イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:教会巡り > ジェノヴァ、サンティッシマ・アンヌンツィアータ聖堂

P1900601
フランチェスコ・スコット(ジェノヴァ、1750c‐1826)の「磔刑」


P1900603
ジュゼッペ・イーゾラ(ジェノヴァ、1808‐1893)の磔刑礼拝堂の天井フレスコ画


P1900610
ベルナルド・ストロッツィ(ジェノヴァ、1581‐ヴェネツィア、1644)の祭壇画


P1900615
以上が左側廊の礼拝堂です。


P1900616
中央礼拝堂前から見た出入口方向です。


P1900617
中央礼拝堂と後陣


P1900618
後陣のフレスコ画は、ジュリオ・ベンソ(ぺーヴェ・ディ・テーコ、1592‐1668)の「受胎告知」、「聖母被昇天」


P1900619


P1900621


P1900623


P1900622
クーポラのフレスコ画は、ジョヴァンニ・アンドレア・アンサルド(ヴォルトリ、1584‐ジェノヴァ、1638)によって描かれました。


P1900620
ジャコモ・アンドレア・ポンソネッリ(マッサ、1654‐ジェノヴァ、1735)の「磔刑像」


P1900624
中央礼拝堂の左右の側壁に祭壇画があります。


P1900626
左側壁は、ジョヴァンニ・バッティスタ・カルロ―ネ(ジェノヴァ、1603‐パロディ・リグーレ、1684c)の「キリストの寺院への出現」


P1900628
右側壁は、ジョヴァンニ・バッティスタ・カルロ―ネ(ジェノヴァ、1603‐パロディ・リグーレ、1684c)の「キリストの博士たちとの問答」


P1900631
中央礼拝堂のイコン


P1900633
中央礼拝堂のイコン


P1900635
ロレートの聖母の礼拝堂です。


P1900636
レオナルド・ミラーノ(コモ、1577‐ジェノヴァ、1637)の「ロレートの聖母」


P1900639
ジョヴァンニ・バッティスタ・カルロ―ネ(ジェノヴァ、1603‐パロディ・リグーレ、1684c)の「ポルタの聖サルヴァトーレの奇跡」


P1900641
ジョヴァンニ・アンドレア・アンサルド(ヴォルトリ、1584‐ジェノヴァ、1638)の右側廊クーポラのフレスコ画


P1900646
トマーゾ・クレリーチ(ジェノヴァ、1636‐1657)の「三大天使」


P1900649
トマーゾ・クレリーチ(ジェノヴァ、1636‐1657)の「聖ドメニコ・ソリアーノの行為」


P1900652
パドヴァの聖アントニオ礼拝堂の祭壇画は、トマーゾ・オルソリーノ(ランポニオ、1587‐ジェノヴァ、1675)の「パドヴァの聖アントニオ」


P1900653
ジャコモ・ポルタ(?、?‐ジェノヴァ、1662)の「祭壇」


P1900655
右側廊


P1900656
ジョヴァンニ・カルロ―ネ(ジェノヴァ、1584‐ミラノ、1631)によって描かれた右側廊天井のフレスコ画


P1900657
同断


P1900660
ドメニコ・ピオラ(ジェノヴァ、1628‐1703)の「受胎告知」(1679)


P1900664
アンドレア・カルロ―ネ(ジェノヴァ、1626‐1697)の「ご訪問」


P1900666
アンドレア・カルロ―ネ(ジェノヴァ、1626‐1697)の「聖母の寺院への出現」


P1900667
説教壇


P1900668


P1900671
ジョヴァンニ・バッティスタ・カルロ―ネ(ジェノヴァ、1603‐1684)の「アルカンターラの聖ピエトロ」


P1900675
アンドレア・マリア・ピオラ(ジェノヴァ、1654‐1715)の「聖母子と聖グレゴリオと聖オルソラ」


P1900677
ダニエーレ・クレスピ(ボスコ・アルシツィオ、1600‐ミラノ、1630)の「聖ジョヴァンナ」


P1900682
ジョヴァンニ・ベルナルド・カルボーネ(ジェノヴァ、1614‐1683)の「十字架の前で祈るフランスの聖ルイ9世」


P1900684
クラウディオ・フランチェスコ・ボーモン(トリノ、1694‐1766)の「聖ルイ9世の寄進」


P1900686
クラウディオ・フランチェスコ・ボーモン(トリノ、1694‐1766)の「ペスト患者と聖ルイ9世」


P1900687
ドメニコ・フィアセッラ(サルザーナ、1589‐ジェノヴァ、1669)の天井フレスコ画


P1900688


P1900689


P1900691
サン・ジョヴァンニ・バッティスタ礼拝堂です。


P1900692
詳細不明


P1900693
祭壇(詳細不明)


P1900696
ドメニコ・ピオラ(ジェノヴァ、1628‐1703)の「磔刑の前の聖ドメニコ」


P1900698
シモーネ・パッラビーノ(ジェノヴァ、1575c‐ミラノ、1620c)の「聖ディエゴの奇跡」


P1900703
17世紀中頃の逸名画家作「聖ボナヴェントゥーラの奇跡」


P1900705
ドメニコ・ピオラの追随者作「聖霊降臨」


P1900709
ジョヴァンニ・アンドレア・デ・フェラーリ(ジェノヴァ、1598‐1669)の「アガルとイスマエーレ」


P1900712
グリエルモ・カッチャ通称イル・モンカルヴォ(モンタボーネ、1568‐1625)の「聖フランチェスコの誕生」


P1900714
ジョヴァンニ・バッティスタ・カルロ―ネ(ジェノヴァ、1603‐1684)の礼拝堂天井のフレスコ画


P1900715
カルロ―ネ一族、ピオラ一族など画家一家の作品が多くて、作品を特定させるのが大変でした。


P1900716
ブログの書き手として時間が相当かかった記事でした。


P1900721
外に出ました。
(おわり)

