イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:教会巡り > パルマ大聖堂

引き続き交差ヴォールトのナヴァータに描かれたフレスコ画です。
P2600748
主祭壇から内陣二番目の交差ヴォールトから再開します。


P2600750
旧約聖書からの場面が描かれてます。


P2600751
クゥアドリーフォラ(四連窓)の上部はキリストの物語が描かれてます。


P2600753
四連窓の下部は聖人たちと予言者が描かれてます。


P2600755
交差ヴォールト天井のフレスコ画は、アレッサンドロ・マッツォーラ・べドリ(パルマ、1533‐1608)によって1571年から1574年に制作されたものです。


P2600756
逆光です。


P2600757
キリストの昇天


P2600759


P2600761
次です。


P2600763
ナヴァータのフレスコ画は、ラッタンツィオ・ガンバラ(ブレーシャ、1530‐1574)が、ベルナルディーノ・ガッティ通称イル・ソジャロ(パヴィア、1495/1496-クレモナ、1576)の協力を得て制作されました。


P2600765
イル・ソジャロの協力の詳細については分かりません。


P2600767


P2600768
次です。


P2600769


P2600771
最後の晩餐


P2600772


P2600774
次です。


P2600775


P2600778
十字架昇架


P2600779


P2600781
次です。


P2600783


P2600784
キリストの復活


P2600787
これでナヴァータのフレスコ画は終わりです。


P2600788
中央礼拝堂をもう一度見ました。


P2600789
次はファサードの裏の壁に描かれたフレスコ画です。


P2600790
ラッタンツィオ・ガンバラ(ブレーシャ、1530-1574)の「キリストの昇天」


P2600792
カルロ・カルヴィとグイド・モンタナーリのステンドグラス(1954)
従来のステンドグラス経時劣化によって欠落したので、1954年に新たに制作されたものです。


P2600793


P2600796


P2600798


P2600799


P2600800


P2600801


P2600803


P2600805


P2600806


P2600809
これで終わりですが、コンソルツィオ礼拝堂のクリストフォロ・カセッリの作品がなかったように思います。


1
見当たらなかったクリストフォロ・カセッリ通称イル・テンペレッロ(パルマ、1460c‐1521)の「玉座の聖母子と聖イラーリオと聖ジョヴァンニ・バッティスタと音楽天使」(1499)
(外部サイトから作品画像を拝借しました)


P2600831
外に出ました。

P2600689
ベルニエーリ礼拝堂の中に入って拝観したかったのですが、鉄扉が閉まっていました。


P2600687
鉄格子の間からカメラを入れて写真を撮りました。


P2600692
チーマ・ダ・コネリアーノの領域(Ambito)の「ご訪問」(15末‐16世紀初頭)
Ambito di Tizianoと書かれている作品をティツィアーノの作品と間違えないようにしましょう。P2600702



P2600693
フレスコ画は、バルトリーノ・デ・グロッシ(パルマ、15世紀初頭に活動)によって描かれました。


P2600694
「聖セバスティアーノの物語」


P2600695
15世紀末のパルマの逸名彫刻家作「聖ジローラモ・ベルニエーリの聖櫃」


P2600697
右側廊


P2600698
右側廊交差ヴォールト天井のフレスコ画は、アレッサンドロ・マッツォーラ・べドリ(パルマ、1533‐1608)によって1571年から1574年に制作されました。


P2600699
次は、交差ヴォールトのナヴァータ上に描かれたフレスコ画を左ナヴァータから見て行きましょう。


P2600700
ファサードに近い方から主祭壇の方に向かって順番に見て行きます。


P2600701
交差ヴォールト天井のフレスコ画はアレッサンドロ・マッツォーラ・べドリ(パルマ、1533‐1608)によって描かれました。


P2600702
ナヴァータのフレスコ画は、ラッタンツィオ・ガンバラ(ブレーシャ、1530‐1608)がベルナルディーノ・ガッティ通称イル・ソジャロ(パヴィア、1495/1496-クレモナ、1576)の協力を得て、1567年から1573年に制作されました。


P2600703
受胎告知


P2600704


P2600705
上段が旧約聖書、中段がキリストの物語、下段が預言者、聖人たちとなってます。


P2600706


P2600709
羊飼いの礼拝


P2600711


P2600712
パオロ・フローニの「説教壇」(1613)


