イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > ジェノヴァ、ストラーダ・ヌオーヴァ美術館・トゥルシ宮

P1880600
金属製の容器などが展示されている部屋です。


P1880602
トゥルシ宮内の博物館の案内が金属製容器を展示する部屋にありました。これを置くのは第22室がベストと思いました。
展示室番号は白の宮殿からの継続として表示されているようです。


P1880601
訪問者のことなんぞは、あまり考えてないからでしょう。


P1880603
この部屋から絵画の展示になります。


P1880590
ドメニコ・パロディ(ジェノヴァ、1668‐1740)の「高貴な女性の肖像」


P1880604
バルトロメオ・グイドボーノ(サヴォーナ、1654‐トリノ、1709)の「アガルの絶縁」


P1880607
バルトロメオ・グイドボーノ(サヴォーナ、1654‐トリノ、1709)の「聖マルゲリータの幻視」


P1880611
グレゴリオ・デ・フェラーリ(ポルト・マウリツィオ、1647‐ジェノヴァ、1709)の「砂漠の聖ジローラモ」


P1880614
グレゴリオ・デ・フェラーリ(ポルト・マウリツィオ、1647‐ジェノヴァ、1709)の「砂漠の聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P1880617
グレゴリオ・デ・フェラーリ(ポルト・マウリツィオ、1647‐ジェノヴァ、1709)の「井戸のサマリア女」


P1880620
グレゴリオ・デ・フェラーリ(ポルト・マウリツィオ、1647‐ジェノヴァ、1709)の「我に触れるな」


P1880623
ロレンツォ・デ・フェラーリ(ジェノヴァ、1680‐1744)の「トビアスと天使」
ロレンツォ・デ・フェラーリは、グレゴリオ・デ・フェラーリを父に、ドメニコ・ピオラの娘マルゲリータ・ピオラを母に持つ、画家の良血です。


P1880626
グレゴリオ・デ・フェラーリ(ポルト・マウリツィオ、1647‐ジェノヴァ、1709)の「モーゼの奇跡」


P1880629
グレゴリオ・デ・フェラーリ(ポルト・マウリツィオ、1647‐ジェノヴァ、1709)の「エジプトへの逃避途中の休息」


P1880632
次の部屋です。


P1880631
第23室です。


P1880634
ジョヴァンニ・マリア・デッレピアーネ通称イル・ムリナレット(ジェノヴァ、1660‐モンティチェッリ・ドンジーナ、1745)の「ジェノヴァ総督フランチェスコ・マリア・インぺリアーレの肖像」


P1880636
ドメニコ・パロディ(ジェノヴァ、1668‐1740)の「高貴な女性の肖像」


P1880640
アレッサンドロ・マニャースコ(ジェノヴァ、1667‐1749)の「兵士」


P1880642
アレッサンドロ・マニャースコ(ジェノヴァ、1667‐1749)の「兵士」


P1880644
アレッサンドロ・マニャースコ(ジェノヴァ、1667‐1749)の「ゲッセマネ園のキリスト」


P1880646
アレッサンドロ・マニャースコ(ジェノヴァ、1667‐1749)の「法悦の聖フランチェスコ」


P1880648
アレッサンドロ・マニャースコ(ジェノヴァ、1667‐1749)の「高貴な男の肖像」


P1880650
ジョヴァンニ・マリア・デッレピアーネ通称イル・ムリナレット(ジェノヴァ、1660‐モンティチェッリ・ドンジーナ、1745)の「赤い服を着た男の肖像」


P1880652
アレッサンドロ・マニャースコ(ジェノヴァ、1667‐1749)の「奇行」


P1880654
アレッサンドロ・マニャースコ(ジェノヴァ、1667‐1749)の「奇行」


P1880656
アントン・フォン・マロン(ウィーン、1733‐ローマ、1806)の「ジェノヴァ共和国総督のミケランジェロ・カンビアーソの肖像」(1792)


