イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > プラート市立美術館(プレトリオ宮美術館)

P2020097
18世紀のローマ派逸名画家作「サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ広場の景観」


P2020101
18世紀のローマ派逸名画家作「サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂後陣の景観」


P2020104
ピエトロ・グラツィアーニ(ナポリ、18世紀後半活動)の「戦闘」(18世紀後半)


P2020107
ピエトロ・グラツィアーニの「戦闘」(18世紀後半)


P2020110
ピエトロ・グラツィアーニの「戦闘」(18世紀後半)


P2020113
ピエトロ・グラツィアーニの「戦闘」(18世紀後半)


P2020116
カスパーレ・ロペス(ナポリ、1650‐フィレンツェ、1732)の「花」(17世紀末)


P2020119
ガスパーレ・ロペスの「花」(17世紀末)


P2020122
18世紀のローマ派逸名画家作「晩秋」(18世紀)


P2020125
18世紀のローマ派逸名画家作「夏」(18世紀)


P2020128
W. Van Orlen (18世紀)の「鳩」(1748)


P2020131
マリア・ルイーザ・ラッジ(ジェノヴァ、1742‐ローマ、1813)の「ブドウの収穫」(18世紀後半)


P2020134
マリア・ルイーザ・ラッジの「廃墟がある理想的な景観」(18世紀後半)


P2020137
マリア・ルイーザ・ラッジの「収穫期」(18世紀後半)


P2020140
マリア・ルイーザ・ラッジの「廃墟がある理想的な景観」(18世紀後半)


P2020143
Gaspar Van Wittel (ユトレヒト、1653‐ローマ、1736)の「海」(18世紀)


P2020149
マリア・ルイーザ・ラッジの「廃墟がある理想的な景観」(18世紀後半)


P2020146
マリア・ルイーザ・ラッジの「廃墟がある理想的な景観」(18世紀後半)


P2020152
Franz Werner Von Tamm (Amburgo, 1658- Vienna, 1724)の「花の静物画」(17世紀末)


P2020155
Jan Van Kessel (Anversa, 1626-1679)の「果物と野菜の静物画」(17世紀後半)


P2020158
Jan Van Kesselの「果物の静物画」(17世紀後半)


P2020161
Franz Werner Von Tammの「花の静物画」(17世紀末)


P2020163
最上階の4階に向かいました。


P2020164


P2020166
アレッサンドロ・フランキ(プラート、1838‐1914)の「受胎告知」(1884)


P2020168
アレッサンドロ・フランキの「ご誕生」(1884)


P2020170
アレッサンドロ・フランキの「井戸のサマリア女」(1884)


P2020174
アレッサンドロ・フランキの「無原罪の御宿リ」(1904)


P2020177
Adorf Von Stuerler (Versailles, 1802- Parigi, 1881)の「ロレンツォ・バルトリーニの肖像」(1845)


P2020180
アントニオ・マリーニ(プラート、1788‐1861)の「聖母子」(1843以降)


P2020182
彫刻が展示されているコーナーです。


P2020183
現代画も展示されてます。


P2020184
ロレンツォ・バルトリーニ(サヴィニャーノ・ディ・プラート、1777‐フィレンツェ、1850)の「マリーナ・グレーヴァ伯爵夫人の彫像」(1821)


P2020186
ロレンツォ・バルトリーニの「フィラトリーチェ」(1846)


P2020188
ロレンツォ・バルトリーニの「慈愛」(1820‐40)


P2020190
ロレンツォ・バルトリーニの「トーマス・ウィルソンを供養する浅浮彫」(1820c)


P2020192
ロレンツォ・バルトリーニの「無垢な者の眠り」(1820)


P2020197
窓からの景観


P2020198


P2020199


P2020200


P2020202


P2020201
現代彫刻が展示されてます。


P2020203


P2020204
19世紀の画家たちの肖像画


P2020205


P2020207
ジュゼッペ・チャルディ(ヴェネツィア、1875‐クイント・ディ・トレヴィーゾ、1932)の「家族の肖像」(1846)


P2020209
アレッサンドロ・フランキの「イタリア王ウンベルト1世の肖像」


P2020210


P2020212


P2020213


P2020214
部屋のフレスコ画


P2020216
(おわり)

P2010965
次の部屋です。


P2020034
大きな作品が並べられてます。


P2020035


P2010966
部屋の壁にあるタベルナコロです。


P2010968
フランチェスコ・ディ・ミケーレ(フィレンツェ、14世紀末活動)の「聖母子のタベルナコロ」(1382c)


