イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:美術館 > パルマ、ストゥアルド絵画館

第15室の続きです。
P2610268
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「旅人と羊飼いがいる風景」


P2610271
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「戦闘」


P2610274
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノの領域(Ambito)の「戦闘」


P2610276
イラリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「騎兵がいる風景」


P2610279
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「騎兵戦」


P2610282
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「騎兵戦」


P2610286
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「騎兵戦」


P2610288
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「水浴するニンフ」


P2610292
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「合奏」


P2610295
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「ニンフとプットたち」


P2610297
次の部屋です。


P2610298
第16室になります。


P2610299
イグナツィオ・ステルン(オーストリア、1679‐ローマ、1748)の「磔刑像を手に瞑想する聖ブルノーネ」


P2610302
アントニオ・ムリエ通称イル・テンペスタ(オランダ、ハールレム、1637‐ミラノ、1701)の「パリーデの判決」


P2610306
アントニオ・ムリエ通称イル・テンペスタ(オランダ、ハールレム、1637‐ミラノ、1701)の「ヴィーナスとアドーネ」


P2610309
クロード・ロレイン(フランス、シャマーニュ、1600‐ローマ、1682)の「幸福な出来事」


P2610311
18世紀後半のヴェネトの逸名画家作「カナレット作『ドーロのブレンタ川』の複製画」


P2610315
ジャコモ・アントニオ・ボーニ(ボローニャ、1688‐ジェノヴァ、1766)の「漁師がいる風景」


P2610317
フランチェスコ・フォンテバッソ(ヴェネツィア、1707‐1769)の「天上の聖母子と聖ジョルジョと聖マルコと聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ」


P2610321
フランチェスコ・フォンテバッソ(ヴェネツィア、1707‐1769)の「聖ジュゼッペの死」


P2610325
フランチェスコ・フォンテバッソ(ヴェネツィア、1707‐1769)の「パオラの聖フランチェスコの奇跡」


P2610328
フランチェスコ・フォンテバッソ(ヴェネツィア、1707‐1769)の「教皇聖グレゴリオと聖人たち」


P2610331
フランチェスコ・フォンテバッソ(ヴェネツィア、1707‐1769)の「十字架の発見と聖エレーナ」


P2610333
劇場?


P2610334
第17室


P2610335
次の部屋です。この部屋から展示作品全点の紹介を控えます。(興味がないから)


P2610336
第18室


P2610338
エンリコ・バンディーニ(パルマ、1807‐1888)の「彫刻家トッマーゾ・バンディーニ」(1830c)


P2610341
ベルナルディーノ・リッカルディ(パルマ、1814‐ローマ、1854)の「嘆きの聖母」(1839)


P2610344
ジョヴァンニ・リッコ(パルマ、1817‐1873)の「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ」(1840)


P2610347
ジョヴァンニ・バッティスタ・ボルゲージ(パルマ、1790‐1846)の「十字架を担ぐ聖ジョヴァンニ」(1816c)


P2610349
次の部屋です。


P2610350
第19室


P2610351
次の部屋です。


P2610352


P2610353
第20室


P2610354
第21室で終わりです。


P2610355
外に出ました。
アンニーバレ・カラッチ、ラヴィーニア・フォンターナ、ジョヴァンニ・ランフランコの作品などが印象に残りました。
(おわり)

P2610156
次の部屋です。


P2610157
第13室になります。


P2610159
ジョヴァンニ・フランチェスコ・バルビエーリ通称イル・グエルチーノの領域(Ambito)の「苦しみのキリスト」(17世紀)


