イタリア芸術を楽しむ

イタリアの魅力を味わい尽くすには、一生に何度旅をすれば足りるだろう。芸術の宝庫にして、歴史の生きた証であるイタリア。 惹き付けて止まない絵画、彫刻、歴史的建造物、オペラなど、芸術の宝庫であるイタリアを楽しむブログです。 BY:シニョレッリ

カテゴリ:教会巡り > パルマの洗礼堂

P1230704
ベネデット・アンテラミの彫刻があるアーチの下に16のニッチ(壁龕)があります。


P1230709
16のニッチのうち、13のニッチにフレスコ画が描かれてます。あとの3つのニッチが扉となってます。
ニッチに描かれたフレスコ画を見て行きます。これらのフレスコ画は13世紀から15世紀に制作されたものですが、作品帰属がはっきりしないものが多いようです。


P1230720
Maestro del 1302 (エミリアで14世紀前半活動)の「ジェラルド・ビアンキ司教のニッチ」


P2610431


P2610433
Maestro del 1302 (エミリアで14世紀前半活動)の「玉座の聖母子と天使と聖ジョヴァンニ・バッティスタとジェラルド・ビアンキ司教」


P1230724
次のニッチです。


P2610407


P2610409
ブオナミコ・ディ・マルティーノ通称ブッファルマッコ(フィレンツェ、1290c‐1340)の「竜を退治する聖ジョルジョ」(1330‐36)


P2610410
ブオナミコ・ディ・マルティーノ通称ブッファルマッコ(フィレンツェ、1290c‐1340)の「キリストの洗礼」、「聖ジョヴァン・バッティスタの斬首」(1330‐36)


P1230713
次のニッチです。


P2610459


P2610461
ベルトリーノ・ダ・ピアチェンツァの「玉座の聖母子と聖人たち」(14世紀)


P2610463
ベルトリーノ・ダ・ピアチェンツァのフレスコ画(14世紀)


P1230716
次のニッチです。


P2610455


P2610456
ニッコロ・ダ・レッジョの「玉座の聖母子と2聖人」(14世紀)


P1230718
祭壇


P1230719
祭壇の後にあるニッチです。


P2610437


P2610439
エセクトリ・デッラ・ヴォルタの「キリストの洗礼


P2610440
エセクトリ・デッラ・ヴォルタの「聖母子と4聖人」


P1230721


P1230722
次のニッチです。


P2610415


P2610417
14世紀のエミリアの逸名画家作「聖母戴冠」、「聖人たち」


P2610419
14世紀のエミリアの逸名画家のフレスコ画


P1230725
次のニッチです。


P2610398


P2610399
14世紀のエミリアの逸名画家のフレスコ画


P2610401


P2610403


P2610405


P1230726
次のニッチです。


P2610392


P2610394
15世紀のエミリアの逸名画家のフレスコ画


P2610396
15世紀のエミリアの逸名画家のフレスコ画


P1230727
次のニッチです。


P2610478


P2610480
14世紀のエミリアの逸名画家のフレスコ画


P2610481
14世紀のエミリアの逸名画家のフレスコ画


P1230728
次のニッチです。


P2610381


P2610382
14世紀のエミリアの逸名画家のフレスコ画


P1230729
次のニッチです。


P2610468


P2610470
15世紀のエミリアの逸名画家のフレスコ画


P2610472
15世紀のエミリアの逸名画家のフレスコ画


P1230716
次のニッチです。


P2610454


P2610456
15世紀のエミリアの逸名画家のフレスコ画


P1230717
次のニッチです。


P2610446


P2610449
15世紀のエミリアの逸名画家のフレスコ画


P2610451
15世紀のエミリアの逸名画家のフレスコ画


P2610425
これで大体見終わりました。


P1230327
(おわり)

P2610360
洗礼堂の中に入りました。


P1230712
7,8年前に、ここで実際に洗礼式が行われているのを見ました。観光客を立ちリ禁止して洗礼式が行われると聞いたことがありますが、その辺はどうなっているのでしょうか。