P2010970
部屋の壁にあるフレスコ断片


P2010971


P2010973
ジョヴァン・ドメニコ・フェッレッティ(フィレンツェ、1692‐1768)の「受胎告知」(1726)


P2010978
フランチェスコ・コンティ(フィレンツェ、1682‐1760)の「栄光のアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1734)


P2010981
シジスモンド・ベッティ(フィレンツェ、1700‐1775c)の「トレンティーノの聖二コラに顕現する聖母子」(1726)


P2010985
マリオ・バラッシ(フィレンツェ、1604‐1667)の「内臓を取られた男を蘇生させるトレンティーノの聖二コラ」(1648)


P2010990
ドメニコ・サルヴィ(ピサ、1653‐1667活動)の「聖ロモーロと天使」(1661)


P2010992


P2010994
ジョヴァンニ・ビリヴェルト(フィレンツェ、1585‐1644)の「受胎告知」(1630)


P2010998
サンティ・ディ・ティート(ボルゴ・サン・セポルクロ、1536‐フィレンツェ、1603)の「パンと魚の増加」(1603)


P2020004
アレッサンドロ・アローリ(フィレンツェ、1535‐1607)の「聖フィリッポ・ベニッツィの奇跡」(1603)


P2020007
アレッサンドロ・アローリの「聖ジョヴァンニ・グアルベルトの奇跡」(1603)


P2020010
部屋の壁にあるフレスコ断片


P2020014
マリオ・バラッシ(フィレンツェ、1604‐1667)の「聖ジュゼッペと幼きキリスト」(1656)


P2020018
ジョヴァンニ・バッティスタ・ナルディーニ(フィレンツェ、1535‐1591)とジョヴァンニ・バルドゥッチ(フィレンツェ、1560c‐ナポリ、1631以降没)の「シエナの聖カテリーナの神秘な結婚」(1588‐91)


P2020022
レオナルド・マスカーニ(プラート、1560‐1621)の「聖マッテオの召命」(1618)


P2020025
マリオ・バラッシ(フィレンツェ、1604‐1667)の「聖母子と聖ドメニコ」(1656‐57)


P2020029
部屋の壁に描かれた聖クリストフォロ


P2020031
詳細不明です。


P2020032
詳細不明


P2020037
フレスコの説明がありません。


P2020040
フランチェスコ・モランディ―ニ通称イル・ポッピ(ポッピ、1544c‐フィレンツェ、1597)の「大天使ラッファエーレとトビオーロ」(1572‐73)


P2020044
パオロ・デリ・オルガーニ(プラート、1522‐1575)の「割礼」(1570)


P2020046
壁のあちこちにあるフレスコ断片


P2020047
3階に向かいました。


P2020048
プレトリオ宮の時計の機械部分(1858)


P2020049


P2020050
3階の窓越しの眺め


P2020051


P2020059


P2020060


P2020061


P2020062


P2020058
ステファノ・ガエターノ・ネーリ(プラート、フィレンツェで18世紀活動)の「ピエトロ・レオポルド・ディ・ロレーヌの肖像」(18世紀後半)
ピエトロ・レオポルドがプラート提督に在任していた1788年に、プレトリオ宮の一部に絵画館を設けましたが、その絵画館が現市立美術館の前身です。


P2020064
制作者不明の「サッソフェッラート作『祈る聖母』の複製画」(1700c)


P2020067
制作者情報不明の「ピアツェッタ作『聖アンドレア』の複製画」(1700c)


P2020069
制作者情報不明の「ピアツェッタ作『聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ』のコピー画」(1700c)


P2020073
プラチド・コスタンツィ(ローマ、1702‐1759)の「バテシバの水浴」


P2020076
18世紀のローマの逸名画家作「若い娘たちを傅かせる老人」


P2020079
ピエトロ・ナヴァッラ(ローマ、1631‐1714活動)の「静物画」(18世紀初頭)


P2020082
ピエトロ・ナヴァッラの「静物画」(18世紀初頭)


P2020085
ルドヴィーコ・ステルン(ローマ、1709‐1777)の「花瓶の花」(18世紀初頭)


P2020088
ルドヴィーコ・ステルンの「花瓶の花」(18世紀前半)


P2020091
カルロ・マイニエーリ(ローマ、1662‐1700活動)の「果物の勝利」(17世紀末)


P2020094
カルロ・マイニエーリの「果物の勝利」(17世紀末)
(つづく)

P2010845
ラッファエッリーノ・デル・ガルポ(フィレンツェ、1466‐1524記録)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1510c)


P2010847


P2010849
フィリッピーノ・リッピ(プラート、1457‐フィレンツェ、1504)の「メルカターレのタベルナコロ」(1498)