P2610162
18世紀の逸名画家作「聖母の神殿奉献」


P2610165
バルトロメオ・マンフレディ(オスティアーノ、1587‐ローマ、1622)に帰属する「男の頭」


P2610168
テオフィリ・ビグー通称マエストロ・キャンドルライト(フランス、アルル、1579‐アヴィニョン、1650)の「聖母の頭」


P2610171
バルトロメオ・マンフレディ(オスティアーノ、1587‐ローマ、1622)に帰属する「男の頭」


P2610174
ジュゼッペ・チェーザリ通称カヴァリエール・ダルピーノ(アルピーノ、1568‐ローマ、1640)の「キリストの頭」


P2610177
ジュゼッペ・チェーザリ通称カヴァリエール・ダルピーノ(アルピーノ、1568‐ローマ、1640)の「兵士の頭」


P2610179
17世紀にローマで活動したフランス人逸名画家作「羊飼いの礼拝」(17世紀後半)


P2610182
18世紀のエミリアの逸名画家作「聖チェチリア」


P2610184
パルマの家具工房作「箪笥」(18世紀初め)


P2610187
アンドレア・ランツァーニ(ミラノ、1641‐1712)の「エジプトへの逃避途中の休息」


P2610190
制作者情報不詳の「ティツィアーノ作『救世主』の複製画」


P2610193
ベネデット・ジェンナーリ(チェント、1633‐ボローニャ、1715)の「聖アグネス」


P2610195
17世紀前半のフィレンツェの逸名画家作「純潔の寓意」


P2610200
17世紀のエミリアの逸名画家作「グイド・レーニ作『悲しみの聖母』の複製画」


P2610203
18世紀のトスカーナの逸名画家作「グイド・レーニ作『鳩の聖母』の複製画」


P2610206
17世紀のエミリアの逸名画家作「グイド・レーニ作『聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ』の複製画」


P2610209
フィレンツェの逸名画家作「謙虚の寓意」(17世紀前半)


P2610211
ジョヴァン・フランチェスコ・フェランテ(ボローニャ、1600‐ピアチェンツァ、1653)の「聖アンドレア・アヴェッリーノ」


P2610214
次の部屋です。


P2610215
第14室


P2610217
ジョヴァン・バッティスタ・ガウッリ通称イル・バチッチョ(ジェノヴァ、1639‐ローマ、1709)の「光悦の聖イグナツィオ」


P2610220
アレッサンドロ・マリ(トリノ、1650‐マドリッド、1707)の「アレッサンドリアの聖カテリーナ」


P2610223
アレッサンドロ・マリ(トリノ、1650‐マドリッド、1707)の「パドヴァの聖アントニオ」


P2610226
アレッサンドロ・マリ(トリノ、1650‐マドリッド、1707)の「聖チェチリア」


P2610229
制作者情報不詳の「ティツィアーノ作『カルロ5世の肖像』の複製画」


P2610231
ジョヴァンニ・ボッラ(パルマ、1650‐1735)の「聖家族」


P2610235
アントニオ・モロ(アントニス・モル)(オランダ、ユトレヒト、1517‐ベルギー、アントウェルペン、1577)の「パルマ=ピアチェンツァ公爵夫人、マルゲリータ・デ・オーストリアの肖像」


P2610238
フランス・デニス(アントワープ、1610‐マントヴァ、1670)の「ラヌッチョ2世の肖像」(1662)


P2610241
フランス・デニス(アントワープ、1610‐マントヴァ、1670)に帰属する「イサベッラ・デステ」(1664‐66)


P2610243
次の部屋です。


P2610244
第15室


P2610246
ジョヴァンニ・ベネデット・カスティリオーネ通称イル・グレチェット(ジェノヴァ、1609‐マントヴァ、1664)の「雄鶏、七面鳥、ネズミ」


P2610249
フェリーチェ・ボセッリ(ピアチェンツァ、1650‐パルマ、1732)の「野菜、果物、肉の静物画」


P2610252
ジョヴァンニ・ベネデット・カスティリオーネ通称イル・グレチェット(ジェノヴァ、1609‐マントヴァ、1664)の「猫、亀、鳥の静物画」


P2610255
フェリーチェ・ボセッリ(ピアチェンツァ、1650‐パルマ、1732)の「野菜、果物、肉の静物画」


P2610258
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「サティーロ、ニンフ、プットたち」


P2610261
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「サティーロとニンフとプットたちの遊び」