P2600713


P2600714


P2600715
クゥアドリーフォラ(四連窓 quadrifora)の上部は割礼


P2600718
クゥアドリーフォラの下部


P2600719
次です。


P2600720


P2600722
嬰児虐殺


P2600724


P2600726
次です。


P2600728


P2600729
博士たちとの問答


P2600732


P2600733
次です。


P2600736
キリストの洗礼


P2600737


P2600739
オルガン


P2600740
中央礼拝堂と後陣


P2600741
フレスコ画は、ジローラモ・マッツォーラ・ベドリの「最後の審判」(1538‐44)
アルベルト・ディ・モンフェオーロ・ダ・カッラーラの聖体容器(1486‐88)


P2600743
交差ヴォールト・ナヴァータの右側のフレスコ画に移ります。


P2600744


P2600746
寺院からの商人たちの追放


P2600747
(つづく)

P2600610
チェントーニ礼拝堂です。


P2600612
逆光です。


P2600614
チェントーニ礼拝堂の祭壇画は、アレッサンドロ・アラルディ(パルマ、1460c‐1528)の「玉座の聖母子と聖アントニオ・アバーテと聖パオロと寄進者ルドヴィーコ・チェントーニ」(1516)です。


P2600616
フランチェスコ・マリア・ロンダ―ニ(パルマ、1490‐1550)の「磔刑」(153‐31)


P2600622
詳細不明


P2600623
詳細不明


P2600625
フランチェスコ・マリア・ロンダ―ニ(パルマ、1490‐1550)の「キリストの受難」(1530‐31)


P2600628


P2600630


P2600631


P2600619
天井のフレスコ画もフランチェスコ・マリア・ロンダ―ニ(パルマ、1490‐1550)によって1530‐31年に制作されました。


P2600633
次の礼拝堂です。


P2600635
Cappella del Comuneです。


P2600640
コムーネ礼拝堂の祭壇画は、ミケランジェロ・アンセルミ(パルマ、1491c‐ルッカ、1555c)の「聖母子と聖セバスティアーノと聖ロッコと聖オラーリオと聖ビアージョ」(1526c)です。


P2600642
詳細不明


P2600643
コムーネ礼拝堂の壁一面にフレスコ画が描かれてます。


P2600644
バルトリーノ・デ・グロッシ(パルマで15世紀初めから中頃活動)と工房に帰属する「聖セバスティアーノと聖ファビアーノの生涯のエピソード」(1450c)


P2600645
こちらの壁は聖ファビアーノの物語でしょうか?


P2600647


P2600649


P2600650


P2600651


P2600652


P2600653
聖セバスティアーノ


P2600654
こちらの壁は聖セバスティアーノの物語でしょう。


P2600656


P2600657


P2600659


P2600661


P2600664


P2600666
聖ロッコ?


P2600667
カドゥーティ礼拝堂です。今日ではバイアルディ礼拝堂と呼ばれることが多いようです。


P2600667
扉が閉まっていますが、見どころが乏しいので、その理由が分かりません。


P2600671
古いフレスコ画が落剝したので、その残渣を塗り潰し、20世紀に新たに制作されたフレスコ画です。


P2600670
ビアージョ・ビアゲッティによって1920年に制作されたフレスコ画


P2600673
ビアージョ・ビアゲッティと言う画家は全く知りません。


P2600674
サン・マルティーノ礼拝堂です。


P2600676
この礼拝堂の装飾も新しい。


P2600677
礼拝堂の壁全面にフレスコ画が描かれてます。


P2600678
ジローラモ・マニャーニのフレスコ画(1881‐82)


P2600680
18世紀末から19世紀初めにパルマで活動した逸名彫刻家作「聖ジュゼッペと幼きキリスト」(18世紀末)


P2600683


P2600684


P2600686
(つづく)

P2600549
右翼廊のサン・パオロ礼拝堂です。


P2600552
オラツィオ・サマッチーニ(フィデンツァ、1770‐パルマ、1845)による天井装飾です。


P2600551
サン・パオロ礼拝堂のフレスコ画は、ポンポニオ・アレグリ(コレッジョ、1521‐パルマ、1845)の「シナイ山のモーゼ」(1560‐62)


