イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:教会巡り > ジェノヴァ大聖堂

P1900089
右側廊


P1900090
右側廊


P1900093
後陣右側にあるノストラ・シニョーラ礼拝堂です。


P1900096
フェデリーコ・バロッチ(ウルビーノ、1535‐1612)の「磔刑」


P1900101
ロレンツォ・デ・フェラーリ(ジェノヴァ、1680‐1744)の「玉座の聖母子と聖スタニスラオと聖フランチェスコ・ボルジャ」


P1900104
天井のフレスコ画はジョヴァンニ・アンドレア・カルロ―ネ(ジェノヴァ、1584/1590-ミラノ、1630)の「聖セバスティアーノの説教」


P1900102
これは有り難い。


P1900108
大理石の祭壇は、カルロ・バラビーノ(ジェノヴァ、1768-1835)とイグナツィオ・ペスキエーラ(ジェノヴァ、1777-1839)の「天使たち」(1830)


P1900107
15世紀の逸名画家作「聖母子」


P1900109
ステンドグラスも見事です。


P1900111
「聖母被昇天」(19世紀)


P1900114


P1900116
グイド・ガレッティ(ロンドン、1893-ジェノヴァ、1977)の「幼きキリストと聖ジュゼッペ」


P1900119
ガエターノ・プレヴィアーティ(フェラーラ、1852-ラヴァ―ニャ、1930)の「聖母被昇天」(1905)


P1900128
扉上ルネッタのフレスコ画


P1900131
Maestro Costantinopolitano di San Salvatore in Choraの「聖母子と2聖人と2天使」(1312c)


P1900134
有名な彫刻です。


P1900141
15世紀の逸名彫刻家作「磔刑」


P1900140
パオロ・ジローラモ・ピオラ(ジェノヴァ、1666-1724)の「天上のキリストと聖ジローラモと聖マリア・マッダレーナと聖人」


P1900147
ルーカ・カンビアーソ(モネーリア、1527-エル・エスコリアル、1585)の「聖ゴッタルド」


P1900153
入口扉上のフレスコ画


P1900152


P1900149
Maestro Costantinopolitano di San Salvatore in Choraの「玉座のキリストと聖人たち」(1312c)


P1900170
詳細不明


P1900173
詳細不明


P1900179
サン・ジョヴァンニ礼拝堂


P1900178
クーポラ


P1900181
ドメニコ・ガジーニ・ダ・ビッソーネ(ビッソーネ、15世紀後半活動)と弟子のエリア・ガジーニの「祭壇」


P1900190
ドメニコ・ガジーニ・ダ・ビッソーネ(ビッソーネ、15世紀後半活動)とエリア・ガジーニの「聖ジョヴァンニ・バッティスタの生涯」


P1900185
アンドレア・コンドゥッチ通称イル・サンソヴィーノ(モンテ・サン・サヴィーノ、1467c-1529)の「聖母子」


P1900194
Museoに行きます。


P1900195
Museoの入り口


P1900196


P1900197
高価でしょうね。


P1900198


P1900199


P1900200


P1900201


P1900202
芸術性はあまり感じません。


P1900205


P1900206
聖堂内に戻り、後陣左のレルカーリ礼拝堂の拝観です。


P1900210
礼拝堂祭壇


P1900211
ジャン・ジャコモ・デッラ・ポルタとグリエルモ・デッラ・ポルタとニコロ・ダ・コルテの「サンティ・ピエトロ・エ・パオロの祭壇」(1533-37)


P1900212
ガスパーレ・フォルラーニのオルガンのカヴァー絵(1554-55)


P1900221
天井のフレスコ画は、ジョヴァンニ・バッティスタ・カステッロ通称イル・ベルガマスコ(カステッロ・ガンディーノ、1509-マドリッド、1569)の「聖母戴冠」(1564)と「聖母被昇天」(1564)


P1900223
詳細不明


P1900240
外に出ました。
(おわり)

P1900272
見応えがあるファサードです。


P1900278


P1900280
ファサードの彫刻の作品帰属について、聖堂内に説明プレートがあります。


P1900165
これです。


P1900166
これがあるので助かります。


P1900282
次は身廊外観です。


P1900283
鐘楼を横から見たところです。


P1900284
サン・ロレンツォ通り側の出入り口


P1900285


P1900286


P1900287


P1900288


P1900289


P1900290


P1900053
ファサード側の向かって右の出入り口が開いていたので、聖堂内に入ります。


P1900054
三廊式、ラテン十字形、ロマネスク様式の内部です。


P1900055
左側廊方向


P1900059
左側廊


P1900060
左側廊からの眺め


P1900061
左側廊上部


P1900066


P1900161


P1900056
右側廊方向


P1900144
右側廊


P1900145
右側廊からの眺め


P1900162


P1900057
天井
第二次世界大戦中の1941年2月9日、イギリス軍の爆撃によって、聖堂身廊天井が破壊され、天井のフレスコ画の殆どが落剝してしまいました。その後、天井は修復されましたが、僅かに残っていたフレスコは白く塗り潰されました。