P2610376
洗礼盤


P2610362
クーポラは、16本のコストローネ(肋材)から成る傘状になってます。


P2610363
クーポラの全面がフレスコ画で覆われてます。


P2610368
フレスコ画は、6つの同心円から成っており、テーマ毎に1つの同心円のフレスコ画が描かれてます。


P2610370
中心に近い赤色の同心円は、永遠の愛の赤い空を表現しているそうです。


P2610372
クーポラの中心から2番目の同心円に菱形が描かれてます。その菱形の中に星が描かれていて、その星はエルサレム上空に輝いているものとされてます。


P2610485
中心から3番目の同心円には、16本のコストローネで分けられた16の壁面に、12人の使途と4人の福音書記者が描かれてます。


P2610486
4番目の同心円には、キリストが描かれ、その左に聖母、キリストの右に聖ジョヴァンニ・バッティスタ、その他の壁面に13人の預言者が描かれてます。


P2610487
5番目の同心円には、聖ジョヴァン・バッティスタの生涯が12場面と4人の聖人が描かれてます。


P2610489
6番目の同心円には、アブラモ、自然の4要素(水、空気、土、火)、春夏秋冬の四季、聖母の生涯のエピソードが描かれてます。


P2610493
クーポラのフレスコ画は、グリスポロ・ディ・パルマ(パルマ、13世紀活動)とグリスポロ工房によって13世紀末に制作されました。


P1230737
フレスコ画の全場面の写真を撮ろうと思いましたが、見上げるのが辛くて直ぐに断念しました。


P1230731
上ばかり見ていると首が痛くなるし、やがて気持ち悪くなりました。


P1230732


P1230736


P1230742
制作するのが大変だったことでしょう。


P1230743


P1230745


P1230746


P1230749


P1230710


P2610494
クーポラのフレスコ画はこのくらいで終わりにします。


P2610490
クーポラのフレスコ画の下に2層からなるギャラリーがあります。


P2610491
ギャラリーに何もないところが多いですが、ここに彫刻が置かれていたそうです。


P1230705
彫刻が置かれている場所があります。これらの彫刻は貴重な傑作とされてます。


P2610373
これらの彫刻を順を追って紹介しましょう。


P2610453
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)の傑作です。一部、アンテラミ工房の手が入っていると推察されてます。
左から、1月 水瓶座、2月 魚座


P2610421
左から3月 牡羊座、4月 牡牛座、5月 双子座


P2610423
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)の作品


P2610427
左の彫像は詳細不明です。
その右は、ベネデット・アンテラミの6月 蟹座、7月 獅子座


P2610435
左から8月 乙女座、真ん中は詳細不明、その右は9月 天秤座


P2610443
左から10月 蠍座、11月 射手座、12月 山羊座


P1230738


P1230711


P2610406
ギャラリーの説教壇


P1230706
3つの扉上ルネッタに彫刻があります。


P2610413
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)と工房の「エジプトへの逃避」


P2610465
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)と工房の「キリストの寺院への出現」


P2610389


P2610390
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)と工房の「アルピコルドを弾くダヴィデ」
(つづく)

P2600395
次はパルマ大聖堂の洗礼堂 Battistero di San Giovanniです。


P2600396
12世紀後半から13世紀前半に活動した彫刻家であり、建築家でもあったベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)の設計によって、1196年に創建され、1216年に一応の完成をみたゴシック様式の建物で、最終的な完成は1270年とされてます。
ロマネスク様式からゴシック様式へと変わる過渡期におけるゴシック様式の建物です。


P2600830
八角形、五連窓の四層構造の上にブランド・アーチを持つ、高さ35mの建物です。


P1230320
ブラインド・アーチの上に8本の尖塔がありますが、高さと形状は不均一となってます。


P1230324
先ず、外側の彫刻などを見て行きます。


P2610358
入口扉が3つありますが、正面扉 Portale della Madonnaから見て行きました。


P2610500
Portale della Madonna上ルネッタの彫刻は、ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)の「マギの礼拝」です。


P2610502
正面扉の柱


P1230680


P1230681


P2610503
正面扉、向かって右側の柱


P1230682


P1230684


P1230685


P1230686


P2610504
柱頭


P2610505
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)と工房による彫刻


P2610506
ゾオーフォロ(zooforo 人獣帯状装飾)と呼ばれている彫刻が75あります。


P2610507
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1210c)と工房によってズオーフォロが作られました。


P2610508
柱頭


P2610509
殆どがオリジナルのものです。


P2610510


P1230689


P2610511
柱頭


P2610512
Zooforo


P2610513


P2610514
Portale del Giudizio上ルネッタは、ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)の「最後の審判」


P2610515
Portale del Giudizioの左


P2610516
Portale del Giudizioの右


P2610517


P2610518
人獣帯状装飾


P2610519


P2610520
Zooforo


P2610521


P2610523
3つ目の扉Portale delle Vitaです。


P2610522
ルネッタの彫刻は、ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)の「バラハムの伝説」


P2610524


P2610525


P2610526


P2610527


P2610528


P2610529


P2610530
横を見ました。


P2610531


P2610532


P2610533


P2610534
外側は大体見たようです。


P1230674
(つづく)

↑このページのトップヘ