P2010853
右側壁に描かれている聖ステファノとアレッサンドリアの聖カテリーナ


P2010855
左側壁に描かれている聖アントニオ・アバーテと聖マルゲリータ


P2010858
フィリッピーノ・リッピの「磔刑」(1500‐04)


P2010862
展示室の壁に描かれた「磔刑」(制作者情報不明)


P2010864
見事な展示です。


P2010868
フランチェスコ・ボッティチーニ(フィレンツェ、1446‐1498)の「聖母子と聖人たち(聖ジローラモ、聖フランチェスコ、パドヴァの聖アントニオ、とローザの聖ルドヴィーコ)」(1483)
保護のガラス板があるので、写真がうまく撮れません。


P2010870
ドナテッロ(フィレンツェ、1386‐1466)の「聖母子と2天使」(1415‐20)


P2010873
ベネデット・ダ・マイアーノ(フィエゾレ、1442‐1497)と工房の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1480‐1500)


P2010876
ベネデット・ダ・マイアーノと工房の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1480‐1500)


P2010879
ベネデット・ダ・マイアーノと工房の「授乳の聖母」(1490c)


P2010882
16世紀末の逸名彫刻家作「ベネデット・ダ・マイアーノの『聖母子』の複製」


P2010885
ベネデット・ダ・マイアーノと工房の「聖母子」(1500c)


P2010888
アンドレア・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1435‐1525)の「聖アントニオ・アバーテと2天使」(1492‐95)


P2010891
ベネデット・ブリオーニ(フィレンツェ、1460c‐1521)の「聖母子」(1500c)


P2010894
ドメニコ・ディ・ミケリーノ(フィレンツェ、1417‐1491)の「悔悛の聖ジローラモ」(1440c)


P2010895
ドメニコ・ディ・ミケリーノの「聖母の死」(1440c)


P2010898
ドメニコ・ディ・ミケリーノの「聖痕を受ける聖フランチェスコ」(1440c)


P2010900
部屋の壁に描かれたフレスコ画(詳細不明)


P2010901
2階展示室に向かいました。


P2010902
2階です。


P2010903
部屋の壁に描かれたフレスコ(詳細不明)


P2010904
独り占めは勿体ない。


P2010917
17世紀の画家たちの作品です。


P2010906
ニコラ・マリンコニーコ(ナポリ、1663‐1721)の「善きサマリア人」(1703‐06)


P2010909
チェッコ・ブラーヴォ(フィレンツェ、1601‐インスブルック、1661)の「セミラミス」(1630)
セミラミスはアッシリアの伝説的女王です。


P2010912
タッデオ・バルディーニ(フィレンツェ、1623‐1693)に帰属する「聖ジョヴァンニ・バッティスタの斬首」(17世紀後半)


P2010915
マッティア・プレティー(タヴェルナ、1613‐マルタ・ヴァレッタ、1699)と工房の「アガルの離縁」(1645‐50)


P2010918


P2010919
Maestro del Lume di Candela (17世紀活動)に帰属する「キリストの嘲笑」(1620‐30)


P2010924
バッティステッロ・カラッチョロ(ナポリ、1578‐1635)の「我に触れるな」(1618c)
キリストが帽子を被ってる!!!


P2010927
フランチェスコ・ブリーナ(フィレンツェ、1546c‐1586)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」(1560c)


P2010930
Maestro della Madonna Parrish またはジュリオ・フランチャ(1487‐1545)作の可能性もある「アレッサンドリアの聖カテリーナの神秘な結婚と聖人たち」(1530c)


P2010934
ジョヴァン・バッティスタ・ナルディーニ(フィレンツェ、1535‐1591)の「キリストの受難」(1577‐80)


P2010938
ジョヴァン・バッティスタ・ナルディーニとジョヴァンニ・バルドゥッチ(フィレンツェ、1560c‐ナポリ、1631以降没)の「聖家族と聖ドメニコとシエナの聖カテリーナ」(1578)


P2010942
リドルフォ・デル・ギルランダイオ(フィレンツェ、1483‐1561)の「慈悲の聖母」


P2010946
リドルフォ・デル・ギルランダイオの「バルド・マジーニの肖像」(1525c)


P2010949


P2010950
次の部屋です。


P2010951
16世紀の画家たちの作品が並んでます。


P2010954
マーゾ・ダ・サン・フリアーノ(フィレンツェ、1536‐1571)の「フランチェスコ1世・デ・メディチの肖像」(1570)


P2010957
ジョヴァンニ・マリア・ブッテーリ(フィレンツェ、1540c‐1606)の「美徳の寓意」(1590c)