P2600558
大聖堂で買い求めたガイドブックがあるので、作品帰属を書くのが容易です。


P2600559
アントニオ・プレシャーニの「聖パオロの回心」
サン・パオロ礼拝堂の祭壇画です。


P2600562
詳細不明


P2600564
詳細不明


P2600565
次はマドンナ・デッレ・ネ―ヴェ礼拝堂です。


P2600566
カティーノのフレスコ画は、クリストフォロ・カセッリ(パルマ、1460‐1521)の「父なる神」(1505‐06)


P2600567
金が使われてます。


P2600568
詳細不明の「無原罪の聖母」


P2600569
クリストフォロ・カセッリ(パルマ、1460‐1521)の「死せるキリストを支える2天使」(1507)


P2600571
バルトロメオ・モンティーニの墓碑


P2600572
この上にチーマ・ダ・コネリアーノの「玉座の聖母子と聖人たち」がありましたが、取り外され、現在はピロッタ宮殿のパルマ国立美術館にあります。


P2600573
バルトロメオ・モンティーニの墓(1507)


P2600574


P2600576
エルコーレ・プロカッチーニ・イル・ヴェッキオ(ボローニャ、1515‐1595)の「兵士」(1560‐62)


P2600577
お目当ての作品です。
パルマ大聖堂で必見の作品を1点挙げるとすれば、これになると思います。


P2600578


P2600579
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)の「十字架降下」(1178)


P2600581
日光が変に当たって、作品が見難くて困りました。


P2600588


P2600583


P2600584


P2600585


P2600587


P2600589


P2600590
傑作は何度見ても見飽きることがありません。


P2600591


P2600594


P2600595
右側廊の柱頭


P2600596



P2600597
サンタガタ礼拝堂の扉が閉まっていました。


P2600600
鉄格子の間にカメラを入れて写真を撮りました。


P2600601
サンタガタ礼拝堂の祭壇を飾るベルナルド・ガッティ通称イル・ソジャロ(パヴィア、1495/1496-クレモナ、1576)の「磔刑と聖マリア・マッダレーナと聖アガタとウベルティの聖ベルナルドと天使」(1566-74)
ベルナルド・ガッティの代表作です。彼の代表作がパルマ大聖堂にあることはあまり知られていないと思います。


P2600598
サンタガタ礼拝堂のフレスコ画は、セバスティアーノ・ガレオッティ(フィレンツェ、1675-モンドヴィ、1746)とペッレグリーノ・スパッジャーリ(ミラノ、1728-1750記録)の二人によって、1717年から1719年に制作されました。


P2600604
フレスコ画のテーマは「天上の聖ジョヴァンニ・アバーテ」


P2600605
ジョヴァンニ・フランチェスコ・カリッシーミ家の墓」(1520-47)


P2600606
詳細不明


P2600607
詳細不明


P2600608
かなり傷んでます。


P2600609
聖水盤
(つづく)

クリプタの続きです。
P2600479
詳細不明


P2600480
ベルトリーノ・デ・グロッシ(パルマ、1425‐1462記録)工房によって描かれたフレスコ画


P2600481
クリプタの礼拝堂


P2600482
クリプタの礼拝堂


P2600483
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリ(ヴィアダーナ、1500‐1569)の「ウベルティの聖ベルナルディーノの墓」(1544)


P2600484
クリプタの拝観が終わりました。


P2600485
内陣に戻りました。


P2600486
左側の礼拝堂を見て回りました。


P2600488
ガスパーレ・トラヴェルシ(ナポリ、1732c‐1769)の「磔刑と聖人たち」(1753)


P2600489
左翼廊天井


P2600490
詳細不明


P2600491
左翼廊の礼拝堂を見ます。


P2600492


P2600493
これがあると助かります。


P2600497
アッスンタ礼拝堂です。


P2600498
アッスンタ礼拝堂のフレスコ画は、ミケランジェロ・アンセルミ(パルマ、1492‐ルッカ、1554)によって1548年に制作されました。


P2600499
ミケランジェロ・アンセルミのフレスコ画


P2600500
同断


P2600506
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティンティ(パルマ、1558‐1617)の「聖母被昇天」(1589‐91)