P2610265
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「プット、サティーロ、ニンフ」
(つづく)

P2610059
次の部屋です。


P2610060
第10室になります。


P2610062
エルコーレ・デッラバーテ(モデナ、1562‐1613)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」


P2610065
アントニオ・マリア・ヴィアーニの領域(Ambito)の「三位一体」(17世紀前半)


P2610068
パルマの逸名画家作「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」(1600‐10c)


P2610071
ジョヴァンバッティスタ・ザノリーニ(フィデンツァ、1593‐1599存在確認)の「聖母子とパドヴァの聖アントニオとオリヴェート会修道士聖人」


P2610073
バルトロメ・エステバン・ムリーリョの領域(Ambito)の「幼きキリスト」(18世紀後半)


P2610077
16世紀初頭のエミリアの逸名画家作「マールテン・デ・フォス作『聖家族と天使たち』の複製画」


P2610080
バルトロメ・エステバン・ムリーリョの領域(Ambito)の「聖ジョヴァンニーノ」(18世紀後半)


P2610083
ジョヴァンバッティスタ・ターリアサッキ(フィデンツァ、1696‐カンプレモルド・ソプラ、1737)の「聖ジョヴァンニーノ」


P2610086
フランス・フランケン2世・イル・ジョーヴァネ(17世紀後半活動)の「羊飼いの礼拝」


P2610089
16世紀後半のフランドルの逸名画家作「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P2610093
フェラーラの逸名画家作「我に触れるな」(1590‐1600)


P2610095
フェラーラの逸名画家作「ピエタ」(1590‐1600)


P2610098
次の部屋です。


P2610105
第11室


P2610099
ここは、旧サン・パオロ修道院の台所でした。


P2610100


P2610101


P2610102


P2610103


P2610104


P2610106
17世紀中頃のパルマの家具工芸工房作「クローゼット」


P2610108
次の部屋です。


P2610109
第12室


P2610111
フランチェスコ・ストリンガ(モデナ、1635‐1709)の「天上の聖母子と天使たち」


P2610114
カルロ・ボノーネ(フェラーラ、1569‐1632)の「永遠なる父の頭」


P2610117
ジョヴァンニ・ランフランコ(パルマ、1582‐ローマ、1647)の「聖ブルノーネ」


P2610119
カルロ・ボノーネ(フェラーラ、1569‐1632)の「聖人の頭」


P2610123
18世紀のヴェネトの逸名画家作「聖母被昇天」


P2610127
ジョヴァンニ・マウロ・デッラ・ローヴェレ通称フィアッミンギーノ(ミラノ、1575‐1640)の「寓意的場面」


P2610130
ジョヴァンニ・アントニオ・ファゾーロ(マンデッロ・デル・ラーリオ、1530‐ヴィチェンツァ、1572)の「男の頭」


P2610133
ジョヴァンニ・アントニオ・ファーゾロ(マンデッロ・デル・ラーリオ、1530‐ヴィチェンツァ、1572)の「女の頭」


P2610138
17世紀前半のエミリアの逸名画家作「聖母子」


P2610140
17世紀のパルマの逸名画家作「バルトロメオ・スケドーニ作『キリストの埋葬』の複製画」


P2610145
バルトロメオ・スケドーニ(モデナ、1578‐パルマ、1615)の「聖エリザベッタの施し」


P2610148
シスト・バルダロッキオ(パルマ、1585‐ローマ、1585c)の「聖母」


P2610150
ジョヴァンニ・ランフランコ(パルマ、1582‐ローマ、1647)の「聖オッタヴィオの殉教」


P2610153
ヴァレリオ・カステッロ(ジェノヴァ、1624‐1659)の「聖ジャコモを洗礼する聖ピエトロ」
(つづく)