P2010959
賢明


P2010961
信義


P2010963
節制
(つづく)

P2010742
ジョヴァンニ・ダ・ミラノ(コモ、1320c‐フィレンツェ、1369c)の「慈悲の病院のポリッティコ」(1355‐60c)
写真では分かりませんが、大きな作品です。プラートにあるSpedale delle Misericordia内礼拝堂の祭壇を飾っていました。


P2010745
玉座の聖母子


P2010747
アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖ベルナルド


P2010749
聖バルトロメオ、聖バルナバ


P2010751
裾絵は上下二段からなってます。上段中央は受胎告知


P2010753
アレッサンドリアの聖カテリーナの殉教、聖ベルナルドのミサ


P2010755
聖バルトロメオの殉教、聖バルナバの殉教


P2010757
下段の裾絵
キリストの誕生、マギの礼拝


P2010759
寺院への出現、園の祈り


P2010761
キリストの逮捕、カルヴァリオへの上り


P2010764
ピエトロ・ディ・ミニアート(フィレンツェ、1366‐1430c)の「サン・マッテオのポリッティコ」(1412‐13)
プラートのサン・マッテオ教会にありました。


P2010766
中央の聖母戴冠


P2010768
聖マッティア、聖マッテオ
保存状態が良くありません。


P2010769
右側は欠落


P2010773
裾絵は上下二段になってます。
マギの礼拝


P2010771


P2010775


P2010776
下段は聖マッテオの生涯の物語


P2010778


P2010779


P2010782
アンドレア・ディ・ジュスト(フィレンツェ、1423‐1450存在確認)の「サン・バルトロメオ修道院のポリッティコ」(1435)
Badia di San Bartolomeo alla Saccaにありました。


P2010785
中央の玉座の聖母子


P2010787
聖バルトロメオ、聖ジョヴァンニ・バッティスタ


P2010789
聖ベネデット、聖マルゲリータ


P2010791
プレデッラ


P2010793


P2010794


P2010797
マリオット・ディ・ナルド(フィレンツェ、1390c‐1424存在確認)の「サン・フランチェスコのポリッティコ」(1424)
フィリーネ・ヴァルダルノのサン・フランチェスコ教会にありました。


P2010800
玉座の聖母子と音楽天使たち


P2010802
聖ジャコモ・マッジョーレ、聖ジョヴァンニ・バッティスタ


P2010803
聖アンドレア、聖ベルナルド


P2010806
祈る救世主


P2010808
受胎告知する大天使


P2010810
受胎告知される聖母


P2010812
プレデッラ


P2010814


P2010816


P2010820
フィリッポ・リッピ(フィレンツェ、1406c‐スポレート、1469)とリッピ工房の「受胎告知と聖ジュリアーノ」(1460‐65)


P2010824
フィリッポ・リッピの「ご誕生と聖ジョルジョと聖ヴィンチェンツォ・フェラーリ」(1465‐67c)


P2010827
フィリッポ・リッピの「チェッポの聖母」(1452‐53)


P2010832
フィリッポ・リッピとフラ・ディアマンテ(テッラヌオーヴァ・ブラッチョリーニ、1430‐フィレンツェ?、1498以降没)の「チントラの聖母と聖マルゲリータと聖グレゴリオと聖トッマーゾと聖アゴスティーノと大天使ラッファエーレとトビアス」(1456‐66)
フラ・ディアマンテはフィリッポ・リッピの弟子です。


P2010834
次の展示コーナーです。


P2010836
フィリッピーノ・リッピの作品は東京に貸し出し中でした。


P2010837


P2010838
ルーカ・シニョレッリ(コルトーナ、1445/1450-1523)とシニョレッリ工房の「聖母子と聖人たち(聖フランチェスコ、聖マルコ、聖キアーラ、アレッサンドリアの聖カテリーナ)」のトンド」(1515c)


P2010840
(つづく)

P1140355
トスカーナとフィレンツェの画家たちの素晴らしい作品を展示しているのが、プラート市立美術館です。


P1140356
プラートの行政の中心コムナーレ広場です。写真左は市庁舎です。


P1140357
広場に面して建っているのが、13世紀後半から14世紀初頭にかけて建設されたPalazzo Pretorioです。プレトリオ宮は長らく市庁舎や監獄として使用されてきました。


P1140359
プレトリオ宮に美術館が置かれるようになったのは1912年でした。それ以来、現在に至ってますが、1998年3月に建物の修復工事のため、美術館は閉鎖されてしまいました。プレトリオ宮は2013年9月に工事が終わりましたが、特別展が開催されるだけでした。従来の市立美術館としての再オープンは2015年3月頃だったと思います。
その間、旧サン・ドメニコ修道院にあるフレスコ画美術館で、市立美術館所蔵作品の一部が展示されていました。