P1900508
ジェノヴァのバルビ通りの先に教会の建物があります。


P1900511
Piazza del Nunziataに面して建つ教会です。


P1900732
Basilica di Santissima Annunziata del Vastato
ジェノヴァに、2つの受胎告知教会があるので、区別するためにdel Vastatoが付けられて呼称されてます。


P1900516
この場所には、1228年に建てられた小さなサンタ・マリア・デル・プラート教会修道院がありましたが、1508年、教会修道院の建物はフランチェスコ会修道士の所有に変更されました。
フランチェスコ会は、譲渡された建物を取り壊し、その上に新しい建物の建設を決め、1520年に創建されましたが資金難のため、1537年に工事が中断され、シンプルで小さな建物のまま、活動していました。
1582年、工事が再開されましたが、資金難のため工事は遅々として進みませんでした。1591年、ロメッリーニ家が資金を負担することになり、彫刻家でもあり建築家であるタッデオ・カルロ―ネ(ローヴィオ、1543‐ジェノヴァ、1615)の工事監督によって、工事が再開され1615年に完成しました。


P1900734
新古典様式のファサードはジョヴァンニ・バッティスタ・レナスコとカルロ・バラビーノの設計、工事監督によるものです。


P1900725
身廊外観


P1900735
鐘楼がファサードの左右に二本設けられてます。


P1900722
第二次世界大戦の爆撃によって、大きな被害を受け、戦後に大修復された建物です。


P1900519
お布施を依頼してます。


P1900520
聖堂内に入りました。


P1900521
三廊式、バロック様式の内部です。


P1900522
縦54m×横33mの聖堂です。


P1900523
装飾が地味なのは柱くらいです。


P1900525
身廊天井のフレスコ画は、ジョヴァンニ・カルロ―ネ(ジェノヴァ、1584‐ミラノ、1631)とジョヴァンニ・バッティスタ・カルローネ(ジェノヴァ、1603‐パロディ・リグーレ、1684c)によって描かれました。


P1900526
場面毎に二人のうち誰によって描かれたのか特定されているそうです。


P1900688
その辺は、私にはあまり興味がありません。


P1900527
左側廊


P1900528
左右の側廊天井にもフレスコ画が描かれてます。


P1900529
左側廊にある礼拝堂から見て行きました。


P1900535
ジョヴァンニ・バッティスタ・カルローネ(ジェノヴァ、1603‐パロディ・リグーレ、1684c)の「聖クレメンテの殉教」
サン・クレメンテ礼拝堂の中央祭壇画です。


P1900537
ジョヴァンニ・バッティスタ・カルローネ(ジェノヴァ、1603‐パロディ・リグーレ、1684c)の「聖クレメンテの殉教」
サン・クレメンテ礼拝堂の右側壁にあります。


P1900540
ジョヴァンニ・バッティスタ・カルローネ(ジェノヴァ、1603‐パロディ・リグーレ、1684c)の「聖クレメンテの苦痛」
サン・クレメンテ礼拝堂の左側壁にあります。


P1900546
左側廊第2礼拝堂です。


P1900545
ジョヴァンニ・バッティスタ・パッジ(ジェノヴァ、1554‐1627)の「聖キアーラの変容」


P1900551
ジョヴァンニ・バッティスタ・カルローネ(ジェノヴァ、1603‐パロディ・リグーレ、1684c)の「洗礼する聖フランチェスコ・ソラーノ」


P1900555


P1900556


P1900560
クリスチャン・ラクロワ(フランス人、ジェノヴァで17世紀後半活動)の「磔刑」


P1900562
ルーカ・カンビアーソ(モネーリア、1527‐スペイン、エル・エスコリアル、1585)の「磔刑」


P1900568
ドメニコ・ピオラ(ジェノヴァ、1627‐1703)の「無原罪の聖母」


P1900570
左側廊天井のフレスコ画はジョヴァンニ・カルロ―ネ(ジェノヴァ、1584‐ミラノ、1631)の作品です。


P1900574
ドメニコ・ピオラ(ジェノヴァ、1627‐1703)の「天上の聖母子と聖ディエゴ」


P1900576
左第5礼拝堂の天井フレスコ画はドメニコ・ピオラ(ジェノヴァ、1627‐1703)によって描かれました。


P1900578
ドメニコ・ピオラ(ジェノヴァ、1627‐1703)の「聖ディエゴの説教」


P1900582
ドメニコ・ピオラ(ジェノヴァ、1627‐1703)の「フィリッポ2世の病気の息子を治す聖ディエゴ」


P1900583
左第6礼拝堂です。


P1900586
「聖フランチェスコ」(18世紀)


P1900587
左第6礼拝堂の天井フレスコ画はジョアッキーノ・アッセレート(ジェノヴァ、1600‐1649)の「聖母被昇天」


P1900591
左翼廊のクーポラ


P1900594
レオナルド・ミラーノ(コモ、1577‐ジェノヴァ、1637)の「聖母子と聖人たち」


P1900596
ルチアーノ・ボルツォーネ(ジェノヴァ、1590‐1645)の「聖母子と聖人たち」
(つづく)

↑このページのトップヘ