P1880659
アントン・フォン・マロン(ウィーン、1733‐ローマ、1806)の「アンナ・ピエーリ・ブリニョーレ=サーレの肖像」


P1880661
ヘンドリック・フランス・ヴァン・リント(アンヴェルサ、1694‐ローマ、1762)の「風景」


P1880663
カルロ・アントニオ・タヴェッラ(ミラノ、1668‐ジェノヴァ、1738)の「風景」


P1880665
カルロ・アントニオ・タヴェッラ(ミラノ、1668‐ジェノヴァ、1738)の「風景」


P1880667
ジャン=バティスト・ティアチェ(フランス、ルーアン、1737‐フィレンツェ?、1790)の「ティヴォリの滝」


P1880669
二コラ・ランクレ(パリ、1690‐1743)の「庭園のダンス」


P1880671
ミケーレ・プランケール(パルマ、1796‐1848)の「テミストクレス(紀元前6‐5世紀のアテネの政治家・軍人)の説得」


P1880673
フランチェスコ・フォンテバッソ(ヴェネツィア、1709‐1769)の「画家・彫刻家・建築家」


P1880675
ジョヴァンニ・ダヴィド(カベッラ・リグーレ、、1743‐ジェノヴァ、1790)に帰属する「カフェの女の肖像」


P1880686
外に出ました。
(おわり)

P1880552
次はタペストリの間です。


P1880553
トゥルシ宮の展示内容は博物館でしょうね。


P1880561
床の装飾


P1880557
タペストリのテーマはアレキサンダー大王の逸話です。


P1880558
17世紀中頃にブリュッセルで織られたそうです。


P1880555
ルーベンスの追随画家によってタペストリの原画が描かれたそうです。


P1880559
タペストリの饐えたような臭いが気になります。


P1880562
天井と壁に施された豪華な装飾が見ものです。


P1880563


P1880564


P1880565
次はリグーリア・セラミックの展示です。


P1880566
陶器は博物館の定番ともいえる展示です。


P1880567


P1880568
絵画や彫刻と違い、陶器は同じようなものを幾つも製造可能な再現性に勝るので、芸術品として見た場合、その価値はどうなんだろうと思います。


P1880569


P1880570


P1880571


P1880572
沢山あります。


P1880573
イタリアの博物館に少なからず行ってますが、陶器類の展示を熱心に見ている人を見かけたことがありません。


P1880574
楽器類の展示は人気が高いと思います。


P1880575


P1880576


P1880577
薬草から薬にする過程の展示です。


P1880578
次はメダルやコインの展示室です。


P1880579
ローマ時代から19世紀までの2000年以上の間に造られたコインやメダルがほぼ時代順に展示されてます。


P1880580


P1880581
金貨が少ない。


P1880582



P1880583
コインの展示が膨大です。


P1880584


P1880585
まだまだ続きます。


P1880586


P1880587


P1880588


P1880592


P1880593


P1880595
貨幣やコインが好きなので、熱心に見ました。


P1880597


P1880598


P1880599
(つづく)

ストラーダ・ヌオーヴァ美術館の最後は、ドリア・トゥルシ宮、または単にトゥルシ宮です。
P1880758
ドリア・トゥルシ宮、またはトゥルシ宮は、後になっての名称です。
ジェノヴァ貴族のニッコロ・グリマルディの注文によって、ジェノヴァの建築家だったドメニコとジョヴァンニのポンツェッロ兄弟の設計及び建築工事監督によって、1565年に完成した建物です。
そのため、Palazzo di Nicolo Grimardiが建築当時からの名称で、現在でも、そのように呼ばれることがあります。


P1880759
1597年、この建物はジョヴァンニ・アンドレア・ドリアに売却され、ドリア家邸宅となりましたが、その後、更にカルロ・トゥルシ公爵に売却され、トゥルシ家の所有となりました。
ドリア家、トゥルシ家の所有だったので、ドリア・トゥルシ宮と呼ばれるようになりました。


P1880685
1848年、建物はトゥルシ家によってジェノヴァ市当局に売却されました。民間最後の所有者がトゥルシ家だったので、単にトゥルシ宮と称されることになりました。