P1900058
ジョルジョ・フィエスキの墓


P1900062
ジョヴァンニ・アンドレア・アンサンド(ヴォルトリ、1584‐ジェノヴァ、1638)によって、オルガンカヴァーとして描かれた「聖ロレンツォ」


P1900067


P1900071
ジョヴァンニ・バッティスタ・パッジ(ジェノヴァ、1554‐1627)に帰属する「受胎告知」


P1900072
ジョヴァンニ・ガジーニ(パレルモ、1470c‐?、?)の「ジョルジョ・フィエスキの墓碑」


P1900074
中央礼拝堂と後陣は修復作業中でした。


P1900076
後陣のフレスコ画、彫刻、ステンドグラスなどをゆっくり見たかった!


P1900078
ラッザーロ・ダヴァローネ(ジェノヴァ、1556‐1640)のフレスコ画(1622)


P1900088
ラッザーロ・タヴァローネ(ジェノヴァ、1556‐1640)の「最後の晩餐」


P1900091
後陣の彫刻を見たかったけれど、これではね。


P1900092
詳細不明


P1900075
説教壇


P1900080
校外学習の一行がやってきました。聖堂内に説明の声が良く響きます。
(つづく)

P1900033
ジェノヴァ市の中心サン・ロレンツォ通りです。


P1900037
サン・ロレンツォ通りを東に進むと、直ぐに大聖堂の鐘楼と、道の突き当りにあるジェズ教会が見えてきます。


P1900042
サン・ロレンツォ大司教座教会、Cattedrale Metropolitana di San Lorenzoです。
ジェノヴァ大司教区の大司教座が置かれています。


P1900270
3世紀中頃、この場所にキリスト教徒の墓地があり、信仰の場となっていました。5‐6世紀頃に教会が建設されましたが、それが現在の建物の前身です。
1007年、司教座が置かれ、Cattedraleに昇格しました。


P1900043
11世紀中頃、建物の老朽化と信者が多くなって手狭になったので、建物が再建されることになりました。
1098年に創建されたロマネスク様式の二代目の建物が、現在の姿の原形です。
1118年に奉献式が執り行われた後、1133年に大司教座が置かれるようになりました。


P1900274
1230年頃、ゴシック様式に改築されることになり、改築はファサードから始められ、ファサードは1307年から1312年の間に完成しました。


P1900228
白と黒の大理石による組み合わせ模様は、ジェノヴァ貴族の象徴とされていたものです。
ファサードの建築に従事した労働者はフランスから集められたそうです。


P1900268
当初、鐘楼はファサードの左右2本の建設が予定されていましたが、右だけが1552年に完成しました。高さが60mあります。
向かって左の鐘楼は、1477年にロッジャ部分まで建設が進みましたが、そのままで放置され未完成のまま、現在に至ってます。


P1900462
クーポラですが、1550年に工事が始められ、17世紀に完成しました。


P1900463
クーポラは暫く修復工事中です。


P1900229
ポータル上のフレスコ


P1900224
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)の作品(1210c)


P1900238
修復後のものでしょうね。


P1900225
1894年から1900年にかけて大規模な修復工事が行われました。


P1900226


P1900227


P1900231
ベネデット・アンテラミ、ベネデット・アンテラミ派彫刻家による作品


P1900232


P1900233


P1900234


P1900235


P1900236



P1900237
ファサードの左右にライオン像があります。
カルロ・ルバット(ジェノヴァ、1810‐1891)の「ライオン像(左)」(1840)


P1900259
カルロ・ルバット(ジェノヴァ、1810‐1891)の「ライオン像(右)」(1840)


P1900241
聖母子


P1900046


P1900047


P1900051
聖ロレンツォ


P1900052


P1900242
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)またはベネデット・アンテラミ派彫刻家の「キリストと聖ロレンツォ」


P1900044


P1900244


P1900045
バラ窓


P1900245


P1900246


P1900247
扉横の彫刻


P1900248


P1900250
扉横の柱に施された彫刻


P1900251
柱下部


P1900252


P1900254


P1900255


P1900256
以上は中央扉の写真です。


P1900257
向かって右の扉です。


P1900258


P1900260
ベネデット・アンテラミの彫刻


P1900261


P1900263


P1900265
(つづく)

↑このページのトップヘ