P2600919
次の部屋です。


P2600920
第6室になります。


P2600921
ミケランジェロ・アンセルミ(ルッカ、1492c‐パルマ、1556)の「聖母戴冠のステンダルド(旗)」


P2600922


P2600925
制作者情報不詳の「ヤン・ファン・エイク作『戴冠した聖母』のコピー画」


P2600928
フィリッポ・リッピの追随者作「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ」(16世紀前半)


P2600930
ロンバルドの逸名画家作「聖母子」(1500‐20c)


P2600934
ロレンツォ・レオンブルーノ(マントヴァ、1477‐1537)に帰属する「聖母子」


P2600938
アントニオ・ベガレッリの領域(Ambito)の「聖母の頭像」(16世紀)


P2600942
ジャコモ・ライボリーニ通称ジャコモ・フランチャ(ボローニャ、1486c‐1540)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P2600944
17世紀前半のトスカーナの逸名画家作「この人を見よ」


P2600948
ジャコモ・ライボリーニ通称ジャコモ・フランチャ(ボローニャ、1486c‐1540)の「聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ」


P2600951
トスカーナの逸名画家作「この人を見よ」(1500‐10c)


P2600954
ローマの逸名画家作「ラファエッロ・サンツィオ作『キューピッドの頭』の複製画」(16世紀前半)


P2600957
15世紀末のジェノヴァの逸名画家作「聖家族」


P2600959
15世紀末の逸名画家作「タッデオ・ズッカリ作『死せるキリストへの哀悼』の複製画」


P2600963
フランチェスコ・マリア・ロンダ―ニ(パルマ、1490‐1550)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖フランチェスコとベネデット会修道士聖人」


P2600966
コレッジョの追随者作「園のキリスト」(16世紀前半)


P2600968
次の部屋です。


P2600969
第7室


P2600972


P2600973
16世紀末のパルマの逸名画家の素描


P2600976
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリ(ヴィアダーナ、1500c‐パルマ、1569)の「祭壇画の下絵」


P2600982
17世紀のエミリアの逸名画家作「聖母被昇天」


P2600986
17世紀末のエミリアの逸名画家作「コレッジョ作『聖アントニオ』の複製画」


P2600988
ジョヴァンニ・ジョゼッフォ・ダル・ソーレの領域画家作「グイド・レーニ作『無原罪の聖母』の複製画」(17世紀後半)


P2600993
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリ(ヴィアダーナ、1500c‐パルマ、1569)の「男の肖像」


P2600996
フランチェスコ・ロンギ(ラヴェンナ、1544‐1618)の「聖母の頭」


P2600998
インノチェンツォ・マルティーニ(パルマ、1551‐1623)の「使徒の頭」


P2610002
次の部屋です。


P2610003
第8室


P2610005
アンニーバレ・カラッチ(ボローニャ、1560‐ローマ、1609)の「キリストとカナン人」


P2610009
17世紀初頭のボローニャの逸名画家作「ルドヴィーコ・カラッチ作『キリストの逮捕』の複製画」


P2610012
ヤン・ソーンス(オランダ、スヘルトーヘンボス、、1547‐パルマ、1611)の「この人を見よ」


P2610014
17世紀のイタリアの逸名画家作「聖ロッコ」(1647)


P2610018
ラヴィーニア・フォンターナ(ボローニャ、1552‐ローマ、1714)の「ユディト」


P2610021
次の部屋です。


P2610022
第9室


P2610023
17世紀後半の逸名画家作「聖フィリッポ・ネリ」


P2610026
17世紀後半の逸名画家作「聖フィリッポ・ネリ」


P2610030
ドメニキーノ(ボローニャ、1581‐ナポリ、1634)の「聖ドメニコの頭」


P2610033
ピエル・アントニオ・ベルナベイ(17世紀初め活動)の「死せるキリストへの哀悼」


P2610035
17世紀のパルマの逸名画家作「聖フランチェスコ」


P2610038
16世紀初めのエミリアの逸名画家作「十字架降下」


P2610041
17世紀のパルマの逸名彫刻家作「フランチェスコ・ダ・メーダの胸像」


P2610044


P2610045


P2610049
ピエル・アントニオ・ベルナベイ(パルマ、1567‐1630)の「磔刑」


P2610055
18世紀のパルマの逸名画家作「聖フィリッポ・ネリ」
(つづく)