P2600507
次はサン・フェルモ礼拝堂です。


P2600512
アントニオ・パシーニ(フィデンツァ、1770‐パルマ、1845)の「キリストの埋葬」(1815)


P2600509
サン・フェルモ礼拝堂のフレスコ画です。
オラツィオ・サマッチーニ(ボローニャ、1532‐1577)の「モーゼの奇跡」(1570‐76)


P2600514
サン・フェルモ礼拝堂にある彫刻(詳細不明)


P2600516
サン・フェルモ礼拝堂にある彫刻(詳細不明)


P2600518
説教壇


P2600520
クーポラ


P2600521
クーポラのフレスコ画が傑作として有名です。


P2600522
四隅は4福音書記者


P2600545
アントニオ・アッレグリ・ダ・コレッジョ通称コレッジョ(コレッジョ、1489c‐1534)の「聖母被昇天」(1526‐30)


P2600543
コレッジョの代表作です。


P2600528
制作は危険と隣り合わせでしょうね。


P2600523
次は後陣の礼拝堂です。


P2600534


P2600536


P2600526
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリ(ヴィアダーナ、1500‐1569)の「最後の審判」(1538‐44)


P2600538


P2600527
ジローラモ・マッツォーラ・ベドリによるフレスコ画


P2600524
アントニオ・ギデッティの祭壇の装飾彫刻(1766)


P2600537


P2600539
詳細不明


P2600530
後陣の礼拝堂


P2600531


P2600532
中央礼拝堂前から見た出入口方向


P2600533


P2600541
オルガン


P2600540
青銅製の祭壇(12‐13世紀)
(つづく)

P2600413
サン・セヴェーレ礼拝堂です。


P2600415
詳細不明


P2600417
ガスパーレ・トラヴェルシ(ナポリ、1732c‐1769)の「天使たちと聖人たちと磔刑」


P2600419
ガスパーレ・トラヴェルシ(ナポリ、1732c‐1769)の「聖ルチアと聖アグネスと聖アポッロニア」


P2600422
ガスパーレ・トラヴェルシ(ナポリ、1732c‐1769)の「聖パスクゥアーレ・バイロン」


P2600424
詳細不明


P2600426
ガスパーレ・トラヴェルシ(ナポリ、1732c‐1769)の「聖痕を受ける聖フランチェスコ」


P2600427
詳細不明


P2600428
扉が閉まっていたサン・マルティーノ礼拝堂です。


P2600429
鉄柵の間にカメラを入れて写真を撮りました。


P2600432
16世紀後半のパルマの逸名画家作「聖母子」(16世紀第3四半世紀)


P2600434
サン・マルティーノ礼拝堂の天井フレスコ画です。


P2600435
サン・マルティーノ礼拝堂のフレスコ画は、セバスティアーノ・ガレオッティ(フィレンツェ、1675‐モンドヴィ、1719)によって1719年に描かれました。


P2600436
セバスティアーノ・ガレオッティの「天上の聖母と天使たち」(1719)


P2600437


P2600439


P2600440
ピエル・ルイージ・パッラヴィンチーノの「威厳の聖母と天使たち」(1966)


P2600441
1423年から1426年に建設されたヴァレーリ礼拝堂です。
扉が閉まっていました。


P2600444
この礼拝堂は壁一面に描かれたフレスコ画が必見ですが、鉄扉が邪魔して写真がうまく撮れません。


P2600435
鉄格子にカメラを入れて写真を撮りました。


P2600445
ベルトリーノ・デ・グロッシ(パルマ、1425‐1462記録)と工房によって制作されたフレスコ画です。ジョヴァンニ・ダ・モデナのスタイルで描かれたそうです。


P2600446
フレスコ画のテーマは、この礼拝堂の注文主であるクリストフォロ・ヴァレーリの家族とキリストの物語となってます。


P2600447
クリストフォロ・ヴァレーリはパルマの有力政治家でしたが、政争に敗れてパルマから追放されてしまいました。追放後に彼の家族を思って、このフレスコ画を注文したそうです。


P2600448


P2600450


P2600451


P2600452
制作者情報不詳の「磔刑像」(15世紀)