P1880684
建物を所有することになったジェノヴァ市は、1848年から市庁舎として使用を開始し、現在も市庁舎となってます。


P1880683
2004年、市庁舎内にストラーダ・ヌオーヴァ美術館の一部が置かれるようになりました。


P1880682
市庁舎の入り口からトゥルシ宮に入りました。


P1880681
Museoとして公開されている1階(日本の2階)に向かいます。


P1880680


P1880679
トゥルシ宮内のMuseoは、白の宮殿からも入ることが出来ます。


P1880678
最初にトゥルシ宮を見てから白の宮殿に行くのが良いか、その逆に白の宮殿からトゥルシ宮に行くかは、自分の好みで決めるよりありません。
美術ファンは白の宮殿から回ることをお勧めします。パガニーニ好きの方は断然トゥルシ宮を先にすべきでしょう。


P1880517
白の宮殿1階の庭園からトゥルシ宮に行くこと出来ます。


P1880509
白の宮殿の庭と接しているのがトゥルシ宮です。


P1880519
この彫刻に向かって右側に出入り口があります。


P1880520
開いている所がトゥルシ宮への入り口です。
この時は誰もいませんでしたが、入り口付近に係員がいることが多いので、迷うことはないと思います。


P1880521
トゥルシ宮の中庭回廊に出ました。


P1880525


P1880526
写真正面の階段を上ります。


P1880530
Museoへの行き方を示す赤の表示があります。


P1880531
赤の矢印に従って進みます。


P1880532


P1880533


P1880534
1階(日本の2階)に出ました。


P1880536
部屋が沢山ありますが、赤の矢印がない部屋に入るのは避けるのが無難です。


P1880537
壁一杯フレスコ画で覆われた部屋がありますが、通常非公開です。


P1880539
最初の部屋は「パガニーニの部屋」です。トゥルシ宮のMuseoは美術館ではなく博物館と訳した方が良いと思います。
ニッコロ・パガニーニ(ジェノヴァ、1782‐ニース、1840)の所有したヴァイオリンや彼が作曲した楽譜、彼所縁の品々を展示する部屋です。
パガニーニはヴァイオリン演奏の超絶技法で悪魔とまで言われたヴァイオリン演奏家です。勿論、作曲家としても有名ですが。


P1880543
バルトロメオ・ジュゼッペ・グアルネーリ通称イル・ジェズが1743年に制作したヴァイオリンです。「カノン」と呼ばれてます。
パガニーニが愛用したヴァイオリンです。


P1880544
1802年、賭博に目がなかったパガニーニですが、その日は負け続けで、所持金全部ばかりか、演奏会で使用する予定のヴァイオリンまで賭博のために換金したものの、全て取られてしまって、演奏会で演奏するヴァイオンがないと言う状態に陥ってしまいました。


P1880545
困っていたパガニーニに対して、それを知った「カノン」の所有者は「このヴァイオリンを演奏会で使用したらどうか」と申し入れ、パガニーニはその申し出を受け入れ、「カノン」で演奏会に臨み、大成功を収めたのです。
「カノン」の所有者は、パガニーニが一生「カノン」を使用することを条件に「カノン」をパガニーニに寄贈したのです。
「カノン」という名称は、そのヴァイオリンが奏でる音の大きさに感心したパガニーニが名付けたとされてます。
「カノン」は、パガニーニの遺言によって、1851年、ジェノヴァ市に寄贈されました。


P2710822
バルトロメオ・ジュゼッペ・グアルネーリ通称イル・ジェズはクレモナの名工です。
クレモナのヴィオリーナ博物館に彼の作品が展示されてます。


P2710820
シェリング、クライスラー、ハイフェッツなどがイル・ジェズのヴァイオリンを愛用しました。


P2710824
以上3枚の写真はクレモナのヴィオリーナ博物館で撮りました。


P1880541
パガニーニが愛用したヴァイオリンがもう一つ展示されてます。


P1880542
フランスのヴァイオリン名工によって制作されたヴァイオリンです。
このヴァイオリンは、パガニーニの遺言によって、パガニーニの弟子カミッロ・シヴォーリに遺贈されましたが、カミッロの死後に、カミッロの遺族によってジェノヴァ市に寄贈されました。


P1880546
パガニーニ夫人像?
この彫像がこの部屋にある理由が分からないし、誰の彫像なのかさえも分かりません。


P1880548
パガニーニゆかりの品々


P1880549


P1880551
床の装飾
(つづく)

↑このページのトップヘ