P2600834
Monument della Veccia Torre di San Paoloが見えてます。その塔は旧サン・パオロ教会修道院の鐘楼でした。


P2600838
旧サン・パオロ教会です。
サン・パオロ教会修道院は、985年、この場所に建設されました。現在の建物は、1584年に建設された二代目のものです。
その後、教会の名称がサン・ルドヴィーコ教会に変更されました。
1810年、当時のパルマ司教によって教会は閉鎖されました。


P2600840
閉鎖されてから、建物は学校として使用されていました。


P2600836
学校としての使用が中止され、2002年、ストゥアルド絵画館がオープンしました。こちらは旧修道院だった建物です。


P2600837
絵画館の入り口です。
絵画館は、主に旧修道院東側の建物にあります。


P2600841
入館しました。
毎週火曜日が休館です。入館無料です。(無料にしておくのが勿体ないと思います)


P2600842


P2600843


P2600845


P2600844
展示室に進みます。


P2600846
第2室です。
守備塔の発掘調査の過程で、発掘されたものが展示されてます。


P2600847


P2600849


P2600850
ストゥアルド絵画館は、ジュゼッペ・ストゥアルドが個人集した美術品が主に展示されてます。


P2600851
ジュゼッペ・ストゥアルド(パルマ、1790‐1834)に帰属する「自画像」
彼は眼病を患ったので、アイパッチをしていたそうです。


P2600853
アントニオ・イラリオーリ(チサーノ・ベルガモスコ、1825‐1883以降没)の「ジュゼッペ・ストゥアルドの胸像」


P2600855
ルイージ・ヴィゴッティ(パルマ、1807‐1861)の「ジュゼッペ・ストゥアルドの肖像」
エッチングです。


P2600860
次の部屋です。


P2600857
第3室です。


P2600859
部屋のフレスコの説明でしょうか。


P2600861


P2600862


P2600865


P2600863


P2600867


P2600869
ニコロ・ディ・トッマーゾ(フィレンツェ、1348‐1375存在確認)の「死せるキリストへの哀悼」


P2600870


P2600873
Maestro della Misericordia(フィレンツェ、1350c‐1375c存在確認)の「玉座の聖母子」


P2600876
次の部屋です。


P2600877
第4室です。


P2600879
15世紀のエミリアの逸名画家作「聖母子」


P2600883
ビッチ・ディ・ロレンツォ(フィレンツェ、1373‐アレッツォ、1452)の「聖トッマーゾと聖ジョヴァンニ・バッティスタ」、「聖ジャコモ・ミノーレとバーリの聖二コラ」


P2600892
コレッジョの領域(Ambito di Correggio)の「聖ピエトロ?」(16世紀初頭)
サン・パオロ修道院にあったフレスコ画の剥離断片です。


P2600895
ジョヴァンニ・ディ・フランチェスコ(アレッツォ、1412 o 1428-フィレンツェ、1458)に帰属する「十字架を担ぐキリスト」


P2600898
次の部屋です。


P2600899
第5室になります。


P2600900
12世紀のギリシャのビザンチン様式逸名画家作「聖母子と2天使」


P2600905
パオロ・ディ・ジョヴァンニ・フェイ(シエナ、1340c‐1411)に帰属する「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P2600908
ピエトロ・ディ・ジョヴァンニ・ディ・アンブロージョ(シエナ、1409c‐1449存在確認)の「キリストのエルサレム入城」


P2600910
16世紀のエミリアの逸名彫刻家作「キリスト」(16世紀初頭)


P2600913
Maestro della Elle(フィレンツェ=クレタ、16世紀後半活動)の「羊飼いの礼拝」


P2600916
16世紀末のヴェネト=クレタの逸名画家作「キリストの復活」
(つづく)

↑このページのトップヘ