei Musi di Ferrara (13世紀前半活動)の「3月と4月」(1225‐30c)
12か月の毎月の寓意的模様を彫刻したPorta dei Mesiの3月と4月部分です。


P2530188
Maestro dei Musi di Ferrara の「2月」(1225‐30c)


P2530191
Maestro dei Musi di Ferrara の「1月」(1225‐30c)


P2530194
Maestro dei Musi di Ferrara の「7月」(1225‐30c)


P2530197
Maestro dei Musi di Ferrara の「8月」(1225‐30c)


P2530200
Maestro dei Musi di Ferrara の「9月」(1225‐30c)


P2530206
Maestro dei Musi di Ferraraの「5月」(1225‐30c)


P2530209
Maestro dei Musi di Ferraraの「11月」(1225‐30c)


P2530212
Maestro dei Musi di Ferraraの」頭の欠けた彫刻フラグメント」(1225‐30c)


P2530217
Maestro dei Musi di Ferraraの「果物とカンクロ」(1225‐30c)


P2530220
Maestro dei Musi di Ferraraの「弓兵」(1225‐30c)


P2530223
Maestro dei Musi di Ferraraの「山羊」(1225‐30c)


P2530226
Maestro dei Musi di Ferraraの「ユリ」(1225‐30c)


P2530228
Maestro del Capitello del Battista (12世紀後半―13世紀前半活動)の「柱頭」(1200c)


P2530229
Maestro del Capitello del Battista の「柱頭」(1200c)


P2530231
Nicholaus(12世紀前半活動)と工房の「男像柱」(1135c)


P2530233
Nicholausと工房の「カインとアベル」(1135c)


P2530237
カンピの彫刻家作「寺院への出現」(13世紀前半)


P2530240
北イタリアの彫刻家作「救世主が刻まれた十字架」(1225‐30c)


P2530243
北イタリアの彫刻家作「純粋な子羊」(13世紀前半)


P2530245
カンピの彫刻家作「人生の寓意」(13世紀中頃)


P2530249
Nicholaus(12世紀中頃)の「農民?と兵士」(12世紀前半)


P2530252
Maestro dei Musi di Ferrara?の「ブドウの収穫」(13世紀前半)


P2530255
カンピの彫刻家作「荘厳のキリスト」(13世紀前半)


P2530258
ドメニコ・パネッティ(フェラーラ、1470c‐1513)の「玉座の聖母子と2信者」(1497‐1500c)


P2530262
べンヴェヌート・ティーズィ通称ガロファロ(フェラーラ、1476/1481-1559)の「聖ジョルジョ」(1520-30c)


P2530267
べンヴェヌート・ティーズィ通称ガロファロの「聖母子」(1520-30c)


P2530271
べンヴェヌート・ティーズィ通称ガロファロの「聖マウレリオ」(1520-30c)


P2530273
コズメ・トゥーラ(フェラーラ、1430c-1495)の作品(1470c)


P2530276
王女と竜を退治する聖ジョルジョ


P2530278
受胎告知する大天使


P2530280
受胎告知される聖母


P2530284
詳細不明


P2530292
アントニオ・ロッセッリーノ(セッティニャーノ、1427-フィレンツェ、1479)とベルナルド・ロッセッリーノ(セッティニャーノ、1407c-フィレンツェ、1464)の「フランチェスコ・サクラティの墓の彫刻」(1461c)


P2530285
聖パオロ


P2530286
聖ドメニコ



P2530288
聖母子


P2530290
聖フランチェスコ


P2530291
聖ジョルジョ


P2530294
北イタリアの彫刻家作「聖ジョルジョ」(15世紀)


P2530296
フェラーラの彫刻家作「Sequenza della Vergine」(15世紀末?)


P2530303
フランドルのタペストリ織物工芸家Johannes Karcher (1516-1562活動)に帰属する「聖マウレリオの斬首」(1553)
ガロファロとルーカ・ドランドの原画に基づきます。


P2530306
Johannes Karcherに帰属する「ガロファロとルーカ・ドランダに基づく原画による聖ジョルジョの斬首」(1552)


P2530309
Johannes Karcherに帰属する「カミッロ・フィリッポとルーカ・ドランダの原画に基づく聖ジョルジョ」(1553)


P2530313
Johannes Karcherに帰属する「ガロファロとルーカ・ドランダの原画に基づくミサの奇跡」(1551-53)


P2530316
Johannes Karcherに帰属する「カミッロ・フィリッポとルーカ・ドランダの原画に基づく聖ジョルジョの辛抱のタペストリ」(1552)


P2530319
Johannes Karcherに帰属する「ガロファロとルーカ・ドランダの原画に基づく聖マウレリオ司教と民衆のタペストリ」(1553)


P2530321
Johannes Karcherに帰属する「ガロファロとルーカ・ドランダの原画に基づく、弟子を加冠する聖マウレリオのタペストリ」(1551)


P2530324
Johannes Karcherに帰属する「カミッロ・フィリッポとルーカ・ドランダの原画に基づく、竜を退治する聖ジョルジョのタペストリ」(1551)


P2530326
外に出ました。


P2530327
ヤコポ・デッラ・クエルチャとコズメ・トゥーラの作品に痺れました。


P2530328
(おわり)