P2600453
他の信者がいなかったので、クリプタに入ることにしました。信者以外は立ち入りが禁止されてます。


P2600454
クリプタです。


P2600455
規模の大きなクリプタです。


P2600457
クリプタの礼拝堂の祭壇画、フレスコ画などを見て回りました。


P2600458
ミケランジェロ・アンセルミ(パルマ、1492‐ルッカ、1554)の「家族に顕現する聖アグネス」(1526)


P2600460
次のクリプタ礼拝堂です。


P2600463
アレッサンドロ・アラルディ(パルマ、1460c‐1528)の「聖母の結婚」(1519)


P2600465
クリプタの壁にフレスコ画の断片が残されてます。


P2600464
ベルトリーノ・デ・グロッシ工房によって制作されたフレスコ画


P2600466


P2600467
クリプタにある礼拝堂です。


P2600468
詳細不明のフレスコ画


P2600470
アントニオ・バレストラ(ヴェローナ、1666‐1740)の「聖イラーリオ」(1733)


P2600471
詳細不明


P2600472
詳細不明


P2600474
ベルトリーノ・デ・グロッシ工房によって制作されたフレスコ画


P2600478
同断


P2600476
(つづく)

今回は、ロマネスク様式建築物の代表作の一つであり、ルネサンス様式の内部装飾が見所のパルマ大聖堂です。
P2610357
ドゥオーモ通りからドゥオーモ広場に向かいました。


P2600395
ドゥオーモ広場にやってきました。


P2600397
パルマ大聖堂、Cattedrale di Santa Maria Assuntaです。1834年、教皇グレゴリオ16世によってBasilica Minoreに格付けされました。


P2600813
現在のドゥオーモが建っている場所に既に初期キリスト教会がありました。
9世紀頃、パルマ司教だったグイボルド(?、820c‐パルマ、895)司教は、初期キリスト教会を取り壊し、その上に新しい建物の建設を決め、新しい建物の奉献式が890年に行われました。
しかし、1055年、または1058年に起きた火災によって、建物が消失してしまったので、1061年頃から再建作業が開始されました。二代目の建物の奉献式が、1106年、第160代教皇パスクゥアーレ2世(ブレダ、1050c‐ローマ、1118)によって執り行われました。


P2600814
その後、地震に見舞われ、途中修復工事が行われた結果、二代目の建物は当初予定よりも遅れて1170年頃に一応完成しました。


P2600812
現在の姿の原形は、13世紀のものです。


P2600826
高さ63mのゴシック様式の鐘楼は、オビッツィオ・サンヴィターレの設計によって、1284年から1294年に再建された二代目のものです。


P1230330
鐘楼は、ご覧のように長い間、修復工事が行われていました。
2009年10月21日の深夜から翌22日の未明にかけて、パルマは大雷雨に見舞われ、その際の落雷によって鐘楼は火災が発生して大きな被害を受けてしまいました。そのため、修復工事が行われ、2015年9月19日に工事が完了するまで、ご覧のような状態の姿だったのです。


P1230334
鐘楼の横に洗礼堂が建ってます。


P2600396
洗礼堂は、ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)の設計によって1196年から1216年頃に建設されました。
洗礼堂については、別に取り上げることにします。


P2600815
ジャンボノ・ダ・ビッソーニのプロテュルムのライオン(1281)


P2600819
ライオン像は左右で一対です。


P2600817
ロマネスクの彫刻


P2600818


P2600820
柱頭の彫刻


P2600821


P2600822


P2600824


P2600825


P2600829


P1230348


P1230345


P1230342
ルチーノ・ピアンキーノの門(1491)


P1230351


P1230352



P1230354
聖堂内に入りました。


P2600399
三廊式、ラテン十字形、ルネサンス様式の内部です。


P2600400
右側廊方向


P2600401
天井


P2600402
聖堂内の構造図


P2600403
これがあると助かります。


P2600404


P2600405
アレッサンドロ・アラルディ(パルマ、1460c‐1528)の「聖家族とドメニコ・ダ・イーモラ司教」(1496)


P2600406
礼拝堂を順番に見て行きます。


P2600407
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「ご訪問」


P2600409
見所が豊富です。


P2600410
詳細不明


P2600411
左側廊


P2600412
(つづく)

↑このページのトップヘ