P1140360
プレトリオ宮外壁にあるニッチのフレスコ画


P1140361
紋章


P1140367
修復工事前には、美術館の入り口は階段を上った1階(日本の2階)にありました。


P1140368
修復前はGalleiria Comunaleと呼ばれていました。


P1140369
修復前の入り口前からの広場の光景


P2010435
現在の名称はMuseo di Palazzo Pretorioとなってます。
多くの美術館や博物館が休館となる月曜日開館は有り難いですが、火曜日が休館なので要注意です。


P2010685
入館しました。
プレトリオ宮に修復工事が終わっても、美術館の再オープンまで時間がかかったことが入館して直ぐに納得できました。内装をすべて一新させて、展示室や展示作品を鑑賞し易いように変更したのです。
修復工事前の館内は薄暗く、古び過ぎていて、お世辞にも鑑賞し易いとは言えませんでした。


P2010676
これは何でしょうか? 紋章?


P2010677
ザノービ・ポッジ―ニ(フィレンツェ、1508‐1563)の「貴重品入れ」(1545‐55)


P2010680
17世紀の逸名画家作「プラートのドゥオーモ広場の景観」
現在の広場は敷石になってますが、それを除けば建物などの景観は現在と同じと言うことが分かります。


P2010683
オラツィオ・フィダーニ(フィレンツェ、1606‐1656)の「聖フィリッポ・ネリの幻視」(1656)
Palazzo Comunale内の礼拝堂にあった作品です。
以上4点作品は、制作された時代順に展示されている他の作品と時代が違うのですが、その理由が分かりません。


P2010687
ベルナルド・ダッディ(フィレンツェ、1290c‐1348)の「聖母子と4聖人」(1325‐35)
保護のガラス版に作品が覆われてます。


P2010689
中央パネルの聖母子


P2010691
アッシジの聖フランチェスコ、聖バルトロメオ


P2010693
聖バルナバ、アレッサンドリアの聖カテリーナ


P2010696
Maestro dell'Infanzia di Cristo(フィレンツェ、14世紀活動)の「聖母子と聖人たち」(1360c)


P2010698
非常に見易くなりました。鑑賞者の身になって内装が設計されたそうです。


P2010700
アーニョロ・ガッディ(フィレンツェ、1350‐1396)の「聖母子」(1392‐95)
プラートのサン・ドナート教会にあったフレスコ画です。


P2010703
Maestro della Madonna Straus(フィレンツェ、1390‐1400活動記録)の「ピエタのキリスト」(1390‐1400)


P2010706
ベルナルド・ダッディ(フィレンツェ、1290c‐1348)の「聖なるチントラの物語」(1337‐38)
プラート大聖堂の主祭壇にありました。
私は多翼祭壇画の裾絵のように思います。


P2010707


P2010710


P2010712


P2010714


P2010715


P2010718
私の入館から退館まで、入館者は私一人でした。実に勿体ないと思いました。
建物の修復と内装の一新、それに要した時間と経費を考えると、プラート市当局の美術に対する情熱と姿勢に頭が下がります。
それらに応えることが観光に訪れる我々の責務ではないでしょうか。
フィレンツェに行かれたならば、少し足を延ばして、この美術館を訪れては如何でしょうか。行くだけの価値は十分にあると思います。訪れることが美術館の維持運営に資するのです。


P2010720
ルドヴィーコ・ブーティ(フィレンツェ、1555‐1611)の「フランチェスコ・ディ・マルコ・ダンディーニ」(1588)
フランチェスコ・ディ・マルコ・ダンディーニ(プラート、1335‐1410)派、プラートの中世の繁栄に寄与した大聖人です。当時、教皇庁があったアヴィニョンで大成功を収めましたが、旅先で記したフランチェスコの往復書簡(手紙)が当時の商習慣を知る上の一級資料とされてます。


P2010722
次の部屋です。


P2010723


P2010724
部屋の壁に描かれたフレスコの紋章


P2010726


P2010727
彩釉テラコッタの紋章


P2010728


P2010729
東京に出張展示の表示


P2010730


P2010732
詳細不明の受胎告知


P2010734
ロレンツォ・モナコ(シエナ、1370c‐フィレンツェ、1424)の「聖母子と4聖人」(1413c)


P2010736
中央パネル


P2010737
アレッサンドリアの聖カテリーナと聖ベネデット


P2010739
聖ジョヴァンニ・グアルベルトと聖アガタ
(つづく)

↑このページのトップヘ