P2530155
次の部屋です。


P2530156
部屋の天井


P2530157
ザノービオ・トローニ(?‐1770)の「聖マウレリオの胸像」(1726)


P2530159
オラフォ・ロンバルド(1600c)とザノービオ・トローニの「聖ジョルジョの胸像」(1600,1726)
オラフォ・ロンバルドが胸像部分を仕上げ、ザノービオ・トローニが台座を付けて完成させたもの。


P2530161


P2530162


P2530163


P2530164


P2530165


P2530166


P2530167


P2530169


P2530171
ヴェネトのビザンチン様式工芸家作「聖母の頭のモザイク」(12世紀中頃)


P2530174
ジュゼッペ・チェーザレ通称カヴァリエール・ダルピーノ(アルピーノ、1568‐ローマ、1640)の「聖家族」(17世紀前半)


P2530176
素晴らしい傑作です。
これを見るだけでもフェラーラに来る価値があろうというものです。


P2530178
ヤコポ・デッラ・クエルチャ(クエルチャ・グロッサ、1374c‐シエナ、1438)の「聖母子」(1403‐06)


P2530179


P2530181


P2530299


P2530300


P2530301


P2530177


P2530182
コズメ・トゥーラのフレスコ画断片


P2530202


P2530203


P2530204


P2530214


P2530215
(つづく)

P1020081
990年頃に創建されたサン・ロマーノ教会です。


P1020084
その後、教会は幾度となく拡張、改装が繰り返されました。
1796年、ナポレオンのイタリア侵攻に伴い、宗教活動が禁止され、ナポレオン軍に接収されました。


P1020082
ナポレオン失脚後、建物は一度も教会活動を再開することなく、フェラーラ市当局の所有になりました。つまり、旧サン・ロマーノ教会ということになります。


P1020083
教会だった建物は刑務所として使用された後、民間企業に売却され、倉庫として使用されていましたが、1944年、第二次世界大戦の爆撃によって大きな被害を受け、その後、修復されることなく無残な状態のまま放置されました。


P1020085
1970年台になって、建物が漸く修復され、展示場や国際催事場など様々な用途に使用されました。


P1020086
大聖堂博物館は、1927年に大聖堂内にオープンしましたが、2000年に旧サン・ロマーノ教会に移され、現在に至ってます。


P1020087
切符売り場はキオストロ回廊にあります。


P2530099
入館しました。


P2530100
最初の展示室です。


P2530101
聖歌譜


P2530102
Museo Diocesanoなど教会の美術館では、定番と言うべき展示物です。


P2530103
丁寧に手描きされたもの


P2530104


P2530105
アントニオ・ディ・ピエトロ・ダ・ヴェネツィア(1470活動記録)の「聖母子」(1467c‐71)


P2530107
15世紀のフェラーラ?の逸名彫刻家作「聖ダミアーノ」(1440‐70c)


P2530109
15世紀のフェラーラ?の逸名彫刻家作「聖コズマ」(1440‐70c)


P2530111
8世紀末‐9世紀初めのもの


P2530112


P2530113
6世紀のもの


P2530114


P2530115


P2530116


P2530117
イグナツィオ・ファナーニ?の「鐘楼のデザイン案」(1762)


P2530119
再び聖歌譜の展示


P2530120


P2530121
ジョヴァンニ・べネッティの「大聖堂鐘楼のモデル」(1790)


P2530123
フェラーラ?の逸名彫刻家作「幼きキリスト」(16世紀?)


P2530125
1460年から1480年頃にパドヴァとフェラーラで活動した逸名彫刻家作「聖ジュスティアーナ?の殉教」(1460‐80)


P2530127
1460年から1480年頃にパドヴァとフェラーラで活動した逸名彫刻家作「教皇の前の修道士たち」(1460‐80c)


P2530129
フェラーラ?の逸名彫刻家作『ベッサリオーネ枢機卿の肖像」(15世紀末)


P2530131
フィリッポ・ソラーリとアンドレア・ダ・カローナ(カローナ、1434‐1460記録)の「聖アントニオ・アバーテ」(1428c)


P2530134
フィリッポ・ソラーリとアンドレア・ダ・カローナの「聖フィリッポ」(1428c)


P2530137
フィリッポ・ソラーリとアンドレア・ダ・カローナの「聖ジャコモ・マッジョーレ」(1428c)


P2530139
フィリッポ・ソラーリとアンドレア・ダ・カローナの「聖ジョルジョ」(1428c)


P2530141
15世紀の北イタリアの逸名彫刻家作「聖ジョヴァンニ・バッティスタと信者」(1400‐50c)


P2530143
15世紀の北イタリアの逸名彫刻家作「聖ピエトロ」(1400‐50c)


P2530145
ラヴェンナの彫刻家作「説教壇」(8世紀)


P2530147
14世紀後半に活動した北イタリアの逸名彫刻家作「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」(14世紀後半)


P2530149
14世紀後半に活動した北イタリアの逸名彫刻家作「聖マウレリオ」(14世紀後半)


P2530151
14世紀後半に活動した北イタリアの逸名彫刻家作「聖ジャコモ・アポストロ」(14世紀後半)


P2530153
一旦キオストロに出て、次の展示室に向かった。
(つづく)

↑このページのトップヘ